議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛媛県 愛南町

平成20年第3回臨時会(第2日 9月30日)




平成20年第3回臨時会(第2日 9月30日)





 
平成20年第3回愛南町議会臨時会会議録


                        平成20年9月30日(火)開会





1.議事日程


 日程第 1 会議録署名議員の指名


 日程第 2 認定第 3号 平成19年度愛南町一般会計歳入歳出決算の認定について


 日程第 3 認定第 4号 平成19年度愛南町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の


              認定について


 日程第 4 認定第 5号 平成19年度愛南町老人保健特別会計歳入歳出決算の認定


              について


 日程第 5 認定第 6号 平成19年度愛南町介護保険特別会計歳入歳出決算の認定


              について


 日程第 6 認定第 7号 平成19年度愛南町簡易水道特別会計歳入歳出決算の認定


              について


 日程第 7 認定第 8号 平成19年度愛南町小規模下水道特別会計歳入歳出決算の


              認定について


 日程第 8 認定第 9号 平成19年度愛南町温泉事業等特別会計歳入歳出決算の認


              定について


 日程第 9 認定第10号 平成19年度愛南町旅客船特別会計歳入歳出決算の認定に


              ついて





2.本日の会議に付した事件


 議事日程第1から第9





3.出席議員(23名)


  1番 山 下 太 三 君     2番 中 野 光 博 君


  3番 浜 本 元 通 君     4番   欠 番


  5番 内 倉 長 蔵 君     6番 宮 下 一 郎 君


  7番 新 田 房 男 君     8番 二 宮 敬 典 君


  9番 山 下 正 敏 君    10番 澤 本   誠 君


 11番 篠 田 美 登 君    12番 増 元 久 男 君


 13番 脇 田 達 矢 君    14番 飯 田 利 久 君


 15番 斎 藤 武 俊 君    16番 尾 崎 春 夫 君


 17番 金 澤   卓 君    18番 畑 田 藤志郎 君


 19番 田 口   勝 君    20番 吉 村 直 城 君


 21番 西 口   孝 君    22番 浜 田 博 文 君


 23番 那 須 芳 人 君    24番 土 居 尚 行 君





4.欠席議員(0名、欠員1名)





5.説明のため出席した者の職氏名


   町長          谷 口 長 治 君


   副町長         本 多 七 雄 君


   収入役         坂 本   選 君


   教育長         森 岡 知 昭 君


   総務課長        石 川 芳 洋 君


   企画財政課長      浅 井   通 君


   消防長         高 橋 純 一 君


   財産管理課長      中 川 健 一 君


   税務課長        中 川 扶身人 君


   町民課長        土 居 道 博 君


   農林課長        石 河   浩 君


   水産課長        竹 田 武 久 君


   建設課長        草木原 由 幸 君


   商工観光課長      木 原 荘 二 君


   環境衛生課長      児 島 秀 之 君


   水道課長        井 上   誠 君


   保健福祉課長      西 村 信 男 君


   高齢者支援課長     吉 田 俊一郎 君


   学校教育課長      岡 田 敏 弘 君


   生涯学習課長      尾 崎   健 君


   国保一本松病院事務長  田 中 啓一郎 君


   内海支所長       那 須 英 治 君


   御荘支所長       吉 見   元 君


   一本松支所長      嘉 新 安 行 君


   西海支所長       橋 岡 政 文 君


   監査委員        青 木 千 之 君





6.職務のため出席した者の職氏名


   事務局長        岡   和三郎 君


   書記兼総務課長補佐   嘉喜山   茂 君


   係長          鈴 木 洋 文 君


   主事          中 田 旬 美 君





              午前10時00分 開会





○議長(土居尚行君) ただいまの出席議員数は23名です。


 定足数に達しておりますので、本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配布のとおりです。





────────────────────────────────────────





◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(土居尚行君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 本日の会議録署名議員は、会議規則第117条の規定により6番、宮下議員と7番、新田議員を指名いたします。


 ここで暫時休憩いたします。


                 午前10時01分 休憩


              ―――――――――――――――――


                 午後01時30分 再開


○議長(土居尚行君) 休憩前に引き続き会議を開きます。





────────────────────────────────────────





◎日程第2 認定第3号 平成19年度愛南町一般会計歳入歳出決算の認定について





○議長(土居尚行君) 日程第2、認定第3号、平成19年度愛南町一般会計歳入歳出決算の認定については、提案理由の説明が終わっております。


 ここで決算認定の質疑に先立ち、決算審査意見書について監査委員に対する質疑を受けます。


 ご質疑ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 質疑がないようなので、決算審査意見書に対する質疑を終わります。


