議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛媛県 愛南町

平成25年第2回定例会(第1日 6月13日)




平成25年第2回定例会(第1日 6月13日)





 
        平成25年第2回愛南町議会定例会会議録(第1号)


                  招集年月日 平成25年6月13日(木曜)


                  招集場所  愛南町役場議場


                  開  会  6月13日 10時00分宣告


1.議事日程


 日程第 1 会議録署名議員の指名


 日程第 2 会期の決定


 日程第 3 諸般の報告


 日程第 4 一般質問


 日程第 5 議員派遣の件


 日程第 6 報告第 1号 愛南町一般会計繰越明許費繰越計算書の報告について


 日程第 7 報告第 2号 愛南町上水道事業会計予算(建設改良費)の繰越報告につ


              いて


 日程第 8 第53号議案 愛南町重度心身障害者医療費助成条例の一部改正について


 日程第 9 第54号議案 平成25年度愛南町一般会計補正予算(第2号)について


 日程第10 第55号議案 平成25年度愛南町上水道事業会計補正予算(第1号)に


              ついて


 日程第11 第56号議案 平成25年度愛南町病院事業会計補正予算(第1号)につ


              いて


 日程第12 第57号議案 県単独補助土地改良事業(かんがい排水)・僧都地区の実


              施について


 日程第13 諮問第 1号 人権擁護委員候補者の推薦について





2.本日の会議に付した事件


 議事日程第1から第9





3.出席議員(16名)


  1番 原 田 達 也       2番 坂 口 直 樹


  3番 草木原 由 幸       4番 渡 邊 知 彦


  5番 山 下 太 三       6番 中 野 光 博


  7番 浜 本 元 通       8番 内 倉 長 蔵


  9番 那 須 芳 人      10番 増 元 久 男


 11番 斎 藤 武 俊      12番 吉 村 直 城


 13番 土 居 尚 行      14番 西 口   孝


 15番 宮 下 一 郎      16番 山 下 正 敏





4.欠席議員(0名)





5.説明のため出席した者の職氏名


   町長          清 水 雅 文


   副町長         岡 田 敏 弘


   教育長         鼻 ? 正 雄


   総務課長        中 川 治 雄


   企画財政課長      木 原 荘 二


   消防長         湯 浅 裕 記


   会計管理者       西 村 信 男


   財産管理課長      長 田 照 夫


   税務課長        山 田 智 久


   町民課長        中 尾   滋


   農林課長        山 口 俊 文


   水産課長        中 村 維 伯


   建設課長        上 埜 一 男


   商工観光課長      田 中 俊 二


   環境衛生課長      嘉喜山   茂


   水道課長        小 西 隆 広


   保健福祉課長      坂 本 和 美


   高齢者支援課長     児 島 秀 之


   学校教育課長      浜 田 庄 司


   生涯学習課長      森 口   勉


   国保一本松病院事務長  吉 田 英 史


   内海支所長       金 田 孝 一


   御荘支所長       藤 村 雄 二


   一本松支所長      藤 田 正 斗


   西海支所長       吉 田   仁





6.職務のため出席した者の職氏名


   事務局長        宮 城 辰 彦


   局長補佐        田 中 俊 行


   主査          浜 田 晶 子








              午前10時00分 開会





○議長(山下正敏) ただいまの出席議員は全員出席です。定足数に達しておりますので、これより、平成25年第2回愛南町議会定例会を開会いたします。


 町長より招集の挨拶があります。


 清水町長。


○町長(清水雅文) おはようございます。本日は、平成25年第2回愛南町議会定例会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては、何かと御多忙の中全員の御出席をいただき、まことにありがとうございます。


 さて、5月下旬には30度を超えるような気温もあり、初夏らしくなってまいりました。そのような中、先月5月26日に、昨年は南予いやし博の冠をつけておりましたが、既に地域イベントとして定着しております、愛南びやびや祭り2013を開催をいたしました。最盛期を迎えている初ガツオの即売には、オープン前から多くの人が列をつくり、販売を開始すると同時に次々に売れておりました。


 また、愛南ゴールドの生搾り体験やヒオウギ貝の浜焼き、特産品、郷土料理の即売も大盛況で、会場は終日のにぎわいでありました。


 同じく昨年の南予いやし博のイベントとして開催し参加選手の皆様に大好評でありました、愛南町いやしの郷トライアスロン大会を引き続き第2回大会として、公益社団法人日本トライアスロン連合の公認を得て、6月29日に開催をいたします。


 本大会では町内外のボランティアスタッフ850人や、地元の皆様方に安全管理など大会運営をサポートしていただくことになっております。24都道府県から参加される312人の選手にも満足していただけるように、精いっぱいの運営をしていきますので、議員各位におかれましても、それぞれ御協力、御参観いただきますようお願いを申し上げます。


 それでは、本日の定例会に提案いたします議案でございますが、5月の臨時会に補正予算として提案いたしました、消防庁舎建設用地購入費も計上をしております。私は、消防庁舎の建設は総合的に考えてこの場所が最適であると考えております。そのような強い思いもあり、再度計上させていただいております。


 この補正予算の議案を含めて、繰越報告が2議案、条例改正が1議案、補正予算が3議案、土地改良事業計画が1議案、委員候補者の推薦が1議案の合計8議案と、議会の権限における会議規則の一部改正が1議案であります。


 それぞれの議案につきましては、提案の際に詳しく説明させていただきますので、十分な審議をいただきまして、適切なる御決定をいただきますようお願いを申し上げまして、招集の挨拶とさせていただきます。


○議長(山下正敏) 挨拶が終わりました。


 これより、直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(山下正敏) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 本日の会議録署名議員は、会議規則第124条の規定により、3番、草木原議員と4番、渡邊議員を指名いたします。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


◎日程第2 会期の決定





○議長(山下正敏) 日程第2、会期の決定を議題とします。


 お諮りします。


 本定例会の会期については、議会運営委員会に諮り、本日13日から20日までの8日間としたいが、これに御異議はありませんか。


             (「異議なし」と言う者あり)


○議長(山下正敏) 異議なしと認めます。


 よって、本定例会の会期は、本日13日から20日までの8日間とすることに決定しました。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


◎日程第3 諸般の報告





○議長(山下正敏) 日程第3、諸般の報告を行います。


 町長からの行政報告はありません。


 議長の活動状況報告については、お手元に配付のとおりです。


 次に、監査委員から地方自治法第235条の2第3項の規定により、例月現金出納検査の実施報告が提出されております。それによると、歳出科目について一部に適当と思われないものが見受けられたが、おおむね適正に事務処理並びに管理がなされておりますので報告しておきます。


 次に、本日までに受理した請願については、お手元に配付した請願文書表のとおりです。


 請願第2号、核兵器全面禁止廃絶国際条約締結を求める意見書採択についての請願については、会議規則第91条の規定により、総務文教常任委員会に付託をいたします。


 また、本日までに受理した陳情については、会議規則第94条の規定により、お手元に配付した陳情等一覧表のとおりです。


 議会運営委員会の審議の結果、議長預かりとします。


 なお、趣旨に賛同する議員は、規定の賛成者をもって議案として提出をお願いします。


 以上で諸般の報告を終わります。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


◎日程第4 一般質問





○議長(山下正敏) 日程第4、一般質問を行います。


 初めに、渡邊議員の質問を許します。


 渡邊議員。


○4番(渡邊知彦) おはようございます。新人議員の渡邊知彦でございます。初めて一般質問に立ちます。


 私は、住みよいまちづくりについて、元気なまちづくりについて、農業水産業の企業的戦略について、消防庁舎の建設の用地についての4項目について、理事者の答弁を求めます。愛南町や町民のためになる建設的な答弁をお願いいたします。


 まず、住みよいまちづくりについて。青い空と海、真赤な太陽、そして緑の山並み、ふるさと愛南町に暮らす人々は、人情味にあふれ陽気な者がたくさんいると言われてまいりました。また、鉄道もなく高速道路もなく、国道56号の一本道は陸の孤島のかけ橋と言われて整備されてまいりました。古来、農業と漁業を中心に先人たちは営々と時代を生き抜いてまいりました。


 平成21年2月26日に制定されました、愛南町町民憲章には、私たちは豊かな自然とともに生き、学び、気張って働き、人の和と感謝の気持ちを大切に、安らぎのある元気なふるさとを育てますとあります。そして憲章は、私たちという言葉には、愛南町に住む町民だけでなく、愛南町を大切に思ってくれる全ての人々のことを含み、町を訪れる全ての人々が豊かな自然と人情に触れ、安らぎと癒しを得ることができる普遍的なふるさととしての愛南町を理想像としましたと唱われております。


 理想像は一言で言うと住みよい町であります。私は町会議員の選挙を通して、住民の皆様からいろいろなお話を聞きました。特に県立南宇和病院が、総合病院として十分にその機能を果たしてほしいという要望が一番印象に残りました。若いお母さんは、出産のため県立病院に通っていたが、お産が近づくとここでは何かあったときに手術ができないから、宇和島市立病院に行くように言われて市立病院で赤ちゃんを産んできましたと話されました。あるおばあちゃんは、病院に行くたんびに先生が変わっており、名前も顔も覚えられない。本当に困ると嘆いておりました。また、ある奥さんは、主人が脳梗塞で倒れ、救急車で幡多県民病院に運ばれましたが、まだ意識が戻らないんですと大変悲しんでおられました。


 かつての県立南宇和病院は、麻酔科の先生や脳外科の先生がおられて、救急患者にいつでも対応できておりました。平成12年11月、私も大けがをして救急車で運ばれたとき、夜を徹して手術をしてくださった先生や看護師さんたちを大変頼もしく心強く思いました。


 町長に質問をします。


 1、医師不足が進むと住みよい町から住みにくい町になってしまいます。県立南宇和病院の機能が充実するように、今まで県に対してどのような働きかけをしてきたのか。


 2、県は今後、県立南宇和病院をどのような方向に持っていくのか。より充実か、現状維持か、廃止の方向なのか、町長の知っている範囲の答弁を求めます。


 3、安心して暮らせるために県立南宇和病院は絶対に必要という信念で全町民的な運動を展開する具体的な考えがあるのか。


 続いて、元気なまちづくりについて。


 町民憲章には、自然を守り、先人の英知に学び、人の和と感謝の気持ちを大切にして、町内外の多くの人と助け合いながら、安らぎと元気のある愛南町を育てていこうという、未来に向けた私たちの意思と希望をあらわしています。


 また、気張って働くという表現で、地元を元気にするためにそれぞれが積極的に活動し、みずからも成長しようとする意思をあらわしていますとあります。気張って働く若い世代の皆さんは、気張るという言葉は余り使われていないかも知れませんが、いきむ、意気込む、気前よくお金を出すという意味があります。


 私は町会議員になって1カ月余りになります。役場に行って町職員と顔を合わす機会が多くなりました。そこで感じることは、明るいイメージよりもなぜか暗く感じることが多いように思われます。「おはようございます」とか「こんにちは」の声がかかってこないのであります。脇目も振らずに気張って働いているのかなあと思ったり、町民に対してサ一ビス精神が抵下してしまったのかなと考えさせられます。


 愛南町には、いろいろな職業があり、老若男女が気張って働いております。公僕である職員の皆さんは率先して元気なまちづくりに取り組んでほしいと思います。


 町長に質問します。


 1、職場をより明るいイメージに向上するための方策をどのように考えているのか。


 2、接客に対する研修など、職員の資質の向上に具体的対策を取り入れているのか。


 3、安らぎと元気のある愛南町を育てていくため、今一番に取り組んでいかなければならないことは何か。


 続いて、農業水産業の企業的戦賂について。


 愛南町の人たちは、豊かで美しい自然の中で1次産業を中心に生活をしてきました。農業の機械化や漁船設備の近代化、養殖漁業の振興は、人口が減少していく中で地域を支えてきました。技術の進歩によって愛南町の農水産物の生産量は十分に保たれていると思います。


 去る4月26日、うみらいく愛南の開所行事に参加しました。愛媛大学と連携して世界の最先端技術の研究が内泊で行われております。すばらしいことです。農水産の生産や販売一つにしても、グローバルな視野に立って考えなければならない時代です。TPP交渉によっては、本町の1次産業は壊滅的危機にさらされることになります。特に豊作でたくさんとれれば価格が安くなり、少ないと高くなる、これ市場主義の原理です。農水産物により高い付加価値をつけて、安定した収入を得るためには、農水産物の冷凍、冷蔵、加工施設が必要になります。本町ではこうした大型の工場などがありません。


 町長に質問します。


 1、思い切った公共投資を行い、愛南ブランドの開発に生産団体とともに大型施設の建設を推進する考えはあるのか。


 2、中村愛媛県知事はトップセールスと言って、愛媛産製品を世界にPRしておりますが、町長も職員と一丸となってトップセールスをしてはどうでしょうか。


 3、施設の建設は雇用促進につながり、愛南町の活性化、経済の発展に貢献できると思うがどう考えているか。


 最後に、消防庁舎の建設の用地について。


 5月1日、町議選後の初議会で用地の民有地購入費1億円が提案されました。私は反対の立場で討論を行いました。議案に6名が賛成し少数で否決されました。その後、この件について関係者などにいろいろと聞いておりますが、理事者がこの民有地を提案するまでの過程において、理解できない点が数多くあります。消防庁舎の建設を早急にしなければならないことは十分に承知しましたが、この民有地購入は再提案すべきでないと思います。


 23年6月に設置された消防庁舎の建設候補地を話し合う建設検討懇話会15名の委員の中に町議が3人加わっていること、懇話会で最終の結論が出た後で、また再度懇話会が開かれ、町長がどうしてもこの民有地に決めたいと頼み委員が賛成したこと。無線のデジタル化にしても、その移転に5,000万円も余分な費用がかかると突然に説明をしました。消防庁舎の建設という大きなプロジェクトに対して役場サイドの考えではなく、もっと民間サイドで町民の負担にならないように、愛南町のためになる考えで進めてほしいと思います。まだまだ慎重に検討しなければなりません。


 町長に質問します。


 1、5月1日に賛成しなかった議員に対して、町長や幹部職員が再提案に賛成するように個別に働きかけをしたことがあるか。


 2、懇話会で出された後で、町有地に賛成してほしいとお願いした理由は何か。


 3、町有地を用地にした場合でも、事業費の差はわずかになると説明しているが、具体的に面積、坪単価、土木工事、建築工事など、今までの候補地に上がった町有地との比較検討された資料を提示してほしい。


 以上、4項目12問について、町長の明瞭な答弁を求めて一般質問を終わります。ありがとうございました。


○議長(山下正敏) 渡邊議員から答弁分割での質問がありました。


 初めに、住みよいまちづくりについて、理事者の答弁を求めます。


 清水町長。


○町長(清水雅文) 渡邊議員の質問にお答えをいたします。


 まず、第1の質問、住みよいまちづくりについて、1点目の県立南宇和病院の機能が充実するように県に対してどのような働きかけをしてきたかについてですが、県立南宇和病院は南宇和郡内の中核病院として、町民にとってなくてはならない病院です。


