議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛媛県 東温市

平成20年 11月 臨時会(第5回) 11月14日−01号




平成20年 11月 臨時会(第5回) − 11月14日−01号







平成20年 11月 臨時会(第5回)



          平成20年第5回東温市議会臨時会会議録 第1号

              平成20年11月14日(金曜日)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議事日程 第1号

日程第1.仮議席の指定(臨時議長)

日程第2.選挙

 選挙第1号 東温市議会議長の選挙について

日程第3.議席の指定(議長)

日程第4.会議録署名議員の指名(1番 平岡 明雄議員、2番 細川 秀明議員)

日程第5.会期の決定(11月14日 1日間)

日程第6.選挙

 選挙第2号 東温市議会副議長の選挙について

日程第7.議員提出議案

 発議第4号 東温市議会委員会条例の一部改正について

       (提案理由の説明、質疑、討論、表決)

日程第8.東温市議会常任委員会委員の指名について

日程第9.東温市議会運営委員会委員の指名について

日程第10.議案上程

 議案第49号 東温市監査委員の選任について

 議案第50号 東温市監査委員の選任について

 議案第51号 東温市教育委員会委員の任命について

 議案第52号 東温市教育委員会委員の任命について

 議案第53号 東温市教育委員会委員の任命について

 議案第54号 東温市公平委員会委員の選任について

 議案第55号 東温市公平委員会委員の選任について

 議案第56号 東温市公平委員会委員の選任について

        (提案理由の説明、表決)

日程第11.選挙

 選挙第3号 東温市選挙管理委員会委員及び補充員の選挙について

 選挙第4号 愛媛県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙について

日程第12.議員提出議案

 推薦第2号 東温市農業委員会選任委員の推薦について

       (提案理由の説明、表決)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 議事日程のとおり

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(18名)

  1番 平岡明雄            2番 細川秀明

  3番 相原眞知子           4番 酒井克雄

  5番 渡部伸二            6番 丸山 稔

  7番 近藤千枝美           8番 安井浩二

  9番 大西 勉           10番 三棟義博

 11番 山内孝二           12番 伊藤隆志

 13番 佐伯正夫           14番 大西佳子

 15番 桂浦善吾           16番 片山益男

 17番 玉乃井 進          18番 佐伯 強

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

欠席議員(0名)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者の職氏名

 市長          高須賀 功   副市長         佐伯 決

 教育長         寺澤房和    総務部長        加藤 章

 保健福祉部長      山内数延    産業建設部長      菅野 貢

 消防長         露口憲三    川内支所長       永田栄新

 教育委員会事務局長   山内一正    総務課長        大北榮二

 企画財政課長      大石秀輝    税務課長        中川秀孝

 市民課長        林 宏保    社会福祉課長      桑原重寛

 介護福祉課長      池川義晴    保険年金課長      高須賀哲雄

 健康推進課長      菅野睦志    生活環境課長      伊賀悌二

 産業創出課長      大西 裕    農林振興課長兼農委局長 坂本憲俊

 国土調査課長      桑原常夫    建設課長        宮崎良輔

 都市計画課長      束村雅則    下水道課長       緒方光男

 水道課長        渡部清則    学校教育課長      野口泰治

 会計管理者       水田一典    監査委員        安部修治

 監査委員事務局長    池川忠徳    生涯学習課長補佐    堀内 晃

 学校給食センター主査  高原さゆり

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した事務局職員の職氏名

 事務局長        池田典弘    課長補佐兼庶務係長   菅野尚人

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午前9時30分開会



◎池田典弘事務局長 

 本臨時会は一般選挙後初めての議会でありますので、議長が選挙されるまでの間、地方自治法第107条の規定により、出席議員の中で年長の議員が臨時に議長の職務を行うことになっております。

 出席議員中、佐伯強議員が年長の議員でございますので、ご紹介申し上げます。

 佐伯強議員、議長席へお着き願います。



○佐伯強臨時議長 

 私、ただいま紹介をされました佐伯強でございます。

 地方自治法第107条の規定により、臨時に議長の職務を行います。どうかよろしくお願いをいたします。

 ただいまの出席議員数は、18名であります。

 定足数に達しておりますので、平成20年 第5回東温市議会臨時議会を開催いたします。

 なお、議会だより等に使用する写真の撮影を許可します。

 ここで、高須賀市長から、今議会招集のあいさつがございます。



◎高須賀功市長 

 開会に当たりましてごあいさつを申し上げます。

 本日臨時市議会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましてはご多忙の中ご参集いただきまして誠にありがとうございます。

