議事ロックス -地方議会議事録検索-


高知県 高知市

平成26年9月定例会請願・陳情文書表 第446回請願,陳情文書表




平成26年9月定例会請願・陳情文書表 − 第446回請願,陳情文書表







          第446回高知市議会定例会請願,陳情文書表



 総務委員会付託分


受理番号件名受理年月日要旨提出者

陳情 102015年10月の消費税率10
%への再引き上げ中止を
求める意見書提出の件平26.8.20
 政府は,4月の消費税率8%への増税に続き,2015年10月からの税率10%への再引き上げを今年中に決断するとしているが,以下の理由で10%への再引き上げはやってはならないと考える。

 4〜6月期のGDPは年率換算で6.8%もの大幅減となった。その主要な要因は,個人消費が増税前の駆け込み需要の反動減を超え,年率換算18.7%と大きく落ち込んだことと住宅投資や企業の設備投資も大幅な減となったためである。消費税8%への増税が経済成長に急ブレーキをかけたことは明らかである。

 高知県は産業振興計画に基づき,経済活性化の必死の努力を続けているが,消費税増税が中小零細企業,低所得者層が全国的にも多い県経済に,より深刻な否定的影響を与えている。産業振興計画の遂行という見地からも再増税は避けるべきであると考える。

 また,県民の暮らしの実態は,年金の連続削減,医療費や社会保険料の負担増,もともと低い賃金の連続的な低下,物価高,その上の8%増税で我慢の限界を超えている。県民生活はこれ以上の痛みに耐えられる状態にはない。

 消費税法附則第18条第3項は,経済状況によっては,施行の停止を含め所要の措置を講ずると増税中止を選択することも可能と明記されている。現下の経済情勢,県民の暮らしの実態は,この条項を発動すべき緊急事態となっている。

 よって,2015年10月の消費税率10%への再引き上げ中止を求める意見書を政府に提出することを求める。
高知市一宮東町4丁目17一7
消費税をなくす高知県の会
事務局 金子陽子 外2名




 建設環境委員会付託分


受理番号件名受理年月日要旨紹介議員提出者
請願 5本宮町・長尾山町周
辺地区の浸水対策を
求める件平26.9.9
 私たちの住む地域(本宮町,長尾山町,水源町)は江ノ口川と本宮川に挟まれた低地にあり,近年,周辺地域に住宅団地やマンション,商業団地等が多くできたことにより,雨水が短時間に滞留して,住宅に浸水被害をもたらす事態がたびたび発生している。

 江ノ口川や鏡川の水かさがふえてくると,排水はままならず,短時間に急激な雨水が側溝からあふれ出て道路が冠水し,住宅に押し寄せることになる。殊に狭隘な江ノ口川は,排水機能が弱く,頻繁に氾濫している。昨今の豪雨で,住民不安が一層高まるとともに,地区内にある旭小学校では児童の登下校が危険にさらされるなど,大きな心配事となっている。

 ついては,私たちの地区住民の浸水不安の解消に向け,排水機能の整備拡充に格段の対策をお願いする。
近藤
西森
下本
浜川
近森
川村
高知市長尾山町54−10
長尾山町東自治会
岡村六郎 外863名





受理番号件名受理年月日要旨紹介議員提出者
請願 6旧汚水処理場のうち,震災時に必要な
部分以外は早期に撤
去し安全,快適な環
境を求める件平26.9.16
 潮見台の汚水処理施設は,用途廃止から11年が経過するが,地域では直後から,通学路の安全,景観,跡地利用の立場から巨大な施設の早期撤去を求めてきた。

 市は財政難を理由に施設撤去の先延ばしを続け,最近下水道BCP,事業継続計画の地震,津波対策として,下流域が長期浸水したとき,旧汚水処理場の一部を使って簡易な衛生対策を講じた後,汚水を介良川に流す計画をつくっているため,施設の一部を残したいとの説明である。

 潮見台は,香長平野から四国山脈,太平洋が一望でき,周りも緑に囲まれた住宅地である。また,住民が協力してたくさんの竹を切り,市道,住宅地への竹林の侵食による被害を防ぎ安全で快適な地域づくりに取り組んできた。

 日常的には全く使われない巨大施設が,通学路に死角をつくり安全を阻害し,景観を壊している状況は,一刻も早く解決してほしいと考える。

 大震災時に下流域が長期浸水したとき,住民が必要とする施設に限って残し,不要な部分は早期に撤去し施設を小規模化し,残地は災害時には高台の利点を生かした防災広場としての活用など日常的にも住民が有効に利用できる用地として整備するよう求める。
竹内
細木
高橋
高知市潮見台2丁目2518番地
潮見台自治会長
長野 長夫 外1,623名





受理番号件名受理年月日要旨紹介議員提出者
請願 7
シキボウ跡地東側エ
リアの浸水被害に関
する件平26.9.16
 私たちの住む秦南町は,北部環状線の開通からたび重なる水害に悩まされている。

