議事ロックス -地方議会議事録検索-


香川県 琴平町

平成21年 3月定例会(第3日 3月19日)




平成21年 3月定例会(第3日 3月19日)





 
               会 議 の 経 過





 会期 第3日 平成21年3月19日(木曜日)


 議事日程(第3号)


 第 1       会議録署名議員の指名


 第 2 報   告 平成20年度琴平町一般会計補正予算(第4号) 各常任委員長


     議案第1号


 第 3 報   告 平成20年度琴平町駐車場特別会計補正予算(第 総務観光経済


     議案第5号 3号)                    常任委員長


 第 4 報   告 平成20年度琴平町老人保健特別会計補正予算  建設教育民生


     議案第2号 (第3号)                  常任委員長


 第 5 報   告 平成20年度琴平町国民健康保険特別会計補正予 建設教育民生


     議案第3号 算(第4号)                 常任委員長


 第 6 報   告 平成20年度琴平町下水道特別会計補正予算(第 建設教育民生


     議案第4号 3号)                    常任委員長


 第 7 報   告 平成20年度琴平町介護保険特別会計補正予算  建設教育民生


     議案第6号 (第3号)                  常任委員長


 第 8 報   告 平成20年度琴平町後期高齢者医療特別会計補正 建設教育民生


     議案第7号 予算(第2号)                常任委員長


 第 9 報   告 平成21年度度琴平町一般会計予算       各常任委員長


     議案第8号


 第10 報   告 平成21年度琴平町駐車場特別会計予算     総務観光経済


     議案第13号                        常任委員長


 第11 報   告 平成21年度琴平学校給食特別会計予算     建設教育民生


     議案第9号                        常任委員長


 第12 報   告 平成21年度琴平町老人保健特別会計予算    建設教育民生


     議案第10号                        常任委員長


 第13 報   告 平成21年度琴平町国民健康保険特別会計予算  建設教育民生


     議案第11号                        常任委員長


 第14 報   告 平成21年度琴平町下水道特別会計予算     建設教育民生


     議案第12号                        常任委員長


 第15 報   告 平成21年度琴平町介護保険特別会計予算    建設教育民生


     議案第14号                        常任委員長


 第16 報   告 平成21年度琴平町後期高齢者医療特別会計予算 建設教育民生


     議案第15号                        常任委員長


 第17 報   告 平成21年度琴平町水道事業会計予算      建設教育民生


     議案第16号                        常任委員長


 第18 報   告 職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改 総務観光経済


     議案第17号 正する条例                  常任委員長


 第19 報   告 琴平町介護従事者処遇改善臨時特例基金条例   総務観光経済


     議案第18号                        常任委員長


 第20 報   告 琴平町少年育成センター設置条例        総務観光経済


     議案第19号                        常任委員長


 第21 報   告 琴平町社会福祉法人助成条例          総務観光経済


     議案第21号                        常任委員長


 第22 報   告 琴平町敬老祝金支給条例の一部を改正する条例  建設教育民生


     議案第20号                        常任委員長


 第23 報   告 琴平町国民健康保険条例の一部を改正する条例  建設教育民生


     議案第22号                        常任委員長


 第24 報   告 琴平町介護保険条例の一部を改正する条例    建設教育民生


     議案第23号                        常任委員長


 第25 報   告 琴平町教育委員会は、統合に関する基本方針(骨 建設教育民生


     請願第1号 子案)について、改めて小学校統合の在り方を求 常任委員長


           める請願








              (再開 午前9時30分)





○議長(服部 武君)


 おはようございます。(「おはようございます。」の声あり)


 御参集いただきまして、ありがとうございます。


 これより、平成21年3月定例会を再開いたします。


 ただいまの出席議員は12名であり、地方自治法第113条の規定による定足数に達しておりますので、本日の会議は成立いたしました。


 これより、本日の会議を開きます。


 御相談申し上げたいことがございますので、ただいまより議会運営委員会を開催願います。


 その間、暫時休憩といたします。


 議会運営委員会の方は会議室へお願いします。





     休憩 午前 9時30分





     再開 午前 9時42分


     (出席議員、休憩前と同じ)





○議長(服部 武君)


 再開いたします。


 休憩前に引き続き会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付いたしておるとおりであります。


 日程に、入るに先立ちまして、諸般の報告をいたします。


 事務局長より報告いたさせます。


 事務局長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○事務局長(松浦 治朗君)


 おはようございます。(「おはようございます。」の声あり)


 命により、報告いたします。


 本日お手元に配付いたしております資料は、委員長報告にかかわります参考資料でございますので、御参照願いたいと思います。なお、関係委員会の議員には配付を省略いたしておりますので、御了解願います。なお、総務課主幹、福祉保健課主幹より本日の会議を欠席したい旨の届けが提出され受理いたしておりますので、よろしくお願いいたします。


 最後に、地方自治法第121条の規定により、本日の会議に説明のため出席を求めました者は、既にお手元に配付した名簿のとおりでございます。


 以上、報告を終わります。


○議長(服部 武君)


 日程第1 会議録署名議員の指名


を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定により、


 3番 臼杵 善弘君


 11番 山神 猛君


を指名いたします。


○議長(服部 武君)


 日程第2 議案第1号 平成20年度琴平町一般会計補正予算(第4号)


を議題といたします。


 本案に関し各委員長の報告を求めます。


 まず、総務観光経済常任委員長、6番、小野 正人君。


  (「はい、議長、6番」と呼ぶ)


○総務観光経済常任委員長(小野 正人君)


 おはようございます。(「おはようございます。」の声あり)


 議長の命によりまして、去る3月10日に当委員会を開催いたしまして、今定例会におきまして付託を受けております議案第1号、平成20年度琴平町一般会計補正予算(第4号)につきまして審査をいたしましたので、その経過並びに結果について御報告申し上げます。


 まず、今回の補正予算の規模について御説明申し上げます。議案第1号は、歳入歳出それぞれに1億217万5,000円を減額補正し、歳入歳出予算の総額を44億9,356万8,000円とするものでございます。なお、繰越明許費といたしまして、さきの2月臨時会で承認した地域活性化生活対策交付金事業の2億952万9,000円並びに定額給付金支給事業の1億7,906万3,000円が翌年度に繰り越して使用することが今回明記されております。


 では、当議案のうち、当委員会に係ります款ごとの主なものについて、歳入歳出の順で御説明いたします。


 まず、1款の町税ですが、500万円を減額補正し、総額を11億4,491万6,000円といたしております。これは、項4の町たばこ税を500万円減額するもので、理由といたしまして、12月までの実績並びに前年度実績に基づく見込みによって計上したものでございます。


 次に、3款、利子割交付金を250万円、4款の配当割交付金を650万円、5款、株式等讓渡割交付金を350万円、6款の地方消費税交付金を800万円、いずれも減額となっておりますが、これは、国の動向等によりまして、県より提示があったための補正でございます。


 次に、12款、分担金及び負担金でございますが、このうち当委員会に係るものとしては、農林水産業費分担金の34万6,000円の減額となっており、町単、土地改良事業の取りやめ等による地元分担金の23万円の減額、また、樹幹注入事業の事業費確定に伴う地元分担分の11万6,000円の減額をしております。なお、土地改良事業については、県単事業の方があらゆる面で有利ということで、事業返還を行ったものでございます。


 次に、13款の使用料及び手数料のうち、当委員会に係るものが商工使用料の9万5,000円の減額となっておりますが、これは、公会堂の使用実績に基づいた減額補正になっております。


 次の14款、国庫支出金ですが、当委員会に係るものとしましては、項3の委託金のうち農林水産業費委託金24万円の減額がございます。これは、今年度実施しました水稲高温障害調査に関する事業費が確定したための減額となっております。


 次の15款、県支出金でございますが、当委員会のものとしましては、2項の県補助金と、3項の委託金がございますので、まず項2の県補助金より御説明申し上げますと、減額されるものとしましては、歳出でも御説明いたしますが、種子生産組合の乾燥機導入事業費の確定に伴う土地利用型農業高度化支援事業への補助金が10万円。そして、先ほど12款でも説明しました樹幹注入事業の県補助分の11万6,000円がおのおの減額されております。増額されたものといたしましては、消防費県補助金の20万5,000円がございます。これは、自主防災組織結成促進事業への補助金で、後ほどの歳出で御説明します資機材購入額の確定に伴うものでございます。


 項3の委託金のうち、徴税費委託金に関しましては、791万7,000円の減額となっており、個人県民税徴収事務並びに前納報奨金、また税源移譲に伴います県税分に関するものでございまして、いずれも12月末現在の実績の見込みによるものでございます。また、選挙費委託金の20万9,000円、統計調査費委託金の8万3,000円も減額となっておりますが、これは、おのおの精算によりまして額が確定したためでございます。


 次の17款、寄附金を40万7,000円増額となっております。これは、ふるさと納税が6件分ございまして、その実績によるための増額となっております。


 18款の繰入金でございますが、これらの補正状況を勘案し、3,117万2,000円の減額となっております。この結果、補正後の財政調整基金の現在高が2億6,033万円となっておりますことをつけ加えておきます。


 次の諸収入のうち、当委員会に係るものといたしましては、水道事業会計繰入金の1万7,000円の減がございまして、香川用水受水負担金の確定によるためでございます。


 続きまして、歳出について御説明いたします。


 1款の議会費を89万9,000円減額となっておりますが、これは旅費及び負担金の支出状況により、これらの不用額を減額したためでございます。


 次の総務費ですが、2,427万円を減額となっております。このうちの主なものについて御説明いたしますと、項1の総務管理費としまして499万2,000円の減額、これは、職員の給料等の減額と弁護士への報償費が20万円、逆に増額となったためと、印刷製本費の15万円の減額等が主なものでございます。


 項2の徴税費でございますが、1,756万円の減額となっております。主なものといたしましては、町税前納報奨金の実績が確定したための71万5,000円。また、 eLTAX導入に伴います契約が締結したことによる438万9,000円。また、その運用費用としての33万6,000円の減額。そして、過誤納還付金としまして、税源移譲に伴います住民税の増額の方への軽減措置等を含む償還金がございますが、この実績確定によります1,212万円がおのおの減額となっておるものでございます。


 次の項4、選挙費につきましては、農業委員会委員選挙等の終了に伴いまして額が確定し、165万1,000円を減額しております。


 項5の統計調査費も終了に伴います精算としまして、6万9,000円の減額となっております。


 次の6款、農林水産業費でございますが、総額で336万5,000円の減額となっており、主なものにつきまして説明いたしますと、農業振興費の10万円がございます。これは、先ほど歳入でも御説明しました県補助金を活用し、種子生産組合の乾燥機導入事業の確定による減額分でございます。


 また、農地費の303万4,000円のうち、81万7,000円を農道台帳整備作業委託料の確定、また、200万円を町単独の土地改良事業から県単独事業へ変更に伴いました工事請負費の取りやめ等によるいずれも減額となっております。


 林業振興費は23万1,000円の減額でございますが、これが先ほど歳入でも申し上げました樹幹注入に関する事業でございまして、松くい虫対策事業の確定分でございます。


 次の7款、商工費ですが、これはもう財源の振りかえだけでございますので、額の増減はございません。


 次に、9款、消防費でございますが、41万2,000円を増額しております。これが、先ほど入でも申し上げました自主防災組織資機材費購入によるもので、これが、先ほどの財源として県補助金が半分入っております。


