議事ロックス -地方議会議事録検索-


香川県 琴平町

平成25年 6月定例会(第1日 6月 5日)




平成25年 6月定例会(第1日 6月 5日)





          平成25年琴平町議会6月定例会 会議録


    ――――――――――――――――――――――――――――――





 平成25年琴平町告示第57号





 平成25年琴平町議会6月定例会を次のとおり招集する。





  平成25年5月27日





                           琴平町長 小 野 正 人


 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 1.期 日  平成25年6月5日 午前9時30分





 2.場 所  琴平町役場 琴平町議会議事室


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 開  会 平成25年 6月 5日(水曜日) 午前 9時30分


 閉  会 平成25年 6月12日(水曜日) 午前10時18分


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 1.応招・出席・欠席議員(10名)


 ┌────┬──────┬─────┬──────┬──────┬──────┐


 │議席  │議員氏名  │応 招□ │第1日   │第2日   │第3日   │


 │番号  │      │不応招△ │(6月5日)│(6月11日)│(6月12日)│


 │    │      │     │出席 〇  │出席 〇  │出席 〇  │


 │    │      │     │欠席 ×  │欠席 ×  │欠席 ×  │


 ├────┼──────┼─────┼──────┼──────┼──────┤


 │1番  │臼杵 善弘 │  □  │  〇   │  〇   │  〇   │


 ├────┼──────┼─────┼──────┼──────┼──────┤


 │2番  │安川  稔 │  □  │  〇   │  〇   │  〇   │


 ├────┼──────┼─────┼──────┼──────┼──────┤


 │3番  │渡辺 信枝 │  □  │  〇   │  〇   │  〇   │


 ├────┼──────┼─────┼──────┼──────┼──────┤


 │4番  │大西 久夫 │  □  │  〇   │  〇   │  〇   │


 ├────┼──────┼─────┼──────┼──────┼──────┤


 │5番  │籔内伊佐子 │  □  │  〇   │  〇   │  〇   │


 ├────┼──────┼─────┼──────┼──────┼──────┤


 │6番  │片岡 英樹 │  □  │  〇   │  〇   │  〇   │


 ├────┼──────┼─────┼──────┼──────┼──────┤


 │7番  │今田 勝幸 │  □  │  〇   │  〇   │  〇   │


 ├────┼──────┼─────┼──────┼──────┼──────┤


 │8番  │山下 康二 │  □  │  〇   │  〇   │  〇   │


 ├────┼──────┼─────┼──────┼──────┼──────┤


 │9番  │眞鍋 籌男 │  □  │  〇   │  〇   │  〇   │


 ├────┼──────┼─────┼──────┼──────┼──────┤


 │10番  │山神  猛 │  □  │  〇   │  〇   │  〇   │


 └────┴──────┴─────┴──────┴──────┴──────┘





 2.会議録署名議員


 ┌──────┬─────────┬─────────┬─────────┐


 │      │第1日(6月5日)│第2日(6月11日)│第3日(6月12日)│


 ├──────┼─────────┼─────────┼─────────┤


 │議席番号  │5番 籔内伊佐子 │2番 安川  稔 │3番 渡辺 信枝 │


 ├──────┼─────────┼─────────┼─────────┤


 │氏  名  │6番 片岡 秀樹 │7番 今田 勝幸 │10番 山神  猛 │


 └──────┴─────────┴─────────┴─────────┘





 3.職務のため出席したものの職氏名


 ┌────────────┬───────┬───────┬───────┐


 │会 期         │第1日    │第2日    │第3日    │


 │職氏名         │(6月5日) │(6月11日) │(6月12日) │


 ├────────────┼───────┼───────┼───────┤


 │事務局長   金関  首│   〇   │   〇   │   〇   │


 ├────────────┼───────┼───────┼───────┤


 │主  任   平井 浩嗣│   〇   │   〇   │   〇   │


 └────────────┴───────┴───────┴───────┘





 4.地方自治法第121条による出席者の職氏名


┌───────────────────┬──────┬──────┬──────┐


│会  期               │第1日   │第2日   │第3日   │


│職 氏 名              │(6月5日)│(6月11日)│(6月12日)│


├───────────────────┼──────┼──────┼──────┤


│町      長    小 野 正 人│  〇   │  〇   │  〇   │


├───────────────────┼──────┼──────┼──────┤


│教育長         三 井   尚│  〇   │  〇   │  〇   │


├───────────────────┼──────┼──────┼──────┤


│監査委員        大 西 富美雄│  ─   │  〇   │  ─   │


├───────────────────┼──────┼──────┼──────┤


│総務課長        大矢根 正 高│  〇   │  〇   │  〇   │


│                   │      │      │      │


├───────────────────┼──────┼──────┼──────┤


│総務課主幹       松 浦 啓 昭│  〇   │  〇   │  〇   │


├───────────────────┼──────┼──────┼──────┤


│税務課長        宮 武 千万利│  〇   │  〇   │  〇   │


├───────────────────┼──────┼──────┼──────┤


│住民サービス課長    佐 藤 安 正│  〇   │  〇   │  〇   │


├───────────────────┼──────┼──────┼──────┤


│福祉課長        川 添 龍 也│  〇   │  〇   │  〇   │


├───────────────────┼──────┼──────┼──────┤


│健康推進課長      細 川 和 徳│  〇   │  〇   │  〇   │


├───────────────────┼──────┼──────┼──────┤


│観光商工課長      澤 井 達 朗│  〇   │  〇   │  〇   │


├───────────────────┼──────┼──────┼──────┤


│農政課長        友 枝 一 朗│  〇   │  〇   │  〇   │


├───────────────────┼──────┼──────┼──────┤


│建設下水道課長     三 井 貫 常│  〇   │  〇   │  〇   │


├───────────────────┼──────┼──────┼──────┤


│人権同和課長      佐 藤 任 司│  〇   │  〇   │  〇   │


├───────────────────┼──────┼──────┼──────┤


│会計管理者兼出納室長  宮 脇 公 男│  〇   │  〇   │  〇   │


├───────────────────┼──────┼──────┼──────┤


│生涯教育課長      石 橋   満│  〇   │  〇   │  〇   │


├───────────────────┼──────┼──────┼──────┤


│水道課長        長 田   忠│  〇   │  〇   │  〇   │


└───────────────────┴──────┴──────┴──────┘








               会 議 の 経 過





 会期第1日平成25年6月5日(水曜日)


