議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛媛県 愛南町

平成21年第3回臨時会(第1日 5月 1日)




平成21年第3回臨時会(第1日 5月 1日)





 
平成21年第3回愛南町議会臨時会会議録


                         平成21年5月1日(金)開会





1.議事日程


 日程第   1 仮議席の指定


 日程第   2 議長の選挙について


 追加日程第 1 議席の指定


 追加日程第 2 会議録署名議員の指名


 追加日程第 3 会期の決定


 追加日程第 4 副議長の選挙について


 追加日程第 5 常任委員会委員の選任について


 追加日程第 6 議会運営委員会委員の選任について


 追加日程第 7 宇和島地区広域事務組合議会議員の選挙について


 追加日程第 8 津島水道企業団議会議員の選挙について


 追加日程第 9 篠山小中学校組合議会議員の選挙について


 追加日程第10 愛媛県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙について


 追加日程第11 同意第 6号 愛南町監査委員の選任について


 追加日程第12 承認第 1号 専決処分第1号の承認を求めることについて(愛南町


                税条例の一部改正)


 追加日程第13 承認第 2号 専決処分第2号の承認を求めることについて(愛南町


                国民健康保険税条例の一部改正)


 追加日程第14 第54号議案 平成21年度愛南町一般会計補正予算(第1号)につ


                いて


 追加日程第15 第55号議案 平成21年度愛南町上水道事業会計補正予算(第1号


                )について


 追加日程第16 議席の一部変更





2.本日の会議に付した事件


 議事日程第1から第2及び追加日程第1から第16





3.出席議員(20名)


  1番 佐々木 史 仁 君     2番 草木原 由 幸 君


  3番 山 下 太 三 君     4番 中 野 光 博 君


  5番 浜 本 元 通 君     6番 内 倉 長 蔵 君


  7番 宮 下 一 郎 君     8番 山 下 正 敏 君


  9番 澤 本   誠 君    10番 那 須 芳 人 君


 11番 増 元 久 男 君    12番 脇 田 達 矢 君


 13番 飯 田 利 久 君    14番 斎 藤 武 俊 君


 15番 畑 田 藤志郎 君    16番 田 口   勝 君


 17番 吉 村 直 城 君    18番 土 居 尚 行 君


 19番 西 口   孝 君    20番 浜 田 博 文 君





4.欠席議員(0名)





5.説明のため出席した者の職氏名


   町長          清 水 雅 文 君


   教育長         田 村 茂 雄 君


   総務課長        岡 田 敏 弘 君


   企画財政課長      吉 田 俊一郎 君


   消防長         高 橋 純 一 君


   会計管理者       尾 崎   弘 君


   財産管理課長      中 川 健 一 君


   税務課長        金 田 孝 一 君


   町民課長        浜 田 庄 司 君


   農林課長        木 原 荘 二 君


   水産課長        橋 岡 政 文 君


   建設課長        岡 野 志 朗 君


   商工観光課長      宮 城 辰 彦 君


   環境衛生課長      児 島 秀 之 君


   水道課長        中 川 治 雄 君


   保健福祉課長      西 村 信 男 君


   高齢者支援課長     吉 田 光 男 君


   学校教育課長      浜 本 正 恵 君


   生涯学習課長      尾 崎   健 君


   国保一本松病院事務長  田 中 啓一郎 君


   内海支所長       那 須 英 治 君


   御荘支所長       吉 見   元 君


   一本松支所長      嘉 新 安 行 君


   西海支所長       田 原 博 人 君





6.職務のため出席した者の職氏名


   事務局長        岡   和三郎 君


   書記兼総務課長補佐   嘉喜山   茂 君


   係長          鈴 木 洋 文 君


   主事          中 田 旬 美 君





              午前10時00分 開会





○議会事務局長(岡 和三郎君) 事務局長の岡です。


 本臨時会は、一般選挙後、初めての議会です。議長が選挙されるまでの間、地方自治法107条の規定によって、出席議員の中で年長の議員が臨時に議長の職務を行うことになっております。


 年長の澤本議員をご紹介します。


            (澤本 誠君 議長席に着く)


○臨時議長(澤本 誠君) ただいま紹介いただきました澤本です。


 地方自治法107条の規定によって、臨時に議長の職務を行います。どうぞよろしくお願いします。


 ただいまから、平成21年第3回愛南町議会臨時会を開会いたします。


 町長より招集のあいさつがあります。


 清水町長。


○町長(清水雅文君) おはようございます。


 本日は、平成21年第3回愛南町議会臨時会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては、何かとご多忙の中をご出席いただき、まことにありがとうございます。


 去る4月12日に執行されました任期満了による愛南町議会議員選挙におきまして、当選の栄に浴されました議員の皆様に、お祝いを申し上げますとともに、愛南町のさらなる発展のために、ご活躍されますよう心からお祈り申し上げます。


