議事ロックス -地方議会議事録検索-


高知県 土佐市

平成19年  第4回定例会(12月) 12月19日−05号




平成19年  第4回定例会(12月) − 12月19日−05号







平成19年  第4回定例会(12月)




        平成19年第4回土佐市議会定例会会議録(第5号)
 平成19年12月19日第4回土佐市議会定例会が土佐市議会議場に招集された。

1 出席議員は次のとおりである。
 1番 黒木   茂    2番 大森  陽子    3番 西村  導郎
 4番 浜田  太蔵    5番 浜田  広幸    6番 野村  昌枝
 7番 近澤   茂    8番 山本  竹子    9番 武森  ?嗣
10番 久保  直和   11番 江渕 土佐生   12番 尾?  洋典
13番 石元   操   14番 中田  勝利   15番 楠瀬  守福
16番 三本 富士夫   17番 山脇  義人   18番 森本  耕吉
19番 信清  吉孝   20番 田村  喜郎


2 欠席議員は次のとおりである。
  な し


3 地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席した者は次のとおりである。
市     長  板原  啓文    副  市  長  谷脇  博文
                   総 務 課 長
                   事 務 取 扱

教  育  長  瀧本   豊
企 画 調整課長  森   勇一    税 務 課 長  中内  一臣

市 民 課 長  矢野 幸次郎    USAくろしお  片山  栄次
                   セ ン ター所長

戸 波 支 所 長  西村  美英    建 設 課 長  森澤  律仁
兼戸波総合市民
セ ン ター所長

都 市 計画課長  森澤  孝文    波 介 川  ・  田中  和徳
                   水資源対策室長

福 祉 事務所長  田村  隆彦    生 活 環境課長  宇賀   実
特 別 養 護  吉村  通洋    健 康 福祉課長  宮地  良和
老人ホーム所長

産 業 経済課長  尾?  泰嗣    水 産 課 長  福原  吉宗
会 計 管 理 者  小笠原 常和    生 涯 学習課長  西本  良一

学 校 教育課長  村岡   治    水道局業務課長  岸本  光正
兼 学 校 給 食
セ ン ター所長

消  防  長  中内  建男    病院事業管理者  西村  武史
病 院 局事務長  井上  雅次


4 本会の書記は次のとおりである。
議 会 事務局長  松本  典興    議会事務局次長  國澤  和吉


5 議事日程
平成19年12月19日(水曜日)午前10時開議
   第1 平成19年第3回定例会議案第3号及び第15号
      (委員長報告・質疑・討論・採決)
   第2 議案第2号から第19号まで、認定第1号から第11号まで
      (委員長報告・質疑・討論・採決)
   第3 市議第1号及び第2号
   第4 閉会中の委員会審査・調査承認要求の件






                            開議 午前10時 0分 





○議長(浜田太蔵君) ただいまより、本日の会議を開きます。

  現在の出席議員数19名、よって会議は成立いたしました。

  日程第1、平成19年第3回定例会議案第3号及び第15号、以上2件を一括議題といたします。

  ただいま、議題となりました2件につきましては、閉会中の継続審査に付されておりましたので、委員長の報告を求めます。

  総務常任委員長。



◎総務常任委員長(山本竹子君) おはようございます。


┌──────────────────────────────────────┐
│                           平成19年12月19日│
│                          土佐市議会総務常任委員会│
│                           委員長  山本 竹子 │
│   土佐市議会議長                            │
│    浜田 太蔵  様                          │
│委員会審査報告書                              │
│ 平成19年土佐市議会第3回定例会において、本委員会に付託の案件中継続審査と│
│なっておりました案件について、11月27日、委員会を開催し、審査の結果、次の│
│とおり決定したので報告します。                       │
│                   記                  │
│議案第 3 号 特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例等の一部改正│
│       について                           │
│       賛成少数否決                         │
└──────────────────────────────────────┘