 議事日程(第1号)


 第 1       会議録署名議員の指名


 第 2       会期の決定


 第 3 報   告 行財政改革・産業振興・建設・上下水道・温泉事 総産経委員長


           業に関する調査


 第 4 報   告 教育・福祉・保健・衛生に関する調査      教厚委員長


 第 5 報   告 人権・同和対策問題調査            特別委員長


 第 6 報   告 議会広報の編集・発行及び調査研究       特別委員長


 第 7 報   告 琴平町議会改革推進に関する調査研究      特別委員長


 第 8       町政一般報告                 町長


 第 9 議案第1号 専決処分の承認について(琴平町税条例の一部を 町長提出


           を改正する条例)


 第10 議案第2号 専決処分の承認について(琴平町国民健康保険税 町長提出


           条例の一部を改正する条例)


 第11 議案第3号 琴平町税条例の一部を改正する条例       町長提出


 第12 議案第4号 琴平町国民健康保険税条例の一部を改正する条例 町長提出


 第13 議案第5号 中小企業融資条例を廃止する条例        町長提出


 第14 議案第6号 平成25年度琴平町一般会計補正予算(第1号) 町長提出


 第15 報告第1号 平成24年度琴平町一般会計繰越明許費繰越計算 町長提出


           書


 第16 報告第2号 平成24年度琴平町下水道特別会計繰越明許費繰 町長提出


           越計算書


 第17 報告第3号 平成25年度琴平町土地開発公社事業計画及び予 町長提出


           算について








             (開会 午前9時30分)





○議長(臼杵 善弘君)


 おはようございます。(「おはようございます。」の声あり)


 ご参集いただきまして、ありがとうございます。


 これより平成25年琴平町議会6月定例会を開会いたします。


 ただいまの出席議員は10名であり、地方自治法第113条の規定による定足数に達しておりますので、本日の会議は成立いたしました。


 これより本日の会議を開きます。


 まず、今期定例会の招集者である町長の挨拶を求めます。


 町長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 皆さん、おはようございます。(「おはようございます」の声あり)


 6月に入りまして、また、気候の上では梅雨入りということでございますが、非常に爽やかな気候が続いております。また、ニンニクの集荷も終わり、また麦の刈り入れが終わり、いよいよ水稲の準備をする段階に入っております。本日、ここに平成25年琴平町議会6月定例会をご案内申し上げましたところ、全議員ご参集いただきまして、誠にありがとうございます。また、議員各位におかれましては、町政の運営にご理解とご協力をいただいておりますことに、心から厚く感謝を申し上げます。


 さて、年度当初は安倍内閣によります、いわゆるアベノミクスへの期待感から株高、円安傾向が見られるなど、日本経済が回復軌道に乗ってきた感がありましたが、直近におきましては、株価が乱高下するなど、若干の揺り戻しが起きているようであります。また、大手企業中心による円安による好材料等はあるものの、琴平をはじめとする地方経済におきましては、まだまだその景気回復を実感するには至っていないのが現状ではないかと感じております。


 このような中、本町におきましては新年度を迎え、各種各般の事業も順調に進行しております。また、4月に開催されました第29回四国こんぴら歌舞伎大芝居公演に関しましても、皆様方のご協力のもと、大盛況裏に終えることができました。町内経済を喚起するまちおこしイベントとしては一定の成果が出たのではないかというふうには考えておりますが、運営面等々まだまだ課題が山積しておりますので、引き続き議員の皆様のご意見等を頂戴したいと考えております。


 さらに5月初旬には、本町と友好交流都市であります島根県出雲市を議長とともに訪問させていただきまして、親善を深めてまいったところでございます。


 このような中、今定例会に提案させていただきました議案は、平成25年度一般会計補正予算案ほか、条例の改正案等でございます。議員各位におかれましては、慎重なるご審議を頂戴いたしまして、よろしくご議決賜りますようにお願い申し上げ、簡単ではございますが、開会に当たりましてのご挨拶とさせていただきます。


 どうぞよろしくお願いいたします。


○議長(臼杵 善弘君)


 町長の挨拶を終わります。


 本日の議事日程、会期日程表等は、お手元に配付いたしておるとおりであります。


 日程に入るに先立ちまして、諸般の報告を行います。


 事務局長から報告いたさせます。


 事務局長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○事務局長(金関 首君)


 おはようございます。(「おはようございます」の声あり)


 命により報告いたします。


 まず、町長より今期定例会に付議するため、地方自治法第179条第1項の規定に基づく議案2件を受理いたしております。承認案2件であります。


 次に、地方自治法第149条の規定に基づく議案4件を受理いたしております。条例改正案2件、条例廃止案1件、補正予算案1件であります。


 次に、地方自治法施行令第146条第2項による繰越明許費繰越計算書の報告2件及び地方自治法第243条の3第2項による公社事業計画、及び予算についての報告1件につきましては、本日の日程において報告を受ける予定としております。


 また、監査委員から地方自治法第235条の2の規定に基づく平成24年度、平成25年2月分から3月分までに関する例月現金出納検査結果の報告があり、その写しを配付いたしております。


 最後に、地方自治法第121条の規定により、本日の会議に説明のため出席を求めました者は、配付いたしております名簿のとおりであります。


 以上、報告を終わります。


○議長(臼杵 善弘君)


 以上をもって諸般の報告を終わります。


○議長(臼杵 善弘君)


 日程第1 会議録署名議員の指名


を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定により、


 5番 籔内伊佐子君


 6番 片岡 秀樹君


を指名いたします。


○議長(臼杵 善弘君)


 日程第2 会期の決定


を議題といたします。


 お諮りいたします。


 今期定例会の会期は、本日から12日までの8日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(臼杵 善弘君)


 異議なしと認めます。


 よって、会期は、本日から12日までの8日間と決定いたしました。


○議長(臼杵 善弘君)


 日程第3 行財政改革・産業振興・建設・上下水道・温泉事業に関する調査


を議題といたします。


 本件に関し委員長の報告を求めます。


 総務産業経済常任委員長、9番、眞鍋 籌男君。


  (「はい、議長、9番、眞鍋」と呼ぶ)


○総務産業経済常任委員長(眞鍋 籌男君)


