議事ロックス -地方議会議事録検索-


香川県 琴平町

平成29年 6月定例会(第1日 6月14日)




平成29年 6月定例会(第1日 6月14日)





          平成29年琴平町議会6月定例会 会議録


    ――――――――――――――――――――――――――――――





 平成29年琴平町告示第34号





 平成29年琴平町議会6月定例会を次のとおり招集する。





  平成29年6月7日





                           琴平町長 小 野 正 人


 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 1.期 日  平成29年6月14日 午前9時30分





 2.場 所  琴平町役場 琴平町議会議事室


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 開  会 平成29年6月14日(水曜日) 午前 9時30分


 閉  会 平成29年6月20日(火曜日) 午後 2時31分


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


1.応招・出席・欠席議員(10名)


┌──┬───────┬────┬──────┬──────┬──────┐


│議席│議 員 氏 名│応 招□│第1日   │第2日   │第3日   │


│番号│       │不応招△│(6月14日)│(6月19日)│(6月20日)│


│  │       │    │出席 〇  │出席 〇  │出席 〇  │


│  │       │    │欠席 ×  │欠席 ×  │欠席 ×  │


├──┼───────┼────┼──────┼──────┼──────┤


│1番│片 岡 英 樹│ □  │  〇   │  〇   │  〇   │


├──┼───────┼────┼──────┼──────┼──────┤


│2番│別 所 保 志│ □  │  〇   │  〇   │  〇   │


├──┼───────┼────┼──────┼──────┼──────┤


│3番│吉 田 親 司│ □  │  〇   │  〇   │  〇   │


├──┼───────┼────┼──────┼──────┼──────┤


│4番│豊 嶋 浩 三│ □  │  〇   │  〇   │  〇   │


├──┼───────┼────┼──────┼──────┼──────┤


│5番│安 川   稔│ □  │  〇   │  〇   │  〇   │


├──┼───────┼────┼──────┼──────┼──────┤


│6番│渡 辺 信 枝│ □  │  〇   │  〇   │  〇   │


├──┼───────┼────┼──────┼──────┼──────┤


│7番│今 田 勝 幸│ □  │  〇   │  〇   │  〇   │


├──┼───────┼────┼──────┼──────┼──────┤


│8番│山 下 康 二│ □  │  〇   │  〇   │  〇   │


├──┼───────┼────┼──────┼──────┼──────┤


│9番│眞 鍋 籌 男│ □  │  〇   │  〇   │  〇   │


├──┼───────┼────┼──────┼──────┼──────┘


│10番│山 神   猛│ □  │  〇   │  〇   │


└──┴───────┴────┴──────┴──────┘





2.会議録署名議員


┌────┬───────┬───────┬───────┐


│    │第1日    │第2日    │第3日    │


│    │(6月14日) │(6月19日) │(6月20日) │


├────┼───────┼───────┼───────┤


│議席番号│5番 安川 稔│2番 別所保志│3番 吉田親司│


├────┼───────┼───────┼───────┤


│氏  名│7番 今田勝幸│6番 渡辺信枝│10番 山神 猛│


└────┴───────┴───────┴───────┘





3.職務のため出席したものの職氏名


┌────────────┬──────┬──────┬──────┐


│会 期         │第1日   │第2日   │第3日   │


│職 氏 名       │(6月14日)│(6月19日)│(6月20日)│


├────────────┼──────┼──────┼──────┤


│事務局長 佐 藤 任 司│  〇   │  〇   │  〇   │


├────────────┼──────┼──────┼──────┤


│局長補佐 西 井久美 子│  〇   │  〇   │  〇   │


└────────────┴──────┴──────┴──────┘





4.地方自治法第121条による出席者の職氏名


┌──────────────────┬──────┬──────┬──────┐


│会  期              │第1日   │第2日   │第3日   │


│職 氏 名             │(6月14日)│(6月19日)│(6月20日)│


│                  │      │      │      │


├──────────────────┼──────┼──────┼──────┤


│町長         小 野 正 人│  〇   │  〇   │  〇   │


├──────────────────┼──────┼──────┼──────┤


│副町長        中   澄 夫│  〇   │  〇   │  〇   │


├──────────────────┼──────┼──────┼──────┤


│教育長        大 林 正 和│  〇   │  〇   │  〇   │


├──────────────────┼──────┼──────┼──────┤


│総務課長       石 橋   満│  〇   │  〇   │  〇   │


├──────────────────┼──────┼──────┼──────┤


│総務課主幹      造 田   泰│  〇   │  〇   │  〇   │


├──────────────────┼──────┼──────┼──────┤


│税務課長       松 浦 啓 昭│  〇   │  〇   │  〇   │


├──────────────────┼──────┼──────┼──────┤


│住民サービス課長   佐 藤 安 正│  〇   │  〇   │  〇   │


├──────────────────┼──────┼──────┼──────┤


│福祉課長       友 枝 眞理子│  〇   │  〇   │  〇   │


├──────────────────┼──────┼──────┼──────┤


│健康推進課長     澤 井 達 朗│  〇   │  〇   │  〇   │


├──────────────────┼──────┼──────┼──────┤


│観光商工課長     鎌 田 健 雄│  〇   │  〇   │  〇   │


├──────────────────┼──────┼──────┼──────┤


│農政土木課長     友 枝 一 朗│  〇   │  〇   │  〇   │


├──────────────────┼──────┼──────┼──────┤


│人権同和課長     宮 脇 公 男│  〇   │  〇   │  〇   │


├──────────────────┼──────┼──────┼──────┤


│会計管理者兼出納室長 森   雄 二│  〇   │  〇   │  〇   │


├──────────────────┼──────┼──────┼──────┤


│生涯教育課長     前 田 照 幸│  〇   │  〇   │  〇   │


├──────────────────┼──────┼──────┼──────┤


│学校整備等推進室長  西 岡   敏│  〇   │  〇   │  〇   │


├──────────────────┼──────┼──────┼──────┤


│上下水道課長     細 川 和 徳│  〇   │  〇   │  〇   │


└──────────────────┴──────┴──────┴──────┘





               会 議 の 経 過





 会期 第1日 平成29年6月14日(水曜日)


 議事日程(第1号)


 第 1       会議録署名議員の指名


 第 2       会期の決定


 第 3 報   告 行財政改革、産業振興、土木建設に関する調査  総務産業経済


                                  常任委員長


 第 4 報   告 教育・福祉・保健・衛生・上下水道事業に関す  教育厚生


           る調査                    常任委員長


 第 5 報   告 人権・同和問題に関する理解、認識を深め、人権 人権・同和対策


           ・同和対策の有効な諸施策の調査研究      特別委員長


 第 6 報   告 地方創生、町公共施設の在り方及び人口減少問題 町活性化推進


           についての調査研究              特別委員長


 第 7       町政一般報告                 町長


 第 8 議案第1号 専決処分の承認について(琴平町税条例等の一部 町長提出


           を改正する条例)


 第 9 議案第2号 専決処分の承認について(琴平町国民健康保険税 町長提出


           条例の一部を改正する条例)


 第10 議案第3号 専決処分の承認について(琴平町過疎地域におけ 町長提出


           る固定資産税の課税免除に関する条例の一部を改正する条例)


 第11 議案第4号 琴平町過疎地域における固定資産税の課税免除に 町長提出


           関する条例の一部を改正する条例


 第12 議案第5号 琴平町附属機関設置条例の一部を改正する条例  町長提出


 第13 議案第6号 琴平町報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改 町長提出


           正する条例


 第14 議案第7号 琴平町立学校教職員の報酬及び費用弁償に関する 町長提出


           条例


 第15 議案第8号 財産の取得について              町長提出


 第16 議案第9号 農業委員会の委員に占める認定農業者等又はこれ 町長提出


           らに準ずる者の割合を4分の1以上とすることに


           ついて


 第17 議案第10号 平成29年度琴平町一般会計予算補正予算(第  町長提出


           1号)


 第18  議案第11号 琴平町監査委員(識見を有する者)の選任につ  町長提出


           いて


 第19  議案第12号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求める  町長提出


           ことについて


 第20  報告第1号 平成28年度琴平町一般会計繰越明許費繰越計  町長提出


           算書


 第21  報告第2号 平成28年度琴平町土地開発公社事業計画及び  町長提出


           予算について





 追加  議案第13号 琴平町農業委員会の委員候補者選任の同意につ  町長提出


 第1        いて


 追加  発議第1号 議員派遣の件


 第2


 追加  報   告 行財政改革、産業振興、土木建設に関する調査  総務産業経済


 第3                               常任委員長








○議長(片岡 英樹君)


 おはようございます。(「おはようございます」の声あり)


 ご参集いただきまして、ありがとうございます。


 議場内の皆様にお願い申し上げます。携帯電話の電源はお切りいただきますようお願い申し上げます。


 開会に先立ちまして、本定例会の招集者であります町長の挨拶を求めます。


 町長、小野 正人君。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 おはようございます。(「おはようございます」の声あり)


 本日、ここに平成29年6月琴平町議会定例会を招集申し上げましたところ、全議員のご参集を賜りましたことをまずもって厚く御礼申し上げます。


 季節は、6月に入りまして、先週、この四国地方も梅雨入りに入ったということでございますが、それ以降、非常に好天に恵まれ、空梅雨の状況が現在続いておるというような中でございます。


 また、あすには、満濃池のゆる抜きがあるということで、この讃岐平野にも本格的な稲作のシーズンがやってくるという中ではございますが、本日の琴平町議会、6月定例会におきましては、提案事案といたしましては、専決処分の承認、また、補正予算案1件、さらには、条例の制定及び一部改正案、そして、議会の同意を求める議案等を提出させていただいております。議員各位におかれましては、何とぞ、ご慎重なるご審議を賜り、全議案に対してのご同意を賜りますようよろしくお願い申し上げます。


 さて、この4月以降、琴平町におきましては、既にご報告のとおりでございますが、こんぴら歌舞伎を開催いたしております。多くの方が訪れてはいただいたものの、今後における課題も残っておるというふうに考えておりまして、この案件につきましても、議会の皆様方のご意見等尊重しながら、鋭意努力をしていく所存でございます。


 また、報告になりますが、5月の末から、本月6月の初旬にかけまして、インバウンドの誘客をさらに推進するために、日本と台湾の観光関連の機関等々が集う日台観光サミットが、香川県高松市において開催されました。また、2日目におきましては、そのエキスカーションとして、琴平を一行の方が訪れていただき、琴平町のさまざまな観光資源というものを体感していただいております。


 さらに、最終日には、台湾の国会議員に当たります立法院委員のチョウさんという方と、知事ともどもお会いいたしまして、今後さらに、県、そして琴平町においても、観光交流、または人的な交流を図っていき、観光の振興につなげていきたいという話をさせていただいております。この点に関しましても、議員各位の英知をお借りいたしまして、本町のさらなる進展のために努めていきたいと思っておりますので、その点もよろしくお願い申し上げまして、簡単ではございますけども、開会に当たりましてのご挨拶といたします。どうぞよろしくお願いいたします。


