議事ロックス -地方議会議事録検索-


香川県 三豊市

平成22年第3回定例会(第1日) 本文




2010年09月07日:平成22年第3回定例会(第1日) 本文

               会     議
             〔午前 9時30分 開会〕
            ────────────────
◯議長(近藤久志君) 皆さん、おはようございます。
 連日の猛暑が続いておりますけれども、日本の四季も地球温暖化で崩れてきているようですけれども、地球規模でのCO2削減の継続的取り組みが非常に大切でないかと感じております。我が三豊市につきましても、産・学・官の連携事業及び企業振興等につきましても、地域全体の共有を図りながら、あすの三豊の構築のためにもぜひ、議会、執行者また市民の皆様方が、チーム三豊としてのこれからの活動を、積極的に、また議会を通して共有していただいたらと思いますので、よろしくお願いいたします。
 本9月定例会等につきましては、そういった意味から活発な議会を展開していただいたらと思います。
 開会前にお知らせいたします。議会広報委員長より写真撮影の申し出がありましたので、傍聴規則第13条の規定により、議長において許可しております。
 ただ今から、平成22年第3回三豊市議会定例会を開会いたします。
 本日の議事日程はお手元に配布のとおりであります。
 本日の会議を開きます。
            ~~~~~~~~~~~~~~~
  ☆日程第1 会期の決定


◯議長(近藤久志君) 日程第1、会期の決定を議題といたします。
 お諮りいたします。
 本定例会の会期は9月7日から9月24日までの18日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(近藤久志君) 御異議なしと認めます。
 よって、本定例会の会期は、9月7日から9月24日までの18日間と決定いたしました。
            ~~~~~~~~~~~~~~~
  ☆日程第2 会議録署名議員の指名


◯議長(近藤久志君) 日程第2、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、26番 宝城 明君、1番 込山文吉君を指名いたします。
 なお、御両名のうちで途中欠席されました場合は、順次次席の方にお願いいたします。
            ~~~~~~~~~~~~~~~
  ☆日程第3 諸般の報告


◯議長(近藤久志君) 日程第3、諸般の報告を行います。
 この際、報告いたします。
 平成22年第2回定例会後、市長より提出された報告は、地方自治法第180条第2項の規定による市長専決処分事項として損害賠償額を決定した旨の報告書、2件です。
            ~~~~~~~~~~~~~~~
  ☆日程第4 議案第97号から議案第110号まで


◯議長(近藤久志君) 日程第4、議案第97号から議案第110号までを一括議題といたします。
 件名は、事務局長をして朗読させます。
 事務局長 木下 実君。
           〔事務局長(木下 実君)朗読〕
            ────────────────
 議案第97号  平成21年度三豊市一般会計歳入歳出決算認定について
 議案第98号  平成21年度三豊市地域農産物利用促進センター事業特別会計歳入歳
        出決算認定について
 議案第99号  平成21年度三豊市商品券事業特別会計歳入歳出決算認定について
 議案第100号  平成21年度三豊市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定につ
        いて
 議案第101号  平成21年度三豊市国民健康保険診療所事業特別会計歳入歳出決算認
        定について
 議案第102号  平成21年度三豊市老人保健事業特別会計歳入歳出決算認定について
 議案第103号  平成21年度三豊市後期高齢者医療事業特別会計歳入歳出決算認定に
        ついて
 議案第104号  平成21年度三豊市介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定について
 議案第105号  平成21年度三豊市介護サービス事業特別会計歳入歳出決算認定につ
        いて
 議案第106号  平成21年度三豊市集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定について
 議案第107号  平成21年度三豊市浄化槽整備推進事業特別会計歳入歳出決算認定に
        ついて
 議案第108号  平成21年度三豊市港湾整備事業特別会計歳入歳出決算認定について
 議案第109号  平成21年度三豊市水道事業会計決算認定について
 議案第110号  平成21年度三豊市病院事業会計決算認定について
            ────────────────


