議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛媛県 伊予市

平成21年第2回( 5月)臨時会 05月01日−01号




平成21年第2回( 5月)臨時会 − 05月01日−01号







平成21年第2回( 5月)臨時会



         平成21年伊予市議会5月臨時会会議録



平成21年5月1日(金曜日)

       ──────────────────────────

          議     事     日     程

                    平成21年5月1日(金曜日)午前10時開会

開 会 宣 告

市長招集あいさつ

開 議 宣 告

 第1 仮議席の指定

 第2 議選第1号 伊予市議会議長の選挙について

 第3 議席の指定

 第4 会議録署名議員の指名

 第5 会期決定の件

 第6 議選第2号 伊予市議会副議長の選挙について

 第7 議選第3号 伊予市議会常任委員会委員の選任について

 第8 議選第4号 伊予市議会運営委員会委員の選任について

 第9 議選第5号 伊予市松前町共立衛生組合議会議員の選挙について

 第10 議選第6号 伊予地区ごみ処理施設管理組合議会議員の選挙について

 第11 議選第7号 伊予消防等事務組合議会議員の選挙について

 第12 議選第8号 伊予市・伊予郡養護老人ホーム組合議会議員の選挙について

 第13 議選第9号 内山衛生事務組合議会議員の選挙について

 第14 報告第2号〜報告第4号

      (提案理由の説明・質疑・討論・表決)

閉 議 宣 告

市長あいさつ

閉 会 宣 告

       ──────────────────────────

  本日の会議に付した事件

 日程第1から日程第14まで

 (日程追加)

 閉会中継続調査申し出の件

 議案第54号 伊予市監査委員(識見を有するもののうちから選任する委員)の選任同意について

       (提案理由の説明・質疑・討論・表決)

 議案第55号 伊予市教育委員会委員の任命同意について

       (提案理由の説明・質疑・討論・表決)

 議案第56号 伊予市教育委員会委員の任命同意について

       (提案理由の説明・質疑・討論・表決)

 諮問第1号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて

       (提案理由の説明・質疑・討論・表決)

 諮問第2号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて

       (提案理由の説明・質疑・討論・表決)

 議案第57号 伊予市監査委員(議員のうちから選任する委員)の選任同意について

       (提案理由の説明・質疑・討論・表決)

       ──────────────────────────

  出席議員(21名)

 1番  日 野 猛 仁 君             2番  北 橋 豊 作 君

 3番  高 井 洋 一 君             4番  門 田 裕 一 君

 5番  佐 川 秋 夫 君             6番  正 岡 千 博 君

 7番  谷 本 勝 俊 君             8番  武 智 邦 典 君

 9番  大 西   誠 君            10番  青 野   光 君

11番  武 智   実 君            12番  田 中 裕 昭 君

13番  久 保   榮 君            14番  岡 田 博 助 君

15番  田 中   弘 君            16番  日 野   健 君

17番  平 岡 一 夫 君            18番  若 松 孝 行 君

19番  水 田 恒 二 君            20番  西 岡 孝 知 君

21番  高 橋 佑 弘 君

  欠席議員(なし)

       ──────────────────────────

  説明のため出席した者

市長      中 村   佑 君      教育長     上 田   稔 君

総務部長    岡 井 英 夫 君      市民福祉部長  西 村 道 子 君

産業建設部長  井 上 雅 博 君      水道部長    高 本 幸 男 君

教育委員会事務局長              中山地域事務所長西 尾 隆 志 君

        三 好   正 君

双海地域事務所長久 保 繁 行 君      会計管理者   大 本 孝 志 君

行政改革・政策推進室長            総務課長    ? 岡 正 直 君

        長 尾 雅 典 君

防災安全課長  上 田 誠 一 君      企画財務課長  森 田 誠 司 君

税務課長    武 智 茂 記 君      福祉課長    武 田 淳 一 君

長寿介護課長  宮 岡   崇 君      健康保険課長  海 田 秀 司 君

市民生活課長  井 上 伸 弥 君      産業経済課長  久 保 元 英 君

都市整備課長  島 田   光 君      道路河川課長  長 尾 省 三 君

用地整理課長  水 口 久 行 君      下水道課長   上 坂 博 一 君

水道課長    向 井 利 忠 君      教育委員会社会教育課長

                               山 下 佳 宏 君

教育委員会学校教育課長

        田 中   浩 君

       ──────────────────────────

  事務局職員出席者

事務局長    渡 辺 正 人 君      主幹      下 岡 裕 基 君

       ──────────────────────────







            午前10時00分 開会



◎事務局長(渡辺正人君) 第2期伊予市議会議員選挙後、初の議会でありますので、議長が選出されるまでの間、地方自治法第107条の規定により年長の議員が臨時議長を行うことになっております。出席議員中、高橋佑弘議員が年長の議員でございますので、御紹介を申し上げます。

 それでは高橋議員さん、議長席へお着き願います。

            〔臨時議長高橋佑弘君議長席に着く〕



○臨時議長(高橋佑弘君) ただいま紹介をいただきました高橋佑弘でございます。

 地方自治法第107条の規定によりまして、臨時議長の職務を行います。何とぞ議員各位におかれましては、円滑な議事進行ができますよう格段の御協力を賜りますようお願いを申し上げます。

 これから平成21年第2回伊予市議会臨時会を開会します。

 土居副市長から欠席の申し出がありました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△市長招集あいさつ



○臨時議長(高橋佑弘君) 市長から招集のあいさつがあります。

 中村市長。

            〔市長 中村 佑君 登壇〕



◎市長(中村佑君) 皆さん、おはようございます。

 開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 本日は、平成21年第2回伊予市議会臨時会を招集申し上げましたところ、議員各位におかれましては大変御多用中にもかかわりませず出席を賜りまして、議会が開会の運びとなりましたことを心から感謝を申し上げます。

 なお、議員各位におかれましては、4月19日に執行されました選挙で見事に当選の栄に浴され、第2期の伊予市議会議員に御就任されました。ここに改めてお喜びを申し上げる次第であります。

 不肖私も同じく市民の皆様方の御支援と御信任を賜り、引き続き伊予市長の重責を託されたところでありまして、改めてその責任の重大さに身の引き締まる思いであります。市政運営に当たりましては、「ひと・まち・自然が出会う郷」をキーワードとし、第1次伊予市総合計画に沿ったまちづくりを推進してまいりたいと考えておるところであります。ここに私に寄せられました御厚情に対しまして深く感謝を申し上げたいと思います。

 どうか議員各位、市民の皆様方には一層の御支援、御協力を賜りますようお願いを申し上げ、甚だ簡単ではございますが開会に当たりましてのごあいさつとさせていただきます。よろしくお願いします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○臨時議長(高橋佑弘君) これから本日の会議を開きます。

 臨時議長において作成しました議事日程は、お手元に配付しております日程第1及び第2であります。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1 仮議席の指定



○臨時議長(高橋佑弘君) 日程第1、仮議席の指定を行います。

 仮議席は、ただいま御着席の議席を指定いたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○臨時議長(高橋佑弘君) それでは、暫時休憩をいたします。

            午前10時05分 休憩

       ───────────────────────

            午後1時14分 再開



○臨時議長(高橋佑弘君) 再開をいたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2 議選第1号 伊予市議会議長の選挙について