 さて、本日の臨時会に提案いたします議案ですが、平成21年度愛南町一般会計補正予算、平成21年度愛南町上水道事業会計補正予算、議会選出の監査委員の選任同意議案及び愛南町税条例の一部改正と愛南町国民健康保険税条例の一部改正の専決処分承認が2議案の合計5議案でございます。


 議事日程のとおり、本日の臨時会は改選後初めての議会でありまして、議会構成及び各組合議員の選出という愛南町議会の任務を託す大事な議会であると思います。十分ご審議の上、円満に議会構成ができますようお願い申し上げます。


 また、それぞれの議案につきましては、提案の際に詳しく説明させていただきますので、よろしくご審議いただき、適切な議決を賜りますようお願い申し上げまして、まことに簡単ではございますが、招集のあいさつとさせていただきます。


○臨時議長(澤本 誠君) あいさつが終わりました。


 これより直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手許に配布のとおりです。





────────────────────────────────────────





◎日程第1 仮議席の指定





○臨時議長(澤本 誠君) 日程第1、仮議席の指定を行います。


 仮議席は、ただいま着席の議席とします。


 ここで暫時休憩します。


             午前10時04分 休憩


          ―――――――――――――――――


             午前10時14分 再開


○臨時議長(澤本 誠君) 休憩前に引き続き会議を開きます。





────────────────────────────────────────





◎日程第2 議長の選挙について





○臨時議長(澤本 誠君) 日程第2、議長の選挙を行います。


 選挙は投票で行います。


 議場の出入り口を閉めます。


               (議場封鎖)


○臨時議長(澤本 誠君) ただいまの出席議員数は20人です。


 次に、立会人を指名します。会議規則第31条第2項の規定により、立会人に佐々木議員と草木原議員を指名します。


 投票用紙を配ります。


 念のために申し上げます。


 投票は単記無記名です。


              (投票用紙配布)


○臨時議長(澤本 誠君) 投票用紙の配布漏れはありませんか。


 配布漏れなしと認めます。


 投票箱を点検します。


               (投票箱点検)


○臨時議長(澤本 誠君) 異常なしと認めます。


 ただいまから投票を行います。


 議席番号1番の議員から順番に投票願います。


                (投票)


○臨時議長(澤本 誠君) 投票漏れはありませんか。


 投票漏れなしと認めます。


 投票を終わります。


 開票を行います。


 佐々木議員、草木原議員、開票の立会いをお願いします。


                (開票)


○臨時議長(澤本 誠君) 選挙の結果を報告します。


 投票総数20票。


 有効投票19票。


 無効投票1票。


 有効投票のうち、吉村議員、13票。西口議員、6票。


 以上のとおりです。


 この選挙の法定得票数は5票です。


 よって、吉村議員が議長に当選されました。


 議場の出入り口を開きます。


               (議場開場)


○臨時議長(澤本 誠君) ただいま議長に当選された吉村議員が議場におられます。会議規則第32条第2項の規定によって、当選の告知をいたします。


 議長に当選された吉村議員の当選承諾及びあいさつを許可します。


○議長(吉村直城君) このたび私、議会議長の栄に皆様方のご支持をいただきまして浴することになりました。元来、浅学非才の身ではございますが、ご支持いだきました皆様方には、身を挺して一所懸命この要職を務めさせていただく覚悟でございます。また、決意を新たにいたしているところでございます。議会の運営につきましては、議会運営委員会の皆様方のご意見を尊重しながら、公平無私を原点といたしまして、誠心誠意努力していく覚悟でございます。


 また、議員各位にお願いがございます。議会は言論の府であることはご承知のとおりでありますが、ことわざの中にもございます。舌は鋼ではないが人を斬る。こういうことわざもございます。どうかそれぞれの人格、名誉を尊重できる言論の府であってほしいと願っています。また、十のことは十に言えとも申します。発言にしっかりした責任を持っていただきたく、希望をいたすところでございます。どうか今後ともよろしくご支援、ご協力を賜りますようお願いを申し上げます。


 理事者並びに管理職の皆様に一言申し上げます。議会と執行機関、おのずと役目は違いますけれども、車の両輪に例えられますとおり、目指す方向は、まったく一緒でございます。私たちも議会としての役目をしっかり果たしながら、近く離れずを原点といたしまして、一生懸命本町の発展と住民自治の向上に職責を全うする所存でございます。どうかよろしくご支援賜りますよう重ねてお願い申し上げ、就任のあいさつとさせていただきます。


