議事ロックス -地方議会議事録検索-


香川県 琴平町

平成29年 3月定例会(第4日 3月24日)




平成29年 3月定例会(第4日 3月24日)





               会 議 の 経 過





 
 会期 第4日 平成29年3月24日(金曜日)


 議事日程(第4号)


 第 1       会議録署名議員の指名


 第 2 議案第17号 琴平町職員の旅費に関する条例の一部を改正する 総務産業経済


     報   告 条例                     常任委員長


 第 3 議案第18号 琴平町行政手続における特定の個人を識別するた 総務産業経済


     報   告 めの番号の利用等に関する法律に基づく個人番号 常任委員長


           の利用及び特定個人情報の提供等に関する条例の


           一部を改正する条例


 第 4 議案第19号 琴平町個人情報保護条例の一部を改正する条例  総務産業経済


     報   告                        常任委員長


 第 5 議案第21号 職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例 総務産業経済


     報   告                        常任委員長


 第 6 議案第22号 琴平町税条例等の一部を改正する条例      総務産業経済


     報   告                        常任委員長


 第 7 議案第24号 琴平町道路占用料条例の一部を改正する条例   総務産業経済


     報   告                        常任委員長


 第 8 議案第28号 琴平町過疎地域自立促進計画の変更について   総務産業経済


     報   告                        常任委員長


 第 9 議案第29号 香川県中部広域競艇事業組合規約の一部変更につ 総務産業経済


     報   告 いて)                    常任委員長


 第 10 議案第30号 丸亀市との定住自立圏形成協定の一部変更につい 総務産業経済


     報   告 て                      常任委員長


 第 11 議案第20号 琴平町自転車等の放置の防止並びに自転車等駐車 総務産業経済


     報   告 場の設置及び管理に関する条例         常任委員長


 第 12 議案第25号 琴平町工場立地法第4条の2第1項の規定に基づ 総務産業経済


     報   告 く準則を定める条例              常任委員長


 第 13 議案第23号 琴平町介護保険条例の一部を改正する条例    教育厚生


     報   告                        常任委員長


 第 15 議案第10号 平成29年度琴平町一般会計補正予算(第6号) 各常任委員長


     報   告


 第 16 議案第14号 平成28年度琴平町駐車場特別会計補正予算(第2 総務産業経済


     報   告 号)                     常任委員長


 第 17 議案第11号 平成28年度琴平町学校給食特別会計補正予算(第 教育厚生


     報   告 2号)                    常任委員長


 第 18 議案第12号 平成28年度琴平町国民健康保険特別会計補正予算 教育厚生


     報   告 (第3号)                  常任委員長


 第 19 議案第13号 平成28年度琴平町下水道特別会計補正予算(第3 教育厚生


     報   告 号)                     常任委員長


 第 20 議案第15号 平成28年度琴平町介護保険特別会計補正予算(第 教育厚生


     報   告 3号)                    常任委員長


 第 21 議案第16号 平成28年度琴平町後期高齢者医療特別会計補正予 教育厚生


     報   告 算(第3号)                 常任委員長


 第 22 議案第1号 平成29年度琴平町一般会計予算         予算審査


     報   告                        特別委員長


 第 23 議案第2号 平成29年度琴平町学校給食特別会計予算例    予算審査


     報   告                        特別委員長


 第 24 議案第3号 平成29年度琴平町国民健康保険特別会計予算   予算審査


     報   告                        特別委員長


 第 25 議案第4号 平成29年度琴平町下水道特別会計予算      予算審査


     報   告                        特別委員長


 第 26 議案第5号 平成29年度琴平町駐車場特別会計予算      予算審査


     報   告                        特別委員長


 第 27 議案第6号 平成29年度琴平町介護保険特別会計予算     予算審査


     報   告                        特別委員長


 第 28 議案第7号 平成29年度琴平町後期高齢者医療特別会計予算  予算審査


     報   告                        特別委員長


 第 29 議案第8号 平成29年度琴平町温泉事業特別会計予算     予算審査


     報   告                        特別委員長


 第 30 議案第9号 平成29年度琴平町水道事業会計予算       予算審査


     報   告                        特別委員長


 第 31 議案第32号 副町長の選任について             町長提出


 第 32 報   告 議長の委任による専決処分の報告について    町長提出


 追加日程       会期延長の件


 第  1





○議長(片岡 英樹君)


 おはようございます。(「おはようございます」の声あり)


 ご参集いただきましてありがとうございます。


 議場内の皆様にお願い申し上げます。携帯電話の電源はお切りくださいますようお願い申し上げます。


○議長(片岡 英樹君)


 ただいまから平成29年3月琴平町議会定例会を再開いたします。





             (再開 午前 9時30分)





○議長(片岡 英樹君)


 ご相談申し上げたいことがございますので、ただいまより議会運営委員会の開催を願います。


 委員及び関係者は大会議室にご参集願います。


 なお、委員会の招集通知は、本告知をもってかえさせていただきます。


 その間、暫時休憩とします。





     休憩 午前 9時31分





     再開 午前10時26分


     (出席議員、休憩前と同じ10名)





○議長(片岡 英樹君)


 再開します。


 これより、本日の会議を開きます。


 なお、報道機関より写真撮影の申し出がありますので、議長よりこれを許可します。





            (開議 午前 10時26分)





