議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛媛県 愛南町

平成21年第1回定例会(第1日 3月 9日)




平成21年第1回定例会(第1日 3月 9日)





 
         平成21年第1回愛南町議会定例会会議録(第1号)


                        平成21年3月9日(月)開会


1.議事日程


 日程第 1 会議録署名議員の指名


 日程第 2 会期の決定


 日程第 3 諸般の報告


 日程第 4 第 6号議案 愛南町在宅介護支援センター条例の廃止について


 日程第 5 第 7号議案 愛南町高齢者生活福祉センター条例の制定について


 日程第 6 第 8号議案 愛南町介護従事者処遇改善臨時特例基金条例の制


              定について


 日程第 7 第 9号議案 愛南町介護保険条例の一部改正について


 日程第 8 第10号議案 愛南町保健福祉センター条例の全部改正について


 日程第 9 第11号議案 愛南町職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の


              一部を改正する条例の制定について


 日程第10 第12号議案 愛南町長期継続契約を締結することができる契約


              を定める条例の制定について


 日程第11 第13号議案 愛南町個人情報保護条例の一部改正について


 日程第12 第14号議案 愛南町特別職等の職員の給料の特例に関する条例


              の一部改正について


 日程第13 第15号議案 愛南町手数料徴収条例の一部改正について


 日程第14 第16号議案 愛南町水道事業給水条例の一部改正について


 日程第15 第17号議案 平成20年度愛南町一般会計補正予算(第6号)


              について


 日程第16 第18号議案 平成20年度愛南町国民健康保険特別会計補正予


              算(第3号)について


 日程第17 第19号議案 平成20年度愛南町老人保健特別会計補正予算


              (第2号)について


 日程第18 第20号議案 平成20年度愛南町後期高齢者医療特別会計補正


              予算(第1号)について


 日程第19 第21号議案 平成20年度愛南町介護保険特別会計補正予算


              (第4号)について


 日程第20 第22号議案 平成20年度愛南町簡易水道特別会計補正予算


              (第3号)について


 日程第21 第23号議案 平成20年度愛南町小規模下水道特別会計補正予


              算(第1号)について


 日程第22 第24号議案 平成20年度愛南町温泉事業等特別会計補正予算


              (第1号)について


 日程第23 第25号議案 平成20年度愛南町旅客船特別会計補正予算(第


              1号)について


 日程第24 第26号議案 平成20年度愛南町上水道事業会計補正予算(第


              5号)について


 日程第25 第27号議案 宇和海ふれあいセンターの指定管理者の指定につ


              いて


 日程第26 第28号議案 フレッシュー本松の指定管理者の指定について


 日程第27 第29号議案 石垣の里「だんだん館」の指定管理者の指定につ


              いて


 日程第28 第30号議案 深浦交流館の指定管理者の指定について


 日程第29 第31号議案 中浦交流館の指定管理者の指定について


 日程第30 第32号議案 平成20年度船越漁港広域漁港整備工事請負契約


               の変更について


 日程第31 第33号議案 深浦漁港海岸保全施設整備工事請負契約の変更に


              ついて


 日程第32 第34号議案 平成21年度愛南町一般会計予算について


 日程第33 第35号議案 平成21年度愛南町国民健康保険特別会計予算に


              ついて


 日程第34 第36号議案 平成21年度愛南町老人保健特別会計予算につい


              て


 日程第35 第37号議案 平成21年度愛南町後期高齢者医療特別会計予算


              について


 日程第36 第38号議案 平成21年度愛南町介護保険特別会計予算につい


              て


 日程第37 第39号議案 平成21年度愛南町簡易水道特別会計予算につい


              て


 日程第38 第40号議案 平成21年度愛南町小規模下水道特別会計予算に


              ついて


 日程第39 第41号議案 平成21年度愛南町温泉事業等特別会計予算につ


              いて


 日程第40 第42号議案 平成21年度愛南町旅客船特別会計予算について


 日程第41 第43号議案 平成21年度愛南町上水道事業会計予算について


 日程第42 第44号議案 平成21年度愛南町病院事業会計予算について


 日程第43 第45号議案 愛南町過疎地域自立促進計画の変更について


 日程第44 第46号議案 辺地に係る公共的施設の総合整備計画の変更につ


              いて


 日程第45 第47号議案 愛南町道路線の認定について


 日程第46 第48号議案 愛南町道路線の認定について


 日程第47 第49号議案 愛南町道路線の認定について


 日程第48 発議第 1号 愛南町議会傍聴規則の一部改正について





2.本日の会議に付した事件


 議事日程第1から第42





3.出席議員(21名)


    1番 山 下 太 三 君     2番 中 野 光 博 君


    3番 浜 本 元 通 君     4番   欠 番


    5番 内 倉 長 蔵 君     6番 宮 下 一 郎 君


    7番 新 田 房 男 君     8番 二 宮 敬 典 君


    9番 山 下 正 敏 君    10番 澤 本   誠 君


   11番   欠 番        12番 増 元 久 男 君


   13番 脇 田 達 矢 君    14番 飯 田 利 久 君


   15番 斎 藤 武 俊 君    16番 尾 崎 春 夫 君


   17番 金 澤   卓 君    18番 畑 田 藤志郎 君


   19番 田 口   勝 君    20番 吉 村 直 城 君


   21番 西 口   孝 君    22番 浜 田 博 文 君


   24番 土 居 尚 行 君





4.欠席議員(1名、欠員2名)


   23番 篠 田 美 登 君





5.説明のため出席した者の職氏名


   町長          清 水 雅 文 君


   副町長         石 川 芳 洋 君


   教育長         田 村 茂 雄 君


   総務課長        岡 田 敏 弘 君


   企画財政課長      浅 井   通 君


   消防長         高 橋 純 一 君


   会計管理者       尾 崎   弘 君


   財産管理課長      中 川 健 一 君


   税務課長        中 川 扶身人 君


   町民課長        土 居 道 博 君


   農林課長        石 河   浩 君


   水産課長        竹 田 武 久 君


   商工観光課長      木 原 荘 二 君


   環境衛生課長      児 島 秀 之 君


   水道課長        井 上   誠 君


   保健福祉課長      西 村 信 男 君


   高齢者支援課長     吉 田 俊一郎 君


   学校教育課長      浜 本 正 恵 君


   生涯学習課長      尾 崎   健 君


   国保一本松病院事務長  田 中 啓一郎 君


   内海支所長       那 須 英 治 君


   御荘支所長       吉 見   元 君


   一本松支所長      嘉 新 安 行 君


   西海支所長       橋 岡 政 文 君


   建設課長補佐      上 埜 一 男 君





6.職務のため出席した者の職氏名


   事務局長        岡   和三郎 君


   書記兼総務課長補佐   嘉喜山   茂 君


   係長          鈴 木 洋 文 君


   主事          中 田 旬 美 君





                午前10時00分 開会





○議長(土居尚行君) ただいまから、平成21年第1回愛南町議会定例会を開会いたします。


 町長より招集のあいさつがあります。


 清水町長。


○町長(清水雅文君) おはようございます。


 本日は、平成21年第1回愛南町議会定例会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては、年度末を控え何かとご多忙の中、ご参集いただきまして、まことにありがとうございます。


 さて、先日国会を通過いたしました定額給付金の関係でありますが、愛南町におきましては電算システム開発の関係と町議会議員選挙の関係で、申請受付開始を4月中旬、給付金支給開始を4月下旬の予定としております。1日でも早い支給を行いたいとは考えてはおりますが、事情ご推察の上、ご理解賜りたいと思っております。


 また、来る3月20日には、中村宿毛道路の間インターから四万十インターの間6.1キロメートルが開通の運びとなり、四国地方整備局長を迎えて開通式が盛大に行われる予定であり、四国8の字ルートの早期完成ということから見れば、非常に喜ばしいことであると思っております。今後一層の進展を期待するものであります。


 私の施政方針につきましては平成21年度予算の提案説明の際、詳しく述べさせていただくつもりでありますが、平成21年度におきましては、アメリカのサブプライムローン問題に端を発した世界的な金融危機が我が国の経済においても、景気や雇用情勢の悪化をまねき、愛南町におきましても非常に厳しい環境の中、国の景気対策予算を有効に活用して、豊かな暮らしを実現するために誠心誠意努力をしてまいりたいと考えております。


 今回の定例議会に提案いたします議案は、条例の廃止が1議案、条例の制定及び改正が10議案、指定管理者の指定が5議案、平成20年度一般会計及び特別会計補正予算が10議案、平成21年度一般会計及び特別会計当初予算等が11議案、工事請負契約の変更が2議案、過疎、辺地の計画の変更が2議案、町道路線の認定が3議案、これらの合計44議案であります。


 それぞれの議案につきましては、提案の際に詳しく説明させていただきますので、よろしくご審議をいただきまして、適切な議決を賜りますようお願い申し上げまして、招集のあいさつとさせていただきます。よろしくお願いをいたします。


○議長(土居尚行君) あいさつが終わりました。


 これより、直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。





────────────────────────────────────────





◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(土居尚行君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 本日の会議録署名議員は、会議規則第117条の規定により、20番、吉村議員と21番、西口議員を指名いたします。





────────────────────────────────────────





◎日程第2 会期の決定





○議長(土居尚行君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。


 お諮りします。


 本定例会の会期については、議会運営委員会に諮り、本日9日から19日までの11日間といたしたいが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 異議なしと認めます。


 よって、本定例会の会期は本日9日から19日までの11日間とすることに決定いたしました。





────────────────────────────────────────





◎日程第3 諸般の報告





○議長(土居尚行君) 日程第3、諸般の報告を行います。


 町長から行政報告はありません。


 議長の活動状況報告はお手元に配付のとおりです。


 なお、地方自治法第235条の2第3項の規定により例月現金出納検査、同法第199条第9項の規定により随時監査の実施結果報告が提出されております。


 それによりますと、適正に事務処理並びに管理がされておりますので報告をしておきます。


 次に、本日までに受理した請願については、会議規則第91条の規定により、お手元に配付した請願文書表のとおりです。請願第1号、労働者派遣法の抜本改正のため意見書を提出することを求める請願書については、厚生常任委員会へ付託します。


 また、本日までに受理した陳情等については、会議規則第94条の規定により、お手元に配付した陳情等一覧表のとおりです。議会運営委員会の審議の結果、議長預かりといたします。


 なお、趣旨に賛同する議員におかれましては、規定の賛成者をもって議案として提出願います。


 以上で諸般の報告を終わります。





────────────────────────────────────────





◎日程第4 第6号議案 愛南町在宅介護支援センター条例の廃止について





○議長(土居尚行君) 日程第4、第6号議案、愛南町在宅介護支援センター条例の廃止についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 吉田高齢者支援課長。


○高齢者支援課長(吉田俊一郎君) 第6号議案、愛南町在宅介護支援センター条例の廃止について、提案理由のご説明を申し上げます。


 本案は、平成18年4月の介護保険法の改正に伴い、本町におきましても、地域包括支援センターが創設されることとなり、在宅介護支援センター業務を平成18年4月1日から愛南町地域包括支援センターに移行し、高齢者の地域支援事業に取り組んでおります。


 本来なら、移行した時点で愛南町在宅介護支援センター条例を廃止するべきですが、「城辺みしま荘」を建設する際、国の補助条件の一つとして、在宅介護支援センターの機能を備えていなければならず、また、建設から10年間は補助条件の変更はできませんでしたが、既に建設から10年が経過いたしておりますので、このたび、愛南町在宅介護支援センター条例の廃止について提案するものであります。


 附則といたしまして、この条例は公布の日から施行します。


 また、特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の別表1中、在宅介護支援センター運営協議会委員の項を削ることとしております。


 以上、簡単ではありますが、第6号議案の提案説明でございます。慎重にご審議の上、ご承認賜りますようよろしくお願いいたします。


○議長(土居尚行君) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 ご質疑ございませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 質疑がないようなので、質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 第6号議案、愛南町在宅介護支援センター条例の廃止については、原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。


                 (賛成者挙手)


○議長(土居尚行君) 全員挙手であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。





────────────────────────────────────────





◎日程第5 第7号議案 愛南町高齢者生活福祉センター条例の制定について





○議長(土居尚行君) 日程第5、第7号議案、愛南町高齢者生活福祉センター条例の制定についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 吉田高齢者支援課長。


○高齢者支援課長(吉田俊一郎君) 第7号議案、愛南町高齢者生活福祉センター条例の制定について、提案理由のご説明を申し上げます。


 本案は、愛南町内海高齢者生活福祉センター及び愛南町西海高齢者生活支援ハウスに関し、施設の利用目的及び事業内容並びに利用者条件等がほぼ同じであることから、今回、諸規定の見直しをし、新たに本条例を制定いたしたく提案するものであります。


 それでは、条例の内容をご説明いたしますので、裏面2ページをごらんください。


 第1条で設置を定めております。


 第2条は名称、位置及び定員について規定しており、名称を愛南町内海高齢者生活福祉センターと愛南町西海高齢者生活福祉センターとし、その位置、定員を定めております。


 第3条では事業の内容を、第4条では施設の内容を、第5条で利用時間を、第6条では休館日を定めております。


 第7条で入居の対象者を、第8条で入居の募集方法を、第9条で入居の申請等を、第10条では利用の許可等を定めております。


 第11条で使用料を、第12条で使用料の変更を、第13条で使用料の減免及び徴収猶予を、第14条では使用料の不還付を定めております。


 第15条で敷金を、第16条では居住施設の利用の中止を、第17条で居住施設の修繕費用の負担を、第18条では居住施設の入居者の費用負担義務を定めております。


 第19条で入居者の注意義務を、第20条では居住施設の明渡し請求を、第21条で指定管理者による管理を、第22条では指定管理者が行う業務を定めております。


 第23条で原状回復義務を、第24条では損害賠償義務を定めております。


 第25条で愛南町高齢者生活福祉センター入居者選考委員会を設置することとしており、第26条では委員会の所掌事項を、第27条では委員会の組織を定め、委員の定数を5人以内としております。


 第28条では、委任事項を定めております。


 附則といたしまして、この条例は平成21年4月1日から施行し、愛南町内海高齢者生活福祉センター条例及び愛南町西海高齢者生活支援ハウス条例は、廃止するものであります。


 なお、経過措置といたしまして、この条例の施行の日の前日までに愛南町内海高齢者生活福祉センター条例及び愛南町西海高齢者生活支援ハウス条例の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなすとしております。


 以上、簡単ではありますが、第7号議案の提案理由の説明でございます。慎重にご審議の上、ご承認賜りますようよろしくお願いいたします。


○議長(土居尚行君) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 ご質疑ございませんか。


 二宮議員。


○8番(二宮敬典君) 別表1の120万円以下の収入に対する使用料なんですが、内海と西海で1,000円の差が生じているんですが、後は同額なんですが、これはどういうことなんでしょう。


○議長(土居尚行君) 吉田高齢者支援課長。


○高齢者支援課長(吉田俊一郎君) 建物が西海に比べて少し内海の方が古い関係で内海が1,000円安くしております。


○議長(土居尚行君) 浜田議員。


○22番(浜田博文君) これの該当者はどのようになっておりますか。


○議長(土居尚行君) 吉田高齢者支援課長。


○高齢者支援課長(吉田俊一郎君) ほとんどの入居者が120万円以下の方に該当しているものでございます。詳しくは両所長がご存じですが、ほとんどが120万円以下の方が多いと聞いております。


○議長(土居尚行君) 澤本議員。


○10番(澤本 誠君) 今の課長の説明によると古くなったから安くしておると、こういうふうな説明であったんですけども、それであれば、それぞれの区分に応じて安くするというのが建前やないかと思うが、もう一度説明を願います。


○議長(土居尚行君) 吉田高齢者支援課長。


○高齢者支援課長(吉田俊一郎君) この額につきましては、1年ほど前の条例改正のときに2,000円、3,000円と決まっていたように思います。


○議長(土居尚行君) 澤本議員。


○10番(澤本 誠君) 課長の説明、非常にわかりにくいんですけれども、私が問いたいのは、いわゆる120万円以下の階層区分で2,000円と3,000円の差がついておるわけでありますから、その理由は施設が古いから安くしておると、こういうふうな課長の説明であったと思いますけれども、それであれば、それぞれの区分によって下げてくるのが普通ではないかと、こういうふうな質問をしておるわけであります。


○議長(土居尚行君) 吉田高齢者支援課長。


○高齢者支援課長(吉田俊一郎君) 120万円以上、これにつきましては、法律で額が決まっておると思うんですが、120万円以下については、介護保険法が17年10月に開始されました時点で施設の方と在宅介護の方のバランスを取るために、施設におきましては介護保険法から給付されておる、在宅介護の方は給付がないのでそういう不公平さをなくすために、1年ほど前にこのように改定されたものと聞いております。


○議長(土居尚行君) 他にございませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 他に質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 第7号議案、愛南町高齢者生活福祉センター条例の制定については、原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。


                 (賛成者挙手)


