議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛媛県 伊予市

平成21年第4回( 6月)定例会 06月10日−02号




平成21年第4回( 6月)定例会 − 06月10日−02号







平成21年第4回( 6月)定例会



         平成21年伊予市議会6月定例会会議録(第2号)



平成21年6月10日(水曜日)

       ──────────────────────────

          議   事   日   程(第 2 号)

                    平成21年6月10日(水曜日)午前10時開議

開 議 宣 告

 第1 会議録署名議員の指名

 第2 報告第11号

    議案第65号〜議案第74号

      (質疑・委員会付託)

 第3 報告第 5号〜報告第10号

      (質疑・受理)

 第4 請願第 1号・請願第 2号

    陳情第 1号〜陳情第 3号

      (委員会付託)

 第5 議選第10号 伊予市選挙管理委員会委員及び補充員の選挙について

閉議・散会宣告

       ──────────────────────────

  本日の会議に付した事件

 日程第1から日程第5まで

       ──────────────────────────

  出席議員(21名)

 1番  日 野 猛 仁 君             2番  北 橋 豊 作 君

 3番  高 井 洋 一 君             4番  門 田 裕 一 君

 5番  佐 川 秋 夫 君             6番  正 岡 千 博 君

 7番  谷 本 勝 俊 君             8番  武 智 邦 典 君

 9番  大 西   誠 君            10番  青 野   光 君

11番  武 智   実 君            12番  田 中 裕 昭 君

13番  久 保   榮 君            14番  岡 田 博 助 君

15番  田 中   弘 君            16番  日 野   健 君

17番  平 岡 一 夫 君            18番  若 松 孝 行 君

19番  水 田 恒 二 君            20番  西 岡 孝 知 君

21番  高 橋 佑 弘 君

  欠席議員(なし)

       ──────────────────────────

  説明のため出席した者

市長      中 村   佑 君      副市長     篠 崎 末 廣 君

総務部長    岡 井 英 夫 君      市民福祉部長  西 村 道 子 君

産業建設部長  井 上 雅 博 君      水道部長    高 本 幸 男 君

教育委員会事務局長              中山地域事務所長西 尾 隆 志 君

        三 好   正 君

双海地域事務所長久 保 繁 行 君      会計管理者   大 本 孝 志 君

行政改革・政策推進室長            総務課長    ? 岡 正 直 君

        長 尾 雅 典 君

防災安全課長  上 田 誠 一 君      企画財務課長  森 田 誠 司 君

税務課長    武 智 茂 記 君      福祉課長    武 田 淳 一 君

長寿介護課長  宮 岡   崇 君      健康保険課長  海 田 秀 司 君

市民生活課長  井 上 伸 弥 君      産業経済課長  久 保 元 英 君

都市整備課長  島 田   光 君      道路河川課長  長 尾 省 三 君

用地整理課長  水 口 久 行 君      下水道課長   上 坂 博 一 君

水道課長    向 井 利 忠 君      行政委員事務局長岡 崎 邦 博 君

教育委員会社会教育課長            教育委員会学校教育課長

        山 下 佳 宏 君              田 中   浩 君

       ──────────────────────────

  事務局職員出席者

事務局長    渡 辺 正 人 君      主幹      下 岡 裕 基 君

       ──────────────────────────







            午前10時02分 開議



○議長(若松孝行君) 皆さん、おはようございます。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(若松孝行君) これから本日の会議を開きます。

 請願が別紙請願文書表(その2)のとおり提出されましたので、御報告いたします。

 本日の議事日程はお手元に配付しておりますから、その順序によって審議いたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(若松孝行君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において7番谷本勝俊議員、8番武智邦典議員を指名いたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2 報告第11号

      議案第65号〜議案第74号

        (質疑・委員会付託)



○議長(若松孝行君) 日程第2、報告第11号議案第65号ないし議案第74号を一括議題といたします。

 これから報告第11号、議案第65号ないし議案第74号に関する質疑に入ります。

 質疑は議案番号順に行います。

 まず、報告第11号平成21年度伊予市老人保健特別会計補正予算(第1号)の専決について、御質疑ありませんか。

 議案書(その2)、1ページないし8ページです。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 次へ参ります。

 議案第65号市道路線の認定について、御質疑ありませんか。

 議案書13ページないし16ページです。



◆19番(水田恒二君) 議長



○議長(若松孝行君) 水田恒二議員



◆19番(水田恒二君) いつもとちょっと書き方が違いますので、わかりにくいところがありますのでお尋ねしたいと思います。

 一般的には赤丸、起点、そして三角印、終点ということで、このほぼ直線に近いものが旗屋柿ノ木2号線であろうかと思われますが、その左に実線であります黄色い線と赤い線の途中にあります破線及び起点に近いところのほぼ直角に曲がって県道伊予川内線のところに出ている黄色の線、このあたりの関係についてお聞かせいただいたらと思います。

 それで、市道旗屋柿ノ木線、図面上にあるものに関しましては2号線が入ってなく、議案には旗屋柿ノ木2号線となっております。

 それと、市道桜井下ハザ線というんですかね、これがどこからどこまでを指しているのかもお教えいただいたらと思います。



◎道路河川課長(長尾省三君) 議長



○議長(若松孝行君) 長尾道路河川課長



◎道路河川課長(長尾省三君) 水田議員の御質問にお答えします。

 まず、黄色の線でございますけれども、これは既存の市道でございまして、議員さんが言われる点線部分については、今回の市道認定とダブって重なる部分をあらわすもので、重複するものでございます。それと、市道桜井下ハザ線というのの起点は黄色の伊予川内線からこの点線のダブる部分と大谷川のちょうど黄色と黄色が交わる線までが桜井下ハザ線でございます。それと、市道旗屋柿ノ木線、これも左手の伊予川内線から今回認定する終点までの区間でございまして、その部分が市道旗屋柿ノ木線でございます。

 以上でございます。



◆19番(水田恒二君) 議長



○議長(若松孝行君) 水田恒二議員



◆19番(水田恒二君) ということは、赤い線が旗屋柿ノ木2号線で、市道桜井下ハザ線と重複すると、このような路線の決め方というのがほかにも、もちろん新任でございますので詳しくはないでしょうけれども、あるのかどうなのかと。例えば素人的に考えたら、黄色の下のかぎ型になっているところ、そこで一回市道桜井下ハザ線を廃止認定をして短いかぎ括弧のところだけが、例えば市道桜井下ハザ線1とか、その上の市道旗屋柿ノ木線に出合う大谷川上の土手上の道がその2とかね、2号線とかというような格好でするのかなと思っておりましたけれどもが、このように同一道路に対してそういう重複した場合に、2つの名前がつくようなこのような例がほかにございますのでしょうか。それはどういうふうな根拠に基づいてされてるのか。



◎道路河川課長(長尾省三君) 議長



○議長(若松孝行君) 長尾道路河川課長



◎道路河川課長(長尾省三君) 水田議員の再質問にお答えします。

 こういう重複分については、ほかの市道でもかなりあります。例えば市道の交差点部、これについてはすべて重複になります。

 で、こういう重複がいいのかという問題でございますけれども、今回については重複というのは道路法上問題ない話であって、ただこの重複をやめますと、伊予川内線のほうで1路線、それで大谷川線で残ってくるというような、2路線の表示になりますんで、一応重複で従来の1路線が優先して残るという形でそろい、今回の市道認定が重なるという形になっておるわけでございます。

 以上でございます。



◆19番(水田恒二君) 議長



○議長(若松孝行君) 水田恒二議員



◆19番(水田恒二君) ならば今後この道路の補修等があった場合に、例えばこの赤い線で示されている旗屋柿ノ木2号線ですか、その重複する部分の、例えば15とかって書いてるところがほぼ真ん中あたりにありますよね、その辺を例えば直さないかんときには、当然その場所は指すのは2つの路線名でございますので、どこどこを直すという場合には、こういういわゆる重複の場合ですね、こういう場合には2路線をもって指し示すんですか。どういうふうな形で今後は表現なさるんでしょうか。



◎道路河川課長(長尾省三君) 議長



○議長(若松孝行君) 長尾道路河川課長



◎道路河川課長(長尾省三君) 水田議員の再質問にお答えします。

 一応まず初めに認定した路線が延長としては生きますので、認定の早いほうの路線が名称としては残ると考えております。

            〔19番水田恒二議員「はい、了解」と呼ぶ〕



○議長(若松孝行君) ほかにありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 次へ参ります。

 議案第66号伊予市集会所整備事業分担金徴収条例の全部を改正する条例について、御質疑ありませんか。

 議案書17ページないし19ページです。



◆9番(大西誠君) 議長



○議長(若松孝行君) 大西誠議員



◆9番(大西誠君) この議案第66号に関しまして、平成18年の例規集のほうで条例第13号を拝見いたしました。大まかに言いますと、中身に関しては違いの方向が分担金に関しましても違いはおおむねないというふうに解釈したわけですが、この全部を改正するようになりまして、中身的にどういった変更が実際にはあるんでしょうか。文言の変更だけで全く中身変更がありませんよということなのか、自治法の第96条の第1項第1号の規定によりというふうにはなっておりますが、中身の改正の項目に関しまして御説明をお願いいたしたいと思います。



◎都市整備課長(島田光君) 議長



○議長(若松孝行君) 島田都市整備課長



◎都市整備課長(島田光君) 大西議員の御質問に私のほうから御答弁申し上げます。

 まず、全部改正という意図でございますが、これは御覧になられたとおり、改正前の分担金条例に関しましては、大もとの県のコミュニティー助成事業、この集会所整備事業の補助金を受けて整備されたものでございます。今回の全部改正は、趣旨を御覧になっていただいたらおわかりになるかと思いますが、一応市が行う住民活動の拠点となる集会所の新築、改築及び増築ということで趣旨自体が変わってまいりますので、全部を改正ということが主眼でございます。具体的な中身で申し上げますと、改正前の条例に関しましては、新築及び改築、この2点でございます。今回の改正条例案といたしましては、それに加えて増築を加えたというところでございます。議員御指摘のとおり分担金の額、これに関しては100分の40ということは全く変わっておりませんが、先ほど申しましたとおり、趣旨に関して全面的に変わったというところで全面改正といたしたところでございます。

 以上でございます。



○議長(若松孝行君) よろしいですか。

            〔9番大西 誠議員「結構です」と呼ぶ〕



○議長(若松孝行君) ほかにございませんか。



◆19番(水田恒二君) 議長



○議長(若松孝行君) 水田恒二議員



◆19番(水田恒二君) この条例の中に書いてある言葉で、本質ではないんですけれども、今後の質疑や、もし一般質問等で誤解があってはいかんのでお教えいただきたいんですが、19ページの第6条に市税外収入というのがありますよね、例えば水道使用料であるとか住宅の使用料であるとかがこれに当たると思うんですけど、もしおわかりであれば、漏れなく、漏れなくが多過ぎれば、後でメモでも結構ですので、漏れのないところをお教えいただきたいと思います。



◎都市整備課長(島田光君) 議長



○議長(若松孝行君) 島田都市整備課長



◎都市整備課長(島田光君) 水田議員の御質問に御答弁申し上げます。

 6条の市税外収入金の督促料、これは50円でございます。

            〔19番水田恒二議員「違うって」と呼ぶ〕



◎都市整備課長(島田光君) そういう意味じゃないんですか。失礼しました。ちょっと質問の意味を勘違いいたしておりました。後ほどお渡しいたします。

            〔19番水田恒二議員「漏れなくね」と呼ぶ〕



○議長(若松孝行君) 後刻ということでよろしいでしょうか。

            〔19番水田恒二議員「いいです」と呼ぶ〕



○議長(若松孝行君) ほかにございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) ないようですので、次へ参ります。

 議案第67号伊予市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について、御質疑ありませんか。

 議案書20ページないし27ページです。



◆3番(高井洋一君) 議長



○議長(若松孝行君) 高井洋一議員



◆3番(高井洋一君) 21ページに書かれてますが、資産割額を、従来の基準でいけば平等、均等、それから所得、資産ということだと思うんですけれども、そこから資産割額を削除するというのはどういうことでそういうことをされるのか、それとそれによって税収がどう変わるのかについてとりあえず質問します。



◎税務課長(武智茂記君) 議長



○議長(若松孝行君) 武智税務課長



◎税務課長(武智茂記君) ただいまの高井議員さんの御質問にお答えいたします。

 まず、資産割をのけた理由でございますけれど、これにつきましては固定資産税をいただいて、その上に国保税で資産割をかけるということは二重課税ではないかというふうな批判が以前からあったわけでございます。あと固定資産税につきましては、国保加入者の方については制度の創設当時は、その資産によって収益を得るというふうな状況があったわけでございますけれど、現在は高齢者の加入の方が多いもんですから、そういうふうな状況ではないと、固定資産を持っていても、その収入を得れるような状況ではないというふうな状況になってございます。あと市外に固定資産を持っておられる方につきましては、資産割はかからないというふうな状況になっておりまして、それも不公平ではないかというふうな批判がありましたので、今回資産割をのけたというふうな状況になってございます。

 あと資産割をのけた場合の効果といいますか、影響なんですけれど、医療分と後期高齢者分の場合ですと、資産割をのけることによりまして2,400万円程度の減収になるというふうな計算になっております。

 以上です。



◆3番(高井洋一君) 議長



○議長(若松孝行君) 高井洋一議員



◆3番(高井洋一君) 所得割でこのマイナスの2,400万円をカバーできるということですか、そういう改正になってるわけですかね。



◎税務課長(武智茂記君) 議長



○議長(若松孝行君) 武智税務課長



◎税務課長(武智茂記君) 高井議員さんの再質問にお答えいたします。

 応能、応益割、これを50、50にしなさいというふうな国の指導がございます。今回資産割をのけることによりまして所得割を上げればそれでカバーできるんではないかというふうな考え方もあるわけなんですけれど、そうすると応能、応益の割合が変わってしまうと、応能割の割合が大きくなってしまうというふうな状況になってしまいまして、現在行っております7割、5割、2割軽減というふうな制度を適用できないというふうな状況になりますんで、応能、応益をできるだけ50、50に近づけるというふうな考え方に基づきまして今回税率の改正を行ったわけでございます。

 以上です。



○議長(若松孝行君) よろしいですか。

 ほかにございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 次へ参ります。

 議案第68号平成21年度伊予市一般会計補正予算(第1号)について、まず歳出より款を追って質疑を行います。

 1款議会費、2款総務費について御質疑ありませんか。

 別冊説明書12ページないし16ページの中段です。



◆8番(武智邦典君) 議長



○議長(若松孝行君) 武智邦典議員



◆8番(武智邦典君) 13ページの14目13節の委託料、食育&食文化振興・交流促進事業委託料、これのもう少し先般説明を受けはいたしましたが、詳しい委託の内容をお聞かせ願いたいのと、開きまして14ページの19節の未来にかける夢千年プロジェクト支援、これはどのような手続で申請等々をして、どういう人を対象にして、このことによってどんなことができるのか、起こり得るのかということをお聞かせ願いたいと思います。

 以上、2点です。



◎行政改革・政策推進室長(長尾雅典君) 議長



○議長(若松孝行君) 長尾行政改革・政策推進室長



◎行政改革・政策推進室長(長尾雅典君) ただいまの武智議員さんの御質疑にお答えを申し上げます。

 御質問の内容でございますが、まず14目地域振興費の13節委託料、食育&食文化振興・交流促進事業委託料でございます。これは御存じのとおり、昨年度から取り組んでございます伊豫國「あじの郷」づくり構想、これを具体的に実践、実現していくための支援事業でございます。昨年度から3カ年県の補助金、新ふるさとづくり総合支援事業の補助を得て実施をしておるものでございまして、具体的には昨年7月に発足をしてございます市民グループ、それと地域の企業で設置をした実行委員会、その実行委員会にはまた運営委員会あるいは分科会というのがございます。それと一方、職員で構成をしておりますプロジェクト会議、これらに専門家あるいはアドバイザーを派遣いただき、具体的な実践のプログラムであったり情報収集あるいは情報の提供、これらについてアドバイスやコンサルティングを受けようとするものでございます。

 次の2款1項14目の夢プロジェクト事業でございます。これにつきましては、市内に「E4・いよプレス実行委員会」、通称E4というふうに呼んでございますが、市民のボランティア団体が立ち上がりました。このボランティア団体、何を目的としておるかというと、市内はもとより全国の子供や学生たち、これを対象に伊予市内を拠点として農業、漁業、これらの体験を通じ自然観察、地域社会との交流プログラムを実施し、自然や文化、伝統芸能、社会の多様性と共生の重要性、そして一次産業の現状と課題を学び、自然と人と安全と環境に配慮したまちづくりについて考え、持続可能な社会への理解と興味、行動を引き出せるようさまざまな活動に取り組むという目的でございます。こういう活動を通じて、子供たちに地域の現状あるいは第一次産業の現状、課題を発見させ、それらについてどうこれから将来に引き継いでいくかと、千年プログラムですから10世紀にわたって人類が存続していく上でどう考えていくかというようなことを考えさすプログラムでございます。こうした活動の中で子供たちが未来のリーダーに育っていくというような夢を持って活動してございます。

 これにつきましては、既に4月10日に独立行政法人国立青少年教育振興機構のほうから子どもゆめ基金というような補助制度がございます。この補助制度に当選をしまして補助金の内示を得ておるものでございます。活動そのものには国連大学のほうの子供を対象とするこども国連環境会議、通称JUNECというふうな呼び方をしてございますが、こちらのほうの絶対的な協力体制を得られることとなってございます。

