議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛媛県 伊予市

平成19年第5回(12月)定例会 12月11日−02号




平成19年第5回(12月)定例会 − 12月11日−02号







平成19年第5回(12月)定例会



         平成19年伊予市議会12月定例会会議録(第2号)



平成19年12月11日(火曜日)

       ──────────────────────────

          議   事   日   程(第 2 号)

                    平成19年12月11日(火曜日)午前10時開議

開 議 宣 告

 第1 会議録署名議員の指名

 第2 議案第92号〜議案第116号

      (質疑・委員会付託)

 第3 請願第 1号

    陳情第 7号〜陳情第 11号

      (委員会付託)

閉議・散会宣告

       ──────────────────────────

  本日の会議に付した事件

 日程第1から日程第3まで

       ──────────────────────────

  出席議員(21名)

 1番  佐 川 秋 夫 君             2番  谷 本 勝 俊 君

 3番  正 岡 千 博 君             4番  武 智 邦 典 君

 5番  大 西   誠 君             6番  山 崎 正 樹 君

 7番  青 野   光 君             8番  久 保   榮 君

 9番  田 中 裕 昭 君            10番  田 中   弘 君

11番  武 智   実 君            12番  岡 田 博 助 君

13番  井 上 正 昭 君            14番  日 野   健 君

16番  若 松 孝 行 君            17番  竹 本   清 君

18番  平 岡 一 夫 君            19番  水 田 恒 二 君

20番  日 野 正 則 君            21番  西 岡 孝 知 君

22番  高 橋 佑 弘 君

  欠席議員(なし)

  欠  員(1名)

       ──────────────────────────

  説明のため出席した者

市長      中 村   佑 君      副市長     土 居 民 雄 君

教育長     上 田   稔 君      総務部長    篠 崎 末 廣 君

会計管理者   松 村 英 友 君      市民福祉部長  松 浦 千枝子 君

産業建設部長  武 智   勲 君      水道部長    松 野 和 美 君

教育委員会事務局長              中山地域事務所長毛 利 伍 良 君

        八 倉 文 雄 君

双海地域事務所長中 川 佳 久 君      行政改革・政策推進室長

                               久 保 繁 行 君

総務課長    岡 井 英 夫 君      企画財務課長  島 田   光 君

税務課長    玉 井 照 良 君      防災安全課長  松 本 正 實 君

福祉課長    武 田 淳 一 君      長寿介護課長  西 村 道 子 君

保険年金課長  渡 辺 正 人 君      健康増進課長  松 村 ひろみ 君

市民生活課長  井 上 伸 弥 君      産業経済課長  高 本 幸 男 君

都市整備課長  井 上 雅 博 君      道路河川課長  矢野上 茂 義 君

会計課長    水 口 良 江 君      水道課長    長 尾 省 三 君

下水道課長   渡 辺   勉 君      教育委員会社会教育課長

                               三 好   正 君

教育委員会学校教育課長

        山 下 佳 宏 君

       ──────────────────────────

  事務局職員出席者

事務局長    山 下 宗 教 君      主幹      枡 井 紀 子 君

主査      下 岡 裕 基 君

       ──────────────────────────







            午前10時00分 開議



○議長(高橋佑弘君) ただいまより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程はお手元に配付しておりますから、その順序によって審議をいたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(高橋佑弘君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において2番谷本勝俊議員、3番正岡千博議員の両名を指名いたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2 議案第92号〜議案第116号

        (質疑・委員会付託)



○議長(高橋佑弘君) 次に、日程第2、議案第92号ないし議案第116号を一括議題といたします。

 これから議案第92号ないし議案第116号に関する質疑に入ります。

 質疑は議案番号順に行います。

 まず、議案第92号伊予市意見公募手続条例の制定について御質疑ありませんか。

 議案書21ページないし6ページです。



◆19番(水田恒二君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 水田恒二議員



◆19番(水田恒二君) 2ページ、第2条第2項の4号ないし5号に関係してお尋ねをしたいと思います。

 4番のところで、市内の学校ということで一般的には小学校、中学校、これについては問題もないし、高校の場合にはいわゆる他市、町からの通学する者ということで、伊予市以外の人という理解ができるわけですけれども、さらに進んで在学する者となっておりますので、いわゆる学校ということで小中高というのがありますけれども、未成年者の問題です。いわゆる参政権との兼ね合いもあるわけですけれども、今まではいろいろこういった場合には参政権を持っている二十歳以上とか、先だっての伊予市の基本条例等の作成の過程でも18歳の年齢の方をどうするかというようなことが論議になったということもあるわけですけれども、この場合であるならば満6歳以上の子供も含まれるわけなんですけれども、そのあたり揚げ足をとるように聞こえるかもしれませんけれども、私の見落としかもしれませんけれども、年齢制限のところが、市民等のところ、だからここで本来ならあってもしかるべきでありましょうけど、年齢制限がありませんので、そのあたりについてのお考え、そのあたりは常識なのよということなのか、満6歳以上の者を市民等というふうに理解してよろしいのかどうなのか。

 それと、5号のところなんですけれども、納税義務を有する者ということで、納税義務を持っている者は、いわゆる日本国籍を持っている人以外も納税義務が生じているわけなんですけれども、今まで県下の他市において在日の方々をそういう範疇に入れるのかどうなのかというときに、それを審議会に入れた場合に議会で拒否されたような事例があるわけなんですけれども、この場合であるならば、この条例、字面どおりに理解するならば、そういった日本国籍を持たない方々も当然この公募手続条例についてはイエス、ノーが言えたり、いろいろ提案等ができるわけなんですけれども、そのあたりについてはどのようにお考えなのか、お聞かせをいただいたらと思います。2点。



◎企画財務課長(島田光君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 島田企画財務課長



◎企画財務課長(島田光君) ただいまの水田議員の御質問に御答弁いたします。

 2ページの第2条第2項第4号及び5号でございますが、まず第4号についてでございます。

 これは解釈といたしまして、水田議員さん御指摘のとおり、小中高、児童・生徒さん、これは該当するように判断しております。

 それと、5号につきましては、私の内部検討委員会の方では、外国人、日本国籍を持たない者に関しても該当すると解釈をいたしております。

 以上でございます。



◆19番(水田恒二君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 水田恒二議員



◆19番(水田恒二君) 2点とも私の意図するところといいますか、当然あってしかるべきということで、非常に頼もしい答弁でありがとうございます。

 しかしながら、後で何らかの問題点、いわゆる参政権を持っていないわけですから、それとの絡みで条例にいろいろ提言等ができるということが、ひっかかりが出てくるようなことが想定された場合のことは論議の対象になったのかどうなのか、そこをお聞かせいただいたらと思います。



◎総務部長(篠崎末廣君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 篠崎総務部長



◎総務部長(篠崎末廣君) 水田議員の再質問に私の方からお答えをいたします。

 先ほど島田課長の方から言いましたように、いわゆる市内の学校に在住する者というのは、市内の小中高校生を対象にしております。参政権問題いろいろ出ましたけども、基本的にこの条例につきましては、市民の皆さんの多くの多様な意見を市政に反映する機会をつくるというふうなことで、協働と参画の郷づくりを基本理念にしておりまして、参政権まで論議はしてない状態でございます。

 以上でございます。



○議長(高橋佑弘君) よろしいですか。

 ほかにございませんか。



◆5番(大西誠君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 大西誠議員



◆5番(大西誠君) 2つの項目についてお聞きいたします。

 1点目、先ほどの水田議員の質問の第2条の項目なんですけども、私これちょっと見解と認識が違っておりまして、第2条の2の1で、市内に住所を有する者というふうにまず1点目入ってますんで、年齢の制限、小中高じゃなく変な話ちょっと極論を言いますと、幼稚園児でもオーケーというふうに認識してございました。先ほどの課長の答弁で、4番の方を優先しまして小中高というふうにするのであれば、ちょっと(1)の項目を直すべきじゃないかということなんで、この見解をお聞きいたします。

 これがちょっと2つ目の質問にも若干絡んでくるんですが、4ページ目の7条の第3の意見の提出方法でございまして、(1)から(5)までございまして、様式の方が全く決まってないと、どういった様式でも構いませんよということでございますので、これがそういった変な話、幼稚園児、小学校の低学年の方でも、いい解釈をすればメモ書きでも字が書ければ平仮名でも何でもいいという項目で、7条の方でそういった様式を全く規定をしていないというふうにちょっととったわけですが、反対の言い方をしますと、やはりこの条例に関する意見の公募でございますので、郵便にしましてもファクスにいたしましても一定の様式は決めておくべきではないかなというふうに私は思ったんですが、この7条の項目に関しましてどのようにお考えかを教えてください。

 7条に関しまして、ほんのちょうど、今日来ましてから気づいたのが7条の4でございますが、「意見を提出しようとする市民等は、住所、氏名その他の市民等」という「の」というのが、これはちょっと要らないというか間違いではないかなとちょうど今気づきましたもので、住所、氏名その他市民等であるというのが日本語の正解ではないかというふうに思ったのでつけ加えて今申し上げます。

 以上です。



◎副市長(土居民雄君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 土居副市長



◎副市長(土居民雄君) 大西議員の御質問にお答えをいたします。

 まず、第2条第2項第1号市内に住所を有する者、これは広く市内に住所を有する者という形で規定をしておりまして、その中でいわゆる年齢といいますか市内に在学する者という形で小学校以上という形でやっておりますので、新たに第1号に付記する必要はないというふうに解釈をしております。

 もう一点、第7条その他の市民であること。これはいわゆる市内に住民登録してる方は伊予市という住所表記が出て名前も出ます。松山市の方につきましては、市内の事業所に勤務されてるという形、高校在学についても住所は松山市であってもどこの地域であっても在校名、そういう意味でその他市民等であることというふうに表示しております。御理解願えたらと思います。

            〔5番大西 誠議員「わかりました。結構です」と呼ぶ〕



○議長(高橋佑弘君) ほかにございませんか。



◆4番(武智邦典君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 武智邦典議員



◆4番(武智邦典君) 3ページ、第3条及び4ページ、第5条につきまして、これ基本自治条例の絡みで前話したときにも私言ったんですけれども、公募をした際、3条(2)「市民等に義務を課し、又は権利を制限する条例」とか、(3)もう読んでその字のごとくでございます、(4)もそのとおりでございますけれども、これが出ましたと、意見の公募が出ました。じゃあ、その公募に対して再度ここの部分、第3条に関しましてはお聞きしますけれども、出たことに対してどのように対応をしていくのか。一部それなりの文はありますけれども、そこのところを具体的にちょっとお聞かせ願いたい。

 第5条でございますけれども、第5条の3で実施機関が指定する場所での閲覧及び配布、要するに公表の件でございますけれども、どのような公表をされるのか。要するに、もう広報でぱっと出すのか、それとも大事なことだから、俗に言う我々で言ったら区長場におりて、総代さんから引き合い長で各戸に配るような形のもので出していくのか。そこらのところをもう一度お聞かせいただきたいと思います。

 以上です。



◎企画財務課長(島田光君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 島田企画財務課長



◎企画財務課長(島田光君) ただいまの武智邦典議員の御質問に御回答いたします。

 まず、3条ですが、意見公募で公募があった場合、どう対処するのかという御質問だったと思いますけど、基本的に市民生活には直接かつ重大な影響を与える政策等市としての理念などを定めるときに市民からの意見を求めるということでございますが、実施機関が特に必要な場合と判断をした場合にも一応求めることになりまして、意見公募は内部で検討いたしまして、これによってこれは参考にしなければいけないとか、これは御意見はいただいてるけども参考にできないとか及ばない部分ということを判断いたしまして、参考にできるものであるならばそれを吸い上げて、できないものに関しましてもそれぞれ皆さんに、意見をいただいた方に個別に御報告をするという形になっております。

 それから、5条の公表の方法でございますが、一応そこの第3項に規定いたしておりますように、指定する場所で閲覧、それとあと配布というのは一応来られた場合にその資料の配布という形でございます。それと、あとホームページという形の公表の方法でございます。

 以上でございます。



◆4番(武智邦典君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 武智邦典議員



◆4番(武智邦典君) 3条に関しましては、2条の組織体である委員会等々でまた鋭意検討されて、参考になるものは参考にし、余り極端に言うたら参考にならないものは参考にならないということも、その公募で意見を述べた方にもちゃんと報告するということで、今現在では理解いたしました。