○議長(土居尚行君) 全員挙手であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。





────────────────────────────────────────





◎日程第6 第8号議案 愛南町介護従事者処遇改善臨時特例基金条例の制定について





○議長(土居尚行君) 日程第6、第8号議案、愛南町介護従事者処遇改善臨時特例基金条例の制定についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 吉田高齢者支援課長。


○高齢者支援課長(吉田俊一郎君) 第8号議案、愛南町介護従事者処遇改善臨時特例基金条例の制定について、提案理由のご説明を申し上げます。


 昨年、政府・与党会議、経済対策閣僚会議合同会議により決定されました生活防衛のための緊急対策において、介護報酬改定等により、介護従事者の処遇改善を図ることとし、それに伴う介護保険料の急激な上昇を抑制するために、その財政措置として、介護従事者処遇改善臨時特例交付金が交付されることになりました。


 交付金は、平成20年度において受け入れをすることになっており、この交付金を適正に管理運営をするために基金を設置し、基金を設置することに伴い、基金設置条例を制定する必要がありますので、この度、愛南町介護従事者処遇改善臨時特例基金を創設いたしたく、本条例を提案するものであります。


 それでは、条例の主な内容についてご説明を申し上げますので、裏面をごらんください。


 第1条には設置を定めております。


 第2条は積立額に関する規定を、第3条は基金の管理に関する事項を定めております。


 第4条には運用益の処理に関する事項を、第5条は基金の処分の規定で、第1号では、第1号被保険者の介護保険料について、介護報酬の改定に伴う増加額を軽減するための財源に充てる場合、第2号では、介護保険料の軽減に係る広報啓発、賦課及び徴収に係る電算処理システムの整備に要する費用や、その他軽減措置の円滑な実施のための準備経費等の財源に充てる場合に、処分できるように定めております。


 第6条は繰替運用に関する規定を、第7条は委任を定めております。


 附則第1項は、この条例は公布の日から施行するとしております。


 附則第2項では、この条例の失効について規定をしており、この条例は平成24年3月31日限りでその効力を失い、基金に残額があるときは、残額を予算に計上し、国庫に返還するものとしております。


 以上、簡単ではありますが、第8号議案、愛南町介護従事者処遇改善臨時特例基金条例の制定についての提案理由の説明でございます。慎重にご審議いただき、ご承認賜りますようよろしくお願いいたします。


○議長(土居尚行君) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 ご質疑ございませんか。


 二宮議員。


○8番(二宮敬典君) 臨時交付金は、これ単年度でしょうか。何年間か継続するんでしょうか。それと、その額はどのくらい算定されているんですか。


○議長(土居尚行君) 吉田高齢者支援課長。


○高齢者支援課長(吉田俊一郎君) この特例交付金は、平成20年度において受け入れをするんですが、平成21年度から平成23年度の第4期期間の3年間の分でございます。予定額といたしましては、広報啓発等についてが161万6,200円、保険料の軽減分については1,463万9,022円を予定しております。


○議長(土居尚行君) 他にございませんか。


 西口議員。


○21番(西口 孝君) こういう指導なのかわかりませんが、表題のとおり、今、介護従事者が非常に仕事の量や内容に比べて、待遇というか賃金が安いということで、せっかく若い人が資格を持って入られたのに、早期にやめていってなかなか続かないというとこら辺を今問題にされて、こういう名前の援助と言うか、国も少しずつ考え出したのではないかというふうに思うんですが、そういうための、具体的にその従業員と言うか、介護の従事者に、これによってどういう改善がなされるとしてるのか、少しわかっておれば。


○議長(土居尚行君) 吉田高齢者支援課長。


○高齢者支援課長(吉田俊一郎君) 介護従事者の処遇改善として、まず、給与に反映させるために交付金が介護報酬3%、初めて3回目の改定で介護報酬が3%値上げされるようになっておりますが、正直申しまして、その3%の介護報酬の値上げ分が、即、従業員、職員に対して反映されるかどうかは、正直言ってわかりません。県の方におきましても、また3月中にそういう事業者を集めまして、できるだけ3%アップ分を従業員の給料の方に反映させてくださいというお願いをするそうですが、事業主がそのまま単に収入に充てるか、もしくはこんな点から言いますれば、介護従事者、職員の方に持っていくべきなんですが、その辺はちょっと不確かでございます。


○議長(土居尚行君) 他にございませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 他に質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 第8号議案、愛南町介護従事者処遇改善臨時特例基金条例の制定については、原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。


                 (賛成者挙手)


○議長(土居尚行君) 全員挙手であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。





────────────────────────────────────────





◎日程第7 第9号議案 愛南町介護保険条例の一部改正について





○議長(土居尚行君) 日程第7、第9号議案、愛南町介護保険条例の一部改正についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 吉田高齢者支援課長。


○高齢者支援課長(吉田俊一郎君) 第9号議案、愛南町介護保険条例の一部を改正する条例について、提案理由のご説明を申し上げます。


 このたび、介護保険法の規定による3年に一度の介護保険料の改定並びに介護保険法施行令の一部を改正する政令が施行されたことに伴い、本条例の一部を改正いたしたく提案するものであります。


 それでは4ページ、参考資料1の愛南町第1号被保険者第4期介護保険料額案をごらんください。


 この表は、第4期、平成21年度から平成23年度までの軽減前の本来の介護保険料額案でございます。第4段階の網掛け部分が基準額で、基準額の年額は5万5,200円、月額は4,600円と定めさせていただき、それぞれの割合率にて計算した保険料額となっております。


 また、第4期において保険料負担第4段階で、課税年金収入額と合計所得金額が80万円以下の方については、介護保険法施行令の改正により平成21年度から平成23年度において、その基準額に乗じる割合を軽減できることとなりました。


 なお、米印1から3にありますように、第3期と第4期の保険料額基準額の年額を比較いたしますと、額で1,100円、率にして2%ほど低くなっております。


 次に、5ページ、参考資料2の介護従事者処遇改善臨時特例基金反映後の第1号被保険者介護保険料額をごらんください。


 第4段階の網掛け部分が基準額でございます。


 なお、介護保険法施行令の一部を改正する政令が施行されたことにより、平成21年度から平成23年度の期間において、基準額を各年度ごとに算定できることとなりました。


 また、介護従事者の処遇改善のために行われる介護報酬改定に伴う平成21年度及び平成22年度の介護保険料の上昇分を抑制するために必要な経費として、介護従事者処遇改善臨時特例交付金が交付され、すべての保険料負担段階において、平成21年度及び平成22年度の介護保険料が軽減されます。


 ただし、平成21年度は介護報酬改定に伴う改定増分の全額が、平成22年度においては、介護報酬改定に伴う改定増分の2分の1がそれぞれ軽減され、平成23年度において本来の割合の保険料額となるものであります。


 それでは、新旧対照表によりご説明をいたしますので、新旧対照表3ページをお開きください。


 アンダーラインのところが、改正する部分でございます。


 まず、第4条中「平成18年度から平成20年度まで」を「平成21年度から平成23年度まで」の期間に改めるものであります。


 また、先ほどお目通しいただきました参考資料1の段階別金額にありましたように、同条第1号及び第2号中「2万8,100円」を「2万7,600円」に、同条第3号中「4万2,200円」を「4万1,400円」に、同条第4号中「5万6,300円」を「5万5,200円」に、同条第5号中「7万300円」を「6万9,000円」に、同条第6号中「8万4,400円」を「8万2,800円」に改めるものであります。


 それでは、2ページにお戻りください。


 附則第1条で、この条例は平成21年4月1日から施行することとしております。


 附則第2条で、経過措置として、改正後の愛南町介護保険条例第4条及び附則第3条の規定は、平成21年度以降の年度分の保険料について適用し、平成20年度以前の年度分の保険料については、なお従前の例によることとしております。


 また、附則の第3条第1項は、平成21年度から平成23年度の保険料率の特例として、先ほど参考資料1の表でお示しした保険料負担第4段階で、課税年金収入額と合計所得金額が80万円以下の方については、新条例第4条の規定にかかわらず、保険料率を4万5,800円としております。


 また、附則第3条第2項は、平成21年度の保険料率は、新条例第4条及び附則第3条第1項の規定にかかわらず、また、附則第3条第3項は、平成22年度の保険料率は、新条例第4条及び附則第3条第1項の規定にかかわらず、先ほど、参考資料2の表でお示ししたとおりの額とすることを定めております。


 以上、簡単ではありますが、第9号議案、愛南町介護保険条例の一部改正についての提案説明でございます。慎重にご審議いただき、ご承認賜りますようよろしくお願いいたします。


○議長(土居尚行君) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 ご質疑ありませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 質疑がないようなので、質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 第9号議案、愛南町介護保険条例の一部改正については、原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。


                 (賛成者挙手)


○議長(土居尚行君) 全員挙手であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。





────────────────────────────────────────





◎日程第8 第10号議案 愛南町保健福祉センター条例の全部改正について





○議長(土居尚行君) 日程第8、第10号議案、愛南町保健福祉センター条例の全部改正についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 西村保健福祉課長。


○保健福祉課長(西村信男君) 第10号議案、愛南町保健福祉センター条例の全部改正について、提案理由のご説明を申し上げます。


 今回の改正は、愛南町高齢者生活福祉センター条例の制定等に伴う改正及びその他諸規定について、所要の見直しをする必要が生じたため、本条例を全部改正いたしたく提案するものでございます。


 それでは、条例の内容をご説明いたしますので、裏面2ページをお開き願います。


 第1条で設置の目的、第2条で保健福祉センターの名称及び位置、第3条で業務内容を定めております。


 第4条で利用時間、第5条で休館日を定めております。


 第6条で施設の利用について定め、第7条で使用料は無料としております。


 第8条で利用の許可、第9条で利用の許可の基準、第10条で特別設備の設置等の許可、第11条で利用の制限、第12条で入館の制限、第13条で立入り検査、第14条で利用権の譲渡等の禁止を定めております。


 第15条及び第16条では、指定管理者による管理について定め、地方自治法の規定により保健福祉センターの管理を指定管理者に行わせることができることとし、その業務を定めております。


 第17条で原状回復義務、第18条で損害賠償義務を定めております。


 第19条から第22条までは、保健福祉センター運営委員会について定め、委員会の設置、所掌事項、組織、委員の任期を定めております。


 なお、第23条として、委任事項を定めております。


 附則といたしまして、この条例は平成21年4月1日から施行することとしております。


 また、この条例の施行の日の前日までに改正前の条例によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなすこととしております。


 以上、簡単ですが第10号議案、愛南町保健福祉センター条例の全部改正について、提案理由の説明を終わります。よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願いいたします。


○議長(土居尚行君) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 ご質疑ありませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 質疑がないようなので、質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 第10号議案、愛南町保健福祉センター条例の全部改正については、原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。


                 (賛成者挙手)


○議長(土居尚行君) 挙手多数であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。





────────────────────────────────────────





◎日程第9 第11号議案 愛南町職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部を改正する条例の制定について





○議長(土居尚行君) 日程第9、第11号議案、愛南町職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 岡田総務課長。


○総務課長(岡田敏弘君) 第11号議案、愛南町職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部を改正する条例の制定について、提案理由の説明をさせていただきます。


 本案は、国家公務員の勤務時間が改正され、平成21年4月1日より施行されることに伴い、国に準じて本町の職員の勤務時間を改めるため、関係条例の一部を改正する条例の制定を行いたく提案するものであります。


 それでは、改正内容の説明を行いますので、新旧対照表の1ページをお開きください。


 左側が現行、右側が改正案でアンダーラインを引いているところが改正箇所であります。


 いずれの改正も1週間当たり38時間45分、1日の勤務時間を7時間45分とすることに伴うものであります。


 制定条例第1条の愛南町職員の勤務時間、休暇等に関する条例の改正では、第2条第1項中「40時間」を「38時間45分」に、同条第3項中「16時間」を「15時間30分」に、「32時間」を「31時間」に、同条第4項中「40時間」を「38時間45分」に、「16時間」を「15時間30分」に、「32時間」を「31時間」に改め、第3条第2項及び第6条第2項中「8時間」を「7時間45分」に改め、第8条の3第2項中「24時間」を「23時間15分」に、「150時間」を「145時間20分」に改めます。


 制定条例第2条の愛南町職員の育児休業等に関する条例の改正では、第11条中「20時間、24時間又は25時間」を「19時間25分、19時間35分、23時間15分又は24時間35分」に改めます。


 制定条例第3条の愛南町職員の給与に関する条例の改正では、第4条の2中「40時間」を「38時間45分」に、第13条第2項中「8時間」を「7時間45分」に改めます。


 第20条第1項第1号の改正では、現在の医師不足を考慮し、医師の初任給を「306,900円」から「410,900円」に改めます。


 制定条例第4条の愛南町単純な労務に雇用される職員の給与の種類及び基準を定める条例の改正では、単純な労務に雇用される職員の時間外勤務手当に関する規定、第8条第2項中「半日勤務時間」を「4時間の勤務時間」に改めます。


 制定条例第5条の愛南町水産研究開発室条例の改正では、水産研究開発室の利用時間に関する規定、第5条第1項中の利用終了時間「午後5時30分」を「午後5時15分」に改めます。


 制定条例第6条の愛南町消防職員の特殊勤務手当に関する条例の改正では、別表の消防職手当の支給対象者に関する規定中「8時間」を「7時間45分」に改めます。


 最後に改正条例2ページに戻りまして、附則として、この条例は平成21年4月1日から施行するとしております。


 以上、第11号議案の提案説明とさせていただきます。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。


○議長(土居尚行君) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 ご質疑ありませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 第11号議案、愛南町職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。


                 (賛成者挙手)


○議長(土居尚行君) 全員挙手であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。





────────────────────────────────────────





◎日程第10 第12号議案 愛南町長期継続契約を締結することができる契約を定める条例の制定について





○議長(土居尚行君) 日程第10、第12号議案、愛南町長期継続契約を締結することができる契約を定める条例の制定についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 岡田総務課長。


○総務課長(岡田敏弘君) 第12号議案、愛南町長期継続契約を締結することができる契約を定める条例の制定について、提案理由の説明をさせていただきます。


 本案は、翌年度以降にわたり物品を借り入れ、または役務の提供を受ける契約で、契約の性質上翌年度以降にわたり契約を締結しなければ当該契約に係る事務の取扱いに支障を及ぼすようなものについて、地方自治法施行令第167条の17の規定に基づき、条例を制定いたしたく提案するものであります。


 それでは、内容について説明いたしますので、裏面をお開きください。


 第1条では、条例の趣旨について、第2条第1号では、事務用機器、情報処理用機器、車両その他の物品を借り入れる契約で、商習慣上複数年度にわたり契約を締結することが一般的であるコピー機、ファックス機器、電算システム、公用車等のリース契約について、第2条第2号では、専門的な知識、技術または経験を必要とする役務の提供を受ける契約で、単年度の契約では継続的な業務の遂行に支障が生じる恐れがある電算システムの保守管理業務、町例規に係る法制執務支援業務等の契約について、第2条第3号では、業務の履行に当たり、機器の導入等の相当な初期費用が必要な契約で、単年度の契約では著しく不利となる機械警備業務、町例規集システムの構築業務等の契約について、第2条第4号では、その他単年度の契約では安定的または経済的に業務を履行できない恐れがある契約で、町長が特に必要と認める庁舎、施設等の管理業務、バスの運行業務等の契約について規定しております。


 第3条では、この契約に係る契約期間について、町長が特に必要と認める場合を除き5年間以内とし、第4条では、条例の施行に関し必要な事項は、町長に委任する旨を規定しております。


 運用方法については、今後内部で決定したいと考えております。


 附則として、この条例は公布の日から施行することとしております。


 以上、第12号議案の提案説明とさせていただきます。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。


○議長(土居尚行君) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 浜田議員。


○22番(浜田博文君) この契約期間を5年以内とする根拠はどこにあるんですか。


○議長(土居尚行君) 岡田総務課長。


○総務課長(岡田敏弘君) 商習慣上と言いますか、契約、長期契約をする場合、それぐらいを制定すれば、ある程度の初期投資とかの関係も解消というか、業務の遂行に影響がないのではないかという判断に基づいたものであります。


 以上です。


○議長(土居尚行君) 他にございませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 他に質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 第12号議案、愛南町長期継続契約を締結することができる契約を定める条例の制定については、原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。


                 (賛成者挙手)


○議長(土居尚行君) 挙手多数であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。





────────────────────────────────────────





◎日程第11 第13号議案 愛南町個人情報保護条例の一部改正について





○議長(土居尚行君) 日程第11、第13号議案、愛南町個人情報保護条例の一部改正についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 岡田総務課長。


○総務課長(岡田敏弘君) 第13号議案、愛南町個人情報保護条例の一部改正について、提案理由の説明をさせていただきます。


 本案は、統計法が全部改正され、平成21年4月1日より施行されることに伴い、関係規定の一部を改正いたしたく提案するものであります。


 それでは、改正内容の説明を行いますので、裏面の新旧対照表をお開きください。


 左側が現行、右側が改正案でアンダーラインを引いているところが改正箇所であります。


 愛南町個人情報保護条例の適用除外に関する規定、第50条第1項の全文を改め、統計法第2条第6項に規定する基幹統計調査、同条第7項に規定する一般統計調査に係る調査票情報に含まれる個人情報、その他の同法第52条第1項に規定する個人情報については、本条例の規定を適用しないこととしております。