 最後の12款、公債費でございますが、70万円の減額となっており、これは、一時借入金利子の確定によるための減額でございます。


 以上が、今回の補正のうち当委員会に係ります主なものでございます。3月補正ということでありまして、その大半が事業終了による額の確定や、また実績に基づく補正でございました。


 当委員会といたしましてこれらを慎重に審査した結果、議案第1号、平成20年度琴平町一般会計補正予算(第4号)を、当委員会に付託されております部分についてのみ全員一致で原案どおり可とすることに決しましたことを御報告いたしまして、皆様の御審議をお願いしたいと思います。


 以上でございます。


○議長(服部 武君)


 次に、建設教育民生常任委員長、8番、今田 勝幸君。


  (「はい、8番」と呼ぶ)


○建設教育民生常任委員長(今田 勝幸君)


 おはようございます。(「おはようございます」の声あり)


 報告をいたします。さきの本会議の中で付託をされました一般会計補正予算の報告であります。


 3月11日に全委員参加のもとで審議をいたしました。報告の前に、今回の補正につきましては、提案理由にもありますように事業及び財源内訳等の実績、あるいは最終調整によるものであります。そして、基本的な問題については、総務関係の報告にありましたので、割愛をしたいと思います。


 まず、課ごとから、担当課長より説明を受けたことでありますので、主なものについて報告をしておきたいと思います。


 住民サービス課、歳入につきましては、使用料及び手数料の衛生手数料、これは可燃ごみ袋取扱手数料が60万円の減額であります。国庫補助金の衛生費国庫補助金、保健衛生費補助金、合併処理浄化槽、3分の1の交付金でありますが、これを124万4,000円の減額となっております。また、同額、県補助金も減額になっております。


 さらに、歳出につきましては、衛生費の清掃費、ごみ袋の納入を控えたことによりまして、消耗品費で99万7,000円が減額になっております。し尿処理費につきましては、減額の291万円。これは、くみ取り運搬費委託料については150万円ふえております。実績により、合併処理浄化槽の設置整備事業補助金が減額であります。合併処理浄化槽維持管理補助金とあわせまして、減額の441万円となっております。


 次に、福祉保健課であります。歳入については、款12の2の負担金の説明でありますが、411万7,000円は確定見込みということであります。


 次に、児童福祉費負担金の減額は203万1,000円であります。県支出金の民生費県負担金の説明の部分の870万7,000円は、これは増えております。国民健康保険基盤安定負担金で、障害者自立支援費医療費負担金については、減額60万円となっております。児童福祉費負担金減額は108万8,000円。


 項2の目2、県補助金は26万5,000円の減額となっているところです。


 款20の諸収入の雑入のうちの福祉保健課分については104万8,000円でございます。


 歳出については、款3の民生費1の1の社会福祉総務費、9の旅費が減額のうち147万8,000円。これについては民生児童委員会の視察研修の日程、あるいは計画の変更と参加者の数が減ったことによるものだそうであります。障害者福祉管理費と障害者自立支援事業費を扶助費として減額の282万3,000円となっております。


 高齢者福祉費については、扶助費、養護老人ホーム保護措置費と介護予防支援計画作成業務委託料、人件費の減額補正などで、1,972万5,000円の減となっているところであります。


 民生費の児童福祉費については、私立保育園運営費が減額の309万1,000円。児童手当扶助費が111万円の減額となっております。次世代育成支援行動計画策定業務委託料も94万5,000円の減となりまして、514万6,000円の減額補正であります。


 推進室の方からは歳入といたしましては、県支出金、この節の説明で後期高齢保険安定拠出金306万円が減額であります。


 衛生費県負担金352万4,000円減額は、補助金への繰りかえであります。


 目3の節にあります妊婦健康診査臨時特例交付金は、20年度76回分の半分22万8,000円を計上しております。なお、この健診14枚発行ということになっております。


 諸収入の雑入、後期高齢者健康診査委託料については、減額210万9,000円でございます。


 歳出については、民生費の社会福祉総務費にあります善通寺の藤田医院関係の裁判問題の関係で、債権割合での支出であります。繰出金で980万円、国保特別会計の繰り出しであります。


 高齢者福祉費の28の繰出金は663万9,000円減額でありました。老人保健特別会計繰出金でございます。医療費の実績によるものであります。


 後期高齢者医療費857万円の減額については、広域連合の内示額によるものでございます。


 4の衛生費の保健衛生総務費、共済費、賃金の減額については62万2,000円については、臨時嘱託職員採用ができなかったというものでございます。


 予防費については、健康増進事業と後期高齢者保険事業の合わせまして696万円が減額ということになっております。


 続いて、人権同和課でありますけれども、歳出については、地域改善対策費が補正額が1,841万4,000円の減額でありますが、これは改良住宅等の改善事業費の減額であります。改良住宅工事終了確定によるものでございます。


 歳入については、民生費国庫補助金が減額の726万2,000円。地域住宅交付金確定によるものであります。


 諸収入のうち、民生費関係については、貸付元利収入として減額15万9,000円。これは住宅新築資金貸付償還金利子の3月の見込みでございます。


 町債の民生費、減額については1,730万円、これは工事終了確定によるもので、改良住宅等の改善事業債のものであります。


 建設下水道課でありますけれども、原田琴平線の県営事業負担金といたしまして、減額98万9,000円であります。


 土木費、道路橋りょう総務費の委託料として、142万7,000円の減額があります。これは、道路台帳更正業務の委託料でございます。


 都市計画費で、下水道特別会計の減額が1,082万9,000円、これは繰出金でございます。


 地方債の変更は土木債、道路橋りょう債は減額で、10万円で、内訳については町道改良事業債が470万円の減額と大宮橋かけかえ工事の事業債が460万円の増額の差額でございます。


 教育委員会関係の生涯教育課の関係については、教育費、教育委員会費が8万円、事務局費として29万円、いずれも実績による減額であります。


 小学校の臨時アルバイト賃金87万7,000円。榎井小学校土地借上料10万9,000円。パソコンウイルス対策委託料17万7,000円。いずれも実績による減額であります。


 中学校費、99万5,000円については、パソコンリース代、8月からの減額によるものでございます。教育費252万8,000円の減額を補正し、補正後3億5,046万9,000円とするものでございます。


 以上の報告を受け、審議をいたしました。審議の結果については、議案第1号、平成20年度琴平町一般会計補正予算については、全委員の賛成で可決となっておりますので、御報告をしておきます。終わります。


○議長(服部 武君)


 各常任委員長の報告は終わりました。


 これより各常任委員長の報告に対する質疑に入ります。


 質疑を許します。


  (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○議長(服部 武君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


  (「討論なし」と呼ぶ者あり)


○議長(服部 武君)


 討論なしと認めます。


 これより、議案第1号を採決いたします。


 本案に対する各委員長の報告は可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(服部 武君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第1号は原案のとおり可決されました。


○議長(服部 武君)


 日程第3 議案第5号 平成20年度琴平町駐車場特別会計補正予算(第3号)


を議題といたします。


 本案に関し委員長の報告を求めます。


 総務観光経済常任委員長、6番、小野 正人君。


  (「議長、6番」と呼ぶ)


○総務観光経済常任委員長(小野 正人君)


 議長の命によりまして、議案第5号、平成20年度琴平町駐車場特別会計補正予算(第3号)につきまして、去る3月10日及び3月16日に委員会を開催いたしまして、慎重なる審査を行いましたので、その経過並びに結果について御報告申し上げます。


 今回の補正予算の規模といたしましては、歳入歳出にそれぞれ1,000円を増額し、総額を歳入歳出それぞれ1,601万円とするものでございます。


 それでは、歳入から御説明申し上げます。まず、1款の使用料及び手数料ですが、そのうちの駅前西駐車場使用料として53万9,000円を減額し、補正後の総額を1,403万2,000円とするものでございます。この理由といたしましては、収入実績による減額となっており、この要因といたしまして、急激な景気の落ち込み等に伴う観光客の出控えがあったのではないかというための収入減ということで説明がございました。また、この収入不足を補うために、3款の繰入金といたしまして、財政調整基金より53万9,000円を増額し繰り入れております。


 また、前後いたしますけれども、2款の財産収入といたしまして、基金運用利子の1,000円を増額した次第でございます。


 続きまして、歳出の御説明をいたします。まず、1款の駐車場費でございますが、先ほどの歳入で御説明したように、特定財源であります使用料及び手数料の収入実績の減額に伴いまして、財源を財政調整基金より充てるための財源の振りかえを行っております。


 また、2款の基金積立金として1,000円を増額しております。


 以上の理由によりまして、当委員会で審査をした結果、この議案第5号につきまして、全員一致で原案どおり可としましたことを御報告申し上げますので、よろしく御審議をお願いいたします。


○議長(服部 武君)


 委員長の報告は終わりました。


 これより委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑を許します。


  (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○議長(服部 武君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


  (「討論なし」と呼ぶ者あり)


○議長(服部 武君)


 討論なしと認めます。


 これより、議案第5号について採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(服部 武君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第5号は原案のとおり可決されました。


○議長(服部 武君)


 日程第4 議案第2号 平成20年度琴平町老人保健特別会計補正予算(第3号)


 日程第5 議案第3号 平成20年度琴平町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)


 日程第6 議案第4号 平成20年度琴平町下水道特別会計補正予算(第3号)


 日程第7 議案第6号 平成20年度琴平町介護保険特別会計補正予算(第3号)


 日程第8 議案第7号 平成20年度琴平町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)


を一括議題といたします。


 本案5件に関し委員長の一括報告を求めます。


 建設教育民生常任委員長、8番、今田 勝幸君。


  (「はい、8番」と呼ぶ)


○建設教育民生常任委員長(今田 勝幸君)


 報告をいたします。


 議案第2号、平成20年度琴平町老人保健特別会計補正予算の報告をいたします。


 歳入歳出とも実績に基づく推計によるものであります。それぞれ歳入歳出を4,390万円を減額し、総額1億5,887万2,000円とする内容であります。


 審議の結果、全員賛成で可決であります。


 議案第3号、平成20年度琴平町国民健康保険特別会計補正予算の報告をいたします。


 歳入歳出総額をそれぞれ2,593万5,000円を減額し、補正後はそれぞれ13億4,853万1,000円とするものであります。


 医療給付について、一般被保険者療養給付費等の納付実績に基づき見込み財源変更をしたところであります。


 歳入では、一般会計からの繰り入れは980万円増額補正し、9,643万9,000円となっております。また、諸収入の雑入で一般被保険者第三者行為納付金7件17万4,000円、退職被保険者第三者行為納付金は1件87万3,000円。計255万3,000円となっています。


 歳出、総務費の一般管理費、役務費、通信運搬費は実績によるものであります。委託料は、高齢者高額療養費支給システム改修委託料で、負担金の変更によるものであります。


 審議の結果については、全員賛成で可決でございます。


 議案第4号、平成20年度琴平町下水道特別会計補正予算の報告をいたします。


 歳入、下水道使用料の減は350万円。一般会計より繰り入れの減額1,080万9,000円でございます。下水道債、中讃流域下水道金倉川処理区事業債の減額が270万円などであります。なお、地方債の変更補正は別表にあります。


 歳出は、総務費一般管理費、負担金補助及び交付金の中讃流域下水道金倉川処理区維持管理負担金1,459万4,000円。同事業負担金248万4,000円、いずれも減額であります。公債費、長期元金、50万円の償還金があります。