 そうしたことで、伊予市に限らず全国から学生、生徒を集めて、さきの目的の事業をやっていくというような思いでございます。

 以上でございます。



◆8番(武智邦典君) 議長



○議長(若松孝行君) 武智邦典議員



◆8番(武智邦典君) まず、食育のほうですけど、私昨年地元の中学校の文化祭で中学生がいろんな論文というか、一つのことをテーマにしてそれぞれが結構ごつい冊子をつくっとんですよね。その中に食育のことも書かれておりました。給食のことも書かれておりました。そういう枠の中で、私なんかが見て目からうろこが落ちるような論文も書いております。長尾室長は例えばそういう資料を教育委員会から、特に食育ですから、もう今市長さんがあじの郷という枠組みの中でそのことに向かって努力をされておる枠組みの中で、本当大人の意見よりも子供の意見がすばらしいものが実はある。長尾さん、そのあたりのまず資料、別に伊予中学校に限らず港南中学校でもいいですけれども、そういうことを読まれたことがあるのか、要はそういう立ち上げた委員会の委員等々だけじゃなしに、そういう子供たちの参考資料を読まれて、今後の食育及び俗に言う「あじの郷」づくりの進捗に向けて進まれていくお気持ちがあるのか、長尾さんじゃなかっても結構ですけど、そのことをお答え願いたいのと、そして今未来にかける夢千年プロジェクト、E4とか俗に言う子どもゆめ基金とかホームページ等々とか伊予市のパンフレット私も読んでおります。ちょっと一番大事なところを聞き逃したのかわかりませんけど、どういうふうな手続で例えば伊予小学校のだれだれ、何年何組の何とかがこういう形で申請をしたらこういう形で支援が受けられるんですよっていう、どういうふうな手続をしたらいいんですかというところが、幾分ちょっと、私の聞き漏れかもしれませんけど、なかったので、そこの点を再度お聞かせを願いたい。



◎行政改革・政策推進室長(長尾雅典君) 議長



○議長(若松孝行君) 長尾行政改革・政策推進室長



◎行政改革・政策推進室長(長尾雅典君) 武智議員さんの再質問にお答えをいたします。

 私も武智議員と同様の思いでございまして、この取り組みには強い志を持ってやっているつもりでございます。残念ながら武智議員さんから直接御指摘をいただきました伊予小学校ですか、の論文というのは拝見してございません。ただ、5月にキャラクター、それとキャッチコピーというのを市民公募で募集をしてございます。その中で多くの子供たちからこのキャラクターやキャッチコピーの応募をいただきました。具体的には、キャラクターの募集に309件の応募をいただき、またキャッチコピーには236件の応募をいただいてございます。この中に子供たちの思い、あるいは市民の思いというのがいろいろつづられており、私もなるほどなあというふうに感心をすると同時に、潜在的にやっぱり伊予市を元気づけていきたい、あるいはこれから何とかしていきたいというような思いが伝わってきたということで心強く感じておるところでございます。間もなく7月から再度学校などを通じてアンケート調査というのをする予定にしてございます。このアンケート調査の中で、いろんな思いや提案をさらに具体的に示してもらいたいというようなことで、学校などを通じてもお願いをしていきたいというふうに考えてございます。

 2点目のE4でございます。これにつきましては、具体的な第1段階としての取り組みでございますが、7月28日から30日の2泊3日になります。この2泊3日をウェルピアの合宿棟を活用しまして詰め込みで勉強させるということでございますが、29日の中日になるわけで、これにつきましては海の道コース、山の道コースというふうな2コースのプログラムを考え、市内の削り節工場、それとヤマキさん、そして伊予漁協、そして上灘漁協、下灘漁協へ行って漁業体験であったり漁業の実態というのを学んでくるというプログラムでございます。

 一方、山の道コースでございます。これについては、伊予市内の農家で収穫体験をし、佐礼谷のほうへ行き木工体験を行い、佐礼谷の住民自治組織と連携をして農業体験をして課題を見つけて帰るというようなプログラムでございます。

 子供たちが直接どうかかわっていけるかということでございますが、今回のプログラムに関しては全国対象に50人の募集を既にかけてございます。これは先ほど御紹介しましたこども国連環境会議推進協会というJUNEC、国連の下部組織でございますが、こちらのほうのホームページ上から直接応募をしていただくということで募集が昨日から始まってございます。議員さんのほうでも興味がございましたら、できるだけ子供たちにこの内容を伝えていただき、早目に応募いただけるようお願いをしていきたいと思います。

 以上です。



○議長(若松孝行君) よろしいですか。──ほかにございませんか。



◆9番(大西誠君) 議長



○議長(若松孝行君) 大西誠議員



◆9番(大西誠君) 2つの項目についてお聞きいたします。

 まず1つ目、13ページの6目19節の負担金補助及び交付金でございます。国際交流事業支援補助金というのは、従来海外のほうに児童・生徒のほうが遠征に行っておる項目かと思うんですが、今年度各種事業をちょっと海外のほうの新型インフルエンザ等々で自粛等々というふうなことも聞いておりますので、この19節の補助金の国際交流事業の中身、またコミュニティー助成事業の中身がどのようになっておるのかということをお聞きいたしたいのと、続きまして先ほど武智議員が質問しました14ページの上段、19節の夢千年プロジェクトでございますが、先ほどの室長の答弁を聞きますと、まさしくグリーン・ツーリズムの行事とほぼ同一といいますか、非常に近い中身だなというふうに思ったわけですが、これはもう行政の縦割りといいますか、費用、補助金の関係があって、これ単独で進む行事なのか、従来から進めておりますグリーン・ツーリズム、その辺と密接に関係のある項目かと思うんですが、その辺の連携をどのようになされるものかということと、私も7月末に2泊3日でウェルピアで第1回目実施するということをお聞きしまして、これがちょうど市の大きな行事でございます住吉まつりと日程が重複しておりまして、祭りの準備のほうも非常に町場の方高齢化が進んでおって、人員が非常にちょっと厳しい中で、このウェルピアのほうでもこういった新たな行事をするということで、ちょっとスタッフ不足というので今非常に苦慮しておるんですが、あえてこの7月28日から2泊3日に持っていったのは、祭りのほうも一緒に体験やってもらおうというのであえてこの日にぶつけたのか。これによって非常に本当行政のほうもですし、実際に祭りの現場のほうで支援をしますちょっとスタッフのほうも、私もなんでございますが、港の前でいすは並べないかん、物は販売やらなければいけない、それでまたお化け屋敷のほうも中止になっておったのをやるとなったら人間足らんということで苦慮しておるんですが、そういうふうな日程になった経緯をちょっと教えていただきたいんですが。



◎企画財務課長(森田誠司君) 議長



○議長(若松孝行君) 森田企画財務課長



◎企画財務課長(森田誠司君) 大西議員の御質問にお答えいたします。

 まず、国際交流事業支援補助金でございますが、昨年度まで補助団体でありますいよし国際交流の翼、この事業につきまして市のほうで行っております行政評価のほうにおきまして事業の縮小、それから外部評価のほうにおきましては新たな課題を持って事業を継続というような意見が出ておりました。それを踏まえまして国際交流の翼のほうで事業の見直し等の検討を行っていただきました。そこの実行委員会のほうにおきまして今までどおりの海外研修、海外での国際交流だけではなくて、市民、民間の国際交流活動のネットワークサロンづくり、これとかボランティアホームステイの登録制度の導入、これら伊予市国際交流協会、これ仮称でございますが、これの設置も見据えた新たな事業展開もできるんじゃないかというような御意見が出てまいりました。今年度の事業内容につきましては、まだ具体的方向は決まっておりませんが、こういった活動も可能であるということで、今回補助金を計上をいたしております。

 それから、コミュニティー助成事業の内容でございますが、これは例年どおりの事業でございまして、自治総合センター、これの補助金でございます。事業内容といたしましては、米湊A−1広報区、こちらのほうが子供おみこし、はっぴ等の購入に対する補助、それから宮下広報区、これらも太鼓の購入に対する補助、それから郡中体育会、こちらがスポーツ用具の購入に対する補助、それから上三谷原地区の愛護班、これが子供みこし、それからはっぴの購入に対する補助、それと5番目になりますが中山自主防災会連絡協議会、こちらのほうが防災資材の購入、こちらに対する購入補助という内容でございます。

 以上です。



○議長(若松孝行君) よろしいですか。

            〔9番大西 誠議員「E4、千年のほうは」と呼ぶ〕



◎行政改革・政策推進室長(長尾雅典君) 議長



○議長(若松孝行君) 長尾行政改革・政策推進室長



◎行政改革・政策推進室長(長尾雅典君) 大西議員さんの2点目、未来にかける夢千年プロジェクト支援事業についての御質問にお答えをします。

 グリーン・ツーリズムあるいはブルー・ツーリズムと重複するような内容ではないかというような御質問であったかと思いますが、直接的にはグリーン・ツーリズムであったりブルー・ツーリズムというような農林漁業を主とした目的の事業ではございません。先ほどちょっと解説を怠っておりましたが、このE4につきましては、まず教育、エデュケーションですね、教育のE、それとイート、食のE、それと環境、エンバイロンメントの環境のE、それとエコノミー、経済であったり節約という意味でのこの英語の4つのEの頭文字を冠にしたものでございまして、教育というのに主眼を置く、あるいは環境という問題について考えていく、この環境につきましてもエコロジーというような自然環境のみに特化したものではなく、すべての環境という意味を強く込めてございます。こうした中で、実質的には後援団体として農水省あるいは観光庁の御支援も受けることになってございます。初日の日にはこの農水省あるいは観光庁のほうから直接関連の方が講師として招聘をされまして、基調講演などもいただくというようなことになってございます。

 祭りの日になぜやっておるのかということでございますが、これはあえて祭りの日をダブらせたということで企画をしてございます。こうした地域の伝統行事というのもやっぱり都市部からやってきた子供たちに見せてどうであるかということについて学ばせ、新たな提案もいただきたいというような思いでこの日にぶつけてございます。直接祭りにも参加をさせるというようなプログラムを考えておったわけですが、行方不明になったり、あるいは事故に遭ったりということも考慮しまして、今度は祭りの見学というようなことでプログラムを現在考えておる最中でございます。

 スタッフにつきましては、JUNECのほうから学生ボランティアというのが中心になってやってまいります。それと地域の大学のほうから学生ボランティアというのを募る予定にしてございます。また、伊予農高であったり伊予高校、こちらのほうについても生徒たちに協力を呼びかけていきたいというふうに考えております。

 以上でございます。



◆9番(大西誠君) 議長



○議長(若松孝行君) 大西誠議員



◆9番(大西誠君) E4に関しましては要望でございます。先ほど申しました行政がする項目でございます先ほどのグリーン・ツーリズム、ブルー・ツーリズムのほうと別行事だということではございますが、せっかく費用をかけてする項目でございますので、単独行事にならないように、連携とれる部分に関しましては十分な連携をとって有効に実行、実施をしていただきたいということと、このいよプレスのことに関しましては新規事業でございまして第1回目でございますが、現場で行動する人間にとりましては住吉まつりの実行に関しましても非常に苦慮しておるという現実もございますので、来年以降に関しましては、本当本当少ないスタッフで、今ちらっとちょっと違う資料を拝見いたしましたら、このいよプレス実行委員会の委員またスタッフの方を拝見しましても、従来祭りのほうに積極的に関与してもらっておる方々も入ってございますので、御配慮のほうを今後お願いいたしたいと思います。

 以上でございます。



◆10番(青野光君) 議長



○議長(若松孝行君) 青野光議員



◆10番(青野光君) 7目の13節の委託料についてお尋ねいたしたいと思います。

 先日の説明の中で双海の地域事務所というような説明であったかと思いますが、これ空気調和設備工事設計業務委託料と出ております。これ恐らく下だけの地域事務所なのか、上も一緒にしての、恐らくこういう委託料が出てくるということは、もう今の現状で使うとる空調設備はもう期限が来とるんかなというような解釈をしたんですが、それについてお答えいただけましたら幸せですが、よろしくお願いします。



◎双海地域事務所長(久保繁行君) 議長



○議長(若松孝行君) 久保双海地域事務所長



◎双海地域事務所長(久保繁行君) 青野議員の御質問に私のほうからお答えをいたします。

 双海地域事務所の空調設備についての設計委託料でございますが、地域事務所には2種類のエアコンのシステムがございます。通常の業務用大型エアコン、これに関しましては2階の玄関側の事務室から元町長室、応接室にかけての部分と3階部分がこの設備になっております。それから、1階の事務所と2階の元用地整理課がおった事務所の部分、この部分については空冷式のヒートポンプチラーということで、夜間電力を有効に活用した形での温水による空調設備でございまして、いずれも庁舎建設後18年以上経過しておりまして、業者のほうの毎年設備点検を行っておりますけれども、限界が来ているというような御指摘をいただいております。それで、その2つの設備を一括した形でできるのかできないのか、そういう面も含めて実施設計を組んでもらうとともに、2つどうしても必要であれば、そのような形にしないといけないと思うんですけれども、一本化できるもんであれば一本化したいというような考えもございますので、その辺も含めて設計委託料を計上させていただいております。

 以上でございます。



◆10番(青野光君) 議長



○議長(若松孝行君) 青野光議員



◆10番(青野光君) 私いつもいつもこういう説明の欄に、できましたら地域事務所であれば双海なら双海というような書き方をしてくださいと言うのに、いつまでたってもこれがまだまだ直っていないのが現状かと思います。ぜひ何回も聞かないかんようなお話でなく、もうそこにちょこっと双海地域事務所と入れていただいておれば、説明のときも、あっ、あそこかというように我々すぐわかりますので、ぜひ忘れないで入れていただきたいと思います。

 以上です。



○議長(若松孝行君) 要望ですね。

            〔10番青野 光議員「はい」と呼ぶ〕



◆19番(水田恒二君) 議長



○議長(若松孝行君) 水田恒二議員



◆19番(水田恒二君) 13ページ、企画費のところでコミュニティー助成事業補助金で4カ所の御説明があったわけですが、それぞれの金額をお教えいただきたい。

 次、12目、7つの建物というのをお聞きしましたが、7つの建物とは。

 14目の一番下なんですけどもが、交流促進とはどういうことを企画しているのか、考えているのか。

 めくりまして、これ単年度になるのか、どのぐらいまで考えておられるのか。要するに、今後の支援策は今既にもう考えておられるのかどうなのか。それと、面倒かったら後で結構ですが、JUNECの日本語の意味をおっしゃっていただいたんで、先ほどE4のところに関しましては一つ一つ英語で言われたわけですけれども、多分長くなろうと思いますので、JUNECのそもそものスペルと、何から成ってるのか。多分一語一語にあろうと思いますが、後で結構でございますので資料を下さい。



◎企画財務課長(森田誠司君) 議長



○議長(若松孝行君) 森田企画財務課長



◎企画財務課長(森田誠司君) 水田議員の御質問にお答えをいたします。

 コミュニティー助成事業ですが、先ほどの説明で5地区5団体のお話をさせていただきました。個別の補助金額につきましては、ちょっと手持ちで資料を持っておりませんで、また後でお渡しをしたいと思います。

 それから、12目の情報化推進費の7つの公共施設でございますが、1カ所はこの市役所本庁、市民会館も含めて1つとしております。それから、第1別館、3番目に安広住宅、4番目、郡中小学校、5番目、港南中学校、6つ目で下灘小学校、7つ目でなかやま農業総合センター、以上の7施設の調査を行います。

 以上です。



◎行政改革・政策推進室長(長尾雅典君) 議長



○議長(若松孝行君) 長尾行政改革・政策推進室長



◎行政改革・政策推進室長(長尾雅典君) 私のほうから14目地域振興費の交流促進の部分についてお答え申し上げます。

 ここで言う交流とは、人の交流であり物の交流、いわゆる物流ということを意識してございます。そうしたことで市内の食材というのが地域の宝というふうに言ってございますが、これが交流できるようにというようなことで、消費者側、いわゆる都市部と農村側、生産者側との交流を促進、推進していきたいというようなことでこういう名称になってございます。

 それと、2点目の未来にかける夢千年プロジェクトの関係でございますが、この事業につきましては、継続してやっていきたいというような強い思いがございます。最低でも5年間ぐらいは続けた中で子供が育ってくれればなあというふうに考えてございます。

 それと、JUNECの意味でございます。ちょっと私も不勉強なもんでまことに申し訳ないので十分承知してないんですが、今御質問いただき、ふと考えましたが、こども国連環境会議でございますから、ジュニア・ユナイテッド・ネイション・エンバイロンメント・コンファレンス、英語で直訳するとそういうふうになるかと思うんですけど、もし間違えておれば御指摘をいただいたらと思います。すみません、また勉強しておきます。



◆19番(水田恒二君) 議長



○議長(若松孝行君) 水田恒二議員



◆19番(水田恒二君) 私が支援策って言ったのは、ある意味では経済的な、今回は100万円ということなんですが、今後はそういう手当てを考えていくのかどうなのかという意味なんです。市単独でもやるのかということ。



◎行政改革・政策推進室長(長尾雅典君) 議長



○議長(若松孝行君) 長尾行政改革・政策推進室長



◎行政改革・政策推進室長(長尾雅典君) 先ほど申しましたとおり、これに対しては絶対的な支援をしていきたいというふうに考えてございます。これにつきましては、市長冒頭の所信表明の中でも人的、財政的支援をしていくんだというような公約を掲げていただいてございます。そうした思いの中で、市が単独でもってでもやっていきたいというようなふうに考えてございます。

 それと、JUNECでございます。今ちょっと資料のほうが届きました。申し訳ございません。ジュニア・ユナイテッド・ネイションズ・エコ・ワークショップというようなことのようでございます。