 このようなことから、県に対しては知事や県の公営企業局長へ、機会あるごとに、たびたび要望をしているところです。また、県立病院医師、県立病院課、南宇和郡医師会の先生方とともに愛南町の地域医療について、意見交換会も定期的に開催をしているところです。今後も引き続き、県や愛媛大学医学部へ要望をしていきたいと考えております。


 2点目の県は今後県立南宇和病院をどのような方向に持っていくかについてですが、県立南宇和病院は地域の救急医療の大部分を担っており、住民の医療確保のため存在意義は大きいことから、現在のところ直営として現状維持とすると聞いております。


 3点目の全町民的な運動を展開する具体的な考え方についてですが、平成21年に県立南宇和病院の医師の充実を求める意見書の提出と署名活動を行っていますが、その後も県立病院の医師不足に歯どめがかかっていないのが現実です。このような医師不足は医師研修制度によるところが大きく、全国的な問題となっておりますので、全町民的な運動の展開については、今後の検討課題とさせていただきたいと思います。


 以上、第1の質問に対する答弁といたします。


○議長(山下正敏) 渡邊議員、1の1について、再質問はありませんか。


○4番(渡邊知彦) ありません。


○議長(山下正敏) それでは、1の2についての再質問はありませんか。


 渡邊議員。


○4番(渡邊知彦) 今の答弁で現状維持の方向というようなお話だったと思いますが、ということは、今までどおりこの県立病院はずっと続いていくというのですか。


○議長(山下正敏) 清水町長。


○町長(清水雅文) そのような答弁しかいただいておりません。


 以上です。


○4番(渡邊知彦) わかりました。


○議長(山下正敏) それでは、1の3についての再質問はありませんか。


 渡邊議員。


○4番(渡邊知彦) 私は、全町民的な運動を展開する具体的な考えはあるのかという質問をしております。町長の今の答弁は、今後検討しますということやったんですが、私は具体的、今後検討するという答弁が具体的なのかどうか、それを質問します。


○議長(山下正敏) 清水町長。


○町長(清水雅文) お答えします。


 これまで、先ほど私答弁しましたように、一度21年にしておりますけれど、これといった効果というのは、はっきりした効果というのは見えておりません。そして、医師について、県立病院の医師についても、本当にしつこいぐらいどの会に行っても質問します。私が一番やかましいぐらいと言われます。それぐらい言いますけど、返ってくる答えは全くいつの会でも一緒です。ですから、これは制度の問題でありまして、平成16年に医局制を研修制度に変えたという、この法律を変えんことには絶対もとのようには返ってこないということも、答えを、そういう返事をいただきますので、ですから私は、全部まで前の16年以前の制度に変えてするというのは国としてもなかなか大変だろうと思いますけれども、一部でも変えていただいて、田舎に医師が来れるような制度だけでもしてくれるように国会議員の先生に、国会でそういうような法律に変えてくれるような形にしていただくのが一番地方に医師が来れるようになる一番の方法だと思っておりますので、そういう働きかけをすることが一番ではないかという考えのもとで、そういう要望はたびたびしております。


 ということは、やっぱりそういう田舎の現状がわかってくれる国会議員の先生を町民の方が選んでですね、全国的に医師不足のところがあるわけですから、そういうところの先生方も、そういう田舎の現状がわかる人を国会に送り出すということが一番大切ではないかというように自分では考えております。そういう運動を強く働きかけていきたいというように思っております。


 以上です。


○議長(山下正敏) 渡邊議員。


○4番(渡邊知彦) 町長の熱意はよくわかりましたが、ただ、その前文の中で私は全町民的な運動を展開する具体的な考え。今、町長が答弁されたことは役所サイド、要するに町長の行政サイドのそういう運動というか展開というように受けとめられます。私は、全町民的な運動といえば、例えば国会、法律の改正をしなければならんということが出ましたけども、これは全町民なら、特に陳情書とか意見書が出ておりますけども、やっぱり全町民、あるいは行政相談員等にもこの現状を知ってもらって、全町民で署名運動をして、例えば国会に陳情するとか、そういうことが全町民的な具体的な運動、考えということになると思いますが、もう一度全町民的、町民サイドに立った答弁をお願いいたします。


○議長(山下正敏) 清水町長。


○町長(清水雅文) はっきり言って、さっき答弁したとおりなんですけど、どういった形で全町民的な運動をしていったら一番効果があるかということを、また皆さんにでもそういったアイデア、またいろいろ発案していただきまして、そういう、こういうふうなんがええんではないかというような考えがあれば、どしどし皆さんから提案していただきたい。もちろん町としてもそういう効果があることがあるんであれば、考えていきたいと思います。


 以上です。


○議長(山下正敏) 次に、元気なまちづくりについて、理事者の答弁を求めます。


 清水町長。


○町長(清水雅文) 続きまして、第2の質問、元気なまちづくりについて、1点目の職場をより明るいイメージに向上するための方策をどのように考えているかについてですが、挨拶の励行については、私が、日ごろから管理職を通じ、職員に指導をしているところであります。気持ちのよい挨拶が、来庁者や職員の気持ちを和ませ、職場の雰囲気を明るくして、ひいては無用なトラブルを防止し、スムーズな事務の執行につながるものと考えております。


 「おはようございます」、「こんにちは」との声がかかってこないとの御指摘をいただきましたので、職員には、再度指導の徹底をいたします。


 2点目の接客に対する研修等、職員の資質の向上に具体的対策を取り入れているのかについてですが、本町では毎年自己申告書により、職員が希望する研修を申告してもらっており、愛媛県の研修所で行われる研修や市町村アカデミーの研修などについては、各所属長に通知をして、希望者を募って研修に参加をしております。これらの研修内容には接遇等も含まれております。


 また、新規採用職員については、新規採用者研修として、地方公務員について必要な事項や電話応対、接遇研修を必ず受けてもらっております。ただ、現在は業務が多忙な部署もあり、各所属長の指導のもと職場内研修として、日常業務の中でも研修・指導を行っております。


 3点目の安らぎと元気のある愛南町を育てていくために、今一番に取り組んでいかなければならないことは何かですが、安らぎと元気のある愛南町とは、町民憲章にもあるとおり、誰もが住みたいと願うような普遍的なふるさととしての愛南町の理想像です。安らぎを得るためには、毎日を安全・安心に暮らせる環境が必要でありますし、人が元気を得るためには、経済面においても、教育面においても自己実現ができるような環境が必要であります。したがって、ここで特定の施策だけを持ち出すことは難しいと考えています。


 私の考えます安心・安全なまちづくり、子育て支援と老人福祉の充実、地域の活性化の推進を3本柱として、安らぎと元気のある愛南町の実現に取り組んでまいります。


 以上、第2の質問に対する答弁といたします。


○議長(山下正敏) 渡邊議員、2の1についての再質問はありませんか。


○4番(渡邊知彦) ありません。


○議長(山下正敏) それでは、2の2についての再質問はありませんか。


○4番(渡邊知彦) ありません。


○議長(山下正敏) 2の3についての再質問はありませんか。


○4番(渡邊知彦) ありません。


○議長(山下正敏) 次に、農業水産業の企業的戦略について、理事者の答弁を求めます。


 清水町長。


○町長(清水雅文) 次に第3の質問、農業水産業の企業的戦略について、1点目の思い切った公共投資を行い、愛南ブランドの開発に生産団体とともに大型施設の建設を推進する考えはあるのかについてですが、愛南ブランドの開発については、地域ブランドと商品ブランドの相乗効果による愛南ブランドの確立を目指しています。地域ブランド分野としては、県内外の小中学校へ魚食普及のための出前講座を行うことで、ぎょしょく発祥の地をPRしたり、愛南びやびや祭りやうまいもん市inあいなんなどを開催することで、食材の宝庫としての愛南町の魅力を発信をしています。


 また、商品ブランド分野では、県都・松山市を中心とした特産品販売の充実強化を支援をしています。公共投資による大型施設の建設については、どのような加工施設が必要なのか、漁協や農協を含めた生産団体と相談をしながら検討してまいりますが、基本的には、機動力ある民間主導が望ましいというように考えております。


 2点目の中村愛媛県知事はトップセールスと言って、愛媛産製品を世界にPRしておりますが、町長も職員と一丸となってトップセールスをしてはどうかについてですが、愛南町の新鮮な農林水産物とその加工品の販売促進を図るために、愛南産直市を含めて年間24事業を実施し、3,500万円を売り上げています。先般は、職員と一緒に県内の大手食品会社に愛南町の特産品の売り込みに行きました。


 今後とも新たな販路開発のため、引き続き県と連携しながら愛南町のPRに努めてまいります。


 3点目の施設の建設は雇用促進につながり、愛南町の活性化、経済発展に貢献できると思うがどう考えているかについてですが、議員がおっしゃるとおり、農水産物の加工施設の建設によって雇用の促進や町の活性化に役立つと思いますが、第1の質問でお答えしましたように、基本的に、施設の建設は、販売力のある民間主導が望ましく、町内や町外企業との事業提携等を推進し、より多くの雇用の場が確保できる取り組みを展開していきたいと考えております。


 以上、第3の質問に対する答弁といたします。


○議長(山下正敏) 渡邊議員、3の1についての再質問はありませんか。


 渡邊議員。


○4番(渡邊知彦) 私は、大型施設の建設を推進する考えがあるのか。町長の今の答弁では民間サイドという、行政は余りとにかく公共投資、お金を出さないというように聞こえるんですが、そうでしょうか。それとも投資をする考えがあるんでしょうか。


○議長(山下正敏) 清水町長。


○町長(清水雅文) お答えします。


 先ほど答弁したように、やっぱり事業というのは民間が主体でないとこれはいかんと思います。もちろん町が主導でできるわけもないし。ただ、こういう施設、民間ともども皆さんがやる気があってやったら町の活性化になると、雇用の促進になるというすばらしいアイデアがあるならば、それはもう町として応援できる範囲でしっかりと対応していくのが町の姿勢でありますので、そういう形では渡邊議員の質問に対してはそういう形のとり方をしていただきたいと思います。


 以上です。


○議長(山下正敏) 渡邊議員。


○4番(渡邊知彦) これは、これだけ地域が疲弊し、雇用も若者も仕事がないといって地域から離れていく。それはですね、ひいてはこういう施設、3の質問にもありますけども、やっぱり地域の活性化というのは政治主導でやっていかんといけんと思います。それが、ただこういう経済的なことは民間、だったら国は今、安倍さんが総理になってからどんどんいろんなところに国のお金を投資して経済が活性化していきよる。だから、愛南町もやっぱり役場の職員がどうしたらいいかということを考えて、今、農林水産業にはいろんな各種団体、金融機関とか個人とかファンド、わかりますか、資金を提供して第6次産業というやつを発展させていこうということで、特に銀行なんかも積極的に1次産業に融資をしていく。それに僕は行政が乗っかってですね、地域の発展をすべきだと思うんですが、再度質問をします。


 思い切った公共投資を行う気持ちがあるのかないのか。


○議長(山下正敏) 清水町長。


○町長(清水雅文) お答えします。


 渡邊さんの言われる仕事ですけどね、やっぱりこういう事業、こういう企業をおこしたら愛南町の活性化になるという、そのアイデアそのものが、ただほたら町のほうでやるかといったら、そら私は無理やと思う。もちろん、今職員もしっかりと方々に走り回って、いろんな成功例なんかも研究しながらしっかりとやってくれております。ですけど、今ここの愛南町で果たしてどういう事業がここで成功するかというところまでは、まだ具体的なアイデアのところまでは至っておりません。


 ですから、愛南町の売りであります1次産業をされておる方がこういう事業、町にお願いしていろいろと支援をしてほしいというのであれば、そういう話にしっかり耳を傾けてやっていきます。そういう姿勢で町はおりますので、理解していただきたいと思います。


 以上です。


○議長(山下正敏) それでは、3の2についての再質問はありませんか。


 渡邊議員。


○4番(渡邊知彦) 先日、町長、それから商工観光課長と同席する会合がありました。一生懸命で町長はトップセールスをしておりました。私は、こういうところでの答弁というのは具体的に町長や職員がいつどこでどういうふうなことをしたかということを答弁にしていただければ、テレビも映っていますし、町民も町長もこんだけ頑張りよるんかなという気持ちにもなれると思います。


 私は、実はこの2番については、そういう意味も込めて中村県知事のことも例に出して、知事はいつもどこへ行っても報道陣がついて行ってすぐに報道されますけども、割に小さな町村はそういうことがされませんので、ぜひそういうことも心がけて、次からはそういうことも含めて答弁をしていただきたいと思います。


○議長(山下正敏) 町長の答弁は要りませんか。


○4番(渡邊知彦) はい。


○議長(山下正敏) それでは、3の3についての再質問はありませんか。


 渡邊議員。


○4番(渡邊知彦) 1のところでも質問いたしましたが、やっぱり若者が定着するためにはどうしても活性化をしなければならないと思います。先ほどの町長が経済発展、そういうことがあれば経済の発展につながると思うということはいいんですけれども、肝心の、今民間も大変、大手企業がお金を持って使わんということをよく言われておりますけれども、愛南町のような零細で本当に一生懸命で生産に取り組んでおる各種団体、生産者の方々は大変苦労をしておるから、そういうところにお金を使うというのは、無駄なお金と思いがちとは思いますが、私は公共投資をすればそれだけの見返りはあると思いますが、再度町長お答えを願います。


○議長(山下正敏) 清水町長。


○町長(清水雅文) お答えします。


 渡邊議員の質問をですね、しっかりと受けとめてやっていっているつもりなんですけど、これからもいろいろとやっていきますので、渡邊議員だけでなく、皆さんの議員のいろんなアイデアとかそういったものをいただきまして、それを組み入れた形でしっかりと取り組んでまいりたいと思っております。そして、愛南町の一次産業の発展のために、全力をかけていきたいというように思っております。


 いろいろとまた御支援いただいたら、御指導いただいたらと思います。


 以上です。


○議長(山下正敏) よろしいですか。


 次に、消防庁舎建設の用地についての理事者答弁を求めます。


 清水町長。


○町長(清水雅文) 第4の質問、消防庁舎の建設の用地について、1点目の5月1日に賛成しなかった議員に対して、町長や幹部職員が再提案に賛成するように個別に働きかけをしたことがあるかについてですが、今回の消防庁舎建設の場所の問題について、賛成していただけなかった方に、再度丁寧に説明申し上げ、御理解いただくようお願いしたことはあります。


