議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛媛県 今治市

平成20年第4回定例会(第1日) 本文




2008年09月11日:平成20年第4回定例会(第1日) 本文

◯白石勝好議長 ただいま出席議員33名であります。
 これより第4回今治市議会定例会を開会いたします。
 市長から今期議会招集のあいさつがあります。


◯越智 忍市長 本日、第4回の定例市議会を開催いたしましたところ、議員各位におかれましては、ご多忙のところご参集賜りまして、開会の運びとなりましたことを厚く御礼申し上げます。
 初めに、去る8月24日に発生いたしました朝倉の笠松山山林火災でございますが、発生後、直ちに現場直近に現場指揮本部を設置し、あわせまして消防本部内に災害対策本部を設置いたしまして、火災の対応に当たった次第でございます。不眠不休でご活躍をいただきました消防団の皆様はもとより、愛媛県を初めといたします香川、徳島、高知、山口、岡山、広島の各県防災関係者、また、遠くは大阪府、三重県、熊本県、福岡県から駆けつけていただきました自衛隊の各部隊、そして、地元住民の皆様方の応援も得まして消火活動を行いました結果、8月29日に何とか鎮火に至ることができました。
 約107ヘクタールの山林を焼失し、消火活動中の職員及び消防団員の2名が軽傷を負いましたものの、おかげをもちまして他に人的被害や建物への被害はなく、多くの住民の方々の不安を解消できましたことは、ひとえに皆様方の多大なご協力、ご尽力のたまものでございます。消防団、また炊き出しにご協力をいただきました婦人防火クラブや地元婦人会を初め、関係者の皆様方に、改めまして深く感謝を申し上げる次第でございます。また、愛媛県におかれましては、対策事業の可能性を探るために、現地調査に素早く対応していただいているところでございます。
 今後、県を初め、関係機関のご協力を得る中で、できる限り早く被災をいたしました山林の復旧に努めてまいりますとともに、今回の事態を教訓といたしまして防災体制の一層の充実に取り組む一方、防火対策にも力を入れてまいりたいと思いますので、議員各位並びに市民の皆様方のご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 次に、平成22年度中に一次開園を控えております今治西部丘陵公園でございますが、著名な脚本家の倉本聰氏が塾長を務めておられます富良野自然塾の環境プログラムを導入いたしますため、先日、基本計画策定に係ります同塾への委託契約を締結いたしまして、早速8月28日から2日間にわたりまして、倉本氏ご自身が現地を視察されたところでございます。今後は、「自然にいこい、体験を通じて、自然との共生を学び、里山の自然資源と環境を活かす公園づくり」という今治西部丘陵公園事業の基本コンセプトを生かしながら、自然の中で地球の成り立ちや自然の大切さを体験学習できる富良野自然塾の事業を推進してまいりたいと考えております。
 次に、新都市整備事業の進捗状況でございますが、第1地区第2工区の造成工事につきましては、見直し後の土地利用計画に基づく用途地域を含む都市計画変更の手続につきまして、愛媛県の基本合意をいただいたことから、今後は平成22年度の着工に向けた準備を進めてまいりたいと考えております。
 また、新都市用地の分譲状況につきましては、先般、都市再生機構が公募分譲を行いました第1地区の流通業務等施設用地は、1社の申し込みを受けまして、9月末の契約締結に向けた手続が行われているところでございます。また、第2地区の住宅地、しまなみヒルズにつきましては、来る11月に第4期分譲といたしまして39区画の更地分譲が予定されております。
 今後とも関係機関と連携をしつつ、さらなる企業誘致にも積極的に取り組んでまいる所存でございますので、引き続きご支援とご協力を賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。
 一方、市街地中心部におきましては、今治大丸の本年末閉店という突然の厳しい状況に直面いたしまして、驚きと同時に極めて残念な思いを抱いております。今治市といたしましては、今後の適切な施設の利活用につきまして、機会をとらえまして強く要請をしてまいりたいと考えているところでございます。
 また、中心市街地の活性化を図っていくための大きなかぎは、まちなかに住む人、また訪れる人をふやしていくことだと考えておりますので、同地区内に交流によるにぎわいを創出することにつきましては今後も積極的に取り組んでまいります。