            〔19番水田恒二議員「ジュネックそのものをちょっと言うて、もう一回」と呼ぶ〕



◎行政改革・政策推進室長(長尾雅典君) J、U、N、E、Cでございます。

 以上です。



○議長(若松孝行君) 水田議員よろしいでしょうか。

            〔19番水田恒二議員「Cは何やったんかな」と呼ぶ〕



◎行政改革・政策推進室長(長尾雅典君) 議長



○議長(若松孝行君) 長尾行政改革・政策推進室長



◎行政改革・政策推進室長(長尾雅典君) エコ、ECOのECでございます。



○議長(若松孝行君) 水田議員よろしいでしょうか。

            〔19番水田恒二議員「了解」と呼ぶ〕



◆7番(谷本勝俊君) 議長



○議長(若松孝行君) 谷本勝俊議員



◆7番(谷本勝俊君) 13目防災諸費のところですけれども、9款の消防費で聞けばよいのかもしれませんが、説明で10月25日総合防災訓練という費用を充てとるそうですけれども、目的、規模、訓練の概要がわかりましたら教えてください。



◎防災安全課長(上田誠一君) 議長



○議長(若松孝行君) 上田防災安全課長



◎防災安全課長(上田誠一君) 谷本議員さんの御質問にお答えいたします。

 御質問の総合防災訓練でございますが、目的は地震を想定した訓練でございまして、県の地域防災計画及び伊予市の地域防災計画に基づきまして防災関係機関、民間の団体の協力を得まして、住民が一体となって総合的かつ有機的な訓練を実施したいというふうに考えております。

 なお、人的な規模につきましては、500ないし600人の参加を予定してございます。

 以上です。



○議長(若松孝行君) いいですか。

            〔7番谷本勝俊議員「はい、いいです」と呼ぶ〕



○議長(若松孝行君) それでは、次に参ります。

 3款民生費について御質疑ありませんか。

 説明書16ページ下段ないし19ページ中段です。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 次へ参ります。

 4款衛生費について御質疑ありませんか。

 説明書19ページ下段及び20ページです。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 次に参ります。

 6款農林水産業費、7款商工費について御質疑ありませんか。

 説明書21ページないし25ページ中段です。



◆9番(大西誠君) 議長



○議長(若松孝行君) 大西誠議員



◆9番(大西誠君) 2点お聞きいたします。

 1点目、21ページ、6款1項3目の19節負担金補助及び交付金ということで、園芸産地再編整備事業費補助金ということで、初日の説明では中山支部の、私キュウリ部会と聞いたんですけども、後ほど議員のほうに聞いたらキウイ部会であろうということであったので、キウイ部会のほうが合ってるのかなということで、キウイ部会の視察ということですが、こちらのほうの中身を聞いておりましたら教えていただきたいのと、2点目が25ページ7款商工費の1項5目の13節委託料、夕日のミュージアム提案企画書の作成委託ということで300万円上がってございますが、この夕日のミュージアムに関しましては昨年まで非常にちょっと問題施設といったら言い方語弊があるかもしれませんが、多くの遊具のほうが故障になって実際使えてなくて、今後どうするかというのを検討していくというふうになっておったと記憶しております。後ほどの報告の案件でございますシーサイドふたみの資料を拝見をいたしましても、20年度この夕日のミュージアムの収入のほうが1年間で3,000円ということで、実際には全く機能していない項目でございまして、廃止の方向で検討しておるのかなというふうに思っておったら、ここで予算300万円というのでどうするか考えるというのは、これは有効に、本当夕日のミュージアムというのにこの300万円という企画書を投資をいたしまして復活といいますか、有効に活用できるのかなというふうに思うわけですが、この夕日のミュージアムの委託料に関しまして、冒頭申し上げました私はもう中止、廃止の方向で違う用途で使うと思っておったんですが、どのような方向性でこの300万円の企画委託なされるのかということをお聞きいたしたいと思います。



◎産業経済課長(久保元英君) 議長



○議長(若松孝行君) 久保産業経済課長



◎産業経済課長(久保元英君) ただいまの大西議員の御質問にお答えいたします。

 3目の農業振興費の19節園芸産地再編整備事業等についてということで、2つの事業になるわけですけどが、御指摘のありましたキウイかキュウリかですけどが、キウイフルーツです、のJAのえひめ中央のキウイ部会の中山支部が先進地視察並びに会員の研修を行うために、県外研修については1泊2日のようでございます。それぞれの事業費が80万4,000円予定されとるようでございますけどが、これにつきましては2分の1県から補助金をいただきます。ですので、市のほうからの持ち出しはございません。県費のみです。

 それと、この今2つの事業と申しましたが、もう一つ等につきましては、御質問はちょっとあれでしたんですがつけ加えさせていただきます。果樹産地体制強化促進事業といたしまして、伊予地域の紅まどんなの雨よけハウスの施設の整備の助成でございます。これにつきましては、上三谷、下三谷、宮下地域の3農家の皆さん方のハウスの助成と、会員さん82戸の農家がおいでるわけですが、その会員の皆さん方の研修費というようなことで県から3分の1補助金をいただき、市から6分の1の持ち出しをいたしまして195万円の経費を計上させていただいております。

 以上、私のほうからはこの点につきまして、あと双海地域のほうから回答をお願いしたいと思います。よろしくお願いいたします。



◎双海地域事務所長(久保繁行君) 議長



○議長(若松孝行君) 久保双海地域事務所長



◎双海地域事務所長(久保繁行君) 5目13節の委託料、夕日のミュージアムの後に、訂正でまことに申し訳ないんですが、「等」という字を御記入いただいたらと思います。そういうことで質問の説明のほうに入りたいと思います。

 昨年6月にも経営状況報告で夕日のミュージアムが有効活用されてないと、施設の機械器具が機能してない状況にあるから、有限会社シーサイドふたみのほうに目的外使用という形で6月以降ギャラリーとして活用を試みてまいりましたが、確実な集客というまでに至っていないのが現状でございます。そして、施設そのものも海岸に近いこともありまして、設置後14年を経過しております。至るところで雨漏りや窓ガラス等々のサッシのさびとか、いろいろ不具合が発生しております。そして、施設の中にイベントホールというのが、真ん中に水槽に魚を入れて飼っている部分があるんですけれども、ここも一定機能していないというようなこともあります。それから、シーサイド公園は夏場とか土日を中心に駐車場のほうが不足しているというようなことで、従前から懸案事項となっておりました。

 そういうことも含めまして、地域事務所の職員あるいはシーサイドふたみの職員等々でいろいろ議論をして有効活用策はないかということでいろいろ案は出てくるわけなんですけれども、それが将来的に確たるもんであるかないか、その辺のところが不安な状況でございます。そういった中である一定の経営の専門家といいますか、コンサルタントにシーサイドふたみのリニューアル、再編といいますか、そういうことも含めて調査の上、企画提案をいただいて、その中からシーサイドふたみの公の施設としてのコンセプト、去年からは恋人の聖地としての認定も受けておりますので、その辺も生かせるような方向で企画提案をいただいて、その中から将来の方向性を見出していきたいというような思いで今回300万円の委託料を計上させていただいておりますので、よろしくお願いいたします。



◆9番(大西誠君) 議長



○議長(若松孝行君) 大西誠議員



◆9番(大西誠君) 1点目の園芸産地に関しましては重々わかりました。

 そして、2点目の夕日のミュージアムに関しましては、冒頭に作成委託等ということが入りますと聞いた上で最後に委託料で300万円というふうにあったんで、どちらが本当なのかというのを確認いたしたいのが、やはりこの夕日のミュージアム企画書作成委託で一括で300万円という金額があっておるのか、違う費用もあって委託料はそのうちの幾らかで違う費用で発生しておるのかということと、一番お聞きしたかったのが、市のほうがそのコンサルのほうに対しまして今非常に困っておるから、もう何か考えてくれというふうに丸投げで出されるのか、先ほど所長の説明のほうでもコンセプトのほうが市はこういうふうな方向でやりたいから考えてくれというのか、とにかくどういう方向づけも含めてコンサルのほうにやるのか、市の基本方向はこうだからこの方向で考えてくれということをお聞きしたかったんですが。市のほうからちょっとコンサルに出すに当たりまして、言い方変ですが丸投げでもう非常に困っとるから何とかしてくれというふうに出されるのか、先ほど言いました恋人の聖地ならその方向でもっと深くやりたいので考えてくれというふうな、どういうふうな出し方をされるのかということと、金額の内訳があったら、その項目を教えてください。



◎双海地域事務所長(久保繁行君) 議長



○議長(若松孝行君) 久保双海地域事務所長



◎双海地域事務所長(久保繁行君) 大西議員の再質問にお答えいたします。

 冒頭に「等」を入れてもらったのは、夕日のミュージアムだけでなく施設全体あるいは駐車場、公園全体を含めて私たちで気づかない部分についても企画提案をいただければということで「等」を入れて、シーサイド全体を見直したいという気持ちでございます。

 それから、コンセプト、これに関しましては、夕日あるいは市民との交流、産業の振興、そういうものが設置の目的にございます。そういった中で夕日のミュージアムはこれまで活用策を考えてまいりましたが、今では夕日のミュージアムの外観そのものが形が変則的な特殊な建物になっております。それから、中身も船の船首のような間仕切りがございまして、部屋が一体的に使えないといった状況にございます。そういったとこも含めまして、昨年から恋人の聖地として一応年に4回程度ですか、若い男女の出会いの場とか結婚式とか、そういうもんで活用しております。市の公の施設の設置目的に合った形での企画提案をまずはお願いしたいと考えております。何にでも使うんではなくて、やっぱり公の施設には施設の目的がございますから、それに合った形で企画提案をお願いしたいと思っております。

 以上でございます。

            〔9番大西 誠議員「はい、わかりました」と呼ぶ〕



○議長(若松孝行君) いいですか。

 ほかにありませんか。



◆1番(日野猛仁君) 議長



○議長(若松孝行君) 日野猛仁議員



◆1番(日野猛仁君) 1番議席日野猛仁でございます。よろしくお願いいたします。

 25ページ、4目観光費、8節の報償費がございます。これは、今回だけのものなんでしょうか、それとも毎年必要なものなんでしょうか。

 続きまして、15節の工事請負費、「ぐるっと88」道標看板工事設置工事となってございますが、これは一体何カ所つけられたのか、また今後つける予定があるのかをお聞きしたいです。よろしくお願いいたします。



◎産業経済課長(久保元英君) 議長



○議長(若松孝行君) 久保産業経済課長



◎産業経済課長(久保元英君) ただいまの日野議員の御質問にお答えいたします。

 観光費のそれぞれ8節と15節ですけどが、関連がありますので先に15節の工事請負費の概要について説明させていただきたいと思います。

 これにつきましては、「ぐるっと88」の観光パンフレットを平成19年度に3,000部、20年度に2,000部つくらせていただいております。19年度の3,000部については全部完売できたというようなことで、それぞれ所期の目的が達成できた冊子ができたんでなかろうかと思っております。その中で、広く利用していただく皆さん方からこの「ぐるっと88」を見て伊予市に来たとき、その場所がわからないという声が、たくさん問い合わせ等がありました。それに伴いまして今回それの案内板を設置しようというようなことで計画をさせていただいております。今回につきましては、1本約3万円で、これにつきましては作製から設置までの費用を見込んでおります。今年100本程度計画をいたしまして、今後必要に応じまして大体3年計画をめどに年間100本ずつぐらいの300本ぐらいを目標にしたいなということで今計画しております。

 8節のこの謝礼なんですけどが、それに伴いまして個人の土地にその案内板を設置するようなことになりますので、地主の御了解をいただかなくてはいけません。それにつきまして地代とかいろいろありますけどが、それにつきましては地主さんの御理解をいただいて、できればお礼程度で1本1,000円程度でちょっとお願いしようかと思いまして、この10万円を計上させていただいております。これにつきましても、15節の工事請負費と一緒で3年間を目安に計画させていただきたいと思っております。よろしくお願いいたします。



○議長(若松孝行君) よろしいですか。



◆1番(日野猛仁君) 議長



○議長(若松孝行君) 日野猛仁議員



◆1番(日野猛仁君) すいません、ちょっと私の言い方が悪かったようですが、先ほどの報償費なんですが、よく言います盆暮れじゃないんですが、毎年行うものなのか、もう設置したらそのときだけ1回きりだというのをちょっとお聞きしたいんですが、お願いいたします。



◎産業経済課長(久保元英君) 議長



○議長(若松孝行君) 久保産業経済課長



◎産業経済課長(久保元英君) 失礼いたしました。

 これにつきましては、地主の御理解をいただいて1年でお願いしたいと、単年度で設置したときだけということです。1回きりです。

            〔1番日野猛仁議員「はい、わかりました」と呼ぶ〕



○議長(若松孝行君) ほかにありませんか。



◆16番(日野健君) 議長



○議長(若松孝行君) 日野健議員



◆16番(日野健君) 22ページの農地費です。13節委託料、赤坂樋門改修計画業務委託料ですけれどが、これの内容を少し詳しくお聞きしたいんですが、よろしくお願いいたします。



◎産業経済課長(久保元英君) 議長



○議長(若松孝行君) 久保産業経済課長



◎産業経済課長(久保元英君) ただいまの日野議員の御質問にお答えいたします。

 22ページの13節の委託料、赤坂樋門改修ですが、これにつきましては赤坂樋門の改修を23年度に計画をしております。それに伴いまして22年度に国交省のほうへ河川協議等の申請協議が必要でございます。来年度その申請を行う予定なんですけどが、事業におきましてはその計画書の作成が今年度21年度中に計画して22年度申請、23年度事業実施というような計画になっておりますので、今年度その事業をするに当たりましての現地の地質の調査等々の経費を計上させていただいております。よろしくお願いします。



◆16番(日野健君) 議長



○議長(若松孝行君) 日野健議員



◆16番(日野健君) 事業年度、事業計画はわかったんですが、内容ですね、いわゆる水が不足するから改修をやるというようなことじゃなかろうかと思うんですけれどが、これの目的ですね、この樋門を改修して取水が増大するのか、その辺ちょっと計画の内容を教えてもらったらと思います。



◎産業経済課長(久保元英君) 議長



○議長(若松孝行君) 久保産業経済課長



◎産業経済課長(久保元英君) 日野議員の再質問でございますが、これは水の関係もございますけどが、今樋門が大変腐敗しております。ですので、まずは樋門の改修をするために、今現在その水を引くのに重信川の川の中心部まで40メートル近く地下を埋設しとるわけなんですけどが、そういうものも含めたものの調査というようなことで御理解いただきたいと思います。



◆19番(水田恒二君) 議長



○議長(若松孝行君) 水田恒二議員



◆19番(水田恒二君) 課長さんがかわられたので、説明の仕方が変わられましたので、工事費関係の数値等がほとんどというよりも全くなかったので、例えば尾崎の新池の堤体改修、これは堤体何メートルとかというふうに、今から申し上げます、多分6点だったかな、をお教えいただきたいということで、22ページ農地費の15節の尾崎新池と大坪水路、12目の15節の米湊新池と大池、めくりまして工事請負費4つありますけど、大きい金額の下2つで結構です、合計6点の長さであるとか幅であるとかをお教えいただきたい。

 それと、22ページの一番下、土取り場、土捨て場はどこの池なのか、新池、大池両方なのか片方なのか。

 それと、23ページの下のほうにあります林業振興費の中で森林づくり事業補助金で、これはハーベスターのみなのか、多分ハーベスターと言うたと思うんですけれども、だけなのか、自分の想像している機械のイメージがありますのですが、違ってたらいけませんので、簡単で結構ですので、どういう仕事をするものなのか、ハーベスターとは。ということでお願いいたします。

 もう一点だけ。観光費、25ページの真ん中あたりの「ぐるっと88」の観光地めぐりっていうの、どこに何があるかわからんというような話がありましたけれども、わからん人のために回るのでは私はないだろうと思うんですよね。そういう人たちが来たときに、やっぱり無償でのボランティアなんかがいて、そういう方々に案内できるような人間をつくるのではなかろうかと勝手な想像をしとるわけですが、1日バスを1台借り上げて23万7,000円っていうことはあり得ないと思いますので、何回そういった実習といいますか事業をなさって、1回当たり何人でも結構です、全体でも結構ですけれども、どのぐらいの人をそういうバスに乗せて観光地めぐりをするのかということで、その目的として私の言うとおりなのか、わからない人、希望者をただ連れて回ってあげるだけなのか、そのあたり。よく観光地行ったらね、無償で観光ボランティアおりますけど、観光ボランティアをつくるためであるということならば意義あると思うんですが、ただ単にわからないので連れていってあげるでは、余りにも、それこそ金を取ってするべきではなかろうかと思いますので、その点をお聞かせいただきたいと思います。



◎産業経済課長(久保元英君) 議長



○議長(若松孝行君) 久保産業経済課長



◎産業経済課長(久保元英君) ただいまの水田議員の御質問にお答えいたします。

 なお、ちょっとたくさんありましたので、後、答弁漏れがありましたら、また御指摘いただきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

 まず初めに、8目の農地費、尾崎新池の堤体改修ですけどが、これにつきましては受益者関係が田で10.8ヘクタールの17戸の対象でございます。この工事につきましては、改修が延長約28メートルを予定をしております。

 続きまして、大坪水路関係でございますけどが、これにつきましては受益者が田が7.1ヘクタールの受益農家が22戸でございます。この水路につきましては、前回の3月議会でも提案させていただいとったわけなんですけどが、水路については72メートルを改修する予定にしております。水路幅が0.6メートル、高さは0.9メートルでございます。

 8目については以上のようなことで、続きまして12目のため池等について15節の工事請負費でございますが、米湊新池、大池ともに平成18年度から実施しておりまして、今年度最終年度でございますが、新池につきましては受益面積が田んぼで3.1ヘクタール、受益者が20戸、これは張ブロックを予定をしております。メートルが63.8メートルを予定をしております。

