議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛媛県 愛南町

平成26年第2回臨時会(第1日11月25日)




平成26年第2回臨時会(第1日11月25日)





 
         平成26年第2回愛南町議会臨時会会議録


                  招集年月日  平成26年11月25日(火曜)


                  招集場所  愛南町役場議場


                  開会  11月25日 10時00分宣告


1.議事日程


 日程第 1 会議録署名議員の指名


 日程第 2 会期の決定


 日程第 3 報告第 7号 専決処分第5号の報告について(損害賠償の和解について


              )


 日程第 4 第79号議案 愛南町執行機関の附属機関設置条例の一部改正について


 日程第 5 第83号議案 愛南町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に


              関する条例の一部改正について


 日程第 6 第80号議案 愛南町職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の


              制定について


 日程第 7 第81号議案 平成26年度愛南町一般会計補正予算(第4号)について


 日程第 8 第82号議案 平成26年度愛南町一般会計補正予算(第5号)について





2.本日の会議に付した事件


 議事日程第1から第8





3.出席議員(16名)


  1番 原 田 達 也       2番 坂 口 直 樹


  3番 草木原 由 幸       4番 渡 邊 知 彦


  5番 山 下 太 三       6番 中 野 光 博


  7番 浜 本 元 通       8番 内 倉 長 蔵


  9番 那 須 芳 人      10番 増 元 久 男


 11番 斎 藤 武 俊      12番 吉 村 直 城


 13番 土 居 尚 行      14番 西 口   孝


 15番 宮 下 一 郎      16番 山 下 正 敏





4.欠席議員(0名)





5.説明のため出席した者の職氏名


   町長          清 水 雅 文


   副町長         岡 田 敏 弘


   教育長         鼻 ? 正 雄


   総務課長        中 川 治 雄


   企画財政課長      木 原 荘 二


   消防長         湯 浅 裕 記


   会計管理者       宮 城 辰 彦


   財産管理課長      長 田 照 夫


   税務課長        山 田 智 久


   町民課長        中 尾   滋


   農林課長        山 口 俊 文


   水産課長        中 村 維 伯


   建設課長        上 埜 一 男


   商工観光課長      田 中 俊 二


   環境衛生課長      嘉喜山   茂


   水道課長        小 西 隆 広


   保健福祉課長      坂 本 和 美


   高齢者支援課長     児 島 秀 之


   学校教育課長      浜 田 庄 司


   生涯学習課長      森 口   勉


   国保一本松病院事務長  吉 田 英 史


   内海支所長       木 網 玄 樹


   御荘支所長       小 堀   孝


   一本松支所長      岡 本   健


   西海支所長       吉 田   仁





6.職務のため出席した者の職氏名


   事務局長        西 村 信 男


   局長補佐        田 中 俊 行


   係長          小 川 加 奈





             午前10時00分 開会





○議長(山下正敏) ただいまの出席議員は16名です。定足数に達しておりますので、これより、平成26年第2回愛南町議会臨時会を開会いたします。


 町長より招集のあいさつがあります。


 清水町長。


○町長(清水雅文) おはようございます。本日は、平成26年第2回愛南町議会臨時会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては、何かと御多忙の中を全員の御出席いただき、まことにありがとうございます。


 今月4日に町内の中学校において、2年生の男子生徒が校舎3階から転落をするという事案が発生しました。直ちに救急車で病院に搬送して診察してもらった結果、重傷ではありますが命に別状はないとの事であります。男子生徒の1日も早い御回復を心からお祈り申し上げます。


 先週の日曜日に任期満了に伴う愛媛県知事選挙が行われ、結果、大差をつけて現職の中村時広知事が再選されました。中村知事はチーム愛媛の代表として、南予地域の活性化や農林水産県産品のブランド化など愛南町にも関係する事業にも力を入れられ、取り組んでこられたところでございます。それら1期目での経験を生かされ、これから始まる、2期目となります第2ステージにおきましても大いなる御活躍を期待するところであります。


