議事ロックス -地方議会議事録検索-


高知県 高知市

平成25年12月定例会請願・陳情文書表 第441回請願,陳情文書表




平成25年12月定例会請願・陳情文書表 − 第441回請願,陳情文書表







          第 441回高知市議会定例会請願,陳情文書表



 総務委員会付託分


受理番号件名受理年月日要旨紹介議員提出者
請願 5
高知赤十字病院移転
計画に関する件
平25.12.12
 高知駅北部に位置する高知赤十字病院(以下,日赤病院)は,地域医療支援病院,災害拠点病院として重要な医療機関であり,JR,電車,バス等公共交通機関の利便性のよさも相まって,どの地域からも通いやすい病院として市民に認知されている。

 この地域一帯は,高知駅周辺再開発事業及び土地区画整理事業によって生まれ変わったばかりである。これらの事業に当たり,地域住民は県,市の方針を受け,陸の玄関高知駅と日赤病院を核としたまちづくりを基本に,高知駅から日赤病院へのアクセス道路である緑道や公園を整備するべく,土地の減歩や清算金の負担を行い,現在の町並みが完成した。

 ところが,8月23日付の高知新聞で,日赤病院がシキボウ跡地へ移転する計画があることを初めて知った。青天のへきれき,驚天動地,どんな言葉で形容しても足りないくらいの驚きであった。

 拠点施設である日赤病院がなくなれば,日赤病院を中心に行った区画整理事業の意義は完全に失われてしまい,町の衰退につながる。また,病院関連商業者が立ち退き,さらにはスーパーの撤退等も危惧され,買い物難民が大量に生まれるなど,高知駅周辺地域を空洞化させるばかりでなく,ダイエー跡地利用計画がやっと決まった中心商店街活性化に水を差すことにもなりかねない。

 高知市は財政再建の入り口が見え始めたばかりであり,日赤病院移転となれば,それに付随する道路の拡張や新設等に多額の市税を投入することになる。また都市計画マスタープランでは,これからの町のあり方はコンパクトシティーであるとしており,病院,スーパー,銀行,郵便局などが徒歩圏で利用できるまちづくりが重要となる。

 高知市役所庁舎は現地建てかえを選択した結果,周辺の町並みや環境を守ることになった。

 同様に,高知駅周辺も日赤病院を現地に残してこそ再開発事業の意義が守られ,誰もが暮らしやすいコンパクトシティーが構築されていくものと考える。

 よって,高知赤十字病院のシキボウ跡地への移転計画は,日赤近隣地域の衰退につながり,高知駅周辺の空洞化を招くことになることから,高知駅周辺再開発事業及び土地区画整理事業を,痛みを伴いながらも取り組んだ意義を再認識し,現地での建てかえ推進を地域住民とともに,高知県,日本赤十字社に要望するようお願いする。
近藤
岡田
近森
高知市新本町二丁目3番6号
新本町二丁目町内会
日赤病院移転対策委員会
委員長 西山建二 外6名








 経済文教委員会付託分


受理番号件名受理年月日要旨紹介議員提出者
請願 4
地方自治体の臨時・
非常勤職員の処遇改
善と雇用安定のため
の法改正を求める意
見書提出の件
平25.11.26
 自治体の臨時・非常勤職員は,今や3人に1人となり,全国では約70万人にも上る。それらの職員の多くは,年収が約200万円以下であるため官製ワーキングプアとも言われ,雇いどめに不安を感じながら日々の業務に当たっている。

 臨時・非常勤職員の職種は,行政職のほか,教職員,保育士,学童指導員,学校給食調理員,看護師,各種相談員,図書館職員,公民館職員など多岐にわたる。

 その多くの職員が恒常的業務についており,地方自治体は,臨時・非常勤職員の労働なくして一日たりとも回らない。

 しかし,臨時・非常勤職員にはパート労働法,労働契約法などが適用されないなど処遇や雇用について保護する制度が整備されておらず,民間労働法制と地方公務員制度のはざまで,法の谷間に置かれた存在となっている。

 このため,パート労働法や改正労働契約法の趣旨を踏まえ,臨時・非常勤職員の処遇改善,雇用安定に関する法整備を図ることが重要課題となっている。

 よって,行政サービスの質の確保と,臨時・非常勤職員の処遇改善,雇用安定の観点から,下記のことが措置されるよう,地方自治体の臨時・非常勤職員の処遇改善と雇用安定のための法改正を求める意見書を,政府に提出することを強く求める。

          記

1.非常勤職員に期末手当や退職手当の支給を認めていない地方自治法を改正すること。

2.均等・均衡待遇を求めているパート労働法の趣旨を,臨時・非常勤職員に適用させるための法整備を図ること。
門田
高知市本町4丁目1−32
こうち勤労センター5F
高知教職員組合
執行委員長 岡田浩幸









受理番号件名受理年月日要旨提出者
陳情 17
重要5品目の聖域すら守
れない環太平洋経済連携
協定(TPP協定)交渉
参加から直ちに撤退する
ことを強く求める意見書
提出の件
平25.11.15
 日本政府は,TPP交渉において,重要5品目についても聖域の対象から外すことも検討する(西山自民党TPP対策委員長)と発言するなど,国民への約束(公約)をほごにし,また交渉のやりとりなど情報を4年間は秘密にするなど,国民に何ら情報を知らせることなく,年内妥結に向けて前のめりになっている。

