議事ロックス -地方議会議事録検索-


高知県 高知市

平成12年6月定例会請願・陳情文書表 第354回請願,陳情文書表




平成12年6月定例会請願・陳情文書表 − 第354回請願,陳情文書表







第354回高知市議会定例会請願,陳情文書表




 総務委員会付託分





号件名受理
年月
日要旨提出者



10
日本政府に国連総会におい
て核兵器廃絶の諸決議に賛
成を求めることについて
平12.
5.12
 広島・長崎の原爆投下から55年がたとうとしている。また,米ソの軍事対抗が終わって10年余にもなる。しかし,核兵器のない世界への道はまだ開かれていない。核兵器の脅威を21世紀にも許すのか,その声が今,世界中に大きく広がっている。しかも,特定の国が安全や平和を理由に,核兵器を持ち続ける状況を許すなら,新たな核兵器保有国や核戦争の危険を食いとめることはできないであろう。平和な21世紀のために,世界は今こそ核兵器廃絶に向かって前進すべきである。
 昨年末の第54回国連総会では,非同盟諸国,スウェーデン,ニュージーランドなど非核国のグループが提案した速やかな核兵器廃絶を求める諸決議が圧倒的多数の賛成で採択された。しかし,日本政府はまたもや棄権した。
 アメリカの核先制使用政策について,NATO(北大西洋条約機構)などアメリカの同盟国からさえ見直しの意見が出されているが,日本政府はそれを容認している。
 今,日本政府が被爆国ならではのイニシアチブを発揮することを,多くの国民が求め,世界中が注目している。
 よって,日本政府は核兵器のない21世紀を求める日本国民を初め,世界の人々の願いにこたえるよう,貴議会において意見書を採択されたい。

高知市丸ノ内2−1−10
高知県平和行進実行委員会
事務局長 和田 忠明 外5名










号件名受理
年月
日要旨提出者



11
憲法を改正し日本の平和を
守ることについて
平12.
5.18
 北朝鮮の潜水艦や工作船等が日本の領土に出没した場合,自衛隊が潜水艦や工作船等を直ちに攻撃して撃沈できるようにするために,自衛隊を国防軍として交戦規定を作成し,地方自治体による自衛隊への協力義務を明確にするなどのしかるべき法整備を,憲法改正を含め緊急に行うことについて,政府に意見書を提出されたい。
 また,北朝鮮の武装ゲリラに日本侵入を許してしまった際には,直ちに自衛隊が出動して彼らを攻撃し,せん滅するべきである。平和的解決を呼びかけても応じる連中ではない。自衛隊が武装ゲリラをせん滅するためには,地方自治体が陣地の設営,公共施設の提供,道路や港湾の利用,野戦病院の設営,武器・弾薬の輸送などで全面的に協力する必要がある。
 よって,住民の命と暮らしを守るために,北朝鮮の武装ゲリラのテロや生物兵器攻撃から住民を守るために,自衛隊に全面的に協力する体制づくりを緊急に進められたい。
西宮市上葭原町2−14− 102
黒坂 真










号件名受理
年月
日要旨提出者



12
日本政府は核兵器持ち込み
を認める「核密約」の全容
公表を求めることについて
平12.
5.29
 最近,アメリカ政府の解禁文書によって日本への核持ち込みの事実や日米間の「核密約」の存在を示す文書が相次いで発見された。とりわけ1960年の日米安保条約の改定時に結ばれたとされる「討論記録」と題する秘密協定には,事前協議の対象となるのは核兵器の陸上基地への貯蔵や設置だけで,核兵器を積んだ艦船の領海・港湾への立ち入り(エントリー)や航空機の飛来はその対象とならない,つまり事前協議の対象とならないと明記されていることも明らかにされた。
 これまで日本政府は,「事前協議の申し出がないから核兵器の持ち込みはあり得ない」と言い続けてきたが,この秘密協定によって40年間もの間,国民に隠れてアメリカの核兵器持ち込みに合意してきたことになり,国是である非核三原則(核兵器をつくらず,持たず,持ち込ませず)を根本から覆すものである。
 よって,貴議会においても,政府に対して,日米「核密約」の全容を国民の前に公表するとともに,直ちにいかなる形であれ我が国への核兵器の持ち込みを認めないことを宣言するよう強く要求する意見書を採択されたい。
高知市丸ノ内2−1−10
平和行進高知県実行委員会
事務局長 和田 忠明 外5名