  以上です。



○議長(浜田太蔵君) 総務常任委員長の報告が終わりました。

  続きまして、教育厚生常任委員長の報告を求めます。



◎教育厚生常任委員長(野村昌枝君) おはようございます。


┌──────────────────────────────────────┐
│                           平成19年12月19日│
│                        土佐市議会教育厚生常任委員会│
│                           委員長  野村 昌枝 │
│   土佐市議会議長                            │
│    浜田 太蔵  様                          │
│委員会審査報告書                              │
│ 平成19年土佐市議会第3回定例会において、本委員会に付託の案件中継続審査と│
│なっておりました案件について、11月26日、委員会を開催し、審査の結果、次の│
│とおり決定したので報告します。                       │
│                   記                  │
│議案第15号 平成19年度土佐市病院事業会計補正予算(第1回)       │
│       賛成少数否決                         │
└──────────────────────────────────────┘


  以上です。



○議長(浜田太蔵君) 教育厚生常任委員長の報告が終わりました。

  これより、ただいまの各委員長報告に対する質疑を許します。

  質疑はありませんか。

      (「なし」と呼ぶ者あり)

  質疑なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより、討論を行います。

  討論はありませんか。

  大森さん。



◆2番議員(大森陽子君) おはようございます。

  先の9月議会におきまして、前市長は、議員及び特別職の報酬について提案されております。

  報酬等審議会の答申をもって、議員及び特別職の報酬、一律5万円引き下げの提案をされました。

  これは、高知市・南国市など、人口規模の大きな市は別として、ほかの七つの市の状況から見て提案されたことと思います。

  しかし、当議会では、委員会等の審議の中で、一律5万円の引き下げはおかしいと、納得できない。同じ割合なら、まだ納得できるとか、議会として、専門家に審議をしてもらう方法はないかとか、土佐市の財政はひっ迫していないとかいう意見。そして、また、議員になって、今までできていた経済活動が非常に難しくなったと。子供が小さい者にとったら、むしろこの報酬は低いのではないか、そういうふうな反対意見。

  あるいは、また賛成の立場の方は、市長の退職金は、退職の直前になって1,400万もぶっ飛ばしちょいて、自分たちの報酬の削減には反対というのは、虫がよすぎはしないか、そういうふうな様々な意見があったと思います。

  私は、こういう議論を踏まえて、どうしたらいいか、議会としても考えていかなければならないんじゃないかな。

  ですから、この原案に反対には反対という立場、つまり原案に賛成という立場で、討論に参加しました。

  それで、執行部に対しましても、お願いは、しかるべき時期には、市民の皆さんの気持ちにこたえた提案を、もう一度していただきたいと思いますし、できれば、議会としても、こういうふうな議論を踏まえた結論を反対というだけで終わらすのではなく、今後、していってほしいなあ、そういう意味で、原案に賛成の立場で討論に参加しました。

  以上です。



○議長(浜田太蔵君) ほかに討論はありませんか。

  山本さん。



◆8番議員(山本竹子君) 9月議会提案の、議案第15号議案に関する案件についての反対の立場で討論をいたします。

  先日の医師会の要望書に書かれておる患者送迎バスの運行は、地域医療を破壊するものであるとの文面を見ましたときに、私としては、なぜ、バスを試行するのが地域医療の破壊へつながるのか大変理解に苦しみましたけれど、先日の医師会の数名の先生方と議員との話し合いの中で、医師会としての経過の受け止め、また、この問題についての見解、先生方との意見交換の中で理解ができました。

  と申しますのは、今までバス運行については、2年にわたって病院局との話し合いをしたけれど、なかなか両方の意見の合意ができていない中で、新聞紙上で初めて病院局が、患者送迎バスの試行をすることを知ったようです。

  県の医師会、市の医師会、また、高吾地区も反対の中で、運行に踏み切ったことも原因の一つであるけれど、それ以上に、地域医療は、チーム医療であるので、市民病院には中心の医療をやってもらい、その他の保険とか、介護とか、様々な医療があるので、お互いに助け合いながら、病診連携を密にしながら、今後に向けての取り組みが必至と考えるし、自治体病院があるから、我々町医者があるという観点で、今後、自治体病院をどう支えていくのかが課題であるので。