○議長(片岡 英樹君)


 本日の議事日程は、お手元にお配りしておりますとおりであります。


 また、町長より本定例会に付議するため、選任同意議案1件及び報告1件が追加提出されておりますので、これを受理し、本日の日程にて処理いたしております。


○議長(片岡 英樹君)


 日程第1 会議録署名議員の指名


を行います。


 会議録署名議員は、


   3番 吉田 親司君及び


   9番 眞鍋 籌男君


を指名します。


○議長(片岡 英樹君)


 日程第 2 議案第17号 琴平町職員の旅費に関する条例の一部を改正する条例


 日程第 3 議案第18号 琴平町行政手続における特定の個人を識別するための番


              号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用及び特


              定個人情報の提供等に関する条例の一部を改正する条例


 日程第 4 議案第19号 琴平町個人情報保護条例の一部を改正する条例


 日程第 5 議案第21号 職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例


 日程第 6 議案第22号 琴平町税条例等の一部を改正する条例


 日程第 7 議案第24号 琴平町道路占用料条例の一部を改正する条例


 日程第 8 議案第28号 琴平町過疎地域自立促進計画の変更について


 日程第 9 議案第29号 香川県中部広域競艇事業組合規約の一部変更について


 日程第10 議案第30号 丸亀市との定住自立圏形成協定の一部変更について


を一括の議題といたします。


 本案について委員長の報告を求めます。


 総務産業経済常任委員会委員長、5番、安川 稔君。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○総務産業経済常任委員長(安川 稔君)


 おはようございます。(「おはようございます」の声あり)


 それでは、議長の命により、当委員会に付託されております議案第17号、18号、19号、21号、22号、24号及び議案28号、29号、30号について、報告をいたします。


 まず、そのうち議案17号、18号、19号、21号、22号、24号の条例の一部改正についての一括審議をした経緯と結果について、報告いたします。


 まず、担当課長より詳細な説明がありまして、その後委員より質疑でございますが、電線の地中化について、占用使用料徴収の問いがあり、これにつきましては、従来どおりの占用使用料を徴収していくとのことでございます。次に、法人税率が7.2%にした理由につきましての質疑に対し、担当課長より法人税減税の補填についての問いがあり、中間税率を琴平町は適用したとのことでございます。税の減少分については、交付税によって補填されるとの答弁がありました。


 討論はなく、各条例の改正については、全て全員原案のとおり承認することに決しました。


 続きまして、議案第28号、29号及び30号について、一括審議をした経緯と結果について報告いたします。


 担当課長より詳細な説明があり、その後質疑に移り、委員よりパブリックコメントについての問いがあり、現在パブリックコメントにつきましては、1件はあったということでございます。


 議案第28号、給食センター、学校においても適用できるかの問いに対し、課長よりこれについては適用できるとの答弁であります。


 続いて、討論はなく、議案第28号、29号及び30号につきましては、委員全員賛成のもと、原案のとおり承認することに決しました。


 以上、報告を終わります。


○議長(片岡 英樹君)


 委員長の報告は終わりました。


 これから委員長報告に対する質疑を行います。


 質疑はありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論を行います。


 なお、議案第22号につき、7番、今田 勝幸君より討論の申し出が出ておりますので、これを許可します。


 7番、今田 勝幸君。


○7番(今田 勝幸君)


 日本共産党の今田 勝幸であります。


 今、委員長の報告がありました中で、議案22号、琴平町税条例等の一部を改正する条例について、反対の討論を行いたいと思います。


 法人住民税、法人割税率、マイナス3.8%、現行11%から7.2%にするものであります。その影響額は32年度194万6,000円、33年464万3,000円と試算をされています。


 この不足分補填は国からの交付金ということだと思いますけれども、実際問題は、これは全く不明というのが現状だと認識をいたしました。


 いわゆるこれは、三位一体改革以降減らされたままの交付金で続けていくと。さらに、それを強化するということであります。町税収入も厳しいという現状は変わりはありません。


 このような中で、私はこの法人町民税の一部国税化、消費税の10%増税を前提にしているというのが大きな問題だというふうに考えています。


 私ども日本共産党は消費税の増税路線と大企業だけを優遇するアベノミクスの破綻は明らかだというふうに思っています。


 そういう意味で、消費税の増税に反対する立場からも国の政策とはいえ、本町において、このようなことを追随することについては、容認ができないということで反対をいたします。


 以上であります。


○議長(片岡 英樹君)


 以上で、7番、今田 勝幸君の討論を終わります。


 ほかに討論はありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 ほかに討論なしと認めます。


 以上で討論を終結します。


 これより議案第17号、議案第18号、議案第19号、議案第21号、議案第24号、議案第28号、議案第29号及び議案第30号の8件を一括して採決いたします。


 この採決は、起立によって行います。


 本案に対する委員長の報告は、可決であります。


 議案第17号、第18号、第19号、第21号、第24号、第28号、第29号及び第30号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


  (賛成者起立)


○議長(片岡 英樹君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第17号、議案第18号、議案第19号、議案第21号、議案第24号、議案第28号、議案第29号及び議案第30号は、委員長の報告のとおり可決となりました。


