議事ロックス -地方議会議事録検索-


香川県 琴平町

平成24年 第3回臨時会(第1日 7月10日)




平成24年 第3回臨時会(第1日 7月10日)





        平成24年第3回(7月)琴平町議会臨時会 会議録





 平成24年琴平町告示第30号





 平成24年第3回(7月)琴平町議会臨時会を次のとおり招集する。





 平成24年 7月 6日





                           琴平町長 小 野 正 人


 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


1 期  日  平成24年 7月10日(火)午前9時30分〜





2 場  所  琴平町役場 琴平町議会議事室





3 付議事件  (1)平成24年度琴平町一般会計補正予算(第3号)


        (2)平成24年度琴平町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 開   会  平成24年 7月10日(火曜日) 午前 9時30分


 閉   会  平成24年 7月10日(火曜日) 午後 5時25分


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





1.応招・出席・欠席議員(10名)


┌───┬────────┬──────┬───────┐


│   │議 員 氏 名 │応 召 □ │第1日    │


│議 席│        │不応召 △ │(7月10日)│


│番 号│        │      │出席 〇   │


│   │        │      │欠席 ×   │


├───┼────────┼──────┼───────┤


│ 1番│臼 杵 善 弘 │  □   │   〇   │


├───┼────────┼──────┼───────┤


│ 2番│安 川   稔 │  □   │   〇   │


├───┼────────┼──────┼───────┤


│ 3番│渡 辺 信 枝 │  □   │   〇   │


├───┼────────┼──────┼───────┤


│ 4番│大 西 久 夫 │  □   │   〇   │


├───┼────────┼──────┼───────┤


│ 5番│籔 内 伊佐子 │  □   │   〇   │


├───┼────────┼──────┼───────┤


│ 6番│片 岡 英 樹 │  □   │   〇   │


├───┼────────┼──────┼───────┤


│ 7番│今 田 勝 幸 │  □   │   〇   │


├───┼────────┼──────┼───────┤


│ 8番│山 下 康 二 │  □   │   〇   │


├───┼────────┼──────┼───────┤


│ 9番│眞 鍋 籌 男 │  □   │   〇   │


├───┼────────┼──────┼───────┤


│10番│山 神   猛 │  □   │   〇   │


└───┴────────┴──────┴───────┘





2.会議録署名議員


┌──────┬──────────────┐


│      │第1日(7月10日)    │


├──────┼──────────────┤


│議席番号  │6番 片 岡 英 樹    │


│      ├──────────────┤


│氏  名  │7番 今 田 勝 幸    │


└──────┴──────────────┘





3.職務のため出席した者の職氏名


┌─────────────┬───────┐


│         会 期 │第1日    │


│職氏名          │(7月10日)│


├─────────────┼───────┤


│局  長   金関  首 │   〇   │


├─────────────┼───────┤


│主  任   平井 浩嗣 │   〇   │


└─────────────┴───────┘





4.地方自治法第121条による出席者の職氏名


┌────────────────────────┬───────┐


│                   会 期  │第1日    │


│職 氏 名                   │(7月10日)│


├────────────────────────┼───────┤


│町長              小 野 正 人 │   〇   │


├────────────────────────┼───────┤


│副町長             河 井 啓 司 │   〇   │


├────────────────────────┼───────┤


│教育長             多 田 紀 男 │   〇   │


├────────────────────────┼───────┤


│総務課長兼人権同和課長     豊 田 泰 志 │   〇   │


├────────────────────────┼───────┤


│総務課主幹           松 浦 啓 昭 │   〇   │


├────────────────────────┼───────┤


│税務課長            宮 武 千万利 │   〇   │


├────────────────────────┼───────┤


│住民サービス課長        佐 藤 安 正 │   〇   │


├────────────────────────┼───────┤


│住民サービス課主幹       友 枝 一 朗 │   〇   │


