議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛媛県 愛南町

平成27年第2回定例会(第1日 6月11日)




平成27年第2回定例会(第1日 6月11日)





 
         平成27年第2回愛南町議会定例会会議録(第1号)


                  招集年月日 平成27年6月11日(木曜)


                  招集場所 愛南町役場議場


                  開会 6月11日 10時00分宣告


1.議事日程


 日程第 1 会議録署名議員の指名


 日程第 2 会期の決定


 日程第 3 諸般の報告


 日程第 4 一般質問


 日程第 5 報告第 2号 愛南町一般会計継続費繰越計算書の報告について


 日程第 6 報告第 3号 愛南町一般会計繰越明許費繰越計算書の報告について


 日程第 7 報告第 4号 愛南町簡易水道特別会計繰越明許費繰越計算書の報告につ


              いて


 日程第 8 報告第 5号 愛南町上水道事業会計予算(建設改良費)の繰越報告につ


              いて


 日程第 9 第53号議案 愛南町執行機関の附属機関設置条例の一部改正について


 日程第10 第54号議案 愛南町母子家庭医療費助成条例の一部改正について


 日程第11 第55号議案 ポンプ車購入契約について


 日程第12 第56号議案 小型動力ポンプ普通積載車購入契約について


 日程第13 第57号議案 あけぼのグラウンド改修工事請負契約について


 日程第14 第58号議案 平成27年度愛南町簡易水道特別会計補正予算(第1号)


              について


 日程第15 第59号議案 平成27年度愛南町一般会計補正予算(第1号)について


 日程第16 第60号議案 平成27年度愛南町上水道事業会計補正予算(第1号)に


              ついて


 日程第17 第61号議案 平成27年度愛南町病院事業会計補正予算(第1号)につ


              いて


 日程第18 第62号議案 町有財産の無償貸付について


 日程第19 第63号議案 愛南町道路線の認定について


 日程第20 第64号議案 愛南町道路線の認定について


 日程第21 第65号議案 農山漁村活性化プロジェクト支援交付金(里地棚田整備事


              業)増田地区の実施について


 日程第22 第66号議案 辺地に係る公共的施設の総合整備計画の変更について


 日程第23 第67号議案 愛南町過疎地域自立促進計画の変更について


 日程第24 諮問第 1号 人権擁護委員候補者の推薦について





2.本日の会議に付した事件


 議事日程第1から第15





3.出席議員(15名)


  1番 原 田 達 也       2番 坂 口 直 樹


  3番 草木原 由 幸       4番 渡 邊 知 彦


  5番 浜 本 元 通       6番 内 倉 長 蔵


  7番 宮 下 一 郎       8番 山 下 正 敏


  9番 那 須 芳 人      10番 増 元 久 男


 11番  欠   番       12番 斎 藤 武 俊


 13番 土 居 尚 行      14番 西 口   孝


 15番 中 野 光 博      16番 山 下 太 三





4.欠席議員(0名)





5.説明のため出席した者の職氏名


   町長          清 水 雅 文


   副町長         岡 田 敏 弘


   教育長         鼻 ? 正 雄


   総務課長        木 原 荘 二


   企画財政課長      児 島 秀 之


   消防長         増 田 智 彦


   会計管理者       宮 城 辰 彦


   財産管理課長      藤 井   求


   税務課長        浅 海 宏 貴


   町民課長        中 尾   滋


   農林課長        山 口 俊 文


   水産課長        中 村 維 伯


   建設課長        赤 岡 政 典


   商工観光課長      田 中 俊 二


   環境衛生課長      嘉喜山   茂


   水道課長        小 西 隆 広


   保健福祉課長      西 口 源 一


   高齢者支援課長     山 田 智 久


   学校教育課長      浜 田 庄 司


   生涯学習課長      本 多 幸 雄


   防災対策課長      吉 村 隆 典


   国保一本松病院事務長  吉 田 英 史


   内海支所長       木 綱 玄 樹


   御荘支所長       小 堀   孝


   一本松支所長      岡 本   健


   西海支所長       吉 田   仁





6.職務のため出席した者の職氏名


   事務局長        西 村 信 男


   局長補佐        早 川 和 吉


   係長          小 川 加 奈





                午前10時00分 開会





○議長(山下太三) ただいまの出席議員は15名です。定足数に達しておりますので、これより、平成27年第2回愛南町議会定例会を開会いたします。


 町長より招集の挨拶があります。


 清水町長。


○町長(清水雅文) おはようございます。


 本日は、平成27年第2回愛南町議会定例会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては、何かと御多忙の中、全員の御出席をいただきまことにありがとうございます。


 山下太三議長体制によります初の定例会ということになりますが、山下議長におかれましては、早速、県の町村議会議長会の副会長にも就任され、心からお喜びを申し上げますとともに、今後一層の御活躍を期待するものであります。


 さて、先週3日には、ほぼ平年並みに梅雨入り発表がありましたが、今月は土砂災害防止月間ともなっております。


 先月、庁舎の玄関横におきまして、平成26年度の土砂災害防止に関する作品コンクールにおけます県内受賞作品の巡回展が行われておりましたが、作文とポスターの両部門に町内の小中学生の5作品も含まれており、着実に学校教育を通じた地域防災力の向上が図れているものと確信をしております。


 本格的な梅雨シーズンを迎えるに当たり、各種災害に備えての防災対応等に、引き続き万全の態勢で臨まなければならないと考えています。


 また、FM愛媛の愛南放送局が、今月1日に開局をいたしました。放送区域は町内全体の約83%に当たり、ラジオファンにはクリアな音質で新たな放送を楽しんでいただけるとともに、災害時の情報伝達手段の一つとしても、大いに期待をしているところであります。


 さて、愛南町の初夏の風物詩として定着をした愛南びやびや祭り2015は、心配された雨もなく、早朝から町内外多くのお客様に御来場をいただきました。今年も、町自慢の海の幸や山の幸を堪能していただけたものと喜んでおります。ただ、早くから列をつくってカツオの一本買いを楽しみにしてくださったお客様には、早々に完売となり、希望どおりの販売ができなかったことは、海の産品を主としたイベントの難しさを改めて痛感しているところであります。


 今年は、平成24年の1月に、篠山の名称が縁で災害応援協定を締結した篠山市からも初の出店をいただくなど、一層緊密で良好な関係が築かれたところであり、今後も可能な限り相互に交流を図っていきたいと考えております。


 また、5月26日に開催されました、県と市町の連携推進本部第1回会議におきまして、多くの県民が自転車に親しみ、サイクリングを楽しむことを目的に、愛媛サイクリングの日が創設をされ、今年は11月の15日に設定されました。今後、関連イベント等の実施に向けて協議が行われることになりますが、既に愛南町では、サイクリング愛好家の方々みずからが主催をする「ツール・ド・あいなん」が行われております。今年も、5月17日に第3回が開催をされ、愛南自慢の海や山を堪能できる110キロメートルコースと75キロメートルの二つのコースに、県内外から過去最多となります148人が参加をされており、毎年ながらの自主企画イベントとしての取り組みに、心から敬意と感謝を申し上げるものであります。


 あわせまして自転車イベントと言えば、愛南町いやしの郷トライアスロン大会であり、今年は第4回を迎え、これも最終的には過去最多となる332名のトライアスリート参加のもと、盛大に開催することができました。JTUエイジランキング対象大会としてポイントが競われますが、その格付もCクラスからBクラスへと昇格をし、その注目度も高まり、自転車新文化を創造するオール愛媛の一翼を担っているものと考えております。


 さて、第1回臨時会におきまして可決をされました、愛南町全町民を対象にした僧都ウィンドシステム発電事業に関する町主催による説明会の開催を求める決議を尊重した説明会につきましては、なるべく早い時期に開催するため、事業者との調整を図り、去る5月の22日に開催をしたところであります。多くの議員各位も出席をいただいていたものと思いますが、私は、以前から申し上げておりますように、再生可能エネルギーとしての風力発電事業は、国にも認められており、愛南町にも経済効果などのメリットも大きい事業であることから、推進していくことを、お集まりの多くの皆様にお伝えをさせていただきました。非常にわかりやすい説明会であったとの評価をいただいた反面、一部の方々には理解をいただくことはかないませんでしたが、今後も機会あるごとに御理解をいただけるよう努めながら、事業実施を図っていきたいと考えております。


 先日8日には、御荘文化センターにおきまして、知事とみんなの愛顔でトークが開催をされました。愛南町のまた南予の現状や直面する課題、今後のまちづくり等々について、中村知事と忌憚のない意見交換が行われ、町としても今後策定する総合戦略等に解決の糸口を見出していかなければならないと感じたところであります。


 さて、本日の定例会に提案いたします議案は、繰り越しの報告が4議案、条例の一部改正が2議案、契約承認が3議案、補正予算が4議案、財産の貸し付け承認が1議案、町道認定が2議案、土地改良事業計画が1議案、辺地及び過疎に係る計画変更2議案、委員候補者の推薦が1議案の計20議案であります。


 それぞれの議案につきましては、提案の際に詳しく説明させていただきますので、よろしく御審議をいただきまして、適切な議決を賜りますようお願い申し上げまして、招集の挨拶とさせていただきます。


○議長(山下太三) 挨拶が終わりました。


 これより、直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


          ◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(山下太三) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 本日の会議録署名議員は、会議規則第124条の規定により、1番、原田議員と2番、坂口議員を指名します。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


             ◎日程第2 会期の決定





○議長(山下太三) 日程第2、会期の決定を議題とします。


 お諮りします。


 本定例会の会期については、議会運営委員会に諮り、本日11日から18日までの8日間といたしたいが、これに御異議ありませんか。


           (「異議なし」と言う者あり)


○議長(山下太三) 異議なしと認めます。


 よって、本定例会の会期は、本日11日から18日までの8日間とすることに決定しました。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


             ◎日程第3 諸般の報告





○議長(山下太三) 日程第3、諸般の報告を行います。


 町長からの行政報告はありません。


 議長の活動状況報告については、お手元に配付のとおりです。


 次に、監査委員から地方自治法第235条の2第3項の規定により、例月現金出納検査の実施報告が提出されております。それによると、適正に事務処理並びに管理がなされておりますので、報告をしておきます。


 次に、本日までに受理した陳情等については、会議規則第94条の規定により、お手元に配付した陳情等一覧表のとおりです。議会運営委員会の審議の結果、議長預かりとします。


 なお、趣旨に賛同する議員は、既定の賛成者をもって議案として提出願います。


 以上で諸般の報告を終わります。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


             ◎日程第4 一般質問





○議長(山下太三) 日程第4、一般質問を行います。


 初めに、渡邊議員の質問を許します。


 渡邊議員。


○4番(渡邊知彦) まず、山下太三議員、議長就任おめでとうございます。あわせて中野副議長の就任もおめでとうと言わせていただきます。多分、緊張されておることだろうと思います。きょうは、私もかつてない後ろに傍聴者の皆さん、おいでいただきまして、清水町政に対するより注目をされているあらわれではないかと思います。議事進行がうまくいきますように、余り再質問をしないように、ちゃんと答弁をしてもらいたいので、そのように議長に要望をして一般質問に移ります。


 まず最初に、愛南町地域医療を考える特別委員会の報告について質問をいたします。


 3月の定例議会において、特別委員会は議会に対して2年間の調査結果を報告いたしました。その報告書がこの手元にあります。議員の皆さんも全員これは目を通していただいておると思います。


 平成25年7月4日の第1回目の委員会開催から、27年2月5日の最終取りまとめの委員会まで、計11回の会合や視察研修を行いました。特別委員会は調査結果と方向性において、?愛南町地域医療推進条例(仮称)の制定、?医療施設の総合的な整備検討、?地域医療及び緊急医療に関する積極的な啓発の3項目を示しております。


 町長に質問をいたします。


 1、特別委員会が出した方向性について、町長はどのように受けとめているのでしょうか。また、3項目について、今後取り組んでいく具体的な計画があれば答弁を求めます。


 2、特にその中でかかりつけ医を持つことや、かかりつけ薬局を持つことについて、町民に積極的な啓発が必要であると思いますが、その方法など計画があれば示してほしい。


 3、先月、東京の友人が帰省中に交通事故に遭い、県立南宇和病院に11日間入院をしていました。先日、東京からはがきが届きました。「南宇和病院の患者の少なさに驚きました。何とか手を打たなければなりませんね。」とありました。入院していて初めて様子がわかったようでした。県立南宇和病院の現状と、今後の医師確保の見通しについて尋ねます。


○議長(山下太三) 渡邊議員から答弁分割での質問がありました。


 初めに、愛南町地域医療を考える特別委員会の報告について、理事者の答弁を求めます。


 清水町長。


○町長(清水雅文) まず、第1の質問、愛南町医療を考える特別委員会の報告について、1点目の特別委員会が出した方向性についてですが、地域医療体制を整えるためには、住民、医療機関、行政、議会が連携をし取り組む必要がありますので、今後の取り組みの参考とさせていただきます。