 さて、本議会は、改選後の初議会でございます。議員の皆さんにおかれましては、さきの市議会議員選挙において激戦を勝ち抜かれ、市民のご支持を得、めでたく当選の栄に浴されました。心からお祝い申し上げます。

 不肖私も、同日選挙におきまして、引き続き東温市の市長として市政を担わせていただくことになりました。今、東温市議会本会議場に立ち、負託を受けた重責を改めて感じているところでもございます。

 今後、終始一貫、市民の皆さんのお声を正面から受けとめ、自分が住んでいる地域が少しでも暮らしやすく生活しやすい郷土になることを願っている人々、これから家庭を築き、将来に夢を持とうとする若い人たち、また、長年この地に住み、郷土を愛してこられた年配の方々、そして、東温市の再生と発展を望んでいる3万5,000人の市民すべての幸福のために全身全霊をささげ、私の持てる力のすべてを傾注し、こよなく愛するふるさと東温のまちづくりに一身をなげうって取り組む覚悟でございます。

 今後4年間、市政を遂行するに当たり、私はまず、みずからの政治姿勢の一端を市民の皆さん及び議員各位にお示ししておきたいと、このように思います。

 初めに、取り組むべき重要課題の1つは市役所改革、すなわち信頼される市役所づくりであります。

 現在の社会経済の構造が大きく変化する中、市役所を真に市民に役立つところにするためには、「組織は人なり」を基本に職員の意識改革、意欲喚起を促してまいりたいと考えております。市役所の機構は、市民に対し、行政課題に的確かつ効率的に対応できるようにするためには、常にその仕組みや機能を新しい時代にふさわしいものに改めていくことが重要であります。

 こうした観点から、組織・機構の見直しについて積極的に進めてまいりたい、このように思っております。

 2つ目は、財政の健全化でございます。

 三位一体改革等で地方交付税の縮小に加え、国や県の補助金は大幅にカットされ、今後も厳しくなるものと予想されます。

 財政運営の基本であります「最少の経費で最大の効果」を基本に堅実な財政運営に努める一方、喫緊の課題でございます小中学校等の建物の耐震化に最優先で取り組むなど、めり張りの効いた予算配分をいたしたいと考えております。

 また、歳入面では、現在47.5%の自主財源を、50%を目標に引き続き企業誘致を推進し、雇用の創出と法人税の確保を行い、地域経済の活性化とともに自主財源の確保を図ってまいります。

 3つ目は、環境を重視した産業政策の推進であります。

 このためには、第1産業の振興が不可欠であります。足腰の強い農家を育成するためには、地産地消は当然でございますが、さらに農産物に付加価値をつけ、東温ブランドを確立し、全国へ発信する「地産智商」で、地域の活性化を図りたいと、このように考えております。

 最後の4つ目は、市民との協働の推進であります。

 この市民との協働は、今まで申し上げてきました重要課題を初め、教育、福祉といった行政課題を達成する上で、住民の自立と自覚と自己決定が重要と考えております。

 このためには、何よりも情報の公開により、市民と行政が情報を共有し、共通の認識を持つことが重要と考え、自治の基本である住民本位の行政を構築するため、市民との協働を着実に実践してまいる所存でございます。

 「いのち輝き、みどりあふれる東温市」構築のため、「小さくてもキラリと光る、住んでみたい、住んでよかったまちづくり」、「安心・安全なまちづくり」の基本理念は継承しつつ、以上の重要課題について積極的に取り組んでまいる所存でございます。

 以上、私の政治姿勢の一端を述べさせていただきましたが、その基本は、「市民が主役の市政」、「公正・公平な市政」、「改革と挑戦の市政」であります。この基本姿勢を忘れることなく、誤りのないかじ取り役をしてまいりたい、このように思っております。