├────────────────────────┼───────┤


│福祉課長            川 添 龍 也 │   〇   │


├────────────────────────┼───────┤


│健康推進課長          細 川 和 徳 │   〇   │


├────────────────────────┼───────┤


│観光商工課長          澤 井 達 朗 │   〇   │


├────────────────────────┼───────┤


│農政課長            石 橋   満 │   〇   │


├────────────────────────┼───────┤


│建設下水道課長         三 井 貫 常 │   〇   │


├────────────────────────┼───────┤


│会計管理者兼出納室長      宮 脇 公 男 │   〇   │


├────────────────────────┼───────┤


│生涯教育課長          大矢根 正 高 │   〇   │


├────────────────────────┼───────┤


│水道課長            香 川 政 義 │   〇   │


└────────────────────────┴───────┘





               議 会 の 経 過





会     期   第1日 平成24年 7月10日(火)


議 事 日 程


 第1         会議録署名議員の指名


 第2         会期の決定


 第3  議案第1号  平成24年度琴平町一般会計補正予算(第3号  町長提出


            )


 第4  議案第2号  平成24年度琴平町国民健康保険特別会計補正  町長提出


            予算(第2号)


 追加  議案第3号  特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関  町長提出


 第1         する条例の一部を改正する条例


 追加  議案第1号  平成24年度琴平町一般会計補正予算(第3号  総務産業経済


 第2  報告     )                      常任委員長


 追加  議案第2号  平成24年度琴平町国民健康保険特別会計補正  教育厚生


 第3  報告     予算(第2号)                常任委員長


 追加  議案第3号  特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関  総務産業経済


 第4  報告     する条例の一部を改正する条例         常任委員長








             (開会 午前 9時30分)








○議長(臼杵 善弘君)


 おはようございます。(「おはようございます」の声あり)


 ご参集いただきまして、ありがとうございます。


 これより平成24年第3回(7月)琴平町議会臨時会を開会いたします。


 ただいまの出席議員は10名であり、地方自治法第113条の規定による定足数に達しておりますので、本日の会議は成立いたしました。


 これより、本日の会議を開きます。


○議長(臼杵 善弘君)


 ご相談申し上げたいことがございますので、ただ今より議会運営委員会を開催願います。


 議会運営委員及び関係者は大会議室にご参集願います。


 尚、委員会の招集通知は、本告知を持って代えさせて頂きます。


 その間、暫時休憩といたします。





       休憩 午前 9時 31分





       再開 午前10時 00分





○議長(臼杵 善弘君)


 再開いたします。


 休憩前に引き続き会議を開きます。


 まず、今期臨時会の招集者である町長の挨拶を求めます。


 町長。


   (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 おはようございます。(「おはようございます」の声あり)


 本日、平成24年第3回(7月)臨時会を招集いたしましたところ、大変ご多忙の中、各議員ご参集いただきまして、ありがとうございます。


 今臨時議会におきましては、5月に発覚いたしました、固定資産税の過大徴収に関連し、一日でも早く納税者の皆様方に、過大に徴収した額の還付並びに還付加算金を一般会計並びに特別会計の国民健康保険特別会計の方で反映し、一刻も早く返還することを目的に補正予算を組ましていただいております。


 各議員の慎重なるご審議を賜りまして、ぜひともご議決賜りますようお願い申し上げまして、簡単ではございますが、開会にあたりましてのご挨拶といたします。


○議長(臼杵 善弘君)


 町長の挨拶は終わりました。


 本日の議事日程につきましては、あらかじめ配布いたしておるとおりであります。


 本日の日程に入るに先立ち、諸般の報告をおこないます。


 事務局長から報告いたさせます。


 事務局長。


   (「はい、議長」と呼ぶ)


○事務局長(金関 首君)


 おはようございます。(「おはようございます」の声あり)


 命により報告いたします。


 まず、町長から今期臨時会に付議するため、地方自治法第149条にもとづく議案2件を受理いたしております。補正予算案2件であります。


 また、先ほど町長より条例改正案1件が提出され、受理いたしましたので本日の日程に追加し処理いたします。


 なお、1号議案、2号議案でございますけれど、差替えが出ておりますので、よろしくお願いします。


 最後に、地方自治法第121条の規定により、本日の会議に説明のため出席を求めました者は、すでに配布いたしております名簿のとおりであります。


 以上、報告を終わります。


○議長(臼杵 善弘君)


