議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛媛県 宇和島市

平成21年  3月 定例会 03月02日−01号




平成21年  3月 定例会 − 03月02日−01号







平成21年  3月 定例会



平成21年3月宇和島市議会定例会

議事日程第1号

平成21年3月2日(月)午前10時開議

会議録署名人指名

会期の決定について

諸般報告

監査報告 監査報告第15号、監査報告第16号、監査報告第17号

議案第4号 平成20年度宇和島市一般会計補正予算(第5号)

議案第5号 平成20年度宇和島市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)

議案第6号 平成20年度宇和島市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)

議案第7号 平成20年度宇和島市介護保険特別会計補正予算(第3号)

議案第8号 平成20年度宇和島市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)

議案第9号 平成20年度宇和島市病院事業会計補正予算(第5号)

議案第10号 平成20年度宇和島市水道事業会計補正予算(第3号)

議案第11号 工事請負契約について

議案第12号 工事請負契約について

議案第13号 市道路線の廃止について

議案第14号 市道路線の設定について

     (理事者提案説明・質疑・委員会付託)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

     議事日程のとおり

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(26名)

 1番    石崎大樹君

 2番    大窪美代子君

 3番    清家康生君

 4番    岩城泰基君

 6番    赤松与一君

 7番    山内秀樹君

 9番    兵頭司博君

10番    我妻正三君

11番    松本 孔君

12番    木下善二郎君

13番    河野具彦君

14番    福島朗伯君

15番    上田富久君

16番    薬師寺三行君

17番    富永照瑞君

18番    山下良征君

19番    赤岡盛壽君

21番    藤堂武継君

23番    赤松南海男君

24番    福本義和君

25番    小清水千明君

26番    三好貞夫君

27番    若藤富一君

28番    土居秀徳君

29番    泉 雄二君

30番    浅田良治君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

欠席議員(2名)

 5番    坂尾 眞君

22番    大塚萬義君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者の職氏名

市長             石橋寛久君

副市長            森  忠君

教育長            明神崇彦君

総務部長           岡野 昇君

市民環境部長         西田丈一君

保健福祉部長         児玉悟朗君

産業経済部長         桐田敏昭君

建設部長           水口明彦君

建設部技監          末廣通正君

教育部長           松浦博文君

水道局長           白井栄一郎君

病院医療行政管理部長     奥藤幹治君

病院対策室長         武田教雄君

吉田支所長          大久保清重君

三間支所長          安岡賢司君

津島支所長          細川 泰君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

会議に出席した議会事務局職員

局長             河野廣行君

次長             後藤 稔君

次長補佐兼調査法制係長    山本清隆君

次長補佐兼庶務係長      藤田 良君

専門員兼議事係長       宮本啓行君

調査法制係主任        有馬孝行君

議事係主任          上甲由美子君

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    午前10時00分 開会



○議長(泉雄二君) ただいまの出席議員は26名であります。

 定足数に達しておりますので、これより平成21年3月第18回宇和島市議会定例会を開会いたします。

 それでは、石橋市長から、今定例会招集のあいさつがあります。

     〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(泉雄二君) 石橋市長。

     〔市長石橋寛久君登壇〕



◎市長(石橋寛久君) 皆さん、おはようございます。

 本日ここに平成21年3月第18回宇和島市議会定例会が開催されるに当たり、一言ごあいさつを申し上げます。

 議員各位におかれましては、年度末を迎え、何かと御多忙の中を御参集いただき、まことにありがとうございます。

 さて、申し上げるまでもなく、世界的な経済不況により、我が国におきましても、株価の下落や急激な円高による輸出産業の不振。また、それに伴って消費の落ち込みや雇用環境の悪化といった身近な問題がますます深刻化するなど、残念ながら景気は全国的に後退の一途をたどっております。

 当市におきましても、長年の第一次産業の低迷により、産業振興による町の活性化が大きな課題となっているところでありますが、今後といたしましても、第一次産業の再生を最優先課題とし、議員各位との相互連携のもと、宇和島に元気を取り戻すために全力で取り組んでまいる所存でありますので、議員各位、そして市民の皆様の温かい御理解と絶大なる御支援をよろしくお願い申し上げます。

 後日、施政方針表明をさせていただく機会をいただいておりますので、これからの市政に取り組む姿勢につきましては、その折に詳しく申し上げさせていただきたいと思っております。

 今定例会におきましては、平成20年度に関し予算案件が7件、その他の議案が4件の合わせて11件と、新年度に関して御報告申し上げるものが2件、条例案件13件、予算案件18件、その他の議案12件の、合わせて45件の予定となっております。

