議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛媛県 四国中央市

平成19年 9月定例会 09月20日−資料




平成19年 9月定例会 − 09月20日−資料







平成19年 9月定例会





△会議日程表



        平成19年第3回四国中央市議会定例会会議日程表



 ◎ 会  期  9月3日〜20日(18日間)

 ◎ 会議日程


日 次月  日曜会 議 別開会時刻運   営   内   容
第1日9月3日月本 会 議午前10時
1.開  会

2.市長の議会招集あいさつ

3.開  議

4.諸般の報告

5.会議録署名議員の指名

6.会期の決定

7.諸般の報告

8.市長提出議案第89号〜第97号(9件)、諮問第3号(1件)一括上程、全議案等に対する理事者の提案理由説明

9.全議案等に対する質疑

10.先議議案の審議

11.散  会

[8月31日より一般質問通告書の受付開始]
第2日9月4日火休   会  〔一般質問通告書の提出期限は、本日正午までとする。〕
第3日9月5日水休   会    
第4日9月6日木休   会    
第5日9月7日金休   会    
第6日9月8日土休   会    
第7日9月9日日休   会    
第8日9月10日月本 会 議午前9時30分
1.開  議

2.会議録署名議員の指名

3.一般質問

4.散  会
第9日9月11日火本 会 議午前9時30分
1.開  議

2.会議録署名議員の指名

3.一般質問

4.議案第89号〜第95号、第97号を一括議題とし、請願・陳情とともに関係委員会に付託

5.散  会
第10日9月12日水常任委員会午前9時30分総務委員会(第1委員会室)
午後1時教育厚生委員会(第1委員会室)
第11日9月13日木常任委員会午前9時30分環境経済委員会(第1委員会室)
午後1時建設水道委員会(第1委員会室)
第12日9月14日金特別委員会午前9時30分臨海土地造成特別委員会(第1委員会室)
第13日9月15日土休   会    
第14日9月16日日休   会    
第15日9月17日月休   会  敬老の日
第16日9月18日火休   会    
第17日9月19日水休   会  〔討論通告書の提出期限は、本日正午までとする。〕
第18日9月20日木本 会 議午前9時30分
1.開議

2.諸報告

3.会議録署名議員の指名

4.付託議案等に関する各委員長報告・質疑・討論・表決

5.閉会中の継続審査について

6.追加議案審議

7.閉  議

8.市長の閉会あいさつ

9.閉  会








△議案等件名及び議決状況一覧表




平成19年第3回四国中央市議会定例会議案等件名及び議決状況一覧表(平成19年9月3日〜9月20日)
番   号件          名議決年月日議決結果
議案第89号政治倫理の確立のための四国中央市長の資産等の公開に関する条例等の一部を改正する条例について19・9・20原案可決
議案第90号四国中央市乳幼児医療費助成条例の一部を改正する条例について19・9・20原案可決
議案第91号四国中央市中小企業融資条例の一部を改正する条例について19・9・20原案可決
議案第92号平成19年度四国中央市一般会計補正予算(第3号)19・9・20原案可決
議案第93号平成19年度四国中央市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)19・9・20原案可決
議案第94号平成19年度四国中央市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)19・9・20原案可決
議案第95号平成19年度四国中央市西部臨海土地造成事業特別会計補正予算(第1号)19・9・20原案可決
議案第96号入野財産区管理会委員の選任につき同意を求めることについて19・9・3同意
議案第97号四国中央市土地開発公社定款の一部変更について19・9・20原案可決
認定第1号平成18年度四国中央市一般会計及び特別会計予算会計歳入歳出決算の認定について19・9・20継続審査
認定第2号平成18年度四国中央市水道事業会計決算及び平成18年度四国中央市工業用水道事業会計決算の認定について19・9・20継続審査
諮問第3号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて19・9・3異議なき旨答申
意見書第4号道路整備財源の確保等に関する意見書について19・9・20原案可決
意見書第5号中小企業の事業承継円滑化のための税制改正を求める意見書について19・9・20原案可決
意見書第6号後期高齢者医療制度に関する意見書について19・9・20否決
意見書第7号後期高齢者医療制度実施についての意見書について19・9・20否決
19年陳情第2号美術館建設における陳情19・9・20継続審査
18年請願第8号介護保険の負担軽減と、「貸しはがし」等をなくすよう求める請願19・9・20継続審査
18年請願第9号障害者と家族が安心できる医療福祉制度を求める請願19・9・20継続審査
18年請願第10号医療費負担軽減など、安心して受けられる医療を求める請願19・9・20継続審査
18年請願第11号「消費税の大増税計画に反対する意見書の採択」を求める請願19・9・20継続審査
19年請願第1号労働法制の拡充の意見書採択を求める請願19・9・20継続審査
19年請願第2号公共サービスの安易な民間開放に反対し、国民生活の「安心・安全」の確立を求める請願19・9・20継続審査
19年請願第3号「核兵器全面禁止・廃絶国際条約締結を求める意見書」採択についての請願19・9・20継続審査
18年陳情第4号国民の食糧と健康、農業を守る陳情19・9・20継続審査
  決算特別委員会の設置について19・9・20原案可決
(議長発議)
  決算特別委員会委員の選任について19・9・20選任
(議長指名)








