議事ロックス -地方議会議事録検索-


香川県 琴平町

平成22年 第1回臨時会(第1日 4月14日)




平成22年 第1回臨時会(第1日 4月14日)





       平成22年第1回(4月)琴平町議会臨時会 会議録


     ――――――――――――――――――――――――――――――





 平成22年琴平町告示第22号





 平成22年第1回(4月)琴平町議会臨時会を次のとおり招集する。





 平成22年4月9日





                           琴平町長 山 下 正 臣


 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


1 期  日  平成22年4月14日(水)午前9時30分





2 場  所  琴平町役場 琴平町議会議事室





3 付議事件  (1)専決処分の承認ついて(琴平町税条例の一部を改正する条例)





        (2)専決処分の承認ついて(琴平町国民健康保険税条例の一部を改正


           する条例)





        (3)訴えの提起について





        (4)琴平町固定資産評価員の選任について


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 開   会  平成 22年 4月 14日(水曜日) 午前  9時 30分


 閉   会  平成 22年 4月 14日(水曜日) 午前 10時 39分


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 1.応招・出席・欠席議員(11名)


 ┌─────┬───────┬──────┬───────┐


 │     │議 員 氏 名│      │第 1 日  │


 │ 議 席 │       │応 召 □ │(4月14日)│


 │ 番 号 │       │不応召 △ │出席 〇   │


 │     │       │      │欠席 ×   │


 ├─────┼───────┼──────┼───────┤


 │ 1 番 │山 神   猛│  □   │   〇   │


 ├─────┼───────┼──────┼───────┤


 │ 2 番 │氏 家 孝 志│  □   │   〇   │


 ├─────┼───────┼──────┼───────┤


 │ 3 番 │臼 杵 善 弘│  □   │   〇   │


 ├─────┼───────┼──────┼───────┤


 │ 4 番 │森   義 幸│  □   │   〇   │


 ├─────┼───────┼──────┼───────┤


 │ 5 番 │大 北 秀 穗│  □   │   〇   │


 ├─────┼───────┼──────┼───────┤


 │ 6 番 │小 野 正 人│  □   │   〇   │


 ├─────┼───────┼──────┼───────┤


 │ 7 番 │籔 内 伊佐子│  □   │   〇   │


 ├─────┼───────┼──────┼───────┤


 │ 8 番 │今 田 勝 幸│  □   │   〇   │


 ├─────┼───────┼──────┼───────┤


 │ 9 番 │  −    │  −   │   −   │


 ├─────┼───────┼──────┼───────┤


 │ 10番 │山 下 康 二│  □   │   〇   │


 ├─────┼───────┼──────┼───────┤


 │ 11番 │眞 鍋 籌 男│  □   │   〇   │


 ├─────┼───────┼──────┼───────┤


 │ 12番 │服 部   武│  □   │   〇   │


 └─────┴───────┴──────┴───────┘





 2.会議録署名議員


 ┌──────┬──────────────┐


 │      │第1日(4月14日)    │


 ├──────┼──────────────┤


 │ 議席番号 │ 5番 大 北 秀 穗   │


 │      ├──────────────┤


 │ 氏  名 │11番 眞 鍋 籌 男   │


 └──────┴──────────────┘





 3.職務のため出席したものの職氏名


 ┌─────────────┬───────┐


 │         会 期 │第1日    │


 │職 氏 名        │(4月14日)│


 ├─────────────┼───────┤


 │局長     松浦 治朗 │   〇   │


 ├─────────────┼───────┤


 │局長補佐   松浦 啓昭 │   〇   │


 └─────────────┴───────┘





 4.地方自治法第121条による出席者の職氏名


 ┌───────────────────┬────────┐


 │                会 期│第1日     │


 │職  氏 名             │(4月14日) │


 ├───────────────────┼────────┤


 │町長          山 下 正 臣│   〇    │


