議事ロックス -地方議会議事録検索-


香川県 琴平町

平成22年 第5回臨時会(第1日11月29日)




平成22年 第5回臨時会(第1日11月29日)





       平成22年第5回(11月)琴平町議会臨時会 会議録


     ――――――――――――――――――――――――――――――





 平成22年琴平町告示第58号





 平成22年(第5回)11月琴平町議会臨時会を次のとおり招集する。





 平成22年11月25日





                           琴平町長 小 野 正 人


 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


1 期  日  平成22年11月29日(月)午前9時30分





2 場  所  琴平町役場 琴平町議会議事室





3 付議事件  (1)特別職の職員で常勤のものの給与および旅費に関する条例の一部


           を改正する条例





        (2)教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を


           改正する条例





        (3)職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例





        (4)議会議員に対する期末手当支給条例の一部を改正する条例


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 開   会  平成22年11月29日(月曜日) 午前 9時30分


 閉   会  平成22年11月29日(月曜日) 午前10時18分


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 1.応招・出席・欠席議員(11名)


 ┌─────┬───────┬─────┬────────┐


 │     │議 員 氏 名│応 召 □│第1日     │


 │ 議 席 │       │不応召 △│(11月29日)│


 │ 番 号 │       │     │出席 〇    │


 │     │       │     │欠席 ×    │


 ├─────┼───────┼─────┼────────┤


 │  1番 │山 神   猛│  □  │   〇    │


 ├─────┼───────┼─────┼────────┤


 │  2番 │大 西 章 史│  □  │   〇    │


 ├─────┼───────┼─────┼────────┤


 │  3番 │渡 辺 信 枝│  □  │   〇    │


 ├─────┼───────┼─────┼────────┤


 │  4番 │氏 家 孝 志│  □  │   〇    │


 ├─────┼───────┼─────┼────────┤


 │  5番 │臼 杵 善 弘│  □  │   〇    │


 ├─────┼───────┼─────┼────────┤


 │  6番 │大 北 秀 穗│  □  │   〇    │


 ├─────┼───────┼─────┼────────┤


 │  7番 │大 西 久 夫│  □  │   〇    │


 ├─────┼───────┼─────┼────────┤


 │  8番 │籔 内 伊佐子│  □  │   〇    │


 ├─────┼───────┼─────┼────────┤


 │  9番 │今 田 勝 幸│  □  │   〇    │


 ├─────┼───────┼─────┼────────┤


 │ 10番 │山 下 康 二│  □  │   〇    │


 ├─────┼───────┼─────┼────────┤


 │ 11番 │服 部   武│  □  │   〇    │


 ├─────┼───────┼─────┼────────┤


 │ 12番 │   −   │  −  │   −    │


 └─────┴───────┴─────┴────────┘





 2.会議録署名議員


 ┌──────┬──────────────┐


 │      │第1日(11月29日)   │


 ├──────┼──────────────┤


 │ 議席番号 │ 4番 氏家 孝志     │


 │      ├──────────────┤


 │ 氏  名 │11番 服部  武     │


 └──────┴──────────────┘





 3.職務のため出席した者の職氏名


 ┌─────────────┬────────┐


 │        会 期  │第1日     │


 │職氏名          │(11月29日)│


 ├─────────────┼────────┤


 │局  長   松浦 治朗 │   〇    │


 ├─────────────┼────────┤


 │局長補佐   松浦 啓昭 │   〇    │


 └─────────────┴────────┘





 4.地方自治法第121条による出席者の職氏名


 ┌───────────────────┬────────┐


 │                会 期│第1日     │


 │職  氏 名             │(11月29日)│


 ├───────────────────┼────────┤


 │町長          小 野 正 人│   〇    │


 ├───────────────────┼────────┤


 │副町長         河 井 啓 司│   〇    │


 ├───────────────────┼────────┤


 │教育長         多 田 紀 男│   〇    │