特にシキボウ跡地東側エリアでは,先の11号,12号台風で
も,多数の家が床下・床上浸水の被害が発生した。その原因には,冠水道路を往来する車両の引き波や,排水施設からの逆流がある。

 秦南町には,南秦泉寺排水機場(36トン/毎分と聞いている)と東秦泉寺排水機場(32トン/毎分と聞いている)の2つのポンプ場があるが,処理能力が北部環状線整備後の雨水流入量に対応できていないことが原因ではと考える。

 今後,日赤病院や北消防署がシキボウ跡地に建設されれば,交通量の増大や水路への雨水の流入量の増大から,その被害の拡大は我々素人でも予測できることで,両施設の建設と同時に秦南町全体の排水計画の抜本的な見直し(排水ポンプの大型化,排水管路の増設,河川への直接放流など)を,秦南町の住民を代表してお願いする。
上田
西森
近藤
近森
平田
岡田
高知市秦南町2丁目27−10
秦南町2丁目町内会長
上田 真弘 外1名





受理番号件名受理年月日要旨紹介議員提出者
請願 8
久万川に面した3町
内の浸水被害に関す
る件平26.9.16
 私たちの住む3町内は,北環状線が整備されて以降たび重なる水害に悩まされている。

 特に久万川にかかる落合橋北詰,一ツ橋北詰の東西の通りは,大雨による冠水がひどくたび重なる大雨の水害を何とかしなくてはいけないと3町内会で話し合いを進めてきたが,これまでの陳情は,久万川の北側を流れる水路のしゅんせつ,3カ所にあるスクリーンの清掃などであったが一向に改善が見られない。

 現在,一ツ橋町1丁目の遊園地に排水管径250ミリメートルの小さな排水ポンプが設置されているが,昨今のゲリラ豪雨では,とても3町内の冠水を排することはできない。

 8月の豪雨でも,車が廃車になったり,床上浸水で商品がだめになった店舗も数軒あるし,私たちの3町内も高齢化が進み,このままでは人的被害が発生する可能性があり,児童や高齢者の事故が起きる前に,何とぞ排水ポンプを大型化していただくよう,3町内会を挙げてお願いする。
上田
はた
西森
近藤
水口
近森
高知市一ツ橋町2丁目77
一ツ橋町2丁目町内会長
山影光延 外2名




 経済文教委員会付託分


受理番号件名受理年月日要旨提出者
陳情 12
桂浜公園再整備計画に関
する件平26.9.11
 高知市においては桂浜公園の魅力向上を目指して,再整備の検討を始めたとのことで,当差し出し3団体(以下当団体とする)としても下記のとおり高知市への意見を取りまとめ,陳情書として提出するので,今後の参考にされるようお願いする。

 なお,当団体としての桂浜公園及びその周辺に対する基本的な考えは,一代の英傑南海の地に興り,四国の覇者として瞬時の光芒を放ち,やがて露と消えうせた長宗我部最後の夢の跡としての城址公園及び当時の繁栄をしのぶことのできる旧城下町としての位置づけである。

 また,当初この地を所有していた明治末から昭和の始めにかけての全国的な教育者川田鐡弥氏が,公園一帯を桂浜学園と命名したように,静かに心身を自然に融合させ,おのれを研磨する場としての空間でもある。

 したがって,今後は喧騒,乾きといったものは極力避け,往時に思いをはせ,浦戸湾の眺望をめで,自然に学ぶことのできる場としての比重も増してほしいと願うものである。

             記

1.龍馬記念館リニューアル計画関係

 (1) この機会に同館内により充実した長宗我部コーナーを設けることを県に注文のこと。

 (2) 駐車場の増設は不可。リフト・ピストン輸送等にて対処のこと。

2.旧桂松閣跡地の今後の利用

 (1) 建造物の一切ない城址としてのたたずまいが凝縮した歴史公園とする。

 (2) 植栽をし,浦戸湾側の樹木の枝打ちを行い眺望を強化する。

 (3) 長宗我部関係の碑,案内板等を設置する。

3.城山一帯を都市公園の領域から分離,城址公園とする。

4.城山一帯の樹木の枝打ちを行い,荒廃を防ぐ。

5.城址への認識の強化

 (1) 埋め戻し石垣の発見当時の写真パネルを桂浜荘の適所への常時展示。

 (2) 天守跡南側下の浦戸城史跡指定記念碑の前方の駐車禁止の徹底。

6.桂浜公園及びその周辺の史跡の整備,巡歴ルートの確立。

7.旧観海亭の名誉ある終えんへ

倒壊放置建物の棟札発見を含む学術調査及び記録保存を行い,かつての土佐最高権力者の別邸にふさわしい名誉ある終えんへの介添えをする。
高知市横浜西町15−11
浦戸湾昔ものがたり語り部の
会,高知県長宗我部顕彰会及
び長浜地区まちづくり推進市
民会議
代表 川島 義保