議事ロックス -地方議会議事録検索-


高知県 土佐市

平成21年  第3回定例会(9 月) 09月08日−01号




平成21年  第3回定例会(9 月) − 09月08日−01号







平成21年  第3回定例会(9 月)




        平成21年第3回土佐市議会定例会会議録(第1号)
 平成21年9月8日第3回土佐市議会定例会が土佐市議会議場に招集された。

1 出席議員は次のとおりである。
 1番 黒木   茂    2番 大森  陽子    3番 西村  導郎
 4番 三本 富士夫    5番 浜田  広幸    6番 野村  昌枝
 7番 近澤   茂    8番 山本  竹子    9番 武森  ?嗣
10番 久保  直和   11番 江渕 土佐生   12番 浜田  太蔵
13番 石元   操   14番 中田  勝利   15番 楠瀬  守福
17番 山脇  義人   18番 森本  耕吉   19番 信清  吉孝
20番 田村  喜郎

2 欠席議員は次のとおりである。
16番 尾?  洋典

3 地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席した者は次のとおりである。
市     長  板原  啓文    副  市  長  谷脇  博文
教  育  長  瀧本   豊
総 務 課 長  田中  和徳    企 画 調整課長  武森  正憲
税 務 課 長  松本  典興    市 民 課 長  三福  善和

USAくろしお  片山  栄次    戸 波 総合市民  西本  良一
セ ン ター所長            セ ン ター所長

総 務 課 防 災  原田  辰弥    収 納 統括管理  宮地  良和
担 当 参 事            担 当 参 事

建 設 課 長  森澤  律仁    都 市 計画課長  尾?  泰嗣

波 介 川 ・  森澤  孝文    福 祉 事務所長  吉村  通洋
水資源対策室長

生 活 環境課長  矢野 幸次郎    特 別 養護老人  中桐   剛
                   ホ ー ム 所 長

健 康 福祉課長  宇賀   実    産 業 経済課長  中内  一臣
水 産 課 長  福原  吉宗    会 計 管 理 者  小笠原 常和

生 涯 学習課長  原沢  洋子    学 校 教育課長  吉井  一正
                   兼 学 校 給 食
                   セ ン ター所長

水道局業務課長  岸本  光正    消  防  長  中内  建男
病院事業管理者  西村  武史    病 院 局事務長  横川  洋成

4 本会の書記は次のとおりである。
議 会 事務局長  宇賀  美紀    議会事務局次長  國澤  和吉

5 議事日程
平成21年9月8日(火曜日)午前10時開議
   第1 会議録署名議員の指名
   第2 会期決定の件
   第3 議案第1号から第15号まで、認定第1号から第14号まで
      (提案理由説明)





                            開会 午前10時 1分 





○議長(三本富士夫君) ただいまより、平成21年第3回土佐市議会定例会を開会いたします。

  現在の出席議員数19名、よって会議は成立いたしました。

  直ちに、本日の会議を開きます。

  この際、日程に先立ちまして、諸報告をいたします。

  諸報告は、お手元に配付の報告書のとおりであります。

  これより、日程に入ります。

  日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

  会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、5番浜田広幸君、14番中田勝利君を指名いたします。

  よろしくお願いいたします。

  日程第2、会期決定の件を議題といたします。

  本件に関しましては、昨日、議会運営委員会を開いていただき、ご協議願いましたので、議会運営委員長の報告を求めます。

  議会運営委員長。



◎議会運営委員長(山脇義人君) おはようございます。

  昨日、議会運営委員会を開きまして、今期定例会の会期並びに運営につきまして、次のとおり決定いたしましたので、報告いたします。

  会期につきましては、本日から28日までの21日間とし、議案審議は、各常任委員会に付託して審査することといたしました。

  会期中の総括日程について説明しますと、本日、全議案を上程し、市長の提案理由の説明を受け、散会といたします。

  明9日から13日までの5日間を休会とし、14日に本会議を再開いたしまして、当日から16日までの3日間を議案に対する質疑並びに一般質問とし、それが終結し次第、各常任委員会へ議案を付託して、委員会審査に入っていただきます。

  委員会審査は、24日までに終わっていただき、25日から27日までを休会とし、28日の本会議において、委員長報告、質疑、討論、採決、請願、陳情、意見書案等のすべての処理を行い、閉会といたします。

