議事ロックス -地方議会議事録検索-


香川県 琴平町

平成20年 6月定例会(第1日 6月23日)




平成20年 6月定例会(第1日 6月23日)





          平成20年琴平町議会6月定例会 会議録


     ――――――――――――――――――――――――――――――





 平成20年琴平町告示第51号





 平成20年琴平町議会6月定例会を次のとおり招集する。





  平成20年6月18日





                            琴平町長 山 下 正 臣


 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 1.期 日  平成20年6月23日 午前9時30分





 2.場 所  琴平町役場 琴平町議会議事室


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 開  会 平成20年6月23日(月曜日) 午前 9時30分


 閉  会 平成20年6月25日(水曜日) 午後 2時51分


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 1.応招・出席・欠席議員(12名)


┌────┬──────┬─────┬──────┬──────┐


│ 議席 │ 議員氏名 │応 招□ │第1日   │第2日   │


│ 番号 │      │不応招△ │(6月23日) │(6月25日) │


│    │      │     │出席 〇  │出席 〇  │


│    │      │     │欠席 ×  │欠席 ×  │


├────┼──────┼─────┼──────┼──────┤


│ 1番 │服部  武 │  □  │  〇   │  〇   │


├────┼──────┼─────┼──────┼──────┤


│ 2番 │氏家 孝志 │  □  │  〇   │  〇   │


├────┼──────┼─────┼──────┼──────┤


│ 3番 │臼杵 善弘 │  □  │  〇   │  〇   │


├────┼──────┼─────┼──────┼──────┤


│ 4番 │森  義幸 │  □  │  〇   │  〇   │


├────┼──────┼─────┼──────┼──────┤


│ 5番 │大北 秀穗 │  □  │  〇   │  〇   │


├────┼──────┼─────┼──────┼──────┤


│ 6番 │小野 正人 │  □  │  〇   │  〇   │


├────┼──────┼─────┼──────┼──────┤


│ 7番 │籔内伊佐子 │  □  │  〇   │  〇   │


├────┼──────┼─────┼──────┼──────┤


│ 8番 │今田 勝幸 │  □  │  〇   │  〇   │


├────┼──────┼─────┼──────┼──────┤


│ 9番 │小笹 隆庸 │  □  │  〇   │  〇   │


├────┼──────┼─────┼──────┼──────┤


│ 10番 │山下 康二 │  □  │  〇   │  〇   │


├────┼──────┼─────┼──────┼──────┤


│ 11番 │山神  猛 │  □  │  〇   │  〇   │


├────┼──────┼─────┼──────┼──────┤


│ 12番 │眞鍋 籌男 │  □  │  〇   │  〇   │


└────┴──────┴─────┴──────┴──────┘





 2.会議録署名議員


┌──────┬─────────┬─────────┐


│      │第1日(6月23日) │第2日(6月25日) │


├──────┼─────────┼─────────┤


│議席番号  │2番 氏家 孝志 │3番 臼杵 善弘 │


├──────┼─────────┼─────────┤


│氏  名  │12番 眞鍋 籌男 │11番 山神  猛 │


└──────┴─────────┴─────────┘





 3.職務のため出席したものの職氏名


┌────────────┬────────┬────────┐


│         会 期│第1日     │第2日     │


│職氏名         │(6月23日)   │(6月25日)   │


├────────────┼────────┼────────┤


│事務局長 松浦 治朗  │   〇    │   〇    │


├────────────┼────────┼────────┤


│主  任 造田  泰  │   〇    │   〇    │


└────────────┴────────┴────────┘





 4.地方自治法第121条による出席者の職氏名


┌───────────────────┬──────┬──────┐


│               会  期│第1日   │第2日   │


│職 氏 名              │(6月23日) │(6月25日) │


├───────────────────┼──────┼──────┤


│町長          山 下 正 臣│  〇   │  〇   │


├───────────────────┼──────┼──────┤


│副町長         高 岡   勝│  〇   │  〇   │


├───────────────────┼──────┼──────┤


│教育長         多 田 紀 男│  〇   │  〇   │


├───────────────────┼──────┼──────┤


│総務課長        安 川   稔│  〇   │  〇   │


├───────────────────┼──────┼──────┤


│総務課主幹       藤 沢 博 文│  ×   │  ×   │


├───────────────────┼──────┼──────┤


│税務課長        香 川 政 義│  〇   │  〇   │


├───────────────────┼──────┼──────┤


│住民サービス課長    三 井 貫 常│  〇   │  〇   │


├───────────────────┼──────┼──────┤


│福祉保健課長      高 原 健 司│  〇   │  〇   │


├───────────────────┼──────┼──────┤


│福祉保健課主幹     豊 田 泰 志│  〇   │  〇   │


├───────────────────┼──────┼──────┤


│観光商工課長      細 川 和 徳│  〇   │  〇   │


├───────────────────┼──────┼──────┤


│農政課長        宮 武 千万利│  〇   │  〇   │


├───────────────────┼──────┼──────┤


│建設下水道課長     西 谷 信 誓│  〇   │  〇   │


├───────────────────┼──────┼──────┤


│人権同和課長      大矢根 正 高│  〇   │  〇   │


├───────────────────┼──────┼──────┤


│会計管理者兼出納室長  山 田   實│  〇   │  〇   │


├───────────────────┼──────┼──────┤


│生涯教育課長      堀 家   悟│  〇   │  〇   │


├───────────────────┼──────┼──────┤


│水道課長        川 添 龍 也│  〇   │  〇   │


└───────────────────┴──────┴──────┘








               会 議 の 経 過





 会期 第1日 平成20年6月23日(月曜日)


