議事ロックス -地方議会議事録検索-


高知県 土佐市

平成17年  第4回定例会(12月) 付録 動議




平成17年  第4回定例会(12月) 付録 − 動議









動 議

  小・中学校の南海地震対策を早急に行うことを求める決議(案)

 右の動議を別紙のとおり提出いたします。

   平成17年12月20日

           提 出 者   土 佐 市 議 会 議 員    江渕土佐生

           提 出 者   土 佐 市 議 会 議 員    武森 ?嗣

           提 出 者   土 佐 市 議 会 議 員    三本富士夫

           提 出 者   土 佐 市 議 会 議 員    久保 直和

           提 出 者   土 佐 市 議 会 議 員    楠瀬 守福

           提 出 者   土 佐 市 議 会 議 員    浜田 太蔵

           提 出 者   土 佐 市 議 会 議 員    山本 竹子

           提 出 者   土 佐 市 議 会 議 員    近澤  茂

           提 出 者   土 佐 市 議 会 議 員    田中 忠臣

           提 出 者   土 佐 市 議 会 議 員    野村 昌枝

           提 出 者   土 佐 市 議 会 議 員    尾? 洋典

  土 佐 市 議 会 議 長    山脇 義人  様



(別紙)

   小・中学校の南海地震対策を早急に行うことを求める決議(案)

 次の南海地震の発生が30年以内に50パーセントの確率で予想されている。この大地震への対策を早急に取り組まなければならない。

 マンション建設に伴う耐震強度偽装が大きな社会問題となり、問題の建築物の取り壊しや、住民の転居などの問題が連日マスコミで取り上げられている。

 土佐市においては、数校の小学校で耐震診断が行われているが、その検査からも市の公共施設の多くが耐震基準値を大きく下回る状態にある事が予想されている。これらの建築物は耐震強度が偽装された建築物と同様に大変危険な状態にあり早急な対策が必要である。

 特に、小・中学校および保育園の地震対策は一刻の猶予も許されない重要課題である。土佐市は何にもまして速やかにこれら施設の検査と対策を実行し、子供たちが安心して学び、生活できる環境を整えるべきである。

 以上決議する。

   平成17年12月20日

                                土佐市議会