 以上をもって、諸般の報告を終わります。


 日程第1 会議録署名議員の指名をおこないます。


 会議録署名議員は会議規則第117条の規定により


 6番、片岡 英樹君


 7番、今田 勝幸君を指名いたします。


○議長(臼杵 善弘君)


 日程第2 会期の決定を議題といたします。


 お諮りいたします。


 今期臨時会の会期は、本日1日限りにいたしたいと思います。


 これに、ご異議ありませんか。


   (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(臼杵 善弘君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、会期は本日1日限りとすることに決定いたしました。


○議長(臼杵 善弘君)


 日程第3 議案第1号 平成24年度一般会計補正予算(第3号)


 日程第4 議案第2号 平成24年度国民健康保険特別会計補正予算(第2号)を一括議題といたします。


 町長から一括提案理由の説明を求めます。


 町長。


 (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 それではまず議案第1号の提案理由を申し述べます。


 今期の一般会計補正予算は、財政調整基金繰入金を財源として固定資産税過誤納返還金及び町税過誤納還付金、還付加算金を増額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ42億6,191万8,000円とするものでございます。


 続きまして、議案第2号の平成24年度琴平町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)でございますが、これに関しましても今期の国民健康保険特別会計補正予算は、前年度繰越金を財源として保険税過誤納返還金及び保険税還付金を補正し、歳入歳出それぞれ305万円を増額、歳入歳出予算の総額をそれぞれ13億6,572万3,000円とするものでございます。


 よろしくご審議のうえ、ご議決賜りますようお願いいたします。


○議長(臼杵 善弘君)


 町長の一括提案説明を終ります。


 これより、一括質疑に入ります。


 提案理由に対する一括質疑を許します。


   (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(臼杵 善弘君)


 質疑なしと認めます。


 ただいま議題となっております議案2件は、会議規則第39条第1項の規定により、議案1号を総務産業経済常任委員会を主査とする教育厚生常任委員会との連合審査会に、議案第2号を教育厚生常任委員会を主査とする総務産業経済常任委員会との連合審査会にそれぞれ付託いたしたいと思います。


 これに、ご異議ありませんか。


   (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(臼杵 善弘君)


 ご異議なしと認めます。


 よって議案第1号及び議案第2号を、各常任委員会を主査とする連合審査会に付託することに決定いたしました。


○議長(臼杵 善弘君)


 追加日程第1 議案第3号 特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。


 町長から提案理由の説明を求めます。


 町長。


   (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 それでは、議案第3号の特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例につきまして、提案理由を述べます。


 固定資産税の課税誤りに関しまして、町政への信頼回復及び特別職の責任を明らかにするため、町長及び副町長の給料月額について減額措置を行うものでございます。よろしくご議決のほどお願い申し上げます。


○議長(臼杵 善弘君)


 町長の提案説明を終ります。


 これより、質疑に入ります。


 提案理由に対する質疑を許します。


 (「はい、議長、6番」と呼ぶ)


○議長(臼杵 善弘君)


 6番、片岡 英樹君


○6番(片岡 英樹君)


 ただいま提案されました議案第3号につきまして質疑を行います。


 6番、片岡でございます。


 今回の提案はいわゆる固定資産税の課税誤りに関する件で、町長として執行部として、ペナルティー、けじめをつけたいという思いで今回減額措置を提案されたと想像されます。


 しかし、この件に関しまして、もちろんケースバイケースによりますけども、今後のこともございます。もちろんこれまで以降、行政ミスというものがないのが当然でありますけれども、しかしこればかりはどうしても絶対ないとは言い切れないのは、これまでのことがあります。


 そういった意味で今回これを追加議案と言う形で出されたということで判断の基準、もちろんなんでもかんでも責任をとらないかんという部分ではいかがなものかなという部分が私の中ではございますので、今回これを減額措置ということ提案された基準と言うものをお示しいただければと思います。


○議長(臼杵 善弘君)


 町長。


 (「はい。議長」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 まず、この度、条例改正案を提出するにあたりましてのまず背景というものをご説明いたします。