○臨時議長(澤本 誠君) 以上で私の臨時議長としての役目を終わらせていただきます。ご協力まことにありがとうございました。


 ここで吉村議長に議長席にお着き願います。


○議長(吉村直城君) 暫時休憩します。


             午前10時29分 休憩


          ―――――――――――――――――


             午前10時50分 再開


○議長(吉村直城君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 那須議員。


○10番(那須芳人君) 発言の機会をいただきまして、ありがとうございます。


 まずは吉村新議長、ご就任おめでとうございます。議員経験の長い吉村新議長でありますので、その手腕をいかんなく発揮されることを期待いたします。


 それで2点、お伺いいたします。先ほどの立候補の表明の時に質問の機会がありませんでしたので、私はここであえて聞きたいと思います。


 一つは、議員の立場としてお伺いいたします。先週の議員懇談会でいくつかの申し合わせ事項を確認しました。その中で、議長、副議長の任期は2年というふうに紳士協定が結ばれています。宇和島市にしましても、大洲市にしましても、申し合わせがなく混乱したことがございます。議会も、住民の方からも批判が出まして、結局はお辞めになったわけなのですけれども、その申し合わせの紳士協定をお守りするのかどうかが1点でございます。


 もう一つは住民の立場として、住民の代表者として、私たちは選挙期間中、住民の皆さんからいろいろと議会内の対立のことを言われました。いい加減にしてくれという声が大でありまして、私もそう思っております。吉村新議長は、この議会内の融和をどういうふうにお図りになるのか。私は、正常な議会が町行政との融和を図れるものと思っておりますし、ひいては住民の利益に通じるものだと思っております。どうお考えでしょうか。


 就任早々、大変無礼な質問ということは承知しておりますけれども、一方で非常に大事な質問でありますので、お答えをいただきたいと思います。


○議長(吉村直城君) 那須議員のご質問にお答えいたします。


 申し合わせ事項でございますけれども、当然のこと、これは遵守する覚悟です。なお、問題があれば皆様方に協議で諮り、皆様方の判断を仰ぎながら、先ほど申しましたように申し合わせ事項は遵守していきます。1点目はそれで答えさせていただきます。


 2点目でございますけれども、それは各議員それぞれ今、那須議員が言われましたように、町民からいやというほどお聞きしました。この議会の融和・協調をどうするのかという質問でございますけれども、これはやはり議員個人がまずは自覚を持っていただくこと、これが第一だと思いますけれども、議長といたしましては、皆様方それぞれが先ほどあいさつでも言いましたけれども、互いの人格と人権を尊重しながら、やはりそういう場をもって町民の期待にすばやくこたえていくことが必要であると思います。将来を見据えた議論が後退論の議論ではなく、前向きな建設的な議論をしていくことが一番大事であろうと、そういう思いを私は持っております。そして、仕事をして住民の皆さんにこたえていくということが一番であろうと思っております。あいさつの中にお話ししましたけれども、公平無私という言葉を使わせていただいたんですけれども、それを原点として進めていきたいと思います。よろしいでしょうか。


 それでは、追加議事日程はお手元に配布のとおりです。





────────────────────────────────────────





◎追加日程第1 議席の指定





○議長(吉村直城君) 追加日程第1、議席の指定を行います。


 議席は、会議規則第4条第1項の規定によって、ただいま着席のとおり指定します。





────────────────────────────────────────





◎追加日程第2 会議録署名議員の指名





○議長(吉村直城君) 追加日程第2、会議録署名議員の指名を行います。


 本日の会議録署名議員は、会議規則第117条の規定により1番、佐々木議員と2番、草木原議員を指名します。





────────────────────────────────────────





◎追加日程第3 会期の決定





○議長(吉村直城君) 追加日程第3、会期の決定を議題とします。


 お諮りします。


 本臨時会の会期は、本日1日といたしたいが、これにご異議ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(吉村直城君) 異議なしと認めます。


 よって本臨時会の会期は、本日1日とすることに決定しました。





────────────────────────────────────────





◎追加日程第4 副議長の選挙について





○議長(吉村直城君) 追加日程第4、副議長の選挙を行います。


 選挙は投票で行います。


 議場の出入り口を閉めます。


               (議場封鎖)


○議長(吉村直城君) ただいまの出席議員数は20人です。


 次に、立会人を指名します。会議規則第31条第2項の規定により、立会人に山下太三議員と中野議員を指名します。


 投票用紙を配ります。


 念のために申し上げます。


 投票は単記無記名です。


              (投票用紙配布)


○議長(吉村直城君) 投票用紙の配布漏れはありませんか。


 配布漏れなしと認めます。


 投票箱を点検します。


               (投票箱点検)


○議長(吉村直城君) 異常なしと認めます。


 ただいまから投票を行います。


 議席番号1番の議員から順番に投票願います。


                (投票)


○議長(吉村直城君) 投票漏れはありませんか。


 投票漏れなしと認めます。


 投票を終わります。


 開票を行います。


 山下太三議員、中野議員、開票の立会いをお願いします。


                (開票)


○議長(吉村直城君) 選挙の結果を報告します。


 投票総数20票。


 有効投票18票。


 無効投票2票。


 有効投票のうち、内倉議員、13票。田口議員、5票。


 以上のとおりです。


 この選挙の法定得票数は5票です。


 よって、内倉議員が副議長に当選されました。


 議場の出入り口を開きます。


               (議場開場)


