議事ロックス -地方議会議事録検索-


香川県 三豊市

平成18年第1回定例会(第5日) 本文




2006年03月30日:平成18年第1回定例会(第5日) 本文

               会     議
             〔午前 10時03分 開議〕
◯議長(香川 努君) 皆さん、おはようございます。
 これより本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。
 日程に入るに先立ちまして、市長より議案の追加提出がありましたので、事務局長に朗読させます。
            〔事務局長(木下 実君)朗読〕
            ────────────────
 議案第143号  三豊市教育委員会委員の任命について
 議案第144号から第148号
         人権擁護委員候補者の推薦について
 議案第149号  三豊市収入役事務兼掌条例
 議案第150号  政治倫理の確立のための三豊市長の資産等の公開に関する条例
 議案第151号  平成17年度三豊市一般会計補正予算(第2号)
 議案第152号  平成17年度三豊市国民健康保険診療所事業特別会計補正予算
         (第2号)
 議案第153号  平成17年度三豊市介護サービス事業特別会計補正予算(第2号)
            ────────────────


◯議長(香川 努君) それでは、これより日程に入ります。
            ~~~~~~~~~~~~~~~
  ☆日程第1 会議録署名議員の指名


◯議長(香川 努君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、11番 大平俊和君、12番 鴨田 偕君を指名いたします。
 なお、御両名のうちで欠席されました場合は、順次次席の方にお願いいたします。
            ~~~~~~~~~~~~~~~
  ☆日程第2 助役の選任


◯議長(香川 努君) 日程第2、議案第108号「三豊市助役の選任について」を議題といたします。
 本件について、市長の提案理由の説明を求めます。
 市長 横山忠始君。
             〔市長(横山忠始君)登壇〕


◯市長(横山忠始君) 議案第108号の提案理由の御説明を申し上げます。
 議案第108号 三豊市助役の選任につきましては、住所 三豊市高瀬町新名691番地6、氏名 清水邦夫氏、昭和19年3月20日生、62歳、以上の方を三豊市助役に選任したいので、議会の同意を求めるものです。
 よろしく御審議をいただき、御同意を賜りますようお願い申し上げます。


◯議長(香川 努君) 提案理由の説明は終わりました。
 お諮りいたします。
 ただいま議題となっております議案第108号は、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。
            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(香川 努君) 御異議なしと認めます。
 よって、議案第108号は、委員会の付託を省略することに決定いたしました。
 本件に対し、御意見等はありませんか。
             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(香川 努君) 御発言もなければ、これより採決いたします。
 議案第108号「三豊市助役の選任について」は原案を同意することに御異議ありませんか。
            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(香川 努君) 御異議なしと認めます。
 よって、議案第108号「三豊市助役の選任について」は、原案を同意することに決定いたしました。
 ただいま、助役の選任について、同意されました清水邦夫君からごあいさつの申し出がありますので、承ることにいたします。
 清水邦夫君。
             〔清水邦夫君 入場し登壇〕


◯助役(清水邦夫君) 三豊市高瀬町の清水邦夫でございます。お許しを得ましたので、一言御礼の言葉を述べさせていただきます。先ほどは私の助役選任の件につき、議会の御同意を賜りまして、誠にありがとうございました。私にとりましては、身に余る光栄で、その重責を考えます時、身も心も引き締まる思いでございます。微力ではありますが、選任いただいた上は、横山市長を補佐し、議会の皆様と連携を密にいたしまして、誠心誠意職務に精励する決意であります。どうか、市議会の皆様方におかれましては、今後とも格別の御指導・御鞭撻を賜りますよう心からお願い申し上げまして、御礼のごあいさつに代えさせていただきます。
            ~~~~~~~~~~~~~~~
  ☆日程第3 議案の撤回


◯議長(香川 努君) 日程第3、議案の撤回を議題といたします。
 市長から議案の撤回の理由を説明願います。
 市長 横山忠始君。
             〔市長(横山忠始君)登壇〕


◯市長(横山忠始君) 議案第109号の議案の撤回の理由を申し述べます。
 議案第109号、三豊市収入役の選任については、平成18年3月10日に提出をしております。本市におきましては、行財政改革を推進してまいるため、自治法第168条第2項ただし書きの規定により、収入役の業務を助役が兼掌することにより、収入役を置かないこととするため、同議案の撤回をするものであります。
 よろしく御審議いただき、御了解賜りますようお願い申し上げます。


◯議長(香川 努君) お諮りいたします。
 ただいま、議題となっております「議案の撤回」を許可することに御異議ありませんか。
            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(香川 努君) 御異議なしと認めます。
 よって、「議案の撤回」を許可することに決定いたしました。
            ~~~~~~~~~~~~~~~
  ☆日程第4 議案第110号から議案第111号まで


◯議長(香川 努君) 日程第4、議案第110号「三豊市監査委員の選任について(学識経験)」、議案第111号「三豊市監査委員の選任について(議会選出)」を一括議題といたします。
 一括上程各案について、市長の提案理由の説明を求めます。
 市長 横山忠始君。
             〔市長(横山忠始君)登壇〕


◯市長(横山忠始君) 議案第110号から第111号の提案理由を御説明申し上げます。
 議案第110号の三豊市監査委員(学識経験)の選任予定者は、住所 三豊市山本町大野2437番地、氏名 糸川 昇氏、生年月日 昭和24年4月15日生まれ、56歳であります。
 議案第111号の三豊市監査委員(議会選出)選任予定者は、住所 三豊市三野町大見甲2877番地、氏名 宝城 明氏、生年月日 昭和17年10月16日生まれ、63歳であります。
 以上の2名を三豊市監査委員に選任したいので、議会の同意を求めるものであります。
 よろしく御審議いただき、御同意賜りますようお願い申し上げます。


◯議長(香川 努君) 提案理由の説明は終わりました。
 お諮りいたします。
 ただいま議題となっております議案第110号、議案第111号は、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。
            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(香川 努君) 御異議なしと認めます。
 よって、議案第110号、議案第111号は、委員会の付託を省略することに決定いたしました。
 本件に対し、御意見等はありませんか。
             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(香川 努君) 御発言もなければ、これより採決いたします。
 暫時休憩をいたします。
             〔午前 10時16分 休憩〕
            ────────────────
             〔午前 10時17分 再開〕


◯議長(香川 努君) 休憩前に引き続き、会議を再開いたします。
 地方自治法第117条の規定により、25番 宝城 明君の退席を求めます。
             〔25番(宝城 明君)退場〕


◯議長(香川 努君) 議案第110号「三豊市監査委員の選任について(学識経験)」は原案を同意することに御異議ありませんか。
            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(香川 努君) 御異議なしと認めます。
 よって、議案第110号「三豊市監査委員の選任について(学識経験)」は、原案を同意することに決定いたしました。
 暫時休憩をいたします。
             〔午前 10時18分 休憩〕
            ────────────────
             〔午前 10時22分 再開〕


