議事ロックス -地方議会議事録検索-


高知県 土佐市

平成21年  第1回定例会(3 月) 付録 動議




平成21年  第1回定例会(3 月) 付録 − 動議











動議

   明徳義塾中高等学校の寮施設等の誘致を求める決議(案)

  右の動議を別紙のとおり提出します。



           平成21年3月18日

                  提出者 土佐市議会議員 江渕土佐生

                   〃     〃    田村 喜郎

                   〃     〃    黒木  茂

                   〃     〃    山脇 義人

                   〃     〃    武森 ?嗣

  土佐市議会議長  三本 富士夫 様



(別紙)

   明徳義塾中高等学校の寮施設等の誘致を求める決議(案)



 現在、須崎市に立地している学校法人明徳義塾中高等学校は、土佐市高岡町にあった明徳塾が、その前身として市民には広く知られ、親しまれているところである。

 また、「グリーンピア土佐横浪竜地区」が事業を停止した際には施設処分の受け皿となり、竜国際キャンパスを開設したことも記憶に新しいところである。

 明徳義塾については、現在もアジア各国、オーストラリア等多様な国からの留学生を受け入れ、将来における各国を担う国際人の育成に携わっているところである。

 このような中、須崎キャンパスの学校施設の老朽化が進み、建物の建て替え需要が順次起っており、このたび、学生寮の一部を建て替えることとなっているが、当該施設は300人規模の寮であり、その候補地として土佐市の竜国際キャンパスも検討の中に入っていると聞き及んでいるところである。

 土佐市においても人口の減少や、経済の低迷が長く続く中、多くの市内経済団体から、その誘致について当議会に対して強い要望が挙がっている。

 明徳義塾の寮施設あるいは校舎等教育施設が建てられることになれば、経済効果のみならず災害時の地元安全対策や文教を支援するまちづくりなど、その他波及効果は計り知れないものがあると確信しているところである。

 よって、本議会は、この時期を好機ととらえ、寮施設を土佐市竜キャンパスに誘致することを望み、それが実現されるよう土佐市に対し精一杯の取り組みを行うよう強く求めるものである。

  右、決議する。



   平成21年3月18日

                                土佐市議会