議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛媛県 四国中央市

平成18年 2月臨時会 02月09日−01号




平成18年 2月臨時会 − 02月09日−01号







平成18年 2月臨時会



         平成18年第1回四国中央市議会臨時会会議録



議事日程第1号

 2月9日(木曜日)午前10時開会

 ※開会宣告

 ※市長の議会招集あいさつ

 ※開議宣告

日程第1

 会議録署名議員の指名

日程第2

 会期の決定

日程第3

 諸般の報告

日程第4

 議案第1号 平成17年度四国中央市一般会計補正予算(第7号)

 議案第2号 ケーブルテレビ自治体エリア整備工事(川之江地区)請負契約の締結について

 議案第3号 ケーブルテレビ自治体エリア整備工事(新宮地区)請負契約の締結について

 議案第4号 ケーブルテレビ自治体エリア整備工事(三島・土居地区)請負契約の締結について

 議案第5号 ケーブルテレビ自治体エリア整備工事(機器)請負契約の締結について

 議案第6号 愛媛県市町総合事務組合規約の一部変更について

       (説明、質疑、討論、表決)

   ────────────────

 本日の会議に付した事件

日程第1

 会議録署名議員の指名

日程第2

 会期の決定

日程第3

 諸般の報告

日程第4

 議案第1号〜議案第6号

   ────────────────

出席議員(30名)

   1 番   越  智  仁  美  君

   2 番   星  川  伸  彰  君

   3 番   篠  永  誠  司  君

   4 番   山  本  照  男  君

   5 番   吉  田  善 三 郎  君

   6 番   玄  翁  光  雄  君

   7 番   進  藤     武  君

   8 番   井  川     剛  君

   9 番   宇  高  英  治  君

  10 番   原  田  泰  樹  君

  11 番   青  木  永  六  君

  12 番   大  西     晁  君

  13 番   石  津  千 代 子  君

  14 番   飛  鷹  總  慶  君

  15 番   鈴  木  亮  祐  君

  16 番   谷     國  光  君

  17 番   曽 我 部     清  君

  18 番   石  川  久  雄  君

  19 番   石  川  初  夫  君

  20 番   鈴  木  邦  雄  君

  21 番   石  川  秀  光  君

  22 番   合  田  陽  子  君

  23 番   越  智     滋  君

  24 番   西  岡  政  則  君

  25 番   川  上  賢  孝  君

  26 番   河  村  一  嘉  君

  27 番   三  谷  つ ぎ む  君

  28 番   石  川  幸  雄  君

  29 番   三  好  英  二  君

  30 番   守  屋     操  君

   ────────────────

欠席議員(なし)

   ────────────────

出席理事者

 市長         井 原   巧 君

 助役         藤 田 勝 志 君

 収入役        藤 田 好一郎 君

 (企 画 部)

 部長         神 田 達 郎 君

 次長兼企画課長    鈴 木 裕 展 君

 総合政策課長     星 川   充 君

 (総 務 部)

 部長         大 西 博 明 君

 次長兼総務課長    日 浅 博 仁 君

 総務課長補佐兼行政係長兼文書係長

            坂 上 秀 樹 君

 (財 務 部)

 部長         真 鍋   譲 君

 次長兼財政課長    加 地   健 君

 管理課長       木 村 昭 利 君

 (市民保健部)

 部長         篠 原 正 博 君

 次長兼市民窓口センター長

            石 川   泰 君

 (生活環境部)

 部長         鈴 木 秀 明 君

 生活衛生課長     玉 井 伸次郎 君

 (福 祉 部)

 部長兼福祉事務所長  宮 内   修 君

 (商工労働部)

 部長         後 藤 光 雄 君

 (農林水産部)

 部長         合 田 秀 孝 君

 (建 設 部)

 部長         三 好 政 広 君

 (都市整備部)

 部長         石 川 良 親 君

 (水 道 局)