 じゃあ、ただいま5条の閲覧及び配布に関しては要望があれば出すというふうに私聞こえたんですけれども、要望があれば出すということは、ホームページは確かにさっと出ます。このホームページを利用して閲覧方法等により、ホームページに出せばそれはホームページ見る人が全部公な枠ですから見るわけですけど、我々言いますように、伊予市民の中で伊予市のホームページを見る人が何人いるのかということも考えたときに、公表を要するに請求があれば閲覧及び配布をしますよというやり方が本当に正しいやり方なのか。要するに、これ非常に市の大きな方向づけを決めるための意見公募であって、隣の猫が死んだからどうのこうのというような枠の意見公募じゃないわけであるから、そこの点を再度島田さん、要望があれば配布しますというような考え方で、本当にこれからの時代正しいのかなと、そこの点もう一度御見解をお願いします。



◎副市長(土居民雄君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 土居副市長



◎副市長(土居民雄君) 武智邦典議員の再質問にお答えを申し上げます。

 私の方では、要望があるものに対しての配布というふうには御説明をしていないというふうに理解をしております。我々が定めた指定場所、そこでの閲覧、また我々が定めた場所での配布という形で市民全員にこうに発送すると、配布するという考えではございません。

 やはり、関心のある方、市政に対しての意見を申したいという積極的な市民に対して、あらかじめ公表案を市民にPRといいますか、お知らせをして、日時指定、指定場所という形で参画を願うという制度でございますので、御理解を賜ります。



◆4番(武智邦典君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 武智邦典議員



◆4番(武智邦典君) ええ、そういう答弁が返ってくると思いました。

 そこで、ホームページを利用した閲覧というのは、じゃあどういうふうに考えられておるのか。要するに、ホームページというのは、極端に言うたら市民全員が見れる、逆に言うたらホームページをのぞく人は少ない。それはそれとして、そういう論議は別にして、ホームページで利用する閲覧をとる。

 しかしながら、今言われるように要望があれば出す。ここにはちょっと言葉の論理としては、私はある意味論理矛盾を起こしておるんじゃないかと思いますが、その点の御見解をお聞かせください。



◎副市長(土居民雄君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 土居副市長



◎副市長(土居民雄君) 再々質問にお答えします。

 再質問にお答えした手前、私の方から最終的にお答えを申し上げます。

 要望のある方ということとは解釈しておりませんっていうことは先ほど申し上げました。我々が意見を募りたい、案を広く市民に公表をし、それに対して我々が定めた閲覧場所、定めた場所で配布をするという形でございまして、ホームページにつきましてもおっしゃるとおり、広く市民の方がホームページを見ていただくということが前提でございますが、そういうホームページを見るという装置を所有してない方もいらっしゃいますので、そういう方に対してはやはり伊予市広報等で周知を図っていくと。

 ただ、これはあくまで公表案を閲覧、または配付できますという周知でございまして、中身については先ほど何回も申しましたとおり、指定された場所での閲覧、指定された場所での配布という形で御理解を願えたらと思います。



○議長(高橋佑弘君) もうよろしいでしょうか。

 ほかにございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高橋佑弘君) ないようですので、次に移ります。

 次、議案第93号伊予市なかやま特産品センター条例の全部を改正する条例についての御質疑であります。

 御質疑はございませんか。

 7ページないし12ページまでです。



◆10番(田中弘君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 田中弘議員



◆10番(田中弘君) それでは、うちの管轄かもしれんのですが、恐らく産業ではあろうかと思うわけですが、1つお聞きをしたいと思って、12ページのまず別表のところ、使用料金1カ月当たり特産品展示販売コーナーは50万円ということで金額が出ています。

 今までは、販売料金対しての何%かの負担金ということで負担をしていたと思うんですが、このように固定になりますと、ある程度今後はこのような施設がほかにできてきた場合に売上げが減ってくる中での定額ということになりますと、出荷者にとりましては大変厳しいものがありますし、また出荷者自体が共同で負担していかなければならないという点があります。

 これの算定基準となりました過去の販売単価と販売実績にもよると思うわけですが、それの基準となるものを示していただきたいのと、このままでおりますと販売量が減ったときに、どんなふうにしていくがという心配があります。

 それと、もう一つ第16条ですが、指定管理者不在期間の読みかえ等ということであります。これ読んでみますと、指定管理者がもしやめたときにはどうするかということの前提条件であろうかと思います。経営状態が苦しくなりますとやめるということもありますし、また市の方から見まして経営状況、その他もろもろの点で取り消しの条項等もありますが、そういったときにこれを適用するといったということもあります。

 しかしながら、一番には、不在者ができないような形で適宜に適正な運営、また利潤の追求ができることが一番大事ではないかと思っておりますが、それを指定管理者に委託したということですべてを任せるのではなく、やはり結果が出たときにいろいろ言いましても話は遅いと思いますので、それの現時点での指定管理者、例えばこのなかやま特産品センターに対する指導、管理をどこがやっていくのか、地域事務所でやるのか、またこっちの本庁でやるのか、そこら辺、どちらが今後やっていくのかということを示していただきたいと思っております。

 以上、2点の御理解をいただきたいわけですが、よろしく御説明をお願いいたします。



◎中山地域事務所長(毛利伍良君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 毛利中山地域事務所長



◎中山地域事務所長(毛利伍良君) 田中議員の御質問にお答えします。

 別表12条関係でございますが、この分については12条の2項で別表に掲げる金額を上限ということで定めておりますので、あくまでも利用料金につきましては最高を定めておりますので、その分について利用料金を下げることは可能ということでございます。

 それと、御指摘のとおり特産品センターは本市の特産品の製造、販売、展示ということを目的としておるもんで、中山地域の活性化を図ることに必要なものと考えております。今回の地方自治法による指定管理者を行わせるということで条例の改正で、不在のときに係る規定の整備ということでございますが、指定管理者に対しての指導につきましては、地域事務所で行うこととしております。

 以上、お答えとします。



◆10番(田中弘君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 田中弘議員



◆10番(田中弘君) ただいまの別表第12条関係につきましては、最高限度ということでありますんですが、1つ、これ出荷者の方から私は今の説明をいたしましたけど、今度仮にクラフトの里の経営状況からいいますと、やはり安定的に収入が入ってくる方がええという考え方、両方あると思うんですが、そこら辺の片一方が栗の里有限会社がもうけるためには、決まった月々の使用料がよいかという気がありますし、出荷者としましては安い方がええと、相対することがあると思います。そういったことをやはりどういうふうに経営と出荷者の負担と持っていくかということを、もう一点お聞きしたいと思っています。

 それから、指定管理不在者期間の読みかえ等に対しまして、いろいろほかの花の森ホテルにつきましてはこういう不在者条項が入っておりますが、町家またシーサイド公園には、私がちょっと見た感じではこの要項が入っていないような気もするわけであります。

 といいますのは、同じ指定管理者がするのであればすべての指定管理者を予定し、また実施していることにつきましては、不在者期間の読みかえというふうな分を、すべてにやはりつけていかにゃいけんのではないかと思います。

 それともう一つは、やはりこの特産品センターにつきましては、先だって6月ないし9月の議会等にも出ましたように、遊栗館を管理者委託するということで、滑り台等いろんなものの寄附をしたということで3,000万円近い赤字を計上したということもありますので、特にその点のことがありますと、今後経過がたちますと今度赤字がいけないということで、どうしても切り捨てになりやすいという部分も出てこようと思いますので、そういったところの施設の寄附をしたら赤字が増えた、経営できないというような見方をしてもらったのではよわると思うわけであります。そこら辺の指導、また経営に関しても今以上に適切な指導をしていただきまして、施設の存続等をお願いしたいわけでありますが、以上3点につきましてお願いをいたします。



◎産業経済課長(高本幸男君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 高本産業経済課長



◎産業経済課長(高本幸男君) それでは、田中議員さんの再質問にお答えをいたします。

 まず、販売手数料の関係でございますが、今回定めようとしております利用料金につきましては、現在、販売金額の35%というような漠然とした形で規定をしてございます。これは具体的に規定をしなければならないというようなことになっておるようでございまして、お示しのような形で月額を定めさせていただくというようなことでございます。これはあくまでも施設の使用料に相当するものでございまして、議員御質疑の販売手数料というものとは、おのずとまた性質が違ってくるということでございます。現在、特産品センターの利用者は条例上で申し上げますと、指定管理者が利用をする形になってございます。したがいまして、現時点では利用料金の支払いという考え方は発生しないというようなことでございます。

 御質疑の販売手数料につきましては、指定管理者と農家の方、出荷者との一般的な商行為に伴います販売の受託者、それから販売の委託者、双方合意によるそういう契約をしておるわけでございますが、その対価として販売手数料をいただいておるということでございます。それが、現在中山地域では市内の出荷者については23%程度、それから市外の出荷者については30%程度いただいておるというふうなことでございまして、現在と同じような運営方法をとるとすれば、販売手数料については現在どおりの販売手数料をいただくというようなことになってまいろうと思います。

 仮に、特産品センターの試食コーナー、今食堂が入ってございますが、ここにつきましては開設当初から民間の方に利用していただいておりまして、販売金額、売上げの管理を指定管理者が行うというような形で運営をしてございます。

 売上げの16%相当を現在施設の使用料であり販売手数料として指定管理者が徴収をしてございますが、今後このスペースにつきましては最大限月額6万円というような設定をしてまいりますが、これも同じような運営の仕方をやるとすれば、月6万円の施設の利用料とあとは指定管理者と民間の方の合意に基づいて販売手数料を現行ぐらいにするか、あるいは売上状況を見てその額を検討するか、今後の双方の協議の中で決めていただくというようなことになってくると思いますので、よろしくお願いをしたらと思います。

 それから、ちょっと第16条の読みかえの関係の規定でございますが、先行して改正してございます町家の管理に関する条例、これにつきましても、この規定につきましては入れておると思います。ちょっと記憶が定かでございませんので確認をいたしまして、後ほど御報告をさせていただいたらと思います。同じくシーサイド公園の管理条例につきましても、同様な形で改正をしておると記憶をしておるんですが、これもちょっと記憶が定かでございませんので、後ほど御報告させていただいたらと思います。仮に、この規定が入ってないようでございましたら順次改正をしていくと、このような規定を入れさせていただくというようなことでございます。

 それから、第3点も大変申し訳ございません。日常の経営状況の管理、指導の関係でございますが、御存じのように指定管理者制度を採用し、さらに利用料金制度を採用してございます。指定管理者につきましては、条例に基づきましてその経営状況について市長へ報告の義務があるわけでございます。日常の経営の中で行政がどの程度踏み込むかという問題であろうと思いますが、せっかくの指定管理者制度でございます。民間の経営の能力、ノウハウを最大限生かすための制度でございますが、余り行政が日常の経営の中でその中へ踏み込んでしまいますと、効率的な運営を阻害するというような可能性も出てまいりますので、地方自治法あるいは市の条例上、施設の設置目的に抵触するような経営の内容等々が発生した場合には指導をするというような立場でございまして、基本的には日常の経営の中には踏み込まないというような基本的なスタンスがございますので、そこらあたり御理解をいただいたらと思います。

 以上でございます。



◎副市長(土居民雄君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 土居副市長



◎副市長(土居民雄君) 高本課長の補足を申し上げます。

 経営が芳しくなくなったときの存続、切り捨て云々というお話でございましたが、連日新聞で載っておりますように、総務省が市町村の財政指標をこれ連結決算という形で第三セクターについても財政の経営分析の指標にするということは言われておりますので、我々もそれに沿って経営改善をしていかなければならないということでございますので、やみくもに第三セクターの赤字を看過するわけにはいきません。やはり、行政として先ほど課長との答弁とも相反するような答弁になろうかと思いますが、経営の分析等々についても我々の責務と認識をして指導できるものは積極的に指導をし、最悪の場合は指定管理者の変更ということもあり得るということは御理解いただいたらと思います。

 それと、担当課は産業経済課でございます。



◆10番(田中弘君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 田中弘議員



◆10番(田中弘君) それでは、最後に今土居副市長の方から産業経済課ということで指導をしていくというふうな考え方もありましたが、先ほどは地域事務所かなという考えもしたわけでありますが、土居副市長が言いましたように、経営状況というてその施設が存続するか、また処分をするかということにつきましては、いろんな観点からそういうことも出てこようと思いますし、やはり何の事業でも進めるときは大事なんですが、やめるときにはなかなか難しい点もあろうかと思います。

 しかしながら、私が言いましたように、寄附の問題等で3,000万円近い赤字が計算上ぽこっと出てきたわけでありますので、そこらの措置につきましては今後とも十分な検討をしていただきまして、経営状況がよくなりますように御尽力を賜りますようにお願いをいたします。