◯議長(近藤久志君) 以上、一括上程議案について、市長の提案理由の説明を求めます。
 市長 横山忠始君。
            〔市長(横山忠始君)登壇〕


◯市長(横山忠始君) おはようございます。
 本日は、平成22年第3回三豊市議会定例会を招集いたしましたところ、議員の皆様におかれましては、公私まことに御多用中にもかかわらず御出席をいただき、厚く御礼を申し上げます。
 本定例会におきましては、平成22年度一般会計補正予算をはじめとする30議案につき御審議をお願い申し上げるものであります。
 さて、去る7月19日、三豊市知名度向上プロジェクト第1弾として、三豊市文化会館マリンウェーブに、元NHKアナウンサーでありキャスターの松平定知さんを招きまして、「三豊の龍馬伝」と題して講演会を開催いたしました。当日は内外から多くのお客様にお見えいただき、ホールに入り切れないほどの大盛況でした。龍馬人気の高さによるところはもちろんですが、市教育委員会と関係する市民の皆様方が協力し合って、三豊市の歴史文化を市外へとアピールするために地道な行動活動を行った成果であると、改めて関係市民の皆様方に御礼を申し上げたいと思います。
 また、8月20日、瀬戸内海沿岸の都市で公設マリーナを有している福山市、瀬戸内市、新居浜市、高松市、三豊市の5市の市長が仁尾マリーナに集まり、中四国・瀬戸内クルージングサミットを開催いたしました。参加いたしました五つの都市は、四つの県にまたがっています。このサミットは、五つの都市がその県境を越えてパイプをつなげないかという、地方の時代の先陣を切って行う、基礎自治体によるまったく新しい試みであります。今後五つの都市が協力連携することで、それぞれの民間企業がビジネスチャンスを拡大し、瀬戸内海新時代を築いていこうと考えるところであります。
 それでは、議案第97号から議案第110号の提案理由を申し述べます。
 議案第97号から議案第110号につきましては、地方自治法第233条第3項及び地方公営企業法第30条第4項の規定に基づきまして、平成21年度三豊市の一般会計、特別会計の歳入歳出決算及び事業会計の決算を監査委員の審査に付し、その意見をつけて議会の認定に付すことが必要であることにより、提案するものであります。
 以上、よろしく御審議いただき、議決賜りますようお願い申し上げます。


◯議長(近藤久志君) 以上、一括上程議案について、市長の提案理由の説明が終わりました。
 ただ今議題となっております議案第97号から議案第110号の各案は、24名の委員をもって構成する決算特別委員会を設置し、お手元に配布の付託案件表のとおり決算特別委員会に付託の上、閉会中の継続審査とすることにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(近藤久志君) 御異議なしと認めます。
 よって、議案第97号から議案第110号の各案は、24名の委員をもって構成する決算特別委員会を設置し、これに付託の上、閉会中の継続審査とすることに決定いたしました。
 お諮りいたします。
 ただ今設置されました、決算特別委員会の委員の選任につきましては、委員会条例第8条第1項の規定により、24名の委員を指名いたしたいと思います。
 事務局長をして朗読させます。
 事務局長 木下 実君。
           〔事務局長(木下 実君)朗読〕
            ────────────────
   1番  込 山 文 吉 議員    │    13番  金 子 辰 男 議員
   2番  水 本 真奈美 議員    │    14番  山 本   明 議員
   3番  浜 口 恭 行 議員    │    15番  近 藤 賢 司 議員
   4番  岩 田 秀 樹 議員    │    16番  鴨 田   偕 議員
   5番  前 川   勉 議員    │    18番  為 広 員 史 議員
   6番  詫 間 政 司 議員    │    19番  坂 口 晃 一 議員
   7番  城 中 利 文 議員    │    20番  多 田   治 議員
   8番  藤 田 公 正 議員    │    21番  瀧 本 文 子 議員
   9番  川 崎 秀 男 議員    │    23番  香 川   努 議員
   10番  大 平 俊 和 議員    │    24番  三 宅 静 雄 議員
   11番  西 山 彰 人 議員    │    25番  横 山   強 議員
   12番  三 木 秀 樹 議員    │    26番  宝 城   明 議員
            ────────────────