 続きまして、大池でございますけどが、ここにつきましては受益面積が3.7ヘクタール、田んぼでございます、同じく受益者が20戸でございます。ここは張ブロックと洪水吐けの工事でございますが、張ブロックにつきましては118.4メートル、洪水吐けにつきましては15.2メートルを予定をしております。

 続きまして、土捨て場の22の補償費でございますけどが、この土取り場、土捨て場につきましては新池と大池の事業費でございます。これにつきましても新池につきましては張ブロックのみですので、残土を土捨て場のほうへ、大平のほうへ計画をしております。大池につきましては残土と新たに少し刃金土も必要な関係で、三秋のほうから一部いただくようなことを計画しております。土捨て場については大平地区を予定をしております。それぞれの事業費は、新池で20万円と大池で87万円を予定をしております。

 続きまして、ちょっと順番が変わりますけどが、次ページの23ページの林業振興費、伊予市森林づくりとありますが、これすみません、「森林」でなく「森づくり」とお願いしたいと思います。伊予市森づくりの事業費につきましては、このハーベスターを今回購入計画をしております。これにつきましては国費で購入いたしまして、あと国費で10分の4の助成金がございます。残りにつきまして10分の3を市から持ち出しするものでございます。この機種につきましては、作業状況ですけどが、立ち木の伐採、それとそれぞれの枝払い、玉切り等をこのハーベスターという機械一式なんですけどが、これで今まで手作業で枝打ち等をやっておりましたけどが、これがすべて機械化するというようなことで、今回機械の導入を計画しております。

 続きまして、25ページの観光費の14節でございますが、観光地域めぐりのバス借り上げ料23万7,000円ということですが、これにつきましては議員さん御指摘のとおり、ただやるのではということで、これ初年度でありますので、観光ガイドボランティアの育成を行いたいと思います。今回のこの23万7,000円は、マイクロバス3台分を予定しております。1回ないし2回はボランティアのガイドさんを育成するために地域を回りたいと思っております。あと一回につきましては、今回広くバス1台分、20ないし25名程度を募集いたしまして、まず今回地域めぐりする箇所を設定をいたします。それを市外の方にお越しいただきまして1回回っていただき、その方からアドバイスをいただくと、調査をするというようなことで、今回はそういう試験的なものを1回行ってみたいと。来年度につきましては、これを旧伊予市で行っておりました伊予八景めぐり等を実施して定着していたようでございますけどが、今後につきましてはこの「い〜よぐるっと88」のガイドブックを基礎にした伊予市の新しい観光づくりというようなことで、来年度からは定期的に一般の方を募集し参加費もいただいて実施するようなことを観光協会とともに歩んでいきたいと思っております。

 続きまして24ページの15の工事請負費、各林道関係でございますが、上段からいきますと林道歯朶谷線舗装工事でございますが、これは伊予市の大谷池のとこから谷上山のほうへ抜けとる道なんですが、延長が1万2,900メートルのうち、1,062メートルの林道がありますけどが、これについての250メートルから300メートルぐらいを今計画しとんですけどが、そこの舗装が大変傷んででこぼこにもなっとるというような状態でございますので、今回その舗装を行います。

 それと、続きまして次の林道東越牛ノ峰線、これにつきましては双海地域の線ですけどが、これにつきましては今現在延長1,675メートルの3メートル幅員でございますけどが、これも舗装等の傷みがひどうございますので、これを200メートルほど計画をしております。

 それと、続きまして林道大久保鳥越線、これにつきましては、皆さん御存じのとおり、ずっと毎年新設工事として出ているわけですけどが、今年度につきましては220メートルの4メートルの幅員の工事を予定をしております。これにつきましては、平成18年から新設を行っておりますけどが、これが今年度、21年度実施するメートルが220メートルということになっております。

 それと、新規で林道石畳上灘線の舗装ですけどが、これにつきましては全延長が1万2,900メートルあります、この線につきまして。そのうち伊予分が7,613メートル、内子分が5,287メートルございます。その中で伊予分の今現在未舗装分が5,710メートルございます。この5,710メートルにつきまして、国の助成金をいただきまして3カ年で舗装をする計画をしております。この路線につきましては、林道ではありますけどが、双海の奥大江地区の一部生活道も兼ねとるというようなこともございますので、早期にこの舗装も必要でないかというようなことで、今年度から3年間実施いたしますが、21年度につきましては2,300メートルを予定をしております。あと22、23で1,700メートル程度ずつ実施いたしまして3年度で実施いたします。この事業費につきましては、国の道路整備交付金から2分の1の助成金をいただいて事業を実施することになっております。

 以上、よろしくお願いいたします。



◆19番(水田恒二君) 議長



○議長(若松孝行君) 水田恒二議員



◆19番(水田恒二君) ほとんど丁寧にやっていただいたんで、再質問はないかなと思っとったんですが、最後のほうになってちょこっとだけ。歯朶谷線のところで、これは質問してなかったんだけどもお答えいただいたんでちょっとわからんところがあるんで、250から300がお答えなのかなと思ったら、その前段で62という数字が出たんですが、その意味がよくわかりませんので。

 それと、最後の2,300メートルの幅だけ、この2点があれば、もうパーフェクトでした。



◎産業経済課長(久保元英君) 議長



○議長(若松孝行君) 久保産業経済課長



◎産業経済課長(久保元英君) 申し訳ありません。ただいまの歯朶谷線の全延長が1万2,900メートルのうち1,062メートルで、今回舗装改修するのがちょっと差が出るんですけど250から300メートルというようなことで御了解いただきたいと思います。

 続きまして、石畳上灘線の幅員は4メートルでございます。

            〔19番水田恒二議員「はい、了解」と呼ぶ〕



○議長(若松孝行君) 暫時休憩いたします。

 再開を11時40分。

            午前11時28分 休憩

       ───────────────────────

            午前11時40分 再開



○議長(若松孝行君) 再開いたします。

 訂正があります。



◎産業経済課長(久保元英君) 議長



○議長(若松孝行君) 久保産業経済課長



◎産業経済課長(久保元英君) 失礼いたします。

 先ほど水田議員さんの御質問にお答えいたしまして、2点ばかし過ちがありましたので訂正させていただきます。

 24ページの15節の工事請負費、林道関係ですけどが、最初の林道歯朶谷線の舗装の延長を250から300と言いましたけどが、250でお願いしたいと思います。

 もう一点は、大久保鳥越線について、平成18年度から事業実施してると私申しましたけどが、平成8年度からの実施でございますので、平成18を平成8年に訂正させていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。



○議長(若松孝行君) よろしいですか。



◎企画財務課長(森田誠司君) 議長



○議長(若松孝行君) 森田企画財務課長



◎企画財務課長(森田誠司君) 先ほど水田議員さんの質問の中で後から答弁申し上げますと申しました点につきまして御答弁いたします。

 13ページ総務費の真ん中どころ、6目企画費でございます。コミュニティー助成事業補助金、各団体につきましての補助額につきまして御答弁いたします。

 米湊A−1広報区、補助金160万円、宮下広報区190万円、郡中体育会200万円、上三谷原地区愛護班180万円、中山地域自主防災会連絡協議会200万円、以上5団体、合計930万円でございます。

 以上です。



○議長(若松孝行君) 6款ほかにございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 次へ参ります。

 8款土木費について御質疑ありませんか。

 説明書25ページ下段ないし29ページ中段です。



◆1番(日野猛仁君) 議長



○議長(若松孝行君) 日野猛仁議員



◆1番(日野猛仁君) 1番議席日野でございます。よろしくお願いいたします。

 26ページ、2目のがけ崩れ防災対策費でございますが、今回1件の対策工事となったようでございますが、もう少しわかりやすく御説明をお願いいたします。

 実は昨日担当の方とお話をした中で、基準を満たしていない、がけの高さが5メートル以下というふうな形で御説明をいただいたんですが、そういった方は対象にならなかったというふうにお聞きいたしました。皆様も御承知のように、近年はゲリラ降雨とか1日に2カ月ぐらいの降雨を記録するような突発的な雨も降ってるようでございます。人命にもかかわる重大なことでございますので、その基準値がいつ制定をされたのか等も含めまして御答弁をお願いいたします。

 2番目に、29ページにあります13節の委託料がございます。これは鳥ノ木団地の耐震診断とお聞きしておりますが、市長さんの所信表明でもございました公営住宅ストック総合活用計画とあわせまして少し今後の鳥ノ木住宅団地の件についてお伺いしたいと思います。

 以上2点、よろしくお願いいたします。



◎道路河川課長(長尾省三君) 議長



○議長(若松孝行君) 長尾道路河川課長



◎道路河川課長(長尾省三君) それでは、日野議員の質問にお答えします。私のほうからは、がけ崩れ防災対策費についてお答えいたします。

 まず、この事業でございますけれど、この事業は県費事業でございまして、ちょっといつ制定されたというのは手元に資料がございませんので、後でまたお知らせしたいと思いますが、一応5戸以下の人家が集落しておる、つまり小規模な区域のがけ対策で裏山が5メートル以上、そして傾斜角度が30度以上の自然がけが対象でございます。したがいまして、今回については一応1件で延長が18.5メートル、高さが最大5メートルという、それと自然がけという基準を満たしておりまして、一応工事採択、内示をいただいております。

 以上でございます。



◎都市整備課長(島田光君) 議長



○議長(若松孝行君) 島田都市整備課長



◎都市整備課長(島田光君) 日野猛仁議員の2点目の予算書29ページ、7項1目住宅管理費の中の委託料の件でございますが、議員御指摘のとおり鳥ノ木団地の5棟分でございまして、20年度に1、3、5棟の3棟をやったわけでございますが、残りの5棟、2、4、6、7、8の5棟分、これを今回やろうといたしてるところでございます。参考までに申し上げますと、20年度に耐震診断をした結果、1、3、5棟のうちの5棟分、これが耐震基準を満たしておりませんので、これは耐震補強ということに移行する予定になっております。

 それから、一応今年度、21年度で上げました2、4、6、7、8棟の5棟分、これに関しましても耐震診断を行った結果、耐震補強が必要なものに関しましては補強工事をやっていくということになっております。そのことに関しましては、ストック総合活用計画、市長が所信表明でも申しましたとおり、この活用計画の中に鳥ノ木団地は耐震補強をして今度住居戸数を確保していくということの位置付けにはなっております。

 また、ダイジェスト版、これはでき上がっておりますので、ストック総合活用計画、このダイジェスト版を近々のうちにお配りをさせていただいたらと考えております。

 以上でございます。



◆1番(日野猛仁君) 議長



○議長(若松孝行君) 日野猛仁議員



◆1番(日野猛仁君) 失礼いたします。

 先ほどの最初のがけ崩れ防災対策費でございますが、ここ近年は自己負担の割合が増えているようにお聞きいたしました。その兼ね合いもあってこれを申請される方が、申請と申しますか基準を満たされている方が年々減少してるようにお聞きいたしました。今回お聞きしました実際基準に漏れた方ですが、どういった形で漏れたのか。そういった方に関しては、私が先ほど言いました今後の防災等々に関しましての分では基準に当てはまらない、そういったことをお聞きしたいんですが、よろしくお願いいたします。



◎道路河川課長(長尾省三君) 議長



○議長(若松孝行君) 長尾道路河川課長



◎道路河川課長(長尾省三君) 再質問にお答えいたします。

 まず、この補助事業でございますが、県が事業費の60%、市が24%、そして地元が16%、地元というのは個人になりますけれども、個人が16%の一応負担が要るという格好でございます。

 それで、一応私が聞いておる範囲では、今回このがけ崩れ防災対策事業費については、一応2件の要望があって、いわゆる規格に合う要望が2件あって、2件県に申請して、1件については家庭の事情で、もうその家に住まないので息子さんの家に住むからということで取り下げをしたという経緯はありますけれども、負担金がこれも若干上がっておるんだろうと思うんですけれども、今のところ私のほうでは一応申請漏れがあったということは、申請漏れというか、申請して却下されたということは聞いておりませんが、なお詳細についてはもう一遍確認をとらさせていただいたらと思います。

 以上でございます。



○議長(若松孝行君) よろしいですか。

 ほかにございませんか。



◆19番(水田恒二君) 議長



○議長(若松孝行君) 水田恒二議員



◆19番(水田恒二君) 先ほどとほぼ同様の質問なんですけれども、27ページに関しまして、道路新設改良費のところで委託料、測量設計委託料は多分下の工事費の2点であろうと思われますが、両方ともであればこちらに幾らという内訳をお示し願いたいのと、下の工事費の2路線に関しまして先ほどと同様の質問でございます。それと、一番下の大谷ポンプ場改修工事のフラップゲートに関しまして1枚なのか何枚なのか、もしくは1枚は幅何メートル、高さ何メートル、大きさをお聞きしたいと思います。



◎道路河川課長(長尾省三君) 議長



○議長(若松孝行君) 長尾道路河川課長



◎道路河川課長(長尾省三君) 水田議員の質問にお答えいたします。

 まず、13節の委託料でございますけれども、これは20年度、そして21年度、2年間にわたりまして委託しておりますもんで、延長が何ぼとかという形はちょっと言えないんですけれども、20年度にやった用地測量の残り、それと構造物の詳細設計、これで満野法師線の全体のその部分についての委託料でございます。

 それと、15節工事請負費でございますが、満野法師線道路改良工事については全体延長950メートルのうち300メートル、W5メートルで改良を計画しております。それと、稲荷下三谷線舗装改良工事については、2カ所、合計885メートル、幅員6.3から6.8の舗装を改良するものでございます。

 それと、河川費の15節大谷ポンプ場改修工事でございますが、これについてはポンプからポンプアップした水が放流槽に入るとこにフラップゲードが3基ございます。そのうち1基が機能が不全ということで、その1基を取りかえる費用でございます。

 以上でございます。



○議長(若松孝行君) よろしいですか。

            〔19番水田恒二議員「ゲートの大きさ聞いたやん」と呼ぶ〕



○議長(若松孝行君) ゲートの大きさわかりますか。



◎道路河川課長(長尾省三君) 議長



○議長(若松孝行君) 長尾道路河川課長



◎道路河川課長(長尾省三君) 失礼しました。ゲートはパイ1,500でございます。1メートル50でございます。

 以上でございます。



◆19番(水田恒二君) 議長



○議長(若松孝行君) 水田恒二議員



◆19番(水田恒二君) すみません、自分の理解が違うとったみたいで、大きな板みたいなんがあって、上から流れてくるときはこうして水が行くと、返るときは右から来るときは自動的に反対にバタンと閉まるというふうにイメージしとったもんで、縦横の大きさ言うてくれ言うたんだけども、今の話からすると、大きな管があって、1.何メートルかの管があって、その前についとる円形のふたというふうに理解したらいいわけですか。



◎道路河川課長(長尾省三君) 議長



○議長(若松孝行君) 長尾道路河川課長



◎道路河川課長(長尾省三君) 水田議員の再質問にお答えします。

 これについては、一応大谷ポンプ場に今下水道課のほうで1台を据えよると思うんですけれども、将来的には3台の排水ポンプが据わる予定でございます。それの排水口にフラップゲートをつけて海に放流するわけでございまして、波の影響とか、排水弁から沈砂槽へ行って、沈砂槽からポンプでくむわけです。そこに逆流を防ぐためにフラップゲートがあるとお考えいただいたらと思うんですが、そのフラップゲートの一部が開閉ができないということで、ポンプに負荷がかかるということで、一応今回改修をするように考えております。大きさについては、先ほど言いましたようにポンプの排水口の大きさ、つまり直径1メートル50の前にフラップゲートをつけるということでございます。

 以上でございます。



◆19番(水田恒二君) 議長



○議長(若松孝行君) 水田恒二議員



◆19番(水田恒二君) それにしては極端な言い方、言うたら素人考えではふた1枚で900万円というのは相当高いもんだなと思うんです。やっぱりそんなもんなんですかね。



◎道路河川課長(長尾省三君) 議長



○議長(若松孝行君) 長尾道路河川課長



◎道路河川課長(長尾省三君) これについては、一応塩害等の関係もありまして、当然ステンレスでございます。それと、潮間作業等で時間的制約も受けます。そこらの関係で割高にはなると思いますけども。

 以上でございます。



○議長(若松孝行君) よろしいですか。

 ほかにありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 次へ参ります。

 9款消防費について御質疑ありませんか。

 説明書29ページ下段及び30ページ上段です。



◆8番(武智邦典君) 議長



○議長(若松孝行君) 武智邦典議員



◆8番(武智邦典君) 29ページの9款消防費、1項消防費、2目の8節の報償費ですけれども15万6,000円、この報償はどういう方に報償されるのかということと、先般の説明では9月1日ということで伊予小学校というふうにお聞きをいたしましたが、これは火曜日になっておりますが、これどんな訓練をして、例えば子供たちも、伊予小学校なんか不審者が入ったときに訓練なんかもしょっちゅうやってますけれども、子供たちも参加をした訓練なのかどうなのか、どういう位置付けの訓練なのかを教えていただきたい。

 以上です。



◎防災安全課長(上田誠一君) 議長



○議長(若松孝行君) 上田防災安全課長



◎防災安全課長(上田誠一君) 武智邦典議員さんの御質問にお答えします。

 まず、総合防災訓練の日にちでございますが、10月25日日曜日、伊予小学校で開催するというふうに発表したと、関係者が説明したと思っておりますので、御了承いただいたらと思います。

