議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛媛県 四国中央市

平成19年 9月定例会 09月03日−01号




平成19年 9月定例会 − 09月03日−01号







平成19年 9月定例会



         平成19年第3回四国中央市議会定例会会議録(第1号)



議事日程第1号

 9月3日(月曜日)午前10時開会

 ※開会宣告

 ※市長の議会招集あいさつ

 ※開議宣告、議事日程報告

日程第1

 会議録署名議員の指名

日程第2

 会期の決定

日程第3

 諸般の報告

   ────────────────

日程第4

 議案等の上程

 議案第89号 政治倫理の確立のための四国中央市長の資産等の公開に関する条例等の一部を改正する条例について

 議案第90号 四国中央市乳幼児医療費助成条例の一部を改正する条例について

 議案第91号 四国中央市中小企業融資条例の一部を改正する条例について

 議案第92号 平成19年度四国中央市一般会計補正予算(第3号)

 議案第93号 平成19年度四国中央市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)

 議案第94号 平成19年度四国中央市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)

 議案第95号 平成19年度四国中央市西部臨海土地造成事業特別会計補正予算(第1号)

 議案第96号 入野財産区管理会委員の選任につき同意を求めることについて

 議案第97号 四国中央市土地開発公社定款の一部変更について

 諮問第3号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて

日程第5

 議案等の質疑

   ────────────────

日程第6

 先議議案の審議(議案第96号、諮問第3号)

   ────────────────

 本日の会議に付した事件

日程第1

 会議録署名議員の指名

日程第2

 会期の決定

日程第3

 諸般の報告

日程第4

 議案等の上程(議案第89号〜諮問第3号)

日程第5

 議案等の質疑

日程第6

 先議議案の審議(議案第96号、諮問第3号)

   ────────────────

出席議員(29名)

   1 番   越  智  仁  美

   2 番   星  川  伸  彰

   3 番   篠  永  誠  司

   4 番   山  本  照  男

   5 番   吉  田  善 三 郎

   6 番   玄  翁  光  雄

   7 番   進  藤     武

   8 番   井  川     剛

   9 番   宇  高  英  治

  10 番   原  田  泰  樹

  11 番   青  木  永  六

  12 番   大  西     晁

  13 番   守  屋     操

  14 番   鈴  木  邦  雄

  15 番   石  津  千 代 子

  16 番   鈴  木  亮  祐

  17 番   谷     國  光

  18 番   曽 我 部     清

  19 番   石  川  久  雄

  20 番   飛  鷹  總  慶

  21 番   石  川  秀  光

  22 番   合  田  陽  子

  23 番   越  智     滋

  24 番   西  岡  政  則

  25 番   川  上  賢  孝

  26 番     欠    員

  27 番   三  谷  つ ぎ む

  28 番   石  川  幸  雄

  29 番   三  好  英  二

  30 番   石  川  初  夫

   ────────────────

欠席議員(なし)

   ────────────────

出席理事者

 市長         井 原   巧

 副市長        藤 田 好一郎

 副市長        大 西 博 明

 (総 務 部)

 部長         高 橋 広 美

 次長兼総務課長    日 浅 博 仁

 総務課長補佐兼行政係長兼文書係長

            坂 上 秀 樹

 (企 画 部)

 部長         篠 原 正 博

 総合政策課長     河 村 聖 載

 (財 務 部)

 部長         真 鍋   譲

 財政課長       石 川   卓

 (市民環境部)

 部長         鈴 木 秀 明

 国保年金課長     藤 本 美 鈴

 (福祉保健部)

 部長兼福祉事務所長  大 西 史 郎

 高齢介護課長     星 川   充

 (商工労働部)

 部長         加 地   健

 産業支援課長     福 田 裕 史

 (農林水産部)

 部長         森 川 芳 信

 (建 設 部)

 部長         徳 永 和 幸

 港湾課長       山 地   讓

 (都市整備部)

 部長         石 川 敏 郎

 (水 道 局)

 局長         山 川 久 男

 (消防本部)

 消防長        越 智 義 茂

 (教育委員会)

 教育長        宮 崎 節 夫

 教育部長       高 橋 満 男

 次長兼教育総務課長  石 川 健 治

 (川之江総合支所)

 支所長        佐 藤   清

 (土居総合支所)

 支所長        豊 田 耕 造

 (新宮総合支所)

 支所長        後 藤 光 雄

 (監査委員)

 監査委員       高 橋 資 明

   ────────────────

出席事務局職員

 局長         石 川 良 親

 次長兼議事調査課長  藤 田   聖

 課長補佐兼議事係長  石 村 佐智子

 課長補佐兼議事係長  加 藤 徳 明

 専門員兼議事係長   藤 田   泰

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

      午前10時00分開会



○石川初夫議長 ただいまの出席議員数は29名です。したがいまして,定足数に達し,会議は成立しました。よって,これより平成19年第3回四国中央市議会定例会を開会します。

