議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛媛県 愛南町

平成18年第4回臨時会(第1日 8月 9日)




平成18年第4回臨時会(第1日 8月 9日)





 
 平成18年第4回愛南町議会臨時会会議録


                         平成18年8月9日(水)開会





1.議事日程


 日程第 1 会議録署名議員の指名


 日程第 2 会期の決定


 日程第 3 第84号議案 平成18年度愛南町一般会計補正予算(第3号


       )について


 日程第 4 第85号議案 平成18年度林道松尾光野線(小山工区)開設


       工事請負契約について


 日程第 5 第86号議案 柏崎漁港地域水産物供給基盤整備工事(分割の


       4)請負契約について


 日程第 6 第87号議案 福浦漁港漁村再生交付金工事請負契約について


 日程第 7 第88号議案 柏崎漁港海岸保全施設整備工事請負契約の変更


       について


 日程第 8 第89号議案 船越漁港広域漁港整備工事(分割の2)請負契


       約の変更について





2.本日の会議に付した事件


 議事日程第1から第8





3.出席議員(24名)


    1番 山 下 太 三 君     2番 中 野 光 博 君


    3番 浜 本 元 通 君     4番 清 水 雅 文 君


    5番 内 倉 長 蔵 君     6番 宮 下 一 郎 君


    7番 新 田 房 男 君     8番 二 宮 敬 典 君


    9番 山 下 正 敏 君    10番 那 須 芳 人 君


   11番 篠 田 美 登 君    12番 増 元 久 男 君


   13番 脇 田 達 矢 君    14番 飯 田 利 久 君


   15番 尾 崎 春 夫 君    16番 金 澤   卓 君


   17番 畑 田 藤志郎 君    18番 田 口   勝 君


   19番 吉 村 直 城 君    20番 土 居 尚 行 君


   21番 西 口   孝 君    22番 浜 田 博 文 君


   23番 斎 藤 武 俊 君    24番 澤 本   誠 君





4.欠席議員(0名)





5.説明のため出席した者の職氏名


   町長          谷 口 長 治 君


   助役          本 多 七 雄 君


   収入役         坂 本   選 君


   教育長         森 岡 知 昭 君


   総務課長        赤 樫 俊 昌 君


   企画財政課長      橋 岡 済 隆 君


   農林課長        田 中 啓一郎 君


   水産課長        清 家 久 雄 君


   消防長         中 平 英 明 君


   内海支所長       石 川 芳 洋 君


   御荘支所長       藤 田 勝 直 君


   一本松支所長      宮 岡 秀 幸 君


   西海支所長       山 下 啓 介 君





6.職務のため出席した者の職氏名


   事務局長        浅 井   通 君


   書記兼総務課長補佐   嘉喜山   茂 君


   係長          鈴 木 洋 文 君


   主事          中 田 旬 美 君





              午前 9時30分 開会





○議長(澤本 誠君) ただいまの出席議員数は24名です。


 定足数に達しておりますので、平成18年第4回愛南町議会臨時会を開会します。


 町長より招集のあいさつがあります。


 谷口町長。


○町長(谷口長治君) おはようございます。


 本日は、平成18年第4回愛南町議会臨時会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては、何かとご多忙の中、全員の皆さんのご出席をいただきまして、まことにありがとうございます。


 先の31日には、恒例の知事陳情が宇和島市内で行なわれ、同席を賜りました各位には、大変暑い中のご参加いただき、まことにありがとうございました。おかげで、愛南町の重点要望事項であります四国8の字ルート、特に四国西南地域の幹線道路の早期整備、特産品販売の促進支援及び防災センターの建設事業の3項目について知事に要望することができました。同席いただきました自民党各支部からは、県道網代鳥越線及び高茂岬線の整備促進、松下寿跡地への企業誘致、御荘警察署跡地の活用、そして、県立病院の医療体制の整備の5項目について要望していただきました。


 同席の皆さんはお気づきになったとおりでありまして、要望事項のいずれも良い感触でありまして、知事の本町への関心の高さ、重さをつぶさに感汁ことができたと思っております。


 さて、本日の臨時会に提案いたします議案は、国庫補助事業の救急自動車整備費を補正計上する一般会計補正予算(第3号)と、平成18年度林道松野光野線(小山工区)開設工事の他、柏崎漁港地域水産物供給基盤整備工事(分割の4)となっております。これに加えまして福浦漁港漁村再生交付金工事の請負契約締結同意の3議案、柏崎漁港海岸保全施設整備工事及び船越漁港広域漁港整備工事(分割の2)の変更請負契約締結同意の2議案の合計6議案であります。