 建設委員会付託分





号件名受理
年月
日要旨紹介
議員提出者




泉野小学校通学路(銭神谷
付近)のがけ崩れ防止への
迅速な対応について
平12.
4.18
泉野小学校の通学路として指定されている道筋の銭神谷付近は,がけ崩れの心配があり,これから春季,雨季にかけての雨で,危険が増大していく一方である。地域住民の生活道でもあり,まして小中学校の児童・生徒が,万が一にも,がけ崩れに巻き込まれるようなことは,断じてあってはならないことである。
 よって,高知市当局の迅速なる対処を,関係住民一同要望する。
近藤
(正)
尾崎
高知市薊野1266−7
山中 圭介 外 380名










号件名受理
年月
日要旨紹介
議員提出者




高知駅周辺土地区画整理事
業地域内に貸し店舗つきの
市営住宅の建設を求めるこ
とについて
平12.
6.26
 私ども高知駅周辺土地区画整理事業地区内の貸し店舗にて営業している商業者は,今,現在は1階が店舗,2階が住宅という形態で営業を続けてきた。貸し店舗で営業している商業者は高齢者が多く,それでも今までは,細々と店をやりながら食べていけた。ところが,この区画整理事業によって新貸し店舗になると,家賃が高くなることは必至の状況になると町ではささやかれている。到底高い家賃になれば,さらに厳しい状態に追い込まれ,やっていけない。さらに家主によっては,換地後の新貸し店舗は,別の業種に貸すと言われた商業者もいる。この町で古い人は30年〜40年と住民と手を取り合って生活してきた。それが今回の区画整理事業により,生活できなくなる。そういう弱い立場の商業者を何とか救済していただくために,集団化された貸し店舗を市営住宅の中に建設していただきたく,下記の事項を要望する。記1.区画整理後に流出している人口を呼び戻すためにも,町の活性化につながる貸し店舗つき市営住宅を建設する。
2.市営住宅の1階に現在,貸し店舗で営業している商業者に安い家賃で貸し店舗をつくる。
3.市営住宅の2階に地元住民のためにコミュニティホールの施設をつくる。
4.貸し店舗で営業している商業者に優先的に住居を市営住宅に入居させる。
岡村
吉良
近藤
(強)
水口
今西
高橋
高知市比島町2丁目1−7
高知駅東部協同組合
代表理事 宮部 明生 外70名










号件名受理
年月
日要旨提出者




(株)穴吹工務店通町二番
館建設中止を求めることに
ついて
平12.
4.21
 (株)穴吹工務店は,玉水町に分譲マンションサーパス通町一番館14階建ての建物,並びに2階建て駐車場を併設することについては,隣地の住民には何らの説明もなく,突然建築を始め,現在完成近くなっている。続いてサーパス通町二番館13階建て,並びに65台の駐車場を併設する旨,穴吹工務店より知らせがあった。
 現在,水通町マツヤデンキ前信号より西へ約300メートルの竹村循環器内科あたりまで,朝夕のラッシュ時,また東の方はちょうど信号待ちにより,通行人は危なくて通れない状態であり,通町二番館の建設予定前は,最も渋滞するところである。これだけの駐車場ができ,排気ガスによって体調を悪くするおそれもある。
 通町一番館が建ち,風の方向が変わり,また二番館が建てばますます風の方向が変わり,周囲の住宅が被害をこうむることは明らかである。なお,一番館が建ち,冬至の前後は北側の各住宅は午後12時半ごろから薄暗くなり,電気をつけなければならず,二番館ができれば,なお一層暗くなり,生活を脅かされる。
 高知市は,住宅事情を調査し,無制限な住宅建築を規制すべきである。
 よって,サーパス通町二番館の建築は絶対に反対であり,建築中止を求める。
高知市玉水町2
高石 正一 外 283名






