議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛媛県 愛南町

平成20年第4回臨時会(第1日11月14日)




平成20年第4回臨時会(第1日11月14日)





 
平成20年第4回愛南町議会臨時会会議録


                       平成20年11月14日(金)開会





1.議事日程


 日程第 1 会議録署名議員の指名


 日程第 2 会期の決定


 日程第 3 承認第 3号 専決処分第3号の承認を求めることについて


              (愛媛地方税滞納整理機構規約の一部変更)


 日程第 4 第63号議案 情報資産セキュリティシステム製品購入契約について


 日程第 5 第64号議案 住民基本台帳ネットワークシステムサーバ等機器購入契約


              について


 日程第 6 第65号議案 平成20年度船越漁港広域漁港整備工事請負契約について


 日程第 7 第66号議案 柏崎漁港地域水産物供給基盤整備工事請負契約の変更につ


              いて


 日程第 8 愛南町選挙管理委員会委員及び補充員の選挙について





2.本日の会議に付した事件


 議事日程第1から第8





3.出席議員(23名)


  1番 山 下 太 三 君     2番 中 野 光 博 君


  3番 浜 本 元 通 君     4番   欠 番


  5番 内 倉 長 蔵 君     6番 宮 下 一 郎 君


  7番 新 田 房 男 君     8番 二 宮 敬 典 君


  9番 山 下 正 敏 君    10番 澤 本   誠 君


 11番 篠 田 美 登 君    12番 増 元 久 男 君


 13番 脇 田 達 矢 君    14番 飯 田 利 久 君


 15番 斎 藤 武 俊 君    16番 尾 崎 春 夫 君


 17番 金 澤   卓 君    18番 畑 田 藤志郎 君


 19番 田 口   勝 君    20番 吉 村 直 城 君


 21番 西 口   孝 君    22番 浜 田 博 文 君


 23番 那 須 芳 人 君    24番 土 居 尚 行 君





4.欠席議員(0名、欠員1名)





5.説明のため出席した者の職氏名


   町長          清 水 雅 文 君


   教育長         森 岡 知 昭 君


   総務課長        石 川 芳 洋 君


   企画財政課長      浅 井   通 君


   消防長         高 橋 純 一 君


   財産管理課長      中 川 健 一 君


   税務課長        中 川 扶身人 君


   町民課長        土 居 道 博 君


   農林課長        石 河   浩 君


   水産課長        竹 田 武 久 君


   建設課長        草木原 由 幸 君


   商工観光課長      木 原 荘 二 君


   環境衛生課長      児 島 秀 之 君


   水道課長        井 上   誠 君


   保健福祉課長      西 村 信 男 君


   高齢者支援課長     吉 田 俊一郎 君


   学校教育課長      岡 田 敏 弘 君


   生涯学習課長      尾 崎   健 君


   内海支所長       那 須 英 治 君


   御荘支所長       吉 見   元 君


   一本松支所長      嘉 新 安 行 君


   西海支所長       橋 岡 政 文 君





6.職務のため出席した者の職氏名


   事務局長        岡   和三郎 君


   書記兼総務課長補佐   嘉喜山   茂 君


   係長          鈴 木 洋 文 君


   主事          中 田 旬 美 君





              午前10時00分 開会





○議長(土居尚行君) ただいまの出席議員数は23名です。


 定足数に達しておりますので、平成20年第4回愛南町議会臨時会を開会いたします。


 町長より招集のあいさつがあります。


 清水町長。


○町長(清水雅文君) おはようございます。


 山に紅葉が映え、秋の深まりを実感させる今日このごろですが、本日、平成20年第4回愛南町議会臨時会を招集しましたところ、議員各位におかれましては、何かとご多忙の中をご出席いただき、まことにありがとうございます。開会にあたりまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 私は、去る10月19日に執行されました愛南町長選挙におきまして、町民の皆様のご支援をいただき、これからの4年間、町行政の舵取り役を仰せつかりました。私自身、時代が今、変革を求めていると感じており、これから4年間、愛南町を変え、よりよい町にするため、この身を削る覚悟で町政に取り組んでまいります。議員の皆様方のお知恵をお借りしながら、愛南町のため一生懸命に汗を流す所存でありますので、どうぞよろしくお願いいたします。


