議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛媛県 愛媛県

平成18年第299回定例会(第1号11月29日)




平成18年第299回定例会(第1号11月29日)





第299回愛媛県議会定例会会議録  第1号


平成18年11月29日(水曜日)


 
〇出席議員 46名


   1番  楠 橋 康 弘


   2番  豊 島 美 知


   3番  大 沢 五 夫


   4番  豊 田 康 志


   5番  笹 岡 博 之


   6番  鈴 木 俊 広


   7番  徳 永 繁 樹


   8番  高 山 康 人


   9番  泉   圭 一


  10番  欠     番


  11番  欠     番


  12番  阿 部 悦 子


  13番  欠     番


  14番  佐々木   泉


  15番  住 田 省 三


  16番  菅   良 二


  17番  渡 部   浩


  18番  白 石   徹


  19番  戒 能 潤之介


  20番  赤 松 泰 伸


  21番  欠     番


  22番  欠     番


  23番  井 上 和 久


  24番  栗 林 新 吾


  25番  村 上   要


  26番  高 橋 克 麿


  27番  本 宮   勇


  28番  黒 川 洋 介


  29番  河 野 忠 康


  30番  明 比 昭 治


  31番  猪 野 武 典


  32番  田 中 多佳子


  33番  篠 原   実


  34番  成 見 憲 治


  35番  藤 田 光 男


  36番  笹 田 徳三郎


  37番  寺 井   修


  39番  竹 田 祥 一


  40番  岡 田 志 朗


  41番  薬師寺 信 義


  42番  仲 田 中 一


  43番  帽 子 敏 信


  44番  横 田 弘 之


  45番  土 居 一 豊


  46番  欠     番


  47番  欠     番


  48番  清 家 俊 蔵


  49番  中 畑 保 一


  50番  森 高 康 行


  51番  柳 澤 正 三


  52番  山 本 敏 孝


  53番  谷 本 永 年


  54番  玉 井 実 雄


  ――――――――――


〇欠席議員 2名


  38番  西 原 進 平


  55番  池 田 忠 幸


  ――――――――――


〇欠  員 2名


  ――――――――――


〇出席理事者


  知事            加 戸 守 行


  副知事           吉野内 直 光


  出納長           永 野 英 詞


  公営企業管理者       和 氣 政 次


  総務部長          讀谷山 洋 司


  企画情報部長        藤 岡   澄


  県民環境部長        三 好 大三郎


  保健福祉部長        濱 上 邦 子


  経済労働部長        上 甲 啓 二


  農林水産部長        高 浜 壮一郎


  土木部長          清 水   裕


  公営企業管理局長      相 原 博 昭


  教育委員会委員長      井 関 和 彦


  教育委員会委員教育長    野 本 俊 二


  人事委員会委員       池 田 公 英


  公安委員会委員長      吉 村 典 子


  警察本部長         種 谷 良 二


  監査委員          壺 内 紘 光


  監査事務局長        河 野 恒 樹


    ――――――――――


〇出席事務局職員


  事務局長          丹生谷 光 嘉


  事務局次長総務課長事務取扱 北 川 一 徳


  参事議事調査課長      菅   宜 登


  参事政務調査室長      森 川 保 男


  副参事総務課長補佐     門 田 正 文


  副参事議事調査課長補佐   橋 本 千 鶴


    ――――――――――


〇本日の会議に付した事件


 会期決定の件


 会議録署名者選任の件


 定第116号議案ないし定第125号議案


 議発第10号議案





     午前11時 開会


○(篠原実議長) ただいまから、第299回愛媛県議会定例会を開会いたします。


    ―――――――――――――――――


○(篠原実議長) 知事から、今議会招集のあいさつがあります。


   〔加戸守行知事登壇〕


○(加戸守行知事) 開会に当たりまして、あいさつを申し上げます。


 本日、12月定例県議会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては、年末何かと御多忙の中を御参集いただきまして、まことにありがとうございました。


 本議会におきましては、平成18年度補正予算案を初め、当面する県政の諸案件につきまして御審議をいただくこととなっておりますので、適切な議決を賜りますようお願い申し上げます。


 また、先般のひょうによる農作物被害に対する支援につきましては、必要な予算措置を今議会に追加提案をさせていただきたいと存じますので、よろしくお願い申し上げます。


 以上をもちまして、簡単ではございますが、開会のあいさつといたします。


    ―――――――――――――――――


○(篠原実議長) この際、新任の方々を紹介いたします。


 まず、井関和彦教育委員会委員を紹介いたします。


   〔自席にて起立、一礼、着席〕


○(篠原実議長) 次に、池田公英人事委員会委員を紹介いたします。


   〔自席にて起立、一礼、着席〕


    ―――――――――――――――――


○(篠原実議長) これから、議事を開きます。


 お諮りいたします。


 今議会の会期を本日から12月12日までの14日間とすることに異議ありませんか。


   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○(篠原実議長) 異議ないものと認め、そのとおり決定いたします。


 なお、本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。


    ―――――――――――――――――


○(篠原実議長) 次に、会議録署名者は、会期中議長において指名することに異議ありませんか。


   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○(篠原実議長) 異議ないものと認め、そのとおり決定いたします。