 どうぞ十分な御審議をいただき、御決定、御承認を賜りますようお願い申し上げまして、招集のごあいさつといたします。



○議長(泉雄二君) これより本日の会議を開きます。

 本日の会議は、議事日程第1号により進めます。

 本日の会議録署名人に、河野具彦君、福島朗伯君を指名いたします。

 まず、本定例会の会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 本定例会の会期は、お手元に配付の議事日程のとおり、本日から3月19日までの18日間といたしたいと思います。

 これに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(泉雄二君) 異議なしと認めます。

 よって、会期は18日間と決定いたしました。

 次に、お手元に配付しております諸般報告のうち、主なものを御報告申し上げます。

 まず、1月13日に松山市で開催されました「愛媛県市議会観光振興議員連盟設立総会」において、県下11市の議会議長が発起人となり、愛媛県市議会観光振興議員連盟が発足いたしました。今後は四国一円にも広がりを見せて、広域連携がなされる予定であります。

 次に、2月9日に東京都で開催されました「全国市議会議長会 評議会」において、7委員会からの報告があり、次期総会に提出する来年度予算案などの協議をいたしました。

 そのほかにつきましては、別紙のとおりであります。

 次に、先般、平成21年2月5日付をもちまして、玉田和正議員が一身上の都合により、議員辞職したい旨の願い出がありましたので、地方自治法第126条の規定により、同日議員辞職を許可いたしましたので、御報告申し上げます。

 以上で諸般報告を終わります。

 次に、監査委員から監査報告として「監査報告第15号」ないし「監査報告第17号」が提出され、お手元に配付しておりますので、御一読ください。

 それでは、「議案第4号・平成20年度宇和島市一般会計補正予算(第5号)」以下、日程記載の順を追い、「議案第14号・市道路線の認定について」までの全案件を、便宜一括議題といたしたいと思います。

 これに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(泉雄二君) 異議なしと認め、「議案第4号」ないし「議案第14号」までの全案件につきましては、便宜一括議題といたします。

 各担当理事者の説明を願います。

     〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(泉雄二君) 岡野総務部長。

     〔総務部長岡野 昇君登壇〕



◎総務部長(岡野昇君) おはようございます。

 それでは、ただいま上程されました各案件のうち総務部に係る議案につきまして御説明をいたします。

 まず、予算議案から御説明をいたします。「議案第4号・平成20年度宇和島市一般会計補正予算(第5号)」につきましては、第1条におきましては、予算の総額から4億6,237万9,000円を減額し、予算の総額を434億9,891万円にしようとするものであります。

 次に、第2条は繰越明許費の補正です。地域情報通信基盤整備推進事業ほか17事業について、諸事情により年度内の完成が見込めなくなったため、翌年度に繰り越して使用できる額を定めようとするものです。

 次に、第3条は地方債の補正です。本年度に事業を計画し、その財源として予定しております市債の借入限度額を変更しようとするものであります。

 歳入につきましては、15款県支出金、21款市債などを減額しております。今回の歳入の補正は、補助事業の精算などに伴う調整がほとんどであります。

 歳出予算について各款ごとに御説明をいたします。第2款総務費は、4,165万7,000円の減額で、路線バス運行費補助金や財政調整基金積立金などを追加する一方、庁舎整備工事費、地域情報通信基盤施設整備工事費、広域事務組合負担金などを減額しております。第3款民生費は、3億414万7,000円の減額で、国民健康保険特別会計繰出金や後期高齢者医療特別会計繰出金などを基準に沿って減額する一方、障害福祉サービス事業費などを増額しております。第4款衛生費は、1億7,422万円の増額で、病院事業会計負担金を計上する一方、指定ごみ袋購入費、浄化槽設置整備事業補助金など予算の執行状況に応じて減額をいたしております。第5款労働費は、勤労青少年ホームの運営経費を4万円減額しております。第6款農林水産業費は、土地改良事業や漁港漁場建設事業に係る県営事業負担金など9,859万2,000円を減額しております。第7款商工費は468万8,000円を追加しており、中小企業振興対策補助金などを計上しております。第8款土木費は、高速道路周辺環境整備事業、がけ崩れ防災対策事業などの精算に伴い、1億1,920万3,000円を減額しております。第9款消防費は、消防施設整備費の精算により443万1,000円を減額しております。第10款教育費は、学校施設の耐震補強に要する経費の契約状況から、7,121万7,000円を減額しております。第12款公債費は、一時借入金利子を200万円減額しております。

 次に、各特別会計の補正予算について御説明をいたします。

 まず、「議案第5号・平成20年度宇和島市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)」につきましては、事業勘定の予算の総額から296万8,000円を減額するものです。歳入は、療養給付費等負担金を増額する一方、一般会計繰入金などを減額しております。歳出は、一般被保険者保険料還付金などを増額する一方、特定健康診査委託料を減額しております。

