議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛媛県 宇和島市

平成22年 12月 定例会 12月08日−03号




平成22年 12月 定例会 − 12月08日−03号







平成22年 12月 定例会



平成22年12月宇和島市議会定例会

議事日程第3号

平成22年12月8日(水)午前10時開議

会議録署名人指名

一般質問

議案第103号 外国の地方公共団体の機関等に派遣される職員の処遇等に関する条例の一部を改正する条例

議案第104号 宇和島市過疎地域自立促進基金条例

議案第105号 宇和島市障害児通園(デイサービス)事業施設条例の一部を改正する条例

議案第106号 宇和島市農村生活文化ふれあい交流館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例

議案第107号 宇和島市林業総合センター設置条例の一部を改正する条例

議案第108号 畦地梅太郎記念美術館及び井関邦三郎記念館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例

議案第109号 宇和島市交流拠点施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例

議案第110号 宇和島市総合交流拠点施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例

議案第111号 宇和島市営闘牛場(体育館)設置条例の一部を改正する条例

議案第112号 宇和島市祓川温泉施設設置条例の一部を改正する条例

議案第113号 津島やすらぎの里設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例

議案第114号 平成22年度宇和島市一般会計補正予算(第3号)

議案第115号 平成22年度宇和島市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)

議案第116号 平成22年度宇和島市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)

議案第117号 平成22年度宇和島市介護保険特別会計補正予算(第3号)

議案第118号 平成22年度宇和島市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)

議案第119号 平成22年度宇和島市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)

議案第120号 平成22年度宇和島市病院事業会計補正予算(第2号)

議案第121号 平成22年度宇和島市水道事業会計補正予算(第1号)

議案第122号 平成22年度宇和島市介護老人保健施設事業会計補正予算(第1号)

議案第123号 工事請負契約について

議案第124号 工事請負契約の変更について

議案第125号 市道路線の認定について

議案第126号 公有水面埋立に関する意見について

議案第127号 宇和島市過疎地域自立促進計画について

議案第128号 辺地に係る公共的施設総合整備計画の一部変更について

議案第129号 宇和島地区広域事務組合の共同処理する事務の変更及び規約の変更について

  (質疑・委員会付託)

  (陳情・請願)[今議会提出分]

  (総務委員会)

陳情第16号 宇和島市指定金融機関に関する陳情書

  (産業建設委員会)

陳情第17号 陳情書(市道用地としての寄付について)

  (厚生委員会)

陳情第18号 子宮頸がん予防ワクチン接種への公費助成を求める陳情書

  (教育環境委員会)

陳情第19号 城南中学校テニスコート整備計画の見直しを求める陳情書

  (委員会付託)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

      議事日程のとおり

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(28名)

 1番    正木健三君

 2番    赤松孝寛君

 3番    安岡義一君

 4番    三曳重郎君

 5番    椙山義将君

 6番    赤松与一君

 7番    赤岡盛壽君

 8番    藤堂武継君

 9番    岩城泰基君

10番    坂尾 眞君

11番    我妻正三君

12番    松本 孔君

13番    木下善二郎君

14番    福島朗伯君

15番    上田富久君

16番    石崎大樹君

17番    大窪美代子君

18番    清家康生君

19番    山内秀樹君

20番    兵頭司博君

21番    山下良征君

22番    薬師寺三行君

23番    福本義和君

24番    小清水千明君

25番    三好貞夫君

26番    土居秀徳君

27番    泉 雄二君

28番    浅田良治君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

欠席議員

    なし

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者の職氏名

市長             石橋寛久君

副市長            岡野 昇君

教育長            明神崇彦君

病院事業管理者        市川幹郎君

総務部長           村上登志雄君

市民環境部長         山本弥須弘君

保健福祉部長         山本金利君

産業経済部長         神應幸男君

建設部長           水口明彦君

教育部長           中原一嘉君

水道局長           末廣通正君

医療行政管理部長       岡崎恵一君

総務課長           泉 秀文君

財政課長           松田公彦君

企画情報課長         竹葉幸司君

危機管理課長         井関俊洋君

吉田支所長          兵頭睦弘君

農林課長           藤原靖昭君

広域事務組合事務局長     毛利政紀君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

会議に出席した議会事務局職員

局長             渡辺邦夫君

次長             後藤 稔君

次長補佐           藤田 良君

専門員兼議事法制係長     宮本啓行君

主任             上甲由美子君

主査             崎山泰慶君

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    午前10時00分 開議



○議長(福本義和君) ただいまの出席議員は28名であります。

 定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

 本日の会議は、議事日程第3号により進めます。

 本日の会議録署名人に、土居秀徳君、泉 雄二君を指名いたします。

 それでは、昨日に引き続き一般質問を行います。

 まず、正木健三君の発言を許します。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 正木健三君。



◆1番議員(正木健三君) おはようございます。市民クラブ、正木健三と申します。

 本日は、宇和島市地域情報ネットワーク事業、有害鳥獣事業、放置竹林について質問をさせていただきます。

 まだ市会議員になって1年3カ月、まだまだ新人であります。2回目の質問ですので、よろしくお願いします。

 まず、宇和島市情報ネットワーク事業について質問します。

 この事業、私が議員になるまでの事業ですので、今さらと言われるかもしれませんが、いろいろ疑問があるので質問させていただきます。

 まず、これは、総務省の地デジの難視聴地域の解消のための3年間で総事業費15億2,500万円ほどの事業です。指定管理者制度を導入し、宇和島の地域情報、公共サービス情報の提供などの高度情報化社会に適応したまちづくりを推進すると書かれています。指定管理者は宇和島ケーブルテレビです。

 この事業により、三間、吉田、津島の隅々までテレビ、インターネット、IP電話等の情報が伝わるすばらしい事業だと思います。旧3町、半島部を含めたエリア内対象1万5,460世帯のうち、1次募集、3月末の加入者5,927件、加入率38.3%、今現在これ以上にはなっていると思いますが、これは想像以上の加入率と思います。勧誘方法に問題はなかったのでしょうか。例えば、テレビ視聴地域の高齢者に「来年からテレビが見えなくなります」と言えば、だれでも加入するのではないでしょうか。そういう強引な加入方法はなかったか、心配でなりません。

 加入方法の検証はなされているのでしょうか、質問します。部長さん。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 村上総務部長。



◎総務部長(村上登志雄君) ただいまの質問についてお答えをいたします。

 まず、宇和島市では、国の次世代ブロードバンド戦略2010に基づきまして、すべての家庭で高速なインターネットを利用できる環境づくりとあわせて、テレビの難視聴地域の地デジ対策として、この事業を実施いたしました。平成20年度の第1次募集の際には、各公民館での事業説明に加えて、各共聴組合単位での事業説明を行っております。

 本事業対象地域にはテレビの難視聴地域が多く、共聴施設が109施設あります。これらの共聴施設のデジタル化対応について、地域の集会所などへ市担当者が訪問し、延べ98カ所、約2,800人にケーブルテレビ移行と共聴施設をデジタル改修して存続した場合を比較しながら説明を行い、各共聴施設で検討した上で結論を出していただきました。その結果、84施設、約4,500世帯に加入をいただきました。

 また、各支所におきましても、高齢者の方が申し込みに来られた際には、加入の必要性を十分説明してから受け付けをしております。

 高い加入率につきましては、事業内容と加入につきまして御理解をいただいた結果だと、そのように理解しております。

 以上です。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 正木健三君。



◆1番議員(正木健三君) この事業はもう終了したのでしょうか。3年間だったのですが、どうして家庭数の多くて近い九島には引かれていないのでしょうか、質問します。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 村上総務部長。



◎総務部長(村上登志雄君) お答えいたします。

 まず、この事業ですけれども、本年度実施しておりますが、第2次募集を実施しておりますが、11月末で締め切っております。その時点で申し込みをいただいた家庭への工事を現在、随時進めているところであります。

 また、来年7月には地デジ放送へ完全移行となりますので、難視聴地域の加入漏れがあった場合の対応につきましては、現在、検討をしております。

 御質問の九島など島への整備につきましてですが、九島は主目的の高速なインターネット環境が整っております。また、テレビの難視聴対策についても、共聴施設のデジタル改修がほぼ完了しておりますので、ケーブルテレビ導入の御要望がありますとすれば、ケーブルテレビと協議、調整したいと、そのように考えております。

 以上です。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 正木健三君。



◆1番議員(正木健三君) もう一つなんですが、平成21年度事業として、赤松地区にはなぜ250万円の住民負担が要るのか、事業内容に違いがあるのでしょうか。

 逆に、まだ引かれていない地区も数カ所あると思うんですが、負担金を払えばどこでも引いていただけるのでしょうか、お伺いします。部長さん。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 村上総務部長。



◎総務部長(村上登志雄君) お答えをいたします。

 赤松地区は、テレビの難視聴地域でありますけれども、民間の光インターネットが整備済みでしたので、当初の整備対象地域外となっておりました。住民の皆様が共聴施設のデジタル化改修について検討した結果、共聴施設の改修にかえてケーブルテレビへの一括加入の申し出がありまして、補助事業として整備をいたしました。

 この補助事業ですが、総務省の補助事業では、一般的な家庭でアンテナ受信を使ってテレビを視聴する場合の整備費用3万5,000円を利用者負担と定めております。それを上回る金額が共聴施設に関する補助対象であります。したがって、その補助事業の負担基準に基づきまして3万5,000円を家庭から徴収させていただいた、そういうことであります。

 また、負担金を払えば今後どこでも整備をするのかという件につきましてお答えをいたします。

 テレビの難視聴地域に当たる共聴施設のデジタル化対策については、今年度中にデジタル化対応がすべて完了する見込みとなっております。したがいまして、新たに整備する地域は残っていないというふうに考えております。

 以上です。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 正木健三君。



◆1番議員(正木健三君) じゃ、ケーブルテレビの既存エリアの加入数が6,726件と聞いております。今現在、5,927件、非常に大きいと思います。また、2次募集もしておりますし、逆に既存エリアの加入数を上回る勢いになっております。

 そこでお尋ねしますが、初期費用並びに視聴料は幾らでしょうか。これは市が決めた金額なんでしょうか、お伺いします。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 村上総務部長。



◎総務部長(村上登志雄君) お答えをいたします。

 ケーブルテレビ加入時の負担金は、市条例で定めております。新規加入が6万8,250円、テレビの利用料は月額1,050円の基本コース、月額2,100円のBSコース、そして月額3,150円の多チャンネルコースを用意しております。

 以上であります。



◆1番議員(正木健三君) この金額、他の地域の視聴料と比べて安いのでしょうか、また、高いのでしょうか、質問します。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 村上総務部長。



◎総務部長(村上登志雄君) お答えをいたします。

 まず、利用料を制定するに当たりまして、県内各ケーブルテレビ局の視聴料を参考にいたしました。県内の地上波6局と自主放送チャンネルを視聴できるコースで、当市同様に指定管理者制度で運用している四国中央市が月額1,995円、三セク運用の西予市は月額1,575円となっております。宇和島市は、これよりも県内で最も安い利用料として月額1,050円と定めておるものであります。

 以上です。



○議長(福本義和君) 正木健三君。



◆1番議員(正木健三君) ありがとうございました。

 市の努力によって安く抑えられていることがわかりました。

 また、契約内容として、ケーブルテレビの、減免という契約がうたわれていますが、減免契約はあるのでしょうか。私としては、本来の目的である難視聴地域には安価な契約もあってもいいのではないか、また、保護世帯、高齢者世帯などには適用されると思うのですが、いかがでしょうか、部長。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 村上総務部長。



◎総務部長(村上登志雄君) お答えをいたします。

 市条例と規則によりまして、難視聴地域にある共聴組合として一括加入をした場合、3年間、世帯当たり月額525円の減免を実施しております。

 今後、議員が指摘になりましたような減免対象の拡大につきましては、このケーブルテレビの収支の状況、他市町の状況などを参考に検討を続けたいと、そのように考えております。

 以上です。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 正木健三君。



◆1番議員(正木健三君) 光ケーブルの寿命は何年かわかりませんが、当然、老朽化という問題が出てくると思います。利益を生まないこの事業のために、積み立ても必要でないかと思っております。

 次に、内容について質問させていただきます。

 今募集しているのが端末保障5,000円、月額使用料158円の緊急情報サービスです。このサービスについてお伺いします。

 この内容をお答えください。部長。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 村上総務部長。



◎総務部長(村上登志雄君) 緊急情報放送サービスについてお答えをいたします。

 ケーブルテレビの回線を利用いたしまして、緊急地震速報や津波情報及び弾道ミサイル情報等の有事関連情報を提供する有料サービスとなっております。

 以上です。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 正木健三君。



◆1番議員(正木健三君) これを運用するのは危機管理課なんでしょうか、企画情報課なんでしょうか、ケーブルテレビなんでしょうか、質問します。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 村上総務部長。