 本日の会議録署名者に竹田祥一議員、高橋克麿議員を指名いたします。


    ―――――――――――――――――


○(篠原実議長) 知事から、定第116号議案ないし定第125号議案及び報告第22号ないし報告第26号。中畑保一議員から、議発第10号議案の提出がありましたので、報告いたします。


 続いて、前議会以降の諸般を事務局長に報告させます。


○(丹生谷光嘉事務局長) お手元に配付をいたしております諸般報告のうち、主なものについて御報告いたします。


 まず、10月24日に山口県で開催されました全国都道府県議会議長会定例総会に出席し、平成19年度政府予算編成に関する重点要望34項目など6議案を審議した結果、いずれも原案のとおり決定し、政府・国会等関係機関に対し、その実現について強く要望いたしました。


 次に、11月27日に東京都で開催されました「地方分権改革推進」全国大会に出席し、地方分権改革推進法の早期制定、税源移譲を含めた税源配分の見直しなどを採択し、政府と衆・参両院の全国会議員に強く要請いたしました。


 以上で報告を終わりますが、この際、御披露申し上げます。


 10月24日に山口県で開催されました全国都道府県議会議長会定例総会において、篠原実議長、成見憲治議員、森高康行議員が20年以上在職者として、また、横田弘之議員、藤田光男議員、井上和久議員、栗林新吾議員、清家俊蔵議員、村上要議員、帽子敏信議員が15年以上在職者として、それぞれ全国都道府県議会議長会から、自治功労者として表彰されましたことを御披露申し上げます。


 以上でございます。


    ―――――――――――――――――


○(篠原実議長) それでは、定第116号議案平成18年度愛媛県一般会計補正予算ないし定第125号議案を一括上程付議いたします。


 知事の説明を求めます。


   〔加戸守行知事登壇〕


○(加戸守行知事) このたびの定例県議会におきましては、平成18年度補正予算案を初め、当面する県政の諸案件につきまして御審議いただくこととなっておりますので、よろしくお願い申し上げます。


 さて、このほど見直した中期財政見通しによりますと、本県財政は、平成19年度から21年度までの3年間で、1,124億円もの財源不足を生ずる見込みとなっておりますが、この危機的な状況を何としても乗り切り、愛媛の未来を切り開いてまいりますためには、現在、全庁一丸となって取り組んでいる財政構造改革を引き続き着実に推進し、持続的な財政運営の確保に努めていかなければならないと考えておりますので、議員各位を初め、県民の皆様の御理解、御協力をいただきますようお願い申し上げます。


 それでは、ただいま上程されました議案の概要について説明いたします。


 今回の補正予算におきましては、当面、措置を必要とするものとして、まず、任期満了に伴います県議会議員選挙及び道後平野土地改良区総代選挙の実施に要する経費を計上することといたしました。


 また、平成13年度から16年度における不適正な執行が確認された県警の捜査報償費につきまして、国への補助金の返還が必要となりましたことから、加算金を含め、速やかに納付するため、所要の措置を講ずることとした次第であります。


 この結果、今回の一般会計補正予算の総額は、8億5,723万円でありまして、本年度予算の累計額は、7,070億2,432万円となります。


 この補正予算の財源につきましては、地方交付税及び諸収入等を充当することといたしました。


 以上が補正予算の概要でありますが、このほかに、法令の改正等に伴う条例の改正並びにその他の諸案件も提案しておりますので、適切な議決を賜りますようお願い申し上げます。


    ―――――――――――――――――


○(篠原実議長) 次に、議発第10号議案愛媛県防災対策基本条例を上程付議いたします。


 提出者中畑保一議員の説明を求めます。


   〔中畑保一議員登壇〕


○(中畑保一議員) ただいま上程されました愛媛県防災対策基本条例につきまして、提案理由を御説明を申し上げます。


 本県では、芸予地震や平成16年の一連の台風災害などでの甚大な被害を経験をし、災害は、時や場所を選ばず起こることを思い知らされました。また、今後30年以内に50%の確率で発生すると言われている南海地震など、今後、大規模な災害の発生が懸念されているところでございます。


 このような中で、被害の軽減を図るためには、行政による防災対策の推進はもちろんのこと、災害に対して県民、事業者、自主防災組織等が、各自の責務や役割を改めて認識をし、命と暮らしを守るため、自助と共助の活動をさらに進めていくことが必要であります。


 このため、県民が一丸となって防災対策を推進するための基本理念や方向性を示し、県民一人一人の災害への備えや地域における助け合いなどを中心として地域防災力の強化を図るとともに、行政による公助をあわせた災害に強い愛媛づくりを進めるために、本条例案を提案をしたものでございます。


 よろしく御審議をいただき、御賛同を賜りますようにお願いを申し上げます。


    ―――――――――――――――――


○(篠原実議長) 以上で本日の日程を終了いたしました。


 明30日及び12月1日は議案調査のため、2日及び3日は休日のため、休会いたします。


 4日は、午前10時から本会議を開きます。


 日程は、全議案に対する審議の続行であります。


 本日は、これをもって散会いたします。


     午前11時12分 散会