議事ロックス -地方議会議事録検索-


香川県 琴平町

平成25年 6月定例会(第3日 6月12日)




平成25年 6月定例会(第3日 6月12日)





 
               会 議 の 経 過





 会期 第3日 平成25年6月12日(水曜日)


 議事日程(第3号)


 第 1       会議録署名議員の指名


 第 2 議案第5号 琴平町中小企業融資条例を廃止する条例     総務産業経済


     報   告                        常任委員長


 第 3 議案第6号 平成25年度琴平町一般会計補正予算(第1号) 各常任委員長


     報   告


 追 加 議案第7号 琴平町監査委員(識見を有する者)の選任につい 町長提出


 第 1





             (再開 午前9時30分)





○議長(臼杵 善弘君)


 おはようございます。(「おはようございます」の声あり)


 ご参集いただきまして、ありがとうございます。


 これより、平成25年6月定例会を再開いたします。


 ただいまの出席議員10名であり、地方自治法第113条の規定による定足数に達しておりますので、本日の会議は成立いたしました。


 これより、本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付いたしておるとおりであります。


 日程に入るに先立ちまして、諸般の報告を行います。


 事務局長より報告いたさせます。


 事務局長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○事務局長(金関 首君)


 おはようございます。(「おはようございます。」の声あり)


 命により、報告いたします。


 本日の日程につきましては、今定例会において付託された議案の委員会報告を受けての審議が予定されております。


 最後に、地方自治法第121条の規定により、本日の会議に説明のため出席を求めました者は、既に配付いたしました名簿のとおりであります。


 以上、報告を終わります。


○議長(臼杵 善弘君)


 以上をもって、諸般の報告を終わります。


○議長(臼杵 善弘君)


 日程第1 会議録署名議員の指名


を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定により、


  3番 渡辺 信枝君


 10番 山神 猛君


を指名いたします。


○議長(臼杵 善弘君)


 日程第2 議案第5号 琴平町中小企業融資条例を廃止する条例


を議題といたします。


 本案に関し、常任委員長の報告を求めます。


 総務産業経済常任委員長、9番、眞鍋 籌男君。


  (「はい、議長、9番」と呼ぶ)


○総務産業経済常任委員長(眞鍋 籌男君)


 それでは、議長の命により、議案第5号、琴平町中小企業融資条例を廃止する条例、去る6月6日、全委員出席のもと、総務産業経済常任委員会を開催しました。その経緯及びに結果について報告します。


 現在では、琴平町中小企業融資以外の融資制度が充実されており、琴平町中小企業融資審査委員会制度の見直しも必要であったため、平成18年に廃止されていた琴平町同和対策小規模事業融資が完済されたのを機会に、琴平町中小企業融資条例を廃止するものです。


 中小企業融資は、国のセーフティネットによる景気対策融資があり、県内8市9町の動向を調査した結果を踏まえ、融資委員制度を廃止するため、町条例を廃止し、融資制度は規程により対応していくとのことです。


 委員より、平成18年以来、町の中小企業の融資利用はないのかとの質問があり、執行部としては、利用者はないとのことです。


 以上で報告を終わりますが、議案第5号について、当委員会で審議しました結果、全委員一致で可とすることに決しました。


 以上で、報告を終わります。


○議長(臼杵 善弘君)


 委員長の報告は終わりました。


 これより委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑を許します。


  (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○議長(臼杵 善弘君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


  (「討論なし」と呼ぶ者あり)


○議長(臼杵 善弘君)


 討論なしと認めます。


 これより議案第5号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(臼杵 善弘君)


 全員起立と認めます。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


○議長(臼杵 善弘君)


 日程第3 議案第6号 平成25年度琴平町一般会計補正予算(第1号)


を議題といたします。


 本案に関し常任各委員長の報告を求めます。


 まず、総務産業経済常任委員長、9番、眞鍋 籌男君。


  (「はい、議長、9番、眞鍋」と呼ぶ)


○総務産業経済常任委員長(眞鍋 籌男君)


 それでは、議長の命により、議案第6号、琴平町一般会計補正予算(第1号)。6月6日、全委員出席のもと、総務産業経済常任委員会を開き、審議しました。この経緯及び結果についてご報告します。