○議長(片岡 英樹君)


 町長の挨拶を終わります。


 次に、本年4月に就任いたしました副町長より発言を求められておりますので、これを許可します。


 副町長、中 澄夫君。


  (「はい」と呼ぶ)


○副町長(中 澄夫君)


 おはようございます。(「おはようございます」の声あり)


 3月議会におきまして、選任同意いただき、4月1日に琴平町副町長を拝命いたしました、中 澄夫でございます。


 もとより、浅学非才ではございますが、琴平町の発展と、住民福祉の向上に誠心誠意努めてまいりたいと思いますので、議会の皆様におかれましては、よろしくご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。


○議長(片岡 英樹君)


 以上で、副町長の挨拶を終わります。


 これより平成29年6月琴平町議会定例会を開会いたします。


 ただいまの出席議員は10名であり地方自治法第113条の規定による定足数に達しておりますので、本日の会議は成立しております。


 これから本日の会議を開きます。





             (開会 午前9時34分)





○議長(片岡 英樹君)


 本日の議事日程は、お手元にお配りしておりますとおりであります。


 なお、本日の会議は、議会広報のため写真撮影を許可しておりますので、申し上げておきます。


 日程に入ります前に、諸般の報告をいたします。


 事務局長に報告いたさせます。


 事務局長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○事務局長(佐藤 任司君)


 命により報告いたします。


 初めに、本定例会に付議されます事件は、町長から提出のありました議案12件及び報告2件であります。


 次に、監査委員から平成29年1月分から4月分に関する例月現金出納検査結果報告の提出がありましたので、その写しを配付いたしております。


 次に、本定例会に説明員として出席を求めました者は既に配付しております名簿のとおりであります。


 以上、報告を終わります。


○議長(片岡 英樹君)


 以上で諸般の報告を終わります。


○議長(片岡 英樹君)


 日程第1 会議録署名議員の指名


 を行います。


 会議録署名議員は、


 5番、安川 稔君及び


 7番、今田 勝幸君


 を指名いたします。


○議長(片岡 英樹君)


 日程第2 会期の決定


 を議題といたします。


 お諮りします。


 本定例会の会期は、本日から6月26日までの13日間にしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 異議なしと認めます。


 よって会期は、本日から6月26日までの13日間に決定いたしました。


○議長(片岡 英樹君)


 日程第3 報告 行財政改革、産業振興、土木建設に関する調査


を議題といたします。


 本件について、委員長の報告を求めます。


 総務産業経済常任委員会委員長、5番、安川 稔君。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○総務産業経済常任委員会委員長(安川 稔君)


 それでは、議長の命によりまして、総務産業経済常任委員会に付託されております所管事務調査について、6月6日、全委員出席のもと審議をした経緯について報告いたします。


 まず総務課であります。防災関係でございますが、5月26日、高松地方気象台のキャラバンが本町を訪れ、その際、大雨警報、洪水警報等ほかの警報、注意報について、基準見直しの説明を受けました。


 次に、平成29年度職員採用についてでございますが、一般行政職等で7名を予定いたしておるとのことでございます。


 募集内容の詳細につきましては、町広報、ホームページで周知いたしております。


 次に、管財係での入札関係でございますが、呑象楼改修設計業務委託、中島勝己建設事務所が、138万2,400円で落札いたしております。ほか、3件も行っております。


 続きまして、企画政策係であります。地域協力隊におきまして、7月で1名が退任予定でございます。


 そして、6月6日、新任の地域協力隊の面接を実施いたしております。


 入札関係でございますが、広報ことひらは、小松印刷株式会社が1ページ当たり、1万2,204円で落札、琴平町立ふれあい交流館整備事業、設計業務は、有限会社富岡建築研究所が183万6,000円で落札いたしております。


 続きまして、税務課でございます。平成28年度徴収状況につきまして報告がございまして、町民税等総額で、15億4,308万8,634円。徴収率に対しまして、99.2%でございまして、ともに前年を上回っております。


 また、不納欠損額は、総額で597件、1,177万299円であります。


 各税目ごとの詳細につきましては、税務課より委員会資料として提出いただいております、別表をご参照いただきたいと思います。


 差し押さえにつきましては、6件行っており、うち1件は、ネット購買を予定しております。


 続きまして、農政土木課であります。農業委員の任期は、平成29年7月19日で切れるため、募集を行い、10人目の応募があり、今定例会にて議会の同意を得る手続を進めております。


 平成28年9月15日、空き家実態調査を行った集計があり、そのうち、434件の空き家があり、そのうち、D、E判定が42件ありました。


 入札関係におきましては、町道上村線道路改良工事は、株式会社藪下組が、519万4,800円。地籍調査業務委託、旗岡地区につきましては、南海測量設計株式会社高松営業所が、1,134万で落札いたしております。


 続きまして、観光商工課であります。第33回四国こんぴら歌舞伎大芝居は、平成29年4月8日から、23日までの16日間で公演を行っております。


 ゴールデンウィークの観光客入込数は、昨年より、8,135名増の、8万6,774名でありました。琴平町プレミアム付商品券発行状況につきましては、昨年同様、商工会が企業主体となって行い、申込期限は6月15日でございまして、1人10セットを限度、使用期間におきましては、平成29年7月2日より、平成30年1月1日までです。


 JR琴平駅前ロータリースポットライト工事におきましては、75万6,000円で完了いたしております。


 次に、出納室より、平成28年度会計別収支決算見込みの報告がありました。


 これにつきましては、出納室より資料がございますので、その資料をご参照いただきたいと思います。


 次に、質疑の主なものでございます。観光戦略会議設置についての問いがあり、町長より、この会議につきましては、検討するように職員に指示をいたすとの答弁でございます。


 次に、防災関係で、高松地方気象台より、警報等の基準見直しの説明があった件につき、担当だけでなく、関係機関、職員に対し、周知しているかとの問いがあり、課長より、総務課だけで共有しているとのことでございました。


 そこで、速やかに他関係機関、関係職員にも周知をするとの答弁がありました。


 次に、33回歌舞伎公演について、入場券の売り上げ状況及び委託料についての問いがあり、課長より売り上げは、88.25%でございました。約2,500枚が売れ残ったそうで、決算見込みの概算でございますが、約1,000万の赤字が見込まれるということでございます。委託料につきましては、2億3,100万で、松竹と契約をしたとの答弁がありました。


 次に、公演基金がなくなったとき、以降の公演のあり方についての質疑に対しまして、町長より、現在、歌舞伎に対するマンネリ化傾向であるので、今後、各関係団体と今後のあり方について協議をしていき、また、松竹に対しての交渉も重要であるとの答弁でございました。


 次に、空き家についての質疑、また、JR駅前ロータリー植え込み管理についての質疑については、本定例会中の委員会で所管の課長より答弁をするとのことがございました。


 以上、総務産業経済常任委員会に付託されております閉会中の所管事務調査につきましての報告を終わります。


○議長(片岡 英樹君)


 委員長の報告は終わりました。


 これより、委員長報告に対する質疑を行います。


 質疑はありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 質疑なしと認めます。


 よって質疑を終わります。


○議長(片岡 英樹君)


 日程第4 報告 教育・福祉・保健・衛生・上下水道事業に関する調査


 を議題といたします。


 本件について、委員長の報告を求めます。


 教育厚生常任委員会委員長、10番、山神 猛君。


  (「議長、山神」と呼ぶ)


○教育厚生常任委員会委員長(山神 猛君)


 議長の命により、教育厚生常任委員会の報告を申し上げます。


 教育厚生常任委員会は、付託を受けております所管の事務調査につきまして、去る6月2日、全委員出席のもと開催されました。休会中の案件についての審議の報告をいたします。


 まず住民サービス課より報告をさせていただきます。


 春季クリーン作戦の実施につきましては、平成29年3月12日の日曜日に行いました。時間は、9時の受け付けでございまして、町内全域で行いました。


 参加者は438名で、町内企業参加6社が参加していただいております。


 ごみの収集量は、可燃ごみが590キログラム、不燃ごみが410キログラム、合計、1,000キログラムとの報告でございます。


 次に、夏季可燃ごみの臨時収集につきましては、可燃ごみの週2回体制の維持をするとのことでございまして、休日の収集でございますが、7月から9月の夏季休暇中、7月17日の月曜日、海の日、8月11日山の日、9月18日の敬老の日は、通常どおり収集を行うとのことであります。


 なお、このことは、町広報にて周知しているとのことでございます。


 次に、仲善クリーンセンターとの協議について報告がございました。


 平成29年3月28日14時より、環境保全連絡会議を行いました。


 協議内容といたしましては、28、29年度の事業報告のほか、クリーンセンターの期間延長、平成40年3月末に向けました生活環境調査、平成28年6月13日から6月20日の間でございますが、仲善クリーンセンター近くの民家で、ダイオキシン類の調査を行ったそうでございまして、その調査の結果の報告がございました。


 なお、今回の調査におきましては、全国の平均値、県内の平均値を下回っており、環境基準値以下であるとの報告でございます。


 次に、平成28年度琴平町営住宅の明け渡し並びに滞納家賃、貸借契約解除後の損金及び訴訟費用の支払いを求める訴訟についての報告がありました。


 直近の経緯として、平成29年3月6日の第3回口頭弁論において、和解が成立し、3月24日に専決処分を議会において報告を行いました。


 5月23日に明け渡し期日到来、到来の直前通知を発送したとのことでございます。


 今後の予定といたしまして、6月1日到着日において、明け渡しが完了となるわけですが、明け渡し履行がない場合には、強制執行手続を開始、約1カ月後住宅明け渡し強制執行着手との報告でございます。


 次に、住民票の写し等の交付にかかわります本人通知制度の登録についての報告があります。


 平成29年5月23日現在で、男子207名、女子235名、計442名です。


 通知件数といたしましては、平成29年5月23日現在で、29年度5件、28年度21件との報告がございました。


 次に、住民基本台帳関係の報告がございました。


 平成29年3月末現在で、男子4,387名、女子5,008名で、合計9,395名でございます。世帯数は4,314戸です。前年から人口は110人の減少でありますが、世帯数は26戸増加しているとの報告でございます。


 また、外国人の人口は、平成29年3月末現在、男子48名、女子64名、計112名と、前年度より69名増加をしているとの報告でございます。


 議員より、琴電駅前の資源ごみ置き場の今後の対応は、どのようになっているのかとの質問に対しまして、引き続いて、関係機関との調整をしているということでございます。新たに防犯カメラの設置を現在しているということでございます。


