議事ロックス -地方議会議事録検索-


香川県 琴平町

平成28年12月定例会(第1日12月12日)




平成28年12月定例会(第1日12月12日)





         平成28年琴平町議会12月定例会 会議録


    ――――――――――――――――――――――――――――――





 平成28年琴平町告示第98号





 平成28年琴平町議会12月定例会を次のとおり招集する。





  平成28年11月30日





                           琴平町長 小 野 正 人


 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 1.期 日  平成28年12月12日 午前9時30分





 2.場 所  琴平町役場 琴平町議会議事室


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 開  会 平成28年12月12日(月曜日) 午前 9時33分


 閉  会 平成28年12月20日(火曜日) 午前10時08分


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


1.応招・出席・欠席議員(10名)


┌──┬───────┬────┬──────┬──────┬──────┬──────┐


│議席│議 員 氏 名│応 招□│第1日   │第2日   │第3日   │第4日   │


│番号│       │不応招△│(12月12日)│(12月13日)│(12月14日)│(12月20日)│


│  │       │    │出席 〇  │出席 〇  │出席 〇  │出席 〇  │


│  │       │    │欠席 ×  │欠席 ×  │欠席 ×  │欠席 ×  │


├──┼───────┼────┼──────┼──────┼──────┼──────┤


│1番│片 岡 英 樹│ □  │  〇   │  〇   │  〇   │  〇   │


├──┼───────┼────┼──────┼──────┼──────┼──────┤


│2番│別 所 保 志│ □  │  〇   │  〇   │  〇   │  〇   │


├──┼───────┼────┼──────┼──────┼──────┼──────┤


│3番│吉 田 親 司│ □  │  〇   │  〇   │  〇   │  〇   │


├──┼───────┼────┼──────┼──────┼──────┼──────┤


│4番│豊 嶋 浩 三│ □  │  〇   │  〇   │  〇   │  〇   │


├──┼───────┼────┼──────┼──────┼──────┼──────┤


│5番│安 川   稔│ □  │  〇   │  〇   │  〇   │  〇   │


├──┼───────┼────┼──────┼──────┼──────┼──────┤


│6番│渡 辺 信 枝│ □  │  〇   │  〇   │  〇   │  〇   │


├──┼───────┼────┼──────┼──────┼──────┼──────┤


│7番│今 田 勝 幸│ □  │  ×   │  ×   │  ×   │  ×   │


├──┼───────┼────┼──────┼──────┼──────┼──────┤


│8番│山 下 康 二│ □  │  〇   │  〇   │  〇   │  〇   │


├──┼───────┼────┼──────┼──────┼──────┼──────┤


│9番│眞 鍋 籌 男│ □  │  〇   │  〇   │  〇   │  〇   │


├──┼───────┼────┼──────┼──────┼──────┼──────┤


│10番│山 神   猛│ □  │  〇   │  〇   │  〇   │  〇   │


└──┴───────┴────┴──────┴──────┴──────┴──────┘





2.会議録署名議員


┌────┬─────────┬─────────┬─────────┬─────────┐


│    │第1日(12月12日)│第2日(12月13日)│第3日(12月14日)│第4日(12月20日)│


├────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────────┤


│議席番号│5番 安川  稔 │6番 渡辺 信枝 │2番 別所 保志 │3番 吉田 親司 │


├────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────────┤


│氏  名│8番 山下 康二 │10番 山神  猛 │9番 眞鍋 籌男 │8番 山下 康二 │


└────┴─────────┴─────────┴─────────┴─────────┘





3.職務のため出席したものの職氏名


┌────────────┬──────┬──────┬──────┬──────┐


│会 期         │第1日   │第2日   │第3日   │第4日   │


│職 氏 名       │(12月12日)│(12月13日)│(12月14日)│(12月20日)│


├────────────┼──────┼──────┼──────┼──────┤


│事務局長 川 添 龍 也│  〇   │  〇   │  〇   │  〇   │


├────────────┼──────┼──────┼──────┼──────┤


│局長補佐 西 井 久美子│  〇   │  〇   │  〇   │  〇   │


└────────────┴──────┴──────┴──────┴──────┘





 4.地方自治法第121条による出席者の職氏名


┌───────────────────┬──────┬──────┬──────┬──────┐


│会  期               │第1日   │第2日   │第3日   │第4日   │


│職 氏 名              │(12月12日)│(12月13日)│(12月14日)│(12月20日)│


├───────────────────┼──────┼──────┼──────┼──────┤


│町長         小 野 正 人 │  〇   │  〇   │  〇   │  〇   │


├───────────────────┼──────┼──────┼──────┼──────┤


│副町長        田 所 克 仁 │  〇   │  〇   │  〇   │  〇   │


├───────────────────┼──────┼──────┼──────┼──────┤


│教育長        大 林 正 和 │  〇   │  〇   │  〇   │  〇   │


├───────────────────┼──────┼──────┼──────┼──────┤


│総務課長       石 橋   満 │  〇   │  〇   │  〇   │  〇   │


├───────────────────┼──────┼──────┼──────┼──────┤


│総務課主幹      造 田   泰 │  〇   │  〇   │  〇   │  〇   │


├───────────────────┼──────┼──────┼──────┼──────┤


│税務課長       松 浦 啓 昭 │  〇   │  〇   │  〇   │  〇   │


├───────────────────┼──────┼──────┼──────┼──────┤


│住民サービス課長   佐 藤 安 正 │  〇   │  〇   │  〇   │  〇   │


├───────────────────┼──────┼──────┼──────┼──────┤


│福祉課長       友 枝 眞理子 │  〇   │  〇   │  〇   │  〇   │


├───────────────────┼──────┼──────┼──────┼──────┤


│健康推進課長     澤 井 達 朗 │  〇   │  〇   │  〇   │  〇   │


├───────────────────┼──────┼──────┼──────┼──────┤


│観光商工課長     鎌 田 健 雄 │  〇   │  〇   │  〇   │  〇   │


├───────────────────┼──────┼──────┼──────┼──────┤


│農政土木課長     友 枝 一 朗 │  〇   │  〇   │  〇   │  〇   │


├───────────────────┼──────┼──────┼──────┼──────┤


│人権同和課長     佐 藤 任 司 │  〇   │  〇   │  〇   │  〇   │


├───────────────────┼──────┼──────┼──────┼──────┤


│会計管理者兼出納室長 森   雄 二 │  〇   │  〇   │  〇   │  〇   │


├───────────────────┼──────┼──────┼──────┼──────┤


│生涯教育課長     宮 脇 公 男 │  〇   │  〇   │  〇   │  〇   │


├───────────────────┼──────┼──────┼──────┼──────┤


│生涯教育課主幹    前 田 照 幸 │  〇   │  〇   │  〇   │  〇   │


├───────────────────┼──────┼──────┼──────┼──────┤


│上下水道課長     細 川 和 徳 │  〇   │  〇   │  〇   │  〇   │


└───────────────────┴──────┴──────┴──────┴──────┘











               会 議 の 経 過





 会期 第1日 平成28年12月12日(金曜日)


 議事日程(第1号)