 まず、総務課で、消防費の災害対策費のうち、備品購入費、災害対策用器具費106万円は、これは増額補正です。消防団の災害時に対応する機材を整備するためのものです。


 同じく消防費の地域防災組織育成事業補助金50万円の増額補正は、阿波町上の防災用の機材を整備するためのものです。


 委員より、今回の補正と当初予算の自主防災組織の助成金との違いは何かとの質問があり、執行部としては、今回の補正は、既に自主防災組織を結成され、活動している団体に対しての助成金で、当初予算は新規に自主防災組織を形成する団体への助成金ということです。


 次、総務管理費のうち、補助及び交付金の250万円の増額補正は、一般コミュニティ助成事業補助金で、宝くじの財団法人自治総合センターが実施されておる地域コミュニティの助成事業です。


 本町から2件の申し込みがあり、採択は1件で、木の井の獅子組とのことです。また補助金は実施団体から一旦町に交付され、町より採択を受けた団体に交付するとのことです。


 商工費のうち、延滞税2,000円の増額補正は、本来源泉徴収をしなくてはいけないのにそのまま支払ったために生じた延滞税であります。


 さきの3月議会で委員長からご指摘のとおりであり、これは事務上のミスで、これからは法人か個人であるかを精査する体制を強化し、今後、このようなことがないように努めていきます。改めてお詫び申し上げますとのことでありました。


 次、同じく商工費のうち、四国こんぴら歌舞伎大芝居公演費のうち、公演委託料735万円の増額補正は、松竹株式会社への委託料を増額するものです。


 委員より、最終契約金額については縮小するように、また公演後に締結したことについては、これからは今回のようなことがないようにとの意見がありました。


 慎重に審議しました結果、当委員会といたしましては賛成多数で可となりました。


 以上で、報告を終わります。


○議長(臼杵 善弘君)


 次に、教育厚生常任委員長、3番、渡辺 信枝君。


  (「はい、3番、渡辺」と呼ぶ)


○教育厚生常任委員長(渡辺 信枝君)


 おはようございます。


 それでは、引き続き、議長の命によりまして、議案第6号、平成25年度琴平町一般会計補正予算(第1号)の当委員会に付託を受けましたものにつきまして、6月7日、全委員が出席のもと、審議をいたしました。その審議と結果についてご報告させていただきます。


 まず、総務課長より、民生費のうち、人権同和対策費と保育所費の4月1日人事異動に伴う人件費の補正の説明がありました。


 次に、生涯教育課より、歳出の小学校管理費20万円の増額補正と、社会教育総務費の委託料320万円の増額補正の説明がありました。


 款10、教育費、小学校管理費20万円の増額補正は、象郷小学校の排水弁の修繕費として組んでいたものだが、琴平小学校と榎井小学校の給水弁の不都合等により、緊急に補修が必要となり、給水弁の補修をするもの。


 そして、社会教育総務費の委託料320万円の増額補正は、児童図書スペースの改修工事に伴う実施設計監理委託料として増額補正するものとの説明がありました。


 委員から、まず、修繕費について、象郷小学校の排水弁の修理はしなくても大丈夫なのかとの質問に対して、象郷小学校の修繕を予定していたが、急遽琴平小学校と榎井小学校の給水弁の調子が悪くなり、緊急を要したものです。また、象郷小の排水弁の老朽化も激しいのだが、何とか動いたので、ことしのところはそのまま使用し、来年度の予算で修繕をしたいとのことです。


 次に、児童図書推進事業費の設計監理委託料について委員より多くの質問や意見、また提案がありました。


 まず、図書スペース確保事業の経緯についてでございますけれども、昨年度より実施のプラットホーム事業から生まれた事業であり、次世代・子育て支援ワーキンググループによる「琴平町に図書館を」との熱い思いから、グループの方々による絵本を中心とした図書が収集され、現在518冊集まっています。図書スペースは、当初公会堂を考えていたが、公会堂の畳の間では狭く、不便という声が多く、他の施設も検討したが、旧榎井幼稚園スペースを児童図書スペースとして利用できないのかとの提案があり、計画をしたものである。今後、ワーキンググループの意見も聞きながら、設計もしていきたいとのことでありました。