   ────────────────



○石川初夫議長 市長より今議会招集のごあいさつがあります。井原 巧市長。

      〔井原 巧市長登壇〕



◎井原巧市長 おはようございます。

 開会に当たりまして,一言ごあいさつを申し上げます。

 ことしは殊のほか残暑が厳しく,9月の声を聞きましてもまだまだ暑い日が続いておりますが,議員各位におかれましては,本日,平成19年第3回定例会を招集いたしましたところ,何かと御多用の中,御参集いただきまして,まことにありがとうございます。議員の皆様方には,平素より市政各般にわたりまして格別の御理解と御協力をいただいておりますことに厚く御礼を申し上げます。

 さて,本日招集いたしました今定例会には,平成19年度の一般会計補正予算案を初め,乳幼児医療費助成条例の一部改正議案など当面する市政の重要案件について御審議をいただくことになっております。どうか適切なる御決定を賜りますようお願い申し上げまして,開会のごあいさつとさせていただきます。

 それでは,6月定例会以降における一般事務報告を引き続き申し上げます。

 最初に,大王製紙等のばい煙データ改ざん問題について御報告をいたします。

 7月に発覚した日本製紙等大手製紙企業のデータ改ざん報道を受け,当市では7月11日に大王製紙に対して確認を行いましたところ,同月17日及び26日の両日,同社より「社内調査中ではあるが,チャート紙の不明が数枚あるけれども現時点で改ざんの事実はない」という中間報告があり,なお不明のチャート紙等の追求及びさらなる調査を進め,最終報告を急ぐよう指示をいたしていたところでございます。

 そうした状況の中,同社より8月20日に改ざんの事実が報告され,翌21日,大気汚染防止法と同社との公害防止協定に基づき,県と合同で三島工場への立入調査を実施するとともに,27日には文書により厳重注意し,原因究明と再発防止策等の報告を指示いたしました。

 また,同日,公害防止協定を締結している残る6社に対しましても,測定値と報告値との整合性や改ざんなどの法令違反の有無等に関して,9月5日を提出期限として報告を求める文書を送付いたしました。

 これを受けまして,先月29日,丸住製紙より,一部改ざんが行われていたとの報告がありました。また,愛媛製紙より,県への報告の中で,過去において排出基準値を超える値が測定されていたことの報告も受けました。こうしたことから,翌30日に丸住製紙,31日には愛媛製紙への立入調査を県と合同で実施いたしまして,徹底的な原因究明と具体的な再発防止策の速やかな報告を求めたところでございます。

 大気汚染防止法,水質汚濁防止法等については,都道府県が監督,指導することとなっておりますが,市といたしましては何よりも地元でございますし,公害防止条例も制定し,公害防止協定を結んでいる7社,9工場におかれましてはとりわけ大手であり,影響も大きいことから,その協定である第1条には相互の信義を重んじ誠実にこれを履行すると,こういう協定で結んでいるだけに,規制値の値を超過するということはもちろん許せないことでもありますが,それ以上に,改ざんを行うことは決して許されることではなく,相互の信頼関係を損なうことでもありまして,まことに遺憾であり,今後はその結んでいる協定以上に監督,指導に踏み込まなければならないと,このようにも考えているところでございます。

 今後におきましては,県と十分密接に連携,協議をしながら,再発防止に向けて,適切な指導に努めてまいりたいと考えております。

 またあわせて,市内の全製紙工場につきましても,過去3年間のばい煙及び水質等の自主測定結果などの報告を求めるとともに,必要に応じて調査の実施や適切な指導を行い,本市の監督,指導体制を再構築し,公害関係法令の遵守や環境保全の向上を強く求めていきたいと考えております。

 次に,銅山川3ダムの状況につきまして御報告いたします。

 平成13年度の3ダム運用開始後,最悪の状況を呈しておりました渇水状態も,去る7月14日に来襲した台風4号の降雨により,各ダムとも満水となりました。

 九州などでは集中豪雨による災害等も発生いたしましたが,当市にとりましては幸いにも大きな災害の発生もなく,まさに恵みの雨となり,7月15日をもって取水制限解除となり,また6月21日に設置しました渇水対策本部も同日解散いたしました。

 昨年秋から始まりました節水は,工業用水にあっては延べ244日を数え,最大50%カットとなり,各ユーザーへの負担も大きなものとなっておりました。

 また,上水道では延べ101日間の節水を実施したことで,プール等の使用にも一時期制約がかかり,市民の皆様に御不便をおかけいたしましたが,皆様の御理解と御協力を賜り,この危機を乗り切れたことにつきまして,この場をおかりしましてお礼を申し上げます。