 現在、そのための具体的な施策といたしまして、人口を回帰させるためのまちなか居住促進事業、にぎわいと交流の拠点づくりとしてのみなと再生プロジェクトや、今治シビックプライドセンターの設立、中心市街地への日常的なにぎわいを創出するための市関連施設の移設など、各種事業を掲げまして検討を進めております。さらに、これらの事業を効率的かつ効果的に実施をし、中心市街地全体を総合的にとらえ、活性化を推進するための基本構想といたしまして、都市再生プログラムの策定作業も急いでいるところでございます。関係者の皆様方のご理解、ご協力をよろしくお願い申し上げます。
 さて、今議会に提案をいたしました案件は、補正予算案が1件、条例案が6件、その他の議案が16件、報告が2件、合わせまして25件でございます。その主なものについて申し述べたいと思います。
 第1点目は、子育て世帯を地域ぐるみで応援しようとする赤ちゃん安心おでかけ事業でございます。育児中のお母さん方が赤ちゃんを連れて外出された際に、安心しておむつ交換ができる場所を事前に知っておけば、計画的な外出が可能となり、周囲の方々にも気兼ねなくおむつ交換ができるものと思われます。また、今後、市内の店舗などにそのような場所の整備が広がってまいりますと、子育て世代にとりまして優しい環境づくりが実現されるものと考えます。
 そこで、当市では、おむつ交換が可能な店舗等が一覧できるようなマップを作成し、子育て世帯へ配布をいたしますとともに、新たにおむつ交換設備を整備しようとする事業者に対しまして、経費の一部を支援することといたしました。店舗を持つ事業者の方々も、地域の一員として子育てに参加することによりまして、子育て世帯の安心できる外出活動を地域ぐるみで応援しようとするものでございます。
 なお、本年10月よりスタートいたします子育てファミリー応援ショップ事業につきましては、多くの商店や企業のご協賛をいただきまして、現在371店舗を確保することができました。これもひとえに協賛店舗の皆様方のご協力のたまものと心から感謝と御礼を申し上げます。本市では、協賛店舗の善意によりまして提供されますさまざまなサービスをより多くの子育て世帯にご利用いただき、地域が一体となって子育て世帯を応援するまちづくりを積極的に推進してまいりたいと考えておりますので、今後ともご理解、ご協力を賜りますようお願いを申し上げます。
 第2点目は、福祉事業と連携をして中心商店街を活性化しようとする商店街パワーアップ支援事業でございます。市内の福祉施設に入所されている高齢者や障害者の方々や保育園児を招待した各種イベントの開催など、地域のお年寄りや子供たちとともに進める商店街づくりといたしまして、広く市民へ呼びかけまして、あわせて商店街への集客を図ろうとする今治商店街協同組合に対しまして、助成を行ってまいりたいと考えております。本事業では、ほんからどん宝くじの抽選会を公開イベントとして開催し、施設入所の高齢者の方々が参加する餅つき大会等も企画されているようでございます。また、これまで同組合では、おかみさん会と協力をしながら、空き店舗、しまなみパティオを利用したひな祭りやクリスマスなど、季節の飾りつけを行い、商店街の彩りとにぎわいに努めておられますが、今回それらの行事にも福祉的要素を取り入れるとのことでございます。こうした取り組みが広く市民の皆様の関心を得ることによりまして、商店街のにぎわいがさらにパワーアップされ、ひいては中心商店街の活性化にもつながっていくものと思うところでありまして、商店街の皆様初め、関係者のより一層のご努力を期待する次第でございます。
 第3点目は、みなと再生の関連事業でございます。昨年度、みなと再生委員会からご提言をいただきましたみなと再生構想の基本コンセプトに基づきまして、施設整備の提案がございました海事ビジネスセンター、交通ターミナル、市民広場、沖洲公園、駐車場につきまして、検討区域内での適正配置、あるいは整備規模、整備効果を整理いたしますとともに、地元関係者、関係機関、関連事業者との調整、また、施設の適切な管理運営等を踏まえました基本計画の策定に着手をしてまいります。
 本年度は同基本計画策定業務に係ります委託事業者の選定委員会を開催するなど、年度末の契約締結に向けた手続を順次、実施してまいります。そして平成21年度から22年度までの2カ年をかけまして、みなと再生基本計画を完成させたいと考えております。関係者の皆様方のご理解、ご協力をよろしくお願い申し上げます。
 このほか、しまなみ海道10周年記念事業の開催準備に伴います実行委員会への負担金、また、果樹産地体質強化促進費及びえひめオリジナル産地育成事業費等への補助金などに所要の予算を計上いたしております。
 また、条例案件でございますが、公の施設の管理に民間の能力を活用し、住民サービスの向上を図りますために、新たに6カ所の施設につきまして、指定管理者制度を導入してまいりたいと考えております。