○臨時議長(高橋佑弘君) 日程第2、これから議選第1号伊予市議会議長の選挙を行います。

 選挙は投票により行います。

 議場の閉鎖を命じます。

            〔議場閉鎖〕



○臨時議長(高橋佑弘君) ただいま出席議員は21人であります。

 投票用紙を配付いたします。

            〔投票用紙配付〕



○臨時議長(高橋佑弘君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○臨時議長(高橋佑弘君) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

            〔投票箱点検〕



○臨時議長(高橋佑弘君) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げますが、投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票を願います。

 なお、氏のみ記載し、同姓者があるときは無効となりますので、氏名を必ず記載するようお願いをいたします。

 点呼を命じます。

            〔氏名点呼〕

            〔各員投票〕



○臨時議長(高橋佑弘君) 投票漏れはありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○臨時議長(高橋佑弘君) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

            〔議場開鎖〕



○臨時議長(高橋佑弘君) 開票を行います。

 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に1番日野猛仁議員、2番北橋豊作議員、2人

を指名いたします。よって、両議員の立ち会いをお願いいたします。

            〔開  票〕



○臨時議長(高橋佑弘君) 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数21票、これは先ほどの出席議員数に符合しております。

 そのうち有効投票20票、無効投票1票、以上であります。

 有効投票中

  若松 孝行議員 10票

  田中 裕昭議員 7票

  田中  弘議員 3票

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は5票であります。よって、若松孝行議員が議長に当選されました。

 ただいま議長に当選されました議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定による告知をいたします。

 若松孝行議員から議長就任のごあいさつがあります。

 ごあいさつをお願いします。

            〔議長 若松孝行君 登壇〕



○議長(若松孝行君) それでは、失礼をいたします。

 一言ごあいさつ並びにお礼を申し述べさせていただきたいと思います。

 ただいま議長選挙におきまして議長に当選をさせていただきました若松孝行でございます。お見かけどおり若輩でございまして、本当に微力でございまして、皆様方には何かと御心配、御迷惑をおかけすることと思いますが、どうか皆さん方お一人お一人のお知恵とお力添えをいただきまして、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 また、議員各位にはいろいろと今後とも御迷惑をおかけすると思いますが、理事者とともに私は住民が安心して暮らせる伊予市の新しいまちづくりに一生懸命努めてまいりたいと思っておりますので、どうか議員の皆さんを初め理事者の皆さん方の御指導、御鞭撻をよろしくお願いを申し上げ、言葉整いませんけれどもごあいさつ並びにお礼とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)



○臨時議長(高橋佑弘君) 若松議長、議長席にお着きを願います。

            〔臨時議長高橋佑弘君退席、議長若松孝行君議長席に着く〕

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(若松孝行君) それでは、議長において作成いたしました議事日程は、お手元に配付しております日程第3以下であります。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第3 議席の指定



○議長(若松孝行君) 日程第3、議席の指定を行います。

 議席は会議規則第4条第1項の規定により議長において、お手元に配付の議席一覧表のとおり指定いたします。

            〔議席一覧表は付録に掲載〕

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第4 会議録署名議員の指名



○議長(若松孝行君) 日程第4、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は会議規則第81条の規定により、議長において1番日野猛仁議員、2番北橋豊作議員を指名いたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第5 会期決定の件



○議長(若松孝行君) 日程第5、会期決定の件を議題といたします。

 お諮りいたします。

 本臨時会の会期は、本日1日といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 御異議なしと認めます。よって、会期は1日間と決定いたしました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(若松孝行君) 暫時休憩いたします。

            午後1時31分 休憩

       ───────────────────────

            午後2時13分 再開



○議長(若松孝行君) 再開いたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第6 議選第2号 伊予市議会副議長の選挙について



○議長(若松孝行君) 日程第6、議選第2号伊予市議会副議長の選挙を行います。

 選挙は投票により行います。

 議場の閉鎖を命じます。

            〔議場閉鎖〕



○議長(若松孝行君) ただいまの出席議員数は21名であります。

 投票用紙を配付いたします。

            〔投票用紙配付〕



○議長(若松孝行君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

            〔投票箱点検〕



○議長(若松孝行君) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票を願います。

 なお、氏のみ記載し、同姓者があるときは無効となりますので、氏名を必ず記載するようお願いいたします。

 それでは点呼を命じます。

            〔氏名点呼〕

            〔各員投票〕



○議長(若松孝行君) 投票漏れはありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたしました。

 議場の閉鎖を解きます。

            〔議場開鎖〕



○議長(若松孝行君) 開票を行います。

 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に3番高井洋一議員、4番門田裕一議員を指名いたします。よって、両議員の立ち会いを願います。

            〔開  票〕



○議長(若松孝行君) 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数21票、これは先ほどの出席議員数に符合しております。

 そのうち有効投票20票、無効投票1票であります。

 有効投票中

  武智  実議員 11票

  青野  光議員 9票

 でございます。

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は5票であります。よって、武智実議員が副議長に当選されました。

 ただいま副議長に当選されました武智実議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定による告知をいたします。

 武智実議員から副議長就任のごあいさつがあります。

            〔副議長 武智 実君 登壇〕



○副議長(武智実君) 副議長に当選させていただきましてまことにありがとうございました。

 私、中山出身で、町議2回、市議2期目の4期目でございます。何も取り柄のない男でございますけれど、皆さん方の御助言、御指導をいただきながら重責を全うしたいというふうに思っております。何かと皆さん方には迷惑かけるかもしれませんが、若松議長の補佐役として立派に務めたいと思いますので、今後の御指導をよろしくお願いをいたします。あいさつにかえます。ありがとうございました。(拍手)

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(若松孝行君) 暫時休憩いたします。

            午後2時26分 休憩

       ───────────────────────

            午後3時28分 再開



○議長(若松孝行君) 再開いたします。

 この際、議事の都合により会議時間を延長いたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第7 議選第3号 伊予市議会常任委員会委員の選任について



○議長(若松孝行君) 日程第7、議選第3号伊予市議会常任委員会委員の選任を行います。

 お諮りいたします。

 伊予市議会常任委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、

 総務委員会委員に    門 田 裕 一 議員   正 岡 千 博 議員

             田 中 裕 昭 議員   田 中   弘 議員

             日 野   健 議員   若 松 孝 行

             西 岡 孝 知 議員

 以上7人を

 民生文教委員会委員に  日 野 猛 仁 議員   高 井 洋 一 議員

             大 西   誠 議員   青 野   光 議員

             久 保   榮 議員   岡 田 博 助 議員

             水 田 恒 二 議員

 以上7人を

 産業建設委員会委員に  北 橋 豊 作 議員   佐 川 秋 夫 議員

             谷 本 勝 俊 議員   武 智 邦 典 議員

             武 智   実 議員   平 岡 一 夫 議員

             高 橋 佑 弘 議員

 以上7人をそれぞれ指名いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました以上の議員をそれぞれの伊予市議会常任委員会委員に選任することに決しました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(若松孝行君) この際、暫時休憩をいたしますので、休憩中に各常任委員会を開催し、正副委員長を互選されるようお願いいたします。

 暫時休憩いたします。

            午後3時32分 休憩

       ───────────────────────

            午後3時59分 再開



○議長(若松孝行君) 再開いたします。

 この際、各常任委員会において互選されました正副委員長の報告をいたします。

 総務委員会

  委 員 長 田 中   弘 議員

  副委員長 正 岡 千 博 議員

 民生文教委員会

  委 長 長 水 田 恒 二 議員

  副委員長 岡 田 博 助 議員

 産業建設委員会

  委 員 長 平 岡 一 夫 議員

  副委員長 谷 本 勝 俊 議員

 以上のとおりであります。

            〔伊予市議会常任委員会委員名簿は付録に掲載〕

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第8 議選第4号 伊予市議会運営委員会委員の選任について