 今後とも,水の運用につきましては,国土交通省を初め関係機関と十分協議をしながら,適時適切な対応をいたしてまいりたいと考えておりますので,御理解いただきますようお願い申し上げます。

 続きまして,環境基本条例の規定により,市民,事業者との協働で策定事務を進めておりました四国中央市環境基本計画について申し上げます。

 本計画につきましては,環境審議会への諮問,答申を経て,7月に策定の運びとなりました。議員各位には,本書と概要版を配付させていただきますとともに,市のホームページにも公開いたしました。

 次に,昨年7月に認証取得いたしましたISO14001につきましては,6月25,26日の両日,外部審査機関による維持審査が行われ,引き続き認証継続を推奨するとの審査報告をいただきました。今後は,現在本庁と3つの総合支所付近となっております適用範囲を,出先機関を含む全施設と全事務事業に拡大いたすべく準備を進めております。

 続いて,生活清掃関連施策について申し上げます。

 初めに,クリーンデーについてでありますが,7月1日の日曜日に,川之江地域,三島地域,土居地域の嶺北部全域を対象に実施いたしました。当日は約8,000名の市民の皆様の御参加をいただき,おかげをもちまして,約10トンのごみを回収することができ,市内の環境美化向上につながったところでございます。

 次に,ごみ減量についてでありますが,7月11日に,各種団体,企業等からの推薦と市報による公募を含め21名の委員により四国中央市ごみ減量推進協議会を立ち上げ,事業系部会,家庭系部会の2部構成とし,それぞれの立場を生かし,市民,企業,行政が協働でごみ減量について精力的に作業を進めております。

 次に,福祉保健関係について申し上げます。

 高齢福祉事業といたしまして,今月17日の敬老の日を迎えるに当たりまして,敬老会を市内24会場で開催いたします。今年度の敬老会の御案内の対象者は,昭和7年12月末以前にお生まれになられた方で,8月1日現在1万1,835名となっております。開催日につきましては,川之江地区が今月9日と16日に,土居地区は15日に,三島地区は16日と17日に,新宮地区は11月11日に開催し,御長寿をお祝いしたいと思っております。議員の皆様方におかれましても,それぞれの地域で市民の皆様とともに敬老の日を祝っていただければ幸いに存ずる次第でございます。

 また,保健推進事業では,8月1日より妊婦歯科個別健診を実施いたしました。この歯科健診は,妊娠中はホルモンバランスの変化等から虫歯や歯周病になりやすく,健康な赤ちゃんの出産に影響すると言われております。健やかな赤ちゃんの出産,成長と母親の健康維持を目的に,県下で初めて個別歯科健診を実施いたしました。健診費用の4分の3を公費助成し,個人負担については500円としております。

 続きまして,急患医療センターについてでありますが,8月1日より利便性のよい妻鳥町の旧宇摩医師会館に移転いたしまして,運営をしております。このセンターは初期救急医療に対応しておりますが,特に小児救急の大半は初期的な救急であることから,小児救急に対しては電話等による救急医療相談に応じ,症状による救急対応を行うことといたしております。移転を機に,市民の皆さんが安心できる急患医療センターとして周知し,運営に努めてまいりたいと考えております。

 次に,商工観光行政について申し上げます。

 新宮町の観光施設「霧の森」に,新宮茶をテーマにした茶フェが7月1日にオープンしました。新宮茶ミュージアム,茶フェ工房,茶フェゆるりで構成された館内では,新宮茶を身近に理解し体験することができ,喫茶コーナーでは新たな売れ筋と期待される洋菓子などを販売しており,入り込み客の増加による活性化が期待をされております。

 また,寒川海岸の人工海浜については,7月16日の海の日に海水浴場としてオープンし,各種団体の協力を得て盛大なオープニングイベントが開催されました。名称につきましては,一般公募に基づき,寒川豊岡海浜公園ふれあいビーチと決定をいたしました。

 次に,7月23日から25日の間開催したみなと祭では,今年初めておどり大会を三島公民館主催のサマーフェスティバルと合同で実施し,集客面で相乗効果を生み出すことができました。

 また,7月28日,29日に開催した紙まつりは,ことしで第30回目の節目に当たり,記念事業として直径11メートルの巨大紙風船を製作し,あわせて風船爆弾資料展を行いましたが,報道機関にも取り上げられ好評を博しました。

 なお,7月14日及び予備日の15日に台風4号の影響で実施できなかったかわのえ夏まつり花火大会につきましては,関係団体等の御協力を得て,改めて8月21日に開催することができました。