 2点目の懇話会で結論が出された後で、民有地に賛成してほしいとお願いした理由は何かについてですが、平成23年11月の第5回懇話会で、御荘学校給食センター跡地を建設地とする意見を集約をいたしましたが、その後、御荘学校給食センターの取り壊しにかかる国庫補助金の返還等の諸問題が生じたため、議員全員協議会に諮り、平成24年10月の第7回懇話会で、建設地を見直しするとの結論になり、民有地を含めて代替地を協議した結果、国道に面し利便性の高い蓮乗寺のおっとろっしゃ市跡地を選定しました。現場の職員の意見も尊重し、純粋に立地条件を勘案した結果、ここがベストの建設用地であると判断したからであります。


 3点目の町有地を用地にした場合でも、事業費の差はわずかになると説明をしているが、具体的に面積、坪単価、土木工事、建築工事などの今まで候補地に上がった町有地との比較検討された資料を提示をしてほしいについてですが、お示しした資料のとおり、町有地を用地とした場合には、職員駐車場の確保、または関連する施設を整備するために、周囲の民有地を購入する必要があり、また、造成等の諸費用もかかることから、条件面ですぐれている民有地が建設用地としてベストであると判断をしております。


 以上、第4の質問に対する答弁といたします。


○議長(山下正敏) 渡邊議員、第4の1について再質問はありませんか。


 渡邊議員。


○4番(渡邊知彦) 町長や幹部職員があのとき反対した議員に賛成するように働きかけをしたことがあると答弁されましたが、その議員は、例えば私のところには反対したんですけどもありませんでした。特定の議員に説明をして、そして理解を求めた。あるいは後援会の組織を通じて、ついこの間選挙の応援をしてくれた後援会の皆さんに、議員に圧力をかけた、あるいは親族が役場の職員である議員のところには行った、私にはそういう情報が届いておるんですが、町長はどういう議員に説明をしたのか。反対議員、手を挙げなかった議員9人おるんですけども、9人全員に丁寧に説明したんか。少なくとも私には十分な説明はありませんでした。その答弁を求めます。


○議長(山下正敏) 清水町長。


○町長(清水雅文) お答えします。


 渡邊議員も政治というのは知り尽くしておる方でありますので、言う必要はないと思いますけど、やっぱり議会もそうですし、政治というのは数の力という部分もあります。ですから、どうしても議決をしてもらうためには、やっぱり過半数というのはこれどうしても要ることですから、過半数になるような説明をして回るのはこれ当たり前のことやないかと思います。そういう意味で私はしました。


 以上です。


○議長(山下正敏) 渡邊議員。


○4番(渡邊知彦) あと、一般質問の通告書によりますと、宮下議員からもこの件に関して質問が出ておりますが、今、町長がやっぱり政治には裏も表もあるというような、私は裏があったらいけんと思います。これは政治の基本です。だから、その議会が一旦5月1日に否決したことを、修正もなしに出す、それも町長が説明をするのに今度の、今議会の提案がされておりますけども、一般会計8億の補正の中に1億のまた用地買収はそのままそっくり入っておる。やっぱりこれは、ちょっと今の答弁では私は納得できんのですけど、余り何か町長の考えを押し通すためにある議員のところに行って賛成をするようにすると。これは、やっぱり民主主義のルールに反する、やっぱり反対者の意見も十分に聞いて、再度検討をすると。で、全議員協議会のときにも3カ月余裕はないのかということを提案しましたが、答弁は主に消防長、消防職員の関係の答弁ばっかりやったですが、やっぱりこんだけ大きなプロジェクトをするのには、本当に住民が何を望んでいるか、そういうことをやっぱり考えて、特にこの答弁、職員は今の答弁では、職員は最初、消防署の職員は給食センターに決まったら、同僚議員に聞きますとあそこが最適、早くあそこやってくれと。そういうふうな話をしておったのが、今度はがらっと変わってあれが蓮乗寺の提案された土地がええとのそれ一点張り。その間に消防長もかわってはおりますけども、このことは大事な基本的なことじゃないかと思います。町長のもう一遍答弁を求めますが、この個別に働きかけをしたということに対して、したことに対して、何かじゃあ具体的に何人の議員にしたんでしょうか。


○議長(山下正敏) 清水町長。


○町長(清水雅文) お答えします。


 何人にしたかはちょっと覚えていません。


 以上です。


○議長(山下正敏) 次に、4の2の質問について、再質問はありませんか。


 渡邊議員。


○4番(渡邊知彦) 先ほど第5回の懇話会で結論が出された後で、この御荘給食センター跡地にそれを消防庁舎を建設すると1,000万近い返還する補助金の返還する金額が出たから検討をし直したと、こういうことでございました。


 それともう一つあるんやないですか。津波が来る可能性があるということが話題に出たのやないですか。実は、ついこの間愛南町が津波でつかるところが愛媛新聞に出ております。旧御荘町の給食センターは全然これでは津波がこないようになっております。町長の説明では津波が来る可能性がある、それから補助金の返還もせんといけん、それが後から出てきたと。提案した後でこんなことをする、何か後で後でになってですね、こういうことが結局懇話会を15人の委員が7,000円ずつ日当を払って、1回開かれるごとに15人来れば10万5,000円の費用が要りよる。そういうことが、町が研究不足のために必要な時間がかかり必要な経費がかかる、そういうふうに受けとられます。


 私の手元には、もっと研究をしなさいという投書が来ております。給食センターの用途廃止ということは、これはいろんな合併すればいろんな施設が不要になる、学校でもそうです。役場の庁舎でもそうです。もちろん給食センターとかそういうふうなのが統合されて廃止になる。そしたら、合併して合併債を、特例債を出すからいろんな事業をしなさい。当然学校給食センターも新しく建てたところもより便利な大きな合併した給食センターを建てる。そのときに残った金を払えというのはこれ国がおかしいんです。


 それで、ここのこの調書には、補助金は返還しなくてもよいと思います。給食センターの廃止で補助金の返還になることは、よく調査をしてはいかがでしょうかという補助金はそんなことで、1,000万近い補助金は返還する必要はないと、こういうふうな、相当行政通の人だろうと思うんですけれども、ここに来ております。そのことについて、町長、あれですか、もっと研究したんですか。そのかわる、補助金を返さんといけん。ただ上のほうから言われて、はい、そうですかと言って丸のみして懇話会に諮ったんですか、それとももっといろいろ研究してやったんですか。その懇話会の、私は、ちょっと懇話会の持ち方というのがおかしいと思う。


○議長(山下正敏) 清水町長。


○町長(清水雅文) お答えします。


 その件については、県のほうにしっかりと問い合わせをして、そして県のほうからの回答をもとにそういう形にとらせていただきました。


 以上です。


○4番(渡邊知彦) わかりました。


○議長(山下正敏) 続いて、4の3についての再質問はありませんか。


 渡邊議員。


○4番(渡邊知彦) きょう、ここで初めて机の上に建設候補地の比較ということで資料が出ております。蓮乗寺地区と緑地区です。先ほど言いました御荘地区、給食センターの比較は出ておりません。私はこの間、議員協議会で、今まで候補に上った候補地の比較検討をしてくれというお願いをしたんですが、この議会が開かれるまで何も答えもなかって、いきなりここにテーブルに置いてありました。


 これを見ますと、町の持ち出しというのはですね、例えばここであれしますと、蓮乗寺を買うた場合に3,600万町実質負担額、候補に挙がっております緑地区の給食センター跡ですと2,150万町実質負担額ということになります。これ単純に計算しても、1,500万緑地区のほうが安い。それから、私、もう一つ必要だったのは御荘地区も比較検討していただきたかったんですけども、資料がありません。


 単純に考えたら、1,500万町が負担をするだけやけん利便性のいいところでいいんじゃないかと思いますけども、例えば民有地を買いますと広い面積があります。6,600平米。町は固定資産税がずっと入っておるんですよ。それを買うとまず固定資産税が入らない。それから、あの用地は、今、民間業者が持っておりますけども、あれはもともとほかの業者があそこにパチンコ店を建設しようという計画があったときに、それは地元の業者が同業者が来たら大変だからということで先行投資をして買うた土地なんですよ。それが、本来から言えば町民のため、町のためにその土地を業者が買わなくて、進出してこようとするパチンコ業者が買うたとします。そしたら、そこにパチンコ店が建てる、固定資産税が入る、そして、パチンコ店が開業する、10人か20人か雇用の促進が生まれる。私はパチンコをしませんけども、パチンコの愛好者は、こっちの店がきょうは入らんけん、ちょっと隣の店に行くかと、こういうふうな一つの安らぎにもなり、パチンコせよという意味やないんですよ。その愛好者は安らぎにもなる。今でも宿毛や宇和島のほうに愛好者はよく行きよるということを聞くんですけども、そういうふうな長期で眺めると1,500万や200万の町の持ち出し、それだけで済まんと思うんですよ。そういうことも行政は総合的に考えてやっていただきたいと思いますが、この民有地、今いろいろ答弁もありましたけども、また提案されておりますので、またそのときに討論等でいろいろ検討させていただきたいと思います。


 これは町長、もう答弁は要りません。


 以上です。


○議長(山下正敏) これで、渡邊議員の質問を終わります。


 次に、草木原議員の質問を許します。


 草木原議員。


○3番(草木原由幸) おはようございます。


 私は、先の選挙において愛南町全域を回り、特に目についたことと強く気にかかる二つの項目について質問をいたします。


 まず1点目、遊休町有地の利活用について。


 厳しい雇用状況、景気の低迷が続く南予地域、そうした中で本町の2040年の人口は、新聞報道によりますと半減する見込みであり、県下20市町のうちでは、久万高原町に次ぐ危機的な数字であり、これは景気の低迷に追い打ちをかけるものと推察しております。


 そうした状況に対し、抜本的な対策は見えておりません。大々的な民間投資の見込みは望めず、町長の言われる活力と希望のあるまちづくりの推進とは乖離するばかりではないでしょうか。


 そうした中で、際立って目につくのが、使用されなくなった学校・保育所・支所・給食センター跡地など、地域の拠点に位置するこのような町有地を地域の活性化につながる、利活用方策をどのように考えているのか、次の3点について伺います。


 まず1点目、休廃となった学校・保育所、各校、各所ごとの現況と今後の見込みについてお尋ねします。


 2点目といたしまして、内海支所跡地及び各給食センター跡地の利活用の見込みについて。


 3点目、町民の声が反映できる検討委員会の設置が必要ではないか。以上、3点についてお尋ねいたします。


 続きまして、空き家、廃屋対策について。


 本町でも空き家の増加が目につき、今後も一段と加速されるのではと憂慮しております。そうした中、他に危険を及ぼすような状態でありながら解体されない廃屋が散見されており、その地域のリスク要因となっていると思われます。


 また、活用可能な空き家は、Uターン、Iターンの受け入れ等で効果的に利用すれば、地域の活性化に資するケースも考えられます。


 豊かな自然を後世に残すという町長の考えからも、空き家、廃屋の状況把握は重要であり、近年規制が厳しくなり解体費用が高額となり、そのまま放置されている事例が多発しており、対策すべき時期と考えます。


 そこで、次の点について伺います。


 1、解体処分費の助成を検討すべきではないか。


 2番目に、空き家台帳の整備の必要性をどのように考えているか。


 以上であります。


○議長(山下正敏) ただいま草木原議員から答弁分割での質問がありました。


 初めに、遊休町有地の利活用について、理事者の答弁を求めます。


 清水町長。


○町長(清水雅文) 草木原議員の質問にお答えします。


 まず、第1の質問、遊休町有地の利活用について、1点目の休園、廃校となった学校、保育所の各校ごとの現状と今後の見込みについてですが、学校施設については、統廃合により昨年度末までに廃校となったのは、小学校が、魚神山、深浦、満倉、西浦、赤水の5校、そして中学校が、僧都、中浦、西海、福浦の4校となっています。そのうち、中浦中学校は中浦小学校が移転し、僧都中は僧都小学校で利用しています。深浦小については、あいなん幼稚園として、西浦小については、地域産業研究・普及センターとして活用するなど、施設の有効利用を積極的に行っているところです。


 また、満倉小については、現在、校舎の一部を現状利用した子ども支援センターとして活用しており、今後、グリーンツーリズム体験の受け入れなど、体験型の交流施設としても活用する方向で検討しています。


 現在、活用方法が決まっていないのは、魚神山小、赤水小、旧中浦小、西海中、福浦中の5校でありますが、耐震基準を満たしていない、赤水小、旧中浦小、そして福浦中の3校については、財政状況を見ながら予算の許す範囲で解体撤去していかなければならないと考えています。


 保育所施設については、統廃合により昨年度末までに魚神山、菊川、赤水、中浦、東海の5園が廃園、そして満倉、久良、正木の3園が休園となっています。廃園した5園については、魚神山保育所は老人福祉センターとして活用しており、菊川保育所については医療法人岡沢クリニックに売却済みであります。赤水保育所については、株式会社季節園に貸し付けをしています。中浦保育所については、地元と協議した結果、必要ないとの回答を受けているため、建物の状態を確認の上、貸し付けするか取り壊しの上に売却するか検討中です。


 今年3月末をもって廃園となった東海保育所は、地元地区よりお年寄りを中心としたふれあい及びコミュニティの場として定期的なサロンの開催などに利用したいという申し出があり、国に用途変更の申請を行っており高齢者福祉施設として使用する予定であります。休園となっている3園については、満倉及び正木保育所は地元地区より利用希望があり、使用とあわせまして管理をお願いしております。なお、正木保育所の用地の一部に地元から要望がありました消防詰所の建てかえをいたしました。


 また、久良保育所は地元地区等からの利用希望がなく、保健福祉課で管理をしております。今後とも、未利用の施設については、積極的に有効活用を行っていきたいと考えていますが、学校や保育所施設は地元に根づいた公共性の高い施設であることから、跡地利用が長期に及ぶことなども想定しますと、相手先や利用目的を十分に検討した上で、今後の利活用を推進していく必要があると考えております。


 2点目の内海支所跡地及び各給食センター跡地の利活用の見込みについてですが、内海支所については、内海村時代からの多くの書類を保存する必要がありますので、現在は書庫としての利用をしていますが、将来的には地域の皆様の意見を聞き、建物の状態を確認の上、取り壊しをする必要があると考えています。跡地の利活用については、その際検討をさせていただきます。


 給食センター跡地については、愛南町学校給食センターの完成に伴い、昨年度末で、内海、御荘、城辺、一本松の4カ所の給食センターが閉所となりました。各給食センターの跡地の利活用を図るに当たっては、学校給食施設として、文部科学省が指定する財産処分手続が必要となります。国庫補助を受けて整備した建物等を財産処分する場合、その後の活用の仕方によって、国庫補助金の返還や、返還相当額の基金積み立てが必要となる場合がありますので、現在、その詳細や処分手続方法等について、愛媛県教育委員会に照会しているところでありますので、その結果を受けて今後対応したいと考えています。