 議事日程(第1号)


 第 1       会議録署名議員の指名


 第 2       会期の決定


 第 3 報   告 行財政改革についての調査           総観経委員長


           観光・産業振興調査


 第 4 報   告 建設・環境・福祉・教育に関する調書      建教民委員長


 第 5       町政一般報告                 町長


 第 6       選挙管理委員会委員及び同補充委員の選挙    町長提出


 第 7 議案第1号 専決処分の承認について(平成20年度琴平町老 町長提出


           人保健特別会計補正予算(第1号)


 第 8 議案第2号 専決処分の承認について(平成20年度琴平町国 町長提出


           民健康保険特別会計補正予算(第1号)


 第 9 議案第3号 専決処分の承認について(琴平町税条例の一部を 町長提出


           改正する条例)


 第10 議案第4号 専決処分の承認について(琴平町国民健康保険税 町長提出


           条例の一部を改正する条例)


 第11 議案第5号 専決処分の承認について(琴平町国民健康保険税 町長提出


           条例の一部を改正する条例)


 第12 議案第6号 琴平町教育委員会委員の任命について      町長提出


 第13 議案第7号 中讃広域行政事務組合の共同処理する事務の変更 町長提出


           及び中讃広域行政事務組合規約の一部変更につい


           て


 第14 議案第8号 町道の路線認定及び廃止について        町長提出


 第15 議案第9号 琴平町監査委員に関する条例の一部を改正する条 町長提出


           例


 第16 議案第10号 工事請負契約の締結について          町長提出


 第17 報告第1号 平成20年度琴平町土地開発公社事業計画及び予 町長提出


           算について


 第18 意見書第1号 国による公的森林整備の推進と国有林野事業の 小笹議員


            健全化を求める意見書            外4名








              (開会 午前9時30分)





○議長(服部 武君)


 おはようございます。


 御参集いただきまして、ありがとうございます。


 これより、平成20年琴平町議会6月定例会を開会いたします。


 ただいまの出席議員は12名であり、地方自治法第113条の規定による定足数に達しておりますので、本日の会議は成立いたしました。


 これより、本日の会議を開きます。


 御相談申し上げたいことがございますので、ただいまより議会運営委員会を開催願いたいと思います。


 委員の方は委員会室に御参集願います。


 その間、暫時休憩といたします。





     休憩 午前 9時31分





     再開 午前10時41分


     (出席議員 休憩前に同じ)





○議長(服部 武君)


 再開いたします。


 休憩前に引き続き会議を開きます。


 まず、今期定例会の招集者である町長のあいさつを求めます。


 町長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(山下正臣君)


 改めまして、おはようございます。(「おはようございます」の声あり)


 本日、平成20年琴平町議会6月定例会、御案内を申し上げましたところ、全議員の応招、御出席をいただいておりますこと、厚くお礼を申し上げたいと思います。


 ここ数日来、本格的な梅雨らしい季節が続いておりまして、連日、雨でございました。全国各地におきましても、岩手・宮城県の内陸地震等も起きたり、また、九州地方におきまして集中豪雨による水害等も発生いたしております。これらの被害地域に対しましては心からお見舞いを申し上げ、一日も早い復興をお祈りを申し上げたいと思っております。幸いに琴平町におきましては、何ら被害もなく、きょうは久し振りのさわやかな晴天の朝を迎えることができました。


 そういう中でございますが、国政に目を転じますと、いまだに解決の見通しが立たない宙に浮いた年金問題、また、道路特定財源、ガソリン税率の復活、さらにはガソリンの高騰等が続いております。加えまして、後期高齢者医療制度の見直し問題等も依然解決の見通しが立たない状況の中で、国会は閉会に至っております。あわせまして環境問題を中心といたします洞爺湖サミットに今、事は動き始めておるような状況でございます。いずれにいたしましても自然災害とあわせまして、政治の結果によります人的災害、被害というものが各所にみられる昨今でございます。


 そういう中で、今6月定例会の開会でございます。町におきましても、いろいろ財政を初め、厳しい諸問題を抱えながら今日を迎えておるわけでございますが、どうぞ今6月定例議会、御提案申し上げます議案等につきましてはよろしく御審議を賜り、どうぞ御議決、御承認を賜ることをお願い申し上げ、極めて簡単でございますが、開会に当たりましてのお礼とお願いのごあいさつにかえさせていただきたいと思います。


 本日はまことにありがとうございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。


○議長(服部 武君)


 町長のあいさつを終わります。


 本日の議事日程(第1号)、会期日程表、議案付託表は、ただいまお手元に配付いたしておるとおりでありますが、先ほど追加議案が提出されましたので、議事日程に追加して処理いたします。


 日程に入るに先立ちまして、諸般の報告を行います。


 事務局長から、報告いたさせます。


 事務局長。


○事務局長(松浦 治朗君)


 おはようございます。(「おはようございます」の声あり)


 命により、報告いたします。


 まず、選挙管理委員会委員長より選挙管理委員会委員及び補充委員につき7月6日付、任期満了の旨の通知を受理いたしております。本日の日程にて選挙を行います。


 次に、町長から、追加議案を含めまして今期定例会に付議するため地方自治法第149条に基づく議案10件を受理いたしております。専決処分案5件、人事案1件、規約案1件、町道認定案1件、条例案1件、契約締結案1件であります。また報告が1件提出されております。


 なお、小笹議員他4名より意見書1件が提出されており、受理いたしましたので、あわせて本日の日程に追加して処理いたします。


 次に、監査委員から地方自治法第235条の2の規定に基づき、平成19年度2月分から4月分、平成20年度4月分に関する現金出納検査結果の報告がありましたので、その写しを配付いたしております。


