議事ロックス -地方議会議事録検索-


高知県 土佐市

平成19年  第2回定例会(6 月) 付録 市議第6号




平成19年  第2回定例会(6 月) 付録 − 市議第6号











市議第6号



   土佐市病院事業管理者の退職手当支給条例の一部を改正する条例(案)

 右の議案を別紙のとおり地方自治法第112条第2項及び会議規則第14条の規定により提出します。

          平成19年6月27日

                  提出者 土佐市議会議員   田村 喜郎

                   〃     〃      信清 吉孝

                   〃     〃      中田 勝利

 土佐市議会議長 浜田 太蔵 様



市議第6号

土佐市条例第  号

   土佐市病院事業管理者の退職手当支給条例の一部を改正する条例

 第2条中「が退職した場合」を「の任期が満了するとき(任期満了前に離職するときを含む。)」に改める。

 第3条中「退職の月」を「任期満了の日(任期満了前に離職するときを含む。以下同じ。)」に改め、「その者の勤続期間について、土佐市一般職の職員の退職手当に関する条例(昭和38年条例第3号。以下「一般職の退職手当条例」という。)第5条の規定により計算した率に」を削る。

 第4条を次のように改める。

 (在職期間の計算)

第4条 退職手当の算定の基礎となる計算は、その者の任期の初日の属する月から任期満了の日の属する月までとし、この月数を12で除した数を在職期間とする。ただし、その計算の方法により生じた端数が6ヶ月以上の場合は、これを1年とみなす。

 第4条の次に次の1条を加える。

 (準用)

第5条 この条例に定めるもののほか、支給については土佐市一般職の職員の退職手当に関する条例(昭和38年条例第3号。)の規定を準用する。

 別表中「100分の100」を「100分の200」に改める。

   付 則

 この条例は、交付の日から施行する。