 3点目の町民の声が反映できる検討委員会の設置が必要ではないかについてですが、平成23年度に、町職員で構成をした未利用財産検討会において、現状と利活用等の検討を行い、平成24年度には、町ホームページと広報誌を活用し、未利用財産の利活用希望調査を行っております。未利用財産については、教育財産と保育所財産が多くを占める状況ですが、これらの施設については地元とのつながりが強いため、地域住民や町民の利用を最優先にしたいと考えています。このように、未利用財産の利活用については、現在も住民の皆様の御意見に配慮をしておりますが、検討委員会の設置については今後の課題とさせていただきます。


 以上、第1の質問に対する答弁といたします。


○議長(山下正敏) 草木原議員、1の1についての再質問はありませんか。


 草木原議員。


○3番(草木原由幸) 1の1につきまして、一覧表の提示をしていただいておるんですが、かなりの数に及んでおりますし、中には活用されて、利活用が十分にされている例も少なくはないのですが、やはり学校・保育所、占める面積が半端ではないですし、保育所・学校といいますと、その地域のいい場所に設置されているのが常でありまして、これをどのように活用していくか、今後の地域の活性化につながるものとして、大変重要なことだと考えておるんですが、そうした中、私、耐震工事の有無もわかればと思いまして、一覧表の中に入れていただいております。


 耐震工事が始まったのは大きな災害があったり、東南海地震の危機的な話が話題に上り始めてからのことであり、この工事事態、国庫補助金が入っているだろうと推察するんですが、そうしたときに、補助金の返還というふうなことがもし耐震工事を実施しておる学校、保育所ではないようなんですが、では、解体がしばらくできないというようなことになるのか、こういうふうに休校・廃校になったところは解体工事しても補助金返還は伴わなくていいのか、そこらあたりはどうなのか。そして、各学校にはグラウンド、体育館、そういうのがそれぞれついておるわけなんですが、そこあたりが町民の方、結構高齢者の方、社会体育活発にやられておるんですが、そういうことへの貸し出し、そういうふうなことがスムーズに行われているのか、とりあえずその2点についてお答えを願います。


○議長(山下正敏) 浜田学校教育課長。


○学校教育課長(浜田庄司) お答えいたします。


 閉校となった学校の耐震工事等で補助を受けていると、それを解体する場合に補助金の返還等についてということでございますが、国庫補助を受けて整備した財産を処分する場合に、補助金適化法第22条の適用になってまいります。それで、処分制限期間内に行った場合には、有償で利活用する場合につきましては、補助金、補助事業終了後10年未満であれば国庫金の返還、償還を見込んだ分の返還ということになります。


 それと、あと10年以上経過しているものにつきましては、返還相当額を基金積み立てという形になっております。


 そして、処分制限期間が過ぎたものにつきましては、特にそういう形のものは発生しないという状況になります。


 以上です。


○3番(草木原由幸) 社会体育への提供状況。


○議長(山下正敏) 浜田学校教育課長。


○学校教育課長(浜田庄司) 閉校した学校の社会体育への活用なんですけども、一応、体育館等につきましては、地域住民の方に活用をしていただいております。グラウンド等につきましても、同じく活用をしていただいております。


 以上です。


○議長(山下正敏) 草木原議員。


○3番(草木原由幸) 社会体育への活用、十分にされているというような答弁を今お聞きしたわけなんですが、私が耳にしておるところによりますと、中浦小学校体育館、耐震工事はされてないということで、中浦中学校に移転するまで小学生は体育館を利用していたわけなのですが、耐震に問題があるということで、社会体育には提供されていないというふうに耳にしておりますが、これなんかやはりああいう地域、結構御荘の中心部とも離れておりますし、高齢者が利用するようなスポーツの種目において、ぜひあそこが何とかならないかなとかいうような話も耳にしたことがありますが、それなりに利用できる状態への補修、そうかからんのじゃないかなと私なりには思ったりするんですが、そこあたり、全てが今の答弁では利活用できておるような答弁でしたが、そういうところもあるやに聞いております。


 それから、この私がいただいた一覧表には載っていないのですが、合併前に既に廃校となっているからだろうとは思うんですが、やはりこれ、町有地で残っておるところに、武者泊の学校跡地、樽見の学校跡地、西浦中学校跡地、町有地として残っているはずなんですが、ここの利活用か今の現況についてもお知らせをいただきたいと思います。


○議長(山下正敏) 浜田学校教育課長。


○学校教育課長(浜田庄司) 先ほど草木原議員が申されました学校につきましては、現在、普通財産として管理をしているということでございますので、ちょっと今回の中には含めさせていただいておりません。


 以上です。


○3番(草木原由幸) 中浦小学校の体育館の活用状況、耐震ができていないというので開放されていないということを聞いたのですがということに関して。


○議長(山下正敏) 浜田学校教育課長。


○学校教育課長(浜田庄司) お答えいたします。


 先ほど町長のほうからもありましたけれども、未利用の施設について、平成23年の6月に職員で検討しておりますけども、そのときの検討結果といたしましては、今御指摘のとおり、中浦小学校の体育館につきましては、耐震性がないということで、今後、取り壊しをすべきでないかという検討結果になっております。


 以上です。


○議長(山下正敏) 草木原議員、1の2について再質問ありませんか。


 草木原議員。


○3番(草木原由幸) 内海支所跡地は現時点では書類の保管庫として利用されて、今後、どのようにするかはまた検討していくということでしたが、検討方法についても今後の課題であるというふうな答弁でしたし、それはそれで解体するにしても支所の解体なんかかなりの高額経費が必要となるので、十分に熟慮する必要があろうと思うんですが、給食センター、内海と御荘なんかは結構新しいんですよね。給食センターとして再利用、あの施設を利用できるような方策、そこらあたりはあるのかないのか。西海のセンター跡地は、今現在どのようになっているのか。


 ここらあたり、次の3点目の検討委員会の話とも重複するんですが、職員サイドだけで検討したというようなことでしたが、町長の答弁の中にも地域の住民の意見を酌みながらとか、いろいろな話で、町長の信条である町民に対して公正公平な町民サイドに目線での行政をというようなことを言われておるのであれば、やはり町民の声を聞く場というのは23年にできておるからでなくて、やはり2番の設問に関しても、そういうふうな機会を既にやるべきだったんじゃないのかな。ただ、時間が経過して古くなっていくだけで、もっと早かったら利用できたんでないかというような話が出てくる可能性もなきにしもあらずと思うんですが、どのように理事者としては考えられておりますか。


○議長(山下正敏) 清水町長。


○町長(清水雅文) お答えします。


 草木原議員の言われることですけどね、どの施設も給食の施設としての厨房機器等はそろっておりますので、それも有効活用することがこれ一番だと思います。ですから、それを利用するところがないかということを当たりまして、町民の方で利用されると、使いたいというところがあれば、もちろんそれを積極的に使っていただいたら一番いいと思います。もしそれでも、公募してないんであれば、中の機器とかいろいろ利用できるものは利用するようにして、そういう形で後のことは考えていきたいというように思っております。


 以上です。


○議長(山下正敏) 1の3について再質問はありませんか。


 草木原議員。


○3番(草木原由幸) 2番目でも若干触れましたが、やはり町長答弁、今も住民の方々の意向を聞きながらとかいうような話がありながら、検討委員会は町の職員だけで立ち上げて検討しました。ちょっと言われることと実施されることが違っているんじゃないかなと思うんですが、町民の声を広く聞く、よく聞く、そのためにもこのこういう本当に町全域にかかるようなこういう町有地の有効利用、利活用、こういうことに関しては、広く意見を聞くためにも町民の声が反映できる、そういう町内全域からそういう声が反映できる委員会、そういうのを考えていくべきだと思うんですが、理事者としてどのように思われますか。


○議長(山下正敏) 清水町長。


○町長(清水雅文) はい、お答えします。


 議員言われるのももっともですけど、そこまで必要はないんじゃないかと思います。しっかりした皆さん、よく知っておられますので、こういう施設を利用する方はないですかという公募をかけたら私はそれでいいと思います。そして、それでもし公募をかけてあるんであれば、皆さん、日程を決めてまた見学してもらって、どこで使うかという方が出ていただければ結構なことでありますし、さっきも答弁したように、もしなかった場合には、中の利用できるものを、あと新しい給食センターとかまたほかの施設等でできるものは全て利用して、そして最後にはあと使えない、使わないであれば取り壊すということもまた検討せんといけんのではないかと思っております。


 そういった意味で、検討、委員会までは立ち上げる必要はないと、要らないんではないかと思います。


 以上です。


○議長(山下正敏) 草木原議員。


○3番(草木原由幸) その必要はない、端的に言えばそういう答弁であったわけなんですが、その必要は私はあると思います。やはり、今、申し込みがあっていろいろ利活用されておる事例についても、やる気がある民間の方の申し込みがあって、それから検討する。そういうことで利用されておる校舎の跡、保育所の跡地なんかもあるわけなんですが、どういうふうな現状になっているか、町民全体に現況こういうことであり、施設的にはこういうふうになっているが、利活用の希望はないのか、そういうふうなことをどういう部分、私なんかも一般の方よりは少しは詳しいかなと思いながらも、この一覧表を見ますとこんなにあるのかと思うような状態なので、もっと情報開示をして、特別な検討委員会をつくらない考えであれば、本当に広く町民に現況を知ってもらう必要があると、それは確実に私は思うんですが、理事者、それについてはどう思われますか。


○議長(山下正敏) 清水町長。


○町長(清水雅文) お答えします。


 言われるように、広く町民に広く周知して、そしてその後のことは決めていったらいいと思います。


 以上です。


○議長(山下正敏) 次に、空き家・廃屋対策について、理事者の答弁を求めます。


 清水町長。


○町長(清水雅文) 次に、第2の質問、空き家、廃屋対策について、1点目の解体処分費の助成を検討すべきではないかについてですが、廃屋等の処分については、個人の所有物ですので、基本的にはその所有者が適正に管理すべきものでありますが、所有者が死亡したり、遠隔地に住んでいたり、管理が十分できない空き家もこれからは増加するものと考えております。


 本町としましては、この問題を大きな地域課題と位置づけ、対策に乗り出しているところであり、先日開催されました愛媛県知事が本部長を務める県・市町連携推進本部会議において、この空き家・廃屋対策を新たな連携施策のテーマとして本町から提案を行ったところであります。


 今後は、同様の問題を抱える県下の他市町と連携し情報交換をしながら、解体処分費の助成等を含め、空き家・廃屋の適正な管理のための条例等の整備、新たな施策に向け協議を行っていくこととしております。


 2点目の空き家台帳の整備と必要性をどのように考えるかについてですが、活用可能な空き家については、Uターン、Iターン者への支援を図る上で有効であり、必要と考えておりますので、平成19年に定めた愛南町空き家・遊休農地情報バンク要綱により、引き続き、情報収集に努めてまいりたいと考えております。


 以上、第2の質問に対する答弁といたします。


○議長(山下正敏) 草木原議員、2の1について再質問ありませんか。


 草木原議員。


○3番(草木原由幸) このことに関しては、県と一緒になり、県下を上げて対応していくということなんで、ぜひ前向きの検討をお願いしたいと思うわけなんですが、県下の状況をいろいろ勘案しとか、実情を見るとか言われるより、既に四国内、徳島でこういうことを積極的に実施、既に施行している市町がもう幾つもあります。そちらのほうを参考に、いろいろ研修していただいたらと思います。


 答弁は要りません。


○議長(山下正敏) 続いて、2の2について再質問はありませんか。


 草木原議員。


○3番(草木原由幸) 空き家台帳整備の必要性ということに関しては、理解されているというような答弁と受け取ったわけなんですが、こういうことに関して情報収集に努めると言われましたが、この空き家・廃屋対策、これは担当課はどこで、どういう手法で情報収集に努められるのか、具体的にお答え願います。


 答弁が出ておるんですけん、それなりの責任ある答弁をした方がおられるはずですがね。


○議長(山下正敏) 木原企画財政課長。


○企画財政課長(木原荘二) お答えいたします。


 企画財政課が移住促進の担当をしております。利用できる空き家、また利用を可能とする所有者がおられる部分についての空き家については、私のほうが担当をして現在その移住促進も兼ねながら、ホームページ等でそういう情報を提供したり集めたりさせていただいております。


 その廃屋の部分については、ちょっとうちのほうの空き家とはまた観点が違うと思いますので、その点、どちらか。一応、企画財政課の移住促進のほうの空き家については、そういう状況であります。


 以上です。


○3番(草木原由幸) 廃屋はどないなんですか。


○議長(山下正敏) はい。中川総務課長。


○総務課長(中川治雄) お答えします。


 廃屋については、今皆さんが言われたように指さし合いしよるって言うたように、いろんな課にまたがっております。それが廃屋について、先ほど町長が県のほうの県・市町の連携にうちのほうから議題を持って上がっております。それで、一応まとめとしてうちのほうが今、その条例化に向けて検討して、県のほうに働きかけて進めているところでありまして、今言う廃屋の住居を把握しておるかとかっていう話になると、今はまだとっかかったところで、どこがどういうふうな格好でやっていくのかというのも含めて、そういう検討をしていく予定にしておりますので、それぞれ環境衛生課もありますし、財産管理課もありますし、それぞれの商工観光課等もあって、その分の取りまとめは今やっているところでありまして、まだ廃屋の台帳とかというところまでもいってないのが実情でございます。


 以上でございます。


○議長(山下正敏) 草木原議員。


○3番(草木原由幸) 状況は理解できました。ただ、情報、廃屋、空き家はそれなりにスムーズに把握されておるようですが、廃屋となりますと、これそこらあたりの資料収集、なかなか大変なことじゃないかなと思う部分もあるんですが、それをどんなふうにやっていくのか。


 私、2年ぐらい前に過疎対策とかなんとかのことで話したときに、そちらのほうから集落支援員とかいう名称が出てきまして、これの取り組みについて研究をし、先進地を視察し、本町に合った制度などは考えていきたいと。もしそういうことが進んでおれば、こういうことの情報収集もかなりスムーズに進むんじゃないかと思うんですが、そこらあたりとか公民館、一番地域に根差しているのは公民館かな、行政協力員さんかな、いろいろ考えられると思うんですが、いろんなことを勘案していただきながら、スムーズな情報把握ができるように努めていただきたいと思うのと、もう一点、空き家・廃屋、固定資産税の関係なんですが、土地ですと何年かごとに評価替えというのがありますし、私も30年ほど前に税務課に所属していたこともあるんですが、家屋の再評価というのは余りやられていない。空き家・廃屋、極端にこれ評価が変わってくるはずなんですが、そこの再評価は実施されているのかいないのか、今後どのように考えられるのかをちょっとお尋ねします。


