議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛媛県 伊予市

平成19年第3回( 9月)定例会 09月27日−資料




平成19年第3回( 9月)定例会 − 09月27日−資料







平成19年第3回( 9月)定例会





△会期日程



平成19年第3回(9月)定例会


会   期   日   程会期 22日間
月日曜日種   別内         容
96木本 会 議議案上程・提案理由の説明
97金休   会  
98土休   会  
99日休   会  
910月休   会  
911火本 会 議議案質疑・委員会付託
912水休   会  
913木休   会  
914金本 会 議一般質問
915土休   会  
916日休   会  
917月休   会  
918火委 員 会各常任委員会(民生文教委員会)
919水委 員 会各常任委員会(産業建設委員会)
920木委 員 会各常任委員会(総務委員会)
921金委 員 会  
922土休   会  
923日休   会  
924月休   会  
925火休   会  
926水休   会  
927木本 会 議1. 各常任委員長報告(質疑・討論・表決)
2. 議員追加提出議案(質疑・討論・表決)(閉会)








△議決目録



平成19年第3回(9月)定例会

             議   決   目   録



1. 議   案(市長提出分)


番 号件             名議決年月日
議決結果
報告第9号株式会社まちづくり郡中の経営状況について19.9.11
受理
報告第10号平成18年度伊予市継続費精算報告書について〃
認定第1号平成18年度伊予市一般会計歳入歳出決算の認定について19.9.27
継続審査
認定第2号平成18年度伊予市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について〃
認定第3号平成18年度伊予市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について〃
認定第4号平成18年度伊予市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について〃
認定第5号平成18年度伊予市簡易水道特別会計歳入歳出決算の認定について〃
認定第6号平成18年度伊予市営農飲雑用水特別会計歳入歳出決算の認定について〃
認定第7号平成18年度伊予市浄化槽整備特別会計歳入歳出決算の認定について〃
認定第8号平成18年度伊予市農業集落排水特別会計歳入歳出決算の認定について〃
認定第9号平成18年度伊予市伊予港上屋特別会計歳入歳出決算の認定について〃
認定第10号平成18年度伊予市公共下水道特別会計歳入歳出決算の認定について〃
認定第11号平成18年度伊予市特定環境保全公共下水道特別会計歳入歳出決算の認定について〃
認定第12号平成18年度伊予市水道事業決算の認定について〃
議案第78号伊予市老人憩の家の指定管理者の指定について19.9.27
原案可決
議案第79号市営土地改良事業の施行について〃
議案第80号伊予市中小企業振興資金融資条例の全部を改正する条例について〃
議案第81号政治倫理の確立のための伊予市長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条例について〃
議案第82号伊予市情報公開条例の一部を改正する条例について〃
議案第83号伊予市個人情報保護条例の一部を改正する条例について〃
議案第84号伊予市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例について〃
議案第85号伊予市風致地区内における建築等の規制に関する条例の一部を改正する条例について〃
議案第86号伊予市農業委員会の委員の定数及び選挙区並びに部会等に関する条例の一部を改正する条例について〃
議案第87号平成19年度伊予市一般会計補正予算(第2号)について〃
議案第88号平成19年度伊予市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について〃
議案第89号平成19年度伊予市介護保険特別会計補正予算(第2号)について〃
議案第90号平成19年度伊予市簡易水道特別会計補正予算(第2号)について〃
議案第91号平成19年度伊予市水道事業会計補正予算(第2号)について〃




2. 発 議・議 選(議員提出分)


番 号件             名議決年月日
議決結果
発議決算審査特別委員会の設置について19.9.11
原案可決
議選決算審査特別委員会委員の選任について

大 西   誠 ・ 正 岡 千 博

山 崎 正 樹 ・ 青 野   光

久 保   榮 ・ 田 中   弘

若 松 孝 行
19.9.11
選任
発議第3号地方の道路整備財源の確保に関する意見書の提出について19.9.27
原案可決
発議議員の派遣について19.9.27
承  認




3. 陳 情(今議会提出分)


番 号件             名議決年月日
議決結果
陳情第5号伊予上野団地自治会(区)変更等について19.9.27
継続審査
陳情第6号製材所(中新川)から発生する公害による健康被害からの救済についての陳情書〃




4. 陳 情(継続審査分)