 局長         松 本 孝 芳 君

 (消防本部)

 消防長        石 川 清 美 君

 (教育委員会)

 教育長        宮 崎 節 夫 君

 教育部長       宇 高   馨 君

 (川之江総合支所)

 支所長        中 田 邦 志 君

 (土居総合支所)

 支所長        豊 田 耕 造 君

 (新宮総合支所)

 支所長        川 口 吉 勝 君

 (監査委員)

 監査委員       高 橋 資 明 君

   ────────────────

出席事務局職員

 局長         一 柳 志津雄 君

 次長         藤 田   聖 君

 議事課長       続 木 博 之 君

 課長補佐兼議事係長  石 村 佐智子 君

 事務専門員兼議事係長 藤 田   泰 君

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

      午前10時00分開会



○議長(守屋操君) ただいまの出席議員数は29名です。したがいまして,定足数に達し,会議は成立しました。よって,これより平成18年第1回四国中央市議会臨時会を開会します。

   ────────────────



○議長(守屋操君) 市長より今議会招集のごあいさつがあります。井原 巧市長。

      〔市長井原 巧君登壇〕



◎市長(井原巧君) 皆さん,おはようございます。

 開会に当たりまして,一言ごあいさつを申し上げます。

 本日,平成18年第1回臨時会を御招集申し上げましたところ,議員の皆様方には,大変御多用の中御出席を賜りまして,まことにありがとうございます。心から御礼を申し上げます。

 本日の臨時会は,先般入札執行いたしましたケーブルテレビ自治体エリア整備工事に係る請負契約の締結議案4件と一般会計補正予算及び愛媛県市町総合事務組合規約の一部変更議案の計6件につきまして,御審議をお願いすることにいたしております。どうかよろしく御審議,御決定を賜りますようお願い申し上げまして,開会のごあいさつといたします。



○議長(守屋操君) 以上であいさつは終わりました。

 この際,御報告します。井川 剛君から遅刻の旨届け出がありましたので,御報告します。

   ────────────────



○議長(守屋操君) これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は,お手元に配付の議事日程第1号のとおりであります。

   ────────────────



○議長(守屋操君) 日程第1,会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は,会議規則第78条の規定により,議長において合田陽子君,越智 滋君を指名します。

   ────────────────



○議長(守屋操君) 日程第2,会期の決定を議題とします。

 お諮りします。今期臨時会の会期は,本日1日としたいと思います。これに御異議ありませんか。

      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(守屋操君) 異議なしと認めます。よって,会期は本日1日と決定しました。

   ────────────────



○議長(守屋操君) 日程第3,諸般の報告をします。

 まず,地方自治法第121条の規定により,市長以下関係理事者の出席を求めております。

 次に,本日市長から議案第1号から議案第6号をもって議案6件の提出がありましたので,御報告します。

 以上で諸般の報告を終わります。

   ────────────────



○議長(守屋操君) 日程第4,議案第1号平成17年度四国中央市一般会計補正予算(第7号)から議案第6号愛媛県市町総合事務組合規約の一部変更についてまでの6件を一括議題とします。

 これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。真鍋 譲財務部長。

      〔財務部長真鍋 譲君登壇〕



◎財務部長(真鍋讓君) おはようございます。

 それでは,私から議案第1号平成17年度四国中央市一般会計補正予算(第7号)から議案第5号ケーブルテレビ自治体エリア整備工事(機器)請負契約の締結についてまでの5議案について提案理由の御説明を申し上げます。

 議案書の1ページをお開き願います。

 議案第1号平成17年度四国中央市一般会計補正予算(第7号)でございますが,平成17年度四国中央市の一般会計補正予算(第7号)は,次に定めるところによるものでございます。

 地方債の補正,第1条地方債の追加及び変更は,第1表地方債補正によろうとするものでございます。

 次のページをお願いします。

 今回の補正の内容でございますが,さきの12月定例会で御決定をいただきました補正予算(第6号)に係ります借換債につきまして,起債の目的を借換債から公有林整備事業に改めるものでございまして,第1表地方債補正,追加として公有林整備事業の起債の限度額を4,310万円と定めるものでございます。