 ├───────────────────┼────────┤


 │副町長         秋 山 俊 次│   〇    │


 ├───────────────────┼────────┤


 │教育長         多 田 紀 男│   〇    │


 ├───────────────────┼────────┤


 │総務課長        高 原 健 司│   〇    │


 ├───────────────────┼────────┤


 │総務課主幹       宮 脇 公 男│   〇    │


 ├───────────────────┼────────┤


 │税務課長        宮 武 千万利│   〇    │


 ├───────────────────┼────────┤


 │住民サービス課長    金 関   首│   〇    │


 ├───────────────────┼────────┤


 │福祉課長        大矢根 正 高│   〇    │


 ├───────────────────┼────────┤


 │健康推進課長      豊 田 泰 志│   〇    │


 ├───────────────────┼────────┤


 │観光商工課長      細 川 和 徳│   〇    │


 ├───────────────────┼────────┤


 │農政課長        石 橋   満│   〇    │


 ├───────────────────┼────────┤


 │建設下水道課長     三 井 貫 常│   〇    │


 ├───────────────────┼────────┤


 │人権同和課長      澤 井 達 朗│   〇    │


 ├───────────────────┼────────┤


 │会計管理者兼出納室長  川 添 龍 也│   〇    │


 ├───────────────────┼────────┤


 │生涯教育課長      佐 藤 安 正│   〇    │


 ├───────────────────┼────────┤


 │水道課長        香 川 政 義│   〇    │


 └───────────────────┴────────┘





               議 会 の 経 過





 会     期   第1日 平成 22年 4月14日(水)


 議 事 日 程


 第 1         会議録署名議員の指名


 第 2         会期の決定


 第 3  議案第1号  専決処分の承認について(琴平町税条例の一部を  町長提出


             改正する条例)


 第 4  議案第2号  専決処分の承認について(琴平町国民健康保険税  町長提出


             条例の一部を改正する条例)


 第 5  議案第3号  訴えの提起について               町長提出


 第 6  議案第4号  琴平町固定資産評価員の選任について       町長提出








            (開会 午前 9時 30分)








○議長(山神 猛君)


 おはようございます。(「おはようございます。」の声あり。)


 ご参集をいただきまして、ありがとうございます。


 これより平成22年第1回(4月)琴平町議会臨時会を開会いたします。


 ただいまの出席議員は10名であり、地方自治法第113条の規定による定足数に達しておりますので、本日の会議は成立いたしました。


 これより、本日の会議を開きます。


 まず、今期臨時会の招集者である町長の挨拶を求めます。


 町長。(「はい、議長。」と呼ぶ)


○町長(山下 正臣君)


 おはようございます。(「おはようございます。」の声あり。)


 新年度がはじまりまして、二週間ほど経過いたしました。


  (4番、森 義幸議員入場 出席議員11名)


 連日、各種総会、又、こんぴら歌舞伎公演の開催期間中でもございまして、大変お忙しい中でございますが、本日、平成22年第1回4月琴平町議会臨時会を招集申し上げましたところ、ご多忙中にも係わりませず、ご出席を賜っておりますこと、厚くお礼を申し上げます。


 本日、ご審議お願いを申し上げますのは、専決処分の承認案件が2件、訴えの提起が1件、人事案件が1件、以上4件でありますが、非常に急を要するというようなことで、臨時会のご案内をお願い申し上げたとこでございます。


 どうぞよろしくご審議を賜り、ご承認、ご議決をいただけますように、お願いを申し上げまして、ご挨拶に代えさせて頂きます。


 どうもありがとうございます。


○議長(山神 猛君)


 町長の挨拶は終わりました。


 本日の議事日程につきましては、あらかじめ配布をいたしておるとおりであります。


 本日の日程に入るに先立ちましてご報告申し上げます。


 平成22年3月31日小笹 隆庸君より、議員辞職願が提出されました。地方自治法第126条の規程により、閉会中のことでありましたので、議長において、同日これを許可いたしておりますのでご報告申し上げます。


 それでは諸般の報告をおこないます。


 事務局から報告いたさせます。


 事務局。(「はい、議長。」と呼ぶ)


○事務局長(松浦 治朗 君)


 おはようございます。(「おはようございます。」の声あり。)