 11月下旬から12月初旬にかけて、例年行われておりますイベントを開催いたします。まず、11月29日土曜日、30日、日曜日の両日には「トレッキング・ザ・空海」を開催いたします。29日は、「松尾坂へんろ道を歩こう」と題して、宿毛市野球場から御荘文化センターまでの間で3コースを設定しております。また、30日には、「柏坂へんろ道を歩こう」と題して、柏から津島町までのコースを設定し、その途中の「つわな奥展望台」において、テレビ番組にも出演され活躍されております「夏井いつき」先生によります句会ライブも行います。


 12月に入りますと、7日、日曜日には、「愛南町防災フォーラム」と「なーしくんのおもてなしスイーツフェスタ」を開催いたします。「愛南町防災フォーラム」については、東北視察研修に参加された中高生の皆様に「若者の目線で見た東北に今」と題して、研修活動の報告をしていただきます。また、「なーしくんのおもてなしスイーツフェスタ」については、愛南町のお土産スイーツを開発するための初めての取り組みであります。会場には、第62代横綱大乃国の芝田山親方をお招きして、楽しいイベントを沢山用意しておりますが、参加者が定員に達しましたので募集を締切ったところであります。


 今月の回覧文書等で周知をしましたので、議員各位も御存知の事とは存じますが、新庁舎建設に伴う城辺社会福祉会館解体に向け、会館内に在ります農業委員会、農林課及び農業支援センターを御荘支所1階へ、商工観光課、就職支援センターを御荘支所2階の旧議場内へ、また、環境衛生課を、本庁舎2階の財産管理課と水産課の間に移転して、本日から業務を開始しております。合併後の慣れ親しんできた設置場所からの移転ということで、不便を感じられるかもしれませんが、新庁舎完成までの期間でございますので、よろしくお願いいたします。


 さて、本日の臨時会に提案いたします議案ですが、衆議院の解散が突然行われた関係で、選挙事務に関する予算を急きょ追加しましたので、一般会計補正予算が、第4号、第5号と2つの計上となっております事を、あらかじめ御了承願います。それでは、提案いたします議案でございますが、専決処分の報告が1議案、条例の改正が3議案今申し上げました一般会計の補正予算が2議案の合計6議案であります。


 それぞれの議案につきましては、提案の際に詳しく説明させていただきますので、よろしく御審議いただきまして、適切な議決を賜りますようお願い申し上げまして、招集のあいさつとさせていただきます。


○議長(山下正敏) あいさつが終わりました。


 これより、直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


          ◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(山下正敏) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 本日の会議録署名議員は、会議規則第124条の規定により、3番、草木原議員と4番、渡邊議員を指名します。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


             ◎日程第2 会期の決定





○議長(山下正敏) 日程第2、会期の決定を議題とします。


お諮りします。


 本臨時会の会期については、議会運営委員会に諮り、本日1日としたいが、これに御異議ありませんか。


           (「異議なし」と言う者あり)


○議長(山下正敏) 異議なしと認めます。


 よって、本臨時会の会期は本日1日とすることに決定しました。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


  ◎日程第3 報告第7号  専決処分第5号の報告について(損害賠償の和解について)





○議長(山下正敏) 日程第3、報告第7号、専決処分第5号の報告について(損害賠償の和解について)を議題とします。


 報告を求めます。


 上埜建設課長。


○建設課長(上埜一男) 報告第7号、損害賠償の和解について説明をいたします。


 本件は、本町職員が公用車の運転中に起こした物損事故について、相手方に対し損害賠償をすることを決定し、和解することについて、平成26年10月3日、地方自治法第180条第1項の規定により専決処分したので、議会に報告するものであります。


 和解の内容につきましては、1の和解の相手方は記載のとおりあります。


 2の事故の概要は、平成26年8月28日、愛南町御荘平城の国道56号線と県道久良城辺線の交差点付近で、本町職員が県道久良城辺線を久良方面から愛南警察署方面に直進していたところ、交差点付近の店舗駐車場から出てきた車両と接触し、当該車両の前部をき損させたものであります。事故の原因は、相手方と職員双方が安全確認を怠ったため接触をしたものと思われます。