 続きまして、「議案第6号・平成20年度宇和島市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)」につきましては、予算の総額から2億4,484万3,000円を減額するものです。歳入では、保険料や一般会計繰入金を減額し、歳出では、後期高齢者医療広域連合負担金を減額しております。第2条は繰越明許費で、高齢者医療円滑運営事業システム改修事業について、年度内の完成が見込めなくなったため、翌年度に繰り越して使用できる額を定めようとするものです。

 続きまして、「議案第7号・平成20年度宇和島市介護保険特別会計補正予算(第3号)」につきましては、保険事業勘定の予算の総額に1億2,372万5,000円を追加するもので、歳入は、保険料や国庫支出金などを増額する一方で、支払基金交付金などを減額しております。歳出は、介護給付費準備基金積立金や、国からの交付金を財源に、介護従事者処遇改善臨時特例基金積立金などを追加しております。

 続きまして、「議案第8号・平成20年度宇和島市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)」につきましては、予算の総額から50万円を減額するものです。歳入は、下水道使用料を減額する一方で、受益者負担金を増額しております。歳出ではポンプ場管理費を減額するほか、一般管理費などを増額しております。第2条は繰越明許費で、公共下水道整備事業について、年度内の完成が見込めなくなったため、翌年度に繰り越して使用できる額を定めようとするものであります。

 次に、その他の議案を御説明いたします。

 「議案第11号・工事請負契約について」及び「議案第12号・工事請負契約について」につきましては、相関連しておりますので一括して御説明いたします。

 両議案とも、地域情報化及びテレビ難視聴地域等の地上デジタル化対策として地域情報ネットワーク設備を整備する事業であります。

 議案第11号につきましては、センター施設から各サブセンター施設まで及び各サブセンター施設から各クロージャーまでの幹線における光ケーブルを総延長40万1,771メートル敷設する工事の請負契約を締結するに当たり、地方自治法第96条第1項第5号の規定により、議会の議決を求めようとするものであります。契約方法は一般競争入札方式で、四電工・小関電工特定建設工事共同企業体、四電エンジニアリング・マルミ通信機器特定建設工事共同企業体、東電工・トキワ電気特定建設工事共同企業体及び四国通建・山九電気工事建設工事共同企業体の4社の入札があり、四電工・小関電工特定建設工事共同企業体、宇和島市坂下津甲407番地83、代表者、株式会社四電工宇和島営業所、所長、末広憲二が落札いたしました。契約金額は7億800万円で、竣工予定日は平成21年3月31日であります。

 議案第12号につきましては、センター施設及び各サブセンター施設等におけるヘッドエンド工事、電源設備工事及びスタジオ設備等の設置工事の請負契約を締結するに当たり、地方自治法第96条第1項第5号の規定によって、議会の議決を求めようとするものであります。契約方法は一般競争入札方式で、NECネッツエスアイ株式会社松山営業所、四国通建株式会社宇和島営業所及び株式会社東電通松山支店の3社の入札があり、NECネッツエスアイ株式会社松山営業所、松山市一番町1番15号2、所長、安藤勝則が落札いたしました。契約金額は1億7,700万円で、竣工予定日は平成21年3月31日であります。

 以上で説明を終わります。

 よろしく御審議の上、御承認くださいますようお願いをいたします。

     〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(泉雄二君) 水口建設部長。

     〔建設部長水口明彦君登壇〕



◎建設部長(水口明彦君) それでは、ただいま上程されました各案件のうち建設部に係る議案につきまして御説明をいたします。

 まず、「議案第13号・市道路線の廃止について」につきましては、市道内上り線すべてが西日本高速道路株式会社施工の四国横断自動車道の起業地に含まれることに伴い、三間町曽根1097番地先から同町曽根1097番地先の延長52.97メートルを廃止しようとするものであります。また市道西仲大内停車場線及び市道沖中道線につきましては、鬼北町との市町境に架設されている前田橋のかけかえに際し、路線の起終点が変更となることに伴い、三間町大内80番地先から同町是延769番地先までの延長1756.99メートル及び三間町是延368番地先から同町是延512番地先までの延長466.78メートルをそれぞれ廃止するに当たり、道路法第10条第1項の規定によって議会の議決を求めようとするものであります。

