議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛媛県 愛南町

平成24年第2回臨時会(第1日11月 5日)




平成24年第2回臨時会(第1日11月 5日)





 
         平成24年第2回愛南町議会臨時会会議録


                 招集年月日 平成24年11月5日(月曜)


                 招集場所  愛南町役場議場


                 開  会  11月5日 10時00分宣告


1.議事日程


 日程第 1 会議録署名議員の指名


 日程第 2 会期の決定


 日程第 3 第90号議案 愛南町学校給食センター配送車輌購入事業契約について


 日程第 4 選挙第1号 愛南町選挙管理委員会委員及び補充員の選挙


 日程第 5 選挙第2号 愛媛県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙





2.本日の会議に付した事件


議事日程第1から第5





3.出席議員(20名)


    1番 佐々木 史 仁       2番 草木原 由 幸 


    3番 山 下 太 三       4番 中 野 光 博 


    5番 浜 本 元 通       6番 内 倉 長 蔵 


    7番 宮 下 一 郎       8番 山 下 正 敏 


    9番 澤 本   誠      10番 那 須 芳 人 


   11番 脇 田 達 矢      12番 飯 田 利 久 


   13番 畑 田 藤志郎      14番 田 口   勝 


   15番 吉 村 直 城      16番 土 居 尚 行 


   17番 西 口   孝      18番 浜 田 博 文 


   19番 増 元 久 男      20番 斎 藤 武 俊 


4.欠席議員(0名)





5.説明のため出席した者の職氏名


   町長          清 水 雅 文


   副町長         石 川 芳 洋


   教育長         田 村 茂 雄


   総務課長        中 川 治 雄


   企画財政課長      那 須 英 治


   消防長         松 田 良 生


   会計管理者       西 村 信 男


   財産管理課長      湯 浅 裕 記


   税務課長        山 田 智 久


   町民課長        浜 田 庄 司


   農林課長        山 口 俊 文


   水産課長        中 村 維 伯


   建設課長        上 埜 一 男


   商工観光課長      田 中 俊 二


   環境衛生課長      嘉喜山   茂


   水道課長        小 西 隆 広


   保健福祉課長      児 島 秀 之


   高齢者支援課長     吉 田 光 男


   学校教育課長      坂 尾 英 治


   生涯学習課長      田 原 郁 夫


   国保一本松病院事務長  田 中 啓一郎


   内海支所長       中 川 健 一


   御荘支所長       藤 村 雄 二


   西海支所長       宮 城 辰 彦


6.職務のため出席した者の職氏名


   事務局長        木 原 荘 二


   係長          田 中 俊 行


   主査          浜 田 晶 子





                午前10時00分 開会





○議長(斎藤武俊) ただいまの出席議員は20名です。定足数に達しておりますので、これより、平成24年第2回愛南町議会臨時会を開会します。


 町長より招集のあいさつがあります。


 清水町長。


○町長(清水雅文) おはようございます。


本日は、平成24年第2回愛南町議会臨時会を招集しましたところ、議員各位におかれましては、何かと御多忙の中を御出席いただき、まことにありがとうございます。開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 私は、先月10月16日に告示されました任期満了に伴う愛南町長選挙におきまして、無投票で再選をさせていただきましたが、その分、町民の皆様方の大きな期待に応えるため、これからの4年間の町行政を担うという重責を痛切に感じているところであります。


 私自身、1期目は経験不足のため、色々混乱を招くなど、大変御迷惑をおかけしましたが、国の景気対策などの交付金を受け、ケーブルテレビの基盤整備や学校施設耐震化等の事業を実現できました。しかしながら、まだまだ課題は山積しております。今日でも初当選のときのように、愛南町を変え、よりよい町にするため、この身を削る覚悟で町政に取り組んでおりますので、これからも議員各位の御協力をいただきますとともに、御指導、御鞭撻のほどよろしくお願いいたします。


 それでは、私が2期目となって初の議会でありますので、所信を述べさせていただきます。


 まず、今後の行政運営の方針について、申し述べますが、基本的には初当選から方針に変わりはございません。


 現在、社会を取り巻く経済情勢は、御存知のとおり大変厳しい状況が続いております。愛南町においても、町の財政、また町民の生活、ともに厳しいものと認識しております。このような厳しい状況下の行政運営でありますので、徹底した経費削減と共に真に必要な事業を中心に実施していきます。