 次に、福祉課について報告をいたします。


 平成29年度敬老会について報告がありました。


 平成29年度の敬老会は、9月10日11時半より琴参閣で行われます。


 対象者の数は、2,087名でございます。昨年度より28名の増とのことでございます。記念品といたしまして、琴平町共同商品券が渡されるということでございます。


 次に、民生委員、児童委員の委嘱について報告がございました。


 欠員となっていました旭町駅前地区でございます。


 次に、地域福祉計画及び障害者プランの策定についての報告がありました。


 琴平町第2期地域福祉計画と琴平町障害者プラン、障害者福祉計画、第4期及び障害者福祉計画第5期でございます。2件一括して制限つき公募型プロポーザル方式で行い、策定支援業者に株式会社ぎょうせい四国支店に決定をしたとのことでございます。


 次に、町立保育所の遊具についての点検結果の報告がございました。


 平成29年4月25日に点検を行い、その点検の結果といたしまして、北、南保育所ともにAランクの健全であり修繕不要の遊具はなく、Bランクの使用はできるが、軽微な異常で経過観測が必要なものや、Cランクの異常があり対策が必要で、修繕完了まで使用できないもの、Dランク、危険性の高い使用ができないものもあり、早急に改善を要する、必要があるとのことでございます。


 次に、臨時福祉給付金の支給について報告がありました。


 臨時福祉給付金経済対策分につきまして、支給額は、1人につき1万5,000円です。対象者数は、平成29年5月26日現在、2,191人とのことでございます。


 次に、高齢者福祉タクシー補助事業について報告がございました。


 支給対象者は、4月1日現在、町内に1年以上住所を所有する、満80歳以上の方でございます。タクシー券を昨年度は500円でございましたが、本年度は、初乗り運賃の640円とし、12枚、計7,680円をお渡しするわけでございます。


 申請者は、昨年度は727名、1年間でございますが、本年は4月1カ月だけで707名の申請があったと報告がございました。


 次に、介護保険総合事業について報告をいたします。


 琴平町介護予防日常生活支援総合事業指定事業者の指定がありました。


 通所型サービス事業所に3社、訪問型サービス業者に1社を指定しております。


 住民への周知といたしましては、パンフレットの全戸配付、また、広報4月号及びホームページに掲載しているとのことであります。


 子ども・子育て会議は、6月30日に予定されております。就学前教育の今後について話し合われるとのことでございます。


 次に、健康推進課について報告をいたします。


 国民健康保険制度改革の現状についての説明がございました。


 平成30年度からの国民健康保険税率決定までの概要及び今後のスケジュールについての説明であります。


 次に、データヘルス計画の説明がございました。


 この計画の目的といたしましては、健康・医療情報を活用し、効果的かつ効率的な保険事業の実施計画を策定し、生活習慣病対策を初めとする、被保険者の健康増進、糖尿病等の発症や重症化予防等の保険事業の実施及び評価を行うものであります。


 次に、生涯教育課の報告をいたします。


 平成29年度園児、児童、生徒数の報告がございました。


 3小学校で、合計373名で、昨年と比べて7名の減、琴平中学校は、189名で、20名の減となっているとのことでございます。


 また、幼稚園児は、67名で、6名の減となっております。


 幼稚園の預かり保育についての報告でございますが、南幼稚園12名、北幼稚園5名で、昨年と比べ、8名の減となっております。


 次に、放課後子ども教室は、琴平小学校77名、榎井小学校43名、象郷小学校54名、計174名で、昨年と比べ14名の増加となっております。


 また、児童クラブは、琴平小学校38名、榎井小学校16名、象郷小学校8名の計62名で、昨年と比べ、42名の増加であります。


 給食センターの事故の報告がありました。


 4月24日、給食の配送業務を行っていたときに、コンテナをリフトでおろしていた際、リフトに右手小指を挟む事故が起こりました。早速病院に搬送、治療を受けたとの報告がございました。


 次に、上下水道課の報告をいたします。


 上水道関係におきましては、香川県広域水道事業体設立準備会についての報告がありました。


 平成29年2月23日、第6回広域水道事業体設立準備協議会、幹事会を初めといたしまして、5回の協議会等が開催されているということでございます。


 次に、水道料金滞納の徴収状況についての報告がございました。


 納付に応じないもの、または納付約束が遂行できていないものに対する滞納処理件数の報告でございます。


 平成29年2月1日から29年4月30日、給水停止予告通知発送件数16件、給水停止執行通知発送件数22件、給水停止発効件数12件、給水停止解除件数12件であります。


 次に、水道事業等の統合に関する基本協定書案が提出されました。統合の目的が記載されており、今後の統合の時期は、平成30年4月1日となっております。今後、平成29年6月から7月の議会の開催を初め、7回の会合を持ち、平成30年3月に厚生労働大臣の水道事業創設許可をいただき、30年4月から企業団の事業開始という報告をいただいております。


 以上で、教育厚生常任委員会の報告を終わります。


○議長(片岡 英樹君)


 委員長の報告は終わりました。


 これより委員長報告に対する質疑を行います。


 質疑はありませんか。


  (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 質疑なしと認めます。


○議長(片岡 英樹君)


 日程第5 報告 人権・同和問題に関する理解、認識を深め、人権・同和対策の有効


          な諸施策の調査研究


 を議題といたします。


 人権・同和対策特別委員会より、審査中の事件について、中間報告の申し出がありましたので、これを許可いたします。


 人権・同和対策特別委員会委員長、8番、山下 康二君。


  (「はい、議長、8番、山下」と呼ぶ)


○人権・同和対策特別委員長(山下 康二君)


 議長の許可がございましたので、6月5日、全委員出席のもと人権・同和対策特別委員会を開催いたしました。その審議の内容につきまして、中間報告させていただきます。


 まず、人権同和課からの報告でございますが、1点目といたしまして、4月7日に丸亀人権擁護委員会仲多度地区部会総会が、まんのう町役場であり、人権擁護委員4名と事務局2名が参加しております。


 次に、4月10日に新任新採教職員人権同和教育研修会が教育集会場で開催され、保育所・幼稚園・小学校・中学校・高等学校の該当者27名を含む55名の参加がございました。


 続きまして、5月13日に香川県人権研究所定期総会が丸亀市人権啓発センターであり、総会終了後に共生の憲法学を求めて、私の歩みからと題した香川県人権研究所理事長の講演がございました。


 次に、6月1日に人権擁護委員の日街頭キャンペーンをマルナカまんのう店の前で実施いたしております。今後の予定としまして、終わっておりますが、6月6日に人権確立町民会議総会が開催されております。


 続いて、6月12日から順次、保育所、幼稚園、小学校、中学校のPTAの現地研修が教育集会所で開催される予定になっております。


 委員からの質問としまして、今後、行われると思います支部との意見交換会等において、前年度の質問、要望等を十分協議、打ち合わせをして望んでほしいという意見があり、担当として、議事録を読み、各課ともに協議を行っていきたいとの答弁がございました。


 以上で、人権同和対策特別委員会の中間報告を終わらせていただきます。


○議長(片岡 英樹君)


 委員長の報告は終わりました。


 これより委員長報告に対する質疑を行います。


 質疑はありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 質疑なしと認めます。


 人権・同和対策特別委員会の中間報告を終わります。


○議長(片岡 英樹君)


 日程第6 報告 地方創生、町公共施設の在り方及び人口減少問題についての調査研


          究


 を議題といたします。


 町活性化推進特別委員会より、審査中の事件について中間報告の申し出がありましたので、これを許可します。


 町活性化推進特別委員会委員長、10番、山神 猛君。


  (「はい、議長、山神」と呼ぶ)


○町活性化推進特別委員会委員長(山神 猛君)


 議長の命により、町活性化推進特別委員会の報告をいたします。


 当委員会に付託されております所管事務調査につきまして、3月定例会以降の、町活性化推進特別委員会の報告をいたします。


 6月5日、全委員参加のもと委員会が開催されました。


 まず生涯教育課より報告をいたします。


 ヴィスポ琴平の会員数及び収支の推移について報告がありました。平成26年3月現在、3,672人、27年3月3,607人、28年3月、3,562名と会員数が減少傾向にある。その原因として設備の老朽化、インストラクターの質の低下が考えられるということでございました。しかし収支に関しましては、支出の減少で収入から支出を差し引いた額は増加をしている。主たる支出の減少は人件費と購入費であるということでございます。


 次に琴平中学校体育館天井について報告がございました。


 5月29日、体育館の天井の一部が落下のおそれがあるとの電話連絡があり、直ちに現場へ行き確認をし、つり天井撤去業者に電話をし、明日現場確認をすることに、その翌日、主任立ち会いのもと、建設会社と現場確認を行い、落下のおそれのある木材の修繕と天井全体の点検を依頼し、現在見積書の提出を依頼しているとのことでございます。


 次に、国際交流推進事業について報告がございました。


 派遣期間といたしましては、平成29年8月7日から、29年8月10日で、派遣先は台湾新北市瑞芳区及び台北市でございます。派遣生徒の募集を平成29年5月11日から5月17日行いました。生徒数の応募が13名ございまして、派遣生徒は3年生5名、2年生5名となっているとのことでございます。


 次に、議員より、中学生の派遣選抜基準は、どのようになってるかの質問に、作文、面接、所作、本人のやる気のある生徒を選んだとの答弁がございました。


 次に、学校整備等推進室より報告がございました。


 善通寺市、琴平町、多度津町、学校給食センター協議会についての報告がありました。


 平成29年度第2回協議会の開催、その内容といたしまして、議案第4号から12号まで、いろいろ給食センターを整備するに当たりましての諸事情の取り決め事を決めたということでございます。例えていいますと、職員のうち、事務長は、善通寺市の部長がなられるとか、それから、給食センターの整備運営事業にかかわるのは、PFIの選定業者、設置委員会を設置して決めるということでございます。


 なお、詳細は話しますとかなり長くなりますので、略させていただきます。


 議員より、会議録の公開要領の設定、閲覧だけでなく、コピーができるようにとの要望がありました。また、給食センターの建設費用確定は、いつになるかとの質問に対し、9月末ごろとの答弁がございました。


 また、選定委員の選定について、なぜ、県内で選ばなかったかの問いに、県内に適当な方がいなかったからとの答弁がございました。


 次に、琴平中学校の改築についての説明がございました。


 琴平中学校の建てかえ工程表と改築スケジュール、ワークショップ等の資料が提示されまして、屋内運動場につきまして、耐力度の調査を行うということで、5月18日に現場説明、5月26日に入札を行いました。その入札結果といたしまして、落札業者は、高松市天神前3番地1、富岡建築設計事務所に決定したということでございます。


 なお、また工事等に関します一級建築士の雇用につきましての報告がございました。


 雇用期間は平成29年7月1日を予定しているということでございまして、丸亀市在住の65歳の方で、大手ゼネコンに勤務実績があるとのことでございました。


 議員より、建設費の決定はいつになるのかとの問いに、平成30年3月ごろになるとの答弁がありました。


 また、議員よりその時期では過疎債の申請が遅いのでは早目の対応をとの要望がありました。


 また、議員より工事入札はとの質問に平成29年6月に指名入札で行うと答弁がございました。


 また、議員より小学校建設の住民説明会の予定はとの質問に対しまして、6月の下旬から行うとの答弁がありました。


 以上で、当委員会に付託をされております調査の報告を終わります。


○議長(片岡 英樹君)