 次のページをお願いします。

 変更分といたしまして,借換債の補正前の起債の限度額4,310万円を全額減額し,0に変更するものでございます。

 次に,2ページの議案第2号から議案第5号までの4議案について一括して御説明を申し上げます。

 ケーブルテレビ自治体エリア整備工事の請負契約に係る4議案につきましては,それぞれ予定価格が1億5,000万円以上の工事の請負でございますので,四国中央市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により,議会の議決を求めるものでございます。

 ケーブルテレビ自治体エリア整備事業の事業内容でございますが,お手元の参考資料にお示しをいたしておりますとおり,主に光ケーブル及び同軸ケーブルを敷設する伝送路工事と,送受信等の制御を行うためのセンター機器の製作,設置工事でございます。

 今回の工事の発注方法についてでございますが,建設業の受注機会の拡大,また平成19年3月の開局に向け,より一層の適正な履行の確保を図る観点から伝送路敷設工事と機器設置工事に分離し,なお伝送路敷設工事につきましては,ケーブル敷設延長が約360キロメートルと相当な規模となりますため,3工区に分割し,機器工事と合わせ4工事に分離,分割発注としたものでございます。

 落札者の決定につきましては,分離,分割発注の趣旨から1業者1件に限り落札できるものといたしたところでございます。

 それでは,議案第2号でございますが,ケーブルテレビ自治体エリア整備工事(川之江地区)請負契約の締結について,次のとおり工事請負契約を締結するものでございます。

 1,契約の目的は,ケーブルテレビ自治体エリア整備工事(川之江地区)でございます。

 2,契約の方法は,一般競争入札でございます。なお,入札参加業者は13社であります。

 3,請負金額は,1億9,845万円でございます。落札率は,予定価格3億2,500万円に対して61.1%でございます。

 4,契約の相手方は,松山市六軒家町1番13号,株式会社四電工愛媛支店取締役支店長深澤満裕でございます。

 次に,3ページをお開き願います。

 議案第3号ケーブルテレビ自治体エリア整備工事(新宮地区)請負契約の締結について,次のとおり工事請負契約を締結するものでございます。

 1,契約の目的は,ケーブルテレビ自治体エリア整備工事(新宮地区)でございます。

 2,契約の方法は,一般競争入札で,入札参加業者は13社でございます。

 3,請負金額は,1億4,437万5,000円でございます。落札率は,予定価格2億1,700万円に対して66.5%でございます。

 4,契約の相手方は,新居浜市庄内町2丁目4番6号,四電エンジニアリング株式会社新居浜支店支店長桧垣哲之でございます。

 次のページをお願いします。

 議案第4号ケーブルテレビ自治体エリア整備工事(三島・土居地区)請負契約の締結について,次のとおり工事請負契約を締結するものでございます。

 1,契約の目的は,ケーブルテレビ自治体エリア整備工事(三島・土居地区)でございます。

 2,契約の方法は,一般競争入札で,入札参加業者は13社でございます。

 3,請負金額は,1億3,629万円でございます。落札率は,予定価格2億1,400万円に対して63.7%でございます。

 4,契約の相手方は,松山市一番町4丁目3番,西日本電信電話株式会社四国支店支店長三村尚史でございます。

 次に,5ページをお願いします。

 議案第5号ケーブルテレビ自治体エリア整備工事(機器)請負契約の締結について,次のとおり工事請負契約を締結するものでございます。

 1,契約の目的は,ケーブルテレビ自治体エリア整備工事(機器)でございます。

 2,契約の方法は,一般競争入札で,入札参加業者は6社でございます。

 3,請負金額は,1億6,695万円でございます。落札率は,予定価格1億9,100万円に対して87.4%でございます。

 4,契約の相手方は,新居浜市新田町3丁目2番27号,協和テクノロジィズ株式会社愛媛営業所所長伊東忠司でございます。

 以上でございます。御審議,御決定を賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(守屋操君) 大西博明総務部長。