○議長(若松孝行君) 日程第8、議選第4号伊予市議会運営委員会委員の選任を行います。

お諮りいたします。

 伊予市議会運営委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、

 議会運営委員会委員に  佐 川 秋 夫 議員   谷 本 勝 俊 議員

             久 保   榮 議員   田 中   弘 議員

             平 岡 一 夫 議員   水 田 恒 二 議員

             西 岡 孝 知 議員

 以上7人を指名いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました7人の議員を伊予市議会運営委員会委員に選任することに決しました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(若松孝行君) この際、暫時休憩をいたしますので、休憩中に議会運営委員会を開催し、正副委員長を互選されるようお願いいたします。

 暫時休憩いたします。

            午後4時01分 休憩

       ───────────────────────

            午後4時20分 再開



○議長(若松孝行君) 再開いたします。

 この際、議会運営委員会において互選されました正副委員長を報告いたします。

  委 員 長 平 岡 一 夫 議員

  副委員長 谷 本 勝 俊 議員

 以上のとおりであります。

            〔伊予市議会運営委員会委員名簿は付録に掲載〕

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第9 議選第5号 伊予市松前町共立衛生組合議会議員の選挙について



○議長(若松孝行君) 日程第9、議選第5号伊予市松前町共立衛生組合議会議員の選挙についてを議題といたします。

 選挙の方法については、地方自治法第118条の規定により、指名推選といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 御異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 お諮りいたします。

 指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 御異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。

 議長において伊予市松前町共立衛生組合議会議員に正岡千博議員、谷本勝俊議員、武智邦典議員、青野光議員を指名いたします。

 ただいま議長が指名いたしました正岡千博議員、谷本勝俊議員、武智邦典議員、青野光議員を伊予市松前町共立衛生組合議会議員の当選人に定めることに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました正岡千博議員、谷本勝俊議員、武智邦典議員、青野光議員が当選されました。

 ただいま当選されました4人の議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第10 議選第6号 伊予地区ごみ処理施設管理組合議会議員の選挙について



○議長(若松孝行君) 日程第10、議選第6号伊予地区ごみ処理施設管理組合議会議員の選挙についてを議題といたします。

 選挙の方法については、地方自治法第118条の規定により、指名推選にいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 御異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 お諮りします。

 指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 御異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。

 議長において伊予地区ごみ処理施設管理組合議会議員に佐川秋夫議員、田中弘議員、水田恒二議員、西岡孝知議員を指名いたします。

 ただいま議長が指名いたしました佐川秋夫議員、田中弘議員、水田恒二議員、西岡孝知議員を伊予地区ごみ処理施設管理組合議会議員の当選人に定めることに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました佐川秋夫議員、田中弘議員、水田恒二議員、西岡孝知議員が当選されました。

 ただいま当選されました4人の議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第11 議選第7号 伊予消防等事務組合議会議員の選挙について



○議長(若松孝行君) 日程第11、議選第7号伊予消防等事務組合議会議員の選挙についてを議題といたします。

 選挙の方法については、地方自治法第118条の規定により、指名推選にいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 御異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 お諮りいたします。

 指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 御異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。

 議長において伊予消防等事務組合議会議員に大西誠議員、岡田博助議員、平岡一夫議員、高橋佑弘議員を指名いたします。

 ただいま議長が指名いたしました大西誠議員、岡田博助議員、平岡一夫議員、高橋佑弘議員を伊予消防等事務組合議会議員の当選人に定めることに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました大西誠議員、岡田博助議員、平岡一夫議員、高橋佑弘議員が当選されました。

 ただいま当選されました4人の議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第12 議選第8号 伊予市・伊予郡養護老人ホーム組合議会議員の選挙について



○議長(若松孝行君) 日程第12、議選第8号伊予市・伊予郡養護老人ホーム組合議会議員の選挙についてを議題といたします。

 選挙の方法については、地方自治法第118条の規定により、指名推選にいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 御異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 お諮りいたします。

 指名の方法につきましては、議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 御異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。

 議長において伊予市・伊予郡養護老人ホーム組合議会議員に久保榮議員を指名いたします。

 ただいま議長が指名いたしました久保榮議員を伊予市・伊予郡養護老人ホーム組合議会議員の当選人に定めることに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました久保榮議員が当選されました。

 ただいま当選されました久保榮議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第13 議選第9号 内山衛生事務組合議会議員の選挙について



○議長(若松孝行君) 日程第13、議選第9号内山衛生事務組合議会議員の選挙についてを議題といたします。

 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条の規定により、指名推選にいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 御異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 お諮りいたします。

 指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 御異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。

 議長において内山衛生事務組合議会議員に田中裕昭議員を指名いたします。

 ただいま議長が指名いたしました田中裕昭議員を内山衛生事務組合議会議員の当選人に定めることに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました田中裕昭議員が当選されました。

 ただいま当選されました田中裕昭議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(若松孝行君) 暫時休憩いたします。

            午後4時30分 休憩

       ───────────────────────

            午後4時55分 再開



○議長(若松孝行君) 再開をいたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第14 閉会中継続調査申し出の件



○議長(若松孝行君) ただいま総務委員長、民生文教委員長、産業建設委員長及び議会運営委員長から閉会中継続調査の申し出の件についての提出がありました。

 この際、閉会中継続調査申し出の件を日程に追加し、議題といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 御異議なしと認めます。よって、閉会中継続調査申し出の件を日程に追加し、議題とすることに決しました。

 日程第14、閉会中継続調査申し出の件を議題といたします。

 総務委員長、民生文教委員長、産業建設委員長及び議会運営委員長から、会議規則第106条の規定により、お手元に配付しております申出書のとおり閉会中の継続調査の申し出があります。

 お諮りいたします。

 総務委員長、民生文教委員長、産業建設委員長及び議会運営委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 御異議なしと認めます。よって、総務委員長、民生文教委員長、産業建設委員長及び議会運営委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに決しました。

            〔閉会中継続調査申出書は付録に掲載〕

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(若松孝行君) 暫時休憩いたします。

            午後4時57分 休憩

       ───────────────────────

            午後4時58分 再開



○議長(若松孝行君) 再開いたします。



◎市長(中村佑君) 議長



○議長(若松孝行君) 中村市長

            〔市長 中村 佑君 登壇〕



◎市長(中村佑君) それでは、今回報告3件の御提案を申し上げるわけでございますが、それに先立ちまして4月27日付伊予市告示第53号により告示をいたしました付議事件のうち、伊予市副市長の選任同意につきましては、諸般の事情によりまして今回撤回をいたしますので、御理解を賜りますようお願いを申し上げます。

 なお、本案につきましては、できるだけ早い時期に提案をさせていただきますので、よろしく御理解をいただきたいと思います。



○議長(若松孝行君) ただいま日程第14の日程追加がありましたので、日程を繰り下げます。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第15 報告第2号〜報告第4号

          (提案理由の説明・質疑・討論・表決)



○議長(若松孝行君) 日程第15、報告第2号ないし報告第4号を一括議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 中村市長。