 それぞれの議案につきましては、提案の際に詳しく説明させていただきますので、よろしくご審議いただきまして適切な議決を賜りますようお願い申し上げまして、簡単ではございますが招集のあいさつとさせていただきます。


○議長(澤本 誠君) あいさつが終わりました。


 これより直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手許に配布のとおりです。





────────────────────────────────────────





◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(澤本 誠君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 本日の会議録署名議員は、会議規則第117条の規定により14番、飯田議員と15番、尾崎議員を指名いたします。





────────────────────────────────────────





◎日程第2 会期の決定





○議長(澤本 誠君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。


 お諮りいたします。


 本臨時会の会期は、議会運営委員会に諮り、本日1日としたいが、これにご異議ございませんか。


             (「なし」と言う者あり)


○議長(澤本 誠君) ご異議なしと認めます。


 よって、本臨時会の会期は、本日1日とすることに決しました。





────────────────────────────────────────





◎日程第3 第84号議案 平成18年度愛南町一般会計補正予算(第3号)について





○議長(澤本 誠君) 日程第3、第84号議案、平成18年度愛南町一般会計補正予算(第3号)についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 谷口町長。


○町長(谷口長治君) 第84号議案、平成18年度愛南町一般会計補正予算(第3号)について、提案理由のご説明を申し上げます。


 今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ2,982万6,000円を追加し、歳入歳出の総額をそれぞれ153億5,393万1,000円で、ご提案申し上げるものであります。内容は、補助事業の内示に伴う産地ステップアップ支援事業及び救急車の整備費、繰越金及び臨時財政対策債の確定に伴う財政調整基金の減額となっています。


 それでは、詳細について、事項別明細書により、歳出から説明いたします。15ページをお開きください。


 8款、農林水産業費、補正額は30万円で、デコポン及びポンカンの高品質確保のための支援事業補助金であります。


 9款、消防費、補正額は、2,952万6,000円ですが、公用車検査手数料外の7万4,000円、救急自動車等購入費の2,940万1,000円、自動車重量税の5万1,000円が内訳となっています。


 次に、歳入について、ご説明いたします。13ページにお戻りください。


 最初に14款、国庫支出金ですが歳出の財源として、消防費国庫補助金1,092万3,000円の追加。


 15款、県支出金も歳出の財源として、農業費県補助金30万円の追加であります。


 18款、繰入金は財政調整基金1億円の減額。


 19款、繰越金は前年度繰越金6,830万3,000円の追加。


 21款、町債は歳出予算の財源として過疎対策事業債1,480万円。起債額確定に伴う臨時財政対策債3,550万円の追加であります。


 以上で、第84号議案 平成18年度愛南町一般会計補正予算(第3号)の案理由等の説明といたします。よろしくご審議の上、適切なるご決定を賜りますようお願いを申し上げます。


○議長(澤本 誠君) 説明が終わりました。


 これより、質疑を受けます。


 質疑の方法は歳入歳出全般について行います。質疑をされるときはページを言ってください。質疑ありませんか。


 浜田議員。


○22番(浜田博文君) 15ページ、補助金のステップアップ支援事業の内訳ですが、どういうふうにこの30万円を使うのか説明をお願いします。


○議長(澤本 誠君) 田中農林課長。


○農林課長(田中啓一郎君) この山地ステップアップ事業ですけど、これは県の単独補助事業でして新技術・新品種等の導入に対して産地の育成に対して積極的に支援をするものでございます。事業費は90万2,000円でその3分の1、県からいただいて地元にお返しするということで、町長が申しましたようにデコポンこの時期に結実いたしまして玉ぶとり等になるわけですが、水の管理、点滴という形で樹木に水をやります。そのためにも今回補正をさせてもらうものでございます。


 以上です。


○議長(澤本 誠君) 浜田議員。


○22番(浜田博文君) この団体等ですね、この30万円をどういう形でどういうふうに使うのかお聞きしたいのですが。


○議長(澤本 誠君) 田中農林課長。


○農林課長(田中啓一郎君) 点滴にかかるパイプ等の機具の購入等の事業費で、3戸の農家で団体はマルエムの組合員でございます。受益面積が183アールで園地が6ヶ所に分かれているわけですけれども、水の管理を効率的に行うというものでございます。機具の購入に当てます。