 認定第3号、平成19年度愛南町一般会計歳入歳出決算の認定について、質疑を受けます。


 質疑の方法は、歳出より款をおって行います。


 質疑をされるときは、ページを言ってください。


 1款議会費、ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 2款総務費、ありませんか。


 3款民生費、ありませんか。


 4款衛生費。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 6款農林水産業費。


 7款商工費。


 8款土木費。


 内倉議員。


○5番(内倉長蔵君) 99ページの負担金、道路橋梁費、国道56号線一本松宇和島間整備促進協議会、この構成メンバー、それから活動内容を教えていただきたいと思います。


○議長(土居尚行君) 草木原建設課長。


○建設課長(草木原由幸君) 構成メンバーは、宇和島市と愛南町、町長、議長、それに商工会が昨年より加わりました。内容的には、この名が示すとおり、宇和島愛南間の国道整備促進活動です。


 以上です。


○議長(土居尚行君) 内倉議員。


○5番(内倉長蔵君) 県界から順次改修がされてきているわけで、トーホー工業の所が今度、国道の改修がされるわけですが、それから後にあけぼの荘、ホテル紅葉ですか、あの間が改良されてくると思うのですが、それに至るまでの町が県あるいは国に対しての陳情とか、そういうことがいつごろから行われて、計画が決まったのが何年ごろに決定されたのか教えていただきたいと思います。


○議長(土居尚行君) 草木原建設課長。


○建設課長(草木原由幸君) これにつきましては、県界が竣工いたしました少し前から活動を開始いたしまして、昨年、事業が決定しまして、今年度、買収から実施へと移っております。


 以上です。


○議長(土居尚行君) 土木費、他にありませんか。


 9款消防費。


 ないようですので、10款教育費。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 11款災害復旧費。


 12款公債費。


 13款諸支出金。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 14款予備費。


 歳出全般についてありませんか。


 ないようですので、歳出を終わります。


 次に、歳入全般について行います。


 質疑をされるときは、ページを言ってください。


 那須議員。


○23番(那須芳人君) 35ページの諸収入の中の社会福祉費貸付金元利収入、昨日、勉強会でお尋ねしましたけれど担当課がいないということで、今朝、ご丁寧なお答えをいただきました。


 現在、住宅新築資金の未償還額、滞納額は7,065万9,000円となっておりまして、今現在、全貸付者のうちの11名の方が滞納されているというふうに伺っております。その理由もつけ加えて、収入の減少であるとか、生活保護であるとか、自己破産した、あるいは亡くなった方と聞いております。担当課としても、滞納者に対するいろいろな台帳をつくって督促をしたり訪問したりして、回収に努められていると思うのですか、現在の状況、13人うち11人が滞納されているということなのですけれども、もう一度ご説明願います。


○議長(土居尚行君) 尾崎生涯学習課長。


○生涯学習課長(尾崎 健君) 今おっしゃられたように、11名の滞納者が19年度末でおります。それぞれ低所得、また、生活保護世帯等おりましてなかなか入金が滞っておるという状態です。


○議長(土居尚行君) 那須議員。


○23番(那須芳人君) 午前中も勉強会で出ましたけれども、国保会計あるいは介護保険事業の中で同じように、生活困窮者であるとか、亡くなった方とか、住所がつかめないといった方は不納欠損処理をしているわけですね。そこで理事者にお聞きするのですけれども、保育料であるとか、税であるとか、いろんな形でもう不納欠損をしていますよね。町としてのその辺の基準、かたや新築のこの件に関しては不納欠損できないと去年答弁されましたけれども、ほかの課ではしていると、その辺の時効とか統一した基準が町としてあるのかないのかお聞きします。


○議長(土居尚行君) 本多副町長。


○副町長(本多七雄君) 私の方から答弁をさせていただきます。


 今、議員が申しましたように税等につきましては、地方税法の中で不納欠損ができるという形になっております。税と言いましても、町県民税、保険税、介護保険料等については、そういう形になっておりますし、また、民法の時効の適用も勘案しながら不納欠損をしております。ただ、税等について不納欠損にする場合も、愛南町の税等の滞納整理事案選定委員会を設置しておりまして、一件一件本当に欠損していいのか、毎年委員会の中で協議して不納欠損を行っております。