      〔総務部長大西博明君登壇〕



◎総務部長(大西博明君) それでは,私から議案第6号について御説明を申し上げたいと思います。

 6ページをお開き願いたいと思います。

 議案第6号愛媛県市町総合事務組合規約の一部変更について。

 平成18年4月1日から愛媛県市町総合事務組合の構成団体である大洲地区広域消防事務組合を職員の退職手当に関する共同処理事務構成団体に加えるため,地方自治法第286条第1項の規定により,組合規約を次のとおり変更するものでございます。

 改正の内容でございますが,別表第2第1項構成団体の欄中「津島水道企業団」を「津島水道企業団大洲地区広域消防事務組合」に改めるものでございます。

 附則として,この規約は平成18年4月1日から施行するものでございます。

 簡単でございますが,以上でございますので,よろしく御審議,御決定を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(守屋操君) 以上で提案理由の説明は終わりました。

 これより質疑を行います。質疑はありませんか。三谷つぎむ君。



◆27番(三谷つぎむ君) 何点か伺いたいと思います。

 まず,議案第1号の関係ですけど,同額4,310万円を公有林整備事業に借りかえるということですが,この借りかえの主たる理由はどこにあったんかということを,参考のために聞かせていただいたらと思います。

 それから,ケーブルテレビに関係してなんですけど,せんだって私たちはこの入札,契約事項についての議案が配られましてから,その経過を詳しく知るために資料の提出をお願いしました。ところが,まだ議決が終わってない段階で,出せないということで,入札結果については資料をいただけなかったんですけど,先ほどの説明によりますと,特に整備事業の方は13社でかなり激しい競争入札で,いずれも60%台という結果になっております。とすると,なお私たちも関心があるわけです。

 それで,その結果はどうだったんか,その資料の提出をまずお願いしたいと思います。でなかったら,適正に入札が行われたのかどうかというのを,ちょっと審議するのに参考にしたいと思いますので,その資料の提出をお願いしたいと思います。

 それと,質疑は1人2回しかできませんので,ちょっといろいろになりますけど,この際にお伺いしておきたいと思います。

 今回の入札の結果でもおよそ判断できるんですけど,業界の中では非常に熾烈な競争があるということが,この結果にも一つあらわれとると思うんですが,先日と申しましてもことし1月の朝日新聞ですけど,それによりますとNTTが映像配信に着手するという報道がございました。それによります影響は,ケーブルテレビに影響を与えるんではないかという報道がありました。結局,このケーブルテレビが競争の真っただ中にあるのと同じ結果です。

 今,IT業界のNTTとそのほかのヤフーとかいろんなインターネット関係で激しく競争行っておりますけれども,さらにNTTが映像配信に参画するということは,ケーブルテレビ業界も大きな荒波の中に投げ込まれるということになりまして,魅力がある意味では問われるということになるんです。

 といたしますと,これだけ大きな予算を投入する意味がどこにあるんかということを,私たちはやっぱりしっかり考えていかんと,半端じゃない財源が必要になっとるわけです。それで,そういう点で今後自治体エリアにもこれだけ多額の予算を投入する今後の見通し,そこら辺についてはどういう考えがおありなのか,伺っておきたいと思います。

 それから,財源の関係ですけど,去る12月の補正予算でも3億8,000万円の補正をし,そして債務負担行為を5億8,600万円いたしまして,総額9億6,710万円の一応予算を確保といいますか,それだけの予算がついておることになっております。今回のこの入札によって,その差額が3億2,104万円生ずるわけですが,それらの精査と申しますか,今後どういうふうに対応するつもりなのか,その点についても伺っておきたいと思います。