◯議長(香川 努君) 休憩前に引き続き、会議を再開いたします。
 議案第111号「三豊市監査委員の選任について(議会選出)」は原案を同意することに御異議ありませんか。
            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(香川 努君) 御異議なしと認めます。
 よって、議案第111号「三豊市監査委員の選任について(議会選出)」は、原案を同意することに決定いたしました。
 25番 宝城 明君の入場を許します。
             〔25番(宝城 明君)入場〕


◯議長(香川 努君) ただいま、監査委員の選任について、それぞれ同意されました糸川 昇君、宝城 明君からごあいさつの申し出がありますので承ることにいたします。
 まず、糸川 昇君。
             〔糸川 昇君 入場し登壇〕


◯監査(糸川 昇君) 本日は、監査委員に選任同意をいただきまして、誠にありがとうございます。三豊市合併までは、監査を受けていた立場であり、監査をすることには経験がありません。また、浅学菲才の私ではありますが、議会選出の委員さんの御意見を賜り、力を合わせ三豊市民の立場に立ち、三豊市の発展三豊市民の幸せのために全力でかつ厳正に監査の務めを果たすべく決意を新たにしているところでございます。横山市長さん、香川議長さんを始め議員の皆さん、職員の皆様の今後さらなる御指導、御協力を賜りますよう、お願いを申し上げる次第でございます。監査委員選任同意にあたりましての決意と御礼の言葉といたします。本日は誠にありがとうございました。よろしくお願いいたします。(拍手)


◯議長(香川 努君) 次に、宝城 明君。
             〔25番(宝城 明君)登壇〕


◯25番(宝城 明君) 私の議員生活にとって初めての経験をさせていただくことになりました。ありがとうございました。これからは行政経験豊かな糸川監査委員とともに、三豊市のために十分がんばってまいりたいと思っておりますので、皆様方の良き指導をお願い申し上げ、ごあいさつといたします。(拍手)
            ~~~~~~~~~~~~~~~
  ☆日程第5 議案第142号


◯議長(香川 努君) 日程第5、議案第142号「財産区管理委員の選任同意について(山本町辻、河内、財田大野及び神田財産区)」を議題といたします。
 本件について、市長の提案理由の説明を求めます。
 市長 横山忠始君。
             〔市長(横山忠始君)登壇〕


◯市長(横山忠始君) 議案第142号の提案理由を申し述べます。
 議案第142号「財産区管理委員の選任同意について」は、現在の山本町辻、河内、財田大野及び神田財産区管理委員の任期が平成18年4月30日をもって満了するのに伴い、山本町辻、河内、財田大野及び神田財産区管理委員に三豊市山本町辻380番地3の森 正典様他27名を新たに選任したいので、山本町辻、河内、財田大野及び神田財産区管理会条例第3条の規定により提案するものであります。
 なお山本町辻、河内、財田大野及び神田財産区管理会条例は、三豊市において暫定施行の条例として取り扱っております。
 よろしく御審議いただき、御同意賜りますようお願い申し上げます。


◯議長(香川 努君) 提案理由の説明は終わりました。
 お諮りいたします。
 ただいま議題となっております議案第142号は、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。
            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(香川 努君) 御異議なしと認めます。
 よって、議案第142号は、委員会の付託を省略することに決定いたしました。
 本件に対し、御意見等はありませんか。
             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(香川 努君) 御発言もなければ、これより採決いたします。
 議案第142号は原案を同意することに御異議ありませんか。
            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(香川 努君) 御異議なしと認めます。
 よって、議案第142号「財産区管理委員の選任同意について(山本町辻、河内、財田大野及び神田財産区)」は、原案を同意することに決定いたしました。
            ~~~~~~~~~~~~~~~
  ☆日程第6 議案第143号


◯議長(香川 努君) 日程第6、議案第143号「三豊市教育委員会委員の任命について」を議題といたします。
 本件について、市長の提案理由の説明を求めます。
 市長 横山忠始君。
             〔市長(横山忠始君)登壇〕


◯市長(横山忠始君) 議案第143号「三豊市教育委員会委員の任命」につきましては、住所 三豊市豊中町比地大3142番地、氏名 西村忠臣さん、生年月日 昭和14年3月10日生まれ、67歳です。以上の方を三豊市教育委員会委員に任命したいので、議会の同意を求めるものであります。
 よろしく御審議いただき、御同意賜りますようお願い申し上げます。


◯議長(香川 努君) 提案理由の説明は終わりました。
 お諮りいたします。
 ただいま議題となっております議案第143号は、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。
            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(香川 努君) 御異議なしと認めます。
 よって、議案第143号は、委員会の付託を省略することに決定いたしました。
 本件に対し、御意見等はありませんか。
             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(香川 努君) 御発言もなければこれより採決いたします。
 議案第143号「三豊市教育委員会委員の任命について」は原案を同意することに御異議ありませんか。
            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(香川 努君) 御異議なしと認めます。
 よって、議案第143号「三豊市教育委員会委員の任命について」は原案を同意することに決定いたしました。
            ~~~~~~~~~~~~~~~
  ☆日程第7 議案第144号から議案第148号まで


◯議長(香川 努君) 日程第7、議案第144号から議案第148号「人権擁護委員候補者の推薦について」を一括議題といたします。
 一括上程議案について、市長の提案理由の説明を求めます。
 市長 横山忠始君。
             〔市長(横山忠始君)登壇〕


◯市長(横山忠始君) 議案第144号から議案第148号までの提案理由を申し述べます。議案第144号から議案第148号までは人権擁護委員の後任候補者を推薦し、法務大臣により委嘱していただく必要があり、人権擁護委員法第6条第3項の規定により人権擁護委員の推薦につきまして、議会の意見を求めるものであります。
 議案第144号 豊中町の人権擁護委員 大北正明氏が平成17年12月31日をもって任期が満了しており、豊中町の小野静子さんを人権擁護委員の新任候補として法務大臣に推薦したいので提案いたします。
 議案第145号 山本町の人権擁護委員 永田浩一さんが平成18年6月30日をもって任期が満了になります。永田浩一さんを引き続き人権擁護委員の再任候補者として法務大臣に推薦したいので、提案をいたします。
 議案第146号 豊中町の人権擁護委員 矢野恵子さんが平成18年6月30日をもって任期が満了になります。矢野恵子さんを引き続き人権擁護委員の再任候補者として法務大臣に推薦したいので、提案するものであります。
 議案第147号 財田町の人権擁護委員 香川徹男さんが平成18年6月30日をもって任期満了になります。香川徹男さんを引き続き人権擁護委員の再任候補者として法務大臣に推薦したいので提案するものであります。
 議案第148号 財田町の人権擁護委員 重信 厚さんが平成18年6月30日をもって任期満了になります。重信 厚さんを引き続き人権擁護委員の再任候補者として法務大臣に推薦したいので、提案するものであります。
 以上5名の方を人権擁護委員の新任候補者並びに再任候補者として推薦したいので、よろしく御審議賜り、御同意いただきますようお願い申し上げます。