△諸報告一覧表




平成19年第3回四国中央市議会定例会諸報告一覧表
報告番号件         名報告月日
報告第19号交通事故に伴う和解及び損害賠償額の決定の専決処分の報告について9月3日
報告第20号救急自動車の器物損壊に伴う和解及び損害賠償額の決定の専決処分の報告について9月3日
報告第21号市道上の事故による和解及び損害賠償額の決定の専決処分の報告について9月3日
報告第22号市営住宅の賃料等請求の訴訟において和解する専決処分の報告について9月3日
報告第23号市営住宅の明渡し等を求める訴訟を提起する専決処分の報告について9月3日
報告第24号平成18年度株式会社やまびこの決算について9月3日
四監査第54号四国中央市例月出納検査報告
(平成19年5月分 平成18年度分一般会計及び特別会計)7月19日
四監査第55号四国中央市例月出納検査報告
(平成19年5月分 平成19年度分一般会計及び特別会計)7月19日
四監査第56号四国中央市例月出納検査報告
(平成19年度3月分 水道事業会計)7月19日
四監査第57号四国中央市例月出納検査報告
(平成19年度3月分 工業用水道事業会計)7月19日
四監査第59号四国中央市例月出納検査報告
(平成19年度4月分 水道事業会計)8月7日
四監査第60号四国中央市例月出納検査報告
(平成19年度4月分 工業用水道事業会計)8月7日
四監査第61号四国中央市例月出納検査報告
(平成19年度5月分 水道事業会計)8月7日
四監査第62号四国中央市例月出納検査報告
(平成19年度5月分 工業用水道事業会計)8月7日
四監査第63号四国中央市例月出納検査報告
(平成19年度6月分 一般会計及び特別会計)8月7日
四監査第64号四国中央市例月出納検査報告
(平成19年度6月分 水道事業会計)8月7日
四監査第65号四国中央市例月出納検査報告
(平成19年度6月分 工業用水道事業会計)8月7日
  議長会関係報告書9月3日
四監査第66号四国中央市例月出納検査報告
(平成19年7月分 平成19年度分一般会計及び特別会計)9月4日
四監査第67号四国中央市例月出納検査報告
(平成19年7月分 水道事業会計)9月4日
四監査第68号四国中央市例月出納検査報告
(平成19年7月分 工業用水道事業会計)9月4日
四監査第69号定期監査の結果について(報告)
(財政課、管理課、総合政策課、企画課、情報システム課、水道局庶務課、水道局 総務課)9月11日
四監査第70号出資団体に対する監査の結果について(報告)
(四国中央市土地開発公社)9月11日
  行政調査報告書 臨海土地造成特別委員会9月20日
  行政調査報告書 行政改革調査特別委員会9月20日