 また、事あるごとに、職員に対しては自分自身の意識改革をして、職員一人ひとりが、町民の目線に立って、町民の皆様のために何ができるかを自ら考え、そして行動すべきであると伝えております。職員としてのあるべき基本姿勢は、役場の組織の中でこそ活かされなければなりません。行政運営のあり方として、以前から申し上げていますように、職員が町民の声から積極的に必要な施策を立案し、上司へ提案し、実現していく、いわゆるボトムアップ方式であるべきと考え、また、そのような行政運営を行っていくためには、「能力とやる気」のある職員を、年齢を問わず、登用していくことが必要不可欠だとの思いに変わりはありません。


 大事なのは、町民の皆様に対して、分け隔てなく質の高い行政サービスを提供できるかどうかであります。私は、能力主義に基づく、真に公平・公正な行政運営を行うことにより、結果として町民の融和も図ることができると思うのは、1期目の町長就任の時からの考えであります。


 つづきまして、今回の選挙にあたり、目標、スローガンとしていました基本的な施策方針を述べたいと思います。


 まず、一点目の「安全安心なまちづくり」においては、いつ発生するか分からない南海トラフの巨大地震による津波等への対応は、防災でなく減災しかないと思っております。災害が起こった際は「まずは逃げる、最低限命だけは守る」ことが重要だと考えます。そのために、どのような時にも情報伝達をキッチリとできる、防災通信網強化のデジタル化に取り組みます。また、それら災害等非常時における住民の生命・財産を守るための防災拠点としての役割を果たす新庁舎の建設についても、町民の皆様の御理解をいただき、愛媛県との合同庁舎化を視野に入れながら進めて行きたいと考えております。また、大規模災害発生時に迅速に対応ができる建物の配置、構造、設備として、消防庁舎を新築移転いたします。


 次世代に引き継がれる環境保全としては、誇れる自然を後世に残すため、汚れた水をきれいな水に戻して、自然に返すための合併浄化槽設置の推進及び集落排水施設への接続を推進していきます。


 地域医療の確立も大きな課題のひとつであります。国保一本松病院、また、県立南宇和病院の医師確保に向けて、愛媛県や愛媛大学医学部等関係機関に働きかけながら、さらなる医師確保に努めていきます。


 二点目の「子育て支援と老人福祉の充実」においては、子育て世代の方々が安心して生活が営めるよう保育所待機児童ゼロを実現し、また、子育て家庭の緊急時受け皿として一時保育事業も継続していきます。


 高齢者福祉サービスは、施設入所待機者等の不安を少しでも払拭するため、養護老人ホーム南楽荘の移転に伴い入所定員数を10床増床して80床としています。


 今後も、地域福祉計画を核に協働のまちづくりを目指し、障害者の社会参加をサポートするなど、子どもから高齢者が住み慣れた地域で安心して生活が営めるよう各種福祉サービスを充実させます。


 三点目の「地域の活性化を推進」においては、まず、高規格道路の整備であります。南海トラフ巨大地震に備えての「緊急避難道路」「復興支援道路」「広域救命救急医療道路」としての役割は大きく、地域住民にとっては「命の道」であるという認識から「四国8の字ルートネットワーク」の早期整備と、現在整備が進んでいる国道56号一本松視距改良事業についても関係諸機関に強く働きかけます。


 その道路整備が進むことにより、企業誘致も有利に働くことになると思いますので、愛南町のみの取組だけでなく、愛媛県など関係諸機関にも働きかけ、南予地域への企業誘致及び立地促進はもとより、既存企業への留置対策としての優遇措置制度の充実、拡大や緊急雇用創出事業の延長などによる雇用の維持、促進を推進します。


 水産業の環境整備については、西浦小学校跡地に建設中の愛南町地域産業研究・普及センターや南水研と連携しながら水域情報可視化システム等、ICT活用による次世代型水産業の確立と普及について促進をしていきます。また、地域性を生かした農林業の促進については、地域の特性を生かしながら農地・農村の環境保全や多面的機能等の整備を行い、農業の持続的な発展を推進します。


 環境に優しいエネルギー政策の推進については、住宅用太陽光発電システムに対する補助金の継続や小水力発電導入について、採算性等を含めて実施可能であるか検討を行います。これからも再生可能エネルギーの利用促進が可能なものについては、導入についての検討を行っていきます。