 委員長の報告は終わりました。


 これより委員長報告に対する質疑を行います。


 質疑はありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 質疑なしと認めます。


 町活性化推進特別委員会の中間報告を終わります。


○議長(片岡 英樹君)


 日程第7 町政一般報告


 を議題とし、これを許可します。


 町長、小野 正人君。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 それでは、町政一般報告でございますが、既に、議員各位におかれましては、事前に配付させていただいておる資料がございます。内容が多岐にわたるため、これをご自読いただくことによりまして、ご報告とかえさせていただきます。


○議長(片岡 英樹君)


 町政一般報告を終わります。


○議長(片岡 英樹君)


 日程第 8 議案第1号 専決処分の承認について(琴平町税条例等の一部を改正す


              る条例)


 日程第 9 議案第2号 専決処分の承認について(琴平町国民健康保険税条例の一


              部を改正する条例)


 日程第10 議案第3号 専決処分の承認について(琴平町過疎地域における固定資


              産税の課税免除に関する条例の一部を改正する条例)


 を一括議題といたします。


 本案について提案理由の説明を求めます。


 町長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 それでは、日程第8議案第1号、専決処分の承認についてから、議案第3号の同じく専決処分の承認についてを、一括して提案理由を申し述べます。


 まず、議案第1号の専決処分の承認については、琴平町税条例等の一部を改正するものでございまして、この理由といたしましては、地方税法及び航空機燃料譲与税法の一部を改正する法律等が、平成29年3月31日に公布されたことに伴いまして、琴平町税条例等の一部を改正するものでございます。


 議案第2号の同じく専決処分の承認について、琴平町国民健康保険税条例の一部を改正する条例に関しましても、地方税法及び航空機燃料譲与税法の一部を改正する法律等が、平成29年3月31日に公布されたことに伴いまして、琴平町国民健康保険税条例の一部を改正するものでございます。


 議案第3号の専決処分の承認について、これは、琴平町過疎地域における固定資産税の課税免除に関する条例の一部を改正する条例でございますが、過疎地域自立促進特別措置法の一部を改正する法律等が、平成29年3月31日に公布されたことに伴いまして、琴平町過疎地域における固定資産税の課税免除に関する条例の一部を改正するものでございます。


 各議案ともにご審議を賜りまして、ご議決賜りますようお願いいたします。


○議長(片岡 英樹君)


 以上で提案理由の説明を終わります。


 これより質疑を行います。


 質疑はありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 7番、今田 勝幸君。


○7番(今田 勝幸君)


 今説明が、提案がありました議案第2号の関係を知りたく、平たくいうと、これは、結局、特定同一世帯所属者1人につき5,000円と1万円、値上げになるように思う。この対象人数と総額は幾らかということであります。当然、理由について、航空機燃料云々がございました。航空機燃料の関係と、国保との関係。ちょっとひも解いていただきたいという分でございます。


○議長(片岡 英樹君)


 ただいまの7番、今田 勝幸君の質疑に対する答弁を求めます。


  (「はい」と呼ぶ)


○議長(片岡 英樹君)


 町長。


○町長(小野 正人君)


 ただいま、今田議員からご質問いただきました、議案第2号の件についてでございますが、担当課長より説明をいたさせます。


○議長(片岡 英樹君)


 それでは、補足の説明を求めます。


 税務課長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○税務課長(松浦 啓昭君)


 命によりご説明させていただきます。


 ただいま、議員ご質問の、まず第1点、平成29年度課税より、国民健康保険税の減額の所得要件の拡充を行うものでございまして、国民健康保険税の値上げをするものではございません。税条例、関係条例の23条、5割減額の所得要件の加算額の拡充を1人につき26万5,000円から、27万円に。第3号、2割減額の1人につき48万円を49万円に拡充するものでございます。


 影響額の試算でございますが、28年度、課税ベースで2割減額から5割減額へ減額が拡充する世帯が2世帯、税額にして約5万2,000円でございます。


 新規に2割減額に該当する世帯が9世帯、税額にして20万1,000円でございます。


 次に、第2点目のご質問につきまして、航空燃料譲与税法が、国民健康保険税に直接関係するものは一切ございませんが、国の法律改正が地方税法及び航空燃料譲与税法の一部を改正する法律として1本として提出されておったことから、提案理由にこうした記述をさせていただいたものでございます。


 以上でございます。


○議長(片岡 英樹君)


 税務課長の答弁を終わります。


 7番、今田勝幸君、再質問。


○7番(今田 勝幸君)


 法律は1本だからという理由だと思います。やっぱり腑に落ちないということだけ申し上げておきます。


○議長(片岡 英樹君)


 答弁よろしいですか。


 ほかに質疑ありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 以上で、質疑を終わります。


 お諮りします。


 ただいま議題となっております議案第1号、議案第2号及び議案第3号は、委員会付託を省略したいと思いますが、ご異議ありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 異議なしと認めます。


 よって、議案第1号、議案第2号及び議案第3号は、委員会の付託を省略することに決定いたしました。


 これより討論を行います。


 討論ありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 討論なしと認めます。


 これより、各案をそれぞれ採決いたします。


 まず、議案第1号、専決処分の承認について(琴平町税条例等の一部を改正する条例)につきまして、採決いたします。


 この採決は起立によって行います。


 議案第1号は、承認することに賛成の方の起立を求めます。


  (賛成者起立)


○議長(片岡 英樹君)


 起立多数と認めます。


 よって、議案第1号は、承認することに決定いたしました。


 続きまして、議案第2号を採決いたします。


 この採決は起立によって行います。


 議案第2号は、承認することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(片岡 英樹君)


 起立多数と認めます。


 よって、議案第2号は、承認することに決定いたしました。


 続きまして、議案第3号を採決いたします。


 この採決は起立によって行います。


 議案第3号を承認することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(片岡 英樹君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第3号は、承認することに決定いたしました。


 日程第11 議案第4号 琴平町過疎地域における固定資産税の課税免除に関する条


              例の一部を改正する条例


 を議題といたします。


 本案について提案理由の説明を求めます。


 町長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 それでは、日程第11、議案第4号琴平町過疎地域における固定資産税の課税免除に関する条例の一部を改正する条例の理由でございますが、過疎地域自立促進特別措置法の一部を改正する法律等の施行によりまして、所要の改正を行うものでございます。


 よろしくご審議賜りますようお願いいたします。


○議長(片岡 英樹君)


 以上で提案理由の説明を終わります。


 これより質疑を行います。


 質疑はありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 質疑なしと認めます。


 お諮りします。


 ただいま議題となっております議案第4号は、委員会の付託を省略したいと思いますが、ご異議ありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 異議なしと認めます。


 よって、議案第4号は、委員会の付託を省略することに決定いたしました。


 これより討論を行います。


 討論ありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 討論なしと認めます。


 これより、議案第4号を採決いたします。


 この採決は起立によって行います。


 議案第4号は、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(片岡 英樹君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第4号は、原案のとおり可決されました。


○議長(片岡 英樹君)


 日程第12 議案第5号 琴平町附属機関設置条例の一部を改正する条例


 日程第13 議案第6号 琴平町報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条


              例


を一括の議題といたします。


 本案について提案理由の説明を求めます。


 町長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 それでは、日程第12の議案第5号、琴平町附属機関設置条例の一部を改正する条例並びに、議案第6号、琴平町報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例について、提案理由を申し述べます。


 まず、議案第5号の琴平町附属機関設置条例の一部を改正する条例でございますが、町立中学校の改築について、調査及び審議をする琴平町立中学校改築検討委員会を設置するため、琴平町附属機関設置条例の一部を改正するものでございます。


 次の、議案第6号、琴平町報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例でございますが、これも、町立中学校の改築について、調査及び審議をする琴平町立中学校改築検討委員会を設置するため、琴平町報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正するものでございます。よろしくご審議を賜りますようお願いいたします。


○議長(片岡 英樹君)


 以上で提案理由の説明を終わります。


 これより質疑を行います。


 質疑はありませんか。


○議長(片岡 英樹君)


 5番 安川 稔君。


○5番(安川 稔君)


 議案第5号の琴平町附属機関設置条例の一部を改正する条例について質疑をいたします。


 質疑の内容といたしましては、ここに書いてありますが、構成者ですね、1から5までありますけれども、それぞれ団体が、何名ずつの委員を選出するのか、また、それぞれ団体の選考する内容、どういう立場のというのか、どういう経験ある方を選考する予定をいたしているのか、質疑をいたします。


 それとこれ1点、任期については、教育長に報告した日までとありますが、これはいつを予定しているのか。


○議長(片岡 英樹君)


 ただいま5番、安川 稔君の質疑に対する答弁を求めます。


 町長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 ただいま、安川議員からご質問いただきました、まず、この調査、審議に検討した委員のそれぞれの団体からの人数でございます。


 また、続きまして、最終的にその審議が終わった後の期間等の予定につきまして、学校整備等担当室の室長のほうから、説明をいたさせます。


○議長(片岡 英樹君)


 補足の説明を求めます。


 学校整備等推進室長、西岡室長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○学校整備等推進室長(西岡 敏君)


 ただいま、安川議員様からご質問あった件ですが、まず、それぞれの構成の人数でございますが、最終的なものは、現段階でまだ確定しておりませんが、軸になるものは、学識経験者についてはまだ採用するかどうか確定しておりません。


 それ以外で、町内学校の関係者といたしまして、琴平中学校のほうから2名程度、それと、各小学校から1名ないし2名程度、それと、PTAのほうとして、PTAのほうからは、中学校2名程度、小学校も各1名から2名程度ということは、学校の先生とPTAのほうから任意に出ていただくというふうなことで考えております。


 それ以外でいいますと、自治会のほうからの代表者ということで、こちらからも1名から数名程度予定しているということでございます。


 その審議の内容につきましては、新しい中学校の大まかな校舎の配置ですね、配置計画といいますか、例えば、今、校舎が敷地の北脇に建っております。恐らく、南脇のほうに建てるという方向で進んでいくと思いますが、そういう大きな配置の計画とか、あとは、具体的な部屋の必要な数です。これは、クラスの数等々もありますが、それ以外の特別教室とか、あと、保護が必要な方の教室であるとか、そういうものの数とか配置の位置、そういうものを議論していくというふうなことでございます。


 期日につきましては、最終的には図面のほうへ移っていくようになりますが、それを、一応基本計画というふうに立てております。


 基本計画をつくるに当たって、この検討委員会の中で検討していただいて、それを、実際の図面に落とし込んでいくというふうな流れで考えております。


 以上です。


○議長(片岡 英樹君)


 答弁を終わります。


 再質問、5番、安川 稔君。


○5番(安川 稔君)