 各イベントの運営に携わり,格別の御協力を賜りました関係の皆様方には,改めて御礼を申し上げます。

 続いて,教育行政について申し上げます。

 6月9日に宇摩ゴルフ協会の主催によります第15回四国中央市障害児教育支援チャリティーゴルフ大会が開催され,大会参加者及び協賛企業より,障害児教育支援のために四国中央市及び各種福祉団体に寄附金が贈呈されました。6月18日に市長室において目録贈呈式が行われ,御寄附いただいた232万円につきまして,市内小中学校及び社会福祉協議会,特別支援教育育成会等の福祉関係団体に配分され,障害児教育の支援に活用させていただいております。本協会関係者の皆様には,障害児教育等の推進に御理解をいただき,心温まる御厚意をいただきましたことに対し,心より感謝の意を表し,お礼を申し上げます。

 次に,学校教育関係でございますが,7月22日より5日間の日程で行われました第59回愛媛県中学校総合体育大会において,川之江南中学校3年上野沙奈恵さんが200メートル平泳ぎで1位,同じく2年生上野友莉菜さんが200メートルバタフライで1位,女子400メートルメドレーリレーにおいても1位となっております。その他,200メートル自由形では土居中学校3年鴻上健二君が2位となり,四国大会に出場いたしました。また,柔道では,川之江北中学校2年生片桐知美さん,3年生菅原槙子さんがともに個人戦で優勝し,全国大会に出場することとなりました。団体戦は,惜しくも準優勝でございました。また,ラグビーでも四国中央合同チームが優勝し,女子ソフトボールでは土居中学校が準優勝いたしております。

 さらに,8月18日から20日にかけて松山市で開催された第22回愛媛県中学軟式野球選手権大会において,三島南中学校軟式野球部が見事初優勝いたしました。

 また,8月19日に松山市の愛媛県武道館で行われた全国小学生学年別柔道大会において,上分小学校5年生の立川莉奈さんが,5年生女子40キロ級において全国優勝を果たしました。

 一方,音楽部門におきましては,7月26日に新居浜市市民文化センターで行われましたNHK全国学校音楽コンクール西条管内大会において,金生第一小学校が銀賞を受賞いたしました。さらに,松山市民会館で行われました第55回全日本吹奏楽コンクール愛媛県大会では,川之江北中学校が金賞,川之江南中学校と土居中学校がそれぞれ銀賞を受賞いたしました。

 次に,社会教育関係でございますが,6月29日に,四国中央市人権教育協議会の設立総会が約400名の参加のもと盛大に開催されました。

 また,7月15日の小富士ふれあい夏まつりを皮切りに,各公民館で盆踊りや夏まつりイベントが行われ,ふるさとでの触れ合いと交流が図られました。

 新宮地域におきましては,8月15日に夏の成人式が行われ,新成人13名の門出を祝福いたしました。

 また,社会体育関係におきましては,7月16日に福祉会館4階多目的ホールにおいて,スポーツ少年団の指導者,保護者及び小中学校の部活動顧問を対象に研修会が開催され,講師に愛媛県スポーツ医科学委員会委員の梅崎雅文先生をお招きし,いろいろなスポーツ道具を利用した子供のトレーニング方法について指導,助言をいただき,引き続いて,消防本部職員によるAEDを含めた救急蘇生法についての講演が行われました。

 次に,図書館関係でございますが,業務の一部をNPO法人に外部委託するため,本年6月に7名の委員によるNPO法人設立委員会を設置し,現在法人の設立に向けて準備を行っているところでございます。

 以上,6月定例会以降の主要事業等の概要を申し上げ,私からの一般事務報告とさせていただきます。



○石川初夫議長 以上であいさつは終わりました。

   ────────────────



○石川初夫議長 これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は,お手元に配付の議事日程第1号のとおりであります。

   ────────────────



○石川初夫議長 日程第1,会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は,会議規則第78条の規定により,議長において西岡政則議員,川上賢孝議員を指名します。

   ────────────────



○石川初夫議長 日程第2,会期の決定を議題とします。

 お諮りします。今期定例会の会期は,本日から9月20日までの18日間としたいと思います。これに御異議ありませんか。

      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○石川初夫議長 異議なしと認めます。よって,会期は18日間と決定しました。

 なお,会期中の会議予定につきましては,お手元に配付の会議日程表案のとおりでありますので,御了承を願います。

   ────────────────



○石川初夫議長 日程第3,諸般の報告をします。

 まず,地方自治法第121条の規定により,市長以下関係理事者の出席を求めております。

 次に,市長から,報告第19号から報告第24号をもって地方自治法第180条に基づく軽易事件の専決処分外5件の報告がありましたので,お手元に配付しております。

 次に,監査委員から,例月出納検査の結果について11件の報告がありましたので,本日報告書写しをお手元に配付しております。

 次に,愛媛県市議会議員研修会及び議長会関係の会議概要については,お手元に配付の報告書によりその概要を御報告しておりますので,御了承を願います。

 次に,本日市長から,議案第89号から議案第97号をもって議案9件,諮問第3号をもって諮問1件の提出がありましたので,御報告します。

 次に,議長において受理しました陳情1件につきましては,請願・陳情文書表を配付しております。

 以上で諸般の報告を終わります。

   ────────────────



○石川初夫議長 日程第4,議案第89号政治倫理の確立のための四国中央市長の資産等の公開に関する条例等の一部を改正する条例についてから諮問第3号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについてまでの10件を一括議題とします。