 附則として、この条例は平成21年4月1日から施行するとしております。


 以上、第13号議案の提案説明とさせていただきます。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。


○議長(土居尚行君) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 ご質疑ありませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 質疑がないようなので、質疑を終わります。


 討論ありませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 第13号議案、愛南町個人情報保護条例の一部改正については、原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。


                 (賛成者挙手)


○議長(土居尚行君) 全員挙手であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。





────────────────────────────────────────





◎日程第12 第14号議案 愛南町特別職等の職員の給料の特例に関する条例の一部改正について





○議長(土居尚行君) 日程第12、第14号議案、愛南町特別職等の職員の給料の特例に関する条例の一部改正についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 岡田総務課長。


○総務課長(岡田敏弘君) 第14号議案、愛南町特別職等の職員の給料の特例に関する条例の一部改正について、提案理由の説明をさせていただきます。


 本案は、先の課設置条例の改正の専決処分等により、町政を混乱させたことに対し、町長の処分を行うとともに、町の経済及び財政事情を踏まえ、町長、副町長及び教育長の給料の減額措置を継続するため、本条例の一部を改正いたしたく提案するものであります。


 それでは、改正内容の説明を行いますので、裏面の新旧対照表をお開きください。


 左側が現行、右側が改正案でアンダーラインを引いているところが改正箇所であります。


 去る2月19日に愛南町議員報酬及び特別職給料審議会が開催され、町長、副町長及び教育長の給料を、平成21年4月から平成22年3月まで100分の5減額すべきとの答申を受けましたので、第2条、第3条に規定する町長、副町長及び教育長の減額割合を100分の5に改め、これに伴い、本則附則第3項の減額措置期間を平成22年3月31日まで継続するよう改め、新たに本則附則第5項として、平成21年4月、5月及び6月における町長の給料月額を、さらに100分の10減額する規定を加え、本改正条例の附則として、この条例は平成21年4月1日から施行することとしております。


 以上、第14号議案の提案説明とさせていただきます。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。


○議長(土居尚行君) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 宮下議員。


○6番(宮下一郎君) 審議会の答申は尊重しなければなりませんが、前任者、前理事者の減額措置よりかは上がったことに対しての、各理事者のお考えが伺えればと思います。


 それと、提案理由に町政を混乱させたことに対して処分を行う。町長、以前にこの件につきましては、認識不足があったということで、既に謝罪されて終わっておりますが、3ヶ月100分の10の減額、特別措置を私は重いとは思いません。町長はこの処分を重く受けとめておられるのか、改めて伺いたいと思います。


○議長(土居尚行君) 清水町長。


○町長(清水雅文君) ただいまの質問にお答えいたします。


 検討委員会の答申の結果を、私も初めてのことですので、一応尊重すべきではないかというアドバイスも受けましたので、こういう結果となりました。


 2番目の質問についても同じであります。


○議長(土居尚行君) 他にございませんか。


 二宮議員。


○8番(二宮敬典君) 副町長にお伺いしますが、専決処分案件で超過勤務手当が出たと思いますが、その金額がどれぐらいで、4、5、6の町長の減額額が幾らになるか。


○議長(土居尚行君) 石川副町長。


○副町長(石川芳洋君) お答えいたします。


 前の町長の専決処分に関しましては、あれが11月24日にちょっと職員5名を超勤させております。その分の超過勤務手当が1万8,000円となっております。金額の該当額です。


 続きまして、先ほどの減額の関係なんですけれども、町長の5%額が、先ほども申しましたように100分の5%のやつを、現在、本俸が77万円が73万1,500円になろうかと思います。副町長の方の本俸が62万5,000円ですので、5%減の59万3,750円に本俸がなろうかと思います。


 10%減額の関係なんですけれども、金額が町長が7万3,150円になります、月額です。


○議長(土居尚行君) 他にございませんか。


 澤本議員。


○10番(澤本 誠君) 特別職等のこの報酬審議会等の委員会の中で、他に議題にならなかったのか、それが1点。


 それから、この今の職員の超過勤務手当が今の額、5名では非常に少ないような感じ、どれぐらいの時間でそういう金額になったのか、この点、お知らせ願いたいと思います。


○議長(土居尚行君) 石川副町長。


○副町長(石川芳洋君) 愛南町の議員報酬及び特別職の報酬委員会の方は、一応、私たちは該当になっておりませんので、総務課長の方にお答えしていただきます。


 先ほどの超過勤務手当なんですけれども、あの日、ちょうど日曜日でしたので祝日、午後8時から午後10時まで、2時間を総務課の職員を私の方と、当然、総務課長だったんですけれども、すぐ招集させて仕事をした時間が2時間が3名と、電算関係が1時間が職員2名ということで、合計が1万8,000円になっております。


 以上です。


○議長(土居尚行君) 岡田総務課長。


○総務課長(岡田敏弘君) 質問にお答えしたいと思いますが、このほかの議題、意見は特に5%程度ということで、当初はいろいろこういう経済情勢ではあるが、特別職という任務の関係でゼロでもいいのではないかという意見から、幅はいろいろあります。その中で、各委員の協議の結果、当初17年のときに5%いう数字が出てたかと思うんですが、そのぐらいで落ちついたということであります。


 以上です。


○議長(土居尚行君) 澤本議員。


○10番(澤本 誠君) 私が聞きたいのは議題というのは、特別職の方だけではなくて、その他の件でその議題に上げなかったのか、あるいは意見が出なかったのか、そういうことについて、お尋ねをしたいわけです。


○議長(土居尚行君) 岡田総務課長。


○総務課長(岡田敏弘君) お答えいたします。


 この審議会の題と言うか、名称にありますように、これは議員報酬及び特別職ということで、議員報酬についても協議には上げましたが、一応、各委員のご意見はこういう時勢なので、ちょっと若干、一般議員の方の給料は、他の町と比べて低いんですが、人数的なこともあり、このぐらいでいいのではないかという意見でまとまりました。


 以上です。


○議長(土居尚行君) 他にございませんか。


 吉村議員。


○20番(吉村直城君) ちょっと町長にご質問いたしますけども、これ報酬審議会の意見は尊重するのは当然のことでございますけども、実質、前回の特別職10%、8%、7%、当時より経済情勢は非常に悪化している現況なんですけども、そういう中で、今回の部分は実質それからすると値上げ言うたら言葉悪いんですけども、そういうふうになっていると思うんですけども、その辺は町長としてどういうふうに判断されて、それを尊重されたのか、お聞きをいたします。


○議長(土居尚行君) 清水町長。


○町長(清水雅文君) その委員会が開かれるまでに、一応、打診を受けまして、私としたら継続でいいというように、それでいいのではないかというような返答をしておりましたけど、検討委員会の結果を、せっかく委員会があってこういう答申が出たんやということに対して、このままでということでは、またあれやないかというような感じの、アドバイスじゃないんですけど、そういう意見をいただきまして、それならば、今回については答申を尊重した形でいいのかなという感じで、こういう結果になりました。


○議長(土居尚行君) 他にございませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 他に質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 第14号議案、愛南町特別職等の職員の給料の特例に関する条例の一部改正については、原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。


                 (賛成者挙手)


○議長(土居尚行君) 挙手多数であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。





────────────────────────────────────────





◎日程第13 第15号議案 愛南町手数料徴収条例の一部改正について





○議長(土居尚行君) 日程第13、第15号議案、愛南町手数料徴収条例の一部改正についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 岡田総務課長。


○総務課長(岡田敏弘君) 第15号議案、愛南町手数料徴収条例の一部改正について、提案理由の説明をさせていただきます。


 本案は、愛媛県事務処理の特例に関する条例が改正され、優良宅地造成認定申請に係る事務が平成21年4月1日より愛媛県より委譲されることに伴い、本条例の一部を改正いたしたく提案するものであります。


 それでは、改正内容の説明を行いますので、裏面の新旧対照表をお開きください。


 左側が現行、右側が改正案でアンダーラインを引いているところが改正箇所であります。


 条例第2条第1項第36号を1号繰り下げし第37号とし、新たに第36号として優良宅地造成認定申請に係る手数料を造成宅地の面積に応じ定めるものであります。


 附則として、この条例は平成21年4月1日から施行するとしております。


 以上、第15号議案の提案説明とさせていただきます。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。


○議長(土居尚行君) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 ご質疑ございませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 質疑がないようなので、質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 第15号議案、愛南町手数料徴収条例の一部改正については、原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。


                 (賛成者挙手)


○議長(土居尚行君) 全員挙手であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。





────────────────────────────────────────





◎日程第14 第16号議案 愛南町水道事業給水条例の一部改正について





○議長(土居尚行君) 日程第14、第16号議案、愛南町水道事業給水条例の一部改正についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 井上水道課長。


○水道課長(井上 誠君) 第16号議案、愛南町水道事業給水条例の一部改正について、提案理由のご説明を申し上げます。


 近年、核家族化などにより配水管の布設されていない場所や配水管が布設されていても能力の限界に達している配水管に給水の申し込みがあります。


 配水管の布設にかかる費用は、水道事業の企業性と住民の給水要望の整合性を図る必要があることから、配水管布設に伴う工事費の一部を申込者に負担していただくため、本条例の整備が必要となりましたので一部改正いたしたく提案するものであります。


 裏面の新旧対照表によりまして説明いたします。


 左側が現行で右側が改正案となっており、改正箇所はアンダーラインで示しております。


 第6条の見出し中「保留」を「保留等」に改め、同条第2項に「前項の場合において、町長が必要と認めるときは、給水装置工事を申し込む者の申請により配水管の布設又は増径することができる。」を加えるものであります。


 第8条の見出し中「新設等」を「工事」に改め、同条第2項に「第6条第2項の規定による配水管の布設又は増径に要する費用の一部は、当該配水管の布設又は増径の申請する者及び当該配水管から分岐し、又は再分岐して給水を受ける者の負担とする。この場合の費用の負担方法は、町長が別に定める。」を加えるものであります。


 附則といたしまして、この条例は平成21年4月1日から施行するものであります。


 以上で提案理由の説明を終わります。慎重にご審議いただきまして、ご決定賜りますようお願い申し上げます。


○議長(土居尚行君) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 ご質疑ありませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 質疑がないようなので、質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 第16号議案、愛南町水道事業給水条例の一部改正については、原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。


                 (賛成者挙手)


○議長(土居尚行君) 全員挙手であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


 ここで暫時休憩いたします。


               午前11時05分 休憩


            ―――――――――――――――――


               午前11時20分 再開


○議長(土居尚行君) 休憩前に引き続き会議を開きます。





────────────────────────────────────────





◎日程第15 第17号議案 平成20年度愛南町一般会計補正予算(第6号)について





○議長(土居尚行君) 日程第15、第17号議案、平成20年度愛南町一般会計補正予算(第6号)についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 石川副町長。


○副町長(石川芳洋君) 第17号議案、平成20年度愛南町一般会計補正予算(第6号)について、提案理由のご説明をいたしますので、1ページをお開きください。


 今回の補正予算は、国の第二次補正予算に係る定額給付金及び子育て応援特別手当関係事業費、国民健康保険特別会計への繰出金、バス路線維持助成金などの追加並びに最終の執行見込みの精査などによる増減を提案申し上げるもので、歳入歳出それぞれ3億9,276万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を153億4,838万3,000円とするものでございます。


 13ページをお開きください。


 13ページから15ページにかけまして、第2表繰越明許費は、国の第二次補正予算に伴い、先の2月臨時議会において事業を前倒しして実施した関係もあり、38件の事業費の繰り越しをいたします。


 17ページをお開きください。


 17ページから19ページにかけまして、第3表地方債補正では、16件の変更をしております。


 それでは、7ページの歳出をお開きください。


 歳出予算の内容につきましては、1款議会費161万3,000円の減、2款総務費3億5,582万7,000円の増、3款民生費1,793万8,000円の減、8ページ、4款衛生費7,358万3,000円の減、6款農林水産業費3,441万8,000円の減、7款商工費604万2,000円の減、9ページ、8款土木費5,061万6,000円の減、9款消防費629万8,000円の減、10款教育費6,942万6,000円の減、10ページになります。11款災害復旧費165万9,000円の減、12款公債費320万1,000円の減、11ページの13款諸支出金3億173万3,000円の増となっております。


 43ページをお開きください。


 その中で追加の主なものは、2款総務費、年度切りかえに伴う退職手当特別負担金3,197万円。


 49ページをお開きください。


 49ページのバス路線維持助成金1,473万3,000円、定額給付金関係事業費4億3,300万9,000円であります。


 次に、3款民生費、57ページをお開きください。


 国民健康保険特別会計繰出金6,965万9,000円、58ページの後期高齢者医療既存システム改修委託料239万4,000円、60ページの重度心身障害者医療費扶助費220万円、障害者自立支援医療給付費221万9,000円、62ページの子育て応援特別手当関係事業費1,317万8,000円であります。


 78ページ、7款商工費は中小企業制度資金利子補給金81万1,000円、旅客船特別会計繰出金230万円であります。


 82ページ、8款土木費をお開きください。


 急傾斜地崩壊対策県営事業負担金70万円であります。


 続きまして、92ページをお開きください。


 10款教育費は放課後児童クラブに係る事業協力員謝礼70万4,000円であり、その他につきましては、先ほど言いましたように精査しておりまして、ほぼ減額であります。


 3ページにお戻りください。


 続きまして、歳入に移ります。


 歳入につきましては、1款町税6,200万円の増、3款利子割交付金650万円の減、4款配当割交付金680万円の減、5款株式等譲渡所得割交付金300万円の減、9款地方特例交付金1,090万円の増。


 4ページをお開きください。


 10款地方交付税5億3,148万3,000円の増、12款分担金及び負担金2,388万6,000円の減、13款使用料及び手数料15万円の減、14款国庫支出金4億827万4,000円の増、15款県支出金3,706万円の減、16款財産収入736万5,000円の増、17款寄附金173万3,000円の増、18款繰入金5億2,200万円の減。


 6ページにまいります。


 6ページ、19款繰越金4,340万6,000円の増、20款諸収入1,699万9,000円の減、21款町債5,600万円の減となっております。


 それでは、27ページをお開きください。


 収入の主なもので、1款町税は、町民税及び固定資産税の決算見込により6,200万円の増。


 28ページをお開きください。


 9款地方特例交付金は1,090万円の増、10款地方交付税は、普通交付税5億3,148万3,000円の増となっております。


 30ページにまいります。


 30ページ、12款分担金及び負担金は、保育所保護者負担金等の減少により、2,388万6,000円の減となっております。


 32ページの14款国庫支出金では、定額給付金や子育て応援特別手当に係る国庫補助金等により4億827万4,000円の増となっております。


 39ページをお開きください。


 39ページの18款繰入金は、財政調整基金5億2,000万円の減額、19款繰越金は、4,340万6,000円の増、20款諸収入は1,699万9,000円の減となっております。


 なお、15款県支出金、21款町債につきましては、歳出の決算見込み等に伴う減額となっています。


 以上で第17号議案、平成20年度愛南町一般会計補正予算(第6号)についての説明を終わります。よろしくご審議の上、適切なるご決定を賜りますようお願いいたします。


○議長(土居尚行君) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 質疑の方法は、はじめに歳出全般について行います。


 質疑をされるときは、ページを言ってください。


 ご質疑ございませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) ないようですので、次に、歳入全般について行います。


 西口議員。


○21番(西口 孝君) 歳入の方で定額給付金、国庫補助金ですが4億1,368万円、これはいつを基準に算定された額なんでしょうかね、これ。


○議長(土居尚行君) 岡田総務課長。


○総務課長(岡田敏弘君) お答えいたします。


 今回の定額給付金の受給の資格要件は、平成21年2月1日を基準日とされておりますので、2月1日であります。


 以上です。


○議長(土居尚行君) 他にございませんか。


 二宮議員。


○8番(二宮敬典君) 定額給付金なんですが、これ受け取り拒否をされた人の分については、国庫に返納されると聞いておるんですが、事務費は1,800万近くあるんですかね、1,800なんぼか、これらについては、全部使い切っていいのですか。


○議長(土居尚行君) 岡田総務課長。


○総務課長(岡田敏弘君) この範囲で使っていいと思います。


○議長(土居尚行君) 他にございませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 他に質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 第17号議案、平成20年度愛南町一般会計補正予算(第6号)については、原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。


                 (賛成者挙手)


○議長(土居尚行君) 全員挙手であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。





────────────────────────────────────────





◎日程第16 第18号議案 平成20年度愛南町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)について





○議長(土居尚行君) 日程第16、第18号議案、平成20年度愛南町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 土居町民課長。


○町民課長(土居道博君) 第18号議案、平成20年度愛南町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)について、提案理由のご説明を申し上げます。


 この補正予算は、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ6,150万4,000円を減額し、その総額を37億4,900万円とするものであります。