○議長(山下正敏) 山田税務課長。


○税務課長(山田智久) お答えします。


 固定資産の再評価が廃屋に関してそういう一定の落とすとかいうことは、今のところしておりません。今後、どうするかというのは、まだこの場では言えないかもしれないんですけど、検討の余地はあると思います。


 ただし、その廃屋が、どこが廃屋であるという場所がわかったときに、全体含めてやっていかんといけんだろうと思っております。


 以上です。


○議長(山下正敏) 木原企画財政課長。


○企画財政課長(木原荘二) お答えいたします。


 地域支援員のお話が出ておりました。この件につきましては、私もこの議会、議場の中でそういう質問があった記憶をしております。それで、企画財政課としてどのような取り組みをしてきたかということにつきましては、行政協力員さんを通じて、例えば県のほうが推進しております清掃や地域の祭り等にボランティアを求める、例えばそういう協力できる企業や団体の登録があります。そういう利活用をされる行政区がないかというような問いかけをしたところ、実際にそういう要望のケースがなかったというようなこともあって、具体的な活動に至っていないというのが現状であります。


 ただ、今年度、実は先ほど1の質問の中でもあった県と市町との連携推進本部の事業として、過疎地域を限定して集落実態調査を行おうということになったようです。その中で、現在のその集落の現状であるとか課題、あるいは要望等を的確に把握をさせていただいて、それを県下同一の視点でどのように取り組むことができるかといった調査を行う予定になっておりまして、愛南町でも行政協力員さんに御迷惑をかけるんですけど、そういった調査をさせていただくような予定にしております。


 以上です。


○議長(山下正敏) これで、草木原議員の質問を終わります。


 暫時休憩いたします。


 午後1時半から再開いたします。


             午前11時40分 休憩


          ―――――――――――――――――


             午後 1時30分 再開


○議長(山下正敏) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 次に、宮下議員の質問を許します。


 宮下議員。


○15番(宮下一郎) 議席番号15番、宮下一郎です。先ほどから渡邊議員、草木原議員の質問と一部重複する部分もありますが、通告書に従って質問させていただきます。


 1、議決の効力について質問させていただきます。


 先月、5月1日開催された第2回臨時会、第52号議案、平成25年度愛南町一般会計補正予算(第1号)は、賛成少数により否決されました。否決された内容は消防庁舎建設にかかわる土地購入費1億円であり、他の補正予算について反対する議員はいなかったのではないかと考えます。


 町議会議員選挙改選後半月と間もない臨時会で、町民より信託を受けた各議員の熟慮された判断による採決の結果で、大多数の住民の意思を町政に反映さすために、議会が議事機関としての役割を努めた証であると、私は受けとめております。


 そこでお伺いします。


 1、議会の議決権、議決の効力について、町長はどのように考えているのかお尋ねをいたします。


 2、公有財産購入費など重要な議案を、他の予算と抱き合わせしないで、別々に審議できるように配慮していく考えはないかお伺いいたします。


 2、新旧給食センターについてお尋ねいたします。


 4月1日から新給食センターでの業務がスタートし、1カ月が経過しました。統合前は小規模校の児童にきめ細かな意見など聞いて対応できていたことも、統合してきめ細かな食材の量など、難しい問題点も起きてくると考えます。また、この施設建設中に、工事中に非常に多くの箇所の変更が発生しましたことは、皆様まだ記憶の中に生々しくありますが、原因は設計者か、発注者かはきょうはともかくとしておきます。完成した施設の仕上げ面に異常な箇所がやがて発生してくるのではないかと心配をしております。これは、施設の視察研修に行ったときに、私はそれを感じておりましたので、こういう質問書を書かせていただきました。


 また、複雑な機械器具に職員が十分対応できているのか、児童の食の要である給食センターなので、特別に心配し安心・安全確認を心から願い、お伺いをいたします。


 1、きょう現在で各学校、幼稚園、保護者から意見を含め改善要望があったか。以前よりよくなったと喜ぶ報告などあったかお尋ねをいたします。


 2、きょう現在で建物内外の表面、床、壁などに目視できる範囲で異常な状態の発生はしていないのかお尋ねいたします。


 3、現場職員は複雑なあの大規模な機械器具などに十分対応できているかもお伺いいたします。


 4、機械器具メーカーの安全対策点検契約内容をお伺いします。


 5、これ視点は変わりますが、給食センターの今後の施設有効活用についての考えをお尋ねいたします。


 以上、2項目7問について質問いたしました。理事者におかれましては、明快な答弁を求めます。


○議長(山下正敏) 宮下議員から、答弁分割での質問がありました。


 初めに、議決の効力について理事者の答弁を求めます。


 清水町長。


○町長(清水雅文) 宮下議員の質問にお答えをします。


 まず、第1の質問、議決の効力について、1点目の議会の議決権、議決の効力についてどう考えているかについてですが、議会の議決の効力については、その議決が地方公共団体の意思決定となるものであり、議事機関として最も重要な権限であると考えています。


 2点目の公有財産購入費などの重要な議案を、他の予算と抱き合わせしないで、別々に審議できるように配慮していく考えはないかについてですが、本来、予算は、一会計年度内における一切の歳入歳出を全て一つの予算に計上して、総合的・統一的にこれを把握し処理すべきと規定されています。


 ただし、補正予算については、調整時期が単一でないことから例外的に認められておりまして、その観点からも、特段の事情がない限り、分離提案することは考えておりません。


 以上、第1の質問に対する答弁といたします。


○議長(山下正敏) 宮下議員、1の1について再質問はありませんか。


 宮下議員。


○15番(宮下一郎) ただいま町長より的確な答弁を受けて、答弁を繰り返しますが、その議決が地方公共団体の意思決定となるものであり、議事機関として最も重要な権限であると考えているという答弁でございました。


 しかし、そのように言われながら、5月1日臨時会で否決された補正予算、土地購入費1億円が一部修正もされずに本定例会に議案提出されていることに、答弁の内容に反すると思いますが、いかがお考えか再度お伺いいたします。


 また、町長には議決の効力を停止させる権限が与えられていますが、町長の考えは議会が行った議決について、不当なものであるとか違法なものであるとかなどのどの部分に当てはめて考えておられるのかお尋ねをいたします。


 今現在、これは勉強不足で町長にお尋ねなんですが、今現在議決の効力を停止させる権限を施行されていると判断をしてもよろしいか、お伺いをいたします。


 以上、再質問です。


○議長(山下正敏) 清水町長。


○町長(清水雅文) お答えします。


 最初の質問ですけど、再度提案したのは、臨時議会のときにも質問もあったと思いますが、新人議員も3人おられると、また説明不足ではないかという意見もあったと思います。私としては、それも確かにあったかなと思っております。その点については、また皆さんに対して全員の方に説明不足であったというように思っております。そういうことで、再提案させてもらったわけなんですが、ただ、自分は何度も言いましたように、ここの点に一番建てるのが一番いいと、ただ一点、自分の考えは町のため、町民のためにどうするのが一番いいのかということだけしか考えていません。その結果として、あそこしかないという判断のもと、提出権がありますので、その部分を行使させていただいたというわけです。


 いろんな面を考えても、もうあそこしかないという考えのもとでそこにさせていただいて、こうして提案させていただいたわけです。


 また、最後の質問ですけど、停止というのは全然私としても考えておりません。


 以上です。


○議長(山下正敏) 宮下議員。


○15番(宮下一郎) 今、町長からも学んだ部分もあるんですが、どうにも理解に苦しむんですよ。この執行機関に対して、議会議決に基づく執行と適正な行政が行われていることを常に監視する議会の役割、その意思決定機関である意思を無視という言葉は適切でないかもわかりませんが、結果的に無視されたような状況に私は自分で陥っております。


 先ほど同僚議員の質問にもありましたが、町長お答えになりました個別に訪問したようなことを行動に起こして町長からの答弁でしたが、原案をそのまま提案、また再提案することは、私たちたびたび使う言葉で気に入らないかもわかりませんが、まさしく議会軽視の結果になっているように、私は感じております。


 あえてきつく言葉を使いますと、昔の殿様が権力の乱用をしたようなことに考えれるような、私だけかもわかりませんが、それに近いんではないようなことを感じるわけです。その辺を町長の考えをお伺いいたしますが、住民投票などを用いて決定する方法もありますが、そのような考えもあるのかないのか、改めてお伺いをいたします。


○議長(山下正敏) 清水町長。


○町長(清水雅文) お答えします。


 議会軽視になっていると感じていると、宮下議員はそういうふうに感じていると言われました。そして、権力の乱用ではないかというように発言されましたが、自分としては結果的にそういうように議員各位において、おのおのの方でそういうふうにとられる方もおるかもわかりませんけど、私としては、何度も言いますけど、100年、200年、500年先の人が、ここに建って本当によかったねと私は必ず言ってもらえるというそういうふうな確信を持ってこういうような判断をさせていただいております。


 ですから、皆さんの中ではこれはやっぱり議会軽視ではないかと言われるかもわかりませんけど、自分としては例えそう思われることがあったとしても、これはやっぱりそこしかないんだという思いでさせていただきましたことを、それは皆さんに理解をしていただきたいと思っております。


 そして、住民投票を考えているかと言われますけど、前も言ったと思いますけど、無線のデジタル化の件についても、仮に今の消防庁舎に建てますと新しい消防庁舎ができた所に移転するとなると、それだけで町の持ち出しが5,000万近い、5,000万という金が要ります。それは大きな無駄にもなりますし、いつ来るかわからない南海トラフの巨大地震に備えるためにも、早急にこれはなすべき仕事ではないかというように考えておりますので、御理解をいただきたいと思います。


 以上です。


○議長(山下正敏) 宮下議員、1の2について再質問はありませんか。


 宮下議員。


○15番(宮下一郎) 答弁をちょっとまとめたいんで。


 先ほど町長、答弁されましたように、補正予算は例外的に認められているし、特段の事情がない限り分離提案することは考えていないと言われましたが、私は特段の事情に陥っていると思っております。


 何回も皆さんが質疑繰り返しておりますが、この消防通信デジタル化の移設工事などのさまざまな問題点を総合的に考えますと、消防庁舎建設は早く着工できるように我々議会も職員も知恵を振り絞って急ぐ必要は、この認識についてはこの建設にかかわる皆様、みな共通していることと認識しております。


 そのために、まず場所決定が当然急がれます。一番しょっぱなに場所が決まらないと、本当の設計プランもできませんので、場所を決める必要が本当にあるわけです。本定例会に議案で再提出されておりますが、審議採決の結果、仮に否決の可能性もなきにしもあらずと予測したときに、他の予算執行におくれが生じ、町民の不利益につながることも考慮しながら、この町民への不利益回避のために分離議案にして審議にするべきとあえて私は町長にお尋ねしているわけです。


 予測ということに対しての答弁はできないかもわかりませんが、仮に万が一なきにしもあらずがあったときには、本当に予算執行ができずに町民に不利益になると考えます。そのために、あえて特別な状況にあるわけですから、特段の事情がある、町長先ほど言われましたように、特段の事情があればできるという、提出できると言われましたから、特段の事情ですからやるように考えていただきたい、お願いはいけませんが、私はそのほうが町民の不利益にならないベストな方法ではなかろうかと考えた意見でございます。答弁があれば答弁を求めます。


○議長(山下正敏) 木原企画財政課長。


○企画財政課長(木原荘二) お答えいたします。


 もう議員も御承知のことと思いますけど、予算につきましては、単一予算主義の原則、一本提案の原則というようなことがあります。そういう中で、補正予算につきましては、例外的に認められているものであります。で、先ほど町長の答弁の中で特段の事情というようなことを触れましたけど、例えば12月議会を想定した場合に、仮に期末手当と財源調整が必要な場合が出ることがあります。支給期日等の関係で議会初日にどうしても分離してその件については予算承認をいただかなければいけない。ただし、その他の分については、当然一体化の計上の原則に基づいて最終日に計上させていただくと、そういうふうにケースが仮に想定されますので、その分を特段の事情ということで答弁をしたものと理解をしております。


 以上です。


○議長(山下正敏) 次に、新旧給食センターについて、理事者の答弁を求めます。


 鼻?教育長。


○教育長(鼻?正雄) 次に、第2の質問、新旧給食センターについてお答えいたします。


 1点目の各学校、幼稚園、保護者から意見を含め改善要求があったか、以前よりよくなったと喜ぶ報告があったかについてですが、これまでに、学校から3件ほど意見・要望が上がっています。


 1件目は、以前は、四つの施設ごとに献立が違っていたため、当初、地域によって量が少ないといった意見がありましたので、給食の御飯・お汁の量等を多くして対応してきました。2件目は、食器カゴやトレイカゴ等が変わったため、使用方法や返却方法について、わかりにくいなどの意見がありましたので、各学校ごとにその都度、詳細な説明をして共通理解を図りました。3件目は、食器・おたまなどの汚れが一部取りきれていないとの改善要求がありましたので、洗浄機器の調整により改善いたしました。


 次によい点としては、保護者から以前より給食がおいしくなったと、子供が喜んでいるという意見がありました。また、学校からは、食缶が変わり以前より保温性・保冷性が高くなったとの御意見をいただいています。


 2点目の建物内外の表面、床、壁等に目視できる範囲で異常な状態の発生はないかについてですが、現在、建物内部・内装仕上げの下地板・目継ぎ部分に割れが発生しています。工事の設計・監督業者を呼んで説明を求めたところ、原因は、V目地部分のパテ処理した部分が、乾燥等により割れが生じたと考えられ、目地部の処理工法の選定に問題があったことを認め、補修については、加工業者と協議し補修工法を選定し、設計・監督業者の責任において対応するとの回答がありました。


 なお、補修期間は、夏休み期間中としています。


 3点目の現場職員は複雑な機械器具などに対応できているかについてですが、実施前に、試作や試食会等を行い、現場職員の機械器具への対応能力の向上を図りました。試作段階では、なれない機械に対して戸惑い等もあったようですが、試食会実施時には、しっかりと対応できていました。完全実施後、各学校への遅配送等もなく、機械器具への対応はできているものと思っております。


 4点目の機械器具メーカーの安全対策点検契約の内容についてでですが、購入契約時に、機器納入後1年間の無償点検・補修を確約しています。


 以上、第2の質問に対する答弁といたします。


○議長(山下正敏) 清水町長。


○町長(清水雅文) 5点目の質問については、私のほうから答えさせていただきます。


 5点目の旧給食センターの今後の施設有効活用についてですが、先ほどの草木原議員の御質問に対する答弁と同じで、各給食センターの跡地の利活用を図るに当たっては、学校給食施設として、文部科学省が指定する財産処分手続が必要となります。国庫補助を受けて整備した建物等を財産処分する場合、その後の活用の仕方によって、国庫補助金の返還や、返還相当額の基金積み立てが必要となる場合がありますので、現在、その詳細や処分手続方法等について、愛媛県教育委員会に照合しているところでありますので、その結果を受けて今後対応したいと考えております。