 経済文教委員会付託分





号件名受理
年月
日要旨紹介
議員提出者




横内小学校に児童クラブの
増設を求めることについて
平12.
6.26
 私たち働く親にとって,児童クラブの存在はとても重要である。ところが,横内小学校の児童クラブは,昨年度は16名もの子供たちが入会できなかったし,今年度も25名もの子供たちが入会できない状態になっている。
 入会できなかった家庭では,放課後を子供たちだけで過ごすことになる。最近の子供たちを取り巻く環境は決して安全とは言えず,横内小学校でも3学期には下校中の1年生の女の子がけがをする事件があり,3学期終了まで集団下校の処置がとられた。
 入会を希望する親は,子供たちが安心して放課後を過ごせる場所が欲しいと切実に願っている。
 しかし,現在の児童クラブは60名でも手狭な状態であり,現状のままで入会希望者全員を受け入れてしまっては,子供たちはとても健全な生活が送れるとは思えない。
 よって,子供たちが地域の中で安全に健やかに過ごせるように,第二児童クラブを開設して,希望者全員が入会できるよう要望する。
楠本
下本
河野
岡部
高橋
中澤
戸田
高知市西塚ノ原54−3
横内小学校児童クラブ保護者会
会長 利岡 道久 外10,693名










号件名受理
年月
日要旨紹介
議員提出者



10
総合文化プラザへ移転後も
現中央公民館を高知市立の
生涯学習の場として残すこ
とについて
平12.
7. 3
 社会教育法第3条に明記されているように,市民の自発的学習援助のためには,「場」の提供が大きな役割を果たしている。
 現在の中央公民館の利用状況は,部屋数の絶対数が足りないため,使用申し込みをしても借りられない場合が多く,申し込むことすらあきらめている団体もあるのが実情である。2年後に九反田の総合文化プラザに移転してもこの状況は変わらないと思われる。
 連日のように幼児虐待,少年の殺傷事件などショッキングな出来事が相次いでいる。世代を超えた生涯学習の場が一つでも多くなり,市民の連帯意識の高揚が図られることが何よりも大切ではないだろうか。
 四国の県都の公立公民館数は,松山市34館,高松市42館,徳島市39館,高知市8館で,高知市は質,量ともに公民館の充実を図ることが急がれる。
 高知市中央部には現公民館にかわる施設はなく,これを失うことは地域住民にとって大きな損失である。
 現公民館建設の際,県の所有地に県民文化ホールと市費で中央公民館を併設したこと,また市の所有地に県費で県民体育館を建設したことは,市民周知の事実である。今,高知市が中央公民館を手放すとしたら,このことを私たち市民はどう考えたらいいのか。
 よって,総合文化プラザへ移転後も,現中央公民館を高知市立の生涯学習の場として残されたい。
中澤
近藤
(強)
下元
高橋
島崎
小崎
高知市神田 344−2
高知市地域女性学級連絡会
会長 中田 順子 外多数










号件名受理
年月
日要旨提出者




株式会社アサヒカガクの移
転について
平12.
3.27
 高知駅周辺都市整備事業に伴う株式会社アサヒカガクの移転に当たっては,移転先である布師田の周辺地区住民に十分な説明もなく,公害防止協定等の合意も行われないまま強行され,3月6日から操業が開始されている。3月13日に同社長は公害防止協定締結に同意されたが,具体的取り決めはこれからである。
 よって,適正な公害防止協定を締結するとともに,次の事項につき改善処置を講ずることができるよう,御尽力願いたい。記1.同社に到着した複数の配送車両が,農道に駐車し,農耕車両の通行に支障を生じている。解決策としては,同社入り口を大型車両(長さ12メートル)が進入できる幅に拡張すればよい。
2.同社から排出する汚水は,大雨のときは逆流が予想される。また,排水管は途中農道に7カ所のため升が設けられ,大雨のときは水があふれ,近隣のハウスや農作地に被害を生じることは明らかである。解決策としては,同社内に遊水槽を設け,ため升をやめ,グレーチングを取り払い,現排水口を南へ延長し,新川まで完全に配管することによって,ある程度解決できるものと思う。
3.同社の排水は,中芝・下附地区上流水路に直接放流されているが,下流住民は井戸水を生活用水として使用しており,衛生面で多大の不安を生じている。この不安を解消するため,少なくとも年2回の水質検査を行い,私たち地区住民に発表することを要求する。
高知市布師田391
(株)アサヒカガク対策住民会
会長 西原 富福 外多数