 上記三点の政策を中心とした「愛顔あふれるまちづくり」をモットーに、将来への希望が持てるまちづくりに邁進しますので、御協力のほどよろしくお願いをいたします。


 さて、本日の臨時会に提案いたします議案は、契約の承認が1議案と議会の権限に基づく選挙2件についてであります。


 よろしくお願いを申し上げまして、就任のあいさつ並びに招集のあいさつとさせていただきます。


○議長(斎藤武俊) あいさつが終わりました。


 これより、直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


             ◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(斎藤武俊) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 本日の会議録署名議員は、会議規則第117条の規定により、12番、飯田議員と13番、畑田議員を指名します。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


               ◎日程第2 会期の決定





○議長(斎藤武俊) 日程第2、会期の決定を議題とします。


 お諮りします。


 本臨時会の会期については、議会運営委員会に諮り、本日1日としたいが、これに御異議ございませんか。


             (「異議なし」と言う者あり)


○議長(斎藤武俊) 異議なしと認めます。


 よって、本臨時会の会期は本日1日とすることに決定しました。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


    ◎日程第3 第90号議案 愛南町学校給食センター配送車輌購入


          事業契約について





○議長(斎藤武俊) 日程第3、第90号、愛南町学校給食センター配送車輌購入事業契約についてを議題とします。


 提案理由の説明を求めます。


 坂尾学校教育課長。


○学校教育課長(坂尾英治) 第90号議案、愛南町学校給食センター配送車輌購入事業契約について、提案理由の説明をいたします。


 現在、4カ所の給食センターで6台の車を使って給食を配送していますが、新しい給食センターでは5台の車輌で配送する計画にしています。平成22年度に購入した城辺学校給食センター2号車は改造して引き続き使用できますが、他の車輌5台は、古いもので15年、新しいもので7年経過しています。


 また、新しい学校給食センターでは、外部からの菌やほこりを防ぐ密閉式ドックシェルター方式にすることから、プラットホームの高さを、現在販売されています車の高さに合わせる必要があります。


 そこで、今回2トン標準車1台と2トンロング車3台の計4台を購入して、新しい給食センターのドックシェルター方式に対応する配送車輌を購入するものであります。


 資料の2ページをお開きください。


 配送車輌2トン、標準車の参考図を示しています。


 床面地上高を計画プラットホーム高90センチに、配送時の給食重量を考慮して、91.5センチとして、コンテナ3台を配送します。


 次に、2トンロング車の参考図を示しています。


 同じく、計画プラットホーム高に配送時の給食重量を考慮して92センチとして、コンテナを最大6台配送します。


 この車輌購入につきましては、10月23日に入札を執行した結果、有限会社 御荘ダイハツが2,273万2,500円で落札しましたが、この事業の予定価格が700万円を超えておりますので、議会の議決をいただきたく提案するものであります。


 議案におもどりください。


 契約の内容については、1の契約の目的は、愛南町学校給食センター配送車輌購入事業。


 2の契約の方法は、指名競争入札による契約です。


 3の契約金額は、2,273万2,500円。


 4の契約の相手方は、南宇和郡愛南町城辺甲2378番地、有限会社 御荘ダイハツ 代表取締役 山上良人です。


 なお、工期につきましては、契約の翌日から平成25年3月15日までを予定しております。


 また、入札参加業者は、町内の業者で、(有)平山自動車、(有)善家モータース、(有)南郡モータース、(株)菊池モータース、(有)御荘ダイハツ、中谷モータース、(有)入江自動車、(有)樫田自動車商会、(株)オートファクトリーの9社となっております。


 以上、第90号議案の説明とします。


 御審議のほど、よろしくお願いいたします。


○議長(斎藤武俊) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 質疑ありませんか。


 土居議員。


 16番(土居尚行)この自動車購入後に今現在使用している車ですよ。それの処分というのはどのようにお考えなんですか。


○議長(斎藤武俊) 坂尾学校教育課長。


○学校教育課長(坂尾英治) 土居議員の質問にお答えいたします。現在使用しています御荘2号車は、商工観光課での三越等への配送に使用する計画をたっております。あとの4台ですか、あとの分については、来年4月以降に町内に募集をかけて、少しでも町の収入になるように希望者へ売却するという計画をたてております。以上です。


○議長(斎藤武俊) 他にございませんか。質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(斎藤武俊) 討論なしと認めます。