 次に、本日お手元に配付いたしております資料は、委員長報告にかかわります参考資料でございますので、御参照願いたいと思います。なお、関係委員会の議員、また傍聴した議員の方には配付を省略いたしておりますので、御了承願います。なお、総務課主幹より、本日の会議に欠席したい旨の届けが提出され、受理いたしておりますので、よろしくお願いいたします。


 最後に、地方自治法第121条の規定により、本日の会議に説明のため出席を求めました者は、既に配付いたしております名簿のとおりであります。


 よろしくお願いいたします。以上、報告を終わります。


○議長(服部 武君)


 以上をもって諸般の報告を終わります。


○議長(服部 武君)


 日程第1 会議録署名議員の指名


を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第116条の規定により、


 2番 氏家 孝志君


 12番 眞鍋 籌男君


を指名いたします。


○議長(服部 武君)


 日程第2 会期の決定


を議題といたします。


 お諮りいたします。


 今期定例会の会期は、本日から25日までの3日間といたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(服部 武君)


 御異議なしと認めます。


 よって会期は、3日間と決定いたしました。


○議長(服部 武君)


 日程第3 行財政改革についての調査


       観光・産業振興調査


を一括議題といたします。


 本案に関し委員長の一括報告を求めます。


 総務観光経済常任委員長、6番、小野 正人君。


  (「はい、議長、6番、小野」と呼ぶ)


○総務観光経済常任委員長(小野 正人君)


 おはようございます。


 議長の命によりまして、当琴平町議会総務観光経済常任委員会に付託されております閉会中の継続調査について御報告申し上げます。


 去る6月16日、全議員出席のもと、行財政改革並びに観光・産業振興に関する調査を3月定例会以降の所管事務調査を中心に行いましたので、その内容について御説明いたします。


 まず、総務課より、行財政改革に関する報告がございました。それによりますと、第3次琴平町行財政改革により4,349万8,000円の効果を見込んでいるという報告がございます。また、今年4月1日現在の職員数は130名、臨時職員が23名となっております。ちなみに職員定数の適正化に関しましては、平成22年4月1日をもって120名を目指しているということでございます。


 次に、平成19年度における情報公開に関する報告がございました。請求件数を具体的に示しますと、町長部局へ67件、議会へ9件、教育委員会へ13件、監査委員へ1件、また、個人情報に基づく開示請求が4件あったということでございます。


 次に、火災発生状況ですが、象郷地区で1件、南新町で1件、そして、消防団の出動を伴っていないものが1件、計3件が発生しております。


 次に、防災関連ですが、自主防災組織の結成状況についてご報告いたします。本年5月末現在で33地区が結成しており、世帯数に占める結成率が34.51%となっております。また、この自主防災組織の結成促進を目的といたしました防災出前講座ですが、平成19年度中に16回、平成20年度におきましては、現在までに2回開催しているということでございます。


 次に、交通事故の発生状況ですが、本町内における交通事故件数は33件、死者が1名、負傷者が37名となっており、また、交通事故防止のために本年4月7日から同15日にかけまして、全国交通安全運動を実施し、本町でも立哨等を行い、その啓発に努めております。


 次に、税務課より町税徴収状況について報告がございました。それによりますと、本年5月30日現在における町民税、固定資産税、軽自動車税、町たばこ税などの普通税現年度分といたしまして、調定額が11億7,139万2,127円に対しまして、収入額が11億2,057万2,920円となっております。徴収率にいたしますと、95.66%となり、同時期の対前年度比として0.39ポイントの上昇となっております。


 次に、目的税のうち、国民健康保険税に関しましては、調定額3億7,516万1,100円に対しまして、収入額が3億5,492万1,640円となり、徴収率にして94.61%となっておりますが、こちらの同時期の対前年度比は0.19ポイントの減となっております。


 また、入湯税に関しましては、4,672万3,200円の調定額に対し、収入額が4,266万1,350円となり、率にして91.31%、対前年度比といたしまして3.66ポイントの減となっております。この入湯税に関しまして、委員より預かり税であるべきこの入湯税の滞納は許されないという御意見がございました。また、優先的にこの税というものは徴収されるべきものであると意見が出されております。


 次に、滞納繰越分につきましては、普通税、国民健康保険税ともに対前年度比が向上しておりますので、詳しくは町政報告に掲載した数字を御参照ください。


 続きまして、大きな調査のもう一つの課題であります観光及び産業振興に関する調査について、御報告いたします。


 初めに、農政課より報告があり、土地改良関係といたしまして、満濃池及び早明浦ダムの貯水率が、6月13日現在で100%に達しておりまして、本年渇水等による農作物への被害は少ないのではないかという見通しが出されております。また、事業としましては、中国四国農政局農村計画部資源課から委託を受けまして、本年から22年にかけて苗田東地区において水稲の高温障害実態調査が実施される予定でございます。この事業は夕刻以降の水管理によりまして、水田の温度を下げ、良質米を生産するための効果を検証するための調査であります。また、農産関係といたしましては、平成20年度の水稲作付割り当て面積が決定し、本町分としましては、移行調査の全額配分となります164.4ヘクタールとなっております。


 次に、農業委員会関係といたしまして、農業委員の改選が本年7月1日の告示、同6日の投票の予定であるという報告がございました。また、今後の事業といたしましては、遊休農地の実態調査を琴平町地域担い手育成総合支援協議会が新しく選出されました農業委員のもとで実施予定とのことでございます。委員よりは、農政全般に関しまして、減反対策と生産者の置かれている環境が依然として厳しく、農業施策の改善を望むとの意見が出されております。