 それでは、事項別明細書によりまして、歳出から説明をいたしますので、17ページをお開き願います。


 1款総務費の一般管理費において、公用車利用等による旅費の減6万5,000円、需用費の減5万6,000円、役務費は第三者求償額の増に伴う手数料の追加により40万4,000円の増、委託料は30万円減額。


 2款保険給付費の1項療養諸費は、療養給付費一般分は財源更正、退職分は3,073万円の減、療養費は一般分、退職分も財源更正となっております。審査支払手数料は48万4,000円を減額し、あわせて3,121万4,000円を減額計上するものであります。2項高額療養費は財源更正。


 3款後期高齢者支援金等は、確定により350万1,000円の増。


 4款前期高齢者納付金等、5款老人保健拠出金、6款介護納付金、7款共同事業拠出金も確定により、それぞれ56万4,000円、872万7,000円、62万4,000円、551万円を減額しております。


 8款保健事業費については、1項持定健康診査等事業費に909万5,000円、保険事業費に60万6,000円、あわせて970万1,000円を減額計上しております。


 12款予備費は864万8,000円を減額し、財源充当をしております。


 次に、歳入についてご説明をいたしますので、11ページをお開き願います。


 1款国民健康保険税において、一般分50万円、退職分950万円、あわせて1,000万円を追加計上。


 3款国庫支出金は、1項国庫負担金の変更申請等により、療養給付費等負担金が7,488万6,000円増額、高額医療費共同事業負担金が220万9,000円、減額で差し引き7,267万7,000円を計上。2項国庫補助金も変更申請により、普通調整交付金は3,000万円減額、高齢者医療制度円滑導入事業費1,000円追加し、差し引き2,999万9,000円減額しております。


 4款療養給付費等交付金は1,151万2,000円減額。


 本年度より新たにできた5款前期高齢者交付金は、当初予算においては平成18年度の前期高齢者給付費額を基に算定しておりましたが、今回厚生労働省が示した推計方法により算定した額が概算交付されることになったため、1億8,676万5,000円減額となっております。


 なお、精算は2年後の22年度となります。


 6款県支出金は、高額医療費の共同事業負担金を220万9,000円減額し、財政調整交付金1,878万8,000円減額して、あわせて2,099万7,000円減額。


 7款共同事業交付金は、高額医療費共同事業交付金が992万9,000円増額、保険財政共同安定化事業交付金1,901万1,000円を増額し、あわせて2,894万円計上しております。


 9款繰入金、1項の他会計繰入金は6,965万7,000円計上。


 11款諸収入は、1項延滞金、加算金及び過料は、保険税延滞金等100万円、3項雑入は、第三者行為に係る納付金等で549万5,000円を計上しております。


 以上が第18号議案の概要であります。よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げます。


○議長(土居尚行君) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 質疑の方法は、歳入歳出全般について行います。


 質疑をされるときは、ページを言ってください。


 西口議員。


○21番(西口 孝君) 歳出の方で21ページの特定健康診査等の事業費の減額なんですけれども、これ内容的にはどうなんでしょうか。その受診率が低かったとか、どういうわけでそういう、何か特徴的なことがあったのかどうか。


○議長(土居尚行君) 土居町民課長。


○町民課長(土居道博君) お答えします。


 受診率は一応40%を当初計画でみておりました。10月末現在で39.8%ということなので、ほぼ受診率は満たしております。単価等の多少の見込みのズレで差額は出ております。


 以上です。


○議長(土居尚行君) 他にございませんか。


 西口議員。


○21番(西口 孝君) 14ページの繰入金、他会計からの繰入金で、その他繰入金が7,000万円というんですが、その内容はどういうものなのか、お知らせを願います。


○議長(土居尚行君) 土居町民課長。


○町民課長(土居道博君) お答えします。


 7,000万円の内訳ということですかね。一応、7,000万円は単純に歳出から歳入を引いた分の町の持ち出し分ということになります。


○議長(土居尚行君) 他にございませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 他に質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 第18号議案、平成20年度愛南町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)については、原案のとおり決定することに賛成の方は挙手を願います。


                 (賛成者挙手)


○議長(土居尚行君) 全員挙手であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。





────────────────────────────────────────





◎日程第17 第19号議案 平成20年度愛南町老人保健特別会計補正予算(第2号)について





○議長(土居尚行君) 日程第17、第19号議案、平成20年度愛南町老人保健特別会計補正予算(第2号)についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 土居町民課長。


○町民課長(土居道博君) 第19号議案、平成20年度愛南町老人保健特別会計補正予算(第2号)について、提案理由のご説明を申し上げます。


 この補正予算は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ179万円を追加し、その総額を3億1,308万9,000円とするものであります。


 それでは、事項別明細書によりまして歳出から説明をいたしますので、13ページをお開きください。


 4款諸支出金は、老人医療費適正化推進費補助金の精算返還金として23万2,000円。


 5款予備費は155万8,000円を計上しております。


 次に、歳入につきまして、ご説明をいたしましたので11ページをお開きください。


 4款繰入金は176万6,000円減額。


 5款繰越金は前年度の繰越金164万円を計上。


 6款諸収入は、第三者納付金191万6,000円を計上しております。


 以上が第19号議案の概要であります。よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げます。


○議長(土居尚行君) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 質疑の方法は、歳入歳出全般について行います。


 質疑をされるときは、ページを言ってください。


 ご質疑ありませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 質疑がないようなので、質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 第19号議案、平成20年度愛南町老人保健特別会計補正予算(第2号)については、原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。


                 (賛成者挙手)


○議長(土居尚行君) 全員挙手であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。





────────────────────────────────────────





◎日程第18 第20号議案 平成20年度愛南町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)について





○議長(土居尚行君) 日程第18、第20号議案、平成20年度愛南町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 土居町民課長。


○町民課長(土居道博君) 第20号議案、平成20年度愛南町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)について、提案理由のご説明を申し上げます。


 この補正予算は、既定の歳入歳出予算の総額から、歳入歳出それぞれ4,211万7,000円を減額し、その総額を2億4,038万3,000円とするものであります。


 それでは、事項別明細書によりまして歳出から説明をいたしますので、13ページをお開きください。


 1款総務費は、公用車利用による旅費の減5万5,000円、需用費の減2万円、役務費の減89万4,000円、委託料の減14万7,000円、あわせて111万6,000円を減額して計上。


 2款後期高齢者医療広域連合納付金は4,100万1,000円を減額計上しております。そのうち保険料は4,131万4,000円減額、保険基盤安定負担金は31万3,000円増額となっております。


 次に、歳入につきましてご説明いたしますので、11ページをお開きください


 1款後期高齢者医療保険料は4,131万4,000円減額、国の特別対策として、所得の低い方に対し軽減措置等が講じられたことによるものであります。


 3款繰入金は、保険基盤安定繰入金は31万3,000円増額、その他繰入金は111万6,000円の減額、差引80万3,000円を減額して計上しております。


 以上が第20号議案の概要であります。よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げます。


○議長(土居尚行君) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 質疑の方法は、歳入歳出全般について行います。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 質疑がないようなので、質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 第20号議案、平成20年度愛南町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)については、原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。


                 (賛成者挙手)


○議長(土居尚行君) 全員挙手であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。





────────────────────────────────────────





◎日程第19 第21号議案 平成20年度愛南町介護保険特別会計補正予算(第4号)について





○議長(土居尚行君) 日程第19、第21号議案、平成20年度愛南町介護保険特別会計補正予算(第4号)についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 吉田高齢者支援課長。


○高齢者支援課長(吉田俊一郎君) 第21号議案、平成20年度愛南町介護保険特別会計補正予算(第4号)について、提案理由のご説明を申し上げます。


 この補正予算は、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ4,851万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ24億4,332万1,000円とするものであります。


 それでは、事項別明細書により歳出からご説明いたしますので、17ページをお開きください。


 1款総務費、1項総務管理費については、人件費及び事務費などで27万3,000円を増額。3項介護認定審査会費、1目介護認定審査会費は、認定審査会開催回数減に伴う報酬の減額、入札による電算システム改修委託料の減額で、あわせて33万9,000円を減額。2目認定調査等費は、主治医意見書作成件数の減による手数料の減額、認定調査委託件数の減による委託料の減額で、あわせて56万3,000円を減額計上しております。4項介護保険運営委員会費は、開催回数減により報酬を減額、介護保険事業計画書を自前で作成することとしたことにより、介護保険事業計画策定アドバイザー委託料を減額、あわせて119万7,000円を減額しております。


 次に、2款1項介護サービス等諸費につきましては、主に居宅介護サービス給付費、地域密着型介護サービス給付費が予想を下回ったため減額、また、施設介護サービス給付費、居宅介護サービス計画給付費が見込みより増加したため増額となり、結果、あわせて994万2,000円の増額となっております。


 2款2項介護予防サービス等諸費については、すべての予防サービス利用が予想を下回ったため1,237万2,000円の減額。5項特定入所者介護サービス等費は、低所得者の施設利用が困難とならないようにするためのものですが、これも見込みを下回ったため119万6,000円を減額。


 次に、4款1項1目介護給付費準備基金積立金は、介護給付費準備基金積立金として、主に19年度余剰金及び支払基金介護給付費追加交付金をあわせて、3,755万1,000円を計上しております。


 2目介護従事者処遇改善臨時特例基金積立金は、介護報酬改定等に伴う介護保険料の急激な上昇を抑制するためなどに、その財源措置として交付されます介護従事者処遇改善臨時特例交付金を、介護従事者処遇改善臨時特例基金積立金として積み立てるため1,625万6,000円を計上いたしております。


 5款1項2目介護予防事業特定高齢者施策事業費については、介護予防事業の利用者減などにより92万5,000円を減額。3目介護予防事業一般高齢者施策事業費についても、介護予防事業の利用者減などにより128万円を減額。


 2項包括的支援事業・任意事業費については、主に1目介護予防ケアマネジメント事業費の時間外勤務手当をはじめとした事務費の減や、5目任意事業費の介護予防等事業所委託における、食の自立支援事業の利用者の減及び介護用品支給事業の利用者が予想を下回ったためなどにより、あわせて311万2,000円を減額しております。


 10款予備費については、547万6,000円を増額しております。


 次に、歳入についてご説明いたしますので、11ページをお開きください。


 1款保険料は、特別徴収と普通徴収の調整を、3款1項国庫負担金は、国庫負担金の交付決定額の増により1,231万5,000円の増額。2項国庫補助金は、調整交付金の交付割合の増による増額と、介護従事者処遇改善臨時特例交付金をあわせて、2,706万2,000円を増額計上しております。


 4款支払基金交付金は、給付費減により752万8,000円の減額。


 5款1項県負担金も、給付費減により119万2,000円の減額。2項県補助金は、事業費の減少により76万1,000円を減額しております。


 6款財産収入は、預金利子減により4万2,000円を減額。


 7款繰入金は、給付費減及び一般事務費等の減などにより402万2,000円を減額。


 8款繰越金に2,353万8,000円を追加しております。


 10款諸収入は、利用者減などにより、利用者負担85万6,000円を減額するものであります。


 以上、簡単ですが第21号議案の提案理由の概要でございます。慎重にご審議の上、ご承認賜りますようお願いいたします。


○議長(土居尚行君) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 質疑の方法は、歳入歳出全般について行います。


 質疑のあるときは、ページを言ってください。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 質疑がないようなので、質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 第21号議案、平成20年度愛南町介護保険特別会計補正予算(第4号)については、原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。


                 (賛成者挙手)


○議長(土居尚行君) 全員挙手であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


 ここで暫時休憩いたします。


               午前11時57分 休憩


            ―――――――――――――――――


               午後 1時30分 再開


○議長(土居尚行君) 休憩前に引き続き会議を開きます。





────────────────────────────────────────





◎日程第20 第22号議案 平成20年度愛南町簡易水道特別会計補正予算(第3号)について





○議長(土居尚行君) 日程第20、第22号議案、平成20年度愛南町簡易水道特別会計補正予算(第3号)についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 井上水道課長。


○水道課長(井上 誠君) 第22号議案、平成20年度愛南町簡易水道特別会計補正予算(第3号)につきまして、提案理由のご説明を申し上げます。


 この補正予算は、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ1,088万4,000円を減額しまして、その総額を2億2,200万円とするものであります。


 それでは、事項別明細書によりまして、歳出からご説明いたしますので、15ページをお開きください。


 1款総務費、1項総務管理費におきましては、給料などの人件費及び賃金、あわせて40万1,000円の減額と、委託料など実績見込によりまして8万1,000円減額。合計で48万2,000円の減額補正をするものであります。


 2款事業費、1項維持修繕費については、経費節減と適正なる水質管理及び水道管の漏水修理及び道路改良に伴う修繕箇所の減少により386万2,000円を減額するものであります。


 2項新設改良費、工事請負費は僧都簡易水道整備事業及び中川地区消火栓設置工事の入札減少金などで、あわせて646万7,000円の減額であります。


 4款予備費は、収入財源の調整により7万3,000円を減額しております。


 続きまして、歳入につきましてご説明いたしますので、13ページをお開きください。


 2款使用料及び手数料は44万円を増額、これは滞納整理の収入確定による過年度水道使用料44万円を追加計上するものであります。


 7款繰入金392万4,000円を減額。


 10款町債は740万円の減額、建設改良事業費の確定により、起債借入額を減額するものであります。


 以上、簡単ですが第22号議案の概要であります。慎重にご審議いただきまして、適切なるご決定をいただきますようお願い申し上げます。


○議長(土居尚行君) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 質疑の方法は、歳入歳出全般について行います。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 質疑がないようなので、質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 第22号議案、平成20年度愛南町簡易水道特別会計補正予算(第3号)については、原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。


                 (賛成者挙手)


○議長(土居尚行君) 全員挙手であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。





────────────────────────────────────────





◎日程第21 第23号議案 平成20年度愛南町小規模下水道特別会計補正予算(第1号)について





○議長(土居尚行君) 日程第21、第23号議案、平成20年度愛南町小規模下水道特別会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 児島環境衛生課長。


○環境衛生課長(児島秀之君) 第23号議案、平成20年度愛南町小規模下水道特別会計補正予算(第1号)につきまして、提案理由のご説明を申し上げます。


 この補正予算は、既定の歳入歳出予算総額に歳入歳出それぞれ204万円を減額し、その総額1億6,532万円とするものであります。


 それでは、事項別明細書によりまして、歳出よりご説明を申し上げますので、13ページをお開きください。


 1款総務費の総務管理費における主なものは、職員人件費の減額及び当会計における消費税及び地方消費税を確定申告額に基づき36万1,000円増額するものであります。


 2款小規模下水道費における主なものは、各クリーンセンターの光熱水費46万7,000円の増額及び浄化槽保守点検委託料を入札減少により102万5,000円減額するものであります。


 続きまして、歳入をご説明いたしますので、11ページをお開きください。


 5款繰入金は、一般会計繰入金を400万円減額。


 6款繰越金は、前年度繰越金を166万1,000円の増額を計上しております。


 7款諸収入の雑入では、集落排水施設への加入金として29万9,000円の増額を計上しております。


 以上、第23号議案、平成20年度愛南町小規模下水道特別会計補正予算についての概要説明であります。慎重にご審議をいただきまして、ご決定賜りますようお願い申し上げます。


○議長(土居尚行君) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 質疑の方法は、歳入歳出全般について行います。


 ご質疑ございませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 質疑がないようなので、質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 第23号議案、平成20年度愛南町小規模下水道特別会計補正予算(第1号)については、原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。


                 (賛成者挙手)


○議長(土居尚行君) 全員挙手であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。





────────────────────────────────────────





◎日程第22 第24号議案 平成20年度愛南町温泉事業等特別会計補正予算(第1号)について





○議長(土居尚行君) 日程第22、第24号議案、平成20年度愛南町温泉事業等特別会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 木原商工観光課長。


○商工観光課長(木原荘二君) 第24号議案、平成20年度愛南町温泉事業等特別会計補正予算(第1号)につきまして、提案理由のご説明を申し上げます。


 この補正予算は、既定の歳入歳出予算の総額から、歳入歳出それぞれ830万円を減額し、その総額を8,090万円とするものであります。


 それでは、事項別明細書によりまして、歳出からご説明いたしますので、13ページをお開きください。


 1款総務費につきましては、当初予算で一般会計への繰出金として1,000万円を計上しておりましたが、ガソリン価格の高騰等によります入浴客の減少に伴いまして、その額を200万円減額するものであります。


 2款事業費につきましては、運営委員会の開催回数の減に伴う報酬の減7万円、需用費は、経費の積極的な節減に努める一方、入浴客等の減少による経費の減少も伴いまして、全体として268万8,000円の減額、また、役務費、委託料は、それぞれ実績見込みにより124万6,000円を減額するものであります。


 4款予備費140万1,000円の減額は、財源調整によるものであります。


 次に、歳入につきましてご説明いたしますので、11ページをお開きください。


 1款営業収入、1目使用料において、浴場使用料と施設使用料をあわせまして423万円を減額しております。


 また、2目事業収入は、喫茶・食堂の収入及び販売収入をあわせまして537万円の減で、これらをあわせまして960万円を減額しております。


 3款繰越金は、前年度の繰越金として130万円を追加計上するものであります。


 以上が第24号議案の概要であります。よろしくご審議の上、ご決定を賜りますようお願い申し上げます。


○議長(土居尚行君) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 質疑の方法は、歳入歳出全般について行います。