 以上、第2の質問に対する答弁といたします。


○議長(山下正敏) 宮下議員、2の1について再質問はありませんか。


 宮下議員。


○15番(宮下一郎) この給食センター統合前は、旧各四つの施設ごとに献立が違っていたという答弁でしたね。当初、地域によって量が少ないといった意見もあったので、量を多くして対応したという答弁で間違いなかったですかね。


 四つの施設のこの栄養士さん、調理師さんといいますか、愛南町内の同じ給食センターですから、当然共通した予算の中で献立をされておったと思います。この各それぞれの単独旧町村でやられたときのこの真剣に工夫をされた、取り組んでおられていただいたんだなというのは感じるんですが、その子供たちが統合したときにおなかがすいたということは、私は直接家串小学校の児童に2日間伺いました、3名に伺いました。それは、量を多いくした。そこで、やっぱり先ほども申しましたが、予算を均一にされた中で地元のやっぱり情熱ある栄養士さんたちが本当に工夫をして、おなかがすかないようにしていただいたという、改めて感謝をすることに気がついたんですが、小規模校に対して、少人数だから賄いができたメリットがここにあったと思います。かといって、統合してそれを各校にしてくださいとか、したらどうですかというのは無理だと思いますから、それは当然要求する必要も気持ちもございませんし、仕方がないのかと、統一したボリュームの大きいものを同じ皆さんに配送するという方法しかないと思いますから、この部分には感謝だけしておきます。


 ただ、今後、何らかの地域の事情とか学校に何カ所か食材の配送が必要なくなった場合というのは想定しなければならないと思うんですよ。あんだけのとてつもないそれぞれの大きな機械器具を最少人数というか、極端に言いますと小規模校1校しか授業が受けられない状況に、例えばインフルエンザであったりですとか、学級閉鎖であったりとか、いろんな事情が今後起こり得ると思うんです。場合によったら何か地域の特別な避難であったりとかで、その1校になったときに果たしてその食材が配送できるのか、できないようにちょっと視察のときに感じたんですが、感じただけではちょっと心配なので、質問として取り上げさせていただきました。


 そういう状況が、小規模校だけに給食の配送が必要な状況が仮に発生した場合に、どのような対応策を講じる準備をされておるのか、お伺いいたします。


○議長(山下正敏) 鼻?教育長。


○教育長(鼻?正雄) 今、議員御指摘のように、一部の学校だけで給食の実施が出るような場合がございます。ちょうど先般台風のほうが近づいておりましたけれども、台風等による非常変災があった場合に警報発令時には原則学校のほうは、児童生徒は自宅待機という形になります。ただ、各学校、山の学校があれば海の学校もありますので、各学校ごとに最終的に登校させる場合については、校長と合い議をすることになっております。そういった場合に、現在の新しい給食センターのほうでは、どうも調理ができる最小単位が200名ということになっております。200が釜がどうも600、700一度に炊く、釜というか鍋、釜ですね、調理のあれが600、700ということで、最少人数としては200まとまれば調理ができるということになっております。


 だから、先ほど議員がおっしゃいました本当に小規模校単独の場合には、実施ができないということになりまして、ちょうど先般校長会のほうがあったんですけども、非常変災の場合については、一応、学校単独で登校という場合については給食ができないという旨確認をさせていただいたところです。


 以上です。


○議長(山下正敏) 宮下議員。


○15番(宮下一郎) ちょっと認識不足で数字が一桁違ってびっくりして戸惑っておるんですが、私二、三十人ならできるのかなみたいな、視察したときに感じたものですから、200人という数字にちょっとびっくりしたんですが、この図面のときにそういう内容が発覚もしなかったし質問もしなかったんですが、あの設備機械の中で200人が最少人数というのは、教育長も含め理事者の方は認識されておったんですか。私だけがわからなかったんでしょうか。


○議長(山下正敏) 鼻?教育長。


○教育長(鼻?正雄) ただいまの御質問なんですけども、ちょうど私、設計施工の時期はこの職にありませんでした。図面等の部分についても、私のほうでは確認ができておりませんでした。先般、必要があったので確認したところ、最小調理単位は何人なのかということをあれしたときに、そういうことがわかったという状態です。私のほうの確認ができていなかったんですけれども、現状としてはそういうことです。


○議長(山下正敏) 続きまして、2の2について再質問ありませんか。


 宮下議員。


○15番(宮下一郎) この質問をするまでにちょっと言いわけをしておきます。


 私は、議員が施設の視察に行ったときに、見たときに既にこれは割れるな、だめだなと感じた、以来、その後、あの施設に入ったことはございません。今回もこういう質問をしながら、現場の確認に行っておりませんので、その辺はちょっと無責任なところもありますが、現場の確認に行くとまた担当の人たちに要らん迷惑を、心配をかけたらいかんなと思って差し控えたんですが、だからあえて議員が施設を研修、視察に行った以外は中に入っておりませんので、先ほどの答弁の中の、それより先にもう一つ、答弁に出てきたこのひび割れ、これ以外に異常個所は見当たらないのか、これが1点、まずこれ1点質問いたします。ほかに異常な箇所は目視できていないのか。


 それで、答弁にありましたように、下地板継ぎ目部分に割れが発生しております。こういう答弁では見ておりませんので内容が把握できませんし、皆様も想像がつかないと思います。


 例えば全体で何メートルぐらいひび割れがしているんだろうかとかと。これは私が現地で施設の研修に行ったときの、これぱっと短時間の中で感じたことは、割れるな、これ1,000メートルぐらい全戸多分目地があるんだろうなって、私は感じました。恐らく、計測はしておりませんが、1,000メートル前後は多分ひょっとしたら以上あるだろうと、体験からの想像の目測なんですが、1,000メートルは割れるだろうと私はあのとき感じておりましたが、今、そういう状況にあるのか。先ほどの発生しておりますのは全く誰も想像つかないと思いますので、部屋が例えばどこそこの部屋だとか、ホールだとか、私はホール、廊下を目視したときに、この商品でこの施工なら確実に半年もたないなというのを感じておりましたが、あえてその時期には要らんことは言うことはないので、誰にも言ったことはないんですが、多分ホールだろう、ほかの部屋はいいのか悪いのか、ロビーというか廊下というか、通用路というか、上下1階、2階全て壁がひびが入ってだめなのかどうか、私は確認しておりませんので、細かな数値のことは要りません、大まかな数値でよろしいが、表現だけは具体的にこれ説明を求めます。


 それから、ちょっと長くなりますが、本当に私の役割やと思って質問させてください。


 工事設計監理者の説明では、先ほどの答弁ですね、原因はV目地部分のパテ処理した部分が乾燥などにより割れが生じたと考えられるという答弁でしたかね。待ってくださいよ。V目地部分のパテ処理した部分が乾燥などにより割れが生じると考えられる、これは設計監理者の説明を答弁されたということですよね。ちょっと言葉は荒っぽいがふざけたらいけませんで、これは。目地部のこの処理工法の選定に問題があったことを認めたということですから、乾燥などと処理工法選定に問題があったと説明したこの答弁でしたが、適切な説明とは私は思いません。


 なぜかと言いますと、この問題があった、この問題という答弁ですね、表現ですね、この割れが起きた問題という、ことの全てに対する問題の責任問題のという問題ですので表現についても、これは全く逃げる言葉で、私は逃げる言葉ではないかと感じております。問題が、この表現についても本当に適切な表現とは思えません。この下地剤の珪酸カルシウム板の性質ですね、特性については商品カタログなどに施工上の注意事項、カタログに記載されております。注意事項が記載されておりますが、収縮の激しいこの商品で伸び縮みが激しいんですよ。このことについては、設計やこの施工にかかわる本当に初心者、例えば技能工としたら入って二、三カ月、設計事務所に入りゃ半年、この程度の初心者でもカタログ見て常に見るわけですから、注意事項を見りゃこれ収縮するんかなって、もうわからんほうがなんぞやと。だから私が、先ほどからしつこいように言っていますのに、この問題があったというこの適切な説明とは思えないんですよ。


 本当にやむを得ずこの設計事務所は美観を、つるつるした美観ですね、この重視をしたからとっつけを設計して指示して施工させたと私は思うんですよ。でもここにあるこの底目地目透かし、違和感ありますか。こういうふうに目透かしすれば起きません。絶対起きません、ひび割れが。それがこの素材を扱う、基本的な取り扱う、商品を扱う基本的な認識が、僕は設計事務所になかった。あえてきつく言いますが、やっぱり構造計算屋さんやなと言わせてください。現場のキャリアがない、そういう初歩の知識すらない、最初からこの設計事務所に私はそういうことを何回も申し上げたこともありますし、トラブった原因についても12月定例でしたか、たびたびこの件については、この設計事務所については私は異議を申しております。ただ、感情的には何もございません。会ったこともありません。


○議長(山下正敏) 宮下議員、簡潔にお願いします。


○15番(宮下一郎) はい。


 さっきからの答弁、設計監理者のこの説明元になっていることについて、教育長さん、本当に説明を受けてわかったようなわからんような、正しい説明だったと感じたんですか、それお願いします。


 この問題があったことではなくて、設計にミスがあったと認めさす必要が、今後の補修工事云々についてあるんではなかろうかと。設計監理業者の責任において対応するという回答でしたね。その責任のとり方、例えば約束しておるのか、契約しておるのか、その内容もあわせてお伺いします。


○議長(山下正敏) 鼻?教育長。


○教育長(鼻?正雄) お答えいたします。


 まず、ひび割れの発生箇所等についてですが、議員御指摘のように、給食センターの館内、壁があるところ全て出ております。廊下、階段、それからホール、研修室等もそうですが、継ぎ目のある部分については、本当、ちょうどゆで卵をあれしたときにちょっとひびが入るような分で、細かい分なんですが、継ぎ目部分で全館ひびが発生している状況です。


 それで、場所の分についてはよろしいでしょうか。


○15番(宮下一郎) はい。ひどい表現ですね、全体にひどいということですね。


○教育長(鼻?正雄) 全館発生しているという部分については間違いございません。


 それから、工法等についてなんですけども、私、そういった部分専門的な知識がございませんで、業者のほうを呼び対応等について話し合いをした段階で、原因については先ほど私が申したような形での回答を得ました。先ほど言いましたように、建物とか建築そもののについての、私、知識がございませんので、それである程度私のほうは納得をしてこういうような形で回答をさせていただきました。それが2点目です。


 それから、これから後の分なんですけども、業者と話し合いをする中で、施工方法については先ほど美観のどうこうと言っておりました、目透かし工法ですかね、について変更したらどうかという合い議もしたようなんですけれども、設計に合った形で現在のような目地の上に塗装をかけるという形での処理にしたようです。その理由は、やはり給食センターということで、衛生面でのことが大変問題になるだろうと。目透かし等をやってくぼみができると、ちりとかそのほかでの部分の汚れ等も出る恐れがあるので、当初予定していた工法のまま実施をしたと。その塗装といいますか塗料のほうの弾性といいますか、どの程度粘り気があるかというようなことの選択は私にはわかりませんが、設計に合った形での施工をしたと。


 ただ、現在こういう形でひび割れ等が発生している状況でありますので、向こうのほうの、業者のほうの責任で再度修繕方法等を検討し、二度とこういうような形でのひび割れ等が出ないように、責任を持って施工するということを確約いただいております。


 以上です。


○議長(山下正敏) 宮下議員。


○15番(宮下一郎) 議長に端的にと忠告を受けましたが、こんな問題は起きちゃならん問題ですし、引き渡し受け取り後3カ月ですよ、まだ。3年やないですよ。こんな大変なことを、今の答弁によりますとまたもとどおりに補修し直す。また同じこと起きるじゃないですか。もとどおりにやればもとどおりのことに、また1年かかりませんよ、ひび割れ。


 一つだけ私がこれを発言するために、現場も見ずにちょっと無責任だと思いましたので、現場の施工にかかわった技術屋さんに1人だけ電話連絡とりました。本来、つきつけ、目透かしにしない場合には、テーピングというガムテープといったら表現がおかしいんですが、このテーピングを張る。そうすると割れにくい、そのテーピングを張っておりません。それは、当然設計仕様書のとおりで手抜きではございません。


 だから、私が言いたいのは、現場の技術者は手抜きも何もしておりません。設計どおり監理者の言うとおりに仕事をした結果、今のすごい、聞いたらびっくりしたんですけどすごいんですよね、全体に1階も2階も割れてしもて。それ、めちゃひどいと思いませんか。3カ月ですよ。あり得ませんよ、こんな公共工事で3カ月でそんなに1階も2階も割れてしまうなんていうのは。だから、施工の問題が100%ないとは言い切りませんが、無理なことを指示されて仕事をしたり何かをしたら何かが起きるというのは当たり前じゃないですか。


 設計士ばっかり、設計事務所ばっかり私は悪く表現しておりますが、これ掘り下げますと、もうあえていなくなったんで言わせてください。昨年の12月定例会、請負契約の変更質疑において、前任の教育課長はより食品が安全になるというような判断で変更しようとするものである。また、全ての子供たちへ安全な給食をつくり、そして配送するというような職員、そして工事担当者の真剣な取り組みでございますと答弁されました。


 まこと真剣にやられたんだと思いますが、残念ながらこんな短期のあっちゃならない、3カ月でめちゃくちゃなひび割れ状態が現実に起きておる。


 補修工事は夏休み期間中に先ほどされると言いましたが、改修工事の工法を、その美観を損ねるからといって今の同じことをさせたんでは必ず絶対今と同じこと、1年もちませんで。それは施工業者のほうが何らかのアドバイスがあるはずですが、いまだにないんですか。施工業者もこうしてしないといけないんですよと、テーピング、本来は張るべきやったのが、設計図書に指示されてなかったから張ってませんと、僕はそれが原因だと思うんですよ。テーピングすれば今度かなりもつと思います。でも小さなひびは入ります。本来入ります。3年もちません。これひどいです。


 こんなひび割れ塗装、今現在で例えばひびが割れて飛散、塗料が目に見えなくてもしているはずですね。その状況を食の安全を脅かすほどのものと捉えておられるのかいないのか、私は現場がわからないのであくまでこれお尋ねなんですよ。割れたら普通は割れ目からちぎれて飛ぶじゃないですか。そんな状況に今ある中で、本当に給食が安全に管理されておるのか、現場見ないからあえてお尋ねします。


 この事あるごとに本当にミス工事をですね、施工業者、施工業者というふうな表現をされると思いますが、この設計監理費用、1,050万やったですかね、1,000万超えてたと思いますがね、この監理。1,000万という監理費というのはとてつもない金額なんです。これだけのやっぱり多額な監理費の費用を受け取っておりながら、本当にめちゃくちゃなひどい最悪な設計監理者であったと、私はあえて言い切りますが、そんなことを言ったら責任問題にも発展するかもわかりませんが、町長、教育長さん、このような状況にこの業者をどのように評価されておりますか、最後のお尋ねにします。