番 号件             名議決年月日
議決結果
(平成18年)
陳情第13号国民の食糧と健康、農業を守る陳情書19.9.27
不採択










△議長一般報告



平成19年第3回(9月)定例会

            議  長  一  般  報  告

 前議会(平成19年6月定例会)から今議会までの間における議長一般報告を次のとおり行います。



                   記

6月7日 議会運営委員会

6月8日 第44回伊予森林組合通常総代会に議長出席

  〃   平成19年度愛媛県人権教育研究協議会伊予支部総会に議長出席

6月14日 第35回愛媛県人権教育協議会伊予市支部定期総会に議長出席

6月15日 第2回伊予地区精神障害者地域家族会連合会総会に議長出席

6月17日 ふたみ球技大会(レクリェーションバレーボール)に議長出席

6月19日 全国市議会議長会第83回定期総会(東京都)に議長・局長出席

6月21日 中予地区食品衛生協会伊予支部平成19年度通常総会に議長出席

6月24日 五色姫海浜公園海開き(神事等)に議長出席

  〃   双海の海開きに議長出席

6月25日 「大政由美さんの行方不明の真相究明を求める連絡会」役員会に議長出席

6月26日 例月出納検査

7月1日 妻鳥暁太郎先生・渡部盛幹先生句碑除幕式典並びに祝賀会に議長出席

7月3日 伊予消防等事務組合消防本部第15回組合救助選考会に議長外関係議員出席

7月5日 平成19年度JR松山駅付近鉄道高架事業促進期成同盟会総会に議長出席

  〃   平成19年度松山都市圏道路整備促進期成同盟会総会に議長出席

7月5・6日 第54回四国地区人権教育研究大会(徳島市)に田中裕昭議員出席

7月9日 伊予市議会だより編集委員会

7月10日 鹿児島県阿久根市議会議員行政視察に来市

  〃   平成19年度婦人教育指導者中予地区研修会に議長出席

  〃   松山都市圏道路整備促進期成同盟会等による愛媛県知事等要望に議長出席

7月11日 国道378号線整備促進協議会定期総会に議長・産業建設委員長出席

  〃   「社会を明るくする運動」伊予市(双海地区)大会に民生文教副委員長出席

  〃   総務委員会協議会

7月12日 「第57回社会を明るくする運動」伊予市(中山地区)に議長出席

7月13日 伊予市防災会議に議長外関係議員出席

7月17日 伊予市議会改革特別委員会

7月18日 「社会を明るくする運動」伊予市(本庁地区)大会に議長出席

7月19日 伊予市松前町共立衛生組合議会臨時会に議長外関係議員出席

  〃   国道378号線(伊予市・八幡浜市間)整備促進協議会・国道197号(大洲・八幡浜・西宇和間)地域高規格道路建設促進期成同盟会等合同知事要望に議長出席

  〃   伊予市議会だより編集委員会

7月20日 国道378号線(伊予市・八幡浜市間)整備促進協議会・国道197号(大洲・八幡浜・西宇和間)地域高規格道路建設促進期成同盟会等合同国土交通省四国地方整備局

     (高松市)要望に議長出席

  〃   兵庫県稲美町議会議員行政視察に来市

7月21日 なかやま夏祭り(中山音頭踊り)に関係議員出席

7月22日 第22回伊予市消防団操法大会に議長外関係議員出席

7月28日 伊予おどりパレードに議員出席

7月30日 中小企業融資審査委員会に副議長・産業建設委員長出席

7月31日 例月出納検査

8月1日 総務委員会協議会

8月2・3・6・7日 定期監査

8月5日 ふたみの夏祭りに議長外関係議員出席

8月7日 第21回愛媛県市議会議員研修会に議長外議員出席

8月14日 埼玉県坂戸市議会議員行政視察に来市

8月15日 愛媛県戦没者追悼式に議長出席

8月23日 例月出納検査

8月25日 第11回南伊予ふれあい運動会に議長外関係議員出席

8月27日 議会運営委員会

8月28日 平成18年度伊予之二名島扶桑太鼓保存会総会に議長出席

8月29日 中予市議会議長会(東温市)に正副議長・局長出席

8月30日 平成19年度県道大平砥部線整備促進協議会通常総会に議長・産業建設委員長出席

9月1日 五色浜観月いもたきに議長出席

  〃   下灘夕焼けプラットホームコンサートに議員出席

9月2日 平成19年度愛媛県総合防災訓練(八幡浜市)に議長出席

9月3日 大谷池感謝祭に議長出席





監査結果報告について


文書番号年 月 日内              容
伊監報第3号19.6.27現金出納検査の結果について
伊監報第4号19.8.1〃
伊監報第5号19.8.27〃