 第 1       会議録署名議員の指名


 第 2       会期の決定


 第 3 報   告 平成27年度琴平町一般会計歳入歳出決算の認定 決算審査


     9月定例会 について                   特別委員長


     議案第1号


     報   告 平成27年度琴平町学校給食特別会計歳入歳出決 決算審査


     9月定例会 算の認定について               特別委員長


     議案第2号


     報   告 平成27年度琴平町国民健康保険特別会計歳入歳 決算審査


     9月定例会 出決算の認定について             特別委員長


     議案第3号


     報   告 平成27年度琴平町下水道特別会計歳入歳出決算 決算審査


     9月定例会 の認定について                特別委員長


     議案第4号


     報   告 平成27年度琴平町駐車場特別会計歳入歳出決算 決算審査


     9月定例会 の認定について                特別委員長


     議案第5号


     報   告 平成27年度琴平町介護保険特別会計歳入歳出決 決算審査


     9月定例会 算の認定について               特別委員長


     議案第6号


     報   告 平成27年度琴平町後期高齢者医療特別会計歳入 決算審査


     9月定例会 歳出決算の認定について            特別委員長


     議案第7号


     報   告 平成27年度琴平町温泉事業特別会計歳入歳出決 決算審査


     9月定例会 算の認定について               特別委員長


     議案第8号


     報   告 平成27年度琴平町水道事業会計決算の認定につ 決算審査


     9月定例会 いて                     特別委員長


     議案第9号





 第 4 報   告 行財政改革・産業振興・土木建設に関する調査  総務産業経済


                                  常任委員長


 第 5 報   告 教育・福祉・保健・衛生・上下水道事業に関す  教育厚生


           る調査                    常任委員長


 第 6 報   告 人権・同和問題に関する理解、認識を深め、人権 人権・同和対策


           ・同和対策の有効な諸施策の調査研究      特別委員長


 第 7 報   告 地方創生、町公共施設の在り方及び人口減少問題 町活性化推進


           についての調査研究              特別委員長


 第 8       町政一般報告                 町長


 第 9 議案第1号 平成28年度琴平町一般会計補正予算(第5号) 町長提出


     議案第2号 平成28年度琴平町国民健康保険特別会計補正予 町長提出


           算(第2号)


     議案第3号 平成28年度琴平町下水道特別会計補正予算(第 町長提出


           2号)


 第10 議案第7号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例  町長提出


     議案第8号 特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関す 町長提出


           る条例の一部を改正する条例


     議案第9号 議会議員に対する期末手当支給条例の一部を改正 町長提出


           する条例


     議案第10号 琴平町税条例の一部を改正する条例       町長提出


     議案第11号 琴平町印鑑条例の一部を改正する条例      町長提出


 第11 議案第12号 琴平町教育委員会委員の任命について      町長提出


 第12 議案第13号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めるこ 町長提出


           とについて


 第13 議案第14号 香川県市町総合事務組合を組織する地方公共団体 町長提出


           の数の減少及び香川県市町総合事務組合規約の一


           部変更について


     議案第15号 香川県市町総合事務組合を組織する地方公共団体 町長提出


           の数の減少に伴う財産処分について


 第14 議案第16号 琴平町農業委員会の委員の定数に関する条例   町長提出











○議長(片岡 英樹君)


 おはようございます。(「おはようございます」の声あり)


 ご参集いただきまして、ありがとうございます。


 議場内の皆様にお願い申し上げます。携帯電話の電源はお切りくださいますようお願い申し上げます。


 開会に先立ちまして、本定例会の招集者であります町長の挨拶を求めます。


 町長、小野 正人君。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 おはようございます。(「おはようございます」の声あり)


 12月に入りまして大変寒波が押し寄せて寒さが厳しい中、本日、琴平町議会平成28年12月定例会を招集いたしましたところ、多くの議員の皆様方にご参集賜りましたことを心から厚く御礼申し上げます。


 12月に入りまして、何かと慌ただしい日でございますが、本町におきましては平成28年度事業を着実に実行しておる段階でございます。また、そういう中でございますけども、ニュース等で見ておりますと、我が国を取り巻く環境は大変複雑に、また急速に変化をしておる時期であろうかと考えております。さきのアメリカ大統領選挙におきますトランプ次期大統領の就任に始まりまして、お隣の韓国では大変政治的に混乱を来たしておるということでございますし、また今週にはロシアの大統領が訪日するというようなことで、目まぐるしい変化の中、本日、琴平町議会におきましては町民の福祉の向上、また各種サービスの充実を図るために、多くの議案を提出させていただいております。一般会計を初めとする補正予算案、また特別会計補正予算を初めといたしまして各条例の改正案、さらには人事案件等を上程する予定でございますので、議員各位におかれましてはご慎重なるご審議をいただきまして、全議案に対しますご議決、ご同意を賜りますことを心から厚く御礼申し上げます。


 また、今田議員におかれましては、けが療養中ということでございますので、各議員におかれましても、どうか健康にご留意をいただきまして、この12月議会を実りある議会とさせていただきたいと思っておりますので、何とぞご協力のほどお願い申し上げまして、簡単ですけども、ご挨拶といたします。どうぞよろしくお願いいたします。





             (開会 午前9時33分)





○議長(片岡 英樹君)


 町長の挨拶を終わります。


 ただいまから平成28年12月琴平町議会定例会を開会いたします。


 ご相談申し上げたいことがございますので、ただいまから議会運営委員会の開催を願います。


 委員及び関係者は大会議室のご参集を願います。


 なお、委員会の招集通知は、本告知をもってかえさせていただきます。


 その間、暫時休憩いたします。





     休憩 午前 9時33分





     再開 午前10時35分


     (出席議員休憩前と同じ)





             (開議 午前10時35分)





○議長(片岡 英樹君)


 これより本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元にお配りしておりますとおりであります。


 なお、本日の会議は議会広報のための写真撮影を許可しておりますので、申し上げておきます。


 日程に入ります前に、諸般の報告をいたします。


 事務局長より報告いたさせます。


 事務局長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○事務局長(川添 龍也君)


 命により報告します。


 初めに、本定例会に付議されます事件は、町長から提出のありました議案16件であります。


 次に、監査委員から平成28年8月分から10月分に関する例月現金出納検査結果報告の提出がありましたので、その写しを配付しております。


 次に、9月と10月に行いました議員派遣の結果報告書をお手元に配付をしております。


 次に、本定例会に説明員として出席を求めました者は既に配付しております名簿のとおりであります。


 報告を終わります。


  (「今田さん欠席言うてないわいうて言いよる」と呼ぶ者あり)


○事務局長(川添 龍也君)


 報告いたします。今田議員につきましては、病気のため、本定例会全日程につきまして欠席する旨の届け出がありましたので報告をいたします。


 以上です。


○議長(片岡 英樹君)


 以上で、諸般の報告を終わります。


○議長(片岡 英樹君)


 日程第1 会議録署名議員の指名


を行います。


 会議録署名議員は、


 5番 安川 稔君及び


 8番 山下 康二君


を指名いたします。


○議長(片岡 英樹君)


 日程第2 会期の決定


を議題といたします。


 お諮りします。


 本定例会の会期は、本日から12月20日までの9日間にしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 異議なしと認めます。


 よって会期は、本日から12月20日までの9日間に決定いたしました。


○議長(片岡 英樹君)


 日程第3 9月定例会  議案第1号 平成27年度琴平町一般会計歳入歳出決算の認定について


             議案第2号 平成27年度琴平町学校給食特別会計歳入歳出決算の認定について


             議案第3号 平成27年度琴平町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について


             議案第4号 平成27年度琴平町下水道特別会計歳入歳出決算の認定について


             議案第5号 平成27年度琴平町駐車場特別会計歳入歳出


                   決算の認定について


             議案第6号 平成27年度琴平町介護保険特別会計歳入歳


                   出決算の認定について


             議案第7号 平成27年度琴平町後期高齢者医療特別会計


                   歳入歳出決算の認定について


             議案第8号 平成27年度琴平町温泉事業特別会計歳入歳


                   出決算の認定について


             議案第9号 平成27年度琴平町水道事業会計決算の認定


                   について


を一括の議題といたします。


 本案について決算審査特別委員長の報告を求めます。


 決算審査特別委員会委員長、8番、山下 康二君。


  (「はい、議長、8番、山下」と呼ぶ)