○議長(山下正敏) 鼻?教育長。


○教育長(鼻?正雄) こういったひび割れの報告を受けた段階で業者のほうと話をしたわけですけども、先ほど言った同じ工法でやれば間違いなく同じようなひび割れができるだろうということが予想されましたので、そういったことがないようにということで、施工方法、それから修繕方法については再度検討して確認をした後に行うということをしていただいております。


 それから、私自身もこの報告を受けたときにまだ本当に日がたっていないところもありまして、本当に随分と慌てたわけですけども、通常の方法であれば、恐らくひび割れ等が予想できるんではないかという議員の御指摘でしたけども、私はその部分のあれが余り知識等がありませんので、またどういう形で設計施工等に移ったのかということも十分把握できておりませんで、答弁のほうはできないのですが、確かに完成したものの状況からいきますと、議員御指摘のような初歩的なミスということを言われておりましたけど、それに近い状態であったんだなということは、状況としては確認は私は思っております。


 とりあえず、現在のひび割れで食の安全のほうは大丈夫なのかという御指摘がありましたけども、ひび割れ等で割れ目ができてその塗装のかけどうこうができている状態では現在はありません。本当に卵がこんと当たった時にぴきっとひびが入るような感じなんですけども、そういった状況で継ぎ目部分に細かいひび割れ、筋が入っているという状況です。だから、今すぐそれを改修しなければ食の安全は守れるのかという部分については、私は今のところは夏休みまでの間であれば塗料等の粉末の飛散等はないのではないかというぐあいに判断をしております。


○議長(山下正敏) 清水町長。


○町長(清水雅文) 私のほうからもお答えします。


 宮下議員、業者をどのように評価をしているかという質問やったと思いますが、建築については私も全然全く素人でわからん部分ばっかりなんですけど、確かに宮下議員の話を聞きよったら、専門家の話ですけど、聞きよったら全くひどいなと、全く業者、評価できる業者ではないなという、今そういう考えであります。


 以上です。


○議長(山下正敏) 宮下議員、2の3について再質問はありませんか。


○15番(宮下一郎) ありません。


○議長(山下正敏) 2の4について、再質問はありませんか。


 宮下議員。


○15番(宮下一郎) 2点。1年間のこの無償点検、年何回来るのか、内容を伺います。2年目以降ですね、1年間は無償点検ということですが、2年目以降はどのような対応を考えているのか、あわせてお伺いいたします。


○議長(山下正敏) 鼻?教育長。


○教育長(鼻?正雄) 1年目の保守点検については、4月の稼働当初からつい先日まで、6月中旬まで常時稼働中はメーカーのほうから来て機器の点検・保守等に立ち会っていただいておりました。現在、稼働状態が通常の稼働ができておりますので、これから後は月ごとの定期的な点検、また異常がある場合についてはその都度連絡をしてこちらのほうに出向いていただくようになっております。


 なお、2年目以降については、現在まだ確定はしていないんですけども、通常の分の管理等でいきますと、2年目以降については異常等があった場合、また故障等があった場合については、有償での修繕ということになっているようです。


 以前の旧給食センターでも同様の対応だったというように伺っております。


 なお、大洲市が昨年9月に同じオール電化の給食センターができ上がっております。そういったところ等の情報も得ながら、2年目以降についての対応をこれから検討していきたいと思っております。


 以上です。


○議長(山下正敏) 宮下議員、2の5について再質問ありませんか。


 宮下議員。


○15番(宮下一郎) 草木原議員の質問と重複しますし、教育長、町長からも答弁がありましたので、これで質問を終わります。


○議長(山下正敏) これで、宮下議員の質問を終わります。


 次に、西口議員の質問を許します。


 西口議員。


○14番(西口 孝) 日本共産党の西口孝です。私は、町民の皆さんから寄せられた声をもとに、通告書に従いまして質問いたします。理事者におかれては、明快な答弁をお願いいたします。


 質問の第1は、子ども医療費中学校卒業までの完全無料化についてお伺いをいたします。現在の本町における子供の医療費は、入院については中学校卒業まで無料、通院については就学前、6歳まで無料となっております。これを、通院についても中学校卒業まで無料化を求めるものであります。昨年の12月議会における私の同様の質問に対しまして、子育て支援、住みよいまちづくりの観点からも趣旨には賛同、いずれ実施する方向に向かうと思うが、財政的な制約もあり直ちには実施できない、こういう答弁がなされました。


 少子化が急速に進んでおります。一遍に中学校卒業までの完全無料化、無理であれば、段階的にでも進めていくべきではないでしょうか。現在の推計で、幾らくらいまでなら可能なのか、数値を示されて、一歩でも二歩でも前進することを求めるものであります。


 1点目、ここ数年間の子ども医療費の実態、推計で中学卒業までの完全無料化をもしやった場合にかかる経費は幾らぐらいと試算をされるのか、お示しを願います。


 2点目、直ちに実施は困難だという場合、何歳あるいは何学年までなら可能とお考えか。段階的に引き上げていくことについて、どのようお考えかをお伺いいたします。


 次に、質問の第2は、防災対策についてお伺いをいたします。


 防災対策については、いまや国・県・町、それぞれのレベルで粛々と実施されていると拝察をいたします。先ほどの同僚議員からも空き家・廃屋対策についての質問がありましたが、事ほどさように看過できない状況が各所に生まれています。


 そこで、私は防災の観点に限ってお尋ねをしたいと思いますが、特に津波避難路周辺における耐震性のない廃屋・ブロック塀等の取り壊し、これらの撤去、またフェンス、生け垣等への改修について、助成を行う考えはないでしょうか、所見をお伺いいたします。


 最後に質問の3、非正規職員の待遇改善についてお伺いいたします。


 同僚議員からも、昨年12月の議会、同様趣旨の一般質問が出された経緯もあります。その後改善された様子、余り見当たりません。住民サービスを支える労働者として、安心して働き続けるためには、同じ仕事には同じ賃金を、また、資格を持ち、長年勤務をしている労働者は正規に引き上げを行うべきではありませんか。


 以上、町長の明快な答弁をお願いいたしまして、私の一般質問を終わります。


○議長(山下正敏) 西口議員から答弁分割での質問がありました。


 初めに、子ども医療費中学校卒業までの無料化について、理事者の答弁を求めます。


 清水町長。


○町長(清水雅文) 西口議員の質問にお答えします。


 まず、第1の質問、子ども医療費の中学校卒業までの無料化について、1点目の子供医療費の現状と中学校卒業までの完全無料化に係る経費についてですが、支出の実績につきましては、平成22年度が3,620万円、23年度が3,520万円、24年度が3,410万円です。


 次に、小・中学生の入院分につきましては無料化を実施していますので、通院分の無料化を実施するための追加負担額ですが、国保被保険者の前年度の実績をもとに試算したところ、2,142万円程度と推計されます。また、開始時に発生する国保連合会のシステム改修経費等が約274万円、現物給付を伴う外来分は、医療費の増大につながるため、無料化を実施した市町村に対し、国保事業の補助金が減額されますので、補助金減が毎年度約68万円発生をします。


 続いて、2点目の何歳までなら可能かとのことですが、この追加負担分につきましては、全額が一般財源であり、恒久的に取り組まなければならないものと考えております。子供の疾病の早期発見と治療、保護者の経済的負担の軽減など、子育て支援の一環として、医療費無料化の拡大は重要な施策であると認識しておりますけど、本町の将来の財政見通しを十分に見きわめた上で慎重に判断をしていきたいと考えております。


 以上、第1の質問に対する答弁といたします。


○議長(山下正敏) 西口議員、1の1について再質問はありませんか。


○14番(西口 孝) もう一緒でやります。


○議長(山下正敏) 西口議員。


○14番(西口 孝) もう1の質問全体について質問させていただきます。


 今、大体3,400万、だんだん私、少子化の推移といいますか、この減少、今の出された医療費の中でも減少しておりますけれども、急速に今後やっぱり少子化の推移というのは非常に激しく進むんではないかというふうに思うわけです。今、少し無理をしていっても、そのうちにどういうんか、だんだん子供の数そのものが本当に減っていくわけですから、できるようになってくるというふうに思います。そういう点で、国保会計へのペナルティー68万円ということなどを今言われましたけれども、現在、久万高原町と町村では上島町は既に中学校卒業までの医療費無料化を実現しておるんですけれども、そういう点で先般の選挙戦の中で、愛南町を回って対話をしていった中でも、非常に若い子育て中のお母さんなどからは、このこういうことが実現できたら本当にいいですねという強い要望のお話をいただいてきたところでございます。


 今、非常にそういう意味で苦しい部分というか、無理だと言われる部分もあると思うんですけれども、何とかこれをそういうふうな形で思い切って実施をしていくことが、その愛南町、本当に暮らしよい、子育てしよい町ということになってくると思いますので、そういう決断をもう一度ぜひ強く求めたいと思います。いかがでしょうか。


○議長(山下正敏) 清水町長。


○町長(清水雅文) お答えします。


 気持ち的にはすぐにでもしてあげたいと思いますけど、今後、ずっと交付税も減ってきますので、検討課題にさせていただきたいと思います。


○議長(山下正敏) 西口議員。


○14番(西口 孝) 前回も同じようなやりとりになったかと思うんですけども、このこういうソフトといいますか、政策的な部分への支出、なかなか踏ん切りがつかない、建物を建てる場合にはずばり何千万とか何億円という金額が示されて、それを出せば済むというふうな形なんですけれども、毎年の支出になると、一般会計からもなるというふうに言われますけども、やっぱり本当にそういう意味でのどこかで決断をしていただいたら、それはそれで私はそういう決断をしていただくべきだというふうに思うわけです。


 それで、中学卒業までが今当面無理なら、まずそれじゃあ小学校、今入学前ですので、3年生まで、次は6年生までというふうなぐらいの試算もしていただいて、そういう一つ思い切りを理事者の方全員で討議をしていただくことをお願いして、できればもう一度お答え願いたいと思います。


○議長(山下正敏) 清水町長。


○町長(清水雅文) お答えします。


 西口議員の今の質問ですね、重く受けとめさせていただきます。


○議長(山下正敏) 次に、防災対策について、理事者の答弁を求めます。


 清水町長。


○町長(清水雅文) お答えいたします。


 次に第2の質問、防災対策について、避難路周辺における耐震性のない廃屋の取り壊し撤去と、ブロック塀からフェンス・生け垣へ変更する場合の助成についてですが本町における耐震対策の助成制度は、地震発生時に避難行動がとれないことが想定される家屋の倒壊から住人の生命を守ることを目的として、木造住宅の耐震診断と改修のみを対象としております。


 廃屋やブロック塀については、屋外で活動している住人や通行人が対象となり、避難者本人の事前の避難行動計画や危機管理により、身の安全を確保できるものと考えることから制度の対象とする考えはありません。


 なお、廃屋対策については、先ほど答弁したとおりであります。


 以上、第2の質問に対する答弁といたします。


○議長(山下正敏) 西口議員、2の1について再質問ありませんか。


 西口議員。


○14番(西口 孝) 私は特に海岸部の集落の廃屋というのが非常に目につく。そして急峻なところを、細い路地を伝って上方へ避難をするわけですから、そういうところで本当に老人だけの家とか、もう今無人になって連絡がとれない家とか、そういう点の家というのが本当にあると思うんですが、そこら辺への連絡、それからどう言いますか、勧告というか、その取り壊しの。そうしたことをやる、結局最終的には町がやっぱり責任をとっていかなくてはならなくなるんではないかなというふうに、そういう事態が起こるんではないかなというふうに思うわけですが、そういう点で午前中の草木原議員の質問でも言われましたけれども、そういったものへの調査、それからそういう連絡とかいうこと、これから早急に進めていただきたいというふうに思います。


 消防の関係に一つ重ねてお伺いをしますが、そういう津波避難路のすぐそばのそういうことについての把握というものはなされておるんでしょうか。


○議長(山下正敏) 湯浅消防長。


○消防長(湯浅裕記) お答えします。


 今の現時点では完全に把握というところまではいっておりません。


 ただ、地区要望において、ただいま避難路の改修とかを出してきていただいて、昨年度50カ所整備をさせていただいておりますが、今年度もまた10カ所ほど出てきておると思いますけども、そういった形での把握といいますか、整備を今している状態で、全域についてそういう倒壊しそうなフェンスとか、そういったものの把握はできておりません。


 以上でございます。


○議長(山下正敏) 次に、非正規職員の待遇改善について、理事者の答弁を求めます。


 清水町長。


○町長(清水雅文) 続きまして、第3の質問、非正規職員の待遇改善についてですが、本町の臨時職員の賃金単価を平成25年4月に見直しており、主に有資格業種について賃金単価を引き上げております。臨時職員の雇用条件の見直しということでありますが、本町では最低賃金の改定状況に合わせて、近隣自治体の臨時職員の賃金も参考にしながら改定は行っております。今後においても、最低賃金の改定状況や近隣自治体の状況を見ながら、必要に応じて臨時職員の賃金単価の改定を行っていきたいと考えます。


 また、正規職員への登用ですが現在は技能労務職については、新規採用を行っておりません。


 平成20年3月に愛南町でも技能労務職員等の給与等の見直しに向けた取り組み方針を公表しておりますが、技能労務職は、職務内容が民間の同種の事業の従事者と類似しており、民間事業の従事者の給料等を考慮しなければならないものの、給与水準が高いとの指摘がなされていました。しかし、人事委員会の勧告の対象外であったため全国の自治体に給与水準や取り組み方、雇用を見直すよう通知があり、本町においては、技能労務職においては、退職者不補充として、臨時職員・嘱託職員で対応し、給与水準を民間と合わせる方針でありますので、御理解をいただきたいと思います。


 以上、第3の質問に対する答弁といたします。


○議長(山下正敏) 西口議員、3について質問はありませんか。


 西口議員。


○14番(西口 孝) 発言通告の中ではその後改善された点も見当たりませんと言うたわけですけれども、もし12月の同僚議員の質問の後改善されたような点があればお示しをいただきたいと思います。


 それから、臨時職への手当の支給というのはなされているんでしょうか。


○議長(山下正敏) 中川総務課長。


○総務課長(中川治雄) お答えいたします。


 今、言われた12月のあってから特にという部分ではありません。


 それと、手当は臨時職員についても支給を、手当というか賞与は支給をいたしております。


 以上です。


○議長(山下正敏) 西口議員、よろしいですか。


 西口議員。


○14番(西口 孝) なかなか財政の問題、定数削減をやられる、それから公務員への給与の引き下げなどがどんどんやられるそういう時代ですので、本当に大変だなと、労働者は大変だなというふうに思うわけですけれども、自治体がやっぱり本当にそこの職員、臨時・正規含めて大事にというか、そういう町でなかったら、やっぱりいけんと思いますので、そういう点、今後やっぱり労働条件の改善やいろいろなそういう臨時職の悩みやいろんな話などを受けとめるそういう機会をぜひ持っていただきたいというふうに思います。