◎副市長(土居民雄君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 土居副市長



◎副市長(土居民雄君) 田中弘議員の再々質問について、最後に誤解が生じてはいけませんので、合併協議のときに、我々協議の中でメモを今たまたま持っておりますので、我々行政、自治体といいますのは、企業と違って自治体には切り捨ててもいいというところは基本的にはないということでございます。

 今ちまたで言われてる限界集落であろうと、人が住んでいる限りやはりサービス、地域振興は行わなければならないという形で最大限努力をしていくと。ただし、切り捨てはしないが改善をしなきゃだめだということだけ御理解いただきたいと思います。



◆19番(水田恒二君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 水田恒二議員



◆19番(水田恒二君) 理解がちょっと余りにも初歩的なので、笑われかねないかなという素朴な質問をしたいんですけどもが、この利用料金の50万円を上限とするということなんですけれども、指定管理者がだれかに、ここに2つの施設があるわけでしょう、物産品展示販売コーナーと特産品試食コーナーと。

 それで、だれかに貸して利用料金を、例えば上限30万円と規定して、だれかに貸すのかなと単純には考えてみたんですけどもが、そこには田中さんの質問にもよると、いろんな人が物を持ってきて売ってくださいということで、ちょっと大根1本だけ、クリまんじゅう1個なり持ってきて、その売上げのうちの10%なり15%なりを何%か知りませんけれどもが、手数料として売っていただける方にだれかにお願いして売るということになれば、物がどんどんどんどんこれ売れていきますと、手数料として支払う金の合算額が場合によっては50万円を超える。それが利用料という形で入ってくるのかなと思ったりもするんですけれども、そのあたりのイメージがわからないんです。物を持っていって何%かで売っていただく、そのお金の合算が利用料金なのか、販売コーナーそのものをだれかに貸して、これ一番最初に単純に考えたのは、指定管理者がだれかにコーナーを貸して30万円なら30万円、20万円なら20万円のお金を受け取るのかなということで、最初の私質疑では、これについては4月1日から実施の意向だが、上限50万円とここにあるけれども、幾らぐらいもう既にあと3カ月かそこらですので相談をされているのか、どのぐらいを見込まれているのかなということをお聞きしようかなということ考えとったんですけれどもが、田中議員の質問を聞きよりまして、そういう今言ったようなものをお任せして売っていただく。それで、そのうちの手数料を支払うというふうな格好になれば、これの合算額は利用料金ではないか。なら、利用料金は上限を50万円と決めてても50万円を超える場合もあり得るのではないかということで、どういうような理解をしたらいいのか教えていただいたらと思うんですが。利用料金の性格。



◎産業経済課長(高本幸男君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 高本産業経済課長



◎産業経済課長(高本幸男君) 水田議員の御質疑にお答えをいたします。

 先ほど御説明申し上げましたように、現在のこの特産品展示販売コーナーの利用者は、指定管理者になってございます。仮にこれを第三者に利用させる場合の利用料金がここへ規定をさせていただくということでございます。この部分を第三者に利用させるというふうなことになりますと、指定管理者そのものの経営に大きく影響してございますので、今後もこの特産品販売コーナーにつきましては利用させる可能性は今のところはないと。現行どおりの利用のあり方というようなことになってまいろうと思います。

 試食コーナーにつきましては、既にもう第三者に利用させてございますので、この部分については改めて定めましたこの利用料金を適用して、4月1日以降利用をさせるというふうなことになってまいろうと思います。



◆19番(水田恒二君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 水田恒二議員



◆19番(水田恒二君) 私の聞きようが悪いんか、私の聞いたことに対して答えていただいてないというか。だれかに貸すんじゃない、指定管理者が利用するんだと、そのコーナーは、それでいいのかなと思う。だったら、今言ったように何かを売る物を預かって利用料を取って、利用料というかいわゆる10%とか15%とか20%とかという、物によってパーセンテージが違うのかもしれませんけれどもが、その差額を取ってするんだったら、利用料金っていうのは、指定管理者がこの利用料金、上限を50万円として利用料金を受け取るというふうに書いておるんでしょ、ここには。だれから受け取るのかということじゃね。

 受け取るのがだれか、第三者に貸さない限りだれかから受け取れないわけでしょ。それが、いわゆるだれも貸すのではないというふうなことを言われたよね、今。そのあたり、ちょっともう少しわかりやすく、だから利用料金、仮に上限を30万円で規定した場合のその30万円はどういうな形でどこから生まれ出た金、ひねり出した金が入ってくるのか。私の理解は、今言ったように大根1本、まんじゅう1個が売れて、10%とか15%の売っていただいた手数料としてまんじゅうを出荷した人、大根を出荷した人からいただいた10円とか20円とのその差額、それを集めたものが30万円なら30万円になるんだというふうに理解しとるんですけれどもが、それだったら30万円じゃなくて60万円も70万円にもなる可能性もあるわけなんですけれどもが、そのあたりもう一回、わかりやすくお金の流れを説明して言うてくれます。



◎中山地域事務所長(毛利伍良君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 毛利中山地域事務所長



◎中山地域事務所長(毛利伍良君) 水田議員の再質問にお答えします。

 この条例は、あくまでも指定管理者が貸す場合ということでございますので、指定管理者には利用料金を取りません。だから、指定管理者がこの展示販売コーナーと試食コーナーをいわゆる第三者に貸す場合に料金をいただくということですから、農家の方はその分についてこれを費用を払うというわけとかじゃない。指定管理者が、その場合は出品パーセンテージ分にはいただきます、農家の人。その利用料金はいただかない及び指定管理者が第三者に貸す場合にこの料金を上限としていただくということでございますので、指定管理者に対してということではございません。農家の人にも直接貸すわけではないし、指定管理者が貸す場合の料金ということです。



◆19番(水田恒二君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 水田恒二議員



◆19番(水田恒二君) ということは、具体的にこの条例ができたからといって上限を50万円とする利用料金は一円も入ってこないと、こういう現状のままの運営形態であるならば。何かのときに貸すことを想定してつくるだけであって、何の意味の条例かよくわからないんだけど、現状においてはこれ何の意味も持たない利用料金12条であるというふうに理解していいんですね、現状においては少なくとも。

 要するに、4月1日の施行から5万円、10万円の金が何らかの金、一円の金も入ってこないと、少なくとも利用料金という形では。



◎中山地域事務所長(毛利伍良君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 毛利中山地域事務所長



◎中山地域事務所長(毛利伍良君) 再々質問にお答えします。

 試食コーナーについては現在貸しておりますから、指定管理者には入っております。

 それから、展示販売コーナーは、指定管理者自らが行っておりますので、今料金は入ってこない。

            〔19番水田恒二議員「4月1日からも」と呼ぶ〕



◎中山地域事務所長(毛利伍良君) はい、現状はもうそうです。4月以降も……。

            〔19番水田恒二議員「入ってこない」と呼ぶ〕



◎中山地域事務所長(毛利伍良君) 試食コーナーについては貸すということです。はい、使用料金。



◆21番(西岡孝知君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 西岡孝知議員



◆21番(西岡孝知君) 質問者も何を言いよる質問、要点をつかんで簡単明瞭に質問すりゃあええのに、質問者も何言よるのか質問わからん、答弁者も何言よるのか答弁わからん。はっきりと私は簡単明瞭に申し上げますけれども、年間の売上げが幾らあるか。それと、5年間の売上げのトータルの平均幾らあるか、ちょっと教え願いたいと思います。



◎産業経済課長(高本幸男君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 高本産業経済課長



◎産業経済課長(高本幸男君) 5年間の数字は持ってございませんが、ここ2年間の数字をお示しをしたらと思います。

 特産品の展示販売コーナー約5,800万円、この2年間で推移をしてございます。

 それから、試食コーナーの方でございますが、これは3年間の数字でございます。16年が640万円、17年が610万円、それから18年が540万円程度の売上げがございます。

 以上でございます。



◆21番(西岡孝知君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 西岡孝知議員



◆21番(西岡孝知君) 従来どおり売上げの何%いただくと。月に1カ月に50万円なら50万円という固定せずに売上げの何%をいただくと、先ほど土居副市長から、指定管理者の経営のやり方が悪かったら指定管理者をかえますよという御答弁であったかと思うんですけれども、それはもう当然でしょう。従来どおりの売上げの何%をいただくというのが、各全国の自治体が特産品コーナー、こういう展示販売をやっておりますけれども、どこの自治体も月固定50万円というせずに、売上げの何%をいただくという方式でやった方がいいんじゃないんですか。



◎副市長(土居民雄君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 土居副市長



◎副市長(土居民雄君) 西岡議員の再質問にお答えします。

 お説も考慮いたしました、検討いたしました。やはり経営者につきましては、売上げを伸ばせば利潤が増えるというのが基本でございます。利潤の、例えば35%であれば、売上げれば売上げるほど利用料金が高くなるという形で経営に対する意欲を失うということも考えられます。よって、やはり経営努力によって得た報酬は経営者が取るという基本に基づきまして、上限を定めてそれ以上は経営者の利益に還元するという解釈でやっておりますので、理解願ったらと思います。



◆21番(西岡孝知君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 西岡孝知議員



◆21番(西岡孝知君) もし、経営者が経営によっては赤字という事態も生じる場合があるわけです。赤字という経営状態があるかもしれない。ほったら、指定管理者は毎月50万円という固定をしとるわけですから、経営者が赤字の場合は、先ほど副市長いわく市が何とかしましょうという御答弁であったかと思うんですが、その辺いかがですか。



◎副市長(土居民雄君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 土居副市長



◎副市長(土居民雄君) 再々質問、最後にお答えします。

 市が何とかするということは一切言っておりません。経営が赤字になった場合には、収入0ですから収入の35%はいただけないという形になります。上限50万円決めた場合には、50万円の範囲内で経営の収入によって市長が金額については定めるということでございますので、減免もあり得るということで御心配なきよう。



○議長(高橋佑弘君) よろしいですか。



◆4番(武智邦典君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 武智邦典議員



◆4番(武智邦典君) この際、ちょっと議長に要望があるんですが、発言してよろしいでしょうか。



○議長(高橋佑弘君) よろしいです。



◆4番(武智邦典君) 2点、まずもって大切な質疑の場でありますから、議長さん御指名で、例えば島田さんを武田さんと言ったり、高本さんを都市整備課長と言ったりしたときには、即座に横の事務局長なりが訂正するなりしていただかないと、そのままずるずるずるずる、そのまま議事録にはちゃんと直すかもしれないけれども、緊張感が全くない。そりゃ緊張感は心地いいんで保ったらいいけれども、そこらはきちんとしていただきたい。そこの点が1点。

 そして、私議員の発言権を奪うつもりは毛頭ございませんけれども、この予算質疑において関連質問の拡大解釈というのはわかりますけれども、ちょっと逸脱を余りにもし過ぎた質問っていうのは、委員会に任すんならいいですけれども、本議会の席では少し考えていただきたいという物件がありましたら、議長の方でちょっと考えてというような指導もしていただきたい、これを要望として私は発言します。お願いします。



○議長(高橋佑弘君) はい。

 御質疑はありませんか。──次、議案第94号伊予市なかやま木材工芸品等加工販売施設条例の全部を改正する条例について御質疑ありませんか。

 議案書13ページないし18ページ。

 ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高橋佑弘君) ないようでしたら、次に移ります。

 次、議案第95号伊予市なかやまウッドクラフトセンター条例の全部を改正する条例について御質疑ありませんか。

 19ページから24ページまでです。

 ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高橋佑弘君) ないようですので、次に移ります。

 議案第96号伊予市なかやまそば打ち体験施設条例の全部を改正する条例についてでございますが、御質疑はありませんか。

 25ページから30ページまでです。

 ありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高橋佑弘君) ないようでしたら、次に移ります。

 次、議案第97号伊予市なかやま木工クラフト体験施設条例の全部を改正する条例について御質疑ありませんか。

 31ページから36ページです。

 ありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高橋佑弘君) ないようですので、次に移ります。

 議案第98号伊予市なかやま穀類等乾燥調製施設条例の全部を改正する条例についてでございますが、御質疑はありませんか。

 37ページないし42ページです。

 ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高橋佑弘君) ないようですので、次に移ります。

 議案第99号伊予市なかやま優良木材活用モデル施設条例の全部を改正する条例について。

 議案書43ページから46ページです。

 ありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高橋佑弘君) ないようでしたら、次に移ります。

 次、議案第100号伊予市乳幼児医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例について御質疑はありませんか。