◎総務部長(村上登志雄君) J−ALERTなどの有事の関連情報は、所管が危機管理課ということになっております。



◆1番議員(正木健三君) では、危機管理課がするわけですよね。

 この募集要項でありますが、これによると、J−ALERTと宇和島市役所から音声放送を行うリアルタイム放送、録音放送となっております。リアルタイム放送なんですが、休日、夜間にも確実に放送が可能なのかお尋ねします。危機管理課長。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 井関危機管理課長。



◎危機管理課長(井関俊洋君) お答えします。

 休日、夜間についても、電源が入っておれば放送可能です。情報提供可能でございます。



◆1番議員(正木健三君) じゃ、日曜日、祝日でも出てきて、すぐに。



◎危機管理課長(井関俊洋君) はい。



◆1番議員(正木健三君) この情報というのは、リアルタイムでなければならないわけですよ。すみません。



○議長(福本義和君) この際、正木議員に申し上げます。

 発言の場合、議長の許可を得ていただきたい。そして、答弁者にはそれぞれの答弁される方々の指名をいただきたいというふうに思います。



◆1番議員(正木健三君) 失礼しました。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 正木健三君。



◆1番議員(正木健三君) もう一回確認したいんですが、有事の際にはすぐにリアルタイムで、夜間でも休日でも出てくれるということでしょうか。井関危機管理課長。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 井関危機管理課長。



◎危機管理課長(井関俊洋君) 対応はできます。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 正木健三君。



◆1番議員(正木健三君) このサービスと防災行政無線の内容の違いをお答えください。部長さん。



○議長(福本義和君) 村上総務部長。



◎総務部長(村上登志雄君) お答えをいたします。

 防災行政無線というのは、住民に情報を一斉に伝えるために市が整備するもので、屋外スピーカーや個別受信機で市民全体に防災情報や行政情報を周知するためのものであります。ということで、一般的には無線を使っております。

 一方、緊急情報サービスは、宇和島ケーブルテレビが提供する有料サービス、先ほど申しましたとおりですので、ケーブルテレビの加入者の中で、希望者に対しまして受信端末を設置し、緊急地震速報等の有料情報を提供すると、そういうシステムであります。そういう違いであります。

 以上です。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 正木健三君。



◆1番議員(正木健三君) 余り違いがないような気がするんですが、引き続き、防災行政無線が整備されることになっておりますが、全家庭には普及しないと思われます。それを補てんするのが、希望者には無償貸与ということではないでしょうか、このシステムの。それができないのであれば、端末を置いたところには料金の補助ということも考えていただきたい。少なくとも新しい防災行政無線が整備されるまでには、旧市において、半島部の主立ったところ、または公民館、学校には設置すべきだと思いますが、市長のお考えをお聞かせください。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 石橋市長。



◎市長(石橋寛久君) 今御提案の主なところにこういう端末を配置したらどうかということについては、私も検討はしなければいけない要素だろうと思っておりまして、しかるべきときには結論を出していきたいと思います。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 正木健三君。



◆1番議員(正木健三君) これだけのネットワークができたことは、市民に対してはすばらしいシステムだと喜ばれております。このシステムをいかに利用するかがこれからの課題だと思っています。例えば、テレビ報道で見たのですが、独居老人のためのテレビ電話システムです。これは、朝一番にタッチパネルで当局に連絡するだけで安否確認をし、連絡がなければ当局から近況を聞くシステムで、緊急通報システムもついておりました。これで職員の負担の軽減が図れるものだと思います。今はもっと進んでいまして、昨日、我妻議員が質問していました買い物代行サービスもできるようです。このサービスを導入するつもりはないでしょうか。これは総務部長さんでいいですか。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 村上総務部長。



◎総務部長(村上登志雄君) お答えをいたします。

 議員が御指摘になられましたように、このシステムというのは、将来性が大変高い、有効利用が可能なシステムだと、そのように私も考えております。

 宇和島市地域情報ネットワーク施設の今後の活用方法につきましては、高齢者福祉の見守りサービス、買い物代行サービス、地場産業の振興など、新たな展開を図る方向で今後検討を続けてまいりたいと、そのように考えております。

 以上です。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 正木健三君。



◆1番議員(正木健三君) この事業により、今、市議会の生中継をしております。今カメラの向こうに何千人の人が見ていると思えば緊張もしますし、下手な質問はできません。ましてや居眠りなどとんでもないと思います。

 前回の質問の際には、たくさんの人に「見ていました」と言われました。市民の方々も関心を持っていると実感いたしました。私たちにとっても、議会活動のアピールの場だと思っております。これだけ多くの視聴者が加入した今、ケーブルテレビ局には内容の充実、自主番組の制作などをお願いし、この件の質問を終わらせていただきます。

 引き続き、有害鳥獣駆除事業について質問します。

 最近、テレビで全国各地のクマ、イノシシ、猿による人的被害の報道がたくさんされております。幸いにも宇和島市にはクマはいませんが、イノシシ、猿はたくさん生息しております。宇和島市でも島嶼部、半島部、中山間地域、すべての地域で害獣による農作物への被害、またはシカによる林業への食害が多数報告されています。それにより6,700万の農作物全般の被害になっております。

 しかしながら、この金額は氷山の一角です。数字にあらわれない被害がたくさんあると思います。捕獲実績としては、平成18年620万円、19年には700万円、20年には870万円、昨年21年には1,470万円、イノシシ652頭、シカ603頭、実に本年、ことしは約2,050万円、捕獲実績でいいますとイノシシ923頭、シカ702頭、イノシシに至っては5割増しという驚くべき数字になっております。特にこの一、二年の伸びは著しく、実にこの4年で4倍になっております。来年はこれ以上金額が要るのではないでしょうか。

 この原因として、山林の荒廃、またはイノシシに至ってはイノブタ化され、春だけの出産だったものが秋にも子供が見られるようになり、年2回の出産と多産のイノシシがふえているように聞いております。

 また、猟師の高齢化が挙げられます。先日、地方局で調べてきたのですが、鬼北地方を含めた狩猟免許所持者、わなと銃の重複を含め708名が持っているそうです。年齢別でいうと、20代7名、30代が39名、40代が50名、50代が190名、実に60代は422名を超える数字で、60歳以上が約60%の割合になり、50歳以上にすると85%を超えるという驚くべき数字になっております。この数字を見ても高齢化が進んでおります。

 この駆除事業については、どこの自治体にとっても共通の課題になっております。実際には地道に捕獲するしかないのが現状です。部長はこの状況をどうお考えでしょうか。神應部長。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 神應産業経済部長。



◎産業経済部長(神應幸男君) お答えをいたします。

 有害鳥獣の被害、またその駆除の現況につきましては、議員がるる述べられたとおりでございます。大変憂慮すべき状況となっております。また、農林作物被害だけではなくて、足摺宇和海国立公園の南予アルプス、滑床であるとか、あるいは笹山の植生が完全にシカによって破壊され尽くして、このまま推移するともう復元、再生ができないのではないかと、こういったことも新聞報道がされております。

 さて、市では、昨年7月に宇和島市鳥獣害防止総合対策協議会というものを立ち上げまして、宇和島市鳥獣被害防止計画、これを作成し、協議会を中心に有害鳥獣対策を行っております。野生鳥獣からの農林作物被害防止に対し、猟友会の協力による有害鳥獣捕獲を最重要手段として実施をしておりますが、被害は年々爆発的に増加をしており、大変苦慮しているところでございます。

 以上です。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 正木健三君。



◆1番議員(正木健三君) このまま黙って駆除し続けるのでしょうか。ことしは本当に2,000万以上になると思います。

 愛媛県内でも、この問題に対していろいろな取り組みがなされております。隣の西予市では、イノシシの解体処理場を今つくっております。この内情、わかればお話しいただけませんか。神應部長。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 神應産業経済部長。



◎産業経済部長(神應幸男君) 西予市の解体処理場ですけれども、西予市鳥獣食肉加工センター−−現在これ仮称でありますけれども、西予市鳥獣食肉加工センターというもので、平成23年4月に稼働を予定しております。国の補助事業を活用して、予算3,000万、そのうち補助金が1,350万というふうに聞いております。土地は西予市の所有地でありまして、建物は新築、運営は指定管理者制度を活用し、民間に委託予定とのことでございます。

 対象の鳥獣でありますけれども、これはイノシシがほとんどということでございまして、予定年間処理頭数が120頭、ここで処理をし、加工し、販売につなげていくというふうに聞いております。

 以上でございます。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 正木健三君。



◆1番議員(正木健三君) 別に、今治市では学校給食センターを改良して解体処理場として整備、稼働しております。これは安上がりな施設になっております。

 宇和島市でもまだ稼働しておりますが、家畜処理施設、閉鎖されるようですが、後の利用として結構安価な形でできるのではないかと思うのですが、当市でもつくることができるのでしょうか、お答え願いたいと思います。神應部長。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 神應産業経済部長。



◎産業経済部長(神應幸男君) お答えをいたします。

 家畜の処理施設につきましては、広域事務組合の施設でありまして、平成23年3月閉鎖予定となっております。跡地利用につきましては、建物の老朽化と地域住民に閉鎖のことを周知していることなどから考えまして、この場所に食肉加工センターを設置することはなかなか難しいのではないかと考えております。

 以上でございます。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 正木健三君。



◆1番議員(正木健三君) 一応無理だということで、わかりました。

 他県の取り組みとしては、武雄市ではいのしし課を新設し、業務内容としてはイノシシに関する業務を一元的に行う。最重要課題は被害対策。具体的には、さくの設置などのハードの面の整備と、イノシシが嫌がる忌避剤の開発やイノシシパトロール事業などのソフトの面の対策を進めているようです。また、テレビで見たのですが、公務員ハンター組織をつくり駆除に努めている自治体もあります。

 他の自治体ではこういういろいろな取り組みがなされている中、当市では補助金を出すぐらいしかしていないように思われます。今後何か行う予定はあるのでしょうか、神應部長、お尋ねします。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 神應産業経済部長。



◎産業経済部長(神應幸男君) 今後の予定といいますか方策といたしましては、まず現在は、駆除につきましては被害の報告を受け、現地調査を行い、捕獲許可を出すという方法で行っております。来年度からは、年間の被害をあらかじめ予想いたしまして捕獲頭数を設定し、被害届がなくとも捕獲をするという−−これを予察捕獲と申します。この方法で実施をする予定でありまして、これによりまして被害に対する迅速な対応ができるものと期待をしております。

 また、将来、狩猟者の高齢化に伴う人数の減少等も御指摘にあったとおり予想されますし、地域住民、特に農林業者の狩猟免許取得者をふやすべく、免許取得の呼びかけ、研修等の実施、狩猟経験者や関係機関による捕獲技術の向上、安全確保、こういった指導等を実施してまいりたいと考えております。

 また、電気さくあるいは防鳥ネット等の防護施設の整備でありますけれども、国・県・市の補助事業を活用して、専門家の知見も交え、より効果的、効率的な防護設備の整備に向けて検討、協議し、計画的に推進していきたいと考えております。

 野生鳥獣によります農林被害をふやす一因として、以前と比べて耕作放棄地がふえていること、それから、生活環境の変化に伴い、その周辺が鳥獣にとって魅力的なえさ場になっていると、こういうことが指摘をされております。したがいまして、今後は農林業者を初めとする住民の方に野生鳥獣に関する正しい知識が認識されるよう、研修や広報を通じ、この普及に努めるとともに、住民みずから鳥獣を寄せつけない環境づくり、また追い払い活動を推進、支援することも重要でないかと考えております。

 以上でございます。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 正木健三君。



◆1番議員(正木健三君) また来年は2,000万以上の駆除費が要ると思われます。このお金を失業対策にならないかと思っております。

 どの自治体も食肉の利用で経費の軽減を図っているようです。地元の特産品にしたり、都会のレストランへの販売、またはジャーキー、ウインナー、みそ漬けやつくだ煮に加工しております。こういうものをつくれば、宇和島市にもきさいや広場という集客施設があります。そこでの販売などによって経費の軽減につながるものだと思っております。

 本当にこの問題は切実な問題です。今対策をとらなければ、宇和島市でもイノシシによる人的被害が出る可能性があります。この問題の低減のために、いろいろなことに取り組んでいただきたいと思っています。

 そこで、市長、この問題、どう思われますか。イノシシ、鳥獣害対策についてお願いします。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 石橋市長。



◎市長(石橋寛久君) 御指摘のとおり、せっかく捕獲したもの、また射殺をしたもの、こういうものの利用というのはやっぱりこれからの時代、考えていかなければいけないんだろうと思っております。ただ、いざ利用ということになりますと、いろいろ問題があるというのも事実でございまして、先進地の事例等さらに研究しながら、宇和島市でどういう格好でやっていけるか、具体化をできるだけ早く煮詰めたいというふうに考えております。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 正木健三君。