◯議長(近藤久志君) 以上の指名案のとおり決算特別委員会の委員を指名することに御異議ありませんか。
            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(近藤久志君) 御異議なしと認めます。
 よって、ただ今指名いたしました以上の諸君を、決算特別委員会の委員に選任することに決定いたしました。
            ~~~~~~~~~~~~~~~
  ☆日程第5 議案第111号から議案第126号まで


◯議長(近藤久志君) 日程第5、議案第111号から議案第126号までを一括議題といたします。
 件名は、事務局長をして朗読させます。
 事務局長 木下 実君。
           〔事務局長(木下 実君)朗読〕
            ────────────────
 議案第111号  三豊市高瀬町緑ヶ丘総合運動公園条例の一部改正について
 議案第112号  辺地に係る公共的施設の総合整備計画の策定について
 議案第113号  動産の買入れについて
 議案第114号  工事請負契約の変更契約について
 議案第115号  工事請負契約の変更契約について
 議案第116号  平成22年度三豊市一般会計補正予算(第2号)
 議案第117号  平成22年度三豊市商品券事業特別会計補正予算(第1号)
 議案第118号  平成22年度三豊市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)
 議案第119号  平成22年度三豊市国民健康保険診療所事業特別会計補正予算(第1
         号)
 議案第120号  平成22年度三豊市老人保健事業特別会計補正予算(第1号)
 議案第121号  平成22年度三豊市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)
 議案第122号  平成22年度三豊市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)
 議案第123号  平成22年度三豊市介護サービス事業特別会計補正予算(第1号)
 議案第124号  平成22年度三豊市集落排水事業特別会計補正予算(第1号)
 議案第125号  平成22年度三豊市港湾整備事業特別会計補正予算(第1号)
 議案第126号  平成22年度三豊市水道事業会計補正予算(第2号)
            ────────────────