 歳入歳出それぞれを1,657万8,000円減額し、予算総額3億7,171万6,000円とするものであります。


 審議の結果については、全員の賛成で可決であります。


 議案第6号、平成20年度琴平町介護保険特別会計補正予算の報告であります。


 今回の補正は、歳入の665万2,000円。国庫支出金、介護従事者処遇改善臨時特例交付金を新たに計上し、歳出で同額を基金積立金として増額をいたしました。


 歳入歳出それぞれ総額を9億5,023万9,000円とするものであります。


 採決については、全議員の賛成で可決であります。


 議案第7号、平成20年度琴平町後期高齢者医療特別会計補正予算の審議と結果について報告をいたします。


 歳入については、現年度分の保険料特別普通徴収の計が166万9,000円を減額し、繰入金についても、事務費繰入金、保険基盤安定繰入金、合わせまして一般会計から繰入金663万1,000円の減額補正をしております。国庫補助金、補助率100%の高齢者医療制度円滑運営補助金、徴収システム変更によりまして増額235万2,000円しております。


 歳出は、同額の改修委託料を計上しているところであります。また、総務費、一般管理費、消耗品費、パソコン保守点検など実績によるものであります。後期高齢者医療広域連合納付金は減額758万3,000円であります。


 予算総額をそれぞれ1億5,406万円としているところであります。


 審議の結果については、全員賛成の可決ということになりました。


 以上で、報告を終わります。


○議長(服部 武君)


 委員長の報告は終わりました。


 これより委員長報告に対する一括質疑に入ります。


 質疑を許します。


  (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○議長(服部 武君)


 質疑なしと認めます。


 これより一括討論に入ります。


 討論はありませんか。


  (「討論なし」と呼ぶ者あり)


○議長(服部 武君)


 討論なしと認めます。


 これより、議案5件のうち、議案第2号について採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(服部 武君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第2号は原案のとおり可決されました。


○議長(服部 武君)


 これより、議案5件のうち、議案第3号について採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(服部 武君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第3号は原案のとおり可決されました。


○議長(服部 武君)


 これより、議案5件のうち、議案第4号について採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(服部 武君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第4号は原案のとおり可決されました。


○議長(服部 武君)


 これより、議案5件のうち、議案第6号について採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(服部 武君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第6号は原案のとおり可決されました。


○議長(服部 武君)


 これより、議案5件のうち、議案第7号について採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(服部 武君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第7号は原案のとおり可決されました。


○議長(服部 武君)


 日程第9 議案第8号 平成21年度琴平町一般会計予算


を議題といたします。


 本案に関し各委員長の報告を求めます。


 まず、総務観光経済常任委員長、6番、小野 正人君。


  (「はい、議長、6番、小野」と呼ぶ)


○総務観光経済常任委員長(小野 正人君)


 それでは、議長の命によりまして、議案第8号、平成21年度琴平町一般会計予算のうち当委員会に付託されております所管部分に関しまして、去る3月12日に当委員会が主査となりまして、建設教育民生常任委員会との連合審査を行っております。その経過並びに結果について御報告申し上げます。


 まず、新年度の予算規模ですが、歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ40億4,889万6,000円とするものでございます。今年度の当初予算と比較しますと、額にして6,871万9,000円、率にして1.7%の減少となっております。


 なお、内容につきまして多岐にわたりますので、歳入歳出の順で、款ごとに主なものについてのみ御説明申し上げます。


 まず、1款の町税でございますが、総額を11億1,280万7,000円としております。前年度比5,512万3,000円の減額となっております。では、内訳について御説明申し上げますと、町民税の個人現年課税分を4億499万9,000円。滞納繰越分として820万9,000円を計上いたしております。また、法人の現年課税分としましては7,003万円、滞納繰越分として80万1,000円を計上しております。


 次の固定資産税でございますが、現年分として4億8,018万円。滞納繰越分として1,871万2,000円とし、合計で4億9,889万2,000円を計上しております。この固定資産税でございますけれども、前年度比2,691万3,000円の減額となっており、この理由としましては、家屋の評価替による減額を計上したものとなっております。


 次の軽自動車税ですが、2,307万4,000円。また、町たばこ税としましては6,105万5,000円。入湯税が4,479万7,000円の計上となっており、これらはいずれも前年度の実績及び、また見込みから計上したものとなっております。


 続きまして、2款の地方譲与税から8款の自動車取得税に関しましては、額のみを御説明させていただきます。


 まず、2款ですが、地方譲与税といたしまして3,000万円。


 3款の利子割交付税として1,100万円。


 4款、配当割交付金を180万円。


 5款、株式等譲渡所得割交付金を100万円。


 6款の地方消費税交付金を1億1,000万円。


 8款の自動車取得税交付金を1,200万1,000円をおのおの計上しており、いずれも前年度の実績に基づく計上を行っております。


 続きまして、9款の地方特例交付金ですが、前年度比260万円増の1,000万円が計上されております。


 また、10款の地方交付税ですが、これまた前年度比5,000万円増といたしまして、総額を12億円ちょうどとしております。


 次の11款の交通安全対策特別交付金ですが、前年度同額の210万円の計上でございます。


 次の12款、分担金及び負担金のうち、当委員会に係ります主なものについて御説明いたしますと、まず、項1の分担金、農林水産業費分担金といたしまして65万円です。町単独土地改良事業費といたしまして、地元分の30万円、また樹幹注入事業の地元分といたしまして35万円の総額が65万円でございます。


 続きまして、13款の使用料及び手数料のうち、当委員会に係るものとしましては項1の使用料のうち、総務使用料、商工使用料、農林水産業使用料、また、項2の手数料のうち、総務手数料がございます。


 このうちの額の大きなものといたしましては、商工使用料の温泉使用料817万6,000円、四国こんぴら歌舞伎大芝居入場料の3億1,643万7,000円、観光バス乗降場使用料の104万4,000円などがございまして、おおむねこれまでの実績等に基づく算出でございます。


 次の14款、国庫支出金のうち、当委員会に係ります主なものといたしましては、項3委託金のうちの、農林水産業費委託金44万円で、これは今年度実施いたしました水稲高温障害の調査を21年度においても行うための計上でございます。


 次の15款、県支出金のうち、当委員会に係るものについて御説明いたしますが、まず、項2の県補助金のうち、農林水産業費補助金といたしまして、187万9,000円がございます。これは、農業委員会への補助金141万1,000円。また、土地利用型農業構造改革加速化事業補助金といたしましての30万円等が含まれております。


 次の項3の委託金の主なものといたしましては、徴税費委託金の1,996万円、選挙費委託金の750万1,000円、各種の統計調査費委託金の165万3,000円、また、商工費委託金といたしましては、県立琴平公園維持管理のための226万8,000円がございます。


 このうち、選挙費につきまして大きく変わっておりますので、御説明いたしますと、今年度実施されます衆議院議員選挙に対するものでございます。


 次の16款、財産収入でございますが、326万5,000円のうち、町有土地貸付収入の265万9,000円等が当委員会に係るものでございます。


 17款の寄附金といたしましては、542万1,000円が計上されておりますが、この大部分が歌舞伎公演のプログラム、またちょうちん等の広告料でございます。なお、ふるさと納税に関しましては1,000円の計上となっておりますが、これは、実際に納税があった時点での補正で対応ということになっておりますので、御理解ください。


 次の18款、繰入金でございますが、総額を2億8,646万8,000円とするもので、前年度比1億949万7,000円の減額となっております。このうち、当委員会に係るものといたしましては、財政調整基金の2億5,333万8,000円、いこいの郷づくり事業基金の542万円、琴平町地域振興基金の1,070万8,000円、地域活性化生活対策臨時交付金基金の1,700万円がございます。


 これらの繰り入れのうち、特に財政調整基金につきましては、この繰り入れによりまして、残高が約700万円となり、今後の財政運営に極めて深刻な影響が出るのではないかという意見も出されております。


 続きまして、20款諸収入ですが、このうちの当委員会部分といたしましては、項1の延滞金としての50万円。項2の町預金利子の20万円。項3の貸付金元利収入のうち、地域総合整備財団貸付償還金の1,600万円などがございます。


 また、項4の競艇事業収入、398万5,000円ですが、これは、競艇事業組合からの配分金の収入でございます。


 項5の雑入のうち、当委員会に係る主なものといたしましては、回覧折り込み料の42万1,000円、香川県市町村振興協会市町交付金の300万円、生命保険料控除事務手数料の54万円、歌舞伎公演売上金の1,815万円、香川県後期高齢者医療広域連合派遣職員給与等の負担金といたしましての528万2,000円、公益事業助成金の1,000万円、また、他会計借入金として3,800万円などがございます。


 次の21款、町債ですが、総額としましては2億4,590万円を計上しておりますが、このうち当委員会に係るものといたしましては、臨時財政対策債の2億2,600万円がありまして、前年度に比べ8,600万円の増額計上となっております。これは、交付税措置をされるということでございますけれども、これもまた厳しい財政状況を反映した起債であることに変わりはなく、一刻も早い財政改革が望まれております。


 歳入は以上でございます。


 続きまして、歳出について御説明いたします。


 まず、1款の議会費でございますが、8,860万円の計上でございます。一般職給料、また議長交際等を前年度に比べまして減額しておりますので、御報告いたします。


 次の2款の総務費は、総額で4億9,258万5,000円の計上となっておりまして、対前年度比999万3,000円の増となっております。このうち、当委員会に係る主なものについて御説明いたします。


 項1の総務管理費ですが、この中には特別職2名、また一般14名の給料等が主ものでございまして、また文書広報費としまして、661万4,000円があります。


 このうち、新たなものといたしまして、マイクロバス等を購入するための財産管理費が1,005万1,000円計上されております。この件につきまして、若干、説明いたしますと、従来使っておりましたマイクロバスの老朽化に伴いまして、利用者の利便性、また福祉や教育分野等への新たな利用の需要に対応するために、28名乗車の最新式のものに買いかえるためでございます。この財源でございますけれども、先ほど歳入で御説明しました公益事業助成金の1,000万円を充てるようになっております。


 次の項2、徴税費でございますけれども、8,062万2,000円を計上しておりますが、これは町民税前納報奨金等の廃止に伴いまして、報償費250万円が減少するなど、対前年度と比べますと1,887万8,000円の減額となっております。


 次の項4、選挙費及び項5の統計調査費ですが、これは前年度に比べ大きく増えておりまして、先ほど入でも御説明しました衆議院議員選挙と各種の統計調査が行われるために、これらに従事します職員の手当、また調査員の報酬等が主なものとなっております。


 次の6款、農林水産業費ですが、8,266万5,000円を計上し、対前年度比129万4,000円の減額となっております。この内容について御説明しますと、まず、農業委員会費ですが、165万4,000円の増額となっており、この増額理由の主なものとしましては、3年に一度視察研修を行います特別旅費の128万円が計上されたためでございます。


 次の農業振興費に関しましては、おおむね同じ内容となっておりますが、支援事業終了に伴う補助金部分が若干ございました。


 また、次の農地費に関しても、ほぼ内容は同じでございますが、今年度実施しました農道台帳整備、また農家台帳整備に関する委託料はありませんので、この部分が減額となっております。


 農業施設費の中の項2、林業費、また項3の水産費に関しても大きな変動はございません。


 次の7款、商工費について御説明いたします。総額で4億9,255万8,000円を計上し、前年度と比べ1,235万1,000円の増額となっております。


 それでは、この増額の主なものにつきまして御説明いたします。まず、商工総務費ですが、637万2,000円の増となっておりますが、これは、前年度職員1名を琴平町の駐車場特別会計の中で計上していたものを、一般会計に戻したためのものと理解しております。