◆1番議員(正木健三君) ありがとうございます。

 引き続き、放置竹林の問題についてお伺いします。

 今、山林の荒廃が進んでおります。木材価格の低迷による山林従事者の減少により、間伐不足、放置竹林問題、これらのことが水害または土砂崩れなどの災害につながることです。

 しかしながら、最近、光満から三間に行く道沿いの竹林が大変きれいに整備されていることに驚かされます。この事業内容と宇和島市の取り組みについて質問します。

 また、関連して、林業に対して行政の取り組んでいる事業、または金額的なものを質問します。神應部長。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 神應産業経済部長。



◎産業経済部長(神應幸男君) では、まず放置竹林についてお答えをいたします。この問題につきましては、6月議会におきましても松本議員から質問がございまして、回答が一部重複をいたしますけれども、お答えをいたします。

 宇和島市の竹林面積は、旧宇和島市が193.14、吉田町が44.44、三間町が83.16、津島町が103.67の合計424.41ヘクタールでございます。そのうち、放置竹林につきましては、ほぼ7割に及ぶものと考えております。

 御案内のとおり、放置竹林はその面積が拡大し、周辺の農地や人工林に侵入するため、過密状態となり、タケノコ生産に悪影響を及ぼすほか、水資源の涵養や土砂の流出防止等公益的機能の低下が懸念をされております。

 そういう状況の中、放置竹林の整備につきましては、愛媛県が放置竹林整備雇用対策事業というもので、平成21年度に宇和島市光満地区において7.9ヘクタールを整備しました。平成22年度においては、光満、保田、三間町において12.3ヘクタールを整備中でございます。これは、雇用機会の創出を産出するとともに、竹林の拡大防止と森林環境の改善を図るというもので、また、主要公道沿いということで、景観としても有意義な事業であると承知をしております。

 市といたしましても、この有効な放置竹林対策を講じるべく、平成23年度に緊急雇用創出事業において竹林整備を実施したいと要望しておるところです。この問題につきましては、今後、愛媛県の指導のもとに、竹林所有者の意向も十分調査し、森林組合等関係機関とも連携を保ち、実施をしてまいりたいと考えております。

 以上、放置竹林の回答でございます。

 続きまして、林業関係の行政の取り組みの御質問でございました。これは少し長くなりますけれども、事業を一つ一つ御説明させていただきます。

 まず、宇和島市が取り組んでおります事業ですけれども、森林整備地域活動支援交付金事業というものがございます。これは、国土の保全や水源の涵養、地球温暖化防止などの森林が持つさまざまな機能を発揮するための森林整備を図るというものでありまして、この制度では森林施業を集約化するために必要な活動として、施業実施区域の明確化作業、歩道の整備等ということで支援をしております。交付金額は1ヘクタール当たり5,000円で、南予森林組合、森信林業が計5団地の集約化に取り組んでおり、本年度事業費2,486万円、これは国2分の1、県4分の1の交付金であります。

 次に、森林整備担い手確保育成対策事業というものがございます。これは、林業従事者の減少と急速な高齢化、また劣悪な環境整備を改善するため、社会保障制度や技術・資格の取得、機械リース等に対し補助をすることで森林整備の担い手を確保、育成するものであります。本年度事業費は525万8,000円、事業実施主体は南予森林組合及び林業事業体の堀川林業、興森であり、県・市事業主体にそれぞれ3分の1の負担をしております。

 続きまして、南予産材木造住宅建築促進事業でございますが、これは御案内のとおり本年度新規に設立した事業であります。南予一円の地元産材の需要拡大を図るため木造住宅に対して補助を行うもので、建築・住宅関連産業の活性化を図ることも同時に目指しております。補助対象は、市内に住居を構える市民が市内の工務店等による軸組工法で建てる木造住宅でありまして、主要部に2分の1以上の南予産材を使用することとしております。補助金額は、南予産材使用材1立米当たり1万2,000円で上限25万円、総事業費は1,000万円としております。

 なお、この事業は、森林環境税による愛媛県から2分の1の補助を受けております。現在の実績ですけれども、16件、初年度、予測では20件程度の利用になるかと考えております。

 次に、郷土の森づくり促進事業というものがございます。これは、植樹をした箇所において苗木が自立するための草刈り作業に対する補助であります。本年度4.9ヘクタールを草刈りし、事業費が71万1,000円となっております。

 最後になりますが、ふるさと宇和島応援事業の一環である豊かな里山づくり事業というものがございます。これは、津島町在住の有志、みまき森杜くらぶというグループでございますけれども、このみまき森杜くらぶが、津島町御内の現地公園等を森林の適切な管理と広葉樹の植林を通して豊かな里山づくりを目指すということで、これに対して事業費、侵入防止の電気さく及び広葉樹の苗木等の購入費、計80万の事業となっております。

 以上で、林業関係の事業のお答えを終わりたいと思います。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 正木健三君。



◆1番議員(正木健三君) 農林業関係も疲弊しておりますが、林業関係も大変疲弊しております。十分に協力していただきたいと思います。

 私、時間は短いのですが、以上のことに質問させていただきました。私の意見としては、民間は利益を追求する仕事であります。行政は市民のためにするのが行政だと思っております。この厳しい財政の中、予算は必要なものは出す、要らないものには出さない。より以上出すことによって効果が上がることもあると考えて、市政全般を行っていただきたいと思っております。

 短いんですが、これで私の質問を終わらせていただきます。どうもありがとうございました。



○議長(福本義和君) 以上で正木健三君の質問を終わります。

 次に、坂尾 眞君の発言を許します。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 坂尾 眞君。



◆10番議員(坂尾眞君) 共産党の坂尾でございます。一般質問をいたします。

 まず最初に、地域主権戦略大綱、これは6月に民主党政権が閣議決定をしたものですけれども、私はこの問題の重大性を知ったのは、ことし10月に岡山市で開催された地方自治研究全国集会に参加してからです。2日間の研究集会でしたが、延べ3,000人を超える自治体労働者、研究者、商売をされている方も少数でしたが参加されていました。初めて私はこの自治研に参加させていただいて、若い公務員が男女を問わず熱心に、自分の抱えている保育所問題とか生活保護、病院問題、そして住民と一緒につくったまちづくり運動の経験などが報告され、熱心に討論されたのに感心、感動いたしました。この研究集会の場で、私は神戸大学の二宮厚美教授を初め、保育所の職員の話を聞き、この地域主権戦略大綱の危険性を知った次第です。

 前置きが長くなりましたが、本題の地域主権論について、幾つか市長の認識をただしたいと思います。

 まず、前提として、菅民主党政権は、参議院選挙前の6月に新成長戦略、そして地域主権戦略大綱、そして財政運営戦略という、この3つの大きな問題を閣議決定いたしました。特に新成長戦略は、4月に日本経団連が発表した外需依存の成長をうたった「成長戦略2010」と言われているものですが−−をほぼ下絵にしたものです。このことは、民主党政権は構造改革路線の継続、自民党政権時代の大企業中心、アメリカ言いなりの政治を固執することを内外に鮮明にしたものと受けとめています。

 この地域主権論の問題と思われる3点について質問をいたします。

 まず第1は、義務付け・枠付けの見直しの問題ですけれども、今回、その先鞭として民主党は、特に保育所と幼稚園をこども園に統合・一括して、予算は保育所、幼稚園、学童保育などあらゆる予算をその支援をまとめて一括交付金化するという方向を打ち出しました。この問題を市長はどのようにお考えでしょうか、まずお聞きしたいと思います。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 石橋市長。



◎市長(石橋寛久君) 一括交付金化の問題。少しさかのぼりますけれども、小泉内閣のときに、地方分権改革の中で三位一体の改革ということが行われました。そのときに、我々市長としては当然、地方に自由になるお金がおりてくるというふうに思っておりました。ただ、結果においては、それまで来ていたお金の7割ぐらいしか来なかったということでございまして、一括交付金化、聞こえはいいんですけれども、といいますのは、御存じのとおり、これは地方の裁量に自由にお金を使えるようにしようということであります。ただ、そのもとになる総額において減らされたのでは何にもならないという危惧を私もしておりますし、全国の市長、首長は一様にしているというのが実情であるというふうに理解しております。

 ですから、当然、交付金化されるときには、その財源、額の大きさがきちんと明示されて約束されるということが大前提であろうというふうに考えております。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 坂尾 眞君。



◆10番議員(坂尾眞君) 福祉関係に長く携わってこられた副市長、この保育所、幼稚園の統合という問題について御意見をお聞きしたいと思います。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 岡野副市長。



◎副市長(岡野昇君) ただいまの坂尾議員の御質問にお答えいたします。

 一括交付金に関しましては、今、市長が答弁しましたとおり、私も同感でございます。今回の中身を少し拝見させてもらったんですが、サービスの量は確かに拡大されるかもわかりませんが、財源は一括交付金で、あとは地方にゆだねますよと、また特別会計をつくってやりなさいよと、不足分は一般会計から繰り入れをしなさいよというふうなことでございます。

 介護の保険のときに介護ビジネスといわれましたが、今回も子供ビジネスになっては少し困るかなというふうな気持ちがいたしております。それは、やはり株式会社でありますとかNPO参入結構ですよというふうなことがうたわれておりますので、そこらは危惧しております。

 あと、保育園につきましては、今までの保育に欠ける児童という項目が撤廃されまして、子供すべて質の高い保育、また幼児教育をしますということでございますが、質の高いといいますと大変聞こえはいいんですが、そうしますと子供はいろいろな状況の子供さんがおられます。本当に優秀な子供ばっかりの保育にかかって、あと切り捨てられるんじゃないかなというふうな心配も少しあります。ですから、内容につきましては、もう少し国の方針がきちんと出てから、市としましてもいろいろと考えていきたいというふうに考えております。

 以上です。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 坂尾 眞君。



◆10番議員(坂尾眞君) 私も全く同感でございます。

 今は保育所なんかの運営費が半分国の負担になっているわけですけれども、これが30%削減されたら、民営化も不可能になるし、子供の幼児教育の問題からも非常に問題があると思います。

 今年2010年の予算では、国は国土省が約2割削減されています。そして農水省の土地改良事業費は50%削減されているというふうに聞いております。民主党はいわゆる族議員がありませんので、露骨な形で危険な方向に進んでいるのではないかということを危惧します。

 1つ余談な質問をさせていただきますが、年度によって大きく異なると思いますけれども、市長の政策財源として使える予算はどれぐらいあるのか、私はいつも疑問なんですが、例えば今年度予算で市長はどれぐらいの予算を使われたとお考えでしょうか。市長にお聞きしたいと思います。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 石橋市長。



◎市長(石橋寛久君) 大変難しい質問でございまして、市長という立場でいけば、当然、最終的な責任は私が持っているというところで、予算案、大体年度の予算が400億前後のものが宇和島市の一般会計の予算ということですけれども、これが市長の裁量で決められていると言えないこともないのかなと思います。

 ただ、純粋たる市長の裁量の思いの中で決められるお金がどれだけになるかという狭義の裁量権というところでいきますと、もうほとんどないというのが実情であるということです。と申しますのは、予算を当然この秋から年末にかけて、市も担当者のベースで組み上げます。そうしますと、常に宇和島市の場合、残念ながら収入の見込みよりも支出の要求のほうが大きいということで、市長の役目は、それまでに財政担当者、それから副市長、当然査定をして絞ってくるわけですけれども、最後の役目もさらにそこからどれだけ落としていけるかというところで収支を合わせているというのが実情でございまして、これが、宇和島市はずっと財政力弱いものですから、そういう状況が続いている、他の全国の都市でもほとんど同じ状況ではないかと思っております。

 ちなみに、今、今年度の要求額が上がってきましたけれども、20億ぐらい差があるというところで、これを減らす作業が市長の最終的な大きな役目というのが実情でございます。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 坂尾 眞君。



◆10番議員(坂尾眞君) そこで、もう一つの問題です。

 今回の地方分権論で、条例制定権の拡大ということがうたわれております。義務付け・枠付けの見直しによって権限を自治体に移して、自治体の政策・選択は首長の権限を強化すると。このプランどおりにいけば市長の責任は一層重大で、決定権を有するわけですが、先ほどの話も同じ結論かもしれませんが、市長はこの問題についてどのようにお考えでしょうか。市長にお聞きします。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 石橋市長。