○議長(吉村直城君) ただいま副議長に当選された内倉議員が議場におられます。会議規則第32条第2項の規定によって、当選の告知をします。


 副議長に当選された内倉議員の当選承諾及びあいさつを許可します。


○副議長(内倉長蔵君) ただいま副議長に選任いただきまして、まことにありがとうございます。責任の重さを改めて感じているところであります。議会として行政のチェック機能を怠ることなく、新たな提案をしつつ町民の福祉向上と愛南町発展ために、微力ではありますが、全身全霊をかけて議会活動に取り組んでいく覚悟であります。議員をはじめ関係者各位におかれましては、今まで以上にご指導とご協力をお願い申し上げ、あいさつといたします。


○議長(吉村直城君) 暫時休憩します。


             午前11時06分 休憩


          ―――――――――――――――――


             午前11時33分 再開


○議長(吉村直城君) 休憩前に引き続き会議を開きます。





────────────────────────────────────────





◎追加日程第5 常任委員会委員の選任について





○議長(吉村直城君) 追加日程第5、常任委員会委員の選任を行います。


 常任委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定によっ


 て、総務文教常任委員会委員に、佐々木史仁議員、草木原由幸議員、山下太三議員、澤本誠議員、脇田達矢議員、飯田利久議員、私、吉村、以上7名を。


 産業建設常任委員会委員に浜本元通議員、宮下一郎議員、山下正敏議員、那須芳人議員、畑田藤志郎議員、西口孝議員、内倉長蔵議員、以上7名を。


 厚生常任委員会委員に、中野光博議員、増元久男議員、斎藤武俊議員、田口勝議員、土居尚行議員、浜田博文議員、以上6名をそれぞれ指名します。


 ご異議ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(吉村直城君) 異議なしと認めます。


 よって、常任委員会委員は、ただいま指名したとおり選任することに決定しました。


 ただいま選任されました各常任委員会委員は、次の休憩時間中にそれぞれの委員会を開き、委員長、副委員長の互選を行ってください。


 なお、委員会条例第10条第2項の規定により、委員長が互選されるまでは、年長の委員がその職務を行うことになっておりますので申し添えます。


 暫時休憩します。


             午前11時35分 休憩


          ―――――――――――――――――


             午前11時54分 再開


○議長(吉村直城君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 ここで、休憩中に各常任委員会を開催したので、その結果を報告します。


 総務文教常任委員会委員長に飯田議員、副委員長に草木原議員。


 産業建設常任委員会委員長に宮下議員、副委員長に浜本議員。


 厚生常任委員会委員長に中野議員、副委員長に田口議員が互選され、それぞれ就任されました。


 以上で報告を終わります。





────────────────────────────────────────





◎追加日程第6 議会運営委員会委員の選任について





○議長(吉村直城君) 追加日程第6、議会運営委員会委員の選任を行います。


 議会運営委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定によって、中野議員、宮下議員、澤本議員、増元議員、飯田議員、畑田議員、以上6名を指名します。


 ご異議ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(吉村直城君) 異議なしと認めます。


 よって、議会運営委員会委員は、ただいま指名したとおり選任することに決定しました。


 ただいま選任されました議会運営委員会委員は、次の休憩時間中に委員会を開き、委員長、副委員長の互選を行ってください。


 なお、委員会条例第10条第2項の規定により、委員長が互選されるまでは、年長の委員がその職務を行うことになっておりますので申し添えます。


 暫時休憩します。


             午前11時57分 休憩


          ―――――――――――――――――


             午後 0時03分 再開


○議長(吉村直城君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 ここで、休憩中に議会運営委員会を開催したので、その結果を報告します。


 議会運営委員会委員長に澤本議員、副委員長に増元議員が互選され、それぞれ就任されました。


 以上で報告を終わります。





────────────────────────────────────────





◎追加日程第7 宇和島地区広域事務組合議会議員の選挙について





○議長(吉村直城君) 追加日程第7、宇和島地区広域事務組合議会議員の選挙を行います。


 宇和島地区広域事務組合議会議員の被選挙人は4人です。


 お諮りします。


 選挙の方法については、地方自治法第118号第2項の規定により指名推選により行いたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(吉村直城君) 異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法は指名推選で行うことに決定しました。


 お諮りします。


 指名の方法については、議長が指名することにいたしたいと思います。


 ご異議ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(吉村直城君) 異議なしと認めます。


 よって、議長が指名することに決定しました。


 宇和島地区広域事務組合議会議員に宮下議員、増元議員、内倉議員、私、吉村を指名します。


 お諮りします。


 ただいま議長が指名しました4人を、宇和島地区広域事務組合議会議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(吉村直城君) 異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名しました4人の議員が宇和島地区広域事務組合議会議員に当選されました。