 議案書47ページないし49ページ。

 ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高橋佑弘君) ないようですので、次に移ります。

 議案第101号伊予市営住宅管理条例の一部を改正する条例について御質疑はありませんか。



◆19番(水田恒二君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 水田恒二議員

 50ページないし59ページです。



◆19番(水田恒二君) 法律第77号に基づいて、暴力団員等についての規定がされておると思いますので、詳しい内容は法に譲るといたしましても、だれが暴力団員であるかどうかっていうのはなかなかつかみにくい、よっぽど有名な団員であるなら別ですけど。その認定の仕方と、もしくは暴力団員構成員ではないんだけども、よくあるじゃないですか、自分はさもどこどこの組員であるかのようなことを装って日常ふだん動いているような方々が。そういうようなそれを新聞等の報道等では準構成員とかって呼ぶのかもしれませんけれどもが、そういった場合には、この規定は多分適用されないんだろうと思いますけれども、そのあたり具体的に今回この条例の制定において、運用方法の相手の認定と、よく自分がどこかの組員ないしはそれであるかのようなことを装う示威行為というんですか、そういうような仮装の行為です、そういうようなことについての場合には、実際調べてみたらそうではないんじゃけど、日常ふだんによく自分がそういう組織員であるかのような振る舞いをする方もいらっしゃるわけですけど、そういった場合の対応、そのあたりについてこの条例の運用についてお聞かせいただいたらと思います。



◎都市整備課長(井上雅博君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 井上都市整備課長



◎都市整備課長(井上雅博君) 水田議員さんの御質問にお答えいたします。

 まず、調査方法でございますけれども、これは伊予警察署長と伊予市営住宅からの暴力団員の排除に関する合意書、これを締結をいたしまして、その都度照会を行いまして、その有無の確認をさせていただくと。それによって該当の場合は、市営住宅の入居もしく退去をしていただくという手はずをとっていくように考えております。

 それと、ちょっと今俗に言います準構成員等に該当する部分については、警察の照会の中でそれがそういうふうな該当をすると、構成員になるとなかなか難しい部分もあるげに聞いておりますけれども、そういった部分で警察の照会の中で暴力団員等であるというふうな確認ができれば、それによって対応するんですけれども、そういうふうに自分が吹聴しとるという分については、その行為によって入居者が迷惑を受けると。いわゆる生活の平穏を阻害するといった場合には、勧告を一応させていただきまして、それがまだ改善されない、余りにも目に余るという場合は、同等の明け渡し請求をとらざるを得ないかなというふうに現段階では考えております。

 以上です。



◆19番(水田恒二君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 水田恒二議員



◆19番(水田恒二君) それと、よくいろいろな治安関係の法の制定のときなどに注意をよく言われるのは拡大解釈、例えば遠目といいますか、見た目には、さも暴力団員であるかのような、そういうなのがあるんじゃけど、案外話してみたら結構優しい人で話も十分できると、見た目だけでそういうなことを拡大解釈してだれもかれも暴力団員であるかのような格好でこの条例が運用されてはならないというふうに思いますので、十分に留意して運営をしていただくようにお願いをしておきたいと思います。



○議長(高橋佑弘君) ほかにございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高橋佑弘君) ないようですので、次に移ります。

 次、議案第102号中予広域水道企業団の解散について御質疑ありませんか。

 議案書は60ページです。

 ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高橋佑弘君) ないようですので、次に移ります。

 次、議案第103号中予広域水道企業団の解散に伴う財産処分について御質疑はありませんか。

 議案書は61ページです。



◆5番(大西誠君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 大西誠議員



◆5番(大西誠君) この件に関しまして、議案第102号と関連がございますが、これ結局平成6年に中予広域水道企業団設立いたしまして、十数年間上水道の安定供給ということを目的で進めてきたわけでございますが、この十数年間で当伊予市の方から結果的に幾らばかりのちょっと出資の方が累計になりまして、来年の3月末をもって配分金といたしましては1000分の90ということでございますが、どの程度の返却の見通しになっておるのかということをお示しいただきたいと思います。



◎企画財務課長(島田光君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 島田企画財務課長



◎企画財務課長(島田光君) ただいまの大西議員の御質疑に御答弁いたします。

 まずもって、出資金の総額でございます。総額で1億4,176万7,616円でございます。旧伊予市の出資分に関しては、1億1,839万6,892円。現在、1000分の90でございますが、当時合併前でございますけれども、1000分の75が伊予市分でございます。それから、旧双海町分が2,337万724円でございます。これは1000分の残り15ということになっておりまして、これで今回9月補正で計上させていただきました出資金の返還額、これが5,371万208円でございまして、その差額分は中予広域水道企業団の方で消費された金額ということで御理解願ったらと思います。

 それから、後段の部分の平成19年度でございますが、今申し上げました9月補正で18年度までの清算は済んでおります。

 それから、一応その額等を踏まえて、平成19年度に出資金ということで4万8,000円出資いたしております。この部分に関して、まだ清算ができておりませんので何とも言えませんのですが、現在のところでしたら、4万二、三千円の返還金が生じるものと考えております。

 以上でございます。



○議長(高橋佑弘君) ほかに御質疑はございませんか。

 61ページです。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高橋佑弘君) ほかにないようですので、暫時休憩をいたします。

 10分いたします。

            午前11時05分 休憩

       ───────────────────────

            午前11時15分 再開



○議長(高橋佑弘君) 再開いたします。



◎産業経済課長(高本幸男君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 高本産業経済課長



◎産業経済課長(高本幸男君) 先ほど田中議員から御質疑をいただきました指定管理者不在期間の読みかえ規定の整備の関係でございます。

 JR伊予市駅前街の交流拠点施設、それからふたみシーサイド公園条例でございますが、読みかえ規定につきましては整備をされてございません。今後、順次改正を、整備をさせていただくということで御理解をいただいたらと思います。すみません。



○議長(高橋佑弘君) 次へ参ります。

 議案第104号平成19年度伊予市一般会計補正予算(第3号)について、歳出より款を追って質疑を行います。

 まず、2款総務費について御質疑はありませんか。

 説明書は11ページの上段です。



◆19番(水田恒二君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 水田恒二議員



◆19番(水田恒二君) 今回のこの7目の予算に関してお尋ねしますけれどもが、設計でございますので、質問がその趣旨に合わないという場合は却下していただいて結構ですけれども、この設計業務の年度内ということは3月までにこの設計が終わるのだろうと思いますけれども、この設計に基づいて工事を当然行われると。その工事の見通し、もしお教えいただけるものならば、いつぐらいまでにこの設計に基づく工事が仕上がって、どんな方向で利用がされるのか。2階、3階ともにお教えいただいたらと思いますが。議長が構わなければぜひお教えいただいたらと思います。



◎企画財務課長(島田光君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 島田企画財務課長



◎企画財務課長(島田光君) ただいまの水田議員の御質疑に御答弁いたします。

 まず、御質問の内容が順序がちょっと逆になりますけども、一応活用策の方からまず御説明をさせていただきます。

 今回、活用しようとする部分は2階部分、それと3階部分の2つのフロアでございまして、まず2階部分に関しましては、現在用地整理課と社会教育の方が入っております事務所でございますが、社会教育が入ってる部分に関してはいろわないと。用地整理課が使用しておりますフロア、それに間仕切りでございます図書室、それと書庫、これの間仕切りを取り除いて一つのフロアとして児童学習室ということで、現在のところ活用するといたしております。

 それから、通路を挟んでその隣に第1会議室及び第2会議室がございますが、ここは児童の遊戯室ということで活用をするということになっております。

 それと、3階部分、ここに関してはもとの議場をステージつきの会議室や発表会等ができる文化ホールということで活用する。それと、その隣にまた同じような、通路を挟んで第1会議室と第2会議室ということで、現在間仕切りがございますんですが、一応これも可動可能な間仕切りにかえるということで、発表会やら出演者の控室など、あと大会議室としての利用をするということで、これは双海地域事務所の庁舎有効活用検討委員会の方の御報告に基づいての案でございます。

 それから、一応設計に関して後の工事でございますが、これ御案内のとおり建築基準法の改正等によりまして、構造計算及び耐震診断等をやらなければならないという義務化になりましたんで、それを受けての予算措置。事務所から集会施設への用途変更ということになりますんで、その構造計算等でございます。一応、年度内にできればとは思っておりますけれども、現在のところ年度内を見通しておりますが、ひょっとしたら繰り越しという形になるかもしれません。

 それと、これも構造計算、耐震診断をしてみないとわからないことでございますが、一応それで耐震診断もできて集会施設としても可能だということになれば、早いうち6月もしくは9月には予算計上等をさせていただきたいと思います。

 工事自体は、もう間仕切りを取り払うと、あと3階の議場の議員のいす等の撤去等でございますんで、そんなに工期はかからないと今のところは考えております。

 以上でございます。



◆19番(水田恒二君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 水田恒二議員



◆19番(水田恒二君) ちょっとあいまいだったんですけども、もう一度すいません、何月から皆さん方が利用できるようになるのか、見込み、再度。9月とか……。



◎企画財務課長(島田光君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 島田企画財務課長



◎企画財務課長(島田光君) 先ほど申しましたように、6月か9月かの補正で工期は余りかからないと申し上げたんですが、ただ耐震診断等で大規模改修をしないといけないということになりますと、これまた話が別になりますんで、現在のところいつから利用できるということは明言できないので、御了承願ったらと思います。

 以上です。



○議長(高橋佑弘君) よろしいですか。

            〔19番水田恒二議員「はい」と呼ぶ〕



◆5番(大西誠君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 大西誠議員



◆5番(大西誠君) 同じく7目の委託料の項目でございますが、先ほどの御説明の方で利用の目的でございますけども、3階の方に関しましては幅広く市民の方に有効利用をいただくということで、2階の方の児童学習室の利用の方法なんですが、これ放課後児童クラブ等々で利用していくのか、あと児童の私、集会所というふうに初日の説明で明記しておったんですが、このちょっと児童向けというのの目的がいまいち理解がしづらいんですが、具体的にどういったことを想定しておられるのかを教えていただけますか。



◎企画財務課長(島田光君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 島田企画財務課長



◎企画財務課長(島田光君) 初日の補足説明で集会施設と言ったのは、人が集まる集会施設、事務所から集会施設ということの用途変更ということで私が補足説明いたしたところでございまして、それ説明不足でしたんだったらおわびを申し上げます。

 具体的に2階の部分に関しては、議員御指摘のとおり児童クラブということで活用の予定でございます。と申しますのが、老人憩の家に現在児童クラブがございますんで、それが手狭というところになりましたことから、この2階を児童クラブに利用し、当然図書室もそのままの存続という形で間仕切りの撤去で利用という形になっております。

 以上でございます。



◆5番(大西誠君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 大西誠議員



◆5番(大西誠君) 想像といいますか、予想しておった児童クラブの利用ということでございますが、反対にこれ老人憩の家の方に昨年度お伺いいたしましたら、あの児童クラブというのは地元御老人の方と子供さんが非常に和気あいあいとされておって、違う地域にちょっと類を見ない、いい施設だなというふうに感じましたもので、反対にこれ児童クラブで利用して、老人憩の家の方から移動というのが私ちょっとどうかなと、心配というほどのものでもございませんが、あの老人憩の家の方もぜひとも存続すべき施設というふうに感じましたもので質問をしたわけでございますが、そうしますと老人憩の家で今利用しております児童クラブの方は移行になるのか併用になるのか。ぜひとも廃止と考えておられるんだったら、あれは非常にいいと感じましたもんで、ぜひ残していただきたいと思いますが、どのようにお考えでしょうか。



◎企画財務課長(島田光君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 島田企画財務課長



◎企画財務課長(島田光君) 大西議員の再質問にお答えいたします。

 まずもって、児童クラブをあちらに移転しようとする趣旨でございますが、これは先ほど申しましたように双海地域事務所有効活用検討委員会からの御提案でございました。

 それと、その委員の中には聞き及びますところによりますと、老人クラブの会長さんですか、その中にも検討委員会の委員さんもいらっしゃったということをお伺いしております。

 以上でございます。



○議長(高橋佑弘君) いいですか。



◆5番(大西誠君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 大西誠議員



◆5番(大西誠君) 要するに、じゃあどうされるか。お聞きしたかったのが、もう完全移行になるのか。そういう方向でしたらぜひとも行政の方から、そういう検討委員会の方で話があっても、老人憩の家の方は見に行った限りでは非常に老人の方と子供さんたちがやはり核家族といいますか、3世代の交流といいますか、非常にいい施設というふうに感じられたものでこの質問をしたわけでございまして、さっきの課長の御答弁で言いますと完全移行かなというふうに思われるわけですが、もしそうでしたらもう一度ちょっと検討を、残す方向での検討を要望で結構でございますが、ぜひお願いいたしたいというふうに思います。