 1から5ありますけど、全部は選考しないいうことやな。そういうことやな、今の話聞いたら。学識経験者も予定してないと、5番の学校や行政機関の職員とかの答弁ないということは。学校関係だけ。


 それと、学校検討委員会は、基本計画をつくるまでみたい、基本計画をいつやったんかな、期間あるんこれ。基本計画いつつくるん。基本計画まで検討委員会で協議してもらういうことは、基本計画はいつつくるん。


○議長(片岡 英樹君)


 ただいまの安川議員の再質問に対する答弁を、これは室長ですか。


 それでは、学校整備等推進室長、西岡室長。


○学校整備等推進室長(西岡 敏君)


 失礼いたします。


 今の学識経験者について、ないんかという話ですが、現段階、この詳しいメンバーについては、検討中です。軸になるものということで、先ほど申しましたので、絶対ないということではございません。これは、他市町での選考事例等も加味しながらということですので、ということで考えております。


 あと、基本設計の期日につきましては、一応7月から検討委員会も始めます。それと同時に入札を行い、設計会社を決めていくわけですが、その設計会社のほうに、その基本設計のほうお願いすることになります。結局は、その検討委員会の中で決めた事柄を、実際に図面に起こしていくというところが、基本設計ということになります。その分の期間が、7月から始まりまして、大よそ5カ月ぐらい、ただ、余りにその期間が長くなると、どうしても実施設計のほうに影響するということは、全体が延びてしまいますので、この期間、予定としては、4カ月から5カ月予定しておりますが、できるだけ、ちょっと短いスパンでできればと考えております。


 以上です。


○議長(片岡 英樹君)


 答弁は終わります。


 3回目質疑してください。


 7番、今田 勝幸君。


○7番(今田 勝幸君)


 関連して、5号議案で今、言われてたんですけども、各種検討言うた、これほかにもたくさん各種こういう検討委員会があると思います。小学校の関係とか、ありますよね。


 そこで、私、今、同僚議員からも言われた内容に関連すると思うんですけども、一般公募ということで、住民の代表も選んでいく必要があるんではないかというように思うんです、ぜひ。そうしないと、この選び方だと、どうしても一面的になりやすい傾向があるではないか。全くそうではない、それぞれの立場上の方々が選出されておるわけですけども、特に学校等については、開かれた学校、住民と一緒に歩んできた、今後もそういう学校つくるという目的もありますので、そういう一般公募の募集というのは、考えているのか、今後どうしたいのかということをお聞きしたい。


○議長(片岡 英樹君)


 7番、今田 勝幸君の質疑に対する答弁を求めます。


 町長。


  (「はい」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 ただいま、今田議員からのご提案、ご質問でございました。一般公募ということでございまして、もちろん、一般の方のご意見というのも尊重したいとは思っております。その方法については、委員会の委員という形式もあれば、広くホームページ等でパブリックコメントを求めるという方法もあろうと思っております。


 今回のこの設置に関しましては、一応定員15名という中でございますので、この中でより広い意見、またより専門的な意見が聞ける立場の方を選んでいきたいというふうに我々では考えております。


○議長(片岡 英樹君)


 答弁を終わります。


 ほか質疑ありますか


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 以上で、質疑を終結します。


 お諮りします。


 ただいま議題となっております議案第5号、第6号は、委員会の付託を省略したいと思いますが、ご異議ありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 異議なしと認めます。


 したがって、議案第5号及び議案第6号は、委員会の付託を省略することに決定いたしました。


 これより討論を行います。


 討論ありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 討論なしと認めます。


 これより、議案第5号、議案第6号を一括にて採決したいですがよろしいですか。


  (「はい」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 この採決は起立によって行います。


 議案第5号及び議案第6号は、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


  (賛成者起立)


○議長(片岡 英樹君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第5号及び議案第6は、原案のとおり可決されました。


○議長(片岡 英樹君)


 日程第14 議案第7号 琴平町立学校教職員の報酬及び費用弁償に関する条例


 を議題といたします。


 本案について、提案理由の説明を求めます。


 町長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 日程第14の議案第7号、琴平町立学校教職員の報酬及び費用弁償に関する条例でございますが、町立学校教職員が他校、これは園でございますが、他園の業務を兼務する場合の報酬及び費用弁償に関する条例を制定するものでございます。よろしくご審議賜りますようお願いいたします。


○議長(片岡 英樹君)


 以上で提案理由の説明を終わります。


 これより質疑を行います。


 質疑ありませんか。


○議長(片岡 英樹君)


 8番、山下 康二君。


○8番(山下 康二君)


 費用弁償に対しては否定するものではございませんが、人間形成の中で、最も重要な幼稚園の園長さんの費用弁償が月額1万円と出ておりますが、それの積算根拠なり、他市町の事例等を含めて、説明を願いたいと思います。


○議長(片岡 英樹君)


 8番、山下 康二君の質疑に対する答弁を求めます。


 答弁、町長。


○町長(小野 正人君)


 ただいまのご質問に関しまして、担当であります生涯教育課の課長より答弁をいたさせます。


○議長(片岡 英樹君)


 補足の説明を生涯教育課長。


  (「はい、議長」と呼ぶ者あり)


○生涯教育課長(前田 照幸君)


 失礼いたします。


 それでは命によりお答えいたします。


 園長兼務に係る報酬の考え方でございますが、これは、西部教育事務所に問い合わせをしておるところでございます。そのところ、善通寺市、吉原小学校の校長先生が、吉原幼稚園の幼稚園を兼務していた例がございました。


 善通寺市教育委員会のほうに連絡いたしまして、報酬1万円を支払っていたということを確認し、その他の兼務の経験、事例があるかどうかの調査でございますが、なかなか調査の結果なかったもので、善通寺市を参考にし、報酬月額を1万円とさせていただきました。


 以上です。


○議長(片岡 英樹君)


 生涯教育課長の答弁を終わります。


 再質問、8番、山下 康二君。


○8番(山下 康二君)


 ただいまの答弁で、善通寺市よりの事例が積算根拠というふうにお聞きしましたが、それ善通寺さんは何年前の事例でしょうか。


○議長(片岡 英樹君)


 8番、山下 康二君の再質問に対する答弁を求めます。


 生涯教育課長。


  (「はい、議長」と呼ぶ者あり)


○生涯教育課長(前田 照幸君)


 失礼いたします。


 事例といたしましては、10年以上前の事例でございます。


 それと、生涯教育課として、報酬の考え方を、あと2つのパターンで考えておりました。一つは、象郷小学校の校長先生の園長兼務に係る勤務時間を逆算いたしまして、報酬月額を計算、これはあくまでも試算でございます。その試算したところ、勤務のほうが1日1時間程度の勤務といたしまして、報酬の日額を計算し、それを勤務平均月日数20日間を掛けて計算をしてございます。それによりますと、象郷小学校の校長の給料額から試算しました結果、月額3万7,660円という数字が出てまいります。


 また、嘱託賃金の報酬日額からも逆算した試算をしております。それについても、勤務月日数が20日1時間勤務ということで、2万1,600円の月の試算が出ております。以上のことを勘案いたしまして、報酬月額1万円程度でいいんではないかということで、決定した次第でございます。


 以上です。


○議長(片岡 英樹君)


 生涯教育課長の答弁を終わります。


 再質問ありませんか。


 なし。失礼。


 7番、今田 勝幸君。


○7番(今田 勝幸君)


 関連するかとも思うんですけども、4月1日の発令でしたよね、人事にかかわる問題がこの中にあるように思うんです。要は、後任の幼稚園の園長になる、その人事については考えなかったのかどうか。それと、今後、こういうやり方、兼務続けるのかどうかというのが大きな問題になると思うんです。というのは、園長職と小学校の校長と兼務というのは、幼稚園教育と小学校の教育というのは、おのずから保育の面も含まれて、違う内容だと思うんです。それを、等価とするというそういうふうに片手間と言っちゃ怒られますけれども、一定の時間を割いてそういうふうになるわけで、それはやっぱり、ひいてそこからいうなら、南幼稚園と北幼稚園の保育と教育の関係についての、差異が出るのではないか。ちょっとその辺が心配。ですから、兼務自体は、判こ押すだけやったらできるかもわかりませんけれども、そういった教育の内容の違い等が、本当にそれがカバーできるのかという質問です、思いは。今後、人事の問題で、後任ができるのであれば、すぐにやっぱり発令をすると、そういうところに求めていきたいし、お考えについてお伺いしたい。


○議長(片岡 英樹君)


 ただいま7番、今田 勝幸君の質疑に対する答弁を求めます。


 町長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 ただいまの今田議員のご質問にお答えいたします。


 まず1点目につきまして、昨年度をもちまして、1人園長先生が退職されたということで、我々もその情報があらかじめわかっておりましたので、人事について、早い段階から検討を重ねてまいりました。


 現在の幼稚園の職員さん等々の年齢構成並びに経験値等々を勘案したところ、園長という立場に立てる方までに非常に年齢の差があるということでございまして、現在の職員以外にも例えば、幼稚園の教員経験のある方、また既に退職はされておりますが、本町にかかわりのあった方という方もリストアップをいたしまして、それらに当たってみたところ、残念ながら、その要請に対してお答えいただくことができなかったということで、やむなく就学前教育ということで、小学校教育にも連携する上で、一つのやり方としては、学校長に頼むこともあるのではないかということでやっております。


 また、2点目の質問に関しましても、教育長のほうが、より詳しく説明ができると思いますので、補足的に教育長から説明をしていただきたいと思います。


○議長(片岡 英樹君)


 続いて、教育長。


  (「はい、議長」と呼ぶ者あり)


○教育長(大林 正和君)


 それでは失礼いたします。


 先ほどの件でございます。園長と校長で教育効果が下がるんじゃないかというご意見ですが、私としても、それが一番懸念されております。そのために、北の幼稚園のほうは、教諭を1人余分に配置しております。それと、もう一つ、委員会のほうで、しっかりとサポートするような体制を整えております。毎月、先生方からいろんなお考え、園での業務の内容、それから子どもたちの様子をお聞きして、改善できるところは、しっかりと改善していきたいと思って努力しております。委員会のほうも、課長、私、それから指導主事、この3人が中心になりまして、北幼稚園のほう、しっかり支援をしております。


 以上でございます。


○議長(片岡 英樹君)


 答弁を終わります。


 再質問、7番、今田 勝幸君。


○7番(今田 勝幸君)


 先ほど質問した内容にもう1点、今後、人事の問題で、発令する考えはあるのかと、それが、例えば、年齢構成とか、経験値とか言われましたけれども、それに大体任せられるなという人が町内でおれば、それは幼稚園園長として発令するのかというのが1点。