 それでは、私が町長となって初の議会でありますので、所信を述べさせていただきたいと思います。


 まず、今後の行政運営の方針について申し上げます。現在、社会を取り巻く経済情勢は、ご存知のとおり大変厳しいものとなっており、愛南町においても、町の財政、また、町民の生活ともに厳しい時にあると認識しております。このような厳しい状況下の行政運営では、徹底した経費削減と真に必要な事業のみを行っていくことが求められます。私は、計画的に職員数の削減を図っていくとともに、役場内にとどまらず、外郭団体等の人件費の見直しも検討したいと思います。


 ただ、それ以上に必要なことは、職員に対する訓示でも述べましたが、職員の意識改革であると思っております。職員一人一人が、町民の目線に立って、町民の皆様のために何ができるかを自ら考え、そして行動すべきであると考えます。この職員としてのあるべき基本姿勢は、役場の組織の中でこそ生かされなければなりません。行政運営のあり方として、職員が町民の声から積極的に必要な施策を立案し、上司へ提案し実現していく、いわゆるボトムアップ方式であるべきと考えます。また、そのような行政運営を行っていくためには、いわゆる選挙人事なるものではなく、能力とやる気のある職員を、年齢を問わず登用していくことが必要不可欠だと考えております。


 大事なのは、町民の皆様に対して、分け隔てなく質の高い行政サービスを提供できるかどうかであります。私は、能力主義に基づく、真に公平・公正な行政運営を行うことにより、結果として町民の融和も図ることができると信じております。


 続きまして、基本的な施策方針を述べたいと思います。


 まず、一点目として、町民の生活に直結する雇用の確保であります。不景気が続き、先行きが見えない厳しい経済情勢の中で、町民の働く場所の確保は喫緊の課題であります。企業誘致を積極的に推進し、愛南町のセールスマンという意識を持って、全国に愛南町をPRしていきたいと思っております。


 次に、二点目として、医療と福祉の問題であります。


 昨今、全国的に問題になっている地域医療の確立も愛南町の課題の一つであります。町の医師不足は深刻な状況であり、国保一本松病院、また、県立南宇和病院の医師確保に向けても、そしてドクターバンク事業についても前向きに検討してみたいと思っております。


 また、福祉の問題について、現在、愛南町では、寝たきりの高齢者を含め、約300名の高齢者の方々が施設に入所できず待機されている状況にあります。行政の無駄を省いた上で、高齢者が安心して暮らすことができる介護福祉施設が必要であると考えます。今後、少子・高齢化がますます進んでいく中で、医療と福祉を車の両輪として充実させ、弱者にやさしい町づくりを目指したいと思います。


 次に、三点目として、農林水産業といった第一次産業の振興や公共事業の推進です。農業や水産業などに従事している方が、安定的かつ自立的な経営ができるよう、町としてもできる限り支援して、後継者の育成とともに足腰の強い産業づくりに取り組んでいきます。また、公共事業については、高規格道路の津島・一本松間の延伸、国道の宿毛・一本松間の改良など、町の負担がない国の道路事業が行われるように国に働きかけます。


 次に、四点目として、教育の問題であります。将来の愛南町を担う子どもたちが、のびのびと学べる教育環境づくりに取り組みます。財政難を教育現場に持ち込む前に、行政の無駄を省いて子育て支援などの施策を検討します。


 以上が、今後の行政運営、また、施策の基本方針であります。議員各位におかれましては、私の意志をご理解いただきまして、ふるさと愛南町のため、ともに町づくりに取り組んでまいりたいと思いますので、ご支援・ご協力を重ねてお願い申し上げます。


 さて、本日の臨時会に提案いたします議案は、専決処分の承認が1議案、契約の承認が4議案の合計5議案であります。また、提案の際に詳しく説明させていただきますが、十分な審議をいただきまして、適切なる議決を賜りますようお願いを申し上げ、就任のあいさつ並びに招集のあいさつとさせていただきます。


○議長(土居尚行君) あいさつが終わりました。


 これより直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手許に配布のとおりです。





────────────────────────────────────────





◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(土居尚行君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 本日の会議録署名議員は、会議規則第117条の規定により8番、二宮議員と9番、山下正敏議員を指名いたします。





