議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛媛県 愛南町

平成21年第7回臨時会(第1日11月24日)




平成21年第7回臨時会(第1日11月24日)





 
平成21年第7回愛南町議会臨時会会議録


                       平成21年11月24日(火)開会





1.議事日程


 日程第 1 会議録署名議員の指名


 日程第 2 会期の決定


 日程第 3 第87号議案 愛南町議会議員の議員報酬等に関する条例等の一部を改正


              する条例の制定について





2.本日の会議に付した事件


 議事日程第1から第3





3.出席議員(19名)


  1番 佐々木 史 仁 君     2番 草木原 由 幸 君


  3番 山 下 太 三 君     4番 中 野 光 博 君


  5番 浜 本 元 通 君     6番 宮 下 一 郎 君


  7番 山 下 正 敏 君     8番 澤 本   誠 君


  9番 那 須 芳 人 君    10番 増 元 久 男 君


 11番 脇 田 達 矢 君    12番 飯 田 利 久 君


 14番 畑 田 藤志郎 君    15番 田 口   勝 君


 16番 土 居 尚 行 君    17番 西 口   孝 君


 18番 浜 田 博 文 君    19番 内 倉 長 蔵 君


 20番 吉 村 直 城 君





4.欠席議員(1名)


 13番 斎 藤 武 俊 君





5.説明のため出席した者の職氏名


   町長          清 水 雅 文 君


   副町長         石 川 芳 洋 君


   教育長         田 村 茂 雄 君


   総務課長        岡 田 敏 弘 君


   企画財政課長      吉 田 俊一郎 君


   消防長         高 橋 純 一 君


   会計管理者       尾 ?   弘 君


   財産管理課長      中 川 健 一 君


   税務課長        金 田 孝 一 君


   町民課長        浜 田 庄 司 君


   農林課長        木 原 荘 二 君


   水産課長        橋 岡 政 文 君


   建設課長        岡 野 志 朗 君


   商工観光課長      宮 城 辰 彦 君


   環境衛生課長      児 島 秀 之 君


   水道課長        中 川 治 雄 君


   保健福祉課長      西 村 信 男 君


   高齢者支援課長     吉 田 光 男 君


   学校教育課長      浜 本 正 恵 君


   生涯学習課長      尾 ?   健 君


   国保一本松病院事務長  田 中 啓一郎 君


   内海支所長       那 須 英 治 君


   御荘支所長       吉 見   元 君


   一本松支所長      嘉 新 安 行 君


   西海支所長       田 原 博 人 君





6.職務のため出席した者の職氏名


   事務局長        岡   和三郎 君


   書記兼総務課長補佐   嘉喜山   茂 君


   係長          鈴 木 洋 文 君


   主事          中 田 旬 美 君





              午前10時00分 開会





○議長(吉村直城君) ただいまから、平成21年第7回愛南町議会臨時会を開会します。


 町長より招集のあいさつがあります。


 清水町長。


○町長(清水雅文君) おはようございます。


 本日は、平成21年第7回愛南町議会臨時会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては、何かとご多忙の中、ご出席をいただきまして、まことにありがとうございます。


 また、昨日は、合併5周年記念「愛南町の歌・音頭発表会」にご出席いただき、ありがとうございました。おかげをもちまして、盛大に開催することができました。今後、さまざまな場面で、歌・音頭を活用し、町民の親睦と融和を図っていきたいと考えております。


 さて、国では、来年度予算編成に向けて、概算要求が出揃い、現在、新しい試みである事業仕分けによる予算査定の前半が終わったところでありますが、来年度予算の全貌が徐々に明らかになる中で、本町にとっては非常に厳しい内容となっております。


 松山自動車道「西予宇和」から「宇和島北」の間は平成23年度供用へ向けて必要額が確保され、宇和島道路「宇和島南」から「津島」の間は平成21年度開通に目処がたったところですが、前金子大臣との約束であった、宇和島道路に接続する新規事業の津島道路については、平成22年度事業化は困難であるということが判明しております。


 今後は、愛媛県、宇和島市、宿毛市等とも連携し、何とか平成22年度に事業化できるよう強く要望していきたいと考えておりますので、議員各位にも何かとご協力を仰がなければならないと思いますので、何とぞよろしくお願いいたします。


 本日の臨時会に提案いたします議案ですが、平成21年度の人事院勧告を受け、県に準じて、本町職員等の給料月額、期末手当等を改めるための愛南町議会議員の議員報酬等に関する条例等の一部を改正する条例の制定についての1議案であります。