◯議長(香川 努君) 一括上程議案に対する提案理由の説明は終わりました。
 お諮りいたします。
 ただいま議題となっております議案第144号から議案第148号は、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。
            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(香川 努君) 御異議なしと認めます。
 よって、議案第144号から議案第148号は、委員会の付託を省略することに決定いたしました。
 本件に対し、御意見等はありませんか。
             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(香川 努君) 御発言もなければこれより採決いたします。
 議案第144号「人権擁護委員候補者の推薦について」は原案を同意することに御異議ありませんか。
            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(香川 努君) 御異議なしと認めます。
 よって、議案第144号「人権擁護委員候補者の推薦について」は原案を同意することに決定いたしました。


◯議長(香川 努君) 議案第145号「人権擁護委員候補者の推薦について」は原案を同意することに御異議ありませんか。
            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(香川 努君) 御異議なしと認めます。
 よって、議案第145号「人権擁護委員候補者の推薦について」は原案を同意することに決定いたしました。


◯議長(香川 努君) 議案第146号「人権擁護委員候補者の推薦について」は原案を同意することに御異議ありませんか。
            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(香川 努君) 御異議なしと認めます。
 よって、議案第146号「人権擁護委員候補者の推薦について」は原案を同意することに決定いたしました。


◯議長(香川 努君) 議案第147号「人権擁護委員候補者の推薦について」は原案を同意することに御異議ありませんか。
            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(香川 努君) 御異議なしと認めます。
 よって、議案第147号「人権擁護委員候補者の推薦について」は原案を同意することに決定いたしました。


◯議長(香川 努君) 議案第148号「人権擁護委員候補者の推薦について」は原案を同意することに御異議ありませんか。
            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(香川 努君) 御異議なしと認めます。
 よって、議案第148号「人権擁護委員候補者の推薦について」は原案を同意することに決定いたしました。
            ~~~~~~~~~~~~~~~
  ☆日程第8 三豊市選挙管理委員会委員及び同補充員の選挙


◯議長(香川 努君) 日程第8、三豊市選挙管理委員会委員及び同補充員の選挙を行います。
 お諮りいたします。
 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。これに御異議ありませんか。
            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(香川 努君) 御異議なしと認めます。
 よって、選挙の方法は指名推選によることに決定いたしました。
 お諮りいたします。
 指名の方法につきましては、議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(香川 努君) 御異議なしと認めます。
 よって、議長において指名することに決定いたしました。
 選挙管理委員会委員及び同補充員の氏名を、事務局長をして報告させます。
            〔事務局長(木下 実君)朗読〕
            ────────────────
               選挙管理委員会委員
┌───────────┬───────┬──────────┬──────┐
│    住 所    │  氏 名  │   生年月日   │所属する政治│
│           │       │          │団体の名称 │
├───────────┼───────┼──────────┼──────┤
│三豊市仁尾町仁尾乙283 │ 中西 久  │ 昭和21年12月5日  │  無   │
│番地5         │       │          │      │
├───────────┼───────┼──────────┼──────┤
│三豊市豊中町下高野  │ 糸川 均  │ 昭和18年2月9日  │  無   │
│1568,1569番地合併1  │       │          │      │
├───────────┼───────┼──────────┼──────┤
│三豊市三野町吉津乙688 │ 森  登  │ 昭和16年12月2日  │  無   │
│番地         │       │          │      │
├───────────┼───────┼──────────┼──────┤
│三豊市高瀬町上麻377番 │ 長尾 幸子 │ 昭和7年12月2日  │  無   │
│地2          │       │          │      │
└───────────┴───────┴──────────┴──────┘

             選挙管理委員会委員補充員
┌─────────┬───────┬─────────┬──────┬──┐
│   住 所   │  氏 名  │  生年月日   │所属する政治│補充│
│         │       │         │団体の名称 │順位│
├─────────┼───────┼─────────┼──────┼──┤
│三豊市山本町財田西│ 尾藤 一夫 │ 昭和14年9月3日 │  無   │ 1 │
│973番地2     │       │         │      │  │
├─────────┼───────┼─────────┼──────┼──┤
│三豊市詫間町詫間 │ 遠山 恭司 │ 昭和18年4月3日 │  無   │ 2 │
│6854番地9     │       │         │      │  │
├─────────┼───────┼─────────┼──────┼──┤
│三豊市詫間町詫間 │ 中井 彰子 │ 昭和22年5月27日 │  無   │ 3 │
│3352番地     │       │         │      │  │
├─────────┼───────┼─────────┼──────┼──┤
│三豊市財田町財田上│ 中野 幸夫 │ 昭和27年10月16日│  無   │ 4 │
│1062番地1     │       │         │      │  │
└─────────┴───────┴─────────┴──────┴──┘
            ────────────────


◯議長(香川 努君) 以上のとおりであります。
 お諮りいたします。
 ただいま指名いたしました諸君を選挙管理委員会委員及び同補充員の当選人とすることに御異議ありませんか。
            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(香川 努君) 御異議なしと認めます。
 よってただいま指名いたしました中西 久君、糸川 均君、森 登君、長尾幸子君、以上の4名が選挙管理委員に、また、尾藤一夫君、遠山恭司君、中井彰子君、中野幸夫君、以上4名が同補充員にそれぞれ当選されました。
 なお、委員中欠員があるとき、補充員からの補充順序につきましては、名簿に記載されてあるとおりといたします。
 会議規則第32条第2項の規定による当選の告知は、後ほど直接本人あてに行うことにいたします。
 暫時休憩をいたします。
             〔午前 10時38分 休憩〕
            ────────────────
             〔午前 10時52分 再開〕


◯議長(香川 努君) 休憩前に引き続き、会議を再開いたします。
            ~~~~~~~~~~~~~~~
  ☆日程第9 議案第112号から議案第113号まで


◯議長(香川 努君) 日程第9、議案第112号「三豊市国民保護対策本部及び三豊市緊急対処事態対策本部条例」、議案第113号「三豊市国民保護協議会条例」を一括議題といたします。
 一括上程各案については、去る3月10日の本会議において、総務常任委員会に付託いたし、既に総務常任委員長より付託議案審査の終了した旨、報告がまいっておりますので、この際委員長から審査の結果を御報告願います。
 9番 総務常任委員長 城中利文君。
             〔9番(城中利文君)登壇〕