○議長(守屋操君) 答弁を求めます。真鍋 譲財務部長。



◎財務部長(真鍋讓君) まず最初に,補正予算(第7号)の借りかえの関係でございますが,これにつきましては12月の議会でも御説明を申し上げたかと思いますが,木材の伐採期を延長することによって借りかえようとするものでございますので,御理解賜りたいと思います。

 それから次に,入札の状況についての関係でございますが,これにつきましては,今現在公表いたしております入札執行表の関係のことかと思うわけですが,この入札執行表の公表につきましては,本市の公共工事公表実施要領に基づきまして入札執行の後,契約締結完了後に管理課で閲覧簿を備えつけて公表を行っているところでございます。

 本件の場合におきましては,議会の議決案件ということでございますので,現在あくまでも仮契約の状況ということでございまして,議会の議決をいただいた後に本契約となるものでございまして,ということで入札執行表の公表につきましては,あくまでも議決後に公表するものといたしておりますので,御理解を賜ったらと思います。

 それから,ケーブルテレビ施設の今回の入札による入札減,約3億円余りの後の措置でございますが,3月の最終補正予算の段階で,それぞれ減額をさせていただく予定にしておりますので,御理解を賜ったらと思います。



○議長(守屋操君) 神田達郎企画部長。



◎企画部長(神田達郎君) ケーブルテレビの今後の見通しという話でございましたけれども,今回のケーブルテレビの関係につきましては合併協議の中で,4市町村合併することの話ですけども,やはり全地域をカバーするケーブルテレビ網,それからそのためには採算性のとりやすい中心市街地等のところについては第三セクターでいくと。それの周りを取り囲むように,採算性のとりにくい地域,いわゆる情報格差の是正ということから自治体でやっていこうという大原則がございました。

 その中で,やはり有利な財源,特に合併を契機にこのケーブルテレビを導入するわけですので,有利な財源を使っていこうということで,自治体エリア部分については12月議会のときにも御説明申し上げましたように,過疎債それから合併特例債,市町村合併補助金ということで,いろいろな有利な財源が使えますので,この有利な財源を使っていこうということで取り組んできたわけです。

 確かに今後の見通し等については,ヤフーの問題とかNTTの問題とかいろいろあるわけなんですけども,特に自治体エリア部分については,そういうところの民間ができにくいところということでございまして,多分NTTにしても全地域,今回の工事するところの地域については,当然サービスは絶対来ないわけなんです。その中で,全体をカバーするような状況の中でこの自治体エリアが,まさしく市行政がやらなければならないという考え方でございます。

 なお,今後のケーブルテレビの見込みなんですけども,全国的に申し上げますとケーブルテレビを見ておられる方が約3割から4割おられるということを聞いておりますので,確かにこのIT業界については日進月歩ということで非常に技術の進歩が早いということでございますけれど,まだまだケーブルテレビはこういうような状況になっている,今から役に立たないという話がありますけれども,そういう認識は今はしておりません。やはり,自治体エリア等については特に,先ほども申し上げましたように民間の手が出しにくい地域ということの前提でございますので,その辺を御理解願いたいと思います。



◆27番(三谷つぎむ君) 議長。



○議長(守屋操君) 三谷つぎむ君。



◆27番(三谷つぎむ君) 確かに合併協議の中では,合併の後に情報の地域間格差を解消するためにケーブルテレビを設置して,末端まで情報が届くようにということをおっしゃってました。そのときの議論の中では,国の補助金もあるということを言っていたはずですが,それが大幅に変更になりまして,合併特例債とかあるいは過疎債とか,結局その流れというのは非常に大きく予算全体でも変わってまいりました。

 合併特例債あるいは過疎債といっても,そのおよそ3割は自治体の負担になります。それだけの公金を投入しても,合併特例債にしても過疎債にしても7割も税金です。それだけの税金を投入しても,加入するかしないかは個人の負担ができるかどうか,このことにかかってくるわけですから,全地域をカバーするということにはならないんです。私,そこにやはり税金投入することの意味,本当に費用対効果が全家庭に情報が届く状況をつくり出せるのかどうか,そのことに大きな疑問を感じるんです。