 また、3項目について今後取り組んでいく具体的な計画の1項目めの愛南町地域医療推進条例の制定ですが、愛南町地域医療推進条例の制定については、3月定例会でお答えしたように、現段階では考えておりません。


 2項目めの医療施設の総合的な整備検討ですが、一本松病院の建てかえ時期が来たときが、その検討の時期ではないかと思っております。


 3項目めの地域医療及び救急医療に関する積極的な啓発ですが、6月からの子ども医療費助成事業の周知に合わせて、対象世帯にチラシを送付し、適正受診の啓発を行いました。今後もあいなん小児医療を守る会と連携をし、子供から高齢者まで、一般住民を対象とした医療研修会等を開催する予定であります。あわせて広報等で積極的に啓発を行ってまいります。


 2点目の特にかかりつけ医を持つことや、かかりつけの薬局を持つことについてですが、ただいま1点目の3項目めでお答えしたほか、広報5月号でも掲載しておりますが、病床数が200床以上の病院では、他の医療機関からの紹介がなく受診を希望すると、定められた医療費のほかに初診に係る特別の料金がかかり、本人負担が増えることがあります。かかりつけ医に紹介をしてもらい受診をすれば、その負担が増えることはありませんので、そういったことを含めてかかりつけ医やかかりつけ薬局を持つことの大切さを、広報等で全町民に積極的に啓発をしたいと思っております。


 3点目の県立南宇和病院の現状と今後の医師確保の見通しについてですが、県立南宇和病院の現状ついては、定員22名のところ常勤医師は10名です。加えて、県立南宇和病院を初め愛媛大学等から五、六人の先生方に応援に来ていただいております。


 今後の医師確保の見通しについては、愛媛県、県立南宇和病院、南宇和郡医師会や愛媛大学等と連携を図り、まずは、愛南町の魅力や地域医療の現状を知ってもらうことを目的に、医学生の社会学実習の受け入れや研修医のバスツアーなどにも積極的に取り組んでいるところであります。


 以上、第1の質問に対する答弁といたします。


○議長(山下太三) 渡邊議員、1の1についての再質問ありますか。


○4番(渡邊知彦) ありません。


○議長(山下太三) 1の2についての再質問ありますか。


 渡邊議員。


○4番(渡邊知彦) これは全般に町長の答弁の中で言えることですが、特に1の2のかかりつけ医やかかりつけ薬局の件について、町長、たびたび広報等で徹底をするということですが、御存知のように愛南町、非常にお年寄り、高齢化が進んでおりまして、町の広報を配って果たして隅から隅まで、全部目を通しておる人が何人おるかということ、非常に疑問であります。だから、いろんなことが私も議員をしていて聞かれるんですけれども、それは広報に載っておるよと言ったら、私はそれ見ていないと、こういうふうな答えがたびたび返ってまいります。


 そこで、あえてそのこの啓発について何かもうちょっと町民に徹底するような、特にお年寄り、今町長も言われましたように、かかりつけ医からの紹介がなければ大きな病院では初診料が、あれ結構3,000円か5,000円かぐらいとられると思うんですけども、そういうことも知らなくて、病院の窓口に行って初めて知るという人が多いと思います。特に宇和島市立とか松山中央、あるいは愛大附属病院に行ったときに。だからこの件でなお具体的にもう少し町民に徹底をするような方策を講じる必要があるのではないかという意味の質問でございますので、町長、もしそういうことに関して答弁がありましたらお願いします。


○議長(山下太三) 清水町長。


○町長(清水雅文) お答えします。


 議員の言われることは確かにそういうことも大変言えるんじゃないかと、またメリットがあると思いますので、どういう形で今後周知するのが広く、また町民に周知していただけるかということを考えて、また検討して広報以外で、またどういう形でできるのかということも検討してみたいと思います。


 以上です。


○議長(山下太三) 質問ありますか。いいですか。


 次に、1の3について、質問ありませんか。


○4番(渡邊知彦) ありません。


○議長(山下太三) 次に、2の質問を許します。


 渡邊議員。


○4番(渡邊知彦) 議長、緊張しとるんやないかと、私が緊張して自分がやってしまいました。申しわけございません。


 それでは、質問の2に移らせていただきます。


 愛南町再生可能エネルギービジョンについて。


 昨年4月25日に開かれました、町議会産業厚生常任委員会において、愛南町の再生可能エネルギー導入に対する基本理念と基本方針が示されました。その資料がここに、愛南町再生可能エネルギービジョン概要版というのであります。これも委員さんももちろんみんな知っておると思いますが、その基本理念の中では、人と自然が共存する町、人と人が協働する町、人が夢を抱き実現する町、人を災害から守る町とあります。また、基本方針では、新しい町の住民や産業が主役となる取り組みを行います。?新しい町のみんなが実感できる再生可能エネルギーの導入を行います。?活き活き産業の振興につながる再生エネルギーの導入を行います。?みんなが安全で安心に暮らせるまちづくりにつながる再生可能エネルギーの導入を行いますとあります。


 そこで町長に質問をいたします。


 まず1、町長の冒頭の挨拶にもありましたように、5月22日、文化センターで開かれた僧都ウィンドシステムの説明会について、町長は議会の決議をもっと真摯な態度で受けとめるべきではないでしょうか。


 例えば、最後の終わりのほうには、閉会の挨拶もなきに解散をいたしました。そしてまた、説明会の町民に対する案内は、町長の御案内の放送で2回だけしかなかったように私は記憶しておりますが、その点は、ちょっとそれでは本当に議会の決議を真摯に受けとめた説明会の開かれ方ではないのではないかと思います。


 そして、会場に行くと職員の皆さんがたくさんおられましたので、資料はないのかと聞きますと、資料はありません。ここに出席、参加者の名前を書いてくださいということで、サインをとっておりました。そして、説明がありましたけども、技術的な面が多分あって一番住民に関する健康的な問題等は、単に800メートル以上のところは被害がないと、そういう結果が出ておるという一点張りというような気がいたしました。


 僕はこの町主催の説明会、町長が取り組んでおる原子力発電にかわる風力発電の自然エネルギーの導入、確かにこれは必要であろうと思いますが、愛南町の全体構想をあの場で示す必要があったのではないでしょうか。将来、このシグマパワージャネックス以外にもいろいろな会社が計画をしております。それを総合しますと、約50基の風車がつくられる計画がありますが、そのことについては全然説明されておりません。ただ、風力発電、僧都だけの説明だけやったと思います。


 それで質問ですけども、基本理念、この再生可能エネルギービジョンの基本理念と基本方針に書かれてあることは、風力発電を推進する町長には関係がないようにも考えられますが、それについて質問をいたします。


 2、5月に行われた長月地区の説明会、経済産業省の再通告によってシグマパワージャネックスは計画変更をして4月7日から5月7日まで各地で計画変更の縦覧、物すごく厚い変更書類の縦覧がありましたが、そのことの説明会のように思われますが、長月住民からの質問、意見はどのようなことでしたか、詳細に答えていただきたいと思います。


 次に、3、旧西海道路の赤水、そして町長の住んでおられる越田地区周辺に風力発電の計画がされているそうですが、その事業者、規模などを答えてください。町長は地元、町長の家の近くにできる風力発電所に賛成をするのでしょうか、お答えを願います。


 以上で質問を終わります。


○議長(山下太三) 2の愛南町再生可能エネルギービジョンについて、理事者の答弁を求めます。


 清水町長。


○町長(清水雅文) 次に、第2の質問、愛南町再生可能エネルギービジョンについて、1点目の5月22日開催の僧都ウィンドシステム説明会において、町全体計画の説明がなかったのはなぜかについてですが、この説明会は、5月1日開催の愛南町議会臨時会において、愛南町全住民を対象とした僧都ウィンドシステム発電事業に関する町主催による説明会の開催を求める決議が可決されたことに伴い議決を尊重して開催したもので、この発議の提出に賛同された渡邊議員御本人が一番おわかりと思いますが、この決議の趣旨は、あくまで僧都ウィンドシステム発電事業に関する説明であって、趣旨を尊重して、この事業についてのみの説明をさせていただきました。


 再エネビジョンについては、策定後、議員全員協議会で、本ビジョンは、町が再生可能エネルギーを導入する場合のもので、民間事業者が行う事業は対象外としていることなど、概要について説明させていただいているところですが、本事業においても、再エネビジョンの理念、方針を参考に推進をしており、去る5月18、19日の両日、合わせて3回告知放送により開催の周知を行い、22日の説明会においては、350人程度の方の参加をいただき、丁寧に説明させていただき、おかげをもちまして、大多数の方の賛同を得ることができ、このような機会を与えていただいた皆様に感謝申し上げます。


 2点目の長月地区での説明会の内容についてですが、この説明会は、風車の位置の変更について説明が足りないということで長月地区主催で開催されたもので、事業者は、位置の変更等について詳しく説明を行いましたが、質疑等の内容については、地区の同意を得ていないため答弁は差し控えさせていただきます。


 3点目の旧西海有料道路付近での風車計画についてですが、この計画については、旧西海有料道路付近で事業を検討されておりますが、調査もこれからのため、事業者等についての答弁は差し控え、賛否については、詳細が判明した時点で検討したいと考えております。


 以上、第2の質問に対する答弁といたします。


○議長(山下太三) 渡邊議員、2の1について再質問ありませんか。


 渡邊議員。


○4番(渡邊知彦) 今の町長の答弁で、340名だったですか、新聞によりますと、説明会の参加者。で、大多数の賛同を得たと言われました。今朝の新聞を見られましたでしょうか。町長にきのう反対者から420名の署名入りで反対の要望書が出ております。300名、大多数、340名の大多数の賛同と420何名かの署名、この重みをどう考えますか。


○議長(山下太三) 清水町長。


○町長(清水雅文) お答えします。


 この350名と426名ということでしたね。ただきのう言われた、その要望書については。426名の中の約3分の1が福浦、武者泊、西海地域、その距離といいますか、10キロはあるんじゃないかと思いますが、・・・その中にどういうふうに説明してこの署名をいただいたかというのも問題じゃないですかということを私は答弁させていただきましたが・・・。質問書にもないです。このこういう要望書が来ましたんで答えさせていただいておりますけど、あそこに来られた方は350名であるけども、署名集めようと思ったら集め方によったら幾らでもプラスできます。そういうことは比較できるもんではないというふうに考えております。


 以上です。


○議長(山下太三) 渡邊議員、通告書にないことは言わんようにしてください。


○4番(渡邊知彦) 一般質問の通告書に書いてあって、その答弁が私としては納得できんから、より深く資料、あるいはきょうの新聞などを見て再質問しよるんで、それはいけんのですか。


○議長(山下太三) それをすると全て討論会になってしまう。


○4番(渡邊知彦) 質問なんですよ。で、この町長が今言われたことは、どういうことで署名したのかわからんというような言い方をされたんで、議長にもきょうちょっとこれ持ち込みますよって言って、きのう町長に持って行った署名のタイトル、題名が愛南町僧都ウィンドシステム発電事業に関する要望書、愛南町長、清水雅文殿ということで、呼びかけ団体が愛南町民の健康と環境を考える会で出されておる。ここにいっぱいちゃんと要望趣旨が、要望等もちゃんと書いてあるんですよね。だから、それを町長は風力発電、私も最初風力発電ができるとなっていいと思いよったんですけども、だんだん勉強といいますか、いろんな資料を見てみると、これは将来の愛南町にとって大変な問題ではないかなということで、前回、草木原議員の提案に賛成してああいう会を開かれたんですけれども、その会が私にとっては大変異常な、普通の説明会ではないなという感じを受けたから、大項目に町全体が考える、町で行うこの再生可能エネルギービジョン、今度の新庁舎の上にも町で風力発電を設置するような設計になっておりますけども、そういうことも考えて、町民全体の意見をもっともっと聞くべきやないかと、私はそういう趣旨で質問しよるんですけども、答弁がかみ合わんからこういうふうに言いよるんですよ。


 町長、そのことについて。


○議長(山下太三) 清水町長。


○町長(清水雅文) ちょっとかみ合わんかもわからんですけども、きのう出てきました426名の署名の中で、数人確認を、一応私も知った人もおったんでとりました、そしたらびっくりしたんだという方がおりました。全然知らんと。ということは、その人の、書いたもんでもない、その人の意思じゃないというふうな、意思表示ができない人の名前もある。そういうのが果たして正式な本当の署名と言えるんですか。そういうことです。


○議長(山下太三) 渡邊議員。


○4番(渡邊知彦) 町長、そう言われるとね、私も言いたくはないんですけれども、言わんといけんことがあるんです。この間の320名集まった参加者、名簿とっております。私、参加者何人かに聞きました。わしらもせわしいけども、どうしても親方が行ってくれ言うけん参加しましたと。本当はわしらは反対なんでと。けんど、言われてきました、生活がかかっとるけんと。こういう答えも出てきておるんですよ。これこそ町長と同じやないですか。