  確かに、バス運行も原因の一つであるけれど、それ以上に、市民病院も自分たちが安心をして患者を送れるような、医師を含めての体制づくりをしてもらいたいし、また、50数億を投資をした新病院であるので、今後に向けての体制づくりを求めておることが理解ができました。

  今後、ますます高齢社会へ突入していく中で、やはり将来は、患者送迎バス運行は、基本的には必要と、私は考えております。

  また、病院事業は、議会にも大きな責任があります。市民が納得をして、喜んでもらえるような病院づくりが必至と考えます。

  今後に向けて、病院局と医師会とが合意が得られるように、お互いに取り組んでいただくことを強く要望いたしまして、本案に反対するものです。

  以上です。



○議長(浜田太蔵君) 他に討論はありませんか。

  森本耕吉君。



◆18番議員(森本耕吉君) 年寄りが出てきて、討論に討論のお返しをするのもはばかられました。

  また、このごろ土佐市議会も、女性議員が、なかなか華々しく活躍をされておりまして、非常に喜ばしいことだと思います。

  しかしながら、それぞれ独りよがりの意見で、反対討論をされるのを聞いておって、非常に残念です。

  例えば、3号議案、私は、あの議案が出たときに、森田前市長に辞めていく前に、せみの小便ひっかけたような、でたらめなことしていくなと、そういうことは、新しい市長ができて、もうすぐ目の前に決まってるじゃないか、新しい市長が、あなたの意を受けて、政策的な面で出してくるべきだと。あんたは、報復が7割以上の気持ちを占めておるんだと、そう言いました。

  あのときに、やみくもに退職金をへづられた。あの人は、そう思い込んじょったと思います。私どもは、それほど急に出したもんでもない。ずっと以前から、5条の適用はやめなさい、籠尾市長のときから、言ってきました。

  しかしながら、9月議会ではあまりにも直近過ぎる。そういうことで、6月議会の始まる前に、この前も、ここで、その討論をしましたけども、森田前市長に、この問題を投げかけました。あなたの方から、5条適用をのけてくるべきじゃないか、そのうえでパーセントを考えるべきだと、そう話をしました。最後には、やけくそのように、議会で決めてもらえ。私どもは、話の過程では、5条の適用をのけて100分の450いうところでどうぜよと、持っていったときに、中島副市長が、最終的な答えとして、もう議会で決めてもらえと市長が言うた。そういう状態で終わりました。だから、私ども議会は、それを、5条適用を本議会で削除したわけです。

  確かに、突然、5条適用をのけられると、びっくりするほどの、まあ、金額が下がりました。しかし、12年やって4,000万足らずの退職金がもらえる。市民は、あ然としております。そんなにもらえるかと。その報復として、まるで報復として5万カット、これは無謀なんですよ、一律5万ていうのはない。だから、私は、そのとき前市長に、お前が報復するなら、議会だけにせえや。市長3役に、そんな報復のしわ寄せ持っていくなと、そう言いました。

  まあ、どっちにしても、この3号議案に関しては、近い将来、必ず新市長が、自分の政策として打ち立ててくるだろう、そういう、私は、予測はしておりますけども、前市長が、せみの小便みたいに出していったこの問題に本気で取り合う議会はばかです、あっさり言うて。私は、だから、この否決に対しての賛成の討論。

  そして、15号に関して、非常に片寄った反対討論でした、申し訳ないけども。そして、聞いておったら、反対討論になってないんです。将来の希望を申し上げた。

  私ども教厚の委員会は、試行運転という言葉に反対じゃないんです。その内容が非常にまずかった。

  新居・宇佐方面の高知市内の方に流れる患者を、まあ、せき止めるために、試しにやってみる。まずいです。これは、いろいろ経過がありまして、私どもの教厚の委員会にしても、いわゆる患者を、土佐市内の病院に、いわゆる医療サービスで運ぶ、そういう方法は絶対に必要だという話は、意見は、ずいぶんと出ておりますし、その方向に向けて努力をしてもらいたい。というのは、病院があんな片寄った試行をするんじゃなしに、行政が市民全体を網羅して、この生活に関する、そして、医療に関する支援をしょうという形でバスを走らせるべきだと。というのは、具体的に言えば、宇佐・新居・波介・戸波・北原・高岡、こういうところの、いわゆる周辺のへき地という言葉は非常に表現がまずいですけども、まあ、へき地と表現させてください。そういうところのご老人、そして、患者さん、それを市内の病院に運べるような、そういう方法を取ってもらいたいというのが、私どもの教厚の委員会の全体の意見です。