 なお、各案件の詳細につきましては、後ほど副市長の方から説明をさせていただきますので、よろしくご審議のほどをお願い申し上げまして、ごあいさつとさせていただきます。


◯白石勝好議長 以上であいさつは終わりました。この際、議会活動状況についてご報告いたします。
 報告事項はお手元に配付の議会日誌のとおりであります。ご一覧願います。
 これより本日の会議を開きます。
 本日の議事日程はお手元に配付の日程表のとおりであります。
 日程1、会議録署名議員の指名を行います。
 本日の会議録署名議員に、25番寺井政博議員、26番松田敏彦議員を指名いたします。
 次に、日程2、会期の決定を議題といたします。
 お諮りいたします。
 会期は本日より9月26日までの16日間とし、その間の会議日程はお手元に配付の会議日程表のとおり運営いたしたいと思います。さよう決定してご異議ありませんか。
                (「異議なし」と言う)
 ご異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 次に、日程3、付議事件番号1、議案第107号「平成20年度今治市一般会計補正予算(第2号)」ないし付議事件番号25、報告第8号「公営企業資金不足比率について」、以上25件を一括して議題といたします。
 当局から提案理由の説明を求めます。


◯藤原明生副市長 それでは、本日ご提案申し上げました議案の提案理由につきまして、ご説明を申し上げます。
 提案いたしております案件は、一般会計補正予算案1件、条例案6件、その他の議案16件、報告2件の、合わせまして25件でございます。便宜上一般議案の方から説明させていただきます。
 白い冊子の厚い方の議案書1ページをお開きください。議会第4回議案第108号「今治市議会議員に対する議員報酬、費用弁償及び期末手当支給条例制定について」でございます。地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴いまして、本市議会議員に対する議員報酬、費用弁償及び期末手当について、必要な事項を定めようとするものでございます。
 3ページをお願いいたします。これまで議員報酬、費用弁償及び期末手当につきましては、現行の今治市報酬及び費用弁償等支給条例で定めておりましたが、地方公共団体の権限や機能が拡大する中、議会活動の範囲を明確化するとともに議員の報酬規定を整備するため地方自治法の改正が行われたことに伴いまして、新たに本条例を制定しようとするものでございます。なお、この条例は公布の日から施行しようとするものでございます。
 5ページをお願いいたします。議案第109号「今治市報酬及び費用弁償等支給条例の一部を改正する条例制定について」でございます。地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴いまして、先ほどご説明申し上げました条例制定のとおり、本市議会議員に対する議員報酬、費用弁償及び期末手当について、別に定めることに伴いまして、所要の改正をしようとするものでございます。
 8ページをお願いいたします。改正条項の新旧対照表を掲げてございます。左側が改正後、右側が改正前を示してございます。本条例の題名を「今治市報酬及び費用弁償支給条例」に改めますとともに、第4条の2、第5条及び第6条に掲げてございます議員の費用弁償、期末手当及び報酬に関する条項を削除しようとするものでございます。なお、この条例は公布の日から施行しようとするものでございます。
 11ページをお願いいたします。議案第110号「今治市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例の一部を改正する条例制定について」でございます。指定管理者制度を新たに導入することに伴いまして、所要の改正をしようとするものでございます。
 14ページをお願いいたします。改正条項の新旧対照表を掲げてございます。指定管理者制度を導入する指定施設に今治市障害者福祉センターなど公の施設を新たに追加いたしまして、市長等の諮問に応じて、指定管理者の選定について審議を行います指定管理者選定審議会を設置しようとするものでございます。なお、この条例は平成20年10月1日から施行しようとするものでございます。