○議長(片岡 英樹君)


 続きまして、議案第22号につきまして、採決を行います。


 この採決は、起立によって行います。


 本案に対する委員長の報告は、可決であります。


 議案第22号を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の、起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(片岡 英樹君)


 起立多数と認めます。


 よって、議案第22号は、委員長の報告のとおり可決となりました。


○議長(片岡 英樹君)


 日程第11 議案第20号 琴平町自転車等の放置の防止並びに自転車等駐車場の設


              置及び管理に関する条例


 日程第12 議案第25号 琴平町工場立地法第4条の2第1項の規定に基づく準則


              を定める条例


を一括議題といたします。


 本案について委員長の報告を求めます。


 総務産業経済常任委員会委員長、5番、安川 稔君。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○総務産業経済常任委員長(安川 稔君)


 それでは、議長の命により、総務産業経済常任委員会を主査とする教育厚生常任委員会との連合審査会に付託されております議案第20号及び議案第25号について、審議をいたした経緯と結果について報告いたします。


 まず最初に、議案第20号、琴平町自転車等の放置の防止並びに自転車等駐車場の設置及び管理に関する条例でございます。


 これにつきましては、担当課長より詳細な説明があり、その後委員よりの質疑でございますが、JRとの協議の結果、費用負担についてのどういう結果があったかとの質疑があり、理事者側より協議はしておりますが、費用については全て琴平町が全額支出するということでございます。


 撤去自転車の保管方法、防犯カメラの設置計画、放置禁止区域、所定の時期についての質疑でございますが、保管につきましては、町の倉庫にて、防犯カメラの設置、禁止区域指定は、JR琴平駅前を予定しておりますとのことでございます。


 これにつきましては、討論はなく、賛成3、反対1で原案のとおり承認することに決しました。


 次に、議案第25号、琴平町工場立地法第4条の2第1項の規定に基づく準則を定める条例であります。


 これにつきましても、理事者側より詳細な説明がありました。質疑、討論を経て、採決の結果、全委員原案のとおり承認することに決しました。


 以上、報告を終わります。


○議長(片岡 英樹君)


 委員長の報告は終わりました。


 これより委員長報告に対する質疑を行います。


 質疑はありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論を行います。


 議案第20号に対し、9番、眞鍋 籌男君より、討論の申し出がありますので、これを許可します。


 9番、眞鍋 籌男君。


○9番(眞鍋 籌男君)


 それでは、私眞鍋は、議案第20号、琴平町自転車等の放置の防止並びに自転車等駐車場の設置及び管理に関する条例について、反対いたします。


 その理由としては、この高い金額は別にして、駐車場をつくるわけです。約200台、幅は70センチ、無料、ただ、それに対して私は反対するものであります。


 考えてみてください。JR駅の南側の現場も再々見ていますけど、あそこは事によると、悪のたまり場になるかもしれません。そういう要因を含んでいます。


 ただの場合、誰が置いたかわかりませんよね。


 そこで、私はこれは委員会でも申しましたけど、例えばですよ、月行かなかったら、1年間の自転車置く金額1,000円なり2,000円なり3,000円なり、横に民間の業者がありますけど、そのあたりと兼ね合いしながら、お金を取る。駐車場に置いている人、恐らく琴平町以外の高校生がほとんどだと思いますが、彼らからお金を取ることによって、置いた人の氏名、電話番号、その両親、住所、それらがはっきりします。それらなくして、ただ好きなように勝手に置けでは、行政としてだめです。


 以上が私の議案20号に対する反対理由であります。


 どうかご賛同のほど、お願いします。


○議長(片岡 英樹君)


 9番、眞鍋 籌男君の討論を終わります。


 ほかに討論はありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 討論なしと認めます。


 以上で討論を終結いたします。


 これより議案第20号を採決いたします。


 この採決は起立によって行います。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 議案第20号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


  (賛成者起立)


○議長(片岡 英樹君)


 起立多数。


 よって、議案第20号は、委員長の報告のとおり可決されました。


○議長(片岡 英樹君)


 続いて、議案第25号を採決いたします。


 この採決は起立によって行います。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 議案第25号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を願います。


  (賛成者起立)


○議長(片岡 英樹君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第25号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 ここで休憩とします。


 再開は追って連絡します。





     休憩 午前10時43分





     再開 午前10時56分


     (出席議員、休憩前と同じ10名)





○議長(片岡 英樹君)


 再開します。


 休憩前に引き続き会議を開きます。


 日程第3、議案第23号 琴平町介護保険条例の一部を改正する条例


を議題とします。


 本案について委員長の報告を求めます。


 教育厚生常任委員長、10番、山神 猛君。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○教育厚生常任委員長(山神 猛君)


 議長の命により、議案第23号、琴平町介護保険条例の一部を改正する条例について、審議の結果をご報告いたします。


 介護保険法施行令の一部を改正する政令が平成29年4月1日から施行するのに伴いまして、平成29年度における第1号被保険者の介護保険料の段階判定に関する基準の特例といたしまして、現行の所得指数であります合計所得金額から長期譲渡所得及び短期譲渡所得に係る特別控除額を控除した額を用いることとするため、改正をするものであります。