 以上です。


○議長(澤本 誠君) 浜田議員。


○22番(浜田博文君) 本当は私遅刻して説明を聞いてなく申し訳ないのですが、この財政調整基金の1億減額について説明をお願いいたします。


○議長(澤本 誠君) 橋岡企画財政課長。


○企画財政課長(橋岡済隆君) 先ほど町長もご説明申し上げましたように、今回、臨時財政対策債が交付税の算定が終了したことに伴いまして確定いたしましたことと、当初、財政調整基金を14億財源として充当しておりましたが、今後の見込みといたしましても財源とする必要はなかろうということで、翌年度への財源として確保したいという思いで、今回の補正予算で1億円減額させていただきました。


○議長(澤本 誠君) 質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


○議長(澤本 誠君) 続いて、討論を行います。


 討論ありませんか。


             (「なし」と言う者あり)


○議長(澤本 誠君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りいたします。


 日程第3、第84号議案、平成18年度愛南町一般会計補正予算(第3号)については、原案のとおり決することに賛成の方は、挙手願います。


                (賛成者挙手)


○議長(澤本 誠君) 全員挙手であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。





────────────────────────────────────────





◎日程第4 第85号議案 平成18年度林道松尾光野線(小山工区)開設工事請負契約について





○議長(澤本 誠君) 日程第4、第85号議案、平成18年度林道松尾光野線(小山工区)開設工事請負契約についてを議題とします。


 提案理由の説明を求めます。


 田中農林課長。


○農林課長(田中啓一郎君) ただいま提案させていただきました第85号議案、平成18年度林道松尾光野線(小山工区)開設工事請負契約について、ご説明を申し上げます。


 先に事業の概要について説明いたします。次ページ位置図をごらんください。一本松の小山地区を起点とし、宿毛市及び旧一本松と旧城辺の境の尾根伝いに走り、中川の光野地区に至る林道でございます。本工事については、森林整備を目的とした林野庁所管の資源循環林整備事業により、平成元年度から実施しているもので、来年度完成予定です。総延長11.5キロメートルのうち、現在10.9キロメートル、約95%を完成しております。今年度350.2メートル、また来年度299.9メートルの実施予定です。なお幅員は4メートルです。


 次ページに平面図及び断面図を示しておりますのでごらんください。平面図において、緑色の部分が既開設区間でありまして、図面右側・東側が小山方面、左側・西側が中川方面になります。赤色の部分が本年度施行区間です。茶色の区間が来年度実施予定区間です。


 最初のページに返っていただきまして、本工事については、本年5月12日に補助金内示を受け、7月28日に入札を執行したものであります。その結果、(株)谷平組が5,229万円で落札いたしました。


 愛南町議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定に基づき、指名競争入札に付した本工事について、契約しようとする本工事の予定価格が5,000万円を超えるため、地方自治法第96条第1項第5号の規定により議会の議決を求めるものでございます。


 内容については下記のとおりでございます。契約の目的、平成18年度林道松尾光野線開設工事(小山工区)開設工事。契約の方法、指名競争入札による契約。契約金額、5億2,290万円。契約の相手方、南宇和郡愛南町城辺甲598番地、(株)谷平組、代表取締役、谷平忠義でございます。


 なお、工期につきましては、契約の翌日から平成19年2月28日までとしております。


 また、指名業者につきましては、愛南町内の業者(株)谷平組、(有)小泉建設、(株)砂田建設、(株)面田組、(株)羽田建設、(株)津々木建設、(有)奥村工務店、(有)松田建設、(有)南予花木園、以上の9社を指名させていただきました。


 以上、提案理由の説明とさせていただきます。


 よろしくご審議のうえ、ご決定いただきますようお願い申し上げます。


○議長(澤本 誠君) 説明が終わりました。


 これより、質疑を受けます。質疑はございませんか。


 西口議員。


○21番(西口孝君) 地図が小さいのでよくわからないのですが、今回の工事の区間は旧でいえば城辺地域に入るのですか。


○議長(澤本 誠君) 田中農林課長。


○農林課長(田中啓一郎君) そのとおりでございます。


○議長(澤本 誠君) 質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて、討論を行います。


 討論ありませんか。


             (「なし」と言う者あり)


