議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛媛県 愛南町

平成24年第1回臨時会(第1日 2月10日)




平成24年第1回臨時会(第1日 2月10日)





 
平成24年第1回愛南町議会臨時会会議録


                 招集年月日  平成24年2月10日(金曜)


                 招集場所   愛南町役場議場


                 開  会   2月10日10時00分宣告


1.議事日程


 日程第 1 会議録署名議員の指名


 日程第 2 会期の決定


 日程第 3 承認第1号 専決処分第7号の承認を求めることについて(愛南町税条例


             の一部改正)


 日程第 4 第1号議案 平成23年度愛南町一般会計補正予算(第6号)について


 日程第 5 第2号議案 柏崎漁港地域水産物供給基盤整備工事(ゼロ国債)請負契


             約の変更について


 日程第 6 第3号議案 船越漁港水産流通基盤整備工事(分割の2)請負契約について


 日程第 7 第4号議案 愛南町ゆらり内海の指定管理者の指定について





2.本日の会議に付した事件


 議事日程第1から第7





3.出席議員(20名)


    1番 佐々木 史 仁      2番 草木原 由 幸


    3番 山 下 太 三      4番 中 野 光 博


    5番 浜 本 元 通      6番 内 倉 長 蔵


    7番 宮 下 一 郎      8番 山 下 正 敏


    9番 澤 本   誠     10番 那 須 芳 人


   11番 脇 田 達 矢     12番 飯 田 利 久


   13番 畑 田 藤志郎     14番 田 口   勝


   15番 吉 村 直 城     16番 土 居 尚 行


   17番 西 口   孝     18番 浜 田 博 文


   19番 増 元 久 男     20番 斎 藤 武 俊





4.欠席議員(0名)





5.説明のため出席した者の職氏名


   町長          清 水 雅 文


   副町長         石 川 芳 洋


   教育長         田 村 茂 雄


   総務課長        岡 田 敏 弘


   企画財政課長      那 須 英 治


   消防長         西 田   茂


   会計管理者       尾 ?   弘


   財産管理課長      湯 浅 裕 記


   税務課長        楠 木 宇佐美


   町民課長        浜 田 庄 司


   農林課長        西 村 信 男


   水産課長        中 村 維 伯


   建設課長        岡 野 志 朗


   商工観光課長      宮 城 辰 彦


   環境衛生課長      木 原 荘 二


   水道課長        中 川 治 雄


   保健福祉課長      児 島 秀 之


   高齢者支援課長     吉 田 光 男


   学校教育課長      坂 尾 英 治


   生涯学習課長      田 原 郁 夫


   国保一本松病院事務長  田 中 啓一郎


   内海支所長       中 川 健 一


   御荘支所長       上 埜 一 男


   一本松支所長      石 河   浩


   西海支所長       吉 田 千恵吉





6.職務のため出席した者の職氏名


   事務局長        松 田 雅 博 


   係長          田 中 俊 行 


   主査          浜 田 晶 子 





             議事の経過 午前10時00分 開会





○議長(斎藤武俊) ただいまの出席議員は20名です。定足数に達しておりますので、これより、平成24年第1回愛南町議会臨時会を開会します。


 町長より招集のあいさつがあります。


 清水町長


○町長(清水雅文) おはようございます。


 本日は、平成24年第1回愛南町議会臨時会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては、何かと御多忙の中、全員の御出席をいただき、まことにありがとうございます。


 去る2月5日の日曜日に、愛南町観光協会と共催で、愛南カキをメインに、愛南町冬の特産品をPRする「第2回うまいもん市インあいなん」を開催しております。


 今回は新しいご当地グルメを決める「愛南うまいもんコンテスト2012」も初めて開催しまして、町内外からたくさんの来場者をお迎えし、盛大に開催することができました。来場された皆様には、愛南町の魅力や冬の特産品を充分に味わっていただけたことと、うれしく思っております。


 今年は、3月の宇和島道路の開通にあわせて「えひめ南予いやし博2012」も予定しておりますが、愛南町の食材や観光資源をアピールし、愛南町活性化のイベントとして、今後も引き続き実施していきたいと考えております。


 さて、本日の臨時会に提案いたします議案でありますが、専決処分の承認議案が、1議案、一般会計の補正予算が、1議案、工事請負の契約及び変更が、2議案、指定管理者の指定が、1議案の計5議案であります。


 それぞれの議案につきましては、提案の際に詳しく説明させていただきますので、よろしく御審議いただきまして、適切な議決を賜りますようお願い申し上げまして、招集のあいさつとさせていただきます。