◯議長(近藤久志君) 以上、一括上程議案について、市長の提案理由の説明を求めます。
 市長 横山忠始君。
            〔市長(横山忠始君)登壇〕


◯市長(横山忠始君) それでは、議案第111号から126号の提案理由を申し述べます。
 議案第111号、三豊市高瀬町緑ヶ丘総合運動公園条例の一部改正については、三豊市高瀬町緑ヶ丘総合運動公園の三豊市高瀬町総合体育館が三豊市を代表する施設であるために、当該施設の名称から高瀬町を削除いたしたく、この条例の一部改正案を提案するものです。
 議案第112号、辺地に係る公共的施設の総合整備計画の策定については、辺地に係る公共的施設の総合整備計画を策定することについて、辺地に係る公共的施設の総合整備のための財政上の特別措置等に関する法律第3条第1項の規定により、議会の議決を求めるものです。
 議案第113号、動産の買入れについては、三豊市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、動産を買い入れることについて議決を求めるものです。
 議案第114号、工事請負契約の変更契約については、デジタル防災行政無線施設整備工事に係る変更契約を締結したいので、三豊市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により提案するものです。
 議案第115号、工事請負契約の変更契約につきましては、三豊市市民交流センター新築工事に係る変更契約を締結したいので、三豊市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により提案をするものです。
 議案第116号、平成22年度三豊市一般会計補正予算は、地方自治法第218条の規定によりまして、15億1,347万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ285億7,936万円とするものであります。まず歳入の主なものとしましては、額の確定によりまして、普通交付税で5億5,780万7,000円の増、繰越金で8億260万2,000円の増額です。一方歳出につきましては、性質別で主なものとして、物件費5,949万1,000円の増額で、保育所、幼稚園の賃金と緊急雇用創出基金事業の委託料などであります。補助費等は2億113万5,000円の増額で、中小企業振興対策、太陽光発電システム設置費補助事業等、また、普通建設事業費は7,359万7,000円の増額で、麻小学校校舎外壁劣化部改修事業等、積立金は11億7,084万3,000円の増額で財政調整基金、公共施設整備基金の積立金等であります。
 次に予算第2条、債務負担行為の補正につきましては、都市計画マスタープラン策定業務の期間と限度額を定めるものであります。
 議案第117号、平成22年度三豊市商品券事業特別会計補正予算は、613万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ2億1,963万6,000円とするものであります。
 議案第118号、平成22年度三豊市国民健康保険事業特別会計補正予算は、8,374万9,000円を追加いたしまして、予算の総額を80億6,574万9,000円とするものであります。まず歳入につきましては、繰入金205万円、繰越金1億1,119万1,000円を増額し、国庫支出金2,591万2,000円、県支出金358万円を減額計上いたしました。次に歳出につきましては、予算予備費1億4,176万7,000円を増額し、老人保健拠出金2,509万9,000円、介護納付金3,480万5,000円を減額いたしました。
 議案第119号、平成22年度三豊市国民健康保険診療所事業特別会計補正予算は、1,038万5,000円を追加し、予算の総額をそれぞれ1億7,968万5,000円とするものであります。
 議案第120号、平成22年度三豊市老人保健事業特別会計補正予算は、712万7,000円を追加し、予算総額をそれぞれ1,077万5,000円とするものであります。
 議案第121号、平成22年度三豊市後期高齢者医療事業特別会計補正予算は、24万3,000円を減額し、予算総額を18億1,115万7,000円とするものであります。
 議案第122号、平成22年度三豊市介護保険事業特別会計補正予算は、1億4,578万7,000円を追加し、予算の総額を59億9,578万7,000円とするものです。歳入は保険給付費の高額医療費合算介護サービス費の増額に伴い、国庫支出金、県支出金、支払基金交付金について、それぞれの内容で変更しております。また平成21年度会計の決算に伴い、繰越金2億2,301万7,000円を追加し、それに伴いまして介護保険給付費準備基金繰入金を8,161万6,000円減額いたしました。歳出は、職員の人事異動に伴い、人件費を総務管理費で1,625万2,000円減額し、保険給付費の高額医療合算介護サービス費で、858万5,000円増額いたしました。また、介護保険給付費準備基金積立金に1億2,900万円補正し、平成21年度の給付実績により、過年度精算返納金を2,245万3,000円計上いたしました。
 議案第123号、平成22年度三豊市介護サービス事業特別会計補正予算は、444万9,000円を追加し、予算の総額を8,984万9,000円とするものであります。
 議案第124号、平成22年度三豊市集落排水事業特別会計補正予算は、163万円を追加し、予算の総額を1億8,163万円とするものであります。
 議案第125号、平成22年度三豊市港湾整備事業特別会計補正予算は、予算の総額は増減なしで、歳出予算の組み替えをするものであります。
 議案第126号、平成22年度三豊市水道事業会計補正予算は、収益的収入では緊急雇用創出基金事業により、2,131万8,000円の増額補正をし、収益的支出では水道施設調査事業委託料として、2,131万8,000円を増額するものであります。
 以上、よろしく御審議いただき、議決賜りますようお願い申し上げます。


◯議長(近藤久志君) 一括上程議案に対する提案理由の説明は終わりました。
 これより質疑に入ります。
 なお、一括上程各案は、後ほど関係各委員会に付託の予定にいたしておりますので、大綱的な点についてのみ質疑をお願いしておきます。
 ただ今のところ質疑の通告はありません。
 これにて質疑を終わります。
 ただ今議題となっております議案第111号から議案第126号までの各案は、お手元に配布してあります付託案件表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託いたします。
 なお、各常任委員会の開催日程は、お手元に配布の委員長からの開催通知のとおりでありますので、委員諸君には御了承の上、よろしく審査をお願いいたします。
 以上で、本日の会議日程はすべて終了いたしました。
 なお、次回会議の再開は、9月10日午前9時30分といたします。
 本日はこれにて散会いたします。
 御審議お疲れさまでした。
             〔午前 9時54分 散会〕
            ────────────────