 この度の固定資産税の過大徴収につきましては、納税者の方々の納税への信頼を失い、町民の皆様にご迷惑とご心配をおかけしたことがまず前提にございます。


 また十数年に及ぶ長期にわたり過大徴収を是正することができなかったということが2点目にございます。


 さらに、3点目といたしましては、その結果としてこの後、議案審議でもご審議いただくわけでございますが、一般会計、特別会計を足しまして約3千万円近くの多額の公金の支出を要することになったというこの三つの大きな背景がございます。


 そして、これらのことを総合的に勘案して現在の町政の責任者として、他の市町の類似の事案に対する対応を参考にいたしました。


 また、本町のこれまでの状況等を踏まえまして、私の給料を20%、副町長を10%、それぞれ1ヶ月削減するという基準を考え、今回上程したということでございます。


   (「はい、議長」と呼ぶ者あり)


○議長(臼杵 善弘君)


 9番、眞鍋 籌男君


   (「はい、9番、眞鍋」と呼ぶ)


○9番(眞鍋 籌男君)


 そしたら、今、片岡議員も小野町長も言っていましたけど、税務課の鉄骨を鉄筋として、その分で過大な金額を今回払わないかんようになったんですけど、それに対しての報酬減額という訳やね。答弁いるよ。


○議長(臼杵 善弘君)


 町長。


   (「はい。議長」と呼ぶ)





○町長(小野 正人君)


 ただいまの眞鍋議員のご質問でございますが、長年にわたったこの課税誤りというものにつきまして、私が現在の町長として、その一定のけじめをつけるということでの減額でございます。


○議長(臼杵 善弘君)


 9番、眞鍋 籌男君


   (「はい、9番、眞鍋」と呼ぶ)


○9番(眞鍋 籌男君)


 昭和から長年にわたりのこのミス、これを町長本人が今現時点で、過大な金額を減額する。それは必要これ無し。終わります。


○議長(臼杵 善弘君)


 他に質疑はありませんか。


   (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○議長(臼杵 善弘君)


 本案は総務産業経済常任委員会を主査とする教育厚生常任委員会との連合審査会に付託することに決定いたしました。


 これより直ちに、議案第1号、議案第2号及び議案第3号を審査するため、各常任委員会を主査とする連合審査会を開催願います。


 委員会委員及び関係者は大会議室にご参集願います。


 尚、委員会の招集通知は、本告知を持って代えさせて頂きます。


 議長において指名する常任委員会ごとに開催いたしますので、その間、暫時休憩といたします。





       休憩 午前10時 13分





       再開 午後 2時 30分





○議長(臼杵 善弘君)


 再開いたします。


 休憩前に引き続き会議を開きます。


 追加日程第2 議案第1号 平成24年度琴平町一般会計補正予算(第3号)


 追加日程第3 議案第2号 平成24年度琴平町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)


 追加日程第4 議案第3号 特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例を一括議題といたします。


 議案3件に関し、付託いたしました各常任委員長の報告を求めます。


 まず、総務産業経済常任委員長、9番、眞鍋 籌男君


   (「はい、議長、眞鍋」と呼ぶ)


○総務産業経済常任委員長(眞鍋 籌男君)


 それでは、議長の命により、ただいまより委員長報告いたします。


 議案第1号、平成24年度琴平町一般会計補正予算(第3号)について平成24年7月10日、総務産業経済常任委員会を主査とする教育厚生常任委員会との連合審査を行いました。


 それでは報告に移ります。


 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2,623万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ42億6,191万8,000円とするものです。


 内容といたしましては、款2、総務費、項2、徴税費、目2、賦課徴収費で、負担金、補助及び交付金の1,350万7,000円は平成6年度から平成18年度分の固定資産税に係る返還予定額で、償還金、利子および割引料の1,272万8,000円は平成19年から平成23年度分の固定資産税還付予定額です。


 委員より、対象者はどれくらいかという質問があり、執行部としては151棟で人数は158名です。


 また委員より、還付金はいつ頃になるのかと質問があり、執行部としては7月20日に還付予定とのことです。


 また委員より、還付金を町税で支払うことについて、どう思っているのかとの質問があり、執行部としては、色々な考えがあると思うが、長期間にわたって過大に徴収し、歳入として町政運営をしてきた観点から納税者のことを考えれば必要だと考えているとのことです。


