議事ロックス -地方議会議事録検索-


高知県 土佐市

平成 9年  第3回定例会(9 月)付録 市議第5号




平成 9年  第3回定例会(9 月)付録 − 市議第5号








市議第5号 
   道路整備予算の拡充を求める意見書(案)
 右の議案を別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出します。
          平成9年9月30日
                  提出者 土佐市議会議員    津野 勝彦
                   〃     〃       西川  貢
                   〃     〃       麻岡  博
                   〃     〃       吉村 正男
                   〃     〃       矢野 光顕
                   〃     〃       信清 吉孝
    土佐市議会議長 西村 信治 様
市議第5号
   道路整備予算の拡充を求める意見書(案)
 道路は、地域の産業・経済・福祉・医療などあらゆる分野において、その日々の活動を
支える最も根幹的な社会基盤であり、地域の活性化や市民生活の向上に大きく寄与するも
のである。
 また、高速道路などの幹線道路網の整備は、文化や気候、風土が異なる地域間の様々な
交流を促進するとともに、地域が有する特性や資源などを生かし、互いが協調しながら競
い合っていく時代に欠かすことのできないものである。
 しかしながら、当市では、地理的・地形的条件が厳しいことなどからその整備水準は、
全国に比して大きく立ち遅れているうえに、公共交通機関が未整備のため、道路交通への
依存度が極めて高い状態となっており、迫り来る超高齢化社会を前に早急な対策を講じる
ことが強く求められている。
 このような状況の中で、道路特定財源は、利用者負担を原則とし、安定した財源として
我が国の道路整備を支えてきており、特に財政基盤が脆弱な地方において、道路特定財源
の確保は不可欠のものである。
 よって、政府におかれては、平成10年度予算編成に際して次の事項について特段の配
慮をされるよう強く要望する。
                    記
1.平成10年度から始まる新たな道路整備5カ年計画の総投資額78兆円を確保するこ
 と。
2.揮発油税、軽油取引税、自動車重量税等の道路特定財源諸税の暫定税率を堅持すると
 ともに、道路以外の使途への転用をすることなく、その全額を道路整備に充当すること。
3.道路整備予算の一層の充実を図り、道路予算の地方への傾斜配分を図ること。

 以上、地方自治法第99条第2項の規定により意見書を提出する。

   平成9年9月30日
                         土佐市議会議長 西村 信治
内閣総理大臣  
大蔵大臣    様
建設大臣