 当選されました4人の議員が議場におられます。会議規則第32条第2項の規定による告知をします。





────────────────────────────────────────





◎追加日程第8 津島水道企業団議会議員の選挙について





○議長(吉村直城君) 追加日程第8、津島水道企業団議会議員の選挙を行います。


 津島水道企業団議会議員の被選挙人は1人です。


 お諮りします。


 選挙の方法については、地方自治法第118号第2項の規定により指名推選により行いたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(吉村直城君) 異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法は指名推選で行うことに決定しました。


 お諮りします。


 指名の方法については、議長が指名することにいたしたいと思います。


 ご異議ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(吉村直城君) 異議なしと認めます。


 よって、議長が指名することに決定しました。


 津島水道企業団議会議員に、私、吉村を指名します。


 お諮りします。


 ただいま議長が指名しました、私、吉村議員を津島水道企業団議会議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(吉村直城君) 異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名しました、私、吉村議員が津島水道企業団議会議員に当選しました。


 当選した、私、吉村に会議規則第32条第2項の規定による告知をします。





────────────────────────────────────────





◎追加日程第9 篠山小中学校組合議会議員の選挙について





○議長(吉村直城君) 追加日程第9、篠山小中学校組合議会議員の選挙についてを議題とします。


 篠山小中学校組合議会議員の被選挙人は3人です。


 お諮りします。


 選挙の方法については、地方自治法第118号第2項の規定により指名推選により行いたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(吉村直城君) 異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法は指名推選で行うことに決定しました。


 お諮りします。


 指名の方法については、議長が指名することにいたしたいと思います。


 ご異議ありませんか。


○議長(吉村直城君) 異議なしと認めます。


 よって、議長が指名すること決定しました。


 篠山小中学校組合議会議員に、飯田議員、草木原議員、私、吉村を指名します。


 お諮りします。


 ただいま議長が指名しました3人を、篠山小中学校組合議会議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(吉村直城君) 異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名しました3人の議員が篠山小中学校組合議会議員に当選されました。


 当選されました3人の議員が議場におられます。会議規則第32条第2項の規定による告知をします。





────────────────────────────────────────





◎追加日程第10 愛媛県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙について





○議長(吉村直城君) 追加日程第10、愛媛県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙を行います。


 愛媛県後期高齢者医療広域連合議会議員の被選挙人は1人です。


 お諮りします。


 選挙の方法については、地方自治法第118号第2項の規定により指名推選により行いたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(吉村直城君) 異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法は指名推選で行うことに決定しました。


 お諮りします。


 指名の方法については、議長が指名することにいたしたいと思います。


 ご異議ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(吉村直城君) 異議なしと認めます。


 よって、議長が指名することに決定しました。


 愛媛県後期高齢者医療広域連合議会議員に、清水雅文町長を指名します。


 お諮りします。


 ただいま議長が指名しました、清水雅文町長を愛媛県後期高齢者医療広域連合議会議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(吉村直城君) 異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名しました清水雅文町長が、愛媛県後期高齢者医療広域連合議会議員に当選されました。


 当選されました清水町長が議場におられます。会議規則第32条第2項の規定による告知をします。


 暫時休憩します。


             午後 0時10分 休憩


          ―――――――――――――――――


             午後 1時35分 再開


○議長(吉村直城君) 休憩前に引き続き会議を開きます。





────────────────────────────────────────





◎追加日程第11 同意第6号 愛南町監査委員の選任について





○議長(吉村直城君) 追加日程第11、同意第6号、愛南町監査委員の選任についてを議題といたします。


 地方自治法第117条の規定によって、土居議員の退場を求めます。


           (18番 土居尚行君 退場)


 提案理由の説明を求めます。


 清水町長。


○町長(清水雅文君) 同意第6号、監査委員の選任につきまして、提案理由のご説明を申し上げます。


 議会選出の監査委員、金澤卓氏は4月23日に議員の任期満了とともに監査委員としての任期も満了したので、その後任として新たに土居尚行氏を選任いたしたく提案するものであります。


 土居尚行議員は、議員としての経験も長く、議長も経験されており、識見も高く、議会から選任される監査委員として適任であると認められますので、ここに選任いたしたく、地方自治法第196条第1項の規定により議会の同意を求めるものであります。よろしくお願いいたします。


○議長(吉村直城君) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 ご質疑ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(吉村直城君) 質疑がないようなので、質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(吉村直城君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 同意第6号、愛南町監査委員の選任については、原案のとおり同意することに賛成の方は挙手願います。


               (賛成者挙手)


○議長(吉村直城君) 挙手多数であります。


 よって、本案は原案のとおり同意することに決定しました。


 土居議員の入場を許します。


           (18番 土居尚行君 入場)





────────────────────────────────────────





◎追加日程第12 承認第1号 専決処分第1号の承認を求めることについて(愛南町税条例の一部改正)