 水道料等については、税ではありませんので地方自治法に基づきまして、金銭債権の消滅時効というのがあります。それと民法、それから総務省の通知、これに基づきまして愛南町でも水道事業会計の規定を設けております。その中で、不納欠損の条項を設けておりまして行っております。


 それから保育料なのですが、これは児童福祉法の中で、もしそのような保育料の滞納があった場合には、地方税法の滞納処分によって不納欠損ができるという規定があります。それに基づきまして、愛南町の町立保育所の保育の実施及び保育料の徴収に関する規則第7条で、保育料の滞納処分ができるような規定を設けております。


 それから住宅料と住宅新築資金の関係は、不納欠損処分はできないことはないのですが、地方自治法の規定を適用して不納欠損をするのですが、これは司法上の金銭債権という形になってきますので、債権者が時効の申し出をしないと不納欠損ができないと、ただ、申し出してもいろいろ調査をするのですが、死亡した場合は申し出ができないということで、住宅料についても愛南町になって2件、2人の方の不納欠損処分をしております。住宅新築資金等については、県下の中で新築資金等を貸し付けて住宅を建てている各市町があります。その中でもいろいろ検討はしているようですが、司法上の契約になって本人の申し出がないと欠損処分ができないということになっております。そういった関係で今の段階では、不納欠損処分していないのですが、ただ、これもいつまでも借りた方が死亡さているのに残すのかといった問題もありますので、今後この二つについても、不納欠損処分ができる町の例規を整備できないか県とも協議して、できるのであればきっちりとした滞納処分の要綱、または規則等を設けてやっていきたいと考えております。


 以上です。


○議長(土居尚行君) 他にありませんか。


 ないようですが、全般についてありますか。


 西口議員。


○21番(西口 孝君) 私、町民の皆さんから聞いた声の中で、愛南町の看板を付けた車が多すぎるのではないか、非常に目立つという声を聞きました。今日の決算の中で123台、廃車が2台、新規購入2台で台数は変わってないのですが、5町村が合併で持ち寄った車、その後どういうふうな増減があるのか分かりませんが、もう少し整理できるのではないかと思いますが、そこら辺どういうお考えでしょうか。


○議長(土居尚行君) 中川財産管理課長。


○財産管理課長(中川健一君) 議員の質問にお答えいたします。


 西口議員がおっしゃったとおり、愛南町の公用車は123台あってそのうち2台が廃車予定です。ただ、今のところは支所が一本松、西海、内海、御荘とありますので、支所に配置しております車も有効利用しており、今のところ車の配車の減車は考えておりません。ただし、新しい庁舎の新築に伴って、もし仮に御荘の支所がなくなるのであれば、支所の減少に伴って公用車の減少も出てくるのではないかと考えております。


 以上です。


○議長(土居尚行君) 西口議員。


○21番(西口 孝君) その話も分かりますが、例えば、マイクロバス7台というのは2台はコミュニティバスも含まれておるかとも思いますけれども、実際に動いているマイクロバスをそんなに見ることもないのですけれども、活用のぐあいはどうなのでしょうか。


○議長(土居尚行君) 中川財産管理課長。


○財産管理課長(中川健一君) お答えいたします。


 マイクロバスが多いのではないかという質問だと思うのですけれども、私が4月から財産管理課にきて思っていることなのですけど、思っているようにマイクロバスの利用が多いと、西口議員がおっしゃっているような利用頻度が少ないというのがちょっと理解できないのですけれども、かなりマイクロバスは貸してくれという話が多いように思っております。


 以上です。


○議長(土居尚行君) 他にありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 他に質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 認定第3号、平成19年愛南町一般会計歳入歳出決算の認定については、これを認定することに賛成の方は挙手願います。


               (賛成者挙手)


○議長(土居尚行君) 全員挙手であります。


 よって、この決算は原案のとおり認定されました。





────────────────────────────────────────





◎日程第3 認定第4号 平成19年度愛南町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について





○議長(土居尚行君) 日程第3、認定第4号、平成19年度愛南町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定については、提案理由の説明が終わっております。