  なお、議案に対する質疑並びに一般質問の通告は、本日、市長の提案理由説明終了から、10日の午後5時までと決定いたしました。

  次に、高知県後期高齢者医療広域連合の議会議員の選挙が行われることになり、この選挙を閉会日に行うことに決定いたしましたので、お知らせをいたしておきます。

  以上であります。



○議長(三本富士夫君) 議会運営委員長の報告が終わりました。

  おはかりいたします。

  ただいま、議会運営委員長から報告がありましたとおり、今期定例会の会期は、本日から9月28日までの21日間といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

      (「なし」と呼ぶ者あり)

  ご異議なしと認めます。

  よって、今期定例会の会期は、本日から9月28日までの21日間と決定いたしました。

  なお、今会期中の総括日程は、お手元にご通知のとおりであります。

  議案に対する質疑並びに一般質問の通告は、ただいまの委員長報告どおり、本日、市長の提案理由説明終了から、10日午後5時までであります。

  よろしくお願いいたします。

  市長から議案が提出されましたので、局長に朗読させます。

  議会事務局長。



◎議会事務局長(宇賀美紀君) 朗読いたします。


┌───────────────────────────────────────┐
│                            21土総務第1016号│
│                            平成21年9月8日  │
│   土佐市議会議長                             │
│     三本 富士夫 様                          │
│                             土佐市長 板原 啓文│
│議案の送付について                              │
│ 平成21年第3回土佐市議会定例会に提案する議案を別紙のとおり送付しますので付│
│議してください。                               │
│目  次                                   │
│ 議 案                                   │
│  第 1 号 平成21年度土佐市立宇佐小学校耐震補強工事請負契約について   │
│  第 2 号 損害賠償の額を定め和解することについて             │
│  第 3 号 特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部改正につ│
│       いて                              │
│  第 4 号 土佐市病院事業管理者の給与及び旅費に関する条例の一部改正について│
│  第 5 号 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改│
│       正について                           │
│  第 6 号 土佐市国民健康保険条例の一部改正について            │
│  第 7 号 土佐市都市公園条例の一部改正について              │
│  第 8 号 土佐市道路線の認定について                   │
│  第 9 号 平成21年度土佐市一般会計補正予算(第2回)          │
│  第10号 平成21年度土佐市国民健康保険特別会計補正予算(第1回)    │
│  第11号 平成21年度土佐市特別養護老人ホーム特別会計補正予算(第2回) │
│  第12号 平成21年度土佐市学校給食特別会計補正予算(第1回)      │
│  第13号 平成21年度土佐市老人医療特別会計補正予算(第1回)      │
│  第14号 平成21年度土佐市介護保険特別会計補正予算(第2回)      │
│  第15号 平成21年度土佐市水道事業会計補正予算(第1回)        │
│ 認 定                                   │
│  第 1 号 平成20年度土佐市一般会計歳入歳出決算の認定について      │
│  第 2 号 平成20年度土佐市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について│
│  第 3 号 平成20年度土佐市製紙工業振興基金特別会計歳入歳出決算の認定につ│
│       いて                              │
│  第 4 号 平成20年度土佐市住宅新築資金等特別会計歳入歳出決算の認定につい│
│       て                               │
│  第 5 号 平成20年度土佐市特別養護老人ホーム特別会計歳入歳出決算の認定に│
│       ついて                             │
│  第 6 号 平成20年度土佐市学校給食特別会計歳入歳出決算の認定について  │
│  第 7 号 平成20年度土佐市老人医療特別会計歳入歳出決算の認定について  │
│  第 8 号 平成20年度土佐市土地取得特別会計歳入歳出決算の認定について  │
│  第 9 号 平成20年度土佐市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定につ│
│       いて                              │
│  第10号 平成20年度土佐市デイサービスセンター特別会計歳入歳出決算の認定│
│       について                            │
│  第11号 平成20年度土佐市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について  │
│  第12号 平成20年度土佐市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定につい│
│       て                               │
│  第13号 平成20年度土佐市水道事業決算の認定について          │
│  第14号 平成20年度土佐市病院事業決算の認定について          │
└───────────────────────────────────────┘