 それでは、議長の命により、閉会中の総務産業経済常任委員会に付託されております所管事項について、去る5月22日水曜日、全委員出席のもと、委員会を開き審議しました。以下、順を追って報告します。


 総務課。まず、平成25年度の町職員採用試験の実施については、一般職上級2名程度、保健婦中級1名程度、保育士中級2名程度、幼稚園中級2名程度で、申し込み受付期間は6月13日から7月3日までです。なお、第1次試験は、7月28日の日曜日で、周知方法として、6月の町広報、ホームページ、回覧等でするとのことです。


 次、防災行政無線整備計画については、今後のスケジュールとして、予定ですが、6月実施計画の入札、7月実施設計の開始です。


 委員より、防災無線拡声機が10カ所はいいが、個別受信機200個は何をもって200個なのかとの質問があり、執行部としては、自治会単位での設置箇所及び避難場所への設置を予定しているとのことです。


 次に、平成24年度総合防災訓練の実施予定ですが、防災訓練実施日を11月17日日曜日、午前中で、場所は象郷小学校です。また、参加対象者は、原則として象郷小学校地区の住民とし、訓練内容は、今後実行委員会を立ち上げて協議していきます。


 委員より、象郷地区の防災訓練の周知を2カ月前にするとか、早目にしてほしいとの要望がありました。


 また、委員より、防災に関しては、町の対策本部の緊急連絡網をいま一度確認し、不測事態に備えてほしいとの要望がありました。


 次、本庁舎の耐震診断の今後の予定としては、今言うとくで、これまだ予定と言うとんで、決定と言うとらへんで、全然。


 次、本庁舎の耐震診断の今後の予定として、6月に指名競争入札、6月にですよ、次7月に耐震診断を開始、12月に耐震結果の報告をしたいとのことです。なお、諸般の事情により、予定より遅くなる場合もあります。


 次、選挙管理委員会委員の変更について、佃重雄氏より鈴木浩氏に、片桐善男氏より山本勉氏に変更しました。


 またこれとは別に、委員より、地方公務員の給与の削減問題について質問があり、執行部としては、あくまで試算段階ではあるが、交付税削減額とこれに伴う新たな措置として、地域の元気づくりの交付金との差額は283万9,000円の見込みで、削減については、他の市町の動向を見ながら対処していきたいとのことです。


 また、委員より、交付税は既に減額されているのかとの質問があり、執行部としては、交付税は8月に算定されるので、今のところはまだ削減されておりません。


 続いて、企画政策担当分として、まず、共助プラットホーム事業については、3つのワーキンググループ等の活動についての報告があり、中でも、子育て・次世代支援・世帯交流のワーキンググループでは、チーム名を「よいこのわ」として、就学前児童を中心とする絵本等の収集、貸し出し活動について協議しました。そして、町民への寄贈依頼、本の修繕、図書活動の学習会を行い、寄せられた絵本の数は401冊になっているとのことです。


 今後、貸し出し等を行える町有スペースの提供を求められていて、町としては、当初予定していた公会堂ではなく、榎井幼稚園の跡、現在の教育委員会の遊戯室の提供を予定しているとのことです。


 委員より、公会堂でのオープンカフェ山桜の今後の運営についての質問があり、執行部としては、今後、毎週木・金の曜日を定めて営業を社協に要望している。プラットホーム事業全体として、今後もサポートを行っていくが、財政的な支援は予定していないとのことです。


 次に、本年4月1日より、町公式ホームページを全面リニューアルオープンし、平成25年4月期の総アクセス数は3万3,072件で、前年度同月と比較して、3,384件の増となりました。


 また、4月より実施の広告事業については、ホームページでの広告契約数は、5月16日時点で3社とのことです。


 委員より、今後もアクセス数の分析、掲載内容の充実を怠らず、目標を定め、積極的な事業収入の確保に努めるようにとの意見がありました。


 次に、若者移住定住家賃補助金交付事業、新婚いらっしゃい事業については、相談件数が8件あり、申請受け付けが3件とのことです。


 委員より単発にならないように、継続的な周知案内、広報活動を怠ることがないようにとの意見がありました。


 次に、香川大学との域学連携等における香川大学地域マネジメント学科、牛島教授による琴平町の活性化に関する調査研究報告書が提出され、学生のフィールドワークにより作成された報告書は25施策であります。町としては、今後、費用対効果、財源確保等を検証し、その結果については引き続き知らせていきます。


 委員より、域学連携で得た縁をもとに学生たちを巻き込むぐらいの意思を持ってやってほしい。報告書を単に報告で終わらせるのではなく、地域活動、本町の発展につなげるようにしてほしいとの意見がありました。


 次、税務課。町税の徴収状況及び滞納整理の取り組みとして、一般会計の徴収率については、昨年度に比べ、滞納繰越分は3.57%増加で、現年度分(5月16日現在)も増加しているとのことです。


 委員より、公売物件、林病院のとこです、に、現在まで支払った金額は幾らかとの質問があり、執行部としては、鑑定料4件で58万9,680円とのことです。


 委員より、電話による催促はどのようにしているかとの質問があり、執行部としては、現年を中心に、お忘れではないですかと電話をし、期限を切って、なおかつ未納の場合は、再電話及び訪問をしていきます。


 次、農政課。地籍調査として、25年度五条、郷見地区、426筆のうち、30件は相続ができていない。18件は調査完了。1件については、戸籍が見つからないとのことです。また5月13日地籍調査支援システムの入札をし、株式会社松本コンサルタントが780万円(税込み)で落札し、これは、5年間のリースです。5社が指名競争入札に参加しました。


 委員より、地籍調査の計画についての質問があり、執行部としては、今年度は境界確定の準備期間であり、測量の取りまとめを行い、来年度は法務局に順次登録していく予定とのことです。


 委員より、これから先の予定はとの質問があり、平成26年度は川向、27年度は本村、馬場北を予定しています。


 なお、農業委員会で農業共済から委員推薦の変更があり、五条の太田亨氏がなりました。


 次、観光課。ことしのゴールデンウィークの観光客数は、前年度比7.5%増しで、5万1,205人増加です。


 秋の板東玉三郎公演は、松竹側も昨年と同様に実施したいとの要望があり、本町としても実施の方向で準備をしていくとのことです。


 なお、この委員会で、一番時間がとられ、一番議論が集中した点です。委員より、第29回四国こんぴら歌舞伎公演について、慎重な委託契約をするようにとの意見が出され、この点について十分に協議をいたしました。