◎企画財務課長(島田光君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 島田企画財務課長



◎企画財務課長(島田光君) 大西議員の再々質問でございますが、現在のところ完全移行ということで考えております。

 というのは、先ほど来から申し上げましたとおり、有効活用検討委員会からの御提言でございましたんで、その意向を踏まえての施策でございます。

 それから、今御提案いただきました併用あるいは存続の方向でということも貴重な御意見といたしまして、また検討委員会の方に諮っていきたいと思います。

 以上でございます。



○議長(高橋佑弘君) ほかにございませんか。



◆8番(久保榮君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 久保榮議員



◆8番(久保榮君) 13目の防災費の中で、19節負担金で258万9,000円が計上されておりますけども、負担金は何の負担金でしょうか。ちょっと具体的に教えていただいたらと思います。



◎防災安全課長(松本正實君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 松本防災安全課長



◎防災安全課長(松本正實君) 久保議員さんの御質問にお答えいたします。

 この事業につきましては、地上系の防災行政無線を昭和57年度に整備をされておりました。また、余分になりますが、衛星系を平成9年度に整備をいたしております。これは県の防災行政無線でございます。

 それで、19年11月に一応更新すると、免許用の期限が切れまして更新するということでございまして、その事業に対しまして従来は地上系防災行政無線でございましたが、地上系防災通信システム等整備事業ということで実施したいということの県の計画でございます。

 それで、総事業費3億2,357万円の事業費が共同負担としてございますが、その分を市町が20、そして組合消防が4、伊方発電所が1ということの25機関がございまして、そこに整備するということで共同負担の3億2,357万円に対して25機関が2割を負担すると、あとの8割を県が負担するということで、その25機関の負担額がこの金額、19節に上がっております258万9,000円が伊予市の負担金でございます。

 以上でございます。



○議長(高橋佑弘君) ほかにございませんか。



◆4番(武智邦典君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 武智邦典議員



◆4番(武智邦典君) 大西議員の質疑に関連して1点と、11目の委託料に関して御質問いたします。

 双海町の老人憩の家でございますけれども、子供たち完全移行することは、要するに3世代交流施設的な面はあったけれども、それはそれで私結構だと思うんですが、老人憩の家、あそこを今併用して使って、私去年双海の庁舎何度も行った際にあそこの施設も訪ねておるんですけど、双海の地域事務所の用途設計業務に関してではございませんけれども、ちょっと大西議員が言われたんで、あそこの部分において、老人の目から見て危険な箇所、完全バリアフリー化とかという意味じゃなくして危ないところが何点かございますので、そのところはよくよく、子供たちがいなくなったらお年寄りのためにちゃんと見直しを図るべきだと私は思っておりますので、その点はよろしくお願いいたします。

 もし、御答弁ができるようであれば福祉の方でお願いをいたします。

 そして、11目の電子計算機でございますけれども、委託料、これ不具合が生じたために638万7,000円が減になったという初日の上程の日の説明を受けました。それだけでございましたので、この不具合とは一体何なのかということを簡単で結構ですので、御説明をいただきたい。

 以上です。



◎市民福祉部長(松浦千枝子君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 松浦市民福祉部長



◎市民福祉部長(松浦千枝子君) 武智邦典議員さんの御質問にお答えをいたします。

 まず、第1点目の老人憩の家のバリアフリーに関する不具合ということでございますが、私ども担当課といたしましては、そういった具体的な不具合というのを利用者の方から聞いておりませんので、また具体的な御意見をいただいて検討してまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(高橋佑弘君) ほかにございませんか。



◎総務部長(篠崎末廣君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 篠崎総務部長



◎総務部長(篠崎末廣君) 私の方からは、委託料の638万7,000円の減額で不具合がという点につきましてお答えをいたします。

 まず、軽自動車税の関係でございまして、軽自動車税の異動データを電子化対応するということで、当初予算を計上しとったわけでございます。

 当初でやりましたことで、その点もできなくなったような事態が実はありました。といいますのが、軽自動車検査協会から申告の異動が出てくるわけでございますが、この異動データが非常に不具合があったということでございまして、内容につきましてでございますが、全部で3,205件、11月の中旬までに送られたデータがあったわけでございます。

 軽自のいわゆる入力につきましては、片仮名で入力をします。検査協会の今の実態が振り仮名入力がありませんでした。この件数が約45%で1,445件の氏名の振り仮名がないと。それから、税額に直接の影響のある誤りがあったわけでございます。これは営業用、自家用の区分、これが約1%の32件、それから、乗用貨物の用途区分の誤り、これが1%で32件、あとは、車種別の区分が16件ほど出たというふうなことで、これを今すぐ入れますとかえって職員の手間がかかるということで、見送りをしました。もう少し軽自協会データが十分に精度がよくなった段階で検討したいということで、今回この予算を見送ったわけでございます。

 以上でございます。



○議長(高橋佑弘君) ほかにございませんか。



◆4番(武智邦典君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 武智邦典議員



◆4番(武智邦典君) もう答弁要りません。

 今松浦部長さん、現場から声が上がってない、要は現場の声が上がってなかったらいいのかといいますと、私は部課長さんは大変忙しいのでなかなか現場にも行けれないんじゃろうと。私も暇ですから、うろうろと双海や中山いろんなところへ行ってみますけど、例えばあそこのおふろの滑り止めがどうなのかとか、今まで子供たちが入っていったところと玄関先との、要は間仕切りの部分がどうなのか、そういうところを部課長さんが現に直の自分の目で見られてやれば、おのずと危険箇所っていうのは、何というのが私はわかってくると思うんです。

 だから、現場の声が上がってないからという意見じゃなくして、今後はより一層現場に出向かれて、何が危ないか、そして何がこうしたらどうなるのかということを鋭意検討されて今後の対応をされることを切に要望をいたしておきます。

 以上です。



○議長(高橋佑弘君) ほかにございませんか。

 ないようでしたら、次に移りますが、よろしいですか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高橋佑弘君) ないようですので、次に参ります。

 3款民生費について御質疑ありませんか。

 11ページ下段から13ページ上段です。



◆5番(大西誠君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 大西誠議員



◆5番(大西誠君) 1点だけお聞きします。

 12ページの2項2目の保育所費の方の臨時職の賃金の減額、これ初日の方にちょっと御説明があったら私聞き逃しで申し訳ないんですけども、この2,650万円の中身、内容、内訳の方をちょっと聞き逃しておったかもしれませんので、御説明を方をお願いいたします。



◎福祉課長(武田淳一君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 武田福祉課長



◎福祉課長(武田淳一君) 大西議員さんの御質問に御答弁申し上げます。

 市内10カ所にございます公立保育所並びに子育て支援センターで雇用しております臨時職員の賃金にかかわります減額補正でございます。

 この補正額につきましては、保育所ごとの本年度の4月から10月までの支出済み賃金額、それと11月から本年度末、3月までの賃金の見込み額を算出いたしまして、今回当初予算1億8,168万2,000円を2,649万8,000円減額いたしまして、1億5,518万4,000円とするものでございます。

 その減額の主な要因でございますが、これにつきましては当初予算の編成時では把握できません正規職員の配置に伴います臨時職員等の配置数の変動、それと年度途中の雇用によるもの、それと勤務日数の減少による賃金支給額の減額が生じたことによるものでございます。

 それと、もう一点大きな要因がございます。臨時職員の6月支給の期末手当でございますが、これにつきましては当初予算64名分を予算計上してございましたが、実績が60名となっており、その影響額が生じたものでございます。

 以上でございます。



◆5番(大西誠君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 大西誠議員



◆5番(大西誠君) 大きく見込みの数字の違いかなというふうに解釈したわけでございますが、これ保育所関係入所できない方も非常に多いので、これ賃金が減ったという理由で、人数が当初から減ったというふうな解釈なのか。先ほどの説明では、正規職員数の数字の変動というような言葉もあったかと思うんですけども、その正規職員の人数の変動によって反対に臨時職員数の方が私多くなるような傾向と思っておりましたものでお聞きしたわけでございますが、先ほどの説明では大きな要因というのはよくわからなかったんですが、人数が減ったからということなのか、平均年齢が当初の計画より下回って賃金単価が下がったのかと。期末手当が4名減ったと言いましても、仮に単価知りませんけど、50万円と計算しても4名で200万円と2,600万円の10%もないわけでございますので、大きな要因ちょっとわかるように御説明いただきたいんです。



◎福祉課長(武田淳一君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 武田福祉課長



◎福祉課長(武田淳一君) 大西議員の再質問に御答弁申し上げます。

 4月から10月までの臨時職員の雇用人数でございますが、これにつきましては予算では91名を予定してございました。これが実績によりますと、月数で人数に置きかえてみますと86.5人ということでございまして、人数的にも減少してございます。

 それと、勤務日数の減少によるものというのがもう一つ大きな要因がございます。当初予算では、一月23日の勤務を予定して予算を計上してございました。これが1人当たり月平均20日程度となっておりまして、これが人数が多いものでございますから大きく影響をしてございます。今申し上げました人数の減少と勤務日数の減、これによります影響額が1,700万円余りと試算されております。

 以上でございます。



○議長(高橋佑弘君) 大西議員、どうですか。



◆5番(大西誠君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 大西誠議員



◆5番(大西誠君) 1人当たりの出勤日数が減っても、人数が増えたら額は変わらないのかなというふうに思っておったんですけど、考えますに臨時職員の人数が減って、そうしますと当初より正規職員数が多くなったのかなというふうに思うんですけども、そうしますと臨時職員の賃金が減ったら、違う項目で人件費の方が正規職員の人件費が多くなるべきというか、それでつじつまが合うと想像しておったんですが、その点だけ、ほぼ間違いなく臨職さんが減って正規職員さんが多くなったんであろうというふうに自分なりに解釈しておるんですが、間違ってますかね。



◎副市長(土居民雄君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 土居副市長



◎副市長(土居民雄君) 大西議員の再々質問にお答えを申し上げます。

 平成19年度新規採用職員5名、予算編成時にはその5名は現員現給で予算編成をしておりましたので、正規職員として見ていなかった。その分臨時職員で5人余りを計上しておったということで、先ほど言った4.何人の減額をしたということで御理解願えたらと思います。

            〔5番大西 誠議員「はい、結構です」と呼ぶ〕



○議長(高橋佑弘君) 大西誠議員



◆5番(大西誠君) いえ、結構です。



○議長(高橋佑弘君) ほかにございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高橋佑弘君) ないようでしたら、次に移ります。

 4款衛生費について御質疑ありませんか。

 13ページ中段です。



◆17番(竹本清君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 竹本清議員



◆17番(竹本清君) 18節の備品購入費のところで、粗大ごみの戸別収集システム等というようなことでございまして備品購入費が上がっておりますが、この戸別収集については一応まだ未定ではないかなと思っておりますが、来年実施ということでそれに対する備品購入であろうと思いますが、この備品というのはどういうもんを指しておるのか御説明をいただきたいと思います。



◎市民生活課長(井上伸弥君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 井上市民生活課長



◎市民生活課長(井上伸弥君) 竹本議員の御質問に御答弁申し上げます。

 この粗大ごみの戸別収集システムの備品購入につきましての内訳でございますが、このシステムを稼働させるためのデスクトップパソコン1台、それから液晶ディスプレー1台、それからA3のモノクロレーザープリンター1台、それから粗大ごみの戸別収集システムのソフト代一式、それからそのシステムを立ち上げるための設置作業費一式でございます。



◆17番(竹本清君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 竹本清議員



◆17番(竹本清君) 今の御説明でよくわかりました。事務用品が主体であるということで、実施に当たってはまたいろいろ御質問もさせていただきたいと思います。

 以上で終わります。



○議長(高橋佑弘君) ほかにございませんか。



◆7番(青野光君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 青野光議員



◆7番(青野光君) 11の需用費で450万円ほど印刷製本費として上がっておりますが、何を印刷されるのか、ちょっと教えていただけましたら、お願いします。



◎市民生活課長(井上伸弥君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 井上市民生活課長



◎市民生活課長(井上伸弥君) 青野議員の御質問に御答弁申し上げます。

 印刷製本費の内容でございますが、来年4月から開始します粗大ごみの申込期間を地区ごとに書き入れました申し込みカレンダーの印刷、それから同じく平成20年度4月からプラスチック容器包装の分別回収を実施しますので、それも含めた20年度4月からのごみカレンダーの印刷です。それから、粗大ごみの戸別収集を行う際に、排出をしていただく市民の方が粗大ごみに張っていただく粗大ごみシールというのを張っていただくことになるんですけれども、そのシールの印刷。それから、一応来年の4月からプラスチック容器包装の分別を行いますと、ごみ全体の分別が完了いたしますので、どういったごみがどのごみの種類に該当するのかというものをごみの分別早見表という形でまとめまして、市民の方がこのごみであればどの、瓶類であるとか紙類であるとかプラスチック容器包装であるとか粗大ごみであるとかっていうのを一目でわかるようなごみ分別早見表というのをつくりたいと思っておりますので、その分別早見表の作成。それから、各ごみの種類によりまして、どういった出し方を市民の方にしていただければよいかというごみの分別の手引きっていうのも作成をしたいと思います。