            〔市長 中村 佑君 登壇〕



◎市長(中村佑君) それでは、今議会に上程をしております議案につきまして、報告3件の提案理由を申し上げます。

 私からは概要について御説明を申し上げ、詳細につきましては後ほど補足説明をさせることといたしておりますので、よろしくお願いを申し上げます。

 まず、報告第2号伊予市立翠小学校エコ改修建築主体工事請負契約の一部変更の専決につきましては、工事期間を議会議決日から平成22年1月29日までと変更するものであります。

 報告第3号伊予市税条例等の一部を改正する条例の専決につきましては、個人市民税におきまして住宅借入金等特別税控除の創設、平成21年度評価がえに伴う土地に係る固定資産税の負担調整措置の延長等地方税法等の一部を改正する法律が平成21年3月31日に公布されたことに伴い、所要の条文を改正したものであります。

 報告第4号伊予市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の専決につきましては、地方税法等の一部を改正する法律が平成21年3月31日に公布されたことに伴い、所要の条文を改正したものであります。

 以上、よろしく御審議を賜りますようお願いを申し上げます。

 以上です。



○議長(若松孝行君) この際、補足説明がありましたら説明を求めます。



◎総務課長(?岡正直君) 議長



○議長(若松孝行君) ?岡総務課長



◎総務課長(?岡正直君) 失礼します。

 それでは、報告第2号から報告第4号につきまして市長の補足説明を申し上げます。

 議案書の1ページをお願いします。

 報告第2号伊予市立翠小学校エコ改修建築主体工事請負契約の一部変更の専決について。

 2ページをお願いします。

 専決第1号、平成21年3月31日専決。

 理由、工事期間の延長に伴い、契約の一部を変更する必要が生じたため、専決処分するものであります。

 3ページ、変更対照表をお願いします。

 5、工事期間、議会議決日から平成22年1月29日までと改めております。

 4ページお願いします。

 報告第3号伊予市税条例等の一部を改正する条例の専決について。

 5ページ、専決第2号、平成21年3月31日専決。

 理由、地方税法等の一部を改正する法律等が平成21年3月31日に公布されたことに伴い、条例の一部を改正する必要が生じたため、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分するものであります。

 この条例改正につきましては、特に内容の変更のない条文整備の補足説明は割愛させていただき、主な改正点を中心に説明させていただきます。

 17ページ、新旧対照表(第1条関係)をお願いします。

 第36条の2第4項では、寄附金税額控除を受けるための様式について規定するものです。

 第47条の2第2項では、本年10月から始まります公的年金から特別徴収について所要の整備を行うものです。

 20ページをお願いします。

 第56条では、医療関係者の養成所において教育の用に供する固定資産に係る非課税措置となる対象を拡大しようとするものです。

 21ページ、第58条の2では、社会医療法人が固定資産に係る非課税措置を受ける場合の手続等について規定しております。

 23ページをお願いします。

 附則第7条の3の2では、個人市民税の住宅借入金等特別控除を平成22年度から平成35年度までの間実施することを規定しております。

 26ページをお願いします。

 附則第10条の3では、阪神・淡路大震災に係る固定資産の減免の規定を削除するものです。

 27ページ、附則第11条では、土地に対して課する固定資産税の課税の特例が平成23年度まで延長されることに伴い、所要の整備を行うものです。

 附則第11条の2では、土地の価格の特例が平成23年度まで延長されることに伴い、所要の整備を行うものです。

 附則第11条の3では、鉄軌道用地の価格の特例措置が廃止されることに伴い、同附則を削除するものです。

 28ページをお願いします。

 附則第12条では、宅地等に対して課する固定資産税の課税の特例が平成23年度まで延長されることに伴い、所要の整備を行うものです。

 30ページをお願いします。

 附則第13条では、農地に対して課する固定資産税の課税の特例が平成23年度まで延長されることに伴い、所要の整備を行うものです。

 31ページ、附則第15条の2では、特別土地保有税の課税の特例が平成23年度まで延長されることに伴い、所要の整備を行うものです。

 33ページをお願いします。

 附則第17条では、土地等の長期譲渡所得に係る1,000万円の特別控除が創設されたことに伴い、所要の整備を行うものです。

 34ページ、附則第17条の2では、優良住宅地の造成等のために土地等を譲渡した場合の長期譲渡所得に係る市民税の課税の特例が平成26年度まで延長されることに伴い、所要の整備を行うものです。

 41ページ、新旧対照表(第2条関係)をお願いします。

 附則第10条の2第2項では、長期優良住宅の普及の促進に関する法律の施行期日を定める法律が公布され、地方税法施行規則の一部改正が行われたことに伴い、所要の整備を行うものです。

 42ページ、新旧対照表(第3条関係)をお願いします。

 附則第2条第9項では、上場株式等に係る配当所得に対する課税の特例が平成23年12月31日まで延長されることに伴い、所要の整備を行うものです。

 44ページをお願いします。

 附則第2条第16項では、上場株式等に係る譲渡所得に対する課税の特例が平成23年12月31日まで延長されることに伴い、所要の整備を行うものです。

 46ページお願いします。

 附則第2条第21項では、条約適用配当等に係る課税の特例が平成23年12月31日まで延長されることに伴い、所要の整備を行うものです。

 施行期日につきましては──14ページお願いします──14ページ附則第1条第1項のとおり、平成21年4月1日としておりますが、同項第1号で規定するものにつきましては平成21年6月4日、同項第2号で規定するものについては平成22年1月1日、15ページになります、同項第3号で規定するものについては平成22年7月1日、同項第4号で規定するものについては平成23年1月1日、同項第5号で規定するものについては農地法等の一部を改正する法律の施行の日となっております。

 なお、15ページ、附則第2条では、市民税に関する経過措置として、附則第7条の3の第3項の規定は平成22年度から適用し、平成21年度までについてはなお従前の例によることとされ、附則第3条では、固定資産税に関する経過措置として、固定資産税に関する部分は平成21年度から適用し、平成20年度分までについてはなお従前の例により、新条例第10条の2第3項の規定は平成22年度以降の固定資産税について適用し、平成21年4月1日以前に新築されたものについてはなお従前の例によることとされております。

 47ページをお願いします。

 報告第4号伊予市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の専決について。

 48ページ、専決第3号、平成21年3月31日専決。

 理由、地方税法等の一部を改正する法律等が平成21年3月31日に公布されたことに伴い、条例の一部を改正する必要が生じたため、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分するものであります。

 この条例改正につきましては、特に内容の変更のない条文整備の補足説明は割愛させていただき、主な改正点を中心に説明させていただきます。

 52ページ、新旧対照表をお願いします。

 第2条第4項では、地方税法施行令第56の88の2条第3項の改正に伴い、介護納付金課税額の最高限度額を「9万円」から「10万円」に改正しようとするものです。

 53ページをお願いします。

 第24条第2項では、地方税法第703の5条第2項の改正に伴い、所要の整備を行うものです。

 施行期日については、51ページ、附則第1項のとおり、平成21年4月1日としておりますが、同項第1号で規定するものについては平成22年1月1日、同項第2号で規定するものについては22年4月1日、同項第3号で規定するものについては平成23年1月1日が施行の日となっております。

 なお、附則第2項において平成20年度の国民健康保険税は従前の例によることとされております。

 以上で私の補足説明を終わります。よろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(若松孝行君) これをもって提案理由の説明を終わります。

