議事ロックス -地方議会議事録検索-


香川県 琴平町

平成24年 6月定例会(第3日 6月11日)




平成24年 6月定例会(第3日 6月11日)





 
               会 議 の 経 過





 会期 第3日 平成24年6月11日(月曜日)


 議事日程(第3号)


 第 1        会議録署名議員の指名


 第 2 議案第 8号 平成24年度琴平町一般会計補正予算(第1号)各常任委員長


     報    告


 第 3 議案第12号 琴平町公会堂に係る指定管理者の選定について 総務産業経済


     報    告                       常任委員長


 追 加 発議第 1号 議員の派遣について             山神議員


 第 1                              外4名








             (再開 午前9時30分)





○議長(臼杵 善弘君)


 おはようございます。(「おはようございます」の声あり)


 ご参集いただきまして、ありがとうございます。


 これより、平成24年6月定例会を再開いたします。


 ただいまの出席議員は10名であり、地方自治法第113条の規定による定足数に達しておりますので、本日の会議は成立いたしました。


 これより、本日の会議を開きます。


○議長(臼杵 善弘君)


 ご相談申し上げたいことがありますので、ただいまより議会運営委員会を開催願います。


 議会運営委員及び関係者は大会議室にご参集願います。


 なお、委員会の招集通知は、本告知をもってかえさせていただきます。


 その間暫時休憩といたします。





     休憩 午前 9時31分





     再開 午前10時15分


     (出席議員休憩前と同じ10名)





○議長(臼杵 善弘君)


 再開いたします。


 休憩前に引き続き会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付いたしておるとおりであります。


 日程に入るに先立ちまして、諸般の報告を行います。


 事務局長より報告いたさせます。


 事務局長。


   (「はい、議長」と呼ぶ)


○事務局長(金関 首君)


 おはようございます。(「おはようございます。」の声あり)


 命により、ご報告いたします。


 まず、本日の日程につきましては、本定例会において付託された議案の委員長報告を受けての審議が予定されております。


 次に、先ほど山神議員ほか4名より発議1件が提出され、受理いたしましたので、本日の日程に追加し、処理いたします。


 最後に、地方自治法第121条の規定により、本日の会議に説明のため出席を求めました者は、既に配付いたしました名簿のとおりであります。


 以上、報告を終わります。


○議長(臼杵 善弘君)


 日程第1 会議録署名議員の指名


を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定により、


 4番 大西 久夫君


 9番 眞鍋 籌男君


を指名いたします。


○議長(臼杵 善弘君)


 日程第2 議案第8号 平成24年度琴平町一般会計補正予算(第1号)


を議題といたします。


 本案に関し各委員長からの報告を求めます。


 まず、総務産業経済常任委員長、9番、眞鍋 籌男君。


   (「はい、議長、9番、眞鍋」と呼ぶ)


○総務産業経済常任委員長(眞鍋 籌男君)


 おはようございます。(「おはようございます。」の声あり)


 それでは、議長の命により、議案第8号、平成24年度琴平町一般会計補正予算(第1号)につき、本年6月6日、総務産業経済常任委員会を開き、全委員出席のもと審議しました。その中で、当委員会にかかわりますその主なものについて、審議した経緯及び結果についてご報告します。


 まず、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ975万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ40億8,683万5,000円とするものです。


 まず、歳入。その主なものとして、款15、県支出金のうち、農業費補助金として、232万5,000円を補正するもので、これは、力強い水田農業条件整備事業補助金というものです。


 款18の繰越金の中、財政調整基金繰入金516万5,000円は、歳入歳出の調整のため繰り入れするものです。


 款20の諸収入のうち、雑入として250万円の補正は、一般コミュニティ助成事業補助金です。


 それでは、歳出。


 款2、総務費のうち、地方振興費で、自治会振興費250万円は、一般コミュニティ助成事業補助金であります。財団法人自治総合センターによるもので、昨年12月1日、香川県より実施要綱の通知があり、12月2日が期限になっていたので、11月10日から11月25日、ホームページで周知したところ、公募したところ、1件申請がありました。六条太鼓台です。4月8日、250万円交付決定しました。六条太鼓台の内訳として、太鼓台の修繕、らんかんの取りかえや、7重ふとんなどであります。


 委員より、過去の助成利用状況について質問があり、執行部としては18年、馬立自治会、20年、北旗自治会、21年、豊明子ども会、同じく苗田中獅子組などがあったということです。


 総務費の会計管理費として、臨時職員1名分として126万3,000円を補正しています。


 款6、農林水産費のうち、農業費は、歳入にもありましたが、力強い水田農業条件整備事業補助金で、232万6,000円を補正するものです。内容は、苗田東地区の団体への農機具、コンバイン、乾燥機などであります。3割が県からの補助です。


 委員より、一般財源の1,000円とはどういうものかという質問に対して、執行部は県の補助金が3割ということで、端数処理ということであります。


 款8、土木費の中の土木総務費として126万3,000円を補正するもので、これは、職員1名分で、4月の人事異動に伴い、7月より3月までとのことです。


 慎重に審議しました結果、当委員会にかかわるものとして、議案第8号、平成24年度琴平町一般会計補正予算(第1号)は全委員一致で可とすることに決しました。


 以上で、報告を終わります。


○議長(臼杵 善弘君)