号件名受理
年月
日要旨提出者




農地転用許可申請等の改善
について
平12.
4.18
 今日,国及び県において,行政許認可申請事項の簡素化が叫ばれている中で,一番おくれていると思われるのが,この農地転用許可申請である。特に高知県の場合,他県に比べ地域土木委員の裁量権の逸脱,煩雑な添付書類,市の窓口対応が担当者によってばらばらであるなど,通常の許認可申請に比べ,不自然かつ不透明な部分が多い。
 よって,以下の点について改善を申し入れたい。記1.土木委員の公私混同とも言える裁量権の逸脱を是正する。
2.土木委員と土地改良組合理事長との兼任を禁止する。
高知市城見町8−7
窪 則光 外1名




13
米の作付面積・生産数量に
関するガイドラインの都道
府県別配分の是正に関する
市議会での意見書の採択に
ついて
平12.
6. 9
 昭和44年度の稲作転換対策以降,本県では全国平均を大幅に上回る転作率を懸命の努力で取り組んできた。
 しかしながら,米の過剰基調による転作率の拡大に加え,輸入自由化の影響で転作作物として定着していたショウガ・イグサ等の作付面積は激減し,「水田を中心とした土地利用型農業活性化大綱」に基づく麦・大豆等の生産振興においても,収穫・播種時における梅雨等の気象条件等から品質面で取り引き(販売)できない状況にある。
 このため,全国第4位の47.7%(全国平均35.5%)の高転作率を消化することは実質的に不可能となり,平成10年度以降は93%台の実施率にとどまっており,生産現場では限界をはるかに超えた状況にある。
 よって,米の作付面積・生産数量に関するガイドラインの都道府県別配分の是正を求める意見書が採択されるよう,特段の配慮をされたい。
高知市高須 725−4
高知市農業協同組合
代表理事組合長 坂本 弘之










号件名受理
年月
日要旨提出者



14
よさこい祭り桟敷席の増設
について
平12.
6.29
 長引く経済不況は国民の消費意識の変革をもたらし,その変革が消費行動にもあらわれてきた。団体旅行は激減し,個人・小グループは増加したが動きは緩慢で,売り上げが伸びない現状である。
 心待ちにしていた,しまなみ海道(尾道─今治ルート)とエックスハイウエーの開通や,淡路花博の開催は全くの期待外れとなった。
 こうした状況を打開しようと当組合婦人部が高知商工会議所婦人部,帯屋町商店街おかみさん会とともに「観光客をふやすために何をすればよいか」を検討する中で,よさこい祭りの活性化が話題となり,桟敷席の増設を関係機関に働きかけることになった。
 よって,次の事項を要望する。記1.よさこい祭りを「高知県の祭り」に育て,発祥の地が札幌市であるかのような印象を払拭し,本家の面目を保つ施策を講ぜられたい。
2.祭りにおける交流人口の経済波及効果を測定し,県民・市民に発表されたい。
3.はりまや橋交差点からJR高知駅までを競演場として利用し,5万人分の桟敷席ができるよう関係機関と協議し実現されたい。
4.前項が実現するまでの間,2,000人分の桟敷席を増設されたい。
高知市大川筋1丁目3−43
高知市旅館ホテル協同組合
理事長 古谷 俊夫