△選任事項一覧表



      平成19年第3回四国中央市議会定例会選任事項一覧表


選任事項選任年月日方 法人員氏   名
入野財産区管理会委員H19.9.3同 意1近 藤 友 幸
人権擁護委員H19.9.3異議なき旨答申2永 野 美佐子
石 川 末 吉








△審査付託案件一覧表



     平成19年第3回四国中央市議会定例会審査付託案件一覧表

            (H19.9.11付託)



 ◎ 総務委員会  平成19年9月12日(水曜日)午前9時30分 開会

                           (場所:第1委員会室)


番  号件      名
議案第89号政治倫理の確立のための四国中央市長の資産等の公開に関する条例等の一部を改正する条例について
議案第92号平成19年度四国中央市一般会計補正予算(第3号)[所管分]
議案第97号四国中央市土地開発公社定款の一部変更について




 〇閉会中継続審査中の請願


番  号件      名
18年請願第11号「消費税の大増税計画に反対する意見書の採択」を求める請願
19年請願第3号「核兵器全面禁止・廃絶国際条約締結を求める意見書」採択についての請願




 ◎ 教育厚生委員会  平成19年9月12日(水曜日)午後1時00分 開会

                           (場所:第1委員会室)


番  号件      名
議案第92号平成19年度四国中央市一般会計補正予算(第3号)[所管分]
議案第94号平成19年度四国中央市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)
19年陳情第2号美術館建設における陳情




 〇閉会中継続審査中の請願


番  号件      名
18年請願第8号介護保険の負担軽減と、「貸しはがし」等をなくすよう求める請願
18年請願第9号障害者と家族が安心できる医療福祉制度を求める請願




 ◎ 環境経済委員会  平成19年9月13日(木曜日)午前9時30分 開会

                           (場所:第1委員会室)


番  号件      名
議案第90号四国中央市乳幼児医療費助成条例の一部を改正する条例について
議案第91号四国中央市中小企業融資条例の一部を改正する条例について
議案第92号平成19年度四国中央市一般会計補正予算(第3号)[所管分]
議案第93号平成19年度四国中央市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)




 〇閉会中継続審査中の請願・陳情


番  号件      名
18年請願第10号医療費負担軽減など、安心して受けられる医療を求める請願
19年請願第1号労働法制の拡充の意見書採択を求める請願
19年請願第2号公共サービスの安易な民間開放に反対し、国民生活の「安心・安全」の確立を求める請願
18年陳情第4号国民の食糧と健康、農業を守る陳情




 ◎ 建設水道委員会  平成19年9月13日(木曜日)午後1時00分 開会

                           (場所:第1委員会室)


番  号件      名
議案第92号平成19年度四国中央市一般会計補正予算(第3号)[所管分]




 ◎ 臨海土地造成特別委員会  平成19年9月14日(金曜日)午前9時30分 開会

                           (場所:第1委員会室)


番  号件      名
議案第95号平成19年度四国中央市西部臨海土地造成事業特別会計補正予算(第1号)








△総務委員会閉会中継続審査申出書

                               平成19年9月19日



四国中央市議会議長 石 川 初 夫 様



                      総務委員会委員長 越 智   滋



            総務委員会閉会中継続審査申出書



 本委員会は、審査中の下記の事件について、閉会中もなお継続審査を要するものと決定したので、委員会条例第42条の規定により申し出ます。



                   記


番  号件        名
18年請願第11号「消費税の大増税計画に反対する意見書の採択」を求める請願
19年請願第3号「核兵器全面禁止・廃絶国際条約締結を求める意見書」採択についての請願








△教育厚生委員会閉会中継続審査申出書

                               平成19年9月19日



四国中央市議会議長 石 川 初 夫 様



                    教育厚生委員会委員長 三 好 英 二



           教育厚生委員会閉会中継続審査申出書



 本委員会は、審査中の下記の事件について、閉会中もなお継続審査を要するものと決定したので、委員会条例第42条の規定により申し出ます。



                   記


番  号件        名
19年陳情第2号美術館建設における陳情
18年請願第8号介護保険の負担軽減と、「貸しはがし」等をなくすよう求める請願
18年請願第9号障害者と家族が安心できる医療福祉制度を求める請願