○議長(吉村直城君) 追加日程第12、承認第1号、専決処分第1号の承認を求めることについて(愛南町税条例の一部改正)を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 金田税務課長。


○税務課長(金田孝一君) それでは承認第1号、専決処分第1号の承認を求めることについて(愛南町税条例の一部改正)に係る、提案理由のご説明を申し上げます。


 本条例は、先の国会におきまして、地方税法等の一部を改正する法律が本年3月27日に可決・成立し、4月1日から施行されることに伴いまして、愛南町税条例の改正が必要となりましたが、議会を招集する時間的余裕がなかったため、地方自治法第179条第1項の規定により、平成21年3月31日付けで専決処分をいたしましたので、これを報告し、ご承認いただきたく提案するものであります。


 主な改正点といたしましては、町民税の住宅ローン特別控除の創設、固定資産税(土地)の負担調整措置、上場株式等の配当及び譲渡益に対する軽減率の延長及び公的年金からの特別徴収の対象となる所得の変更などを定めています。


 それでは、お手元にお配りしています新旧対照表をごらんください。左側が現行規定で、右側が改正案です。アンダーラインが改正箇所です。


 1ページから3ページ8行目までは、主に昨年4月30日に専決処分し、承認をいただきました年金からの町民税特別徴収の対象所得を給与所得年金所得以外の所得に対して係る税額を、年金から特別徴収するとしたものを普通徴収の方法で徴収し、年金からは年金所得のみに係る税額を徴収することを定めています。


 3ページから5ページの附則までは、主に固定資産税関係の改正でありまして、非課税の適用法人等で、社会医療法人、非営利型一般社団法人、一般財団法人、社会福祉法人、独立行政法人労働者健康福祉機構、健康保険組合及びその連合会、または国家公務員共済組合及びその連合会を加えた改正としています。


 5ページ、附則の第7条の3の改正は、個人の町民税の住宅借入金等特別税額控除の適用を受ける申告書の提出期限を、これまで納税通知書が送達された後でも、やむ得ない理由があれば適用していたものを、今回の改正でやむを得ない理由というのを削除しています。


 また、附則第7条の3の2を加え、平成21年から平成25年までに住宅を新築し入居した者に対しまして町民税の住宅借入金等特別税額控除を行うものを定めています。この附則第7条の3の2を加えたことにより、6ページの肉用牛の売却による事業所得に係る町民税の課税の特例、11ページの上場株式等に係る配当所得に係る町民税の課税の特例、12ページの土地等に係る事業所得等に係る町民税の課税の特例、14ページの短期譲渡所得に係る個人の町民税の課税の特例、株式等に係る譲渡所得に係る個人の町民税の課税の特例、16ページの条約適用利子等及び条約適用配当等に係る個人の町民税の課税の特例の改正を行っています。


 7ページ、8ページに戻りまして、ここでは、阪神淡路大震災に係る固定資産税の特例及び鉄軌道用地の価格の特例を削除いたしました。


 8ページの第11条の2では、土地に対して課する価格の特例を平成19年度、20年度と同じように平成22年度、23年度と設けています。


 9ページの第12条から10ページの第13条の改正につきましては、土地及び農地に対して課する固定資産税の特例を、平成18年度から20年度までを、引続いて平成21年度から23年度まで設けている改正であります。


 12ページの第17条の改正は、平成21年中、22年中に取得した土地等を5年超えて譲渡した場合に、その譲渡所得から1,000万円を控除した額を長期譲渡所得とする改正内容であります。


 18ページの第2条による改正内容は、新築住宅等に対する固定資産税の減額の規定の適用を受ける者がすべき申告等を追加しています。


 19ページから22ページの第3条による改正内容は、個人の町民税に関する経過措置で、平成22年12月31日までとされていたものを、平成23年12月31日までとしたものです。


 また、この説明では租税特別措置法や地方税法等の項の改正による条例改正もありますが、今回は省略させていただきます。


 最後に、附則第1条でこの条例の施行日を平成21年4月1日としています。


 以上、簡単でありますが、提案理由の説明を終わります。ご審議いただきましてご承認いただきますようよろしくお願いします。


○議長(吉村直城君) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 ご質疑ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(吉村直城君) 質疑がないようなので、質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(吉村直城君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 承認第1号、専決処分第1号の承認を求めることについて(愛南町税条例の一部改正)は、原案のとおり承認することに賛成の方は挙手願います。


               (賛成者挙手)


○議長(吉村直城君) 挙手多数であります。


 よって、本案は原案のとおり承認されました。





────────────────────────────────────────





◎追加日程第13 承認第2号 専決処分第2号の承認を求めることについて(愛南町国


               民健康保険税条例の一部改正)





○議長(吉村直城君) 追加日程第13、承認第2号、専決処分第2号の承認を求めることについて(愛南町国民健康保険税条例の一部改正)を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 金田税務課長。