 次、建設下水道課。公共下水道工事の進捗状況について、平成24年度で繰越明許をした県道高松琴平線の「居酒屋あや」からまんのう町の境までの第1処理分区の工事については、場所により夜間工事を余儀なくされたり、当初の予定より引き込み数が2カ所増えたりしたが、他には大した変更もなく、無事終了しました。


 現在は、補償工事として、撤去した農業用配水管の本設工事を施工中で、工期である5月末までには完了予定であります。


 委員より、交通安全に関するカーブミラーの設置、対策等の質問があり、執行部としては、カーブミラーの設置要望は現地調査を行い、随時対応しているとのことです。


 最後、水道課。平成24年度水道事業会計決算見込みについては、3条予算が決定し、その結果、当年度の純利益は、362万6,680円となりました。24年度の総配水量の状況は、前年度と比べ8,443立方メートル増加し、148万9立方メートルとなり、また、有収水量は9,219立方メートル減少し、119万1,479立方メートルとなっています。


 次に、職員採用についてですが、ことし4月1日の異動によって、6名が5名になり、1名減となりました。業務に支障が出るため、急遽ハローワークにて募集し、1名を臨時職員として採用しました。


 委員より、総配水量が増加したのに、有収水量が減ったのはどうしてかとの質問があり、執行部としては、配水量と有収水量との差は、漏水だと考えられる。昨年度より漏水量がふえているので、平成25年度より漏水調査の区域を拡大して調査していくとのことです。


 以上で、報告を終わりますが、なお、当委員会といたしましては、引き続き閉会中の継続調査をお願いいたしまして、報告を終わります。


○議長(臼杵 善弘君)


 委員長の報告は終わりました。


 これよりただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑を許します。


  (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○議長(臼杵 善弘君)


 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 本件調査については、委員長から申し出のとおり閉会中の継続調査に付することにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(臼杵 善弘君)


 異議なしと認めます。


 よって、本件は閉会中の継続調査に付することに決定いたしました。


○議長(臼杵 善弘君)


 日程第4 教育・福祉・保健・衛生に関する調査


を議題といたします。


 本件に関し委員長の報告を求めます。


 教育厚生常任委員長、3番、渡辺 信枝君。


  (「はい、3番、渡辺」と呼ぶ)


○教育厚生常任委員長(渡辺 信枝君)


 おはようございます。(「おはようございます。」の声あり)


 それでは、議長の命によりまして、3月定例会以降の当常任委員会に付託されております教育・福祉・保健・衛生に関する調査を、去る5月27日に全委員出席のもと委員会を開催いたしましたので、ご報告をいたします。


 なお、人権同和課に関する報告につきましては、特別委員長に報告をお願いいたしたいと思います。


 初めに、住民サービス課より報告がありました。


 春季クリーン作戦は、3月10日、9時30分から町内全域を482名の参加のもと、皆さんが清掃し、可燃ごみ、不燃ごみあわせて1,080キロのごみを収集したとのことでございます。


 公害報告として、1件の油流出の報告がありましたが、処置が早かったため、南部消防と協議の上、その場で撤収したとのことです。


 また、墓地事故の報告が1件ありましたが、双方が立ち会いのもと示談したとのことでした。


 次に、太陽光発電システム設置補助金事業状況について、本年度は20件の補助予定で、5月20日時点で、10件の受け付けがあったとのことです。


 また、5月23日と24日の2日間、地球温暖化対策としてゴーヤの苗750株と、ふうせんかずらの種70袋を、370件の方に配布したとのことです。


 最後に、し尿収集とごみ投入量、資源投入量、そして、し尿くみ取り手数料の収入状況の報告がありました。現年度分と過年度分のどちらも徴収率が上がっており、滞納者には納入しなければ、次のくみ取りはしないようにしたため、徴収率が上がったものです。引き続き継続したいとのことです。


 委員より出された質問は、障害者、高齢者で、ごみ収集場所までのごみ出しが困難な方から、ごみ出し等についての相談はあるかとの質問に対して、年間を通じてかなり相談はあるが、福祉サイドあるいは家族の方に連絡をし、対処してもらっているとのことです。


 また、家の前に個別収集の対応をする考えはあるのかとの質問に対しては、犬、カラスなどのごみあさり被害も想定され、個別の家前収集は考えていないとのことです。


 町営住宅の空き部屋入居募集についての進捗状況はとの問いに対しては、滞納処理、明け渡し強制執行等の法的措置を含め、結果が出た後、入居募集するとのことです。


 次に、福祉課から2点の報告がありました。


 最初に、平成25年度敬老会は、9月8日日曜日に、琴参閣で開催する予定であり、対象者は、本年度末において75歳以上となる高齢者で、現時点での案内予定者数は前年度より18人増の2,035人となっています。また、最高齢者は五條地区の106歳の女性とのことです。


 会食方式は、昨年同様オードブル形式で、会場内で会食する方式とのことです。


 次に、象郷地区地域福祉拠点整備事業(繰越明許事業)についての報告があり、指名競争入札が、3月22日に社会福祉協議会事務所において行われ、10参加業者のうち、富士建設株式会社が落札しました。請負金額は、税抜きで3,180万円です。工期は、3月28日から9月15日の予定で、木造平家のバリアフリー対応施設を建築し、サロン用居間、ボランティア室、調理室、トイレ等を整備するとのことです。


 委員から出された質問や意見として、まず敬老会の参加者の参加人数の把握をしてほしいとの意見がありました。


 そして、象郷地区地域福祉拠点整備施設についてのいろいろな質問が出されました。まず、工事の請負比率は何%かとの質問に対して、92.38%との回答でありました。


 そして次に、進入道路が狭いが、拡幅の予定があるのかとの質問に対しては、拡幅予定は今のところないとのことです。


 それから、福祉拠点整備の金額について、3月の補正時には繰越明許費が3,000万円だったのに、請負金額が3,180万円であるのはなぜかとの質問に対しては、町からの事業補助金は3,000万円であり、残りの事業費は社協の持ち出しとなるとのことでございました。