 審議の結果、全員賛成で可とすることに決定しましたことを報告いたします。


○議長(片岡 英樹君)


 委員長の報告は終わりました。


 これより委員長報告に対する質疑を行います。


 質疑はありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論を行います。


 討論はありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 討論なしと認めます。


 これより議案第23号を採決いたします。


 この採決は起立によって行います。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 議案第23号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(片岡 英樹君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第23号は、委員長報告のとおり可決されました。


○議長(片岡 英樹君)


 お諮りします。


 日程の順序を変更し、日程第14、議案第31号、報告善通寺市・琴平町・多度津町学校給食センター協議会規約についてを本日の日程の最後に審議したいと思いますが、これにご異議ありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 異議なしと認めます。


 よって、日程の順序を変更し、日程第14、議案第31号、報告善通寺市・琴平町・多度津町学校給食センター協議会規約についてを本日の日程の最後に審議することに決定しました。


○議長(片岡 英樹君)


 日程第15 議案第10号 平成28年度琴平町一般会計補正予算(第6号)


を議題とします。


 本案について委員長の報告を求めます。


 総務産業経済常任委員長、5番、安川稔君。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○総務産業経済常任委員長(安川 稔君)


 それでは、議長の命により総務産業経済常任委員会に付託されております議案第10号、平成28年度琴平町一般会計補正予算(第6号)のうち、本委員会にかかわる部分について、審議をした経緯と結果を報告いたします。


 担当課長より、第1表歳入歳出予算補正、第2表繰越明許費、第3表地方債の補正についての説明があり、委員より質疑を受け付けました。


 その内容でございますが、自主防災組織活動助成の減についての質疑に対して、これにつきましては、当初予定していた団体が3から2に1減少したのが原因であります。


 次に、地方創生拠点整備事業についてでございますが、これにつきましては、プラットホーム事業と連携を図り、活動を推進していくべきとの問いがありました。これにつきましても、各関係団体と協議を今後進めていきたいとの答弁でございます。


 次に、交流館ほか呑象楼の今後の管理はどの課がするのかとの質疑に対し、現在は工事中は児童館事業でどこまで対応するかのこの2つの問いに対し、課長より2施設とも総務課で今後管理するとの答弁でございます。児童館につきまして、工事中は教育集会所にて行うとの答弁であります。


 続きまして、歌舞伎公演のあり方について、今後十分に検討していくべきとの意見がありました。


 続きまして、討論はなく、議案第10号のうち、当委員会にかかわる部分につきましては、委員全員原案のとおり承認することに決しました。


 以上、報告を終わります。


○議長(片岡 英樹君)


 次に、教育厚生常任委員会委員長、10番、山神 猛君。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○教育厚生常任委員長(山神 猛君)


 議長の命により、休会中に当委員会に付託を受けております案件の審議の経過及び結果を報告いたします。


 3月9日、全委員参加のもと審議が行われました。


 議案第10号、平成28年度琴平町一般会計補正予算(第6号)について、当委員会にかかわります主立った補正の審議の結果を報告いたします。


 まず、福祉課の報告をいたします。


 歳入におきまして、分担金及び負担金において、300万1,000円の増額は、保育所運営費、児童保護者負担金の実績見込みによるものであります。


 次に、国庫支出金の国民健康保険、基盤安定負担金、30万3,000円の減額は、国からの交付金決定によるものであります。


 児童福祉負担金の1,486万9,000円の減額は、児童手当負担金835万8,000円の減、児童手当給付金の確定に伴うものと、子どものための教育・保育給付費国庫負担金651万1,000円で市立保育所の児童減少によるものでございます。


 次に、県支出金のうち、国民健康保険基盤安定負担金、128万1,000円の減額、後期高齢者保険安定拠出金857万円の減、児童手当負担金166万6,000円の減額は、県からの交付決定によるものであります。


 子どものための教育・保育給付費、県負担金、325万6,000円の減額は、私立の保育所、児童が予定より少なかったからでございます。


 次に、歳出について報告をいたします。


 民生費におけます社会福祉総務費427万8,000円の減額は、国保特別会計の補正に伴います減額であります。


 次に、後期高齢者医療費特別会計繰出金1,142万8,000円の減額は、後期高齢者特会の補正に伴います減額修正でございます。


 一般会計、歳入の県負担金、後期高齢者保健安定拠出金減額によるものでございます。


 児童措置費の1,169万円の減額は、児童手当の給付実績によるものであります。


 保育所費の1,213万9,000円の減額は、私立保育園運営委託費の実績見込み、入所児童の減少によるものでございます。


 次に、生涯教育課について、報告をいたします。


 小学校費のうち、小学校施設費400万円の減額は、各工事完了ということで、減額修正するものであります。


 小学校運営費105万2,000円は、パソコンのリース開始が9月からの不用額であります。


 中学校施設費416万8,000円は、耐力度調査の不用額の減額であります。


 中学校運営費の77万6,000円は、パソコンのリース開始が9月からでの不用額でございます。


 幼稚園費の幼稚園預かり保育事業100万円の減額は、日数減で賃金不用額を減額するものであります。


 社会教育費の公民館費、217万8,000円は、中央公民館管理運営費47万2,000円は、備品購入費不用額を減額、琴平公民館管理運営費170万6,000円を減額したものであります。