 ├───────────────────┼────────┤


 │総務課長        高 原 健 司│   〇    │


 ├───────────────────┼────────┤


 │総務課主幹       宮 脇 公 男│   〇    │


 ├───────────────────┼────────┤


 │税務課長        宮 武 千万利│   〇    │


 ├───────────────────┼────────┤


 │住民サービス課長    金 関   首│   〇    │


 ├───────────────────┼────────┤


 │福祉課長        大矢根 正 高│   〇    │


 ├───────────────────┼────────┤


 │健康推進課長      豊 田 泰 志│   〇    │


 ├───────────────────┼────────┤


 │観光商工課長      細 川 和 徳│   〇    │


 ├───────────────────┼────────┤


 │農政課長        石 橋   満│   ×    │


 ├───────────────────┼────────┤


 │建設下水道課長     三 井 貫 常│   〇    │


 ├───────────────────┼────────┤


 │人権同和課長      澤 井 達 朗│   〇    │


 ├───────────────────┼────────┤


 │会計管理者兼出納室長  川 添 龍 也│   〇    │


 ├───────────────────┼────────┤


 │生涯教育課長      佐 藤 安 正│   〇    │


 ├───────────────────┼────────┤


 │水道課長        香 川 政 義│   〇    │


 └───────────────────┴────────┘





               議 会 の 経 過





会     期   第1日 平成22年11月29日(月)


議 事 日 程


 第1         会議録署名議員の指名


 第2         会期の決定


 第3  議案第1号  特別職の職員で常勤のものの給与および旅費に   町長提出


            関する条例の一部を改正する条例


 第4  議案第2号  教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関   町長提出


            する条例の一部を改正する条例


 第5  議案第3号  職員の給与に関する条例等の一部を改正する条   町長提出


            例


 第6  発議第1号  議会議員に対する期末手当支給条例の一部を改   山下議員


            正する条例                   他4名





            (開会 午前 9時30分)








○議長(山神 猛君)


 おはようございます。


 ご参集頂きまして、ありがとうございます。


 これより平成22年第5回(11月)琴平町議会臨時会を開会いたします。


 ただいまの出席議員は11名であり、地方自治法第113条の規定による定足数に達しておりますので、本日の会議は成立をいたしました。


 これより、本日の会議を開きます。


 まず、今期臨時会の招集者である町長の挨拶を求めます。


 町長。(「はい、議長。」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 おはようございます。(「おはようございます。」の声あり。)


 本日、平成22年(第5回)11月琴平町議会臨時会を招集いたしましたところ、全議員のご出席を賜りまして誠にありがとうございます。


 また、日頃は町制全般に対しまして、熱心なるご調査を賜っておりますこと心より厚く御礼申し上げます。


 本日の臨時会でございますが、特別職の給与の一部改正等、3議案について町部局より提出させて頂いておりますので、なにとぞ慎重なるご審議を賜りまして、ご議決賜りますようようお願い申し上げまして、簡単ではございますが開会にあたりましてのご挨拶といたします。


○議長(山神 猛君)


 町長の挨拶は終わりました。


 本日の議事日程につきましては、あらかじめ配布いたしておるとおりであります。


 本日の日程に入るに先立ち、諸般の報告をおこないます。


 事務局から報告いたさせます。


 事務局長。(「はい、議長。」と呼ぶ)


○事務局長(松浦 治朗君)


 おはようございます。


 命によりご報告いたします。


 まず、町長から今期臨時会に付議するため、地方自治法第149条にもとづく議案3件を受理いたしております。条例案3件であります。


 また、山下議員、他4名より発議一件が提出されております。条例改正案1件であります。


 最後に、地方自治法第121条の規定により、本日の会議に説明のため出席を求めました者は、すでに配布いたしております名簿のとおりであります。


 以上、報告を終わります。


○議長(山神 猛君)


 以上をもって諸般の報告を終わります。


 日程第1 会議録署名議員の指名をおこないます。


 会議録署名議員は会議規則第117条の規定により


 4番、氏家 孝志君


 11番、服部 武君を指名いたします。


○議長(山神 猛君)


 日程第2 会期の決定を議題といたします。


 お諮りいたします。


 今期臨時会の会期は、本日1日限りといたしたいと思います。


 これに、ご異議ありませんか。


  (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(山神 猛君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、会期は本日1日限りと決定いたしました。


○議長(山神 猛君)