────────────────────────────────────────





◎日程第2 会期の決定





○議長(土居尚行君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。


 お諮りします。


 本臨時会の会期については、議会運営委員会に諮り、本日1日といたしたいが、これにご異議ございませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 異議なしと認めます。


 よって、本臨時会の会期は、本日1日とすることに決しました。





────────────────────────────────────────





◎日程第3 承認第3号 専決処分第3号の承認を求めることについて


            (愛媛地方税滞納整理機構規約の一部変更)





○議長(土居尚行君) 日程第3、承認第3号、専決処分第3号の承認を求めることについて(愛媛地方税滞納整理機構規約の一部変更)を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 石川総務課長。


○総務課長(石川芳洋君) 専決処分第3号、愛媛地方税滞納整理機構規約の一部変更について、提案理由の説明をさせていただきます。


 今回、地方自治法の一部を改正する法律が施行され、議員の報酬の支給方法等に関する規定が、他の行政委員会の委員等の報酬の支給方法等に関する規定から分離されるとともに、報酬の名称を議員報酬に改められました。


 これに伴い、滞納整理機構規約の変更に関し協議がありましたが、議会を招集する時間的余裕がなく専決処分したため、議会の承認をいただきたく提案するものであります。


 それでは、内容の説明をいたしますので、新旧対照表をお開きください。


 左が現行、右が今回の改正案になります。


 第8条中「報酬」を「議員報酬」に改めるものであります。


 また、附則として、この規約は愛媛県知事の許可のあった日から施行するものであります。


 以上で専決処分第3号の提案説明を終わります。審議のほど、よろしくお願いいたします。


○議長(土居尚行君) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 ご質疑ございませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ございませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 承認第3号、専決処分第3号の承認を求めることについて(愛媛地方税滞納整理機構規約の一部変更) は、原案のとおり承認することに賛成の方は挙手願います。


               (賛成者挙手)


○議長(土居尚行君) 全員挙手であります。


 よって、本案は原案のとおり承認されました。





────────────────────────────────────────





◎日程第4 第63号議案 情報資産セキュリティシステム製品購入契約について





○議長(土居尚行君) 日程第4、第63号議案、情報資産セキュリティシステム製品購入契約についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 石川総務課長。


○総務課長(石川芳洋君) 第63号議案、情報資産セキュリティシステム製品購入契約について、提案理由の説明をさせていただきます。


 情報資産セキュリティシステム製品の購入は、情報セキュリティー運用管理対策事業に基づき行うもので、職員が日々扱う個人情報をはじめとした行政情報等のセキュリティーを確保することを目的に行います。


 昨年の情報漏えい事故では、データ管理が不十分であった業者からによるものですが、一度、職員が原因となる情報事故等が発生した場合の信頼失墜は計り知れません。職場におけるセキュリティー研修やさまざまな対策を実施しておりますが、事故を起こさせない環境づくりも重要であり、本対策はパソコン内のデータを暗号化等により保護強化し、ICカードによる本人認証及びログ収集を主な対策の柱として実施するものです。


 事業実施にあたっては、平成20年6月から公募により、各種のセキュリティー製品の検証及び事前評価を行い、本町システムでの運用を考慮した評価の高い2種類について提案を受けることとし、平成20年9月25日に特定委員会が行ったプロポーザル方式による提案審査により業者を特定したものであります。


 セキュリティシステムの機能及び内容につきましては、資料により概要説明をいたしますのでお開きください。


 資料の上段中央に記載のとおり、本製品は、現在セキュリティーで求められる本人認証、データの暗号化及びログ収集といった三つの要素を一つのツールで実現するものです。


 ICカードによる利用者の本人認証は、各種システムの利用権限がある職員が、権限のあるシステムを利用するためのデータをカード格納し、無権限者によるパソコンの不正使用を防ぎます。データの暗号化では、パソコン内のデータを暗号化することで、機密・重要ファイルや個人情報等の取り扱う場合のセキュリティーレベルを向上させます。各種ログの収集では、いつ、どこで、誰が、何を操作したかの記録を一括で管理することが可能となり、悪意による操作や情報事故における原因究明に備えるほか、業務に関係ない操作等への抑止の効果があります。


