議事ロックス -地方議会議事録検索-


香川県 さぬき市

平成19年第3回定例会(第1日) 本文




2007年09月04日:平成19年第3回定例会(第1日) 本文

◯議長(三好正志君)おはようございます。
 これより平成19年さぬき市議会第3回定例会を開会いたします。
 直ちに本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付してあるとおりであります。


 日程第1 会議録署名議員の指名について


◯議長(三好正志君)日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定によりまして、議長において5番、江村信介君、6番、高嶋正朋君を指名いたします。
 なお、ご両名のうちで欠席された場合は、順次、次席の方にお願いを申し上げます。


 日程第2 会期決定について
      諸般の報告


◯議長(三好正志君)日程第2、会期決定についてを議題といたします。
 お諮りいたします。本定例会の会期は、本日から9月18日までの15日間といたしたいと思います。これにご異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(三好正志君)ご異議なしと認めます。よって、会期は15日間と決定いたしました。
 この際、諸般の報告をいたします。
 監査委員から、5月、6月及び7月分の例月出納検査の結果が報告されております。なお、関係書類は事務局に保管してありますので、必要であれば後ほどごらんになっていただきたいと思います。
 地方自治法第180条第1項の規定による市長専決処分指定事項を報告する書類の受理については、あらかじめ印刷物をお手元に配付しておりますので、朗読を省略いたします。
 以上で諸般の報告を終わります。


 日程第3 議案第73号から認定第17号まで
      議案第73号 平成19年度さぬき市一般会計補正予算(第1号)につ
             いて
      議案第74号 平成19年度さぬき市国民健康保険事業特別会計補正予
             算(第1号)について
      議案第75号 平成19年度さぬき市老人保健事業特別会計補正予算
             (第1号)について
      議案第76号 平成19年度さぬき市介護保険事業特別会計補正予算
             (第1号)について
      議案第77号 平成19年度さぬき市介護サービス事業特別会計補正予
             算(第1号)について
      議案第78号 平成19年度さぬき市公共下水道事業特別会計補正予算
             (第1号)について
      議案第79号 平成19年度さぬき市農業集落排水事業特別会計補正予
             算(第1号)について
      議案第80号 平成19年度さぬき市漁業集落排水事業特別会計補正予
             算(第1号)について
      議案第81号 平成19年度さぬき市内陸土地造成事業特別会計補正予
             算(第2号)について
      議案第82号 平成19年度さぬき市共通商品券発行事業特別会計補正
             予算(第1号)について
      議案第83号 平成19年度さぬき市病院事業会計補正予算(第2号)
             について
      議案第84号 さぬき市老人福祉センター条例の一部改正について
      議案第85号 さぬき市カメリア温泉福祉センター条例の一部改正につ
             いて
      議案第86号 さぬき市農林漁業体験実習館条例の一部改正について
      議案第87号 さぬき市サイクリングターミナル条例の一部改正につい
             て
      議案第88号 さぬき市健康保養施設条例の一部改正について
      議案第89号 新たに生じた土地の確認について
      議案第90号 新たに生じた土地の確認について
      議案第91号 字の区域の変更について
      議案第92号 字の区域の変更について
      議案第93号 工事請負契約の変更について(平成18年度弁天川雨水
             排水ポンプ場建設工事)
      議案第94号 工事請負契約の締結について(平成19年度弁天川雨水
             排水ポンプ場建設工事(機械その2))
      認定第1号  平成18年度さぬき市一般会計歳入歳出決算認定につい
             て
      認定第2号  平成18年度さぬき市国民健康保険事業特別会計歳入歳
             出決算認定について
      認定第3号  平成18年度さぬき市老人保健事業特別会計歳入歳出決
             算認定について
      認定第4号  平成18年度さぬき市介護保険事業特別会計歳入歳出決
             算認定について
      認定第5号  平成18年度さぬき市介護サービス事業特別会計歳入歳
             出決算認定について
      認定第6号  平成18年度さぬき市公共下水道事業特別会計歳入歳出
             決算認定について
      認定第7号  平成18年度さぬき市農業集落排水事業特別会計歳入歳
             出決算認定について
      認定第8号  平成18年度さぬき市漁業集落排水事業特別会計歳入歳
             出決算認定について
      認定第9号  平成18年度さぬき市簡易水道事業特別会計歳入歳出決
             算認定について
      認定第10号 平成18年度さぬき市内陸土地造成事業特別会計歳入歳
             出決算認定について
      認定第11号 平成18年度さぬき市多和診療所事業特別会計歳入歳出
             決算認定について
      認定第12号 平成18年度さぬき市観光事業特別会計歳入歳出決算認
             定について
      認定第13号 平成18年度さぬき市CATV事業特別会計歳入歳出決
             算認定について
      認定第14号 平成18年度さぬき市共通商品券発行事業特別会計歳入
             歳出決算認定について
      認定第15号 平成18年度さぬき市建設残土処分場事業特別会計歳入
             歳出決算認定について
      認定第16号 平成18年度さぬき市病院事業会計決算認定について
      認定第17号 平成18年度さぬき市水道事業会計決算認定について
      (提案理由説明)