 これから質疑に入ります。

 質疑は議案番号順に行います。

 まず、報告第2号伊予市立翠小学校エコ改修建築主体工事請負契約の一部変更の専決について、御質疑ありませんか。



◆19番(水田恒二君) 議長



○議長(若松孝行君) 水田恒二議員



◆19番(水田恒二君) この議案が当初議決されたのが最近でありますので、当然延ばすのはいたし方ないというふうには考えますけれども、意味合いですよね、例えば1月29日という日を特に指定しているのは何らかの意味があるのか、例えば最初は3月31日まで、当然年度末までしてたわけでしょう。だったら、ほとんどこれ1年に近い、10カ月ですか、延ばしてるわけですけれども、3月31日じゃなくて1月29日だという意味合いについて何らかの意味があるのかどうなのか。本来民生文教委員会の所属なので控えるべきでありましょうけれども、これは委員会付託がありませんので、この場でしか質疑ができませんので、お許しいただきたいと思います。



◎教育委員会学校教育課長(田中浩君) 議長



○議長(若松孝行君) 田中教育委員会学校教育課長



◎教育委員会学校教育課長(田中浩君) ただいまの水田議員の御質問にお答え申し上げます。

 工期につきまして、30、31日が土日に当たりますので、1月29日というようなことになった経緯がございます。

 それと、1月中に本体工事を完了いたしまして、仮設校舎の撤去を含めて本校舎のほうへの移転というようなことを2月中に完了いたしまして、3月の卒業式までは現在の6年生に入っていただくというような形で計画をいたしております。



◆19番(水田恒二君) 議長



○議長(若松孝行君) 水田恒二議員



◆19番(水田恒二君) 説明はわかりましたけれども、年度いっぱいにしとったほうが仕事について、例えばまた延長しなくてはならないとかというようなことがないので逆にいいのではないかと、1月途中で切るよりもと思うんですけども、これは間違いなくこの1月いっぱいでできるので、再度の提案というのは100%ないというふうに理解してよろしいんでしょうか。安全策をとっとったほうが私はええんじゃないかと思いますが。



◎教育委員会学校教育課長(田中浩君) 議長



○議長(若松孝行君) 田中教育委員会学校教育課長



◎教育委員会学校教育課長(田中浩君) 水田議員の再質問にお答え申し上げます。

 100%ないということはちょっと言い切れませんのですが、工事内容がエコ改修ということで、実際に工事に入ってみて不測の事態といいますか、中身、昔建てた校舎でございますので、中を実際の改修に入りましたときに工期が延長されるというケースも考えられますが、事業自体平成20年度から事業といたしまして国のほうから補助金をいただくような形になっておりますので、21年度に、繰り越しを御承認いただいた事業でございまして、21年度中には必ず完成させなければならないというような事業でございまして、そのようなことで工程等も十分検討いたしまして、最大限1月末には本体工事を完了させて、先ほど申し上げた3月には子供たちが使えるような環境にということで日程を業者とも相談いたしまして決定させていただいております。



◆19番(水田恒二君) 議長



○議長(若松孝行君) 水田恒二議員



◆19番(水田恒二君) 最後は要望ということで結構でございますので、先ほども最初のときに言いましたように、やはり二度とそういうことのないように、年数だけ変えて、日にちのところは同様のほうが私は安心して仕事ができるのではないかというふうに考えますので、今後二度と再延長などということを議会に持ってこられることのないように、皆様方一致協力して頑張っていただきたいということを申し添えておきます。



○議長(若松孝行君) 要望ということで答弁要りませんか。

            〔19番水田恒二議員「はい、いいです」と呼ぶ〕



○議長(若松孝行君) ほかにございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) ないようですので、次に進みます。

 報告第3号伊予市税条例等の一部を改正する条例の専決について、御質疑ありませんか。



◆19番(水田恒二君) 議長



○議長(若松孝行君) 水田恒二議員



◆19番(水田恒二君) 率直に申し上げまして、余りにも膨大なので、専決であるのはわかるんですけれどもね、こういうものを専決に持ってこられて、すぐその場で委員会付託もなしに採決してほしいと言われてもなかなかしんどいんですよね。だから、ここでかいつまんで説明をしていただきたい。といいますのが、これ今ずっと聞きよったんですが、なかなか私だけなんでしょうかね、十二分にこれ理解できません。ということで、この項目が単なる中央の法に基づく法整備だけで内容的に全く市民に利益も不利益もないのかどうなのか。いわゆる利益を受けていても、それが年限を延長するんだって意味合いのところも多々あって、そんなのはよくわかりましたけれどもが、利益の延長は結構でございますけれどもが、このことによって不利益をこうむるようなことがこの多くの変更点の中であるのかないのか。もしあるとするならば、その不利益をする方々は何人ぐらいで、その金額の合算はどのぐらいになるのか、その関係したところだけで結構でございますので、なければないの一言で結構でございますので、お願いしたいと思います。



◎税務課長(武智茂記君) 議長



○議長(若松孝行君) 武智税務課長



◎税務課長(武智茂記君) 失礼いたします。それでは、水田議員さんの御質問に回答させていただきます。

 今回の税条例の一部を改正する条例につきましては、地方税法の一部を改正する法律ということで、地方税法が改正されたことに伴って改正しております。まず、市民の方に有利になるといいますか、そういうふうな改正につきましては、個人住民税における住宅ローンの特別控除の創設という制度が今年度から始まっております。

 これは今年からということになりますんで、実際に市民税に反映されますのは来年度からというような予定になっております。

 あと固定資産税につきましては負担調整措置が継続されるということで、これも市民の方にとっては有利な改正ではないかというふうに考えております。

 今回の改正につきましては、市民の方にとって不利益はないというふうに考えております。



○議長(若松孝行君) よろしいですか。

 ほかにございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) ないようですので、次に移ります。

 報告第4号伊予市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の専決についての御質疑ありませんか。



◆19番(水田恒二君) 議長



○議長(若松孝行君) 水田恒二議員



◆19番(水田恒二君) 説明聞いていて、1点だけここはどうなのかなというところがありましたので、いわゆる9万円が10万円になるっていうところなんですけれども、その該当者は具体的にはどういう方々が当たり、このことによって何人ぐらいの方がその対象者になり、想定している徴収金の合算額はどのぐらいになるというふうに考えておられるのか。



◎税務課長(武智茂記君) 議長



○議長(若松孝行君) 武智税務課長



◎税務課長(武智茂記君) 水田議員さんの御質問に御回答させていただきます。

 9万円が10万円に最高限度額が変わるということで、その影響を受ける世帯が166世帯ございます。これ現在21年度の市民税のほうの所得が確定しておりませんので、20年度の課税ベースで計算させていただいております。166世帯で全体の調定額が150万円年間で上がるというふうに想定しております。

 以上です。



◆19番(水田恒二君) 議長



○議長(若松孝行君) 水田恒二議員



◆19番(水田恒二君) 心配なのは、増える方々がどういう方が増えるのかと。例えばこういうことを我々は帰って市民の方に報告しても、うちに関係してるのかな、どうなのかなという形で、166だから今言ったように限度が1万円増えるわけですから、最高増えても確かに1万円なんですけどね。やはり介護ですから関係した人というのはお年寄りでしょう。お年寄りにとって1万円というのは大きな金額でございますので、どういうような方、具体的にわかりやすくお教えいただいたら、その増えたお年寄りに説明することが可能であるということで、具体的な方々をお教えいただいたら、こういう範囲の方々なんだよというところを。