 このほか、簡単に情報を取り出しできない対策やパソコンの機能強化を併せて行おうとするものです。


 資料の説明は以上ですが、細部については後ほどお目通しください。


 この事業の予定価格が700万円を超えておりますので、地方自治法第96条第1項第8号及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定によりまして、議会の議決をいただきたく提案するものであります。


 契約の内容につきましては、1の契約の目的は、情報資産セキュリティシステム製品購入で、2の契約の方法は、プロポーザル方式による随意契約であります。3の契約額は、1,699万9,500円で、4の契約の相手方は、松山市大手町1丁目11番地7、(株) 愛媛電算、代表取締役社長、越智建夫であります。納期につきましては、議会議決の日から平成21年1月30日までとしております。


 なお、プロポーザル提案の参加業者につきましては、全て愛媛県内に支店、または営業所を有する、リコー関西(株) 、西日本電信電話(株)、(株)愛媛電算、(株)ウインの4社であります。


 以上で提案理由の説明を終わります。よろしくご審議の上、ご決定いただきますようお願いいたします。


○議長(土居尚行君) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 ご質疑ございませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ございませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 第63号議案、情報資産セキュリティシステム製品購入契約については、原案のとおり決することに賛成の方は挙手願います。


               (賛成者挙手)


○議長(土居尚行君) 全員挙手であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。





────────────────────────────────────────





◎日程第5 第64号議案 住民基本台帳ネットワークシステムサーバ等機器購入契約について





○議長(土居尚行君) 日程第5、第64号議案、住民基本台帳ネットワークシステムサーバ等機器購入契約についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 石川総務課長。


○総務課長(石川芳洋君) 第64号議案、住民基本台帳ネットワークシステムサーバ等機器購入契約について、提案理由の説明をさせていただきます。


 現在の住民基本台帳ネットワークシステムサーバ等の機器につきましては、南宇和5町村が合併する際に新規構築し、愛南町の住基ネットのシステムとして利用してきています。


 導入時に承認されていたソフトウェアのサポートサービスが縮小され、また、現状のハードウェアの保守部品の供給停止が始まり、故障時に復旧できない可能性があり、住基ネット全体の安定運用や十分なセキュリティの確保が困難になるため、国や県及びシステムの管理運用を行っている自治情報センターの指導に基づき、現在使用しているサーバ等の機器更改を行うものです。


 事業実施にあたっては、既存の住民基本台帳システム及び証明書自動発行システムとの連携が必要であり、この連携に関する仕様の著作権を保守会社が所有しているため、コミュニケーションサーバ端末の購入部分を除き、既存の住民基本台帳システムの保守を行う同一会社との契約により行おうとするものであります。


 機器構成等につきましては別紙資料のとおりであり、コミュニケーションサーバ、コミュニケーションサーバ端末、アプリケーションサーバ及びネットワーク機器の購入及び設置設定作業が主なものです。


 この事業の予定価格が700万円を超えておりますので、地方自治法第96条第1項第8号及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定によりまして、議会の議決をいただきたく提案するものであります。


 契約の内容につきましては、1の契約の目的は、住民基本台帳ネットワークシステムサーバ等機器購入で、2の契約の方法は、随意による契約であります。3の契約額は、1,180万2,000円で、4の契約の相手方は、松山市一番町1丁目15番地2、日本電気(株)松山支店、支店長、浅井人生であります。納期につきましては、議会議決の日から平成21年3月10日までとしております。


 なお、本業者は、平成20年度の愛南町電算システム保守業者のプロポーザル選定において特定され、事業者としての業務実績及びセキュリティー認証を取得しております。


 以上で提案理由の説明を終わります。よろしくご審議の上、ご決定いただきますようお願いいたします。


○議長(土居尚行君) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 ご質疑ございませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ございませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 第64号議案、住民基本台帳ネットワークシステムサーバ等機器購入契約については、原案のとおり決することに賛成の方は挙手願います。


               (賛成者挙手)


○議長(土居尚行君) 全員挙手であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。





────────────────────────────────────────





◎日程第6 第65号議案 平成20年度船越漁港広域漁港整備工事請負契約について





○議長(土居尚行君) 日程第6、第65号議案、平成20年度船越漁港広域漁港整備工事請負契約についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 竹田水産課長。