○議長(澤本 誠君) 討論なしと認めます。


 これより、採決を行います。


 おはかりいたします。


 第85号議案、平成18年度林道松尾光野線(小山工区)開設工事請負契約については、原案のとおり決することに賛成の方は、挙手願います。


                (賛成者挙手)


○議長(澤本 誠君) 全員挙手であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。





────────────────────────────────────────





◎日程第5 第86号議案 柏崎漁港地域水産物供給基盤整備工事(分割の4)請負契約について





○議長(澤本 誠君) 日程第5、第86号議案、柏崎漁港地域水産物供給基盤整備工事(分割の4)請負契約についてを議題とします。


 提案理由の説明を求めます。


 清家水産課長。


○水産課長(清家久雄君) 第86号議案、柏崎漁港地域水産物供給基盤整備工事(分割の4)請負契約について提案理由のご説明を申し上げます。


 本工事は、柏崎漁港地域水産物供給基盤整備事業計画に基づきます工事でありまして、防波堤の計画延長156.3メートルの内16.4メートルと、防波堤に続く突堤30メートルを施工するもので、平成18年7月13日に事業実施承認を受けまして7月28日に入札を執行したものであります。工事の内容につきましては、裏面に添付しています図面によりご説明いたしますのでお開きください。


 1枚目の愛南町管内図に施工箇所を、丸く赤で印して引出し線で示していますが、当工事の施工箇所は柏地区の運動公園のすぐ沖に位置しています。なお、第87号議案から89号議案の施工箇所も同じ管内図に示していますのであわせてお目通しください。


 次のページに計画平面図と標準断面図を添付していますが、赤く着色している部分が本年度の事業実施区域でありまして、今年度の事業については直立消波ブロックによる防波堤が16.4メートルと、ケーソン2函による突堤が30メートルの工事となっています。


 この工事につきまして、7月28日に愛南町内11業者により入札を執行いたしました結果、(株)末広組が1億5,225万円で落札をいたしましたが、この工事の予定価格が5,000万円を超えておりますので、地方自治法第96条第1項第5号、及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定によりまして、議会の議決をいただきたく提案するものであります。


 契約の内容につきましては、1の契約目的は、柏崎漁港地域水産物供給基盤整備工事(分割の4)であります。2の契約の方法は、指名競争入札による契約であります。3の契約額は1億5,225万円であります。4の契約の相手方は、南宇和郡愛南町須ノ川700番地、(株)末広組、代表取締役、末広修康であります。 


 なお、工期につきましては、契約の翌日から平成19年2月28日までとしております。


 なお、指名業者につきましてはすべて愛南町内の業者でありまして、(株)末広組、(株)泰成建設、(株)面田組、(株)谷平組、(株)砂田建設、(株)羽田建設、(株)中谷建設、(株)久保建設、(株)広瀬建設、(株)酒井組、(株)小泉建設、以上の11社であります。


 以上、提案理由の説明とさせていただきます。


 よろしくご審議の上、ご決定いただきますようお願い申し上げます。


○議長(澤本 誠君) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。質疑ございませんか。


             (「なし」と言う者あり)


○議長(澤本 誠君) 質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて、討論を行います。


 討論ありませんか。


             (「なし」と言う者あり)


○議長(澤本 誠君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りいたします。


 第86号議案、柏崎漁港地域水産物供給基盤整備工事(分割の4)請負契約については、原案のとおり決することに賛成の方は、挙手願います。


                (賛成者挙手)


○議長(澤本 誠君) 全員挙手であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。





────────────────────────────────────────





◎日程第6 第87号議案 福浦漁港漁村再生交付金工事請負契約について





○議長(澤本 誠君) 日程第6、第87号議案、福浦漁港漁村再生交付金工事請負契約についてを議題とします。


 提案理由の説明を求めます。


 清家水産課長。


○水産課長(清家久雄君) 第87号議案、福浦漁港漁村再生交付金工事請負契約について提案理由のご説明を申し上げます。


 本工事につきましては、昨年は福浦漁港漁港漁場機能高度化工事として実施していた工事でありまして、大成川地区の防波堤を70メートル延長する事業計画で、平成17年度より工事を施工しており、今年度で完成をする予定となっています。


 今回発注した工事は、防波堤の計画延長70メートルの内55メートルを施工するもので、平成18年7月12日に事業実施承認を受けまして7月28日に入札を執行したものであります。