 次に、教育厚生常任副委員長、7番、今田 勝幸君。


   (「はい、7番」と呼ぶ)


○教育厚生常任副委員長(今田 勝幸君)


 議長の指示がありますので、報告をいたします。


 去る6日の日に、教育厚生常任委員会は、委員長が所用のため欠席をされておりました。私が議事を進めることになりました。この議事の内容について、報告をいたします。


 6月議会に提案をされました8号議案、24年度の一般会計補正予算のうち、当委員会にかかわるものについて審議をいたしました。


 まず、健康推進課から、歳入で款15の県支出金、これについて、6の衛生費補助金37万4,000円を減額し、補正後は1,025万2,000円とするもの。これについては、インフルエンザ予防接種補助金が117万4,000円の減額となっております。これについて、インフルエンザ予防ワクチンの接種補助金、県の補助金がことしの3月ごろから補助金がなくなったことは決定をされて減額となっている。そして、さらに、児童虐待防止対策緊急強化事業補助金の確定が80万円の増額、この差額によるものだということでございます。


 歳出については、款4、衛生費で、保健衛生費総務費80万円の増額補正となっております。これは、需用費の20万円が、児童虐待防止のための消耗品費として、啓発パンフ作成に10万円、保健師のエプロン購入などに10万円であり、備品購入費といたしまして60万円。これについては、庁用器具費として保管庫であるとか、パソコンのタブレットとか、保健師の訪問の際の資料を入れるバックなどの購入のために使われるということであります。なお、この事業については、補助率100%ということであります。


 予防費については、県支出金が、先ほど言いました117万4,000円の減額がありますが、同額を、町としてインフルエンザ予防接種継続のために、財源の内訳を一般財源から繰り入れいたします。そういうことで、これについては財源内訳の変更ということであります。


 委員からは、インフルエンザ予防接種の問題で、県補助金の変更について疑問や意見が出されました。


 また、児童虐待の関係について、家庭訪問等のやり方とか、内容についての質問も出されたところであります。


 課長の答弁といたしましては、説明を含めてございまして、備品購入とか、消耗品費の説明がございまして、エプロン代、タブレット、バックなどそれぞれ3個という報告もございました。


 次に、人権同和課であります。事後承諾ということでございますけれども、最初にその報告があり、民生費で社会福祉費、地域福祉施設費の中で、29万7,000円を、5月の連休中の雨でディサ−ビスセンタ―の床が水浸しになったのを修理をしたということであります。その原因については、外壁近くの花壇の配水管であるとか、あるいは外壁そのものの傷みがあって水浸しになったと思われています。その緊急対応ということで、その修繕料といたしまして増額補正をしたということで報告がございました。


 最後に、生涯教育課からの報告でありますが、歳入については、県支出金の教育委託費10万円の増額であります。これは、家庭教育力再生事業委託金ということでございます。


 歳出については、款10の教育費で補正総額が88万6,000円増額いたしまして、3億8,854万7,000円ということでございました。そのうち、小学校費の学校管理費として56万6,000円を増額するというものであります。これについては、象郷小学校の南側の塀を児童の転落防止のために長さ78メートル、高さを1メートル30センチに上げる。補強するもので、その修繕料といたしまして、49万9,000円増額するものであります。


 さらに、琴平小学校の設置をしておりますAEDのリース料と、設置補助について、それぞれ2万8,000円と3万9,000円を増額補正するということであります。これは、今般、小学校についてはAEDの設置がされました。その平等性を保つために、その措置であるということで報告がありました。


 中学校費については、補正額10万円は、これについては、中学校管理費から役務費としてヒマラヤスギの剪定等の依頼ということであります。


 また、社会教育費、総務費補正については10万円の増額で、先ほど言いました家庭地域教育力再生事業、100%事業によるものであります。これは、子どもの発達時期にあった家庭教育力の向上とか、あるいは不安解消、母子健康相談などの啓発のために講師の謝礼金3万円、消耗品費7万円を計上するということであります。


 保健体育費補正額が12万円あります。これについては、負担金補助金で、香川県の地域密着型スポーツ活用協議会への負担金でありまして、これについては、県内のサッカーとか野球などの県内スポーツ団体を応援し、あるいは交流、活用するものでございまして、全県で3,188万1,000円の総額予算となっておりまして、そのうち、本町にかかわるものが12万円ということでございます。


 ちなみに県が2,500万円、高松市が300万、丸亀市が100万、他の市は、1市30万ずつ、町については、各町12万円ということでございます。まだ具体的な事業については今からという報告でございます。


 報告の後、質疑などもあり、あるいは課長の答弁もあって、真摯に審議を行ったところであります。採決については、挙手により採決をいたしました。その結果、議案第8号、平成24年度琴平町一般会計補正予算のうち、当委員会にかかわります問題については、全員賛成で可決いたしましたので、報告をして終わりたいと思います。