○水産課長(竹田武久君) 第65号議案、平成20年度船越漁港広域漁港整備工事請負契約について、提案理由の説明を申し上げます。


 本工事につきましては、平成14年度より施工を開始し、平成23年度の完成予定となっている船越漁港広域漁港整備事業計画に伴う岸壁と道路、物揚場、用地造成に係る工事であります。


 本契約に係る工事は、平成20年9月1日に事業実施承認を受けまして、平成20年10月22日に入札を執行したものであります。


 工事の内容につきましては、添付しています図面によりご説明いたしますのでお開きください。


 計画平面図に赤く塗っている部分が、本年度の事業実施区域となっております。岸壁エプロン舗装90メートル、476平方メートルであり、物揚場は15メートル、L型ブロック製作据付7基であり、また、基礎捨石が5,284立方メートルであります。


 左下部からの道路一式は118メートル、埋立て5,200立方メートル、用地一式は排水工67.4メートル、埋立て20,300立方メートルなどが主な工事となっています。


 この工事につきまして、10月22日に入札を執行いたしました結果、(株)酒井組が1億7,199万円で落札をいたしましたが、この工事の予定価格が5,000万円を超えておりますので、地方自治法第96条第1項第5号及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定によりまして、議会の議決をいただきたく提案するものであります。


 契約の内容につきましては、1の契約目的は、平成20年度船越漁港広域漁港整備工事であります。2の契約の方法は、条件付一般競争入札による契約であります。3の契約額は、1億7,199万円であります。4の契約の相手方は、南宇和郡愛南町船越1306番地の1、(株)酒井組、代表取締役、小田原秀子であります。工期につきましては、契約の翌日から平成21年3月31日までとしております。


 なお、入札参加業者につきましては、町内の業者で(株)酒井組、(株)明正建設、(株)末広組の3社であります。


 以上、提案理由の説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご決定いただきますようお願い申し上げます。


○議長(土居尚行君) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 ご質疑ございませんか。


 宮下議員。


○6番(宮下一郎君) この工事の全般について、過去にも私は理事者の方にお伺いしましたし、無駄を省いて何とか見直しができないものかということは、以前にお伺いいたしまして、国との関係、協議が、予算が大変難しい問題がもろもろあるということを聞いておりましたが、今回、新しい町長が誕生されましたので、また、町長は元西海の議員であります。今回、町長がおっしゃられたもったいないことはしないと、特に先ほども所信で述べられましたように、真に必要なものから優先してやっていかれるというようなことを伺いましたので、今後、私は決して勘違いされては困るのですが、この工事に反対はしておりません。漁港の整備も当然必要ですし、防災上の護岸の改修等も必要なものからやっていくことについては、何ら反対をしているわけではございません。ただ、地元から何年も経って経済情勢も変わって、本当にこの埋立てがいらんのにねという声を、私は何人かから聞いたので、過去にもこういう質問をさせていただいたことを誤解のないように念を押しておきます。まして今から埋立てをしていくことについての、本当に必要なのか、再度、地元との協議を重ねて、無駄がないようでしたら続行していけば無駄がないのですが、もし無駄があるならば、工事の見直しを指示するお考えはないか、町長にこの件についてお伺いいたします。


○議長(土居尚行君) 清水町長。


○町長(清水雅文君) 宮下議員の質問にお答えします。


 今、宮下議員が言われました地元から声があったのは、私は地元ではありますけれども、実際、聞いたことは本当にないのですが、もしそのようなことが多数の声としてあるとしたならば、検討も私はやぶさかではないと考えております。


○議長(土居尚行君) 他にございませんか。


 他に質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ございませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 第65号議案、平成20年度船越漁港広域漁港整備工事請負契約については、原案のとおり決することに賛成の方は挙手願います。


               (賛成者挙手)


○議長(土居尚行君) 挙手多数であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。





────────────────────────────────────────





◎日程第7 第66号議案 柏崎漁港地域水産物供給基盤整備工事請負契約の変更について





○議長(土居尚行君) 日程第7、第66号議案、柏崎漁港地域水産物供給基盤整備工事請負契約の変更についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 竹田水産課長。