 次に、観光商工課より報告を受けておりますので、御説明いたします。


 まず、温泉関係といたしまして、4月1日より新温泉こんぴら温泉いこいの湯を町内の旅館、ホテル10施設に配湯を開始したとのことです。なお、配湯量は1日平均で約50トンで推移しているそうでございます。委員よりは、新温泉の評判に関する質問がございました。それに対しまして、目立った評判というのは余り聞いておりませんということでしたが、他の委員より、新温泉の評判を聞かないのではなく、新温泉に切り替わったことすら知らないのではないのかというふうに、行政側のPR不足を指摘する声がございまして、今後の課題とするというふうに答弁をいただいております。


 次に、瀬戸大橋開通20周年を記念して、讃岐瀬戸大橋広域観光協議会によりますうどんの接待を4月13日に行い、本町からは職員1名を派遣し、県内外の参加者に食べていただき、喜ばれておるということを聞いております。


 また、第24回四国こんぴら歌舞伎大芝居公演を4月5日より同23日までの19日間開催し、今回は、座頭を務めました市川海老蔵丈の人気等も手伝いまして、過去に類を見ないほどの大盛況であり、全国から多くの歌舞伎ファンが訪れ、大いににぎわっていたという報告を受けております。


 次に、一の橋公園公衆便所の建設についての報告がありました。それによりますと、香川県と調整の結果、本年7月下旬に着工し、12月中の竣工を目指しているということでございます。委員よりは、この公衆便所につきまして水はけ不良等を起こさないように利用者の利便性に考慮した設計となるよう、香川県と協議してほしいという意見が出されましたが、担当課より県と協議をしているということでございました。


 なお、町内の既存の公衆便所に関しましては、頑張る地方応援プログラムの中で改修工事を考えているようです。また、地元への工事着工に対する説明を工事主体であります香川県とともに行うということでありますが、委員よりは地元住民の理解を得られるように、今後とも努力をしてほしいという意見が出されております。


 最後に、出納室より、平成19年度の会計別収支決算状況の報告がございました。詳しい資料に関しましては、町政一般報告を御参照いただきたいと思います。


 以上、3月定例会以降、当委員会に付託されております調査案件に関する御報告でございます。なお、当委員会といたしましては、引き続き調査が必要であると考えておりますので、閉会中の継続調査をお願いし、今回の委員長報告を終わりたいと思います。御清聴ありがとうございました。


○議長(服部 武君)


 委員長の報告は終わりました。


 これより、ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑を許します。


  (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○議長(服部 武君)


 質疑なしと認めます。


 以上で、委員長報告は終わります。


○議長(服部 武君)


 日程第4 建設・環境・福祉・教育に関する調査


についてを議題といたします。


 本案に関し委員長の報告を求めます。


 建設教育民生常任委員長、8番、今田 勝幸君。


  (「議長、8番、今田です」と呼ぶ)


○建設教育民生常任委員長(今田 勝幸君)


 議長の指名がありましたので、報告をいたします。去る6月17日、建設・環境・福祉・教育に関しての審議をいたしました。所管から3月以降の報告と説明を受けまして、全議員が出席のもとで審議をしたところであります。簡潔に報告をいたします。


 最初に、住民サービス課でありますけれども、まず、町営住宅関係で、5月の初めに町営住宅北野町団地において共用棟のメータボックスを赤ペンキで塗られる事件、また消火剤を噴出させるという事件が発生いたしました。警察に被害届を提出し、巡回を強化している、こういう報告がございました。


 環境衛生関係については、3月23日開催した春のクリーン作戦について、参加者が620名、そして、7コースに分かれて清掃活動を行うと。また、11月には、金倉川一斉クリーン作戦を行いますので、議員の皆さんにもよろしくとのことであります。


 ごみ収集の軽自動車とパッカー車それぞれ1台が購入後約9年になる。今のところ故障も相次いでいるとのことであります。修理不能ということならば、補正についてもよろしくお願いしたいというお話がありました。


 さらに、火葬場2階のフロア、エアコンが6月初めに故障いたしまして、これは建設後約16年になり、今はガスの入れかえをして様子を見ているということであります。もし、修理不能、故障の原因が大がかりならば、9月に直して補正についても、ごみ収集の軽自動車等と一緒にお願いをするということであります。


 この後、委員の皆さんから町営墓地の無縁墓対策の取り組みの状況、そして、町民は、軍人墓地でなく、柳谷など近くの墓地を希望している、あるいは、イノシシの対策の問題とか、野犬対策についても要望などが出たところでございます。


 福祉保健課からは、最初に町内の保育所の入所の児童数、4月1日現在で報告がありました。南保育所51名、対前年で6名の減、北保育所が35名、前年比12名の減、あかね保育園116名で前年比で4名の減、合計202名に対しまして、前年と比べまして22名減っているとの報告であります。


 さらに、一般高齢者介護予防教室、ころばぬ先の元気塾の開催についての報告であります。5月と6月で8回の実施をし、21名の参加があったということであります。さらにこれは7月、8月でも開催をし、20名の予定をして行っていきたいということであります。そして、このほかにも介護予防を目的とした教室も開催をしたということが報告をされました。


 次に、3年ごとの改定時期を迎えるのは来年となっている第4期の介護保険の策定委員会が、5月29日に最初の委員会が開かれまして、委員長に橋本先生が選出をされたと報告がありました。