 17ページをお願いいたします。議案第111号「今治市障害者福祉センター条例の一部を改正する条例制定について」から、33ページの議案第113号「今治市火葬場条例の一部を改正する条例制定について」までの3件につきましては、先ほどご説明申し上げました、今治市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例の一部を改正する条例を制定することに伴いまして、指定管理者が行う業務等について、規定の整備などの所要の改正を行おうとするものでございます。なお、これらの条例につきましては平成20年10月1日から施行しようとするものでございますが、今治市火葬場条例の一部を改正する条例におきましては、38ページ以下に掲げてございますとおり、今回の指定管理者制度導入に合わせて、待合個室の利用方法及び使用料設定を使用実態に即した内容に変更しておりまして、この改正規定につきましては、平成21年4月1日から施行しようとするものでございます。
 43ページをお願いいたします。議案第114号「大西宮脇地区都市再生整備事業の内公民館及び図書館改修建家その他工事請負契約の締結について」でございます。去る8月8日に一般競争入札を行いました結果、落札いたしましたので、8月21日に仮契約を締結し、本日ご提案申し上げたものでございます。下に掲げておりますように、契約金額4億950万円で、吉田・吉武共同企業体と、工期を契約発効の日から平成21年11月30日までとする契約をしようとするものでございます。
 45ページをお願いいたします。議案第115号「新たに生じた土地の確認について(肥海漁港施設用地)」、それから51ページの議案第116号「字の区域の変更について(肥海漁港施設用地)」につきましては、関連がございますので、一括して説明をさせていただきます。今治市大三島町肥海435、436、437及び443の地先公有水面埋立地489.30平方メートルは、地方自治法第9条の5第1項の規定によりまして、今治市の地域であることを確認し、同法第260条第1項の規定によりまして、字の区域を変更しようとするものでございます。その処分は今治市長の行います告示の日から効力を生ずることとなってございます。なお、参考として箇所図等を掲げてございますので、後ほどごらんいただいたらと思います。
 57ページをお願いいたします。議案第117号「市営土地改良事業の施行について(高部 家ノ下地区)」から69ページの議案120号「市営土地改良事業の施行について(吉海 田浦地区)」までの4件につきましては、関連がございますので、一括して説明を申し上げます。市営土地改良事業を施行することにつきまして、土地改良法第96条の2第2項の規定によりまして、あらかじめ議会の議決を求めようとするものでございます。県単独補助土地改良事業としてかんがい排水工事を施行しようとするものでございます。なお、参考として工事概要を掲げてございますので、後ほどごらんいただいたらと思います。
 73ページをお願いいたします。議案第121号「市営土地改良事業の施行について(玉川 畑寺地区)」でございます。先ほどの4件と同じく市営土地改良事業を施行することにつきまして、土地改良法第96条の2第2項の規定によるものでございますが、標記事業につきましては、平成21年度の農山漁村活性化プロジェクト支援交付金事業といたしまして、区画整理を施行しようとするものでございまして、国への補助申請に先立ち、あらかじめ議会の議決を求めようとするものでございます。なお、参考として工事概要を掲げてございますので、後ほどごらんいただいたらと思います。
 77ページをお願いいたします。議案第122号「公有水面埋立てについて(伯方地区造船振興土地造成)」でございます。公有水面埋立法第3条第1項の規定によりまして、伯方港港湾管理者から次の公有水面埋立てについて意見を求められましたので、異議のない旨の意見を述べることにつきまして、同条第4項の規定に基づき議会の議決を求めるものでございます。下に掲げてございますが、埋立区域につきましては、今治市伯方町木浦字足奈波乙509番、乙510番、乙511番、乙517番、乙518番、乙518番2及び乙520番1の地先公有水面、9600.42平方メートルでございます。埋立区域及び埋立てに関する工事の施行区域につきましては、79ページの公有水面埋立箇所図で示しておるとおりでございまして、12カ月の工事期間をもちまして、輸送用機械器具製造業用地として整備しようとするものでございます。
 81ページをお願いいたします。議案第123号「平成19年度今治市水道事業決算の認定について」、それから83ページの議案第124号「平成19年度今治市工業用水道事業決算の認定について」につきましては、関連がございますので、一括して説明をいたします。
 地方公営企業法第30条第4項の規定によりまして、平成19年度今治市水道事業決算及び平成19年度今治市工業用水道事業決算を、別冊のとおり監査委員の意見をつけて認定に付するものでございます。