  以上です。



○議長(三本富士夫君) 局長の朗読が終わりました。

  市長の提案理由の説明要旨を配付いたします間、休憩いたします。

      休憩 午前10時11分 

      正場 午前10時13分 



○議長(三本富士夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

  日程第3、議案第1号から第15号まで、認定第1号から第14号まで、以上29件を一括議題といたします。

  ただいま、議題となりました議案について、提案理由の説明を求めます。

  板原市長。



◎市長(板原啓文君) おはようございます。

  本日、ここに平成21年第3回土佐市議会定例会を招集いたしましたところ、議員の皆様方にはご多用の中ご参集いただき、開会の運びとなりましたことを、厚く御礼申し上げます。

  まず始めに、7月31日午後3時45分ごろに発生しました市民図書館の火災につきまして、報告申し上げます。

  今回の火災により、市民及び議員の皆様方並びに関係各位には、多大なるご迷惑やご心配をおかけいたしましたことを、まずもって心からおわびを申し上げます。

  火災の原因ですが、書庫2階の蛍光灯内部の配線が老朽化により加熱漏電し、絶縁体が溶けて、煙が発生したものであります。この蛍光灯は市民図書館の建築当時からの器具であり、通常は1日に数回、資料を取り出すために使用いたしております。当日は月末の館内整理日のための休館日に当たっておりましたので、書庫の整理のために蛍光灯を長時間点灯し、今回の火災となったものであります。幸いなことに発煙のみであったため、実質的な消火活動までにはいたらず、また、休館日のため利用者はおらず、職員及び近隣の住民の方等への人的被害や貴重な図書・資料等の損失もありませんでした。

  対策といたしましては、市民図書館内のすべての電気器具を総点検し、老朽化により危険と判断されたものは、新しいものと交換するとともに漏電ブレーカーを設置いたしております。

  今後、他の施設でもこのようなことが起こらないように施設の点検管理を徹底してまいりますので、ご理解をたまわりたいと存じます。

  続きまして、土佐市内の小・中学校における新型インフルエンザの状況について報告いたします。

  市のこれまでの新型インフルエンザ対策としましては、庁内組織であります土佐市感染症対策本部を5月18日に立ち上げ、関係機関と連携・協議を行ってきております。

  一方、教育委員会関係では、県教育委員会や中央西保健所とも連携を図りながら予防対策に取り組んできたところですが、9月7日月曜日の朝の段階で、土佐南中学校でインフルエンザによる欠席者が14名、1年生4名、3年生10名が発生いたしました。

  この段階で県教育委員会と今後の対応について協議を行い、土佐南中学校の学校閉鎖の決定をいたしました。学校閉鎖の期間は、学校、学校医との協議により、当面7日月曜から10日木曜までの4日間といたしております。

  なお、他の小・中学校におきましては、小学校で1名のA型陽性児童が欠席しておりますが、そのほかはインフルエンザによる欠席者は発生しておりません。また、市内保育園におきましては現時点で発生の報告は受けておりません。

  今後も日々状況把握を行い、拡大防止の対策を講じてまいりますので、ご協力たまわりますようお願い申し上げます。

  続きまして、病院局における医療過誤に係る和解について説明申し上げます。

  本件は、平成18年1月17日に土佐市民病院で発生したもので、平成20年2月15日に相手方とは示談による和解が成立いたしました。示談解決金については全額、損害賠償責任保険会社で賠償することで円満解決に至り、予算措置については、平成20年3月議会に補正予算案第3回を提案し、可決をいただいております。その後、同年12月22日に相手方と正式な和解締結をいたしております。本年5月損害賠償責任保険会社からの損害賠償金の入金等の確認後、平成21年6月5日に相手方に支払いをいたしております。

  しかしながら、示談解決金が土佐市病院事業の設置に関する条例第7条に規定する額を超えるため、損害賠償の額の決定については、議会の議決を経なければならないことから、当該補正予算案とは別に、「損害賠償の額を定め和解することについて」の議案を提出すべきであったことを、監査委員から平成21年6月分例月出納検査報告書において指摘を受けました。

  議会の議決を経ず予算執行に至ったことは、地方公営企業法第40条の解釈を誤ったもので、このことは、地方自治法第96条及び同条例第7条に触れる重大な瑕疵ある行為であり、議員の皆様には大変ご心配とご迷惑をおかけいたしましたことを深く反省し、心からおわびを申し上げますとともに、これを教訓に、今後、二度とこのようなことがないよう気を引き締め、法令遵守の事務体制を整えてまいる所存でございます。また、事後となりましたが、本件の瑕疵を治癒するため、追認議案を提出いたしておりますので、併せてご理解をたまわりますようお願い申し上げます。なお、8月4日に病院局職員懲戒委員会を開き、これに基づき厳正な処分を決定いたしました。今議会に提案いたしておりますが、議案の提出責任者及び市民病院の開設者である市長として自らに科す処分及び病院局最高責任者である病院事業管理者を、それぞれ10パーセント減給2箇月といたしております。