 続きまして、「議案第14号・市道路線の認定について」につきまして御説明いたします。まず、市道西仲大内停車場線及び市道沖中道線につきましては、議案第13号にて廃止したため、三間町大内80番地先から同町是延500番4地先までの延長1,764.20メートルを市道西仲大内停車場線とし、また三間町是延368番地先から同町是延492番3地先までの延長461.70メートルを市道沖中道線として新たに認定しようとするものであります。また、市道下高串線につきましては、西日本高速道路株式会社施工の四国横断自動車道の本線工事により地域が分断されるため、その機能回復として道路を新設することに伴い、高串1番耕地612番1地先から同1番耕地570番2地先までの延長40.50メートルを市道路線として認定しようとするものであります。次に、市道祓川篠山線、市道小岩道篠山線及び市道貝の浦間口線につきましては、従前、林道及び農道として管理していた路線を一般交通の用に供することに伴い、津島町御内2387番地先から同町槙川字笹郷山国有林14林班内までの延長5,298.78メートルを、市道祓川篠山線とし、また津島町下畑地庚180番28地先から同町下畑地字陰平山国有林2林班内までの延長4,493.32メートルを市道小岩道篠山線とし、及び吉田町奥浦甲641番5地先から同町奥浦甲3296番1地先までの延長1,803.64メートルを市道貝の浦間口線とし、それぞれを市道路線として認定するに当たり、道路法第8条第1項の規定によって議会の議決を求めようとするものであります。

 以上で説明を終わります。

 よろしく御審議の上、御承認くださいますようお願いいたします。

     〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(泉雄二君) 奥藤医療行政管理部長。

     〔病院医療行政管理部長奥藤幹治君登壇〕



◎病院医療行政管理部長(奥藤幹治君) 「議案第9号・平成20年度宇和島市病院事業会計補正予算(第5号)」について御説明いたします。第2条業務の予定量の建設改良事業予定につきましては、医療機械及び備品購入費を959万2,000円の減額、改良工事費を571万2,000円の増額及び病院改築費を4億1,306万4,000円の減額を行うものです。

 第3条収益的収入及び支出につきましては、収入総額を4,823万4,000円増額するもので、内訳としては、医業収益3,483万4,000円の増額、医業外収益1,340万円の増額をするものです。また、支出総額を5,133万5,000円増額し、その内訳としては、医業費用を4,955万5,000円の増額、医業外費用を178万円の増額をするものです。

 第4条資本的収入及び支出につきましては、収入総額を1億2,955万4,000円減額するもので、内訳としては、企業債3億4,580万円の減額、他会計出資金1,150万円の減額、負担金交付金2億2,774万6,000円の増額をするものです。また、支出総額で4億2,202万1,000円を減額するもので、その内訳としては、建設改良費4億1,694万4,000円の減額、企業債償還金44万5,000円の増額、退職給与金552万2,000円の減額をするものです。また、その資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額は9億3,833万6,000円となり、過年度分損益勘定留保資金で補てんするものとしております。

 第5条継続費につきましては、病院改築事業の年割額を変更するものです。

 第6条企業債の借入限度額を宇和島病院の医療機械器具整備事業につきまして、2,140万円を960万円に、病院改築事業につきましては、32億6,900万円を29億3,500万円に変更するものです。

 第7条議会の議決を経なければ流用することのできない経費は、職員給与費2,894万3,000円を増額するものです。

 以上で説明を終わります。

 よろしく御審議の上、御承認をいただきますようお願いをいたします。

     〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(泉雄二君) 白井水道局長。

     〔水道局長白井栄一郎君登壇〕



◎水道局長(白井栄一郎君) それでは、「議案第10号・平成20年度宇和島市水道事業会計補正予算(第3号)」につきまして御説明をいたします。

 今回の補正予算は、既決予算の調整が主であります。

 まず、第2条収益的収支の内容は、支出について1,862万円の減額を行っております。その内訳は主に受水費、修繕費及び事務的経費などの不用見込み額を調整し、また路面復旧費などは不足見込み額を補正しております。一方、収入につきましては、給水収益及び加入金の補正として700万円の減額を行っております。

 また、第3条資本的収支の内容は、支出について4,722万3,000円の減額を行っております。その内訳は、契約状況及び県の道路関係事業の進捗に合わせた補正であります。一方、収入につきましては、企業債など964万5,000円の減額を行っております。

 最後になりますが、第4条の職員給与費につきましては、退職給与金等の調整により、498万6,000円の増額となるものであります。

 以上で説明を終わります。

 御審議の上、御承認くださいますようよろしくお願いをいたします。



○議長(泉雄二君) 以上で説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。

 質疑の通告がありませんので、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま上程中の「議案第4号・平成20年度宇和島市一般会計補正予算(第5号)」以下、日程記載の順を追い、「議案第14号・市道路線の認定について」までの全案件は、さらに慎重審議を行うため、御手元に配付の付託表のとおり、所管の委員会に付託いたしたいと思います。

 これに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(泉雄二君) 異議なしと認め、そのように決定しました。

 これをもちまして、本日の日程は全部終了いたしました。

 本日はこれにて散会いたします。

    午前10時28分 散会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

   宇和島市議会 議長 泉 雄二

          議員 河野具彦

          議員 福島朗伯