 そういう点はどういうところが担当されておるのかわかりませんけれども、お答えがあれば願います。


○議長(山下正敏) 中川総務課長。


○総務課長(中川治雄) 担当は職員係のほうでやっておりますので、総務課がやっておるんですが、一応、今議員言われたように、これは国会のほうでちょっと閣議決定されて、先ほどもお話しましたように民間の同じような職と比べて給与が高いと、そういうふうなことがあって、総務省のほうから通知があり、20年にこういう技能労務職については町の方針として、今からもう新規採用しない、もうどんどん正規の職員はないなんていうようなことでという事情で今なっておるんですけど、今、臨時職員がおられる課の所属長のほうには、いろいろそのあたりの分もお聞きをしながら、先ほども言いました、賞与の関係なんかについても、よく頑張っておられる臨時の職員については、もうちょっと出さないけなんじゃないかみたいな話をしたりしておりますので、そのあたりの部分も含めて、所属長に聞き取りをしながら、なかなか難しいんですけど、今いう労働条件の改善ができればと思っておるんですけど、なかなか難しい話やと思うてはおります。


 以上でございます。


○議長(山下正敏) これで、西口議員の質問を終わります。


 暫時休憩いたします。


 3時より再開いたします。


             午後 2時50分 休憩


          ―――――――――――――――――


             午後 3時00分 再開


○議長(山下正敏) 休憩前に引き続き会議を開きます。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


◎日程第5 議員派遣の件





○議長(山下正敏) 日程第5、議員派遣の件を議題とします。


 議員派遣の件について、お手元に配付しておりますとおり、派遣することにいたしたいと思いますが、これに御異議はありませんか。


             (「異議なし」と言う者あり)


○議長(山下正敏) 異議なしと認めます。


 よって、議員派遣の件は、お手元に配付しておりますとおり派遣することに決定しました。


 この際お諮りします。


 ただいま決定しました議員派遣の内容につきまして、諸般の事情により変更が生じる場合には、議長に一任を願いたいと思いますが、これに異議はありませんか。


             (「異議なし」と言う者あり)


○議長(山下正敏) 異議なしと認め、そのように決定いたします。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


◎日程第6 報告第1号 愛南町一般会計繰越明許費繰越計算書の報告について


 日程第7 報告第2号 愛南町上水道事業会計予算(建設改良費)の繰越報告について





○議長(山下正敏) お諮りします。


 この際、日程第6、報告第1号、愛南町一般会計繰越明許費繰越計算書の報告についてから、日程第7、報告第2号、愛南町上水道事業会計予算(建設改良費)の繰越報告についての2件について、続けて報告といたしたいが、これに御異議はありませんか。


             (「異議なし」と言う者あり)


○議長(山下正敏) 異議なしと認めます。


 これより直ちに議題とします。


 報告第1号について、提案理由の説明を求めます。


 木原企画財政課長。


○企画財政課長(木原荘二) 報告第1号、愛南町一般会計繰越明許費繰越計算書の報告について説明をいたします。


 先般3月定例会におきまして、平成24年度一般会計補正予算(第6号)中、第2表繰越明許費として承認をいただきました事業について、繰越計算書を調整しましたので、地方自治法施行令第146条第2項の規定により報告いたします。


 それでは、内容について説明いたしますので、次のページの繰越計算書をお開きください。


 4款衛生費の上水道事業会計出資金1,860万円から、8款土木費の長野A地区集落・避難路保全斜面地震対策事業674万円までの15事業で、合計金額は6億1,259万6,000円で、そのうち翌年度への繰越額は5億8,259万6,000円であります。


 なお、翌年度繰越額に対する財源内訳の合計は、既収入特定財源が39万8,000円、未収入特定財源のうち国庫支出金が2億5,701万3,000円、県支出金が8,209万4,000円、地方債が2億1,690万円、負担金が272万7,000円であります。また、一般財源2,346万4,000円を財源としております。


 以上、報告第1号の説明としますので、よろしくお願いいたします。


○議長(山下正敏) 小西水道課長。


○水道課長(小西隆広) 報告第2号、愛南町上水道事業会計予算(建設改良費)の繰越報告について説明をいたします。


 地方公営企業法第26条第3項の規定に基づき、平成24年度建設改良費の繰越額の使用に関する計画について報告をいたします。


 内容について説明しますので、裏面の別表第9号、平成24年度愛南町上水道事業会計予算繰越計算書をごらんください。


 1款資本的支出、1項建設改良費、事業名、上水道老朽管更新事業の翌年度繰越額は7,625万1,000円です。その下段あります緑配水池水位調整弁設置工事は、472万5,000円の翌年度繰越額です。この二つの事業は、町単独事業実施分であります。


 繰り越し理由につきましては、右端の説明欄に記載しているとおりです。


 これら事業費の合計は、予算計上額1億3,410万7,000円、支払義務発生額4,499万7,500円で、翌年度繰越額は8,097万6,000円になります。


 その財源内訳といたしまして、企業債5,580万円、出資金1,860万円、当年度損益勘定留保資金657万6,000円であります。


 以上、報告第2号の説明とします。よろしくお願いいたします。


○議長(山下正敏) 報告が終わりました。


 これより、報告第1号、愛南町一般会計繰越明許費繰越計算書の報告についての質疑を受けます。


 質疑ありませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(山下正敏) 質疑がないようなので、これで愛南町一般会計繰越明許費繰越計算書の報告についてを終わります。


 次に、報告第2号、愛南町上水道事業会計予算(建設改良費)の繰越報告についての質疑を受けます。


 質疑はありませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(山下正敏) 質疑がないようなので、これで愛南町上水道事業会計予算(建設改良費)の繰越報告についてを終わります。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


◎日程第8  第53号議案 愛南町重度心身障害者医療費助成条例の一部改正について





○議長(山下正敏) 日程第8、第53号議案、愛南町重度心身障害者医療費助成条例の一部改正についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 中尾町民課長。


○町民課長(中尾 滋) 第53号議案、愛南町重度心身障害者医療費助成条例の一部改正について提案理由の説明をいたします。


 本案は、重度心身障害者医療費助成の受給資格者の要件について、町内で入院等をしている他の後期高齢者医療広域連合が行う住所地特例適用者が、医療費助成の対象となることを防止するとともに、他の県で入院等をしている本町の住所地特例適用者が医療費助成の対象外となることを防止するため、本条例の一部を改正いたしたく提案するものです。


 それでは、改正内容を御説明いたしますので、裏面の新旧対照表をごらんください。


 第3条第1項中「有する者」を「有し、住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)に基づく住民基本台帳に記録されている者」に改め、「された者」の次に、「及び高齢者の医療の確保に関する法律第55条の規定により愛媛県後期高齢者医療広域連合以外の後期高齢者医療広域連合が行う後期高齢者医療の被保険者とされた者」を加え、「後期高齢者医療の被保険者」の次に、「(本町が保険料を徴収する者に限る。)」を加えます。


 改正条例のページに戻っていただき、本改正条例の附則として、平成25年7月1日から施行することとしております。


 以上、第53号議案の提案説明とします。御審議のほど、よろしくお願いいたします


○議長(山下正敏) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 質疑ありませんか。


 渡邊議員。


○4番(渡邊知彦) この障害者、もし構わなんだら。


○議長(山下正敏) ちょっと大きい声で、マイクを使って言ってください。


○4番(渡邊知彦) 人数は何人ぐらいおるんでしょうか。


○議長(山下正敏) 中尾町民課長。


○町民課長(中尾 滋) お答えします。


 後期高齢者医療の方が343人、国保被保険者の方が267人、あと社保の被用者の方が88人、合計で698人、25年4月1日現在でおられます。


 以上です。


○議長(山下正敏) 渡邊議員。


○4番(渡邊知彦) この今の人数があれですか、重度心身障害者と言われる方なんですか。


○議長(山下正敏) 中尾町民課長。


○町民課長(中尾 滋) 資格要件がございまして、身体障害者手帳1級、2級所持者、療育手帳Aの所持者、それから療育手帳Bと身体障害者手帳3級から6級までの所持者が対象となっております。


 以上です。


○議長(山下正敏) 渡邊議員。


○4番(渡邊知彦) その人数は何人ですか、この条例の適用されるこの人数は。今言われたその1級、2級とかいう人たち、合わせて何人おるんですか。


○議長(山下正敏) 中尾町民課長。


○町民課長(中尾 滋) 25年4月1日現在で、先ほどお示ししました人数698人がおられます。


○議長(山下正敏) 698人が対象者と。全員が対象者。


○4番(渡邊知彦) はい、わかりました。


○議長(山下正敏) ほかに質疑はありませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(山下正敏) 質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(山下正敏) 討論なしと認めます。


 これより、第53号議案、愛南町重度心身障害者医療費助成条例の一部改正についてを採決します。


 お諮りします。


 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は挙手を願います。


                (賛成者挙手)


○議長(山下正敏) 全員挙手であります。


 よって、第53号議案、愛南町重度心身障害者医療費助成条例の一部改正については、原案のとおり可決されました。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


◎日程第9 第54号議案 平成25年度愛南町一般会計補正予算(第2号)について





○議長(山下正敏) 日程第9、第54号議案、平成25年度愛南町一般会計補正予算(第2号)についてを議題とします。


 提案理由の説明を求めます。


 岡田副町長。


○副町長(岡田敏弘) 第54号議案、平成25年度愛南町一般会計補正予算(第2号)について、提案理由の説明をいたしますので、1ページをお開きください。


 今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ、8億7,177万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ144億5,877万7,000円とするものであります。


 9ページをお開きください。


 第2表、地方債補正では、4件の追加と3件の変更をしております。


 それでは、歳出から説明しますので、19ページをお開きください。


 1款議会費は、人事異動等に伴う人件費61万9,000円の追加。


 2款総務費は、20ページ、企画費の総合計画策定のための委員報酬84万円、スペイン・モリナセカ町との交流事業補助金21万1,000円、21ページ、諸費の株式会社愛媛CATVへの出資金100万円や地域情報通信基盤整備事業費の返還金106万円の追加と、人事異動等に伴う人件費952万2,000円の減額であります。


 3款民生費は、24ページ、老人福祉費において、地域包括支援センター臨時職員賃金198万円、障害者福祉費の軽度・中等度難聴児補聴器購入助成金14万6,000円、人事異動に伴う人件費534万6,000円の追加であります。


 4款衛生費は、27ページの保健衛生総務費を初めとした人事異動等に伴う人件費1,099万5,000円の追加であります。


 6款農林水産業費は、29ページ、農業振興費の青年就農給付金750万円、集落営農育成強化対策事業費補助金193万6,000円、農地費の委託料として、大久保山地区農業水利施設整備に係る調査計画・機能診断委託料外1,051万5,000円、平山・山出地区水路改修工事1,200万円、30ページ、僧都地区水路改修工事と山出地区の棚田地域等保全整備工事2,656万円、中山間地域総合整備事業に伴う県営事業負担金3,650万円、林業振興費の地域材利用木造住宅建築促進事業補助金250万円、町有林分収交付金67万9,000円の追加であります。


 32ページ、漁港建設費の委託料として、深浦・中浦・船越・御荘漁港の防波堤・岸壁及び用地について、地震・津波に対する機能診断を行う漁港施設機能強化事業調査設計委託料1億2,500万円、深浦漁港海岸保全施設整備工事3,000万円、深浦漁港水産流通基盤整備事業に係る県営事業負担金2,375万円と人事異動等に伴う人件費259万1,000円の追加であります。


 7款商工費は、33ページ、雇用対策費として、地域に根差した事業を支援することにより雇用の創出を図る緊急雇用創出事業委託料2,723万3,000円、自然公園費に、篠山登山者から看板修繕など篠山の観光振興に役立ててほしいとの寄附による篠山観光開発協議会への負担金30万円の追加であります。


 8款土木費は、34ページ、道路新設改良費として、町道上砂線道路改良事業に2,690万2,000円、砂防費として、内室手地区外7地区における集落・避難路保全斜面地震対策工事8,780万円、35ページ、町都市計画用途地域変更調査業務委託料450万円、36ページ、住宅管理費において、三島団地6号棟給水設備等改修工事1,281万円、町営住宅家賃算定誤りに伴う還付金及び加算金2,078万1,000円の追加であります。


 9款消防費は、36ページ、消防庁舎用地購入費1億円と、人事異動に伴う人件費1,348万1,000円の追加であります。


 10款教育費は、37ページ、事務局費の旅費において、小学生の被災地視察研修実費弁償83万7,000円、諸費の報償費に、スクールガードリーダー謝礼27万円、38ページ、小学校費の工事請負費において、平城及び城辺小学校における太陽光パネル設置工事4,840万5,000円、39ページ、中学校費の工事請負費において、御荘中学校プール改築工事2億1,273万円、中学生の新聞制作体験学習委託料80万円、41ページ、御荘文化センターの施設備品として、スポットライト購入費507万1,000円、42ページ、学校給食センター土砂運搬工事747万6,000円の追加と、人事異動等に伴う人件費198万円の減額であります。


 次に、歳入予算につきまして、15ページをお開きください。


 10款地方交付税は、普通交付税2億3,644万9,000円を追加しております。


 12款分担金及び負担金は、がけ崩れ防災対策事業地元負担金878万円、14款国庫支出金は、農林水産業費国庫補助金を始め1億3,131万2,000円を追加、16ページ、15款県支出金は、がけ崩れ防災対策事業費県補助金を始め1億1,367万6,000円の追加であります。17ページ、16款財産収入は、立木売り払い収入47万9,000円、17款寄附金に30万円、18ページ、18款繰入金は、ふるさとづくり基金繰入金に38万1,000円、21款町債は、合併特例債を始め3億8,040万円を追加しております。


 以上、第54号議案の提案説明とします。御審議のほど、よろしくお願いいたします。


○議長(山下正敏) 説明が終わりました。


 お諮りします。


 第54号議案、平成25年度愛南町一般会計補正予算(第2号)について、提案理由の説明が終わったところですが、本日の会議はこの程度にとどめ延会したいと思いますが、これに御異議はありませんか。


             (「異議なし」と言う者あり)


○議長(山下正敏) 異議なしと認めます。


 本日はこれにて延会することに決定しました。


 なお、あした14日から19日までの休会中、14日、午後1時30分より請願審査に係る総務文教常任委員会を開催することになっております。6月20日最終日は、午前10時より会議を開きます。


 本日はこれで延会をいたします。





              午後 3時22分 延会








 上記のとおり会議の次第を記載して、その相違ないこと証するため署名する。








       議     長    山 下  正 敏








       会議録署名議員    草木原  由 幸








       会議録署名議員    渡 邊  知 彦