△環境経済委員会閉会中継続審査申出書

                               平成19年9月19日



四国中央市議会議長 石 川 初 夫 様



                    環境経済委員会委員長 吉 田 善三郎



           環境経済委員会閉会中継続審査申出書



 本委員会は、審査中の下記の事件について、閉会中もなお継続審査を要するものと決定したので、委員会条例第42条の規定により申し出ます。

                   記


番  号件        名
18年請願第10号医療費負担軽減など、安心して受けられる医療を求める請願
19年請願第1号労働法制の拡充の意見書採択を求める請願
19年請願第2号公共サービスの安易な民間開放に反対し、国民生活の「安心・安全」の確立を求める請願
18年陳情第4号国民の食糧と健康、農業を守る陳情








△一般質問通告一覧表



      平成19年第3回四国中央市議会定例会一般質問通告一覧表

〇 一般質問


質問順位質 問 者質   問   内   容
1鈴木 亮祐 議員
1.四国中央市人権教育協議会の設立(6月29日)について

 (1)人権教育の名のもとに「同和教育」を特殊化・別格化した教育・啓発は行うべきでない

 (2)同和問題を解決する方向性が示されていない

2.市営住宅について

 (1)市営住宅のストック活用計画について

 (2)政策空き家とは

 (3)障害者・高齢者への住宅支援を

3.家畜ふん尿公害から市民生活を守れ

4.市道、川東三角寺線の拡幅を
2宇高 英治 議員
1.防災に強いまちづくり

 (1)市地域防災計画について

 (2)地域自主防災について

 (3)「いざというとき」幼い子供を守るには
3石津千代子 議員
1.川之江小学校改築実施計画について

 (1)浸水対策は万全にできているのか

 (2)図書室が子供の心のオアシスとなれるように

 (3)トイレは悪臭の問題のないように、またバリアフリーの施設も必要

2.防災の取り組みについて

 (1)避難訓練・情報伝達・地域力を育てていく支援は

 (2)災害救助支援に中学生・高校生の若い人の力をかりては

 (3)小学生・中学生の防災教育について
4吉田善三郎 議員
1.「自治基本条例」制定後の広報周知と条例活用プログラムについて

 (1)「自治基本条例」の冊子の配布部数、配布先は

 (2)まちの憲法と言われる「自治基本条例」の冊子は「保存版」として配布すべきでなかったか

 (3)「自治基本条例のはなし」などとした、わかりやすい解説冊子をつくり、市内中学生、高校生へ広報周知することが必要ではないか

 (4)民間企業、事業所への広報周知活動をどうするか

 (5)庁内での職員研修に組み込むことと職員採用試験に出題するというのはどうか

2.公園、遊園地、緑地の維持管理状況と今後の方針について

 (1)行政改革推進本部専門部会での維持管理一元化についての、この2年間の進捗状況について

 (2)当市が目指す維持管理一元化とはどのようなものか、またそのメリットとデメリットは

 (3)向山公園にあるくみ取り式トイレはぜひ水洗化の改修を

 (4)川岸児童遊園地がルール違反者の車でいっぱいだ。きっちりとした対処が必要
5青木 永六 議員
1.ばい煙データ改ざん問題に関連して

 (1)行政責任について

 (2)住民の健康被害実態調査について

 (3)改ざん理由等について

 (4)地球環境問題や京都議定書、ISO取得などの立場から再発防止策とその体制等について

 (5)環境基本計画の見直し等について

2.生活保護行政について

 (1)申請の受付について

 (2)就労指導と自立について

 (3)利用しやすく自立しやすい制度について

3.入札制度の改善策について

4.破産者の固定資産税と国保料の減免について
6進藤  武 議員
1.「音声コード」の普及について

 (1)当市における視覚障害者への情報伝達の現状は

 (2)新しく開発されたSPコードの導入について

2.青色防犯灯で安全・安心のまちに

3.市民の声

 (1)関川の水資源開発について