 次の観光費ですが、85万3,000円減額となっておりますが、この減額部分につきましては、広告料の減額を今回計上したためでございます。


 次の観光施設費ですが、2,740万9,000円と、こちらに関しましては、昨年度に比べれば大きな減額となっておりますが、これも、昨年度実施しました一ノ橋公園、またトイレ、また町内のトイレの改修等に計上したがんばる地方応援プログラムの3,000万円が事業終了に伴った減額分だと理解しております。


 こんな中で、新たな施設費のうちの増額部分といたしましては、内町、神明町等にありますちょうちんの電球の交換がありまして、この電球を寿命が長く、また省エネであります発光ダイオードLEDに交換するための約200万円が新たに計上されております。


 次に、四国こんぴら歌舞伎大芝居公演費ですが、今回、25周年記念公演ということもありまして、歌舞伎ファンが長らく待ち望んでおりました座組等を行いまして、公演委託料が3,200万円増額しております。これらの増額に伴いまして、公演費、全体といたしましては、前年度比3,423万7,000円の増額となっております。


 次の9款の消防費に移りますが、総額で2億2,151万6,000円となっております。このうちの主なものといたしましては、仲多度南部消防組合への負担金の2億3万円がございます。この南部消防組合に関しましては、琴平町とまんのう町がおのおの負担しておるのでございますが、本町の現在の負担割合が32.48%ということで、この額となっております。


 次の非常備消防費といたしましては、消防団員報酬等として86名がいらっしゃいますが、その報酬の266万8,000円。また、平成20年度、21年度、この2会計年度をかけまして、消防団員の被服を新調するための123万3,000円が、今年度もまた計上されております。


 消防施設費といたしましては、754万9,000円の増となっております。この主な理由といたしましては、新たに防火水槽工事費として800万円を計上しておりますが、この事業に関しましては、さきの補正で行いました地域活性化生活対策交付金事業を適用するということでございます。


 この消防に関しまして、例年なんですが、委員より若干意見が出ておりますので、御説明いたしますと、この消防団員の出勤状況につきまして、一度も出動していないのではないかという団員がおるのではないかという指摘がございまして、これに対しまして、議会といたしまして、団長の方に指導をしていただくようにというお願いが出ておりますので、今後、団長に対するこういった要請をお願いしたいと思っております。


 次の12款の公債費でございますが、前年度に比べ296万8,000円増の5億1,911万5,000円を計上しております。この内訳としましては、元金部分が4億3,496万8,000円、利子部分が8,254万7,000円。また、一時借入金の利子が160万円となっておりまして、この公債費は、今後数年、この規模が続きまして、財政状況の中、非常に厳しい公債費負担分となる見通しが示されております。


 次の13款の諸支出金でございますけれども、299万1,000円のうち、大部分の299万円が本町ほか近隣市町で組織いたします香川県中部広域競艇事業組合への分担金でございます。なお、この事業組合からの配分金としましては、先ほど歳入の20款の諸収入にありました398万5,000円でございますので、差し引きしますと、99万5,000円の本町としては収益が見込まれるところでございます。


 歳出につきましては、以上でございます。この平成21年度琴平町一般会計予算ですが、全体の審査を通しまして、依然として厳しい財政状況を反映したものとなっておりまして、委員より多くの意見が出されておりますので、ここで、一部のみですが、まとめて御報告したいと思います。


 まず、事業の採算性に関する意見が出ております。先年度に引き続きまして、観光バスの乗降場維持管理について多くの意見が出され、収入に対する経費が余りにも大きく、運営上、また、条例の適用上においても問題があるのではないかという指摘がございました。ただ、このバス乗降場に関しましては、設置した時代背景、また本町の地理的条件、また観光地であるという事情等を考慮し、採算面だけでは判断はできないことは事実でございます。ただ、設置後20年が経過し、観光ニーズや交通体系の変化に対応した、また、利用者の利便性、周辺住民への配慮等、もう一度考え直す時期に来ているのではないかという意見もございました。


 そこで、これらの課題を解決するために、執行部に対し、方策をお尋ねしたところ、今後の事業といたしましては、地元住民と協議をした上で、駐車場としての活用も探ってみたいという答弁がございました。ぜひとも、この事態の改善に向けまして、鋭意取り組んでいただけるものと理解しておりますので、早急なる協議をお願いしたいところでございます。


 また、温泉施設管理に関しましても意見が出ております。予算書を見る限りでは、経費よりも温泉使用料による収入の方が多く、安定した収入が当面の間は見込めるということは見受けられますが、今後とも温泉郷として内外からの集客を得るためには、この温泉郷としての存続を図らなければなりません。そのうちの懸案材料といたしまして、経年劣化による汚泥の沈殿、また大規模改修に備えた財源確保もこれからの重要課題となることが指摘されております。


 そして、温泉事業の掘削、また、配管に要しました初期投資分も回収し、なおかつこれらの温泉郷を大きな観光資源として地域経済への波及効果を及ぼし、そして、ひいては大きな収入源であります入湯税としての歳入増を図るための効果的な振興策が急がれるという意見が出ておりますので、今後の課題として、検討していただきますことをつけ加えておきたいと思っております。


 そして、今年度新たに出ました意見としまして、昨年来のこの世界的な経済危機による地域経済の冷え込みに対する景気振興策について意見が出されております。それによりますと、観光のみならず、本町に事業所を構えております小規模な事業所、また商店などに対しても、本町独自の振興策を提示できないかという意見がございました。これに対し、執行部からは、非常に今厳しい財政状況であり、何をするにも財源が伴い、本町単独で事をなすには非常に厳しいという答弁がございました。


 また、これらの振興策に関しましては、国、県の支援を仰がなければならず、町単独では難しいという意見でございましたが、ただ、このうちに農商工連携の一つといたしまして、農業と観光を結びつけたガーリックオイルや、にんにくぎょうざなどの開発というものも進めておりますので、そういった部分での経済波及効果にも期待したいという答弁がございましたので、今後とも、本町の重要課題として、産業振興に鋭意努力してもらいたいと思っております。


 以上が、当委員会を主査といたします連合審査の内容でございます。昨年度に引き続きまして、非常に厳しい財政状況の中の予算編成となっておりますが、当委員会といたしまして、慎重なる審査をした結果、賛成多数で原案どおり可と決しましたことを御報告申し上げたいと思います。


 それでは、よろしく御審議のほどお願い申し上げます。


○議長(服部 武君)


 次に、建設教育民生常任委員長、8番、今田 勝幸君。


  (「はい」と呼ぶ)


○建設教育民生常任委員長(今田 勝幸君)


 平成21年度琴平町一般会計当初予算の審議については、総務観光経済常任委員会との連合で13日、17日の2日間に行ったところであります。当委員会は、民生費、衛生費、土木費、教育費の審議をしたところであります。各課長から、主な事業に関する提案と説明を受け、熱心にかつ慎重に審議をしたところであります。内容について、報告いたします。


 なお、町政方針とか、主な事業主体、一般会計、特別会計の予算書及び予算に関する説明書などはそれぞれお持ちでありますので、簡潔に報告をいたします。各課からの報告とさせていただきます。


 住民サービス課については、戸籍住民基本台帳関係と、町営住宅維持管理、国民年金、公害、環境汚染に関する予算であります。


 歳入は、13の衛生使用料、224万8,000円。これは、火葬墓地、斎場の合計使用料であります。


 土木使用料については、住宅使用料2,201万6,000円。これは128戸と公募6戸の現年分でございます。


 総務手数料のうちの650万4,000円の戸籍等手数料で、これは実績によって計上しております。


 衛生手数料は、し尿、可燃ごみ袋、不燃ごみ袋取扱手数料などでございまして、3,614万8,000円計上しています。


 国庫支出金の衛生費、国庫補助金については、循環型社会形成推進交付金、254万2,000円。これは5人槽が13基、7人槽が8期分で計上してあります。


 続いて、委託金、民生費委託金の国民年金費委託金200万円となっています。15の県支出金の衛生費補助金、節の説明で、循環型社会形成推進交付金254万2,000円。これは、国と同額であります。


 20の諸収入のうち、節で500万円が労金の預託金の戻入でございます。


 雑入といたしまして、町営住宅共益費負担金、これは93戸分と、新たに公募をする6戸分の現年度分217万1,000円が計上されています。


 行政措置、クリーンセンターへ1,197万1,000円。資源売却益480万円などが歳入として上がっています。


 歳出については、款2、総務費のうちの項で3、戸籍住民基本台帳費、これは職員3名分の人件費であります。前年より746万円増えています。また節でございますが、19で、負担金補助及び交付金530万円が減っております。そして、36万1,000円については、中讃広域行政事務組合負担金、外国人登録に係るものとして20年度の事業でこれが終わりまして、再開については22年度から始まるようであります。


 款3の民生費の関係では、国民年金費、これは職員1名の人件費も含まれています。


 また、款4の衛生費は、環境衛生費の3名の職員の人件費と、4で火葬場費については、管理費1,054万円。そのうち、需用費の修繕費133万2,000円については、火葬炉の定期修理と台車修理の費用に充てるものであります。


 墓地費では、工事費負担費が柳谷墓地への手すりの設置と、その近くの水路改修工事費で、130万4,000円を計上しております。


 続いて、4の2、清掃費は職員8名と2名の臨時嘱託職員の人件費で組んであります。


 塵芥処理費については、塵芥処理収集費、1億3,527万6,000円でございます。そのうち、ごみ減量化推進事業費1,314万9,000円となっています。


 し尿処理費については、19の負担金補助金として、瀬戸クリーンセンターへの負担金、合併処理浄化槽設置と維持管理補助金3,809万9,000円となっているものでございます。


 また、労働費については、500万円は四国労金への預託金であります。


 続いて、福祉保健課については、福祉全般と介護保険、地域包括支援センターにかかわる予算であります。


 歳入については、12の2民生費負担金で、前年比668万7,000円の増となっています。そして、5,546万5,000円で、これは養護老人ホーム個人負担金34名分、公私立保育所保護者負担金4,587万7,000円などでございます。


 14の1民生費国庫負担金は、推進室、国庫基盤安定負担分を除き、障害福祉、保育所運営、児童手当など、9,324万3,000円。国の負担分であります。


 14の2の1、民生費国庫補助金については、617万1,000円で、次世代育成延長保育への支援交付金も含まれているのでございます。


 15の1県支出金については、国と同様の社会児童福祉費負担金であります。


 15の2民生費補助金、4,293万5,000円も推進室、重度身障者等医療費補助金、人権同和課、隣保館の運営補助金。児童福祉費補助金についても、推進室の母子家庭等医療費と乳幼児医療費支給事業の補助金が含まれています。


 20の諸収入の5、雑入の保育所職員給食費は138万円であります。


 介護予防支援事業収入403万5,000円。保育所の遠足参加負担金などで、ここに計上されています。


 歳出については、民生費、11億4,969万7,000円で、対前年比1億2,094万円の減額となっています。


 社会福祉総務費の職員は6名の人件費計上であります。節13の中で、相談支援、充実強化事業委託料170万円については新たな事業です。


 高齢者福祉費の報酬については、地域支援センター運営協議会委員と、地域密着サービス運営委員会の報酬でございます。16万8,000円。ひとり暮らし老人入浴サービス、敬老事業、敬老祝金、老人クラブ運営費、老人保健と介護保険への繰出金などで、2億6,454万1,000円。