 85ページをお願いいたします。報告第7号「専決処分について」でございます。地方自治法第180条第1項の規定によりまして、次のとおり専決処分をいたしましたので、同条第2項の規定により報告するものでございます。
 87ページをお願いいたします。専決第14号「損害賠償額の決定及び和解について」でございます。市職員が運転する市有普通乗用自動車が、今治市野々江地域住民学習センター駐車場から出るため後退した際、同センター前に駐車中の相手方所有の軽四乗用自動車に接触し、同車両の左後部を破損したものでございます。双方で話し合いを進めてまいりましたが、先般、示談が成立いたしましたので、この対応をいたしたものでございます。和解の相手方、事故の概要、損害賠償額につきましては、下に掲げているとおりでございます。
 89ページをお願いいたします。専決第15号「損害賠償額の決定及び和解について」でございます。市職員が運転する市有軽四乗用自動車が、東鳥生町三丁目3番20号の敷地内から高下川1号線に進入いたしました際、左方向から直進し、一時停止した相手方所有の小型乗用自動車に接触し、同車両の右側を破損し、同車両の運転手が負傷したものでございます。双方で話し合いを進めてまいりましたが、車両の物的損害につきましては、先般、示談が成立いたしましたので、その対応をいたしたものでございます。和解の相手方、事故の概要、損害賠償額につきましては、下に掲げているとおりでございます。
 91ページをお願いいたします。専決第16号「損害賠償額の決定及び和解について」でございます。県道今治停車場線におきまして、市職員が運転する市有軽四貨物自動車が赤信号で停車しておりましたが、信号が青に変わったため発進いたしました際、前方に停車していた相手方所有の軽四貨物自動車に追突し、同車両の後部を破損し、同車両の運転手が負傷したものでございます。双方で話し合いを進めてまいりましたが、車両の物的損害につきましては、先般、示談が成立いたしましたので、その対応をいたしたものでございます。和解の相手方、事故の概要、損害賠償額につきましては、下に掲げているとおりでございます。
 93ページをお願いいたします。専決第17号「今治市議会政務調査費の交付に関する条例等の一部を改正する条例制定について」でございます。地方自治法の一部を改正する法律の公布に伴いまして、字句の整理をいたしたものでございます。
 96ページをお願いいたします。改正条項の新旧対照表を掲げてございますが、冒頭の条例案件のご説明の際に申し上げました、議員の報酬規定の整備等に係る地方自治法の改正に伴いまして、今治市議会政務調査費の交付に関する条例、今治市報酬及び費用弁償等支給条例、今治市特別職報酬等審議会条例の3条例におきまして、字句の整理をいたしてございます。なお、この条例は平成20年9月1日から施行いたしてございます。
 99ページをお願いいたします。専決第18号「損害賠償額の決定及び和解について」でございます。本市職員が運転する市有軽四乗用自動車が、国道317号線を玉川方面に向かって直進中、市道柳線から進入してきた相手方所有の普通乗用自動車と衝突、双方の車両が破損し、衝突のはずみで本市車両は水田に落下いたしまして、相手方車両は県所有のガードパイプを破損したものでございます。関係者間で話し合いを進めてまいりましたが、車両及びガードパイプにつきましては、先般、示談が成立いたしましたので、その対応をいたしたものでございます。和解の相手方、事故の概要、損害賠償額につきましては、下に掲げているとおりでございます。
 101ページをお願いいたします。報告第8号「公営企業資金不足比率について」でございます。地方公共団体の財政の健全化に関する法律第22条第1項の規定によりまして、平成19年度決算に係る公営企業の資金不足比率を、別冊のとおり監査委員の意見をつけて報告するものでございます。今治市水道事業会計及び今治市工業用水道事業会計におけます資金不足比率につきましては、下に掲げているとおりでございます。
 103ページをお願いいたします。参考といたしまして、ここに掲げておりますように、寄附の申し込みをいただき、これを採納いたしましたので、ご報告を申し上げる次第でございます。
 続きまして、白い冊子の薄い方の議案書1ページをお開きいただいたらと思います。議案第125号「宮窪小学校校舎建設工事の内建家その他工事請負契約の締結について」でございます。去る8月29日に一般競争入札を行いました結果、落札いたしましたので、9月4日に仮契約を締結し、本日ご提案申し上げたものでございます。下に掲げておりますように、契約金額7億9,012万5,000円で、河上・大旺共同企業体と、工期を契約発効の日から平成21年10月15日までとする契約をしようとするものでございます。