 ご相談申し上げたいことがございますので、ただ今より全員協議会を開催願います。


 関係者は大会議室にご参集願います。


 その間、暫時休憩といたします。





      休 憩  9時 33分





      再 開  9時 58分





○議長(山神 猛君)


 再開いたします。


 休憩前に引き続き会議を開きます。


○議長(山神 猛君)


 日程第3 議案第1号 特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例


 日程第4 議案第2号 教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例


 日程第5 議案第3号 職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例を一括議題といたします。


 町長から提案理由の説明を求めます。


 町長。(「はい、議長。」と呼ぶ)


○町長(小野 正人君)


 それでは、日程第3の議案第1号、特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例に関しまして、まず、提案説明を申し上げます。


 一般職の職員の給与につきまして、平成22年8月10日付けの人事院勧告及び平成22年10月13日付け香川県人事委員会勧告の趣旨を踏まえるとともに、国家公務員や他の地方公共団体の職員との権衡等を考慮し、改定を行うこととしております。


 また、特別職のうち常勤のものにつきましても期末手当の改定を行う必要があると考え、ここに上程いたすものでございます。よろしくお願い申し上げます。


 続きまして、議案第2号についてご説明申し上げます。この議案第2号に関しましても、一般職の職員の給与については平成22年8月10日付けの人事院勧告及び平成22年10月13日付け香川県人事委員会勧告の趣旨を踏まえるとともに、国家公務員や他の地方公共団体の職員の権衡等を考慮し、改定を行うこととしており、特別職のうち常勤のものについても、期末手当の改定を行うという趣旨でございます。


 続きまして、議案第3号の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の提案説明でございますが、平成22年8月10日付け人事院勧告及び平成22年10月13日付け香川県人事委員会勧告の趣旨を踏まえるとともに、国家公務員や他の地方公共団体の職員との権衡等を考慮し、給与表及び期末・勤勉手当の支給割合の改定等を行うものでございます、いずれにいたしましても民間企業等との給与格差を是正するための改定でございますので、よろしくご審議賜り、ご議決を頂けますようお願い申し上げます。


○議長(山神 猛君)


 町長の一括提案説明を終わります。


 これより、一括質疑にはいります。


 提案理由に対する質疑を許します。


  (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○議長(山神 猛君)


 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 ただいま、議題となっております議案3件は、会議規則第39条第2項の規定により委員会の付託は省略いたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(山神 猛君)


 ご異議なしと認めます。


 よって本案は、委員会の付託を省略することに決定いたしました。


 これより、一括討論にはいります。


 討論はありませんか。


  (「はい、議長。」と呼ぶ。)


○議長(山神 猛君)


 9番、今田 勝幸君。


○9番(今田 勝幸君)


 おはようございます。(「おはようございます。」の声あり。)


 提案されております議案第3、特に一括で提案されましたけれど、議案3号について反対討論をしたいと思います。


 反対の理由でありますけれども、本町の財政事情については、十分承知の上であります。また、先程の全協の中でも、お尋ねしたところ労働組合との関係についても妥結をみているということであります。町職員の皆さん方についても、非常に町の財政事情を考慮してのことだと思います。


 しかしながら、今回の条例改正については、町長の提案にもありましたが、人勧制度によるものだと根本的に思うわけであります。


 私は、基本的には近隣の市町とか、あるいは国からの均衡の問題とかで、町の職員がこういった状況になってくるというのについては、町独自の問題であるならば、まだ十分に納得も頂くのではないのかと思いますが、上からであるとか、横並びとかいう問題については、いささか疑問を持っているところであります。