◯9番(城中利文君) ただいまから、総務常任委員会における議案審査の経過概要並びに結果について、御報告申し上げます。
 去る3月10日の本会議で、総務常任委員会に付託されました案件は、議案第112号 三豊市国民保護対策本部及び三豊市緊急対処事態対策本部条例、議案第113号 三豊市国民保護協議会条例の2件でありました。
 本委員会は、3月17日午後1時30分から委員会室において全委員出席のもと開催し審査を行いましたが、武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律、いわゆる国民保護法の規定に基づき条例を制定するものであるため、国民保護法の目的、定義、地方公共団体の責務を理解する必要があり、委員会当日の資料では法の目的等が理解できないので、3月28日にもう一度審査を行うことになりました。
 3月28日の委員会は、午前9時30分から委員会室において、全委員出席のもと開催し審査を行いました。
 まず、議案第112号 三豊市国民保護対策本部及び三豊市緊急対処事態対策本部条例について、申し上げます。最初に理事者から説明を受けた後、質疑に入りました。その中の主な質疑を申し上げますと、1.国民保護法の内容等はどうなっているのか、1.国民保護法に基づくこの条例は、地方分権時代に即した三豊市民のための条例として提案しているものなのか、1.国・県の押し付けではないのか等の質疑がありました。これに対して、執行部より国民保護法に基づく条例の提案であります等の回答がありました。続きまして討論に付しましたところ、反対と賛成の討論がそれぞれ1名ずつ述べられました。採決は挙手採決を行い、本案は賛成多数をもって可決されました。なお、採決後、一委員から会議規則第101条第1項の規定による、少数意見留保の発言があり、それに対する所定の賛成者もありましたので、会議規則第101条第2項の規定により、少数意見報告書は委員長を経て議長に提出をいたしました。
 次に、議案第113号 三豊市国民保護協議会条例について申し上げます。理事者から説明を受けた後、質疑に入りました。その中の主な質疑を申し上げますと、1.国民保護協議会は国民保護法にあるように国民保護計画を作るということだか、法で義務付けられているから提案しているのか、1.協議会の委員定数は20人となっているが、その中に市民や労働組合や議会の代表者が参加できるのか等の質疑がありました。これに対して、執行部より「国民保護法に国民保護計画の策定を義務付けした条文があり、この計画を策定するときは国民保護協議会を設置するよう、法令で義務付けられた条例案であります。」等の回答がありました。続きまして討論に付しましたところ、反対の討論が述べられました。採決は挙手採決を行い、本案は賛成多数をもって可決されました。なお、採決後、一委員から会議規則第101条第1項の規定による、少数意見留保の発言があり、それに対する所定の賛成者もありましたので、会議規則第101条第2項の規定により、少数意見報告書は委員長を経て議長に提出をいたしました。
 以上で、総務常任委員会に付託されました議案審査の報告を終わらせていただきます。


◯議長(香川 努君) 次に、少数意見報告を求めます。
 15番 三木秀樹君。
             〔15番(三木秀樹君)登壇〕


◯15番(三木秀樹君) 少数意見を留保いたしましたので、報告書に基づき簡潔に反対の意見の趣旨を申し上げたいと思います。有事法案の武力攻撃事態対処法は米軍の支援、協力に向けられた外向きの対処するに対し、国民保護法は国民の保護という美名のもとに、国民の人権や生命を制限する内向きの対処法で、この2つがセットで戦争できる国づくりが進められます。こうした戦争推進体制をつくる国民保護法に基づくこれらの条例設置案は、政府及び県からのトップダウンの指示であり、地方分権時代に即した三豊市民のための条例でないことが明らかであるため、両条例設置に反対いたします。


◯議長(香川 努君) 以上で、総務常任委員長の報告及び少数意見報告は終わりました。
 委員長報告はいずれも原案可決であります。
 これより委員長報告及び少数意見報告に対する質疑に入ります。
 委員長報告及び少数意見報告に対する質疑の通告はありません。
 質疑もないようですので、これにて委員長報告及び少数意見報告に対する質疑を終わります。
 これより討論に入ります。
 討論の通告がありますので、発言を許します。
 22番 瀧本文子君。
             〔22番(瀧本文子君)登壇〕


◯22番(瀧本文子君) 議案第112号、113号について反対の立場で討論をいたします。不当な侵略があった場合や、大震災や大規模災害の時に、政府や自治体が国民を保護するのは当然のことですが、今回の国民保護計画はアメリカが海外で引き起こす戦争に自衛隊を引き込み、その支援活動に罰則つきで国民、自治体、民間組織を動員するという極めて危険な内容となっております。よって、国民保護計画を策定するための対策本部等設置の今回の条例に対し、反対をいたします。


◯議長(香川 努君) 以上で、通告による討論は終わりました。
 他に討論はありませんか。
 30番 多田 治君。
             〔30番(多田 治君)登壇〕


◯30番(多田 治君) 30番 多田です。
 私は賛成の立場で一言討論を申し上げます。
 議案第112号、113号につきましては国民、すなわち私たち市民を保護することを目的に制定されようとしている条例であります。したがって、現在のように中東とかアジアで何でもありの国が存在する中で、ぜひこの条例化は私は必要であろうということで、賛成の立場で討論を申し上げました。以上です。


◯議長(香川 努君) 他に討論はありませんか。
             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(香川 努君) 他に討論もないようでありますので、これにて討論を終わります。
 これより議案第112号、議案第113号の各案を一括して採決いたします。
 お諮りいたします。
 議案第112号、議案第113号については、先ほど反対討論がありましたので、挙手により採決いたします。
 議案第112号、議案第113号を委員長報告どおり原案を可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。
               〔賛成者=挙手〕


◯議長(香川 努君) 挙手多数であります。
 よって、議案第112号「三豊市国民保護対策本部及び三豊市緊急対処事態対策本部条例」、議案第113号「三豊市国民保護協議会条例」はいずれも原案のとおり可決いたしました。
            ~~~~~~~~~~~~~~~
  ☆日程第10 議案第114号、議案第115号、議案第140号、議案第141号


◯議長(香川 努君) 日程第10、議案第114号「三豊市廃棄物の減量化、資源化及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例」、議案第115号「三豊市介護保険条例の一部を改正する条例」、議案第140号「指定管理者の指定について(三豊市立西香川病院)」、議案第141号「指定管理者の指定について(三豊市高瀬町老人デイサービスセンター)」を一括議題といたします。
 一括上程各案については、去る3月10日の本会議において、教育民生常任委員会に付託いたし、既に教育民生常任委員長より付託議案審査の終了した旨、報告がまいっておりますので、この際委員長から審査の結果を御報告願います。
 5番 教育民生常任委員長 詫間政司君。
             〔5番(詫間政司君)登壇〕