 それともう一つは、保育園の教育、私は3歳児からとってますんで、保育という部分が前半ではあると思うんです。そういった面の差を安易に考えてもらいたくないということを強調しておきたいと思います。ややもすると私は、こういったやり方が長期に続くと、連携であったり、要所の連携であったり、あるいは一貫であったりというやつが、いつの間にかそうなってしまうと、一つの区切りをきちっと議論した上で、あるいは、町民も総意の上で、保護者も総意の上で、そういう方向ならまだしも、こういう内容で、とんとんと進んでいつの間にかそうなるということだけは避けてもらいたいということを、あわせて強調しておきたいと思います。質問については、発令の問題だけお答えを願いたい。


○議長(片岡 英樹君)


 教育長、答弁。


○教育長(大林 正和君)


 失礼をいたします。


 今の、ご質問ですけれども、適任者がおればよろしんですけれども、今のところ、幼稚園の先生の年齢がすごく下がってきております。ちょっと職員の中では、適齢者が見受けられません。近隣の市町でそういう場合どうしてるかって見ますと、退職された校長先生、あるいは、教頭先生方にお願いをしているようです。その中で、幼稚園教育にすごく精通されてる方もおりますので、その中からしっかりと探していって、対応したいと思います。できるだけ、兼務のほうは避けたいなというのが私の考えでございます。


 以上でございます。


○議長(片岡 英樹君)


 続いて、9番、眞鍋 籌男君。


○9番(眞鍋 籌男君)


 これまでに、このような事態はあったんですか。


○議長(片岡 英樹君)


 9番、眞鍋 籌男君の、質疑に対する答弁を求めます。


 町長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 眞鍋議員からの、これまでこのような学校長が兼務をする事例があったかということでございます。はるか私が幼稚園のころ、当時、琴平小学校の石井校長が、幼稚園の園長先生を兼任しとったという事例があったというふうに記憶しております。


○議長(片岡 英樹君)


 町長の答弁を終わります。


 再質問、9番、眞鍋 籌男君。


○9番(眞鍋 籌男君)


 小野町長が、こんまいときのことでなくて、最近は吉原小学校が約10年前。あなたこんまいときのことは言いよれへん、最近のことでしょ。ここ二、三十年、琴平町でそういうことがあったのかということです。


○議長(片岡 英樹君)


 答弁、町長。


  (「はい」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 眞鍋議員がご質問のように、ここ最近、10年、20年単位であったかということでございますが、本町においてはその間はなかったということでございます。


○議長(片岡 英樹君)


 以上で、眞鍋 籌男君の質疑を終わります。


 ほか、6番、渡辺 信枝君。


○6番(渡辺 信枝君)


 今の件ですけども、やはり、今からことしになって、子ども・子育て会議を開催していくことになったわけですし、いろいろな意味で手薄といいますか、子ども・子育て会議の選定等も今行っているとは聞いておりますが、いろんなことで手薄にならないように考えていただきたいと思います。


○議長(片岡 英樹君)


 答弁。


○6番(渡辺 信枝君)


 答弁いい、意見。


○議長(片岡 英樹君)


 ほか質疑ありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 以上で、質疑を終結いたします。


 お諮りします。


 ただいま議題となっております議案第7号は、委員会の付託を省略したいと思いますが、ご異議ありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 異議なしと認めます。


 よって、議案第7号は、委員会の付託を省略することに決定いたしました。


 これから討論を行います。


 討論ありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 討論なしと認めます。


 これより、議案第7号を採決いたします。


 この採決は起立によって行います。


 議案第7号は、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(片岡 英樹君)


 起立多数と認めます。


 よって、議案第7号は、原案のとおり可決されました。


  (「これ何かあった場合、誰か責任とれよ。」という声あり)


○議長(片岡 英樹君)


 ただいま会議の途中でありますが、ここで休憩をとります。


 再開を11時とします。





     休憩 午前10時48分





     再開 午前11時00分


     (出席議員休憩前と同じ)





○議長(片岡 英樹君)


 休憩前に引き続き会議を開きます。


 日程第15 議案第8号 財産の取得について


 を議題といたします。


 本案について提案理由の説明を求めます。


 町長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 それでは、日程第15の議案第8号、財産の取得についてご説明申し上げます。


 議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第3条の規定によりまして、今回、じんかい収集車、1台の購入を行います。


 また、購入に関しましての契約金額といたしましては、税込みの754万7,903円となっており、契約の相手方は、高松市成合町763番地3、交和自動車株式会社でございます。よろしくご承認賜りますようお願い申し上げます。


○議長(片岡 英樹君)


 以上で提案理由の説明を終わります。


 これより質疑を行います。


 質疑はありませんか。


○議長(片岡 英樹君)


 9番、眞鍋 籌男君。


  (「はい、9番、眞鍋」と呼ぶ)


○9番(眞鍋 籌男君)


 小野町長、これ議案8号があるわね。何であなた、この分だけ提案理由書いてないん。これ提案理由これ古んなったけんや何でも書けるやろ。故障があったや、ほか全部あるのにここだけ何でないん。理由は何だったんか新しく変わる。寿命がきたらからか何でも書かなんだ。理由あったんやろ。


○議長(片岡 英樹君)


 9番、眞鍋 籌男君の質疑に対する答弁を求めます。


 町長。


  (「はい」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 眞鍋議員ご質問の、議案第8号の提案理由に関しましては、ここに書いておりますじんかい収集車をこれまで使っておったものが、老朽化に伴う、買いかえということでございます。これまでも、財産所得につきまして、この提案理由というのが記載しておったかということでございますが、これは書式の問題でございまして、財産取得については、提案理由を述べずに、そのものをここに掲載すると、いうようなことも可能かということで、今回させていただきましたので、よろしくご理解のほどお願いいたします。


○議長(片岡 英樹君)


 町長の答弁を終わります。


 再質問ですか。再質問ですね。


 9番、眞鍋 籌男君。


  (「はい、9番、眞鍋」と呼ぶ)


○9番(眞鍋 籌男君)


 小野町長、ここに提案理由書かなかったあんたのミスやね。


 ここだけ書いてないやないな、全部書いとるけど。わかっりょん。


 ほかのは、全部書いとる調べたら。


○議長(片岡 英樹君)


 眞鍋 籌男君の再質問に対する答弁を求めます。


 ちょっと待ってください。


 はい、答弁、町長。


  (「はい」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 この財産の取得につきましては、議会の議決に付すべき案件ということで、その内容をこの書面において記載するということがそのものずばり提案理由になろうかということで、対応しとるところでございます。


○議長(片岡 英樹君)


 最後の再質問、9番、眞鍋 籌男君。


  (「はい、9番」と呼ぶ)


○9番(眞鍋 籌男君)


 小野町長、ここに提案理由この分だけないんがここだけかね。提案理由がないのは全然ミスは関係ないんやね。あなたのミスやないんやね。


○議長(片岡 英樹君)


 はい、町長。


○町長(小野 正人君)


 もちろん、より詳しく書くというのは、提案理由を書くことも可能ではあろうと思いますので、今後の検討課題とさせていただきたいと思います。


○9番(眞鍋 籌男君)


 そう言うたらええんじゃないか。


○議長(片岡 英樹君)


 以上で、9番、眞鍋 籌男君の質疑を終わります。


 ほかに質疑はありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(片岡 英樹君)


 ほかに質疑はないようなので、以上で質疑を終了といたします。


 お諮りします。


 ただいま議題となっております議案第8号は、委員会付託を省略したいと思いますが、ご異議ありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 異議なしと認めます。


 よって、議案第8は、委員会の付託を省略することに決定いたしました。


 これより討論を行います。


 討論ありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 討論なしと認めます。


 これより、議案第8号を採決いたします。


 この採決は起立によって行います。


 議案第8号は、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を願います。


  (賛成者起立)


○議長(片岡 英樹君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第8号は、原案のとおり可決されました。


○議長(片岡 英樹君)


 日程第16 議案第9号 農業委員会の委員に占める認定農業者等又はこれらに準ず


              る者の割合を4分の1以上とすることについて


 を議題といたします。


 本案について提案理由の説明を求めます。


 町長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 それでは、日程第16の議案第9号でございますが、農業委員会の委員に占める認定農業者等又はこれらに準ずる者の割合を4分の1以上とすることについてでございます。


 認定農業者等が、委員の過半数を占めることを要しない場合において、農業委員会等に関する法律施行規則、第2条第2号を適用する場合は、議会の同意を得る必要があるということになっております。


 本町におきましては、その割合を4分の1以上とするというふうに定めたいため、提案をさせていただきましたので、よろしくご審議のほどお願いいたします。


○議長(片岡 英樹君)


 以上で提案理由の説明を終わります。


 これより質疑を行います。


 質疑はありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 質疑なしと認めます。


 お諮りします。


 ただいま議題となっております議案第9号は、委員会の付託を省略したいと思います。ご異議ありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 異議なしと認めます。


 議案第9号は、委員会の付託を省略することに決定いたしました。


 これより討論を行います。


 討論ありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 討論なしと認めます。


 これより、議案第9号を採決いたします。


 この採決は起立によって行います。


 議案第9号は、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を願います。


  (賛成者起立)


○議長(片岡 英樹君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第9号は、原案のとおり可決されました。


○議長(片岡 英樹君)


 日程第17 議案第10号 平成29年度琴平町一般会計補正予算(第1号)


を議題といたします。


 本案について提案理由の説明を求めます。


 町長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 それでは、日程第17の議案第10号、平成29年度琴平町一般会計補正予算(第1号)につきまして提案理由を申し述べます。


 今期の一般会計補正予算は、歳入予算につきまして、第18款の繰入金において、財政調整基金繰入金を増額し、第20款の諸収入においては、一般コミュニティ助成事業補助金及び長寿社会づくりソフト事業費交付金を増額するものでございます。


 一方、歳出につきましては、第2款の総務費において、一般管理費及び防犯対策費を減額し、地方振興費を増額、第3款の民生費につきましては、長寿社会づくりソフト事業費及び保育所管理運営費を増額、また、第6款の農林水産業費について、農地管理費を増額、第7款の商工費につきましては、観光施設事業費を増額、第10款教育費について、事務局費及び町立学校施設整備事業費を増額するものでございます。


 その結果といたしまして、歳入歳出予算それぞれ787万8,000円を追加し、歳入歳出予算総額で46億8,773万7,000円とするものでございます。


 ご審議を賜りよろしくご同意賜りますようお願いいたします。


○議長(片岡 英樹君)


 以上で提案理由の説明を終わります。


 これより質疑を行います。


 質疑はありませんか。


○議長(片岡 英樹君)


 6番、渡辺 信枝君。


○6番(渡辺 信枝君)


 済みません。ちょっと質問いたします。


 6番、渡辺でございます。


 民生費の中の保育所費でございますけれども、報償費として63万3,000円、体操児童教室の講師謝礼というところで組んであるんですが、これはどういうことで組んであるのかと、保護者の負担はどれぐらいその中であったのかということと、何歳児対象なのかいうことを教えてください。


○議長(片岡 英樹君)