                 第83回

               全国市議会議長会

                定期総会議案

                                平成19年6月19日

                                東   京   都



  1. 都市財政の充実強化について………………………………………………………九州部会

  2. 地方交付税の適性配分について……………………………………………………中国部会

  3. 拉致事件の全容解明と早期解決並びに拉致被害者に対する支援について……北信越部会

  4. 北方領土の早期解決と隣接地域の復興対策について……………………………北海道部会

  5. 外国人に関する総合的な政策推進について………………………………………東海部会

  6. 子育て世帯を対象に、子育てに関わる費用を所得税等の控除の対象にすることを求める

    …………………………………………………………………………………………関東部会

  7. 子どもの安全確保対策といじめ問題の解決を求める要望………………………関東部会

  8. 「障害者自立支援法」に関する要望………………………………………………関東部会

  9. 地域生活支援事業の財源の明確化について………………………………………東海部会

 10. 少子化対策の充実と積極的推進について…………………………………………東海部会

 11. 地域医療の充実と強化について……………………………………………………東北部会

 12. 地域の公的基幹病院の勤務する医師の確保について……………………………北信越部会

 13. 過疎地域における公立病院医師の確保について…………………………………中国部会

 14. 後期高齢者医療制度のシステム構築に伴う財政措置について…………………中国部会

 15. 医師確保対策について………………………………………………………………四国部会

 16. 国民健康保険事業について…………………………………………………………四国部会

 17. 地域医療の確保について……………………………………………………………九州部会

 18. 中山間農業経営の確立について……………………………………………………東北部会

 19. 北海道新幹線の建設促進について…………………………………………………北海道部会

 20. 東北地域における道路交通網の整備促進について………………………………東北部会

 21. 北陸新幹線の整備促進について……………………………………………………北信越部会

 22. 四国西南地域の高速道路の早期整備について……………………………………四国部会

 23. 九州における高速交通網の整備充実について……………………………………九州部会







△陳情文書表(今議会受理分)



平成19年第3回(9月)定例会


陳 情 文 書 表(今議会受理分)
番   号陳情第5号受 理 年 月 日平成19年9月5日
件   名伊予上野団地自治会(区)変更等について
陳 情 者
 伊予市上野520−37

   伊予上野団地自治会長  赤 星 明 行

 伊予市上野398−13

   伊予上野団地自治副会長 丸 山 浩 二

 伊予市上野520−25

   伊予上野団地自治副会長 坪 内 道 広
陳   情   の   要   旨

 陳情の趣旨

 日頃から議長及び議員各位には、格段の団地運営に政治配慮を賜り、感謝を申し上げる次第です。

 伊予上野団地自治会の組織は、建設以来十数年を経過し、現在建設戸数も150世帯、残20戸も民間業者に売却され建設中でございます。すべて入居完了すると、170世帯も目前でございます。現在、伊予上野団地は、県の住宅供給公社も撤退、解散され、自治会で運営されております。

 しかしながら、当団地は、上野地区、区長の部落の中の一区画となっております。そのため、区長会(上野地区)に出席するも、農家主体の広報区で、団地自治会員には全く無縁のものでございます。

 当団地は、単独区として活動している伊予市鳥ノ木団地と内容も全く変わりないため、早急に伊予上野団地自治区としての活動ができるように単独区の配置を、また環境美化・危機管理・安全管理等を含めた下記事項についても、御配慮を賜りたく陳情するものでございます。

                   記

 陳情事項

1.伊予上野団地自治区としての活動ができるよう単独区の設置を陳情いたします。

2.長尾谷川の汚泥除去について

  悪臭、蚊、災害の危険を事前に環境整備を区長及び市、県に陳情するも全く無反応である。団地入居し、5年を経過するも、工事は一回も実施されておらず、団地住民は、環境不備に困惑しておるのが現状で、早急な処理をお願いするものです。

3.団地内水路の南、北、西の三カ所清掃は、団地住民に大きな負担をかけております。団地建設に伴い購入の時点で、これらの経費は各自が負担しており、団地住民には全く関係なく、中止を要望し、県及び市で清掃することを要望するものです。

4.長尾谷の両岸の草刈り、清掃も県及び市が早急に実施することを要求するものです。

5.伊予上野団地集会所に緊急用無線及び放送設備の設置を早急に要求するものであります。現在あります上野の放送は、当団地住民には全く届かないのが現状であり、災害の季節を控え、早急に対応されますよう要求いたします。