○水産課長(竹田武久君) 第66号議案、柏崎漁港地域水産物供給基盤整備工事請負契約の変更について、提案理由の説明を申し上げます。


 本議案につきましては、平成20年8月6日に請負契約の議決をしていただいておりました契約金額の変更に係るものであります。


 この工事につきましては、入札減少金が生じており愛媛県と協議をしておりましたが、継続的な事業でもあり、事業促進を図り早期完成を目指すということで、去る10月16日に実施計画の変更承認を受けたところであります。


 このため、既に議決をいただいております7,749万円に、1,137万3,000円を追加いたしまして8,886万3,000円の契約金額として変更することについて、地方自治法第96条第1項第5号の規定により議会の議決を求めるものであります。


 変更の内容等につきましては、裏面に添付しています資料により説明いたしますので平・断面図をお開き下さい。


 黄色の部分については、本年度の既発注分であります。ピンク色の部分が追加分でありまして、上部工L=25メートル、場所打コンクリート工84立方メートルを追加施工するものであります。


 なお、追加いたします事業費1,137万3,000円につきましては、追加工事分を含めて設計金額を算出し、これに当初の落札率を乗じて算出した金額となっております。


 契約内容につきましては、1の契約の目的は変更ありません。2の契約の方法についても変更ありません。3の契約金額は、7,749万円を8,886万3,000円に変更するものであります。4の契約の相手方も変更ありません。南宇和郡愛南町須ノ川700番地、(株)末廣組、代表取締役、末廣修康であります。


 なお、工期につきましては平成21年1月30日までとなっていますが、平成21年3月29日に変更する予定です。


 以上、工事請負契約の変更について提案理由の説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご決定いただきますようお願い申し上げます。


○議長(土居尚行君) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。


 ご質疑ございませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ございませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 第66号議案、柏崎漁港地域水産物供給基盤整備工事請負契約の変更については、原案のとおり決することに賛成の方は挙手願います。


               (賛成者挙手)


○議長(土居尚行君) 全員挙手であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。





────────────────────────────────────────





◎日程第8 愛南町選挙管理委員会委員及び補充員の選挙について





○議長(土居尚行君) 日程第8、愛南町選挙管理委員会委員及び補充員の選挙についてを議題といたします。


 現選挙管理委員会委員及び補充員の任期は、平成20年11月14日です。お諮りします。


 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選にしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法は指名推選で行うことに決定しました。


 お諮りします。


 指名の方法については、議長が指名することにしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 異議なしと認めます。


 よって、議長が指名することに決定しました。


 選挙管理委員会委員には、愛南町魚神山689番地、山木勝廣氏、愛南町御荘平城2797番地、幸?信正氏、愛南町御荘平城3500番地、市川乗地氏、愛南町船越545番地、山岡島子氏、以上の方を指名します。


 お諮りします。


 ただいま議長が指名した方々を選挙管理委員会委員の当選人と定めることに、ご異議ございませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名しました山木勝廣氏、幸?信正氏、市川乗地氏、山岡島子氏、以上の方々が選挙管理委員会委員に当選されました。


 次に、選挙管理委員会委員補充員には、愛南町緑丙206番地、尾田正幸氏、愛南町広見3106番地、遠近正人氏、愛南町柏1419番地、樫元都喜美氏、愛南町福浦1235番地、猪野高克氏、以上の方を指名します。


 お諮りします。


 ただいま議長が指名した方々を選挙管理委員会委員補充員の当選人と定めることに、ご異議ございませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名しました尾田正幸氏、遠近正人氏、樫元都喜美氏、猪野高克氏、以上の方々が選挙管理委員会委員補充員に当選されました。


 次に、補充員の順序についてお諮りします。


 補充の順序は、ただいま議長が指名した順序にしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 異議なしと認めます。


 よって、補充の順序は、ただいま議長が指名した順序に決定しました。


 これをもって、平成20年第4回愛南町議会臨時会を閉会いたします。





             午前10時38分 閉会





上記のとおり会議の次第を記載して、その相違ないことを証するため、署名する。








       議     長    土居 尚行








       会議録署名議員    二宮 敬典








       会議録署名議員    山下 正敏