 53万3,000円のエレベーターの修理費は、来年度に繰り越すとのことであります。


 旧金毘羅大芝居管理運営費は、火災報知器工事延期によるもので、119万7,000円の減額であります。なお、こんぴら大芝居保存基金を積み立てするものであります。


 体育施設の施設費のいこいの郷公園管理運営費157万2,000円の減額は、修繕費の残額を繰り入れるものであります。


 以上、審議の結果、全員賛成で可とすることに決定いたしましたことを報告をいたします。


○議長(片岡 英樹君)


 委員長の報告は終わりました。


 これより委員長報告に対する質疑を行います。


 質疑はありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論を行います。


 討論はありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 討論なしと認めます。


 これより議案第10号を採決いたします。


 この採決は起立によって行います。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 議案第10号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を願います。


  (賛成者起立)


○議長(片岡 英樹君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第10号は、委員長の報告のとおり可決されました。


○議長(片岡 英樹君)


 日程第16 議案第14号 平成28年度琴平町駐車場特別会計補正予算(第2


              号)


を議題といたします。


 本案について委員長の報告を求めます。


 総務産業経済常任委員長、5番、安川稔君。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○総務産業経済常任委員長(安川 稔君)


 それでは、当委員会に付託を受けております議案第14号、平成28年度琴平町駐車場特別会計補正予算(第2号)についての審議の結果を報告いたします。


 これにつきましても、担当課長よりの説明があり、質疑・討論もなく、全委員原案のとおり承認することに決しましたことを報告をいたします。


○議長(片岡 英樹君)


 委員長の報告は終わりました。


 これより委員長報告に対する質疑を行います。


 質疑はありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論を行います。


 討論はありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 討論なしと認めます。


 これより議案第14号を採決いたします。


 この採決は起立によって行います。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 議案第14号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を願います。


  (賛成者起立)


○議長(片岡 英樹君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第14号は、委員長の報告のとおり可決されました。


○議長(片岡 英樹君)


 日程第17 議案第11号 平成28年度琴平町学校給食特別会計補正予算(第2


              号)


 日程第18 議案第12号 平成28年度琴平町国民健康保険特別会計補正予算


              (第3号)


 日程第19 議案第13号 平成28年度琴平町下水道特別会計補正予算(第3


              号)


 日程第20 議案第15号 平成28年度琴平町介護保険特別会計補正予算(第3


              号)


 日程第21 議案第16号 平成28年度琴平町後期高齢者医療特別会計補正予算


              (第3号)


を一括の議題といたします。


 本案について委員長の報告を求めます。


 教育厚生常任委員長、10番、山神 猛君。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○教育厚生常任委員長(山神 猛君)


 議長の命によりまして、当委員会に付託を受けております特別会計の審議の結果を報告いたします。


 議案第11号、平成28年度琴平町学校給食特別会計補正予算(第2号)の報告をいたします。


 歳入歳出予算の総額から、歳入歳出それぞれ130万円を減額し、歳入歳出それぞれ3,493万5,000円とするものであります。


 歳入におきまして、給食費負担金を130万円の減額補正をするものであります。これは配食数の減少による減額でございます。


 歳出におきましても、学校給食費におきまして、歳入の繰越金に合わせて賄材料費を同額計上するものであります。


 審議の結果、全員賛成で可とすることに決定いたしました。


 続きまして、議案第12号、平成28年度琴平町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)の報告をいたします。


 歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ8,144万1,000円を減額し、歳入歳出予算それぞれ14億2,523万4,000円とするものであります。


 まず、歳入の国庫支出金の療養給付費負担金1,228万9,000円の減額は、療養給付費負担金209万7,000円の減、介護保険納付金負担金395万7,000円の減、高齢者支援金負担金の623万5,000円の減額であり、基盤安定負担金等の確定によるものであります。


 国庫補助金の財政調整交付金は、普通調整交付金515万円の増額でございます。


 前期高齢者交付金1,580万9,000円は、確定によります修正でございます。


 県支出金、県負担金の高額医療費共同事業負担金71万1,000円の減額は確定によるものであります。


 県補助金、財政調整交付金532万7,000円の減額は介護保険納付金、後期高齢者支援金の確定によるものであります。


 共同事業交付金は、1,349万6,000円の減額は、高額医療費共同事業交付金の確定によるものであります。


 保険財政共同安定化事業交付金6,748万円の減額は、確定によるものでございます。


 繰入金の427万8千円の減額は、保険税軽減分繰入金の増額と保険者支援分繰入金の減額70万7,000円であります。


 財政安定化支援事業支援分繰入金マイナスの235万8,000円と、療養給付費負担金減額分繰入金272万の減額は確定、または精算によるものであります。


 諸収入の一般被保険者延滞金増額の181万9,000円は、実績によるものであります。


 次に、歳出について報告をいたします。


 後期高齢者支援金の1,948万7,000円の減額は確定に伴うものであります。


 前期高齢者給付金のマイナスの5万8,000円も確定によるものでございます。


 介護給付費1,236万7,000円は、確定に伴う減額補正であります。


 共同事業拠出金の減額は、高額医療費共同事業拠出金284万7,000円の減額でございます。


 保険財政共同安定化事業拠出金4,668万2,000円の確定によるものであります。


 審議の結果、全員賛成で可とすることに決定いたしましたことを報告をいたします。


 続きまして、議案第13号、平成28年度琴平町下水道特別会計補正予算(第3号)の報告をいたします。


 歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ367万8,000円を減額し、歳入歳出それぞれ2億8,373万3,000円とするものであります。