 なお、非常備消防費に計上いたしております総合防災訓練出動手当でございますが、これは消防団の方の出動手当でございます。

 以上でございます。



○議長(若松孝行君) よろしいですか。

            〔8番武智邦典議員「はい、構いません」と呼ぶ〕



○議長(若松孝行君) ほかにありませんか。



◆19番(水田恒二君) 議長



○議長(若松孝行君) 水田恒二議員



◆19番(水田恒二君) 1枚めくっていただきまして、耐震診断の補助金なんですが、毎回お聞きするんですけども、多分今年も2件とか3件ぐらいではなかろうかというふうに勝手な想像をするわけでありますけれども、大体2万円の補助自体がちょっと実態に合ってないのではないかと。要するに、過去何年にもわたって5件以下のところの数字で推移してるんじゃなかろうかと思うんですよね。実際問題関係者に当たってみますと、8万円ないし10万円の費用が要るということで、この間のそういった流れの中で要するに2万円の補助だから大体少ないんだと。同じ例えばこの40万円の金額を上げないにしても、例えば5万円にするとか8万円にするとか、そういうようなことをやるというような形での検討した上での予算提案なのか、やっぱりしたけれども今までどおりいこうじゃないかということなのか。今言ったような議論があったのかないのか、この予算をつける際に。ということで、できればこの予算の執行に関しましては今後見直しを含めてすべきではないかというふうに思いますけれども、いかがでございましょうか。



◎都市整備課長(島田光君) 議長



○議長(若松孝行君) 島田都市整備課長



◎都市整備課長(島田光君) 水田議員の御質問に御答弁申し上げます。

 御指摘のとおり、補助金の引き上げをしたから受診率が上がるかということは当然考えもいたしましたが、恐らくこちらの推測の域なんですけども、財政事情も勘案いたしたところで、補助金の引き上げを仮にいたしたとしても受診率は上がらないんじゃないのだろうかという推測の域でございまして、従来どおりの補助率、補助金額ということを踏襲したところでございます。

 蛇足ではありますが、ちなみに他市の状況も見てみますと、余り受診率もかんばしくないという状況にもなっておるようでございます。

 以上でございます。



◆19番(水田恒二君) 議長



○議長(若松孝行君) 水田恒二議員



◆19番(水田恒二君) もうお昼でございますので、答弁はもう必要ありませんけれども、そういう情報をお持ちでないのかどうなのか。要するに関東のある行政区域では、補助金を10万円にして一気に増えたというところもあるんですよね。でも、私は、伊予市が余りにも小さいもんだから10万円も出せとは言わないわけですけども、5万円とかね、5万円で例えば極端な話8件の範囲にすればいいわけでしょう、40万円という予算枠の中でやるならば。だから、そういうふうな問題提起の仕方、要するに予算規模を上げろまでは私言ってないわけですから、今言ったようにやってみないとわからないと、頭からやらずに2万円を5万円にしたから、8万円にしたからというたって増えないという、頭からの決めつけはいかがでございましょうかということで、後でこそっと話があればしていただいても構いませんが、この場での答弁は結構です。そういうような要望をして、今後の予算設定、予算上程に対して御配慮いただいたらと思います。



○議長(若松孝行君) ほかにありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) ないようですので、暫時休憩いたします。

 開会を13時。

            午後0時01分 休憩

       ───────────────────────

            午後1時01分 再開



○議長(若松孝行君) 再開いたします。

 午前中に引き続き質疑を行います。

 10款教育費について御質疑ありませんか。

 説明書30ページ中段ないし35ページです。



◆8番(武智邦典君) 議長



○議長(若松孝行君) 武智邦典議員



◆8番(武智邦典君) まず、31ページの10款2項1目の15節中山小学校音楽室天井環境対策工事、これにつきましてどのような設計になるのか、そしていつ入札を予定されているのか、そしてその入札においていつまでに完成をさせられる予定か、そしてこの場合、国の補助は受けることができないのか、できているのかという点をまずお聞かせ願いたいのと、32ページの10款3項2目の14節のバス借上料、これ坊っちゃん劇場への運搬費ということで御説明は受けたつもりでおりますが、ちょっと初日私耳が悪かったんか、いろいろと書き間違えもあるかもしれませんけれども、平成20年度の実績はどうであったのか、そして今年度の見通しはどうなのかということをお聞かせ願いたい。

 あと最後、34ページの10款5項1目の13節の図書館蔵古文書整理業務委託料970万円ほどでございますけれども、これはどういった委託内容なのか、この3点をお聞かせ願えればと思います。



○議長(若松孝行君) 答弁できますか。



◎教育委員会学校教育課長(田中浩君) 議長



○議長(若松孝行君) 田中教育委員会学校教育課長



◎教育委員会学校教育課長(田中浩君) 武智邦典議員の御質問にお答え申し上げます。

 まず、1点目の中山小学校の工事についてでございますが、中山小学校音楽室の天井部分にアスベストが含有されていたということでございまして、天井すべてをまず飛散防止等養生措置を行った上で撤去いたしまして、天井を設置してパーライトを吹きつけるというような工事を予定しております。

 それで、入札につきましては、議決後早急にという形で対応いたしまして、完成につきましては夏休み中8月末までにということで対応してまいりたいと考えております。なお、国の補助につきましてはございません。

 次に、32ページのバス借上料でございますが、20年度の実績につきましては、伊予中学校が2月5日に少年の日の記念行事としまして、中学校2年生79名、引率者5名で実施いたしました。それと、昨年の12月18日に上灘中学校と下灘中学校が統合を控えての交流事業の一環といたしまして、全校生徒を対象といたしまして上灘中学校が58名、下灘中学校が39名、合計97名で引率者8名ということでそれぞれ実施いたしました。21年度につきましては、31ページの2目教育振興費のほうにも上げとんですがバス借上料、小学校費のほうで、小学校が中山小学校及び下灘小学校、これは3月の最後の遠足を兼ねて実施予定でございます。中学校につきましては、32ページの10款3項2目教育振興費で計上しておりますが、伊予中学校と中山中学校2校が予定、これも伊予中につきましては昨年の少年の日の記念行事、中学2年生対象で、中山中学校につきましては全校で3月の実施予定でございます。

 以上でございます。



◆8番(武智邦典君) 議長



○議長(若松孝行君) 武智邦典議員



◆8番(武智邦典君) ありがとうございました。

 再質問は、最初の31ページの中山の学校の音楽室のことで再質問いたしますが、俗に言う石綿ですけど、俗に言う労働安全衛生法の施行規則というか、その枠組みの中でどういった国の基準、指針において何%までが許容範囲やけど何%以上は許容から外れとるから今回の工事をするようになったのか、要するに国の基準と実際に検出された検測値を教えていただきたいのと、そして石綿の、石綿というかアスベストの一般的に飛び散る飛散の状況の検出結果のその調査において、これも国の基準が幾らであって、今回調査をしたら飛散状況はゼロであったのか、それともゼロ以上のものがあったのか、その検出の有無についてお聞かせ願いたいと思います。



◎教育委員会学校教育課長(田中浩君) 議長



○議長(若松孝行君) 田中教育委員会学校教育課長



◎教育委員会学校教育課長(田中浩君) 武智議員さんの再質問にお答え申し上げます。

 平成17年11月にアスベストを使用していると疑われる建材使用箇所のアスベスト含有調査を実施いたしまして、そのときに中山小学校の音楽室も調査をいたしました。当該箇所も含めまして市内ではアスベスト含有なしとの報告を受けていたわけでございますが、平成20年度に入りまして文部科学省より、当時国内で流通していないと思われておりましたトレモライトが他県で発見されたため、再度トレモライトも調査対象とした詳細調査を実施するような通達がございました。そのような通達を受けまして21年3月に再調査いたしましたところ、石綿の1種類でありますクリソタイルが0.9%含有されていることが判明いたしました。今回の調査、20年6月に改正がございましたんですが、従来は1.0未満はオーケーだという基準が、今回改正により0.1%未満へと強化された関係もございまして、アスベストが含有されているとの報告を受け、使用停止を行うかどうかの判断基準とするために、3月28日に大気中の飛散測定調査を実施いたしましたところ、大気中の測定結果は空気1リットル当たり0.057本というような、基準が0.3ということでございますが、大幅に下回っておりまして、通常使用には支障ないというようなことですが、愛媛県が発行しております石綿対策マニュアル等に基づき判断いたしまして、部屋といたしましては使用頻度が高く、飛散のおそれが小さいため、早い時期に除去等の措置を行うことということもございますので、今議会に補正予算として計上させていただいたものでございます。

 先ほども申しましたとおり、音楽室すべて飛散防止措置を行いまして、入り口にセキュリティーゾーン設置の上、天井台ごと除去しまして、その後新しい天井台張りつけ及び吹きつけを行う予定でございます。

 以上です。



◎教育委員会事務局長(三好正君) 議長



○議長(若松孝行君) 三好教育委員会事務局長



◎教育委員会事務局長(三好正君) 今の田中課長の補足をいたしますが、新聞紙上でもちょっと誤解を招くような表現が見受けられたような表現だったので。現在中山小学校につきましては、外部の意見もございまして校長とお話ししまして、音楽室については現在工事終了まで使用禁止といたしまして、中山小学校内にあります生活科教室のほうで音楽の授業をやるというふうな運びにしておりますので、議員さん多分その点が御心配だったんだろうと思っておりますので、補足させていただきます。



◆8番(武智邦典君) 議長



○議長(若松孝行君) 武智邦典議員



◆8番(武智邦典君) 局長、まさに私の心配しとる一番のところを見抜いておられると。要は今のトレモライトが基準の中に、要するに石綿の基準に入ってきたと。その枠組みの中で俗に言うクリソタイル、従前では1%という位置付けであったのが0.1という基準になった、そして調査の結果0.9というものが出てきたと。当然のごとくこの工事をしなくてはならない。そして、飛散に関しましてゼロではない、今0.057本と聞こえたんで0.057本でございましょうけど、0.3本以下であれば問題ないというのが一応国の基準ではございますけれども、実際あれは昭和50年の段階で原則禁止と、アスベストはね、禁止になっとるわけでございまして、悪性の中皮腫等々の原因になるアスベストが俗に言う約35年前後たってから発病するというような今の国の統計でも出ておるし、要は潜伏期間が長いわけなんですよね。そんな中で現実に0.057本とはいえ、音楽室をこの新聞で正直5月29日の7面の新聞記事では市学校教育課は健康に支障がなく使用中止にはしないとしていると、ここの文言が私非常に気になったのでこういう質問をしたわけでございますけれども、やはり実際に原因がはっきりわかってない、だから原因が、もうアスベストがあるんだということがわかったんであれば、もうそれも夏休み中にもう工事終わるんですよというんであれば、たった1カ月ちょっと子供さんたちには不便かけるけれども使用を中止して、その部屋のね、そういう指導をしていくのが教育委員会のあるべき姿かなと思っておりましたが、今局長にそういうふうな御答弁いただきましたので、今後とも子供たちの命を守るように鋭意されることを要望して質問を終わります。

 以上です。



◎教育委員会社会教育課長(山下佳宏君) 議長



○議長(若松孝行君) 山下教育委員会社会教育課長



◎教育委員会社会教育課長(山下佳宏君) 武智議員のもう一点の分、図書館蔵古文書整理業務委託についてですが、これにつきましては現在伊予市立図書館に保管しております市の指定文化財郡中湊町町方文書などの古文書につきまして簡易な害虫駆除、それからクリーニングとそれから分類の整理を行って目録、データベースを作成します。事業の実施につきましては、民間業者への委託とさせていただき、古文書研究家の柚山俊夫氏に御指導をいただきながら行っていく予定としております。これをすることによりまして文書の保管状況、これ現在桐の箱とか酸性、中性の中性の箱に保存しているわけなんですけれども、この簡易な防虫処理とクリーニングをすることによって保存状態がいい状態で長く保てるというふうなことになると思われております。

 以上でございます。



○議長(若松孝行君) ほかにありませんか。



◆2番(北橋豊作君) 議長



○議長(若松孝行君) 北橋豊作議員



◆2番(北橋豊作君) 北橋でございます。

 30ページでございますけれども、10款の教育費、2目の事務局費の中の19節でございます負担金補助金及び交付金、金額的にはわずかでございますけども49万4,000円というふうなことでございますが、ふるさと生活体験推進事業負担金ということで、先般の説明では南山崎小学校の5、6年生を対象に4泊5日で西条のほうへというふうなことでございますけれども、一応3点ばかりお聞きしたいと思うんですけれども、この事項につきましては非常に重要であろうというふうに自分自身も認識しておるわけでございますけれども、どういう体験をするのかというふうなことと、この事業につきましては毎年行っておるのかどうかというふうなこと。それから、教育については学校教育、家庭教育等々あるわけでございますけれども、特にこの事業につきましては共同生活、体験を通じて健やかな子供の成長を願う、これは私もそう思っておるわけでございますが、今後他の学校等々への啓蒙も含めた中での計画があるのかどうなのか、中学校も含めてでございますけれども、この3点についてお答えいただいたらと思います。よろしくお願いいたします。



◎教育委員会学校教育課長(田中浩君) 議長



○議長(若松孝行君) 田中教育委員会学校教育課長



◎教育委員会学校教育課長(田中浩君) 北橋議員の御質問にお答え申し上げます。

 まず、1点目のどういう体験をするかということでございますが、一応4泊5日で、そのうち2泊は民泊を行います。その後石鎚ふれあいの里で2泊というような形になっておりまして、その間に民家では酪農体験や自然観察、竹細工、草木染め等の体験をするような形になっております。毎年ということですが、これにつきましては昨年度南山崎小学校5、6年生対象で実施いたしまして、今年度も継続でということで、再度南山崎小学校で5、6年生対象で、今年度につきましては10月26日から10月30日、小学校5、6年生37名で実施する予定になっております。

 あと他の学校へということでございますが、この事業につきましては、県のほうからの補助事業でございまして100%補助事業ということでございまして、今後他の学校ということになりますと、結局受け入れ先の施設の問題とか多々いろいろな問題がございまして、そういう積極的に取り入れていくということは大事なことだとは考えておりますが、今のところ事業自体は今後拡大していくような方向はあるようでございますので、今後の検討課題としてとらえております。



○議長(若松孝行君) よろしいですか。

 ほかにありませんか。



◆12番(田中裕昭君) 議長



○議長(若松孝行君) 田中裕昭議員



◆12番(田中裕昭君) 32ページの3項の13節の委託料の下の部分の周辺建物事前調査業務委託料、港南中学校でもいろいろトラブルがあったわけでございますけど、コンサル業者に頼むわけですけど、中学校から大体どのぐらいの距離の範囲のお宅を事前調査するのか、それと何軒ぐらいあるのか、それとその調査する内容、わかりましたら教えていただきたいわけでございます。



◎教育委員会学校教育課長(田中浩君) 議長



○議長(若松孝行君) 田中教育委員会学校教育課長



◎教育委員会学校教育課長(田中浩君) 田中裕昭議員さんの御質問にお答え申し上げます。

 周辺建物の事前調査業務ということで、議員さん御指摘のとおり、港南中学校の問題も踏まえまして、今回工事をする前に事前調査を行うということで計上させていただいておりますが、通常の範囲といたしまして工事の施工区域から30メートルという範囲で考えておりまして、ちょうど上灘中学校の正面玄関の前あたり、道挟んで前の4棟が対象となっております。

 調査内容につきましては、工事施工前の結局ひび割れの状態とかそのあたり、家の外壁とか、中に入っての調査も御了承いただけるようでしたら中へ入っての壁のひび割れの状況とかそういったような調査を事前に行って、工事後の結果との比較を行うというような形になろうかと考えております。



◆12番(田中裕昭君) 議長



○議長(若松孝行君) 田中裕昭議員



◆12番(田中裕昭君) ちょっと質問を忘れてたんですけど、時期はいつ頃からいつ頃までやるのか、ちょっとそれだけ教えてください。



◎教育委員会学校教育課長(田中浩君) 議長



○議長(若松孝行君) 田中教育委員会学校教育課長



◎教育委員会学校教育課長(田中浩君) 田中裕昭議員の再質問にお答え申し上げます。

 事前調査につきましては、着工といいますか、とりあえず当面着工を行いますのが10月末あたりになりますんで、それまでには事前調査を完了するということで、事前調査をまず議決後早急に対応してまいりたいと考えております。



○議長(若松孝行君) ほかに答弁ありますか。

 答弁よろしいですか。──ほかにございませんか。



◆11番(武智実君) 議長



○議長(若松孝行君) 武智実議員



◆11番(武智実君) 31ページの諸費のとこで、統合のときの補助金を出すのは、今まで例があるわけですが、その中の説明のときに外部指導者の分が出とったんですけど、それ僕の聞き違いか、そこのところの説明が欲しいんですが。よろしくお願いします。



◎教育委員会学校教育課長(田中浩君) 議長



○議長(若松孝行君) 田中教育委員会学校教育課長



◎教育委員会学校教育課長(田中浩君) 武智実議員の御質問にお答え申し上げます。

 3目諸費の下灘中学校統合記念事業費補助金の件であろうと思うんですけれど、これにつきましては記念碑と記念誌の発行の費用といたしまして見積もり等を徴取いたしましたところ、これ実行委員会のほうで検討いたしましたところ、約400万円余り必要だということで、その2分の1の費用につきまして市のほうから補助いたしたいというようなことでございます。



○議長(若松孝行君) 答弁ありますか。

 武智議員よろしいですか。



◆11番(武智実君) 議長



○議長(若松孝行君) 武智実議員



◆11番(武智実君) すみません、その前かもしれんのですが、クラブの外部指導者の費用としてちらっと説明があったように思ったんじゃが違いますか。



◎教育委員会学校教育課長(田中浩君) 議長



○議長(若松孝行君) 田中教育委員会学校教育課長



◎教育委員会学校教育課長(田中浩君) 武智実議員さんの御質問にお答え申し上げます。

 確かに外部指導者といいますのは、2目事務局費の8節報償費から19節負担金補助及び交付金、その合計額が218万3,000円になっておりますが、それぞれの項目に振り分けて、先ほど北橋議員さんのほうから御質問ございましたふるさと生活体験推進事業と、もう一つ事業がございまして運動部活動等活性化推進事業という2つの事業を各項目に振り分けてございます。ふるさと生活体験推進事業が127万円で、運動部活動等活性化推進事業が91万3,000円ということでございまして、運動部活動等活性化推進事業という内容でございますが、下灘中学校の女子バレー部の活動を中心に行うわけですが、上灘中学校の女子バレー部との合同の練習や合同でビーチバレー等にも参加すると、あとそれに伴って外部指導者といたしましてビーチバレーの佐伯選手とか等を招聘するというような形で御説明の中に出てきたんだと考えます。