 今年の敬老会についてでございますけれども、9月7日、日曜日に琴参閣で開催を予定しているということであります。


 また、社会福祉協議会の業務内容についても報告があったところであります。これは、昨年度19年度決算を見ると、約893万円の赤字決算であり、そのうち571万円については、積立基金より繰り入れをしたと。残金約320万円については不足しているという報告でありました。これは一時借入金で処理をしているというふうに聞いております。この後、この社会福祉協議会の決算資料等については皆さんのお手元にも届いていることと思います。十分審査をお願いしておきたいと思います。


 さらに、健康推進室からの報告であります。今年の4月から後期高齢者医療制度について、本町の75歳以上と65歳以上の一定程度障害がある方についての対象として、1,804名で、全人口のこれは17ないし18%になりますが、この実施をしていると。保険料特別徴収については、4月から1,337名であります。普通徴収は7月から467名、保険料率でございますけれども、これは所得割が8.98%、均等割については4万7,700円、香川県の平均は7万5,500円でございます。ちなみに全国平均については7万2,000円ということであります。


 この中で、埋葬料について5万円というふうになっております。被保険者未着数については本町はゼロでございます。全員に届いているということでございます。このそれぞれについての周知については、各種団体に出向きまして、8回ほど報告、あるいは説明をしているという報告が、後期高齢者関係についてはあったところであります。


 さらに、4月より高齢者の医療の確保に関する法律によりまして、琴平町国民健康保険者に対しまして、40歳から74歳以下の琴平町民の国保加入者を対象にして、メタボリック症候群に基づいた生活習慣病の予防と解消を図る特定健康診査実施を義務づけられているところでありますが、その健診結果に基づきまして、内臓脂肪症候群、メタボリック症候群でありますけれども、この予備軍と判定された人、これらに特定保健指導を受けることになるわけであります。町内指定病院、これを受けることになりますけれども、町内のこの特定健康診査を実施する機関は、町内九つの病院、医院に委託をしているという報告であります。そしてお金については、基本診査は自己負担800円、対象者は2,256人、内容は問診、身体計測、検尿、血圧測定、血液検査などであります。期間については6月1日から8月31日となっています。


 そして、詳細診査もございます。これは、自己負担が1,000円で、内容については、基本診査に加えまして、眼底検査、心電図検査、貧血検査などが加わるようであります。期間については、先ほど申しました基本診査と同じでございます。生活保護者については無料となっています。


 さらに、各種集団健診の申し込み状況について報告がありました。これらの申し込みは肺がん、結核合わせまして740件、胃がん1,050件、大腸がん1,452件、子宮がん485件、骨粗鬆症は186件、乳がんについては464件でございます。全体の対象者については4,347件、この方々に希望申込み書を送りまして、2,447人の人から申し込みがございました。56.3%の比率でございます。これは前年比より1.2%ふえているということでございます。


 県事業の県生きがい中核施設整備についても報告がございました。本町については、この事業についてはヴィスポことひらなどがありますので、この施設の機能を十分に生かして活用していくという報告でございました。


 その後、委員からは社協の出資状況について、保育所定員、後期高齢者の医療制度のかかりつけ医院などについての質問や意見が出されたところであります。


 なお、今後の問題といたしましても、社協の問題については引き続いて審査をしていく必要があるかと思います。


 次に、建設下水道課について報告したいと思います。


 下水道の普及状況の報告がありました。平成19年度末現在、下水道処理区面積が86.58ヘクタール、下水道人口普及率43.9%、水洗化率が53.8%の報告でございます。平成19年度で下水道工事を実施した榎井の西中、蔵中、東中地区の一部が20年度より供用開始するとのことでございます。


 このときに、委員の皆さんから町道苗田本條線の拡幅工事の進捗状況の質問が出されました。また、20年度のことについては20年度に予算化をしている、用地買収をしたいということでございます。


 そして、防犯灯や街灯について、その電気代についての要望が出されました。これについては、約10年前に、自治会連合会での取り決めをしているということで、それぞれ払っていただくという答弁がございました。


 教育委員会と社会教育、学校教育から報告がございました。今年の9月26日、27日に、全国18カ所公演の一つとして、万作狂言18番第7回公演が、主催についてはサップ、朝日新聞社、岡山放送、文化庁が主催をし、後援に香川県、そして、琴平町、琴平町教育委員会がいたしまして、旧金毘羅大芝居金丸座で行われる予定であります。これについては、平成20年4月30日の文化財保護審査会において承認を受けていると報告がございました。


 ヴィスポことひらについての報告がございました。3月末の会員数については3,620名であります。男が1,708名、女1,912名、そのうち町内会員は711名で、男性については338名、女性は363名という報告でございます。また、年齢別にも報告がありました。


 ヴィスポことひらの事業についても介護予防の支援事業として、これは昨年に引き続きまして行っていくとのことであります。また、学校事業支援についても行っていくと。新しい問題については中学校のクラブ活動の施設、その開放と指導者の派遣事業が新しくなるようでございまして、報告がありました。


 また、ジュニアリーダーの養成についてでございますが、昨年では30名で活動いたしました。今年は、新しく1年生から16名が5月31日現在で登録の希望者があったようであります。継続の登録者は28名、合わせまして44名が今年の養成ということに、登録者ということになろうかと思います。


 平成20年度の児童生徒数について報告がございました。琴平小学校が合計で215人、榎井小学校が155人、象郷小学校が194人であります。3小学校合わせると、564人の児童生徒がいることになります。中学校については、1年から3年まで合計で747人。そして、南幼稚園については46人、北幼稚園については33人で、合わせまして幼稚園については79人でございます。