 これより上程全議案等に対する提案理由の説明を求めます。篠原正博企画部長。

      〔篠原正博企画部長登壇〕



◎篠原正博企画部長 それでは,私からは議案第89号について御説明申し上げます。

 議案書の1ページをお開きください。

 議案第89号政治倫理の確立のための四国中央市長の資産等の公開に関する条例等の一部を改正する条例について御説明申し上げます。

 今回の改正は,郵政民営化法等の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律及び証券取引法等の一部を改正する法律が施行されることに伴い,関係する3つの条例の一部をそれぞれ改正するものでございます。

 第1条は,政治倫理の確立のための四国中央市長の資産等の公開に関する条例の一部を改正するもので,改正の主な内容は,郵便貯金法の廃止に伴う郵便貯金に関する規定の削除や,証券取引法等の一部改正に伴い,金銭信託に関する規定の削除及び法律の題名を金融商品取引法に改めるものでございます。

 あわせて,第2条第1項第6号中,「株券」の次に(株券が発行されていない場合にあっては,株券が発行されていたとすれば当該株券に表示されるべき権利を含む)を加え,同号を第5号とし,同項第7号から第10号までを1号ずつ繰り上げるものでございます。

 第2条の四国中央市道路占用料徴収条例の一部改正は,郵便法の改正に伴い,引用する条項が繰り上がったことによるものでございます。

 第3条の四国中央市下水道条例の一部改正は,占用料の免除規定のうち,郵政事業に係る部分を削除するものでございます。

 附則として,この条例は平成19年10月1日から施行するものでございます。ただし,第1条中,「株券」の次に字句を加える部分については公布の日,証券取引法等の一部改正に伴う改正部分は平成19年9月30日から施行するものでございます。

 また,第2項では,第1条の規定による一部改正に伴う経過措置として,この条例の施行の日前に有していた郵便貯金及び郵政民営化法等の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律附則第3条第10号に規定する旧郵便貯金は預金とみなすものでございます。

 以上でございます。御審議,御決定賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○石川初夫議長 鈴木秀明市民環境部長。

      〔鈴木秀明市民環境部長登壇〕



◎鈴木秀明市民環境部長 それでは,私より議案第90号及び議案第93号の2件について御説明いたします。

 まず,2ページをお開き願いたいと思います。

 それでは,議案第90号四国中央市乳幼児医療費助成条例の一部を改正する条例について御説明いたします。

 現在本市では,入院医療費はゼロ歳から就学前までのすべての子供に対し,また通院医療費につきましては4歳未満及び4歳から就学前の第2子以降の子供を対象に助成をいたしておるところでございますが,今回唯一未実施でございます4歳から就学前の第1子の子供の通院医療費を助成対象に加え,すべての未就学児に対する医療費助成の完全実施を図るものでございます。

 このため,第4条中の「別表に掲げる助成の範囲において」という条文と,助成の範囲を規定いたしました別表を削除するものでございます。

 第2条は,条文整備でございます。

 附則といたしまして,この条例は,平成20年1月1日から施行するものでございます。そのほか,第2条改正規定の施行期日及び改正後の第4条に係る経過措置を規定いたしております。

 5ページをお願いいたします。

 続きまして,議案第93号平成19年度四国中央市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)について御説明いたします。

 本予算の歳入歳出予算の補正につきましては,歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ5,000万円を追加し,歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ101億301万6,000円とするものでございます。

 第2項につきましては,次ページ以降で御説明いたします。

 次ページをお願いいたします。

 まず,歳入でございますが,国庫補助金5,000万円を計上いたしております。これは,普通調整交付金でございます。

 次ページをお願いいたします。

 次に,歳出でございますが,主なものは9款1項償還金及び還付加算金4,713万1,000円でございます。これは,国庫支出金への療養給付金等負担金返還金3,967万4,000円及び調整交付金返還金11万9,000円と,支払基金への退職者医療交付金返還金733万8,000円でございます。

 御審議,御決定賜りますようよろしくお願いいたします。



○石川初夫議長 加地 健商工労働部長。

      〔加地 健商工労働部長登壇〕



◎加地健商工労働部長 それでは,私から議案第91号について御説明申し上げます。

 議案書3ページをお開きください。

 四国中央市中小企業融資条例の一部を次のとおり改正するものでございます。

 改正の内容でございますが,本条例のうち,信用保証協会に対する市の損失補償義務を規定しております第5条を削除するものであります。

 提案の理由でありますが,本年10月1日から信用保証協会の信用保証制度に責任共有制度が導入され,金融機関にも一定の負担が課せられることに伴い,損失補償制度が廃止されますことから,本条例の一部を改正するものであります。