 内容につきましては、提案の際に詳しく説明させていただきますので、よろしくご審議いただきまして、適切な議決を賜りますようお願い申し上げまして、まことに簡単ではございますが、招集のあいさつとさせていただきます。


○議長(吉村直城君) あいさつが終わりました。


 これより直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手許に配布のとおりです。





────────────────────────────────────────





◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(吉村直城君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 本日の会議録署名議員は、会議規則第117条の規定により17番、西口議員と18番、浜田議員を指名します。





────────────────────────────────────────





◎日程第2 会期の決定





○議長(吉村直城君) 日程第2、会期の決定を議題とします。


 お諮りします。


 本臨時会の会期については、議会運営委員会に諮り本日1日といたしたいが、これにご異議ございませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(吉村直城君) 異議なしと認めます。


 よって本臨時会の会期は、本日1日とすることに決定しました。





────────────────────────────────────────





◎日程第3 第87号議案 愛南町議会議員の議員報酬等に関する条例等の一部を改正する条例の制定について





○議長(吉村直城君) 日程第3、第87号議案、愛南町議会議員の議員報酬等に関する条例等の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 岡田総務課長。


○総務課長(岡田敏弘君) 第87号議案、愛南町議会議員の議員報酬等に関する条例等の一部を改正する条例の制定について、提案理由の説明をさせていただきます。


 本案は、民間給与との状況を考慮し、県に準じて、本町の職員等の給料月額、期末手当、勤勉手当等を改めるため、関係条例の一部を改正する条例の制定を行いたく提案するものであります。


 それでは、改正内容について説明しますので、新旧対照表の1ページをお開きください。


 左側が現行、右側が改正案でアンダーラインを引いているところが改正箇所であります。


 第1条では、議員の6月の期末手当の支給割合「100分の162.5」を「100分の147.5」に、12月の支給割合「100分の172.5」を「100分の162.5」に改めます。


 第2条及び第3条では、町長、副町長及び教育長の6月の期末手当の支給割合「100分の160」を「100分の145」に、12月の支給割合「100分の170」を「100分の160」に改めます。


 第4条では、職員の12月の期末手当支給割合「100分の160」を「100分の150」に、勤勉手当の支給割合「100分の75」を「100分70」に、医師の医療職給料表(1)を除き給料表を別表のように改めます。


 再任用職員の支給割合については、「100分の160」を「100の150」に、「100分の85」を「100分の80」に改めます。


 第5条では、職員の6月の期末手当支給割合を「100分の125」に改め、再任用職員の支給割合については、「100分の140」を「100の125」に、「100分の75」を「100分の65」に、「100分の80」を「100分の85」に改めます。また、再任用職員の勤勉手当の支給割合を6月、12月の区別をなくし、「100分の35」に改めます。


 第6条では、平成18年3月の改正条例の規定により、改正前に受けていた給料額を支給されている者については、支給額に99.82を乗じて得た額を支給するよう改めます。


 最後に改正条例16ページに戻りまして、附則として、この条例は平成22年4月1日から施行する第5条の規定を除き、平成21年12月1日から施行することとしております。


 第2項では、本改正条例第4条の規定により支給される給料月額が減額改定となる職員について、改正後の規定により算出される12月期末手当額から本項第1号と第2号で算出した金額の合計額を減じることとしております。


 第3項では、この改正条例の施行に関し必要な事項は、規則で定めることとしております。


 以上、第87号議案の提案説明とさせていただきます。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。


○議長(吉村直城君) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 ご質疑ございませんか。


 西口議員。


○17番(西口 孝君) 今説明を聞いたわけですが、新旧対照表を見ても、説明を聞いても非常にわかりにくいのですが、条例の対照表だけでなくて、現行と改定後の実際の比較表をもしあれば出していただきたいと思うのですが、その内容としては、給料について職員一人当たり平均で幾らの減額になるか、期末・勤勉手当については、年間の支給月数でどれだけ減るのか、幾らになるのか、また、これによって平成21年度の給与改定の主な内容とその影響額が幾らになるのか、一般職分でいいのでお答え願いたいと思います。幾らの減額、また、期末・勤勉手当分で幾らの減額か、結局そういう総額で幾らの減額になるのか、それは職員一人当たりで年間で幾らの引き下げになるのか、そういう点についてお聞きしたいと思います。