 以上です。



◆11番(武智実君) 議長



○議長(若松孝行君) 武智実議員



◆11番(武智実君) まず、全体の合計を九百万円何ぼかと127万円って、全部総合計したら金額がちょっと合いにくいんで、後でこれ明細くれませんか。



○議長(若松孝行君) ほかにございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 次へ参ります。

 歳入について御質疑ありませんか。

 説明書8ページないし11ページです。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 次に参ります。

 第2表地方債補正について御質疑ありませんか。

 予算書5ページ及び6ページです。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) ないようですので次へ参ります。

 議案第69号平成21年度伊予市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について、まず事業勘定について御質疑ありませんか。

 説明書50ページ及び51ページです。

 ありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 次へ参ります。

 診療施設勘定について御質疑ありませんか。

 説明書54ページないし56ページです。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) ないようです。

 次へ参ります。

 議案第70号平成21年度伊予市介護保険特別会計補正予算(第1号)について、御質疑ありませんか。

 説明書70ページないし75ページです。



◆16番(日野健君) 議長



○議長(若松孝行君) 日野健議員



◆16番(日野健君) 73ページ構わんでしょうかね、の1項1目の19節負担金補助及び交付金2,360万円、交付金が2,303万1,000円というふうになって、小規模福祉施設スプリンクラー設置補助という内容なんですけれどが、どういう内容、どこへつけるんか、そういう内容的なことをもう少し詳しくお伝え願ったらと思います。



◎長寿介護課長(宮岡崇君) 議長



○議長(若松孝行君) 宮岡長寿介護課長



◎長寿介護課長(宮岡崇君) 日野議員さんの御質問にお答えいたします。

 今回消防法施行令の改正によりまして、小規模福祉施設ということで市内のグループホームに対してスプリンクラーの設置補助が義務づけられるといったことになります。今回275平米以上、1,000平米未満の施設についてその必要性ということと、あと自力で避難できないような施設ということで改正になったわけですけれども、市内のほうでは8施設のうち5施設が今回対象となっておりまして、この場所につきましてはもうこれは天井部分にずっとはわして設置するということになるかと思います。

 以上です。



◆16番(日野健君) 議長



○議長(若松孝行君) 日野健議員



◆16番(日野健君) グループホームが対象ということで、今伊予市で8カ所あるんで、そのうち5カ所ということですけど、あと3カ所というのは対象にならんということだったら、これは基準に合わんということですね。そういうことで、合わんところについては今後どういうふうにするなど、ひとつちょっとわかればお伝えを願ったらと思います。



◎長寿介護課長(宮岡崇君) 議長



○議長(若松孝行君) 宮岡長寿介護課長



◎長寿介護課長(宮岡崇君) 日野議員さんの質問にお答えいたします。

 3施設につきましては、1施設については既に設置済みですので対象外となります。それから、残り1施設につきましては、面積要件が275平米以上ということで、これ以下の施設ですので、これは対象外と。それから、残りました1施設につきましては、経過措置ということで23年度までの間に設置すればよいということになっておりますので、今回は対象となっておりません。

 以上です。



◆16番(日野健君) 議長



○議長(若松孝行君) 日野健議員



◆16番(日野健君) 申し訳ございません。スプリンクラーの機能ですかな、それちょっと、それ聞きたいんですが、それだけ教えてください。



◎長寿介護課長(宮岡崇君) 議長



○議長(若松孝行君) 宮岡長寿介護課長



◎長寿介護課長(宮岡崇君) 日野議員さんの質問にお答えいたします。

 スプリンクラーそのものの機能といいますか、細かな説明というのはちょっと難しいんですけれども、火災が発生した場合にその熱、煙を感知して一斉に放水を始めるということで、特にとめない限りそのままずっと水が出続けて鎮火の方向に向かっていくというような設備であるというふうに思います。よろしいでしょうか。



○議長(若松孝行君) よろしいですか。

 ほかにありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 次に参ります。

 議案第71号平成21年度伊予市簡易水道特別会計補正予算(第1号)について、御質疑ありませんか。

 説明書88ページ及び89ページです。



◆19番(水田恒二君) 議長



○議長(若松孝行君) 水田恒二議員



◆19番(水田恒二君) 関連があって無理だということになれば答えなくてもいいんだけど、ここの場合の豊岡浄水場の具体的な場所と浄水場の膜を洗浄するということなんですけれども、この膜の方式について、例えば他の浄水場、簡易でないところも含めましてお答えいただけるならばですけど、どういう方式があるのか、もしくはここの豊岡の浄水場とすべて全市内同じ方式でやっていて、たまさかここが膜が傷んだとか汚れたとかということでやりかえることになったのかお教えいただいたらと思います。



◎水道課長(向井利忠君) 議長



○議長(若松孝行君) 向井水道課長



◎水道課長(向井利忠君) 水田議員の御質問にお答えします。

 この豊岡浄水場の場所なんですけれども、一応中山簡水の補助水源としての機能を有しておりまして、県道の久万中山線と栗田川ですか、のちょうど挟まれたところにあるわけなんですが、岐阜プラスチック株式会社の上流200メートルぐらいのところに所在しております。

 この膜自体の機能といいますか種類なんですが、こちらのほうの膜はセラミック膜といって、ほかに市内にあります森浄水場等の膜とはまた違った種類です。森浄水場につきましては有機膜というようなことで酢酸セルロース膜ですか、そういった対応をしておる状況なんですが、これは構造的には基本的に同じで、膜を通してろ過をするという対応のものなんですけれども、それぞれの水質ですか、原水の水源のそれぞれの水質に応じて当時対応をしたものだろうと判断をいたしております。

 あと場所的に現地で薬品洗浄を今回行うわけですが、セラミック膜につきましては構造、種類、そういった材質の問題があって、一定搬送途中に壊れたりするようなこともありますので、一定現地での膜洗浄を行うという。一般的に有機膜のほうにつきましては工場へ持ち帰っての対応になっておろうかと思いますので、その点御理解いただいたらと思います。



◆19番(水田恒二君) 議長



○議長(若松孝行君) 水田恒二議員



◆19番(水田恒二君) この豊岡の場合、使う薬品ですよね、洗ったら当然液体やから飛散したり、最終的に流れ出すということもあり得るわけですが、それを洗った液体というものは全部回収するのか、それが川に最終的に流れていくのか、その場合、流れていく場合にはいろいろ自然界に悪影響を及ぼすような、自然界に悪じゃなくても要するに影響を及ぼすような、そういうような性質を持った薬品なのかどうかだけお聞かせいただきたい。そういう配慮をしてるのか。



◎水道課長(向井利忠君) 議長



○議長(若松孝行君) 向井水道課長



◎水道課長(向井利忠君) 水田議員の再質問にお答えいたしたいと思いますが、今回の洗浄の内容につきましては、一応薬品というようなことで各種の薬品を使いますので、処分液につきましては産廃という形で持ち帰りを対応させておりますので、御理解いただきたいと思います。

            〔19番水田恒二議員「議長、薬品、後で書類にしてください」と呼ぶ〕



○議長(若松孝行君) ほかにありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 次へ参ります。

 議案第72号平成21年度伊予市公共下水道特別会計補正予算(第1号)について、御質疑ございませんか。

 説明書100ページ及び101ページです。

 ありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 次へ参ります。

 議案第73号平成21年度伊予市介護サービス事業特別会計補正予算(第1号)について、御質疑ありませんか。

 説明書112ページです。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 次へ参ります。

 議案第74号平成21年度伊予市水道事業会計補正予算(第1号)について、御質疑ありませんか。

 予算書別冊です。



◆19番(水田恒二君) 議長



○議長(若松孝行君) 水田恒二議員



◆19番(水田恒二君) 最後の14ページの6,800万円の工事請負費について、簡略で結構ですから内容を説明願いたいと思います。



◎水道課長(向井利忠君) 議長



○議長(若松孝行君) 向井水道課長



◎水道課長(向井利忠君) 水田議員の御質問にお答えしたいと思いますが、一応これは道路改良関連事業ということで、国道56号線、現在国のほうで改良が促進されておりますが、ちょうど稲荷から下吾川までの間の両歩道を今回一定完成をさせたいというような対応が出ておるようです。ですので、そちらのほうの工事に対して管の新設あるいは既設管の移設工事というような形での対応をしておりまして、それが6,400万円というような形、後でその他2路線につきましては市道改良に伴います移設工事というような形になっております。

            〔19番水田恒二議員「後で長さを下さい、後でええです」と呼ぶ〕



○議長(若松孝行君) ほかにありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 以上で質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております報告第11号、議案第65号ないし議案第74号は、会議規則第37条第1項の規定により各所管の常任委員会に付託いたします。

 別紙議案付託表を御参照願います。

 なお、委員会の審査の経過並びに結果は、その報告を待って審議することにいたします。

            〔議案付託表は付録に掲載〕

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第3 報告第5号〜報告第10号

         (質疑・受理)



○議長(若松孝行君) 日程第3、報告第5号ないし報告第10号を一括議題といたします。

 これから報告第5号ないし報告第10号に関する質疑に入ります。

 質疑は議案番号順に行います。

 まず、報告第5号伊予市土地開発公社の経営状況について、御質疑ありませんか。

 別冊です。



◆2番(北橋豊作君) 議長



○議長(若松孝行君) 北橋豊作議員



◆2番(北橋豊作君) 北橋でございますが、まず土地開発公社の関係の平成20年度附属明細書の2ページでございますけれども、ちょっと私もこの数字だけではちょっと中身はわからないわけでございますが、資産台帳があればわかるんですけれども、一応資産の区分ですけれども、尾崎天神下公有地取得事業ですね、これ北山崎の土地だろうと思うんですが、10年経過したというふうなことの中で目的変更というふうなことで特定土地になったんだろうというふうに思うわけでございますけれども、この21年3末でこの尾崎天神下の土地が3億2,721万7,503円というふうなことでございますけども、それで当期減少額が5,380万1,553円ですけども、これにつきましてこの1年間でこの減少額が発生したのか、そうであれば前年は幾らであったのかというふうなことですね。

 それが1点と、この土地について簿価と時価でかれこれの乖離が出ておるというふうなことで、期末残高の2億7,341万5,950円であれば坪19万円ということですね、期首から見ますと坪22万7,000円と、3億2,700万円というふうなことで、かれこれ下がっておるんですけれども、御承知のとおり土地開発公社につきましては1972年に法律ができたと思うんですが、今から37年前ですね、いわゆる日本のバブルの前だと思うんですけれども、そこでとにかく行政が計画的に市街地の再開発なり公共施設を前もって取得するということで自治体が全額出資というふうな形でできておるわけでございますけども、昨今の状況を見ておりますと、バブル崩壊後地価というのは下がってきておりますし、金融危機等々の中で全国の自治体等につきましても、東京都はないんですかね、46都道府県で約4兆円ぐらいの土地があるというふうなことが言われておるわけでございますけれども、そんな中で2008年度から新たに財政健全度を示す評価の法律が適用されると思うんです。そんな中で、やはり値下がりの激しい土地あるいは利用が見込めない土地につきましては時価で売却するという自治体が増えてきておるんではないかと思うんですが、まさに北山崎の土地につきましては10年が経過したというふうなことの中で、今後あの土地についてどのように利用する考えがあるのかということと、なければ売却についてこの19万円でございますけれどもこれで売れるのかどうなのか、今の評価で幾らなのかというふうなことをお聞きしたいわけです。

 それと、もう一点につきましては、あそこに4,500平米ほどあるんですけれども、その手前にもとのえひめ中央の北山崎支所の事務所と、それからAコープの駐車場があるんですけれども、約1,000平米があるんですけども、この土地を一括購入も含めた形でやれば、もっとやっぱり広範囲な利用なり有利な売却ができるのでなかろうかと私素人なりに考えておるんですけど、そこら辺の考えがあるのかどうなのかお聞きしたいというふうに考えとります。その関係についてよろしく御答弁を願ったらと思います。



◎企画財務課長(森田誠司君) 議長



○議長(若松孝行君) 森田企画財務課長



◎企画財務課長(森田誠司君) 北橋議員の御質問にお答えをいたします。

 まず、尾崎天神下の当期減少額でございますが、5,380万円幾らかになっております。これにつきましては、20年度におきまして尾崎天神下、議員さん御指摘のとおり10年を経過いたしまして公有地としてもう目的を果たしたと、その目的では処分できないというような判断を理事会のほうでいたしまして、特定土地ということで目的を持たない土地というふうな変更をいたしました。その時点で目的を持たない土地、つまり公社のほうで自由に売買ができるというようなことでございますので、当時の簿価のままで販売というのはちょっと難しいであろうというようなことを判断いたしまして、20年度の理事会におきまして当時の公示地価、それから路線価、これ等々から判断をいたしましてこの金額を損益として計上いたしたと、これだけ簿価を落として最終的には2億7,341万5,950円、これにおいて販売をしようという結論に至りました。それが当期減少という形になってきております。

 これの販売、それから利用方法でございますが、一応この金額のほうで昨年度におきましても社団法人愛媛県土地建物取引業協会、こちらのほうと協定を結びまして、公社の土地の販売について一般業者のほうへのあっせん等々お願いをしております。今の金額で売れるかとおっしゃられておりましたが、まだ相場的には若干高いんではないかというようなお話もいただいております。また、このまま販売を続けるということでしたら、また簿価見直し等をかけていく必要も生じてくるんではなかろうかと思っております。

 また、尾崎の土地につきましては、今後建設計画等、公共施設等のまだもろもろ建設が残っております。一度あそこも予定地として検討いたした経緯もございますが、まだ全くそれが消えたわけでもございませんので、また今後そういった施設の検討の一つにもなっていこうかと思っております。

 それから、最後の御質問でありました周囲に残っております土地につきましては、現時点では追加の買収等についてはまだ検討いたしておりません。

 以上でございます。



○議長(若松孝行君) 北橋議員、よろしいでしょうか。



◆2番(北橋豊作君) 議長



○議長(若松孝行君) 北橋豊作議員



◆2番(北橋豊作君) 冒頭申し上げましたようなことで、資産区分につきましては下三谷工業団地造成事業が売却できたということで、資産に載っておるのはこの3カ所なんですかね、ちょっと勉強不足で申し訳ないんですけども、3カ所、それでよろしいんですかね。尾崎天神下と米湊大角蔵と門前地区の住宅、これは2つに分かれますけども。



◎企画財務課長(森田誠司君) 議長



○議長(若松孝行君) 森田企画財務課長



◎企画財務課長(森田誠司君) 現在の公社の土地といたしましては、その3カ所でございます。議員御指摘のように、門前につきましては2カ所に分かれておりますが、その3地区でございます。



○議長(若松孝行君) よろしいですか。

 ほかにありませんか。



◆10番(青野光君) 議長



○議長(若松孝行君) 青野光議員



◆10番(青野光君) 今北橋議員が言われたとこで、私ちょっとお尋ねしたいんです。米湊の大角蔵の代替用地、たしか三島の里からずっと北へおりてきたとこのとこに2カ所用地があると思うんです。あそこが恐らくそうであろうと思とるんですけど、今回何か工事費が140万円ほど、諸経費が13万円ほど入っとんですが、あれはどういう意味合いでこの金額が使われたのか、そして売りますよというて言うとったんやけどだれも買わなかったというのはちらほらは聞いたんですけど、その後の経過等も教えていただけましたら、よろしくお願いいたします。



○議長(若松孝行君) 暫時休憩いたします。

            午後1時56分 休憩

       ───────────────────────

            午後1時58分 再開



○議長(若松孝行君) それでは、再開いたします。

 この際、15分間暫時休憩いたします。

            午後1時58分 休憩

       ───────────────────────

            午後2時13分 再開



○議長(若松孝行君) 再開いたします。

 続いて、答弁を行います。



◎企画財務課長(森田誠司君) 議長



○議長(若松孝行君) 森田企画財務課長



◎企画財務課長(森田誠司君) 青野議員さんの御質問にお答えいたします。

 米湊大角蔵代替用地でございますが、この用地につきましても20年度2ページの一番下にあります代替用地明細表、こちらの目的から特定土地、こちらのほうに目的を変更いたしました。したがいまして、特定土地明細表、上から2つ目の明細表でございますが、期首残高はゼロになっております。一番下の表の当期減少額2,830万6,185円、この金額がそのまま特定土地明細書のほうの当期増加額、こちらのほうに上がってまいります。その関係でその内訳、平成10年の造成でございますが、これの内訳を用地費、工事費、それから諸経費、これらに分類をしたものでございます。

 以上です。

            〔10番青野 光議員「はい、了解です」と呼ぶ〕



○議長(若松孝行君) よろしいですか。

 ほかにありませんか。



◆19番(水田恒二君) 議長



○議長(若松孝行君) 水田恒二議員



◆19番(水田恒二君) 2点お聞かせいただいたらと思います。

 先ほどの北橋議員の質問の中で、尾崎天神下のものに関してなかなか売れないので下げたというのがわかりやすい言い方だろうと思うんですけど、ならば毎回毎回、よく覚えておられるように、門前の土地については私はずっとこの間質問してきてるわけですが、その都度新聞広告するとかいろんなことをして売る努力をすると言いながら、なかなか売れないのが、サボってるとは思っておりませんけれども、なかなか売れないのが実態である。ならば、これも尾崎に関してもそういう措置をとったけれども売れなかったので、必ずしもそういうことをしたから売れるとは限りませんけれども、とったことなかった措置を、極端に下げるのはよくないかと思いますけれども、してみる必要もあるのではないかと思われますが、そのような検討は昨年度なされたのかどうなのか。