 続きまして、健康推進課から報告がありました。


 初めに、後期高齢者医療の25年3月末の被保険者数は1,932人です。また、国民健康保険の25年3月末の被保険者数は、一般2,548人、退職195人。


 がん検診の申し込み数は、肺がんが1,797人、胃がん1,125人、子宮頸がん631人、乳がん579人、大腸がん1,626人、前立腺がん527人です。


 そして、40歳以上74歳以下の被保険者を対象とする特定健康診査は、6月1日より8月31日まで町内指定医療機関で受診できるとのことです。


 続きまして、「国際麻薬乱用撲滅デー」として、毎年6月26日にですが、各種団体に協力を呼びかけて、啓発に努めているとのことです。


 それから、6月4日から10日が歯と口の衛生週間で、今年度は仲多度郡歯科医師会主催の記念事業を6月2日にまんのう町の農改センターで行うとのことです。


 そして、次に、琴平町食生活改善推進協議会総会を5月23日に開催し、前田歯科の前田和也先生による「歯周病について」の講演をいただいたとのことです。


 最後に、母子愛育会総会が5月29日に、総合センターで開催するとのことでした。


 委員から出された質問ですけれども、子宮頸がんワクチン接種による副作用、いわゆる薬害被害の例は発生しているのかとの質問に対しては、今のところ琴平町では対象事例はないとのことです。


 今年度高齢者肺炎球菌予防接種の助成はいつから受けられるのかとの質問に対しては、本年度は6月から実施し、今後は期限をなくし、通年接種にするとのことです。


 最後に、生涯教育課による報告がありました。


 初めに、学校教育関係では、3小学校の空調機設置工事について、3小学校とも9教室に設置し、工期予定は入札契約等審議会に諮問し、施工業者の指名競争入札を行い、夏休み中に工事をし、9月末までには工事完了する予定であるとのことです。


 幼稚園の諸問題については、定例の教育委員会で報告し、次年度募集や預かり保育の時間延長などを協議した。また、教育委員会事務局内部での検討会も園長を交えて、周辺市町を参考にし、検討したとのことです。


 また、修学旅行は小学校・中学校とも無事終了しましたと。


 次に、社会教育関係ですけれども、旧金毘羅大芝居の回り舞台などの修繕が3月に完了した。


 それから、次に、ヴィスポの会員数についてですけれども、4月1日現在の会員数が3,795人、そのうち琴平町町民の会員数は646人で、全体の17.02%を占める。


 社会体育については、2013こんぴら健脚大会を、4月29日に実施、また、スポーツ少年団結団式を5月19日に実施したとのことです。


 図書カードについてですけれども、6月末に5,000枚を作成予定しており、手続等、7月の広報に掲載する予定であるとのことでした。


 それから、給食センターについては、食器洗浄機について、リースやレンタルも懸案していたが、特殊な洗浄機でリースの考えは難しい。工事は夏休み期間中に予定しているとのことです。


 次に、少年育成センターの活動状況として、4月26日に今年度の委嘱式を行った。


 そのほか、琴平中学校の運動会を5月26日、JUNEまつりが6月8日に行われる。


 また、象郷小学校のプールに表面の割れが生じており、メジ埋めをし、工事が終了しているが、排水バルブの不良による漏水が発覚し、排水バルブの取りかえが必要であるとの報告がありました。


 委員より出された質問は、3小学校の空調設置工事の入札方法は、学校ごとか別々にするのかとの質問に対して、設計業務委託については、3小学校分を一括して委託したい。工事は、電気かガスにするかの選択もあり、設計業者と協議の上、一括発注するかどうか決めるとのことです。


 3小学校の工事に関して一括発注し、安いだけでなく、別々に行って、町内業者がより入札に参加できるような配慮も考慮してもらいたいとの要望がありました。


 また、カビなど食洗器の衛生面の心配はないのかとの質問に対しては、心配はないと思うが、今後確認と注意に努めたいとのことです。食洗器のレンタルの考えはとの質問に対しては、特殊機械になるので、レンタルと購入の双方でも検討を進めたいとのことです。


 それから、ヴィスポの契約更新が平成26年3月に控え、契約のあり方について、委員よりいろいろな意見が出され、早目の審議委員会を求めるとの要望がありました。


 それから、給食への異物混入事例はないのかとの質問に対して、危険物による異物の混入事例は今のところはない。万が一、異物の混入があった場合は、マニュアルに基づき、各学校と連携し、口に入る前に食事を中止してもらうようにしているが、より注意して異物混入防止に努めたいとのことです。


 空調設置教室の内容が、各小学校によりまちまちの感があるが、学校間のバランスはとれているのかとの質問に対しては、3小学校の校長より、各学校での要望の強い、使用頻度の高い教室を提示してきており、それに基づいて各学校の教室のどこに空調設置するか決めたとのことです。


 預かり保育時間の延長協議はどの程度進んでいるのかとの質問に対しては、近隣市町の状況を勘案しながら、検討委員会にかける内容として現在協議中とのことです。


 以上が、閉会中に当委員会が行いました調査でございますが、本委員会といたしましては、引き続き教育・福祉・保健・衛生に関する調査が必要であると思いますので、閉会中の継続調査をお願いいたしまして、委員長報告を終わります。


○議長(臼杵 善弘君)


 委員長の報告は終わりました。


 これよりただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑を許します。


  (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○議長(臼杵 善弘君)


 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 本件調査については、委員長から申し出のとおり閉会中の継続調査に付することにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(臼杵 善弘君)


 異議なしと認めます。


 よって、本件は閉会中の継続調査に付することに決定いたしました。


○議長(臼杵 善弘君)


 日程第5 人権・同和対策問題調査


を議題といたします。


 本件に関し、付託中の人権・同和対策特別委員会から中間報告の申し出がありましたので、これを許可いたします。


 人権・同和対策特別委員長、8番、山下 康二君。


  (「はい、議長、8番、山下」と呼ぶ)


○人権・同和対策特別委員長(山下 康二君)


 議長の許可をいただきましたので、当委員会に付託されております人権・同和対策問題調査について、中間報告させていただきます。


 去る5月20日、全委員出席のもと人権・同和対策特別委員会を開催いたしました。


 まず初めに、人権同和課より報告がありました。4月15日、教育集会所にて2013年度新任新採教職員人権・同和教育研修会が開催され、町内の保育所・幼稚園・小中学校・高校の教員及び町職員57名の参加により実施されたとのことでございます。内容につきましては、豊明支部池尻副支部長からの「いじめ、体罰」をテーマとする講和で会が進められたとのことであります。