 また委員より、今後の再発防止、事務処理、総点検についてどのようになっているのかと質問があり、執行部としては、評価時点での他の職員のチェック、点検、特に事務処理については二重のチェックを含め、検討していくとのことです。


 以上、慎重に審議した結果、議案第1号は、全委員一致で可とすることに決しました。


 以上で報告を終わります。


 はい、議案第3号、特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例、当議案について、平成24年7月10日、総務産業経済常任委員会を主査とする教育厚生常任委員会との連合審査を行いました。


 それでは、報告に移ります。附則として、13、平成24年8月1日から同年8月31日までの間における町長及び副町長の受ける給料月額は、附則第12項の規定にかかわらず、次の各号に掲げる額とする。(1)町長、52万円、(2)副町長、48万9,000円でこの条例は公布の日から施行するとのことです。


 目的は、固定資産の課税誤りに関し、町政への信頼回復及び特別職の責任を明らかにするためのものです。


 次に、委員より、他の職員の対応はどの様にするのかと質問があり、執行部としては、職員については、処分はしないとのことです。ただし、今後このようなことがないように十分指導していくとのことです。


 なお、委員より、20%、10%の減額の意味について、町長、現行67万円ですが本則より20%の15万円をさらに減額して52万円にするとのことです。副町長としては、現行54万7,000円のところ本則より10%の5万8,000円を減額して48万9,000円とすることです。


 また委員より、このような行政ミスが発生する度に執行部の給与を軽々しく下げていくようなことがないようにと懸念するような意見がありました。


 以上、慎重に審議した結果、当委員会といたしましては、議案第3号を、全委員一致で可とすることに決しました。


 以上で報告を終わります。


○議長(臼杵 善弘君)


 次に、教育厚生常任委員長、3番、渡辺 信枝君


   (「はい、3番、渡辺」と呼ぶ)


○教育厚生常任委員長(渡辺 信枝君)


 それでは、議長の命をうけまして、今議会におきまして付託をうけました、議案第2号、平成24年度琴平町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)につきまして、先程、全委員出席のもと当委員会を主査とした連合審査を開催いたしましたのでその結果についてご報告を申し上げます。


 今回の国民健康保険特別会計補正予算は前年度繰越金を財源として、保険税過誤納返還金及び保険税還付金を補正し、歳入歳出それぞれ305万円を増額し、補正後の歳入歳出予算の総額をそれぞれ13億6,572万3,000円とするものでございます。


 まず、歳出から説明いたします。款1、総務費、項2、徴税費、目1、賦課徴収費、節19、負担金、補助及び交付金で237万5,000円は平成6年から平成18年までの国保税資産割に関する返還予定額です。


 次に、款11、諸支出金、項1、償還金及び還付加算金、目1、一般被保険者保険税還付金、節23、償還金、利子及び割引料で67万5,000円は平成19年から平成23年までの国保税資産割に関する返還予定額です。


 次に、歳入でございますが、返納金237万5,000円と還付金67万5,000円の合計305万円を前年度繰越金を財源とするものでございます。


 委員から出された意見は、過誤納付の総件数はいくらか、との質問に対して、対象者の延人数は455名とのことです。


 また、いつ頃くらいまでに町民に返せるのか、との問いに対しましては、明日から班編成をして各家庭をまわり、7月20日に各納税者に同日に振込みをするとのことでございます。


 以上、議案第2号は、当委員会を主査といたしまして慎重に調査した結果、当委員会といたしましては全委員一致で可とすることに決しましたことをご報告申し上げます。


 以上で教育厚生常任委員会を主査とする連合審査の報告を終わります。


○議長(臼杵 善弘君)


 各委員長の報告は終りました。


 これより、委員長報告に対する一括質疑に入ります。


 一括質疑を許します。


   (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○議長(臼杵 善弘君)