 さて、今回の改選によりまして、市議会も新たな体制でスタートを切られるわけでございますが、市政の運営につきましては、議員各位のご理解をいただきながら、市民の目線、生活者の視線に立って、市民の意思を尊重したよりよい市政の実現を目指してまいりたい、このように考えております。

 このためには、私の政策をこれまで以上に十分ご説明し、議員の皆さんのご意見をいただきながら、当面する重要課題の解決や施策の推進に全力を傾注する所存でございますので、東温市発展のため、皆さんのご支援とご協力をお願い申し上げます。どうか、議員の皆さんにおかれましては、ご健勝でご活躍くださるよう、ご祈念いたしますとともに、改めて皆さん方の当選のお喜びを申し上げる次第でございます。

 さて、今議会に付議いたします案件は、人事案件8件でございます。

 内容につきましては、提案の都度ご説明申し上げますので、十分にご審議いただき、適切なご決定を賜りますようお願い申し上げまして、臨時議会招集のあいさつとさせていただきます。

 どうぞ今後ともよろしくお願い申し上げます。



○佐伯強臨時議長 

 これより本日の会議を開きます。

 臨時議長において作成いたしました議事日程は、お手元に配付の議長の選挙までであります。

 それでは、日程第1、仮議席の指定を行います。

 仮議席は、ただいまご着席の議席と指定いたします。

 次に、日程第2、選挙第1号 議長の選挙を行います。

 選挙は投票により行います。

 議場の閉鎖をいたします。

 (議場を閉鎖する)

 ただいまの出席議員数は18名であります。

 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に平岡明雄議員、細川秀明議員の2名を指名いたします。

 それでは、投票用紙を配付いたします。

 (投票用紙配付)

 念のために申し上げます。

 投票用紙は単記無記名であります。

 投票用紙に被選挙人の氏名を記入願います。なお、同姓の議員がおられますので、姓だけではなく氏名を完全にご記入いただきますようにご注意申し上げます。

 投票用紙の配付漏れはございませんか。

 (「なし」と呼ぶ者あり)

 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めます。

 (投票箱点検)

 異状なしと認め、これより投票に移ります。

 投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、1番議員から議席順に投票願います。

 (投票)

 投票漏れはございませんか。

 (「なし」と呼ぶ者あり)

 投票漏れなしと認めます。

 では、投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

 (議場を開鎖する)

 それでは、開票を行います。平岡明雄議員、細川秀明議員、開票の立ち会いをお願いいたします。

 (開票)

 選挙結果を報告いたします。

 投票総数18票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。有効投票17票、無効投票1票、有効投票中、桂浦善吾議員15票、佐伯強議員1票、三棟義博議員1票、以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は5票であります。よって、桂浦善吾議員が議長に当選されました。

 ただいま議長に当選されました桂浦善吾議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定による当選の告知をいたします。

 議長に当選されました桂浦善吾議員の承諾のごあいさつがあります。

 (桂浦善吾新議長登壇)



○桂浦善吾議長 

 一言、ごあいさつを申し上げます。

 ただいま、議員の皆様方の温かいご推挙によりまして、東温市議会議長という要職につかせていただくこととなりました。心より厚くお礼申し上げますとともに、その責任の重さを痛感しているところでございます。

 私はもともと浅学非才でございますが、市政の推進と、開かれた議会運営のために懸命の努力をしていく所存でございます。

 今後、行政に対する要望は、ますます複雑多様化することと考えます。どうか、皆様方におかれましても、旧来にも増して格別のご指導、ご支援を賜りますよう心からお願いを申し上げまして、就任のあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。

 (拍手)



○佐伯強臨時議長 

 これで、臨時議長の職務は終わりました。ご協力ありがとうございました。

 議長、議長席におつき願います。

 (桂浦善吾議長議長席へ着席)

 ここで、暫時休憩をいたします。

               午前9時53分休憩

               午前10時03分再開



○桂浦善吾議長 

 再開いたします。

 議長において作成いたしました議事日程は、お手元に配付のとおりであります。

 それでは、日程第3、議席の指定を行います。

 議席は、会議規則第4条第1項の規定により、議長においてただいま着席の議席と指定いたします。

 次に、日程第4、本日の会議録署名議員の指名を行います。

 1番 平岡明雄議員、2番 細川秀明議員、以上の2名を指名いたします。

 次に、日程第5、会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期、臨時会の会期は、本日1日といたしたいと思います。