6.伊予上野団地集会所運営に対し、補助金の要望をいたします。

  当団地は、集会所を主体とした団地建設と聞き及んでおります。設計そのものに不備があり、中心道路に接続し交通事故の危険があり、駐車場もなく、公園の整備も全く不備である。これらの管理運営負担は、住民の大きな負担となっており、改善を強く要望するものです。

7.団地内道路の信号設置をすでに要望しておりますが、今だ、実施されておりません。早急に対応をお願いするものです。

8.170世帯の大団地でありながら、子どもの運動設備は全くない。体力作り、交通事故から子供を守るためにも運動施設の設置を早急に要望いたします。





番   号陳情第6号受 理 年 月 日平成19年9月6日
件   名製材所(中新川)から発生する公害による健康被害からの救済についての陳情書
陳 情 者
 亀 岡 恵 吾(伊予市下吾川1617)

 水 本 書 子(伊予市下吾川1623)

 蔵 田 浩 司(伊予市下吾川1916−2)

              外14名
陳   情   の   要   旨

 私達住宅の北西側に、隣接する(株)日野相互製材所から発生する公害、すなわち

1.平成15年暮も押し迫った月末に、突如着工、平成16年3月4日より稼動を始めた木材乾燥設置から発生する不快な悪臭(特定悪臭物質9種目からなる極めて刺激の強い臭い)

2.木材を乾燥さす為、上記設備へ供給する蒸気発生ボイラー燃料である重油を燃焼させ、煙突より排出する肉眼では見えない排気ガスに含まれる硫黄酸化物(SOx)、煤塵(ダスト)、窒素酸化物(NOx)等の有害ガス(ぜんそくの根源)

3.また、同付随設備の運転に伴い発生する、特に夜間、深夜からの早朝における騒音(49.8〜50.4デシベルの等価騒音・最大値は63.5デシベルのレベル)で、眠れぬ夜となる。

4.既存材木製材機械から発する、昼間稼働中の65〜70デシベルの騒音(最大値は70.9〜93.8デシベルのレベルもある)

5.同設備及び集塵炉から漏洩、飛散、拡散する木屑の粉塵で戸外に出るのに目が開けられない暮らしを数年余儀なくして来ている。

  (カーポート内の車両が2〜3日で黄砂現象のように汚れる)

以上の5項目等からなる公害がこの地域特有の浜風である風に乗り、私達の住宅を直接襲い、ぜんそくなどの気管支系・眼科系の症状、さらに頭痛またストレス(精神的な重圧)が蓄積し、症状が治癒せず、下記に示すような状態になっている。

 蔵田 浩司(発病当時60歳)平成16年4月16日 発熱、咳が数日継続「内科医院」にかる……急性気管支炎と診断

 同年7月22、26日喉がかすれ、声帯に異常及び騒音による耳鳴りで「耳鼻咽喉科」にかかる。

 それ以降喉がかすれ途中で声が出なくなるため自己防衛のため防除マスク着用の日々を送っている。

 蔵田スミ子(発生当時60歳)上記設備の稼動開始の同時頃から喉の痛み、真夜中の咳込み、自宅での投薬の2週間、目の痛み、頭痛、気分が悪くなり始める。

 現在も常に咳き込みが取れず、痰がからみ、くしゃみ、鼻水を連発・頭痛、眼科に通院・目薬投薬中。

 樋渡桐子(発生当時2歳9ケ月)平成16年3月末から約2ケ月、我が家(蔵田)に里帰り中の4月に咳き込みが激しく約3週間通院、小児喘息と診断「小児科」にかかる。(驚く母親)

 その後、(現在5歳)は、慢性気管支喘息で投薬・治療中、夜中に救急病院に駆け込むことは再々であり、家には空気清浄機を備え、さらに気管拡張酸素吸入器を毎日行い、病気と闘っている。「小児科」(福岡市)

 樋渡桃子(発生当時0歳2ケ月)同じ時期咳き込み気管支炎と診断、3週間通院、現在は落ち着いているが……

 亀岡恒子(発生当時69歳)平成16年4月発熱、喘息、微熱にて投薬・治療中「松山市民病院」(松山市)

 亀岡恵吾(発生当時45歳)同年5月 同上の症状、3日間会社を休み療養

 亀岡氏の子娘 平成16年5月28日 学校にて「咳き込みが激し」との連絡で早退、「松山市民病院」にかかる。

 水本書子(発生当時62歳)平成16年4月下旬 目に痛みを感じはじめ目薬微熱、頭痛の継続

 その他、同家を訪れる親戚、介護保健婦の人達も悪臭、騒音、排ガス、粉塵が一般住宅の環境とは違うことを感じ、「何の臭い」「ひどい騒音」「埃で眼が開かれない」等々不快感を訴えている次第である。