○議長(斎藤武俊) あいさつが終わりました。


 これより、直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(斎藤武俊) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 本日の会議録署名議員は、会議規則第117条の規定により、15番、吉村議員と16番、土居議員を指名します。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





◎日程第2 会期の決定





○議長(斎藤武俊) 日程第2、会期の決定を議題とします。


 お諮りします。


 本臨時会の会期については、議会運営委員会に諮り、本日1日としたいが、これに御異議ございませんか。


              (「異議なし」と言う者あり)


○議長(斎藤武俊) 異議なしと認めます。


 よって、本臨時会の会期は本日1日とすることに決定しました。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





◎日程第3 承認第1号 専決処分第7号の承認を求めることについて(愛南町税条例の一部改正)





○議長(斎藤武俊) 日程第3、承認第1号、専決処分第7号の承認を求めることについて(愛南町税条例の一部改正)を議題とします。


 提案理由の説明を求めます。


 楠木税務課長


○税務課長(楠木宇佐美) 承認第1号、専決処分第7号の承認を求めることについて、 愛南町税条例の一部改正について、提案理由の御説明を申し上げます。


 本条例は、先の国会におきまして、地方税法等の一部を改正する法律・政令・省令が昨年12月14日に公布、同日から施行されたことに伴いまして、愛南町税条例の一部改正が必要となりましたが、議会を招集する時間的余裕がなかったため、地方自治法第179条第1項の規定により、平成23年12月19日付けで専決処分をいたしましたので、これを報告し、御承認いただきたく提案するものでございます。


 改正の内容は、被災者生活再建支援金の税務上の取扱いについて、見直したことによるものであります。


 これまで、被災者生活再建支援金については、税務上は損失の補填としてみなされ、雑損控除の損失の金額から控除するものとして取り扱ってきましたが、東日本大震災後の実情などを踏まえ再検討されたことにより、被災者生活再建支援金については、雑損控除の損失の金額から控除しないこととされました。


 それでは、お手元にお配りしています新旧対照表で御説明しますので、新旧対照表をごらんください。


 附則の第22条は、東日本大震災により損失を受けた場合における雑損控除額等の特例を定めたものでありますが、第1項では災害関連の支出がある場合は、申告書の提出日の前日までとし、特例損失金額を損失対象金額に、適用期間を損失対象金額が生じた年と改めたものであります。


 第2項は削除し、これにより第3項が第2項となり、特例損失金額を損失対象金額に、適用期間を親族資産損失額が生じた年に改め、次に、第4項を削除し、これに伴い、第5項が第3項に繰上がるよう改めています。


 一部改正条例にもどっていただきまして、附則として、この条例の施行日を公布の日からとしています。


 以上、簡単ではありますが、提案理由の説明を終わります。


 御審議いただきまして御承認賜りますよう、よろしくお願いいたします。


○議長(斎藤武俊) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 質疑ありませんか。


               (「なし」と言う者あり)


○議長(斎藤武俊) 質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論はありませんか。


               (「なし」と言う者あり)


○議長(斎藤武俊) 討論なしと認めます。


 これより、承認第1号、専決処分第7号の承認を求めることについて(愛南町税条例の一部改正)を採決します。


 お諮りします。


 本件は、承認することに賛成の方は挙手願います。


                  (賛成者挙手)


○議長(斎藤武俊) 全員挙手であります。


 よって、承認第1号、専決処分第7号の承認を求めることについて(愛南町税条例の一部改正)は、承認することに決定しました。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





◎日程第4 第1号議案 平成23年度愛南町一般会計補正予算(第6号)について





○議長(斎藤武俊) 日程第4、第1号議案、平成23年度愛南町一般会計補正予算(第6号)についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 石川副町長


○副町長(石川芳洋) 第1号議案、平成23年度愛南町一般会計補正予算(第6号)について、提案理由の説明をいたしますので、1ページをお開きください。


 今回の補正予算は、国の補正予算第3号に係る内示により、財源がほぼ確定した、船越漁港広域漁港整備事業や、御荘漁港港整備交付金事業などであり、歳入歳出それぞれ、5,036万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ156億4,721万9,000円として、提案するものであります。


 予算内容は、事項別明細書により、歳出から説明いたしますので、15ページをお開き下さい。6款 農林水産業費ですが、補正額は5,036万3,000円の追加で、漁港管理費においては、原材料費34万5,000円、負担金7万8,000円の追加、また漁港建設費においては、委託料495万7,000円の減額、国庫補助事業の御荘漁港港整備交付金工事489万7,000円、船越漁港広域漁港整備工事5,000万円などの追加であります。