  続きまして、土佐市社会福祉事業団構想についてでございます。

  先の6月議会におきまして、執行部からの議員の皆様に対します説明が、まだまだ不十分であり、拙速であるとのご認識の中で、社会福祉事業団設置事業費予算の執行凍結の決議をいただきました。

  その後、この事業費凍結という状況を真摯に受け止めまして、2度の議員協議会を開催していただき、具体的な説明等もさせていただいてきたところでございます。また、土佐市自治会長協議会をはじめ、二つの地区の市政懇談会におきましても、今回の社会福祉事業団構想に至る経過並びに構想内容についての説明等を行ってまいりました。

  現在の、地方自治体を取り巻く状況、さらに、社会・経済情勢から、この社会福祉事業団構想が、本市の抱えている課題解決に向けての最善の方法であると考えているところでございます。

  今後とも、議員各位のご理解をたまわるべく、説明等は行っていきたいと考えておりますが、事業費予算執行凍結という状況の中では、実務面において限界もあり、一日も早く、設立準備委員会を立ち上げまして、社会福祉事業団設立に向けた作業を進めてまいりたいと考えておりますので、事業費予算執行凍結解除につきまして、議員各位のご理解をたまわりたいと存じます。

  続きまして、第5次土佐市行政振興計画につきまして報告申し上げます。

  地方自治法第2条第4項に基づく行政振興計画は、平成12年4月に基本理念に自立と共生を掲げまして、五つの施策体系を柱として策定しました第4次土佐市行政振興計画が、本年度末をもって終了いたします。それに伴いまして、平成32年を目標年次としまして、平成22年度から新たに始まります第5次土佐市行政振興計画の策定に向けての作業を進めております。

  進捗状況といたしましては、本年5月に実施しました市民アンケート調査の分析を行い、市民の皆様の要望や必要とされる施策等について、再度、それぞれの関係所管において現状での問題点や課題、そして必要とされている新たな施策の展開等について取りまとめを行ってまいりました。

  今後の予定といたしましては、9月中に、市民代表者等で構成する土佐市第5次行政振興計画策定懇談会を立ち上げまして、ご意見等をお聴きし、基本構想・基本計画の策定に当たりたいと考えております。

  なお、基本構想案がまとまり次第、議員の皆様方に対しての説明の場を設け、ご意見などをいただきながら、調製してまいりたいと考えておりますので、ご理解・ご協力をたまわりたいと存じます。

  続きまして、高知県産業振興計画に関する本市の取り組みについて報告申し上げます。

  本計画につきましては、高知県を七つのブロックに分け、それぞれにアクションプランを策定し、そのアクションプランに基づき支援事業の採択を行い実行いたしております。本市では、仁淀川流域アクションプラン35件のうち、うるめのブランド化や、土佐文旦の加工など、広域も含め9件が対象となっており、この中の宇佐うるめブランド化プロジェクト事業が、本年8月に高知県産業振興推進総合支援事業費補助事業の採択となりました。

  この事業により昨年立ち上げました、うるめいわしブランド化プロジェクト会議は、宇佐うるめプロジェクト協議会へと移行しました。協議会は、正会員42名で、アドバイザーには、高知大学地域連携センターの受田浩之高知大学副学長、総務省から派遣の地域力創造アドバイザーの斉藤俊幸氏、高知海洋高校の竹中治人教諭の3人になっていただいております。宇佐のうるめいわしを原料にした新たな加工品の開発や鮮魚の販路開拓により、ブランド化・需要の拡大を図るとともに、観光分野への経済効果の波及を推進するなど、地域全体のブランド化を目指して協議を続けております。

  また、その他のプランにつきましてもそれぞれ事業実施に向け、鋭意取り組んでおりまして、具体の策の協議が整った段階で再度報告いたしますので、議員の皆様方におかれましては、ご理解・ご協力をたまわりますようお願い申し上げます。