 歳入につきまして、報告をいたします。


 使用料及び手数料の下水道使用料170万円は、実績によるものであります。


 繰入金の187万8千円の減額は特別会計の今期の補正によります一般会計繰入金を補正するものであります。


 町債の350万円の減額は、中讃流域下水道金倉川処理区事業債で事業負担の減額によるものであります。


 次に、歳出について報告をいたします。


 総務費の一般管理費227万1,000円の減額は、中讃流域下水道事業負担の減額によるもので、公債費の利子140万7,000円は、長期債の利子の見直しによる減額であります。


 審議の結果、全員賛成で可とすることに決定いたしました。


 議案第15号、平成28年度琴平町介護保険特別会計補正予算(第3号)について、報告をいたします。


 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ794万9,000円を追加し、歳入歳出それぞれ11億6,733万7,000円とするものであります。


 歳入につきましては、保険料の264万6,000円の増額は、現年度分の特別徴収、普通徴収の増額が主なものであります。


 国庫支出金208万円、支払基金交付金224万円、県支出金100万円及び介護給付費繰入金100万円の増につきましては、歳出の介護給付費の増額に伴いますそれぞれの負担金及び交付金の支払い割合に応じた増額分であります。


 繰入金のうち、その他一般会計繰入金117万円の減額につきましては、歳出の事務費減額に伴うものであります。


 次に、歳出について報告をいたします。


 総務費の一般管理費48万7,000円の減額は臨時職員の賃金及び社会保険料の減によるものであります。


 計画策定委員会の53万円の減額は、第7期介護保険事業計画策定業務委託料の契約締結によります不用額の減額です。


 保険給付費の800万円の増額は、地域密着型介護サービス給付金の実績見込みに対する不足分を補正するものであります。


 基金積立金96万6,000円は、介護保険料の増額分から給付費の増額分のうち、町負担分を減額した金額を財政調整基金に積み立てるものであります。


 審議の結果、全員賛成で可とすることに決定いたしました。


 議案第16号、平成28年度琴平町後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)の報告をいたします。


 歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1,047万円を減額し、歳入歳出それぞれ1億5,680万2,000円とするものであります。


 歳入の報告をいたします。


 後期高齢者医療保険料の特別徴収保険料の現年度分特別徴収分の127万1,000円の減額は実績見込みによるものです。


 普通徴収分222万9,000円は、現年度分、普通徴収分と過年度分滞納繰越分の実績見込みであります。


 繰入金の1,142万8,000円の減額は一般会計からの拠出金を減額補正したものであります。


 歳出について、報告をいたします。


 後期高齢者医療広域連合納付金1,047万円の減額は、保険基盤安定拠出金の確定により補正をするもので、審議の結果、全員賛成で可とすることに決定いたしました。


 以上で、当委員会に付託を受けております特別会計の報告を終わります。


○議長(片岡 英樹君)


 委員長の報告は終わりました。


 これより委員長報告に対する質疑を行います。


 質疑はありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論を行います。


 討論はありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 討論なしと認めます。


 これより議案第11号、12号、13号、15号及び16号を一括して採決いたします。


 この採決は起立によって行います。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 議案第11号、議案第12号、議案第13号、議案第15号及び議案第16号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を願います。


  (賛成者起立)


○議長(片岡 英樹君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第11号、議案第12号、議案第13号、議案第15号及び議案第16号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 ここで休憩といたします。


 再開を13時とします。





     休憩 午前11時24分





     再開 午後 1時01分


     (出席議員、休憩前と同じ10名)


○事務局長(川添 龍也君)


 報告申し上げます。


 ただいま議長が体調不良のため、休憩を延長いたします。


 報告を終わります。


 暫時休憩といたします。





     休憩 午後 1時02分





     再開 午後 1時59分


     (出席議員、休憩前と同じ10名)





○議長(片岡 英樹君)


 再開します。


 休憩前に引き続き会議を開きます。


 日程第22 議案第1号 平成29年度琴平町一般会計予算


 日程第23 議案第2号 平成29年度琴平町学校給食特別会計予算


 日程第24 議案第3号 平成29年度琴平町国民健康保険特別会計予算


 日程第25 議案第4号 平成29年度琴平町下水道特別会計予算


 日程第26 議案第5号 平成29年度琴平町駐車場特別会計予算


 日程第27 議案第6号 平成29年度琴平町介護保険特別会計予算


 日程第28 議案第7号 平成29年度琴平町後期高齢者医療特別会計予算


 日程第29 議案第8号 平成29年度琴平町温泉事業特別会計予算


 日程第30 議案第9号 平成29年度琴平町水道事業会計予算


を一括の議題といたします。


 本案それぞれにつきまして、委員長の報告を求めます。


 予算審査特別委員会委員長、5番、安川 稔君。


○予算審査特別委員長(安川 稔君)