 工事の内容につきましては裏面に添付しています図面によりご説明いたしますのでお開きください。計画平面図と標準断面図を添付していますが、赤く着色している部分が本年度の事業実施範囲でありまして、今回の工事については防波堤が55メートルであり、基礎捨石が1,528立方メートル、ケーソン1函の製作据付、セルラーブロックの製作が2函と据付が3函、上部工のコンクリートの296立方メートル等が主な工事となっています。


 この工事につきまして、7月28日に愛南町内10業者によりまして入札を執行いたしました結果、(株)明正建設が6,690万6,842円で落札をいたしましたが、この工事の予定価格が5,000万円を超えておりますので、地方自治法第96条第1項第5号、及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定によりまして、議会の議決をいただきたく提案するものであります。


 契約の内容につきましては、1の契約目的は、福浦漁港魚村再生交付金工事であります。2の契約の方法は、指名競争入札による契約であります。3の契約額は6,690万6,842円であります。4の契約の相手方は、南宇和郡愛南町深浦193番地、(株)明正建設、代表取締役、吉村智子であります。 


 なお、工期につきましては、契約の翌日から平成19年1月31日までとしております。


 なお、指名業者につきましては愛南町内の業者でありまして、(株)明正建設、(株)泰成建設、(株)面田組、(株)谷平組、(株)砂田建設、(株)羽田建設、(株)中谷建設、(株)久保建設、(株)広瀬建設、(株)小泉建設、以上の10社であります。


 以上、提案理由の説明とさせていただきます。


 よろしくご審議の上、ご決定いただきますようお願い申し上げます。


○議長(澤本 誠君) 説明が終わりました。


 これより、質疑を受けます。


 二宮議員。


○8番(二宮敬典君) 指名業者の選定についてお伺いします。前の工事でもあったのですが、前の工事については明正建設さんが指名が漏れてますし、今回の場合は、末広、酒井組が除外になっていますが、一般土木業者は重複いたしております。浚渫・港湾の許可を得ている業者を除外している理由をお聞かせください。


○議長(澤本 誠君) 橋岡企画財政課長


○企画財政課長(橋岡済隆君) 審査会では一応ランク付け、地域性、手持ち工事等を総合的に勘案いたしました結果、こういう指名業者でよかろうということで決定させていただいております。


○議長(澤本 誠君) 二宮議員。


○8番(二宮敬典君) 詳しく明正建設さんが退いた理由、末広さん酒井さんが退いた理由をお聞かせください。


○議長(澤本 誠君) 橋岡企画財政課長


○企画財政課長(橋岡済隆君) 先ほど申し上げましたように、手持ち工事等が多い場合、均等にという思いを持っておりまして各業者共外れたり下りたりした分は、その均衡等を重視した結果でございます。


○議長(澤本 誠君) 二宮議員。


○8番(二宮敬典君) もっと詳しく説明できませんか。どのように均衡をとっているのですか。


○議長(澤本 誠君) 本多助役。


○助役(本多七雄君) 私のほうから答弁をさせていただきます。今、企画財政課長が申しましたように指名業者の選定に当たりましては、審査会で審査をして決定をして通知を出しているわけなのですけれども、できるだけ公平な形で手持ち工事、それから地域性等を勘案してやっております。確かに二宮議員さんが言われるように、水産関係・漁港関係の業者が外れていることがあるのですが、これは前々回、二宮議員さんのご質問がありましたように県の漁港課の方と相談してこれは一般土木でもできるということをいただいて、こういう形で指名をさせております。先ほど企画財政課長が言いましたように、あくまでも町内業者を優先して手持ち工事、地域性等を勘案して決定させていただいております。


 以上です。


○議長(澤本 誠君) 他にありませんか。二宮議員。


○8番(二宮敬典君) 今回の議案の入札について、同額の場合の落札基準は何の規程で対処しておりますか。


○議長(澤本 誠君) 橋岡企画財政課長。


○企画財政課長(橋岡済隆君) 入札の要綱に基づきまして、落札は指名競争入札の場合は1回という事になっておりますので、その後は同額の場合はくじで行うように運用を定めておりますので、それに基づきまして決定いたしております。


○議長(澤本 誠君) 他にありませんか。清水議員。


○4番(清水雅文君) ちなみにですね、落札率を教えてください。


○議長(澤本 誠君) 橋岡企画財政課長。


○企画財政課長(橋岡済隆君) 今回の入札につきましては、予定価格にかかります落札率は82%でございます。


○議長(澤本 誠君) 山下正敏議員。


○9番(山下正敏君) 今回の契約金額ですが、私の記憶ですが今回のように6,690万6,842円と1円単位まで入札の金額が出ておりますが、今まででしたら6,690万円とかそのような金額だったと思うのですが、今回の2番、3番の落札の金額を教えていただいたら参考になると思うのですが。