 そして、社会福祉施設費については、教育委員会と50%ずつの負担として行います総合センターのエレベーターの改修費も含めまして、143万3,000円となっています。


 また、ゆうあいの家の管理費も計上しているところであります。


 民生費の2、児童福祉費3億5,984万1,000円は、昨年度より減額107万1,000円となっています。


 児童福祉総務費で乳幼児医療費助成事業1,460万8,000円、母子家庭等医療費支給事業592万7,000円などでございます。150万円の次世代育成支援行動計画策定業務を委託をし、22年度から5年間の計画策定に係る費用であります。


 2の児童手当費は、児童手当給付費はほぼ昨年と同額であります。


 4の保育所費については、公立と私立の保育所管理運営費で2億5,292万4,000円を計上しています。


 続いて、健康推進室でございますが、歳入は、14の国庫支出金の民生費国庫負担金、節1の国保基盤安定負担金470万3,000円。


 15の1の1、県負担金についても、3,621万円。後期高齢者保険安定拠出金についても2,597万9,000円を計上しています。


 県補助金は、社会福祉の補助金のうち、1,323万2,000円。重度心身障害者等医療費補助金であります。児童福祉補助金の母子家庭等医療費支給事業に292万1,000円。乳幼児医療費支給事業626万6,000円の補助金を出しています。


 3の衛生費県補助金、新しく妊婦健診臨時特例交付金の6枚から14枚の2分の1補助で、202万5,000円と、健康増進事業補助金、121万4,000円。


 20の5、雑入のうちの後期高齢者健康診査委託料については131万7,000円であります。新規で、健康生きがい中核施設事業補助金、これはヴィスポことひらの健康マシーン器具の取りかえとして使います。5,799万1,000円計上してあります。


 歳出については、4衛生費の職員6名分の人件費と、母子保健推進事業1,039万1,000円が大きな割合を占めています。


 節13の委託料については、妊産婦乳幼児の健康診査委託料、これは妊婦健診14枚と乳幼児健診2枚のものであります。


 20の扶助費、15万円については、新規で里帰り出産者の妊婦健診助成申請に対応するものであります。保健衛生総務費5,093万1,000円でございますが、対前年比488万6,000円増加をしております。


 2の予防費は、5,799万1,000円でありますが、健康生きがい中核事業のヴィスポことひら健康推進用の器具費などでございます。ほかに各種のがん検診委託料と予防接種、後期高齢者保健事業費が計上され、9,000万円で、5,387万8,000円増となっているところであります。


 続いて人権同和課でありますが、歳出については、款、民生費の5、地域福祉施設費は2名の職員の人件費、新しく4分の3の臨時職員嘱託賃金を計上しているところであります。隣保館の管理運営費1,652万円。デイサービスセンター管理運営89万2,000円であります。


 地域改善対策費、前年比減額で1億586万5,000円で、今年は3,893万9,000円であります。職員3名の人件費の計上をしてあります。大幅減の要因については、改良住宅の建てかえ事業が完了によるものであります。


 部落解放同盟の香川県連の連合会に50万、地区団体運営補助金720万、人権確立琴平町町民会議補助金120万円などが計上されています。


 児童福祉施設費については、琴平苗田児童館の管理運営であります。


 歳入については、15、県支出金の県補助金、民生費県補助金これは社会福祉補助金1,169万2,000円。隣保館の運営補助金であります。


 諸収入3の1でございますが、民生費貸付金元利収入は地域改善事業貸付元利収入と、自立促進持家資金貸付保証元金、308万4,000円などで、341万9,000円でございます。それぞれの数字を今申し上げました。


 建設下水道課については、土木費が主であります。これは、土木費の総務管理費で、職員3名分の人件費を計上しています。


 2の1道路橋りょう総務費145万8,000円については、昨年比で3,019万4,000円減額でございます。大宮橋架替工事関係と、道路台帳更正業務委託料の減が要因であります。


 道路維持費については、修繕費、交通安全施設費など、1,571万4,000円です。


 そして、道路新設改良費については、町単独事業舗装及び改良事業費800万円と苗田本條線改良事業費2,140万円でございます。


 公共下水道費については、1億829万6,000円。これは下水道特別会計への繰出金でございます。


 住宅費については、住宅管理費は町営住宅管理費1,297万3,000円で、工事費が599万4,000円でございます。これは、そのうちで火災報知機324個分で、194万4,000円と、リフォーム、公募する6戸分のリフォームなどで180万円が計上されています。


 歳入については、13の1の5、土木使用料、道路占用使用料が160万円。


 国庫支出金2の5が、土木国庫補助金として地域住宅交付金、これは火災報知機324個分、68万3,000円と、県支出金のうちの土木補助金701万4,000円で、町道改良単独県費事業補助金700万でございます。苗田本條線の補助金でございます。


 町債については、町債土木債で1,450万円。町道改良事業債で1,360万円と、大宮橋の架替工事債90万円となっています。


 生涯教育課でございます。これは、10の教育費でございます。対前年比1,495万8,000円の増であります。そして、3億6,504万7,000円にするものであります。


 総務費については、教育委員会費、教育委員会の報酬、74万3,000円。これは4名分。教育長を除きますので、4名分が主な報酬であります。


 事務局費の放課後児童学級設置費266万7,000円。地域改善就学援助費29万円。奨学資金貸与費432万円などでございます。奨学資金は、昨年実績高校3名、大学13名でございます。


 10の小学校費のうち、学校管理費については、耐震診断業務委託料が3校分で1,710万3,000円であります。体育館については屋根の修理費で、50万円を設計監理費として50万円であります。全体では4,909万2,000円を出しています。昨年比で1,680万3,000円増えています。


 2の教育振興費でありますけれども、1,903万1,000円。教育用パソコン購入費700万円、これについては2月補正とあわせまして、3校分の購入費でございます。今年度小学校の英語授業3校分の先生の人件費として1名計上されています。


 3の中学校費については、2,433万7,000円で、学校管理費、教育振興費ともほぼ前年と同額であります。


 4の1の幼稚園費については、対前年比マイナスの644万9,000円となっています。そして、4,999万3,000円でございます。幼稚園の人件費については、7名から6名、1名減となっています。


 15の工事請負費151万4,000円。これは南、北幼稚園のすべり台とクーラーの取りかえを計上しているところであります。


 5、社会教育費の社会教育総務費4,330万1,000円で、昨年比減額582万4,000円であります。主なものとして、職員1名が減っております。新しいものとしては、育成センター管理運営費459万2,000円が計上されています。


 ACTことひら管理運営費325万2,000円。賃金については3名分の臨時嘱託賃金447万円を計上しているところであります。


 琴平町青少年健全育成町民会議補助金24万5,000円を計上しています。


 公民館費については、1,439万4,000円。昨年とほぼ同じ内容となっています。


 3の同和教育費、830万2,000円。賃金、ことしは1名になりまして、144万円としております。


 文化財保護費、昨年とほぼ同じであります。1,248万1,000円であります。


 歴史民俗資料館と6の保健体育費の保健体育総務費については、前年とほぼ同様であります。


 体育施設費についてはいこいの郷の公園管理運営費で、4,686万8,000円を計上しております。


 節11の需用費、修繕料572万円については、プールと浴室などのろ過器の改修費であり、また、サウナの床の張りかえも計上しているところであります。


 歳入でありますけれども、分担金及び負担金の4、教育費負担金は112万2,000円。放課後児童学校保護者負担金であります。


 13のうちの教育使用料については2,319万2,000円で、節で4の幼稚園使用料保育料480万円と、旧金毘羅大芝居従来どおり1,700万円など、合わせて1,839万2,000円でございます。


 教育費国庫補助金28万5,000円は、小学校特別支援教育就学奨励費補助金10万円、中学校費補助金11万9,000円、幼稚園費補助6万6,000円でございます。


 次に、教育費県補助金は314万6,000円で、これは放課後子どもプランの推進事業費126万6,000円などでございます。


 中学校区学力向上総合推進事業補助金110万円などが計上であります。


 諸収入の3の4の教育費貸付金元利収入359万2,000円については、奨学金の返還金であります。


 雑入のうち、生涯学習講座受講手数料95万円。旧金毘羅大芝居記念品売上金9万7,000円。こんぴら大学参加料43万5,000円。災害共済保護者負担金、幼稚園、小学校、中学校合わせまして38万7,000円。香川用水の水源めぐりの旅保護者負担金が5万9,000円などが歳入であります。


 給食センターの運営費については、4,839万6,000円で、職員5名と臨時嘱託賃金552万8,000円。これは4名分計上し、ほぼ昨年と同様であります。


 この給食センター費の協議の中では、生ごみ処理器に対する意見が、慎重に検討をもという意見が、要望が出されたことをあわせて報告をしておきたいと思います。


 以上が報告であります。


 平成21年度琴平町一般会計当初予算の審議の結果については、採決は、当委員会に付託されたものについて、全議員の賛成で可決でございます。


 以上で、報告を終わります。


○議長(服部 武君)


 各委員長の報告は終わりました。


 これより委員長報告に対する一括質疑に入ります。


 質疑を許します。(「はい、議長。」という者あり。)


 9番、小笹 隆庸君。


○9番(小笹 隆庸君)


 ただいま両委員長より審議について、淡々と報告があったわけですけれども、建設教育民生常任委員会におきまして、委員より、款13の使用料及び手数料、この住民の使用料に関しましては、滞納に関しまして、委員より100%を一応目指して、住民に不公平感をなくするようにと。法的な手段もかんがみて、一応対応してくれるようなことを一応委員長に明言しておりましたので、ちょっと今聞いていますと、報告になかったもので、ひとつまたよろしくお願いします。


○議長(服部 武君)


 8番、今田 勝幸君。


○建設教育民生常任委員長(今田 勝幸君)


 お答えをいたします。


 確かに意見も出たことを承知しております。つけ加えて報告とさせていただきます。


○議長(服部 武君)


 これにて質疑を終了いたします。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。(「はい、議長。」という者あり。)


 8番、今田 勝幸君。


○8番(今田 勝幸君)


 議案第8号、平成21年度の一般会計当初予算に反対をする立場で討論をいたします。


 反対の理由は簡単に申し上げておきたいと思います。二つであります。一つは、100年に一度という大不況が今、町民の肩の上にものしかかってきておりますし、今からもさらに厳しい状況が押し寄せてくるのではないかと、こういうことが今、予想をされているわけであります。私は、今議会は、そういった中でとりわけ21年度の予算について、その町民の暮らしを守るために果たさなければならないものだというのは、私の考えであります。一般質問等の中でも、こういった立場で質問もしてきたところであります。


 そういった中で、セーフティネットをどう構築をするかというのが、今後の課題であろうと思います。また、中核医療機関としての善通寺病院の充実強化の問題についても、町民の医療の安心を求めている観点から放置することもできないのは事実であります。つまり、政治全般、国の政治がこのような形の中で町民に十分に期待にこたえ切れていない。そして、負担増の問題であるとか、あるいは、具体的な手当がおくれている問題とか、さまざまな問題がありますけれども、そういった中で、私たちの町政があるわけであります。ですから、そういった中で、私は具体的な姿勢として、この本予算の中にもそれが盛り込まれておるべきものが、私は残念ながら十分になされていないということで反対をしておきたい。これが一つの観点であります。


 もう一つについては、同和行政についてであります。かねてより終結を求めてまいりました。国の基本法が失効しているのは、皆さんもよく御承知のことと思います。人権のまちづくり事業、改良住宅の建てかえももう終わったわけであります。心理的差別、これがあるからといって、ここを継続していくということがやはり垣根をつくっているのではないか、そういうことは私はなってはならないと。本当に部落差別をなくするためには、この垣根を取り払う。もうそれはこの同和行政を終結をし、そして、町民が一体となって、公正、公平な行財政のもとで進んでいくことが望ましいことだと私は考えています。