 次に、特設人権相談を4月22日に琴平町総合センターで、人権擁護委員2名で実施したとのことであります。当日、課題あるいは問題となるような相談案件はなかったとのことでございました。


 次に、苗田児童館前のふれあい広場の利用状況について、報告がございました。5月14日に、町内保育所合同ミニ運動会が開催され、当日は、北保育所、南保育所、あかね保育園の各園児、保護者、関係者、計140名が参加し、実施したとのことでございます。また、今後の利用としまして、6月8日に町内幼稚園春季運動会が、北幼稚園、南幼稚園園児、保護者、関係者の参加で実施される予定であるとのことでございます。


 次に、人権確立琴平町民会議の通常総会が、5月31日に琴平町文化会館で開催予定であると報告がございました。この件につきましては、予定どおり実施されております。


 町広報による啓発につきましては、4月号が外国人、5月号が子ども、6月号がハンセン病を、それぞれテーマに記事掲載を行い、啓発活動を行ったとのことでございます。


 次に、生涯教育課より報告がございました。まず、4月30日に、第1回仲多度人権・同和施策推進連絡協議会啓発部会が多度津町総合福祉センターで開催され、人権・同和施策の啓発チラシの内容を当番町である本町が提案して協議をしたと報告がございました。啓発チラシの内容は、登録型本人通知制度の啓発を予定しているとのことでございます。


 次に、人権確立町民会議学校人権・同和教育部会総会が5月13日に開催され、内容は、町内の保育所、幼稚園、小中学校の教育関係者及び行政関係者など、約90名が参加し、1年間の人権・同和教育の取り組みについて事業や決算などの報告があり、今後の事業・予算について協議された後、分科会に分かれて交流が行われ、自尊感情、なかまづくりの実践について意見交換が行われたとのことでございました。


 次に、観光商工課より報告がございました。内容は、琴平町同和対策小規模事業融資条例を廃止する条例附則第2項の規定に基づく同和対策小規模事業融資補給規定により、償還の経過措置を行っていたものでございますが、全ての対象者が償還終了となり、事業を終結するとのことでございます。


 以上が、先日行われました委員会の報告でございますが、当委員会としましては、今後も引き続き、人権を尊重し合える社会の実現を目指して調査・研究を重ねてまいることをお伝え申し上げ、中間報告を終わらせていただきます。


○議長(臼杵 善弘君)


 委員長の報告は終わりました。


 これよりただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑を許します。


  (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○議長(臼杵 善弘君)


 質疑なしと認めます。


 これにて中間報告を終わります。





○議長(臼杵 善弘君)


 日程第6 議会広報の編集・発行及び調査研究


を議題といたします。


 本件に関し、付託中の議会広報編集特別委員会から中間報告の申し出がありましたので、これを許可いたします。


 議会広報編集特別委員長、5番、籔内伊佐子君。


  (「はい、議長、5番、籔内」と呼ぶ)


○議会広報編集特別委員長(籔内伊佐子君)


 議会広報編集特別委員会に付託されております広報の編集・発行及び調査研究について中間報告をさせていただきます。


 議会広報第10号の編集にかかわる委員会は、第1回目を4月26日、2回目を5月7日、3回目を5月13日、4回目を5月17日に委員出席のもと開催をいたしました。主な編集内容といたしましては、新年度に基づく各委員会での予算質疑を中心に掲載をし、一般質問については、9名の議員が町政の課題を質問するなどを掲載するとした充実した内容となっております。


 毎回の編集について、1つの項目ごとに委員会の中において議論を行っているわけですが、委員より、委員会としての編集方針をつくるべきであるとの声をいただきました。このたび、これまで委員会の中で行ってきた広報編集内容の取りまとめをいたしまして、琴平町議会だより編集方針として策定をし、第4回広報委員会の中において、委員出席のもと審議を行い、了承を得ることができました。


 編集方針にありますよう、委員会として、今後も議事の公開の原則にのっとり、町民の皆様にわかりやすく、読みやすい内容に、そして、読む側に立った編集を心がけ、多くの人に親しんでいただける紙面づくりに努めてまいりたいと考えておりますので、よろしくお願い申し上げ、以上、報告といたします。


○議長(臼杵 善弘君)


 委員長の報告は終わりました。


 これよりただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑を許します。


  (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○議長(臼杵 善弘君)


 質疑なしと認めます。


 これにて、中間報告を終わります。


○議長(臼杵 善弘君)


 日程第7 琴平町議会改革推進に関する調査研究


を議題といたします。


 本件に関し、付託中の議会改革推進特別委員会から中間報告の申し出がありましたので、これを許可いたします。


 議会改革推進特別委員長、6番、片岡 英樹君。


  (「はい、6番」と呼ぶ)


○議会改革推進特別委員長(片岡 英樹君)


 議長のお許しを得ましたので、議会改革推進に関します研究の中間報告をいたします。


 平成25年5月15日に、委員8名の出席、また議長にもご陪席いただきまして、委員会を開催いたしました。


 内容といたしましては、まず、議員報酬規定につきまして研究をいたしました。研究といいますのは、現在の議員報酬の規定は、いかなる理由でも議員報酬が支給される状況になっておりまして、例えば、無断欠席であったり、本会議や委員会にも応召をしても全く出ない、いわゆる無断欠席をしてもできるということについて、どうあるべきかということについて研究いたしました。委員より、無断欠席については条文規定してもよいのではないかという意見や、また、上位法等々の兼ね合いも十分検討する必要があるのではないかということもありましたが、研究を一層進めるべきで検討すべきであるということで、以後、この件につきましても委員会なりで協議していくということになりました。


 また、現状当議会は10人の議員定数で構成されておりますが、およそ2年足らずの期間を得る中で、10人体制での現在の議会構成等々について、現状でよいかという意見があり、現在、2常任委員会、そして、3特別委員会という体制で行っておりますが、本町議会に見合った委員会の体制を考える必要があるのではないかという意見があり、これにつきまして、るる各委員より意見がありました。これにつきましては、各委員の思いもありますが、せっかくの機会でありますので、早い段階でこの委員会体制、また、議会構成等々につきまして、各委員の意見をいただいた上で、次回の委員会にてまた協議を進めていくというふうなことになりました。