 ここで決算認定の質疑に先立ち、決算審査意見書について監査委員に対する質疑を受けます。


 ご質疑ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 質疑がないようなので、決算審査意見書に対する質疑を終わります。


 認定第4号、平成19年度愛南町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について、質疑を受けます。


 質疑の方法は、決算書全般を通じて行います。


 質疑をされるときは、ページを言ってください。


 ご質疑ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 認定第4号、平成19年度愛南町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定については、これを認定することに賛成の方は挙手願います。


               (賛成者挙手)


○議長(土居尚行君) 全員挙手であります。


 よって、この決算は原案のとおり認定されました。





────────────────────────────────────────





◎日程第4 認定第5号 平成19年度愛南町老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について





○議長(土居尚行君) 日程第4、認定第5号、平成19年度愛南町老人保健特別会計歳入歳出決算の認定については、提案理由の説明が終わっております。


 ここで決算認定の質疑に先立ち、決算審査意見書について監査委員に対する質疑を受けます。


 ご質疑ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 質疑がないようなので、決算審査意見書に対する質疑を終わります。


 認定第5号、平成19年度愛南町老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について、質疑を受けます。


 質疑の方法は、決算書全般を通じて行います。


 質疑をされるときは、ページを言ってください。


 ご質疑ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 認定第5号、平成19年度愛南町老人保健特別会計歳入歳出決算の認定については、これを認定することに賛成の方は挙手願います。


               (賛成者挙手)


○議長(土居尚行君) 全員挙手であります。


 よって、この決算は原案のとおり認定されました。





────────────────────────────────────────





◎日程第5 認定第6号 平成19年度愛南町介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について





○議長(土居尚行君) 日程第5、認定第6号、平成19年度愛南町介護保険特別会計歳入歳出決算の認定については、提案理由の説明が終わっております。


 ここで決算認定の質疑に先立ち、決算審査意見書について監査委員に対する質疑を受けます。


 ご質疑ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 質疑がないようなので、決算審査意見書に対する質疑を終わります。


 認定第6号、平成19年度愛南町介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について、質疑を受けます。


 質疑の方法は、決算書全般を通じて行います。


 質疑をされるときは、ページを言ってください。


 ご質疑ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 認定第6号、平成19年度愛南町介護保険特別会計歳入歳出決算の認定については、これを認定することに賛成の方は挙手願います。


               (賛成者挙手)


○議長(土居尚行君) 全員挙手であります。


 よって、この決算は原案のとおり認定されました。





────────────────────────────────────────





◎日程第6 認定第7号 平成19年度愛南町簡易水道特別会計歳入歳出決算の認定について





○議長(土居尚行君) 日程第6、認定第7号、平成19年度愛南町簡易水道特別会計歳入歳出決算の認定については、提案理由の説明が終わっております。


 ここで決算認定の質疑に先立ち、決算審査意見書について監査委員に対する質疑を受けます。


 ご質疑ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 質疑がないようなので、決算審査意見書に対する質疑を終わります。


 認定第7号、平成19年度愛南町簡易水道特別会計歳入歳出決算の認定について、質疑を受けます。


 質疑の方法は、決算書全般を通じて行います。


 質疑をされるときは、ページを言ってください。


 西口議員。


○21番(西口 孝君) ページはありません。


 旧内海村の水が、愛南町の中で別枠で高いということが続いているのですが、この点、同じ町内として同じ水を飲む、水の質は違っても同じ金額にするべきではないかという考えを持っているのですけれども、理事者の考えを伺います。


○議長(土居尚行君) 井上水道課長。


○水道課長(井上 誠君) 西口議員のご質問にお答えいたします。


 内海地区で料金が違うということは、由良半島部につきまして宇和島市から給水しております。水道に関しては、行政と地域が違いまして水道の許認可でエリアが違ってきます。愛南町の水道区域、宇和島市の水道区域、合併以前から内海村は須ノ川から由良にかけて、宇和島市から水を供給していたと思います。そのため、料金が異なっていると思います。