決算審査特別委員長(山下 康二)


 それでは、議長の命により、決算審査特別委員会に付託されました平成27年度決算認定について、議案第1号から議案第9号までの9議案につきまして、去る9月9日、10月14日、24日及び25日の計4日間、全委員出席のもと委員会を開催し、慎重に内容を審査いたしました。その経緯並びに結果について一括してご報告申し上げます。


 なお、1,000円以下の数字につきましては切り捨ててご報告いたします。


 まず、議案第1号、平成27年度琴平町一般会計歳入歳出決算の認定についてでございますが、決算状況についてご説明申し上げます。


 歳入決算総額45億9,760万5,000円に対し、歳出決算総額が43億2,225万8,000円で、形式収支は2億7,534万6,000円となっております。翌年に繰り越すべき財源7,104万2,000円を差し引いた実質収支は2億430万4,000円の黒字となっております。実質収支のうち、財政調整基金繰入金は1億5,000万円となっております。


 次に、財政健全化法4指標について報告申し上げます。1番目の実質赤字比率につきましては、黒字のため問題はございません。連結実質赤字比率も黒字のため問題ございません。実質公債費比率は8.8%となり前年度から1.3%減少いたしております。将来負担比率も37.1%で前年度から5.8%減少いたしております。


 なお、本案についての委員の主な質疑を申し上げます。


 各委員より資料請求し、ポイントを絞り、かつ問題点を指摘、特に集中審議となったものについてご報告申し上げます。


 総務課でありますが、監査委員の意見書の少額の随意契約等の指摘事項について、今後の契約に際し改善するようにとか、防災ラジオの在庫について今後どうしていくのかとか、国・県補助金の使い方をもっと工夫し、町独自の特徴ある事業をとかでございます。


 続きまして、住民サービス課でございますが、町営住宅の滞納についてでございます。


 健康推進課におきましては、エコー検査を町独自で実施するようにという要望もございました。


 農政土木におきましては、舗装工事完了後、1年ぐらいで亀裂が発生しているところがあり、保証期間もあるので、工事後のチェックもお願いをいたしたいということでございます。


 街灯のLED化を計画的に取り組んでほしい、また街灯の電気代の町負担の検討を願うということも出ております。


 続きまして、加工品の新製品の開発については、積極的に進めていただきたいということでございます。


 観光商工課におきましては、人感センサーの設置にかわるものはないのかという指摘がございます。


 生涯教育課におきましては、タブレットの使用頻度の把握はどうであるかとか、給食センターの機械のふぐあいはないか、耐用年数は大丈夫かという質問も出ております。


 以上が本案に対する集中審議となった主な質疑内容でございます。


 それぞれに対し、執行部より前向きに対処していくと答弁をいただいたところでございます。


 採決の結果、議案第1号、平成27年度琴平町一般会計歳入歳出決算の認定については、賛成多数により認定することに決しました。


 各委員からはいろいろな意見が出されましたので、それを強く受けとめていただき、今後に反映していただきたいと思います。


 続きまして、議案第2号、平成27年度琴平町学校給食特別会計歳入歳出決算の認定についてご報告申し上げます。


 決算状況は、歳入決算額が3,474万6,000円に対し、歳出決算は3,449万1,000円で、実質収支は25万5,000円の黒字となっております。


 採決の結果、全委員賛成で認定とすることに決しました。


 続きまして、議案第3号、平成27年度琴平町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定についてご報告申し上げます。


 決算状況は、歳入決算額14億5,814万8,000円に対し、歳出決算額は14億2,508万6,000円で、実質収支は3,306万1,000円の黒字となっております。


 採決の結果、全委員賛成で認定とすることに決しました。


 続きまして、議案第4号、平成27年度琴平町下水道特別会計歳入歳出決算の認定についてご報告申し上げます。


 決算状況は、歳入決算額3億214万円に対し、歳出決算額は2億9,635万2,000円で、実質収支は578万7,000円の黒字となっております。委員より滞納になった場合、どういう対応をしているのかとの質問に対し、水道を使用しているので、水道と連携して給水停止の話をしているとのことでございます。


 これにつきましても採決の結果、全委員賛成で認定することに決しました。


 続きまして、議案第5号、平成27年度琴平町駐車場特別会計歳入歳出決算の認定についてご報告申し上げます。


 決算状況は、歳入決算額1,909万6,000円に対し、歳出決算額は1,708万4,000円で、実質収支は201万1,000円の黒字となっております。


 採決の結果、全委員賛成で認定とすることに決しました。


 続きまして、議案第6号、平成27年度琴平町介護保険特別会計歳入歳出決算認定についてご報告申し上げます。


 決算状況は、歳入決算額11億3,972万6,000円に対し、歳出決算額は11億1,168万8,000円で、実質収支は2,803万7,000円の黒字となっております。


 採決の結果、全委員賛成で認定することに決しました。


 続きまして、議案第7号、平成27年度琴平町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定についてご報告申し上げます。


 決算状況は、歳入決算額1億5,270万2,000円に対し、歳出決算額は1億5,062万6,000円で、実質収支は207万5,000円の黒字となっております。


 採決の結果、全委員賛成で認定とすることに決しました。


 続きまして、議案第8号、平成27年度琴平町温泉事業特別会計歳入歳出決算の認定についてご報告申し上げます。


 決算状況は、歳入決算額3,366万6,000円に対し、歳出決算額は3,338万8,000円で、実質収支は27万7,000円の黒字となっております。


 採決の結果、全委員賛成で認定とすることに決しました。


 続きまして、議案第9号、平成27年度琴平町水道事業会計決算の認定についてご報告申し上げます。


 まず、業務状況といたしまして、平成27年度末における給水人口は9,495人、給水戸数として4,381戸でございます。普及率は99.9%との報告がございました。また、有収率は80%であります。


 収益的収支につきましては、収益的収入決算額は2億7,399万9,000円であります。同支出決算額は2億3,741万6,000円であり、この結果、当年度の純利益は消費税抜きで3,658万2,000円の黒字であります。


 資本的収支につきましては、資本的収入決算額は1億485万3,000円で、同支出総額は1億4,384万7,000円で、収支不足額の3,899万4,000円は、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額136万円、当年度分損益勘定留保資金3,763万4,000円で補填をしております。


 また、企業債未償還残金は12億2,204万5,000円で、昨年度より3,146万7,000円減少いたしております。


 昨年より有収率が低下していることから、漏水調査等を強化し、有収率向上に努めてほしいとの要望がございました。


 採決の結果、全委員賛成で認定することに決しました。


 以上で当委員会に付託されました議案第1号から議案第9号までの報告を終わらせていただきます。


 なお、以上報告をもちまして当委員会を終結させていただきます。


 以上で報告終わります。


○議長(片岡 英樹君)


 委員長の報告は終わりました。


 これから、委員長報告に対する質疑を行います。


 質疑はありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論を行います。討論はありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 討論なしと認めます。


 ただいま一括議題になっておりますが、そのうちこれより9月定例会議案第1号、平成27年度琴平町一般会計歳入歳出決算の認定についてを採決いたします。


 この採決は起立によって行います。


 この決算に対する委員長の報告は認定とするものであります。


 この決算は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(片岡 英樹君)