  そういうことで、この試行に関しては反対しました。しかし、バスを運行さすことについては基本的に反対じゃないんです。

  今回の、この、15号議案は、新居・宇佐を通って、ちょっとやってみようかという、そういう非常に端的な、内容の乏しい政策でございまして、私どもとしては、もうちょっと大きな面で見てもらいたいというのが願いでございますし、そういうことで、15号議案には反対をしました。

  そういうことで、反対に賛成です。



○議長(浜田太蔵君) 他に討論はありませんか。

      (「なし」と呼ぶ者あり)

  討論なしと認め、討論を終結いたします。

  これより、採決を行います。

  まず、平成19年第3回定例会議案第3号「特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例等の一部改正について」を採決いたします。

  本案に対する委員長報告は、否決でありますので、原案についておはかりいたします。

  平成19年第3回定例会議案第3号を原案どおり決することに、賛成の方の起立を求めます。

      (賛成者起立)

  起立少数であります。

  よって、平成19年第3回定例会議案第3号は、否決されました。

  続きまして、平成19年第3回定例会議案第15号「平成19年度土佐市病院事業会計補正予算(第1回)」を採決いたします。

  本案に対する委員長報告は、否決でありますので、原案についておはかりいたします。

  平成19年第3回定例会議案第15号を原案どおり決することに、賛成の方の起立を求めます。

      (賛成者起立)

  起立なしであります。

  よって、平成19年第3回定例会議案第15号は、否決されました。

  日程第2、議案第2号から第19号まで、認定第1号から第11号まで、以上29件を一括議題といたします。

  これより、順次委員長の報告を求めます。

  まず、総務常任委員長の報告を求めます。



◎総務常任委員長(山本竹子君) それでは、委員会審査報告をいたします。


┌──────────────────────────────────────┐
│平成19年12月19日                           │
│土佐市議会総務常任委員会                          │
│                           委員長  山本 竹子 │
│   土佐市議会議長                            │
│    浜田 太蔵  様                          │
│委員会審査報告書                              │
│ 本委員会に付託の案件は、審査の結果次のとおり決定したので、会議規則第103│
│条の規定により報告します。                         │
│                 記                    │
│議案第 2 号 土佐市税条例の一部改正について                │
│       満場一致原案可決                       │
│議案第 3 号 土佐市国民健康保険税条例の一部改正について          │
│       満場一致原案可決                       │
│議案第 5 号 平成19年度土佐市一般会計補正予算(第3回)中当委員会付託分 │
│       満場一致原案可決                       │
│議案第11号 土佐市一般職の職員の給与に関する条例の一部改正について    │
│       満場一致原案可決                       │
│議案第12号 平成19年度土佐市一般会計補正予算(第4回)中当委員会付託分 │
│       満場一致原案可決                       │
│認定第 1 号 平成18年度土佐市一般会計歳入歳出決算の認定について中当委員会│
│       付託分                            │
│       満場一致認定                         │
└──────────────────────────────────────┘