  続きまして、昨年度から始まりましたふるさと寄付条例によります、ふるさと納税の運用状況を報告いたします。

  ふるさと寄付条例第2条では、五つの事業を挙げており、寄付金を財源として実施する事業を寄付者が指定できるようになっております。昨年度は10件9人の方から合計103万3,000円の寄付をいただき、これをまごころ応援基金に積み立てております。詳細につきましてはお手元に配付いたしております報告書のとおりであります。今後、寄付者のご意志に沿った事業に活用してまいりたいと考えておりますので、ご理解・ご協力をたまわりたいと存じます。

  次に、本年4月から完全施行となりました、地方公共団体の財政の健全化に資することを目的とします、地方公共団体の財政の健全化に関する法律に基づき、平成20年度土佐市財政の健全化判断比率及び公営企業の資金不足比率につきまして、報告申し上げます。

  まず、個々の比率で説明申し上げます。実質赤字比率及び連結実質赤字比率につきましては、一般会計、特別会計及び公営企業会計を含めた実質収支が黒字となっており赤字比率は算定されませんでした。

  また、実質公債費比率につきましては、早期健全化基準は25パーセントでありますが、本市は10.6パーセントとなっております。

  また、将来負担比率につきましては、早期健全化基準は350パーセントでありますが、本市は40.8パーセントとなっております。

  次に、公営企業の資金不足比率でございますが、病院事業、水道事業、農業集落排水事業のいずれの会計におきましても、資金不足額は算定されず、資金不足額の事業規模に占める割合であります資金不足比率は算定されませんでした。

  総括としまして、健全化判断比率の4指標及び公営企業の資金不足比率すべての指標値におきまして、各基準値を下回っており、健全団体の範囲となっております。

  今後におきましても、市民サービス維持向上、インフラ整備等に確実に取り組み、「命・暮らし・将来」の安全・安心の確保を図りながら、財政の健全化並びに公営企業の健全化に向けさらに努力してまいりますので、ご理解・ご協力をたまわりますようお願い申し上げます。

  それでは、条例案などの議案につきまして、説明申し上げます。

  本定例会に提出しております議案等は、条例案5件、行政案3件、予算案7件、認定14件の合計29件となっております。

  まず、議案第1号は、「平成21年度土佐市立宇佐小学校耐震補強工事請負契約について」であります。

  宇佐小学校につきましては、昭和46年度・47年度・54年度に建築し、平成18年の耐震診断の結果、補強工事が必要との判定結果となり、児童の安全のため早急に対策を講ずる必要が生じたことから、土佐市南海地震対策基本計画策定委員会において策定いたしました市有建築物耐震化スケジュールにのっとり事業を行うものであります。

  工事の概要は、鉄筋コンクリート3階建ての建物に、要所へ補強材を外部設置することで校舎の強度を増し、南海地震等に備えることを目的といたしております。

  工事の発注につきましては、土佐市指名競争入札実施要綱の規定に基づき、さる8月14日に指名通知を行い、8月27日に入札を実施しました。

  その結果、東山建設株式会社が金額1億6,012万5,000円、うち消費税及び地方消費税の額762万5,000円で落札しましたので、仮契約締結のうえ、地方自治法第96条第1項第5号及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定に基づき、工事請負契約について議会の議決を求めるものであります。

  なお、工期につきましては、議決日の翌日から平成22年3月31日までといたしております。

  議案第2号「損害賠償の額を定め和解することについて」は、行政報告で申し上げましたとおり、本件の瑕疵を治癒するため、追認議決を求めるものであります。

  議案第3号「特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部改正について」及び議案第4号「土佐市病院事業管理者の給与及び旅費に関する条例の一部改正について」は、これも先ほど報告申し上げましたとおり、土佐市民病院事業の瑕疵ある行為に対し、組織の責任者として、市長と病院事業管理者の給料を減額いたすものであります。内容は、ともに10月1日から、10パーセント減給2箇月とするものであります。

  議案第5号「議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正について」は、平成19年4月23日付で公布された雇用保険法等の一部を改正する法律により、船員保険法が一部改正されたことなどを受け、地方公務員災害補償法が一部改正されました。その施行期日が平成22年1月1日と定められたことにより、所要の一部改正を行うものであります。

  議案第6号「土佐市国民健康保険条例の一部改正について」は、国の緊急少子化対策として、分娩に係る費用の実態調査を踏まえて、本年10月1日から平成23年3月までの間、被用者保険の出産育児一時金の額を4万円引き上げて39万円の経過措置をとる健康保険法等施行令が施行されたことに伴い、国民健康保険についても被保険者が安心して妊娠・出産できる環境を作るため、出産育児一時金について同様の改正を行うものであります。なお、本件については、先月27日に開催されました、土佐市国民健康保険運営協議会におきまして、答申をいただいております。