◎市長(石橋寛久君) 市長の権限が広がるということにおいては歓迎をいたしたいと思いますけれども、一方で心配されるのは、ある意味での地域間格差、市長の裁量、資質によって栄えるまちも出てくるでしょうし、逆に衰退が進んでいくということにもつながりかねないということで、責任の重大さが増してくるというところにおいて、もろ手を挙げて賛成して本当に大丈夫だろうかという不安を一方で持つということもあります。ただ、裁量権が広がるということについては、これを拒否することはできないだろうということで考えております。

 あと、裁量権が広がってどういうふうになるかということでございますけれども、一部のものについては条例等で財政の出動を伴わないことも可能になってくるということで、そういう意味においては歓迎できると思います。例えば、まちづくりの条例を定めて、これにおいてこういう、みんなで守っていきましょうということを制定することにおいては、今でもできるわけですけれども、それについては財政の出動をほとんど伴わないと思いますので、前向きに大いに利用していったらいいということになってこようと思いますが、一方で、ほとんどの分野においては、財政出動を伴わなかったらなかなか実行できないというものが多いというふうに思っております。そういうものが多分8割から9割、もしくはもっと以上になるというふうに思っておりまして、財源の確保というのが一方で大変大きな課題になってくるであろうということを心配しているというところです。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 坂尾 眞君。



◆10番議員(坂尾眞君) 予算執行権を有する首長を選ぶ、住民に責任と負担が求められるということです。言いかえるならば、自治体がどういう政治、政策をとるかは住民の選択と責任であると。これは一面では、まさに住民の自治という問題では、住民に投げかけられた大きなテーマであろうと思います。

 3つ目なんですけれども、首長の権限強化と一体に、この大綱では地方政府基本法の制定という問題が出ています。地方自治法の抜本的見直しとうたったものですが、二元代表制−−これは幾度かここでも議論されましたが−−を見直して、一層議会の権限を弱体化させると同時に、第2次の平成の大合併と同時に道州制の導入が意図されています。私は非常に危険な内容を含んでいると思いますが、市長はこの第2次の平成の合併、道州制の導入についてはどのようにお考えでしょうか、お聞きします。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 石橋市長。



◎市長(石橋寛久君) 平成の大合併の後の、またこの道州制の導入というところについて、当然検討はされなければいけないんだろうというふうに思っております。ただ、本当に今の日本の大変厳しい状況において考えたときに、いつ実行できるのか、また実行してどういう効果があるのか、私も疑問に思うところも大変多うございまして、やはり国が本当に導入しようと思うんだったら、この議論というのをもっともっと情報を国民にも提供して、議論を高めなければいけないんだろうと、そうしていかなければ実現も到底できないだろうというふうに考えております。

 今のところでいきますと、私はまだまだいつになるんだろうという漠然としたものしか時期について推しはかれない、そしてそういう意味において、道州制が本当に導入されるんだろうかというのを漠然としたそういう案もあるなというぐらいの認識でしかないというのが正直なところでございます。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 坂尾 眞君。



◆10番議員(坂尾眞君) 私は、この地域主権大綱というのは、自民党の構造改革路線の延長線上に位置していて、これはかなり今の国会の力関係からいうと急速に推し進められるのではないかというふうに危惧しています。

 この地域主権戦略大綱の目的は、まず第1に地方交付税の絶対額を削減して国の自治体への財政保障を放棄すると同時に、自治体間の財政調整機能を一層後退させる。東京に住もうが宇和島に住もうが、国民が今ひとしく享受しているナショナルミニマム、福祉・教育制度を縮小、解体させる、地域間格差を拡大するものだというふうに私は思います。

 私たち日本共産党は、今日の日本の社会は大きな政治経済を変える変換過程、過渡期に入っていると考えています。一部の多国籍企業や内外の金融資本の短期的な利益を第一にする経済なのか、自然との共生による一人一人の人間を大切にする経済をつくっていくのかが今問われていると考えています。この地域主権戦略大綱は地方自治制度を根本から変える問題であり、市民の暮らし、福祉、教育を変える大きな問題ですので、私自身も非常に不勉強ですから、今後、改めて市長に質問をしていきたいと考えております。

 次の問題ですが、地域経済を支える地域政策、特に中小企業・業者への支援策について質問をいたします。

 地域経済支援策についてですが、特に私は今回、住宅リフォーム助成制度について市長に質問いたします。

 以前にお届けした表をお手元に持っていらっしゃるようなのでぜひ見てほしいんですが、所得区分で営業所得、農業所得がこの2年間急激に減っていることは幾度か述べました。改めて述べると、営業所得は平成20年の確定所得で73億5,400万円が、平成22年−−ことし3月の確定ですよね−−の確定で13億9,600万円、19%へ、81%減少しているんです。この数字は県下の市町の中でも異常で、同じ南予の大洲や八幡浜の市議会議員からも、本当ですかと信じてもらえない状況です。

 もう一つ、この統計数字の異常さがあります。この所得の総人員の問題です。平成20年、この73億5,400万円の確定した人の人数ですが、5,753人に対して、平成22年、ことし5,230人、523人減少しています。人数的にはたった9%しか減っていないということです。地域経済、雇用が冷え込んでいる中で、他の仕事につけずに耐えている状況ということが言えると思います。

 積極的に別の角度から見ると、労働力という経済力、財源は、宇和島市にあるというふうに言えると思います。

 市長にお聞きしますが、地域経済において民間の力が弱まっているときに、自治体は積極的な支援策を講じる責務があると思いますが、市長、いかがでしょうか。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 石橋市長。



◎市長(石橋寛久君) 当然、国全体の経済対策というのは国がやってもらっておりまして、当然その影響を我々宇和島も受けるというところは多いと思います。ただ、地域において、じゃ、経済の振興のためにほうっておいたらいいのかということは当然そういうことはないということで、宇和島市も含めて各自治体がそれぞれに努力をしているということでございまして、決してほうっておいていいという認識は私も持っていないという状況です。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 坂尾 眞君。



◆10番議員(坂尾眞君) その中で、地元住民への直接需要を喚起するという意味で官公需の役割は大きいと思いますが、市長、いかがでしょうか。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 石橋市長。



◎市長(石橋寛久君) その役割も大きいと思います。ただ、先ほど議員御指摘のこの資料の中で、大変営業の数字が落ちているということでございますけれども、これについてはこの分類の統計のとり方の特徴もあるのかなというふうに思っております。

 御存じのように、営業の中に何が入っているかといいますと、農業者は当然その下の欄の農業の所得ということで出てきますけれども、営業の中の大きな部分は水産業が占めているということでございます。担当のほうで分析している資料を見ましても、昨年からことし、実際には1年ずれておりますけれども、その所得の中で1,000万円以上差があった、ふえた人、マイナスになった人というのを拾い出しておりますが、それを見ても、ほとんどはもう水産業にかかわる魚類養殖、もしくは真珠養殖という分類の人がここの営業というところに統計上入っているということで、この数字がここに大きくあらわれているので、我々としても水産業は大変だということで、国・県の、この2年ばかり格段の支援を入れてこの活性化といいますか対策をやっているというのは、この中から見ても外れていない対策なんだなということを考えているというところです。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 坂尾 眞君。



◆10番議員(坂尾眞君) 私もその問題についてはそのように思います。ただ、しかし、いわゆる商売、営業所得が落ちているのもこれも歴然たる事実だと思います。

 特に、私が今回取り上げたリフォームですが、建築業の経済波及効果、また昨年の激減した着工件数についてはお手元に資料を渡していますし、前回、私が述べましたので再度繰り返しません。それで、私は経済対策として住宅リフォーム助成制度の導入を宇和島市でもぜひ実現してほしいということです。

 この制度は数年前から各地で取り組まれています。ことし10月末現在で全国で179自治体で実施され、秋田県の建築住宅課がまとめた数字があります。ちょっと古くて8月末時点でのものですけれども、申し込み件数が8,901件、お手元に資料をお配りしております。交付額が12億5,619万円、工事費が194億6,480万円、交付額に対して15.5倍の経済効果があったというふうに報告されています。

 経済効果を高めるために、発注先は地元企業、地元業者に限定する。木材等の建材の使用についても地元企業、業者の活用が奨励されています。この制度の意義、有効性について、市長は理解していただいているでしょうか。市長にお聞きします。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 石橋市長。



◎市長(石橋寛久君) 有効性ということについて、どうとらまえて分析するかですけれども、議員さんが今言われました秋田県の例でいくと、大体行政が投入した費用の15倍ぐらいの実際の工事量があるということなので、ひとつ私としても、確かにそういう意味においては多いほうかなと思いましたのは、宇和島市で商店街の活性化も含めてプレミアムつきの商品券というのを売っております。これが基本的には御存じのように1割アップですよね。要は1,000万投入して1億円のものを売るということで、物でなくて商品券ではありますけれども、それだけの流通が行われるんだろうと思いますが、それが10倍。それに比較して、秋田県の例でいきますと15.5倍ぐらいの率になるということで、そういう意味において有効性というのはかなりあるのかなということは思っております。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 坂尾 眞君。



◆10番議員(坂尾眞君) 経済対策なんですけれども、この住宅リフォームの機能として幾つか上げられています。

 まず第1にCO2の削減、そして2つ目に、介護施設の施策と併用して要介護者、障害者への生活支援、そして水洗化、災害対策、これは耐震補強工事も含んで、あと住宅の長寿命化などが上げられています。

 この制度は岩手県の宮古市が今注目されています。宮古市の制度は、総工費が20万円以上のリフォームに対して一律10万円の補助、これはなかなかシンプルでインパクトのある制度なんですけれども、当初予算5,000万円でしたが、申し込みが殺到して5,000万円が専決処分されて、6月、9月の2つの議会で2億5,000万円を補正増額して、合計で3億5,000万円が投じられたといいます。宮古市の決算カードも市長にお渡ししましたが、宇和島よりもかなり小さい自治体で、一般財政規模は約310億円です。約1%を超える思い切った措置でして、宮古市を取材に行った記者はこういうふうな報告をしています。「天気のよい日には、まちのあちこちを工事車両が行き交い、お昼には食堂が作業服を着た人でにぎわっていると。クリーニング屋さんは仕事がふえたと言い、スナックのママさんは畳屋さんがツケを払ってくれたなど、その影響は確実に他業種に行き渡っている」というふうに報告しています。

 この制度が地域経済循環の呼び水として−−まさに呼び水です。長期的に継続することは、もちろん宮古市もこれ3億を超える金額を投入することは不可能ですから、何年かの呼び水として大きな役割を発揮していることは間違いありません。

 市長、ぜひ来年度の当初予算で組んでほしいのですが、いかがでしょうか。市長にお聞きします。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 石橋市長。



◎市長(石橋寛久君) 議員御指摘のこのリフォーム制度の補助というのは、特に全国的な流れを見ますと東北地区で大変多く活用されているのかなということで、何でだろうということを私もちょっと考えてみました。その一つとして思い当たるのが、やはり住宅のリフォームの中でエコポイントを国が設けております。その一つの施策として二重窓、二重サッシにすることもポイントの中へ入っていたと思いますが、多分リフォームで、東北のほうは寒いところが多いというので今までの単純なサッシに追加する形での二重サッシが多いのかなということも想像いたしたりしております。

 ただ、一般論として、確かにこれだけの需要があるということで、一時的な需要喚起ということにおいては大きな成果を上げているんだろうということも一方で認識せざるを得ないということで、私としても来年度の予算でどういうふうにできるか検討してまいりたいというふうに考えております。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 坂尾 眞君。



◆10番議員(坂尾眞君) ぜひお願いいたします。

 3つ目ですけれども、固定資産税問題を今回取り上げさせていただきました。

 この固定資産税問題は、6月議会でも市長は議員に投げかけられた問題で、宇和島市にとって私は重要な問題だと考えております。構造改革路線、平成の大合併、さきに述べた地域主権戦略大綱など、一連の国の地方自治体政策は、地方交付税を削減して国は財政調整機能を果たさなくなり、自治体間の格差拡大、地方の疲弊化を容認するというような方向性が出ているというふうに私は認識しています。

 その上で、地方の自治体は本来の役割である福祉を守るために、自主財源の確保が私は重要だと思います。中でも固定資産税です。

 合併後の固定資産税の税率を議論したときも、旧宇和島市の固定資産税を引き下げるべきではないと私は同僚議員にも話してきました。その理由は、まず第1に、固定資産税というのは応能負担に基づく所得再分配機能を果たしている。第2に、中長期的に固定資産税は、宇和島市の場合、路線価の低下が続き、そして家屋の新築が減少している。したがって税収が減る。第3に、旧宇和島市の土地の評価見直しはほぼ完了したと聞いております。したがって、路線価の低下に伴う評価の見直しというのはないということで、固定資産税は、繰り返しになりますが、確実に減少するというふうに思います。