○税務課長(金田孝一君) それでは承認第2号、専決処分第2号の承認を求めることについて(愛南町国民健康保険税条例の一部改正)に係る、提案理由のご説明を申し上げます。


 本条例は、先の国会におきまして、地方税法等の一部を改正する法律が本年3月27日に可決・成立されたことに伴いまして、国保税条例の改正が必要となりましたが、議会を招集する時間的余裕がなかったため、地方自治法第179条第1項の規定により、平成21年3月31日付けで専決処分をいたしましたので、これをご報告し、ご承認していただきたく提案するものであります。


 主な改正点としましては、介護納付金課税額の限度額が、9万円から10万円に引き上げられたことです。そして、2割減額の納税義務者であっても、減額が適当でない場合は減額は行わないとされていましたが、今回の改正で一律2割減額されることとなりました。


 それでは、お手元にお配りしています新旧対照表に基づいてご説明いたします。新旧対照表の左側が現行規定、右側が改正案でアンダーライン箇所が今回の改正であります。


 1ページをごらんください。第2条第4項中の介護納付金課税限度額を、9万円から10万円に引き上げるものでございます。それに伴いまして、第23条第1項中に明記されています9万円につきましても、10万円と改正します。


 現行の第23条第2項では、2割減額が適当ではないと認める場合は減額を行わないとされていましたが、この第2項を削除し、一律に2割減額を行うこととしました。


 以下、附則の改正につきましては、第23条第2項を削除したこと、「地方税法の一部を改正する法律」等が施行されることによる所要の改正をしております。


 なお、この条例は平成21年4月1日から施行することとしていますが、関係法令の施行日に応じ、平成22年4月1日、平成23年1月1日の段階的な施行期日を附則において定めております。


 以上、提案理由の説明を終わります。ご審議の上、ご承認いただきますようよろしくお願いいたします。


○議長(吉村直城君) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 ご質疑ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(吉村直城君) 質疑がないようなので、質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(吉村直城君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 承認第2号、専決処分第2号の承認を求めることについて(愛南町国民健康保険税条例の一部改正)は、原案のとおり承認することに賛成の方は挙手願います。


               (賛成者挙手)


○議長(吉村直城君) 挙手多数であります。


 よって、本案は原案のとおり承認されました。





────────────────────────────────────────





◎追加日程第14 第54号議案 平成21年度愛南町一般会計補正予算(第1号)について





○議長(吉村直城君) 追加日程第14、第54号議案、平成21年度愛南町一般会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 吉田企画財政課長。


○企画財政課長(吉田俊一郎君) 第54号議案、平成21年度愛南町一般会計補正予算(第1号)について、提案理由のご説明を申し上げます。


 今回の補正予算は、一本松地域の間伐材を搬出するための委託料と、妊婦健診委託料の一部を妊婦一般健康診査補助金に振替補正するもので、歳入歳出それぞれ1,435万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ130億9,435万8,000円とするものであります。


 補正予算の内容につきましては、事項別明細書により歳出からご説明いたしますので、13ページをお開きください。


 4款衛生費、1項保健衛生費ですが、検診等委託料を77万4,000円減額し、その減額分を妊婦一般健康診査補助金として補正するものであります。


 6款農林水産業費、2項林業費ですが、補正額は1,435万8,000円で、間伐材搬出委託料を計上しております。


  次に、歳入についてご説明をいたしますので、11ページをお開きください。


 16款財産収入、2項財産売払収入ですが、補正額1,435万8,000円の追加で、間伐材搬出による立木売払収入であります。


 以上で第54号議案、平成21年度愛南町一般会計補正予算(第1号)の提案理由の説明を終わります。


 よろしくご審議の上、適切なるご決定を賜りますようお願いを申し上げます。


○議長(吉村直城君) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 質疑の方法は、歳入歳出全般について行います。


 質疑をされるときは、ページを言ってください。


 ご質疑ありませんか。


 斎藤議員。


○14番(斎藤武俊君) 間伐材1,400万円搬出委託料がありますが、どれぐらいの間伐材を出してどれくらいの金額が入るのか、そのあたりお聞きいたします。


○議長(吉村直城君) 木原農林課長。


○農林課長(木原荘二君) お答えいたします。


 現在、国の20年度の補正予算で、愛媛県によりまして増田地区、それと小山地区の町有林の間伐事業を行っていただいております。その中で、今回県が作業道を抜いております、その作業道から支線をとって搬出用の費用を見ても40年齢くらいの杉、ヒノキが多数ありますので、収益があるだろうという指導のもとに、今回、委託料を計上させていただいたものです。


 以上です。


○議長(吉村直城君) 土居議員。


○18番(土居尚行君) 40年齢の杉、ヒノキと言われましたけど、収益間伐をしない限り、言えば悪いものを伐るということでは1,400万円の収入見ておりますけど、なかなか厳しい金額だと思うのですが、40年齢の杉、ヒノキをこの材価が低下している中で、どれくらいの単価を見込まれているのですか。