 3の和解の額は相手方の車両の修繕費の一部6万8,400円であり、全額一般財団法人全国自治協会自動車損害共済保険から支払われます。


 以上、報告第7号の説明を終わらせていただきます。


 御審議のほど、よろしくお願いいたします。


○議長(山下正敏) 報告が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 質疑ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(山下正敏) 質疑がないようなので、これで報告第7号、専決処分第5号の報告について(損害賠償の和解について)を終わります。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 ◎日程第4 第79号議案 愛南町執行機関の附属機関設置条例の一部改正について


  日程第5 第83号議案 愛南町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償


              に関する条例の一部改正について





○議長(山下正敏) お諮りします。


 この際、日程第4、第79議案愛南町の執行機関の附属機関設置条例の一部改正についてから、日程第5、第83号議案愛南町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正についてまでの2議案について、続けて提案理由の説明としたいがこれに御異議ありませんか。


           (「異議なし」と言う者あり)


○議長(山下正敏) 異議なしと認めます。


 これよりただちに議題とします。提案理由の説明を求めます。


 中川総務課長。


○総務課長(中川治雄) 第79号議案、愛南町執行機関の附属機関設置条例の一部改正についてと第83号議案、愛南町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正についての2議案について、一括して提案理由の説明をいたします。


 まず始めに、第79号議案 愛南町執行機関の附属機関設置条例の一部改正について提案理由の説明をいたします。


 本案は、愛南町の附属機関の新設及び担任事務の追加等を行うため、本条例の一部を改正いたしたく提案するものであります。


 今月4日に、町内の中学校で、生徒が校舎から転落し重傷を負った事故について、いじめが関連している可能性があるため、いじめ防止対策推進法に基づく「重大事態」として対処しなければなりません。同法第28条第1項の規定では、いじめにより生徒等の生命、心身等に重大な被害が生じた疑いがある場合は、「重大事態」として、速やかに教育委員会等の下に組織を設け、事実関係を明確にするための調査、分析等を行い、再発防止のために必要な対応策を審議し、その結果を町長へ報告することになります。そして、報告を受けた町長が、再発防止のために更なる調査の必要があると認める時は、同法第30条第2項の規定により、町長の下に新たに組織を設け、再調査を行うことになります。現在、学校・教育委員会において、懸命に情報収集と事実関係の整理を行っているところでありますが、この後、先ほど申し上げました流れで、法律の規定に基づき適正に対処していくため、本条例の一部を改正いたしたく提案するものであります。


 改正内容について御説明しますので、新旧対照表の1ページを御覧ください。


 別表1町長の附属機関の表中、「愛南町いじめ問題対策連絡協議会」の項の次に、「愛南町いじめ問題調査委員会」を追加します。担任する事務については、1、いじめ防止対策法第28条第1項の規定による調査の結果についての調査、2、調査結果を踏まえ、再発防止に資する必要な対応策を審議することであります。委員の構成については、大学教授、弁護士、臨床心理士、識見を有する者であります。委員の定数は5人以内、任期は2年であります。


 続いて2ページを御覧ください。


 別表2教育委員会の附属機関の表中、「愛南町いじめ防止対策推進委員会」の担任する事務について、「5、重大事態が発生した場合の調査、分析及び審議等に関すること」を追加し、委員の定数を、7人以内から10人以内に改めます。


 議案にお戻りください。


 附則として、この条例は、平成26年12月1日から施行することとしています。


 以上、第79号議案の説明とします。


 次に、第83号議案 愛南町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について、提案理由の説明をいたします。


 本案は、報酬の一部変更及び附属機関の新設に伴い、本条例の一部を改正いたしたく提案するものであります。


 改正内容について御説明しますので、裏面の新旧対照表を御覧ください。


 第2条第2項の改正は、いじめ防止対策推進委員会の構成員のうち重大事態が発生した場合の調査、分析、審議等を担任する委員である者は、その報酬の額を日額2万円とするよう改めるものです。