 しかし、市長は、固定資産税問題とさきの選挙での公約、学校給食無料化をセットにして処理してしまった。私は、この約3億円の帳じり合わせで市長は2つの過ちをしたと考えています。1つは政治家としての公約違反と、もう一つは市長としての3億円を超える財政力を失ったということです。

 さきに述べた民主党の地域主権路線が推し進められようとしている現在、住民の福祉、教育を守る本来の自治体の役割を果たそうとすると、政策財源を確保する必要上が、繰り返しですが、あると思います。固定資産税は、宇和島市のような財政状況の自治体にとっては、安定財源として私は確保すべき、必要だと思います。

 住民が安心して暮らせる仕組み、福祉や教育を守るために、住民は税金を払います。財政がないことを理由に、従来の福祉、教育などの予算を削ることがあってはならないと思います。行財政の責任者として、市長に固定資産税について率直なお考えをお聞きしたいと思います。市長にお聞きします。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 石橋市長。



◎市長(石橋寛久君) 固定資産税に関する発言の中で、まず、固定資産税が応能負担に基づくものであって、所得の再配分機能があるというのは間違いないということで思っております。ただ、全国的な標準の率からすると、旧の宇和島市は、残念ながらもう三十数年前から高い税率を採用して今に至っているということでございますけれども、その一方で、合併した旧の3町というのは標準税率であったというところで、この調整をしなければいけない。そのときに、経済情勢がいいときでしたら、もっともっと前向きにお願いをしやすいんだろうと思いますが、残念ながら、昔のように大地主さんイコール金持ちかというと、そういう時代でもなくなってきていると。資産はあっても収入、所得という意味においてはほとんどないと言ったら語弊があるかもしれませんけれども、低い部類に入る人もおられるというところで、私としては、今の時代、残念ながら資産を持っているから、先ほど言いました金持ちという評価につながってこないというところがあるんではないかと思っております。

 また、中長期的に当然、宇和島市地価は下がっておりますので、税率が同じでも実質的な市民の負担は減ってくるというのは事実でございます。ただ、一方で、まだ今その過程にあると言わざるを得ない。今、議員御発言のとおり、旧宇和島市ではほとんど終わりました。ただ、旧3町はまだまだ固定資産税の補足の率ということをまだ修正中であるということで、実際に統計で見ますと、旧町ごとで見ますと吉田町あたりもまだふえているという状況がございます。かつての宇和島市でも指摘されましたように、地価が下がっているのに何で固定資産税が上がるんだという疑問が吉田町や周りの町においてはまだあるという、非常にタイミングとして悪い。そういう意味でしても、固定資産税を上げるという方向についてお願いしづらい状況にまだ残念ながらあるというところが、もう一つの私のジレンマというところでございます。

 そんな中で、私としてもう一つ、学校給食と絡めてという御発言がありましたけれども、学校給食については、子ども手当ということで今年度、御存じのように1万3,000円、毎月支給されることになっております。そういう状況がはっきりしたというところにおいては、給食費ということを市の財源を伴ってやるということについては、政策順位を落としたいということで皆さんに御説明をさせていただきました。ただ、そのときに固定資産税のことも一緒にやったので、背中合わせということで、一緒にやったということで同じ判断だと言われると大変つらい誤解を受けているかなとは思うんですけれども、私としては、財源としてはこの3億円というのが必要になるところも何とか歯を食いしばって頑張っていかなければいけない、耐えていかなければいけないことなんだろうということで、3億円の減収になってしまいます。固定資産税の統一ということを低いほうにやってみますかということで議会に提案をさせていただいたということでございます。

 ただ、議員も御承知のとおり、いきなりこれをやったわけではなくて、合併してから4年間の1期目のときには、当然何とかこの3億円を維持できる方向で固定資産税の調整というのができませんかということで、何度か1.5という数字も上げさせていただいて、これにすればほぼ3億円が現状で維持できるというところで提案もさせていただきました。議員の方々の判断を内々で仰いでいったというところがあります。ただ、残念ながら、旧市は今より下がるんだからというところで、かなり理解を得られる雰囲気もあるかなと思いましたけれども、旧3町の議員さんを中心にして、なかなかこれについては理解を得がたい、総論としてもなかなか議会でも御理解をいただけるようなことにはならないだろうというのが前の4年間を通じての私の判断であって、それを踏まえて今回、標準税率の1.4に戻しましょうということを言わせていただいたということでございます。

 ただ、これについて議員の皆様が議論していただくのは、もう本当に時間はありませんけれども、私としては可能だろうと思っております。手順としては、一たん下げてもまた上げることも理屈で言えば可能であるというところも含めて、ぜひ税率の問題、これについては市の財政運営も伴ってきますけれども、活発な議論をしていただいたら大変ありがたいと思っております。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 坂尾 眞君。



◆10番議員(坂尾眞君) これは来年度間に合うのか間に合わないのかということで担当の税務課のほうに聞いたところ、年内に確定してもらわないと来年のいわゆる請求書といいますか、出すことがなかなかできないというような答えも聞いています。

 今、市長も言われましたけれども、やはり私は、宇和島市の行財政を考えるときに、共産党である私が税率を下げるなというのも非常におかしな話ではあるんですが、これはいわゆる地方自治という問題で、福祉、教育を確保するという観点から言うと、やはり応能負担に基づく福祉、教育を維持するという観点が私は優先されるべきだというふうに考えます。それで、今、市長も言われましたけれども、やはり議会でも十分議論する大きなテーマではないかと思います。

 それで、そのためには、やはり市長が議会に投げかけるのではなくて、市長みずからが条例案として出してこられて、それを議会で審議するというのが私は建前ではないかと思いますが、市長、いかがでしょうか。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 石橋市長。



◎市長(石橋寛久君) 建前といいますか、筋論としては、私としてはやはり自分として確たる判断をして議会の判断を仰ごうということにおいては、今言われるとおりやらなければいけないと思っております。ただ、この税率ということにおいては、4年間、私としては議会内での議員さんの議論を見守ってきたつもりでございまして、じゃ、ここで上げて、すぐに皆さんの御賛同を大多数少なくてもいただけるかなというところも考えていかなければいけないということで判断しているというところでございます。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 坂尾 眞君。



◆10番議員(坂尾眞君) 今回は、来年3月、これはもうタイムリミットのリミットですが、市長からの条例案はないというふうに考えてよろしいんでしょうか。市長にお聞きします。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 石橋市長。



◎市長(石橋寛久君) 議会からの申し出があったら再考いたしますけれども、今のところは、私としてはことしの初めでしたか、方針を述べさせていただいたとおりでやっていきたいと考えております。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 坂尾 眞君。



◆10番議員(坂尾眞君) わかりました。

 それでは、次の問題に移らせていただきます。

 焼却場の問題です。

 まず、焼却場の建設問題は、事業規模において100億円を超える、120億とも130億とも予想されております。市民の負担はまさに大きくて、また、建設予定地が宇和島市内にあることからも、宇和島市民にとっては重大な課題、関心事です。この問題で議会に報告がない、私はおかしいと思います。

 広域事務組合の議員は、議会の会派の勢力で分配されておりまして、議員の総意で決まったものではない。私には一度も広域からの報告はございません。

 市長にお聞きします。焼却場建設問題は、広域事務組合の所管であり、宇和島市議会の関知しない問題と考えているのでしょうか。

 また、8名の議員が事務組合に出ているので、その議員が説明すればよいと考えているのでしょうか。組合長である市長にお聞きします。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 石橋市長。



◎市長(石橋寛久君) まず、広域議会の議員になっている方々が宇和島市議会でどういうふうに広域議会の中の動きを報告していただけるか、これは議会の中でよく議論していただきたいというふうに思っております。

 ただ、一方で、私といたしましては、広域の議会というのもありますけれども、当然、宇和島市議会にも大いに関係することでありまして、逆に一方で、議員の皆様も議員の皆さんのところに陳情書が出たりしておりますので、当然これについては何度も議員協議会でも説明させていただいておりますし、本会議でも毎回のように、私の認識では議員の皆様から質問を受けているということで、全く宇和島市議会に対して市長から説明がないということについては、甚だ私としては受け入れがたい、遺憾であると言わせていただかざるを得ないと思っております。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 坂尾 眞君。



◆10番議員(坂尾眞君) 私は、質問とか等ではなくて、主体的に広域事務組合から議会に対してきちっと報告してほしいということが言いたいわけです。

 PFIのアドバイザー業務の契約は、PFIにメリットがあると判断したために3,850万円でパシフィックコンサルタンツ株式会社に業務委託されたと聞いています。まず、このメリットがあるという判断はだれがしたのか、私、ちょっとまず、過去の話ですけれども、お聞きしたいと思います。市長。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 石橋市長。



◎市長(石橋寛久君) まず、一義的な判断というのは、正式名でいきますと、一般廃棄物処理施設整備検討委員会というのが広域の中に設けられまして、これは民間の方々、有識者で構成されておりまして、委員長は柏谷先生、愛媛大学の先生、それからあとPFI、それから環境・設備に対する専門家ということで、全員で5名で、あとオブザーバーとして各町の担当者が入るというところで構成された中で検討をしていただきました。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 坂尾 眞君。



◆10番議員(坂尾眞君) このメリットがどのように出たのかという計算根拠をぜひ開示してもらいたいんですが、後日。市長、よろしいでしょうか。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 石橋市長。



◎市長(石橋寛久君) 計算根拠というのは、私もなかなか理解できないようなややこしいことであったと思いますけれども、提示はできると思いますので、そのように指示しておきます。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 坂尾 眞君。



◆10番議員(坂尾眞君) この契約の仕様書では、平成23年1月中旬には実施の方針の策定・公表、8月下旬には特定事業の評価・選定・公表となっていますが、先ほど、今週の日曜日ですか、協定書がつくられたということですが、簡単に今の進行状況を報告していただきたいと思います。市長。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 石橋市長。



◎市長(石橋寛久君) まず、大筋でいきますと、先ほど言いました整備検討委員会の中で出た結論といいますのが、PFIの導入のときには、当然、これ御存じのとおりPFIというのは民間資本を利用してということで、民間活力の利用ということが根本にあるわけですけれども、そうした場合にどれだけのメリットが出るか、これを金銭的なものでまず測定をするという作業になります。この結果が、さきの整備委員会で出たのが、これをバリュー・フォー・マネー、VFMと称しておりますけれども、その数字が4.5%だったと思います。要は事業費100として、民間でやったら4.5ぐらいのセーブができるんではないかというような数字でございました。

 ただ、そのときに、この4.5が出ると予想されるけれども、4.5という数字は本当に逆に言うといろんな条件で変わりかねない。特に、委員会で検討していただいたときには用地もまだはっきりと決めておることができなかった。ですから、用地費が幾らかかるとか、そういうところも入っていないというところでございまして、それと、あと方式についても、これについてはまだ決まっておりませんけれども、どういう焼却の炉をつくっていくのか、それもまだ決まっていない時点での当然試算ということでございまして、それが4.5%であったということでございまして、もろ手を挙げて私としてもPFIでいこうと言えるような数字じゃないなということを感じまして、委員の方々もそういうことでございました。

 ですから、このPFIの導入については、VFMが出ているので前向きに検討すべきであるけれども、さらにもっと詳細を検討すべきであるというのが委員会の結論であったと私は理解しております。それに従ってさらに煮詰めなければいけないということで、これについては大変専門的な作業になりますので、コンサルに依頼をしてやっていこうというところで、今、パシフィックコンサルタンツが選ばれて、そこで今、さらにVFMの精査をやっているというのが現状でございまして、この大きな結論というのが大体来年年明けに結論といいますか、数字の試算というのが出てくるというふうに私としては報告を受けているというところです。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 坂尾 眞君。



◆10番議員(坂尾眞君) 今、市長もおっしゃったように、用地問題でもめている現状で、地元住民がPFIを了承するとは、私はその判断自身が信じられないんですけれども、PFIに関して、もう一つ質問させてもらいます。

 PFIを採用しないと判断した場合、パシフィックとのアドバイザー業務契約というのはどうなるんでしょうか、市長にお聞きします。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 石橋市長。



◎市長(石橋寛久君) 当然、PFIはもう使わないということになれば、そこで基本的な今の契約は終了するということでございまして、あとは次の炉の建設のところでお手伝いをいただくかどうか、その判断をしていかなければいけないんだろうというふうに考えております。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 坂尾 眞君。



◆10番議員(坂尾眞君) そうなんですね。ということは、契約内容が変更になって、いわゆる炉なんかの契約内容の検討の支援をパシフィックに依頼するということですか。それちょっと確認したいんですが、市長。



○議長(福本義和君) 石橋市長。



◎市長(石橋寛久君) そのまま契約をそういうふうな変更をしてお願いするということも可能であるというふうに担当からは聞いております。ただ、これについては、果たしてそれですべていいのかというところも含めて、検討はしなければいけないんだろうというふうに考えております。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 坂尾 眞君。