 質疑をされるときは、ページを言ってください。


 二宮議員。


○8番(二宮敬典君) 営業収入がこれだけ落ちているということは、何か休業とかそういう原因があったんですか。


○議長(土居尚行君) 木原商工観光課長。


○商工観光課長(木原荘二君) お答えいたします。


 休業とかいうことは特にありません。当初予算を見込む際に、浴場使用料として8万3,900人を見込んでおりました。現在、実績見込みとして8万2,850人程度ということで、約1,000人近くの減少となっております。というのが、夏場、ガソリン等の高騰によりまして入浴客の減少ということがありました。ただ、現状では入浴客も幾分か例年どおり戻ってきておりますので、一応、今年につきましてはそういうことでの減額となっております。


 以上です。


○議長(土居尚行君) 他にございませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 他に質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 第24号議案、平成20年度愛南町温泉事業等特別会計補正予算(第1号)については、原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。


                 (賛成者挙手)


○議長(土居尚行君) 全員挙手であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。





────────────────────────────────────────





◎日程第23 第25号議案 平成20年度愛南町旅客船特別会計補正予算(第1号)について





○議長(土居尚行君) 日程第23、第25号議案、平成20年度愛南町旅客船特別会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 木原商工観光課長。


○商工観光課長(木原荘二君) 第25号議案、平成20年度愛南町旅客船特別会計補正予算(第1号)につきまして、提案理由のご説明を申し上げます。


 この補正予算は、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ252万5,000円を減額し、その総額を4,827万5,000円とするものであります。


 それでは、事項別明細書によりまして、歳出からご説明いたしますので、13ページをお開きください。


 1款総務費、1目の一般管理費は、船員の給与費等人件費の確定見込みによるもので121万2,000円の増額であります。


 2款施設経営費は、実績見込みに伴う減額でありまして、中でも需用費の減額の主なものは、船舶修繕料の減額であります。


 その他、賃金、工事請負費、償還金利子及び割引料の減で、これらをあわせまして373万7,000円を減額するものであります。


 次に、歳入につきましてご説明いたしますので、11ページをお開きください。


 1款事業収入は、シーズン中の観光船利用客の減少に伴い、定期航路事業収入及び観光航路事業収入をあわせまして599万5,000円を減額しております。


 2款繰入金は、事業収入補填のため一般会計からの繰入金を230万円増額するものであります。


 以上が第25号議案の概要であります。よろしくご審議の上、ご決定を賜りますようお願い申し上げます。


○議長(土居尚行君) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 質疑の方法は、歳入歳出全般について行います。


 二宮議員。


○8番(二宮敬典君) 職員の手当、給与の補正なんですが、これ3月だけでこれだけ足らないの、もう前倒しで出してるの。3月だけで。


○議長(土居尚行君) 木原商工観光課長。


○商工観光課長(木原荘二君) お答えいたします。


 一部前倒しで使用させていただいております。


○議長(土居尚行君) 他にございませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 他に質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 第25号議案、平成20年度愛南町旅客船特別会計補正予算(第1号)については、原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。


                 (賛成者挙手)


○議長(土居尚行君) 全員挙手であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。





────────────────────────────────────────





◎日程第24 第26号議案 平成20年度愛南町上水道事業会計補正予算(第5号)について





○議長(土居尚行君) 日程第24、第26号議案、平成20年度愛南町上水道事業会計補正予算(第5号)についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 井上水道課長。


○水道課長(井上 誠君) 第26号議案、平成20年度愛南町上水道事業会計補正予算(第5号)について、提案理由のご説明を申し上げます。


 予算書の1ページをお開きください。


 第2条、2条予算で定めた業務の予定量を改めるものであります。給水戸数を9,500戸に、年間総給水量を242万5,000トンに、1日平均給水量を6,640トンに変更するものであります。


 第3条、3条予算で定めた収益的収入及び支出を補正するものであります。内訳といたしまして、第1款水道事業収益、既決予定額4億2,930万1,000円に1,733万4,000円を減額し、4億1,196万7,000円とするものであります。支出におきましては、第1款水道事業費用、既決予定額4億6,310万4,000円に2,165万円を減額し、4億4,145万4,000円とするものです。


 次に、第4条、4条予算で定めた資本的収入及び支出を減額補正するものであります。内訳といたしまして、第1款資本的収入、既決予定額4億6,772万2,000円に3,133万4,000円を減額し、4億3,638万8,000円とし、支出においては、第1款資本的支出、既決予定額9億3,733万5,000円に1億2,864万2,000円を減額し、8億869万3,000円とするものであります。


 第5条、5条予算で定めた議会の議決を経なければ流用できない経費、既決予定額7,015万1,000円に92万8,000円を減額し、6,922万3,000円とするものであります。


 第6条、6条予算で定めた棚卸資産購入限度額、既決予定額924万8,000円に31万5,000円を減額し、893万3,000円とするものであります。


 それでは、補正予算の内容について、収益的収入及び支出の見積基礎によりまして、説明を申し上げます。


 まず、支出についてご説明いたしますので、13ページをお開きください。


 1款水道事業費用、1項営業費用、1目原水及び浄水費につきましては、既決予定額6,468万6,000円に212万6,000円を減額し、6,256万円とするものです。


 2目配水及び給水費、既決予定額9,528万8,000円に677万2,000円を減額して8,848万6,000円とするものであります。


 14ページに移ります。


 4目総係費、既決予定額4,873万円に79万8,000円を減額し、4,793万2,000円とするものであります。


 7目その他営業費用、既決予定額44万8,000円に10万円を減額して34万8,000円とするものです。


 次に、2項営業外費用、1目支払利息及び企業債取扱諸費、既決予定額5,367万円に30万円を減額し、5,337万円とするものです。これは、19年度分借入債の利率を当初2.3%で計上していましたが、利率が2.2%で確定したことによる減額であります。


 2目消費税は、課税仕入れが課税売上より多くなったことにより、消費税還付となりますので1,155万4,000円を減額とするものです。


 次に、水道事業収益をご説明いたしますので、12ページをお開きください。


 まず、1款水道事業収益、1項営業収益、1目給水収益は水道使用料金の減収により、既決予定額4億2,100万円に2,000万円を減額し、4億100万円とするものです。


 次に、2項営業外収益、4目消費税還付金、既決予定額1,000円に266万6,000円を追加補正し、266万7,000円とするものです。


 以上、収益的収入及び支出の見積基礎のご説明を終わります。


 次に、資本的収入及び支出の見積基礎についてご説明いたします。


 支出からご説明いたしますので、17ページをお開きください。


 1款資本的支出、1項建設改良費、1目建設改良費につきましては、既決予定額7億8,924万9,000円に1億2,864万2,000円を減額しまして、6億6,060万7,000円とするもので、委託料及び建設改良費の入札減少金であります。


 次に、収入をご説明いたしますので、16ページをお開きください。


 1款資本的収入、2項負担金、1目負担金、既決予定額480万1,000円に141万4,000円を減額し、338万7,000円とするものであります。これは、消火栓設置件数の減により負担金を減額するものであります。


 3項補助金、1目国庫補助金、既決予定額2億6,082万円に2,992万円を減額し、2億3,090万円とするものであります。高度浄水施設整備事業の20年度事業費確定により国庫補助金を減額するものであります。


 なお、5ページ、6ページには補正予算実施計画書、7ページには資金計画、8ページから9ページには給与費明細書、10ページから11ページには予定貸借対照表を載せていますので、お目通しください。


 以上、第26号議案の概要でございます。慎重にご審議いただきまして、適切なるご決定をいただきますようお願い申し上げます。


○議長(土居尚行君) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 質疑の方法は、予算書全般について行います。


 質疑をされるときは、ページを言ってください。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 質疑がないようなので、質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 第26号議案、平成20年度愛南町上水道事業会計補正予算(第5号)については、原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。


                 (賛成者挙手)


○議長(土居尚行君) 全員挙手であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。





────────────────────────────────────────





◎日程第25 第27号議案 宇和海ふれあいセンターの指定管理者の指定について





○議長(土居尚行君) 日程第25、第27号議案、宇和海ふれあいセンターの指定管理者の指定についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 岡田総務課長。


○総務課長(岡田敏弘君) 第27号議案、宇和海ふれあいセンターの指定管理者の指定について、提案理由の説明をさせていただきます。


 宇和海ふれあいセンターの現在の指定管理者である愛南総研の指定期間が、平成21年3月31日をもって終了することから、新たに指定管理者を選定するため、愛南町公の施設の指定管理者の指定の手続等に関する条例第17条の規定による、愛南町指定管理者選定委員会が去る1月7日に開催され、選定等について協議の結果、「経営、運営面において成績が良好であるので、今後2年間は公募せずに再指定すべきである」との意見をいただきました。


 愛南総研は、条例第4条第1項に規定する指定管理者としての要件を備えており、本施設の指定管理者として指定いたしたく、地方自治法第244条の2第6項の規定により議会の議決を求めるものであります。


 議案の内容につきましては、1の管理を行わせる施設名は、宇和海ふれあいセンターです。2の指定管理者の住所は、愛南町御荘平城3045番地、名称は、(有)愛南総研、氏名は、代表取締役、尾崎勝也であります。3の指定期間は、平成21年4月1日から平成23年3月31日までの2年間としております。


 以上、第27号議案の提案説明とさせていただきます。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。


○議長(土居尚行君) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 新田議員。


○7番(新田房男君) この件につきまして、2点ほど質問をいたします。


 まず1点ですが、委嘱期間が平成17年10月1日より平成21年3月31日までの委嘱状を預かっています。これは、有効なのか、無効なのか説明ください。そして、21年1月7日の、先ほど説明ありましたように、委員会が開催されとるわけですが、12月議会で私が一般質問、この指定管理者の件について一般質問したんですが、それから委員会までに至る経過と委員は何人以内で、そして、これは条例では10人となっています。その氏名をお教えください。これが1点目です。


 2点目、先立っての協議会が1月9日、協議会がありましたときに、公募しない理由として、設備投資を行っており、投資経費を3年間で回収することには無理があるとの意見がありましたが、先ほどこの意見については、総務課長述べてなかったように思うんですが、これについて、設備投資はいつ、どのような設備に、耐用年数は何年で、投資額は幾らであるのか。そして、また町は設備投資について、どのような管理をしているのか。また、投資の金額の上限は幾らなのか。そして、指定管理者の業務仕様におきましては、初期投資におけるリスクは指定管理者に分担ということがあるんですが、そのあたりはどのようになっているのか、ご説明ください。


○議長(土居尚行君) 岡田総務課長。


○総務課長(岡田敏弘君) お答えいたします。


 まず、今の委嘱状の件ですが、新田議員に対する委嘱状につきましては、総務委員長が交代した時点で無効ということで判断しております。こういうのは、個々の委員につきましては、あて職という考えで対応しておるものでございます。


 それから、委員の氏名ですが、まず、伊予銀行の城辺支店長、笹本さん、それから、税理士の増田さん、それから、議会総務委員長の増元議員、商工会の湯浅さん、愛媛銀行の二神さん、それからあて職で副町長が入っているんですが、当時は決まってないということで不在です。それから総務課長、当時は副町長の石川副町長でございました。それから、企画財政課長の浅井課長、それから商工観光課長の木原課長、高齢者支援課長の吉田課長、この9人で審査会、管理選定委員会を行っております。


 具体的な内容につきましては、商工観光課長の方に答弁してもらいます。


 以上です。


○議長(土居尚行君) 木原商工観光課長。


○商工観光課長(木原荘二君) お答えいたします。


 備品の件につきまして、私の方から回答させていただきます。


 私の方は備品の関係について、一応、備品につきましては、当初の基本協定書の中で備品の取り扱いというのがありまして、指定管理者の方が備品を調達しようとする場合については、それが認められております。そういうことで、以前、当初、備品のリストをいただいております内容を申し上げますと、備品の種類といたしましては、販売用の冷蔵庫、オープンケース2基、冷凍ショーケース、水槽設備、大型製氷器、テント、ガス台、プレハブ倉庫、真空包装機、その他、店内の各備品等がございまして、初期投資として約1,100万円ぐらい費用が発生しているようにいただいております。


 ただ、個別の備品に関しまして、耐用年数等については調査しておりませんので、まことに申しわけございません。


 それと、リスクということにつきましては、これは、今回の備品については、すべて指定管理者の購入になっておりますので、管理及びその他については、指定管理者の方でリスクも当然負っていただくようになっております。


 それと、上限につきましては、今のところ定めてはおりません。


 以上です。


○議長(土居尚行君) 新田議員。


○7番(新田房男君) 先ほど総務課長がかわった時点というのは、赤樫さんから、総務課長、委員長になっとったでしょ、先立ってまでは。だから、岡田さんにかわってからですか。赤樫さんから石川さんにかわった時点でかわったというわけですか。そのあたりはどうなんでしょう。総務課長がかわったという。


○議長(土居尚行君) 岡田総務課長。


○総務課長(岡田敏弘君) 最初の質問が、新田議員の持たれている委嘱状が22年の3月31日まであると、17年から。それが有効か、無効かというご質問でしたよね。それは議会の総務委員長のあて職なので、総務委員長がかわった時点で、その委嘱状は無効になるのではないかという判断ということを申し上げました。


 以上です。


○議長(土居尚行君) 新田議員。


○7番(新田房男君) 総務委員長があて職ということは、前の選定委員会、前の理事者のときに、多分、浜田議員からの質問の中で、1人ずつ選定委員にした理由を述べられたんですが、これ議事録にも残っておると思います。


 そのときに、私の場合は総務委員長という部分もありましたけど、やっぱり商業者ということで、そういう部分と両面で私は委嘱されておると思っておりましたし、議事録にもそのように書いております。


 だから、例えば総務委員長だけがあて職というのは、100%は当てはまらないのではないでしょうか。


○議長(土居尚行君) 岡田総務課長。


○総務課長(岡田敏弘君) ここに17年の12月の定例議会の議事録をちょっとコピーして持っておるんですが、その中で、前の、当時は本多助役であったわけでございますが、その助役の方から、ずっと委員の名前をあげられた最後に、それから議会の方からは所属の総務委員長でありますし、また、自営業で商売をしているということで新田総務委員長ということで、肩書付きで紹介されておりますし、その町としては一応あて職という判断に基づいて、今回、増元委員長に委員になっていただいております。


 以上です。


○議長(土居尚行君) もう1回です。3回済んでおるので1回だけ。


 新田議員。


○7番(新田房男君) そういうことは、解釈の違いと言うか、自営業という私は両面から、いわゆる委嘱状というのは両面でいただいておると私はその議事録を見て解釈しておりますが。


○議長(土居尚行君) 岡田総務課長。


○総務課長(岡田敏弘君) お答えいたします。


 一応、両面と言われたんですが、両面のうち片方が資格がなくなったということで、委員からはおりていただいたという判断でございます。


 以上です。


○議長(土居尚行君) 他にございませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 他に質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 第27号議案、宇和海ふれあいセンターの指定管理者の指定については、原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。


                 (賛成者挙手)


○議長(土居尚行君) 挙手多数であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。





────────────────────────────────────────





◎日程第26 第28号議案 フレッシュー本松の指定管理者の指定について





○議長(土居尚行君) 日程第26、第28号議案、フレッシュー本松の指定管理者の指定についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 岡田総務課長。


○総務課長(岡田敏弘君) 第28号議案、フレッシュー本松の指定管理者の指定について、提案理由の説明をさせていただきます。


 フレッシュー本松の現在の指定管理者である一本松ふるさと振興(株)の指定期間が、平成21年3月31日をもって終了することから、新たに指定管理者を選定するため、愛南町指定管理者選定委員会が去る1月7日に開催され、選定等について協議の結果、「経営、運営面において成績が良好であるので、今後2年間は公募せずに再指定すべきである」との意見をいただきました。


 一本松ふるさと振興(株)は、条例第4条第1項に規定する指定管理者としての要件を備えており、本施設の指定管理者として指定いたしたく、地方自治法第244条の2第6項の規定により議会の議決を求めるものであります。


 議案の内容につきましては、1の管理を行わせる施設名は、フレッシュー本松です。2の指定管理者の住所は、愛南町増田5470番地、名称は、一本松ふるさと振興(株)、氏名は、代表取締役、豊田正俊であります。3の指定期間は、平成21年4月1日から平成23年3月31日までの2年間としております。


 以上、第28号議案の提案説明とさせていただきます。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。


○議長(土居尚行君) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 質疑がないようなので、質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 第28号議案、フレッシュー本松の指定管理者の指定については、原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。


                 (賛成者挙手)


○議長(土居尚行君) 全員挙手であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。





────────────────────────────────────────





◎日程第27 第29号議案 石垣の里「だんだん館」の指定管理者の指定について





○議長(土居尚行君) 日程第27、第29号議案、石垣の里「だんだん館」の指定管理者の指定についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 岡田総務課長。