◎税務課長(武智茂記君) 議長



○議長(若松孝行君) 武智税務課長



◎税務課長(武智茂記君) 水田議員さんの再質問にお答えさせていただきます。

 まず、この最高限度額を超える世帯につきましては、比較的所得が高い方が対象になってくるかと思います。7割軽減ですとか5割軽減、2割軽減を受けている方については影響がないというふうに考えております。給与所得で標準世帯、だんな様と奥様、それで子供さんが2人おいでる世帯というふうなことをちょっと例にして計算してみたんですけれど、それによりますと大体給与収入が640万円ぐらいの方が該当するんではないかというふうに考えております。

            〔19番水田恒二議員「はい、了解」と呼ぶ〕



○議長(若松孝行君) ほかにございませんか。



◆3番(高井洋一君) 議長



○議長(若松孝行君) 高井洋一議員



◆3番(高井洋一君) ちょっと似たようなことになるかもしれませんが、これも条文整理ということで国の法律が変わったために条例に反映させたということですか。それだけの意味ですかね。法律改正の、まあ言うたら悪いけども紛れて入れたんではないということですね。それをちょっと確認したいんです。



◎税務課長(武智茂記君) 議長



○議長(若松孝行君) 武智税務課長



◎税務課長(武智茂記君) 高井議員さんの御質問にお答えいたします。

 今回の改正につきましては、地方税法の改正、地方税法施行令の改正というふうな改正に基づいて入れておるものであります。

 以上です。



○議長(若松孝行君) 高井議員よろしいですか。

            〔3番高井洋一議員「はい」と呼ぶ〕



○議長(若松孝行君) ほかにございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) ないようですので、これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております報告第2号ないし報告第4号は、会議規則第37条第2項の規定により委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 御異議なしと認めます。よって、報告第2号ないし報告第4号は委員会の付託を省略することに決しました。

 討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 討論はありませんので、これから採決いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております報告第2号ないし報告第4号は一括して採決いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 御異議なしと認め、さよう決定いたします。

 お諮りいたします。

 報告第2号ないし報告第4号は、原案のとおり承認することに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 御異議なしと認めます。よって、報告第2号ないし報告第4号についての3件については、原案のとおり承認することに決しました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(若松孝行君) 暫時休憩いたします。

            午後5時27分 休憩

       ───────────────────────

            午後5時38分 再開



○議長(若松孝行君) 再開いたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第16 議案第54号 伊予市監査委員(識見を有するもののうちから選任する委員)の選任同意について

              (提案理由の説明・質疑・討論・表決)



○議長(若松孝行君) ただいま市長から議案第54号の提出がありましたので、日程に追加し、議題といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 御異議なしと認めます。よって、議案第54号を日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。



◆20番(西岡孝知君) 議長



○議長(若松孝行君) 西岡孝知議員



◆20番(西岡孝知君) 暫時休憩を願います。



○議長(若松孝行君) 何でしょうか。何のため暫時休憩でしょうか。



◆20番(西岡孝知君) 今の件につきまして暫時休憩を願います。



○議長(若松孝行君) この今の件というのはどういう意味でしょうか。日程の追加の件ですか。



◆20番(西岡孝知君) そうです。



○議長(若松孝行君) 異議ないということであったんですけど。異議ないということで進めよったんですけどが。よろしいですか。西岡議員、構いませんか。



◆20番(西岡孝知君) 休憩願いたいと思います。



○議長(若松孝行君) 暫時休憩いたします。

            午後5時40分 休憩

       ───────────────────────

            午後5時41分 再開



○議長(若松孝行君) それでは、再開いたします。

 日程第16、議案第54号伊予市監査委員(識見を有するもののうちから選任する委員)の選任同意についてを議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 中村市長。

            〔市長 中村 佑君 登壇〕



◎市長(中村佑君) 議案第54号伊予市監査委員(識見を有するもののうちから選任する委員)の選任同意につきまして提案理由の説明を申し上げます。

 伊予市監査委員?野修三の任期が来る平成21年5月9日をもって満了となりますが、引き続き伊予市双海町串甲2375番地第1、?野修三氏を選任いたしたいと存じます。

 ?野氏は、旧双海町議会議員として昭和46年4月から5期20年間にわたりお務めになられ、その間3期にわたり議長として議会を代表し、また平成11年6月からは旧双海町の助役に御就任され、町政各般にわたり行政手腕を発揮されておられました。また、円満で誠実な御性格は、人々の信望も厚く、その豊富な経験と高い識見、公正な人格は、本市の監査委員としてまことにふさわしい方でありますので、よろしく御同意を賜りますようお願いを申し上げます。

 以上です。



○議長(若松孝行君) これをもって提案理由の説明を終わります。

 これから質疑に入ります。

 御質疑ありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 質疑はないようです。

 これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第54号については、会議規則第37条第2項の規定により委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 御異議なしと認めます。よって、議案第54号は委員会の付託を省略することに決しました。

 討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 討論はありませんので、これから採決いたします。

 お諮りいたします。

 議案第54号伊予市監査委員(識見を有するもののうちから選任する委員)の選任同意については、これに同意することに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 御異議なしと認めます。よって、議案第54号伊予市監査委員(識見を有するもののうちから選任する委員)の選任同意については、これに同意することに決しました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第17 議案第55号・議案第56号

          (提案理由の説明・質疑・討論・表決)



○議長(若松孝行君) ただいま市長から議案第55及び議案第56号の提出がありましたので、日程に追加し、議題といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 御異議なしと認めます。よって、議案第55号及び議案第56号を日程に追加し、議題とすることに決しました。

 日程第17、議案第55号及び議案第56号を一括議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 中村市長。

            〔市長 中村 佑君 登壇〕



◎市長(中村佑君) それでは、議案第55号伊予市教育委員会委員の任命同意について、提案理由の説明を申し上げます。

 教育委員会委員上田稔氏の任期が来る5月11日をもって満了となりますので、その後任に伊予市双海町上灘甲5391番地2、若松進一氏を選任いたしたいと存じます。

 若松氏は、昭和45年、双海町役場に奉職され、平成6年度から平成14年度まで地域振興課長を務められ、平成15年4月から双海町教育長に就任されました。退職後は双海町下灘に人間牧場を主宰し人材育成に努めるとともに、愛媛大学農学部客員教授、国土交通省観光カリスマ百選等、まちづくり、人づくりに御尽力をされておられます。幅広い経験をもとに教育委員会の円滑な運営に御尽力いただけるものと考えており、本市の教育委員として適任であると信じますので、何とぞよろしくお願いを申し上げまして提案理由の説明を終わります。

 続きまして、議案第56号伊予市教育委員会委員の任命同意について提案理由の説明を申し上げます。

 教育委員会委員宮崎則數氏の任期が来る5月11日をもって満了となりますが、引き続き伊予市中山町出渕2番耕地3717番地、宮崎則數氏を選任いたしたいと存じます。

 宮崎氏は、旧中山町立野中幼稚園PTA会長、野中小学校PTA会長を歴任され、また平成13年9月からは旧中山町教育委員に就任され、その間平成16年10月からは教育委員として、さらに引き続いて新伊予市の教育委員として教育委員会の円滑な運営に御尽力をいただきました。その公正で高潔なお人柄は人々の信望も厚く、本市の教育委員として適任であると信じますので、何とぞよろしく御同意を賜りますようお願いを申し上げまして提案理由の説明を終わります。