 これに、ご異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、会期は本日1日と決定いたしました。

 次に、日程第6、選挙第2号 副議長の選挙を行います。

 選挙は投票により行います。

 議場を閉鎖いたします。

 (議場を閉鎖する)

 ただいまの出席議員数は18名であります。

 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に相原眞知子議員、酒井克雄議員の2名を指名いたします。

 それでは、投票用紙を配付いたします。

 (投票用紙配付)

 念のために申し上げます。

 投票用紙は単記無記名であります。

 投票用紙に被選挙人の氏名を記入願います。なお、同姓の議員がおられますので、姓だけでなく氏名を完全にご記入いただきますよう、ご注意申し上げます。

 投票用紙の配付漏れはありませんか。

 (「なし」と呼ぶ者あり)

 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めます。

 (投票箱点検)

 異状なしと認めます。

 これより投票に移ります。

 投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、1番議員から議席順に投票願います。

 (投票)

 投票漏れはありませんか。

 (「なし」と呼ぶ者あり)

 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

 (議場を開鎖する)

 それでは、開票を行います。相原眞知子議員、酒井克雄議員、開票の立ち会いをお願いいたします。

 (開票)

 選挙結果を報告いたします。

 投票総数18票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。有効投票18票、無効投票0、有効投票中、伊藤隆志議員8票、片山益男議員7票、三棟義博議員1票、佐伯強議員1票、酒井克雄議員1票、以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は5票であります。よって、伊藤隆志議員が副議長に当選されました。

 ただいま副議長に当選されました伊藤隆志議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により当選の告知をいたします。

 副議長に当選されました伊藤隆志議員の承諾のごあいさつがあります。

 (伊藤隆志新副議長登壇)



◆伊藤隆志副議長 

 ただいまの副議長選挙におきまして、8票という得票のもと副議長に就任ということで、私は全くあいさつの準備はしておりませんでしたが、議長を手助けして、市民のために公平・公正な議会運営ができますように、一生懸命頑張りたいと思います。

 今後ともよろしくお願いします。

 (伊藤隆志副議長自席へ着席)



○桂浦善吾議長 

 次に、日程第7、発議第4号 東温市議会委員会条例の一部改正についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◆山内孝二議員 

 発議第4号 東温市議会委員会条例の一部改正について。

 東温市議会委員会条例の一部を改正する条例を別紙のとおり提出する。

 平成20年11月14日

 提出者 東温市議会議員 山内孝二 賛同者 同大西勉

 それでは、発議第4号 東温市議会委員会条例の一部改正について、提案の理由を説明いたします。

 2ページをごらんください。

 平成20年3月定例会における議員定数の減により、議会運営委員会の委員の定数も減じることとし、現行の委員定数10人を3人減じて7人に改正しようとするものであります。

 なお、附則につきまして、この条例は公布の日から施行する旨を定めております。

 以上、ご審議の上、ご賛同いただきますようお願いいたしまして、提案理由の説明といたします。



○桂浦善吾議長 

 提案理由の説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

 (「なし」と呼ぶ者あり)

 これをもって質疑を打ち切ります。

 お諮りいたします。

 発議第4号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。

 これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。

 これより討論を行います。

 討論はありませんか。

 (「なし」と呼ぶ者あり)

 これをもって討論を打ち切ります。

 それでは、採決を行います。

 本案は原案のとおり決することにご異議ございませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、発議第4号は原案のとおり可決されました。

 ただいま可決いたしました条例の公布手続き等のため、暫時休憩いたします。

               午前10時21分休憩

               午前10時38分再開



○桂浦善吾議長 

 再開いたします。

 次に、日程第8、常任委員会委員の指名についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 常任委員会の委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、議長が指名することになっておりますので、総務文教委員に玉乃井進議員、佐伯正夫議員、山内孝二議員、近藤千枝美議員、酒井克雄議員、相原眞知子議員、厚生委員に桂浦善吾議員、伊藤隆志議員、安井浩二議員、丸山稔議員、渡部伸二議員、平岡明雄議員、産業建設委員に佐伯強議員、片山益男議員、大西佳子議員、三棟義博議員、大西勉議員、細川秀明議員をそれぞれ指名いたします。

 これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、常任委員会の委員はただいまの指名のとおり選任することに決定いたしました。

 ただいまから、各委員会において、委員長及び副委員長の互選のため、それぞれの委員会をお開き願います。

 暫時休憩をいたします。

               午前10時40分休憩

               午前10時51分再開



○桂浦善吾議長 

 再開いたします。

 ただいま開かれました各常任委員会の委員長及び副委員長の互選の結果についてご報告いたします。

 総務文教委員長に玉乃井進議員、同副委員長に山内孝二議員、厚生委員長に安井浩二議員、同副委員長に丸山稔議員、産業建設委員長に大西佳子議員、同副委員長に佐伯強議員、以上のとおり決定いたしましたのでご報告いたします。

 次に、日程第9、議会運営委員会委員の指名についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 議会運営委員会の委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、議長が指名することになっておりますので、議会運営委員に玉乃井進議員、大西佳子議員、佐伯正夫議員、山内孝二議員、大西勉議員、安井浩二議員、近藤千枝美議員、以上のとおり指名いたします。

 これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議会運営委員会の委員はただいまの指名のとおり選任することに決定いたしました。

 ただいまから、議会運営委員会において、委員長及び副委員長の互選のため、委員会をお開き願います。

 暫時休憩をいたします。

               午前10時54分休憩

               午前11時00分再開



○桂浦善吾議長 

 再開いたします。

 ただいま開かれました議会運営委員会の委員長及び副委員長の互選の結果についてご報告いたします。

 議会運営委員長に大西勉議員、同副委員長に山内孝二議員、以上のとおり決定いたしましたのでご報告いたします。

 ここで、暫時休憩をいたします。

               午前11時01分休憩

               午前11時16分再開



○桂浦善吾議長 

 再開いたします。

 次に、日程第10、議案第49号 東温市監査委員の選任についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎高須賀功市長 

 議案第49号 東温市監査委員の選任について、提案理由のご説明を申し上げます。

 現在、識見を有する監査委員、安部修治氏の任期が平成20年11月30日をもって満了となるため、同氏を再任いたしたいと存じます。

 安部修治氏は東温市田窪1410番地にお住まいで、昭和16年3月9日お生まれで67歳でございます。昭和38年、愛媛大学農学部をご卒業後、愛媛県共済農業協同組合連合会に入会されました。平成13年3月、退職まで38年間勤められ、業務部長、総務部長等を歴任されました。退職後は田窪の区長として地域のリーダー的立場で活躍をされました。人格高潔で監査委員としての豊富な知識と経験を有する最適任者と存じますので、地方自治法第196条第1項の規定に基づき、議会の同意を求めるものでございます。よろしくご審議を賜り、ご決定いただきますようお願い申し上げまして、提案理由の説明を終わります。



○桂浦善吾議長 

 提案理由の説明が終わりました。

 ここで、暫時休憩いたします。

 議員の皆さんは、議員控室にお集まりください。

               午前11時18分休憩

               午前11時20分再開



○桂浦善吾議長 

 再開いたします。

 お諮りいたします。

 本案については、質疑、討論を省略して、直ちに採決を行いたいと思います。

 これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、本案は質疑、討論を省略して採決を行います。

 それでは、議案第49号を原案のとおり同意することにご異議ございませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第49号は原案のとおり同意されました。

 次に、議案第50号 東温市監査委員の選任についてを議題といたします。

 地方自治法第117条の規定により、佐伯正夫議員の退場を求めます。

 (佐伯正夫議員退場)

 提案理由の説明を求めます。



◎高須賀功市長 

 議案第50号 東温市監査委員の選任について、提案理由をご説明申し上げます。

 議員の中から選任する監査委員に佐伯正夫氏を選任いたしたいと存じます。

 佐伯正夫氏は東温市見奈良355番地5にお住まいで、昭和18年10月18日お生まれの65歳でございます。昭和63年に重信町議会議員初当選以来、重信町議会議員を4期、東温市議会議員を1期務められ、現在21年目を迎えられておられます。重信町議会議長、東温市議会議長などの要職を歴任され、人格高潔な方で、本市の行財政にも精通されており、監査委員としての豊富な知識と経験を有する最適任者と存じますので、地方自治法第196条第1項の規定に基づき、議会の同意を求めるものでございます。よろしくご審議を賜り、ご決定いただきますようお願い申し上げます。