 全員起立と認めます。


 よって、平成27年度琴平町一般会計歳入歳出決算につきましては認定することに決定いたしました。


 次に、9月定例会議案第2号、平成27年度琴平町学校給食特別会計歳入歳出決算の認定についてから、議案第9号、平成27年度琴平町水道事業会計決算の認定についてまでの8件を一括して採決いたします。


 この採決は起立によって行います。


 この決算に対する委員長の報告は認定であります。


 この決算について、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(片岡 英樹君)


 全員起立であります。


 よって、平成27年度琴平町学校給食特別会計歳入歳出決算から、平成27年度琴平町水道事業会計決算までの8件については、全て認定することに決定いたしました。


 日程第4 報告「行財政改革、産業振興、土木建設に関する調査」


を議題といたします。


 本件につきまして委員長の報告を求めます。


 総務産業経済常任委員会委員長、5番、安川 稔君。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○総務産業経済常任委員長(安川 稔君)


 それでは、議長の命により、去る11月29日本委員会に付託されております閉会中の調査案件について、全委員出席のもと委員会を開催し、調査をした経緯について報告いたします。


 まず、総務課であります。防災訓練につきまして、平成28年度は平成29年2月5日、榎井小校区を対象として実施を予定いたしております。


 続きまして、平成29年度職員採用でございますが、一般職、幼稚園教諭、保健師各2名、技術職として1名を合格しております。


 続きまして、南部消防組合におきまして、はしご車を10月27日納車されております。はしご車につきましては、本日、朝、議員各位もごらんになったと思いますので、はしご車の状態はおわかりだろうと思います。


 続きまして、琴平町都市計画マスタープラン及び景観策定業務委託事業の入札を行い、株式会社五星が719万2,800円で落札いたしております。


 続きまして、10月6日、行政改革推進委員会を開催し、平成27年度実績評価書及び第5次行財政改革大綱を策定いたしております。


 続きまして、定住自立圏共生ビジョン策定につきまして会議を開催し、今後はパブリックコメント及び市町長会議を行い、29年3月に変更協定の締結を予定いたしておるとのことでございます。


 続いて、税務課であります。固定資産税前納報奨金につきまして、近年、香川県下においても廃止する自治体がふえており、また、近隣町村においても平成30年度より廃止の予定でありますので、琴平町におきましても、同一歩調をとるとの計画でございます。


 次に、コンビニ納税につきましても、納税者の利便性を考慮して、平成30年度より導入を予定いたしております。


 次に、オリジナルナンバープレートでございます。走る広告塔としての地域PR及び郷土愛育成等の観点から、原付自転車につきまして平成30年度より交付を予定しているとのことであります。


 次に、農政土木課であります。平成29年7月19日で、現農業委員会委員の任期が切れ、次の平成29年7月20日からの農業委員につきましては、平成27年度に改正されました農業委員会法により改正されます。


 続きまして、空き家実態調査業務委託を株式会社ゼンリン高松営業所が291万6,000円で落札いたしております。


 また、11月25日、民間住宅の耐震調査に関する説明会を開催いたしております。


 続きまして、観光商工課であります。第33回四国こんぴら歌舞伎大芝居につきまして、11月11日に公演発表を行い、平成29年4月8日より23日までの16日間、32回公演を予定しております。それと、第33回公演より、S席を設けております。


 次に、JR琴平駅前ロータリー改修工事は、四国建設工業株式会社が1,317万6,000円で落札いたしております。


 次に、公共駐輪場整備については、現在JRとの協議を行っているところでございます。


 次に、委員よりの質問について述べさせていただきます。まず、防災訓練について、町全体の訓練実施をいつ行うのか、また過去の反省点を考え、踏まえての計画を。職員は全員職員参加すべきとの意見があり、理事者より、2回目は住民主体の避難体制を自助、共助を主に行い、全町訓練は2回目が終了後、実施を予定しているとのことでございます。また、反省を踏まえた計画を作成し、全職員参加も考えていくとの答弁がありました。


 行政改革実績評価は次年度でどのように反映しているかの問いがございまして、各課にて行っているとの答弁でございます。


 次に、コンビニ納税についての費用対効果の、どのように試算しているかとの質問に対し、課長より、既に実施をいたしておる他市町で大きな変化はないとのことであります。


 オリジナルナンバープレートにつき、交付方法についての問いがありまして、初回に限り無料交付を予定しているとのことでございます。


 次に、観光商工課であります。平成29年4月よりJR四国が行う四国まんなか千年ものがたり事業に伴う観光列車について、琴平町独自のイベントを計画しているかの問いがあり、課長より、観光協会と協議をしておりまして、琴平駅に列車が到着したときに、何らかの歓迎の催し物を行う予定であるとのことでございます。


 本委員会といたしましても、今後とも閉会中の調査が必要であるとの結論になりましたので、会議規則第74条の規定により閉会中の継続調査を申し入れます。


 以上、報告を終わります。


○議長(片岡 英樹君)


 委員長の報告は終わりました。


 これより、委員長報告に対する質疑を行います。


 質疑はありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 質疑なしと認めます。


 お諮りします。


 本件調査については、委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ありませんか。


  (「なし」の声あり)


○議長(片岡 英樹君)


 異議なしと認めます。


 よって、本件調査については、委員長から申し出のとおり閉会中の継続調査とすることに決定いたしました。


○議長(片岡 英樹君)


 日程第5 報告「教育・福祉・保健・衛生・上下水道事業に関する調査」


を議題といたします。


 本件について、委員長の報告を求めます。


 教育厚生常任委員会委員長、10番、山神 猛君。


  (「議長、山神」と呼ぶ)


○教育厚生常任委員長(山神 猛君)


 教育厚生常任委員会の報告をいたします。11月30日、全委員出席のもと開催されました。


 当委員会に付託を受けております所管の事務調査について、休会中の案件についての審議の報告をいたします。


 まず住民サービス課より報告をさせていただきます。


 年末年始のし尿・ごみ収集計画の報告がございました。し尿くみ取りについては、受け付けは12月22日の締め切りで、年内のくみ取りが可能とのことであります。ごみ収集に関しましては12月29日木曜日が最終通常収集の月・木の収集地区で行うとのことでございます。12月30日金曜日は火・金収集地区であります。また可燃ごみにつきましては通常収集でございます。ただし、12月29日より1月3日まで最終処分場が業務を停止中ということでございます。また、蛍光灯、乾電池等の収集は12月の資源ごみの各収集所で回収するとのことでございます。この収集計画につきましては広報の12月号で周知しているとのことでございます。


 次に、平成28年度悪質家賃滞納者明け渡し訴訟の報告がありました。8月4日に明け渡し請求予告通知を行い、9月20日に明け渡し請求通知を発送いたしました。10月11日に提訴を行ったとのことでございます。


 次に、個人番号カード申請状況の報告がありました。平成28年10月末現在で、本年1月19日交付開始以降の累計665人、率にいたしまして7.0%ということでございます。また、現在状況といたしましては、申請件数は891名ということでございます。


 次に、クリーンリバーkanakuraクリーン作戦は、平成28年11月20日に実施いたしました。参加人員421名、町内企業も7社参加していただきました。可燃ごみの収集が850キログラム、不燃ごみが340キログラム、合計1,190キログラム収集したとの報告がございました。


 火葬場改修について報告がございました。去る11月15日から16日にかけて、排気ファンの改修を行い、完了いたしたということでございます。両日とも火葬はなく、トラブル等はなかったとのことでございます。また委員より、火葬場への坂道は高齢者が多く、登り下りに大変苦労をしているので、早急に解消するように努力をしてほしいとの要望がありました。