 そういう立場で、この本予算の中に、先ほど報告しました内容も、県連に対する補助金とか、地区団体補助金というのについては、町の財政困窮の折から大幅な見直し、あるいは、廃止ということも考えていかなければならないのではないか。とりわけ行政全般の、町民全体を視野に入れて、公正、公平な運営をしていくためには見直しを大胆にすべきではないか。そして、全国の中でも多くの自治体で今、廃止が既に行われているところも、同和行政の終結を行われているところもございます。それに見習って、やっぱりしていく、廃止をしていくことが、本町町民すべての皆さん、これは、もちろんその関係する地域の方々を含めての生活の向上と暮らしの安定のために税金の使い方を公正、公平にするように求めておきたいと思いますし、最後にもう一度強調しておきますけれども、今日の諸問題については、やっぱり景気の問題が非常に大きな問題だと思いますし、雇用の問題も非常に大きな課題であります。直接的に本町の予算と関係ないかもわかりませんけれども、そういったところにこそ、温かい手を差し伸べてセーフティネットを確実に向上させていく、そこに町の財政の、行政の課題、問題、解決に向けて、姿勢が大事なんではないか。そういった意味で、反対討論をするわけであります。


 以上で終わります。


○議長(服部 武君)


 賛成討論の方はありませんか。


 7番、籔内伊佐子君。


○7番(籔内伊佐子君)


 ただいまの今田議員さんの反対討論に対しまして、私は同和行政の予算につきまして、賛成すべきであるという立場より討論をいたします。


 これまで本町が取り組んでまいりました行財政改革の中での組織の統廃合、例えば、人権確立要求実行委員会と同和教育推進協議会、平成16年にいたしました、統合し、人権確立琴平町民会議としております。また、個人給付を初め、補助金、委託料等、思い切った削減をしてきております。担当課より、本町は、他市町との比較をしても、突出して優遇はしていないとの答弁をいただいております。


 また、昨今、インターネットを悪用した人権侵害をも発生をしてきております。先般、本町におきましても、12月定例会でストリートビューに関する規制、法整備を求める意見書が採択をされましたが、ストリートビューは悪用されますと、住民の人権やプライバシーを侵し、犯罪に利用されるなどの危険性があり、また、新たな人権侵害を生む可能性があります。したがいまして、同和問題に対しても、まだ終息をしてしないのが現状であります。


 よって、同和行政を初めとした人権問題の解決には、これからも積極的な取り組みが必要と考えておりますので、予算に賛成するものであります。


 以上です。


○議長(服部 武君)


 以上で、討論を終わります。


 これより、議案第8号を採決いたします。


 本案に対する各委員長の報告は可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(服部 武君)


 起立多数と認めます。


 よって、議案第8号は原案のとおり可決されました。


 ここで暫時休憩といたします。


 再開は11時30分とさせていただきます。





     休憩 午前11時15分





     再開 午前11時29分





○議長(服部 武君)


 再開いたします。


 休憩前に引き続き会議を開きます。


 日程第10 議案第13号 平成21年度琴平町駐車場特別会計予算


を議題といたします。


 本案に関し委員長の報告を求めます。


 総務観光経済常任委員長 6番、小野 正人君。


  (「はい、議長、6番」と呼ぶ)


○総務観光経済常任委員長(小野 正人君)


 それでは、議長の命によりまして、当委員会に付託されております議案第13号、平成21年度琴平町駐車場特別会計予算につきまして、当委員会が主査となりました建設教育民生常任委員会との連合審査の審査経過並びに結果について御報告申し上げます。


 まず、歳入歳出予算の規模ですが、1,125万7,000円とするもので、前年度に比べ316万8,000円の減額となっております。


 では、歳入から御説明いたします。主なものといたしましては、1款の使用料及び手数料です。この内訳としまして駅前西駐車場の使用料が608万4,000円、駅前東駐車場使用料が340万8,000円、同じく駅前東駐車場月極使用料が176万円となっております。


 なお、対前年度に比べまして316万8,000円の減額理由ですが、使用料の減額計上によるものが主なものでございまして、先ほどの議案第5号の補正でも説明したように、昨年来使用実績が減少傾向にあるというものを反映したものだと思っております。


 次に歳出の主なものですが、1款の駐車場費で、その内訳といたしましては、駅前西駐車場管理運営費が607万5,000円。このうち管理運営のための業務委託料が前年同額の316万円。また、土地の借上料も同額の187万4,000円となっております。ただし、この土地の借上料に関しましては、予算書の作成の都合上、この全額を計上してはおりますが、本年4月よりこのうちの33台分をJR関連会社の方に返上するということでございまして、この33台分に関しましては、以降の借上料は発生せず、不用額につきましては、補正で対応するということになっております。また、この返上した土地との境界境には、柵などを設け、安全性を期すということになっております。


 次に、駅前東駐車場管理運営費といたしまして337万円が計上されておりますが、この多くは管理運営に対する業務委託料の316万円となっておりますことをつけ加えておきます。


 以上の説明をもとに当委員会で厳重なる審査をした結果、全員一致で原案どおり可とすることに決しましたことを御報告いたします。


 以上でございます。よろしく御審議お願いします。


○議長(服部 武君)


 委員長の報告は終わりました。


 これより委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑を許します。


  (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○議長(服部 武君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


  (「討論なし」と呼ぶ者あり)


○議長(服部 武君)


 討論なしと認めます。


 これより、議案第13号について採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(服部 武君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第13号は原案のとおり可決されました。


○議長(服部 武君)


 日程第11 議案第 9号 平成21年度琴平町学校給食特別会計予算


 日程第12 議案第10号 平成21年度琴平町老人保健特別会計予算


 日程第13 議案第11号 平成21年度琴平町国民健康保険特別会計予算


 日程第14 議案第12号 平成21年度琴平町下水道特別会計予算


 日程第15 議案第14号 平成21年度琴平町介護保険特別会計予算


 日程第16 議案第15号 平成21年度琴平町後期高齢者医療特別会計予算


 日程第17 議案第16号 平成21年度琴平町水道事業会計予算


を一括議題といたします。


 本案7件に関し、委員長の一括報告を求めます。


 建設教育民生常任委員長、8番、今田 勝幸君。


  (「はい、議長。8番。」と呼ぶ。)


○建設教育民生常任委員長(今田 勝幸君)


 報告をいたします。


 議案第9号 平成21年度琴平町学校給食特別会計の審議と結果の報告をいたします。


 歳入歳出予算それぞれ4,456万6,000円と定めるものであります。歳入については、学校給食費保護者負担金を改定し、中学校245円を280円に、小学校215円を240円に、幼稚園194円を225円にそれぞれ値上げをいたします。給食センターについては、215円を240円に値上げいたします。平均12%の引き上げでございまして、4,456万3,000円が保護者負担金となっています。


 歳出については、同額の給食費4,456万3,000円を賄材料費として使用するものであります。


 値上げについては、算出の方法、給食に地元産品の使用等や、またセンターの民間化についての話、意見、職員配置など意見や要望が出されましたことをあわせて報告をいたしておきます。


 審議の結果については、全員賛成で可決であります。


 議案第10号、平成21年度琴平町老人保健特別会計予算の報告をいたします。


 歳入歳出予算の総額はそれぞれ154万1,000円と定めるものであります。平成20年4月から後期高齢者医療保険になり、20年3月までの現レセプトの請求を精算するためのものでございまして、歳入の4、繰入金、一般会計から153万円の繰り入れをするものであります。


 歳出は、総務費の一般管理費、需用費、委託料など、実績からの計上であります。医療費の医療費給付費100万円、医療支給費は40万円など、これはレセプト請求が1カ月ぐらいおくれて請求となります関係で、その支払いのために充てるものであります。


 審議の結果、全議員の賛成で可決であります。


 議案第11号、平成21年度琴平町国民健康保険特別会計の報告であります。


 予算総額を歳入歳出それぞれ13億6,612万1,000円とするものであります。歳入については、1、国民健康保険税、一般被保険者国民健康保険税2億7,097万2,000円。退職被保険者等国民健康保険税2,081万6,000円。ともに歳出からの見込み額で算出を計上しています。国庫支出金3億6,409万7,000円。対前年比マイナスの7,543万6,000円でございます。


 6、県支出金5,326万1,000円。8の共用事業交付金2億51万4,000円。繰入金は一般会計から1億123万2,000円で、前年より2,018万6,000円増えているところであります。


 節では、職員給与費等がございます。繰入金が2,437万9,000円で、これは3名分でございます。助産費繰入金380万円などがございます。


 歳出は、総務費で、一般管理費2,645万5,000円。職員3名分を計上しているところであります。


 需用費、役務費などで実績による計上であります。国保連合会費364万7,000円は連合会よりの指示額とのことでございます。保険給付費9億1,562万9,000円については療養諸費、高額療養費、移送費など実績に基づく見込みを計上しています。


 4の出産育児一時金38万円。これは15人分で570万円。


 5の葬祭費5万円は36人分で180万円となっています。


 後期高齢者支援金等1億2,972万2,000円は国の内示額に基づいての計上であります。


 介護納付金は、5,342万5,000円。これは概算であります。高額医療費、共同事業拠出金3,368万8,000円は、国保連合会からのものでございます。


 保険財政共同安定化事業拠出金、これも実績に基づいて1億6,682万6,000円を計上しています。


 医療費適正化対策事業レセプト点検で、実績によりまして133万3,000円を計上しているところであります。


 地域医療確保対策事業費136万8,000円については、県よりの内示額でございます。


 審議の結果については、全員賛成で可決であります。


 議案第12号、平成21年度琴平町下水道特別会計の報告であります。


 3億8,521万6,000円。予算総額歳入歳出それぞれ、この金額にするものであります。


 歳入の下水道負担金、節受益者負担金541万6,000円であります。滞納繰越分44万1,000円を計上しております。


 次の下水道使用料1億2,110万円、滞納繰越分58万9,000円。国庫支出金の下水道国庫補助金3,000万円。一般会計からの繰入金1億830万4,000円も計上しているところでございます。


 町債で下水道債は、中讃流域下水道事業債で1,510万円。公共下水道事業債で4,600万円など、合わせて1億1,620万円。地方債の第2表のとおりでございます。


 歳出は、一般管理費8,060万9,000円で、19節負担金及び補助金、中讃流域下水道維持管理負担金6,001万7,000円。中讃流域水道事業負担金1,521万5,000円が主なものとなっています。


 施設費の下水道施設管理費についてはマンホール等の修繕費を含まれています。水質調査委託料など、196万4,000円。2の1の下水道施設整備費1億985万8,000円。これは職員3名分を含んでいます。人件費を含むものであります。


 工事費は榎井地区と東榎井地区の東中・旗岡で3工区の工事、6,510万円。水道管とガス管地下埋設の移設補償費1,900万円などであります。


 公債費については、元金1億1,987万7,000円と、その利子7,290万8,000円となっています。地方債については、当該年度末現在高見込み額が22億7,680万8,000円となっています。


 審議の結果については、全会一致で可決となっております。


 議案第14号、平成21年度琴平町介護保険特別会計予算について報告をします。


 予算を歳入歳出それぞれ9億1,668万4,000円とするものです。


 一時借入金、地方自治法第235条3第2項の規定によって、借入金の最高限度額を2億5,000万円と定めます。歳入の保険料、節の現年度分特別徴収保険料2,999名分で、1億2,725万6,000円。普通徴収が277名で945万9,000円。滞納繰越分普通徴収94万1,000円としています。地域支援事業負担金528万円は社協の配食400円の利用者負担金であります。