 それでは、議長の命により、予算審査特別委員会に付託を受けております議案第1号、平成29年度琴平町一般会計予算ほか、議案第2号より第8号までの各特別会計及び議案第9号、平成29年度琴平町水道事業会計予算について、3月13日、14日、15日、16日、17日及び21日委員会を開催し、審議をした結果について報告いたします。


 まず、最初に議案第1号、平成29年度琴平町一般会計予算であります。


 歳入歳出の総額は、それぞれ46億7,985万9,000円であります。対前年約3億850万円の増、率にいたしまして7.1%の増であります。


 歳入におきましては、町税で1,614万9,000円増、繰入金で財政調整基金より3億9,743万7,000円、ほか3基金より4億5,086万4,000円の繰り入れでございます。


 次に、地方交付税におきましては、昨年と同額の14億円、町債発行額は3億8,454万9,000円を計上、歳出におきましては、事務的経費といたしまして約18億9,650万、投資的経費として約2億5,110万円であります。


 歳入歳出それぞれの各款・項別の係数につきましては、議員各位お手持ちの平成29年度予算書に計上されておりますので、細かい数字は省きます。


 また、理事者より提出された予算提案理由書、当初予算概要説明書、新規主要事業等説明書及びまた各委員より請求のあった資料等を各課長より提出され、また詳細な説明がありました。


 最後に町長より懸案であります小学校統廃合につきまして、保護者等に今後丁寧な説明をし、十分なコンセンサスをとっていくとの答弁がありました。


 また、琴平町社協に対する補助金については、町財政とのかかわりも重要でありますので、社協の財政5カ年計画が終了する平成32年度までは29年度補助金をマックスとし、5カ年計画終了後につきましては、社協のあり方、また福祉関係、いろいろな事業がありますので、社協と十分協議をしていくとの答弁であります。


 続いて、討論はなく、採決を行い、原案に対し賛成者は3名、反対の者が5名であり、よって議案第1号、平成29年度琴平町一般会計予算は本委員会としては、賛成少数であり、原案を承認しないということになりました。


 続きまして、議案第2号、平成29年度琴平町学校給食特別会計予算、議案第3号、平成29年度琴平町国民健康保険特別会計予算、議案第4号、平成29年度琴平町下水道特別会計予算、議案第5号、平成29年度琴平町駐車場特別会計予算、議案第6号、平成29年度琴平町介護保険特別会計予算、議案第7号、平成29年度琴平町後期高齢者医療特別会計予算、議案第8号、平成29年度琴平町温泉事業特別会計予算及び議案第9号、平成29年度琴平町水道事業会計予算につきましては、一括審査を行い、その結果を報告いたします。


 担当課長よりの説明の後、質疑・討論を経て採決を行い、議案第2号、3号、4号、5号、6号、7号、8号及び9号はともに委員全員で原案のとおり承認することに決しました。


 以上、報告を終わります。


○議長(片岡 英樹君)


 委員長の報告は終わりました。


 これから委員長報告に対する質疑を行います。


 質疑はありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論を行います。


 通告がありますので、これを認めます。


 7番、今田 勝幸君。


○7番(今田 勝幸君)


 日本共産党の今田 勝幸であります。


 議案第1号、平成29年度琴平町一般会計予算に対する反対討論を行います。


 まず最初に、本予算が3小学校の統合・新設や中学校の新築、給食センターの廃止にかかわる問題点が噴出をいたしました。教育の一環である給食、食育をどうするのかや、いこいの郷ヴィスポの体験もあり、大型公共事業の起債などから、財政の硬直化を危惧する問題、新たな校舎の耐力調査などを踏まえ、その結果から最終的判断をしなければならない時期にあることから、審議も白熱をしたところであります。


 この時点において、私は中学校の新築建設を先行し、昨年の子ども議会でも要求されておりましたランチルームを含めた給食センターを併設する、そして今まで保護者、町民への説明が全くないままに進んできた3小学校統廃合については、今の時点で状況について通告的説明ではなく、双方的、双方向型の説明会の開催を行い、町民の総意、合意のもとで進めるべきだと言ってきましたし、今も強く主張しておきたいと思います。


 しかしながら、前回との関係から言えば、前進面は確かにあると思いますが、現時点におきましては、議会の町民の総意、合意はつくられておりません。この段階で進めることは決してできない、してはならないと思うのであります。


 次に、同和行政について述べたいと思います。


 同和行政、真に部落差別をなくしていくために、しているのではないかと言われるほど特別扱い、囲いや壁をなくしていくことが求められていると思います。


 人権同和課の廃止、少なくとも他の市町同様、同和という言葉をなくして、人権課に変更すること、昨年12月臨時国会で成立をいたしました部落差別解消推進法は、法の民間運動団体の行き過ぎた言動と部落差別の解消を阻害していた要因を踏まえ、これに対する対策を講ずることも合わせて、当該教育及び啓発により、新たな差別を生むことがないように留意しつつ、国は部落差別の実態にかかわる調査を実施するに当たっては、新たな差別を生むことがないように留意し、真に部落差別の解消に資するよう内容、手法等について、慎重に検討すること、このように異例の附帯決議がつけられています。しっかりとこのことを琴平町でも守っていくよう求めたいと思います。