 次に、公営住宅の空き部屋について、委員より質問がありました。課長より、北野団地4戸、南団地4戸、豊明団地3戸、平松団地3戸、計14戸の空き部屋が現在あるとの報告がありました。委員より住民の入居希望があると考えられるので、早急に応募を募るように努力をしてほしいとの意見がございました。


 また委員より、仲善クリーンセンターが平成40年3月末で操業を停止する協定書が地元自治会と交わされているというが、廃止にかかわる作業の履行確約の覚書を締結しているとのことで、町としての3個の条件の対応をどのようにするのか、平成29年9月までに報告をしなければならないのだが、その対策をされているのかと質問がございました。また、この件に関しましては、期日までに対応策を提出しなければ大変なことになるので、期限厳守をするようにとの意見がございました。


 次に、福祉課について報告をいたします。


 平成28年度臨時福祉給付金及び年金生活者等支援臨時福祉給付金について報告いたします。申請状況といたしまして、11月22日現在、申請書送付者数2,247人、申請受付者数1,583人、臨時福祉給付金につきましては、一人につき3,000円を給付するものであります。第1回の給付を11月18日を行い1,446人に給付されたとのことでございます。年金生活者等、支援臨時福祉給付金は一人当たり3万円を36名に給付されております。なお、第2回目を12月下旬、第3回目を1月下旬に給付するとのことでございます。


 次に、敬老月間関連事業について報告をいたします。敬老会が9月11日琴参閣において行われました。本年度においては75歳以上の年齢に達する予定者2,041人に案内をし、当日参加者は406人でございました。また、町長の高齢者表敬訪問は対象者、町内の90歳が44人、95歳が10人、100歳以上10人のうち、10名の方の訪問を行ったとのことでございます。また、敬老の日の記念事業に伴います内閣総理大臣祝状等の伝達を本年100歳になる方4名を町長が訪問をして祝い状を伝達したとのことであります。


 次に、敬老祝い金の支給事業について報告をいたします。この事業は75歳以上の方で、5歳刻みで対象者1名につき1万円を支給するものであります。支給期間は9月27日より10月31日に行いました。支給者数といたしまして75歳対象者数147名で146名の支給、80歳は154名で全員、85歳も92名で全員、90歳も53名で全員、95歳は16名で15名の支給ということでございます。また、100歳以上は17名で全員の方が受け取られているとのことでございます。


 次に、戦没者の追悼式について報告をいたします。平成28年11月8日午前10時30分より琴平町文化会館の大ホールで行われました。案内者数遺族332人、来賓55人で参列者は遺族が56人、来賓38名で厳かに行われました。


 平成29年度の保育所、保育園の入所受付について報告をいたします。平成29年度の保育所の入所の受け付けは12月1日より始まっています。周知方法といたしまして町のホームページ、また広報12月号で詳細が掲載されているとのことでございます。


 次に、民生委員、児童委員の一斉改選が行われます。任期は平成28年12月1日より平成31年11月30日の3年間であります。今回は地域割で2名の方がふえ32名となりました。退任の方が6名で新任が8名であります。委嘱式が12月5日午後3時30分より琴参閣で行われるとのことでございます。


 次に、サンタクロース訪問事業について報告いたします。昨年に引き続き行うとのことでございます。訪問日は12月24日土曜日、対象児童は、本年度中に満5歳になる幼児50名であります。受付期間は12月1日から15日ということでございます。


 次に、高齢者福祉タクシーの助成事業について報告をいたします。この事業は4月1日現在で町内に1年以上住所を有する満80歳以上の方が対象です。平成28年10月末現在の状況は申請者数713名、申請率57.78%、交付枚数8,556枚で利用枚数は2,209枚で利用率は25.82%だそうでございます。


 次に、在宅医療、介護連携推進事業について報告をいたします。この事業は平成30年4月には全ての市町村で実施されるものであります。地域の医療・介護の資源の把握をするもので、地域の医療機関、介護事業者等の所在地、連絡先、機能等の情報収集、また地域の医療・介護資源のリスト、またはマップの作成と活用を行うものであり、医療と介護連携マップを現在作成しているとのことであります。


 次に、総合事業の職員研修会が平成28年11月24日、総合センター大ホールで行いました。講師といたしまして倉敷市保健福祉局健康福祉部吉田昌司部長にお願いをし、地域包括ケアシステムの構築に向けてとの演題でご講演をいただきました。なお、参加者は17名とのことでございます。


 次に、健康推進課の報告をいたします。


 福祉医療費助成事業費の報告がありました。重心医療も8月より開始されました。その結果昨年度より10月で1.37倍、11月で16.2倍と利用者がふえているとのことでございます。また、ひとり親医療に関しても同様に10月が2.05倍、11月が1.84倍の伸びとのことであります。また、乳幼児医療と子ども医療を合計すると10月は1.25倍、11月は1.07倍であります。委員よりこの身障者の現物支給に関し、またひとり親医療に関しての現物給付事業について住民の方から大変喜んでいるとの発言がありました。


 次に、生涯教育課の報告をいたします。


 総合教育会議の実施日の報告がありました。平成28年9月1日と10月27日であります。委員より会議の内容を簡単にでも記載するようにとの要望がありました。課長より第1回から第5回については、教育大綱についての協議をしたという報告がございました。


 次に、琴平町の教育大綱のレジュメが配付されまして、町長より簡単な説明がありました。


 次に、入札関係の報告をいたします。


 象郷小学校駐車場舗装工事に関しては株式会社藪下組が244万円税抜きで落札いたしました。


 琴平小学校体育館玄関タイル修繕工事につきましては、四国建設工業が188万円で落札をいたしました。


 関連いたしまして委員から、琴平中学校のトイレが大変不潔だ、汚いということで、早急に改善をするよう強い要望がありましたことをつけ加えておきます。


 次に、旧金比羅大芝居の中期的耐震補強工事の完了の報告がありました。完了日は平成28年10月18日です。工事費といたしまして174万9,600円でありました。この工事代金は金丸座の縦覧料の歳入を充当しているとのことでございます。


 委員より金丸座の現時点での今後のスケジュールはどのようになっているかとの質問に対しまして、耐震診断を平成29年7月から30年にかけて行い、その結果耐震に問題があるようであれば、工事を平成31年か32年に行うとの報告がございました。


 続いて、町民体育祭の報告がありました。平成28年11月13日、いこいの郷公園ヴィスポの体育館で402名の参加のもと開催されました。当議会からも精鋭が参加されたということでございます。また、委員より実際の競技時間より待ち時間が長く、もう少し短時間で行えないものかとの意見があったことをつけ加えておきます。


 次に、上下水道課のご報告をいたします。香川県区域水道事業の経過報告並びに今後のスケジュールについての報告がありました。平成29年度におきましても、広域水道事業設立の準備会が開かれ、平成30年4月には企業団としての事業が開始される予定とのことでございます。委員より五條浄水場の今後の対応についての質問に対し、浄水場は今後ポンプ場として活用していき、浄水場としての機能はなくなるとのことであります。そして、町内2か所の水源地は、予備水源として置いておくとのことでございます。また、浄水場を災害時に地区住民の避難場所としての使用は現在のところ考えていないとの報告がありました。


 以上で、当委員会に付託を受けております案件の審議の経過及び結果の報告を終わります。なお、当委員会での所管事務調査を、閉会中も継続して審査するものと決定しましたので、会議規則74条の規定によりお願いするものであります。


 以上で、委員長の報告を終わります。


○議長(片岡 英樹君)


 委員長の報告は終わりました。


 これより委員長報告に対する質疑を行います。


 質疑はありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 質疑なしと認めます。


 お諮りします。


 本件調査につきましては、委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ありませんか。


  (「なし」の声あり)