○議長(山下太三) これで2の1を終わります。


 2の2はありますか。


 渡邊議員。


○4番(渡邊知彦) この前の3月の質問のときの環境衛生課長の答弁で、町が主催者やない説明会ですから、相手方の、これは平山地区であった説明会のときですけども、答弁できません。今回も参加者の同意を得てないのでできません。議員が質問することは一般通告書に基づいて質問しよります。一般通告は議会が開かれる10日前に議長あてに出して議長が締め切る。そして、議会運営委員会で検討して、今度理事者のほうに回します。恐らく1週間前には私のこの質問書は届いておると思います。


 この前も言いましたけども、1週間の間に集まられた長月地区の主催者の方、区長さんらにこういう議員から質問が来ておりますが、詳細を答弁していいですか。これぐらいの配慮はすべきやないですか。議員軽視やないですか。町長どう思います。議会軽視やないですか。


○議長(山下太三) 嘉喜山環境衛生課長。


○環境衛生課長(嘉喜山 茂) ただいまの御質問ですが、この件につきましては、前回にも申し上げましたが、地区の代表者のみの意思によるものではなく、参加した方全員の意思の確認をしなければ、そういったこともこういった場で発言することはできないというふうに考えておりますので、前回もああいう答弁をいたしました。


 以上です。


○議長(山下太三) 渡邊議員。


○4番(渡邊知彦) 以前に僧都・長月・和口・菊川の住民の代表者、区長さんを連れて大方町の風力発電を視察に行ったことがあると思います。そのときの視察報告の中には、住民のどういう意見があったかという議事録をちゃんと出している。その資料を区長は持って帰ってきました。私それも見ました。愛南町がなんでそんなことできんのですか、議事録はとっておるんですか、そしたら。


○議長(山下太三) 嘉喜山環境衛生課長。


○環境衛生課長(嘉喜山 茂) お答えしますが、今ほどそれのいろいろな会議の議事録については、それぞれ各担当課の判断でやっております。大方町ではなくて大月町。それでそのときは町主催ということで行っております。


 以上です。


○議長(山下太三) 渡邊議員。


○4番(渡邊知彦) 町主催、じゃああれですか、長月は町主催やけども町主催なら課長の判断できょうは答弁せんわけですか。町主催ならあなたがちゃんとこうこういう意見が出ましたと、長月の住民からはわしらが言うたことをぜひ言うてくれと、私にはそういう希望が出てきておるんです。内容は大体わかっておるんですけども。何か自分らに都合の悪いことを言われたら伏せて伏せてやってしまうような、そういう行政でいいんですか。オープンに、私がいつも言うておるんですけど、風力発電で去年産業厚生委員会が視察に行った。そして今度それは事業者が、今度計画しておる事業者のところに行った。そしたら、風力発電がばらばらになって自然を壊し、地域住民の人が低周波で悩んでおると、そういうところにも行って意見を聞くのが対等なやり方やないですか。賛成賛成ばっかりで、賛成のほうばっかりするんで、反対者の意見を無視するというような、課長、それあなたの判断で、担当課の判断で説明、詳細は伏せておると、そういうふうにとっていいんでか。あなたの権限で私の質問に答えないということにとっていいんですか。


○議長(山下太三) 嘉喜山環境衛生課長。


○環境衛生課長(嘉喜山 茂) ただいまの御質問ですが、長月については長月区長が必要だからということで開催されたということで、そのように町長も答弁をしております。


 以上です。


○議長(山下太三) 次に、2の3について再質問ありますか。


 渡邊議員。


○4番(渡邊知彦) この3の西海有料道路付近にできる風力発電は、多分町長の地元にも17日に説明会が開かれるというふうに聞いております。開かれるんでしょうか。


○議長(山下太三) 清水町長。


○町長(清水雅文) 17日の・・・の件、それすること、まだ聞いてないんで。間違いない。まだ何も聞いてないです。


○議長(山下太三) 質問ありますか。


○4番(渡邊知彦) 終わります。


○議長(山下太三) ええですか。それでは、渡邊議員の質問を終わります。


 傍聴されておる方にお願いしておきます。


 拍手や私語は謹んでください。


 次に、宮下議員の質問を許します。


 宮下議員。


○7番(宮下一郎) 議席番号が7番になりました、宮下です。通告書に従い、一般質問をさせていただきます。


 1、空き家等対策の推進に関する特別措置法について質問をいたします。


 (1)この関連の規定は、先月、平成27年5月26日施行された特別措置法で、国の基本方針に即した、空き家等対策計画を策定(6条)、協議会を設置(7条)に基づいて、愛南町においても対策計画策定協議会設置等について、理事者の施策方針をお尋ねいたします。


 (2)空き家等への調査(9条)、固定資産税情報の内部利用(10条)、空き家等に関するデータベースの整備をいつごろどのような方法で行っていくのか、お伺いをいたします。


 (3)特定空き家等に対して、指導・勧告・命令は可能になったが、あくまでも個人の財産に対して、指導・勧告はどの程度の効力が発揮されるものか懸念もありますが、円滑な実施のために、愛南町の基本方針、理事者の考えをお伺いをいたします。


○議長(山下太三) 宮下議員から答弁分割での質問がありました。


 空き家等対策特別措置法について、理事者の答弁を求めます。


 清水町長。


○町長(清水雅文) 宮下議員の質問にお答えします。


 まず、第1の質問、空き家対策特別措置法について、1点目の空き家対策計画策定、協議会設置についてですが、先般、国土交通省による空き家等対策の推進に関する特別措置法案の説明会があり、その中で、特措法第6条は計画を定めることができるという努力条項であるから、全自治体に義務づけるというものではなく、自治体の判断に任せるというスタンスが示されました。


 県のほうでは、既に特定老朽危険空き家等除却促進事業を創設をし、本町を初め6市町も着手に向け予算化をしております。県の方針では、3年以内に空き家等対策計画を策定することで協議が行われており、町としても協議会設置を含めて、県の指導・助言をいただきながら、なるべく早い時期に適切な対応をしていきたいと考えております。


 2点目のデータベースの整備時期についてですが、現在、平成25年度に、行政協力員さんの御協力をいただき、調査をした資料をもとに、業者の把握データと合わせて住宅地図に表示したものを保有をしております。今後、所在地、現況、所有者等の情報を追加をしながら、正確な情報を把握するためのデータベースとして、整備を行いたいと考えております。


 3点目の円滑な実施のための町の基本方針についてですが、議員おっしゃられるように、特措法第14条第1項から第3項において、指導、勧告及び命令に関することが定められております。法の趣旨からも、早急な取り組みは必要だと考えますが、いかに法律で定められたからと言っても、即刻強行するというものではなく、今後、協議会等の意見も踏まえながら、本人はもとより、地域の皆様の御理解、御協力のもと、適切な運用を図っていきたいと考えております。


 以上、第1の質問に対する答弁といたします。


○議長(山下太三) 宮下議員、1の1の再質問ありますか。


 宮下議員。


○7番(宮下一郎) 答弁、6条の義務づけはないという答弁でしたが、速やかに協議会を立ち上げて、愛南町、この地域に適した国や県のガイドラインとはまた微妙に違う地域性というものがあると思うんですが、それをやはり早くする必要があると考えます。


 また、この施行されたばかりでありますが、愛南町民が空き家等にかかわるこの問題に直面した場合にですね、現在、できたばっかりですけど、ホームページも立ち上がっておりませんし、町民がどこの窓口、どこに問い合わせをしたらいいのかわからないと思うんですが、広報の今後の方法と、どのような形で住民に知らしめていくか、そんなに法が施行されたわけですから、あと3年以内にとかっていうような問題ではだめではないかと思うんですが、担当課なり町長のお考えもお伺いしたいので改めてお伺いするんですが、3年以内に協議すればいいというものは避けてほしいし、地域性に見合ったガイドラインづくりというものと、窓口の問題、広報のあり方について再度お伺いをいたします。


○議長(山下太三) 清水町長。


○町長(清水雅文) お答えします。


 この問題はですね、愛南町内全域からいうたらゆうたら言い過ぎかもわかりませんが、中心部以外の方から結構隣の家がもう壊れそうで既に台風とか災害とか来そうなんやが、何とかならんかという苦情、またそういう問題のですね、相談が多々ありました。ですからこの問題はさっきも答弁したように勝手に町でできるものではありませんので、所有者の問題もありますので、また、その所有者がこちらにいない方が、大半です。そういう問題は、ですから国のほうできちんとした方針を立てていただきたいなと考えていた矢先にこういった国のほうも取り上げてくれる気になったと思います。恐らく全国的にもそういう問題が多々出てきているんではないかと思いますので、町としても国の今回のこれを踏まえて、なるべく早くできるところから町のほうで対策を立てていきたいというように考えております。3年以内とかいうようなことは考えておりませんで、できる限り早く対応したいなというように考えております。


 以上です。


○議長(山下太三) ありませんか。


 次に1の2についての再質問ありますか。


 宮下議員。


○7番(宮下一郎) この調査という問題ですが、空き家等のというこの定義に属する空き家のレベルの問題ですが、場所によっても、すごい道幅の狭い場所であったりとか、暴風雨、台風などによる被害を受けやすい地域的な場所ですね、の兼ね合いで、特定空き家としての認識をするのか、この空き家の段階として認識するのかというのは、大変難しい判断に迫られるケースもあるのではないかと想定をいたします。


 担当課の職員で、例えばいろんな勉強をされた中で、そのような判断ができるのか。専門家もしくは委託業者などに依頼をしなければいけないようなケースもあると思いますが、どのようにどう考えておるんでしょうか。


 また、この措置法に基づく固定資産税の不公平が生じた場合に、問題解消のための準備について、どの程度作業にかかられているのかを、どのような対応をされているのかもあわせてお尋ねいたします。


○議長(山下太三) 木原総務課長。


○総務課長(木原荘二) お答えいたします。


 一番目の質問のときにもありましたように、今回の空き家対策特別措置法に関しましては、現状の結局防犯、防災、環境、あらゆる多方面にわたる問題点を既存の法律ではなかなか運用がし切れないという現状にかんがみて、今回新たにつくられたものというふうな認識をしておりまして、まだ町におきましても現在担当課が現状決まっておらないということから、私のほうで今こうして答弁をさせていただいておりますが、今後、多岐にわたる全ての担当に横断的にわたる分野にかかわってくるので、その辺を明確にして徹底をしていきたいというふうに考えています。


 それで、特定空き家等の認定に関することにつきましては、国が一律で今のところ指針である程度の内容については定めてくれているようでありますが、これも町によって、また町の中でも一律一概にいかないところもあろうかと思います。ですから、今後協議会を定め、協議会の中で特定空き家対策計画をつくる中で、その辺の内容もより精査して、進めていきたいというふうに考えております。


○議長(山下太三) 固定資産税については。


 浅海税務課長。


○税務課長(浅海宏貴) お答えします。


 固定資産税につきましては、地方税法の改正がありまして、従来は住宅用の家屋の土地に対して固定資産税の住宅用地特例が適用されるのですけれども、200平米までであれば課税標準額が6分の1となります。特別措置法での特定空き家になれば、住宅用の特例がなくなります。特定空き家を固定資産税の賦課期日現在、取り壊しをして更地にすると現況が雑種地ということになりまして、住宅用特例が適用されなくなり、税額は上昇します。


 それから、特定空き家を賦課期日現在取り壊しをしない場合でも、土地は宅地のままで住宅用地特例が適用されなくなるため、最大で税額が6倍になります。ただ、これは個別の状況により税額は異なります。


 以上です。


○議長(山下太三) 1の2はありませんか。


 次に、1の3、再質問ありますか。


 宮下議員。


○7番(宮下一郎) 先ほど町長の答弁の中にも、今まで過去において家屋の倒壊の危険性のあるような問題が町の相談もあったと言われましたよね。企画課長は、今の2番目の答弁の中で、いまだ担当課が現状はまだ決まっていない。国からぱっと先月、5月26日に施行しますと言われた問題ではなしに、1年前から準備期間が当然ありました。にもかかわらずまだ決まっていないというのは。そしたら今、相談があるとこはどのように誰が説明したりとか、問題解決にかかわっていくんでしょうか。それも改めてお伺いいたしますが、この東南海大地震の発生率が本当に高いと言われている中ですね、防災・減災の観点から、町内の特定空き家の戸数の位置、情報を、先ほどの答弁で自治会長、平成25年に行政協力員に協力いただいて、働くということもありましたが、専従の職員できちっと再確認して、県土のやっぱり大きなこれは通行人やいろんな問題に、大きな危険を感じるランクづけといいますか、そういうものをきちっとやはりもう施行されたわけですから、即この先月の5月26日から対応ができるような体制を改めていただきたいと考えます。