 また、全員協議会の取り扱いについても、現状のままでいいのかという意見もありまして、これもまた検討していきたいと思います。


 また、それ以外に、非公式の議員総会なるものを毎月開催して、議員相互の意見交換、また執行部等との意見交換、また執行報告を行うというのも、他市町に見習ってやってはどうかという意見もあり、これも検討課題としてさせていただきました。


 それから、議員活動を一層充実させるために、政務活動費についても研究してはという意見があり、これも研究課題として、今後の課題としていきたいと思います。


 このような委員会でありました協議内容を項目ごとにまとめまして、次回委員会の協議としていくということとさせていただきます。


 以上にて、当委員会の中間報告とさせていただきます。


○議長(臼杵 善弘君)


 委員長の報告は終わりました。


 これよりただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑を許します。


  (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○議長(臼杵 善弘君)


 質疑なしと認めます。


 これにて、中間報告を終わります。


○議長(臼杵 善弘君)


 日程第8 これより町政一般報告


を行います。


 町長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 町政一般報告に関しましては、3月定例会で報告申し上げました事項以降の事業につきましては、既にご配付の町政一般報告の中に記載しております。また、内容が多岐にわたるため、この報告をご一読いただきますことをもって報告にかえさせていただきますので、よろしくお願い申し上げます。


○議長(臼杵 善弘君)


 町政一般報告を終わります。


 ただいま会議の途中ですが、ここで暫時休憩といたします。


 再開を10時40分とさせていただきます。





     休憩 午前10時26分





     再開 午前10時40分


     (出席議員休憩前と同じ10名)





○議長(臼杵 善弘君)


 再開いたします。


 休憩前に引き続き会議を開きます。


 日程第 9 議案第1号 専決処分の承認について(琴平町税条例の一部を改正する条例)


 日程第10 議案第2号 専決処分の承認について(琴平町国民健康保険税条例の一部を改正する条例)


を一括議題といたします。


 町長から一括提案理由の説明を求めます。


 町長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 それでは、議案第1号の専決処分の承認についての提案理由をご説明申し上げます。


 地方税法に関する法律の一部を改正する法律が平成25年3月30日に公布されたことに伴いまして、琴平町税条例の一部を改正するものでございます。


 また、議案第2号の専決処分につきましても、地方税法に関する法律の一部を改正する法律が平成25年3月30日に公布されたことに伴いまして、琴平町国民健康保険税条例の一部を改正するものでございます。


 なお、この議案第2号につきましては、詳細につきまして、税務課長より説明をいたさせます。


○議長(臼杵 善弘君)


 ただいま町長のほうからお話がありましたように、税務課長より詳細な説明を求めます。


 税務課長。


  (「はい」と呼ぶ)


○税務課長(宮武 千万利君)


 それでは、議案第2号の専決処分の詳細な説明をさせていただきます。


 この議案につきましては、国民健康保険税条例の中で、従来、国保の世帯形態、夫婦で75歳になる方と、例えば73歳、この4月にご主人が75になって、後期高齢に移られる。奥さんが73だという場合に、保険の税金を計算するときに、軽減判定というのをしていかないといけない。ところが、従来でしたら、国保の場合は、奥さんだけは75歳未満ですから、その中でいたのですが、それを軽減をしていたのですが、旦那さん、75歳になったけれども、その軽減率を上げるためにそれを追加しますよということになります。それで、例え話ですけれども、ご主人さんも奥さんも例えば厚生年金なりもらいながらで、160万ずつの収入があった場合、120ずつ引いて40万の所得。その方については今まで軽減が一切ございませんでした。ところが、今回の新制度になることによって、旦那さんが75で後期高齢に行っても、軽減判定するときには2人で軽減しますから、35掛ける2プラス33ですから、103ですか、従来軽減が受けられなかった方が、大抵の場合ですが、2割軽減を受けられますよというような制度になるということがまず1点目です。


 その次に書いております特定世帯、これにつきましては、現行でもあったんですけれども、この3月で一旦切れまして、それで、2分の1の軽減、世帯割というのがございます。今現在、2万6,000円ですか、それがあったのを、2分の1にしていたのですけれども、それから、後期高齢の支援部分、75と73の奥さんがいた場合に、従来でしたら2万6,000円の半分と、6,900円の半分で約1万6,450円ぐらいが軽減になって、それが5年間、それで終わった途端に切られて、いきなり元の2万6,000円と6,900円に戻すと。それはちょっときついのではないかということで、残り3年間延長しますよということになりました。それで、3年間だけをまたその残っていた分の1万3,000円と3,450円の半分を逆に言うたら、軽減してあげますよと。延長になるということでございます。だから、夫婦間の年齢差が大きい人ほどメリットが、トータルで8年受けられるということですか、近ければ、現行法律の5年間の中で終わってしまうということになります。


 以上、ちょっと走り走りですけれども、提案の中の説明を終わらせていただきます。


○議長(臼杵 善弘君)


 税務課長の提案理由説明を終わります。


 これより一括質疑に入ります。


 一括提案理由に対する質疑を許します。


  (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○議長(臼杵 善弘君)


 質疑なしと認めます。


 ただいま議題となっております議案2件は、会議規則第39条第2項の規定により、委員会に付託することを省略いたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(臼杵 善弘君)


 異議なしと認めます。


 よって、ただいま議題となっております議案2件は、委員会に付託することを省略することに決定いたしました。


 これより一括討論に入ります。


 討論はありませんか。


  (「討論なし」と呼ぶ者あり)


○議長(臼杵 善弘君)


 討論なしと認めます。


 これより議題となっております議案2件のうち、議案第1号について採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(臼杵 善弘君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第1号は原案のとおり承認されました。


○議長(臼杵 善弘君)


 これより議題となっております議案2件のうち、議案第2号について採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(臼杵 善弘君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第2号は原案のとおり承認されました。


○議長(臼杵 善弘君)


 日程第11 議案第3号 琴平町税条例の一部を改正する条例


 日程第12 議案第4号 琴平町国民健康保険税条例の一部を改正する条例


を一括議題といたします。


 町長から一括提案理由の説明を求めます。


 町長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 それでは、議案第3号並びに議案第4号について、一括して提案理由を申し述べます。