○議長(片岡 英樹君)


 異議なしと認めます。


 よって、本件調査については、委員長から申し出のとおり閉会中の継続調査とすることに決定いたしました。


○議長(片岡 英樹君)


 日程第6 報告「人権・同和問題に関する理解、認識を深め、人権・同和対策の有効


         な諸施策の調査研究」


を議題といたします。


 人権・同和対策特別委員会から審査中の事件につきまして、中間報告の申し出がありましたので、これを許可いたします。


 人権・同和対策特別委員長、8番、山下 康二君。


  (「はい、議長、8番、山下」と呼ぶ)


○人権・同和対策特別委員長(山下 康二君)


 議長の許可をいただきましたので、去る11月24日、全委員出席のもと人権・同和対策特別委員会を開催しました審議内容につきまして、中間報告いたします。


 まず最初に、人権同和課でございますが、人権擁護委員による人権教室が10月6日10時より琴平町立北幼稚園において開催され、園児20名に対し、着ぐるみや紙芝居を使い、みんなと仲よくする大切さというテーマでの啓発活動を行っております。


 二つ目といたしまして、部落解放研究第50回全国集会が10月18日から20日まで、奈良県奈良市中央体育館を主会場として開催され、約7,000人規模の大会であり、奈良県における部落差別解放運動の歴史や今後の問題点などの報告や講演などを公聴したとのことでございます。


 次に、10月30日、丸亀市にある香川部落解放・人権啓発センターにおいて、第6回ふれあいまつりが開催され、県内から約300名の参加者があったとの報告を受けております。


 4つ目といたしまして、第36回文化祭を11月10日、11日の両日、教育集会所、デイサービスセンター、苗田児童館において開催し、3施設で二日間、延べ1,644名の来場者があったとの報告を受けております。


 次、部落解放第34回香川県講演会が、11月16日、高松市レクザムホールにおいて開催され、行政、議会、教育関係者約30名が出席し、午前中は障害者差別解消法が目指す社会、午後からは子どもの貧困と地域社会という、現在社会問題となっている二つのテーマについての講演を聴講し、社会において我々はどう考え、何をすべきかを考えさせられる講演会であったと報告がございます。


 次に、11月21日、まんのう町長尾会館において、仲多度郡行政職員第2回人権・同和研究集会が開催され、行政職員としてどの担当になろうとも、人権問題は関連してくる問題であり、日ごろより他人事でなく、自分のこととして考えていくことが重要であるという内容の講演であったようでございます。


 次に、第22回人権劇が11月23日、琴平中学校体育館において開催され、1年生は「あすきらり」、2年生は「ヒーロー」、3年生は「サンライズ」という演目で、毎年のごとく感動を誘う人権劇になったとのことでございます。


 最後の、今後の事業報告でございますが、既に終わっておりますが、11月25日、新任新採職員人権・同和教育研修会が教育集会所で開催されております。また、11月26日、27日の両日、第68回全国人権同和教育研修会が大阪市で開催されております。また、12月4日から10日までは第68回人権週間であり、5日の日にマルナカ琴平店前において街頭キャンペーンを開催し、人権擁護の大切さを啓発いたしております。


 ほかの課につきましては、報告がございませんでしたので、以上で、人権・同和対策特別委員会の中間報告を終わらせていただきます。


○議長(片岡 英樹君)


 委員長の報告は終わりました。


 これより委員長報告に対する質疑を行います。


 質疑はありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 質疑なしと認めます。


 人権・同和対策特別委員会の中間報告を終わります。


○議長(片岡 英樹君)


 日程第7 報告「地方創生、町公共施設の在り方及び人口減少問題についての調査研


         究」


を議題といたします。


 町活性化推進特別委員会から審査中の事件につきまして、中間報告の申し出がありましたので、これを許可します。


 町活性化推進特別委員会委員長、10番、山神 猛君。


  (「はい、議長、山神」と呼ぶ)


○町活性化推進特別委員長(山神 猛君)


 議長の命により、全委員出席のもと、11月21日に行われました町活性化推進特別委員会のご報告をいたします。


 まず、琴平中学校の耐力度調査について報告がございました。耐力度といいますのは、建物の骨組みが危険な状態の度合いを耐力度で表示し、この耐力度は、構造耐力、保存度及び外力条件について、耐力度調査表に基づき測定をするものであります、耐力度点数が1万点満点で鉄筋コンクリート、鉄骨づくり補強コンクリートブロックづくりは4,500点以下になった建物を、構造上危険な状態にある建物とされているものでありまして、今回の耐力度調査の結果、速報値といたしまして、渡り廊下、また校舎の一部を除く建物が4,500点未満との報告でございました。この危険建物となった場合、危険建物の改築につきましては国庫補助の対象になるとのことであります。補助率として原則3分の1でございますが、本町の補助率は10分の5.5であるとのことでございます。


 次に、善通寺市、多度津町、琴平町の学校給食センター整備についての報告がありました。平成28年10月4日、給食センター整備事業のアドバイザリー業務プロポーザルのヒアリング及び審査があり、参加業者2社で採点結果により、契約締結候補者として株式会社長大に決定をしたとのことであります。


 10月の12日に契約締結候補者、株式会社長大と契約内容の確認を行いました。10月31日、株式会社長大と善通寺市、多度津町、琴平町学校給食センター整備事業PFIアドバイザリー業務委託契約を締結したとのことであります。委託期間は平成28年10月31日より平成29年12月28日まででございます。また、契約金額は2,160万円税込みでございます。


 今後の事務の共同処理につきましては、一部事務組合、協議会、事務委託の3方式が対象となりますけれども、一部事務組合につきましては、香川県の承認、新たな組合議会等が必要になり、日数と大きな費用が必要とのことです。また、事務の委託につきましては、委託をされた事務は委託した地方公共団体において処理すべき事務でなくなることから、費用負担をして建設された建物、備品等の所有権の問題から適切でないので、残る協議会方式で運営をしていくとのことであります。


 議員より土地の購入はどのようになっているのかとの質問があり、善通寺市の12月議会に土地購入の提案をするとのことでございます。また、場所につきましては、善通寺市のシモハナ物流の北側の空き家と臨接する農地とのことであります。


 次に、新設小学校及び中学校を建設する場合の財政のシミュレーションが示されました。概算といたしまして、総事業費38億5,500万円であり、補助金10億2,225万円,起債26億9,600万円、一般財源1億3,675万円であります。


 委員より学校用地を物色しているとのことだが、中学校の併設を考えているかとの意見がありました。また、委員よりこのシミュレーションは町にとって一番経費負担の少ない計画であり、過疎債が全額使用できなかった場合、市中金融機関から借り入れ等のことを考えて事業を行うことも考えているかとの質問に対し、町長はそういったことも十分考え、考慮するということの答弁がありました。


 以上で、町活性化推進特別委員会の中間報告を終わります。


○議長(片岡 英樹君)


 委員長の報告は終わりました。


 これより委員長報告に対する質疑を行います。


 質疑はありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 質疑なしと認めます。


 町活性化推進特別委員会の中間報告を終わります。


○議長(片岡 英樹君)


 日程第8 町政一般報告


を行います。


 町長、小野 正人君。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 それでは、日程第8、町政一般報告でございますが、内容が多岐にわたることから、既に配付をしております資料のご一読をもって、報告とさせていただきます。


○議長(片岡 英樹君)


 町政一般報告を終わります。


○議長(片岡 英樹君)


 日程第9 議案第1号 平成28年度琴平町一般会計補正予算(第5号)


       議案第2号 平成28年度琴平町琴平町国民健康保険特別会計補正予算


             (第2号)