○議長(吉村直城君) 木原農林課長。


○農林課長(木原荘二君) お答えいたします。


 土居議員の言われるとおり、現在、木材価格は低価格を推移しております。そういった中で今回、この委託事業につきましては、最大限に作業道を設置し搬出しやすいようにということで、最大の歳出を見込んで予算化を、それに伴う歳出として材価を計上させていただいております。現在のところヒノキでありましたら、1立方メートル1万3,000円から1万5,000円で売れればいいかなという森林組合の判断でありますが、現在のところは1平方メートル、1万1,000円くらいの単価となっております。


 以上です。


○議長(吉村直城君) 土居議員。


○18番(土居尚行君) 大変厳しい展望の中での計画だと思います。そういいながらも、つくつくでいけばそれだけの作業がある、雇用にもつながる、そこが大きなメインだと思いますが、切り捨て間伐なら山を傷めませんけど、搬入するように道路をつくるようになりますと、残った山に大きな痛手になると思うのですが、この計画をそのままやるのか、やっていきながらこれは搬出して市場に出して、当然これをやっていけば、経費ほどの収益もないという見通しがたった場合には、見直すぐらいの考えはありますか。


○議長(吉村直城君) 木原農林課長。


○農林課長(木原荘二君) お答えいたします。


 先ほども申しましたように、最大限の費用を見込んでの予算化しております。ですから、今、土居議員がおっしゃられたように状況に応じて委託料は削減されるというか、少ない金額になることも考えられると思います。


 以上です。


○議長(吉村直城君) 他にございませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(吉村直城君) 他に質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(吉村直城君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 第54号議案、平成21年度愛南町一般会計補正予算(第1号)については、原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。


               (賛成者挙手)


○議長(吉村直城君) 全員挙手であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。





────────────────────────────────────────





◎追加日程第15 第55号議案 平成21年度愛南町上水道事業会計補正予算(第1号)について





○議長(吉村直城君) 追加日程第15、第55号議案、平成21年度愛南町上水道事業会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 中川水道課長。


○水道課長(中川治雄君) 第55号議案、平成21年度愛南町上水道事業会計補正予算(第1号)について、提案理由の説明を申し上げます。


 1ページをお開きください。


 第2条、4条予算で定めた資本的支出を補正するものであります。内訳として、第1款資本的支出、既決予定額2億4,513万8,000円に774万5,000円増額し、2億5,288万3,000円とするものであります。


 それでは、補正予算の内容について、資本的収入及び支出の見積基礎によりまして、説明をいたしますので9ページをお開きください。


 1款資本的支出、1項建設改良費、1目建設改良費につきまして、既決予定額1億638万円に774万5,000円を増額しまして、1億1,412万5,000円とするものです。これは、菊川浄水場に設置しています猫田送水ポンプが故障した関係で、ポンプ設備を更新する工事であります。


 なお、5ページには補正予算実施計画書、6ページには資金計画書、7から8ページには、予定貸借対照表を載せていますのでお目通しください。


 以上、第55号議案の概要でございます。慎重にご審議いただきまして、適切なるご決定をいただきますようお願い申し上げます。


○議長(吉村直城君) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 質疑の方法は、予算書全般について行います。


 質疑をされるときは、ページを言ってください。


 西口議員。


○19番(西口 孝君) この送水ポンプは、耐用年数はどれくらいで、どれくらい経過したのか。


○議長(吉村直城君) 中川水道課長。


○水道課長(中川治雄君) このポンプは水中ポンプでありまして、メーカー側の申し出の耐用年数は、8年から10年ぐらいということでございます。このポンプは、平成11年4月1日に旧御荘町のときにつけているポンプでございます。


 以上です。


○議長(吉村直城君) 他にございませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(吉村直城君) 質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(吉村直城君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 第55号議案、平成21年度愛南町上水道事業会計補正予算(第1号)については、原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。


               (賛成者挙手)


○議長(吉村直城君) 全員挙手であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。





────────────────────────────────────────





◎追加日程第16 議席の一部変更





○議長(吉村直城君) この際、議席の一部変更を日程に追加し、追加日程第16として議席の一部変更を行います。


 議長、副議長の選挙に伴い、会議規則第4条第3項の規定によって、議席の一部を変更します。


 変更した議席は、お手元に配りました議席表のとおりです。


 なお、次の議会よりただいま指定しました議席にお着き願います。


 これをもって、平成21年第3回愛南町議会臨時会を閉会します。





             午後 2時02分 閉会





上記のとおり会議の次第を記載して、その相違ないことを証するため、署名する。








      臨時議長       澤本   誠








      議長         吉村  直城








      会議録署名議員    佐々木 史仁








      会議録署名議員    草木原 由幸