 そして、そのほかの問題として、首をかしげたものとして、本予算でもプレミア旅行券、商品券、あるいは国際交流と称します台湾への議員などの視察旅費、昨年9月議会で臨時職員の産前産後の育児休暇、子どもの看護休暇、親の介護休暇を町職員として、同等、公平な取り扱いを要求したところでありますが、今回は議案21号で見られますように、これには職員の扶養手当の見直しという、これは問題だと思いますけれども、育児休業の子の範囲の拡大、扶養時間の導入などが行われております。臨時職員にも何らかの改善がなされなければならないのではないでしょうか。このことを早急に改善を求めておきたいと思います。


 要求もありますけれども、以上で反対討論といたします。


○議長(片岡 英樹君)


 7番、今田 勝幸君の討論を終わります。


 ほかに討論はありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 討論なしと認めます。


 以上で討論を終結します。


 これより議案第1号を採決します。


 暫時休憩します。





     休憩 午後 2時12分





     再開 午後 2時13分


     (出席議員、休憩前と同じ10名)





○議長(片岡 英樹君)


 再開します。


 休憩前に引き続き会議を開きます。


 これより議案第1号を採決します。


 この採決は起立によって行います。


 本案に対する委員長の報告は否決であります。


 したがって、原案について採決します。


 議案第1号は、原案のとおり賛成する方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(片岡 英樹君)


 起立多数と認めます。


 したがって、議案第1号は、原案のとおり可決されました。


 続きまして、議案2号から議案第9号までの8件を一括にて採決したいと思いますが、よろしゅうございますか。


  (「はい」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 それでは、議案第2号、議案第3号、議案第4号、議案第5号、議案第6号、議案第7号、議案第8号及び議案第9号を一括にて採決いたします。


 この採決は起立によって行います。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 議案議案第2号、議案第3号、議案第4号、議案第5号、議案第6号、議案第7号、議案第8号及び議案第9号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を願います。


  (賛成者起立)


○議長(片岡 英樹君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第2号、議案第3号、議案第4号、議案第5号、議案第6号、議案第7号、議案第8号及び議案第9号は、委員長の報告のとおり可決されました。


○議長(片岡 英樹君)


 日程第31 議案第32号 副町長の選任について


を議題といたします。


 提出者の説明を求めます。


 町長、小野 正人君。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 それでは、議案第32号について、提案理由を述べます。


 地方自治法第162条の規定によりまして、次の者を副町長に選任したいので、議会の同意を求めるものでございます。


 氏名が、中 澄夫、住所、多度津町大字葛原763−1、生年月日が、昭和35年7月20日でございます。


 なお、任期につきましては、平成29年4月1日から4年間となっておりますので、よろしくご同意を賜りますようお願い申し上げます。


 少し捕捉をさせていただきます。


 なお、今回の副町長の選任につきましては、現田所副町長より退職願が出て、それを受理したという結果でございますことをつけ加えておきます。


○議長(片岡 英樹君)


 以上で提出者の説明を終わります。


 お諮りします。


 ただいま議題となっています議案第32号は、人事案件でございますので質疑、委員会付託及び討論を省略したいと思いますがご異議ありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 異議なしと認めます。


 よって、議案第32号は、質疑、委員会付託及び討論を省略することに決定しました。


 これより議案第32号を採決いたします。


 この採決は、起立によって行います。


 議案第32号は、これに同意することに賛成の方は、起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(片岡 英樹君)


 起立多数と認めます。


 よって、議案第32号は同意することに決定いたしました。


○議長(片岡 英樹君)


 日程第32 報告第1号 議会の委任による専決処分の報告について


を議題といたします。


 本件について報告を求めます。


 町長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 それでは、報告第1号といたしまして、議会の委任による専決処分の報告についてをご報告いたします。


 地方自治法の第180条第1項の規定によりまして、既にお配りの別紙のとおり専決処分したので、同条第2項の規定によりまして、議会に報告いたします。


○議長(片岡 英樹君)


 町長の報告は終わりました。


 ここで暫時休憩といたします。


 全員協議会を開催したいと思いますので、議員各位は大会議室にご集合願います。


 また、その後に議会運営委員会を開催いたしたいと思いますので、本告知をもって開催といたします。


 それでは、全員協議会開催後となりますので、よろしくお願いします。


 それまで暫時休憩です。





     休憩 午後 2時18分





     再開 午後 4時18分


     (出席議員10名)





○議長(片岡 英樹君)


 再開します。


 休憩前に引き続き会議を開きます。


 お諮りします。


 「会期延長の件」を日程に追加し、追加日程第1として、議題にしたいと思います。


 ご異議ありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 「異議なし」と認めます。


 よって「会期延長の件」を日程に追加し、追加日程第1として、議題とすることに決定しました。


 追加日程第1、「会期延長の件」を議題にします。


 お諮りします。


 本定例会の会期は、本日までと議決されていますが、付議事件の審議の都合によって、3月31日まで7日間、延長したいと思います。


 ご異議ありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 「異議なし」と認めます。


 よって会期は、3月31日まで7日間、延長することに決定しました。


 本日は、これにて散会いたします。


 ありがとうございました。


             (散会 午後4時20分)








 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。











       琴平町議会議長











       琴平町議会議員











       琴平町議会議員