○議長(澤本 誠君) 清家水産課長。


○水産課長(清家久雄君) 町の方で低入札価格の調査制度の実施要綱を定めておりまして、入札の通知をする場合に予定価格とあわせまして調査基準価格というものを一緒に通知をするようになっています。一応その額がこの金額とまったく一緒ということで、たまたま今回2つの業者が同額を示しまして、先ほど企画財政課長の方からが申しあげましたように、抽選により明正建設に落札したという状況でございます。したがいまして、同じ価格の業者が2人おったということでございます。


○議長(澤本 誠君) 橋岡企画財政課長。


○企画財政課長(橋岡済隆君) 今、水産課長が答弁申し上げましたように2番はございませんで、3番が6,600万円でございます。


○議長(澤本 誠君) 山下正敏議員。


○9番(山下正敏君) ちょっと私の勉強不足で、清家課長の説明がはっきりわからないのですが、もうちょっとわかるように説明してもらえませんか。ということは6,690万6,842円の同額だったのですか、入札の金額が。


○議長(澤本 誠君) 清家水産課長。


○水産課長(清家久雄君) 入札の金額が6,690万6,842円の同額の入札が2社あったということで、そのうえ2社による抽選の結果、明正建設に決定したということであります。


○議長(澤本 誠君) 他にありませんか。浜田議員。


○22番(浜田博文君) 助役にお伺いしますが、この海の仕事ができる業者を外して公平を保つというふうな発言でございますが、私はかえってそれは痛くもない腹を探られるといいますか、助役の方で手加減しているんじゃないかというふうにとられかねないと思います。ここは海ができる業者を中心にですね、3社なら3社とも入れる、4社なら4社とも入れるぐらいの配慮がなければ何かいつまでたっても公平といわれているけれども、公平を欠いた入札が行われているような気がいたします。ぜひ、そこのところをお考えになって次の入札からは、海のできるところは海のできる業者を入れていくという形をおとりになることが望ましいと思います。よろしくお願いいたします。


○議長(澤本 誠君) 本多助役。


○助役(本多七雄君) 今のご質問にお答えしたいと思います。これにつきましては請負契約の議会の提案の中でお話をさせていただいたことがあると思うのですけれども、漁港部会に入っている業者は町内では6業者でございます。ただ5,000万円以上の工事になりますと8業者が必要になってきます。ですから8業社以上となりますと、他の町外の漁港関係の業者を入れる必要が出てきますので、前も答弁いたしましたようにできるだけ町内の業者ということで、県の方の漁港課とも相談して町内の一般土木の方もできると、指名しても差し支えないということでありますので、あくまでも町内の業者を優先して指名するためにこのような一般土木の業者に入っていただいております。ただ議員が言われるような形で、町外の業者もどんどん入れていいという事であればですね、そういう形もやぶさかではないのですけれども、非常に今、仕事がないということでありますのでできるだけ町内の業者、ただ先般も申しましたように、今、町の方では指名競争入札ではなくてですね、一般競争入札の導入も考えて今やっておりますし、漁港の仕事でもですね、ブロック製作等についてはですね、分割して発注できないか等もですね、今、検討していますので、できるだけそういう形で多くの業者の方が入札に参加できるような方法を考えているところでございます。


 以上です。


○議長(澤本 誠君) 山下正敏議員。


○9番(山下正敏君) 先ほど抽選をしたということですが、その抽選はいつどこで誰が立会いのもとで抽選をされたのか。


○議長(澤本 誠君) 橋岡企画財政課長。


○企画財政課長(橋岡済隆君) 7月28日に福祉会館の中ホールにおきまして、執行者は助役で立会は私でございます。先ほどご説明申し上げましたように立会入札でございますので、その後ただちにくじを行っております。それぞれ参加業者もみなさんお揃いの前でやっております。


○議長(澤本 誠君) 田口議員。


○18番(田口 勝君) 今、山下議員が言った抽選した業者はどことどこですか。


○議長(澤本 誠君) 橋岡企画財政課長。


○企画財政課長(橋岡済隆君) 明正建設と小泉建設です。


○議長(澤本 誠君) 二宮議員。


○9番(二宮敬典君) 指名・入札・落札までは財政が所管だと思うのですが、水産課長にお聞きします。もし今回ですね、小泉建設さんが落札されていた場合、この工事内容は初めての経験だと思うのですが、指導等についても大変こまるんじゃないんですか、水産課かとしては。