 以上です。


○議長(土居尚行君) 西口議員。


○21番(西口 孝君) そういう事実があるので、同じ町内として同じ料金にするお考えはありませんか、理事者にお伺いします。


○議長(土居尚行君) 谷口町長。


○町長(谷口長治君) お答えいたします。


 たとえ水の出どころは違っても水の原価は違っても、同じ町内であれば同じ料金がいいのではないかという議員のご意見だろうと思います。私も、できればその方がより望ましいかなと思っております。ただ、水道事業には、審査会のようなものもありまして、そういう委員会のご意見も聞きながら、また、由良半島の部分の水道料金は宇和島市に納めているような思いがするのですが、そこら辺のことも精査しまして、方針を立てていきたいというぐあいに思います。


○議長(土居尚行君) 他にご質疑ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 他に質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 認定第7号、平成19年度愛南町簡易水道特別会計歳入歳出決算の認定については、これを認定することに賛成の方は挙手願います。


               (賛成者挙手)


○議長(土居尚行君) 全員挙手であります。


 よって、この決算は原案のとおり認定されました。





────────────────────────────────────────





◎日程第7 認定第8号 平成19年度愛南町小規模下水道特別会計歳入歳出決算の認定について





○議長(土居尚行君) 日程第7、認定第8号、平成19年度愛南町小規模下水道特別会計歳入歳出決算の認定については、提案理由の説明が終わっております。


 ここで決算認定の質疑に先立ち、決算審査意見書について監査委員に対する質疑を受けます。


 ご質疑ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 質疑がないようなので、決算審査意見書に対する質疑を終わります。


 認定第8号、平成19年度愛南町小規模下水道特別会計歳入歳出決算の認定について、質疑を受けます。


 質疑の方法は、決算書全般を通じて行います。


 質疑をされるときは、ページを言ってください。


 ご質疑ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 認定第8号、平成19年度愛南町小規模下水道特別会計歳入歳出決算の認定については、これを認定することに賛成の方は挙手願います。


               (賛成者挙手)


○議長(土居尚行君) 全員挙手であります。


 よって、この決算は原案のとおり認定されました。





────────────────────────────────────────





◎日程第8 認定第9号 平成19年度愛南町温泉事業等特別会計歳入歳出決算の認定について





○議長(土居尚行君) 日程第8、認定第9号、平成19年度愛南町温泉事業等特別会計歳入歳出決算の認定については、提案理由の説明が終わっております。


 ここで決算認定の質疑に先立ち、決算審査意見書について監査委員に対する質疑を受けます。


 ご質疑ありませんか。


           (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 質疑がないようなので、決算審査意見書に対する質疑を終わります。


 認定第9号、平成19年度愛南町温泉事業等特別会計歳入歳出決算の認定について、質疑を受けます。


 質疑の方法は、決算書全般を通じて行います。


 質疑をされるときは、ページを言ってください。


 ご質疑ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 認定第9号、平成19年度愛南町温泉事業等特別会計歳入歳出決算の認定については、これを認定することに賛成の方は挙手願います。


              (賛成者挙手)


○議長(土居尚行君) 全員挙手であります。


 よって、この決算は原案のとおり認定されました。





────────────────────────────────────────





◎日程第9 認定第10号 平成19年度愛南町旅客船特別会計歳入歳出決算の認定について





○議長(土居尚行君) 日程第9、認定第10号、平成19年度愛南町旅客船特別会計歳入歳出決算の認定については、提案理由の説明が終わっております。


 ここで決算認定の質疑に先立ち、決算審査意見書について監査委員に対する質疑を受けます。


 ご質疑ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 質疑がないようなので、決算審査意見書に対する質疑を終わります。


 認定第10号、平成19年度愛南町旅客船特別会計歳入歳出決算の認定について、質疑を受けます。


 質疑の方法は、決算書全般を通じて行います。


 質疑をされるときは、ページを言ってください。


 ご質疑ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 討論ありませんか。


            (「なし」と言う者あり)


○議長(土居尚行君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 認定第10号、平成19年度愛南町旅客船特別会計歳入歳出決算の認定については、これを認定することに賛成の方は挙手願います。


               (賛成者挙手)


○議長(土居尚行君) 全員挙手であります。


 よって、この決算は原案のとおり認定されました。


 これをもって、平成20年第3回愛南町議会臨時会を閉会いたします。





             午後 2時00分 閉会





 上記のとおり会議の次第を記載して、その相違ないことを証するため、署名する。








      議     長    土居 尚行








      会議録署名議員    宮下 一郎








      会議録署名議員    新田 房男