議事ロックス -地方議会議事録検索-


高知県 土佐市

平成19年  第2回定例会(6 月) 付録 動議




平成19年  第2回定例会(6 月) 付録 − 動議











動 議

  介護保険の事業所指定に関し、慎重かつ適切な判断を求める決議(案) 

 右の動議を別紙のとおり提出します

   平成19年6月27日

           提 出 者    土 佐 市 議 会 議 員    森本 耕吉

           提 出 者    土 佐 市 議 会 議 員    山本 竹子

           提 出 者    土 佐 市 議 会 議 員    田村 喜郎

           提 出 者    土 佐 市 議 会 議 員    武森 ?嗣

  土 佐 市 議 会 議 長   浜田 太蔵  様

(別紙)

   介護保険の事業所指定に関し、慎重かつ適切な判断を求める決議(案)



 介護事業者(株)コムスンの、昨年12月の東京都による一斉監査による不正請求などの発覚に端を発し、厚生労働省は、去る6月6日、(株)コムスンの事業所指定に係る虚偽申請や人員基準違反などの不正又は著しく不当な行為に対して、国民の世論等を背景として、当該事業者に対して、直ちに改正介護保険法の連座制の適用や事業譲渡に関して関連会社への一括譲渡についても拒否をするなど厳しい姿勢で臨んでいるところである。

 本市においても、指定居宅サービス事業所「特定非営利法人介護センター土佐みずき」が、高知県より本年1月1日付で介護報酬の不正請求を事由に事業所の指定取り消しを受けたところである。

 土佐市議会は、当該事業所の代表者の妻が、本市議会議員でありながら、実質的に当該事業運営にかかわっていたとして、平成18年第4回定例議会において、当該議員に対して辞職勧告決議をしたところであるが、今般、5月31日付で、当該取り消しをされた事業所の代表者の実子が、この代表者の住所をもって、新たな事業所「合同会社未来介護サービスセンター」として指定申請をし、6月7日付で高知県に受理されており、現在審査中とのことである。このことは、取り消しとなった「土佐みずき」との関連があると疑われる、まさしく「看板の掛け替え的な行為」であり、現下の社会世論の観点からも、介護保険法の不備を巧みに突いた悪質きわまりない行為であるといわざるを得ない。今後、このような状況の中で、当該事業所が指定、運営されるような事態となれば、市民の介護保険制度に対する不信感が増幅することは必至である。

 よって、本議会は、事業所の指定権限のある高知県に対し、事業所の指定に当たっては、介護保険法の主旨を遵守することはもとより、県民に疑念を持たれることのないよう、適切な判断を強く求めるとともに、保険者である土佐市に対しても、介護保険法の主旨に基づき、かつ、市民に疑念を持たれない適切な行政指導、運用を重ねて強く求めるものである。

  以上、決議する。

    平成19年6月27日

                                 土佐市議会