 命によりご報告いたします。


 まず、町長から今期臨時会に付議するため、地方自治法第149条に基づく議案4件を受理しております。専決処分案2件、訴えの提起案1件、人事案1件であります。


 次に、地方自治法第121条の規定により、本日の会議に説明のため出席を求めました者は、すでに配布いたしております名簿のとおりでございます。


 以上、報告を終わります。


○議長(山神 猛君)


 以上をもって諸般の報告を終わります。


 日程第1 会議録署名議員の指名をおこないます。


 会議録署名議員は会議規則第117条の規定により


  5番、大北 秀穗君


 11番、眞鍋 籌男君を指名いたします。


○議長(山神 猛君)


 日程第2 会期の決定を議題といたします。


 お諮りいたします。


 今期臨時会の会期は、本日1日限りといたしたいと思います。


 これに、ご異議ありませんか。


  (「なし。」と呼ぶ声あり)


○議長(山神 猛君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、会期は本日1日限りと決定いたしました。


 ご相談申し上げたいことがございますので、ただ今より議会運営委員会を開催願います。


 その間、暫時休憩といたします。





       休 憩  9時35分





       再 開 10時20分


      (出席議員、休憩前と同じ11名)





○議長(山神 猛君)


 再開いたします。


 休憩前に引き続き会議を開きます。


 日程第3 議案第1号 専決処分の承認について(琴平町税条例の一部を改正する条例)


 日程第4 議案第2号 専決処分の承認について(琴平町国民健康保険税条例の一部を改正する条例)を一括議題といたします。


 町長から一括提案理由の説明を求めます。


 町長。(「はい、議長。」と呼ぶ)


○町長(山下 正臣君)


 日程第3、議案第1号の専決処分の承認について、提案理由を申し上げます。


 地方税法に関する法律の一部を改正する法律が、平成22年3月31日に公布されたことに伴いまして、琴平町税条例の一部を改正するものであります。


 続きまして、日程第4の議案第2号につきまして、専決処分の承認についてでございます。これも同様に地方税法に関する法律の一部を改正する法律が、平成22年3月31日に公布されたことに伴いまして、琴平町国民健康保険税条例の一部を改正するものであります。


 両案に関しまして、よろしくご審議賜り、ご同意、ご議決を頂けますように、よろしくお願い申し上げ提案理由説明を終わります。


○議長(山神 猛君)


 町長の一括提案説明を終わります。


 これより、一括質疑にはいります。


 提案理由に対する一括質疑を許します。


  (「なし。」と呼ぶ声あり)


○議長(山神 猛君)


 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 ただいま、議題となっております議案2件は会議規則第39条第2項の規定により委員会の付託は省略いたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


  (「なし。」と呼ぶ声あり)


○議長(山神 猛君)


 ご異議なしと認めます。


 よって本案は、委員会の付託を省略いたすことに決定いたしました。


 これより、一括討論にはいります。


 討論はありませんか。


  (「なし。」と呼ぶ声あり)





○議長(山神 猛君)


 討論なしと認めます。


 これより、議案2件のうち議案第1号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり承認することに、賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(山神 猛君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第1号は原案のとおり承認することに決定いたしました。


○議長(山神 猛君)


 これより、議案2件のうち議案第2号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり承認することに、賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(山神 猛君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第2号は原案のとおり承認することに決定しました。


○議長(山神 猛君)


 日程第5 議案第3号 訴えの提起についてを議題といたします。


 町長から提案理由の説明を求めます。


 町長。(「はい、議長。」と呼ぶ)


○町長(山下 正臣君)


 日程第5、議案第3号訴えの提起についてでございます。


 提案理由といたしましては、香川県農業協同組合が、法的根拠がないにもかかわらず、本町の有する平成22年3月29日満期日の定期性貯金の払戻しを拒否していることについて、同組合に対し定期性貯金払戻請求の訴えを提起しようとするものであります。


 よろしくご議決をいただけますように、地方自治法第96条第1項第12号の規定により、議会の議決を求めるものでございます。


 どうぞよろしくお願い申し上げます。


○議長(山神 猛君)


 町長の提案説明を終わります。


 これより、質疑にはいります。


 提案説明に対する質疑を許します。


  (「なし。」と呼ぶ声あり)


  (「議長。」と呼ぶ声あり)


○議長(山神 猛君)