 次に、先ほど御説明したとおり、町長の附属機関に「いじめ問題調査委員会」を新設することに伴い、委員の報酬の額を日額2万円、費用弁償の額を交通費実費と定めるものです。


 議案にお戻りください。


 附則として、この条例は、平成26年12月1日から施行することとしています。


 以上、第79号議案及び第83号議案の説明とします。御審議のほど、よろしくお願いいたします


○議長(山下正敏) 説明が終わりました。


 これより第79号議案愛南町執行機関の附属機関設置条例の一部改正についての質疑を受けます。


 質疑ありませんか。


 土居議員。


○13番(土居尚行) この条例の中で言われる重大事故というのはどの程度からが重大事故であると認識されるんですか。それとこれが重大事故であるという決定はどのような機関でどなたがされるんですか。


○議長(山下正敏) 浜田学校教育課長。


○学校教育課長(浜田庄司) お答えいたします。重大事態でございますけれども、これにつきましては先ほど提案説明の中でありましたとおり、いじめ防止対策推進法の中で定められているところでございます。いじめにより当該学校に在籍する児童等の生命、心身又は財産に重大な被害が生じた疑いがあると認めるとき、これが重大事態ということになります。その判断につきましては、学校からの報告を教育委員会で受けましていじめが背景に疑われるということで重大事態であると判断をさせていただき町長に報告をさせていただいております。


○議長(山下正敏) 他に質疑ありませんか。


 渡邊議員。


○4番(渡邊知彦) 報道機関で結構いいことで宣伝されるのやったらいいんですけど、なんか愛南町がまたちょっと別の面で有名になったかなという気がするんですけども、全国にいじめはあるんでその都度こういうふうに大学教授とか弁護士とかいろいろな方がテレビに出ていろいろな話をしております。でもちょっとなんか本当に子供の立場あるいは地域の立場にたって話をされよるのか、意見をいっておられるのかなという疑問も、ことも思いますしそれから、なかなか時間がかかるような気がするんです。特に愛南町みんなも注目しておりますし、任期は2年となっておりますけれども、もっとスピーディーに仕事をやっていく、例えば1年でもいいんじゃないかと期限を短くしたらそれだけ一生懸命でやるんじゃないかと、そういう気がするんですが、そのことについて教育長何かお考えは。


○議長(山下正敏) 鼻?教育長。


○教育長(鼻?正雄) 議員、御指摘のとおりだろうと思います。現在、調査のほうを進めております。その調査結果をもとに第1回目の会議で審議をしていただくと。その審議、第3者で公正にという、本当に愛南町にかかわりがない公正な立場からの判断をしていただくということで5名の委員さんを人選させていただいております。結論が出ましたら、回数は少なく終わる可能性はあると思います。できるだけ迅速に対応していきたいと思っております。


○議長(山下正敏) 他に質疑ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(山下正敏) 質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(山下正敏) 討論なしと認めます。


 これより、第79号議案、愛南町執行機関の附属機関設置条例の一部改正についてを採決します。


 お諮りします。


 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は、起立願います。


              (賛成者起立)


○議長(山下正敏) 全員起立であります。


 よって、第79号議案、愛南町執行機関の附属機関設置条例の一部改正については、原案のとおり可決されました。


 次に、第83号議案、愛南町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正についての質疑を受けます。


 質疑ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(山下正敏) 質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(山下正敏) 討論なしと認めます。


 これより、第83号議案、愛南町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正についてを採決します。


 お諮りします。


 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は、起立願います。


              (賛成者起立)


○議長(山下正敏) 全員起立であります。


 よって、第83号議案、愛南町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正については、原案のとおり可決されました。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 ◎日程第6 第80号議案 愛南町の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定について





○議長(山下正敏) 日程第6、第80号議案、愛南町職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。


 提案理由の説明を求めます。


 中川総務課長。


○総務課長(中川治雄) 第80議案、愛南町職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定について提案理由の説明をいたします。


 本案は、民間給与との状況を考慮し、国、県に準じて、本町の職員等の給料月額、手当等を改めるため、関係条例の一部を改正する条例の制定を行いたく提案するものであります。それでは、改正内容について説明しますので、新旧対照表の1ページをお開きください。