 以上の5点の印刷、製本の費用でございます。



◆7番(青野光君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 青野光議員



◆7番(青野光君) 当然その印刷された分は、各戸に戸別に配布されるもんと思っておりますが、それでよろしいでしょうか。



◎市民生活課長(井上伸弥君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 井上市民生活課長



◎市民生活課長(井上伸弥君) 青野議員の再質問にお答えします。

 すべて全戸配布をすることにしております。



○議長(高橋佑弘君) ほかにございませんか。

 なければ次に移りますが。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高橋佑弘君) 次に移ります。

 6款農林水産業費について御質疑ありませんか。

 説明書は14ページです。



◆19番(水田恒二君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 水田恒二議員



◆19番(水田恒二君) 五色浜の松くい虫に関する注入業務の規模と木質ペレットストーブのどのぐらいの大きさのものをどこに置くのかということをお教えいただいたらと思います。



◎産業経済課長(高本幸男君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 高本産業経済課長



◎産業経済課長(高本幸男君) 水田議員の御質疑にお答えをいたします。

 五色浜の松くい虫の防除対策でございますが、323本の松に対して樹幹注入を行う予定にしてございます。一部は県費の補助事業、一部については市単独の事業で予定をしてございます。

 それから、木質ペレットストーブの関係でございますが、これは愛媛県の単独補助事業でございます。木質ペレット利活用促進事業というのがございまして、本年度から3年間で実施をされる事業でございます。バイオマス資源の有効活用というようなことが大きな目的でございます。燃料としての木質ペレットの利用普及拡大、それによってバイオマス資源の有効利用、化石燃料の削減、環境への負荷の軽減というふうなことが事業の目的になっておるようでございます。本年度は、本市それから久万高原町、東温市あたりで予定をしてございます。

 設置の場所は、中山クラフトの里のウッドクラフトセンターの中へ設置を予定してございます。事業費として、そこへ掲げてございます67万1,000円を予定してございますが、県の補助金が25万円、それから民間団体がございます今治・松山流域森林林業活性化センター、ここも同額の預金を支出をしていただくというようなことになってございますので、50万円が特定財源というようなことになってございます。残りが一般財源でございます。

 以上でございます。



◆19番(水田恒二君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 水田恒二議員



◆19番(水田恒二君) 当然、読んで字のごとく、ペレットを燃やすということなんですが、ただそこら辺に余っとる木を入れたらええんだったら今後の費用は要らないわけですけれどもが、これに関する費用は当然今後そのウッドクラフトセンターの単独持ち出しといいますか、それに対する補助とは全く考えていないというふうに理解してよろしいのか。

 それと、中山、双海の方には森林が多いわけですけれども、前に何か双海だったですか、このペレットに関する研究等をしていたような記憶があるんですけれども、現在市内でこれの生産をやっているところがあるのかどうなのか。今後、その購入に関してはどちらからか購入される予定があるのか。



◎産業経済課長(高本幸男君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 高本産業経済課長



◎産業経済課長(高本幸男君) 水田議員の再質問にお答えをいたします。

 あくまでもバイオマス資源の有効利用のための普及が目的でございまして、第三セクターの経営支援とかそういう意味合いのものではございませんので、よろしくお願いをしたらと思います。

 それから、ペレットの仕入れ先でございますが、高知県で早くからどうも生産をされておるようでございます。須崎の方で業者があるようでございます。20キロ630円ぐらいで入るというようなことを聞いてございます。それに送料が200円ぐらいかかるようでございまして、1キロ当たり41円前後になろうかと思います。1日燃やしますと、10キロから15キロぐらいたくんだというような実績が出ておるようでございます。灯油あたりと比較してみますと、ほぼ同程度かやや高いといった感じではないかなというようなことを思ってございます。

 県内の生産の状況でございます。市内ではございません。八幡浜市で民間の業者がございまして、19年度から生産、販売を始めておるというようなことでございます。若干規模が小さいようでございまして、高知の業者に比べれば割高な単価になっておるようでございます。

 以上でございます。



◆7番(青野光君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 青野光議員



◆7番(青野光君) 水田議員の質問に関連しますが、これは県と市と一般とでやったと思うんですが、この1台でしょうか、それとも、恐らく1台だろうと私は思うとんですが、そのときの熱量の方は、そして大きさはどれくらいなもんか、ちょっと教えていただきましたら。



◎産業経済課長(高本幸男君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 高本産業経済課長



◎産業経済課長(高本幸男君) 青野議員さんの御質疑にお答えをいたします。

 ちょっと熱量につきましては、手元に資料を用意してございませんので、後ほどお答えをさせていただきます。

 大きさにつきましても、正確な数字手元にございませんので、これも後ほど。ストーブでございますから通常の大きさというようなことで御理解をいただければよろしいかと思います。

 数字につきましては、後ほどまた熱量とあわせてお答えをさせていただいたらと思いますので、よろしくお願いいたします。

            〔7番青野 光議員「はい」と呼ぶ〕



○議長(高橋佑弘君) よろしいですか。

 ほかにございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高橋佑弘君) ないようですので、次に参ります。

 7款商工費について御質疑ありませんか。

 15ページから上段です。

 ありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高橋佑弘君) ないようですので、次に参りたいんですが、時間のようなんで、暫時休憩をしたいと思います。

 よろしゅうございますか。

 午後1時再開の予定です。

            午前11時58分 休憩

       ───────────────────────

            午後1時00分 再開



○議長(高橋佑弘君) 再開をいたします。



◎産業経済課長(高本幸男君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 高本産業経済課長



◎産業経済課長(高本幸男君) 青野議員のストーブに関する質疑にお答えをいたします。

 大きさでございますが、高さが78センチ、幅が63センチ、奥行きが60.5センチぐらいの大きさになるようでございます。暖房出力のこれが1万キロカロリーというようなことになっておるようでございます。

 以上でございます。



◎企画財務課長(島田光君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 島田企画財務課長



◎企画財務課長(島田光君) 午前中の私の武智邦典議員の御質問に対しての御答弁で誤りがございましたので、訂正をさせていただきます。

 武智邦典議員の方から意見をいただいた方に対しての公表はどうするのかということで、私の答弁といたしましては、個別に行うと申し上げましたところですが、過ちで一括して広報紙及びホームページ上で公表するということになっておりますので、訂正しておわびをさせていただいたらと思います。



○議長(高橋佑弘君) ただいま訂正が入りましたけれども、高本課長と島田企画財務課長の答弁でしたが、あれでよろしゅうございますか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高橋佑弘君) ないようですので、次に進みます。

 8款土木費についての御質疑ありませんか。

 説明書は15ページの中段です。



◆19番(水田恒二君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 水田恒二議員



◆19番(水田恒二君) 13款と一部重なってしまうんですけれども、要するに110万円の中古の桟橋の購入費と絡めて質問したいのですが、どうしてもこれは必然性がありますので、お許しをいただいたらと思います。

 伊予港沖桟橋整備工事というのが、その中古の桟橋を買い取ってするこの工事費でございますが、仮に新しい桟橋を設置した場合の費用であるならばどうなるのか。要するに、結構修理代、曳航費用ですか、遠い海の向こうから引っ張ってくるわけですから、曳航費用であるとか修理代とか、それも特殊な修理でございますので値段が高くなってこようかと思うんですけれども、新品を注文して設置する場合と比較をされたのかどうなのか。もし、したのであれば、新品を購入して設置した場合であるならば幾らであるかということをお聞かせいただいたらと思います。



◎道路河川課長(矢野上茂義君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 矢野上道路河川課長



◎道路河川課長(矢野上茂義君) 水田議員の質問にお答えいたします。

 現在、同規模の長さ15メートル、そして幅が5メートル、そして深さ、高さが1.5メートルの浮桟橋、同等のものを新しく購入した場合、業者の方から聞いておる金額といたしましては、一式で3,000万円というふうに聞いております。

 ですから、3基購入いたしますので、約18メートルのがございますんで新品を購入した場合に1億円近くの金額が必要になってくるというふうに試算しております。



○議長(高橋佑弘君) 土木費です、ありませんか。

 ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高橋佑弘君) ないようですので、次に参ります。

 10款教育費について御質疑はありませんか。

 説明書は16ページです。



◆5番(大西誠君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 大西誠議員



◆5番(大西誠君) 2点お聞きいたします。

 1項3目15節工事請負費で、永木小学校の解体の工事入っておりますが、こちらの方、工事終了後跡地の方の計画はどのようにお考えかを1点。

 2項4目学校建設費の17節公有地財産の購入でございますが、これ交通公園の購入費用というふうになってますので何だったかなというふうに思っておったら、増築に関連します駐車場用地というふうに後でちょっと理解をしたわけですが、これ交通公園というふうになりますと、南伊予地区の方が従来より非常に小学生の方に対しまして交通指導の方、ここ活発であるということでございますが、交通公園という言い方にしますと、市内の違う地区の方ではこういった交通公園がないのではないかということもございますが、教育の均等性ということから交通公園に関しまして、今後従来どおりこの1校だけというふうな考えか、将来的には違う学校の方にも整備等をしていくような考えがあるのかということをお聞きいたしたいと思います。



◎教育委員会事務局長(八倉文雄君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 八倉教育委員会事務局長



◎教育委員会事務局長(八倉文雄君) 大西議員の質問にお答えいたします。

 私の方からは、交通公園の関係についてお答えを申し上げます。

 現在、伊予小学校には交通公園として敷地として子供さん方の交通安全指導等に活用しております。その場所に、今回9月予算で児童クラブと子どもプラン等の関係の施設を整備することになりまして、その交通公園用地が滅失すると、使えなくなるということございまして、今回隣接地の土地を購入し、そこを交通公園の代替施設としての利用を図ろうと考えております。

 ただ、今後全市へどうなのかということでございますけれども、今回の件につきましては、現在使用している交通公園が使えなくなるということの代替措置として考えております。

 以上でございます。



◎教育委員会学校教育課長(山下佳宏君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 山下教育委員会学校教育課長



◎教育委員会学校教育課長(山下佳宏君) 1点目の永木小学校教員住宅跡地なんですけれども、これにつきましては旧中山町地区での市政懇談会の折に、取り壊した後駐車場用地として活用してくれというふうな要望がありましたので、隣接する改善センター等の駐車場用地として跡地を利用する予定といたしております。



◆5番(大西誠君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 大西誠議員



◆5番(大西誠君) 交通公園の方に関しまして、冒頭申しましたように私これ駐車場用地というふうに認識しておったんですが、利用頻度としましては通常は駐車場の方で圧倒的に使っている用途が多いかとは思うんですが、これをやはり駐車場用地というふうにするのが正解かと思っておったんですが、これやはり名目で言いますと交通公園の用地購入というのが正しい扱いになるのか。語句の説明という言い方変かもしれませんが、先ほど申しました利用の状況で言いますと、8割9割が駐車場の用地使っている項目かと思いますので、駐車場で整備して交通公園にも使うというのが正しい判断じゃないかなと思うんですが、どのようにお考えでしょうか。



◎教育長(上田稔君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 上田教育長



◎教育長(上田稔君) 御承知のように、この伊予小学校におきましては、従来よりあの土地を交通公園用地という名称で、実質上は駐車場と交通指導をやるときに使うということでやっておりました。

 といいますのは、伊予小中隣接した学校で運動場を小・中学生と一緒に使ってるというふうなこともありまして、自転車等の交通指導をする時期には、運動場が使いにくいというふうなこともあってそういう形になっとったんじゃないかと思います。ほかの学校におきましては、あえて交通公園というようなものはないですけれども、運動場を使ってそういうものに使っておると。そういうそれだけの広さがあると、余裕があるということだったわけでございます。

 そういったことで、伊予小においては交通公園というふうな名称のもとにそういう使われ方があったんだろうと思っております。そういうことですので、そういった名称を尊重しまして、こういう形をとらせていただいております。事実の使用は駐車場が主になるんじゃないかと思っております。



○議長(高橋佑弘君) ほかにありませんか。



◆17番(竹本清君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 竹本清議員



◆17番(竹本清君) 学校建設費のところで、10款の3項3目13節委託料の141万2,000円の港南中学校周辺建物の補償ということで先般説明されておりましたが、7棟の補償ということで今回のこの補償ですべて周辺住宅の被害対策については、すべてが終わるのかどうかお尋ねをしたいと思います。