 過疎・高齢化が進む高知県にとって,TPPに参加すれば,地域経済を支える農林水産業への影響は甚大なものがある。

 よって,貴議会の総意として,重要5品目の聖域すら守れない環太平洋経済連携協定(TPP協定)交渉参加から直ちに撤退することを強く求める意見書を,国に提出することを求める。
高知市南河ノ瀬156
こうち生協中央支所内2階労
組室
食糧と健康,地域を守る高知
県連絡会
事務局長 中岡健太 外1名








 


受理番号件名受理年月日要旨提出者
陳情 18
TPP交渉からの撤退を
求める意見書提出の件
平25.11.19
 日本政府は,TPP交渉において,重要5品目についても聖域の対象から外すことも検討する(西川自民党TPP対策委員長)と発言するなど,国民への約束(公約)をほごにし,また交渉のやりとりなど情報を4年間は秘密にするなど,国民に何ら情報を知らせることなく,年内妥結に向けて前のめりになっている。

 過疎・高齢化が進む高知県にとって,TPPに参加すれば,地域経済を支える農林水産業への影響は甚大なものがある。

 TPPは,原則として全ての品目の関税を撤廃する協定で,内閣官房の試算でも,我が国の食料自給率は40%から27%に急落し,米の生産量は32%減,砂糖,小麦は,ほぼ壊滅し,牛肉・豚肉は約70%減となっている。

 高知県の試算でも,県内の米は56%減,畜産では牛が55%,豚が100%減少し,農林水産業生産額は 158億円減と試算している。

 このように,農林水産物の関税が例外なしに撤廃されれば,日本農業と地域経済,国民生活に与える影響は極めて甚大であり,とりわけ中山間地を多く抱える高知県にとっては死活問題となりかねない。

 国民の圧倒的多数が願っている食料自給率の向上とTPP交渉への参加は絶対に両立しない。今,求められることは,食糧をさらに外国に依存する政策と決別し,世界の深刻な食糧需給に正面から向き合い,40%程度にすぎない食料自給率を向上させる方向に大きく踏み出すことと考える。

 また,TPPは,関税以外のいわゆる非関税障壁といわれる各種規制撤廃で,残留農薬や食品添加物,遺伝子組み換え作物・食品などの安全規制が破壊され,国民皆保険の崩壊につながるなど,国民の食の安全・健康を脅かすものである。

 よって,TPP交渉からの撤退を求める意見書を,国に提出することを求める。
南国市岡豊町蒲原160−48
高知県農民組合
代表者 土居篤男







受理番号件名受理年月日要旨提出者
陳情 19
子供たちに間違った歴史
認識を植えつける「はだ
しのゲン」の撤去を求め
る件
平25.12.6
1.日本は1999年に法律で,日章旗が国旗,君が代が国歌と定められた。児童生徒が当該漫画の描写を事実であると誤った認識を抱き,教科書の内容との相違を,教師に質問したら教師は何と答えるべきであるのか。

2.ゲンが「君が代なんか国歌じゃないわい」などと斉唱を拒絶している。児童生徒に君が代は国歌ではないのかと問われたとき,当該漫画を教材としている教師はどのように答えるのか。

3.「首を面白半分に切り落とす」などの描写があると知らずに読んで,気分が悪くなった生徒がいたが,学校ではそのような子供の声を聞かれたことはないのか。学校図書室にケアを要する漫画本を配架することを適切とした学校の判断は子供を育てる親として到底,理解できるものではない。

4.ゲンは,「天皇陛下のためだという名目で日本軍は中国,朝鮮,アジアの各国で約 3,000万人以上の人を残酷に殺してきとるんじゃ」と,三本の指を突き出している。当該漫画の描く数字に学術的根拠はない。

5.「わしゃ日本が三光作戦という「殺し尽くし」「奪い尽くし」「焼き尽くす」でありとあらゆる残酷なことを同じアジア人にやっていた事実を知ったときはへどが出たわい」と事実を誤って描写している。

6.小学校学習指導要領の解説に,天皇の地位の指導に当たっては,天皇は日本国の象徴であり,日本国民統合の象徴であることを理解できるようにするとあるところ,当該漫画は「いまだに戦争責任をとらずに踏ん反り返っとる天皇をわしゃ許さんわい」などと描写している。

7.学校図書館法第2条に,学校図書館とは,児童または生徒の健全な教養を育成することを目的として設けられる学校の設備とあるが,過激な描写が含まれていると認識される当該漫画は児童または生徒の健全な教養を育成する目的を侵害している。

 以上のことから,当該漫画を図書館に置いておくのは,健全な青少年育成の観点から不適切である。

 当該漫画を読みたいのであれば,公立の図書館で借りて読むこともできるし,個人で購入することもできる。

 よって,児童の正しい歴史認識のためにも漫画本「はだしのゲン」を高知市の小中学校から撤去することを求める。
高知市廿代町1−25
中島康治









受理番号件名受理年月日要旨提出者
陳情 20
中学校給食についての検
討委員会設置に関する件
平25.12.12
 学校給食法第4条には「義務教育諸学校の設置者は,当該義務教育諸学校において学校給食が実施されるように努めなければならない」と定められているが,高知市の中学校の完全給食は生徒数で18.8%しか実施されていない。

 四国のほかの県庁所在地では,中学校給食の実施率は 100%であり,県内でも多くの自治体が実施している。高知市もほかの自治体並みの当たり前の水準に,できるだけ早く引き上げていくことが求められている。

 高知市教育委員会が行った,高知市立中学校の昼食に関するアンケートでは,9割の保護者が中学校給食の実施を求めている。

 よって,この声をどう受けとめ,どのような対処をしていくべきか,御考慮いただきたく,中学校給食についての検討委員会の設置を求める。
高知市越前町2丁目5−7
新日本婦人の会 高知市支部
支部長 棚野美佳