○議長(澤本 誠君) 清家水産課長。


○水産課長(清家久雄君) 小泉建設さんにつきましては、旧西海町の時にも落札したと聞いております。単体で受けたのかJVなのかちょっとはっきりしておりませんけれども、海の工事の経験もあると聞いております。ただ最近、そういった工事もしていないということで、確かにそういった指導・監督の面では、色々担当を含めて課としても、そこら辺の指導の強化というものはあろうと思いますけれども、工事ができないということではございませんので、そういった指導・監督を強化徹底しながら工事の適正な管理をしていくということになろうかと思います。


○議長(澤本 誠君) 金澤議員。


○16番(金澤 卓君) 指名業者の件なのですが、浜田議員の言われることはもっともだと思いますが、だれでもかれでも入札して、どんな工事でもうちが取るんだということで、前回工期に間に合わない業者があったと、こういうことが起こらないように業者の選定はしっかりしていくべきだと思います。その辺をよろしくお願いいたします。


○議長(澤本 誠君) 質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて、討論を行います。


 討論ありませんか。


             (「なし」と言う者あり)


○議長(澤本 誠君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りいたします。


 第87号議案、福浦漁港漁村再生交付金工事請負契約については、原案のとおり決することに賛成の方は、挙手願います。


                (賛成者挙手)


○議長(澤本 誠君) 挙手多数挙手であります。


 よって、本案は原案のとおり承認されました。





────────────────────────────────────────





◎日程第7 第88号議案 柏崎漁港海岸保全施設整備工事請負契約の変更について





○議長(澤本 誠君) 日程第7、第88号議案、柏崎漁港海岸保全施設整備工事請負契約の変更についてを議題といたしします。


 提案理由の説明を求めます。


 清家水産課長。


○水産課長(清家久雄君) 第88号議案、柏崎漁港海岸保全施設整備工事請負契約の変更について提案理由のご説明を申し上げます。


 本議案につきましては、平成18年6月14日に請負契約の議決をしていただいておりました契約金額の変更にかかるものであります。平成18年度の事業につきましては、平成18年5月30日に入札執行し、(株)末広組が落札して工事を行っており、工事の内容は延長215.6メートルの護岸の整備を行うものであり、基礎工、本体工、裏込及び裏埋工、上部工、排水工が主な工事となっています。


 この工事につきまして2,940万円の入札減少金が生じており、県当局と協議をしておりましたが、継続的な事業であり、事業促進を図り、早期完成を目指す必要があるということもあり、実施計画の変更について去る7月18日に承認を受けたところであります。


 このため、既に議決をいただいております3億870万円に入札差額の2,940万円を追加いたしまして3億3,810万円の契約金額として変更することについて、地方自治法第96条第1項第5号の規定により議会の議決を求めるものであります。


 変更の内容等につきましては、裏面に添付しています資料によりご説明いたしますのでお開きください。平面図に変更前を赤で、変更後を青で示していますが、追加する工事の内容につきましては護岸を14.9メートル延長し230.5メートルとし、陸閘を増工するものであります。なお、追加いたします2,940万円につきましては、追加工事分を含めて設計金額を算出し、これに当初の落札率を乗じて算出した金額となっております。


 契約内容につきましては、1の契約の目的、変更なし。2の契約の方法、変更なし。3の契約金額、3億870万円を3億3,810万円に変更するものであります。4の契約の相手方、変更なし、南宇和郡愛南町須ノ川700番地、(株)末広組、代表取締役、末広修康であります。


 なお、工期につきましては平成19年3月15日までとなっています。


 以上、工事請負契約の変更について提案理由の説明とさせていただきます。


 よろしくご審議の上、ご決定いただきますようお願いいたします。


○議長(澤本 誠君) 説明が終わりました。


 これより質疑を受けます。質疑ございませんか。


             (「なし」と言う者あり)


○議長(澤本 誠君) 質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて、討論を行います。


 討論ありませんか。


             (「なし」と言う者あり)


○議長(澤本 誠君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りいたします。


 第88号議案、柏崎漁港海岸保全施設整備工事請負契約の変更については、原案のとおり決することに賛成の方は、挙手願います。


                (賛成者挙手)