○総務課長(岡田敏弘君) 第29号議案、石垣の里「だんだん館」の指定管理者の指定について、提案理由の説明をさせていただきます。


 石垣の里「だんだん館」の現在の指定管理者である外泊地区の指定期間が、平成21年3月31日をもって終了することから、新たに指定管理者を選定するため、愛南町指定管理者選定委員会が去る1月7日に開催され、選定等について協議の結果、「経営、運営面において成績が良好であるので、今後2年間は公募せずに再指定すべきである」との意見をいただきました。


 外泊地区は、条例第4条第1項に規定する指定管理者としての要件を備えており、本施設の指定管理者として指定いたしたく、地方自治法第244条の2第6項の規定により議会の議決を求めるものであります。


 議案の内容につきましては、1の管理を行わせる施設名は、石垣の里「だんだん館」です。2の指定管理者の住所は、愛南町外泊、名称は外泊地区、代表者氏名は、区長、楠葉和弘であります。3の指定期間は、平成21年4月1日から平成23年3月31日までの2年間としております。


 以上、第29号議案の提案説明とさせていただきます。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。


○議長(土居尚行君) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 質疑がないようなので、質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 第29号議案、石垣の里「だんだん館」の指定管理者の指定については、原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。


                 (賛成者挙手)


○議長(土居尚行君) 全員挙手であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。





────────────────────────────────────────





◎日程第28 第30号議案 深浦交流館の指定管理者の指定について





○議長(土居尚行君) 日程第28、第30号議案、深浦交流館の指定管理者の指定についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 岡田総務課長。


○総務課長(岡田敏弘君) 第30号議案、深浦交流館の指定管理者の指定について、提案理由の説明をさせていただきます。


 深浦交流館の現在の指定管理者である深浦地区の指定期間が、平成21年3月31日をもって終了することから、新たに指定管理者を選定するため、愛南町指定管理者選定委員会が去る1月7日に開催され、選定等について協議の結果、「経営、運営面において成績が良好であるので、今後2年間は公募せずに再指定すべきである」との意見をいただきました。


 深浦地区は、条例第4条第1項に規定する指定管理者としての要件を備えており、本施設の指定管理者として指定いたしたく、地方自治法第244条の2第6項の規定により議会の議決を求めるものであります。


 議案の内容につきましては、1の管理を行わせる施設名は、深浦交流館です。2の指定管理者の住所は、愛南町深浦1818番地、名称は深浦地区、氏名は、総区長、安岡初であります。3の指定期間は、平成21年4月1日から平成23年3月31日までの2年間としております。


 以上、第30号議案の提案説明とさせていただきます。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。


○議長(土居尚行君) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 二宮議員。


○8番(二宮敬典君) 深浦交流館におふろを使用するということで設置目的があったと思うんですが、浴場の方の、おふろ場の方の使用状況と、他の施設についての使用状況についてお聞かせください。


○議長(土居尚行君) 岡田総務課長。


○総務課長(岡田敏弘君) お答えいたします。


 おふろは一応施設としてはあるらしいんですが、利用の方は今のところないというふうに聞いております。


 以上です。


○議長(土居尚行君) 他にございませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 他に質疑がないようなので、質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 第30号議案、深浦交流館の指定管理者の指定については、原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。


                 (賛成者挙手)


○議長(土居尚行君) 全員挙手であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。





────────────────────────────────────────





◎日程第29 第31号議案 中浦交流館の指定管理者の指定について





○議長(土居尚行君) 日程第29、第31号議案、中浦交流館の指定管理者の指定についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 岡田総務課長。


○総務課長(岡田敏弘君) 第31号議案、中浦交流館の指定管理者の指定について、提案理由の説明をさせていただきます。


 中浦交流館の現在の指定管理者である中浦地区の指定期間が、平成21年3月31日をもって終了することから、新たに指定管理者を選定するため、愛南町指定管理者選定委員会が去る1月7日に開催され、選定等について協議の結果、「経営、運営面において成績が良好であるので、今後2年間は公募せずに再指定すべきである」との意見をいただきました。


 中浦地区は、条例第4条第1項に規定する指定管理者としての要件を備えており、本施設の指定管理者として指定いたしたく、地方自治法第244条の2第6項の規定により議会の議決を求めるものであります。


 議案の内容につきましては、1の管理を行わせる施設名は、中浦交流館です。2の指定管理者の住所は、愛南町中浦1595番地2、名称は中浦地区、氏名は、総合区長、山本澄夫であります。3の指定期間は、平成21年4月1日から平成23年3月31日までの2年間としております。


 以上、第31号議案の提案説明とさせていただきます。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。


○議長(土居尚行君) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 浜田議員。


○22番(浜田博文君) 説明で、運営、経営、成績良好という説明でございますが、これ1年間どのくらいの方が利用されておられるんですか。


○議長(土居尚行君) 岡田総務課長。


○総務課長(岡田敏弘君) お答えいたします。


 手元の資料では19年の実績しかありませんが、総数で6,387人となっております。


 以上です。


○議長(土居尚行君) 他にございませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 他に質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 第31号議案、中浦交流館の指定管理者の指定については、原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。


                 (賛成者挙手)


○議長(土居尚行君) 全員挙手であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。





────────────────────────────────────────





◎日程第30 第32号議案 平成20年度船越漁港広域漁港整備工事請負契約の変更について





○議長(土居尚行君) 日程第30、第32号議案、平成20年度船越漁港広域漁港整備工事請負契約の変更についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 竹田水産課長。


○水産課長(竹田武久君) 第32号議案、平成20年度船越漁港広域漁港整備工事請負契約の変更について、提案理由のご説明を申し上げます。


 本議案につきましては、平成20年11月14日に請負契約の議決をしていただいておりました契約金額の変更に係るものであります。


 この工事につきましては、平成20年10月22日に入札執行し、(株)酒井組が落札して工事を行っておりますが、入札減少金が生じており、この入札減少金についての実施計画の変更を県当局と協議をしておりましたが、継続的な事業であり、事業促進を図り、早期完成を目指す必要があるということもあり、去る2月25日に実施計画の変更承認を受けたところであります。


 このため、既に議決をいただいております1億7,199万円に2,116万円を追加いたしまして1億9,315万円の契約金額として変更することについて、地方自治法第96条第1項第5号の規定により議会の議決を求めるものであります。


 変更の内容等につきましては、裏面に添付しております資料によりご説明いたしますのでお開きください。


 計画平面図を示しておりますけれども、図面の青く着色している部分が本年度の既契約部分であります。赤色の部分が今回変更追加する部分であります。追加する工事の内容につきましては、岸壁の基礎捨石2,920立方メートルを追加施工するものであります。


 なお、追加いたします2,116万円につきましては、追加工事分を含めて設計金額を算出し、これに当初の落札率を乗じて算出した金額となっております。


 議案に返っていただきまして、変更契約の内容につきまして説明いたします。


 1、契約の目的、変更はありません。2、契約の方法、変更はありません。3、契約金額は、1億7,199万円を1億9,315万円に変更するものであります。4、契約の相手方、変更はありません。(株)酒井組、代表取締役、小田原秀子であります。


 なお、工期につきましては、平成19年3月31日となっておりますけれども、来年度へ繰り越しをする予定としております。


 以上、工事請負契約の変更について、提案理由の説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご決定いただきますようお願い申し上げます。


○議長(土居尚行君) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 吉村議員。


○20番(吉村直城君) ちょっとお聞きしたいんですが、12月議会でこれじゃなかったんですかね、町長、答弁で見直しもやぶさかでないって答弁されたのは、この工事の件ではなかったかと思うんですけども、でしたね。町長、答弁願います。


○議長(土居尚行君) 清水町長。


○町長(清水雅文君) お答えいたします。


 この工事そのものは、この船越の埋め立てのことですけど、この整備事業のことですけど、見直しと言ったのは、私、確か答弁は地域の方でそういう声が上がってくれば、見直しもやぶさかではないというように答弁しておると、多分そうだと思います。


○議長(土居尚行君) 吉村議員。


○20番(吉村直城君) ということは、地元から上がってこなかったということですね。


○議長(土居尚行君) 他にございませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 他に質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 第32号議案、平成20年度船越漁港広域漁港整備工事請負契約の変更については、原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。


                 (賛成者挙手)


○議長(土居尚行君) 挙手多数であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。





────────────────────────────────────────





◎日程第31 第33号議案 深浦漁港海岸保全施設整備工事請負契約の変更について





○議長(土居尚行君) 日程第31、第33号議案、深浦漁港海岸保全施設整備工事請負契約の変更についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 竹田水産課長。


○水産課長(竹田武久君) 第33号議案、深浦漁港海岸保全施設整備工事請負契約の変更について、提案理由の説明を申し上げます。


 本議案につきましては、平成21年1月30日に請負契約の議決をしていただいておりました契約金額の変更に係るものであります。


 この工事につきましては、平成21年1月22日に入札執行し、(株)明正建設が落札して工事を行っておりますが、入札減少金が生じており、実施計画の変更について、県当局と協議をしておりましたが、継続的な事業であり、事業促進を図り、早期完成を目指す必要があるということもあり、実施計画の変更について去る2月26日に承認を受けたところであります。


 このため、既に議決をいただいております7,035万円に1,746万円を追加いたしまして8,781万円の契約金額として変更することについて、地方自治法第96条第1項第5号の規定により議会の議決を求めるものであります。


 変更の内容につきましては、裏面により説明いたしますのでお目通しください。


 平面図に赤い線で示しております場所が追加部分であります。護岸の延長26.3メートルを追加施工するものでございます。手前の赤い部分については、上部工の一部を施行させていただきます。


 なお、この追加いたします1,746万円につきましては、追加工事分を含めて設計金額を算出し、これに当初の落札率を乗じて算出した金額となっております。


 それでは、議案にお戻りください。


 契約内容につきましては、1、契約の目的は変更はありません。2、契約の方法も変更はありません。3、契約金額については、7,035万円を8,781万円に変更するものであります。4、契約の相手方ですが、これも変更はありません。(株)明正建設であります。


 なお、工期につきましては、平成21年3月31日までとなっておりますけれども、来年度へ繰り越しを予定しております。


 以上、工事請負契約の変更について、提案理由の説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご決定賜りますようにお願い申し上げます。


○議長(土居尚行君) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 質疑がないようなので、質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 第33号議案、深浦漁港海岸保全施設整備工事請負契約の変更については、原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。


                 (賛成者挙手)


○議長(土居尚行君) 全員挙手であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


 ここで暫時休憩いたします。


               午後 2時31分 休憩


            ―――――――――――――――――


               午後 2時50分 再開


○議長(土居尚行君) 休憩前に引き続き会議を開きます。





────────────────────────────────────────





◎日程第32 第34号議案 平成21年度愛南町一般会計予算について


 日程第33 第35号議案 平成21年度愛南町国民健康保険特別会計予算について


 日程第34 第36号議案 平成21年度愛南町老人保健特別会計予算について


 日程第35 第37号議案 平成21年度愛南町後期高齢者医療特別会計予算について


 日程第36 第38号議案 平成21年度愛南町介護保険特別会計予算について


 日程第37 第39号議案 平成21年度愛南町簡易水道特別会計予算について


 日程第38 第40号議案 平成21年度愛南町小規模下水道特別会計予算について


 日程第39 第41号議案 平成21年度愛南町温泉事業等特別会計予算について


 日程第40 第42号議案 平成21年度愛南町旅客船特別会計予算について


 日程第41 第43号議案 平成21年度愛南町上水道事業会計予算について


 日程第42 第44号議案 平成21年度愛南町病院事業会計予算について





○議長(土居尚行君) お諮りします。


 この際、日程第32、第34号議案、平成21年度愛南町一般会計予算についてから、日程第42、第44号議案、平成21年度愛南町病院事業会計予算についてまでの11議案については、続けて提案理由の説明を受けたいが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 異議なしと認めます。


 これより直ちに議題といたします。


 第34号議案、平成21年度愛南町一般会計予算より、続けて提案理由の説明を求めます。


 清水町長。


○町長(清水雅文君) 第34号議案、平成21年度愛南町一般会計予算について、提案理由のご説明を申し上げます。


 世界的な金融危機が実体経済にも悪影響を及ぼし、我が国の経済においても、景気の悪化や急速に厳しさを増す雇用情勢など、依然として厳しい状況下にある中、国は平成21年度の予算において、生活防衛のための大胆な実行予算として景気回復を最優先としつつ、財政健全化の取り組みを進めていくこととしております。


 また、愛媛県においても、企業収益の落ち込みから県税が18.6%、約300億円減少するという異例の事態に直面し、さらに厳しい財政状況が伺え、自主財源の割合も43%に低下するなど、国への依存体質はさらに強まっている状況にあります。


 また、財源対策基金も枯渇状態にあるなど、財政逼迫の度合いも一段と高まっており、その影響から県単独事業の抑制傾向は今後も続く見込みであり、少なからず補助事業にも引き続き影響が及ぶものと考えられます。


 そのような中、本町の平成21年度一般会計当初予算は、限られた財源を効果的に活用し、最大の行政効果を得るという基本的な考え方のもと、中長期財政計画に掲げた事業について、優先度の高いもの、緊急性の高いものから実施するとともに、国が行う生活防衛のための緊急対策としての交付金などを活用しながら、地域経済の活性化や雇用創出が図られるよう予算編成を行っております。


 その総額は、歳入歳出それぞれ130億8,000万円とするもので、前年度と比べて金額で3億3,000万円、率で2.6%の増となっております。施策の基本方針につきましては、今年が愛南町総合計画後期基本計画見直しの年に当たりますので、平成22年度から向こう5年間、基本構想実現のための施策の基本方向を策定していきたいと考えております。


 昨年来募集しておりました愛南町の歌につきましては、今月29日の南宇和高校吹奏楽部の発表会で披露されますし、愛南町の音頭につきましては、21年度に完成の予定となっております。それぞれの場面で町民の融和と一体感の醸成を図るために、活用されることを期待しております。


 施策別の方針では、産業、観光事業関係における主なものといたしまして、産直市やアンテナショップ等を通してのさらなる販路拡大に努め、地場産業の振興を推進してまいります。


 農林業の分野におきましては、愛媛大学の協力を得ながら、本町の特性を生かした次世代につながる愛南町農業振興計画を策定し、町の新しい農業の方策を探りたいと考えております。今後、本計画を基に新農産物の研究開発、適作奨励、付加価値を高めた商品づくりなどに取り組むとともに、地産地消の推進に力を入れてまいります。


 また、国の中山間地域直接支払交付金や、農地・水・農村環境保全向上活動支援事業を活用して、耕作放棄地の発生を防止し、担い手農家を支援していきます。


 林業の分野においては、地球温暖化の抑制や水資源の確保、洪水等自然災害の抑制など、さまざまな機能を持つ森林を保全、育成するため、国、県の事業を活用し、森林整備を積極的に進めるとともに、森林整備に携わる人材の育成、環境保護活動を推進してまいります。


 水産業の分野におきましては、種子島周辺漁業対策事業として、かつおなどの新漁場とする新たな浮魚礁を整備するとともに、愛媛大学と連携を密にした水産研究開発室を充実してまいります。


 観光分野におきましては、観光協会の組織再編に着手するとともに、魚食ツアーを実施するなど、観光客の誘致に取り組みます。そして、団塊世代の定住促進を図るため、空き家バンクを設立し、内外に情報発信をしていきたいと考えております。


 また、グリーンツーリズム事業の推進や、スポーツ合宿の誘致など、交流人口を増加させることにも力を入れてまいりたいと考えております。


 雇用対策につきましては、町内における雇用創出を図るため、誘致企業に対する雇用促進奨励措置や、新規事業のふるさと雇用再生特別交付金及び緊急雇用創出事業を活用していくとともに、雇用相談員を増員し、引き続き就労支援を充実してまいりたいと考えております。


 次に、健康と福祉関係における主なものといたしましては、就学前までの乳幼児医療費無料化の継続、第3子の保育料の無料化、妊婦健診の公費負担5回から14回までの拡充、そして子育て支援に係る次世代後期行動計画の策定など、子育て支援の拡充に努めてまいります。


 医療の分野では、全国的な課題であります医師不足の問題があります。特に、県立南宇和病院の医師の確保は、前町長時代からの懸案事項で、引き続き愛媛県、南宇和医師会と十分連携をとりながら、この問題の解決に取り組んでまいりたいと考えております。


 保健の分野では、昨年度から進めております特定健診、特定保健指導及び後期高齢者医療制度、通所型介護予防事業などのさらなる充実と円滑な推進に努めてまいります。


 道路関係における主要なものといたしましては、四国8の字ネットワークの早期整備の促進要望にしっかりと取り組んでまいりますとともに、主要道路の整備、維持管理に努め、安全で安心な生活道路の整備に努めてまいります。


 生活環境関係におきましては、補助事業での合併浄化槽整備の推進、家電製品協会助成金を活用した家電製品等の不法投棄対策の強化のほか、懸案でありました西海し尿処理施設解体撤去工事を実施します。