 また、この防災等、税の問題、それと担当課が窓口がどこになられるのか、いろんな庁内の担当課、部署の連携が必要である問題であると思いますが、この連携の必要性に対しての協議というものの計画、もしくはもう既に協議されているのかについてもお伺いをいたします。


○議長(山下太三) 清水町長。


○町長(清水雅文) お答えいたします。


 これまでこういったところは打ってこられたという、全然対応していないわけではないんです。必ずそういうところはそういうところで、どこそこのどうゆうところであると聞いた時に、必ず担当なり建設課がですね、近くの職員に必ず見に行かせます。すぐに、これは明くる日にですねすぐ行ってしております。そして、地権者、所有者ですね、そして、どこそこの・・・どれぐらい迷惑があったのかということも全部調査します。そしてどうしても行けんところについては、業者さんなりに協力をもらって、それなりの対応だけはさせております。ですけど根本的に解体するとかいうことになりますと、最初答弁したとおりいろいろなしがらみがありますので、今回のこの法律に基づいて、いい機会でありますので、これは今回立ち上げていったら担当はですね、どこが担当するかということまできめ細かい対応するように、きちんとした形にやっていくということをお知らせいたします。


 以上です。


○議長(山下太三) 再質問ありませんか。


 それでは、2の木造住宅耐震診断・耐震改修補助についての。


 次に第2の質問を許します。


 宮下議員。


○7番(宮下一郎) 第2の質問をさせていただきます。


 2、木造住宅の耐震診断・耐震改修補助について、質問をさせていただきます。


 愛南町ホームページに災害に強く誰もが安心して生活できるまちづくりの一環として、木造住宅診断・耐震改修工事を行う方に、その費用の一部を補助します。地震から大切な家族の命を守るための補助制度を利用し、我が家の耐震化を図りましょうと、広報をされております。


 補助対象となる木造住宅で、昭和56年5月31日以前に着工された一戸建てで2階以下延べ面積500平方メートル以下のものが対象となっておりますが、ここで質問させていただきます。


 (1)一戸建て住宅または併用住宅、ただし住居の用に供する部分の床面積2分の1以上のものは、木造住宅として理解してよいと考えます。一戸建て住宅または併用住宅に交付要綱を見直し改正することで、広報の文言とも整合性、災害に強いまちづくりの推進になると思います。理事者の考えをお伺いいたします。


 (2)平成12年6月に建築基準法が改正され、これ以前の木造住宅も耐震診断の必要性が高く、その結果によっては耐震改修が必要になることも考えられるので、平成12年5月31日以前に建築または着工されたものにも、耐震診断・耐震改修補助事業としての適用されることが望ましいと思うが、速やかに交付要綱の見直し改正変更するお考えはないかお尋ねをいたします。


○議長(山下太三) 2の木造住宅の耐震診断・耐震改修補助について、理事者の答弁を求めます。


 清水町長。


○町長(清水雅文) 宮下議員の質問にお答えします。


 第2の質問、木造住宅の耐震診断・耐震改修補助について、1点目の一戸建て住宅または併用住宅への交付要綱改正についてですが、この補助制度は、国の補助を活用するため、国・県の指導により愛南町耐震化促進計画を作成をしております。この計画及び県木造住宅耐震化促進事業費補助金交付要綱等に沿って町の耐震診断及び耐震改修の各要綱を定めております。耐震化促進計画及び補助金交付要綱を変更することにより、国や県の補助制度が活用できなくなります。


 町といたしましては、1人でも多くの方が利用できるように昨年度より併用住宅、シェルター方式等による耐震改修を含め、県に要綱改正の要望を行っております。今後も、耐震診断、耐震改修の利用率の向上に向けて、県への要望を続けていき調整したいと思っております。


 2点目の平成12年5月31日以前の木造住宅への補助事業についてですが、1点目で回答いたしましたが、愛南町耐震化促進計画及び県木造住宅耐震化促進事業費補助金交付要綱等に沿って作成をしております。町では木造耐震診断、改修工事等について戸別訪問、ホームページや広報への掲載、各戸への配布、公民館単位での住まいの地震対策講座、講習会等を行っておりますが、耐震改修工事については、今のところ実績がありませんが、まずは昭和56年5月31日以前の古い建物の木造住宅耐震化を優先して取り組みたいと思っております。


 以上、第2の質問に対する答弁といたします。


○議長(山下太三) 宮下議員、2の1について再質問ありませんか。


 宮下議員。


○7番(宮下一郎) これ1と2は似たような質問なんですけど、国・県の補助の関連があって、愛南町独自ではできないというふうな答弁でございましたが、広報の文言にありますように、誰もが考えておりますように、災害に強く誰もが安心して生活できるまちづくり推進のためにですね、国・県の補助金、国・県の補助金というのはそういう考え方一辺倒であっては町の防災に強いまちづくりというものも、いろんなほかの問題についても壁にぶち当たると思うんですよ。この建築基準法の拡大解釈をしてですね、町内の1件でも多くの住宅の耐震化に努めれるような、町民がこの補助事業にかかわって意識されて、少しでも生命財産を守る、また家屋の損壊が発生するならば、公道の緊急車両の妨害いろいろ問題が考えられる大変大きな問題だと思うんですよ。だから、愛南町が全国で一番にこの国・県補助の問題をクリアしてですね、解決されて実行したんだというふうに本当はなってほしかったんですが、他の町村はもう既に26年からこの戸建併用住宅という問題については補助事業にされております。


 非常に言葉は悪いんですが、お役所仕事的に何もかも県・国、決まっているからと言えば何も改善されることがないので、私はそこを何とか職員に骨を折っていただいてですね、県・国との折衝を積み重ねていただければ、県もある程度の理解を示していただけるのではなかろうか、そういうふうにもっていってほしいと、努力されてほしいという思いでこの質問をいたしております。町長以下職員一体となってですね、全国でも有数のまちづくりが、防災上できている愛南町だというふうに、国・県と戦っていただけませんか。


○議長(山下太三) 吉村防災対策課長。


○防災対策課長(吉村隆典) 宮下議員の御質問にお答えいたします。


 防災対策課といたしましては、やはり周知の問題がかなり、広報等、各戸配布、ホームページ等でもまだまだされてないのではないかと思っており、現在、戸別訪問を重点的に行う施策とさせていただいております。これによって、診断の数を増やし、皆さんに知っていただけるよう、また要綱等の変更については、現在も県と調整を行っております。


 以上です。


○議長(山下太三) 宮下議員。


○7番(宮下一郎) ホームページ等で広報されているということについては、先ほどそういった問題で同僚議員が言いましたように、愛南町の高齢化社会の中で、ホームページを開ける人の割合が少ない。この問題もやっぱりそれと同じようにホームページを見ても開けない人がおるので見れない。先ほど言われましたような戸別訪問等もやられておるけど、まだこの何年間、実績がない。なのにどこに問題があるのか、個人の財産ですから、町民の意識の問題であることには間違いありませんが、5年も6年もたって1件も減っていかないというのは、この予算を組んで、前にも何回も取り上げて言いましたが、担当課としてもっと知恵を絞って、過去にやったことのないようなことをしていただきたい。


 たまたま質問が前後しますが、4月から新しく愛南消防署長に就任されました増田消防長、前任者にない形の、特に今までと違った事業推進策があればお聞かせをいただきたいと思います。


○議長(山下太三) 増田消防長。


○消防長(増田智彦) お答えします。


 この事業については、いろいろ金額面での制限、または地域性もあり、耐震化よりも津波対策のほうが町民の関心が向いてきているんではないかと考えております。


 これからはマスコミ等の利用、特にケーブルテレビとかケーブルのテレビの中に御承知とは思いますが、消防チャンネル119という消防署が作成したチャンネルがあります。それとか各種講習会での講師の派遣、そういうふうなことを推進していきたいと思っております。


 大事なことは、消防本部でありますので、防災対策課だけではなく、消防本部全体で一体で取り組んでまいりたいと思っています。


 以上です。


○議長(山下太三) 宮下議員。


○7番(宮下一郎) この問題は、市町村や比較するようなテーマではございませんが、昭和56年5月31日から平成12年5月31日以前の建築というものの適用を、26年度から千葉県のYという町でやっておられますし、実施されております。大阪市などにおいても、26年度から非木造を含めて全ての民間住宅の耐震化率、これは目標ですがすごいなと思うんですが、ホームページを見てください、びっくりしました。民間住宅の耐震化の今年度の目標9割、耐震化率9割、こんな高い目標を挙げてえっと思うぐらいびっくりしたんですが、津波も危険地域に指定されておりますが、この耐震化の目標、木造住宅の耐震化というのは、一個人の家族の生命プラス、先ほど言いましたように公の道路、いろんな問題を害する可能性があるものに対して行政がもっと力を入れていけばいいなと。先進地というか、先ほど言いましたように他の町村は他の町村なりのいろんな違うものもありますので、一つに参考にはならないと思いますが、国・県が先ほど答弁の中にありましたように、予算の関係でできないと言われても、現にやっている町村もあるわけですから、そこのところはもうちょっと担当の方をきちっと先入班つくって研究していただいて、愛南町民が少しでも地震のときに安心しておれるような地域づくりに努めていただきたいと願い、質問を終わります。


○議長(山下太三) これで、宮下議員の質問を終わります。


 暫時休憩をいたします。


 11時25分から再開します。


            午前11時14分 休憩


         ―――――――――――――――――


            午前11時25分 再開


○議長(山下太三) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 次に、草木原議員の質問を許します。


 草木原議員。


○3番(草木原由幸) それでは、通告書に基づきまして質問をいたします。


 僧都ウィンドシステム発電事業について。


 この事業に関する環境影響評価書の縦覧が先般の4月7日から5月7日まで、町内6カ所で行われました。この評価書は、経済産業省勧告による追加調査結果も含まれた最終的な書類であり、私は注意深く閲覧したところ、多くの疑問が生じ、縦覧期間中である5月1日の臨時議会に町主催による説明会の開催を求める動議を提出し、賛同議員多数で承認され、町長も町民の理解が前提として、5月22日に説明会が開催されました。


 この説明会の案内通知は、私が知っている限りでは、町の防災無線放送により5月19日限りで昼と夜の2回のみです。町民への周知を考えていないのではと疑う内容であり、当日の参加人数を心配していましたが、会場の文化センターのホールは、7割近くも席が埋まっており、大変驚きました。


 しかし、そのメンバーの多くは地元への経済効果25億円と町がメリットとして説明していた業界の関係者であります。


 町民の理解が前提と言われた町長のコメントと少し違うのではと、そういう感もありましたが、山頂部に7.5キロに及ぶ大規模林道並みの工事用道路ができて、風車ヤードに2町歩近くの山林が造成される、この内容を一番理解できるのは、この関係者の皆様であり、その影響も予想されたと思います。


 今回縦覧にされた評価書及び先日開催された説明会を参考に、次のことについて伺います。


 まず1点目、水の濁りについて。


 風車ヤードについて評価書では河川までの間にろ過・浄化され発生しないとされ、工事用道路についてもほぼ同様の説明があり、このため海域での調査は全く行われていません。これの基準となった雨量は愛南町が知事へ提出している意見書の予想雨量よりはるかに少ない数値だが、町はこのことを理解し納得しているのか。


 2点目、僧都地区は総戸数87戸、人口186人の小さな集落です。先般の説明会で柏地区の方が津島群に建設された風車からの被害を訴えられ、この方の家は風車より1,500メートルほど離れているとのことでした。地形の類似している僧都地区で、風車から1,500メートル圏内をカウントすれば、僧都の7割が該当することになります。この圏内には小学校、公民館、集会所、消防の詰所、お宮、お寺も含まれておりまして、被害が発生すれば集落は存続できないでしょう。発生してからでは手おくれです。僧都地区に対する理事者の見解を伺います。


 3点目、今回の変更により第8号風車から1,300から1,400メートルに位置することになった僧都小学校は、全校生徒、現在15名です。15名の小規模校です。PTA地域が連携しながら、学校の存続に腐心して、地域も生徒の確保や学校行事に参画し、学校では存続を目指したロゴやキャラクターを作成し頑張っております。この風力発電事業により。学校の存続が脅かされる恐れがあります。僧都小学校へ対する理事者の見解を伺います。


○議長(山下太三) 草木原議員から、答弁分割での質問がありました。


 僧都ウィンドシステム発電事業について、理事者の答弁を求めます。


 清水町長。


○町長(清水雅文) 草木原議員の質問にお答えをいたします。


 僧都ウィンドシステム発電事業について、1点目の水の濁りについて町は理解し納得しているのかについてですが、本事業の設計においては、道路部は林地開発の基準である10年確率時間雨量106.7ミリを、また、下流部に影響の大きい谷の部分については、安全性を考慮して50年確率時間雨量135.2ミリを用いて排水計算をしており、安全性の向上は図られていると思っております。


 環境影響評価法で定められた環境影響評価は、そういった懸念も含めて調査をし、審査するものであり、本年3月には経済産業省より確定通知を受けており、懸念されるような問題は起きないものと考えております。