 それと、お金の借入れに関しては当然金利がかさむわけでありまして、先ほど申し上げました門前の広いほうの分なんかは2億円以上もしますし、両方合わせれば2億7,000万円弱ですか、ぐらいの金になるわけですから、金利もばかにならないということで、先だっての下三谷の土地が売れた関係であったかどうか明確なあれはありませんけれども、一応金利の安いところに借り換えをしたのではなかろうかと思われますが、そのことによって金利が幾らから幾らに下がり、そして今までの状態のままであるのと借り換えによって幾らぐらいこれで倹約することができたのか、そのあたりをもし借り換えした分があれば、その項目に関して、これにおいてはこれだけ得になりましたよというようなことがあればお教えいただきたい。



◎企画財務課長(森田誠司君) 議長



○議長(若松孝行君) 森田企画財務課長



◎企画財務課長(森田誠司君) 水田議員の御質問にお答えいたします。

 門前につきましては、昨年度今提示をしている金額で住宅用地については売却可能であろうというようなことで検討はいたしておりません。今後検討の余地があると考えております。

 それと、借り換えの関係でございますが、御指摘のとおり下三谷工業団地、これの売却に伴いまして市中金融機関からの借り入れにつきましては全額返済をいたしております。現在残っております借り入れにつきましては、土地開発基金、こちらのほうからの借り入れをいたしております。前年度の市中銀行の利率でございますが1.07%から1.075%、こちらのほうで借り入れをいたしておりました。これにつきましては、全額返済をいたしておりまして、今現在は0でございます。

 現在、基金のほうから借り入れをいたしております利率につきましては0.27のほうで設定をいたしております。その差額、詳細につきましてはちょっと計算を起こしておりませんので、御了承願いたいと思います。



○議長(若松孝行君) よろしいですか。

 それでは、次に参ります前に、午前中日野猛仁議員からがけ崩れ防災対策工事につきましての御質問がございました。これにつきましての答弁があります。



◎道路河川課長(長尾省三君) 議長



○議長(若松孝行君) 長尾道路河川課長



◎道路河川課長(長尾省三君) まず、第1点の21年度がけ崩れ防災対策事業の流れでございますが、これは前年の20年の8月頃に地元区長に対して要望書の依頼をしております。それで、21年度事業については4件の要望がございまして、そのうち2件のうち1件については高さが5メートルに足らないと、裏山の、そういうことで基準が要件に当てはまらない、もう一件については、いわゆる補助金を本人さんがいただいて本人施工ということで、事業の趣旨が本人の意図と一致しないということで辞退をしたという経緯でございます。それで、2件については要綱に合いまして県のほうに要望をいたしまして、朝方申しましたように1件についてはもう独居老人になったために息子さんの家のほうに住むということで辞退をして、現在の予算計上をされておる1件になったわけでございます。

 それで、がけ崩れ防災対策事業の補助金の交付要綱でございますが、この事業はちょっとこれ県のほうにも確認したんですけど、昭和40年半ばぐらいから事業があるようでございます。そのときにはがけ崩れ防災対策事業で補助率を4分の3でずっとやってきておりまして、平成元年4月に愛媛県ががけ崩れ防災対策事業補助金交付要綱を制定いたしまして、今までに5回の変更をして今の要綱になっております。

 また、伊予市の地元負担金の件でございますが、これについては、まず合併まではそれぞれの市町村で決めておる分担金徴収条例でやっております。17年については、伊予市がけ崩れ防災対策事業分担金条例に基づいて分担金を徴収しておりまして、18年度以降については伊予市がけ崩れ防災対策事業分担金徴収条例を改めて制定して今の制度に至っております。

 以上でございます。



○議長(若松孝行君) 次へ参ります。

 報告第6号有限会社シーサイドふたみの経営状況について、御質疑ありませんか。

 別冊です。



◆2番(北橋豊作君) 議長



○議長(若松孝行君) 北橋豊作議員



◆2番(北橋豊作君) 北橋でございますが、別冊の経営状況報告書で見ていただきましたら何点かあるんですけれども、簡単に質問はいたしますが、まず2ページ、下段に年度末の販売の推移が載っておるわけなんですけれども、右肩下がりになっておるわけですけども、中には事業内容でプラスになっておるもんもあるんではないかと思うんで、主なもので結構でございます、何が上がって何が下がっておるのか、この関係ですね。

 それから、決算報告の中で6ページ、これ資産の部で棚卸資産の明細が9ページにはあるんですけれども、これ固定しておるものと変動しておるもんがあるんじゃないかと思うんですが、この内訳ですね、固定しておるものがあるんであれば何が、変動しておるもんであれば何がというふうなことを御説明願ったらと思います。

 あと7ページ、損益計算書の中でミュージアム収入が午前中大西議員も言われたと思うんですが3,000円というふうなことでありますけども、そのことも含めて今後ここを、夕日のミュージアムでございますけど、これをどうするのか、遊休施設に現在なっておるんですけども、簡単で結構でございますが御説明願ったらと思います。

 あと自動販売機の売上げについては330万円あるんですけれども、これ自前でやっとんのか委託しておるのか、また手数料の関係は幾らなのかということと、それから7ページの真ん中どころに施設管理受託料ということで511万8,000円、これは市のほうから指定管理者ということで入っておるんでないかと思うんですが、であれば9ページに役員報酬55万円が計上されておるんですけども、これが妥当なのかどうなのか。プロシーズの中では役員報酬というのはないんですけども、この関係について、別にこれをどうこうというんではないんですけども、御説明願ったらと思います。

 それだけです。お願いします。



◎双海地域事務所長(久保繁行君) 議長



○議長(若松孝行君) 久保双海地域事務所長



◎双海地域事務所長(久保繁行君) 北橋議員の御質問に私のほうからお答えをいたします。

 まず、販売の状況に係ってなんですけれども、過去4年間ずっと下がり続けておりますが、やはりシーサイドふたみもオープンしてから14年ということで、それぞれ特産品センターに係ってもいろんな商品を開発ということを主目的にやってきたわけなんですけれども、会社としての特産品の開発に係っては結構難しい面がありまして、販売に係りましては従来直接仕入れを行っていたわけなんですけれども、委託販売という形で売れ残りを少なくするというような格好で対応をしておるわけなんですけれども、売上げとしてはほとんどのものが下がっているのが現状でございます。

 それから、2点目の棚卸資産についてでございますが、先ほど申し上げましたように、ほとんどのものを委託販売にしております。それで、商品としましては地元のしょうゆとか、それとかみそとかそういう部分の棚卸しでございまして、ほとんどが流動的なものでございます。

 それから、3番目の夕日のミュージアムの収入の関係でございますが、これは昨年6月にシーサイドふたみのほうから目的外使用が出るまではそのまま利用料金規定に基づいて入った方については400円、子供については200円ということで利用料金をいただいておったのが3,000円ということで計上されておるようでございます。これを今後どうするかにつきましては、午前中の質疑の中でも申し上げましたけれども、一応シーサイドふたみの全体の方向性、これを確認していくというようなことで専門の業者の方に調査、検討をいただいて方向性を見きわめてまいりたいと考えております。

 それから、4点目の自販機の関係なんですけれども、シーサイドふたみには20基の自販機がございます。たばこが1基にそのほかは大体ジュース関係がほとんどだろうと思うんですけれども、これにつきましては四国コカ・コーラボトリングの6基については電気代、これのほうを別個にいただいとるようです。そして、手数料につきましては売上げの20%、それでそのほかの物件につきましては電気代込みでございまして売上げの25%、これを収入としとるようでございます。それで、1基だけ紙コップの自販機がございまして、これについては30%の手数料をもらっておるようでございます。

 それから、役員報酬の関係なんですけれども、55万円計上がなされております。従来は社長に限り役員報酬を支払うというようなことで月5万円で年間60万円でございますけれども、昨年度におきましては事業年度途中に前社長のほうが御逝去されまして、1カ月分だけ支払いがなされていないというようなことで55万円が計上されております。そういったことで、ほかの取締役さんおいでるんですけれども、この会社では社長だけに役員報酬を支払うということで御了解をいただいておるようでございます。

 以上でございます。



○議長(若松孝行君) よろしいですか。



◆2番(北橋豊作君) 議長



○議長(若松孝行君) 北橋豊作議員



◆2番(北橋豊作君) ちょっと今の私の質問がちょっと間違うておりまして申し訳なかったんですけども、7ページですね、施設管理受託料ということで511万8,000円市から出ておるんですが、12ページ配当金ということで1株1,000円、40万円支出しておるんですが、これにつきまして市から管理料が出ておるのに配当というのは市にどうなのかという質問でございます。よろしくお願いいたします。



◎双海地域事務所長(久保繁行君) 議長



○議長(若松孝行君) 久保双海地域事務所長



◎双海地域事務所長(久保繁行君) 北橋議員の再質問にお答えをいたします。

 指定管理料として──ここのシーサイドの場合5年間ということで指定管理を18年から行っております──最初は七百数十万円だったと思うんですけれども、それから3年間で511万8,000円まで指定管理料を下げてもらってきております。そういった中でシーサイドふたみそのものにつきましては、旧双海町時代から出資額の5%、これを18事業年度までは5%を出資配当として配当してまいりました。それで、19年度から会社の経営母体の強化とか、そういう意味も含めまして下げるような話を申し上げましたところ、出資額の2%ということで話し合いがつきまして、現在も2%ということになってます。その指定管理料と配当の関係につきましては、指定管理料につきましては、一応市が公の施設を有限会社シーサイドふたみに施設の管理をお任せする費用としてこれだけ必要だということで協定を結んでやっていることでございます。それから、配当につきましては、会社自体の経営の中身のことでございまして、会社がもうけがあれば、それは会社なりの配当をしていくという考え方で、別個の考え方でいいんじゃないかと、私は考えております。

 以上でございます。



◆1番(日野猛仁君) 議長



○議長(若松孝行君) 日野猛仁議員



◆1番(日野猛仁君) 1番議席の日野猛仁です。今の関連でお話をお聞きしたいことございます。

 今年度の販売計画、一応8,000万円というような形で上げられております。16年度から20年度の販売推移を見ておりますと、ちょっと今回この8,000万円という金額、実現可能なのかというのが疑問に思うわけでございます。先ほど北橋議員よりもありましたように、このシーサイドふたみに関しましては、伊予市のほうからも修繕費という形で今回も270万円ほど計上しておるような経緯もございます。そういった形で力を入れてるのはわかるんですが、今後この6月から海開き等もあります。実際どのようなイベントですとか事業でこの8,000万円というような数字を上げられたのかお聞きしたいんですが、よろしくお願いいたします。



◎双海地域事務所長(久保繁行君) 議長



○議長(若松孝行君) 久保双海地域事務所長



◎双海地域事務所長(久保繁行君) ただいまの日野猛仁議員の御質問にお答えいたします。

 この21年度の収支予算案につきましては、会社のひたむきな努力をやっていこうという前向きな姿勢があらわれていると思います。そういった中で、イベント等につきましては4ページですか、販売促進事業の部分で主なイベント等を取り上げておりますが、これのほかに恋人の聖地の認定を昨年受けまして、それに合わせてバレンタインデーとかホワイトデー、オレンジデー、それぞれ若者を中心とした取り組みを行っているところでございます。そういった中で8,000万円という思いを込めた予算になっておることを御理解いただいたらと思います。

 以上でございます。



◆1番(日野猛仁君) 議長



○議長(若松孝行君) 日野猛仁議員



◆1番(日野猛仁君) 再度質問させていただきます。

 こういった形で8,000万円という目標を立てるのは結構なことなんですが、やはり具体的にこの6月、7月、8月にかけて一番の繁忙期になります。具体的なイベントお教え願いたいんですが、よろしくお願いいたします。



◎双海地域事務所長(久保繁行君) 議長



○議長(若松孝行君) 久保双海地域事務所長



◎双海地域事務所長(久保繁行君) ただいまの日野議員の再質問にお答えをいたします。

 シーサイド自体でのイベントの参加とか主催とかいろいろあるわけなんですけれども、シーサイドが主催していないイベント等もございます。参加協力というイベントもございます。そういった中で毎年イベントについては恒例となっておるもの、それ以外に新たに思いついてやっていくもの、そういうものがございますので、今のところ昨年度の4ページの部分を見ていただいたら、主なイベントがわかろうかと思います。それ以外にシーサイドとして8,000万円の収入を上げるためにやっていこうとするものがあるかないか、その辺のところは今のところ私のほうでは把握しておりませんので、御了解をいただいたらと思います。



◆19番(水田恒二君) 議長



○議長(若松孝行君) 水田恒二議員



◆19番(水田恒二君) 1ページのところに昨年度西山所長のときにもお伺いして、それが実現したような内容、要するに大型バスの話ですよね。観光業者からの申し入れがあったのでというように書かれておりますけれども、この工事は完成したというふうに漏れ聞いておりますけれども、このことによって具体的にもし数字であらわれとれば、入り客数がこのぐらい増えましたよとかね、売上げに関しては、これもう先ほどの質問で明らかなようにもう下がっているわけなんですが、入ってくる人の数、要するに各個人の単価が、お土産等の買う単価は下がったけれども人の数だけは増えてるんだよというようなことがありますれば、その実績について伺わせていただきたいと。例えばバスが何台ぐらい来よったのが何台になったとかね、人が何人ぐらいが何人に増えたとか。



◎双海地域事務所長(久保繁行君) 議長



○議長(若松孝行君) 久保双海地域事務所長



◎双海地域事務所長(久保繁行君) ただいまの水田議員さんの御質問にお答えいたします。

 この進入路の改良といいますか、バスが入りいいように今年度3月に整備をしたわけなんですけれども、それ以降バスの関係なんですけれども、一応あれいつ頃だったかちょっと記憶にはないんですけれども、道の駅としてシーサイドふたみへ観光バスが旅行会社と提携をして必ず立ち寄るというような会社ができていると聞いています。そういった中で、利用そのものは昨年度より増えているかと思いますけれども、はっきりした数字というものはまだ2カ月半ぐらいですか、しかたってないので把握しかねているんですけれども、私が通ってみる際に思いますのは、南予のほうへ行くには松山から朝出かけていくので、ここの開館時間が10時からということで、まだあいてない状況でのトイレ休憩、そして南予のほうから帰ってくる時間帯におきましては、また夕方になろうかと思います。そういう関係で、あいていない時間帯にバスがかなりとまっとる状況が見受けられるように感じますので、シーサイドふたみとしましてもその開館時間というものは条例にはうたわれておりますけれども、そういった中で市に届け出をすれば開館時間等の変更は可能でございますので、そういうところも指導して、やはり顧客というものはつかんでいかんといけないと思いますので、そういう努力をさせていきたいと思います。よろしくお願いします。



○議長(若松孝行君) いいですか。

 ほかにありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 次へ参ります。

 報告第7号株式会社プロシーズの経営状況について、御質疑ありませんか。

 別冊です。



◆2番(北橋豊作君) 議長



○議長(若松孝行君) 北橋豊作議員



◆2番(北橋豊作君) プロシーズの経営状況報告書でございますけれども、もう2点だけ御質問したいと思うわけでございます。

 まず、6ページの貸借対照表の中の流動資産で貸倒引当金が36万9,400円ということで計上しておるんですけども、この内訳、固定化未収が発生して処理したのかどうなのか、内容は何なのかということを御質問したいのと、9ページ、営業管理費の明細の中の寄附金802万5,000円、これ単年度だけで計画にはなかった項目であるわけでございますけれども、802万5,000円金額でありますけども、21年の計画にはまた載ってないということで、単年度だけであったと思うんですが、これは何なのか、この2点だけ御質問したいと思います。よろしくお願いいたします。



◎中山地域事務所長(西尾隆志君) 議長



○議長(若松孝行君) 西尾中山地域事務所長



◎中山地域事務所長(西尾隆志君) ただいまの北橋議員さんの御質問にお答えをいたしたいと思います。

 貸倒引当金につきましては、これにつきましては売掛金の5,498万9,914円、未収金につきましてこれを足しまして414万3,580円、そして未収補助金39万1,920円、未収リース料の4番の205万5,795円、これの総合計が6,158万1,209円であります。これに引当金の準備金として1000分の6を計上いたしまして36万9,487円になりますので、100円未満を切り捨てて36万9,400円を計上いたしております。これにつきましては、この年に引き当てられた、倒産したとか、不納になったというようなことがありませんので、これを使ってはおりません。

 このことについては以上でございます。あとは課長がお答えします。



◎産業経済課長(久保元英君) 議長



○議長(若松孝行君) 久保産業経済課長



◎産業経済課長(久保元英君) ただいまの北橋議員さんの2点目の御質問ですけどが、9ページの下段の寄附金、当初には計画はなかったけど800万円という寄附が出とるというようなことでございますが、これにつきましては株式会社プロシーズが1年間農林業それぞれの請負で事業を実施していただいとるわけですけどが、これにつきまして大変経営上努力をされて剰余金がたくさん今回出たわけでございます。それにつきましてプロシーズ側から第三セクターとして過去機械の整備とか施設の利用とかというものに対して行政から援助をいただいておると、それに対して一部市のほうへ一般寄附の申し出がございました。それで、今回につきましては市のほうへ800万円の一般寄附をいただきましたので、こちらのほうへ計上されとるような状況でございます。よろしくお願いいたします。