 昨今は、環境・地球に優しいまちづくりが叫ばれる時代、以前当市においても健康都市宣言が成されていたし、野焼き禁止、ゴミ焼却炉使用自粛、他方においてはタバコ煙の分別化等々が当たり前の厳しい時勢である。

 また、この木材乾燥機設置建築に関しての許認可の申請が、平成16年2月25日付け(県土木事務所提出)であることは許認可申請が成される前から、当然、法に反しての建築と言わざるを得なく思われます。

 さらに平成16年12月20日県環境審査係による臭気に含有する測定値が、杉材を乾燥開始して3〜4日後の臭気量が低下する時期の数値で、酢酸……2PPM、ホルムアルデヒド……0.01PPM、アセトアルデヒド……検出なしが、確認されている。*ホルムアルデヒド=シックハウス症候群・発ガン物質

 ここに到る約3年間、市環境保全課、県環境政策課 環境審査係、衛生面では中央保健所等々知り得る行政機関を訪ねて、仲介指導・アドバイスのもと当事者に改善要請を致しました。さらに市政合併前の市議会に平成16年11月末、陳情致したところ文教厚生委員会をはじめとする皆様方の御尽力の結果、陳情第9号として「継続審査」で議決、推移、そして2年6ケ月後の平成18年10月25日付けにて趣旨採択と決しました。

 一方、当製材所は

 1)ボイラー移設による排煙口を北東への移動(直線距離で約10数メートル)

 2)材木加工機械の消音対策

 3)悪臭の脱臭運転試行

等の私達被害者の依頼した意に添うことなく自己流の改修工事を行ったようである、がしかし、私達が外から拝見する範囲では、抜本的な改修工事は実施されてなく、このボイラー移動後においても必然と排煙ガス・悪臭・騒音・粉塵の公害を継続して排出し続けた結果、近隣の北岡家にも強烈な悪臭等が西風にのり漂い始め昨年平成18年8月28日、同じ組内にもかかわらず陳情書を提出されたものである。私達の住宅周辺にも継続してひどく漂い、日々毎日ストレス(精神的かつ身体的苦痛)を感じ、真綿で首を絞めるが如く徐々にストレスが貯まり、心身共に開放されない昨今です。

 従って改修工事後の平成19年9月現在も苦悩の日々である。

 1)蔵田浩司(発生当時61歳)4月25日 微熱、咳が数日継続「内科」にかかる……急性気管支炎と診断(一昨年と同症状)

 2)蔵田スミ子 発生当時と同様の症状で咳、痰、眼科通院投薬中で日々苦しんでいる。

 3)亀岡恒子 発生当時と同様の病状継続中

 4)亀岡美由紀(発生当時40歳)4月14・15日 発熱、頭痛にて「松山市民病院」で精密検診。精神的苦痛によるストレスと診断下りる。現在痰が絡む。

 5)水本書子(発生当時62歳)5月13日 咳、痰が激しく「稲田内科医院」にて検診、治療。現在、微熱にて通院

 6)蔵田浩司の孫娘、頻繁に出入りする孫娘が「ばあちゃんちは(臭くて)深呼吸ができんし、(埃で)眼があけられんね?」と言って家に飛び込んで入っていた当時9才児が昨年9月(当年12才)喘息と診断される。鼻炎の子は喘息にならないものだとの医者の言葉に「実は祖母の家の隣が製材所で悪臭、煤塵等がひどい」との話をすると、医者いわく特殊マスクをして行くように助言され、15才までに治さないと一生尾を引くよとも言われ現在、通院投薬、治療中。

 これら諸々の経緯を踏まえて

1.当初木材乾燥機械の工事着工中の平成16年1月18日(日)

  日野製材所事務所で説明のあった「この場所にしか設置場所がなかった」とすることの裏付けとなる現場の事実確認を当事者及び第三者との立会い実施を願い、私達が切願した敷地内の一番北側の設置可能な空き地への移設、若しくは敷地外への移転(撤去)。

   さらに当日、日野議員(社長)の談話の中で木材乾燥機から出る騒音は20から30デシベルとの発言を踏まえて、この数値を超えない騒音を遵守するよう願う。(防音措置対策の補強)

1.煤塵(木屑を含む)の更なる飛散防止対策(敷地境界塀の高地化、埃飛散の敷地内の散水をする。)