 第1条では、町長、副町長の12月の期末手当の支給割合を「100分の155」から「100分の170」に改めます。この改正により、愛南町議会議員の期末手当の支給割合も、この条例を準用すると規定されておりますので、支給割合が改正されることとなります。


 第2条では、教育長の12月の期末手当の支給割合を「100分の155」から「100分の170」に改めます。


 第3条では、交通用具使用者に係る通勤手当について、使用区分に応じ、「100円から7,100円」まで引き上げるよう改めます。


 次に新旧対照表の2ページをお開きください。医療職給料表(1)の適用を受ける職員の初任給調整手当額を「41万900円」から「41万2,200円」に、医学又は歯学に関する専門知識を必要とする職の初任給調整手当額を「5万円」から「5万300円」に改めます。その下の段、職員の12月の勤勉手当の支給割合を「100分の67.5」から「100分82.5」に、再任用職員の12月の勤勉手当の支給割合を「100分の32.5」から「100分37.5」に改めます。


 次に新旧対照表の3ページを御覧ください。附則15の給与が減ぜられて支給されるものの勤勉手当減額対象額に乗ずる割合を「0.9965」から「0.825」に「100分の65」から「100分の82.5」に改めます。


 ここで改正条例に戻っていただきまして、2ページをお開きください。下の段にあります行政職給料表(1)から15から18ページにあります海事職給料表のとおり改めます。


 続きまして、新旧対照表の3ページに戻っていただきまして、第4条、第5条では、町長、副町長及び教育長の期末手当の支給割合を6月「100分の140」から「100分の147.5」に、12月「100分の170」から「100分の162.5」に改めます。


 第6条では、医療職給料表(1)の適用を受ける職員の地域手当の率を「100分の15」から「100分の16」に改め、次のページにうつりまして職員の単身赴任手当の基礎額を「2万3,000円」から「3万円」に、加算される限度額を「4万5,000円」から「7万円」に改めます。同じくこのページの中段にあります管理職特別勤務手当ですが、今まで平日は支給対象としておりませんでしたが、災害への対処等の臨時・緊急の必要によりやむを得ず平日深夜に勤務した場合、勤務1回につき1万2,000円を超えない範囲内の額を支給するよう改めるものです。同じくこのページの第21条の下段からの勤勉手当ですが、職員の勤勉手当の支給割合を「100分の82.5」から「100分の75」に、再任用職員の支給割合を「100分の37.5」から「100分の35」に改めるものです。


 新旧対照表5ページを御覧ください。附則12で「当分の間」と規定されていた55歳超職員の給料の減額支給措置を「平成30年3月31日までの間」として、廃止するよう改めます。


 附則15の給与が減ぜられて支給されるものの勤勉手当減額対象額に乗ずる割合を「100分の0.825」から「100分の0.75」に、「100分の82.5」から「100分の75」に改めます。


 ここで改正条例に戻っていただきまして、18ページをお開きください。下の段にあります行政職給料表(1)から31ページから34ページにあります海事職給料表のとおり改めます。改正条例の34ページを御覧ください。附則第1項、第2項により、この条例は公布の日から施行しますが、第4条、第5条及び第6条の規定は、平成27年4月1日からの施行とし、第3条の規定による改正後の職員の給与に関する条例第9条、第20条及び別表第1から別表第3までの規定は平成26年4月1日から、改正後の職員給与条例第21条の4及び附則第15項の規定は同年12月1日から適用することとしております。


 最後に35ページの第10項では、この改正条例の施行に関し必要な事項は、規則で定めることとしております。


 以上、第80号議案の提案説明とさせていただきます。


 御審議のほど、よろしくお願いいたします。


○議長(山下正敏) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 質疑ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(山下正敏) 質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(山下正敏) 討論なしと認めます。


 これより、第80号議案、愛南町職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定についてを採決します。


 お諮りします。


 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は、起立願います。


              (賛成者起立)