 以上でございます。



○桂浦善吾議長 

 提案理由の説明が終わりました。

 ここで、暫時休憩いたします。

 議員の皆さんは、議員控室にお集まりください。

               午前11時23分休憩

               午前11時28分再開



○桂浦善吾議長 

 再開いたします。

 お諮りいたします。

 本案については、質疑、討論を省略して、直ちに採決を行いたいと思います。

 本案を原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

 (賛成者起立)

 起立多数。よって、議案第50号は原案のとおり同意されました。

 佐伯正夫議員の入場を許可します。

 (佐伯正夫議員入場着席)

 次に、議案第51号ないし議案第53号 東温市教育委員会委員の任命について並びに議案第54号ないし議案第56号 東温市公平委員会委員の選任についての6件を一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎高須賀功市長 

 議案第51号から議案第53号までの東温市教育委員会委員の任命並びに議案第54号から議案第56号、東温市公平委員会委員の選任につきまして、一括して提案理由のご説明を申し上げます。

 初めに、議案第51号 東温市教育委員会の委員でございますが、現在、教育委員、渡部良温氏の任期が平成20年11月25日をもって満了となりますので、同氏を再任いたしたいと存じます。

 渡部良温氏は東温市北方3128番地にお住まいで、昭和12年8月9日のお生まれで71歳でございます。昭和35年、愛媛大学教育学部をご卒業後、中島町立二神中学校を振り出しに、平成10年3月退職までの38年間の長きにわたり、管内の小中学校教諭として勤められ、松山市立久谷中学校教頭、同石井東小学校長、川内町立川内中学校長を歴任されました。その後、平成15年から川内町教育長、合併後、現在まで東温市教育委員を務められております。また、愛媛県美術会評議員を長きにわたり務め、さらに全国美術団体創元会会員としての美術教育の指導に務めておられます。人格高潔で教育、芸術及び文化に精通され、教育委員としての最適任者でございますので、議会の同意を求めるものでございます。

 次に、議案第52号でございます。

 現在、教育委員をされております菅野胤子氏の任期が平成20年11月25日をもって満了となりますので、後任に大政美智子氏を任命いたしたく、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定に基づき、議会の同意をお願いするものでございます。大政美智子氏は東温市南方2151番地7にお住まいで、昭和35年1月7日のお生まれの48歳でございます。昭和53年聖カタリナ高等学校をご卒業後、丹原バラ園の運営に当たられる傍ら、平成18年から19年まで川上小学校のPTA会長及び東温市PTA連合会の副会長をされております。人格高潔で、教育、芸術及び文化に精通され、教育委員としての最適任者であり、また、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第4項に、教育委員のうち、保護者であるものを含むよう努力義務が定められておりますので、同氏をぜひ任命いたしたく、議会の同意を求めるものでございます。

 次に、議案第53号でございます。

 現在、教育委員をされております赤松孝男氏から強い辞意がありましたので、この辞意を認めまして、後任に菅野邦彦氏を任命いたしたく、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定に基づき、議会の同意をお願いするものでございます。菅野邦彦氏は東温市見奈良1481番地にお住まいで、昭和19年4月5日のお生まれの64歳でございます。昭和42年東京農業大学をご卒業後、小田町立小田深山小学校教諭を振り出しに、平成17年3月退職までの36年間の長きにわたり、管内の小中学校教諭として勤められ、小田町立小田中学校長、松山教育事務所管理主事、松山教育事務所教職員課長、重信町立重信中学校長を歴任されました。人格高潔で、教育、学術及び文化に精通され、教育委員としての最適任者でございますので、議会の同意を求めるものでございます。

 次に、議案第54号から56号までの東温市公平委員会委員の選任につきまして、提案理由をご説明いたします。

 東温市公平委員会委員の任期が、平成20年11月30日をもって満了となるため、地方公務員法第9条の2第2項の規定に基づき、3人の委員の選任をお願いするものでございます。