 (2)無人家屋、老朽家屋の調査と付近住民への情報提供について
7越智 仁美 議員
1.歯の健康 ─ フッ素洗口について

 (1)個別歯科健診(成人・妊婦)の利用状況は

 (2)フッ素洗口の安全性に対する市の考えは

 (3)今後の学校での取り組み

2.保育所・幼稚園について

 (1)幼保一元化について

 (2)同じ課での対応は可能でしょうか

3.安心して働き、子育てできるまちに

 (1)保育所待機児と認可外保育所利用者補助
8谷  國光 議員
1.環境問題について(一連のデータ改ざん報道を受けて)

 (1)快適な住環境は、市と企業と市民の協力と信頼関係から成り立つもの

 (2)2年前に制定された「環境基本条例」に沿った環境保全の取り組みは機能したのか

 (3)川之江総合支所にある「大気汚染自動監視システムスクリーン」を本庁にも設置の提言

2.合併後の総括としてのこれからの課題

 (1)市民ニーズに乖離しない「視点を市民に合わせ、その市民からの目線で知恵を出し、工夫をすればサービスが向上する」きめ細かい行政運営を望むが

3.通学路の安全確保について

 (1)農人町通学路における改善要望の質問後、現在どのような進捗状況にあるのか
9三谷つぎむ 議員
1.市の環境基本計画について

 (1)環境基本計画と公害について

 (2)大王、丸住の新増設と環境基準について

 (3)約束の住工分離についての計画について

2.宮川周辺地区、まちづくりの到達点と今後の計画などについて

 (1)三島駅(トイレ、通路)周辺など四国中央市の玄関について

 (2)地元説明会はどうする

3.後期高齢者医療制度について

4.県政と市にかかわる問題について

 (1)県立三島病院について

 (2)県立看護学校について

5.入れ歯のリサイクルボックスの設置を










△今議会提出の意見書



意見書第4号



         道路整備財源の確保等に関する意見書について



 地方自治法(昭和22年法律第67号)第99条の規定に基づき、政府等に対し別紙のとおり意見書を提出する。



   平成19年9月20日提出



                 提出者 四国中央市議会議員 原 田 泰 樹

                 賛成者 四国中央市議会議員 進 藤   武

                  同      同     大 西   晁

                  同      同     石 津 千代子

                  同      同     石 川 久 雄

                  同      同     石 川 秀 光

                  同      同     石 川 幸 雄



 (意見書提出先)

  衆議院議長

  参議院議長

  内閣総理大臣

  総務大臣

  財務大臣

  国土交通大臣

  経済財政政策担当大臣





         道路整備財源の確保等に関する意見書



 道路は、人や物の流れを支え、経済、社会活動の根幹となる重要な社会資本であり、その整備は市民全体が長年にわたり熱望しているところである。

 本市は、四国で唯一の四国縦断・横断自動車道が交差し、各県庁所在地まで車でおおむね1時間という交通の要衝として、また、港湾物流の面においても四国最大の貨物取扱量のある重要港湾三島川之江港があるなど、大変優位な地域特性を有している。

 しかしながら、主要幹線道路である国道11号は、慢性的な交通渋滞を呈し、通勤、救急、消防等の市民活動に大きな支障を来している。また、臨海部の工業地帯から国道11号や高速道路までのアクセス道路などが未整備であることなど、経済活動の面においても支障を来しているのが現状である。

 本市では、市内の幹線道路網計画を策定し、その実現に向けて国道バイパスや県道、市道の整備などに取り組み一体的な交通ネットワークの形成に努めている。

 また、本市の半分以上を占める中山間地域においては、高齢化が進む中、道路交通への依存度が極めて高くなっているが、道路網は脆弱で、狭小なものであり、いったん災害が起きると陸の孤島にもなりかねない状況にある。