 6番、渡辺 信枝君の質疑に対する答弁を求めます。


 町長。


○町長(小野 正人君)


 ただいま、渡辺議員のご質問でございますが、この報償費につきましては、これまで保護者負担をいただいておりました。


 一方、幼稚園のほうにおきましては、今年度より、町がその費用を見るということでございまして、幼稚園と保育所の均衡を図るという意味合いから、今回、町のほうで、その報酬をお支払いするということになっております。


 詳細につきましては、担当課長いけますか。より細かい詳細につきましては、担当課長より説明をいたさせます。


○議長(片岡 英樹君)


 続いて、答弁、福祉課長。


○福祉課長(友枝 眞理子君)


 失礼します。命より補足説明させていただきます。


 保育所のほうの保護者の負担金については、月額1,000円ぐらいを今まで負担していただいておりました。先ほど町長申し上げましたが、幼稚園のほうで、その保護者負担について、公費で負担するということですので、同じ琴平町内で育つ子どもたちに、そういう不公平があってはいけないので、保育所の保護者についても、同じ負担軽減をし、子育ての支援をするという意味で、計上させていただいております。


 対象については、3歳から5歳で、幼稚園と同じく体操教室とリトミック教室ということで、それに係る講師の謝金になっております。


 以上です。


○議長(片岡 英樹君)


 答弁を終わります。


 再質問、6番、渡辺 信枝君。


○6番(渡辺 信枝君)


 済みません。これは町立保育所の話でありましたので、町立幼保は無料になったということですが、私立のほうに補助というのはまた別の話になってこようかと思うんですが、やはり、保護者の側からいたしますと、私立保育所でも体操教室、リトミック教室というのを行っていまして、保護者負担というのがございます。それで、対象といいますか、以前、何かのときにお聞きしたのが4歳児が27名と5歳児が10名、3歳は20名ぐらいお聞きをしておりますけども、私立の保育所に行ってる保護者は、負担を幾らかしていると思うので、そういうこともやはり公平感というか、考えていただきたいと思うんですが。


○議長(片岡 英樹君)


 6番、渡辺 信枝君の再質問に対する答弁を求めます。


 福祉課長。


○福祉課長(友枝 眞理子君)


 失礼します。私立保育園、あかね保育園については、運営補助の中に、そういう英語の教室とか、いろんな各種教室をしてる場合に、その中の算定に入っております。


○議長(片岡 英樹君)


 再質問に対する答弁終わります。


 以上で、渡辺 信枝君の質疑を終わります。


 次に、9番、眞鍋 籌男君。


  (「はい、9番、眞鍋」と呼ぶ)


○9番(眞鍋 籌男君)


 議案書の11ページ、補正予算の11ページ、この分の下から4行目、中学校改築、この分の30万、この内訳言ってください。


○議長(片岡 英樹君)


 9番、眞鍋 籌男君の質疑に対する答弁を求めます。


 町長。


○町長(小野 正人君)


 ただいま、眞鍋議員からご質問いただきました、補正予算のうち、中学校改築検討委員会委員報酬、30万円の内訳でございます。


 これは、中学校改築検討委員会委員の報酬といたしまして、1人当たり4,000円、これが先ほど承認いただきました検討委員会設置に関しまして、15人という定数を設けておりますので、4,000円掛ける15人で回数を約5回ほど予定しておりますので、5を掛けた金額がこの30万円ということでございます。


○議長(片岡 英樹君)


 答弁終わります。


 再質問ですか。


 9番、眞鍋 籌男君。再質問。


  (「はい」と呼ぶ)


○9番(眞鍋 籌男君)


 先ほど、通りましたよね。今から30分もないですよね。それを何でここへ出すんです。これ、ここに書くこと問題なんですか。


○議長(片岡 英樹君)


 9番、眞鍋 籌男君の再質問に対する答弁を求めます。


 町長。


○町長(小野 正人君)


 先ほどご承認いただきました議案につきましては、それら条例の改正案でございます。もちろん、その条例が改正するということによりまして、費用が発生いたしますので、その後の議案審議でありますこの補正予算案において、予算計上をしたものでございます。


○議長(片岡 英樹君)


 最後の質問、9番、眞鍋 籌男君。


○9番(眞鍋 籌男君)


 みそもくそも一緒にしたらいかん。


 これね、やっぱり手順踏んでもらわないかんわ。これ反対討論。


 議長、今ね言うても、どうにでも言うから私反対討論するから、後で。この分に関して、もってのほかやこういうふうな。こんなんを議会軽視いうんじゃ。


○議長(片岡 英樹君)


 答弁は要りますか。


○9番(眞鍋 籌男君)


 反対討論するから答弁は要らん。


○議長(片岡 英樹君)


 ほか質疑ありませんか。


 5番、安川 稔君。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○5番(安川 稔君)


 1点だけ。長寿社会づくりソフト事業交付金の入と出、入は雑入でするんやけどどこが行う、どういう事業するのか、一切説明がないんやけど、細かい説明を求めます。詳細。


○議長(片岡 英樹君)


 5番、安川 稔君の質疑に対する答弁を求めます。


 町長。


○町長(小野 正人君)


 ただいまの安川議員のご質問に対しまして、詳細を福祉課長より説明をいたさせます。


○議長(片岡 英樹君)


 答弁、福祉課長。


○福祉課長(友枝 眞理子君)


 失礼いたします。


 ただいまの安川議員さんの質問にお答えさせていただきます。


 この長寿社会づくりソフト事業は、公益財団法人、地域社会振興財団が行う、長寿社会づくりソフト事業費交付金を活用して行う事業です。


 内容といたしましては、いきいき元気高齢者増加に向けた、介護予防事業を行う経費として、164万7,000円を計上させていただいております。


 事業の概要といたしましては、高齢者が長く健康長寿を維持し、地域での継続した自立生活を覚悟することや、要介護状態の悪化を防止するために、介護予防の取り組みが重要であることから、その一層強化するために、この交付金を利用して行います。


 内容といたしましては、住民向けの講演会を2回程度と、あとは、サービス事業者等、専門職を対象にする研修会を行う予定です。経費といたしまして、講師の謝金及び県外旅費を計上しておりますのは、県外でこの分野で著名な先生お二人をお招きして、講演会と研修会を行う予定です。


 あとは、住民の意識づけも含めまして、パンフレットを全戸配付する等、印刷製本費については、その全戸配付するパンフレット、講演会、研修会による資料作成等の経費を計上しております。


 備品購入費に関しましては、その研修会や講演会等の記録用機器として、カメラとかボイスレコーダーで記録を残し、それをまた、講演会とか、研修会に参加できなかったほかの人にもそれをもとに、また勉強会を開けるように、機器媒体を購入するので計上させていただいております。


 入といたしましては、雑入になっておりますけれども、これは、164万6,000円、一応100%の補助にはなりますけれども、補助対象経費は、1,000円単位が切り捨てですので、入と出で1,000円の差が出ております。


 以上簡単ですが、説明を終わります。


○議長(片岡 英樹君)


 答弁終わります。


 以上で5番、安川 稔君の質疑を終わります。


 ほかに質疑ありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 質疑なしと認めます。


 ただいま、審議の途中ですが、暫時休憩します。





     休憩 午前11時22分





     再開 午前11時25分


     (出席議員休憩前と同じ)





○議長(片岡 英樹君)


 再開します。


 引き続き会議を開きます。


 質疑は終わりましたんで。


 お諮りします。


 ただいま議題となっております議案第10号につきましては、委員会の付託を省略したいと思います。


 ご異議ありませんか。


  (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 異議なしと認めます。


 議案第10号は、委員会の付託を省略することに決定いたしました。


 これより討論を行います。


 討論ありませんか。


○議長(片岡 英樹君)


 9番、眞鍋 籌男君。


○9番(眞鍋 籌男君)


 私は、議案第10号、平成29年度琴平町一般会計補正予算(第1号)に反対するものです。その理由は、歳出の教育費の中の中学校改築検討委員会の委員の報酬30万円、これは先ほど小野町長の説明では、1人4,000円掛ける15人は6万、6万掛ける5回でなるほど30万なりますけど、私が言いたいのは、約30分ぐらい前に議会で議決したものを、議決するのを前提にここに載せてるわけです、30万は。これがもしパアになっとったらどうするわけですか。


 この場合、私に言わせたら、どういうこと言いたいかいうたら、今までこの分のきょうの分で、1号、2号、3号当たりは全部専決処分やったじゃないですか。この場合も、30万、5回やから、次の9月議会まで、2、3回開いたとしても、15万かそこら、議案でとおっているんですから、出したらいいんですよ支出。そんなんを専決処分いうて、専決処分これ15万出した言うたら、次の9月議会にどうちゅうことないですよ。


 これ、私に言わせたら、こういうこと載せること自体が、議会軽視、載せたらいかんのですよ。何のために専決処分きょう3つもしたん。事は簡単ですよ。臨時議会も開く必要一切なし。本末転倒。


 どうか、今、述べましたけど、私の言おうとしているところはここにいる議員の皆さんわかっていただけたと思います。どうか、ご賛同のほどよろしくお願いします。


 終わります。


○議長(片岡 英樹君)


 ほかに討論はありませんか。


 討論もないようなので、以上で討論を終結します。


 これから、議案第10号を採決いたします。


 この採決は起立によって行います。


 議案第10号は、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(片岡 英樹君)


 起立多数と認めます。


 よって、議案第10号は、原案のとおり可決されました。


○議長(片岡 英樹君)


 日程第18 議案第11号 琴平町監査委員(識見を有する者)の選任について


 を議題といたします。


 提出者の説明を求めます。


 町長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 議案第11号、琴平町監査委員(識見を有する者)の選任につきましてですが、地方自治法第196条第1項の規定によりまして、次の者を琴平町監査委員、識見を有する者に選任したいので、議会の同意を求めるものでございます。


 氏名が、河野玲子、住所が琴平町苗田408番地、生年月日が昭和26年8月14日、なお、任期に関しましては、平成29年7月1日から、平成33年6月30日までとなっております。よろしくご同意賜りますようお願い申し上げます。


○議長(片岡 英樹君)


 以上で提出者の説明を終わります。


 ただいま議題となっております議案第11号は、人事案件でございますので、質疑、委員会付託及び討論を省略したいと思いますが、ご異議ありませんか。


  (「異議なし」の声あり)


○議長(片岡 英樹君)


 異議なしと認めます。


 よって、議案第11号は質疑、委員会付託及び討論を省略することに決定いたしました。


 これから議案第11号を採決いたします。


 この採決は起立によって行います。


 議案第11号は、これに同意することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(片岡 英樹君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第11号は、同意することに決定いたしました。


○議長(片岡 英樹君)


 日程第19 議案第12号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることにつ


               いて


 を議題といたします。


 提出者の説明を求めます。


 町長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 それでは、議案第12号の人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについてを申し述べます。