 次に、歳出の財源となります歳入について、説明いたしますので、13ページにお戻りください。先ず、10款 地方交付税ですが、補正額64万4,000円の追加であります。


 次に、14款 国庫支出金ですが、補正額2,500万円の追加で、広域水産物供給基盤整備事業費国庫補助金であります。


 次に、15款 県支出金ですが、補正額811万9,000円の追加で、広域水産物供給基盤整備事業費県補助金835万円の追加、港整備交付金事業費県補助金23万1,000円の減額によるものです。


 次に、21款 町債ですが、補正額1,660万円の追加で、水産業債の追加であります。


 以上で第1号議案、平成23年度愛南町一般会計補正予算(第6号)の提案理由の説明を終わります。


 御承認賜りますよう、お願いいたします。


○議長(斎藤武俊) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 質疑の方法は、予算書全般について、行います。質疑をされるときは、ページを言ってください。


 質疑ありませんか。  


               (「なし」と言う者あり)


○議長(斎藤武俊) 質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論はありませんか。


               (「なし」と言う者あり)


○議長(斎藤武俊) 討論なしと認めます。


 これより、第1号議案、平成23年度愛南町一般会計補正予算(第6号)についてを採決します。


 お諮りします。


 本案は、原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。


                  (賛成者挙手)


○議長(斎藤武俊) 全員挙手であります。


 よって、第1号議案、平成23年度愛南町一般会計補正予算(第6号)については原案のとおり可決されました。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





◎日程第5 第2号議案 柏崎漁港地域水産物供給基盤整備工事(ゼロ国債)請負契約の変更について





○議長(斎藤武俊) 日程第5、第2号議案、柏崎漁港地域水産物供給基盤工事(ゼロ国債)請負契約の変更についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 中村水産課長


○水産課長(中村維伯) 第2号議案、柏崎漁港地域水産物供給基盤整備工事(ゼロ国債)請負契約の変更について、提案理由の説明をいたします。


 本議案につきましては、平成23年4月28日に請負契約の議決をしていただきました、工事の変更契約に係るものです。


 本事業は平成14年度に着手し柏崎地域の養殖業などの振興を目的に整備を進めてまいりましたが、本年度が最終年度となりました。今回、最後の防波堤を整備して、事業全体の完成を図るため、入札の結果生じた減少金など充当して、60メートルの防波堤工事の完成を目指すものです。


 県当局に実施計画変更申請をしておりましたが、承認がでましたので、変更契約に必要な、地方自治法第96条第1項第5号の規定による、議会の議決を求めるものです。


 変更工事の内容につきましては、添付図面により説明いたしますのでごらんください。2ページ目の位置図をごらんください。施行場所は、柏崎地区となっております。


次に3ページ目の平面図をごらんください。今回の変更は、赤く着色した部分で、被覆・根固めブロック291個の据付が主な追加工事となっております。


 それでは、議案におもどりください。契約内容につきましては、1の契約の目的は変更ありません。2の契約の方法も変更はありません。3の契約金額については、3億219万円を3億1,377万円に変更し1,158万円増額するものです。4の契約の相手方についても変更はありません、株式会社 末廣組です。なお、工期につきましては、平成24年3月15日を予定しています。


 以上、第2号議案の提案理由の説明とさせていただきます。御審議の上、御決定いただきますよう、よろしくお願いします。


○議長(斎藤武俊) 説明がおわりました。


 これより質疑を受けます。


 質疑はありませんか。


               (「なし」と言う者あり)


○議長(斎藤武俊) 質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論はありませんか。


               (「なし」と言う者あり)


○議長(斎藤武俊) 討論なしと認めます。


 これより、第2号議案、柏崎漁港地域水産物供給基盤整備工事(ゼロ国債)請負契約の変更についてを採決します。


 お諮りします。


 本案は、原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。


                  (賛成者挙手)


○議長(斎藤武俊) 全員挙手であります。


 よって、第2号議案、柏崎漁港地域水産物供給基盤整備工事(ゼロ国債)請負契約の変更については、原案のとおり可決されました。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





◎日程第6 第3号議案 船越漁港水産流通基盤整備工事(分割の2)請負契約について





○議長(斎藤武俊) 日程第6、第3号議案、船越漁港水産流通基盤整備工事(分割の2)請負契約についてを議題とします。


 提案理由の説明を求めます。


 中村水産課長


○水産課長(中村維伯) 第3号議案船越漁港水産流通基盤整備工事(分割の2)請負契約について提案理由を説明いたします。


 本工事は、船越漁港の養殖漁業、漁船漁業の振興を目的に、防波堤などを整備することで、静穏な水域を確保し、水産作業の円滑化による漁業経営の安定を目指して計画したものです。平成14年度に着手し、平成25年度の完成を目標に整備を行っています。