 委員よりは、かかる設計金額から推測できる改修工事における坪単価が高額過ぎるのではないか。財政の厳しい中、最小の経費で最大の効果が得られるようにとの指摘があり、雨漏り等施設の老朽化が著しいことから、相当程度の修繕が必要との説明があり、事業展開については、「よいこのわ」を中心とした方々の意見を反映して進めていきたいとのことでありました。


 また、耐震化について考慮しているのかとの質問に対しては、平家建てについては、耐震診断は法的には義務化されておらず、現時点では診断の必要はないと考えるが、設計の段階で専門家の意見も聞きながら判断をしていきたいとのことでありました。


 次に、図書スペース開設後の管理運営についての質問があり、管理運営は生涯教育課の教育施設として行っていくとのことでありました。さらに、本町に図書館がないということから、まずは子どもたちにとの要望からではあるが、行政としては、しっかりと中長期的にそうした活動を育成し、協働して推進していき、係る事業については中長期的なビジョンを教育委員会だけでなく、町として持ち、企画制作担当など、しっかりと連携していくようにとの意見がありました。


 町長より、本格的な図書館を町内に建設することは、財政事情等総合的に判断して現状困難である。しかしながら、図書館については住民よりかねてからの強い要望もあり、今回のワーキンググループの活動、ご提案を勘案し、まずは幼児向け図書スペースの確保を検討し、旧榎井幼稚園を改修し、設置する結論となったものである。将来的には大人も利用できる図書スペースの確保を検討していかなければならないと考えているとの発言がございました。


 当委員会といたしましては、十分な内部協議を重ねた上で、有効な利用活用ができるよう予算執行を求めるものです。


 以上、本委員会として、慎重なる審議の結果、議案第6号、平成25年度琴平町一般会計補正予算(第1号)のうち、当委員会にかかわりますものにつきまして、全員賛成で可決いたしました。


 以上で委員長報告を終わります。


○議長(臼杵 善弘君)


 各常任委員長の報告は終わりました。


 これより各常任委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑を許します。


  (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○議長(臼杵 善弘君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


 9番、眞鍋 籌男君。


○9番(眞鍋 籌男君)


 私は、議案第6号について反対いたします。


 その理由として、きのうも私の一般質問で、町長は町の過失を認めており、そのことはとりもなおさず、今から言うことが大事なんです。損害を与えたものが、損害を償う、これが世間一般の道理であります。ゆえに私は反対いたします。


 どうかご賛同のほどを。


○議長(臼杵 善弘君)


 賛成討論はありませんか。


 6番、片岡 英樹君。


○6番(片岡 英樹君)


 6番、片岡 英樹でございます。ただいま事案となっております議案第6号、一般会計補正予算(第1号)につきまして、賛成の立場で討論いたします。


 ただいま9番議員より反対討論がありました、懸案になっております商工費のうち、公課費延滞税2,000円につきましてでございます。委員長報告にありましたように、この案につきましては、事務的行政上の事務的ミスにより発生した延滞税であり、国税として支払わなければならないということは承知のとおりであります。ですから、これにつきましては、委員会等でも、またありましたように、この原価は、いわゆる財源は、一般財源ということで、今回の補正予算上は支払うことになっておりますが、委員会でも指摘、要望しましたように、この2,000円の財源については町税から払うということで、今回の予算はなっていますが、今後、これをどうすべきかについては、しっかりとした内部協議で議会に報告するようにというふうなことが協議されております。その辺も含めまして、支払わなければならない予算として、今回はやむを得ず支払わなければなりませんが、その後の対応については、事後、議会なり報告していただきたいものであります。


 また、もう一つの問題は、3月議会等でも議員によるこの不手際について指摘しながら、十分な対応をしていないという部分であります。それに対して、不十分なる答弁を町長のほうからあったということも、きのう、一般質問の中で議論がありました。この件につきましては、この予算とはまた別の議案で、議会に対しての対応という部分でありますので、今後、この件については議運なり、また議会内でどう取り扱うかということで別の問題になるかと思われます。


 そういった面で考えますと、確かに先ほどの反対の討論の指摘にあるように難しい点はあるとはいえ、これは予算執行上払うべきものは払わざるを得ないというふうに思いますので、賛成という立場で、今回の予算については思います。