 5の1、2億5,527万6,000円については、2号保険者現年分でございます。


 繰入金の一般会計からの繰入金は1億5,188万7,000円。基金繰入金の1,843万8,000円は介護保険事業財政調整基金繰入金で、今期は第3期の予算となっていて不足分の補充でございます。これは、9月議会で調整補正をするとのことであります。


 歳出については、総務費で一般管理費で職員4名分の人件費の計上であります。徴収費、賦課徴収費60万3,000円。介護認定審査会費499万9,000円となっています。


 計画策定委員会に関する予算は、廃項目になっております。


 保険給付費の1、介護サービス等諸費7億5,360万円は、21年度の見込み額で実績から算出をして計上しています。施設介護サービス給付費4億4,400万円は、特別養護老人ホームなどへのものであります。


 5の高額医療合算介護サービス等費は、平成20年度からのもので、世帯で国保以外の他の保険に加入している場合、年間トータルして、一定金額に達すると返還されるものでございます。8月1日から7月31日までの1年間を計算します。今年は、16カ月分となります。4月1日からのものですから、16カ月分となります。


 4の地域支援事業費の介護予防特定高齢者施設事業の節でありますが、受託料、介護予防者を把握するために特定高齢者把握業務委託料は108万2,000円を計上しています。


 介護予防一般高齢者施策事業費は、こんぴら元気塾などの事業であります。


 包括支援事業総合相談事業費の節負担金補助金、社会福祉士派遣負担金は、571万9,000円は社協からの出向でございます。


 任意事業として、1,075万2,000円は配食サービスの業務委託924万円と成年後見制度利用支援事業助成金2名でありますが、33万6,000円。在宅寝たきり老人介護家庭福祉手当96万円は10名の8,000円で12カ月分を計上しております。


 審議の結果については、全員賛成で可決であります。


 議案第15号、平成21年度琴平町後期高齢者医療特別会計の報告をいたします。


 予算の総額を歳入歳出それぞれ1億6,386万7,000円とするものでございまして、保険料現年度分特別徴収7,779万5,000円。同じく普通徴収が3,745万7,000円は広域連合の指示によるものであります。


 繰入金は、事務費繰入金1,319万8,000円。保険基盤安定繰入金3,464万円については広域連合内示によるものであります。


 歳出については、総務費79万7,000円。徴収費436万1,000円は、平成20年度実績に基づいて計上したものであります。


 後期高齢者医療広域連合納付金1億5,870万5,000円は、広域連合の内示で、よって歳出計上でございます。なお、特別徴収については1,300名。普通徴収は520名であります。


 審議の結果は、全員賛成で可決であります。


 議案第16号、平成21年度琴平町水道事業会計予算の審議と報告をいたします。


 総則第2条の給水戸数を前年比50戸減らしまして4,550戸にしました。年間総給水量を158万7,750立方メートル。1日平均の配水量は4,350立方メートルとしました。収益的収入及び支出の収入、水道事業収益の営業収益給水収益を3億3,806万円。対前年比マイナスの847万6,000円であります。水道料金3億2,909万5,000円。水道メーター使用料896万5,000円。その他営業収益335万円など、合計で、水道事業収益3億4,252万9,000円としております。


 支出については、水道事業費用3億5,053万4,000円で、営業費用2億7,041万8,000円。これは原水及び浄水関係の職員3名分と、配水及び給水費1億6,053万1,000円でございます。


 漏水調査業務委託費で59万5,000円。検定満期メーターの取替業務委託料で172万1,000円。配水給水施設修繕費530万円。総係費が5,153万円は、これについては職員4名分の人件費を含んでいます。検診業務委託料308万5,000円。浄水場運転管理業務委託料227万9,000円でございます。


 資本的収入及び支出の収入、下水道工事に伴う工事負担金など1,650万円。支出は企業債償還金9,574万4,000円。建設改良費4,388万8,000円で、1億3,963万2,000円が基本的支出となっております。


 平成21年度琴平町水道事業予定損益計算書、営業利益は5,850万円でございます。経常損失は730万6,000円。前年度繰越欠損金690万3,000円。当年度未処理欠損金1,420万9,000円でございます。


 滞納整理徴収の強化であるとか、原水単価235円77銭、給水単価は231円67銭などが質問の中から回答として出されております。水質検査とか、企業債の明細書など資料提出もされたところでございます。


 審議の結果は、全員賛成で可決でありますが、これについても、滞納の問題については大きな議論を呼んだところであります。


 以上で報告を終わります。


○議長(服部 武君)


 委員長の報告は終わりました。


 これより委員長報告に対する一括質疑に入ります。


 質疑を許します。


  (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○議長(服部 武君)


 質疑なしと認めます。


 これより一括討論に入ります。


 討論はありませんか。


  (「討論なし」と呼ぶ者あり)


○議長(服部 武君)


 討論なしと認めます。


 これより、議案7件のうち議案第9号について採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(服部 武君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第9号は原案のとおり可決されました。


○議長(服部 武君)


 これより、議案7件のうち議案第10号について採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(服部 武君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第10号は原案のとおり可決されました。


○議長(服部 武君)


 これより、議案7件のうち議案第11号について採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(服部 武君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第11号は原案のとおり可決されました。


○議長(服部 武君)


 これより、議案7件のうち議案第12号について採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(服部 武君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第12号は原案のとおり可決されました。


○議長(服部 武君)


 これより、議案7件のうち議案第14号について採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(服部 武君)


 賛成多数と認めます。


 よって、議案第14号は原案のとおり可決されました。


○議長(服部 武君)


 これより、議案7件のうち議案第15号について採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(服部 武君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第15号は原案のとおり可決されました。


○議長(服部 武君)


 これより、議案7件のうち議案第16号について採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(服部 武君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第16号は原案のとおり可決されました。


 ここで暫時休憩といたします。再開を13時ちょうどとさせていただきます。





     休憩 午前 11時54分





     再開 午後 0時58分





○議長(服部 武君)


 再開いたします。


 午前中に引き続き会議を開きます。


 日程第18 議案第17号 職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部を改正する条例


 日程第19 議案第18号 琴平町介護従事者処遇改善臨時特例基金条例


 日程第20 議案第19号 琴平町少年育成センター設置条例


 日程第21 議案第21号 琴平町社会福祉法人助成条例


を一括議題といたします。


 本案に関し委員長の一括報告を求めます。


 総務観光経済常任委員長、6番、小野 正人君。


  (「はい、議長。6番。」と呼ぶ)


○総務観光経済常任委員長(小野 正人君)


 議長の命によりまして、当委員会に付託されております、まず議案第17号、職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部改正に関する条例について、審査いたしました経過並びに結果について御報告いたします。


 まず、提案理由といたしましては、人事院の公務員の給与に関する勧告の趣旨に基づきまして、国家公務員や他の地方公共団体の職員との均衡等を考慮し、勤務時間の改定を行うもので、関連する条例の一部を改正したものでございます。


 なお、改正箇所につきましては、議案書のとおりですので省きますが、説明によりますと、1日の勤務時間数を8時間から7時間45分に短縮するというものでございます。なお、そのために昼休みが45分から60分となるものでございますが、勤務時間帯は従来どおりでございます。また、窓口での応対に対しましては、これまでどおり昼休みでも対応するということでございました。


 これらの説明をもとに、当委員会で審査の結果、全員一致で原案どおり可とすることに決しましたことを御報告申し上げます。


 続きまして、議案第18号の琴平町介護従事者処遇改善臨時特例基金条例についてでございますけれども、執行部からの説明によりますと、介護従事者の処遇を改善するための緊急特別対策が決定されたことに伴いまして、介護報酬の改定及びそれに伴う介護保険料を見直すこととなっております。しかし、急激な上昇を抑制するために、国から介護従事者処遇改善臨時特例交付金が交付されることになっております。そこで、この交付金を受け入れるための基金を新たに設置する必要があり、条例でこれを定めるものであるという説明を受けております。


 なお、施行日ですが、交付される日からになっておりますが、その効力は平成24年の3月31日までとするものでございます。


 以上の点につきまして、審査した結果、当委員会では全員一致で原案どおり可とすることに決しております。


 続きまして、議案第19号の琴平町少年育成センター設置条例についてでございますが、この設置理由といたしましては、これまで30年間運営してきました琴平地区少年健全育成センターの廃止に伴いまして、少年の健全育成を総合的に推進するとともに、非行防止を図るためには、新たに琴平町において少年育成センターを設置する必要性があり、その設置に関します事業内容、また、運営方法などを定めるための条例を定めたものでございます。


 なお、この条例の中の主な項目を説明いたしますと、事業内容の中には、健全育成事業、補導事業、教育相談、適応指導教室、また、関係機関との連絡調整等が明記されており、また、運営を図るためには、学識経験者、民生児童委員、教育委員会など10名ほどで組織する運営委員会により調査、また審議をするということでございます。


 なお、施行日は、平成21年4月1日とするものでございます。


 この条例に関しましては、委員から意見が寄せられ、少年の健全育成に有意義な事業の充実を図ってもらいたい、また、他機関との調整等を行い、効率的な運営を望む意見が出されていますことをつけ加えておきます。


 以上の点をもちまして、慎重な審査の結果、当委員会では全員一致で原案どおり可とすることに決しております。


 続きまして、議案第21号の琴平町社会福祉法人助成条例でございますが、この審議経過につきまして、まず提案理由といたしましては、これまでこの根拠法でございました社会事業法が社会福祉法に改称されたことに伴いまして、これまで定義されておりませんでした報告書の提出義務づけや、また、返還に関する基準などを設け、各条項を見直したものでございます。これらによりまして、助成を受けようとする社会福祉法人は、町長に対し、助成を受け入れる理由、また事業計画書及び出資予算書等を申請書とともに提出する義務を定め、また交付を受けた法人は事業の完了後、事業報告書、出資決算書等の実績報告書の提出を義務づけられております。


 このようなことから、適正な事業の遂行が行うことを期して、また、これらの申請書や報告書に虚偽また不正な行為があると認められた場合は、この補助金の全部、または一部に対し返還命令を出すことができるように定めております。


 なお、施行日は、平成21年4月1日となっております。


 以上の説明をもとに、当委員会として審査した結果、公平、公正な助成金交付のために有効であると判断いたしまして、本条例を全会一致で原案どおり可とすることに決しております。


 以上、当委員会での報告を終わります。よろしく御審議のほどお願い申し上げます。


○議長(服部 武君)


 委員長の報告は終わりました。


 これより委員長報告に対する一括質疑に入ります。


 質疑を許します。


  (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○議長(服部 武君)


 質疑なしと認めます。


 これより一括討論に入ります。


 討論はありませんか。


  (「討論なし」と呼ぶ者あり)


○議長(服部 武君)


 討論なしと認めます。


 これより、議案4件のうち、議案第17号について採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(服部 武君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第17号は原案のとおり可決されました。


○議長(服部 武君)


 これより、議案4件のうち、議案第18号について採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(服部 武君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第18号は原案のとおり可決されました。


○議長(服部 武君)


 これより、議案4件のうち、議案第19号について採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(服部 武君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第19号は原案のとおり可決されました。


○議長(服部 武君)


 これより、議案4件のうち、議案第21号について採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(服部 武君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第21号は原案のとおり可決されました。


○議長(服部 武君)