○議長(臼杵 善弘君)


 各委員長の報告は終わりました。


 これより各委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑を許します。


   (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○議長(臼杵 善弘君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


   (「討論なし」と呼ぶ者あり)


○議長(臼杵 善弘君)


 討論なしと認めます。


 これより、議案第8号を採決いたします。


 本案に対する各委員長からの報告は可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。


   (賛成者起立)


○議長(臼杵 善弘君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第8号は原案のとおり可決されました。


○議長(臼杵 善弘君)


 日程第3 議案第12号 琴平町公会堂に係る指定管理者の選定について


を議題といたします。


 本案に関し委員長の報告を求めます。


 総務産業経済常任委員長、9番、眞鍋 籌男君。


   (「はい、議長、9番、眞鍋」と呼ぶ)


○総務産業経済常任委員長(眞鍋 籌男君)


 それでは、議長の命により、議案第12号、琴平町公会堂に係る指定管理者の選定について、去る6月6日、総務産業経済常任委員会で議案第12号について、全委員出席のもと、審議したその経緯及び結果について報告します。


 公会堂に指定管理者として社会福祉協議会とするのは、使用許可の権限を与えるためのものです。公会堂は有効利用することで、これは1つの行革です。ここ数年、登録文化財であるにもかかわらず、草も生え、荒れ放題の状態でありました。また、県の補助金があるのを知り、社会福祉協議会にお願いをしました。これは公募によらず、営利目的とはしないとのことです。


 なお、公会堂における電気や水道代などの管理経費は、トータルで約256万円になるそうで、これは町負担であります。


 次に、県の補助金で事業の目的として、その金額の内訳、主なものとして、人件費96万円、謝金12万円、旅費44万円、印刷製本代260万円、通信運搬費15万円、委託費52万円、備品購入費265万円などであります。


 委員より、歌舞伎の期間中はどうなるのかという質問に対して、執行部は、歌舞伎期間中は歌舞伎に利用するとのことです。


 また、委員より、翌年度はどうするのか、また、翌年度は社協の予算でやるのかという質問があり、執行部としては、1年契約であるので、本年度の公会堂の利用状況実績を見て、また、参考にしながら、来年度契約するかどうかを含め、協議の中で決めていきたいとのことです。


 また、委員より、こうした補助事業は以前からあったのかという質問に対して、執行部は、この補助事業は、昨年度に新しくできた事業だと思うとのことです。


 当委員会として、慎重に審議した結果、議案第12号、琴平町公会堂に係る指定管理者の選定については、全委員一致で可とすることに決定しました。


 以上で、報告を終わります。


○議長(臼杵 善弘君)


 委員長の報告は終わりました。


 これより委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑を許します。


   (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○議長(臼杵 善弘君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


   (「討論なし」と呼ぶ者あり)


○議長(臼杵 善弘君)


 討論なしと認めます。


 これより、議案第12号について採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。


   (賛成者起立)


○議長(臼杵 善弘君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第12号は原案のとおり可決されました。


○議長(臼杵 善弘君)


 追加日程第1 発議第1号 議員の派遣について


を議題といたします。


 ただいま議題となっております本案につきましては、提案説明、質疑、委員会付託、討論は省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。


   (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(臼杵 善弘君)


 異議なしと認めます。


 よって、ただいま議題となっております本案は、提案説明、質疑、委員会付託、討論は省略することに決定いたしました。


○議長(臼杵 善弘君)


 これより発議第1号について採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。


    (賛成者起立)


○議長(臼杵 善弘君)


 全員起立と認めます。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


○議長(臼杵 善弘君)


 以上で、今期定例会に付議されました事件はすべて議了いたしました。


 閉会前でありますが、あいさつのため町長より発言を求められていますので、これを許可いたします。


 町長。


   (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 それでは、議長のお許しをいただきましたので、閉会に際しましてのごあいさつを申し上げます。


 今定例会は、6月5日開会以降、7日間の期間を要しまして、先ほどご議決をいただいた2議案ほか、全14議案を原案どおり可決していただきましたこと、まずもってお礼申し上げます。


 また、この審議の過程でもございましたように、今現在、琴平町というものが人口減に伴い、さまざまな諸課題を抱えております。特に産業の振興、また、観光の振興という面からも、今後、町政をとる者といたしましては何らかの策を講じてまいりたいと考えております。


 今後とも、議会の皆様方のお知恵等もお借りしながら、より良き町政発展のために尽くしてまいりますので、今後ともよろしくご理解、ご協力を賜りますことをお願い申し上げまして、簡単ではございますが、ごあいさつといたします。


○議長(臼杵 善弘君)


 町長のあいさつを終わります


 以上をもって、本日の会議を閉じます。


 これをもって、平成24年琴平町議会6月定例会を閉会いたします。


 ありがとうございました。





             (閉会 午前10時40分)














 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。








       琴平町議会議長











       琴平町議会議員











       琴平町議会議員