1.騒音低下の維持管理の徹底(最大値で65デシベル以下=第3種区域基準値の法令遵守)。

 上記3点について、引き続き改善要請を行政指導願いたく陳情します。

 また、木材乾燥機建設以前の生活環境に戻してほしいのですが、救済案として、健康被害が発生した時期と木材乾燥機稼働開始とが合致することから因果関係は明白であり、PL法(製造者責任法)に鑑み?ボイラー製造者の三浦工業(株)、?木材乾燥機製造者某メーカー、?建設を認可した行政市当局、?当然設置した(株)日野製作所による四者の責任おける協議で木材乾燥機の移転・移設、若しくは設置者がこれを拒否されるなら私達が住宅を住み替えますから、その費用等の負担を検討されれるよう重ねて陳情いたします。

 そもそも乾燥機建設に際しては設置者(議員でもある社長)が周辺住民への説明責任があってしかるべきところでもあるがそれもなく、さらに市行政担当の環境保全課をたずねて(平成16年1月7日)課長外2名が面談くださり「設置場所を変えるよう」日野社長(議員)に申し出るよう頼み込みましたが「出来てみないものには言えんでしょうが?」との課長返答、乾燥機が出来てからでは遅いから今すぐにとの申し出る私共に「法に反した時は相手が議員であろうと誰であろうと即止めさせますよ……」との当該課長の信念ある強い言葉を信じ渋々ながら市役所を出たものです。乾燥機完成、稼働後の3月24日(水)、愛媛県環境担当者山内氏外2名様による立入り検査時において日野社長に悪臭・騒音等に対し改善要請下さった後も、市環境保全課長は足を運んで下さることなく、ましてや法に反して深夜における騒音が52〜58デシベル続いていたにもかかわらず一度もストップさせることはなかった課長の不可解というか不適切な対応がこのような事態が生じ、健康被害が収まらないことは市行政の総括者(市長)にも責任の一端がおありではないでしょうか。

 木材乾燥機設置以降、以前にも増して私達住家は窓を閉め切った生活を余儀なくさせられ家中がカビだらけで、自然の風を感じることなく暮らした猛暑の夏の再々来は恐怖です。一日も早く以前の環境に戻して頂き、代々子孫に引きずらないよう、切に陳情申し上げます。








△議案付託表



平成19年第3回(9月)定例会


議  案  付  託  表
付託委員会議     案     番     号
総務委員会
議案第81号       ・       議案第82号

議案第83号

議案第87号(所管部門)

議案第90号       ・       議案第91号
民生文教委員会
議案第78号

議案第87号(所管部門)

議案第88号       ・       議案第89号
産業建設委員会
議案第79号       ・       議案第80号

議案第84号       ・       議案第85号

議案第86号

議案第87号(所管部門)








△陳情付託表(今議会受理分)




陳 情 付 託 表(今議会受理分)
番号件           名付託委員会
陳情第5号伊予上野団地自治会(区)変更等について総務委員会
陳情第6号製材所(中新川)から発生する公害による健康被害からの救済についての陳情書民生文教委員会








△委員会審査報告書



平成19年第3回(9月)定例会

             委 員 会 審 査 報 告 書




総務委員会


 議  案


番 号件             名審査結果
議案第81号政治倫理の確立のための伊予市長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条例について原案可決
議案第82号伊予市情報公開条例の一部を改正する条例について〃
議案第83号伊予市個人情報保護条例の一部を改正する条例について〃
議案第87号平成19年度伊予市一般会計補正予算(第2号)について〔所管部門〕〃
議案第90号平成19年度伊予市簡易水道特別会計補正予算(第2号)について〃
議案第91号平成19年度伊予市水道事業会計補正予算(第2号)について〃


 陳 情(今議会提出分)


番 号件             名審査結果
陳情第5号伊予市上野団地自治会(区)変更等について継続審査







民生文教委員会


 議  案


番 号件             名審査結果
議案第78号伊予市老人憩の家の指定管理者の指定について原案可決
議案第87号平成19年度伊予市一般会計補正予算(第2号)について〔所管部門〕〃
議案第88号平成19年度伊予市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について〃
議案第89号平成19年度伊予市介護保険特別会計補正予算(第2号)について〃


 陳 情(今議会提出分)