       議案第3号 平成28年度琴平町下水道特別会計補正予算(第2号)


       議案第4号 平成28年度琴平町介護保険特別会計補正予算(第2号)


       議案第5号 平成28年度琴平町後期高齢者医療特別会計補正予算(第


             2号)


       議案第6号 平成28年度琴平町水道事業会計補正予算(第1号)


を一括の議題といたします。


 本案について提案理由の説明を求めます。


 町長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 それでは、日程第9の議案第1号、平成28年度琴平町一般会計補正予算(第5号)から議案第6号、平成28年度琴平町水道事業会計補正予算(第1号)につきまして、提案理由を一括で述べたいと思います。


 まず、議案第1号の平成28年度琴平町一般会計補正予算(第5号)につきましては、今期の一般会計補正予算では、歳入予算の主なものといたしまして、第14款国庫支出金において、臨時福祉給付金、また給付事業費補助金、臨時福祉給付事務費補助金等の増額、また第15款県支出金におきましては、電線共同溝ケーブル移設補償費補助金等の増額、また緊急輸送道沿道建物耐震補助金の減額、第18款の繰入金におきましては、財政調整基金からの繰入金を減額いたします。第20款諸収入におきまして、支障電気通信設備移転料の増額を、また第21款町債におきましては、消防事業債の減額を行うものでございます。


 歳出予算の主なものといたしましては、今年度の人事異動や、香川県人事委員会の勧告に準じた給与改定に伴う人件費全般の補正及び第2款総務費においてIT管理開発費及び情報通信基盤整備事業費の増額を行います。第3款民生費におきましては、民生児童委員費及び臨時福祉給付費等の増額、第7款の商工費におきましては、四国こんぴら歌舞伎大芝居公演準備費の増額等を行います。第8款の土木費におきましては、都市計画管理費の減額と、また第9款消防費においては、仲多度南部消防組合負担金の減額を行います。第10款の教育費においては就学奨励援助費及び育成センター管理運営費等の増額、また第12款の公債費におきましては、長期債元金の増額を、また長期債利子の減額を行うものでございます。


 その結果といたしまして、歳入歳出それぞれ940万1,000円を追加いたしまして、歳入歳出予算の総額をそれぞれ44億5,286万6,000円とするものでございます。


 続きまして、議案第2号の平成28年度琴平町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)でございますが、歳入予算につきまして、第10款繰入金において一般会計からの繰入金の減額を行うものでございます。


 歳出予算につきましては、本年度の人事異動や香川県人事委員会の勧告に準じた給与改定に伴う人件費の補正を行うものでございます。


 その結果といたしまして、歳入歳出それぞれ1万円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ15億667万5,000円とするものでございます。


 議案第3号、平成28年度琴平町下水道特別会計補正予算(第2号)でございますが、歳入予算につきましては、第3款の国庫支出金の減額、第4款県支出金の減額、第6款繰入金におきましては、一般会計繰入金の増額、さらに第9款の町債の減額を行うものでございます。


 歳出予算につきましては、香川県人事委員会の勧告に準じた給与改定に伴う人件費の補正及び第1款総務費において、一般管理費の減額、第2款施設費において下水道施設管理費の増額、また下水道施設整備費の減額を行うものでございます。


 その結果といたしまして、歳入歳出それぞれ1,097万3,000円を減額して、歳入歳出予算の総額を2億8,741万1,000円とするものでございます。


 続きまして、議案第4号、平成28年度琴平町介護保険特別会計補正予算(第2号)でございますけども、歳入予算につきまして、第9款の繰入金において、一般会計からの繰入金の増額を行うものでございます。


 歳出予算につきましては、今年度の人事異動や香川県人事委員会の勧告に準じた給与改定に伴う人件費の補正を行うものでございます。


 その結果、歳入歳出それぞれ11万円を追加いたしまして、歳入歳出予算の総額をそれぞれ11億5,931万8,000円とするものでございます。


 次に、議案第5号の平成28年度琴平町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)でございますけども、歳入予算につきましては、第4款の諸収入において、後期高齢者医療広域連合納付金の還付金の増額を行うものです。


 また、歳出予算についても、第3款諸支出金において、保険料の還付金の増額を行うものでございます。


 この結果といたしまして、歳入歳出それぞれ31万5,000円を追加いたしまして、歳入歳出予算の総額をそれぞれ1億6,727万2,000円とするものでございます。


 次に、議案第6号の平成28年度琴平町水道事業会計補正予算(第1号)でございますが、収益的な収支予算の営業費用において、五條浄水場の施設清掃に伴う汚泥廃棄手数料及び香川県人事委員会の勧告に準じた給与改定に伴う人件費等の補正を行うものでございます。


 その結果といたしまして、営業費用を20万円増額し、水道事業費用を2億6,310万4,000円とするものでございます。


 以上、一括して提案理由を申し述べましたが、慎重なるご審議をいただき、ご議決賜りますようにお願い申し上げます。


○議長(片岡 英樹君)


 以上で提案理由の説明を終わります。


 これより質疑を行います。


 質疑はありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 質疑なしと認めます。


 お諮りします。ただいま議題となっております議案6件のうち、議案第1号は所管する各常任委員会に、議案第2号、議案第3号、議案第4号、議案第5号及び議案第6号を教育厚生常任委員会にそれぞれ付託することにしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 異議なしと認めます。


 よって、議案第1号から議案第6号までの議案6件につきましては、それぞれ所管する各常任委員会に付託することに決定いたしました。


○議長(片岡 英樹君)


 日程第10 議案第7号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例


        議案第8号 特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の


              一部を改正する条例


        議案第9号 議会議員に対する期末手当支給条例の一部を改正する条例


        議案第10号 琴平町税条例の一部を改正する条例


        議案第11号 琴平町印鑑条例の一部を改正する条例


を一括の議題といたします。


 本案について提案理由の説明を求めます。


 町長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 続きまして、日程第10の議案第7号、職員の給与に関する条例の一部を改正する条例から議案第11号の琴平町印鑑条例の一部を改正する条例までを一括して提案理由を述べたいと思います。


 まず、議案第7号の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例でございますが、平成28年10月13日に出されました香川県人事委員会勧告に準じて、職員の給与状況等を踏まえ改定を行うものでございます。


 次の議案第8号、特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例でございますが、この条例につきましても、一般職の職員の給与につきまして、香川県人事委員会の勧告に準じて改定を行うこととしており、特別職のうち常勤の者についても期末手当の改定を行うものでございます。


 次の議案第9号でございますが、議会議員に対する期末手当支給条例の一部を改正する条例でございます。これも一般職の職員の給与につきまして、香川県人事委員会の勧告に準じて改定を行うこととしておりまして、議会議員につきましても期末手当の改定を行うものでございます。


 次に、議案第10号の琴平町税条例の一部を改正する条例でございますが、地方税法第343条第9項のみなし規定の適用をするために所要の改正を行うものでございます。


 次に、議案第11号、琴平町印鑑条例の一部を改正する条例でございますが、性同一性障害者等の人権に配慮するため、条例の一部を改正するものでございます。


 それぞれの議案につきまして、慎重なるご審議を賜り、ご議決賜りますようにお願いいたします。


○議長(片岡 英樹君)


 以上で提案理由の説明を終わります。


 これより質疑を行います。


 質疑はありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 質疑なしと認めます。


 お諮りします。ただいま議題となっております議案5件のうち、議案第7号、議案第8号、議案第9号及び議案第10号は総務産業経済常任委員会に、議案第11号は教育厚生常任委員会にそれぞれ付託することにしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 異議なしと認めます。