 なお、地球温暖化対策におきましては、計画的に公用車のハイブリッド化にも努めてまいりたいと考えております。


 次に、消防、防災対策の分野でありますけれども、一昨日提携いたしました、愛南町における防災教育の推進に関する協定書に基づき、地域に密着した機能する防災文化の創造を確立していきたいと考えております。


 なお、耐震強化の促進といたしまして、木造住宅耐震改修工事に対する補助や、公共施設の耐震診断の実施などにも取り組み、防災対策の有効性を高めてまいりたいと考えております。


 教育、文化事業におきましては、国の第二次補正で前倒しした学校施設の耐震化対策を実行することにより、安全・安心の教育環境の整備、充実に努めてまいります。


 また、女性の集いなどの生涯学習に各種のスポーツ振興、個性豊かな魅力ある地域づくりを支援するわが里づくり事業の充実を図るほか、人権教育の推進にも努めてまいります。


 なお、昨年度から実施しております放課後児童クラブ事業においても、子育て支援の一環として、さらに充実を図りたいと考えております。


 行政改革の推進におきましては、引き続き大綱や実施計画、集中改革プランに基づいて積極的に進めてまいります。特に、定員適正化の促進、行政評価の推進、補助金の適正化を図るなど、簡素で効率のよい行政の仕組みを構築してまいりたいと考えております。


 なお、地上デジタル放送に係る共聴アンテナ改修事業やブロードバンド事業など、地域情報の整備促進にも力を入れてまいります。そして、民間活力を導入する指定管理者制度も積極的に進めていき、効率のよい行政サービスの構築に引き続き努めてまいります。


 行政区や町民から寄せられたご意見やご要望などを集約しながら、議員各位のご理解、ご協力のもとで、公正で透明な一体感のある町政を推進してまいりたいと考えております。


 それでは、平成21年度の愛南町一般会計予算の具体的な内容について申し上げます。


 まず、歳出予算の内容ですが、議会費9,553万3,000円、総務費20億477万1,000円、民生費31億3,150万4,000円、衛生費13億3,507万円、農林水産業費9億5,595万4,000円、商工費2億7,597万2,000円、土木費2億2,729万3,000円、消防費4億4,915万円、教育費14億5,529万1,000円、災害復旧費1,065万1,000円、公債費31億1,933万5,000円、諸支出金920万5,000円、予備費1,027万1,000円となっております。


 歳出予算を性質別に見ますと、義務的経費に係るものが、人件費36億6,857万4,000円、扶助費8億9,122万7,000円、起債の償還等31億1,933万5,000円となっており、そのうち人件費が予算の28.0%と依然として高い割合を占めているところです。


 任意的経費に係るものが、他会計繰出金、積立金、貸付金は11億2,962万1,000円、物件費・補助費等で33億1,822万4,000円、予備費1,027万1,000円となっております。


 次に、投資的事業について申し上げますと、総事業費8億7,504万5,000円で、全体の約6.7%でありますが、主なものといたしましては、2款総務費では、光イントラネット支障移転工事や町内一円の交通安全対策工事、集会所などの修繕工事ほかで3,150万7,000円。


 3款民生費では、御荘保育所外部等塗装改修工事ほかで1,062万9,000円。


 4款衛生費では、環境衛生センターの焼却・リサイクル施設定期整備工事、西海処理場解体撤去工事などで1億8,224万8,000円。


 6款農林水産業費では、種子島周辺漁業対策事業補助金、深浦地区広域漁港整備黒崎設置工事、漁港整備事業測量設計委託料、深浦漁港海岸保全施設整備工事、津波・高潮危機管理対策緊急工事、漁港建設県営事業負担金などで4億1,900万4,000円。


 7款商工費では、鹿島浮桟橋避難時移設工事ほか174万円。


 8款土木費では、公営住宅の改修工事、緊急修繕工事、町内一円の町道維持補修工事、宝久郷ノ宮線外交通安全工事、県土木建設事業負担金、河川維持工事ほかで1億5,080万4,000円。


 9款消防費では、小型動力ポンプ積載車購入に449万4,000円。


 10款教育費では、中浦小体育館天井鉄骨塗装工事、小学校遊具修繕工事、一本松国民体育館屋根改修工事、緑公民館空調設備改修工事ほかで6,396万8,000円。


 11款災害復旧費では、農業用施設、林業施設、道路橋梁、河川の災害復旧事業費で1,065万1,000円となっております。


 次に、歳出の財源となります歳入予算についてご説明いたします。


 町税17億9,025万7,000円、地方譲与税1億4,300万円、利子割交付金1,400万円、配当割交付金260万円、株式等譲渡所得割交付金100万円、地方消費税交付金1億8,300万円、自動車取得税交付金5,100万円、地方特例交付金1,840万円、地方交付税71億8,621万3,000円、交通安全対策特別交付金300万円、分担金及び負担金3億34万3,000円、使用料及び手数料1億8,857万8,000円、国庫支出金4億9,716万1,000円、県支出金7億7,609万3,000円、財産収入3,496万4,000円、寄附金105万円、繰入金6億788万円、繰越金3億円、諸収入1億8,456万1,000円、町債7億9,690万円としており、前年度と比べ、1款町税は、固定資産の評価替えなどの影響により7,607万4,000円の減。


 10款地方交付税は、平成20年度の実績及び地方公共団体が雇用創出等を図るとともに、地域における安全・安心の確保や地域活性化に向けた事業を円滑に実施することができるよう創設された地域雇用創出推進費を考慮し、2億8,631万2,000円の増。


 15款県支出金は、種子島周辺漁業対策事業や緊急雇用創出臨時特例交付金事業への補助金の増額等により、1億9,158万9,000円の増。


 18款繰入金は、長期債元金の繰上償還による減債基金6,861万6,000円の増や、国の2008年度第二次補正予算による交付金を原資として積み立てる地域振興基金1億7,200万円の増はあるものの、財政調整基金2億円の減や地域福祉基金1億1,000万円の減などにより、1億1,363万6,000円の減。


 19款の繰越金は、今までの実績により、昨年度と同額としております。


 また、国や県の補助金等を受けての事業につきましては、補助金の認可が確定し次第、補正予算に計上していく予定であります。平成21年度の予算規模は、最終的に142億円程度になるものと見込んでおります。


 以上が第34号議案、平成21年度愛南町一般会計予算の概要です。よろしくご審議の上、適切なるご決定をいただきますようお願い申し上げまして、提案理由の説明を終わります。


○議長(土居尚行君) 石川副町長。


○副町長(石川芳洋君) それでは、一括提案の許可をいただきましたので、第35号議案から第42号議案まで、続けて説明をさせていただきます。


 まずはじめに、第35号議案、平成21年度愛南町国民健康保険特別会計予算につきまして、提案理由のご説明をいたします。


 4月1日より、国保税の滞納世帯であっても、その世帯に属する中学生以下には、6ヶ月間の有効期間の短期被保険者証を交付することになります。また、10月からは、緊急の少子化対策として当面2年間の暫定指置として、出産育児一時金が4万円引き上げることになります。景気の低迷等により、国保事業を取り巻く環境は依然として厳しく、一般会計からの繰り入れに頼り大変厳しい予算となっております。


 それでは、予算の概要につきまして説明いたします。


 この特別会計の当初予算の総額は、歳入歳出それぞれ37億2,100万円とするもので、前年度当初予算に比べ金額で5,900万円、率で約1.56%の減となっております。


 それでは、事項別明細書によりまして、歳出から説明をいたしますので、29ページをお開きください。


 1款総務費、1項の総務管理費で一般管理費、連合会負担金をあわせて、前年度に比べ336万2,000円滅の137万8,000円を計上。3項運営協議会費には、前年度より2万2,000円減の20万9,000円を計上しております。


 2款保険給付費、1項の療養諸費は、一般及び退職者被保険者の療養給付費等で前年度に比べ2,009万3,000円滅の21億6,205万5,000円を計上しております。2項高額療養費は、前年度に比べ2,911万6,000円増の2億4,827万6,000円を計上。3項の移送費は、前年同額の10万円です。4項出産育児一時金は、前年度に比べ143万円増の1,368万円を計上。5項葬祭諸費は、前年度に比べ6万円減額の144万円を計上いたしております。


 2款保険給付費の総額は、歳出全体の65.2%を占めております。


 次に、3款後期高齢者支援金等は、前年に比べ4,126万円増の4億8,291万9,000円を計上。


 4款前期高齢者納付金等も前年に比べ37万9,000円増の154万4,000円を計上しております。


 5款老人保健拠出金は、前年に比べ1億3,866万9,000円減の3万8,000円を計上。


 6款介護納付金も、前年度に比べ563万7,000円減の2億2,277万9,000円を計上しております。


 7款共同事業拠出金は、前年度より3,972万1,000円増の5億1,029万6,000円を計上しております。


 8款保健事業費、1項特定健康診査等事業費は、前年度に比べ20万4,000円減の2,826万円を計上。2項保健事業費に国保事業に関する普及・啓発関係費等で、前年度に比べ5万3,000円減の270万6,000円を計上いたしております。


 9款基金積立金は、基金運用による預金利子5,000円を計上。


 10款公債費は、一時借入金利子償還金として20万を計上。


 11款諸支出金、1項償還金及び還付加算金は、保険税の還付金として220万円を計上。


 12款予備費は、医療費の増加等に対応するため、3,051万3,000円を計上しております。


 次に、歳入につきまして説明をいたしますので、19ページをお開きください。


 1款国民健康保険税に6億5,241万9,000円。


 2款使用料及び手数料は10万円。


 3款国庫支出金は、1項国庫負担金、2項国庫補助金あわせまして12億6,323万7,000円計上。


 4款療養給付費等交付金は、退職者医療に係る交付金で1億5,086万円を計上しております。


 22ページになります。


 5款前期高齢者交付金は6億7,730万6,000円を計上。


 6款県支出金は、1項県負担金、2項県補助金あわせまして1億7,971万5,000円を計上。


 7款共同事業交付金には、高額医療費共同事業交付金5,821万5,000円、保険財政共同安定化事業交付金3億9,084万2,000円、あわせて4億4,905万7,000円を計上。


 8款財産収入は財政調整基金預金利子として4,000円を計上しております。


 9款繰入金、1項の他会計繰入金は、前年度に比べ4,775万4,000円増の3億4,479万6,000円を計上しておりますが、このうち法定分は2億2,479万6,000円で、法定外の1億2,000万円は町の単独持ち出し額で前年度に比べ4,000万円の増となっております。


 10款繰越金は、前年度からの繰越金として100万円を計上。


 11款諸収入、1項延滞金、加算金及び過料は50万2,000円を、3項雑入は200万4,000円を計上いたしております。


 以上で第35号議案、平成21年度愛南町国民健康保険特別会計予算の説明を終わらさせていただきます。


 次に、第36号議案、平成21年度愛南町老人保健特別会計予算について、提案理由の説明をいたします。


 平成20年4月以後に発生した老人保健制度に係る過誤調整等は、平成20年度から3年間は、老人保健特別会計において処理することになります。


 それでは、予算の概要につきまして説明いたします。


 この特別会計の当初予算総額は、歳入歳出それぞれ1,001万円とするもので、前年度当初予算に比べ2億7,899万円の減となっております。


 それでは、事項別明細書によりまして、歳出から説明いたしますので、19ページをお開きください。


 1款総務費は、前年度に比べ66万1,000円減の2万5,000円。


 2款医療諸費は、2億7,994万円減の698万4,000円を計上しております。


 4款諸支出金は、1,000円を計上。


 5款予備費には、300万円を計上しております。


 次に、歳入につきまして説明いたしますので、15ページをお開きください。


 1款支払基金交付金は4,000円を計上。


 2款国庫支出金、2,000円を。


 3款県支出金、1,000円を。


 5款繰越金は、前年度からの繰越見込み額1,000万円を。


 6款諸収入は、3,000円を計上しております。


 簡単ではありますが、以上で第36号議案、平成21年度愛南町老人保健特別会計予算の説明を終わらせていただきます。


 続きまして、第37号議案、平成21年度愛南町後期高齢者医療特別会計予算について、提案理由のご説明をいたします。


 平成20年4月から75歳以上を対象としてスタートした後期高齢者医療保険制度は、所得の低い方の経過措置として、本年度は7割軽減を受ける世帯のうち、年金収入80万円以下の場合は9割軽減となり、また、所得割についても年金収入153万円から211万円までの被保険者は5割軽減され、被保険者保険の扶養者であった方も9割の軽減となります。


 それでは、予算の概要について説明いたします。


 この特別会計の当初予算総額は、歳入歳出それぞれ2億5,920万円とするものであります。


 それでは、事項別明細書によりまして、歳出から説明をいたしますので、21ページをお開きください。


 1款総務費は、前年度に比べ121万7,000円減の301万9,000円を計上。


 2款後期高齢者医療広域連合納付金も2,217万9,000円減の2億5,558万6,000円を計上、そのうち保険料は3,881万5,000円減の1億4,610万円を、保険基盤安定負担金は1,317万2,000円増の9,566万3,000円を、事務費負担金は341万4,000円増の1,377万3,000円を、延滞金は5万円を計上いたしております。


 3款諸支出金、1項償還金及び還付加算金は11万円を計上。


 4款予備費は、事務費の増加に対応するため48万9,000円を計上しております。


 次に、歳入につきまして説明いたしますので、15ページをお開きください。


 1款後期高齢者医療保険料は、1億4,610万円を計上。


 2款使用料及び手数料は1万円を。


 3款繰入金は、1億1,242万9,000円を計上しておりますが、保険基盤安定繰入金や広域連合事務費繰入金等でございます。


 次のページをお開きください。


 4款諸収入は、16万1,000円を計上。


 5款繰越金は、前年度からの繰越金50万円を計上いたしております。


 以上で第37号議案、平成21年度愛南町後期高齢者医療特別会計予算の説明を終わらせていただきます。


 続きまして、第38号議案、平成21年度愛南町介護保険特別会計予算について、提案理由の説明をいたします。


 平成18年の介護保険制度の改正に伴い、介護保険は予防重視型システムに転換され、軽度者を対象とした新予防給付が導入されたり、地域密着型サービスや地域支援事業が創設されるなど新たなサービス体系が確立されてまいりましたが、本予算は、これらの実績等を踏まえながら編成したものであります。


 それでは、予算の概要について説明いたします。


 この特別会計予算の総額は、歳入歳出それぞれ24億200万円とするもので、前年度当初予算に比べ、金額で2,300万円、率で0.96%の増となっております。


 それでは、事項別明細書によりまして、歳出から説明いたしますので、23ページをお開きください。


 1款総務費、1項総務管理費は、人件費及び事務費など、前年度に比べ954万7,000円増の5,763万3,000円を計上し、2項徴収費は24万5,000円を計上、3項介護認定審査会費は、前年度より19万1,000円増の1,685万6,000円を計上しております。


 4項介護保険運営委員会費は、前年度に比べ178万8,000円減の11万7,000円を計上しております。


 次に、2款保険給付費、1項介護サービス等諸費は、前年度と比較して4,131万3,000円増の19億6,761万3,000円を計上しております。2項介護予防サービス等諸費は、前年度より278万5,000円減の1億3,091万5,000円を計上しております。3項その他諸費は、審査支払手数料として270万円を、4項高額介護サービス等費は、前年度と比較して300万円増の4,500万円を計上しております。


 次のページをお開きください。


 5項高額医療合算介護サービス等費は、昨年4月に高額医療・高額介護合算制度が新たに創設され、今年8月からの給付が予想されますので、その経費として77万2,000円を計上しております。6項特定入所者介護サービス等費では、所得の低い方に負担限度額を設け、自己負担の軽減を図るための経費で、前年度と比較し30万円減の1億2,100万円を計上しております。


 次に、4款基金積立金、1項基金積立金は、介護給付費準備基金の利子積立金8万5,000円を計上しております。


 次に、5款地域支援事業費、1項介護予防事業費は、介護が必要な状態とならないよう、その予防や軽減、知識の普及啓発などの費用で、前年度と比較して169万円増の1,966万8,000円を計上しております。2項包括的支援事業・任意事業費は、各種の相談や支援、サービス提供後の再アセスメントや事業評価などの経費で、前年度と比較して37万2,000円減の2,802万7,000円を計上しております。


 次に、6款1項公債費は、一時借入金の利子償還金として10万3,000円を計上しております。


 次の財政安定化基金償還金は、第三期においては借り入れをしておりませんので、廃項としております。


 9款諸支出金は、15万円を計上。


 10款予備費は、1,111万6,000円を計上しております。


 次に、歳入について説明いたしますので、15ページをお開きください。


 1款、保険料は、3億7,850万2,000円を計上。


 2款使用料及び手数料は、1,000円を。


 3款、1項国庫負担金は4億257万2,000円を、2項国庫補助金は2億1,421万8,000円を計上いたしております。


 4款支払基金交付金は、6億8,599万6,000円を。


 5款1項県負担金は3億3,452万7,000円を、2項県補助金は767万7,000円をそれぞれを計上しております。


 6款財産収入は、8万5,000円を。


 7款1項一般会計繰入金は3億6,113万円で、前年度に比べ718万9,000円の増額となっております。2項基金繰入金は、介護従事者処遇改善臨時特例基金繰入金で161万6,000円を計上しております。


