議事ロックス -地方議会議事録検索-


高知県 高知市

平成12年9月定例会請願・陳情訂正表 請願訂正表(請願 15)




平成12年9月定例会請願・陳情訂正表 − 請願訂正表(請願 15)







請願訂正表









号件名受理
年月
日要旨紹介
議員提出者


15
高知市立小中学校での30人
学級実現を求めることにつ
いて
平11.
9.21
 21世紀を担う子供たちにとって,よりよい教育条件のもと,学び育つことが大変重要になっている。ふえ続ける不登校・新たな荒れ・学級崩壊など,全国的に教育危機が叫ばれているが,高知市も例外ではなく,さまざまな問題に直面している。
 このような状況を受け,少人数学級実現の世論は大きく高まり,国会でも複数の政党が30人学級法案を提出するなどの大きな変化が生まれている。また,中央教育審議会答申「今後の地方教育行政のあり方について」では,現行の40人学級を下回る学級定員を,地方自治体独自で定めることを可能にする道を開いた。
 高知市で,学級増による少人数学級が実現すれば,「一人一人が人間としてさらに大切にされる」「ゆったりとした生活,学習空間の確保と人間的な触れ合いの促進」など,多くの教育効果が期待できる。
 現在の学校教育にとって,最も必要なゆとりと安心を生み出す上で,少人数学級の実現は欠かせない。特に,義務教育の出発点である小学校1年生や中学校1年生での実現は,強く望まれるところである。
 よって,今年の3月議会において採択した「国・県への30人学級実現を求める意見書」の精神に基づき,高知市内の子供たちが,生き生きと健やかに成長できるよう,次の事項について要望する。記一.高知市立小中学校において,一刻も早く30人学級を実現すること。
  国・県段階において,その実現が困難な場合,高知市として30人学級実現に向け努力すること。
岡田
坂上
高知市丸ノ内2丁目
1−10
高知城ホール内
高知市での30人学級
実現を求める団体
署名推進委員会
代表 川村 嘉彦
    外120名