 日々の生活を考えてもおわかりのとおり,周辺地域には国民年金で暮らすお年寄りが多い。そういう人たちの年金というのは下がり続けるんです,今からさらに毎年毎年。社会情勢は非常に厳しくなって,このNHKの受信料の上に3,500円あるいは2,000円近くの受信料が払えるかどうかということが加入率を高めるかどうかになってくるわけですから,少ない年金で暮らすお年寄りには余分な経費はかけられないと思っている方が相当いらっしゃるんではないかと私は思います。

 ですから,税金投入するんなら,やはり全世帯をカバーできるぐらいな取り組みでやらないと不公平が生じます。そのことに私たちは非常に大きな疑問を感じるわけです。ですから,全世帯カバーにはならんでしょう,実際。ですから,私たちは,このケーブルテレビには最初から疑問を投げかけてまいりました。

 ですから,多額の税金投入したところ,例えば香川県の塩江というところでは,人口本当少ないところですが10億円ぐらい投入して,全家庭に情報が届くようにIP電話というものを無料で配布して,その電話を通して健康チェックができる,テレビ映像で健康チェックができる,そういうことまでやっぱりやっとるところがあるんです。塩江町内では電話をかけ放題,500円でかけ放題という住民に大きなメリットをもたらしとんです。ですから,大きく反対はなかったようですが,この四国中央市では幾ら税金投入しても全家庭には及ばないということに,ますます格差が拡大して入れる家庭と入れない家庭と,そこに格差が発生することはもう明らかですから,私たちは異議を申し上げてきたんですけど,これだけ税金投入する以上は,どういうふうにしてその格差を埋めていくかということが,私は問われてくるんじゃないかと思うんですけど,もう一度御答弁ください。



○議長(守屋操君) 神田達郎企画部長。



◎企画部長(神田達郎君) この自治体エリアにつきましては,加入率をふやす方向で,現在努力中でございまして,特に嶺南地域とか,今後川滝,それから金田地域等につきましては職員が勧誘に行きたいと。その中で,やはり現在共聴アンテナを御利用されとる方が非常に多くて,共聴アンテナの問題になりますと,今後,地上波デジタルになった場合に共同アンテナ自体もかえることの費用も発生いたしますし,デジタルに対応するためのことも含めますと相当なお金がかかる。それから,なお高齢化がどんどん進んでいったときに,その受信世帯自体がどんどん減ってきたときに,共同アンテナの,例えば10軒がありますと,1軒,2軒,3軒とやめていけばそこに全部負担がかかってくるということがございますので,この際共聴アンテナを集中的に勧誘の方向づけで考えておるような状況でございます。

 いずれにいたしましても,加入率をふやす方向で全力を尽くすつもりでございますので,よろしくお願いいたします。



○議長(守屋操君) 井原 巧市長。



◎市長(井原巧君) 三谷議員の御質疑に私の方からもお答えいたします。

 ケーブルテレビ事業につきましては,これは合併前に協議された事業でございますけども,1つには情報デバイスの解消というのがございます。もう一つは,行政災害情報の発信とかあるいは提供とか,将来の発展性とか,そういうことをそれぞれの旧の市議会あるいは合併協議会におきまして議論されて,今日に至っているわけでございますけども,これは後世に評価をゆだねるということになろうというふうに思いますけども,考え方としてさまざま取り上げられると思います。

 一つには,先ほどお話がありましたように過疎地域,難視聴地域があるということ,あるいは今後地上波デジタルになるときに多額の費用が発生するということ,その辺のカバーも一つあろうというふうに思います。