◯5番(詫間政司君) ただいまから教育民生常任委員会に付託されました議案審査の経過概要並びに結果について、御報告申し上げます。
 去る3月10日に、当教育民生常任委員会に付託されました案件は、議案第114号、三豊市廃棄物の減量化、資源化及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例、議案第115号、三豊市介護保険条例の一部を改正する条例、議案第140号、指定管理者の指定について(三豊市立西香川病院)、議案第141号、指定管理者の指定について(三豊市高瀬町老人デイサービスセンター)の4件でありました。
 委員会は、3月14日午後3時から委員会室において、全委員出席のもと開催し、審議を行いました。
 まず、議案第114号、三豊市廃棄物の減量化、資源化及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例について申し上げます。最初に理事者から説明を受けた後、質疑に入りましたが、その中で示された主な質疑を申し上げますと、1.粗大ゴミの持込収集は、合併時から4月1日実施で進めてきたのではないか、1.計画やマニュアルはできているか、1.周知徹底をはかるための方法やタイムスケジュールはどうなっているか等でした。これに対して、執行部より収集の基本的なやり方は決まっており、広報紙への掲載や地区衛生の会を重ね、6月までには周知徹底をはかる等の回答がありました。続いて討論に付しましたところ、反対・賛成の旨それぞれ1名ずつ意見が述べられました。挙手採決の結果、本案は多数をもって可決すべきものと決定いたしました。
 次に、議案第115号、三豊市介護保険条例の一部を改正する条例について申し上げます。
 理事者から説明を受けた後、質疑に入りましたが、その中で示された主な質疑を申し上げますと、1.保険料の値上げは厳しい。市独自で減免措置を実施できないか、1.未納者3%を前提に、保険料の試算をしているのか等でした。これに対して、執行部より独立した特別会計なので改正せざるをえない。試算の際の率は、国の基準で決まっている等の回答がありました。続いて討論に入りましたが意見は出されず、採決の結果、本案は全会一致で可決すべきものと決定いたしました。
 次に、議案第140号、指定管理者の指定について(三豊市立西香川病院)に関して申し上げます。理事者から説明を受けた後、質疑に入りましたが、その中で示された主な質疑を申し上げますと、1.行政が監視するチェック機構はあるか、1.指定管理者制度となれば、公営企業会計法の基準に基づいて繰り出しするのか等がありました。これに対して、執行部より旧高瀬町のときからチェック機構として運営管理委員会があり、予算・決算・施設の整備計画等を協議していた。運営は公営企業会計法に基づいて行っている等の回答がありました。続いて討論に入りましたが意見は出されず、採決の結果、本案は全会一致で可決すべきものと決定いたしました。
 最後に、議案第141号、指定管理者の指定について(三豊市高瀬町老人デイサービスセンター)に関して申し上げます。理事者から説明を受けた後、質疑に入りましたが、質疑は、市と受益者代表と管理者での運営協議会は、継続するのかということでした。これに対して、執行部より運営協議会を市へ引き継ぐことになっており、協定書の締結の中で明らかにしていくという回答がありました。続いて討論に入りましたが意見は出されず、採決の結果、本案は全会一致で可決すべきものと決定いたしました。
 よって、当常任委員会に付託された案件は、4議案とも原案のとおり可決されたことを御報告申し上げます。
 以上で、教育民生常任委員会に付託されました議案審査の報告を終わらせていただきます。


◯議長(香川 努君) 以上で教育民生常任委員長の報告は終わりました。
 委員長報告はいずれも原案可決であります。
 これより委員長報告に対する質疑に入ります。
 委員長報告に対する質疑の通告はありません。
 質疑もないようですので、これにて委員長報告に対する質疑を終わります。
 これより討論に入ります。
 討論の通告がありますので、発言を許します。
 21番 岩田秀樹君。
             〔21番(岩田秀樹君)登壇〕


◯21番(岩田秀樹君) 21番 岩田です。まず、議案第114号、三豊市廃棄物の減量化、資源化及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例に対する討論をいたします。これは、委員会の中でも意見が出ておりましたとおり、粗大ゴミ収集が1ヶ所になる問題とか、4月から7月になるに当たって、十分な対応ができたのだろうか、こういう問題が出されておりました。1ヶ所になるに当たっては、不法投棄がされるのではないかという問題があります。この問題を再度十分に検討された中で提案された方が、よりいっそう住民の中に理解されるのではないかと考えておりまして、この問題に対しては反対をしたいと思っております。
 議案第115号、三豊市介護保険条例の一部を改正する条例については、ご存知のように昨日資料が配られまして、第1段階、第2段階が同じ調整率0.5%という形で知らされました。これは、各自治体独自に決められる、一応決められるんだということで、昨日お話がありましたけれども、地域によりましては私が調べましたところでは、0.25です。あるところ、一番安いところでは8,775円というところもあります。そういうような調整率もありますし、高松では0.4というところはご存知だと思います。ですから、第1段階というのは、生活保護世帯とか、そういうところがやっているわけですから、人数で119名ですので、対象者は1.05%、保険料に直しますと0.05%です。これに対していわゆる弱者に対する姿勢が第1段階と第2段階が同じ姿勢だと思われますので、その辺りに関してはもう少し配慮の姿勢があっても良かったのではないかと考えて、反対をしております。


◯議長(香川 努君) 以上で、通告による討論は終わりました。
 他に討論はありませんか。
 30番 多田 治君。
             〔30番(多田 治君)登壇〕


◯30番(多田 治君) 私は、114号、115号の議案に対して賛成の立場で討論を申し上げます。
 まず、114号でございますけど、本議案についてはこれは付則の第5項中の平成18年4月1日から粗大ごみを有料化し、詫間へ持って行くという日にちの変更ということが、本議案の一部改正の条例と理解している中で、その間3ヶ月延ばした中でいろいろ方式等についても検討できるし、一部条例改正については、そのような意味から私は賛成をいたすものでございます。
 それと、議案第115号について、三豊市介護保険条例の一部を改正する条例での1段階、2段階の調整率がもう少し安くして差し上げるべきじゃないかということでございますけど、本条例につきましては、現行条例については4段階のものを6段階まで、細かく調整率を変更する中で、今回については5段階で実施するということで、かなり調整を従来よりもかけてきたというふうな条例改正なわけですから、私は調整率の改善をしているということで、賛成をいたします。以上でございます。


◯議長(香川 努君) 他に討論はありませんか。
             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(香川 努君) 他に討論もないようでありますので、これにて討論を終わります。
 これより議案第114号、議案第115号、議案第140号、議案第141号の各案を一括して採決いたします。
 お諮りいたします。
 議案第114号、議案第115号について、先ほど反対討論がありましたので、挙手により採決いたします。
 議案第114号、議案第115号、議案第140号、議案第141号を委員長報告どおり原案を可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。
               〔賛成者=挙手〕


◯議長(香川 努君) 挙手多数であります。
 よって、議案第114号「三豊市廃棄物の減量化、資源化及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例」、議案第115号「三豊市介護保険条例の一部を改正する条例」、議案第140号「指定管理者の指定について(三豊市立西香川病院)」、議案第141号「指定管理者の指定について(三豊市高瀬町老人デイサービスセンター)」はいずれも原案のとおり可決いたしました。
            ~~~~~~~~~~~~~~~
  ☆日程第11 議案第116号


◯議長(香川 努君) 日程第11、議案第116号「三豊市市営住宅設置及び管理条例の一部を改正する条例」を議題といたします。
 本案については、去る3月10日の本会議において、建設経済常任委員会に付託いたし、既に建設経済常任委員長より付託議案審査を終了した旨、報告がまいっておりますので、この際委員長から審査の結果を御報告願います。
 23番 建設経済常任委員長 為広員史君。
             〔23番(為広員史君)登壇〕