 本契約はそのうち防波堤120メートルの基礎部分とケーソンの製作について施行するもので、平成24年1月20日に入札を執行したものです。


 工事の内容につきましては、添付しています図面により説明いたしますので、2ページをごらんください。本案件の位置図となっております。施行場所は船越地区です。


 次に3ページをごらんください。平面図と標準断面図をしめしております。赤く着色している部分が今回の工事実施部分です。


 主な工事概要を説明します。防波堤全延長180メートルのうち、120メートル分の基礎捨石59,623立方メートルと同じく120メートル分のケーソンブロック6個の製作を計画しております。なお製作したケーソンブロック6個の据付は来年度発注となる予定です。


 この工事につきましては、入札執行の結果、株式会社 酒井組が落札をいたしましたが、この工事の予定価格が5,000万円を超えていますので、議会の議決をいただきたく提案するものです。


 最初のページにお戻りください。契約の内容につきましては、1の契約の目的は、船越漁港水産流通基盤整備工事(分割の2)です。2の契約の方法は、条件付一般競争入札による契約です。3の契約金額は、5億8,275万円です。4の契約の相手方は、南宇和郡愛南町船越1306番地の1、株式会社 酒井組、代表取締役 小田原秀子です。なお、工期につきましては、契約の翌日から平成24年3月31日までの予定です。また、入札参加業者は、町内の業者で、株式会社 明正建設、有限会社小泉建設、株式会社 羽田建設、株式会社 末廣組、株式会社 酒井組の5社となっております。


 以上、第3号議案の提案理由の説明とさせていただきます。御審議の上、御決定いただきますよう、よろしくお願いします。


○議長(斎藤武俊) 説明が終わりました。


 これより、質疑を受けます。


 質疑ありませんか。


 土居議員


○16番(土居尚行) 先ほど決定した補正予算の5,000万円ですよ。これはこの工事の追加という形で執行される予定ですか。


○議長(斎藤武俊) 中村水産課長


○水産課長(中村維伯) お答えします。今日この契約を認めていただきましたら、今回の入札によって生じた減少金と今回の5,000万円をあわせて変更の契約で今年度中に契約を、また議会に提案をさせていただきたいと考えております。以上です。


○議長(斎藤武俊) 他にありませんか。


 質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論はありませんか。


               (「なし」と言う者あり)


○議長(斎藤武俊) 討論なしと認めます。


 これより、第3号議案、船越漁港水産流通基盤整備工事(分割の2)請負契約についてを採決します。


 お諮りします。


 本案は、原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。


                  (賛成者挙手)


○議長(斎藤武俊) 全員挙手であります。


 よって、第3号議案、船越漁港水産流通基盤整備工事(分割の2)請負契約については、原案のとおり可決されました。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





◎日程第7 第4号議案 愛南町ゆらり内海の指定管理者の指定について





○議長(斎藤武俊) 日程第7、第4号議案、愛南町ゆらり内海の指定管理者の指定についてを議題とします。


 提案理由の説明を求めます。


 岡田総務課長


○総務課長(岡田敏弘) 第4号議案、愛南町ゆらり内海の指定管理者の指定について提案理由の説明をさせていただきます。


 愛南町ゆらり内海の指定管理者である株式会社グリーンエンタープライズの指定期間が、平成24年3月31日をもって終了することから、新たに指定管理者を選定するため、唯一申請のあった株式会社グリーンエンタープライズについて、昨年の12月26日、愛南町指定管理者選定委員会によるヒアリングが行われ、指定管理者としてふさわしいとの答申を得ております。


 株式会社グリーンエンタープライズは、平成19年4月から指定管理者として本施設の管理にあたり、その間、旬の食材を活かした新メニューの開発等、積極的な誘客に努め、経営・運営面において成績が良好であるため、愛南町公の施設の指定管理者の指定の手続等に関する条例第4条第1項に規定する指定管理者としての要件を備えており、本施設の指定管理者として指定いたしたく、地方自治法第244条の2第6項の規定により議会の議決を求めるものであります。


 議案の内容につきましては、1の管理を行わせる施設名は、愛南町ゆらり内海です。2の指定管理者の住所は、愛南町柏411番地、名称は株式会社グリーンエンタープライズ、氏名は代表取締役 深堀毅であります。3の指定期間は、平成24年4月1日から平成29年3月31日までの5年間としております。  