 以上2件、よろしくお願いします。



○議長(若松孝行君) これをもって提案理由の説明を終わります。

 これから質疑に入ります。

 質疑は議案番号順に行います。

 まず、議案第55号伊予市教育委員会委員の任命同意について、御質疑ありませんか。



◆20番(西岡孝知君) 議長



○議長(若松孝行君) 西岡孝知議員



◆20番(西岡孝知君) 私は暫時休憩をお願いしたいと思うんですが。



○議長(若松孝行君) 暫時休憩いたします。

            午後5時49分 休憩

       ───────────────────────

            午後5時51分 再開



○議長(若松孝行君) 再開いたします。

 先ほど中村市長のほうから説明がございました議案第55号伊予市教育委員会委員の選任同意についての御質疑はありませんか。



◆8番(武智邦典君) 議長



○議長(若松孝行君) 武智邦典議員



◆8番(武智邦典君) 私の認識でまず申し上げますが、中山の方は継続ということで宮崎さんですか、ですけど、議案第55号の若松さん、たまさか双海の議員さんからは教育委員の続投を、上田さんでいくというふうなことをちらっと聞いておりました。それはそれとして、当然のごとく教育委員にならんと教育長にはなれない、これは当たり前の話でございまして、その教育委員、今は条例で6人まで構わんようになっとるそうでございますけど、それはちょっとあれとして、5人の中で互選で教育長を決めるというふうにも聞いております。そんな中で、今後翠小学校を含め学校の耐震化、もろもろの重大な命にかかわる行政手腕が求められております。なぜ中村市長さんが上田教育長をまずお外しになってこの若松さんの選任の同意を我々に求めているのかという点と、冒頭に申し上げましたように、双海の4名の方で4名ともが若松さんというんであればそれはあくまでも双海の総意でございますので私は何ら反対するつもりもございませんので、前段の今後の4年間の教育行政において上田稔氏を外し若松氏を入れるその根拠といいますか、意味を御説明だけ賜ったら、まずうれしいなと思っております。それだけです。



◎市長(中村佑君) 議長



○議長(若松孝行君) 中村市長

            〔市長 中村 佑君 登壇〕



◎市長(中村佑君) 今回、上田さんに御勇退をいただいて、若松さんにお願いをしました。あくまでも市長の専決行為でございますので、新しい教育委員会に風を入れろうという思いで、恐らく教育長に就任されるであろうということも予測しながらお願いをしておるわけであります。御理解をいただきたいと思います。



◆20番(西岡孝知君) 議長



○議長(若松孝行君) 西岡孝知議員



◆20番(西岡孝知君) やはり地元の皆さんを初め市民の皆さんからの目線で見ても、今の教育長に落ち度があるとか、何ら私は落ち度もないし、非常に熱心に教育問題において取り組んでおると、私はかように思うわけでございます。また、市民サイドからの目で見ても、私は今の教育長はすばらしい、上田教育長はすばらしい、そういう数々の声を聞いております。若松進一さんを上げてきておりますけれども、若松さんは健康面において非常に不安がある、手術もやっております、大手術をやっております、健康面において私は地元の皆さんは、あれではちょっと無理だろうという声を聞いております。健康面においても精神面においてもすべて今の上田教育長はすばらしいと、だれから見てもすばらしい。だから、私は上田教育長をかえる必要はないと。ぜひとも引き続いてやっていただきたい、かように思っております。

 以上でございます。



◆19番(水田恒二君) 議長



○議長(若松孝行君) 水田恒二議員



◆19番(水田恒二君) 大先輩のおっしゃられることだから途中で遮るのは失礼に当たると思って話が終わるまで待っておりましたけれども、今の御発言はどちらかというと賛成討論、反対討論の討論の領域になるんではないかと。先ほどから聞いておりますと、議長の運営の現時点における時間的経過は質疑という時間の中に今あるだろうと思うんです。だから、先ほどの武智邦典氏の発言のような形での発言ならば許されるけれども、次のときにああいうような形でこの議案は悪いと、こうこうこういうようなところが悪いんだというような形で討論の事項に属するのではないかと思いますので、議長の議事運営について再度御注意、勧告申し上げたいと、失礼ながら申し上げました。よろしくお願いします。



○議長(若松孝行君) ただいま申し出がありました水田議員の件につきましては、今後一段と気をつけますので、御理解をいただきたい。

 ほかにございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 次に移ります。

 議案第56号伊予市教育委員会委員の任命同意について、御質疑ありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) ないようです。

 以上で質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 議案第55号及び議案第56号については、会議規則第37条第2項の規定により委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 御異議なしと認めます。よって、議案第55号及び議案第56号については委員会の付託を省略することに決定いたしました。

 討論はありませんか。



◆9番(大西誠君) 議長



○議長(若松孝行君) 大西誠議員



◆9番(大西誠君) 討論という言い方か表決に関しましての要望になるかと思うんですけども、この教育委員の任命の件に関しましては、先ほどの質疑で武智議員のほうからもございましたように、議員の間にも情報といいますか、多くのうわさがございました。氏名に関しましても先ほど出ておりました氏名を聞き及んでございます。今日本来であったら副市長の任命同意のほうも出てくるのかなというふうに思っておったんですが、冒頭に市長の御説明で延期するということで、この教育委員の案件に関しましても、今日の昼の休憩でも多くの議員のほうで6月の議会のほうに出てくるんだなというふうに私も思っておりましたが、もう終了寸前になって出てきてびっくりしておるような状況でございまして、そうは申しましてももう出た以上ここまで進行いたしましたので、もう議論といいますか、表決になるというので、非常に動揺しておる状況でございまして、一括で異議なしというような表決ではございませんで、多くの議員でも若松氏非常にすばらしいのは私も重々承知してございますが、ちょっと選択肢のほうを持たせていただきたいもので、分離しまして賛成、反対の起立での表決を求めたいと思います。よろしくお願いします。



○議長(若松孝行君) ただいま大西議員から御要望のございました分離して同意を求めるということでございますが、そのように考えておりますので。

 ほかにございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) それでは、ないようですので、これから採決いたします。

 採決は分離して行います。

 お諮りいたします。

 まず、議案第55号伊予市教育委員会委員の選任同意については、これに同意することに賛成の議員の起立を求めます。

            〔賛成者起立〕



○議長(若松孝行君) 御着席ください。

 起立少数であります。

            〔19番水田恒二議員「じゃあ反対も確認せなあかん」と呼ぶ〕



○議長(若松孝行君) 反対確認しましょうか。

 反対の方起立願います。

            〔反対者起立〕



○議長(若松孝行君) 御着席ください。

 反対の方、起立多数であります。よって、議案第55号伊予市教育委員会委員の任命同意については、不同意と決しました。

 次に、議案第56号伊予市教育委員会委員の任命同意については、これに同意することに賛成の議員の起立を求めます。

            〔賛成者起立〕



○議長(若松孝行君) 御着席ください。

 起立全員であります。よって、議案第56号伊予市教育委員会委員の任命同意については、これに同意することに決しました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第18 諮問第1号・諮問第2号

          (提案理由の説明・質疑・討論・表決)