◆19番(水田恒二君) 議長



○議長(若松孝行君) 水田恒二議員



◆19番(水田恒二君) 先ほどの説明の中で──中身は違うんですけれども──未収部分が3項目ありましたよね、3月31日現在ということなんですけれども、一番最新の資料では多分もう既に大半が入ってきておるんではなかろうかと思いますが、今日時点といいますか、最新資料による未収金は幾らなのか、それで、それが内容言っていただけるならば、内訳をお願いしたいと。6ページです。



◎産業経済課長(久保元英君) 議長



○議長(若松孝行君) 久保産業経済課長



◎産業経済課長(久保元英君) ただいまの水田議員の御質問なんですけどが、未収金につきまして3月末現在では3件ございましたけど、その後2件についてはもう納めていただいとるようでございます。あと一件については、この二、三日、確認はしていませんけどが、1件だけ5月末には残っとるということを聞いております。

 金額については、個人的なことでございますので、ここで述べるのは差し控えさせていただきたいと思いますので、御了解いただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

            〔19番水田恒二議員「あと2項目あるでしょうが。答弁漏れ。未収補助金とか未収リース料とか3項目ってちゃんと言っとんやから」と呼ぶ〕



◎産業経済課長(久保元英君) 議長



○議長(若松孝行君) 久保産業経済課長



◎産業経済課長(久保元英君) 失礼いたしました。

 ちょうどプロシーズで緑の雇用ということで、県のほうから補助金をいただいて事業実施しております。これにつきましては、緑の雇用の補助金が3月末ではまだ県のほうからいただいておりませんので、この分が未収入として残っておりますし、今現在はもう既に入っておると聞いております。よろしくお願いいたします。



○議長(若松孝行君) よろしいですか、水田議員。

            〔19番水田恒二議員「よろしくない、3項目あるうち2つしか答えてない、これで」と呼ぶ〕



○議長(若松孝行君) 答弁漏れがあるようです。

 議員の皆さんにちょっとお伝えいたしておきますが、これは報告案でございますので、理事者もわからん点が多々あるかと思います。そのあたりは御了解を。



◎産業経済課長(久保元英君) 議長



○議長(若松孝行君) 久保産業経済課長



◎産業経済課長(久保元英君) 先ほどの2件のうち未収のリース金200万円の件が3件のうち2件収入で1件がちょっと確認不足です。未収金の補助金というのが、先ほど私が御説明した未収金額414万3,000円が緑の雇用でございます。

 その下の未収金補助金につきましては、プロシーズの職員に対しまして森林整備担い手確保育成事業というので県から補助金をいただいております。これにつきまして39万1,920円が未納で現在は収入となっております。お願いいたします。

            〔19番水田恒二議員「後で整理してください。後でええわ」と呼ぶ〕



○議長(若松孝行君) それでは、次に参ります。

 報告第8号平成20年度伊予市繰越明許費繰越計算書について、御質疑ありませんか。

 議案書4ページないし8ページです。



◆9番(大西誠君) 議長



○議長(若松孝行君) 大西誠議員



◆9番(大西誠君) 何点かをお聞きさせていただきます。

 この繰越明許に関しましては、多くの部分が平成20年度の国の2次補正予算で市のほうに10億6,400万円ほどいただいた金額を有効に使おうということで、3月議会のほうでほとんどの項目に関しましては御説明をいただいております。その中で財源のことでちょっと勉強不足でお聞きいたしたいのが、8ページの都市総合文化施設の特別会計のほうで、これ議会の初日の説明で疑問に思っておって、先ほど自分なりにちょっと解決はしたんですけども、7,410万円で、これは国の国庫支出金のほうが5,600万円出て、それで市のほうの一般財源のほうで約1,800万円支出しておったのに、何で7,400万円すべて一般財源になっておるのかなと聞こうと思ってましたら、数分前に自分なりには平成20年度中に一般財源のほうからこの特別会計のほうに持ってきたので、21年度においては特別会計上はもうすべて一般財源になっておるからこれでいいというふうなことは先ほど数分前にわかったんですが、そうはいいましてもこれぱっと出てきたら、やはりこういうふうな財源内訳の記入の仕方が行政上合ってるのか、先ほど申しました本来であったら国庫支出金のほうで五千六百何十万円のほうがあって、あくまでも市の一般財源のほうは正確に言うと1,794万5,000円になるわけですが、そういう書き方をしなくてもいいのかなと思ったもので、これは方法論になりますが、これが合ってるんだよということであったら、そう言っていただきたいのと、このウェルピアの安全対策工事に関しまして野球場のネットとゴルフ場のネット、あとプール改修、あと展望室の安全装置のほうの4項目になっておりますが、こちらのほうの改修の時期、ちょっと聞き忘れましたもんで、もう一度御説明をいただきたいのが1点。

 あともう一点だけでございます。5ページの公用車の整備事業、この項目で3月議会のほうで私要望といたしまして、ぜひとも、予算に関しまして反対する気は全くございませんと、要望でございますが、ぜひとも公用車の整備に関しましてはクラウンのハイブリッド非常によろしいかもしれませんけども、市のほうのPRということも含めまして、ぜひとも一般車のちょっとハイブリッドの購入のほうも御検討いただきたいということで、予算上ではクラウンハイブリッドで670万円というのが出ておりまして、その後聞き及んだところによりますと、松前町の町長のほうもクラウンハイブリッドのほうを購入、今年度するので、同タイミングで当市のほうも買いかえるということで、松前町の町長車のほうは、もう早速クラウンハイブリッドのほうに変わっておりましたが、まだ伊予市のほうは変わってないもので、市長のほうが前向きにちょっと検討いただいておるのかなというふうに思っておりますが、その後の検討の結果がどうなったのかと。これ3月議会でも申しましたが、クラウンをプリウスに変えたからといって、費用面では決して違いが発生しないことは重々わかっております。しかし、こういったマスコミさん、今日もいらっしゃいますが、よっぽどいいことというか、変わったことをしないと市のPRになりませんもんで、皆さん御承知のように6月5日のほうに松前町がBDFを使ったごみの収集車のほう、あれもたった5%BDFを使うということで、費用面では全然効果はないはずなんですが、愛媛県で非常に数少ない行政がやったということで、新聞には取り上げられ、テレビでPRやってくれ、あれも本当小さなことなんですが、ああいうふうになっております。松前町4月に入りましてから市の一般車両としてホンダのインサイトのほうは購入しましたけども、普通に使う乗用車を買っても一切取り上げてもらえません。しかし、愛媛初、四国初ということで市長車を買ったらマスコミは飛びついてくれます。市のPRということでも、そういった上手にPRする、費用をかけずにPRするということも大事ではないかなと思って3月議会で検討をお願いした次第でございますが、その後の検討をどのように21年度なるのかということをお教えいただきたいと思います。



◎企画財務課長(森田誠司君) 議長



○議長(若松孝行君) 森田企画財務課長



◎企画財務課長(森田誠司君) それでは、大西議員の都市総合文化施設運営事業特別会計の繰越明許費計算書、これについての記載の方法の1点につきまして私のほうから答弁をいたします。

 議員御指摘のとおり、こちらの特別会計のほうにつきましては7,410万円、既に20年度会計により繰り入れをしております。ここに出てきております一般財源につきましては、すべて繰越金というような形になっております。議員がおっしゃっておりました国庫支出金という形でございますが、20年度に既に国庫支出金、この7,410万円のうち5,615万5,000円、20年度のうちに国のほうからもう既にいただいておりまして、それをもとに繰り出し、一般会計で言えば特別会計のほうに繰り出しをかけております。ですから、今回の繰越計算書の形では、すべて繰越金、一般財源というような形でこのような表示の方法になってまいります。

 以上でございます。



◎市長(中村佑君) 議長



○議長(若松孝行君) 中村市長

            〔市長 中村 佑君 登壇〕



◎市長(中村佑君) 公用車の買いかえについて600万円強の予算をいただいております。今回買いかえに当たりましてクラウンのハイブリッド車、あわせましてプリウスも見せていただきました。いろいろ検討をしておるわけですけれども、果たして安全の面、そして耐用年数10年ということを考えますと、このときにあえて安い車で済ますことが後々安全も含めていいのかなということもいろいろ考えております。特に議会車をこの近く車検に出したとこでありますが、議会車もかえなければならない時期でもありますが、この予算で振り分けることもできるかなという思いもありますので、もうしばらく検討をしておるのが今の状態であります。

 以上、答弁になりませんけど。



◎都市整備課長(島田光君) 議長



○議長(若松孝行君) 島田都市整備課長



◎都市整備課長(島田光君) 私のほうから大西議員のウェルピア伊予での業務費、どういった内容かという再確認の御質問だったかと思いますが、大きくはこの国の2次補正でやろうとする整備事業でございますが、施設内のLAN整備工事、それからゴルフ場の施設整備工事、それから屋内プール施設の改修工事、それから野球場の防護施設の設置工事、屋内消火設備の改修工事、この5つの工事でございます。詳しくは施設内のLAN工事に関しましては、本館の客室38室、それから会議室11室、これに対しましてのインターネットシステムの構築事業ということでございます。

 それから、2点目のゴルフ場の施設整備に関しましては、天井ネット等の改修、それから人工芝の張り替え、それからゴルフ場の鉄塔塗装、これ16本ございますが、この整備工事でございます。

 それから、屋内プール施設改修工事につきましては、チューブスライダーのすべり面の塗装、それから幼児プール配水管の漏水箇所の修理、それからプール内面全面塗装がえという、この大きく3つの改修工事でございます。

 それから、野球場の防護施設設置工事に関しましては、野球場フェンス取替え約370メートル、それから3塁側の防球ネット、レフト側にかけてでございますが、これが高さが15メートル、それから延長70メートルということでございます。

 それから、屋内消火設備改修工事、これに関しましては、展望ラウンジからの救助袋の取りかえ、それから本館に至るまでの緩降機、滑り速度を緩やかにするための緩降機でございますが、これの取替え、それから火災報知機、それから誘導灯のバッテリー、それから消火栓ホース、それから送水管の耐圧試験等改修工事費というのが大まかな内容となっております。

 以上でございます。



◆9番(大西誠君) 議長



○議長(若松孝行君) 大西誠議員



◆9番(大西誠君) ウェルピアの項目に関しましては3月議会でもお聞きしまして、本来は数年後に市のほうの一般財源で工事する項目を前倒してするということで非常によろしいことかと思いますので、スムーズな順調な安全対策の方法をお願いいたしたいと思います。

 公用車の件に関しまして、またあえてちょっと要望で申しますが、もちろん安全面、耐用年数等考えるという御答弁でございましたが、安全面でいいますと、少なくとも現在の公用車、平成11年のクラウンよりは平成21年のプリウスのほうが丈夫かと思います。非常に国のメーカーの技術も進んでございますんで、それは現在のクラウンとプリウスとかインサイトを比べると、もちろんクラウン数段丈夫かと思いますが、少なくとも現在のエコカーでも、現在使っているクラウンよりは丈夫かと思いますし、耐用年数、ちまたで初代プリウスも元気にまだばんばん走ってございますので、前も申し上げましたが、関東にちょっと議会の出張で行ったときに、日比谷公会堂のほうに黒塗りのちょっとプリウスが5台ぐらいあったら、この自治体はあえて自治体RRのためにプリウスを買ってるんだなというわずかな努力をかいま見ますと、よくやってるなというふうに思いましたので、最終決定はもう近いうちかと思いますが、御検討を再度お願いいたしたいと思います。よろしくお願い申し上げます。



◆19番(水田恒二君) 議長



○議長(若松孝行君) 水田恒二議員



◆19番(水田恒二君) 二番せんじ的にとられては不本意なんですけれども、再度公用車問題についてお伺いしたいと思います。

 まず1つは、今回の繰越明許の説明のときに半分ぐらいしか、いついつまでという事業の仕上がりについての御説明はなかったんですが、これについてはいつをもって目標としているのか、具体的な何月末というほかの項目と同じようにそれひとつ言っていただきたいのと、いわゆるエコということを大西議員も言われたわけですけれども、エコならば全く二酸化炭素を排出しない車も今月ですか、来月ですか、もう売り出されております、いわゆる電気カーですね。私は彼は何とか車ですけど、私は何も三菱を宣伝するつもりはさらさらございませんけれども、三菱の電気車も150キロだったかな、もちろん高松とか徳島には行くことは難しいかもしれませんけど、そういう長距離の場合は、当然それは列車で行ったほうが、もう市長一人で行くか秘書と一緒に行ってもらったほうが、運転手さんにそれこそ長距離運転させて危険性が増すよりも、体疲れますから、長距離の運転というのは、そういうなんは公共交通機関を使ってバスとか列車とか、そして県内はその電気カーで行くと。この車は一切二酸化炭素を排出しないということで、それこそ伊予市の市長は環境に一番配慮している市長だということにもなろうかと思いますので、買えとは言いませんが、検討対象に入れて吟味していただいたらというふうに私のほうからも訴えたいと思います。



◎企画財務課長(森田誠司君) 議長



○議長(若松孝行君) 森田企画財務課長



◎企画財務課長(森田誠司君) 水田議員の御質問にお答えをいたします。

 繰越計算書に出ている事業の完了年度でございますが、初日の説明では交付金事業として一くくりとして御説明をいたしました。それにつきましても個別にこちらに出ている事業名で一応今の完了予定年度を御報告いたします。

 公用車整備事業につきましては、この事業の中に3台入っております。散水車につきましては今月入札の予定です。それから、トラックにつきましては、もう購入済みです。あとは先ほど市長が申し上げました公用車が1台残っておるだけでございますが、プリウス等につきましては現況では半年待ち程度の期間が必要というような情報も入っております。

 以上でございます。

            〔19番水田恒二議員「あれ、私の質問が飛んどるやない。比べてみるかと言よんよ、買えとは言うとらへんよ。二酸化炭素を全く排出しない車は検討対象にならないのか」と呼ぶ〕



◎企画財務課長(森田誠司君) 議長



○議長(若松孝行君) 森田企画財務課長



◎企画財務課長(森田誠司君) 失礼をいたしました。先ほどの電気自動車につきましては、現状私のほうが持っている情報では、今は市販では軽四しかないんじゃなかろうかと思いますが、また情報を仕入れまして検討していきたいと思っております。



◆19番(水田恒二君) 議長



○議長(若松孝行君) 水田恒二議員



◆19番(水田恒二君) 答弁要りませんけれども、よく言われるいろいろそういうスタンド的なものがなかったらいけんのじゃないかというような話もあるんですけど、あの車に関しては行った先の家庭用電灯線に突っ込んどけば、会議しよる間はそれに突っ込んどけば、また150キロぐらい離れたところで会議があったら帰ってもこれるということでございましょうから、ぜひ検討の一考には入れてみてください。答弁は要りません。



○議長(若松孝行君) ほかにありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 次へ参ります。

 報告第9号平成20年度伊予市継続費繰越計算書について、御質疑ありませんか。

 議案書9ページ及び10ページです。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 次へ参ります。

 報告第10号平成20年度伊予市水道事業会計予算繰越計算書について、御質疑ありませんか。

 議案書11ページ及び12ページです。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 質疑もないようです。

 以上で質疑を終結いたします。

 報告第5号ないし報告第10号は受理することにいたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第4 請願第1号・請願第2号

      陳情第1号〜陳情第3号

        (委員会付託)



○議長(若松孝行君) 日程第4、請願第1号及び請願第2号、陳情第1号ないし陳情第3号を議題といたします。

 ただいま議題となっております請願第1号及び請願第2号、陳情第1号ないし陳情第3号は、会議規則第134条第1項の規定により各所管の常任委員会に付託いたします。

 なお、委員会の審査の経過並びに結果は、その報告を待って審議することにいたします。

            〔請願・陳情文書表は付録に掲載〕

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第5 議選第10号 伊予市選挙管理委員会委員及び補充員の選挙について



○議長(若松孝行君) 日程第5、議選第10号伊予市選挙管理委員会委員及び補充員の選挙についてを議題といたします。

 選挙すべき人数は、選挙管理委員会委員4人、補充員4人であります。

 選挙の方法については、地方自治法第118条の規定により指名推選にいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 御異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 お諮りいたします。

 指名の方法については議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 御異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。

 まず、議長において伊予市選挙管理委員会委員の指名を行います。

 伊予市選挙管理委員会委員には海田益久君、亀岡貞幸君、山岡通治君、福本和弘君、以上の4人の方を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議長が指名いたしました4人の方を伊予市選挙管理委員会委員の当選人と定めることに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました海田益久君、亀岡貞幸君、山岡通治君、福本和弘君の4人の方が伊予市選挙管理委員会委員に当選されました。

 次に、伊予市選挙管理委員会委員補充員の指名を行います。

 伊予市選挙管理委員会委員補充員には、第1順位、長埜安正君、第2順位、船田眞一君、第3順位、平岡世紀君、第4順位、大中元一郎君、以上の4人の方を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議長が指名いたしました4人の方を伊予市選挙管理委員会委員補充員の当選人と定めることに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました第1順位、長埜安正君、第2順位、船田眞一君、第3順位、平岡世紀君、第4順位、大中元一郎君の4人の方が伊予市選挙管理委員会委員補充員に当選されました。

 ただいま当選されました諸君には、議長において後日会議規則第32条第2項による告知をいたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(若松孝行君) 以上で本日の日程は全部終了いたしましたので、本日の会議を閉じます。

 6月15日は定刻より本会議を開き、一般質問を行います。

 本日はこれにて散会いたします。

            午後3時14分 散会

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

      伊予市議会 議 長  若 松 孝 行





            議 員  谷 本 勝 俊





            議 員  武 智 邦 典