 また、さきの全員協議会の中で、中学校の耐震審査補強工事等の中での資料の用語解説の資料が新しく配付をされたところであります。そして、教育長より、琴平町立小学校の統廃合に関する教育委員会の基本方針、骨子案を再提示をされました。これは5月12日の琴平町立小学校の統廃合に関する教育委員会の基本方針を撤回し、私は内容は全く同じで表現をやわらかくし、保護者や住民の意見を聞く姿勢を強調している、このように思っていますけれども、このことが新しく再提示をされたわけであります。また、校区別年齢の人口や、3小学校の20年度と26年度の生徒増減見込み数など、さらには、校舎の施設比較表、予算推計も資料として添付されているところであります。


 報告と説明の後に、委員会から小学校統廃合について2段階的に統廃合をするのは不公平が、あるいはまた子供の意見を聞く必要性もあるのではないかという声がございました。教育委員長は象郷については特別強い地域感情がある。会議の中でもそんな話が出ていた。あるいはまた、子供の意見についても言及をしていました。


 また、中国や岩手・宮城内陸地震がありましたけれども、中学校の補強の工事の後、直ちに3小学校の耐震補強も取り組むことを求める意見もありました。6月13日、県からもこの問題については義務教育施設についてスピードを上げ、解消していくこういうことで、3年くらいでできないかというふうに言ってきたと話がございました。また、このときには補助率についても、国の段階で2分の1から3分の2に上がることが質疑応答などの中で明らかになったところであります。


 最後に、水道課であります。この6月16日現在で、給水状況の報告がございました。第1水源池は260立方メートル、第4水源池については716立方メートル、五條浄水場については2,297立方メートルで、自己水源は合わせると3,273立方メートル、県水は1,121立方メートルであります。自己水源率は74%、県水の率は26%という状況でありますという報告がございました。


 以上で報告を終わりますけれども、議長にはお願いをしておきたいと思います。引き続き閉会中の審査をお願いして報告を終わりたいと思います。ありがとうございました。


○議長(服部 武君)


 委員長の報告は終わりました。


 これより、ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑を許します。


  (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○議長(服部 武君)


 質疑なしと認めます。


 以上で、委員長報告は終わります。


○議長(服部 武君)


 日程第5 町政一般報告


を行います。


 町長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(山下 正臣君)


 日程第5の町政一般報告でありますが、ただいま両常任委員長からそれぞれ詳細報告もございました。これらと重複いたすところが多く、また、行政全般にわたりますので、書面をもちまして御報告を申し上げております。これをもって町政一般報告にかえさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。


○議長(服部 武君)


 町政一般報告を終わります。


○議長(服部 武君)


 日程第6 選挙管理委員会委員及び同補充委員の選挙


を行います。


 お諮りいたします。


 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選にいたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(服部 武君)


 御異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法は、指名推選で行うことに決定いたしました。


 お諮りいたします。


 指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(服部 武君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議長が指名することに決定いたしました。


 選挙管理委員会委員に、堤 徹郎君、片桐善男君、佃 重雄君、前川芳行君、以上の方を指名いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま指名いたしました方を選挙管理委員会委員の当選人と定めることに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(服部 武君)


 全員起立と認めます。


 よって、ただいま指名いたしました4名の方が、選挙管理委員会委員に当選されました。


○議長(服部 武君)


 引き続き、選挙管理委員会補充委員の選挙を行います。


 お諮りいたします。


 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選にいたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(服部 武君)


 御異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法は、指名推選で行うことに決定いたしました。


 お諮りいたします。


 指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(服部 武君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議長が指名することに決定いたしました。


 選挙管理委員会補充委員に、鈴木 浩君、合田素子君、森 英範君、伊藤 茂君、以上の方を指名いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま指名いたしました方を選挙管理委員会補充委員の当選人と定めることに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(服部 武君)


 全員起立と認めます。


 よって、ただいま指名いたしました4名の方が、選挙管理委員会補充委員に当選されました。


○議長(服部 武君)


 次に、補充委員の順序についてお諮りいたします。


 補充委員の順序は、ただいま指名いたしました順序にいたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(服部 武君)


 御異議なしと認めます。


 よって、補充委員の順序は、ただいま指名いたしました順序に決定いたしました。


 ただいまより事務局をもって当選人の名簿を配付いたしますので、暫時休憩といたします。





     休憩 午前11時21分





     再開 午前11時34分


     (出席議員 休憩前に同じ)





○議長(服部 武君)


 再開いたします。


 休憩前に引き続き会議を開きます。


 日程第 7 議案第1号 専決処分の承認について(平成20年度琴平町老人保健特別会計補正予算(第1号)


 日程第 8 議案第2号 専決処分の承認について(平成20年度琴平町国民健康保険特別別会計補正予算(第1号)


 日程第 9 議案第3号 専決処分の承認について(琴平町税条例の一部を改正する条例)


 日程第10 議案第4号 専決処分の承認について(琴平町国民健康保険税条例の一部を改正する条例)


 日程第11 議案第5号 専決処分の承認について(琴平町国民健康保険税条例の一部を改正する条例)


を一括議題といたします。


 町長から一括提案理由の説明を求めます。


 町長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(山下 正臣君)


 日程第7の議案第1号から日程第11 議案第5号に至ります5議案につきまして、それぞれ一括いたしまして、順次提案理由を申し述べてまいります。


 まず、議案第1号の専決処分の承認についてであります。


 平成19年度琴平町老人保健特別会計決算において、支払基金交付金及び国庫負担金が翌年度精算交付となる関係上、歳入が歳出に不足するため、地方自治法施行令第166条の2の規定に基づき、平成20年度の予算の歳入を繰り上げてこれに充てるため、歳入歳出それぞれ1,806万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1億6,316万3,000円(補正前に比べ12.4%増)とするものであります。