◆10番議員(坂尾眞君) パシフィックが最終的には、言葉は悪いですが、援助といえば援助、支配といえば支配というような構造になってしまうことを私は危惧します。

 ちょっと子細なことかもしれませんけれども、この建設費に伴う起債、何が使えるかということですが、私は辺地債ないし過疎債が活用できるというふうに人づてに聞いているわけですが、実際どうなんでしょうか、お聞きします。市長。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 石橋市長。



◎市長(石橋寛久君) 当然、建設費の中には、我々としては国からの補助、交付金をいただくということをまず第一義的に視野に入れております。あと残った分について、利用の割合で、今度は御存じのとおり宇和島市だけでなくて、愛南町から鬼北町、松野町も含めた宇和島圏域ということの利用になりますので、負担もそのようになっておりまして、この前、皆さんにも報告させてもらったとおり、その負担の割合というのは決定をいたしました。

 そんな中で、実際に事業費が決まって負担額も決まってくるというところになったときには、各市町でその財源については対応するということになりますけれども、それについては基本的には辺地債が使えるんであろうということで期待をしているというところでございます。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 坂尾 眞君。



◆10番議員(坂尾眞君) 私が担当者にせんだってお伺いしたところによると、この事業に対しては、一般廃棄物処理事業債、これは総工費の9割掛けの50%、約45%というふうに、これしか使えないというふうに聞いたんですが、これはそうしたら誤りですか、市長にお聞きします。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 石橋市長。



◎市長(石橋寛久君) まず最初に、先ほど辺地債と申しましたけれども、私としては、使える可能性として過疎債というのが使えないかなという希望は持っております。ただ、今、横で総務部長に聞きまして、なかなか総務部長は首をかしげておりますので、可能性としては、今、議員さんの言われるこの焼却場、熱回収施設の建設について使える、そういう国が認めている起債を充てざるを得ないのかなということになるかもしれないということで御理解ください。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 坂尾 眞君。



◆10番議員(坂尾眞君) これ70%、80%と45%じゃ大きく違うわけですよね。それでなかなか予算が組みにくいというか、先ほどのバリュー・フォー・マネーが計算もなかなか難しいということになってしまうんじゃないかと思います。そういうあいまいさが、私としては非常に不信があるといいますか、少なくとも不快であるということが、それを感じています。

 ここで余り議論しても時間がありませんので、延命の問題についてお聞きしたいと思います。

 いつ新施設ができるかわからないのに、延命の話し合いができないと思いますが、地元住民の受けとめ方はどのようになっているのか、山本環境部長、お答えお願いします。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 山本市民環境部長。



◎市民環境部長(山本弥須弘君) お答えいたします。

 現在の環境センターの延命期限につきましては、平成11年に宇和島市環境センター延命に関する確約書が締結されておりまして、当時、広域の新施設が平成25年度より稼働ということで、平成24年度末までの同意をいただいているところでございます。

 しかしながら、地元との協議の難航もありまして、新施設の建設が大幅におくれる見込みとなっております。再度期限の延長につきましてお願いをしなければならない事態となっております。来週中にも関係者の皆様に正式に延命の申し入れを行う予定となっております。

 ただ、延命の期限につきましては、どうしても新施設の稼働までは延長していただく必要がありますので、その点御理解をいただきますように、お願いをしていきたいと考えております。

 以上でございます。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 坂尾 眞君。



◆10番議員(坂尾眞君) 本当、御苦労さまです。

 それで、次の問題はクリーンセンターの問題ですけれども、これも平成27年、あと5年ですよね。これも進捗状況がどうなっているのか、簡単で結構ですが、市長、お答え願いたいと思います。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 石橋市長。



◎市長(石橋寛久君) これにつきましても、既に報告しておりますとおり、新しい施設については、愛南町も含めたより広域化をするということが決定されております。

 そんな中で、この1年、実際の建設可能な場所というのを各町で出してほしいということで提案をしまして、検討いたしました。ただ、なかなか適地がないという、逆に宇和島市もこれ検討をしなければいけないんだろうということで、今、宇和島市の用地ということで、どこを出せるかという最終的な煮詰めということをやっております。ここの決定を、私としてはスケジュール的にはこの年内、もうあと20日ぐらいしかありませんけれども、この年内ぐらいには決定したいということで思っておりますので、議会の終了後、疑問点等を自分なりに努めていきたいというふうに考えております。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 坂尾 眞君。



◆10番議員(坂尾眞君) 5年なんていうのはもうあっという間でありましてね、こういう迷惑施設の建設については。やはり期限を十分に考えた用地選定や地元住民への説得をぜひ本当に早くしていただきたいと思います。

 今の焼却場問題でも、地元の不安は宇和島市における環境行政の無策といいますか、主体性のなさが背景にあると思います。そういう点では、やはり宇和島市としてきちっとした環境行政を培っていく人材の配置といいますか、そういうものが私は必要ではないかと思います。

 時間がありませんので、最後の質問に入ります。

 ことし6月にやっと動き出した住宅新築資金の未回収問題です。

 これは300万円予算をつけていただいたわけですが、約半年間が経過してどのような状況になっているのか、報告をお願いしたいと思います。これは教育部長ですか、はい。



○議長(福本義和君) 中原教育部長。



◎教育部長(中原一嘉君) お答えいたします。

 業務委託によりまして、現在、弁護士よりアドバイスを受けております。回収見込みのあります方に対しましては納付相談を行いまして、支払い能力に応じて誓約書等の見直しを進めております。

 ちなみに、今年10月31日現在におけます滞納金の償還状況でございますが、昨年度同期で比較をいたしますと約2倍の1,069万6,027円となっております。

 以上です。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 坂尾 眞君。



◆10番議員(坂尾眞君) 今、約2倍の集金といいますか、回収ができたということなんですが、やはり私は市の行政の基本的な姿勢の問題だと思います。こちらがきちっと構えれば、やはり相手方もきちっと受けとめてくれるというふうに思います。

 それで、弁護士との契約は単年度契約でしょうか。それをお聞きしたいと思います。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 中原教育部長。



◎教育部長(中原一嘉君) はい。今回の業務委託、貸付整理業務になりますが、これは1年の契約になっております。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 坂尾 眞君。



◆10番議員(坂尾眞君) そうすると、来年度また予算化する必要があるわけですよね。その見積額なんかがあればお聞きしておきたいと思うんですが。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 中原教育部長。



◎教育部長(中原一嘉君) 今年度で契約は終わりますが、来年度、作業の過程での相談等、面接等に応じない方々に対しまして調停とか訴訟等の事案が起きました場合、改めて契約をさせていただくことになると考えておりますが、その金額についてはまだ計算は起こしておりません。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 坂尾 眞君。



◆10番議員(坂尾眞君) 法的措置に入ることを前提にした委託ですが、大体法的措置にはいつごろから入る予定でしょうか、お聞きします。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 中原教育部長。



◎教育部長(中原一嘉君) 現在考えておりますのは、先ほど申しました調停とか訴訟の法的措置は、一応23年度から開始をしたいと考えております。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 坂尾 眞君。



◆10番議員(坂尾眞君) ありがとうございました。

 ぜひ、大変なことだと思いますが、努力していただきたいと思います。

 以上で私の質問を終わらせていただきます。



○議長(福本義和君) 以上で坂尾 眞君の質問を終わります。

 しばらく休憩し、午後1時から再開いたします。

    午前11時42分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

    午後1時00分 再開



○議長(福本義和君) 再開いたします。

 休憩前に引き続き、質問を行います。

 それでは、薬師寺三行君の発言を許します。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 薬師寺三行君。



◆22番議員(薬師寺三行君) 皆様、こんにちは。吉田町出身の薬師寺でございます。

 地域の活性について質問を行います。

 答弁は2つだけということなく、いろいろな角度から、より多くのお答えをお願いいたします。

 初めに、吉田公民館の建設について伺います。

 吉田庁舎は築52年、吉田公民館は築30年、皮肉のようではありますが、まちの活性が失われていくと同時に、公共施設の老朽化も進んでいます。公共施設といえば箱物行政という言葉を思い出しますが、目標の底にまちに元気をとの思いがあれば、有効活用することができると確信をしております。

 吉田公民館においては、町民交流の場であることは言うに及ばず、趣味の才能の花を咲かせる場でもあります。吉田町民の心が生かせる公民館建設はどのような青写真ができ上がるのか、お尋ねしたいと思います。

 まず、公民館及び庁舎の必要面積とその機能性についてであります。

 公共物件及び公共性の高いもの、特に建物には、その使用面積が種々の条件に従って決められていると思いますが、その条件、人口割であったり必要性であったり、提示していただきたいと思います。

 服は今つくりたい、しかし布は切り詰めなければならない。現在は節約の時代でありますが、少しでも余裕のある建物となるよう設計できることを希望しております。

 また、現在の庁舎と公民館は道を挟んだ位置にあり、便利なように見えますが、この道も時には邪魔な境界線になったりと、できればスムーズな動線を描く、全天候型の位置に配列はできないものでしょうか。当然のことながら、高齢者や障害を持った方々から幼児に至る心配りも不可欠であろうと考えますが、その機能性をどう考えられているのかを伺います。まずは中原部長にお願いします。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 中原教育部長。



◎教育部長(中原一嘉君) それでは、御質問の現時点での公民館のほうにつきましてお答えをさせていただきたいと思います。

 状況といたしましては、建設事業の建設委員会を2回開催させていただいております。

 公民館建設に関しましては、去る11月5日に、地元の公民館の関係者に対しまして計画面積について2回目の説明会を開催させていただきました。その折に、できる限り御要望を踏まえた上で公民館としての機能、必要最小限に保てる面積、約1,700平米を提示させていただきました。また、部屋数に対しましてもお示しをさせていただきました。何とか大枠での理解をいただいたのではないかと思っております。

 以上です。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 薬師寺三行君。



◆22番議員(薬師寺三行君) 支所のほうにつきましては、どなたか。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 石橋市長。



◎市長(石橋寛久君) これから煮詰めていかなければいけないということですけれども、大まかな数字としては、私としては今の支所の新しい建物の1階建てと2階建ての部分を使うぐらいの広さ、要は700平米から800平米ぐらいの広さになるんではないかというふうに予想しております。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 薬師寺三行君。



◆22番議員(薬師寺三行君) そこで、せっかくですので、吉田支所長が来ておりますので、そういう今の市長のお答えで、そういう面積で対応ができるのかどうかお答え願います。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 兵頭支所長。



◎吉田支所長(兵頭睦弘君) 薬師寺議員の御質問にお答えします。

 現在、支所では担当係でそれぞれの必要面積を算出し、市長のほうに報告しております。ただ、共用部分であります廊下、ロビー等につきましては現在算出できませんので、それをのけた分で市長のほうに報告をしております。

 以上です。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 薬師寺三行君。



◆22番議員(薬師寺三行君) 支所からの要望もございますので、できるだけ広い面積を確保していただけたらと思っております。

 次に、災害時に対応でき得るものとなっているのでしょうかということでございますが、近年、平成7年の阪神大震災から以来、北海道、中越、また山陰、東北、玄界灘等々の大地震に見舞われ、地震大国日本となっております。この宇和島地方では、昭和43年8月の宇和島地震から大きな被害を受けることは少なく、幸いなことであると感謝をしておりますが、以前ですが、災害時の訓練も町民参加のものではありましたが、いかんせん、訓練の場所が海の目前の小学校のグラウンドで行われたこともあり、津波の心配を考慮したものとは思えないと、町民から御批判をいただきました。

 何かあったときのテント村、またプレハブ住宅等を考えていただきたいと思っておりますが、かなり広いスペースを持つ広場の確保をしなければならないと思いますが、災害時に対応ができるものを建設する予定となっておるのでしょうか。市長にお伺いいたします。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 石橋市長。



◎市長(石橋寛久君) 災害時の機能ということで何を求めるかですけれども、まず、一般的に最低限クリアしなければいけないというのが、当然、今の時代ですから、耐震化の強度は大地震にも備えられる強度を備えたものということになります。

 あと、バリアフリー法というのがありますので、障害を持った方々にも利用しやすいような配慮をしなければいけないということで、使いやすい建物になるというのは当然だと思っております。

 あと、広義の災害対策というところで、万一の大災害、大地震等があったときにということですけれども、その一つとして、広場をできるだけ確保しておくというのも、私としても考えていかなければいけないというふうに思っております。

 また、広場というのは、まちづくりという観点からも、私はそういうオープンスペースといいますか、ものをできるだけ広くとりたいと考えております。

 ただ、吉田支所、公民館のある地形というのは、当然、川に面したところで、高度的にはほとんどないというところで、大津波が来たときにそこを使えるかというと、少なくとも1階部分はつかるという想定をしておかなければないけないんではないかというふうに考えておりまして、そのときには使用できるのは2階のみということになろうと思います。