 3ページをお願いいたします。議案第126号「宮窪小学校屋内運動場建設工事の内建家その他工事請負契約の締結について」でございます。去る8月29日に一般競争入札を行いました結果、落札いたしましたので、9月5日に仮契約を締結し、本日ご提案申し上げたものでございます。下に掲げておりますように、契約金額3億3,547万5,000円で、タニグチ・越智昇共同企業体と、工期を契約発効の日から平成21年10月15日までとする契約をしようとするものでございます。
 5ページをお願いいたします。議案第127号「大西中学校校舎建設工事の内建家その他工事請負契約の締結について」でございます。去る8月29日に一般競争入札を行いました結果、落札いたしましたので、9月4日に仮契約を締結し、本日ご提案申し上げたものでございます。下に掲げておりますように、契約金額9億3,345万円で、野間・吉田共同企業体と、工期を契約発効の日から平成21年11月30日までとする契約をしようとするものでございます。
 7ページをお願いいたします。議案第128号「大西中学校屋内運動場建設工事の内建家その他工事請負契約の締結について」でございます。去る8月29日に一般競争入札を行いました結果、落札いたしましたので、9月4日に仮契約を締結し、本日ご提案申し上げたものでございます。下に掲げておりますように、契約金額4億3,554万円で、四国通建・渡辺共同企業体と、工期を契約発効の日から平成21年11月30日までとする契約を締結しようとするものでございます。
 9ページをお願いいたします。議案第129号「財産の取得について(高規格救急自動車)」でございます。今治北消防署に配備されております高規格救急自動車の老朽化に伴います更新整備をいたしますため、下に掲げておりますように、高規格救急自動車1台を購入しようとするものでございます。購入金額は2,588万2,500円で、愛媛日産自動車株式会社アミックス今治別宮店と契約しようとするものでございます。
 以上で議案の説明を終わりまして、予算の説明に移らせていただきます。青い冊子の補正予算書の1ページをお開きいただいたらと思います。
 議案第107号「平成20年度今治市一般会計補正予算(第2号)」でございます。第1条におきまして、歳入歳出予算の総額にそれぞれ3億9,083万3,000円を追加いたしまして、歳入歳出予算の総額を683億3,341万9,000円にしようとするものでございます。便宜上、歳出の方から説明させていただきます。
 10ページをお願いいたします。歳出の総括を掲げてございます。款別に補正予算額と財源内訳を掲げてございます。歳出予算に係る特定財源の割合は8.8%となってございます。
 16ページをお願いいたします。歳出の明細を掲げてございます。まず、総務費、総務管理費の企画費でございます。しまなみ海道10周年記念事業の開催準備に伴います同実行委員会への負担金を計上しようとするものでございます。
 次に、同項の総務諸費でございます。地方航路運航費につきまして、大三島ブルーライン株式会社の平成19年度に生じた経常損失額に対しまして、今治市が3分の2、大崎上島町が3分の1を負担し、支援しようとするものでございます。
 次に、民生費、児童福祉費の児童福祉総務費でございます。子育て世帯の安心できる外出活動を地域ぐるみで応援しようとする赤ちゃん安心おでかけ事業費でございます。おむつ交換が可能な店舗等が一覧できるようマップを作成、配布いたしますとともに、新たにおむつ交換場所を整備する事業者を支援しようとする内容となってございます。
 次に、衛生費、清掃費の一般廃棄物最終処分場費でございます。沖浦地区最終処分場整備等方針検討委員会からの意見を受けまして、新たに必要となった調査を追加実施いたしますため、同業務委託料を補正しようとするものでございます。
 次に、農林水産業費、農業費の農業振興費でございます。まずは、果樹産地体質強化促進費でございますが、消費者、市場ニーズに応じた優良品種の生産及び競争力のある産地の構築に向けまして、販売戦略を推進しつつ基盤整備を図ろうとするものでございます。大西、菊間、大三島地区の温州ミカン、中晩柑類生産農家におけます防風施設等の整備費につきまして、越智今治農業協同組合へ助成しようとするものでございます。
 また、水田農業経営確立対策事業費でございますが、設備の低コスト化、省力化を図りつつ経営基盤強化を推進するため、地域農業の担い手となる組織、農事組合法人まつぎの機械施設整備に対しまして、助成しようとするものでございます。