 また、私はこの人勧制度そのものの内容からして、先程も若干言いましたけれども、民間給与等との比較の問題がございます。ところが、現在、この間、非常に長いあいだ、国民の所得の減少、給与の減少は続いているわけであります。これを通有していく、こういう姿勢では、私は日本の経済の発展のためにも良くならない、回復の兆しも見えないのではないか、まず政府にあっては歴代の、今は民主党ですけれども、歴代の政府の経済政策の破綻の問題があろうかと思いますし、そこに責任の問題もあるやに思うわけであります。そういったことを考えるとやはり、民間労働者の給与の水準を引き上げ、労働者の環境、労働環境を改善させる。そして、公務員給与の水準も引き上げていく、そういう方向性がぜひ今の時期に必要ではないか。言うなればそれは今の経済状況、財政状況の責任の問題、そして、これからどう正し、直して回復の傾向へ向かっていくのかという問題については、私は今までが一部の大企業の輸出を大事とする内需拡大を一部の大企業が輸出を大事とする今の政府のやり方、それからくる内需の拡大を結果として、してこなかったとこにあるのではないか。そこに現在の政治、経済運営の結果が表れているのではないかと思うのであります。


 特にこういった大企業への優遇、大減税や、その一方では、庶民への増税や負担増が今日の日本の経済状況、地方自治体の財政状況、根本を作り出しているように思うわけです。


 ですから、こういったところを正していく、直ちに直していく政策が、本町にとっても望みたいものであります。


 また同時に、こういった問題が、昨今、昨年あたりからも大きく報道されておりますように、正規労働者から非正規労働者への転換も作っていく。そしてそれが、年金の問題や国保等々の滞納者の問題まで増になっている状況もあるのではないか。本人の自己責任論だけでは、片付かない問題も横たわっていると思います。


 これらの問題について、私は、明るい未来ある展望を政治の責任として、当然、出して頂けなくてはならない問題、我々も議会人として提案もしていく、こういう方向だと思いますし、そのもとで町の職員の将来についても、明るい未来と展望を示していく必要があるように思うわけであります。


 次に、町の財政運営について言えば,人件費などについては、あるいは住民サービスの向上を図る旨については経費として当然必要であります。ですから、その経費の削減、あるいは無駄をなくしていく。こういった方向については、当たり前の話でございます。無駄をなくしていくというのは、できるだけ少なく、少ない方向にしていかなければなりません。しかし、職員への給与は、私は無駄な話とはまた、別の問題だと思います。職員は全体の奉仕者という職員と勤労者として基本的な権利を守って、町民への奉仕をそのために、積極的に仕事をしていると思いますし、その保障を完全にしていかなければなりません。


 こういった流れの中で、結果として町の職員が意欲をなくする様では、町民にとっては、私はマイナスであろうと思うわけであります。


 こういう理由で、私は今回の提案されています、議案第3号については総合的に判断をするなら反対をいたしますのであります。


 同時に近隣の町の職員の、近隣の市町との比較の問題についても先程から話がありましたように、ラスパイレス問題では非常に本町の場合は低いというこういう状況もございます。


 また、このままずっと続いていくことになれば、本当に琴平町の町の職員の方々の町民への奉仕、全体への奉仕という意欲の欠如になるのではないかと心配をするわけであります。


 またそれだけではありません。本町には昨年来、多くの不祥事をかかえ、それぞれが責任の分担を持っているところでありますけれども、そういったところにも影響しかねない問題もございます。


 それぞれの、責任と、そしてまた暮らしを守っていく問題、そして町の、職員としての町民全体の奉仕の仕事という問題、合わせて判断をしていく必要があります。


 いずれにしても、住民、町民の福祉の向上のためには、私は職員の意欲をなくさないために、なんとしても、今後さらに皆さんと研鑽して、少しでも労働環境、さらには町民の福祉が向上するように、私なりに全力を挙げていきたいと思います。


 以上で反対討論を終わります。


  (「はい、議長。」と呼ぶ。)


○議長(山神 猛君)


 5番、臼杵 善弘君。


○5番(臼杵 善弘君)


 議長のお許しを頂きましたので、私は本案に関し、賛成の立場から討論をさせて頂きます。本案につきましては、提案理由のとおり、人事院勧告に基づくものでありますが、同勧告にあたっては、法に基づき公務員給与と民間給与との詳細かつ適正な比較調査によるものであり、本町も勧告に基づく減額を行うことは必然でありましょう。たしかに一時金の2年連続の引き下げによる1963年以来の低水準化は日々の業務に獅子奮迅に努力されている職員には、気の毒な反面もありますが、昨今の世情と本町の財政状況から、理解して頂けるものと考えます。小野町長におかれましては就任後初の職員の給与等を減額する議案を提出するにあたっては、断腸の思いの部分もおありになろうかと思いますが、本案は最良の選択による提案であると指示するものであります。どうぞ、今後において、確立的なものでなく、特に若い職員層や住民の皆様のため努力される職員が、評価される改革を期待しておりますことをお伝えし、また、同僚議員各位には本案に対し、ご賛同頂けますようお願いしまして、私の賛成討論を終わらせて頂きます。