 附則といたしまして,経過措置を設けるとともに,平成19年10月1日から施行するものでございます。

 以上でございます。御審議,御決定のほどよろしくお願い申し上げます。



○石川初夫議長 真鍋 譲財務部長。

      〔真鍋 譲財務部長登壇〕



◎真鍋讓財務部長 それでは,私から議案第92号及び議案第97号の2件について御説明申し上げます。

 議案書の4ページをお開き願いたいと思います。

 議案第92号平成19年度四国中央市一般会計補正予算(第3号)について御説明申し上げます。

 平成19年度四国中央市の一般会計補正予算(第3号)は,次に定めるところによるものでございます。

 歳入歳出予算の補正。第1条,歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2億8,000万円を追加し,歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ309億9,900万円とするものでございます。

 2項以降につきましては,次ページからで御説明申し上げます。

 4−2ページをお開き願いたいと思います。

 第1表歳入歳出予算補正のうち歳入の主なものでございますが,10款地方交付税の補正額は5,620万7,000円で,これは普通交付税の補正でございます。

 15款県支出金は3,598万5,000円の補正で,この主なものは,合併市町周辺地域振興補助金,県単林道整備事業補助金及び林業用施設の公共災害復旧事業補助金ほかでございます。

 17款寄附金180万円の補正でございますが,これは四国中央市障害児教育支援チャリティーゴルフ大会に係る寄附金でございます。

 19款繰越金は1億1,499万円の補正でございます。

 21款市債6,580万円の補正は,道路改良事業債,災害復旧債ほかの補正でございます。

 次のページをお願いします。

 歳出予算補正の主なものでございますが,2款総務費は8,982万6,000円の補正で,これは平成20年度の機構改革に向けた庁舎等の改修工事費1,800万円や,ディマンド型交通事業費1,714万4,000円,法人市民税等の還付金4,900万円などでございます。

 次の3款民生費の補正額は1,439万7,000円でございまして,この主なものは子育て支援策としての乳幼児医療費の助成対象範囲の拡大に伴う扶助費の補正及び介護保険特別会計への繰出金ほかでございます。

 6款農林水産業費は4,707万5,000円の補正で,県単土地改良,県単林道整備事業費や豊岡漁港のしゅんせつ工事費などでございます。

 次に,8款土木費6,006万6,000円の補正は,地域環境整備事業で2,300万円,市単道路改良事業1,500万円,浸水対策事業2,000万円ほかの補正でございます。

 次のページの10款教育費の補正は2,337万円で,この主なものは川之江小学校の実施設計業務委託料ほかの補正でございます。

 次に,最後の14款災害復旧費3,069万4,000円の補正は,さきの台風4号及び5号に係ります補助及び単独の災害復旧費の補正でございます。

 次のページ,4−5ページをお開き願いたいと思います。

 第2表地方債補正の追加分でございますが,地域環境整備事業の起債の限度額を1,310万円に,農業用施設単独災害復旧事業を初め,5件の災害復旧事業の起債の限度額を1,240万円と定めるものでございます。

 なお,起債の方法,利率及び償還の方法につきましては,ここに記載のとおりでございます。

 次のページの起債の変更分でございますが,事業費の変更に伴いまして,浸水対策事業の起債の限度額を1,900万円増の5,700万円に,市単道路改良事業が2,130万円増の1億7,130万円と定めるものでございます。

 続きまして,議案書の9ページをお開き願いたいと思います。

 議案第97号四国中央市土地開発公社定款の一部変更について御説明申し上げます。

 今回の定款の変更につきましては,さきの郵政民営化法等の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律が施行されることに伴いまして,四国中央市土地開発公社定款の資金の運用について規定いたしております第23条第2号中の「郵便貯金又は」の字句を削るものでございます。

 なお,この定款の変更の施行期日は,愛媛県知事の認可のあった日から施行するものでございます。

 私からは以上でございます。御審議,御決定を賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○石川初夫議長 大西史郎福祉保健部長兼福祉事務所長。

      〔大西史郎福祉保健部長兼福祉事務所長登壇〕



◎大西史郎福祉保健部長兼福祉事務所長 それでは,私の方から議案第94号平成19年度四国中央市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)について御説明申し上げます。

 議案書つづり6ページをお願いいたします。

 平成19年度四国中央市の介護保険事業特別会計補正予算(第1号)につきましては,次に定めるものでございます。

 第1条,歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億8,700万円を追加し,歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ67億4,800万円とするものでございます。