 日程第22 議案第20号 琴平町敬老祝金支給条例の一部を改正する条例


 日程第23 議案第22号 琴平町国民健康保険条例の一部を改正する条例


 日程第24 議案第23号 琴平町介護保険条例の一部を改正する条例


を一括議題といたします。


 本案3件に関し委員長の一括報告を求めます。


 建設教育民生常任委員長、8番、今田 勝幸君。


  (「はい、8番」と呼ぶ)


○建設教育民生常任委員長(今田 勝幸君)


 報告をいたします。議案第20号、琴平町敬老祝金支給条例の一部を改正する条例の報告であります。


 条例第2条第1号中の「年齢の者」を「年齢に達する予定である者」に改めるものであります。これは、町長が90歳以上の町民に対しまして訪問をし、お祝い申し上げ、祝金を支給していますけれども、基準日を早めることで、支給時期も早められるようにしたものであります。長寿高齢者は多数になり、9月初旬より訪問していた実態との合理的整合性を整えたところでございます。


 なお、施行日については、平成21年4月1日からでございます。


 審議の結果は全員賛成で可決でございます。


 議案第22号、琴平町国民健康保険条例の一部を改正する条例の審議及び結果について報告をいたします。


 改正点は、葬祭費支給額を改め、増額するもので、国民健康保険条例第7条第1項中の「3万円」を「5万円」に改正するものであります。


 施行日は、本年4月1日からでございます。


 審議の結果は全員賛成の可決であります。


 議案第23号、琴平町介護保険条例の一部を改正する条例の報告を行います。


 第4期の介護保険事業計画、夜間訪問介護、認知症デイサービスの実施、保険料第4段階の細分化、基金を取り崩しをしないことなどに基づきまして、介護保険料と介護従事者の待遇改善、処遇改善をするための介護報酬改定に伴う介護保険料を行い、激変緩和措置として3年間にそれぞれ引き上げるものであります。現行の平均で言うと、3,625円を介護報酬分105円と事業計画等による値上げ分445円の計550円値上げし、4,175円になるものであります。


 施行日については、平成21年4月1日からであります。


 審議の結果は全議員の賛成で可決であります。


 以上で報告を終わります。


○議長(服部 武君)


 委員長の報告は終わりました。


 これより委員長報告に対する一括質疑に入ります。


 質疑を許します。


  (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○議長(服部 武君)


 質疑なしと認めます。


 これより一括討論に入ります。


 討論はありませんか。(「はい、議長。8番。」と呼ぶ)


 8番、今田 勝幸君。


○8番(今田 勝幸君)


 23号の介護保険条例の一部を改正する条例について、反対討論をしたいと思いますが、議案第14号についても、関連をいたしますので、そのように御認識をしていただきたいと思います。


 反対の理由については、今日の経済状況から介護保険料を上げることについて、非常に負担が重くなるということが一つの論点でございます。心理的不安が非常に強くなる方々も出てくるのではないか。そして、そのときに本町としても、十分にそれにこたえていかなければならないけれども、まだその点については不十分な分があるのではないかというのが論点であります。


 特に、もう一つの点については、今回の値上げについて、2.8%部分、いわゆる国の施策によって義務づけられた部分があるわけでありますけれども、私は、こういったものについては、国の介護保険負担金を増額することによりまして解消すべきだということで、反対をしたいと思います。


 まして、今回の措置によりまして、介護保険従事者が処遇改善されるかのように言われておりますけれども、ほんのごく一部の人しか今回についてはそれができていない。本町の町民が、よしんばそれを2.8%認めて出してみたところで、琴平町の関係する介護保険従事者のところまでは回ってこない。そういうことになっておりますので、それでは余りにも困るということが論点でございます。介護保険難民とか、介護の難民とか、医療難民をつくらないためにも、やはり値上げをせずに、私はやっていくべきだという思いから反対の点を言っておきたいと思います。


 なお、悪政の法律に基づきましての問題であるということも、当然言っておかなければならないことでございますけれども、それをすんなり受け入れるのではなくて、やはり国には国、県には県に対してきっちりとそういったことは要求をすべきだと思いますので、反対討論としておきたいと思います。(「はい、議長。11番。」と呼ぶ)


○議長(服部 武君)


 11番、山神 猛君。


  (「11番、山神」と呼ぶ)


○11番(山神 猛君)


 私は、琴平町の介護保険条例の一部改正につきまして、賛成の立場で討論をさせていただきます。


 御存じのように、介護保険は3年ごとに事業計画を見直し、介護保険料について見直し、改定などの手続がとられております。平成20年度で、現在の介護保険事業計画が終了することから、新たに町内の各種機関の代表の策定委員の協議により、平成21年度から23年度までの3年間の介護保険事業計画が策定され、介護保険料が算出されております。この計画は、特に、今後の高齢化社会が抱える課題に的確に対応していくために、過去の進捗状況や介護、保健福祉サービスの利用状況、需要動向等を把握し、今後の3年間の要介護者の人数、各種サービスの見込み量、取り組むべき施策や提供体制を明らかにし、琴平町の介護保険事業及び高齢者保健福祉事業の方向性を示すために策定されたものであります。


 今回の介護保険料の改定につきましては、この計画に基づき、介護に携わります関係職員への報酬改定、また、今後3年間の介護関係の給付費の自然増加なども考慮するなど、結果として、従来の保険料に比べて増額とされたものであります。


 私も増額自体が決していいこととは申せませんが、高齢化が進みつつある現状から類推いたしますと、ここで策定を見送った場合、次の見直しの際に住民に急激かつ大幅な負担を強いることにもなりかねないと感じました。このような観点から、私は今後の介護保険事業の安定的な運用を考え、今回の改正に対し、賛成するものであります。


 以上、私の賛成討論とさせていただきます。私の意見に御賛同の方は拍手をお願いしたいと思います。


○議長(服部 武君)


 ほかにありませんか。


  (「討論なし」と呼ぶ者あり)


○議長(服部 武君)


 なければ、以上をもって、討論を終わります。


 これより、議案3件のうち議案第20号について採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおりに決することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(服部 武君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第20号は原案のとおり可決されました。


○議長(服部 武君)


 これより、議案3件のうち議案第22号について採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおりに決することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(服部 武君)


 起立多数と認めます。


 よって、議案第22号は原案のとおり可決されました。


○議長(服部 武君)


 これより、議案3件のうち議案第23号について採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおりに決することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(服部 武君)


 起立多数と認めます。


 よって、議案第23号は原案のとおり可決されました。


○議長(服部 武君)


 日程第25 請願第1号 琴平町教育委員会は、統合に関する基本方針(骨子案)について、改めて小学校統合の在り方の検討を求める請願


を議題といたします。


 本案に関し委員長の報告を求めます。


 建設教育民生常任委員長、8番、今田 勝幸君。


  (「はい、8番」と呼ぶ)


○建設教育民生常任委員長(今田 勝幸君)


 報告をいたします。付託をされました請願書の報告であります。


 「榎井小学校と琴平小学校(以下「琴平小」という)の統合に伴う、榎井小学校(以下「榎井小」という)の廃校計画を今直ぐやめて下さい。」の審議は、3月17日、建設教育民生常任委員会を主査とし、連合で審査を行ったところであります。この請願書に至った経過などについては、全議員の御理解と経過については御承知をされていると思いますので、ということで、直ちに審議に入りました。榎井小学校の用地内に春日講との土地貸借関係が存在することや、今回の請願書は榎井小学校校区を中心としたもので、琴平町全体の判断とは言えないのではないかなどの御意見、また、一つの民意として尊重すべきだとの意見もありました。そのほか、さまざまな意見がありました。


 そのような意見も含めて、今回の請願書の請願事項判断は、琴平町の将来、100年の体系を考えると重要な判断と思うわけであります。現時点で、地域住民の判断の一つとして1,517名の方が署名されたことと思います。教育委員会や検討委員会の今日までの努力についての否定をするものではなく、地域住民、町民全体で今回のことは十分に今後生かされ、その上で統廃合問題は推移していくものと思います。


 請願書の請願事項の琴平町教育委員会は、統合に関する基本方針(骨子案)について改めて小学校統廃合の在り方の検討を求めるについて、採決を求めましたところ、建設教育民生委員全員賛成で可決をしたところであります。


 以上で、報告を終わります。


○議長(服部 武君)


 委員長の報告は終わりました。


 これより委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑を許します。


  (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○議長(服部 武君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


  (「討論なし」と呼ぶ者あり)


○議長(服部 武君)


 討論なしと認めます。


 これより、請願第1号について採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は採択とするものであります。


 お諮りいたします。


 本案は、委員長の報告のとおり採択とすることに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(服部 武君)


 全員起立と認めます。


 よって、請願第1号は採択とすることに決定いたしました。


○議長(服部 武君)


 閉会前ではありますが、あいさつのため、町長より発言を求められていますので、これを許可いたします。


 町長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(山下 正臣君)


 平成21年琴平町議会3月定例会閉会に際しまして、一言ごあいさつを申し上げたいと思います。


 本定例会は、3月9日から本日までの11日間開会をされました。その間には、各校卒業式等の行事もあり、議員各位には大変御多忙の中でございましたが、連日にまたがりまして、大変御熱心かつ御慎重に御審議を賜りまして、御提案申し上げました全議案に対し、原案どおり承認可決をいただきましたこと、厚くお礼を申し上げたいと思います。


 また、開会当初、3月9日にはまだまだ寒さの残る気候でございましたが、日々気温が上昇してまいり、その間には全国各地から桜の開花だより等も聞こえてくるようになってまいりました。季節は春へと移行をいたしております。いよいよ新年度を迎えるわけでございます。新年度の予算を初め、取り巻く環境等につきましては、冒頭の所信表明でも申し述べましたとおり、大変厳しい状況の中で、新しい年に入っていかなければいけない。そのような大変厳しい中での行財政運営になってまいることは避けることができないという現状下でございます。


 また、現在、国におきましては、平成21年度の国家予算がまだ成立はいたしておりませんが、やがて成立の見込みであるようでございます。また、この成立を待って、さらに経済対策、また住民生活対策等の観点から、さらなる21年度の補正予算案が提案されるやに伺っております。そういう状況と、さらに現在、政局はまだまだ混迷を続けておりますし、政策も極めて不透明な状況でございます。そのような中で、地方自治体は新しい年度に入っていくわけでございますが、今後は、国政の動向というものを十分に見きわめる中で、本町の取り組み等については、慎重にかつまた効果的に運用をしてまいらなければいけない、そのように考えておるところでございます。


 いずれにいたしましても、大変厳しい状況が続く中での行財政執行になるわけでございます。我々執行部は一丸となりまして、さらに渾身の力を振り絞りながら取り組みに邁進をしてまいる決意でございます。どうぞ今後とも議会並びに住民の皆様方に、現在のこのような状況下での琴平町の将来等をも十分お考えをいただく中で、御理解、御協力を賜ってまいりたいと願っておるところでございます。


 今後とも、一層の御指導、御鞭撻をよろしくお願いを申し上げまして、閉会に際しましてのお礼方々、お願いのごあいさつにかえさせていただきたいと思います。どうもありがとうございました。


○議長(服部 武君)


 町長のあいさつを終わります


 今期定例会に付議されました事件は、すべて議了いたしました。


 以上をもって本日の会議を閉じます。


 これをもって、平成21年琴平町議会3月定例会を閉会いたします。


 ありがとうございました。





             (閉会 午後 1時27分)





 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。








       琴平町議会議長











       琴平町議会議員











       琴平町議会議員