◯23番(為広員史君) ただいまから建設経済常任委員会における議案審査の経過概要並びに結果について御報告申し上げます。
 3月14日午後1時30分より委員会室において、全委員出席のもと開催しました。本日の議案は3月10日の本会議で付託された案件でございます。本委員会に付託された案件は、議案第116号 三豊市市営住宅設置及び管理条例の一部を改正する条例であります。
 本案は、公営住宅法施行令の一部改正に伴い、入居要件について所要の改正を行うものであります。最初に理事者より説明を受けた後、質疑に入りました。その中で主な質疑といたしまして1.障害者基本法に規定される人が該当するということだがその内容は、1.介護を要する場合はどうなるのか、1.精神障害者として規定される人の要件は等、諸点につきまして質疑が行われました。引き続き、討論に入りましたが討論はありませんでした。今回の改正が公募の例外の範囲の拡大であることから、当委員会としては議案第116号 三豊市市営住宅設置及び管理条例の一部を改正する条例につきましては、原案通り可決することに決定しました。午後2時30分、委員会を閉会しました。
 以上で、建設経済常任委員会 委員長報告を終わります。


◯議長(香川 努君) 以上で、建設経済常任委員長の報告は終わりました。
 委員長報告は原案可決であります。
 これより委員長報告に対する質疑に入ります。
 委員長報告に対する質疑の通告はありません。
 質疑もないようですので、これにて委員長報告に対する質疑を終わります。
 これより討論に入ります。
 討論の通告はありません。
 討論はありませんか。
             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(香川 努君) 他に討論もないようでありますので、これにて討論を終わります。
 これより議案第116号を採決いたします。
 お諮りいたします。
 議案第116号「三豊市市営住宅設置及び管理条例の一部を改正する条例」を委員長報告どおり原案を可決することに御異議ありませんか。
            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(香川 努君) 御異議なしと認めます。
 よって、議案第116号「三豊市市営住宅設置及び管理条例の一部を改正する条例」は原案のとおり可決いたしました。
            ~~~~~~~~~~~~~~~
  ☆日程第12 議案第128号から議案第139号まで


◯議長(香川 努君) 日程第12、議案第128号「平成18年度三豊市一般会計予算」から議案第139号「平成18年度三豊市病院事業会計予算」を一括議題といたします。
 一括上程各案については、去る3月10日の本会議において、予算特別委員会に付託いたし、既に予算特別委員長より付託議案審査の終了した旨、報告がまいっておりますので、この際委員長から審査の結果を御報告願います。
 27番 予算特別委員長 大西敏典君。
             〔27番(大西敏典君)登壇〕


◯27番(大西敏典君) ただいまから予算特別委員会における議案審査の経過概要並びに結果について、御報告申し上げます。
 本委員会に付託されました案件は、議案第128号「平成18年度三豊市一般会計予算」から議案第139号「平成18年度三豊市病院事業会計予算」までの12議案でありまして、委員会は3月13日、15日、16日、及び20日の4日間にわたり、ほぼ全委員出席のもと開催し、審査を行いました。
 御承知のように本委員会は、議長を除く29名で構成された特別委員会であるため、審査経過については議員各位が十分御存知のことと思いますので、ここでは要点のみの報告とさせていただきます。
 まず、議案第128号「平成18年度三豊市一般会計予算」についてであります。本案は、平成18年度当初予算案として、歳入歳出予算の総額をそれぞれ263億1,000万円とするものであります。審査は各部・局単位に行い、最初に部・局長による全般的な説明の後、各担当課長から詳細説明を受け、これについて各委員から質疑を行い、疑問点及び不明な点について答弁を求めました。そして、最終日には市長出席のもと大綱的な見地から総括質疑を行い、理事者からは基本的な考え方、今後の方針等について、答弁がありました。討論では、同和関係予算について十分な精査がなされていないので本予算案には反対するとの反対討論がありましたが、一方では、本予算案は旧町からの積み上げ予算であり、これについては十分精査されており、旧町での審議を尊重する意味からも本予算案に賛成する、との賛成討論がありました。採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決することに決しました。
 次に、議案第129号「平成18年度三豊市地域農産物利用促進センター事業特別会計予算」については、別段質疑はなく、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決することに決しました。
 次に、議案第130号「平成18年度三豊市国民健康保険事業特別会計予算」については、旧町の合計に比べて大幅増になった要因は何か等の質疑がありました。これに対し当局からは、老人保健法の改正による対象者の増が要因であるとの答弁があり、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決することに決しました。
 次に、議案第131号「平成18年度三豊市国民健康保険診療所事業特別会計予算」については、初任給調整手当の内容についての質疑がありました。これに対し当局からは、医師の採用に関し給付するものであるとの答弁があり、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決することに決しました。
 次に、議案第132号「平成18年度三豊市老人保健事業特別会計予算」については、別段質疑はなく、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決することに決しました。
 次に、議案第133号「平成18年度三豊市介護保険事業特別会計予算」については、包括支援事業の体制等について質疑がありました。これに対し当局からは、ケアプラン作成対象者を1,000人と見込み、保健師5人と事業所のケアマネージャーで実施する予定であるが、大変厳しいものがあるとの答弁があり、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決することに決しました。
 次に、議案第134号「平成18年度三豊市介護サービス事業特別会計予算」については、委託業務の内容等について質疑がありました。これに対し当局からは、通所介護サービス事業であり、委託先は社会福祉協議会であるとの答弁があり、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決することに決しました。
 次に、議案第135号「平成18年度三豊市集落排水事業特別会計予算」については、別段質疑はなく、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決することに決しました。
 次に、議案第136号「平成18年度三豊市浄化槽整備推進事業特別会計予算」については、本事業の事業主体について質疑がありました。これに対し当局からは、市が事業主体となり、住民から設置については分担金、使用については使用料を徴収し、旧高瀬町・旧三野町内の特定地域で実施しているとの答弁があり、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決することに決しました。
 次に、議案第137号「平成18年度三豊市港湾整備事業特別会計予算」については、詫間港港湾施設整備管理基金について質疑がありました。これに対し当局からは、平成17年度末で1億5,348万3千円の見込みであるとの答弁があり、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決することに決しました。
 次に、議案第138号「平成18年度三豊市水道事業会計予算」については、工事費に対し設計委託費の割合が高いのではないか等について質疑がありました。これに対し当局からは、豊中町原虫類対策施設整備事業の全体設計料を計上していたため、これを除外すると13.14%になるとの答弁があり、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決することに決しました。
 最後に、議案第139号「平成18年度三豊市病院事業会計予算」については、収入に対する人件費の割合等について質疑がありました。これに対し当局からは、可能な限り正規職員を減らして臨時職員で対応しているが、これ以上減らすことは、病院としての医療水準・安全管理の面からも限界にきているとの答弁があり、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決することに決しました。
 以上、はなはだ簡単ですが予算特別委員会の委員長報告とさせていただきます。よろしくお願いいたします。


◯議長(香川 努君) 以上で予算特別委員長の報告は終わりました。
 委員長報告はいずれも原案可決であります。
 これより委員長報告に対する質疑に入ります。
 委員長報告に対する質疑の通告はありません。
 質疑もないようですので、これにて委員長報告に対する質疑を終わります。
 これより討論に入ります。
 討論の通告がありますので、順次発言を許します。
 22番 瀧本文子君。
             〔22番(瀧本文子君)登壇〕