  議案第7号「土佐市都市公園条例の一部改正について」は、市道市民病院前線道路拡幅工事に伴い、都市公園である中町公園の面積減を補てんするため、土佐市民病院に隣接する北側の土地を公園用地として買収し、整備をいたしておりまして、このたびこの公園の整備が完了いたしました。防災時における有効な利用の確保、又は近隣並びに広く多くの市民の方々に安全で安心な憩いの場として使っていただける公園として、都市公園条例に基づく都市公園「なかよし公園」とするための条例改正でございます。

  議案第8号「土佐市道路線の認定について」のうち東土居中島大境線は、土佐市バイパス工事の一部工事完了に伴い、側道が国から本市へ移管されるものであります。次に、馬入レ線は、都市計画法に基づく開発許可により宅地造成していた住宅団地が完成したため、団地内の道路が本市へ寄付されたもので、ともに新たに土佐市道路線として認定することについて、道路法第8条第2項の規定に基づき、議会の議決を求めるものであります。

  議案第9号から同第15号までは、平成21年度の一般会計、特別会計及び事業会計の各補正予算であります。

  今回の補正は、振興計画の見直し、経済対策関連など、行政執行上早期に予算化が必要となった経費を補正いたしております。

  それでは、議案第9号「平成21年度土佐市一般会計補正予算(第2回)」から順次補正の主な内容を説明申し上げます。

  議会費におきましては、議員報酬システム変更に伴うデータ移行に係る経費などを補正いたしております。

  総務費におきましては、総務管理費交通安全対策費で交通安全教育充実に係る経費を、福祉金庫事業費で新居小学校体育館どんちょう、救急用資機材購入など、寄付者のご意志に沿った経費を、ふるさとづくり対策費で地域力を高めるアドバイザー事業に係る経費、及び土佐市に密着した重点的なニュースで地域の再発見・活性化につなげる広告経費、並びに谷地地区生活用水の資源調査経費を、また積立金として本年度新設された地域活性化・公共投資臨時交付金のうち約3割を来年度の単独事業財源とするための積立を、地域防災対策費で防災拠点施設整備のための用地購入費を、地域活性化経済危機対策費で既に議決をいただいている事業に有利な起債が確保できる見込みであることから、北原クリーンセンター施設整備の追加及び農地有効利用支援整備の増額などを、徴税費で市税還付金を補正いたしております。

  なお、先ほど申し上げました地域活性化・公共投資臨時交付金は、経済危機対策における追加公共事業に対して国から交付されるもので、9,200万円を見込んでおり、積立金のほか指定避難所等整備事業、地域住宅交付金事業、蓮池小学校耐震補強工事設計、音丸排水路整備事業の財源として補正いたしております。

  民生費におきましては、社会福祉費自立支援費で市民体育館にスポーツ用車いすの整備などに係る経費、及びUSAくろしおセンターにオストメイト対応トイレ設置に係る経費を、老人福祉費で認知症高齢者グループホームに対するスプリンクラー整備に係る補助金などを、児童福祉費で昨年度に引き続き、小学就学前3年間に属する子を支給対象とした、子育て応援特別手当に係る経費及び認可外保育園に通園する多子世帯保育料軽減に係る経費などを、生活保護費で住宅・生活支援対策に係る経費などを補正いたしております。

  衛生費におきましては、保健衛生費で検診受診促進及び健康保持増進を図るため、女性特有のがん検診推進に係る経費などを、清掃費で中央西部焼却処理事務組合分担金普通交付税算入分を補正いたしております。

  労働費におきましては、緊急雇用創出臨時特例基金事業として41名の新規雇用を行う9事業に係る経費を、ふるさと雇用再生特別基金事業として4名の新規雇用を行う事業に係る経費を補正いたしております。

  農林水産業費におきましては、農業費で新たな事業として新規就農定着促進事業、耕作放棄地再生緊急対策事業、土佐文旦加工用搾汁機導入事業などに係る経費を、レンタルハウス整備事業などの追加に係る経費及び農林水産物集出荷貯蔵施設整備事業が2箇年での実施への変更に伴う減額調整などを、林業費でバイオマス利用施設等整備に係る補助金を、水産業費で漁業集落環境整備事業において国の追加補正に伴う整理などを補正いたしております。