 以上、第4号議案の提案説明とさせていただきます。御審議のほど、よろしくお願いします。


○議長(斎藤武俊) 説明が終わりました。


 これより、質疑を受けます。


 質疑ありませんか。


 土居議員


○16番(土居尚行) 今日、決定になれば今から5年間この会社にお願いするわけなんですが、少し離れた所にオートキャンプ場がありますね、名前忘れましたけど、あそこなんかの施設もあわせて、このグリーンエンタープライズに指定管理を行って一体的に管理をしていただけるような形にはできないのか、それは法的に無理なのかとか。私はどのような利用者が来られるのか、やはりオートキャンプ場を利用される方はゆらりも利用される方があるんではないかと思うんですが、そのような事をできるのであれば検討してみてはどうかと思いますが、いかがですか。


○議長(斎藤武俊) 石川副町長


○副町長(石川芳洋) お答えしたいと思います。土居議員の言われるとおり今のゆらり内海それから須ノ川公園一帯にはオートキャンプ場、それから公園内の販売店もあろうかと思います。そういった面の一体化の運営関係を検討していきたいとは思っておりますけど、ちょっと法律関係とか、県有地でもありますのでそのへん難しいところがありますので、このへんはちょっと、内海支所長に細かいことは答えていただきたいと思います。


○議長(斎藤武俊) 中川内海支所長


○内海支所長(中川健一) お答えいたします。今、副町長の答弁があったとおり、須ノ川公園の国道から海びらの方、広い駐車場とか売店があるトイレがある所は県有地になっております。そこでキャンプを張ったりすることは可能で今でも行っております。それから、土居議員の御指摘のオートキャンプ場、これは国道から山際の方なんですが、テントサイトが10個ほどありまして、ここの土地、建物の所有権は愛南町です。それで、ゆらり内海の底地は愛媛県で賃貸料を払っていると思います。それで副町長の答弁のとおり一体開発を今、内海支所のほうでも検討しておりまして、オートキャンプ場のほうは管理条例がありますので、指定管理にもっていくことは可能なんですが、経営上なかなか今のテントサイトだけでは採算ベースにあいにくいんじゃないかということで、ひと工夫が必要だということを考えております。それから県有地の広い池があるところと芝生それからトイレとか管理塔とか売店があるんですが、これについてもなかなか人件費がかかりまして、これも再検討が必要だと。この二つをあわせて、いずれ議会の全員協議会のほうに資料を提出して御検討をお願いしたいと思います。よろしくお願いいたします。


○議長(斎藤武俊) 他にございませんか。


 那須議員


○10番(那須芳人) 現在、ゆらり内海は今回指定管理者になったグリーンエンタープライズが運営しとるわけです。前回、指定管理の募集をかけたところ応募者が無くて、今回2度目で継続してグリーンエンタープライズが指定管理者としてという決定になったわけですけど、そのへんの条件の変更、あるいはもし今回応募がなかったら、どうするつもりだったのか、町が運営するおつもりであったのか。そのへんのことについて、困ったから頭さげてお願いしたとか、そういうことがあったのかなかったのか条件はどういう形であったのかお聞かせ願えたらと思います。


○議長(斎藤武俊) 石川副町長


○副町長(石川芳洋) お答えしたいと思います。最終条件につきましては、ホームページの募集要項、最初は100万円での委託でございました。最終的にはその100万円で応募者がないということで、審査委員会で検討した結果200万円にしたというのが結論でございます。そういった内部的な、エンタープライズにつきましては別としてどうしても民間企業に委託するほうが経営的にも非常によろしいし、愛南町自体も多角経営もできるということで、エンタープライズ2回目の200万円で協議をして妥当であるという結果をだしております。そういう経過であります。もしなかった場合もう一度、再度、運営委員会を開いてどうするかは検討したいと思っておりましたけど、たまたまあったということですけども、もしなければ愛南町の直営になろうかと思われます。以上です。


○議長(斎藤武俊) よろしいですか。他にございませんか。


 質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論はありませんか。


               (「なし」と言う者あり)


○議長(斎藤武俊) 討論なしと認めます。


 これより、第4号議案、愛南町ゆらり内海の指定管理者の指定について採決します。


 お諮りします。


 本案は、原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。


                  (賛成者挙手)


○議長(斎藤武俊) 全員挙手であります。


 よって、第4号議案、愛南町ゆらり内海の指定管理者の指定については、原案のとおり可決されました。


○議長(斎藤武俊) これで全日程は、終了しました。


 これをもって、平成24年第1回愛南町議会臨時会を閉会します。





                午前10時32分 閉会





 上記のとおり会議の次第を記載して、その相違ないこと証するため署名する。











       議     長   斎 藤  武 俊











       会議録署名議員   吉 村  直 城











       会議録署名議員   土 居  尚 行