○議長(山下正敏) 全員起立であります。


 よって、第80号議案、愛南町職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決されました。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 ◎日程第7 第81号議案 平成26年度愛南町一般会計補正予算(第4号)について





○議長(山下正敏) 日程第7、第81号議案、平成26年度愛南町一般会計補正予算(第4号)についてを議題とします。


 提案理由の説明を求めます。


 岡田副町長。


○副町長(岡田敏弘) 第81号議案、平成26年度愛南町一般会計補正予算(第4号)について、提案理由の説明をいたしますので、1ページをお開き下さい。


 今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ2,157万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ161億1,842万3,000円とするものであります。これは、ただいま総務課長の提案説明により、御承認をいただきました第79号議案の一部改正条例を施行するにあたり補正を行うもので、事項別明細書による詳細説明は割愛させていただきますが、歳出については15ページの議会費から27ページの教育費まで、歳入については13ページ、前年度繰越金により全額財源充当をしております。


 以上、第81号議案の提案説明とします。


 御審議のほど、よろしくお願いいたします。


○議長(山下正敏) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 質疑の方法は、始めに歳出全般について行います。


 質疑をされるときは、ページを言ってください。


 質疑ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(山下正敏) 質疑がないようなので、歳出分を終わります。


 次に歳入全般について行います。


 質疑をされるときは、ページを言ってください。


 質疑ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(山下正敏) 質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(山下正敏) 討論なしと認めます。


 これより、第81号議案、平成26年度愛南町一般会計補正予算(第4号)についてを採決します。


 お諮りします。


 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は、起立願います。


              (賛成者起立)


○議長(山下正敏) 全員起立であります。


 よって、第81号議案、平成26年度愛南町一般会計補正予算(第4号)については、原案のとおり可決されました。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 ◎日程第8 第82号議案 平成26年度愛南町一般会計補正予算(第5号)について





○議長(山下正敏) 日程第8、第82号議案、平成26年度愛南町一般会計補正予算(第5号)についてを議題とします。


 提案理由の説明を求めます。


 岡田副町長。


○副町長(岡田敏弘) 第82号議案、平成26年度愛南町一般会計補正予算(第5号)について、提案理由の説明をいたしますので、1ページをお開き下さい。


 ただいま御承認をいただきました補正予算(第4号)に、歳入歳出それぞれ2,600万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ161億4,443万円とするものであります。


 それでは、歳出から説明しますので、13ページをお開き下さい。


 先般21日の衆議院解散を受けまして、来月2日に公示、14日に投開票が実施されます衆議院議員選挙関係費を追加するものであります。


 2款、総務費において、衆議院議員選挙費として、投票管理者等の報酬や職員の時間外勤務手当など、合計2,600万7,000円の追加であります。


 次に、歳入について説明しますので、11ページをお開き下さい。


 10款、地方交付税は、普通交付税200万7千円、15款、県支出金は、衆議院議員選挙事務交付金2,400万円の追加であります。


 以上、第81号議案の提案説明とします。


 御審議のほど、よろしくお願いいたします。


○議長(山下正敏) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 質疑の方法は、始めに歳出全般について行います。


 質疑をされるときは、ページを言ってください。


 質疑ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(山下正敏) 質疑がないようなので、歳出分を終わります。


 次に歳入全般について行います。


 質疑をされるときは、ページを言ってください。


 質疑ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(山下正敏) 質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(山下正敏) 討論なしと認めます。


 これより、第82号議案、平成26年度愛南町一般会計補正予算(第5号)についてを採決します。


 お諮りします。


 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は、起立願います。


              (賛成者起立)


○議長(山下正敏) 全員起立であります。


 よって、第82号議案、平成26年度愛南町一般会計補正予算(第5号)については、原案のとおり可決されました。


 これで全日程は、終了しました。


 これをもって、平成26年第2回愛南町議会臨時会を閉会します。





            午前10時34分 閉会








上記のとおり会議の次第を記載して、その相違ないこと証するため署名する。








     議     長    山 下 正 敏








     会議録署名議員    草木原 由 幸








     会議録署名議員    渡 邊 知 彦