 次に、日程第8 議案第2号 専決処分の承認についてであります。


 平成18年度老人医療費拠出金の精算額の確定に基づき、老人保健拠出金の増額及び財源の変更を行い、歳入歳出それぞれ1,423万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ13億5,197万6,000円(補正前に比べ1.1%増)とするものであります。


 次に、日程第9 議案第3号 専決処分の承認についてであります。


 地方税法に関する法律の一部改正する法律が平成20年4月30日に公布されたことに伴い、琴平町税条例の一部を改正するものであります。


 次に、日程第10 議案第4号 専決処分の承認についてであります。


 後期高齢者医療制度の創設に伴い、琴平町国民健康保険税条例の一部を改正するものであります。


 次に、日程第11 議案第5号 専決処分の承認についてであります。


 地方税法に関する法律の一部改正する法律が平成20年4月30日に公布されたことに伴い、琴平町国民健康保険税条例の一部を改正するものであります。


 以上、一括いたしまして、提案理由を申し述べました。どうぞよろしく御審議、御議決を賜りますようお願い申し上げ、提案理由説明を終わります。


○議長(服部 武君)


 町長の一括提案説明を終わります。


 これより、一括質疑に入ります。


 提案理由に対する一括質疑を許します。


  (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○議長(服部 武君)


 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議案5件は、会議規則第39条第2項の規定により委員会の付託は省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(服部 武君)


 御異議なしと認めます。


 よって、本案は委員会の付託を省略いたすことに決定いたしました。


 これより、一括討論に入ります。


 討論はありませんか。


  (「討論なし」と呼ぶ者あり)


○議長(服部 武君)


 討論なしと認めます。


 これより、議案5件のうち議案第1号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(服部 武君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第1号は原案のとおり承認することに決定いたしました。


○議長(服部 武君)


 これより、議案5件のうち議案第2号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(服部 武君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第2号は原案のとおり承認することに決定しました。


○議長(服部 武君)


 これより、議案5件のうち議案第3号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(服部 武君)


 起立多数と認めます。


 よって、議案第3号は原案のとおり承認することに決定いたしました。


○議長(服部 武君)


 これより、議案5件のうち議案第4号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(服部 武君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第4号は原案のとおり承認することに決定いたしました。


○議長(服部 武君)


 これより、議案5件のうち議案第5号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(服部 武君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第5号は原案のとおり承認することに決定いたしました。


○議長(服部 武君)


 日程第12 議案第6号 琴平町教育委員会委員の任命について


を議題といたします。


 町長から提案理由の説明を求めます。


 町長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)





○町長(山下 正臣君)


 日程第12 議案第6号の琴平町教育委員会委員の任命についてでございます。


 地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条の規定により、次の者を琴平町教育委員会委員に任命をしたいので、議会の同意を求めるものでございます。


 氏名 池ノ本暢子。住所 琴平町上櫛梨1136番地5。生年月日 昭和42年1月12日生まれ。任期は、平成20年7月3日から平成24年7月2日までであります。


 よろしく御同意を賜りますようお願い申し上げ、提案理由説明を終わります。


○議長(服部 武君)


 町長の提案説明を終わります。


 ただいま議題となっております本案は人事案件でございますので、質疑、委員会付託、討論を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(服部 武君)


 御異議なしと認めます。


 よって、質疑、委員会付託、討論を省略いたすことに決定いたしました。


 これより、議案第6号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり同意することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(服部 武君)


 起立多数と認めます。


 よって、議案第6号は原案のとおり同意されました。


○議長(服部 武君)


 日程第13 議案第7号 中讃広域行政事務組合の共同処理する事務の変更及び中讃広域行政事務組合規約の一部変更について


を議題といたします。


 町長から提案理由の説明を求めます。


 町長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(山下 正臣君)


 日程第13の議案第7号 中讃広域行政事務組合の共同処理する事務の変更及び中讃広域行政事務組合規約の一部変更についてであります。


 提案理由といたしまして、中讃圏域健康生きがい中核事業の推進及び実施を中讃広域行政事務組合の事務とするものであります。


 本事業は、40歳以上の住民を対象に健康相談・運動指導等を実施し、生活習慣病予防や介護予防に努めるとともに、住民の健康増進を図ることを目的として実施するものであります。なお、施設整備等の開設準備費として、県から支援があります。


 なお、組合の事務としては、事業計画の作成、補助金の受け入れ等の他、県及び構成市町間の連絡調整等であり、本事業の各市町の負担金は発生しないものと考えておるものでございます。


 どうぞよろしく御承認賜りますようお願いを申し上げ、提案理由説明を終わります。


○議長(服部 武君)


 町長の提案説明を終わります。


 これより、質疑に入ります。


 提案理由に対する質疑を許します。


  (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○議長(服部 武君)


 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております本案は、会議規則第39条第2項の規定により委員会の付託は省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(服部 武君)


 御異議なしと認めます。


 よって、本案は委員会の付託を省略いたすことに決定いたしました。


 これより、討論に入ります。


 討論はありませんか。


  (「討論なし」と呼ぶ者あり)


○議長(服部 武君)


 討論なしと認めます。


 これより、議案第7号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(服部 武君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第7号は原案のとおり可決されました。


○議長(服部 武君)


 日程第14 議案第8号 町道の路線認定及び廃止について


を議題といたします。


 町長からの提案理由の説明を求めます。


 町長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(山下 正臣君)