○議長(澤本 誠君) 全員挙手であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。





────────────────────────────────────────





◎日程第8 第89号議案 船越漁港広域漁港整備工事(分割の2)請負契約の変更について





○議長(澤本 誠君) 日程第8、第89号議案、船越漁港広域漁港整備工事(分割の2)請負契約の変更についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 清家水産課長。


○水産課長(清家久雄君) 第89号議案、船越漁港広域漁港整備工事(分割の2)請負契約の変更について提案理由のご説明を申し上げます。


 本議案につきましては、平成18年5月15日に請負契約の議決をしていただいておりました契約金額の変更にかかるものであります。


 本事業につきましては、繰越明許費により平成18年5月10日に入札執行し、(株)酒井組が落札して工事を行っており、本契約にかかる工事の内容は、護岸を145.8メートルと道路部分の逆T擁壁を91メートル施工する工事であります。


 この工事につきまして2,394万円の入札減少金が生じており、この入札減少金と事務費の一部の44万5,000円を加えた2,438万5,000円の実施計画の変更につきまして、県当局と協議をいたしておりましたが、継続的な事業であり、事業促進を図り早期完成を目指す必要があるということもあり、実施計画の変更について去る7月12日に承認を受けたところであります。このため、すでに議決をいただいております2億7,930万円に2,438万5,000円を追加いたしまして3億368万5,000円の契約金額として変更することについて、地方自治法第96条第1項第5号の規定によりまして議会の議決を求めるものであります。


 変更の内容等につきましては、裏面に添付しています資料によりご説明いたしますのでお開きください。資料は計画平面図及び標準断面図でありまして、船越地区に既に完成しています200メートルの防波堤と陸域を接続いたします箇所の工事でありまして、赤く着色している部分が当初計画の事業実施範囲でありまして、青色の部分が今回変更追加する部分であります。追加する工事の内容につきましては護岸の消波ブロック製作225個、据付371個と船揚場の基礎捨石1,486立方メートルを追加施工するものであります。


 なお、追加いたします2,438万5,000円につきましては、追加工事分を含めまして設計金額を算出し、これに当初の落札率を乗じて算出した金額となっております。


 契約内容につきましては、1の契約の目的は変更なし。2の契約の方法も変更なし。3の契約金額は2億7,930万円を3億368万5,000円に変更するものであります。4の契約の相手方は変更なし、南宇和郡愛南町船越1306番地1、(株)酒井組、代表取締役、小田原秀子であります。


 なお、工期につきましては当初契約では平成18年12月20日となっていますが、2月20日に変更する予定であります。


 以上、工事請負契約の変更について提案理由の説明とさせていただきます。


 よろしくご審議の上、ご決定いただきますようお願いいたします。


○議長(澤本 誠君) 説明が終わりました。


 これより、質疑を受けます。質疑ありませんか。


 浜田議員。


○22番(浜田博文君) 減少金による追加工事でございますが、海の仕事は金がよくかかると言われますが、確かに金額的には大きいのですが愛南町のこの工事に対する負担金はどのくらいになりますか。


○議長(澤本 誠君) 清家水産課長。


○水産課長(清家久雄君) この工事につきましては、国の補助金を受けております。国の補助金が2分の1、50%ございます。そのうえに県の方から16.7%の補助金があるということでございます。したがいまして66.7%が国・県の補助金ということでございます。残りの90%が起債で対応するということでございます。その残りが町の負担金になろうかと思います。起債については、長い償還がございますけれども当初はその90%の残りが負担金という形になります。


○議長(澤本 誠君) 他にありませんか。


 他に質疑がないようなので、これで質疑を終わります。


 続いて、討論を行います。


 討論ありませんか。


             (「なし」と言う者あり)


○議長(澤本 誠君) 討論なしと認めます。


 これより採決を行います。


 お諮りいたします。


 第89号議案、船越漁港広域漁港整備工事(分割の2)請負契約の変更については、原案のとおり決することに賛成の方は、挙手願います。


                (賛成者挙手)


○議長(澤本 誠君) 全員挙手であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


 これをもって、平成18年第4回愛南町議会臨時会を閉会いたします。





             午前 10時20分  閉会





上記のとおり会議の次第を記載して、その相違ないことを証するため署名する。








        議     長   澤本  誠








        会議録署名議員   飯田 利久








        会議録署名議員   尾崎 春夫