○議長(吉村直城君) 岡田総務課長。


○総務課長(岡田敏弘君) お答えいたします。


 今回の給与の改定につきましては、対象が全員になっておりませんので、なかなか平均のつかみ方が難しいところがあるのですが、まず、職員総数536人のうち、減額の対象となる者は423名となっております。先ほどの議案の16ページに給料表があると思うのですが、この給料表以外が減額の対象となっております。一言で言えば年齢層の上の者、年齢の低い者は、今回減額の対象になっておりません。まず、給料の改定の方で最低が201円から705円まで、平均としては472円という形になっております。


 それから、調整額といいますか給料の8ヶ月分が減額となりまして、6月のボーナスの分も減額になる、それを今度の12月の期末手当であわせて減額するわけですが、その一般職の合計額が233万7,587円となります。


 それから期末の改定によります、これは全職員対象になるのですが、減額の幅は2,538万5,000円、理事者、議員を全部含めますと2,600万円という減額の幅となっております。一人当たり幾らかというのは、その合計で平均すれば出るわけですが、減る人と減らない人がいて、なかなかつかみにくいところがあってはっきりした数字は出していませんが、後日、わかりやすい表をつくってお出しすることはできると思います。よろしくお願いします。


○議長(吉村直城君) 西口議員。


○17番(西口 孝君) 確認をしたいのですけれども、21年度の予算の減額として、給与分で237万円、期末・勤勉手当分で2,600万円、合計で3,000万円弱の減という意味で理解していいんですか。


○議長(吉村直城君) 岡田総務課長。


○総務課長(岡田敏弘君) 期末・勤勉の分は、今回の12月分だけで6月にも落としていますので、総額はあのとき3,200万円くらいあったかと思うんですが、それがプラスされます。今年の分を一覧表にして後でお出しするようにします。


○議長(吉村直城君) ほかにご質疑ございませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(吉村直城君) 質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


 反対討論、西口議員から。


○17番(西口 孝君) 私は、反対を表明して討論に参加をしたいと思います。


 今回の職員給与改定案のもとになりました2009年人勧に対して、その不当性といいますか問題点について、指摘しておかなくてはならないと思います。


 今回の引き下げだけでも、先ほどの質疑の中でも明らかなりましたけれども、総額で3,000万円近い額となるわけでありますが、これのもとをたどってみますと1998年、今から11年前の人勧から今日までの11年間、給与が据え置かれたり、引き下げられたりしてきたわけでありますが、給与とともに削減が続けられ、公務員の特殊性から労働基本権の代償性ということで、公務員の人たちにそういう労働に対するいろいろな発言や組合をつくったりとか、そういうことをしない、その代わりに人勧というそういう制度がつくられた、そういうものを放棄するというような不当なものだということを、まず1点申し上げたいと思います。


 二つ目としては、今年の6月に行われました夏季一時金の勧告、0.2ヶ月分の削減が行われたわけでありますが、その影響というのは、民間企業の夏季一時金の妥結額、その状況を見ても公務員並みの0.2ヶ月減という状況で推移してきた、こういう実態が示しておりますように、これのもとというのは財界、政府与党、人事院により意図的につくりだされた勧告に基づいて、まず公務員に賃下げを強行して、賃金削減サイクルを加速させる勧告だと言わざるを得ません。


 本町の場合、もともと県下でも最低水準にある職員給与の中で、連日住民の福祉、暮らしの充実のために各分野で頑張っておられる一般職の給与の削減は、行うべきではないと思います。


 以上、今回の職員給与改定案の撤回を要求して反対討論といたします。


○議長(吉村直城君) 原案に対し反対の立場で討論がありました。


 賛成の立場で討論ありませんか。


 内倉議員。


○19番(内倉長蔵君) 私は賛成の立場で討論を行いたいと思います。


 愛南町の職員給与が県下でも低いことは承知しているところではありますが、この地域の疲弊した経済状況の中で、民間と比べても町職員の給料はまずまずではないかと思うような状態にありますし、県の勧告に準じて今回の引き下げであります。私は、他の市町においても減額の方向にある中で、愛南町もこれを認めていくべきであろうと思います。私は賛成といたしたいと思います。


○議長(吉村直城君) 賛成、反対の立場でそれぞれ討論がありました。


 ほかに討論ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(吉村直城君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 第87号議案、愛南町議会議員の議員報酬等に関する条例等の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。


               (賛成者挙手)


○議長(吉村直城君) 挙手多数であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


 これをもって、平成21年第7回愛南町議会臨時会を閉会いたします。





             午前10時21分 閉会





上記のとおり会議の次第を記載して、その相違ないことを証するため、署名する。








       議     長   吉村 直城








       会議録署名議員   西口  孝








       会議録署名議員   浜田 博文