 2項以降につきましては,次ページの方で御説明申し上げます。

 今回の補正予算は,平成18年度介護保険事業特別会計の決算に関連しての補正予算でございまして,歳入につきましては4款2項国庫補助金113万4,000円でございますが,これは医療保険制度改正に伴います介護保険システムの改修費に係る国庫補助金でございます。

 7款1項他会計繰入金は1,052万1,000円でございますが,これは介護保険事業に係る事務費と地域支援事業諸費等に係る市負担分の繰入金でございます。

 8款1項繰越金1億7,534万5,000円につきましては,前年度の繰越金でございます。

 次のページをお願いいたします。

 次に,歳出でございますが,5款1項基金積立金は1億1,772万3,000円の増額補正でございますが,これは前年度からの繰越金を介護保険財政調整基金積立金として積み立てるものでございます。

 6款1項償還金及び還付加算金6,923万円でございますが,これは前年度分の介護給付に係る国庫負担金返還金5,637万6,000円と,支払基金交付金への返還金1,285万4,000円でございます。

 以上でございます。御審議,御決定賜りますようよろしくお願いいたします。



○石川初夫議長 徳永和幸建設部長。

      〔徳永和幸建設部長登壇〕



◎徳永和幸建設部長 それでは,私から議案第95号平成19年度四国中央市西部臨海土地造成事業特別会計補正予算(第1号)について御説明申し上げます。

 議案書の7ページをお開きください。

 歳入歳出予算の補正でございますが,第1条,歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ5,200万円を追加し,歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ8億3,200万円とするものでございます。

 第2項につきましては,次のページ以降で御説明いたします。

 次のページをお開きください。

 歳入でございますが,4款1項繰越金で5,200万円を補正計上いたしております。これは,前年度繰越金でございます。

 次のページをお開きください。

 歳出でございますが,1款1項臨海土地造成事業費で5,200万円を補正計上いたしております。これは消費税で,18年度の廃棄物処理手数料などの課税売上額及び委託料などの課税仕入れ額が確定したことに伴い,補正するものでございます。納付内訳でございますが,18年度消費税確定申告額が3,450万円,19年度中間申告額が1,750万円でございます。

 以上で説明を終わります。よろしく御審議,御決定賜りますようお願い申し上げます。



○石川初夫議長 井原 巧市長。

      〔井原 巧市長登壇〕



◎井原巧市長 それでは,まず私から議案第96号入野財産区管理会委員の選任につき同意を求めることにつきまして御説明を申し上げます。

 議案書の8ページをごらんください。

 当管理会委員であります近藤義夫氏が逝去されたのに伴い,地元から推薦のありました近藤友幸氏を管理会委員に選任したいので,土居町財産区管理会設置条例第3条第1項の規定により議会の同意を求めるものでございます。

 近藤氏の住所,生年月日等につきましては,議案書のとおりでございますので,どうかよろしく御同意いただきますようお願いを申し上げます。

 続きまして,諮問第3号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて御説明をいたします。

 議案書の10ページをごらんください。

 御承知のとおり,当市には現在16名の人権擁護委員がおられ,法務局の所管のもとに市民の基本的人権を守るという重要な役割を持って日々活動をされております。活動が広範多岐にわたる中,平成20年1月より委員数が2名増員ということになります。

 本件は,これに伴い,永野美佐子氏並びに石川末吉氏を同委員候補者として法務大臣に推薦することについて,人権擁護委員法第6条第3項の規定に基づき議会の意見を求めるものであります。

 まず,永野美佐子氏は,愛媛県公立学校教員を退職された後,伊予三島市家庭相談員,松山市久米児童クラブ指導員などを歴任され,長年にわたり児童生徒の健全育成に力を尽くされました。氏の温厚にして実直な人柄と豊かな識見は,人権擁護委員として市民に信頼を得る活躍が期待できるものと考えております。

 次に,石川末吉氏は,自営業を営まれる一方,現在愛媛県青少年指導員,愛媛県薬物乱用防止指導員,保護司として活躍され,熱意を持って青少年問題に当たられており,その真摯な取り組みは衆目の認めるところであります。

 両氏は,人格,識見ともにすぐれ,社会経験も豊富であり,人権擁護委員としてまことにふさわしい方と存じますので,御推薦申し上げる次第であります。

 なお,住所,生年月日等は議案書のとおりでございますので,よろしく御同意くださいますようお願い申し上げまして,提案理由の説明にかえさせていただきます。



○石川初夫議長 以上で提案理由の説明は終わりました。

   ────────────────



○石川初夫議長 日程第5,これより上程議案等に対する一括質疑を行います。

 質疑はありませんか。



◆三谷つぎむ議員 議長。



○石川初夫議長 三谷つぎむ議員。



◆三谷つぎむ議員 議案第90号についてお尋ねしたいと思いますが,乳幼児の医療費の助成条例の改正で,前々から要望を強めておりましたことが前進したことで非常に喜んでおりますが,問題は資格証明書が発行されておりまして,その中に乳幼児を連れた御家庭もおありかと思いますが,その家庭への対応は今後どういうふうになさるおつもりか。もし特別な規則等をお出しになるんでしたら,この際明らかにしていただきたいと思います。