 8款繰越金は、20年度からの繰越見込額1,336万1,000円を計上。


 10款諸収入は、1項延滞金、加算金及び過料に2,000円を計上、3項雑入には231万3,000円を計上しております。


 以上が第38号議案、平成21年度愛南町介護保険特別会計予算の概要であります。


 第39号議案、平成21年度愛南町簡易水道特別会計予算につきまして、提案理由の説明をいたします。


 この簡易水道特別会計では、町内9簡易水道施設の維持管理費等を計上しており、この特別会計の当初予算の総額は、歳入歳出それぞれ2億7,000万円とするもので、前年度当初予算に比べ3,500万円、率で14.9%の増額となっております。


 それでは、事項別明細書によりまして、歳出から説明いたしますので、23ページをお開きください。


 1款総務費、1項総務管理費は、職員の給与費など一般管理費として、前年度に比べ845万9,000円増の3,327万2,000円を計上しております。増額の理由は、19節の負担金補助及び交付金で、上水道企業が電算を構築したことによるものです。


 2款事業費、1項維持修繕費は、前年度に比べ203万3,000円減額の2,926万4,000円を計上。2項新設改良費は、前年度に比べ3,560万円増の6,560万円を計上しております。これは、老朽化が著しい送配水管の更新等を実施するための測量設計業務委託料及び工事請負費であります。


 次のページ、3款公債費は、前年度に比べ703万1,000円減の1億4,133万3,000円を計上しております。これは、長期債の元金及び利子償還金並びに一時借入金利子の償還金であります。


 4款予備費には、53万1,000円を計上しております。


 次に、歳入につきましてご説明いたしますので、17ページをお開きください。


 1款分担金及び負担金に、43万2,000円を計上しています。


 2款使用料及び手数料、1項の使用料は水道使用料で8,560万円を計上しております。2項の手数料は10万1,000円を計上。


 7款繰入金は、前年度に比べ2,568万7,000円増の1億2,114万1,000円を計上いたしております。これは、施設維持管理及び起債償還金に対する一般会計からの繰入金でございます。


 8款繰越金は、前年度の繰越見込額272万5,000円を計上しております。


 9款諸収入1,000円で前年度より780万円の減額であります。これは、20年度事業におきまして、課税売上が課税仕入れよりも多くなったことで消費税納付となることから、消費税還付が生じなくなるためであります。


 10款町債は、6,000万円を計上しております。


 以上が第39号議案、平成21年度愛南町簡易水道特別会計予算の概要であります。


 第40号議案、平成21年度愛南町小規模下水道特別会計予算につきまして、提案理由の説明をいたします。


 この特別会計は、現在稼働しております網代、油袋、家串、平婆の漁業集落と和口、広見、御在所の農業集落の排水施設の維持管理経費や施設建設時の起債の元利償還費を計上しておりますが、依然として低迷しております接続率が下水道使用料に大きく影響し、一般会計からの繰入金に依存する厳しい運営となっております。


 それでは、予算の概要につきまして説明をいたします。


 この特別会計の総額は、歳入歳出それぞれ1億6,830万円とするもので、前年度当初予算と比較し、金額で94万円、率で約0.6%の増となっております。


 それでは、事項別明細書によりまして、歳出から説明いたしますので、19ページをお開きください。


 1款総務費は、前年度より206万1,000円減の651万円を計上しています。減額の主な要因は、職員人件費の減で、担当職員の交代によるものであります。


 2款小規模下水道管理費は、前年度より87万6,000円減の3,209万9,000円を計上しています。主なものとして、7ヶ所のクリーンセンターの光熱水費として1,082万4,000円、浄化槽清掃手数料として600万円、そして、浄化槽保守点検委託料の1,166万3,000円を計上しております。


 3款公債費は、前年度より385万2,000円増の1億2,936万2,000円を計上しております。増額の主な要因は、施設整備時に借り入れを行った下水道整備事業債の元金償還額の増によるものであります。


 5款予備費は、32万9,000円を計上しております。


 次に、歳入につきまして説明いたしますので、15ページをお開きください。


 2款使用料及び手数料は、前年度より20万円増の2,790万円を計上しております。


 5款繰入金は、一般会計からの繰入金を前年度より50万円増の1億3,950万円を計上しております。


 6款繰越金は、前年度繰越見込額89万8,000円を計上しております


 7款諸収入は、2,000円を計上しております。


 以上が第40号議案、平成21年度愛南町小規模下水道特別会計予算についての概要説明とさせていただきます。


 第41号議案、平成21年度愛南町温泉事業等特別会計予算につきまして、提案理由の説明をいたします。


 この特別会計は、現在では一本松温泉あけぼの荘、1施設のみとなっております。


 昨年度は、夏場に向けての急激なガソリン価格の高騰によるお客様の出控え、また、一方では燃料となる重油価格の上昇による経費の増嵩も相まって、非常に厳しい経営状況となっております。


 それでは、予算の概要につきまして説明いたします。


 この特別会計の当初予算の総額は、歳入歳出それぞれ7,880万円とするもので、前年度当初予算に比べ、1,040万円、11.7%の減額となっております。


 それでは、事項別明細書によりまして、歳出から説明いたしますので、19ページをお開きください。


 1款総務費、1項一般管理費は、前年度に比べ744万3,000円減の1,307万5,000円を計上しております。これは、一般会計への繰出金が、前年度に比べ750万円の減額によるものであります。


 2款事業費、3項一本松温泉あけぼの荘事業費は、施設の改修工事の減少により、前年度に比べ174万3,000円減の6,510万7,000円となっております。


 4款予備費には61万8,000円を計上しております。


 次に、歳入につきまして説明いたしますので、15ページをお開きください。


 1款営業収入、3項一本松温泉あけぼの荘営業収入に7,779万8,000円を計上しております。


 3款繰越金は、昨年度初めて一般会計への繰り入れを実施したのに伴い1,007万8,000円減の100万円としております。


 4款諸収入、2項雑入に2,000円を計上いたしております。


 以上、第41号議案、平成21年度愛南町温泉事業等特別会計予算についての概要とさせていただきます。


 続きまして、第42号議案、平成21年度愛南町旅客船特別会計予算につきまして、提案理由の説明をいたします。


 当事業は、愛南町の観光資源の一つであります海中公園への水中展望船による観光航路と鹿島への定期航路事業に関するものでありますが、年々利用客が減少する中、引き続き非常に厳しい経営状況となっております。


 それでは、予算の概要について説明いたします。


 この特別会計の当初予算の総額は、歳入歳出それぞれ4,640万円とするもので、前年度当初予算に比べ440万円、8.7%の減となっております。


 それでは、事項別明細書によりまして、歳出から説明いたしますので、19ページをお開きください。


 1款総務費、1項一般管理費は、船員につきまして引き続き一般職員2名、臨時職員2名の計4名での運行体制による2,183万9,000円を計上いたしております。


 2款施設経営費は、前年度より657万1,000円減の2,443万円を計上しておりますが、これはユメカイナのエンジン分解点検が終了したことによるものであります。


 4款予備費には、13万1,000円を計上しております。


 次に、歳入につきまして説明いたしますので、15ページをお開きください。


 1款事業収入は、定期航路事業収入と観光航路事業収入をあわせて、前年度より196万1,000円減の2,299万9,000円を計上しております。


 2款繰入金は、前年度に比べ250万円減の2,300万円を計上しております。


 3款繰越金は、前年度繰越見込額13万円。


 4款諸収入は、雑入27万1,000円を計上いたしております。


 以上をもちまして、第35号議案、平成21年度愛南町国民健康保険特別会計予算についてから、第42号議案、平成21年度愛南町旅客船特別会計予算についてまでの8議案の概要であります。


 慎重にご審議をいただきまして、適切なるご決定を賜りますようお願いいたします。


○議長(土居尚行君) 井上水道課長。


○水道課長(井上 誠君) 第43号議案、平成21年度愛南町上水道事業会計予算について、提案理由のご説明を申し上げます。


 予算書の1ページをお開きください。


 第2条、業務の予定量ですが、21年度における水道料金などの算出根拠となるもので、給水戸数は9,500戸で年間総給水量242万5,000トン、1日平均給水量6,640トンであります。


 主な建設改良事業といたしまして、上水道老朽管更新事業外1工事及びその工事に係る測量設計委託業務、あわせて1億638万円を計上しております。


 次の第3条、収益的収入及び支出の収入についてご説明いたします。


 第1款水道事業収益は4億6,319万7,000円、第1項営業収益4億556万7,000円、第2項営業外収益5,762万8,000円、第3項特別利益2,000円を計上しております。


 続きまして支出であります。


 第1款水道事業費用は、4億8,799万8,000円で、第1項営業費用4億2,399万5,000円、第2項営業外費用6,197万9,000円、第3項特別損失100万1,000円、第4項予備費102万3,000円とするものです。


 2ページをお開きください。


 第4条、資本的収入及び支出の収入ついてご説明いたします。


 第1款資本的収入7,673万1,000円、第1項企業債4,000万円、第2項負担金2,380万円、第3項補助金1,125万円、第4項加入金168万円、第5項固定資産売却代金1,000円とするものです。


 次に、支出でありますが、第1款資本的支出2億4,513万8,000円で、第1項建設改良費1億2,652万8,000円、第2項企業債償還金1億1,861万円とするものです。


 なお、4条予算の収支差し引きでありますが、支出に対して収入が1億6,840万7,000円不足いたしますので、当年度分損益勘定留保資金1億6,413万7,000円と当年度資本的収支調整額427万円で補填するものであります。


 次に、第5条、企業債でありますが、起債の目的は上水道老朽管更新事業であり、限度額4,000万円と定めております。起債の方法、利率、償還方法はお目通しください。


 次に、第6条、議会の議決を経なければ流用することができない経費といたしまして、職員給与費7,152万6,000円とするものでございます。


 第7条、他会計からの補助金として、収益的収入に5,500万円とするものであります。


 第8条は、棚卸資産の購入限度額を1,332万3,000円とするものであります。


 それでは、収益的収入及び支出の見積基礎によりまして、支出からご説明いたしますので27ページをお開きください。


 1款水道事業費用、1項営業費用、1目原水及び浄水費は、前年に比べ241万3,000円増の6,571万2,000円を計上しております。


 30ページに移りまして、2目配水及び給水費、前年に比べ765万8,000円減の8,740万3,000円を計上。


 32ページをお目通しください。


 3目受託工事費1万円。4目総係費は、前年に比べ80万6,000円増の4,896万9,000円を計上しております。


 次に35ページに移ります。


 5目減価償却費は、前年に比べ3,524万7,000円増の2億2,092万2,000円であります。


 次のページの6目資産減耗費は、前年同額の60万円であります。7目その他の営業費用は、前年に比べ6万9,000円減の37万9,000円を計上しております。


 37ページに移ります。


 2項営業外費用、1目支払利息及び企業債取扱諸費、5,212万9,000円を計上しております。財務省22件及び公営企業金融公庫24件の償還利息であります。


 2目消費税984万9,000円を計上しておりますが、課税売上が課税仕入れよりも多くなり納税が発生することによるものであります。3目雑支出は1,000円であります。


 38ページの3項特別損失、2目過年度損益修正損100万円の計上。水道料金の不納欠損及び過年に生じた料金の還付金でございます。


 4項予備費102万3,000円を計上しております。


 次に、水道事業収益についてご説明いたしますので、24ページをお開きください。


 まず、1款水道事業収益、1項営業収益、1目の給水収益は、水道使用料金で前年に比べ2,000万円減、4億100万円であります。2目受託工事収益は、開栓手数料として40万6,000円、3目他会計負担金は、消火栓維持管理負担金として360万円、4目その他の営業収益は、材料売却代及び竣工検査手数料など56万1,000円を計上しています。


 25ページの、2項営業外収益は、1目受取利息及び配当金は、預金利息として、25万2,000円、2目他会計補助金5,500万円。一般会計からの補助金であります。3目雑収益は237万6,000円で、修繕した量水器の評価益等であります。


 26ページの3項特別利益として、固定資産売却益、過年度損益修正益、それぞれ1,000円を計上しております。


 次に、水道事業の建設投資であります、資本的支出についてご説明いたしますので42ページをお開きください。


 1款資本的支出、1項建設改良費、1目建設改良費1億638万円を計上しております。上水道老朽管更新事業に伴う実施設計委託業務及び水道業務システム更新事業の委託料3,618万3,000円と工事請負費7,019万7,000円であります。


 43ページに移ります。


 2目固定資産購入費として、2,014万8,000円を計上しております。水道業務電算機器等の購入であります。


 2項企業債償還金1億1,861万円は、財務省12件、公営企業金融公庫18件の元金償還金であります。


 続いて、資本的収入をご説明いたしますので、39ページをお開きください。


 1款資本的収入、1項企業債4,000万円、2項負担金2,380万円は、不老川の河川改修に伴う移設補償金等であります。


 40ページに移ります。


 3項補助金は、老朽管更新事業に係る国庫補助金1,125万円であります。4項加入金168万円。5項固定資産売却代金は1,000円を計上しております。


 なお、7ページから9ページの実施計画書、10ページに資金計画、11ページから15ページの給与費明細書、16ページから17ページの予定損益計算書、18ページから23ページに予定貸借対照表を載せていますが、既に予算書を配布しておりますのでお目通しのことと思いますので、説明は省略させていただきます。


 以上、第43号議案の概要であります。慎重にご審議をいただきまして、適切なるご決定を賜りますようお願い申し上げます。


○議長(土居尚行君) 田中国保一本松病院事務長。


○国保一本松病院事務長(田中啓一郎君) ご提案させていただきます第44号議案、平成21年度愛南町病院事業会計予算につきまして、ご説明を申し上げます。


 本議案につきましては、地方公営企業法第24条第2項の規定により、平成21年度の予算について、ご審議をいただき議決をお願いするものでございます。


 まず1ページをお開きください。


 第1条では、総則を定めております。


 第2条における業務の予定量でございますが、年間の患者数については20年度見込みを踏まえて一本松病院は、入院患者を延ベ2万805人、外来患者を延べ1万3,500人、内海診療所は、外来患者延ベ9,480人を予定しております。


 建設改良計画は、医療機器の購入において984万9,000円を予定しております。また、施設整備の計画においても441万円を予定しております。


 次に2ページ、第3条予算収益的収入及び支出についてですが、事業収益、事業費用とも、20年度予算より0.5%減の5億8,150万円を予定しております。款、項の内訳は記載のとおりでございます。


 26ページ以降に実施計画書を添付しております。


 次に3ページ、第4条予算資本的収入及び支出ですが、収入においては病院事業債及び備品購入に係る一般会計等からの補助金4,046万4,000円を予定しております。支出のうち、建設改良費ですが、給食室のスチームオーブン、健康診断時の呼吸機能の測定に使うスパイロメーター及び内海診療所の薬剤自動分包機の更新、そして出張診療、訪問診療に活用するポータブル超音波診断装置及び心臓機能を24時間記録するホルター心電記録器の新規購入、更に一本松病院の建物の耐震二次診断、あわせて1,425万9,000円を計画しております。


 なお、これらのうち一部については、国の補助事業の活用を予定しております。


 なお、収入と支出の差額2,239万4,000円は過年度分損益勘定留保資金で補填いたします。


 続きまして、4ページをごらんください。


 第5条で一時借入金の限度額を前年度と同額の6,000万円と定めています。


 第6条で議会の議決を受けなければ流用することができない経費として、職員給与費と町長交際費を定めています。


 第7条で一般会計等からの補助金額を前年度と同額の1億円と定めています。


 第8条では、棚卸資産の購入限度額を9,437万9,000円と定めています。


 5ページ以降には、実施計画書、資金計画書、給与費明細書、21年度及び20年度の財務諸表及び21年度予算実施計画説明書を添付してございます。お目通しをお願い申し上げます。


 なお、財務諸表にもありますように、本年度20年度については黒字決算を見込んでおり、当年度純利益として3,300万円あまりの見込みです。


 以上、簡単ではございますが、平成21年度愛南町病院事業会計予算の提案説明とさせていただきます。慎重なるご審議の上、ご決定を賜りますようよろしくお願い申し上げます。


○議長(土居尚行君) 説明が終わりました。


 お諮りします。


 第34号議案、平成21年度愛南町一般会計予算についてから、第44号議案、平成21年度愛南町病院事業会計予算についてまでの11議案については、提案理由の説明が終わったところですが、本日の会議はこの程度にとどめ、延会したいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 異議なしと認めます。


 よって、本日はこれにて延会することに決定いたしました。


 なお、明日10日から18日までの休会中、10日と11日の両日、予算審査の議員全員協議会を議場で、12日に厚生常任委員をそれぞれ開催することになっております。


 3月19日、最終日は午前10時より会議を開きます。


 本日はこれにて延会いたします。





               午後 3時55分 延会





上記のとおり会議の次第を記載して、その相違ないこと証するため、署名する。








       議     長    土居 尚行








       会議録署名議員    吉村 直城








       会議録署名議員    西口  孝