 11番、眞鍋君。


○11番(眞鍋 籌男君)


 反対討論する場合、事前に通告せないかんのかな。


 質疑はないけど、反対討論いくは、もう、なし。


○議長(山神 猛君)


 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


  (「反対討論いわんかな、反対討論。」と呼ぶ声あり)


 ただいま、議題となっております本案は、会議規則第39条第2項の規定により委員会の付託は省略いたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


  (「なし。」と呼ぶ声あり)


○議長(山神 猛君)


 ご異議なしと認めます。


 よって本案は、委員会の付託を省略いたすことに決定いたしました。


 これより討論にはいります。


 討論はありませんか。


  (「はい。」と呼ぶ)


○議長(山神 猛君)


 11番、眞鍋君。


○11番(眞鍋 籌男君)


 すいません。今、9時45分から全員協議会がありまして、この議案第3号訴えの提起について、全員協議会で議論しましたけど、ようするに、相殺はもうすでに8,500万しているのに、琴平町の定期、満期になっているのに、約4,800万をなぜ出さないかということ。


 それを琴平町職員が2名、JA農協へ象郷支店へ行きまして、相手方、平井弁護士をはじめ3人と話をしました。そしてその旨は、これも今もろたとこで、私も1回、目を通しただけなんで、十分、吟味はしてないんですけど、まあ、ここに、向こうは、先方は先方なりの理由を、定期預金しているのに、権利は琴平にあるのに、向こうは出さない、その、まあこれ、屁理屈みたいなんですけど、私に言わしたら。ちょっとここに書いています。もし、これが通るなら、これは、違法性というか、犯罪的臭いもしない訳でもありません。ただ、何故、私がここに立って反対討論するかといいますと、例え、出納室、会計責任者であろうとも、何故、町が二人だけにまかせて、総務課長、副町長、町長なりトップがいますけど、それら一人がついていかなかったのかということ、それ疑問に思います。向こうは、3人が錚々たるもんがついてます。


 そしてそれより、もっと大きなのは、農協を管理する監視するもの監督するもの、県であります。県のトップ、真鍋武紀、県知事であります。そしてもうひとつ、もう一つ上に金融庁があります。私、今までに町を相手に簡易な裁判行っていますけど、訴状があります。裁判の一番大事なもの。訴状。これ割印するぐらいですから超重要なんです。その後に、証拠書類。証拠書類というのは、訴状の裏付けで、原告、訴状を出したものが有利になるような個々の書類です。それらを付けています。だいたい七つから九つは、私いつも付けるんですけど、今回の場合、手抜きがあります。手抜き。ようするに琴平町にです。と、申しますのは、この、県に対して、先程の執行部、秋山副町長の、私の質問に対して、その答えは、農林水産部長は、直接、会ってはないけど、副町長が言うのは、私が農林水産課へ行って、話をして、そのしたことの分は、ことについては、西原さんといいます農林水産部長まで知っていると言いますけど、しかし、副町長の感じとしては、現在、琴平町が原告で訴訟中であります。それ故に中々この問題には入りにくいような旨を副町長なりに感じたと、今、申しておりました。大きいポイントです。と、申しますのは、書類でもらってないいうことです。書類で。名前まで分かっているのなら、副町長は何故、その人と直に会い、トップ、県知事であります、部長やからトップは知事であります。知事に、県、象郷農協は、こういう荒唐無稽、色々なことを言ってきている。町としては、何の根拠もない。どう思うか、文書でください。これは可能なことだと私は思うのです。それを町はやっていない。


 もうひとつは金融庁であります。銀行、農協など、いろいろ金融機関を監督する金融庁。金融庁に対して、何故、定期預金、それを払戻ししたら、象郷の農協は断る。その理由は、ここに書いとるとおりです。こういうもとに断るけど、可笑しいではないか。そうした場合、これも書面でくれると思います。金融庁は、県、又は象郷農協へ行ったらいいんですよ。こういう違法性はいけないよと。あまり、こういうことしたら、これ犯罪になりますよ、ぐらい言ったらいいんですよ。そういうことさえしてない琴平町は、大きい、大きい、私に言わせれば手抜きであります。何故、手抜きかといいますと、私が裁判しているときに、あらゆる不可能と思うような手段までとって証拠書類を付けています。ありとあらゆる方向から検討し、訴訟に勝つように、私なりに労を惜しまず努力しています。