 ただ,考え方のもう一つの見方として,ケーブルテレビということにとらわれるのか,それとも伝送路が全地域,全戸に整備されるという社会資本としてとらえるのか,ここに将来においての活用発展性の差異といいますか,考え方の認識があるのではないかというふうに思います。

 私自身今回の整備事業につきましては,全地域に伝送路といいますか,光ファイバー網ができたということになります。もちろん,ケーブルテレビを見るについては,引き込み料等の料金が発生することもありますし,IP電話も実は数百円でできるような整備になっております。もちろん加入もするわけでございますけども,同時に将来の発展性におきましては,先ほど三谷議員が御紹介していただいた香川県の例も言うまでもなく,例えばアンテナをそこに設置をして,コミュニティーFMをつくることによって各世帯にラジオを提供して災害情報に備えるとか,あるいは独居老人の見守りシステムにするとか,すべて実は伝送路の整備という社会資本がなければこのサービスの発展につなげることはできませんから,まずはこのケーブルテレビ事業ということで情報通信網が全域に広がる,このことは社会資本の整備として将来において非常に重要なことだろうと思います。

 あとは,今後ケーブルテレビだけじゃなくて,行政サービスをこの伝送路及び情報網に乗せてどれだけ住民の皆様方に提供をすることができるかということは,今後の課題として残っているというふうに考えておりまして,議員各位とも協議をいたしながら住民サービスの福祉の向上について,今後この社会資本をいかに活用していくか検討してまいりたいと思いますので,ぜひ御理解をいただきたいと思います。



○議長(守屋操君) ほかに質疑はありませんか。青木永六君。



◆11番(青木永六君) お尋ねする前に,今のこのケーブルテレビの論議の中で一言私の意見を申し上げたいと思います。

 1つは,今神田部長からお話がございまして,自治体エリアには民間が入ってこないという発言がありましたけれども,私は1つは,これは今の時点でそのように断言されるのはいかがなものかというふうに思うんです。私たちは心配しているのは,今市長から御意見ありましたけれども,確かにこの利点は認めます。ただ,市の財政負担と市民の負担,ここに大きな疑問を持っておるわけであります。その点で,今,官から民へという時代の流れがございますけれども,私は意見としては,官がやるべき仕事でない,これはもう民にお任せをしてやっていただくのがいいのでなかろうかというふうに考えております。これは,それぞれの御意見もあろうかと思いますけれども,私はそのように思っているところであります。

 ケーブルテレビの議論の問題はそれぐらいにさせていただいて,今回出ております事業の予算の関係なんですけれども,先ほど三谷議員が質疑をされまして,答弁では,言いますのは入札の経過,今の答弁では工事関係については13社が入札に応じられて,結果がこのようになっているということで出てきとるわけですけれども,今御案内のように,入札問題については非常に社会的な関心,問題になっています。そういう意味で,ここに私たち議案として出されている問題についても,実際にどのような人たちが入札に参加をされて,結果がどういうことになっておるのかということも含めて,私たち議員としては情報をいただいて,そして審議をさせていただきたいということを事前に申し上げてきたわけですけれども,基本的な考え方は今申されたとおり,公表実施要領に基づいてというふうなことで,契約の実施後でないとそういうものが提示をされないと。これは私はいかがなものかと思うんです。仮に正式にこの契約はできてなくても,入札の経緯がどうだったんかという程度のことは,例えば参考資料として私ども議員に資料としていただく,私は当然でなかろうかというふうに思うんですけども,その点どうでございましょうか。



○議長(守屋操君) 答弁を求めます。真鍋 譲財務部長。



◎財務部長(真鍋讓君) 先ほど,三谷議員の御質疑でお答えしたとおり,入札執行表の公表ということでのお答えを申し上げたわけでございますが,これにつきましてはあくまでも今現在仮契約の状況でございますので,基本的に実施要領に基づいて行う執行表の公表につきましては,議決後に公表をするものといたしておりますので,御理解賜ったらと思うわけでございますが,執行状況等の関係,議員に対しますその参考資料という点につきましては,また内部で協議をして,検討をしていきたいと考えておりますので,御理解賜ったらと思います。