 2点目の被害が発生してからでは遅い、僧都地区に対する理事者の見解についてですが、草木原議員は本町建設課長などの要職を務め、林地開発等建設各分野に精通をされ、また風車問題等についても幅広く活動されており、災害等被害発生を懸念をされていることは理解できますが、1点目でも答弁いたしましたが、そういった懸念も含めて調査をし、審査することが、環境影響評価法で定められた環境影響評価であり、本年3月には経済産業省より確定通知を受けており、懸念されるような問題は起きないものと考えております。


 3点目の僧都小学校に対する見解についてですが、ただいま答弁したとおり、この事業により僧都小学校の存続が脅かされるような問題は起きないものと考えております。


 以上、質問に対する答弁といたします。


○議長(山下太三) 草木原議員、1の1について再質問ありますか。


 草木原議員。


○3番(草木原由幸) 水の濁りの発生について、データが、数字がかなり違うように今答弁はありましたが、私が知っている範囲、調査した範囲では、50年確率雨量、これは僧都川等に適用される確立雨量は、御荘地区、これ全国統一の数値ではありません。南予でも9カ所ぐらい数値が違います。御荘地区、これの50年確率雨量、県あたりが砂防ダムを建設するときに参考にしている数値が、24時間雨量で274.9ミリ、1時間最大雨量75.8ミリ、こういう数値を私は聞いておりますし、私は調べております。それと今の130ミリ、大きな差があります。


 そして、評価書を見ていますと、風車ヤードの基準雨量は35.5を基準にして判断しております。工事用道路と風車ヤードが何で整合性のとれないような数値でやっておるのか。


 それからもう一点、確定通知、確定通知という、これせんだって22日の説明会、前回3月の一般質問でも、担当課長から発言がありましたが、確定通知というのは何なんですか、効力があるんですか。これ確定したというものじゃないはずなんです。


 この3点をお願いします。


○議長(山下太三) 嘉喜山環境衛生課長。


○環境衛生課長(嘉喜山 茂) ただいまの御質問のまず1点目の雨量の関係ですが、私どもで気象協会の予測雨量計算式から降雨強度130ミリで計算したところ、大体浮遊物質量で54ミリ程度、通常の現在出しております降雨条件35.5ミリのときの1.7倍程度が予想をされます。しかしながら、濁度については1.7倍程度でおさまるということで、この程度であれば今回の沈砂池から河川までの間、500メートルの間で十分ろ過される、というふうに考えております。


 確定通知についてですが、確定通知については、そういった懸念も含めて全て専門家の委員が審査をしてこれでオーケーというふうに出しているもので、これが最終の結論だというふうに考えております。


 以上です。


○議長(山下太三) 再質問ありますか。


○3番(草木原由幸) 再質問より工事用道路と風車ヤードの基準雨量に違いがあるのはどういうことなのか、整合性がとれてないがそれに対しての答弁をお願いします。


○議長(山下太三) 嘉喜山環境衛生課長。


○環境衛生課長(嘉喜山 茂) これについては、気象協会のほうで算定しているもので、いつのデータを使っているかについては、ちょっと記憶にありませんが。その年度の違いはあってもほぼ一緒のデータを用いて計算されているものと考えております。


 以上です。


○議長(山下太三) 草木原議員。


○3番(草木原由幸) 気象協会のデータのもとっていうのは、わかって言われよるんですか。私は愛媛県の最新のデータをチェックして50年間雨量の根拠を置いている。それがかなり低いものでありまして、そこで100ミリ以上の降雨が予想できるということを意見書で明言されていることは、皆さん、理事者、担当課わかっておると思うんですけど、そういうのが出たときに、自分ら発生しない、本当にそんなこと断言できるんですか。


 そして、分散排水をするような説明もありました。1カ所に集中しない。これはどういう意味なのか、いろんなところに流して山の内部等林床部でろ過・浄化されるというような書き方をしてあったんですけど、その山の500メートルの山林、地権者には同意をもらっているんですか。勝手に流して、山が荒廃したらそのときの責任っていうのは考えてあの評価書を見られたんでしょうか。そしてあの確定通知というのは、あれで承認されたというような言い方をされたんですが、それ間違いないですか。


 一応、経産省の監督、それに基づいた項目をクリアしておるということで確定通知になったんじゃない。それ以降縦覧して、縦覧後に何か反論があったら、反対が出た場合は考え直すというような同意書を交わしておるやないですか、町は。こんな、もう縦覧してもみんなに見てもろても関係ないのなら、同意書の内容自体がおかしいということになりかねんですよ。


○議長(山下太三) 嘉喜山環境衛生課長。


○環境衛生課長(嘉喜山 茂) ただいまの御質問ですが、ちょっとあり過ぎてちょっとよくわからないんですけどお答えします。


 分散排水につきましては、前いろいろ説明もしておりますけど、1カ所に集中しないように結局のところ分散排水ということにいくんですけど、それで幾ら分散排水しても結局水は下に流れるものであって、その下に流れるものに対して下の方がそれを流したらいけんとか、そういったものについては、民法の規定でもそういったことはありませんので、それは構わないというふうに考えております。


 それで、最終の評価書については、法律を見ていただければわかりますが、これについては、意見を求めるものではなく、意見は準備書の段階までで全て拾い上げ、それに対して会社側としてはきちんと説明をし、経済環境省の委員会においてもその意見で間違いないというふうに認められておるものですので、これで確定と。今後、国が構想を変えることはないというふうに考えております。


 以上です。


○議長(山下太三) 清水町長。


○町長(清水雅文) お答えいたします。


 この件については、経済産業省です。国の確定する省を持っています。国の決定機関、最高権力、権限があります。そこのお墨つきをもらったということでですね、我々はそういう判断をしているところでありますので、理解をしていただきたいと思います。


 以上です。


○議長(山下太三) 草木原議員。


○3番(草木原由幸) 確定通知というのは、そういうものであると断言されるんであれば、国は承認をしたということになっておるわけだと思うんですが、そうしますと、開発行為、それと保安林の関係の解除、そういう書類も既に出てきて、それぞれに対応されておるわけですか。その辺、本当にこの場で言ったことは間違えておったでは通じませんよ、この問題は。正確な答弁を最後に。


○議長(山下太三) 嘉喜山環境衛生課長。


○環境衛生課長(嘉喜山 茂) 確定通知につきましては、先ほど申しましたとおりのことです。


 以上です。


○議長(山下太三) 次に、1の2について再質問ありますか。


 草木原議員。


○3番(草木原由幸) 懸念がない、簡単な答弁だったんですが、風車から1,500メートル離れたところで風車病のような被害が発生している、そういうこともあり、いろんな参考図書等に目を通しても愛南町議会の答弁にある800メートル以遠であれば全く問題ない、そんな書き方をしておる、参考図書、私は見たことがありませんし、本当にこういうことで何も懸念がないと言い切れるのであれば、実際に被害を感じる人間、感じない人間というのはおられるというのはよく聞きます。しかし、我々としては、40基以上の風車に囲まれようとしているんです。これは日本でもこういう地域はないっていうことを新聞にも書いています。どういう被害が発生するかわかりませんし、ましてやこういうところの地価は絶対に下がる。


 それから、町長は、後継者、子や孫は帰ってこんでしょうけど、私が言ったときにそれは見解の相違で帰る方のほうが多いんじゃないですかと言われましたが、現実的に後継者が帰るのに二の足を踏んでおります。この計画があるということだけで。そんなときに地価が下落した場合には、今の現状の価格との差額の保証は、町が前面になって事業者に請求をしていただけるんでしょうか。そこを明確にしてください。


○議長(山下太三) 清水町長。


○町長(清水雅文) お答えします。


 そんなことできるわけないやないですか。


 以上です。


○議長(山下太三) 草木原議員。


○3番(草木原由幸) 行政の長が言う言葉とは考えられません。行政は個人の生命と財産を守る、これが最大の責務じゃないですか。財産が減少するような事態になる、生命の危険がある、そんなこと関係ない、そんなこと言う理事者珍しいですよ。


○議長(山下太三) 清水町長。


○町長(清水雅文) お答えします。


 その風車ができたけんゆうてですね、地価が下がるとは到底考えられません。そこを踏まえて私は今答弁したつもりです。ちょっと言葉が足らなかったですね。


○議長(山下太三) 草木原議員。


○3番(草木原由幸) 下がるとは思わんでは片がつきません。それは専門の鑑定士当たりがどう評価するか、そういうことはやってもらえるんでしょう、もらえないんでしょうか。


○議長(山下太三) 清水町長。


○町長(清水雅文) お答えします。


 それはやれっと言われりゃできんことはないです。


○議長(山下太三) 次に、1の3について再質問ありますか。


 草木原議員。


○3番(草木原由幸) この3番目も同様に、こういう心配はないという明快な回答でしたが、長月地区においては風車の位置が移動したことによって、説明会をされた。当初の計画では、僧都小学校からは眺望できない位置に風車が建てられる計画でありまして、今回、既に試験棟が立っておりますが、もろに見えております。図面上から私が計測しますと1,300から1,400の範囲内に小学校が入る。小学校には僧都の子供たちだけやない、学校校区は山出も含まれておる。そういう方たちに長月は説明したけだ、僧都は一応説明会はあります。やっておられますが、山出への説明会は全くない。僧都校区の方への説明っていうのは必要だと思うんですが、それに対してどんなふうに理事者は思われているんですか。


○議長(山下太三) 清水町長。


○町長(清水雅文) お答えいたします。


 特にですね、当初から山出地区についてはですね、必要がなかったので業者がそちらの方に、僧都地区の方にだけ説明していたというところです。それを言い出しますと、こっちの和口地区しても馬場地区らも入ってくるし、長洲地区のほうも入ってくる、永ノ岡地区、ちょうど変電所の隣は永ノ岡地区であります。そういったところまでせんといけんようになると思います。当初からそちらのほうにはそういう必要を感じておりませんので。


 以上です。


○議長(山下太三) 草木原議員。


○3番(草木原由幸) そういう再質問ではないんです。小学校、小学校区が山出地区も入るんだから、子供たちのことを思ったら、山出地区にPTAに限定するとかいう方法もあるでしょうけど、それが必要ではないかという問いをしておるわけです。その辺を考えてのはっきりした答弁を。


○議長(山下太三) 嘉喜山環境衛生課長。


○環境衛生課長(嘉喜山 茂) ただいまの件につきましては、僧都小学校までの影響がないというふうにとられていますので、説明をしておりません。


 以上です。


○3番(草木原由幸) していないというのはわかっておるんです。今から説明の必要があるんじゃないかということを聞きよるわけです。


○議長(山下太三) 嘉喜山環境衛生課長。


○環境衛生課長(嘉喜山 茂) ただいまの件ですが、確かにそう言われたと思いますが、今後もする予定はありません。


 以上です。


○議長(山下太三) 草木原議員。


○3番(草木原由幸) 説明会は開催する予定はない。僧都の子供たち、将来ある子供たち、僧都の学校自体が存続できるかできないかという問題でありながら、環境衛生課長がそういうことを明言できるんですか。


 理事者からの答弁をお願いします。


○議長(山下太三) 清水町長。


○町長(清水雅文) お答えします。


 担当が答えたとおりであります。


 以上です。


○議長(山下太三) 以上で、草木原議員の質問を終わります。


 暫時休憩をいたします。


 1時30分から再開をいたします。


            午前11時53分 休憩


         ―――――――――――――――――


            午後 1時30分 再開


○議長(山下太三) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 次に、西口議員の質問を許します。


 西口議員。


○14番(西口 孝) 議席番号14番、日本共産党、西口 孝です。


 通告書に従いまして、大項2点についてお伺いをいたします。理事者におかれては明快な答弁をお願いいたします。


 質問事項1、再生可能エネルギー活用推進のため、町の果たすべき役割と設置基準、要綱等の作成について伺います。


 さきの3月議会一般質問において、太陽光発電の推進と設置、運用基準の作成について、つくるべきではないかという立場で質問をいたしました。理事者におかれては問題の報告されているところから、他団体の動向なども参考に検討したい旨の答弁でございました。その後も今日まで多くの町民の方から心配の声が寄せられています。きょうも雨が降っておりますが、梅雨時期を迎え今後台風の来襲等も現実にある中で、防風対策、雨水対策等は大丈夫なのかと、その周辺地域の方々は訴えておられます。


 また、最近ではきょうも議論になりましたが、風力発電設置についても、自然環境や人体への影響について、心配をされた要望書等も寄せられ、反対運動も起こっております。


 私個人的には、あの東京電力福島第一原発事故とその後の今日までの状況を見るにつけ、核廃棄物の処理方法も定まらない原子力発電は直ちに廃炉に向かわせ、全面的に再生可能エネルギーへ一日も早く切りかえるべきだと考えますが、そこには地域住民の大きな合意がなければなりません。そのためにも、町として基本的な設置の基準、要項といったものをつくっておく必要があると思います。