 まず、議案第3号でございますが、琴平町税条例の一部を改正する条例でございまして、これも地方税法等の一部改正に伴い、琴平町税条例の一部を改正するものでございます。


 なお、詳細につきましては、既にお配りしております議案の内容となっております。


 続きまして、議案第4号、琴平町国民健康保険税条例の一部を改正する条例でございますが、これも地方税法等の一部改正に伴い、琴平町国民健康保険税条例の一部を改正するものでございます。


 よろしくご審議の上、ご議決賜りますようにお願い申し上げます。


○議長(臼杵 善弘君)


 町長の一括提案理由の説明を終わります。


 これより一括質疑に入ります。


 一括提案理由に対する質疑を許します。


  (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○議長(臼杵 善弘君)


 質疑なしと認めます。


 ただいま議題となっております議案2件は、会議規則第39条第2項の規定により、委員会に付託することを省略いたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(臼杵 善弘君)


 異議なしと認めます。


 よって、ただいま議題となっております議案2件は、委員会に付託することを省略することに決定いたしました。


 これより一括討論に入ります。


 討論はありませんか。


  (「討論なし」と呼ぶ者あり)


○議長(臼杵 善弘君)


 討論なしと認めます。


 これより議題となっております議案2件のうち、議案第3号について採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(臼杵 善弘君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第3号は原案のとおり可決されました。


○議長(臼杵 善弘君)


 これより議題となっております議案2件のうち、議案第4号について採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(臼杵 善弘君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第4号は原案のとおり可決されました。


○議長(臼杵 善弘君)


 日程第13 議案第5号 琴平町中小企業融資条例を廃止する条例


を議題といたします。


 町長から提案理由の説明を求めます。


 町長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 議案第5号の琴平町中小企業融資条例を廃止する条例の提案理由でございますが、現在におきましては、この琴平町中小企業融資以外の融資制度が拡充されておりまして、琴平町中小企業融資審査委員会制度の見直しも必要であったため、平成18年に廃止されております琴平町同和対策小規模事業融資が完済されたのを機に、琴平町中小企業融資条例を廃止したいということで上程をさせていただいたものでございます。


 よろしくご審議の上、ご議決賜りますようにお願い申し上げます。


○議長(臼杵 善弘君)


 町長の提案説明を終わります。


 これより質疑に入ります。


 提案理由に対する質疑を許します。


  (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○議長(臼杵 善弘君)


 質疑なしと認めます。


 ただいま議題となっております本案は、会議規則第39条第1項の規定により、総務産業経済常任委員会に付託いたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(臼杵 善弘君)


 異議なしと認めます。


 よって、議案第5号を総務産業経済常任委員会に付託することに決定いたしました。


○議長(臼杵 善弘君)


 日程第14 議案第6号 平成25年度琴平町一般会計補正予算(第1号)


を議題といたします。


 町長から提案理由の説明を求めます。


 町長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)





○町長(小野 正人君)


 議案第6号、平成25年度琴平町一般会計補正予算(第1号)の提案理由を申し述べます。


 今期の主な補正予算といたしましては、第29回四国こんぴら歌舞伎大芝居公演費の増額、児童図書スペースの改築に伴います実施設計監理委託料、宝くじの財源を活用した助成制度の交付決定を受けて一般コミュニティ事業や、地域の防災組織への資機材の助成費を増額するものでございます。


 また、第7款の商工費のうち、延滞税として2,000円を計上しておりますが、これに関しましては、不動産鑑定士への支払いを行う際に、法人であるか個人であるかの確認を十分にとっておらず、源泉徴収を行うべきところを行っていなかったために延滞税が発生したものでございます。


 また、3月議会等で眞鍋議員から一般質問等を受けた場合に、これは源泉徴収をしないというような答弁をしておりましたが、十分な調査ができておらず、調査の結果、源泉徴収をする必要が生じましたので、ここにお詫びを申し上げまして、2,000円を計上させていただくことになりました。どうかよろしくご理解を賜りたいと思います。


 この結果、歳入歳出予算それぞれ1,481万2,000円を追加いたしまして、歳入歳出予算総額で40億8,222万8,000円とするものでございます。


 よろしくご審議のほどご議決賜りますようにお願い申し上げます。


○議長(臼杵 善弘君)


 町長の提案説明を終わります。


 これより質疑に入ります。


 提案理由に対する質疑を許します。


  (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○議長(臼杵 善弘君)


 質疑なしと認めます。


 ただいま議題となっております本案は、会議規則第39条第1項の規定により、各所管の常任委員会に付託いたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(臼杵 善弘君)


 異議なしと認めます。


 よって、議案第6号を各所管の常任委員会に付託することに決定いたしました。


○議長(臼杵 善弘君)


 日程第15 報告第1号 平成24年度琴平町一般会計繰越明許費繰越計算書


 日程第16 報告第2号 平成24年度琴平町下水道特別会計繰越明許費繰越計算書


 日程第17 報告第3号 平成25年度琴平町土地開発公社事業計画及び予算について


を一括議題といたします。


 町長から一括報告を求めます。


 町長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 それでは、報告第1号から報告第3号にわたりまして、一括してご報告申し上げます。


 まず、報告第1号といたしまして、平成24年度琴平町一般会計繰越明許費繰越計算書でございますが、既に議員の元にご配付させていただきました資料のとおり、総務費におきます庁舎管理費を初め、小学校空調整備等々の事業に対します繰越明許費を合計といたしまして、1億109万2,000円を繰越明許として計算するものでございます。


 また、報告第2号といたしまして、平成24年度琴平町下水道特別会計繰越明許費繰越計算書につきましても、お手元の資料のとおり967万3,000円を繰り越すものでございます。


 次に報告第3号でございますが、平成25年度琴平町土地開発公社事業計画及び予算につきまして、これも既にご配付の資料が提出されておりますので、この書面をもって報告にかえさせてもらいたいと思います。


 よろしくお願いいたします。


○議長(臼杵 善弘君)


 町長の一括報告を終わります。


○議長(臼杵 善弘君)


 お諮りいたします。


 議案調査及び委員会審査のため、あす6月6日から10日までの5日間を休会といたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(臼杵 善弘君)


 異議なしと認めます。


 よって、6月6日から10日までの5日間を休会とすることに決定いたしました。


 以上をもって本日の日程は全て終了いたしました。


 本日はこれをもって散会します。


 ありがとうございました。





             (散会 午前10時57分)





 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。








       琴平町議会議長











       琴平町議会議員











       琴平町議会議員