 よって、議案第7号から議案第11号までの議案5件につきましては、それぞれ所管する各常任委員会に付託することに決定いたしました。


○議長(片岡 英樹君)


 日程第11 議案第12号 琴平町教育委員会委員の任命について


を議題とします。


 提出者の説明を求めます。


 町長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 それでは、議案第12号の琴平町教育委員会委員の任命についてでございますが、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条の規定によりまして、次の者を琴平町教育委員会委員に任命したいので、議会の同意を求めるものでございます。


 まず、京兼 密氏。住所が琴平町741番地。生年月日が昭和28年6月1日でございます。


 なお、任期に関しましては、平成28年12月23日から平成32年12月22日となっております。


 次に、高尾 博氏、住所が琴平町榎井124番地の1、生年月日が昭和29年10月9日、任期につきましては平成28年12月18日から平成32年12月17日となっております。


 以上、2名のご同意をよろしくお願いしたいと思います。


○議長(片岡 英樹君)


 以上で提案理由の説明を終わります。


 ただいま議題となっております議案第12号は人事案件でありますので、質疑、委員会付託及び討論を省略したいと思いますが、ご異議ありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 異議なしと認めます。


 よって、議案第12号につきましては、質疑、委員会付託及び討論を省略することに決定いたしました。


 これより議案第12号を採決いたします。


 この採決は起立によって行います。


 議案第12号は、これに同意することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(片岡 英樹君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第12号は同意することに決定いたしました。


○議長(片岡 英樹君)


 日程第12 議案第13号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることにつ


               いて


を議題といたします。


 提案者の説明を求めます。


 町長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 それでは、議案第13号の人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについてでございますが、人権擁護委員法第6条第3項の規定によりまして、次の者を人権擁護委員候補者として推薦したいので、議会の意見を求めるものでございます。


 氏名に関しましては、淺田 久子氏、住所は琴平町11番地の2、生年月日が昭和18年11月2日でございます。なお、任期につきましては、法務大臣の委嘱を受けた日から3年間となっております。


 よろしくご同意賜りますようお願い申し上げます


○議長(片岡 英樹君)


 以上で、提出者の説明を終わります。


 ただいま議題となっております議案第13号は人事案件でございますので、質疑、委員会付託及び討論を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 異議なしと認めます。


 よって、議案第13号は質疑、委員会付託及び討論を省略することに決定いたしました。


 これより議案第13号を採決いたします。


 この採決は起立によって行います。


 議案第13号は、これに同意することに賛成の方の起立をお願いします。


  (賛成者起立)


○議長(片岡 英樹君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第13号は同意することに決定いたしました。


○議長(片岡 英樹君)


 日程第13 議案第14号 香川県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の


               減少及び香川県市町総合事務組合規約の一部変更につい


               て


        議案第15号 香川県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の


               減少に伴う財産処分について


を一括の議題といたします。


 本案について提案理由の説明を求めます。


 町長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 それでは、議案第14号並びに議案第15号につきまして、一括して提案説明を申し述べます。


 まず、議案第14号の香川県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び香川県市町総合事務組合規約の一部変更についてでございますが、三観衛生組合が平成29年3月31日をもちまして香川県市町総合事務組合から脱退することに伴い、地方自治法第286条第1項の規定により、一部事務組合を組織する地方公共団体数の団体の数の減少及び一部事務組合の規約の変更に係る関係地方公共団体の協議が必要となったためでございます。


 つきましては、これらの協議について、同法第290条の規定に基づき、議会の議決を求めるものでございます。


 次の議案第15号、香川県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少に伴う財産処分についてでございますが、三観衛生組合が平成29年3月31日をもって香川県市町総合事務組合から脱退することに伴いまして、地方自治法第289条の規定により、香川県市町総合事務組合財産の処分に係る関係地方公共団体の協議が必要となりました。ついては、この協議について同法第290条の規定に基づき、議会の議決を求めるものでございますので、よろしくお願い申し上げます。


○議長(片岡 英樹君)


 以上で提案理由の説明を終わります。


 これより質疑を行います。


 質疑はありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 質疑なしと認めます。


 お諮りします。ただいま議題となっております議案14号及び議案第15号は、委員会付託を省略したいと思いますが、ご異議ありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 異議なしと認めます。


 よって、議案第14号及び議案第15号は、委員会の付託を省略することに決定いたしました。


 これより討論を行います。討論はありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 討論なしと認めます。


 これより議案第14号及び議案第15号を一括して採決いたします。


 この採決は起立によって行います。


 議案第14号及び議案第15号は、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(片岡 英樹君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第14号及び議案第15号は原案のとおり可決されました。


○議長(片岡 英樹君)


 日程第14 議案第16号 琴平町農業委員会の委員の定数に関する条例


を議題といたします。


 本案について提案理由の説明を求めます。


 町長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 それでは、議案第16号の琴平町農業委員会の委員の定数に関する条例につきまして提案理由を述べます。


 農業委員会等に関する法律の改正に伴いまして、琴平町農業委員の定数を定めるために、今回制定をするものでございます。


 よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。


○議長(片岡 英樹君)


 以上で提案理由の説明を終わります。


 これより、質疑を行います。


 質疑はありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 質疑なしと認めます。


 お諮りします。


 ただいま議題となっております議案第16号は総務産業経済常任委員会を主査とする教育厚生常任委員会との連合審査会に付託することにしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 質疑なしと認めます。


 よって、議案第16号は総務産業経済常任委員会を主査とする教育厚生常任委員会との連合審査会に付託することに決定いたしました。


 ただいま付託となりました総務産業経済常任委員会を主査とする教育厚生常任委員会との連合審査会の開催日時につきましては、12月15日木曜日の9時半といたします。なお、総務産業経済常任委員会の単独の開催につきましては、連合審査会終了後といたします。会場につきましては、いずれも大会議室であります。


 本告知をもって委員会の招集通知にかえさせていただきます。


  (「議長」の声あり)


○議長(片岡 英樹君)


 10番、山神 猛君、何でしょうか。


○町活性化推進特別委員長(山神 猛君)


 町活性化推進委員会の報告の中で、報告漏れが1点ございましたので、報告させていただきたいと思います。


○議長(片岡 英樹君)


 それでは、ただいま10番、山神 猛君より委員長報告に関する追加をしたいとの申し出がありましたので、これを許可します。


 町活性化推進特別委員長、10番、山神 猛君、登壇してください。


  (「はい」の声あり)


○町活性化推進特別委員長(山神 猛君)


 委員から指摘ございまして、本当に申しわけございません。


 1点報告漏れがございました。


 去る11月11日、三豊市の山本小学校へ議員視察研修を行いました。当日は三豊市の副議長もおいでいただきご挨拶、また教育長からの懇切丁寧な説明を受け、あと新しい校舎を見学いたしました。当町におきましても、早くこのような立派な校舎が完成すればいいと思った次第でございます。


 なお、校長先生の挨拶の中で、校長先生、この年度で退職だそうでございますが、このような立派な校舎の中で校長を終えることを本当に大変喜んでいるというような挨拶があったことが印象深かったです。


 以上で、委員長報告とさせていただきます。どうも失礼しました。


○議長(片岡 英樹君)


 ただいま委員長報告の追加がありましたが、それにつきまして質疑はありませんか。


  (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(片岡 英樹君)


 質疑もありませんので、以上で報告を終わります。


○議長(片岡 英樹君)


 以上で、本日の日程は全て終了であります。


 本日はこれにて散会いたします。


 ありがとうございました。





             (散会 午前11時54分)





 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。








       琴平町議会議長











       琴平町議会議員











       琴平町議会議員