 こうした中、国においては、道路特定財源の使途拡大や一般財源化が議論され、平成19年度予算においては、1,806億円が一般財源化されたところであり、さらには、今年度末に道路特定財源制度そのものを抜本的に見直すものと伺っており、道路整備がおくれている本市にとって、到底容認できるものではない。

 よって、国においては、本市のような地方部に住む者の声や道路整備の実情をよく把握し、その重要性、緊急性を十分認識され、おくれている地方の道路整備を引き続き強力に推進するため、下記の事項について特段の措置を講じられるよう強く要望する。



                   記



1 「道路特定財源の見直しに関する具体策」で、中期的計画の作成に当たっては、地方の意見を十分に反映し、地方の切り捨てにつながることのないよう、道路整備に対する地域の将来に向けた期待や地域の実情に十分配慮すること。

2 道路特定財源の見直しに当たっては、受益者負担の原則にのっとり、全額を道路整備に使用すること。

3 地方の道路整備のおくれは、地方の活性化に特に影響を与えるものであり、地方道路整備臨時交付金制度の拡大・拡充など、道路特定財源の地方への重点配分を行うこと。



 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。



   平成19年9月20日



                             四国中央市議会







意見書第5号



    中小企業の事業承継円滑化のための税制改正を求める意見書について



 地方自治法(昭和22年法律第67号)第99条の規定に基づき、政府等に対し別紙のとおり意見書を提出する。



平成19年9月20日提出



                 提出者 四国中央市議会議員 原 田 泰 樹

                 賛成者 四国中央市議会議員 進 藤   武

                  同      同     青 木 永 六

                  同      同     大 西   晁

                  同      同     石 津 千代子

                  同      同     石 川 久 雄

                  同      同     石 川 秀 光

                  同      同     石 川 幸 雄



 (意見書提出先)

  衆議院議長

  参議院議長

  内閣総理大臣

  財務大臣

  経済産業大臣





    中小企業の事業承継円滑化のための税制改正を求める意見書



 団塊の世代が引退時期に差しかかる状況下、特に小規模企業において、事業承継がなかなか進んでいない。

 2007年版中小企業白書によると、昨年2006年の企業全体の社長交代率は3.08%と過去最低を記録した。従業員規模別では、規模が小さいほど社長交代率が低下する傾向にあり、小規模企業における事業承継の難しさを示している。

 また、年間廃業者29万社(2001〜2004年平均)のうち少なくとも4分の1の企業は後継者の不在が理由となっている。これに伴う雇用の喪失は毎年20〜35万人とも言われ、雇用情勢に与える影響も少なくない。

 こうした中小企業の廃業や事業承継をめぐる問題は、日本経済の発展を阻害する大きな要因となっている。中小企業の雇用や高度な技術を守り、事業承継を円滑に進めていくための総合的な対策を早急に講じる必要がある。

 事業承継に係る諸課題について、従来から多様な問題提起や論議が行われ、実際にさまざまな制度改正も行われてきたところである。しかしながら残された課題のうち、とりわけ相続税を中心とする税制の問題は、承継当事者・関係者にとって最大関心事の一つである。2007年度の税制改正大綱においても、今後の検討課題として事業承継の円滑化を支援するための枠組みを検討する必要性が明記されたところである。

 以上のことから、中小企業の事業承継円滑化のために税制改正など必要な措置を講じるよう、国に対し強く要望する。



                   記



1 非上場株式等に係る相続税の減免措置について、抜本拡充を図ること。

2 非上場株式の相続税法上の評価制度について、事業承継円滑化の観点から見直しも含め、合理的な評価制度の構築を図ること。

3 相続税納税の円滑化を図るために、事業承継円滑化の観点から必要な措置を講じること。

4 税制面のみならず、情報面、金融面、法制面など、事業承継の円滑化を支援するための枠組みを検討し、総合的な対策を講じること。



 以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。



   平成19年9月20日



                             四国中央市議会