 日程第14 議案第8号の町道の路線認定及び廃止についてであります。


 提案理由といたしまして、平成19年度において、調査をした結果、町道として認定されていた道路について、その後、新設改良工事の施行により、変更が生じたので、一部路線の再編成とともに、今回廃止と新しく認定しようとするものであります。


 どうぞよろしく御承認賜りますようお願い申し上げ、提案理由説明を終わります。


○議長(服部 武君)


 町長の提案説明を終わります。


 これより質疑に入ります。


 提案理由に対する質疑を許します。


  (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○議長(服部 武君)


 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております本案は、会議規則第39条第2項の規定により委員会の付託は省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(服部 武君)


 御異議なしと認めます。


 よって、本案は委員会の付託を省略いたすことに決定いたしました。


 これより、討論に入ります。


 討論はありませんか。


  (「討論なし」と呼ぶ者あり)


○議長(服部 武君)


 討論なしと認めます。


 これより、議案第8号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(服部 武君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第8号は原案のとおり可決されました。


○議長(服部 武君)


 日程第15 議案第9号 琴平町監査委員に関する条例の一部を改正する条例


を議題といたします。


 町長からの提案理由の説明を求めます。


 町長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(山下 正臣君)


 日程第15 議案第9号の琴平町監査委員に関する条例の一部を改正する条例案であります。


 提案理由といたしましては、地方公共団体の財政の健全化に関する法律の制定に伴い、健全化判断比率等を監査委員の審査に付することになったため、所要の改正を行おうとするものであります。


 どうぞよろしく御承認賜りますようお願い申し上げます。以上、終わります。


○議長(服部 武君)


 町長の提案説明を終わります。


 これより、質疑に入ります。


 提案理由に対する質疑を許します。


  (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○議長(服部 武君)


 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております本案は、会議規則第39条第2項の規定により委員会の付託は省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(服部 武君)


 御異議なしと認めます。


 よって、本案は委員会の付託を省略いたすことに決定いたしました。


 これより、討論に入ります。


 討論はありませんか。


  (「討論なし」と呼ぶ者あり)


○議長(服部 武君)


 討論なしと認めます。


 これより、議案第9号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(服部 武君)


 全員起立と認めます。


 よって、議案第9号は原案のとおり可決されました。


○議長(服部 武君)


 日程第16 議案第10号 工事請負契約の締結について


を議題といたします。


 町長からの提案理由の説明を求めます。


 町長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(山下 正臣君)


 日程第16の議案第10号 工事請負契約の締結についてであります。


 議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例の規程により、次の工事請負契約を締結することについて議会の議決を求めるものであります。


 工事名称 平成20年度豊明地区道路及び緑地公園整備工事。工事場所 仲多度郡琴平町地内。工事請負金額 契約金額 7,182万円(消費税込み)であります。工事請負業者 香川県仲多度郡琴平町苗田567−1 四国建設工業株式会社 代表取締役 石田 猛であります。


 どうぞよろしく御承認賜りますようお願い申し上げ、提案理由説明を終わります。


○議長(服部 武君)


 町長の提案説明を終わります。


 これより、質疑に入ります。


 提案理由に対する質疑を許します。


  (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○議長(服部 武君)


 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております本案は、会議規則第39条第2項の規定により委員会の付託は省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(服部 武君)


 御異議なしと認めます。


 よって、本案は委員会の付託を省略いたすことに決定いたしました。


 これより、討論に入ります。


 討論はありませんか。


  (「討論なし」と呼ぶ者あり)


○議長(服部 武君)


 討論なしと認めます。


 これより、議案第10号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(服部 武君)


 起立多数と認めます。


 よって、議案第10号は原案のとおり可決されました。


○議長(服部 武君)


 日程第17 報告第1号 平成20年度琴平町土地開発公社事業計画及び予算について


を議題といたします。


 町長からの報告を求めます。


 町長。


  (「はい、議長」と呼ぶ)


○町長(山下 正臣君)


 日程第17の報告第1号であります。平成20年度琴平町土地開発公社事業計画及び予算についてでございます。


 地方自治法第243条の3第2項の規定により、琴平町土地開発公社の平成20年度の事業計画に関する書類を次のとおり提出をいたします。平成20年度琴平町土地開発公社事業計画及び平成20年度琴平町土地開発公社予算、別紙の添付をいたしております。なお、この報告につきましては、3月21日、琴平町の土地開発公社の役員会におきまして、原案可決をされたものであります。


 以上、報告を終わります。


○議長(服部 武君)


 以上で報告を終わります。


○議長(服部 武君)


 日程第18 意見書第1号 国による公的森林整備の推進と国有林野事業の健全化を求める意見書


を議題といたします。


 内容については、配付いたしておるとおりであります。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております意見書第1号につきましては、提案説明、質疑、委員会付託、討論は省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(服部 武君)


 御異議なしと認めます。


 よって、提案説明、質疑、委員会付託、討論は省略いたすことに決定いたしました。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。


  (賛成者起立)


○議長(服部 武君)


 全員起立と認めます。


 よって、意見書第1号は原案のとおり可決されました。


 ただいま可決されました意見書につきましては、関係機関に送付するに当たり、字句等の整理が必要な場合、議長において整理を行いますので、御了承願います。


○議長(服部 武君)


 お諮りいたします。


 6月24日を休会といたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(服部 武君)


 御異議なしと認めます。


 よって、6月24日を休会といたすことに決定いたしました。


 以上をもって、本日の日程はすべて終了いたしました。


 本日は、これをもって散会いたします。


 ありがとうございました。





             (散会 午前11時57分)





 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。








       琴平町議会議長











       琴平町議会議員











       琴平町議会議員