  以上です。



○議長(浜田太蔵君) 総務常任委員長の報告が終りました。

  続いて、産業建設常任委員長の報告を求めます。



◎産業建設常任委員長(近澤茂君) おはようございます。


┌──────────────────────────────────────┐
│                           平成19年12月19日│
│                        土佐市議会産業建設常任委員会│
│                         委員長  近澤  茂   │
│   土佐市議会議長                            │
│    浜田 太蔵  様                          │
│委員会審査報告書                              │
│ 本委員会に付託の案件は、審査の結果次のとおり決定したので、会議規則第103│
│条の規定により報告します。                         │
│                 記                    │
│議案第 5 号 平成19年度土佐市一般会計補正予算(第3回)中当委員会付託分 │
│       満場一致原案可決                       │
│議案第 7 号 平成19年度土佐市住宅新築資金等特別会計補正予算(第1回)  │
│       満場一致原案可決                       │
│議案第10号 平成19年度土佐市水道事業会計補正予算(第1回)       │
│       満場一致原案可決                       │
│議案第12号 平成19年度土佐市一般会計補正予算(第4回)中当委員会付託分 │
│       満場一致原案可決                       │
│議案第14号 平成19年度土佐市住宅新築資金等特別会計補正予算(第2回)  │
│       満場一致原案可決                       │
│議案第18号 平成19年度土佐市水道事業会計補正予算(第2回)       │
│       満場一致原案可決                       │
│認定第 1 号 平成18年度土佐市一般会計歳入歳出決算の認定について中当委員会│
│       付託分                            │
│       満場一致認定                         │
│認定第 3 号 平成18年度土佐市製紙工業振興基金特別会計歳入歳出決算の認定に│
│       ついて                            │
│       満場一致認定                         │
│認定第 4 号 平成18年度土佐市住宅新築資金等特別会計歳入歳出決算の認定につ│
│       いて                             │
│       満場一致認定                         │
│認定第 8 号 平成18年度土佐市土地取得特別会計歳入歳出決算の認定について │
│       満場一致認定                         │
└──────────────────────────────────────┘


  以上であります。



○議長(浜田太蔵君) 産業建設常任委員長の報告が終りました。

  続いて、教育厚生常任委員長の報告を求めます。



◎教育厚生常任委員長(野村昌枝君) 


┌──────────────────────────────────────┐
│平成19年12月19日                           │
│土佐市議会教育厚生常任委員会                        │
│                          委員長  野村 昌枝  │
│   土佐市議会議長                            │
│    浜田 太蔵  様                          │
│委員会審査報告書                              │
│ 本委員会に付託の案件は、審査の結果次のとおり決定したので、会議規則第103│
│条の規定により報告します。                         │
│                 記                    │
│議案第 4 号 指定管理者の指定について                   │
│       満場一致原案可決                       │
│議案第 5 号 平成19年度土佐市一般会計補正予算(第3回)中当委員会付託分 │
│       満場一致原案可決                       │
│議案第 6 号 平成19年度土佐市国民健康保険特別会計補正予算(第3回)   │
│       満場一致原案可決                       │
│議案第 8 号 平成19年度土佐市特別養護老人ホーム特別会計補正予算(第1回)│
│       満場一致原案可決                       │
│議案第 9 号 平成19年度土佐市介護保険特別会計補正予算(第3回)     │
│       満場一致原案可決                       │
│議案第12号 平成19年度土佐市一般会計補正予算(第4回)中当委員会付託分 │
│       満場一致原案可決                       │
│議案第13号 平成19年度土佐市国民健康保険特別会計補正予算(第4回)   │
│       満場一致原案可決                       │
│議案第15号 平成19年度土佐市学校給食特別会計補正予算(第2回)     │
│       満場一致原案可決                       │
│議案第16号 平成19年度土佐市老人医療特別会計補正予算(第2回)     │
│       満場一致原案可決                       │
│議案第17号 平成19年度土佐市介護保険特別会計補正予算(第4回)     │
│       満場一致原案可決                       │
│議案第19号 平成19年度土佐市病院事業会計補正予算(第2回)       │
│       満場一致原案可決                       │
│認定第 1 号 平成18年度土佐市一般会計歳入歳出決算の認定について中当委員会│
│       付託分                            │
│       満場一致認定                         │
│認定第 2 号 平成18年度土佐市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定につい│
│       て                              │
│       満場一致認定                         │
│認定第 5 号 平成18年度土佐市特別養護老人ホーム特別会計歳入歳出決算の認定│
│       について                           │
│       満場一致認定                         │
│認定第 6 号 平成18年度土佐市学校給食特別会計歳入歳出決算の認定について │
│       満場一致認定                         │
│認定第 7 号 平成18年度土佐市老人医療特別会計歳入歳出決算の認定について │
│       満場一致認定                         │
│認定第 9 号 平成18年度土佐市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定に│
│       ついて                            │
│       満場一致認定                         │
│認定第10号 平成18年度土佐市デイサービスセンター特別会計歳入歳出決算の認│
│       定について                          │
│       満場一致認定                         │
│認定第11号 平成18年度土佐市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について │
│       満場一致認定                         │
└──────────────────────────────────────┘