 また、つけ加えまして、先ほど委員長報告にありましたように、四国こんぴら歌舞伎大芝居の今期の増額補正なり、また、児童図書スペース確保事業なり、しっかりとした内部協議、それから適正なる予算執行を委員長報告に重ねて強く要望しながら、今期補正予算につきましては、賛成したいと思います。


 ご賛同よろしくお願いします。


○議長(臼杵 善弘君)


 ほかに討論はありませんか。


  (「討論なし」と呼ぶ者あり)


○議長(臼杵 善弘君)


 これより議案第6号を採決いたします。


 本案に対する各常任委員長の報告は可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(臼杵 善弘君)


 起立多数と認めます。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


○議長(臼杵 善弘君)


 ご相談申し上げたいことがございますので、ただいまより議会運営委員会を開催願います。


 議会運営委員及び関係者は大会議室にご参集願います。


 なお、委員会の招集通知は、本告知をもって代えさせていただきます。


 その間暫時休憩といたします。





     休憩 午前 9時54分





     再開 午前10時14分


     (出席議員休憩前と同じ10名)





○議長(臼杵 善弘君)


 再開いたします。


 休憩前に引き続き会議を開きます。


 これより諸般の報告を行います。


 事務局長より報告いたさせます。


 事務局長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○事務局長(金関 首君)


 命により報告いたします。


 先ほど町長より議案1件が提出され、受理いたしましたので、本日の日程に追加し処理いたします。人事案件1件であります。


 以上、報告を終わります。


○議長(臼杵 善弘君)


 追加日程第1 議案第7号 琴平町監査委員(識見を有する者)の選任について


を議題といたします。


 町長から提案理由の説明を求めます。


 町長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 それでは、議案第7号について提案理由を申し述べます。


 この6月末をもちまして任期が満了いたします琴平町監査委員のうち、識見を有する者につきまして、後任人事で以下の者を選任したいので、ご同意を頂戴したいと思っております。


 氏名が藤村利仁。住所、琴平町499番地。生年月日、昭和23年9月9日。


 なお、任期につきましては、平成25年7月1日から平成29年6月30日までとなっております。よろしくご同意をいただきますようにお願いいたします。


○議長(臼杵 善弘君)


 町長の提案説明を終わります。


 ただいま議題となっております本案は人事案件でございますので、質疑、委員会付託、討論を省略いたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(臼杵 善弘君)


 異議なしと認めます。


 よって、議案第7号は質疑、委員会付託、討論を省略することに決定いたしました。


 お諮りいたします。


 本案はこれに同意することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(臼杵 善弘君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第7号はこれに同意することに決定いたしました。


○議長(臼杵 善弘君)


 以上で、今期定例会に付議されました事件は全て議了いたしました。


 閉会前ではありますが、挨拶のため町長より発言を求められておりますので、これを許可いたします。


 町長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 それでは、6月定例会閉会前に際しまして、一言、ご挨拶を申し上げます。


 6月5日に初日を迎えました今定例会でございますが、各補正予算、また、条例の改正案等々、原案どおり可決いただきましたことを心から厚くご礼申し上げます。


 また、補正で可決いただきました案件につきましては、十分に内部協議と、課の連携等を図りながら、事業の執行を適正に行えますように努めますので、今後ともよろしくご理解とご協力のほどお願い申し上げます。


 6月5日開会したときには、梅雨に入り、1週間の長期予報を見ても雨マーク、曇りマークがございました。しかし、今、ごらんのように晴れが続いておりまして、この15日にはいよいよ満濃池のゆる抜きが始まり、中讃地域に田植えのシーズンが到来いたすわけでございますが、若干水不足が心配な状況になっております。本町といたしましても節水に努めながら、8月、9月の夏の間に水不足が生じないように極力の努力をしていきたいと思っております。


 また、議員各位におかれましても、水道はもとより、各事業全般にいたしましても、今後ともよろしくご指導賜りますようにお願い申し上げまして、今期定例会の閉会に当たりましてのご挨拶といたします。


 どうもありがとうございます。


○議長(臼杵 善弘君)


 町長の挨拶を終わります


 以上をもって、本日の会議を閉じます。


 これをもって、平成25年琴平町議会6月定例会を閉会いたします。


 ありがとうございました。





             (閉会 午前10時18分)








 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。








       琴平町議会議長











       琴平町議会議員











       琴平町議会議員