◎教育委員会学校教育課長(山下佳宏君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 山下教育委員会学校教育課長



◎教育委員会学校教育課長(山下佳宏君) ただいまの竹本議員の御質問にお答えさせていただきたいと思います。

 一応、結論からいいますとこれで終わりとなってます。というのは、一応付近住民からのこういった苦情がありました分については、一応6月補正で1件、今度が7件、これですべて終了いたします。

 ただ、これはあくまでも補償金額を積算する業務でございまして、補償金額というのは、それについてはまだ出ておりませんので、ここで補償金額を出すということになります。



◆17番(竹本清君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 竹本清議員



◆17番(竹本清君) 一応積算業務という形になっておりますので、今後どういう形の補償が出てくるか、金額的にはまだ出てこないわけですけれども、今の段階でこの7棟の住宅の中でどの家屋がどのぐらいという一応の目安と申しますか、被害程度はわかりませんか。



◎教育委員会事務局長(八倉文雄君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 八倉教育委員会事務局長



◎教育委員会事務局長(八倉文雄君) 竹本議員の再質問にお答えいたします。

 具体的にこの7戸のうちのどのくらいぞということについては、ただいままだ申し上げることはできないんですけれども、今回予算計上いたしましたこの委託費をもって積算、被害復旧といいますか、損害補償に対しての金額は出てまいります。それをもちまして、それをまた予算化いたしまして、恐らく新年度に入ろうかと思いますけれども、それをもって7戸の方と交渉をしていくということになります。

 それでもって妥結するか、交渉がまとまるかどうかについてはまだはっきりした見通しは立っておりませんが、一応そういう新年度において話し合い交渉をしていくということになっております。

 以上でございます。



◆17番(竹本清君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 竹本清議員



◆17番(竹本清君) 今の答弁でございますと、納得してもらえるかどうかはわからんがというようなことでございますが、一応被害程度については、こちらから見てこの7件についてはすべて改修の補償をしなければならないような状態になっておるのかどうか、おわかりの範囲でお答えをいただきたいと思います。



◎教育委員会事務局長(八倉文雄君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 八倉教育委員会事務局長



◎教育委員会事務局長(八倉文雄君) 竹本議員の再々質問にお答えを申し上げます。

 被害につきましては、各戸さまざまで大小あります。小さな壁のひび割れとかそういう程度のものから、大きな被害、タイルがはげているとかコンクリートが少しはがれているとか、そういうな主体部に係る部分のものも含まれているようでございますので、そこらの被害の大小におきまして補償額も当然変わってまいりますし、小さなものであればそれで補償の分で納得していただける分もあろうかと思いますし、大きな部分については我々の考えと被害を受けた方の考えともそれぞれ違いましょうし、そこらについての交渉事は新年度以降になろうかと考えております。



○議長(高橋佑弘君) ありませんか。

 竹本さん、ありませんか。

            〔17番竹本 清議員「ありません」と呼ぶ〕



○議長(高橋佑弘君) ないようでしたら次へ参りますが、ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高橋佑弘君) 次に参ります。

 11款災害復旧費について御質疑はありませんか。

 説明書は17ページです。

 災害復旧費です、ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高橋佑弘君) 次に参ります。

 12款公債費について御質疑はありませんか。

 説明書は17ページ中段です。



◆20番(日野正則君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 日野正則議員



◆20番(日野正則君) 今回、地方債元金繰上償還金ということで2,898万7,000円が計上をされております。この場合に、元金繰上償還金とはなっておりますが、これで元金は償還はできると。しかしながら、利子の分がどうなるのか、これで額面どおりとりますと利子の分が残る。残るのに、繰上償還金というのはおかしい。全部利子も含めて返還してこそ初めて繰上償還が可能なのではないかというふうに思いまして、そこら辺が不自然であろうかと思います、お尋ねをします。

 それから次に、この繰上償還をしていくということは大変市にとってはありがたいことです。この説明書といいましょうか、これ見ますとこれを買い取ったときの利息というものが年7%近くであると。現在ですと、市中銀行で借り換えましたら大体1.6%前後で借れるようであります。そういたしますと、我々自治体にとっては大変助かるわけでございます。

 しかしながら、一方では今後借り換えによる繰上償還をどんどんやった場合に、今度政府の方が歳入が狂ってくる、予定しとったものが狂ってくる。つまり、収入が政府は少なくなるわけであります。したがって、このように繰上償還ができる条件もしくは繰り上げ、いわゆる借り上げによる繰上償還、こういったものができるのにはそれなりの規制、規則があろうかと思いますが、そういったことについてお聞かせをいただきたい。

 何ですか、高知市役所はこの3年間に繰上償還もしくは借り換えによる償還によって、約33億円のプラスになるというふうなことが新聞紙上で報道されておりました。伊予市とは財政規模が違いますが、大いにできる範囲内では活用したいものだと思います。そこで、その点今お尋ねしました件についてお答えをいただきたいと思います。



◎企画財務課長(島田光君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 島田企画財務課長



◎企画財務課長(島田光君) ただいまの日野正則議員の御質疑に御答弁いたします。

 開会初日にお手元の資料ということでお渡しいたしております資料を参考にしていただいたらと思います。

 8ページでございます。

 一応、誤解がちょっとあった、私の説明不足だと思うんですけども、この表の見方を御説明申し上げます。

 まず、その御説明で第1点目の御回答になるかと思います。まず、事業(起債名)とありまして、あと旧市町、それから借入先、借入年度、借入額、利率、残期間、残元金合計、残利子合計と書いております。

 今回繰上償還しようとする元金が2,898万6,652円、一般会計4本の分でございますが、これを繰上償還することによって補償金免除、つまり残利子合計額234万9,146円は免除しますよということでございますんで、これが将来の一括償還することによりまして、この分は節減できるという表になっております。下の簡易水道、公共下水道もそれぞれ334万5,454円、それと232万4,971円ということで節減を図ろうとするものでございます。

 あと、20ページも同様で、これが20年度以降、今の予定でございますが、これも一般会計、資料の9ページです、20年度繰上償還、一般会計12本分でございます。これも253万1,430円の節減を図ろうというものでございます。

 それから、次のページの10ページでございますが、これが簡易水道、公共下水道とがありますけども、簡易水道を例にとって御説明申し上げますと、まず右から2番目、残元金合計、これが1,206万5,947円で残利子合計が291万3,703円ということになっております。

 先ほど日野議員が申していただきましたとおり、現在私どもが把握している市中銀行等の平均利率というものは1.6%でこれ試算しております。それで、一応借り換えをした場合には、そこの赤字で書いてある借換債借入予定で、借り換え後予定利子、これが69万3,000円というのがこの元金に係る借り換えをした場合の利息分ということです。

 それから、括弧書きで残利子、これはそこに先ほど申しました291万3,703円、これからこの借り換え後の予定利子、この69万3,000円を差し引きますと222万1,000円の節減効果があるということでございます。下の公共下水道の赤字も同様の考え方でございます。

 それから、次のページ、最後のページになりますが11ページでございますが、この部分も赤字に関しては同様の考え方でございます。

 それから、色分けしておりますクリーム色、残期間、右から3番目の欄の残期間1年ということに関しましては、これはもう一括償還しようという考えでおりますんで、そこの残元金合計、残利子合計のクリーム色になってるところがございますけども、これの87万7,121円の節減を図ろうというところでございます。

 御指摘の条件でございますが、これちょっと多々あるんですけれども、大ざっぱな説明をさせていただきますと、もう償還年度っていうのは19年度から21年度の3カ年ということで限定をされております。その中で、19年度におきましては利率が7%以上、20年度に関しては6%から7%まで、それから21年度に関しては5%から6%のおのおの高利息のやつの償還対象ということになっております。

 以上でございます。



◆20番(日野正則君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 日野正則議員



◆20番(日野正則君) そういたしますと、まず最初の支払い2,898万7,000円。この説明書によりますと、いわゆる8ページの繰上償還、この残利子と書いておる234万9,146円は繰上償還することによってこの利子は払わなくてよろしいと、こういうことですね。

 それと、次に繰上償還もしくは借り換え償還のできる条件ということでお尋ねをいたしました。

 それに対しまして、今19年度は7%以上でしたか、それから20年度は6ないし7%、21年度は5ないし7%の主たるものを言えばそういうことであると。それぞれまた制約があるんだろうと思いますが、おおむねそういった答弁があったと思います。そこで、20年度並びに21年度に対して繰上償還をする予定表がここに出ておりますが、そういたしますともうこれ以外にはこれに該当して借り換え繰上償還ができるものはないと、これがすべてであるというふうに認識していいのか、まだ残っておるというのか、そこらあたりはどうなんでしょうか。



◎企画財務課長(島田光君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 島田企画財務課長



◎企画財務課長(島田光君) 日野正則議員の再質問にお答えいたします。

 まず1点目、繰上償還した場合の利子は支払わなくていいのかという問題で、そのとおりでございます。この分が節減の額でございます。

 それから2点目、この繰上償還あるいは借り換えした場合は、これはもうすべてなのかということでございますが、現在把握しているところではそうになるんですけども、ちょっと一般会計にしましては一応5%以上、5%から6%ということになった、一般会計でございます、すべてにおいて5%から6%ではあるんですけども、一般会計におきましては実質公債費率、市町村合併にあっては15%以上でないといけないという条件がなおあります。それをもちましてやるならば、該当しない部分も若干出てまいります。一応そういうことで、すべてとは今のところ厳密にはまだ把握はしておりませんが、該当するもののみとりあえず取り上げたものですんで、現在のところちょっとすべてとは言い切れないとこがあります、申し訳ございません。

 以上です。



◆20番(日野正則君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 日野正則議員



◆20番(日野正則君) その利率の対象がおおむね5%ないし7%ということになっておりまして、今仮に市中で銀行で借り換えられる金利が1.6ということのようですので、そういたしますと3分の1から場合によっては4分の1近く大幅な節約ができるということに相なるわけでございますので、なおこれに該当するものがないか、もう一度精査をして御面倒でしょうが節約に努められるようにお願いをしておきます。



○議長(高橋佑弘君) ほかにございませんか。



◆4番(武智邦典君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 武智邦典議員



◆4番(武智邦典君) 素朴に言葉の意味だけ島田課長さん、私は財政用語いろいろと自分なりに勉強しておるつもりでおるんですけど、ようわからんのんで。

 要は、12月6日の議員上程提案理由説明日に、この12款1項で地方債元金繰上償還金は地方財政法の緩和措置によって補償金免除ということで元金のみ返したんでええんですよという枠の中で、そこで結局13ページの簡易水道の特別会計繰出金と説明書かれとるところも、15ページの公共下水の説明の特別会計繰出金と書かれとるとこも、地方債の元金の繰上償還金であるような御説明を私は受けたように聞いておるんですけれども、この言葉の違いはあえてこうされとるのはどういうことなのかな。私の聞いとったことが違ってたら、またその違いを正していただいたら結構なんですけれども、よろしくお願いいたします。



◎企画財務課長(島田光君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 島田企画財務課長



◎企画財務課長(島田光君) 武智邦典議員の御質問にお答えを申し上げます。

 ここの各特別会計の繰出金でございますが、ここでは一応一般会計での話でありまして、ここで特別会計での償還金元金という23節というのは生じません。一応、特別会計、今度会計表と予算書を見ていただければ、新たにそこで23節で償還金元金ということの項目が出てまいります。

 以上でございます。



◆8番(久保榮君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 久保榮議員



◆8番(久保榮君) 日野議員の質問で大体私も大分わかったんですけども、1点だけ。

 特定財源の繰入金二千八百何がしかとありますけども、これはどっからの特定財源を繰り入れとるんか、どことどこの特定財源から入っとるのか、ちょっと説明だけ1点だけお願いします。



◎企画財務課長(島田光君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 島田企画財務課長



◎企画財務課長(島田光君) 補正予算書を申し訳ございませんが、9ページをお開きいただけますでしょうか。

 そちらにございます18款2項6目減債基金繰入金でございます。

 これは一応借金返済のときに使う基金でございますが、5,461万円ということで、これが一般会計の2,800万円と合わないじゃないかという話になるんですが、これが先ほど申しましたように2特別会計、簡水と公下の、公共下水道の特別会計の繰出金の充当財源として、合計でこれだけの減債基金の繰入金が財源充当となっております。

 以上でございます。



◆8番(久保榮君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 久保榮議員



◆8番(久保榮君) その減債基金から、この6目の減債基金から入っているというこの五千何ぼかの一部だということでしょうか。これは歳入でしょ。──ああ、わかりました。この中にあるということですね。