○議長(山神 猛君)


 以上で討論を終ります。


 これより、議案3件のうち議案第1号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり決することに、賛成の方は起立願います。


○議長(山神 猛君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第1号は原案のとおり可決されました。


○議長(山神 猛君)


 これより、議案3件のうち議案第2号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり決することに、賛成の方は起立願います。


○議長(山神 猛君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第2号は原案のとおり可決されました。


○議長(山神 猛君)


 これより、議案3件のうち議案第3号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり決することに、賛成の方は起立願います。


○議長(山神 猛君)


 起立多数と認めます。


 よって、議案第3号は原案のとおり可決されました。


○議長(山神 猛君)


 日程第6 発議第1号 議会議員に対する期末手当支給条例の一部を改正する条例


を議題といたします。


 提出議員から提案理由の説明を求めます。


 10番、山下 康二君。


  (「はい、議長、10番、山下。」と呼ぶ。)


○12番(山下 康二君)


 それでは、提案理由を述べさせて頂きます。平成22年8月10日に出された人事院勧告に基づき、一般職の職員の給与等について国家公務員や他の地方公共団体の職員との権衡を考慮して改定を行う予定であることから、議会議員につきましても町の財政負担軽減に寄与するべく期末手当の額を減額する者であります。議員各位におかれましては、なにとぞ、ご賛同ほどよろしくお願い申し上げまして、提案理由とさせて頂きます。


○議長(山神 猛君)


 提案説明を終わります。


 これより、質疑にはいります。


 提案理由に対する質疑を許します。


  (「質疑なし。」と呼ぶ者あり。)


○議長(山神 猛君)


 質疑なしと認めます。


 ただ今、議題となっております議案は、会議規則第39条第2項の規定により委員会の付託は省略いたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


  (「異議なし。」と呼ぶ者あり。)


○議長(山神 猛君)


 ご異議なしと認めます。


 よって本案は、委員会の付託を省略いたすことに決定いたしました。


 これより討論にはいります。


 討論はありませんか。


  (「討論なし。」と呼ぶ者あり。)


○議長(山神 猛君)


 討論なしと認めます。


 これより、発議第1号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり決することに、賛成の方は起立願います。


○議長(山神 猛君)


 全員起立と認めます。


 よって、発議第1号は原案のとおり可決されました。


○議長(山神 猛君)


 今期臨時会に付されました議案はすべて議了いたしました。閉会前ではありますが、挨拶のため町長より、発言を求められておりますので、これを許可いたします。


 町長。(「はい、議長。」と呼ぶ)





○町長(小野 正人君)


 それでは、閉会に際しまして、一言、お礼の言葉を申し述べたいと思います。


 本日上程いたしました、すべての議案につきまして、ご議決賜りましたことを、改めまして、ありがとうございます。


 そのうち、先程、討論のございました、職員給与に関しましては、臼杵議員の討論の中にもありましたように、断腸の思いで、断行するということになりました。しかるに、ご指摘のように職員の士気を高め、より良い住民サービスを提供するためには、今後共々、職員の皆様方と一致協力し、町政運営にあたっていく覚悟でございますので、議員各位におかれましても、様々なご提言、またご提案を賜りますよう、お願い申し上げまして、閉会にあたりましてのご挨拶といたします。


 本日は、誠にありがとうございました。


○議長(山神 猛君)


 町長の挨拶を終わります。


 以上をもって本日の会議を閉じます。


 これをもって、平成22年(第5回)11月琴平町議会臨時会を閉会いたします。


 ありがとうございました。





             (閉議・閉会 10時18分)





 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。








       琴平町議会議長











       琴平町議会議員











       琴平町議会議員