 質疑なしと認めます。


 これより一括討論に入ります。


 討論はありませんか。


   (「はい」と呼ぶ者あり)


○議長(臼杵 善弘君)


 9番、眞鍋 籌男君


○9番(眞鍋 籌男君)


 私は、議案第3号について反対します。


 その理由としては、我々この議場にいる執行部、議員の方もそうですけど、公務員たるものは、条例、規則、要綱も入りますけど、要綱は小さいからいいです。それらに基づき仕事をし、お金が支払われております。


 今回、小野町長、河井副町長減額すると言います。減額する法的根拠は何もなし。問題はそれにつきます。法律上の根拠なくしたお金は、寄付、その他いろいろありますけど、それは今回、条例にしていますから当てはまりませんけど、いわれなきお金を払う事、これまかりなりません。


 私は、先程の連合委員会でも申しましたけど、支払わなくてもいい理由はこれまでの色々な裁判で、特にそれがひどかったのが、山下前町長の加水問題。裁判所はどういったか、原告、金がはいっとるのになんで裁判しよんじゃ。すでに金がはいっとるんですよ。


 今回もそう。ブロックやのに間違えて、鉄骨としてお金を徴収した、そら高く取りますよね。金額は3,000万だろうが1億だろうが、その金額の大小は関係ありません。支払うような小野町長、河井副町長が払わないといけない、減額しないといけない、理由、その根拠が失くしては払ったらいけないんです。私に言わせれば。


 これね、長くなります。これ、言いませんけど、私、今、反対理由まだまだここにはあるんですけどね、こういう前例をつくったらいかんと言うがあるんですけど、長々しくなりますのでやめますけど、どうか議員の皆さん。この眞鍋、私が言っていることも多少なりとも耳を傾けて下さいませ。


 はい、反対討論を終わります。


○議長(臼杵 善弘君)


 賛成討論はありませんか。


 討論なしと認めます。


○議長(臼杵 善弘君)


 以上で、討論を終わります。


 これより議題となっております議案3件のうち、議案第1号について採決いたします。


 本案に対する、委員長の報告は可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり決することに、賛成の方は起立願います。


○議長(臼杵 善弘君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第1号は原案のとおり可決されました。


○議長(臼杵 善弘君)


 これより議題となっております議案3件のうち、議案第2号について採決いたします。


 本案に対する、委員長の報告は可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり決することに、賛成の方は起立願います。


○議長(臼杵 善弘君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第2号は原案のとおり可決されました。


○議長(臼杵 善弘君)


 これより議題となっております議案3件のうち、議案第3号を採決いたします。


 本案に対する、委員長の報告は可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり決することに、賛成の方は起立願います。


○議長(臼杵 善弘君)


 起立多数と認めます。


 よって、議案第3号は原案のとおり可決されました。


○議長(臼杵 善弘君)


 本臨時会の会議に付された事件は、すべて議了いたしました。


 閉会前でありますが、挨拶のため町長より発言を求められておりますので、これを許可いたします。


 町長。


   (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 それでは、閉会前でございますが、議長のお許しをいただきましたので、一言ご挨拶を申し上げます。


 本日、臨時会に上程いたしました3議案すべてをご議決賜りましたことを心から厚く御礼申し上げます。


 そして、この3議案の原因となりました町税の過大徴収につきましては、これまでの業務の中において、そのようなミスが発生したということを現に自らの気持ちの中で戒め、また、今後このようなことが発生しないようにするべきことが、住民に対しての何よりも行うべき最重要課題であると考えております。本日の結果をうけまして、担当課ならびに全職員対して、日々の業務をこれまでにも増して襟を正し、的確に業務を遂行するように指示して参りますので、どうか議員各位におかれましても今後ともご指導賜りますようお願い申し上げます。


 本日は、誠にありがとうございました。


○議長(臼杵 善弘 君)


 町長の挨拶を終わります。


 以上をもって本日の会議を閉じます。


 これをもって、平成24年第3回(7月)琴平町議会臨時会を閉会いたします。


 ありがとうございました。








            (閉会 午後 2時52分)








 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。








       琴平町議会議長











       琴平町議会議員











       琴平町議会議員