 そして、もうひとつ、行政指導。行政指導といいますと話し合いです。今回の件、私、これ話し合いでいくと思うんでよ、今回の件は。ここまで、こういう書いてきているんやから。トップどうしで。今回の分で、はじめて、去年ぐらいから、あの、JA農協と町で、色々、言い争っていますけど、トップどおしの話は一切なし。煮えついていたっても、今回のこの訴えの提起、これどうしても私、私の経験、乏しい経験でありますけど、経験からいっても、余りにもずさんすぎる。手順を踏んでいない。


 これ反対討論であります。先程、全協でも私、ある程度、言いましたけど、どうかこの今回の分、日にちはまだあります。議案出来ています。議案3号で。しかし、私にすれば、まだ考える余地、取れる手段、残されています。どうか私に賛同してくださいますよう、よろしくお願いします。終わります。


○議長(山神 猛君)


 ほかに討論はありませんか。


  (「なし。」と呼ぶ声あり)


○議長(山神 猛君)


 討論は終わりました。


 これより、議案第3号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(山神 猛君)


 起立多数と認めます。


 よって、議案第3号は原案のとおり可決されました。


○議長(山神 猛君)


 日程第6 議案第4号 琴平町固定資産評価員の選任についてを議題といたします。


 町長より提案理由の説明を求めます。


 町長。(「はい、議長。」と呼ぶ)


○町長(山下 正臣君)


 日程第6の議案第4号、琴平町固定資産評価員の選任についてでございます。


 地方税法第404条第2項の規定により、次の者を琴平町固定資産評価員に選任をしたいので、議会の同意を求めるものでございます。


 氏名、宮武 千万利、住所、琴平町上櫛梨829番地1、生年月日、昭和30年3月14日、以上の者を選任いたしたく同意を求めるものでございます。


 どうぞよろしくお願い申し上げます。


○議長(山神 猛君)


 町長からの提案説明を終わります。


 お諮りいたします。


 本案は人事案件でございますので、質疑・委員会付託・討論は省略いたしたいと思います。


 これに、ご異議ありませんか。


  (「なし。」と呼ぶ声あり)


○議長(山神 猛君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、質疑、委員会付託、討論は省略いたすことに決定いたしました。


 これより、議案第4号を採決いたします。


 この採決は起立によって行います。


 お諮りいたします。


 本案はこれに同意することに、賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(山神 猛君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第4号はこれに同意することに決定いたしました。


○議長(山神 猛君)


 閉会前でありますが、挨拶のため町長より発言を求められておりますので、こ


 れを許可いたします。


 町長。(「はい、議長。」と呼ぶ)


○町長(山下 正臣君)


 大変にお忙しい中でございましたが、本日、平成22年第1回4月琴平町議会臨時会を開催いたしまして、ご提案申し上げました議案に対しまして、全議案、原案どおり、承認、可決をいただきましたこと、厚く御礼を申し上げます。


 特に議案第3号の訴えの提起につきましては、今後、顧問弁護士とも十分、相談をしながら、抜かりのないように手順を追ってまいりたいと思っておるところでございます。これらJAとの訴訟等が続く形になりますが、今回の件にかかわりましては、何ら法的根拠がないという事を強く訴え、これに対処してまいる決意をいたしております。


 どうぞ今後とも、議員各位のご理解、ご支援を賜りますようにお願いを申し上げ、又、今、臨時会の閉会に際してのお礼方々、ご挨拶とさせて頂きます。どうもありがとうございました。


○議長(山神 猛君)


 町長の挨拶を終わります。


 今期臨時会に付されました事件は、すべて議了いたしました。


 以上をもって本日の会議を閉じます。


 これをもって、平成22年第1回(4月)琴平町議会臨時会を閉会いたします。


 ありがとうございました。





             (閉議・閉会 10時39分)





 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。








       琴平町議会議長











       琴平町議会議員











       琴平町議会議員