番 号件             名審査結果
陳情第6号製材所(中新川)から発生する公害による健康被害からの救済についての陳情書継続審査







産業建設委員会


 議  案


番 号件             名審査結果
議案第79号市営土地改良事業の施行について原案可決
議案第80号│伊予市中小企業振興資金融資条例の全部を改正する条例について〃
議案第84号伊予市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例について〃
議案第85号伊予市風致地区内における建築等の規制に関する条例の一部を改正する条例について〃
議案第86号伊予市農業委員会の委員の定数及び選挙区並びに部会等に関する条例の一部を改正する条例について〃
議案第87号平成19年度伊予市一般会計補正予算(第2号)について〔所管部門〕〃


 陳 情(継続審査分)


番 号件             名審査結果
陳情第13号国民の食糧と健康、農業を守る陳情書不採択







決算審査特別委員会


 認  定


番 号件             名審査結果
認定第1号平成18年度伊予市一般会計歳入歳出決算の認定について継続審査
認定第2号平成18年度伊予市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について〃
認定第3号平成18年度伊予市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について〃
認定第4号平成18年度伊予市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について〃
認定第5号平成18年度伊予市簡易水道特別会計歳入歳出決算の認定について継続審査
認定第6号平成18年度伊予市営農飲雑用水特別会計歳入歳出決算の認定について〃
認定第7号平成18年度伊予市浄化槽整備特別会計歳入歳出決算の認定について〃
認定第8号平成18年度伊予市農業集落排水特別会計歳入歳出決算の認定について〃
認定第9号平成18年度伊予市伊予港上屋特別会計歳入歳出決算の認定について〃
認定第10号平成18年度伊予市公共下水道特別会計歳入歳出決算の認定について〃
認定第11号平成18年度伊予市特定環境保全公共下水道特別会計歳入歳出決算の認定について〃
認定第12号平成18年度伊予市水道事業決算の認定について〃








△議員派遣一覧表



平成19年第3回(9月)定例会

                議員の派遣について



 伊予市議会会議規則第159条の規定により、次のとおり議員を派遣する。


1 平成19年度人権教育総合推進地域研修
目  的人権教育の事例等を研修し、地域に人権推進の啓発を図るため。
派遣場所(愛媛県)松前町
期  間平成19年11月11日(日)
派遣議員田 中   弘議員
2 平成19年度愛媛県人権・同和教育研究大会
目  的同和教育を中心とした事例等を各種研修し、問題解決に資するため。
派遣場所(愛媛県)松山市 県民文化会館外
期  間平成19年11月13日(火)
派遣議員武 智   実議員 ・ 岡 田 博 助議員
3 市町村議会議員特別セミナー
目  的都市行政の重点課題、地方自治を取り巻く環境の変化、地域振興のための諸方策等を研修し、議会の活性化に資するため。
派遣場所(千葉県)市町村職員中央研修所
期  間平成19年11月21日(水)・平成19年11月22日(木)
派遣議員青 野   光議員 ・ 田 中 裕 昭議員 ・ 久 保   榮議員
4 第56回全国人権・同和教育研究大会
目  的同和教育を中心とした事例等を各種研修し、問題解決に資するため。
派遣場所(石川県)金沢市
期  間平成19年11月22日(木)〜平成19年11月24日(土)
派遣議員井 上 正 昭議員 ・ 日 野   健議員








△今議会提出の意見書



平成19年第3回(9月)定例会

            今 議 会 提 出 の 意 見 書



        地方の道路整備財源の確保に関する意見書の提出について

 地方自治法第99条の規定により、地方の道路整備財源の確保に関する意見書を別紙のとおり提出する。



  平成19年9月27日 提出



               提出者   伊予市議会議員  日  野  正  則

                       同 上    青  野     光

                       同 上    山  崎  正  樹

                       同 上    久  保     榮

                       同 上    田  中  裕  昭

                       同 上    田  中     弘

                       同 上    西  岡  孝  知

 提出先   衆議院議長

       参議院議長

       内閣総理大臣

       総務大臣

       財務大臣

       国土交通大臣

       経済財政政策担当大臣







           地方の道路整備財源の確保に関する意見書

 道路は、人や物の流れを支え、経済、社会活動の根幹となる重要な社会資本であり、また、納税者である国民の誰もが沿道の住民であり、かつ、利用者であり受益者であるという、最も生活に密着した社会資本である。

 特に、本県など、道路交通への依存度が極めて高く、高齢化の進展が著しい地域においては、道路整備の遅れが地域コミュニティーの崩壊をも招きかねず、そこに暮らす人々が活力に満ち、安全で安心して快適な生活がおくれる地域社会を実現するためには、高規格幹線道路から市町道に至る道路網の整備が必要不可欠である。