 それから,予算の関係ですけど,議案第92号の一般会計補正予算ですが,地方交付税が5,620万円増額されまして48億5,620万7,000円と,こういうふうに累計が出ておりますが,これは合併前の試算では71億円の地方交付税が交付されるということになっておりましたが,今後どれくらい見込めるのかお示しください。

 それから,繰越金の関係ですが,来年度の予算編成等の関係で繰越金を非常に抑えているというふうな報告がございましたけど,これはあと残るところどれくらい繰越金がおありなのか,お聞きしたいと思います。

 それから,この予算の中で災害復旧事業の関係で,せんだっての説明のときに,林道関係,台風4号,5号による林道関係が50件というふうに報告がございました。どの林道で崩落あるいは復旧工事を必要とするのか,その辺非常に気にかかるところでございますので,主な予算の中にその林道が入っているのかどうか,お示しいただけたらと思います。お願いします。



○石川初夫議長 答弁を求めます。



◎鈴木秀明市民環境部長 議長。



○石川初夫議長 鈴木秀明市民環境部長。



◎鈴木秀明市民環境部長 乳幼児の質疑ですけれど,資格証明書等につきましては,従来どおりになろうかと思ってます。



◎真鍋讓財務部長 議長。



○石川初夫議長 真鍋 譲財務部長。



◎真鍋讓財務部長 御質疑の予算の関係で,地方交付税の関係についてお答えを申し上げます。

 本年度の交付税の算定が終わりまして,普通交付税の額が決定をいたしておりますので,その額を報告をさせていただきます。本年度の決定額が38億4,261万6,000円ということでございまして,今回当初予算に37億円の計上をいたしておるところでございまして,あと普通交付税の財源といたしましては8,600万円余りを残すところでございます。

 次に,繰越金の関係でございますが,今回1億1,499万円を計上したところでございまして,18年度の実質収支額が4億5,432万6,000円ということで,全額計上をいたしたところでございます。



◎森川芳信農林水産部長 議長。



○石川初夫議長 森川芳信農林水産部長。



◎森川芳信農林水産部長 林道の災害復旧の件ですけども,一応台風4号におきまして6件,中尾谷,高野2件ですけども,それと柱尾,芋野ということで,富郷から中曽根町というふうなことで,6件の災害復旧費を計上させていただいております。



○石川初夫議長 ほかに質疑はありませんか。

      〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○石川初夫議長 これで質疑を終了します。

   ────────────────



○石川初夫議長 日程第6,先議議案の審議を議題とします。

 お諮りします。議案第96号,諮問第3号の以上2件については,本日先議したいと思います。これに御異議ありませんか。

      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○石川初夫議長 異議なしと認めます。議案第96号,諮問第3号の以上2件については,本日先議することに決定しました。

 議案第96号,諮問第3号の以上2件を一括議題とします。

 お諮りします。本件については,会議規則第35条第2項の規定により,委員会への付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○石川初夫議長 異議なしと認めます。本件については,委員会への付託を省略することに決定しました。

 これより討論を行います。討論はありませんか。

      〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○石川初夫議長 討論なしと認めます。

 これで討論を終了します。



○石川初夫議長 これより採決を行います。

 まず,議案第96号入野財産区管理会委員の選任につき同意を求めることについてを採決します。

 本件は同意することに賛成の議員の起立を求めます。

      〔賛成者起立〕



○石川初夫議長 起立全員です。したがって,議案第96号は原案のとおり同意されました。

   ────────────────



○石川初夫議長 次に,諮問第3号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについてを採決します。

 本件は異議なき旨,決定することに賛成の議員の起立を求めます。

      〔賛成者起立〕



○石川初夫議長 起立全員です。したがって,諮問第3号は異議なき旨,決定されました。

   ────────────────



○石川初夫議長 これをもって本日の日程は全部終了しました。

 お諮りします。明4日から9日までの6日間は,議事の都合,その他議案の調査研究等のため休会したいと思います。これに御異議ありませんか。

      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○石川初夫議長 異議なしと認めます。明4日から9日までの6日間は休会とすることに決しました。

 9月10日は午前9時30分から会議を開きます。

 一般質問希望者は,9月4日正午までに発言通告書を御提出願います。

 なお,一般質問の発言は,受け付け順により決定しますので,お知らせします。

   ────────────────



○石川初夫議長 本日はこれにて散会します。

   ────────────────

      午前10時50分散会



───────────────────────────────────────

地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。







       四国中央市議会議長  石  川  初  夫







              議員  西  岡  政  則







              議員  川  上  賢  孝