 人権擁護委員法第6条第3項の規定によりまして、次の者を人権擁護委員候補者として推薦したいので、議会の意見を求めるものでございます。


 氏名といたしましては、堀家正信。住所が琴平町五條104番地。生年月日は昭和28年6月4日。


 なお、任期に関しましては、法務大臣の委嘱を受けた日から3年間となっております。よろしくご同意賜りますようお願いいたします。


○議長(片岡 英樹君)


 以上で提出者の説明を終わります。


 ただいま議題となっております議案第12号は人事案件でございますので、質疑、委員会付託及び討論を省略したいと思いますが、ご異議ありませんか。


  (「なし」の声あり)


○議長(片岡 英樹君)


 異議なしと認めます。


 よって、議案第12号は質疑、委員会付託及び討論を省略することに決定いたしました。


 これより議案第12号を採決いたします。


 この採決は起立によって行います。


 議案第12号は、これに同意することに賛成の方は起立を求めます。


  (賛成者起立)


○議長(片岡 英樹君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第12号は、同意することに決定いたしました。


 ただいま、会議の途中ですが、暫時休憩といたします。


 これより議会運営委員会並びに総務産業経済常任委員会を開催をお願いします。なお、委員会の招集通知につきましては、本告知をもってかえさせていただきます。委員及び関係者は大会議室にご参集願います。





     休憩 午前11時32分





     再開 午後 0時03分


     (出席議員休憩前と同じ)





○議長(片岡 英樹君)


 休憩前に引き続き会議を開きます。


 お諮りします。ただいま、町長から、議案第13号、渡辺議員外1名から、発議第1号が追加提出されました。また、総務産業経済常任委員長より、行財政改革、産業振興、土木建設に関する調査について、報告の申し出がありましたので、これを日程に追加し、追加日程第1、第2、第3として議題としたいと思いますが、ご異議ありませんか。


  (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 異議なしと認めます。


 よって、議案第13号を追加日程第1、発議第1号を追加日程第2及び報告行財政改革、産業振興、土木建設に関する調査を追加日程第3として、議題にすることに決定いたしました。


○議長(片岡 英樹君)


 追加日程第1 議案第13号 琴平町農業委員会の委員候補者選任の同意について


 を議題といたします。


 提出者の説明を求めます。


 町長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 それでは、議案13号の琴平町農業委員会の委員候補者選任の同意についてをご説明申し上げます。


 琴平町農業委員会の委員候補者の選任に関する規則の規定によりまして募集した結果、次の者を琴平町農業委員の選任について議会の同意を求めたいため、本日提案をしたものでございます。


 同意を求める人員につきましては、12名おりまして、


 まず、宮崎知純、琴平町下櫛梨173番地、生年月日が昭和20年6月21日。


 次に、大森薫之、琴平町74番地2、昭和22年3月1日生まれ。


 次に、宮脇久雄、琴平町榎井257番地、昭和30年7月5日生まれ。


 森本初美、琴平町苗田964番地、昭和22年12月22日生まれ。


 次に、山本重憲、琴平町下櫛梨352番地1、昭和21年11月19日生まれ。


 次に、牛田正夫、琴平町五條563番地3、昭和20年6月1日生まれ。


 次に、山田 悟、琴平町上櫛梨1290番地2、昭和28年10月1日生まれ。


 次に、久保 保、琴平町苗田130番地2、昭和36年3月10日生まれ。


 松浦修、琴平町苗田251番地、昭和29年3月7日生まれ。


 次に、神餘哲夫、琴平町榎井991番地2、昭和14年11月23日生まれ。


 次に、西島好弘、琴平町上櫛梨822番地、昭和20年3月12日生まれ。


 次に、都村尚志、琴平町232番地1、昭和39年12月26日生まれです。


 なお、この農業委員の任期につきましては、平成29年7月20日から、平成32年7月19日までとなっております。


 以上、よろしくご同意賜りますようお願い申し上げます。


○議長(片岡 英樹君)


 以上で、提出者の説明を終わります。


 ただいま議題となっております議案第13号は人事案件であります。質疑、委員会付託及び討論を省略したいと思いますが、ご異議ありませんか。


  (「なし」の声あり)


○議長(片岡 英樹君)


 異議なしと認めます。


 よって、議案第13号は質疑、委員会付託及び討論を省略することに決定いたしました。


 これより議案第13号を採決いたします。


 この採決は起立によって行います。


 議案第13号は、これに同意することに賛成の方の起立を願います。


  (賛成者起立)


○議長(片岡 英樹君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第13号は、同意することに決定いたしました。


○議長(片岡 英樹君)


 追加日程第2 発議第1号 議員派遣の件


を議題とします。


 お諮りします。議員派遣の件につきましては、お手元にお配りしましたとおり、派遣することにしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 異議なしと認めます。


 よって、発議第1号、議員派遣の件は、お手元にお配りしましたとおり、派遣することに決定いたしました。


○議長(片岡 英樹君)


 追加日程第3 報告 行財政改革、産業振興、土木建設に関する調査


を議題とします。


 本件について委員長の報告を求めます。


 総務産業経済常任委員長、5番、安川 稔君。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○総務産業経済常任委員会委員長(安川 稔君)


 それでは、先ほど休憩中に、総務産業経済常任委員会を開催いたしました。


 その審議の経緯と結果について報告いたします。


 まず、農政土木課でございますが、空き家につきまして、前回の委員会で質疑等が出ておりましたのと、観光商工課のJR前のロータリーについての質疑に対する、担当課長からの答弁でございます。


 まず、空き家でございますが、まず本町においては、国と同一基準で空き家調査を実施しているとのことでございます。その例といたしまして、アパートの場合ですけど、アパートが10室あった1室が空き家の場合は、空き家とはカウントしない。長屋につきましては、1室でもあいてる場合は、空き家としてカウント、同一敷地内に、俗に言う、母屋とか離れがある場合には、ブロック塀とかの区切りがない場合は、カウントはしないということでございます。


 それと、空き家の定義でございますが、家の管理の期間でございますが、1カ月に1回程度、ほかの他市町村でおった方が帰ってきて管理してる場合は、空き家としてはカウントしないということでございます。


 それと、午前中の委員長報告で一つ申し忘れがありましたが、空き家対策について、最も危険な判定の空き家に対してはどのように対応するかということでございますが、町としては、最終的に行政代執行という方法がありますが、それはなるべくとらないということで、持ち主に対して、指導をしていくということでございます。


 続きまして、観光商工課長の答弁でございますが、駅前のロータリーでございます。


 駅から出て、すぐ右手、北側の植え込みがあるところでございますが、この管理はJRが管理するということでございます。


 それと、出て左の噴水でございますが、これにつきましても水質に大分汚濁があるということでございます。その原因をこの前調べたところ、循環器が故障していて、水質の水をきれいにできてなかったということがございまして、これが今、業者に対して、故障の修理を予定をしているという答弁でございます。


 なお、委員より、植え込みの管理についてでございますが、JRは、管理するいう基本でございますが、琴平町といたしましても、琴平町の駅前は顔でございますので、クリーン作戦とか、そういう場合があった場合に、町としても対応していただきたいという意見がございました。


 以上で、先ほど開きました総務産業経済常任委員会の委員長報告といたします。


 以上、終わります。


○議長(片岡 英樹君)


 委員長報告は終わりました。


 これより委員長報告に対する質疑を行います。


 質疑はありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 質疑なしと認めます。


 よって、委員長の報告を終わります。


○議長(片岡 英樹君)


 日程第20 報告第1号 平成28年度琴平町一般会計繰越明許費繰越計算書


 日程第21 報告第2号 平成29年度琴平町土地開発公社事業計画及び予算につい


              て


 を一括の議題といたします。


 本件について、報告を求めます。


 町長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 それでは、日程第20の報告第1号、平成28年度琴平町一般会計繰越明許費繰越計算書についてご説明申し上げます。


 平成28年度の一般会計繰越明許費繰越計算書は、既にお手元に配付のとおりでございますが、この中で、一部だけ説明をさせていただきたいと思います。


 このうち、第2款総務費の総務管理費は、事業名が移住定住促進事業につきまして、翌年度繰越額が400万円となっております。


 これにつきましては、昨年度の3月定例会におきまして、補正予算を計上したときに、翌年度の繰越額を、769万7,000円と一旦説明をさせていただいております。


 これにつきましては、補正を組んだのが2月の初めのころでございまして、その時点でこの移住定住促進事業を活用したいという相談があり、計上しておったものでございますが、3月末になっても、申請が上がってこなかったため、今回の繰越計算書では、その額が減額になったということでございます。


 なお、その当時、申請を上げる予定だった方に関しましては、今年度に入って、3件の申請ということで受理をしております。


 次に、日程第21、報告第2号、平成29年度琴平町土地開発公社事業計画及び予算につきましては、これも既にお手元に配付しておりますとおり、平成28年度の3月30日に理事会を開催し、その中で審議を賜ったものでございます。地方自治法第243条の3第2項の規定によりまして、琴平町土地開発公社の平成29年度事業の計画に関する書類を次のとおり提出したものでございますので、ご一読をいただいて、ご報告とかえさせていただきます。よろしくお願いいたします。


○議長(片岡 英樹君)


 町長の報告は終わりました。


 ここで、日程第14の議案第7号、琴平町立学校教職員の報酬及び費用弁償に関する条例が先ほど可決されましたが、その質疑の中で、町長の答弁につき、発言を求められておりますので、これを許可します。


 町長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 それでは、貴重な時間を頂戴いたしましたが、議長が申されましたように、議案第7号の琴平町立学校教職員の報酬及び費用弁償に関する条例の中におきまして、眞鍋議員からご質問いただきました。過去にこのように学校長が園長を兼務したことがあるのかということでございまして、この10年あたりではないという中で、私が、記憶の中で、当時の小学校の校長が、幼稚園の園長を兼ねておったということがございますが、それ以降にも実は町内には調べたところ、その兼務をしていた事例がございました。


 それは、平成2年4月1日から平成6年3月31日におきまして、象郷小学校の森江照校長が兼務。また、それに引き続きまして、平成6年4月1日から、平成9年3月31日まで、山本恭子校長が園長を兼務していたという時期がありましたことをつけ加えさせていただきます。


○議長(片岡 英樹君)


 町長の発言を終わります。


 それでは、散会する前でありますが、皆様にご案内申し上げます。


 お知らせ申し上げます。本日配付いたしております会期日程の表の開きにありますが、そのうち、21日の水曜日の総務産業経済常任委員会並びに22日の教育厚生常任委員会の日程が組まれておりますが、本日の議案の中で、付託案件がございませんので、これを削除していただき、委員会の開催予定をなしということでお願いしたいと思います。


○議長(片岡 英樹君)


 以上で、本日の日程は全部終了であります。


 本日はこれにて散会いたします。


 ありがとうございました。





             (散会 午後 0時47分)





 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。








      琴平町議会議長











      琴平町議会議員











      琴平町議会議員