○議長(守屋操君) 青木永六君。



◆11番(青木永六君) ちょっと聞こえなかったんですけども,今部長,参考資料としてどうおっしゃったんですか。



○議長(守屋操君) 真鍋 譲財務部長。



◎財務部長(真鍋讓君) 検討していきたいと。



◆11番(青木永六君) はい。これはもうぜひ検討してください。言われておることもわからんことはありませんけれども,やっぱりこれも時代の流れで,私ども議員が審議するのに,どういう業者の人たちが参加しとんですかというようなこともわからないで審議をするというのは,私はちょっと,そりゃできないということでもないけども,やっぱり議員としてはそれぐらいな責任を持った審議をする上にも,資料としては出していただきたいと,お願いしときたいと思います。



○議長(守屋操君) 後で資料提出をお願いします。

 ほかに質疑はありませんか。

      〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(守屋操君) これで質疑を終了します。

 お諮りします。本件については,会議規則第35条第2項の規定により委員会への付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(守屋操君) 異議なしと認めます。本件については委員会への付託を省略することに決しました。

 これより討論を行います。討論はありませんか。

      〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(守屋操君) 討論なしと認めます。

 これで討論を終了します。

 これより採決に入ります。採決は,分離して行います。

 まず,議案第1号平成17年度四国中央市一般会計補正予算(第7号)及び議案第6号愛媛県市町総合事務組合規約の一部変更についての2件を採決します。

 本件は,原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(守屋操君) 異議なしと認めます。よって,本件は原案のとおり可決されました。

   ────────────────



○議長(守屋操君) 次に,議案第2号ケーブルテレビ自治体エリア整備工事(川之江地区)請負契約の締結についてから議案第5号ケーブルテレビ自治体エリア整備工事(機器)請負契約の締結についての以上4件を採決します。

 本件は,原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

      〔賛成者起立〕



○議長(守屋操君) 起立多数です。したがって,本件は原案のとおり可決されました。

   ────────────────



○議長(守屋操君) 以上で本日の日程は全部終了しました。

 本日の会議を閉じます。

   ────────────────



○議長(守屋操君) 閉会に当たり,市長よりごあいさつがあります。井原 巧市長。

      〔市長井原 巧君登壇〕



◎市長(井原巧君) 大変お疲れさまでございました。

 それでは,閉会に当たりまして,一言ごあいさつを申し上げます。

 今臨時議会は,去る12月議会におきまして議決いただきましたケーブルテレビの自治体エリア整備工事予算に係る契約案件及び一般会計補正予算等6件の議案について御審議いただきましたが,議員の皆様方には各案件について,それぞれ適切なる御決定を賜りました。まことにありがとうございます。心から御礼を申し上げます。

 今回,ケーブルテレビの自治体エリア整備工事につきまして議決をいただきましたが,ケーブルテレビの三セクエリアにつきましては,現在,本年3月の正式開局に向け,12月1日から試験放送をいたしておるところでございます。

 今回の契約締結によりまして,今後自治体エリアの来年3月の開局に向け整備を図ってまいりますので,よろしく御理解のほどお願い申し上げます。

 立春を過ぎたとはいえ,まだまだ厳しい寒さが続いております。議員の皆様方には,時節柄御自愛いただきまして,今後とも市政進展のため御尽力くださいますようお願い申し上げまして,閉会のごあいさつといたします。本日はどうもありがとうございました。



○議長(守屋操君) 以上で市長のあいさつは終わりました。

   ────────────────



○議長(守屋操君) これにて平成18年第1回四国中央市議会臨時会を閉会します。

   ────────────────

      午前10時40分閉会



───────────────────────────────────────

地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。







       四国中央市議会議長  守  屋     操







              議員  合  田  陽  子







              議員  越  智     滋