◯22番(瀧本文子君) 議案第128号「平成18年度三豊市一般会計予算」について反対討論をいたします。32年間の特別措置により地区との格差は解消したと考えております。一刻も早く同和行政を終わらせるべきであるという立場から特に団体補助金1,780万円に見るように、単なる一団体に多大な税金をつぎ込むことはやめるべきです。その他の同和予算についても、大幅に見直し、削減する必要があります。よって、18年度予算については反対をいたします。


◯議長(香川 努君) ただいまの討論に対する反対討論はありませんか。
 30番 多田 治君。
             〔30番(多田 治君)登壇〕


◯30番(多田 治君) 128号「平成18年度三豊市一般会計予算」に反対を共産党さんはなさっているようですけど、私はこの予算に賛成の立場で申し上げますと、先ほど委員長報告にもありましたが、平成18年度予算については旧のタウン、町からの持ち寄り予算で、新しくシティになってシティとしての考え方は、次年度からであるべきであって、古いタウンの時に協議されたことを尊重してあげるべきだし、私は平成18年度予算については賛成の立場でおりますので、よろしくお願いいたします。


◯議長(香川 努君) 次に、21番 岩田秀樹君。
             〔21番(岩田秀樹君)登壇〕


◯21番(岩田秀樹君) 議案第130号「平成18年度三豊市国民健康保険事業特別会計予算」について反対の立場で討論をさせていただきます。
 国民健康保険につきましては、減免制度を会計予算となっていないということで、法律的な制度としては行われておりますが、もう少し基金を用いることによって住民のところが減免を用いた形の人がかなり多いというのが今の住民の中の実態となっております。こういう中では、少し基金を入れることによって住民の負担が少なくなるということですので、そこら辺りをもう少し検討していただくような予算になっていないということで、反対を述べさせていただきます。


◯議長(香川 努君) ただいまの反対討論に対し、賛成討論はありませんか。
 30番 多田 治君。
             〔30番(多田 治君)登壇〕


◯30番(多田 治君) 私は本予算について賛成の立場で申し上げますが、この国民健康保険事業特別会計予算においては、6億6千万に余っての他会計また、基金の繰り入れが行われての収支合い償う予算となっておるわけでございます。したがって、これ以上減免制度を用いるとかいうことにつきましては、反対でありますし、原案に賛成のものであります。以上です。


◯議長(香川 努君) 他に討論はありませんか。
 21番 岩田秀樹君。
             〔21番(岩田秀樹君)登壇〕


◯21番(岩田秀樹君) 133号「平成18年度三豊市介護保険事業特別会計予算」については、先ほど介護保険の一部改正についての反対を申し上げましたように、第1段階の調整率、これを半額にしましても金額が年額で264万円になると思います。先ほど話しましたように3%が未収納の金額となっております。その辺りを考えましても余りにも1段階、2段階の調整の差が同等というのは杓子定規な法律の改正ではないかなと思っておりますので、これは市の姿勢が問われると言っても良いと思いますので、これについては反対をしたいということです。


◯議長(香川 努君) ただいまの反対討論に対し、賛成討論はありませんか。
 30番 多田 治君。
             〔30番(多田 治君)登壇〕


◯30番(多田 治君) 本件に対しても私は賛成の立場でいるわけですけども、この会計につきましても一般会計からの繰り入れが7億3,900万の多額の繰り入れを予定し、その中でも特にその他一般会計繰入金が1億3千万も繰り入れるわけで、それ以上に調整率によって下げるということになりましたらなおさら一般会計に対しての負担がかかり、先ほど申したように既に4段階で調整していたものを、5段階に調整し、適正に予算化されてきているものという判断の元に、私は本予算については賛成をいたします。


◯議長(香川 努君) 以上で通告による討論は終わりました。
 他に討論はありませんか。
             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(香川 努君) 他に討論もないようでありますので、これにて討論を終わります。
 これより議案第128号から議案第139号までの各案を一括して採決いたします。
 お諮りいたします。
 議案第128号、議案第130号、議案第133号について、先ほど反対討論がありましたので、挙手により採決いたします。
 議案第128号「平成18年度三豊市一般会計予算」から議案第139号「平成18年度三豊市病院事業会計予算」を委員長報告どおり原案を可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。
               〔賛成者=挙手〕


◯議長(香川 努君) 挙手多数であります。
 よって、議案第128号「平成18年度三豊市一般会計予算」から議案第139号「平成18年度三豊市病院事業会計予算」はいずれも原案のとおり可決いたしました。
            ~~~~~~~~~~~~~~~
  ☆日程第13 議案第149号から議案第150号まで


◯議長(香川 努君) 日程第13、議案第149号「三豊市収入役事務兼掌条例」、議案第150号「政治倫理の確立のための三豊市長の資産等の公開に関する条例」を一括議題といたします。
 一括上程議案について、市長の提案理由の説明を求めます。
 市長 横山忠始君。
             〔市長(横山忠始君)登壇〕


◯市長(横山忠始君) 議案第149号から議案第150号までの提案理由の説明を申し述べます。
 議案第149号「三豊市収入役事務兼掌条例」につきましては、地方自治法第168条第2項ただし書き規定に基づき、三豊市に収入役を置かないこととし、収入役の事務については助役に兼掌させるため、提案するものであります。また、このことにより三豊市表彰条例、三豊市特別職報酬等審議会条例、三豊市特別職の職員で常勤のものの給与等に関する条例、及び、三豊市病院事業の設置等に関する条例の4本の条例につきまして、所要の一部改正を行うものであります。
 議案第150号「政治倫理の確立のための三豊市長の資産等の公開に関する条例」につきましては、政治倫理の確立のための国会議員の資産等に関する法律第7条の規定に基づき、三豊市長の資産等の公開に関し、必要な事項を定めるため提案するものであります。
 よろしく御審議いただき、議決賜りますよう、お願い申し上げます。


◯議長(香川 努君) 一括上程議案に対する提案理由の説明は終わりました。
 お諮りいたします。
 ただいま議題となっております議案第149号、議案第150号は、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。
            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(香川 努君) 御異議なしと認めます。
 よって、議案第149号、議案第150号は、委員会の付託を省略することに決定いたしました。
 これより質疑に入ります。
 ただいまのところ、質疑の通告はありません。
 質疑はありませんか。
             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(香川 努君) 質疑がないようでありますので、これにて質疑を終わります。
 これより討論に入ります。
 ただいまのところ、討論の通告はありません。
 討論はありませんか。
             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(香川 努君) 討論もないようでありますので、これにて討論を終わります。
 これより議案第149号、議案第150号の各案を一括して採決いたします。
 議案第149号「三豊市収入役事務兼掌条例」、議案第150号「政治倫理の確立のための三豊市長の資産等の公開に関する条例」を原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(香川 努君) 御異議なしと認めます。
 よって、議案第149号「三豊市収入役事務兼掌条例」、議案第150号「政治倫理の確立のための三豊市長の資産等の公開に関する条例」は原案のとおり可決されました。
            ~~~~~~~~~~~~~~~
  ☆日程第14 議案第151号から議案第153号まで