 これより、第90号議案、愛南町学校給食センター配送車輌購入事業契約についてを採決します。


 お諮りします。


 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。


                 (賛成者挙手)


○議長(斎藤武俊) 全員挙手であります。


 よって、第90号議案、愛南町学校給食センター配送車輌購入事業契約については、原案のとおり可決されました。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


     ◎日程第4 選挙第1号 愛南町選挙管理委員会委員及び補充員の選挙





○議長(斎藤武俊) 日程第4、選挙第1号、愛南町選挙管理委員会委員及び補充員の選挙を行います。


 現愛南町選挙管理委員会委員及び補充員の任期は平成24年11月14日です。


 お諮りします。


 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選にいたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。


             (「異議なし」と言う者あり)


○議長(斎藤武俊) 異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法は指名推選で行うことに決定しました。


 お諮りします。


 指名の方法については、議長が指名することにしたいと思います。


 御異議ございませんか。


             (「異議なし」と言う者あり)


○議長(斎藤武俊) 異議なしと認めます。


 よって、議長が指名することに決定しました。


 愛南町選挙管理委員会委員には、愛南町御荘平城1527番地 楠木宇佐美氏、愛南町城辺甲2830番地2 河島益水氏、愛南町広見3106番地 遠近正人氏、愛南町船越545番地 山岡島子氏、以上の方を指名します。


 お諮りします。


 ただいま議長が指名しました、楠木宇佐美氏、河島益水氏、遠近正人氏、山岡島子氏、を愛南町選挙管理委員会委員の当選人と定めることに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と言う者あり)


○議長(斎藤武俊) 異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名しました、楠木宇佐美氏、河島益水氏、遠近正人氏、山岡島子氏、が愛南町選挙管理委員会委員に当選されました。


 次に、愛南町選挙管理委員会委員補充員には、愛南町緑丙206番地 尾田正幸氏、愛南町御荘平城2749番地 尾?健氏、愛南町柏1419番地 樫元都喜美氏、愛南町福浦1235番地 猪野高克氏、以上の方を指名します。


 お諮りします。


 ただいま議長が指名しました、尾田正幸氏、尾?健氏、樫元都喜美氏、猪野高克氏、を愛南町選挙管理委員会委員補充員の当選人と定めることに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と言う者あり)


○議長(斎藤武俊) 異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名しました、尾田正幸氏、尾?健氏、樫元都喜美氏、猪野高克氏、が愛南町選挙管理委員会委員補充員に当選されました。


 次に、補充の順序についてお諮りします。


 補充員の順序は、ただいま議長が指名した順序にしたいと思いますが御異議ありませんか。


             (「異議なし」と言う者あり)


○議長(斎藤武俊) 異議なしと認めます。


 よって、補充の順序はただいま議長が指名した順序に決定しました。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


    ◎日程第5 選挙第2号 愛媛県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙





○議長(斎藤武俊) 日程第5、選挙第2号、愛媛県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙を行います。


 愛媛県後期高齢者医療広域連合議会議員の被選挙人は1名です。


 お諮りします。


 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選にいたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。


             (「異議なし」と言う者あり)


○議長(斎藤武俊) 異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法は指名推選で行うことに決定しました。


 お諮りします。


 指名の方法については、議長が指名することにしたいと思います。


 御異議ございませんか。


             (「異議なし」と言う者あり)


○議長(斎藤武俊) 異議なしと認めます。


 よって、議長が指名することに決定しました。


 愛媛県後期高齢者医療広域連合議会議員に、清水雅文町長を指名します。


 お諮りします。


 ただいま議長が指名しました、清水雅文町長を愛媛県後期高齢者医療広域連合議会議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と言う者あり)


○議長(斎藤武俊) 異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名しました、清水雅文町長が、愛媛県後期高齢者医療広域連合議会議員に当選いたしました。


 愛媛県後期高齢者医療広域連合議会議員にただいま当選されました、清水雅文町長が議場におられますので会議規則第32条第2項の規定によって当選の告知をします。


これで全日程は、終了しました。


 これをもって、平成24年第2回愛南町議会臨時会を閉会します。


 


                午前10時23分 閉会








上記のとおり会議の次第を記載して、その相違ないこと証するため署名する。


 


        


        議     長     斎 藤  武 俊








        会議録署名議員     飯 田  利 久








        会議録署名議員     畑 田  藤志郎