 しかしながら、本県は地理的、地形的な制約もあり、国・県道の改良率は全国と比べて大きく立ち遅れており、また、高速道路の整備も4県都が結ばれはしたものの、四国の基本的な骨格である8の字ルートの形成には、まだまだ道半ばであり、ネットワークとしての連続性が確保されておらず、機能を十分果たしていない状況にある。特に南予の一部地域においては、鉄道もなく道路が唯一の輸送手段であり、今世紀前半に発生する可能性が高いといわれる東南海・南海地震に備えるためにも、この整備は急務となっている。

 こうした中、国においては、道路特定財源の使途拡大や一般財源化が議論され、19年度予算においては、1,806億円が一般財源化されたところであり、さらには、今年度末に道路特定財源制度そのものを抜本的に見直すものと聞いており、道路整備が遅れている本県のような地方部にとって、到底容認できるものではない。

 東京や大阪など大都市圏との格差がますます拡大し、地方発展の大きな阻害要因になるのではないか、また、新直轄方式での整備が決まり、南予への延伸の期待が高まっている高速道路の整備にも大きく支障が出るのではないかと大変危惧している。

 よって、国においては、地方部に住む者の声や道路整備の実情をよく把握し、その重要性、緊急性を十分認識され、遅れている地域の道路整備を引き続き強力に推進するため、道路特定財源を一般財源化することなく、すべての道路整備に充当できるよう特定財源制度の堅持を強く要望する。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。



        平成19年9月27日

                           伊 予 市 議 会









△閉会中継続審査申出書



平成19年第3回(9月)定例会

          閉 会 中 継 続 審 査 申 出 書



 本委員会は、審査中の事件について閉会中もなお継続審査を要するものと決定したから、会議規則第106条の規定により申し出ます。



                   記

1. 事 件

  陳情第5号 伊予上野団地自治会(区)変更等について

2. 理 由

  なお、調査研究を要するため。



  平成19年9月27日



                      総務委員長  田  中     弘



伊予市議会議長  高  橋  佑  弘  様







平成19年第3回(9月)定例会

          閉 会 中 継 続 審 査 申 出 書



 本委員会は、審査中の事件について閉会中もなお継続審査を要するものと決定したから、会議規則第106条の規定により申し出ます。



                   記

1. 事 件

  陳情第6号 製材所(中新川)から発生する公害による健康被害からの救済についての陳情書

2. 理 由

  なお、調査研究を要するため。



  平成19年9月27日



                    民生文教委員長  山  崎  正  樹



伊予市議会議長  高  橋  佑  弘  様







平成19年第3回(9月)定例会

          閉 会 中 継 続 審 査 申 出 書



 本委員会は、審査中の事件について閉会中もなお継続審査を要するものと決定したから、会議規則第106条の規定により申し出ます。



                   記

1. 事 件

  認定第1号 平成18年度伊予市一般会計歳入歳出決算の認定について

  認定第2号 平成18年度伊予市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について

  認定第3号 平成18年度伊予市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について

  認定第4号 平成18年度伊予市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について

  認定第5号 平成18年度伊予市簡易水道特別会計歳入歳出決算の認定について

  認定第6号 平成18年度伊予市営農飲雑用水特別会計歳入歳出決算の認定について

  認定第7号 平成18年度伊予市浄化槽整備特別会計歳入歳出決算の認定について

  認定第8号 平成18年度伊予市農業集落排水特別会計歳入歳出決算の認定について

  認定第9号 平成18年度伊予市伊予港上屋特別会計歳入歳出決算の認定について

  認定第10号 平成18年度伊予市公共下水道特別会計歳入歳出決算の認定について

  認定第11号 平成18年度伊予市特定環境保全公共下水道特別会計歳入歳出決算の認定について

  認定第12号 平成18年度伊予市水道事業決算の認定について

2. 理 由

  なお、調査研究を要するため。



  平成19年9月27日



                  決算審査特別委員長  大  西     誠



伊予市議会議長  高  橋  佑  弘  様









△決算審査特別委員会委員名簿



平成19年第3回(9月)定例会

       決 算 審 査 特 別 委 員 会 委 員 名 簿







                         (平成19年9月11日  設 置)

                         (平成19年9月11日  正副委員長互選)



    ◎ 大  西     誠    〇 山  崎  正  樹


      正  岡  千  博      青  野     光


      久  保     榮      田  中     弘


      若  松  孝  行



  ◎ 委 員 長    〇 副委員長