 そこで、今回太陽光だけではなく、風力、水力等も含めた再生可能エネルギー利用に関する町の役割、設置の基準、設置要項といったようなものをつくることを再度提案して、理事者のお考えをお伺いし、第一の質問といたします。


○議長(山下太三) 西口議員から、答弁分割での質問がありました。


 再生可能エネルギー活用推進のための町の役割と設置基準要項等の作成について、理事者の答弁を求めます。


 清水町長。


○町長(清水雅文) 西口議員の質問にお答えをいたします。


 まず第1の質問、再生可能エネルギー活用、推進のための町の役割と設置基準、要項等の作成についてですが、3月議会でも触れましたが、法令の規制の対象外の町内の一部の太陽光発電施設において、災害の恐れが懸念されておりましたが、5月の大雨により濁水が排水できず、現実のものとなってしまいました。


 私も議員のお考えと同様、原子力発電から再生可能エネルギーへ切りかえていくべきと考えており、風力発電の説明会等でも幾度となく述べてきたところであります。


 太陽光発電以外の事業については、法令による規制も厳しく、町独自で規制するといったことは考えておりませんが、太陽光発電については規制がほとんどなく参入もしやすいため、今後もこのような事例は起こり得ると考えられることから、現在、町独自で規制できないか検討を進めているところであります。


 以上、質問に対する答弁といたします。


○議長(山下太三) 西口議員、1について再質問はありますか。


 西口議員。


○14番(西口 孝) 質問というよりも、今検討を進めているということですので、ぜひ一日も早く具体化をしていただきたいと思います。


 実際に太陽光の場合には農地転用であれば農業委員会、それも大面積になれば国・県の許認可ということで、そしてまたそこの土地を貸している地権者は賃貸契約で業者に貸しているだけということで、地域と何の連携というか連絡もない。これではやっぱり本当、いけないと思いますので、一日も早い町独自のしっかりした規制、できれば条例制定などで町としての権限のあるものにすべきだと考えますが、この点についての考えをお聞かせいただきたいと思います。


○議長(山下太三) 清水町長。


○町長(清水雅文) お答えします。


 議員言われたように、そういう権限のある規制を早急に考えていきたいと思っております。


 以上です。


○議長(山下太三) 再質問ありますか。


 西口議員。


○14番(西口 孝) そういう一つ進めていただきたいと思いますが、その一歩広げてですね、今問題になっておる風力なり、これからまた開発されるであろう小水力についても、やっぱり同じようなことが言えるわけで、そういう点についての町の立場とかこれからの進める方向とかいったものを明確にしておく必要があるのではないかというふうに思って、今回質問を、太陽光だけに限らないそういう再生エネルギー全般についての町としてのしっかりしたものを持っていただきたいという立場での質問なんですが、この点について尋ねて見解をお聞きしたいと思います。


○議長(山下太三) 清水町長。


○町長(清水雅文) お答えします。


 範囲がですね、太陽光に限らず、広い意味でいろいろ小水力にしろ、また風力とかいろいろありますので、広くですね、調査をして・・・広く考えてですね、やっていきたいと思います。


 以上です。


○議長(山下太三) 再質問ありますか。


 次に、第2の質問を許します。


 西口議員。


○14番(西口 孝) 次に、質問事項2、愛南町版まち・ひと・しごと創生総合戦略についてお伺いをいたします。


 ?昨年末、12月27日閣議決定をされました政府の緊急経済対策、これを具体化するとして、編成をされた2014年度補正予算、その中には自治体が地域事情に応じて柔軟に使える地域住民生活等緊急支援のための交付金4,200億円が盛り込まれています。これを活用して、切実な町民要望に応え、消費税増税や円安による物価上昇などに苦しむ町民生活と地域経済に対する支援策を講ぜられることが求められているわけですが、どのように具体化をされたのかについて伺うものです。


 現在進められているプレミアム商品券もその一つだと思いますが、そのほかにはどのように具体化されたのか伺います。


 次に?町内商店街の空き店舗対策について伺います。


 愛南町では、住宅リフォーム助成制度が創設され、活用されておりますが、商店街の店舗改装等は対象となっていません。空き店舗が目立つわけですが、店内をリフォームして新たな事業を始めようとする個人やNPO等に改装への助成制度の創設や、家賃の補助等を行い、商店街の活性化、地域の活性化となる事業を進めることについていかがお考えか、所見を伺います。


 最後に?、愛南町版まち・ひと・しごと創生総合戦略について、具体的にはどのようなメンバーでどう進めていくのかお伺いし、第2の質問といたします。


○議長(山下太三) 2の愛南町版まち・ひと・しごと創生総合戦略について、理事者の答弁を求めます。


 清水町長。


○町長(清水雅文) 次に、愛南町版まち・ひと・しごと創生総合戦略について、1点目の政府の緊急経済対策に基づいて具体化している取り組みについてですが、昨年度末に閣議決定をされた、まち・ひと・しごとの創生に向けた総合戦略の先行型として位置づけられた、地域住民生活等緊急支援のための交付金は、地域消費喚起・生活支援型と地方創生先行型の2種類があります。


 そのうち、地域消費喚起・生活支援型については、本町は、西口議員の質問の中にありましたプレミアム付の商品券事業のほかに、子ども医療費助成事業を対象としております。


 次に、地方創生先行型としては、総合戦略策定事業、野菜産地化推進事業、観光客誘致事業、愛南マリンイベント事業及び水産業活力再興事業など8事業を対象としております。


 2点目の店舗のリフォーム助成や新規事業者への家賃補助を創設した町内商店街の空き店舗対策についてですが、町内商店街の空き店舗の状況は、平成25年度商店街空き店舗等実態調査によりますと、町内商店街総店舗数が329店舗中、営業中が255店舗、空きが74店舗で、23%が空き店舗となっております。


 空き店舗に対する新規出店希望事業者ですが、愛南町商工会に確認をしたところ、現在、希望者がないのが現状であります。理由としては、駐車場の確保ができないことや、空き店舗が住居との併用となっていることが挙げられ、新規事業店を開設するに当たり、助成制度の創設や家賃補助では解決できない状況にあると考えられます。


 町としては、これまでどおり、設備資金等に対する中小企業振興特別資金利子補給金制度などによる支援や、今年度策定する愛南町観光振興計画の中で、観光客誘致のための商店街との連携の一つとして検討していきたいと考えております。


 3点目の愛南町版まち・ひと・しごと創生総合戦略はどのようなメンバーでどう進めるのかについてですが、まず、推進体制等については、いわゆる産・官・学・金・労・言の各分野の外部委員による推進委員会、行政の内部組織の戦略策定会議及び作業部会の3部構成により策定をし、推進していく予定であります。


 今後の予定としては、今月から戦略策定会議及び推進委員会を立ち上げ、年内にそれぞれ3回程度開催をしつつ、国の交付金の動向を見据えながら、総合戦略の方向性を出したいと考えております。


 以上、第2の質問に対する答弁といたします。


○議長(山下太三) 西口議員、2の1について再質問はありますか。


 西口議員。


○14番(西口 孝) プレミアム商品券以外にもそれぞれ子ども医療費の財政助成とかそういうものにも活用されるということで、非常に安心というか、いい方向だなというふうに思ったわけですが、このプレミアム商品券、今募集をしておりますけれども、もう既に補正のときに発表があったのかもわかりませんけれども、何枚発行になって、これは町民に対してどれくらいの割合になるのか、わかっておればお願いいたします。


○議長(山下太三) 田中商工観光課長。


○商工観光課長(田中俊二) お答えいたします。


 プレミアム付商品券は、笑顔のえひめ商品券と、町独自のなーしくんプレミアム商品券の2種類でございまして、両方とも5月25日から販売を予約いたしまして、ちょうど昨日6月10日に販売を締め切っております。総数で販売可能数が2万3,700セットですが、今のところ予約数は5,783セットで24%しかお申し込みがございません。愛媛県下でも100万セットで大体30%程度ですので、県としましても事業主体であります愛媛県商工会連合会と愛南町商工会に聞きますと、あした県のほうで協議をいたしまして、期間延長ということでする予定でございます。


 そして、お1人様3セットというふうに御案内しているんですが、それも県の方に聞きますと10セットぐらいいいんではないかという、商工会の判断でということでそういうふうに聞いております。


 以上でございます。


○議長(山下太三) 西口議員。


○14番(西口 孝) なかなか1万円の1セットのつづりも買えない世帯というのもたくさんあると思いますので、そういう意味では持てる人がたくさんことのないように、御配慮していただくのがいいんではないかというふうに思います。


 そして、それ以外の宮下議員からも指摘がありましたように、国や県に対してそういう交付金、自由に使えるというものはなるべく町民のサイドに立ってそういうものができるように、ぜひ上からの流れを下へ伝えるだけではなくて、逆に県や国に対して地元の本当に要望というものがどんどん出されていくようにというのがこれからの地方再生の意味から言ってもそうあるべきではないかというふうに思いますので、そういう点をぜひ吟味していただきたいということを申し上げて、質問を終わります。


○議長(山下太三) 次に2の2について再質問ありませんか。


○14番(西口 孝) いいです。


○議長(山下太三) 2の3について。


 西口議員。


○14番(西口 孝) これから具体的に進めていくということなんですけれども、先ほども言ったように地方から、本当に地方を育てるという意味で、そういうものがいろいろなことを出しても、それも予算措置をする国の姿勢というものを私ども注目していかないというふうに思っておるんですけれども、町がこれまで進めてきた総合計画等との整合性といいますか、どうリンクさせていくのかについて、お考えを伺いたいと思います。


○議長(山下太三) 児島企画財政課長。


○企画財政課長(児島秀之) お答えいたします。


 先ほど総合戦略の中の一つとして総合戦略策定というふうなお答えをいたしましたが、この委託業者につきましては、先般本町が策定いたしました総合計画を委託した業者であります、本町の内容についてかなり詳しく熟知した業者とタッグを組んで、今回の総合戦略の策定をしていますので、そのあたりについては十分考慮できるものと考えております。


 以上です。


○議長(山下太三) 再質問ありますか。


 以上で、西口議員の質問を終わります。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


  ◎日程第5 報告第2号 愛南町一般会計継続費繰越計算書の報告について


   日程第6 報告第3号 愛南町一般会計繰越明許費繰越計算書の報告について





○議長(山下太三) お諮りします。


 この際、日程第5、報告第2号、愛南町一般会計継続費繰越計算書の報告についてから、日程第6、報告第3号、愛南町一般会計繰越明許費繰越計算書の報告についての2件について、続けての報告といたしたいが、これに御異議ありませんか。


           (「異議なし」と言う者あり)


○議長(山下太三) 異議なしと認めます。


 これより直ちに議題とします。


 報告を求めます、


 児島企画財政課長。


○企画財政課長(児島秀之) 報告第2号、愛南町一般会計継続費繰越計算書の報告についてから、報告第3号、愛南町一般会計繰越明許費繰越計算書の報告についてまでの2議案について、一括して提案説明をいたします。


 まず初めに、報告第2号、愛南町一般会計継続費繰越計算書の報告について説明をいたします。


 昨年12月定例会におきまして、平成26年度一般会計補正予算(第6号)中、第2表継続費補正として承認をいただきました事業について、繰越計算書を調製いたしましたので、地方自治法施行令第145条第1項の規定により報告をいたします。


 それでは、内容について説明いたしますので、次ページの繰越計算書をお開きください。


 2款総務費の新庁舎新築事業に係るもので、継続費の総額は、22億2,224万7,000円であります。そのうち、平成26年度の予算計上額8億8,654万4,000円に対し、支出済額は、8億8,000万円で、残額の654万4,000円を翌年度に逓次繰り越しするものであります。


 なお、翌年度逓次繰越額654万4,000円に対する財源内訳は、繰越金が604万4,000円、地方債が50万円としております。


 以上、報告第2号の説明といたします。


 次に、報告第3号、愛南町一般会計繰越明許費繰越計算書の報告について、説明をいたします。


 先般3月定例会におきまして、平成26年度一般会計補正予算(第7号)中、第3表繰越明許費として承認をいただきました事業について、繰越計算書を調製いたしましたので、地方自治法施行令第146条第2項の規定により報告をいたします。


 それでは、内容について説明いたしますので、次ページの繰越計算書をお開きください。


 2款総務費の地方版総合戦略策定事業1,000万円から、次ページの8款土木費の平山C地区集落・避難路保全斜面地震対策事業398万円までの26事業で、合計金額は、10億1,834万9,000円で、そのうち翌年度への繰越額は9億2,622万5,000円であります。


 なお、翌年度繰越額に対する財源内訳の合計は、既収入特定財源が9万9,000円、未収入特定財源のうち国庫支出金が2億3,383万8,000円、県支出金が3,968万2,000円、地方債が5億6,180万円、負担金が722万3,000円であります。また、一般財源8,358万3,000円を財源としております。