 ただ、今までの大津波というところの例を見ても、鉄筋の建物は、建物自体が崩壊するということは通常の大津波では考えられないということで、安全性については確保できるんだろうと思っております。

 それと、一方で、じゃ、吉田町の特にあの近辺に人口が大部分集積しておりますけれども、みんながそこに避難できるかというと、当然この広さではできないということで、一義的には、大津波の警報が出ると、やはり山の斜面の高台のところの避難場所に避難していただくということが必要であろうというふうに考えております。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



◆22番議員(薬師寺三行君) よろしくお願いをいたします。

 それでは次に、庁舎の利便性につきまして、最初の質問と重複する部分を持っておりますけれども、住民にとって、職員にとっても動きやすく、見えやすい、わかりやすい、使いやすいほうを選択していただきたいと考えておりますが、その点についてはどうでしょうか。市長、お願いします。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 石橋市長。



◎市長(石橋寛久君) 当然ながら、今の時代にふさわしい、見た目にもすっきりした、実際に使う方にも使ってもらいやすいような配置を考えていかなければいけないんだろうと思っておりますし、その中には当然、宇和島の本庁でやっておりますようなワンストップサービスをまず一番に提供できるというところを考えながら設計をしてもらえるものだと、していかなければいけないと思っております。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 薬師寺三行君。



◆22番議員(薬師寺三行君) それでは、今までの経験を生かされまして、いいところ、悪いところを改善され、いい公民館を、いい庁舎をつくっていただけたらと願っております。

 次に、商業者への活力にどうつないでいくかについてですが、車社会に進んでいくと、どうしても駐車場から遠くては集客が見込めず、対面での商業は特に右肩下がりになっていると言わざるを得ません。

 吉田町の中央には2つのスーパーがあります。駐車場の確保によって、大きく売り上げが変化をしてきております。駐車場スペースの確保は、企業や個人商業者を助けるのみでなく、物流の分野への一助となり、かなり交通量の多い国道56号線との位置関係からしても、人、物、お金の活性に働きかける大事な要素であろうと思いますが、いかがでしょうか。市長、お願いします。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 石橋市長。



◎市長(石橋寛久君) 御指摘のとおり、商店街の活性化の中で、駐車場の有無というのは一つの大きな要素であろうというふうに考えておりまして、私としては、ぜひ今回の場合、支所、それから公民館の建てかえに関しては、駐車場スペースも商店街を利用する方々にも利用していただきやすいような配置を考えていくべきではないかと考えております。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 薬師寺三行君。



◆22番議員(薬師寺三行君) 非常に駐車場は大事と考えますので、商店街通りのほうにもやはり駐車場をつくっていただけたらと思っております。

 次に、活力のあるまちづくりの周辺整備について伺いたいと思います。

 さきに述べたように、少しでも広い面積、最大限に活用できることが求められています。ふだんの活動から有事の際に至るまで、人々が集合できるスペースと道路の確保は必須なものであり、国道と接地する部分においては、その接地面の拡充を図る必要があります。

 また、広場周辺に吉田町伝統文化の象徴であるおねり館や先哲館、また障害者通所施設、老人憩いの家、農林商工漁業者の集う産直市等の整備、充実を模索し活用してはどうでしょうか。石橋市長、お願いします。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 石橋市長。



◎市長(石橋寛久君) 今おっしゃいました基本的な支所の機能、それから基本的な中央公民館としての機能にプラスアルファとなるような御提案ということについては、慎重に考えていかなければいけないんだろうというふうに思っておりまして、私としては、第1次工事としては当然、支所、それから公民館の改築というのを急がせてほしい。その後にどういうふうにするかというのは、また住民の方々の議論等も含めて対応、行政としてもどこまで関与できるかというところも含めて検討していきたいなというふうに考えております。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 薬師寺三行君。



◆22番議員(薬師寺三行君) ぜひとも周辺の整備には十分な時間と多くの人々の意見を取り入れていただきたいと思っております。よろしくお願いをいたします。

 次に、吉田町の3傑についてでありますが、吉田町民、いえ、吉田町の成り立ちの立て役者であります3英傑を集結して、子孫に語り継げる一角をつくっていただきたいと思います。

 幼児教育の村井保固氏、郷土愛に燃え、吉田をつくった山下亀三郎氏、地場産業や町民の生活に私財を投げ出し、心血を注いだ清家吉次郎翁。平成生まれが二十を超えた今、もう一度今に語り伝える必要があるのではないでしょうか。この点につきまして、石橋市長のお考えをお聞きしたいと思います。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 石橋市長。



◎市長(石橋寛久君) 吉田町のいわゆる3英傑、これの、まず市民へのこれからもその偉業についての教育といいますか、そういうものについて、さらに力を入れていかなければいけないということは間違いないことであろうと思っております。

 これについては、昨年、それからその前に発刊されました「宇和島をゆく」とか「宇和島の新しい歴史と文化」というようなもので資料の集大成が載せられると思っておりまして、こういうことを利用して、ぜひ旧の吉田町民ならず宇和島市民にも、こういう人物がいたんだということはさらに私としても知っていただけるように努力、教育をしていきたいというふうに考えております。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 薬師寺三行君。



◆22番議員(薬師寺三行君) 合併後の初代市長として、業績次第では銅像も建つのではと期待するところでございますけれども、宇和島市では、銅像より橋になりたいという前例がございます。市長は銅像以外に何になりたいと思っておられるのか、少しお聞きしたいと思います。



○議長(福本義和君) 石橋市長。



◎市長(石橋寛久君) そういうことを考えたことが正直言ってありませんので、今、議員の皆さんからも、石橋は石橋やろうということでございますけれども、踏まれても、まずは倒れないような人生は送りたいなということでは思っております。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 薬師寺三行君。



◆22番議員(薬師寺三行君) 皆様のためになる何かを考えていただきたいと思っております。

 次に、公民館建設委員会、商工会、漁業会、JA南、一般町民への情報公開はでございますが、この建設において何が必要なのか、そこに住む人々の役に立つことができるものとなり得るのか、町民の要望に耳を傾けているのか、意見の集約はどう行っているのか、すべての情報を公開できるものになっているのか、最終的な説明責任は果たせられるのかについてお尋ねをしたいと思います。石橋市長、お願いします。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 石橋市長。



◎市長(石橋寛久君) 住民への広報というのは、いつの時代でも難しい、私も市長になってからずっと大変大きな問題だということで考えておりまして、ただ考えるだけではなくて、できるだけそういうことを実行していかなければいけないと思っております。

 ただ、今回の場合、本当に私としては合併以来、吉田町の支所、公民館のあり方というのをどうしたらいいかというところで、自分も考えてきましたし、その時々の支所長にもぜひ早急に、この改築案にするか、どういうふうにしたらいいのか、町民の意思というのをまとめてほしいということで今日まで至っておりますけれども、残念ながら、やっぱり合併したときの遠慮があるのか、なかなか具体的な案が出なかったということでございまして、私としては、ことしになってから、市長の権限というところで、回数は2回ですけれども、吉田町の商工会、それから商店街、そして自治会、さらには公民館の利用者等、各界各層の代表する方に集まっていただいて、支所、それから公民館の改築案ということで基本的な考え方は述べさせていただきました。

 ただ、これですべて町民の方が知っているかというと、本当にごく一部の方しかまだ知らないんだろうというふうに思っております。

 しかし一方で、いつまでも公民館と支所をそのままおいておくというのも、私としては問題がある。特に吉田町の特徴といいますか、懸念としては、御存じのとおり、これから1年半近く後には高速道が開通しますが、残念ながら吉田町には基本的に高速道路が通らないという町になってしまうと。それまでに、できることは少しはやっておきたいということで、私としては急いでこういうところの見直しというのをやりたいという思いで取り組んでおりますので、多少見切り発車的なところも出てくるかもしれませんけれども、逆に言うと、今回とりあえず改築をしていこうということについては、支所と、それから公民館、この2つの機能を改築、これについては私としては耐震という案も出させていただいたんですけれども、住民の方々は、100%であったと思いますけれども、どうせやるんなら新しい建物で改築してほしいという希望であったということで、私としても両施設を改築ということで考えていきたいというふうに思っております。

 また、これを契機にして、いろんな、特に商工会の方々、まちづくりを一生懸命考えてくれるようになったんかなと。建物の配置からいろいろ意見を言っていただく方、多くあります。そこに、建物の配置ということになると基本的に私としても了解をとっておきたいと思うんですけれども、そのほかの、先ほど御提案のありましたようないわゆる活性化にかかわるような施設、こういうことについては、ぜひとも商工会を中心として、また商店街、当然中に入っていると思いますけれども、そういう方々の意見が反映されて、集約されて、こういう方向性でやりたいというのが出てきたときには私としては真摯に受けとめて、行政としてどれができるか、どういう協力ができるか、また対応を考えていかなければいけないというふうに考えております。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 薬師寺三行君。



◆22番議員(薬師寺三行君) 吉田町は以前からトップの間で物事が決まり、非常に利用価値が低い施設等が多くあります。できるだけ町民の要望、意見に十分耳を傾け、すばらしいものをつくっていただきたいと願っております。

 次ですが、施工時期についてお伺いをいたします。

 新しい時代、高速道開通が到来し、吉田支所や吉田公民館を起点とし、伝統ある吉田の歴史と文化のある吉田まちづくりを検討し、次世代へつながる吉田の活性、再開発の大綱を定めてこの大事業に取りかかっていただきたいと願っておりますが、実施予定の計画はどのようになされているのでしょうか。石橋市長にお伺いします。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 石橋市長。



◎市長(石橋寛久君) 私といたしましては、先ほど来申しておりますように、できることなれば、高速道路が開通する前に、この支所と公民館の改築というのは終わりたいというふうに考えて、ことしから私のほうのリードといいますか、音頭取りでいろいろ会をやってもらって検討も進めております。

 ただ、現実的なもので期間を考えますと、ちょっと間に合わないんではないかという声のほうが強いというのも事実でございます。その理由としては、やはり今の時代、設計も時間がかかりますけれども、設計が終わって建築許可をとるのに結構やっぱりまた時間がかかるというところで、そのスケジュールを勘案すると、高速道路の開通には間に合わないかなという可能性はあるんですけれども、遅くてもその開通後半年、幾ら遅くとも1年以内にはできるように頑張っていきたいというふうに思っております。

 ただ、それ以外の施設につきましては、まだまだ意見の集約にも時間がかかるんではないかと予想しております。それを待っておると、すべての事業がもっともっとおくれるということになりますので、私としては、何度も言いますように、支所と公民館の改築は先にやらせていただいて、あと、まちの活性化につながるような施設、これについては行政がすべてやれるということも当然考えられませんし、どういう役割分担で本当に実現できるのか、もっともっと詰めなければいけないことばかりだろうと思いますので、それについては、またできることなれば商工会議所か商店街で委員会もつくってもらって、行政も関与させていただきながら煮詰めていきたいというふうに考えております。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 薬師寺三行君。



◆22番議員(薬師寺三行君) これからの新しいまちづくり、あらゆる角度でどうすればよいかを町民のために考えていただき、本事業が大成功することを御期待申し上げます。

 次に、市の活性化についてでございますけれども、今年の3月定例議会におきまして、当時の西田市民環境部長に宇和島市独自のオリジナルナンバープレートをと期待を込め質問をしましたが、その後の進捗状況等があれば伺います。今期は山本市民環境部長にお願いをいたします。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 山本市民環境部長。



◎市民環境部長(山本弥須弘君) お答えいたします。

 薬師寺議員様より御提案いただきましたオリジナルナンバープレートの導入につきまして、早速、関係部署が集まりまして検討委員会を立ち上げ、検討してまいりました。その結果、来年の8月よりデザインの全国公募をいたしまして、その後、選考委員会においてデザインの採用を決定いたしまして、できれば平成24年4月1日より交付できればと考えております。

 この原付バイクに使用しますナンバープレートにつきましては、宇和島市の地域性豊かなデザインのものを採用することによりまして、市民に愛着を持っていただくことはもちろんでありますが、動く広告塔としまして、地域振興、また観光振興に役立つことも大いに期待できます。その話題性を全国に発信してまいりたいと考えております。

 最後に、議員の貴重な御提言どうもありがとうございました。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 薬師寺三行君。



◆22番議員(薬師寺三行君) これにつきまして、市長さんとしてはどのようなイメージを持っておられるのかお聞きしたいと思います。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 石橋市長。



◎市長(石橋寛久君) 私としても、有効な提案だと思って、担当にも前向きに検討してほしいということで指示をした結果が今のようなスケジュール、ちょっと遅いような気もするんですけれども、現実的な対応を考えると、24年からの導入ということになってくるんだろうということで御理解をいただきたいと思います。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 薬師寺三行君。