◎企画財務課長(島田光君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 島田企画財務課長



◎企画財務課長(島田光君) はい、そうです。



○議長(高橋佑弘君) よろしいですか。

 ほかにございませんか。

 ないようでしたら、次に参りますが、ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高橋佑弘君) 次に参ります。

 13款諸支出金について御質疑はありませんか。

 17ページ下段から18ページです。



◆19番(水田恒二君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 水田恒二議員



◆19番(水田恒二君) 3目、先ほど関係して聞きました、今度別の件で、今度これ中古ということですので、修理をしたら命がよみがえるということになりましょうが、新品の場合は寿命が何年、この中古を修理した場合は寿命はおよそこれどのぐらいもつのかを教えていただいたらと思います。

 それと、勉強の意味で、第六管区の守備範囲といいますか、どのあたりを第六管区が受け持っているのか。それで、第六管区の本部事務所はどこか、呉でよろしいのかどうなのか。



◎道路河川課長(矢野上茂義君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 矢野上道路河川課長



◎道路河川課長(矢野上茂義君) 水田議員の質問にお答えいたします。

 私の方で把握しておりますのは、新品を新設した場合に償却期間は30年というふうに聞いております。

 しかしながら、第六管区の呉の海上保安部では、10年ごとに定期整備を行っております。その定期整備によりまして、10年から15年以上まだ使用可能というふうに聞いております。ちょうどこの3つの浮桟橋は、平成9年と平成10年に定期整備を行っております。それから、ちょうど今年が10年目に当たりますので、今回この払い下げを受けまして、そして整備を清掃をいたしまして、さび落とし、カキ落とし、修繕、それから塗装を行いますと、まだ10年から15年は使用可能だというふうに聞いております。

 メンテナンス業者といいますか、ドックの修繕業者に問い合わせしますと、定期的に10年ごとにメンテナンスを行えばそれ以上使用可能であろうというふうな回答も得ております。チェーンにつきましては、やはり海の中でクロスして張っておりますので、チェーンについての償却といいますか期間については、それぞれの地域の海水の状況、それから中の海水の汚染の状況、そういうものによってチェーンについては何年という保証はできないけれども、浮桟橋については戦前につくられた浮桟橋もメンテナンスをして現在でも現役で使っているような桟橋もございますというふうな回答を得ております。

 ちょっと第六管区の海上保安部の範囲については……。

 以上です。



◎総務部長(篠崎末廣君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 篠崎総務部長



◎総務部長(篠崎末廣君) 第六管区のことにつきまして、私の方からわかる範囲でお答えさせていただきます。

 全国で海上保安庁は第十一管区まであります。この第六管区の本部でございますけども、第六管区海上保安部の本部は、広島市南区宇品に位置をしております。この本部でございますけども、岡山県、広島県、山口県東部、香川県、愛媛県を管轄しまして、その海域は瀬戸内海の大部分と宇和海です。

 それから、所轄海域の面積は、我が国の領域の3%にすぎませんけども、先ほど申した全国十一の管区の中でも最も狭いものというふうに言われておりますが、非常に海岸線等が複雑に張り込んでおるというふうな、そういうふうな管区でございます。

 以上、お答え申し上げます。



◆19番(水田恒二君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 水田恒二議員



◆19番(水田恒二君) 1点だけ追加でお願いします。

 今回払い下げていただく桟橋の、船だったら新の造船ということになるんでしょう。おろしたての、どういう表現するんかわかりませんけれども、新品であったときのいつ、これが最初にできたときの年度を教えていただいたらと思います。



◎道路河川課長(矢野上茂義君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 矢野上道路河川課長



◎道路河川課長(矢野上茂義君) 水田議員の再質問にお答えいたします。

 1号から3号までそれぞれ新設年度が違います。1号の15メートルの桟橋が昭和52年度、それから2号の15メートル、同じ規模のが昭和49年度、3号の18メートルの桟橋が昭和55年度ということで、製造から27年から33年経過しております。



○議長(高橋佑弘君) ほかにございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高橋佑弘君) ないようですので、次に参ります。

 歳入全般及び第2表債務負担行為補正について御質疑はありませんか。

 歳入、7ページないし10ページです。

 第2表の債務負担行為補正4ページです。

 御質疑はありませんか。



◆4番(武智邦典君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 武智邦典議員



◆4番(武智邦典君) 9ページの先ほど久保議員からの質問で島田課長言われた、ちょっと私今電卓持ってないんで、さっきの私の日本語の説明のは御教示いただいたんですけど、特別会計の簡水が1,272万2,000円で、公共下水道が1,307万6,000円で、繰上償還金の一般のが2,898万7,000円、これ合計したらちょっと計算ミスかもしれない5,478万5,000円になるんだけど、ここの数字は5,461万円となっておるんで、ちょっと電卓ないんで私の単なる計算ミスかもしれんのだけど、ちょっと金額が合わないような気がしたので、合ってるのか。微々たるもんなんですけど、要は簡水で出とるさっき言った繰出金という名前の名目で出てる特別会計の2つの金額と、そしてさっき一般の金額とここへ出てる減債基金の繰入金というのがちょっと合わないような気がして、電卓持ってないんで申し訳ない。



◎企画財務課長(島田光君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 島田企画財務課長



◎企画財務課長(島田光君) 今ちょっと私電卓をたたいたんですけども、減債基金繰入金5,461万円、これで合致します。

            〔4番武智邦典議員「ああ、すいません。ほんなら、私のミスです」と呼ぶ〕



○議長(高橋佑弘君) ほかにございませんか。

 ありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高橋佑弘君) ないようですので、次に参ります。

 議案第105号平成19年度伊予市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)について、まず事業勘定について御質疑ありませんか。

 予算書21ページないし32ページです。

 ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高橋佑弘君) ないようですので、次へ参ります。

 診療施設勘定について御質疑ありませんか。

 診療施設勘定、予算書の33ページないし37ページです。

 ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高橋佑弘君) ないようですので、次に参ります。

 議案第106号平成19年度伊予市老人保健特別会計補正予算(第2号)についての御質疑はありませんか。

 予算書では39ページないし43ページです。

 ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高橋佑弘君) 次へ参ります。

 議案第107号平成19年度伊予市介護保険特別会計補正予算(第3号)について御質疑はありませんか。

 予算書の45ページないし51ページです。

 ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高橋佑弘君) 次へ参ります。

 議案第108号平成19年度伊予市簡易水道特別会計補正予算(第3号)について御質疑ありませんか。

 予算書で53ページないし57ページです。

 ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高橋佑弘君) ないようですので、次へ参ります。

 議案第109号平成19年度伊予市公共下水道特別会計補正予算(第2号)について御質疑ありませんか。

 予算書の59ページないし66ページ。



◆14番(日野健君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 日野健議員



◆14番(日野健君) では、65ページの2款1項1目の13節委託料2,167万5,000円ですけれどが、これ2つの業務がありますけれどが、それの内容を少し詳しく説明してもらいたいと思います。



◎下水道課長(渡辺勉君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 渡辺下水道課長



◎下水道課長(渡辺勉君) 日野議員の御質問にお答えをいたします。

 13節委託料ですが、補正額2,167万5,000円となっておりますが、浄化センター外再構築基本設計業務ということで、これは伊予市の公共下水道の終末処理場と大谷ポンプ場の耐震診断の設計業務でございます。一応、予定の見込んでおります金額といたしましては2,980万円を見込んでおります。

 そしてもう一つ、大谷ポンプ場実施設計業務ということで、これ大谷ポンプ場の4号機のポンプ1,200ミリのポンプが1台現在座ってないわけでございますが、これの設置を20年度、21年度で計画をいたしたいということで、これの設置に伴います設計の業務委託を発注する予定でございます。

 以上です。



◆14番(日野健君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 日野健議員



◆14番(日野健君) 上段の浄化センターのいわゆる再構築ということにつきましては、耐震関係の設計やった、そういうふうに理解して構わんですね。

 それから、下の方は大谷ポンプ場は4号、1,200ミリのを新規にやるというような説明やったんですが、やはり大谷ポンプ場の能力が落ちとるんか、それとも集水面積が増えたんか、その辺の兼ね合いで新しくやるんやなかろうかと思うんですが、そのあたり説明をしてもらったらと思います。



◎下水道課長(渡辺勉君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 渡辺下水道課長



◎下水道課長(渡辺勉君) 日野議員の再質問にお答えします。

 1つ目の再構築設計業務につきましては、終末処理場の耐震診断、それと大谷ポンプ場の耐震診断を行うということで間違いございません。

 そして、次の大谷ポンプ場実施設計業務の分ですが、もともとあそこには46年に都市下水道事業として10トンの水が流れてくるというふうな計画でポンプ場を設置いたしております。

 そのうち、今3号機まで一応7トンの水を汲み上げる能力の分しか設置をいたしておりません。今回4号機を増設といいますか、それで相田川から梢川までの間の10トンの水の排水が可能となるというふうに考えております。

 以上です。



◆14番(日野健君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 日野健議員



◆14番(日野健君) わかりました。

 それで、ちょっと金額だけ教えてもろたらいいんですが、浄化センターの方が2,985万円言うたんですか、下の方がちょっとわからなかったんですが、ちょっと教えてもろうたらと思います。



◎下水道課長(渡辺勉君) 議長



○議長(高橋佑弘君) 渡辺下水道課長



◎下水道課長(渡辺勉君) 日野議員の再々質問にお答えします。

 浄化センター外再構築基本設計業務が2,980万円の予定をいたしております。

 そして、大谷ポンプ場の実施設計業務、これ200万円を予定をいたしております。それで、補正額が2,100万円ということでございますが、既設の予算の中に入札減少金等が1,000万円余り生じておりますので、補正額といたしましては2,167万5,000円ということになってまいります。

 以上です。



○議長(高橋佑弘君) ほかにございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高橋佑弘君) ないようですので、次に参ります。

 議案第110号伊予市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について御質疑ありませんか。

 議案書はその2の1ページないし36ページです。

 ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高橋佑弘君) ないようですので、次に参ります。

 議案第111号平成19年度伊予市一般会計補正予算(第4号)について、歳出全般について御質疑ありませんか。

 説明書は8ページないし20ページです。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高橋佑弘君) ないようですから、次に参ります。

 歳入及び給与費明細書について御質疑はありませんか。

 説明書は歳入が7ページ、給与費明細書は21ページないし28ページです。

 ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高橋佑弘君) ないようですので、次に参ります。

 議案第112号平成19年度伊予市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)について御質疑はありませんか。

 ありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高橋佑弘君) ないようですので、次へ参ります。

 議案第113号平成19年度伊予市介護保険特別会計補正予算(第4号)について御質疑はありませんか。

 41ページないし57ページ。

 ありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高橋佑弘君) ないようですので、次に参ります。

 議案第114号平成19年度伊予市簡易水道特別会計補正予算(第4号)について御質疑はありませんか。

 予算書は59ページないし69ページです。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高橋佑弘君) ないようですので、次に参ります。

 議案第115号平成19年度伊予市公共下水道特別会計補正予算(第3号)について御質疑はありませんか。

 71ページないし81ページです。

 ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高橋佑弘君) ないようですので、次へ参ります。

 議案第116号平成19年度伊予市水道事業会計補正予算(第3号)について御質疑はありませんか。

 予算書は別冊です。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高橋佑弘君) ないようですので、次に参ります。

 以上で質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第92号ないし議案第116号は、会議規則第37条第1項の規定により各所管の常任委員会に付託をいたします。

 別紙議案付託表を御参照願います。

 なお、委員会の審査の経過並びに結果は、その報告を待って審議することにいたします。

            〔議案付託表は付録に掲載〕

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第3 請願第1号

      陳情第7号〜陳情第11号

        (委員会付託)



○議長(高橋佑弘君) 日程第3、請願第1号及び陳情第7号ないし陳情第11号を議題といたします。

 ただいま議題となっております請願第1号及び陳情第7号ないし陳情第11号は、会議規則第134条第1項の規定により所管の常任委員会に付託いたします。

 なお、委員会の審査の経過並びに結果は、その報告を待って審議することにいたします。

            〔請願・陳情文書表は付録に掲載〕

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(高橋佑弘君) よろしいですか。

 以上で本日の日程は全部終了いたしましたので、本日の会議を閉じます。

 12月14日は定刻より本会議を開き、一般質問を行います。

 本日はこれにて散会をいたします。

            午後1時59分 散会

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

      伊予市議会 議 長  高 橋 佑 弘





            議 員  谷 本 勝 俊





            議 員  正 岡 千 博