 以上、報告第2号から報告第3号までの2議案の提案説明といたします。よろしくお願いします。


○議長(山下太三) 報告が終わりました。


 これより、報告第2号、愛南町一般会計継続費繰越計算書の報告についての質疑を受けます。


 御質疑ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(山下太三) 質疑がないようなので、これで報告第2号、愛南町一般会計継続費繰越計算書の報告についてを終わります。


 次に、報告第3号、愛南町一般会計繰越明許費繰越計算書の報告についての質疑を受けます。


 質疑ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(山下太三) 質疑がないようなので、これで報告第3号、愛南町一般会計繰越明許費繰越計算書の報告についてを終わります。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


  ◎日程第7 報告第4号 愛南町簡易水道特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について


   日程第8 報告第5号 愛南町上水道事業会計予算(建設改良費)の繰越報告について





○議長(山下太三) お諮りします。


 この際、日程第7、報告第4号、愛南町簡易水道特別会計繰越明許費繰越計算書の報告についてから、日程第8、報告第5号、愛南町上水道事業会計予算(建設改良費)の繰越報告についての2件について続けての報告といたしたいが、これに御異議ありませんか。


           (「異議なし」と言う者あり)


○議長(山下太三) 異議なしと認めます。


 これより、直ちに議題とします。


 報告を求めます。


 小西水道課長。


○水道課長(小西隆広) 報告第4号、愛南町簡易水道特別会計繰越明許費繰越計算書の報告についてから、報告第5号、愛南町上水道事業会計予算(建設改良費)の繰越報告についてまでの2議案について、一括して提案説明をいたします。


 まず、報告第4号、愛南町簡易水道特別会計繰越明許費繰越計算書の報告についてです。


 これは、平成27年第1回定例議会で承認をいただきました繰越明許費に係る歳出予算経費の繰越使用額が調整できましたので、地方自治法施行令第146条第2項の規定により議会に報告するものであります。


 それでは内容について説明しますので、裏面の平成26年度愛南町簡易水道特別会計繰越明許費繰越計算書をごらんください。


 2款事業費、2項新設改良費、事業名、簡易水道統合整備事業で、翌年度繰越額は9,046万6,000円です。その財源内訳は、国庫補助金2,676万6,000円、地方債6,340万円及び一般会計繰入金30万円であります。


 続きまして、報告第5号、愛南町上水道事業会計予算(建設改良費)の繰越報告についてですが、地方公営企業法第26条第3項の規定に基づき、平成26年度建設改良費の繰越額の使用に関する計画について報告をいたします。


 内容について説明しますので、裏面の平成26年度愛南町上水道事業会計予算繰越計算書をごらんください。


 1款資本的支出、1項建設改良費、事業名、上水道老朽管更新事業は、配水管更新工事で、翌年度繰越額は2,058万2,000円です。その下段であります基幹水道構造物耐震化事業は、1,220万4,000円で、この二つの事業は、町単独事業実施分であります。


 繰越理由につきましては、説明欄に記載しているとおりです。


 これら事業費の合計は、予算計上額7,748万8,000円、支払義務発生額4,470万2,000円で、翌年度繰越額は3,278万6,000円です。


 その財源内訳は、企業債2,250万円、出資金290万円、当年度損益勘定留保資金738万6,000円であります。


 以上、報告第4号及び報告第5号の説明とします。よろしくお願いいたします。


○議長(山下太三) 報告が終わりました。


 これより、報告第4号、愛南町簡易水道特別会計繰越明許費繰越計算書の報告についての質疑を求めます。


 質疑ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(山下太三) 質疑がないようなので、これで報告第4号、愛南町簡易水道特別会計繰越明許費繰越計算書の報告についてを終わります。


 次に、報告第5号、愛南町上水道事業会計予算(建設改良費)の繰越報告についての質疑を受けます。


 質疑ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(山下太三) 質疑がないようなので、これで報告第5号、愛南町上水道事業会計予算(建設改良費)の繰越報告についてを終わります。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


  ◎日程第9 議案第53号 愛南町執行機関の附属機関設置条例の一部改正について





○議長(山下太三) 日程第9、第53号議案、愛南町執行機関の附属機関設置条例の一部改正についてを議題とします。


 提案理由の説明を求めます。


 西口保健福祉課長。


○保健福祉課長(西口源一) 第53号議案、愛南町執行機関の附属機関設置条例の一部改正について、提案理由の説明をいたします。


 本案は、障害者基本法の改正に伴い、愛南町障害者施策推進協議会、愛南町福祉計画策定懇話会及び愛南町地域自立支援協議会等、法第36条第1項に規定する類似機関を統合するため、愛南町執行機関の附属機関設置条例の一部を改正いたしたく提案するものであります。


 それでは、改正内容について説明いたしますので、裏面の新旧対照表をごらんください。


 別表1町長の附属機関の表について、愛南町障害者施策推進協議会の項を削るものであります。


 議案にお戻りください。


 附則として、この条例は、公布の日から施行することとしております。


 以上、第53号議案の説明とします。御審議のほど、よろしくお願いいたします。


○議長(山下太三) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 質疑はありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(山下太三) 質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論はありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(山下太三) 討論なしと認めます。


 これより、第53号議案を採決します。


 お諮りします。


 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


              (賛成者起立)


○議長(山下太三) 全員起立であります。


 よって、第53号議案、愛南町執行機関の附属機関設置条例の一部改正については、原案のとおり可決されました。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


  ◎日程第10 第54号議案 愛南町母子家庭医療費助成条例の一部改正について





○議長(山下太三) 日程第10、第54号議案、愛南町母子家庭医療費助成条例の一部改正についてを議題とします。


 提案理由の説明を求めます。


 中尾町民課長。


○町民課長(中尾 滋) 第54号議案、愛南町母子家庭医療費助成条例の一部改正について、提案理由の説明をいたします。


 本案は、現在実施している母子家庭医療費助成に加え、父子家庭についても医療費助成することにより、ひとり親家庭の保健の向上と福祉の増進を図るため、本条例の一部を改正いたしたく提案するものであります。


 それでは、改正内容を説明しますので、新旧対照表の1ページをごらんください。


 制度の拡大に伴い、題名を愛南町ひとり親家庭医療費助成条例に改めます。


 第1条から第3条中「母子家庭」を「ひとり親家庭」に改め、第2条第2号から第3条第1号中「女子」を「者」に改めます。


 第2条第2号中「定める者」の対象者を明確に改め、第3条は資格要件を、第4条は助成内容を明確に改めます。


 第5条第2項も助成制限の対象を明確に改め、第6条第2項中「助成対象者」を「家庭主等」に改めます。


 議案の2ページに戻っていただき、附則として第1項では、この条例は平成27年7月1日から施行することとし、第2項では、要件に係る経過措置を定めています。第3項では、診療等に係る経過措置を定め、第4項では、本条例の題名の改正に伴い、関連する愛南町子ども医療費助成条例を一部改正するものです。


 以上、第54号議案の説明とします。御審議のほど、よろしくお願いいたします。


○議長(山下太三) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 質疑ありませんか。


 渡邊議員。


○4番(渡邊知彦) この母子家庭からひとり親家庭となった場合に、どのくらい増えるのか。


○議長(山下太三) 中尾町民課長。


○町民課長(中尾 滋) 対象者でございますが、83人を見込んでおります。父33人、子供が50人ということで伺っております。ただ要件にあるんですけど、所得税が課税されていないことというのが要件になります。今後、申請を受け付けしまして内容を審査して判断するわけですけど、この人数よりは少な目になるかと思っております。最大でこの人数であります。


○議長(山下太三) ほかにありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(山下太三) 質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(山下太三) 討論なしと認めます。


 これより、第54号議案を採決します。


 お諮りします。


 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


              (賛成者起立)


○議長(山下太三) 全員起立であります。


 よって、第54号議案、愛南町母子家庭医療費助成条例の一部改正については、原案のとおり可決されました。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


  ◎日程第11 第55号議案 ポンプ車購入契約について


   日程第12 第56号議案 小型動力ポンプ普通積載車購入契約について





○議長(山下太三) お諮りします。


 この際、日程第11、第55号議案、ポンプ車購入契約についてから、日程第12、第56号議案、小型動力ポンプ普通積載車購入契約についてまでの2議案について、続けての提案理由の説明としたいが、これに御異議ありませんか。


           (「異議なし」と言う者あり)


○議長(山下太三) 異議なしと認めます。


 これより直ちに議題とします。


 提案理由の説明を求めます。


 増田消防長。


○消防長(増田智彦) 第55号議案と第56号議案の消防関係の備品購入案件について、一括して提案理由の説明をいたします。


 まず初めに、第55号議案、ポンプ車購入契約について、提案理由の説明をいたします。


 このポンプ車の購入は、消防団内海方面隊第1分団柏支部の消防ポンプ自動車が18年以上経過し、老朽化が著しいため、更新するものであります。


 5月22日に入札を執行いたしましたが、その取得予定価格が700万円を超えるため、愛南町議会の議決に付すべき契約、及び財産の取得または処分に関する条例第3条、及び地方自治法第96条第1項第8号の規定によりまして、議会の議決が必要なため提案するものであります。


 契約の内容については、1の契約の目的につきましては、ポンプ自動車の購入事業であります。取付品及び附属品等につきましては、議案裏面添付資料のとおりであります。規格はCD−1型、消防専用シャシにA2級のポンプを装備するものであり、排気量は4000cc、150馬力、2輪駆動仕様となっております。


 2の契約の方法につきましては、指名競争入札による契約であります。指名業者は、4月28日の入札参加資格審査委員会で決定しました、宇和島市の喜多商事株式会社、株式会社岩本商会宇和島営業所、松山市の株式会社ヤマダ、小川ポンプ工業株式会社愛媛支社、株式会社四国消防、有限会社新日本ライフテックの6社であります。


 3の契約金額は、1,498万986円で入札率60%であります。4の契約の相手方は、松山市空港通2丁目18番32号、有限会社新日本ライフテック、代表取締役、大澤慎哉であります。納入期限は平成28年1月29日としております。


 次に、第56号議案、小型動力ポンプ普通積載車購入契約について、提案理由の説明をいたします。


 この小型動力ポンプ普通積載車の購入は、消防団御荘方面隊第2分団赤水支部と第3分団菊川支部の小型動力ポンプ普通積載車が18年以上経過し、老朽化が著しいため、更新するものであります。


 5月22日に入札を執行しましたが、その取得予定価格が700万円を超えるため、議会の議決が必要なため提案するものであります。


 契約の内容については、1の契約の目的は、小型動力ポンプ普通積載車の購入事業であります。車輌及び附属品、取付装置等につきましては、議案裏面添付資料のとおりであります。規格は消防専用シャシに排気量2000cc、2輪駆動仕様であります。


 2の契約の方法は、指名競争入札による契約であります。指名業者は、4月28日の入札参加資格審査委員会で決定しました、宇和島市の喜多商事株式会社、株式会社岩本商会宇和島営業所、松山市の株式会社ヤマダ、小川ポンプ工業株式会社愛媛支社、株式会社四国消防の5社であります。


 3の契約金額は、877万7,380円で入札率95%であります。


 4の契約の相手方は、宇和島市寿町2丁目3番7号、株式会社岩本商会宇和島営業所、所長、善家清隆であります。納入期限は平成27年12月18日としております。


 以上、提案理由の説明といたします。御審議のほど、よろしくお願いいたします。


○議長(山下太三) 説明が終わりました。


 これより、第55号議案、ポンプ車購入契約についての質疑を受けます。


 質疑ありませんか。


 渡邊議員。


○4番(渡邊知彦) 60%契約率ってさっき言われたんですけど、高いやつは何%。


○議長(山下太三) 増田消防長。


○消防長(増田智彦) 普通ポンプ車の購入単価は大体90%から95%ですが、今回の落札率につきましては、新しく全国的に事業を展開するという会社が入ってきましたので、その辺が頑張ってみようという気持ちから60%になったんじゃないかと考えております。


 以上です。


○議長(山下太三) 渡邊議員。


○4番(渡邊知彦) 私ちょっと考えたのに、消防庁舎がたくさん税金を使うて立派なのができたけん、まあそういうぐあいにして値切ってというのも、御祝儀相場って入ったんやないかなという気がしたんですけど、答弁になかったんで、そういう気持ちはあったような気がするんですけども、どうですか、消防長。


○議長(山下太三) 増田消防長。


○消防長(増田智彦) まあ、御祝儀相場ゆうて聞かれても私もちょっとわかりにくいですが、先ほども申し上げたとおり、新規参入で業界を変えていこうゆうかどうかわかりませんが、そういう気持ちでやってくれたんではないかと考えています。


 以上です。


○議長(山下太三) ほかにありませんか。


 原田議員。


○1番(原田達也) この間の消防長の説明では、今回落札したの、新日本ライフテック、新しい会社ということなんですが、今までの実績が多分ないと思うんですが、今後のメンテナンスなんかは大丈夫なんですか。