 さらに、えひめオリジナル産地育成事業費でございますが、愛媛県農業試験場で開発されたユリやイチゴの新品種を活用いたしまして、乃万、朝倉、上浦地区の生産農家での種苗確保や、市場調査、販売方法の検討等を実施する越智今治農業協同組合に対しまして、助成しようとするものでございます。これら3事業はすべて県の内示を受けたものでございまして、財源は県支出金となってございます。
 次に、同項の農地費でございます。県単土地改良事業として、高部 家ノ下、朝倉 山口、大西 小下、吉海 田浦各地区のかんがい排水設備を整備しようとするものでございます。財源は県支出金及び受益者からの分担金でございます。
 次に、商工費の商工振興費でございます。まずは、今治市企業立地促進条例に基づく指定区域用地取得奨励金でございますが、新都市区域内で、市または都市再生機構から直接用地を取得した企業がみずから立地した際、用地取得価格の10%以内を補助するものでございます。
 18ページをお願いいたします。商店街振興対策費におけます商店街パワーアップ支援事業費でございます。高齢者や児童とともに進める商店街づくりとして広く市民へ呼びかけ、福祉的側面を取り入れたイベント開催等により集客を図ろうとする今治商店街協同組合に対しまして、助成をしようとするものでございます。財源は県支出金でございます。
 次に、同項の造船振興土地造成事業費でございます。今治市造船振興計画に基づきます伯方地区造船振興土地造成事業費でございます。枝越港埋立てに伴います公有水面埋立工事の設計書作成等の事務費を計上しようとするものでございます。
 次に、教育費、中学校費の中学校教育振興費でございます。理科教育振興法によりまして、理科教育用具を整備しようとするものでございます。財源は国庫支出金でございます。
 次に、社会教育費の社会教育施設費でございます。今治城鉄御門及び同案内陶板の維持管理や宣伝啓発を行うため、文化施設基金へ積み立てをしようとするものでございます。財源は、今治城築城・開町400年祭実行委員会よりの寄附金でございます。
 次に保健体育費の保健体育総務費でございます。愛媛国体開催に向け、住民の意識向上を図り、住民総参加の国体を推進いたしますため、国体種目に内定した関係団体に対しまして、国体開催地市町スポーツ振興事業を委託しようとするものでございます。財源は県支出金でございます。
 次に、諸支出金、普通財産取得費の土地建物取得費でございます。大西地区の大井海岸埋立事業に由来いたします不要となった国有地の払い下げを受けますとともに、あわせて土地開発公社経営健全化に基づきまして、隣接する公社保有の完成土地を取得しようとするものでございます。
 以上で歳出の説明を終わらせていただいて、9ページに返っていただいたらと思います。
 歳入の総括を掲げてございます。款別に整理いたしておりますが、主なものは、地方交付税、地方特例交付金、及び繰越金などでございます。なお、歳出のところでご説明申し上げました特定財源につきましては、説明を省略させていただいたらと思います。
 12ページをお願いいたします。歳入の明細を掲げてございます。9款の地方特例交付金、その下、10款の地方交付税、そしてその下の方、21款の市債、臨時財政対策債でございますが、それぞれ額の確定に伴いまして補正計上しようとするものでございます。
 なお、普通交付税の減少につきましては、平成19年度の法人市民税の確定額が予想を上回る増額となったことや企業の活発な投資により、平成20年度の償却資産に係ります固定資産税が予想以上に増額されたことなどによるものでございます。
 次に、19款の繰越金でございます。今回の補正に伴いまして、6億5,780万6,000円を増額いたしまして、補正後の充当額は33億9,406万2,000円となってございます。
 以上で歳入の説明を終わらせていただきまして、6ページに返っていただいたらと思います。
 6ページ、第2表債務負担行為の補正でございます。伯方地区造船振興土地造成事業及びみなと再生基本計画策定事業を新たに追加いたしまして、ここに掲げておりますとおり、期間及び限度額を定めようとするものでございます。
 右側の7ページをお願いいたします。第3表地方債の補正でございます。今回の補正措置に伴いまして、ここに掲げておりますとおり、臨時財政対策債に係ります借入限度額を変更しようとするものでございます。
 以上で一般会計補正予算の説明を終わらせていただきます。なお、一部事業の詳細につきましては別冊の説明資料に掲げてございますので、後ほどごらんいただいたらと思います。
 以上をもちまして本日ご提案を申し上げました議案の説明を終わらせていただきます。
 ご審議のほどよろしくお願い申し上げます。


◯白石勝好議長 以上で当局の説明は終わりました。
 9月16日定刻から本会議を開きます。
 本日はこれをもって散会いたします。

               午前10時44分 散 会