議事ロックス -地方議会議事録検索-


高知県 高知市

平成26年12月定例会請願・陳情文書表 第447回請願,陳情文書表




平成26年12月定例会請願・陳情文書表 − 第447回請願,陳情文書表







          第 447回高知市議会定例会請願,陳情文書表



 総務委員会付託分


受理番号件名受理年月日要旨提出者
陳情 13
高知市公契約基本条例に
関する件
平26.9.17
 公契約条例の制定の動きは全国で起きているが,部分的には先進的と評価されるものの,その対象者はほんの一部にすぎず,導入により混乱する自治体も多く,全国的に問題視される意見が出されており,条例自体否決される自治体も少なくない。

 労働集約型産業の根幹をなす従業員が我々の最大・最重要経営資源である。この大切な従業員を守るためには適正な価格で契約し,適正な業務の履行評価をしていただき,その評価に基づき安定的に雇用が継続され安心して働けることが重要で,我々ビルメンテナンス経営者にとっても,従業員満足度を常に考えることが,品質のよいサービス業務の提供に結びつき,顧客満足が得られるものだと考える。

 高知市議会において,高知市公契約条例の制定を計画され,このたびの議会に提案されているとのことであるが,当業界には一切の説明もなく,余りに早急であり業界としても,下記の問題が解決しない中での制定は,時期尚早であると判断され,反対せざるを得ない。

 ついては,再度,協議,検討する時間をいただきたく陳情する。

               記

1.公契約条例該当物件に従事する労働者は少数であり,該当物件の作業労働者と該当しない物件の作業労働者との賃金格差が生じ,同業種内はもとより同企業内でも公平性が保てない。

2.民間企業間の契約において支払われる時間当たり賃金よりも,同様の内容のサービスにもかかわらず,公契約のほうが高い賃金を設定することは公平かつ効率的な税金の使い方ではない。

3.公契約条例の本質は低所得者をどのように高収入につなげるかということだと考えられるが,公契約者のみに地域の最低賃金よりも高い賃金水準を設定し,地方自治体の税金を用いて所得保障を行う貧困対策であるなら,日本で働く全労働者を対象とした制度で対応すべきであり,そうでなければ労働者間の公平性を欠くことになる。

4.公契約条例該当物件については予定価格は上がるが,競争入札なので賃金の上昇分を反映させて入札することが困難であるため,企業経営を圧迫し雇用減少につながる。
高知市南はりまや町2丁目
3−10
一般社団法人高知ビルメンテ
ナンス協会
会長 中村 哲




 建設環境委員会付託分


受理番号件名受理年月日要旨紹介議員提出者
請願 9
町内会所有土地を高
知市に寄付すること
により瀬戸南公園に
集会所(公民館)建
設の承諾を願う件
平26.12.5
 私どもの町内には集会所(公民館)がなく,会議はもとより老人から子供に至る活動はもとより町内会員の親睦活動等にも支障を来し,長年,集会所の設置が望まれてきた。

 合併浄化槽跡地を含む登記簿地目公園用地等3筆(登記簿面積 651平方メートル)は当町内会の所有で所有権登記がなされており,これまで,この場所を災害時の避難施設を兼ねた集会所建設の一つの候補地として考えていた。

 現地は当団地の勾配のある坂道をおりた最下方部分にあり,西側には道路を挟んで宇賀谷川が南北に流れ,その堤防も道路高28センチメートルとごく低いものである。地震等には津波,河川堤防の決壊,土石流等は一体と考えられ,南海トラフ巨大地震災害が起こったときを考えると,この場所に集会所を建てても,緊急避難場所としては不適当と言える。

 長浜小,横浜小,横浜新町小へ避難するにしても,津波は数分でたどり着く。一斉に人及び車が動く混雑,道路の広さ,学校への距離等を考えると,とても間に合わない。

 避難道が十分に使えるとも言えず,津波等で周囲が浸水し陸の孤島となる可能性は大と言える。当団地周辺の低地に居住されている方々も当団地に避難してこられると思われ,当団地で最低1週間以上町民が耐えるしかないのではと思う。

 しかも,当町内会には 161世帯のうち70歳以上の老人のいる世帯が4割,独居老人,小さな子供を抱える世帯も多く,そして家屋倒壊で居住できない世帯もあるであろうことを考えると,地震避難及び町内対応拠点として,町内に集会所が必要で,そして津波,浸水災害等のない場所に建築することが必要と考える。

 瀬戸南公園は海抜約15メートルにある。先ほどの当町内会所有の公園用地等付近は海抜約4メートルで,坂道をおりた団地最下方部に位置し,避難場所の役目を果たさない。

 当地区を考えるときに,最も安全な場所を求めたく,去る5月11日の瀬戸南団地町内会総会において,瀬戸南公園への集会所建設要望が議決された。

 そこで,当町内会所有の3筆の公園用地等を高知市に寄付させていただくので,瀬戸南公園の一部に集会所の建設を御承諾いただきたいと願っている。
福島
深瀬
近森
竹村
下元
寺内
高知市瀬戸南町1丁目16番20

瀬戸南団地町内会会長
安間 理栄子 外1名





受理番号件名受理年月日要旨紹介議員提出者
請願 10
耐震性非常用貯水槽
の有効利用に関する

平26.12.8
 現在,県が耐震堤防工事を進めているが,そうしたハード整備が進んでも,我々の住むエリアは津波浸水の脅威からは逃れられない。地盤が沈下するからである。地震後も長期間浸水すると言われている。

 地域には,車両通過交通量も多い国道56号,国道32号,県道大津バイパス,県道桂浜宝永線などがあり,事業所や商業施設も多数あり,住民人口より多数の人々が地域に入り込んできている。高知市の収容避難施設の収容数は,津波浸水エリアの被災者の数には達していない。

 我々の地域では,自宅などでの籠城避難も検討を余儀なくされているが,そうした場合でも,飲料水の確保は絶対に必要である。

 高知市には,多数の耐震貯水槽が埋設されている。しかし現状では,浸水した津波で,くみ上げ口が冠水していれば,せっかくの飲料水が利用できない。

 高知市水道事業南海地震対策基本計画の中に,迅速な応急給水体制の確立がある。

 よって,青柳公園などに埋設されている耐震貯水槽の飲料水を,津波浸水時でも利用できるように改修していただきたい。
近森
高木
田鍋
戸田
下本
高知市二葉町17番4号
西村 健一 外3名