○議長(山下太三) 増田消防長。


○消防長(増田智彦) この業者については、長崎県にあるポンプメーカーの代理店になりまして、全国でも360台、それから県内でも八幡浜市等でポンプ車の納品実績があります。それと、メンテナンスについては、契約の後、代表取締をこちらに呼びまして、ポンプの性能、それからメンテナンスについて十分に申し聞かせております。


 以上です。


○議長(山下太三) ほかありますか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(山下太三) 質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(山下太三) 討論なしと認めます。


 これより、第55号議案を採決します。


 お諮りします。


 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


              (賛成者起立)


○議長(山下太三) 全員起立であります。


 よって、第55号議案、ポンプ車購入契約については、原案のとおり可決されました。


 次に、第56号議案、小型動力ポンプ普通積載車購入契約についての質疑を受けます。


 質疑ありませんか。


 斎藤議員。


○12番(斎藤武俊) 先ほど95%ということやったんですが、入札に入るのが有限会社新日本ライフテックというのは、入札には入ってなかったようなんですが、これはそこの会社が何で入札に入らなかったのかちょっと。


○議長(山下太三) 増田消防長。


○消防長(増田智彦) 小型動力ポンプ積載車というのは、1.5トンのトラックを小型動力ポンプが積めるように改良する車でありまして、この新規に入りました新日本ライフテックという会社が、全国的に消防ポンプ車のほうが95%ぐらい実績がありますので、今回は消防ポンプ自動車に限りゆうことで指名いたしました。


 以上です。


○議長(山下太三) ほかに質疑ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(山下太三) 質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論はありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(山下太三) 討論なしと認めます。


 これより、第56号議案を採決します。


 お諮りします。


 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


              (賛成者起立)


○議長(山下太三) 全員起立であります。


 よって、第56号議案、小型動力ポンプ普通積載車購入契約については、原案のとおり可決されました。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


  ◎日程第13 第57号議案 あけぼのグラウンド改修工事請負契約について





○議長(山下太三) 日程第13、第57号議案、あけぼのグラウンド改修工事請負契約についてを議題とします。


 提案理由の説明を求めます。


 本多生涯学習課長。


○生涯学習課長(本多幸雄) 第57号議案、あけぼのグラウンド改修工事請負契約について提案理由の説明をいたします。


 あけぼのグラウンド改修工事は、あけぼのグラウンドが平成29年のえひめ国体で女子サッカー競技の会場となることから、現在のクレーコートの全面人工芝化、防球フェンスの新設と既存フェンスのかさ上げ、観客席の整備を行い、国体基準に適合した施設に改修するものです。


 本契約は、平成27年5月22日に入札を執行しました。


 工事の内容については、添付している図面により説明しますので、グラウンド改修計画図をごらんください。


 工事概要については、図面中央緑の大きな四角部分になりますが、人工芝を1万819平方メートル敷設します。また、競技場両ゴールポストの後方になりますが、赤い丸と三本の点線で結んだラインですが、防球ネットを166メートル延長します。また、図面の下の部分になりますが、現在のコンクリート擁壁の上の部分に観客席約250席を整備するものです。


 この工事については、5月22日に入札を執行した結果、株式会社羽田建設が1億7,982万円で落札しましたが、この工事の予定価格が5,000万円を超えておりますので、議会の議決が必要なため提案するものです。


 議案にお戻りください。


 契約の内容については、1の契約の目的は、あけぼのグラウンド改修工事です。2の契約の方法は、条件付一般競争入札による契約です。3の契約金額は、1億7,982万円で、入札率は97.0%です。


 4の契約の相手方は、南宇和郡愛南町増田5419番地、株式会社羽田建設、代表取締役、羽田保恵です。


 この入札に係る参加業者は、町内の業者で、株式会社明正建設、株式会社羽田建設の2社となっており、工期については、契約の翌日から平成28年2月29日までを予定しております。


 以上、第57号議案の説明とします。御審議のほど、よろしくお願いします。


○議長(山下太三) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 質疑ありませんか。


 渡邊議員。


○4番(渡邊知彦) これは予定価格が5,000万以上ということで、議会の同意が必要ということで説明されたんですが、これ以外にいっぱいいろんなこれに附帯した建物等とかがあると思うんですけど、もし構わなければこのグラウンドの改修工事に伴うほかの工事の落札状態というのを、もし構わなければ、例えば建物はどこがどういうふうに・・・総合の。


○議長(山下太三) 渡邊議員、これはグラウンドのことですから、附属のことは別に。


○4番(渡邊知彦) それは構わなければ説明してほしいということを言ったんですけど。質疑というか、どのぐらいの工事がかかっておるかということをちょっと。予算ではちゃんとこれ以上のお金が計上されておるもんですから。


○議長(山下太三) 本多生涯学習課長。


○生涯学習課長(本多幸雄) 御説明いたします。


 図面のですね上の部分に管理棟が記入してございますけれども、この工事が4,489万6,000円ということで、入札をしております。


 以上です。


○議長(山下太三) ほかに質疑ありますか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(山下太三) 質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(山下太三) 討論なしと認めます。


 これより、第57号議案を採決します。


 お諮りします。


 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


              (賛成者起立)


○議長(山下太三) 全員起立であります。


 よって、第57号議案、あけぼのグラウンド改修工事請負契約については、原案のとおり可決されました。


 暫時休憩します。


 2時35分に再開します。


            午後 2時25分 休憩


         ―――――――――――――――――


            午後 2時35分 再開


○議長(山下太三) 休憩前に引き続き会議を開きます。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


  ◎日程第14 第58号議案 平成27年度愛南町簡易水道特別会計補正予算(第1号)について





○議長(山下太三) 日程第14、第58号議案、平成27年度愛南町簡易水道特別会計補正予算(第1号)についてを議題とします。


 提案理由の説明を求めます。


 小西水道課長。


○水道課長(小西隆広) 第58号議案、平成27年度愛南町簡易水道特別会計補正予算(第1号)について提案説明をいたします。


 69ページをお開きください。


 この補正予算は、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ2億7,668万2,000円を追加して、その総額を5億6,498万2,000円とするものです。


 それでは歳出から説明しますので、82ページをお開きください。


 1款1項1目一般管理費は4万円の減額計上で、水道システム保守業務の入札減少金であります。


 2款1項1目維持修繕費は8万2,000円の減額です。施設保守点検委託業務等の入札減少金であります。


 2款2項1目新設改良費は2億7,680万4,000円の増額計上です。内訳としては、13節委託料は、簡易水道統合整備工事に係る施工監理業務委託費388万8,000円、15節工事請負費は2億7,291万6,000円の計上で、国庫補助事業の簡易水道統合整備工事2億6,751万6,000円及び町道改良工事に伴う配水管布設替工事540万円であります。


 続きまして、歳入について説明しますので、80ページをお開きください。


 3款2項1目国庫補助金は、簡易水道統合整備事業に係る国庫補助金7,428万2,000円の計上です。


 10款1項1目町債は、簡易水道統合整備事業等に係る財源として簡易水道事業債、過疎対策事業債及び辺地対策事業債で2億240万円の増額計上であります。


 以上、第58号議案の説明とします。御審議のほど、よろしくお願いいたします。


○議長(山下太三) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 質疑の方法は、歳入歳出全般について行います。


 質疑をされるときは、ページを言ってください。


 質疑ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(山下太三) 質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(山下太三) 討論なしと認めます。


 これより、第58号議案を採決します。


 お諮りします。


 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


              (賛成者起立)


○議長(山下太三) 全員起立であります。


 よって、第58号議案、平成27年度愛南町簡易水道特別会計補正予算(第1号)については、原案のとおり可決されました。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


  ◎日程第15 第59号議案 平成27年度愛南町一般会計補正予算(第1号)について





○議長(山下太三) 日程第15、第59号議案、平成27年度愛南町一般会計補正予算(第1号)についてを議題とします。


 提案理由の説明を求めます。


 岡田副町長。


○副町長(岡田敏弘) 第59号議案、平成27年度愛南町一般会計補正予算(第1号)について、提案理由の説明をいたしますので、5ページをお開きください。


 今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ4億5,271万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ160億2,971万6,000円とするものであります。


 それでは、歳出から説明しますので、23ページをお開きください。


 1款議会費では、愛南ゴールド台湾輸出促進等に関する視察研修費164万7,000円の追加や、議員報酬217万2,000円の減額等であります。


 27ページ、2款総務費は、電算管理費において、社会保障・税番号制度に対応するための電算システム改修委託料2,149万2,000円の追加、新庁舎建設費において、現庁舎の一部解体工事費1,728万円の追加等であります。


 33ページ、3款民生費は、母子父子福祉費において、ひとり親家庭医療費扶助費151万3,000円の追加、35ページ、保育所費において、御荘保育所複合遊具購入費1,175万1,000円の追加等であります。


 39ページ、4款衛生費は、上水道費において、上水道企業会計補助金1,190万円の追加等であります。


 41ページ、6款農林水産業費は、農業振興費において、愛南ゴールド台湾輸出促進事業を実施するための普通旅費や消耗品費など208万7,000円、経営体育成支援事業補助金及び鳥獣被害防止総合対策事業費補助金で1,491万6,000円の追加、農地費において、各種測量設計等委託料2,341万6,000円、農道弓張池線道路改良工事費や増田地区及び菊川地区の水路改修工事費で合計2,100万円、中山間地域総合整備事業に係る県営事業負担金と大久保山地区農業水利施設整備に係る土地改良区補助金で3,058万7,000円の追加、45ページ、水産業振興費において、地方創生の先行型として実施する水産物の販路拡大及び販売促進のためのマーケティング調査委託料378万円、愛南漁協の荷捌施設整備に係る水産振興奨励費1,220万円及び沿岸漁業構造改善事業補助金6,110万円の追加、47ページ、漁港建設費において、船越漁港弓立地区船揚場施設改修工事費2,400万円の追加等であります。


 49ページ、8款土木費は、道路維持費において、町道久良船越線外の自転車利用環境整備事業814万5,000円の追加、51ページ、道路新設改良費において、町道西ケ峰線及び町道白川2号線の道路改良工事費4,500万円、町道北裡5号線及び町道白川2号線道路改良のための土地購入費1,642万4,000円の追加、砂防費において、上ノ谷地区ほかの集落・避難路保全斜面地震対策工事等で3,600万円の追加等であります。


 53ページ、9款消防費は、消防施設費において、消防庁舎太陽光発電設備設置に係る設計監理委託料129万6,000円及び工事請負費3,268万1,000円の追加等であります。


 10款教育費は、諸費において、いじめ防止対策のための委員報酬50万円の追加、55ページ、小学校の学校管理費において、平城小学校の放送設備取替工事費125万3,000円の追加、59ページ、社会教育総務費において、Jazz in四国(愛南町)実行委員会補助金200万円の追加等であります。


 続いて、歳入について説明しますので、17ページをお開きください。


 10款地方交付税は、普通交付税を2億2,737万5,000円の追加、12款分担金及び負担金は、がけ崩れ防災対策事業地元負担金360万円の追加、14款国庫支出金は、総務費国庫補助金において、社会保障・税番号制度システム整備費国庫補助金951万4,000円、農林水産業費国庫補助金において、農業基盤整備促進事業費国庫補助金924万円、土木費国庫補助金において、道路新設改良費国庫補助金2,672万6,000円の追加であります。


 19ページ、15款県支出金は、農林水産業費県補助金において、農村整備事業費県補助金等で2,684万7,000円、沿岸漁業構造改善事業県補助金等で6,147万4,000円、土木費県補助金において、がけ崩れ防災対策事業県補助金2,160万円、農林水産業費委託金において、県営中山間換地関係業務委託金1,301万7,000円等の追加等であります。


 21ページ、18款繰入金は、ふるさとづくり基金繰入金8,015万7,000円の減額であります。


 20款諸収入は、雑入において、消防庁舎太陽光発電設備設置に係る財団法人、環境イノベーション情報機構補助金3,397万6,000円の追加等であります。


 21款町債は、合併特例債外3件で9,810万円の追加であります。


 以上、第59号議案の提案説明といたします。御審議のほど、よろしくお願いいたします。


○議長(山下太三) 説明が終わりました。


 お諮りします。


 第59号議案、平成27年度愛南町一般会計補正予算(第1号)について、提案理由の説明が終わったところですが、本日の会議はこの程度にとどめ、延会したいと思いますが、これに御異議ありませんか。


           (「異議なし」と言う者あり)


○議長(山下太三) 異議なしと認めます。


 よって、本日はこれにて延会することに決定しました。


 6月18日最終日は、午前10時より会議を開きます。


 本日はこれで延会します。





            午後 2時47分 延会








上記のとおり会議の次第を記載して、その相違ないこと証するため署名する。








     議     長








     会議録署名議員








     会議録署名議員