 まず初めに、議案第54号、高須賀一惠氏を再任いたしたいと存じます。

 高須賀一惠氏は東温市南方673番地にお住まいで、昭和14年1月8日のお生まれの69歳でございます。昭和36年愛媛大学教育学部をご卒業後、面河村立面河小学校を振り出しに、平成11年3月ご退職までの38年間の長きにわたり、管内の各小学校教諭を勤められ、愛媛県生活文化総室女性局企画課長補佐、松山市立浮穴小学校長、松山市立窪田小学校長を歴任されました。その後、平成11年から14年まで、川内町教育委員会社会教育指導員として、また、平成12年から教育相談員、15年から合併まで川内町教育委員として教育行政に携わっておられました。人格高潔で、地方自治の本旨及び民主的で能率的な事務の処理に理解があり、かつ人事行政に関して識見を有し、公平委員としての最適任者でございますので、議会の同意を求めるものでございます。

 続きまして、議案第55号でございます。

 東温市公平委員会委員に白川雅彦氏を再任いたしたいと存じます。白川雅彦氏は東温市野田1丁目988番地18にお住まいで、昭和16年7月6日のお生まれで67歳でございます。昭和41年松山商科大学経営学部をご卒業の後、株式会社伊予銀行に入行され、平成8年7月退社までの31年間の長きにわたり、行員として勤められました。人事部付伊予コンピューターサービス、伊予銀行検査部などを歴任されました。その後、株式会社伊予トータルサービスに勤められ、平成13年に退社されております。人格高潔で、地方自治の本旨及び民主的で能率的な事務の処理に理解があり、かつ人事行政に関し識見を有し、公平委員としての最適任者でございますので、議会の同意を求めるものでございます。

 続きまして、議案第56号でございます。

 高須賀瑞夫氏を再任いたしたいと存じます。高須賀瑞夫氏は東温市南方1478番地にお住まいで、昭和19年9月22日お生まれの64歳でございます。昭和43年3月に愛媛大学農学部を卒業後、大学院に進まれ、農学研究科を修了後、県立の高等学校教諭として東温高等学校や松山北高等学校で教鞭をとられた後、愛媛県総合教育センター教育相談室長、野村高等学校長、東温高等学校長などの要職を歴任されました。現在は、学校法人河原学園専門学校校長及び愛媛医療専門大学校副校長として幅広くご活躍されている方でございます。人格高潔で、地方自治法や地方公務員法も精通され、人事行政に関し識見を有し、公平委員として最適任者と存じますので、議会の同意をお願いするものでございます。

 以上、よろしくご審議を賜り、適切なるご決定をいただきますようお願い申し上げます。



○桂浦善吾議長 

 提案理由の説明が終わりました。

 ここで、暫時休憩いたします。

 議員の皆さんは、議員控室にお集まりください。

               午前11時39分休憩

               午前11時42分再開



○桂浦善吾議長 

 再開いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第51号ないし議案第56号は、質疑、討論を省略して、直ちに採決を行いたいと思います。

 これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第51号ないし議案第56号は、質疑、討論を省略して採決を行います。

 採決は分離して行います。

 それでは、議案第51号を原案のとおり同意することに賛成の議員の起立を求めます。

 (賛成者起立)

 全員起立。よって、議案第51号は原案のとおり同意されました。

 次に、議案第52号を原案のとおり同意することに賛成の議員の起立を求めます。

 (賛成者起立)

 全員起立。よって、議案第52号は原案のとおり同意されました。

 次に、議案第53号を原案のとおり同意することに賛成の議員の起立を求めます。

 (賛成者起立)

 全員起立。よって、議案第53号は原案のとおり同意されました。

 次に、議案第54号を原案のとおり同意することに賛成の議員の起立を求めます。

 (賛成者起立)

 全員起立。よって、議案第54号は原案のとおり同意されました。

 次に、議案第55号を原案のとおり同意することに賛成の議員の起立を求めます。

 (賛成者起立)

 全員起立。よって、議案第55号は原案のとおり同意されました。

 次に、議案第56号を原案のとおり同意することに賛成の議員の起立を求めます。

 (賛成者起立)

 全員起立。よって、議案第56号は原案のとおり同意されました。

 次に、日程第11、選挙第3号 東温市選挙管理委員会委員及び補充員の選挙を行います。

 お諮りします。

 選挙の方法については地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選の方法により議長が指名することにいたしたいと思います。

 これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選とし、議長が指名することに決定いたしました。

 それでは、選挙管理委員会委員に、森良輔、森東洋司、向井祐子、八木和弘、以上の4名を指名いたします。

 補充員には、小山澄男、津川義明、宮田惠子、内田勝尉、以上の4名を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議長が指名いたしました方々を選挙管理委員会委員及び同補充員の当選人と定めることにご異議ございませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました方々が選挙管理委員会委員及び同補充員に当選されました。

 次に、選挙第4号 愛媛県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙を議題といたします。

 お諮りします。

 選挙の方法については地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選の方法により議長が指名することにいたしたいと思います。

 これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選とし、議長が指名することに決定いたしました。

 それでは、愛媛県後期高齢者医療広域連合議会議員に大西勉議員を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議長が指名いたしました大西勉議員を愛媛県後期高齢者医療広域連合議会議員の当選人と定めることにご異議ございませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました大西勉議員が愛媛県後期高齢者医療広域連合議会議員に当選されました。

 次に、日程第12、推薦第2号 東温市農業委員会選任委員の推薦についてを議題といたします。

 地方自治法第117条の規定により、玉乃井進議員の退場を求めます。

 (玉乃井進議員退場)

 提案理由の説明を求めます。



◆山内孝二議員 

 それでは、推薦第2号 東温市農業委員会選任委員の推薦について、提案理由の説明をいたします。

 農業委員会等に関する法律第12条第1項第2号の規定により、東温市田窪1491番地にお住まいの玉乃井進さんを推薦するものであります。氏は、若いころより今日まで、地域農業のリーダーとして頑張ってこられました。その間、長く土地改良区理事長を務められ、議会では産業建設常任委員も務められております。まさしく、農業方面の専門家であり、農業委員会委員として適任と考えますので、何とぞご理解をいただきまして、ご賛同いただきますようお願いを申し上げます。

 以上、農業委員会選任委員の推薦についての提案理由といたします。



○桂浦善吾議長 

 提案理由の説明が終わりました。

 ここで、暫時休憩いたします。

 議員の皆さんは、議員控室にお集まりください。

               午前11時51分休憩

               午前11時56分再開



○桂浦善吾議長 

 再開いたします。

 お諮りいたします。

 本案については、質疑、討論を省略して、直ちに採決を行いたいと思います。

 これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、本案は質疑、討論を省略して、採決を行います。

 それでは、推薦第2号を原案のとおり推薦することに賛成の議員の起立を求めます。

 (賛成者起立)

 全員起立。よって、推薦第2号は原案のとおり推薦することに決定されました。

 玉乃井進議員の入場を許可します。

 (玉乃井進議員入場着席)

 議会運営委員長からの申し出により、所管事項について閉会中の継続調査とすることにいたしたいと思います。

 これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議会運営委員長の申し出のとおり、所管事項について閉会中の継続調査とすることに決定いたしました。

 以上で、すべての日程を終了いたしました。

 閉会に当たり、高須賀市長からあいさつがございます。



◎高須賀功市長 

 閉会に当たりまして、ごあいさつを申し上げます。

 今議会は、改選後初の議会で、議長並びに副議長の人事を初め、新しい議会の構成が滞りなく決定されましたこと、まことにご同慶に存じます。

 新しい体制のもと、議会と車の両輪となって、東温市躍進のため邁進し、市民の負託にこたえたいと決意を新たにしているところでもございます。

 また、私から提案させていただきました議案につきましても、それぞれ適切なご決定をいただき、厚くお礼申し上げる次第です。

 時節柄、日ごと寒さが厳しくなってまいりますが、議員の皆さん方には十分ご自愛いただき、なお一層のご協力とご支援をお願い申し上げまして、閉会のごあいさつとさせていただきます。

 どうぞよろしくお願いします。



○桂浦善吾議長 

 以上で、平成20年第5回東温市議会臨時会を閉会いたします。

               午後0時03分閉会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

 東温市議会 臨時議長 佐伯 強

       議長   桂浦善吾

       議員   平岡明雄

       議員   細川秀明