◯議長(香川 努君) 日程第14、議案第151号「平成17年度三豊市一般会計補正予算(第2号)」から議案第153号「平成17年度三豊市介護サービス事業特別会計補正予算(第2号)」を一括議題といたします。
 一括上程議案について、市長の提案理由の説明を求めます。
 市長 横山忠始君。
             〔市長(横山忠始君)登壇〕


◯市長(横山忠始君) 議案第151号から議案第153号までの提案理由の説明を申し述べます。
 議案第151号「平成17年度三豊市一般会計補正予算(第2号)」につきましては、地方自治法第211条の規定により、歳入歳出それぞれ6,397万7千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ125億4,458万9千円とする補正予算を提案するものであります。今回の一般会計補正予算の補正理由は、特別交付税の確定、旧町特別会計及び一部事務組合等の剰余金及び基金の最終整理と市債については、国の配分調整による充当率の変更により補正するものでございます。
 歳入につきましては、特別交付税2億4,217万3千円減額、諸収入の雑入歳計剰余金で、1億8,705万円の増額、市債で1億2,590万円の増額でございます。一方歳出につきましては、歳入同額の6,397万7千円を財政調整基金に積み立てるものであります。
 次に、予算第2条 地方債の補正は充当率変更により、限度額を変更するものであります。
 議案第152号「平成17年度三豊市国民健康保険診療所事業特別会計補正予算(第2号)」につきましては、地方自治法第211条の規定により、歳入歳出それぞれ2,366万4千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ9,094万9千円とする補正予算を提案するものであります。歳入は諸収入で旧財田町国保診療所事業特別会計の剰余金2,366万4千円であります。歳出では歳入同額2,366万4千円を国民健康保険直営診療所基金に積み立てるものであります。
 議案第153号「平成17年度三豊市介護サービス事業特別会計補正予算(第2号)」につきましては、地方自治法第211条の規定により、歳入歳出それぞれ1,374万3千円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ3,966万6千円とする補正予算を提案するものであります。歳入は諸収入で旧仁尾町介護サービス事業特別会計の剰余金1,374万3千円を減額するものでありまして、この剰余金は第1号補正にてこの特別会計に補正しておるところですが、旧仁尾町介護サービスは廃止していることから、一般会計への補正として変更をお願いするものでございます。歳出では予備費から歳入同額1,374万3千円を減額するものであります。
 以上、平成17年度三豊市一般会計補正予算(第2号)、平成17年度三豊市国民健康保険診療所事業特別会計補正予算(第2号)、平成17年度三豊市介護サービス事業特別会計補正予算(第2号)につきまして、よろしく御審議いただき、議決賜りますようお願い申し上げます。


◯議長(香川 努君) 一括上程議案に対する提案理由の説明は終わりました。
 ただいま議題となっております議案第151号から議案第153号は、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。
            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(香川 努君) 御異議なしと認めます。
 よって、議案第151号から議案第153号は委員会の付託を省略することに決定いたしました。
 これより質疑に入ります。
 ただいまのところ、質疑の通告はありません。
 質疑はありませんか。
             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(香川 努君) 質疑がないようでありますので、これにて質疑を終わります。
 これより討論に入ります。
 ただいまのところ、討論の通告はありません。
 討論はありませんか。
             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(香川 努君) 討論もないようでありますので、これにて討論を終わります。
 これより議案第151号から議案第153号までの各案を一括して採決いたします。
 議案第151号「平成17年度三豊市一般会計補正予算(第2号)」から議案第153号「平成17年度三豊市介護サービス事業特別会計補正予算(第2号)」を原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(香川 努君) 御異議なしと認めます。
 よって、議案第151号「平成17年度三豊市一般会計補正予算(第2号)」から議案第153号「平成17年度三豊市介護サービス事業特別会計補正予算(第2号)」は原案のとおり可決されました。


◯議長(香川 努君) 以上で、今期定例会に付議されました案件の審議はすべて終了いたしました。
 なお、閉会に先立ちまして、市長からあいさつの申し出がありますので、これを許可いたします。
 市長 横山忠始君。
             〔市長(横山忠始君)登壇〕


◯市長(横山忠始君) 皆様方には、この3月議会記念すべき三豊市としての本格的な初議会でありましたが、さまざまな御指摘をいただき誠にありがとうございました。とりわけ予算は旧7町からの積み上げ予算でありましたので、皆様方の厳しい数々の御指摘は私たち行政当局も十分に身に戴しまして、今後の執行については、厳しく精査し、1つの決心を持って臨んでまいりたいと考えております。また、一般質問で賜りました数々の御指摘も、的確な御指摘が多々ございましたので、これも参考にさせていただきまして、実現できるものは実現していくよう、努力を重ねてまいりたいと思っております。
 なお、4月から早速2つのプロジェクトを立ち上げたいと考えております。行財政改革プロジェクトであります。これは初めから皆様方と共通するテーマでありまして、そのために行財政改革推進室を政策部の中に設置をし、4月1日より積極的に取りかかってまいりたいと考えております。もう1つは、ごみゼロ(ゼロご)作戦推進対策室であります。これは今回の一般質問でも数々御指摘をいただきましたように、各町の分別方法、収集方法にそれぞれ違いがありまして、多種多様であります。これを統一してまいるには、やはり三豊市としての共通目標を定め、そして、それに向かっていかなる手法が最もわれわれがごみ問題を解決していく上で重要かということを、市民の皆様にお知らせし、市民の皆様の御理解をいただきながらごみ問題に対処していきたいと思います。よって、この問題はやはり私たちとしては高い目標を掲げ、そのためにごみの収集手法があるというふうな手法で調整を大きく輪をかけて図ってまいりたいと考えていきたいと思います。小手先ではなかなかこれは解決し難い問題が多々あると考えます。
 それから、移動型市政の実現と御指摘のありました市役所の配置が分かりにくいということで、総合窓口設置に向けまして秘書課を設置、新設をいたしたいと考えます。それから、収入役廃止によります当方の出納業務を的確に運営するために、会計課を強化しまして、出納室として設置し、当面出納業務に抜かりないように体制を強化し、事に当たってまいりたいと思っております。
 以上、本議会の皆様方に賜りましたさまざまな御指摘を受け、4月1日より新しく気持ちもさらに一新いたしまして、私たち一同臨んでまいりますので、皆様方におかれましては一層の御指導、御鞭撻を賜りますようお願い申し上げまして、本議会に賜りました数々の御指摘、また、御行動に感謝を申し上げ、議会の御礼のごあいさつとさせていただきます。本議会、ありがとうございました。


◯議長(香川 努君) これをもちまして、今期定例会は閉会といたします。
 御審議お疲れさまでした。
             〔午後 0時03分 閉会〕
            ────────────────