○議長(若松孝行君) ただいま市長から諮問第1号及び諮問第2号の提出がありましたので、日程に追加し、議題といたします。これに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 御異議なしと認めます。よって、諮問第1号及び諮問第2号を日程に追加し、議題とすることに決しました。

 日程第18、諮問第1号及び諮問第2号を一括議題といたしたいと思います。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 中村市長。

            〔市長 中村 佑君 登壇〕



◎市長(中村佑君) 諮問第1号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて提案理由の説明を申し上げます。

 人権擁護委員吉澤三千久氏の任期が来る6月30日をもって満了となりますが、引き続き伊予市上唐川甲369番地1、吉澤三千久氏を推薦したいと存じます。

 吉澤三千久氏は、愛媛大学農学部附属農業高等学校勤務や伊予診療所、そしてツバメハイヤー有限会社勤務を経て現在農業を営んでおられます。また、平成13年12月からは主任児童委員として児童の健全な成長のために御活躍をいただいており、さらに人権擁護委員としては平成15年7月1日から御活躍をいただいておりますが、氏の誠実で堅実な御性格に加え、温厚で明るいお人柄は、人権擁護委員として適任であると信じますので、何とぞよろしく御意見を賜りますようお願いを申し上げます。

 諮問第2号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることにつきましては、人権擁護委員城戸健氏の任期が6月30日をもって満了となりますので、その後任に伊予市双海町串甲2559番地、矢野鎭男氏を推薦したいと存じます。

 矢野氏は、農業を営む傍ら、えひめ中央農業協同組合等役員として地元農家の営農相談に応じておられます。平成5年度からは民生児童委員を2期6年間務められ、社会福祉の増進に寄与していただいたほか、地元中学校のPTA会長も経験され、平成9年、10年度の2年間、地元区長としても御活躍をされました。また、平成16年4月からは伊予市・中山町・双海町合併協議会委員、平成17年6月からは伊予市総合計画策定審議会委員として、さらに17年7月からは3年間農業委員会委員として御尽力をいただきました。温厚で円満な御性格は人望も厚く、氏の誠実で堅実な御性格は人権擁護委員として適任であると信じますので、何とぞよろしく御意見を賜りますようお願いを申し上げます。

 以上2件、よろしくお願いします。



○議長(若松孝行君) これをもって提案理由の説明を終わります。

 これから質疑に入ります。

 質疑は議案番号順に行います。

 まず、諮問第1号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて、御質疑ありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 質疑もないようですので、次に移ります。

 諮問第2号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて、御質疑ありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) ないようですので、以上で質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 諮問第1号及び諮問第2号については、会議規則第37条第2項の規定により委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 御異議なしと認めます。よって、諮問第1号及び諮問第2号については委員会の付託を省略することに決しました。

 討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 討論はありませんので、これから採決いたします。

 採決は分離して行います。

 お諮りいたします。

 まず、諮問第1号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについては、これに同意することに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 御異議なしと認めます。よって、諮問第1号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについては、これに同意することに決しました。

 次に、諮問第2号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについては、これに同意することに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 御異議なしと認めます。よって、諮問第2号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについては、これに同意することに決しました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(若松孝行君) 暫時休憩いたします。

            午後6時09分 休憩

       ───────────────────────

            午後6時10分 再開



○議長(若松孝行君) 再開いたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第19 議案第57号 伊予市監査委員(議員のうちから選任する委員)の選任同意について

              (提案理由の説明・質疑・討論・表決)



○議長(若松孝行君) ただいま市長から議案第57号の提出がありましたので、日程に追加し議題としたいと思います。これに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 御異議なしと認めます。よって、議案第57号を日程に追加し、議題とすることに決しました。

 日程第19、議案第57号伊予市監査委員(議員のうちから選任する委員)の選任同意についてを議題といたします。

 地方自治法第117条の規定により、日野健議員の退席を求めます。

            〔16番 日野 健君 退場〕



○議長(若松孝行君) 議案第57号伊予市監査委員(議員のうちから選任する委員)の選任同意についてを議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 中村市長。

            〔市長 中村 佑君 登壇〕



◎市長(中村佑君) 議案第57号伊予市監査委員(議員のうちから選任する委員)の選任同意につきまして提案理由の説明を申し上げます。

 去る4月23日、第1期市議会議員の任期が満了いたしましたことにより、議員のうちから選任されておりました田中裕昭氏の監査委員の任期が満了となっておりますので、その後任委員に日野健氏を選任いたしたいと存じます。

 御承知のとおり、監査委員の職務は本市の行財政に関します事務の執行及び運営並びに事業の経営管理等につきまして厳正な監査をお願いするものでございまして、極めて重要な職務であります。温厚にして信頼も厚い日野健氏はまことに適任者であると考えますので、何とぞよろしく御同意を賜りますようお願いを申し上げます。

 以上です。



○議長(若松孝行君) これをもって提案理由の説明を終わります。

 これから質疑に入ります。

 御質疑ありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 質疑もないようですので、これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第57号については、会議規則第37条第2項の規定により委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 御異議なしと認めます。よって、議案第57号は委員会の付託を省略することに決しました。

 討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 討論はありませんので、これから採決いたします。

 お諮りいたします。

 議案第57号伊予市監査委員(議員のうちから選任する委員)の選任同意については、これに同意することに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(若松孝行君) 御異議なしと認めます。よって、議案第57号伊予市監査委員(議員のうちから選任する委員)の選任同意については、これに同意することに決しました。

 日野健議員の入場を許します。

            〔16番 日野 健君 入場〕

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(若松孝行君) 以上で本日の日程は全部終了いたしましたので、本日の会議を閉じます。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(若松孝行君) 市長から閉会のあいさつがあります。

 中村市長。

            〔市長 中村 佑君 登壇〕



◎市長(中村佑君) 閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げたいと思います。

 今議会に提案をいたしました教育委員問題につきましては、皆さん方から御同意をいただけなかったということで、後日副市長と同時期に提案をさせていただくことになろうかと思いますので、その節にはよろしくお願いを申し上げたいと思います。

 なお、今期退職をなされます監査委員の田中裕昭氏、そして人権擁護委員の城戸氏に対しまして、大変長期間にわたりまして御苦労をかけましたことに改めて感謝を申し上げたいと思います。お世話になりました。

 さて、これからいよいよ第2期の市議会がスタートするわけでありますが、新しい議長、副議長が御就任され、また議会運営委員会及び常任委員会におかれましても正副委員長が決定されましたこと、大変おめでとうございます。今後は、この新しい議会構成のもとで市勢発展のために格別の御支援、御協力を賜りますようお願いを申し上げます。

 ここで臨時議会についてお願いをしておきたいと存じます。

 現在、人事院では公務員の期末勤勉手当の削減について検討がなされており、間もなく勧告が出されるものと思われます。それに準拠いたしまして、本市におきましても職員の期末勤勉手当を削減するための条例改正を行いたく、臨時議会での御審議をいただきたいと考えております。副市長の選任同意、教育委員会の委員の選任につきまして早い機会に予定をいたしております臨時議会に改めて提案をしたいと思いますので、よろしくお願いを申し上げまして閉会のごあいさつとさせていただきます。大変御苦労でございました。ありがとうございました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(若松孝行君) これをもって平成21年第2回伊予市議会臨時会を閉会いたします。

            午後6時17分 閉会

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

      伊予市議会臨時議長  高 橋 佑 弘





            議 長  若 松 孝 行





            議 員  日 野 猛 仁





            議 員  北 橋 豊 作