  以上です。



○議長(浜田太蔵君) 教育厚生常任委員長の報告が終りました。

  以上で、各委員長の報告は終りました。

  これより、ただいまの各常任委員長報告に対する質疑を許します。

  質疑はありませんか。

      (「なし」と呼ぶ者あり)

  質疑なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより、討論を行います。

  討論はありませんか。

      (「なし」と呼ぶ者あり)

  討論なしと認め、討論を終結いたします。

  暫時休憩いたします。

      休憩 午前10時29分 

      正場 午前10時30分 



○議長(浜田太蔵君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

  これより、採決を行います。

  まず、総務常任委員会付託の議案第2号、第3号、第11号、以上3件を一括して採決いたします。

  これら3件に対する委員長報告は、いずれも原案可決であります。

  委員長報告どおり決することに、賛成の方の起立を求めます。

      (賛成者起立)

  起立全員であります。

  よって、これら3件は原案どおり可決されました。

  続いて、産業建設常任委員会付託の議案第7号、第10号、第14号、第18号、認定第3号、第4号、第8号、以上7件を一括して採決いたします。

  これら7件に対する委員長報告は、いずれも原案可決並びに認定であります。

  委員長報告どおり決することに、賛成の方の起立を求めます。

      (賛成者起立)

  起立全員であります。

  よって、これら7件は、原案どおり可決並びに認定されました。

  続いて、教育厚生常任委員会付託の議案第4号、第6号、第8号、第9号、第13号、第15号、第16号、第17号、第19号、認定第2号、第5号、第6号、第7号、第9号、第10号、第11号、以上16件を一括して採決いたします。

  これら16件に対する委員長報告は、いずれも原案可決並びに認定であります。

  委員長報告どおり決することに、賛成の方の起立を求めます。

      (賛成者起立)

  起立全員であります。

  よって、これら16件は、原案どおり可決並びに認定されました。

  続いて、分割付託しておりました議案第5号「平成19年度土佐市一般会計補正予算(第3回)」について採決いたします。

  本案に対する各委員長報告は、いずれも原案可決であります。

  委員長報告どおり決することに、賛成の方の起立を求めます。

      (賛成者起立)

  起立全員であります。

  よって、議案第5号は、原案どおり可決されました。

  続いて、同じく分割付託しておりました議案第12号「平成19年度土佐市一般会計補正予算(第4回)」について採決いたします。

  本案に対する各委員長報告は、いずれも原案可決であります。

  委員長報告どおり決することに、賛成の方の起立を求めます。

      (賛成者起立)

  起立全員であります。

  よって、議案第12号は、原案どおり可決されました。

  続いて、同じく分割付託しておりました認定第1号「平成18年度土佐市一般会計歳入歳出決算の認定について」を採決いたします。

  本件に対する各委員長報告は、いずれも認定であります。

  委員長報告どおり決することに、賛成の方の起立を求めます。

      (賛成者起立)

  起立全員であります。

  よって、認定第1号は、認定されました。

  今期定例会に提出されております議員提出議案2件について、局長に朗読させます。

  議会事務局長。



◎議会事務局長(松本典興君) 議案名を朗読いたします。

  市議第1号 トンネルじん肺根絶の抜本的な対策を求める意見書(案)

  市議第2号 後期高齢者医療制度の改善を求める意見書(案)