  土木費におきましては、土木管理費で地籍調査事業費を、道路橋梁費で地域活力基盤創造交付金の配当に伴う整理を、河川費で音丸排水路整備に係る経費及び波介川河口導流事業で発生する掘削土を活用した農業基盤整備に要する経費などを、都市計画費で新居公園整備及び土佐市バイパス芝・中島間周辺対策に係る経費などを補正いたしております。

  消防費におきましては、消防団員活動及び婦人防火クラブ活動に係る経費などを補正いたしております。

  教育費におきましては、小学校費で蓮池小学校耐震補強工事設計委託経費などを、社会教育費で学童保育事業において学び場の充実などの経費を、少年健全育成費で児童虐待等の予防・防止を図る機能強化に係る経費を、保健体育費で学校給食特別会計への繰出金を補正いたしております。

  災害復旧費におきましては、8月初旬の豪雨被害による道路等11件分の復旧に係る経費を補正いたしております。

  これらの歳出を賄う財源といたしましては、分担金及び負担金、国庫支出金、県支出金、繰越金、諸収入及び市債をそれぞれ増額する一方、基金からの繰入金で減額調整いたしております。

  以上の結果、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ5億9,224万7,000円を追加し、補正後の歳入歳出予算の総額を124億2,430万5,000円とするものであります。

  議案第10号「平成21年度土佐市国民健康保険特別会計補正予算(第1回)」は、保険給付費で昨年、後期高齢者医療制度への加入月に医療費負担が他の月より高かった場合の高額療養費特別支給金、及び出産育児一時金の引き上げに伴う増加分を、諸支出金で平成20年度の療養給付費等交付金確定に伴う社会保険診療報酬支払基金への返還金を補正いたしております。

  議案第11号「平成21年度土佐市特別養護老人ホーム特別会計補正予算(第2回)」は、総務費で看護・介護サービス向上に係る職員賃金を、業務費でショートステイ増床のためのベッド購入などの経費を補正いたしております。

  議案第12号「平成21年度土佐市学校給食特別会計補正予算(第1回)」は、食中毒感染予防対策としてノロウイルス検査手数料などを補正いたしております。

  議案第13号「平成21年度土佐市老人医療特別会計補正予算(第1回)」は、平成20年度の老人医療給付費及び老人保健医療費交付金などの確定に伴う県等への返還金を補正いたしております。

  議案第14号「平成21年度土佐市介護保険特別会計補正予算(第2回)」は、平成20年度の介護給付費及び地域支援事業交付金確定に伴う国・県等への返還金などを補正いたしております。

  議案第15号「平成21年度土佐市水道事業会計補正予算(第1回)」は、資本的支出で漁業集落道改良工事に伴う井尻配水管布設替工事の使用材料を耐震管への変更、及び土佐市バイパス配水管布設工事の進捗状況に合わせた布設延長など、建設改良費に係る経費を補正いたしております。

  認定第1号から同第14号までは、平成20年度土佐市一般会計、各特別会計及び各事業会計の決算であります。

  この案件につきましては、監査委員の決算審査意見書を添えて提出いたしておりますので、ご審議をたまわりますよう、お願い申し上げます。

  以上が、議案に関しましての説明でございますが、詳細につきましては、審議の過程で説明申し上げたいと存じますので、ご審議のうえ適切なご決定をたまわりますよう、お願い申し上げます。

  なお、地方自治法第180条第1項の規定により、専決処分をいたしました事項の報告をお手元に配付いたしておりますので、よろしくお願い申し上げます。

  以上でございます。

  平成21年9月8日。

  土佐市長 板原 啓文。

  失礼いたしました。

  誤読があったようでございます。

  9ページの下から4行目でございます。9ページの下から4行目で、「支給」と読むべきところを「支援」と読んでしまったようでございます。

  大変失礼いたしました。おわびして訂正させていただきます。



○議長(三本富士夫君) 以上で、提案理由の説明は終わりました。

  以上で、本日の日程は、終了いたしました。

  明9日から13日までを休会といたします。

  なお、次の会議は、9月14日午前10時開議、日程は、議案に対する質疑並びに一般質問であります。

  定刻のご参集をお願いいたします。

  本日は、これにて散会いたします。



                            散会 午前10時50分