◆22番議員(薬師寺三行君) ぜひともすばらしいプレートができることを祈っております。

 次に、国際化を迎え、宇和島市の次世代活性化にとつながっていく教育行政についてお伺いをいたします。

 アメリカのNASAには、国籍がインド出身者が36%、3分の1強を占めております。世界に羽ばたくインドの教育は、国内16言語を持ち、学校での通用語は英語であり、7歳までに九九を、8歳から2けたの掛け算、12歳では4けたの掛け算をします。また、5歳からIT教育を始め、呼吸を整え集中力を養うヨガを取り入れたり、インド発祥のチェスや将棋の起源とされるチャトランガゲームを行っています。さらに、子供たち同士、頭を鍛えるとともに、集会所等でスピーチ、会話術を高め、母国語の研さんを行い、世界の頂点を目指しているようであります。

 地元の宇和島市の次世代活性化に向かっての教育行政、また幼児教育はどのように行っているのか、明神教育長にお聞きしたいと思います。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 明神教育長。



◎教育長(明神崇彦君) 答弁がちょっと長くなるかもしれませんが、お許しいただきたいと思います。

 御指摘のとおり、政治、経済、文化、スポーツ面、あらゆる面で国際化が着実に進展をいたしております。学校教育におきましても、これらの急激な変化に対応できる児童・生徒、幼児も含めまして、育成を目指してさまざまな改革が行われております。

 本市におきましても例外ではございません。宇和島市の次世代を担う子供たちの育成につなげていかなければならないと考えているところでございます。

 まず1点目は、理数教育の充実でございます。

 御質問の中にもございましたが、インドのIT教育や数学教育を例に挙げておられました。本市小・中学校におきましても、学習指導要領の改訂に伴い、算数・数学科や理科の授業時数が増加されました。基礎・基本の定着、向上を図り、魅力ある授業を展開するための施策でございます。特に、昨年度は、愛媛県より学力向上プロジェクト事業の指定を受けまして、算数・数学教育の充実に努めてまいりまして、成果をおさめたと思っております。

 また、算数・数学科のみですけれども、毎年、本市独自の学力診断テストを実施いたしまして、児童・生徒の学力の一つの指標として、教師の指導力を含めまして役立てさせていただいていると思っております。

 2点目は、情報教育の充実でございます。

 情報教育充実のためにIT機器の導入に努めてまいりました。明倫小学校におきましては、以前にもお話し申し上げたかもしれませんが、文部科学省より電子黒板を活用しまして教育に関する調査研究事業の指定を受けました。すべての教室に電子黒板を設置いたしました。また、電子黒板の導入の要望が強く、ほかの学校につきましても、今後順次電子黒板の導入を進めていきたいと考えておるところでございます。

 3点目としましては、国際化にどうしても欠かせないのが子供たちの英語力の育成でございます。昨年度より、御存じのように、宇和島市の全小学校におきまして外国語活動の時間が始まりました。英語によりますコミュニケーション能力の育成を目指しております。

 本市では、アメリカ及びニュージーランドより4名の外国人のALT、さらに、今年度初めより緊急雇用対策事業を活用いたしまして3名の日本人のALTを雇用いたしました。また、1名の外国指導助手を加えまして、8名のALTを市内のすべての小・中学校に派遣して活動させているところでございます。

 このようにした指導を通しまして、将来の宇和島の活性化につながる、さらに日本を背負って活躍していっていただけるような、そういう人材が生まれることを期待いたしているところでございます。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 薬師寺三行君。



◆22番議員(薬師寺三行君) ありがとうございます。

 世界の学力でも、日本は2009年度、前年度より、以前よりは少し上がっている。8、10位という。ちなみに世界一は上海であったということを聞きました。中国は、今、すさまじい発展の陰には、教育に物すごく力を入れているのではないかと思っております。

 宇和島市の学力も、ぜひとも明神教育長のもとで世界一を目指して頑張っていただきたいと願っております。

 次に、吉田ミカン産業の活性についてでございます。

 今から270年にさかのぼる紀州ミカンに始まる宇和島市立間の里のミカン歴史は、その後、江戸後期、寛政初期に移入された温州ミカンによって本格的幕明けを迎え、今日200年に及ぶ全国最古の産地として輝かしい歴史と伝統を積み重ねてまいりました。

 藩政下、米の比重の多い社会体制にあり、米に依存でき得ない特殊な村の厳しい暮らしの現実の中で、往時から副業としてハゼの木あるいは野菜栽培等複合経営が盛んに行われ、他方、野村方面山間部へ駄賃馬による農外収入の確保等、多様な対応に迫られた住民にとり、ミカン栽培への取り組みは、みずからの生活を切り開く真摯な挑戦でありました。

 以後、激変の明治維新に始まる近代資本主義社会の進展とともに、商品産物としてミカンは大きく脚光を浴び、その有利性高まるにつれ、ナツミカン、ネーブル等の導入により経営も多角化し、大正期に入ると、世界的好況に支えられた興隆期のミカン栽培は、既に定着していた養蚕業とともに村を支える中心産業として不動の地位を確立しました。さらに、昭和初期に端を発した世界大恐慌は、花形輸出産物である生糸の不振を招き、養蚕業の衰退とともに、必然的にミカン振興への積極的取り組みとなりました。

 その後、悪夢の第2次世界大戦による中断、荒廃を経ながら、地域のミカン産業は戦後の沈滞、混乱から脱却した昭和30年代に始まる高度経済成長の時流に乗り、地域住民の英知と不断の研さん努力と相まって飛躍的発展を遂げ、四国西南辺境の地に一大理想郷の創出を見ました。

 今日、私たちは、その創造から戦後黄金期の絶頂期に至る立間のミカン盛衰、興亡を顧みるとき、自立自行の志高く、一貫して地域に生きる人間の気位と毅然たる姿勢の堅持により生産、販売、組織と経営全般に至り幾多の障害、苦難に果敢に立ち向かい、克服し、新しい展望のもと独自の産業として手法を確立した先人の偉業に畏敬の念深く、試練のミカン新時代を生きる我々に貴重な示唆と教訓を与えられています。

 時は移り、今日の農業、農村は大きな変革の国際化時代を迎え、ミカン産業も構造的不振の中で存亡の危機に置かれ、地域再編強化と地域活性は焦眉の課題となっています。

 過去に学ばぬ者に未来はないと言われていますが、混迷の度を加える今こそ、地域おこし、まちづくりは歴史的事実を見据え、ふるさとやそこに生きるみずからを見詰め直すことが重要な起点となることを再確認したいと思っております。

 そこで、質問いたしますけれども、今、1次産業で最も大切な後継者、農業後継者をどうつくっていくのか。新卒者の就農に当たっては、今、国が子ども手当を出しているように、就農手当を、宇和島市からの支援をできるものかできないものか、石橋市長にお願いしたいと思います。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 石橋市長。



◎市長(石橋寛久君) どれだけの予算をやればいいのか、では農業だけ、新たに就農する人に支援をしたらいいのか、それでいいのかという大変大きな問題であろうと思いますので、これについては慎重に考えなければいけないと思うんですけれども、まずその前に、本当にどういう施策がいいのか、我々としてももっともっと考えていきたいというふうに考えております。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 薬師寺三行君。



◆22番議員(薬師寺三行君) ぜひとも考えて、いい策を練っていただけたらと思っています。少しでも農業後継者が育つようなまちにぜひともしていただきたいと願っております。

 それと、今現在、世界的農業大改革が、関税の撤廃、自由貿易協定等で行われようとしております。現在、ミカンを韓国に輸出する場合、50%の関税がかかるわけでございますが、この関税が撤廃となれば、現在より、より多くの輸出が可能ではないかと思っております。

 守る農業から攻める農業への転換が必要でございますけれども、そういう意味において販売戦略を、韓国では国から9兆円の農業支援を受けて、その大半を販売戦略に65%、また所得補償に23%ぐらい、またブランド生産には13%ぐらいの割で支援を始め、政府が農民にじかに話しながら韓国農業を育てていこうとしております。

 これから国内外を問わずに販売戦略が一番必要ではないかと思っておりますが、その点、石橋市長のお考えを聞きたいと思います。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 石橋市長。



◎市長(石橋寛久君) 韓国の場合は、その関税が50%あるということなので、これを撤廃するのが一番輸出の可能性をふやしていく近道なのかなと思います。ただ、これについては政府間の合意が要るということでございまして、これについてはよその国、特に中国、アメリカ、ここは関税どころか、日本のミカンは輸入禁止国ということになっています。こういうことをなくさなければ、なかなか輸出というのも実際にはできないんだろうというふうに思いますけれども、昨日も言わせていただいたとおり、自信を持って売れるようなものをまずつくることが、もう一度見直していかなければいけないことではないかなということで考えております。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 薬師寺三行君。



◆22番議員(薬師寺三行君) 言われるとおり、農家も自助努力が大切ではないかと思っております。

 そこで、現在、長野県のある市から、姉妹都市ではございませんけれども、第1次物産販売を、相互の物産販売の協定を結んでほしいというような依頼が打診されているわけでございますが、あちらも市挙げての販売ということでございますので、こちらも販売戦略会議ならずとも販売戦略機構というものを立ち上げ、これからの市の活性につなげる考えはございませんでしょうか。石橋市長、お願いします。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 石橋市長。



◎市長(石橋寛久君) 相手方がどういう考えでその提携を申し入れてきているか、どういう陣容、組織というか、ことを実際に願っているのかということをよく理解しなければ、なかなか対応難しいとは思います。ただ、チャンスではありますので、ぜひミカン農家の方々、JAさんを中心にして、もしくは最低限共撰単位ぐらいというのも、私としては、そういうことを前向きに考えていただいたら、行政としても必要な応援というのは、できる応援というのも含めてやっていきたいというふうに思います。

    〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 薬師寺三行君。



◆22番議員(薬師寺三行君) 相手は来年早々、いろんな書類作成して市のほうへお伺いするということでございますので、そのときはぜひともよろしくお願いをしたらと思っております

 最後になりますが、今年は日本の政治、また世界の経済ともに非常に不安定な年であり、そして天候までもが地球規模での災害、多数ありました。世の中の人々の心も非常に不安定になっているのではと危惧をしているわけでございます。

 そこで、吉田町の政治家清家吉次郎翁の、井戸塀にはなりはしましたが、吉田支所前に銅像、吉田高校前に梅の大木、そして吉田町民への遺言が残されております。その遺言とは、「一町内に住居す、生活する町民は、一樹の陰に憩い、一河の流れをくむ。偶然の因縁にしてあらず。一大家族の集団となり、観すべきこと、これまさに自治の一大事となす」。昭和8年12月、病床の中で吉田町民に自治の精神を訴えられました。

 今世紀に生きる我々、平成23年度、ここにおられます皆様方、市民、職員の今後の自助努力に御期待を申し上げまして、質問を終わりたいと思います。ありがとうございました。



○議長(福本義和君) 以上で薬師寺三行君の質問を終わります。

 これをもちまして一般質問を終了いたします。

 この際、しばらく休憩し、再開につきましては追って庁内放送で御連絡いたします。

    午後1時45分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

    午後2時25分 再開



○議長(福本義和君) 再開いたします。

 それでは、「議案第103号・外国の地方公共団体の機関等に派遣される職員の処遇等に関する条例の一部を改正する条例」以下、日程記載の順を追い、「議案第129号・宇和島地区広域事務組合の共同処理する事務の変更及び規約の変更について」までの27件を便宜一括議題といたしたいと思います。

 これに御異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 異議なしと認め、「議案第103号」ないし「議案第129号」までの27件を便宜一括議題といたします。

 これより質疑に入ります。

 質疑の通告がありませんので、質疑を終結いたします。

 お諮りをいたします。

 ただいま上程中の「議案第103号」ないし「議案第129号」までの27件は、さらに慎重審議を行うため、お手元に配付の付託表のとおり、日程記載の請願・陳情とともに所管の委員会に付託したいと思います。

 これに御異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 異議なしと認め、そのよう決定いたします。

 次に、本日、理事者から追加の案件が上程予定でありましたが、諸般の事情により、上程しない旨の打診がありました。

 よって、議事日程第3号の記載を一部訂正したいと思います。

 これに御異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(福本義和君) 異議なしと認めます。

 よって、議事日程第3号の記載は一部訂正いたします。

 なお、訂正後の議事日程第3号につきましては、後ほどお配りいたします。

 これをもちまして、本日の日程は全部終了いたしました。

 本日はこれにて散会をいたします。

    午後2時26分 散会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

   宇和島市議会 議長 福本義和

          議員 土居秀徳

          議員 泉 雄二