  以上です。



○議長(浜田太蔵君) 局長の朗読が終りました。

  日程第3、市議第1号及び第2号、以上2件を一括議題といたします。

  おはかりいたします。

  市議第1号及び第2号、以上2件については、提案理由の説明、委員会付託、質疑、討論を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

      (「なし」と呼ぶ者あり)

  ご異議なしと認めます。

  よって、そのように取り扱うことに決しました。

  これより、採決を行います。

  市議第1号及び第2号、以上2件を一括して採決いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

      (「なし」と呼ぶ者あり)

  ご異議なしと認めます。

  よって、そのように取り扱うことに決しました。

  市議第1号及び第2号、以上2件について、原案どおり決することに、賛成の方の起立を求めます。

      (賛成者起立)

  起立多数であります。

  よって、これら2件については、原案どおり可決されました。

  日程第4、閉会中の委員会審査・調査承認要求の件を議題といたします。

  各委員長から所管事項の審査・調査承認要求書が提出されておりますので、局長に朗読させます。

  議会事務局長。



◎議会事務局長(松本典興君) 朗読いたします。


┌───────────────────────────────────────┐
│承認要求書                                  │
│ 総務常任委員会、産業建設常任委員会、教育厚生常任委員会、議会運営委員会は、議│
│会閉会中、次の事項を審査又は調査いたしたいので、承認されるよう要求いたします。│
│                  記                    │
│ 1.事  項 本委員会に付託の案件又は所管に属する事項           │
│ 1.期  間 審査・調査の終了まで                     │
│               平成19年12月19日             │
│     土佐市議会議長 浜田 太蔵  様                  │
│               総 務 常 任 委員長 山本 竹子         │
│               産業建設常任委員長 近澤  茂         │
│               教育厚生常任委員長 野村 昌枝         │
│               議 会 運 営 委員長 江渕土佐生         │
└───────────────────────────────────────┘


  以上です。



○議長(浜田太蔵君) 局長の朗読が終りました。

  おはかりいたします。

  本件に関し、ただいま朗読のとおり承認することに、ご異議ありませんか。

      (「ある、ある」と、森本耕吉議員述ぶ)



○議長(浜田太蔵君) はい。



◆18番議員(森本耕吉君) 議会運営委員会を常任委員会としての扱いがなけりゃいかなねえ。手落ちがありゃあせんかえ。



○議長(浜田太蔵君) 暫時休憩いたします。

      休憩 午前10時37分 

      正場 午前10時47分 



○議長(浜田太蔵君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

  本件に関し、ただいま朗読のとおり承認することに、ご異議ありませんか。

      (「なし」と呼ぶ者あり)

  ご異議なしと認めます。

  よって、これを承認することに決しました。

  これをもって、今期定例会に付議されました案件はすべて議了いたしました。

  閉会にあたり、市長から、発言の申し入れがあっておりますので許可いたします。

  板原市長。



◎市長(板原啓文君) はい。

  おはようございます。

  議員の皆様におかれましては、大変ご多用中のところ、今議会提出をさしていただいておりました全議案につきまして、慎重なるご審議をたまわりまして、継続2件以外、すべて可決・認定をたまわりまして、厚くお礼申し上げます。

  土佐市政を取り巻く現状は、大変厳しい中にございますけれども、今議会中に、ご審議中にたまわりました貴重なご意見あるいはご提言を心にしまして、市民の皆さんのしあわせづくり、小さくてもきらり輝く、夢の持てる土佐市づくりにつきまして、執行部一同、心を一つにいたしまして、まい進してまいりたいと存じますので、どうか、今後とも一層のご支援・ご鞭撻をたまわりますように、お願いを申し上げます。

  また、今年1年のご厚情に感謝を申し上げ、新たな年が皆様にとりまして幸多い年となりますようにご祈念申し上げまして、閉会にあたりましてのごあいさつとさせていただきます。

  どうもありがとうございました。

      (拍 手)



○議長(浜田太蔵君) 以上で、平成19年第4回土佐市議会定例会を閉会いたします。

  連日、ご苦労さまでした。



                            閉会 午前 10時49分