◯議長(三好正志君)日程第3、議案第73号から認定第17号までを一括議題といたします。
 議案の朗読を省略させていただき、議案第73号から順次、市長から提案理由の説明を求めます。


◯市長(大山茂樹君)議長。


◯議長(三好正志君)市長、大山茂樹君。
  〔市長(大山茂樹君)登壇〕


◯市長(大山茂樹君)おはようございます。それでは、議案の提案理由の説明をいたします。
 まず、議案第73号、平成19年度さぬき市一般会計補正予算(第1号)につきましては、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ1億6,500万円を追加し、補正後の予算額を218億9,000万円とするものであります。
 以下、その主なものについてご説明いたします。
 まず、BSデジタル放送の再編成に対応するため、ケーブルテレビセンター設備の改修事業費、及び落雷被害に伴う伝送路、音声告知端末機器の修繕費用などの経費を計上しております。
 次に、後期高齢者医療制度につきましては、その準備経費として、システム開発経費及び周辺機器に要する経費を計上し、来年度から開始される制度の円滑な実施を目指します。
 また、認知症高齢者グループホームの整備について、国の補助制度を活用し、地域介護・福祉空間整備事業として、民間事業者に対する補助を新たに計上し、地域密着型のサービス提供を行うこととしております。
 団体営土地改良事業につきましては、寒川町脇地区において、20年度から本格的な事業に着手するため、調査設計費を計上しております。また、今般の少雨渇水に対応するための用水確保など、緊急に実施されたかんがい対策事業に対しまして、香川県と協調して補助を行いますとともに、市道の維持補修経費について所要の額を増額しております。
 次に、小中学校・幼稚園の教育施設については、所要の修繕費を計上するとともに、研究委託事業として、地域の食材を取り入れた給食献立の活用、食に関する指導や体験活動を行うことなどにより、児童の望ましい食習慣の習得を目標とした、地域に根差した学校給食推進事業に取り組む経費を計上いたしております。
 次に、頑張る地方応援プログラム事業として、お遍路交流サロンの収蔵品をデータベース化することや、壁面展示ケースの設置など、ソフト部門の充実を図る経費を補正し、文化の伝承と交流人口等の増加を図ってまいります。
 また、さきの台風4号、5号の接近に伴います対応経費として、土のう袋や花こう土、避難所に要した経費とともに、農業施設及び公共土木施設の災害復旧費用を計上いたしております。
 さらに、地方公共団体の財政の健全化に関する法律の成立などを受け、将来、債務の縮小など、財政の健全化が強く要請されている状況にあることなどから、内陸土地造成事業特別会計に対する赤字補てんを計画的に実施することとし、今後、この特別会計の資金不足の解消に努めてまいります。
 職員の人件費につきましては、所要の費目において人事異動に伴います過不足を補正しておりますが、昨年度末における退職者の増加に伴いまして、職員人件費の総額は減額となっております。
 以上が補正予算の歳出の主なものでありますが、この財源は、普通交付税2億528万1,000円、分担金及び負担金で90万4,000円、国・県支出金で2,885万3,000円、諸収入で1,075万7,000円、市債で840万円を充当する一方、地方特例交付金1,974万2,000円、繰入金6,945万3,000円を減額することといたしております。
 次に、議案第74号、平成19年度さぬき市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ2,698万3,000円を追加し、補正後の予算額を58億8,498万3,000円とするものであります。
 補正予算の主な内容は、来年4月から運用開始される後期高齢者医療制度に備えまして、保険者が負担すべき経費、前年度保険給付費の確定に伴う国庫負担金の精算及び国保財政調整基金からの繰り入れ調整を行うための補正予算であります。
 歳入につきましては、医療制度改革及び後期高齢者医療制度の創設に伴い、国庫補助金で250万円の創設準備事業補助金、また、県補助金では特定健診実施計画策定事業補助金として24万7,000円をそれぞれ新規計上し、前年度決算による繰越金で1億4,203万4,000円を追加する一方、繰越金の増額により、国保財政調整基金繰入金を1億1,779万8,000円減額し、今後の財政調整のための保留財源とするものであります。歳出につきましては、医療制度改革に伴う国保システム改修委託料513万3,000円の追加、特定健診実施計画策定に伴う医療費データ分析事業の負担金24万8,000円、及び過年度医療給付費負担金の超過交付による返還金2,160万2,000円をそれぞれ追加補正するものであります。
 次に、議案第75号、平成19年度さぬき市老人保健事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ5,774万9,000円を追加し、補正後の予算額を65億3,674万9,000円とするものであります。
 補正予算の主な内容は、前年度医療給付費の確定に伴う支払基金交付金、国庫負担金、一般会計繰入金を精算するための補正であります。歳入につきましては、過年度分医療費交付金及び過年度分審査支払手数料交付金の返還額を現年度分概算交付に充当するため、現年度分交付金で5,186万5,000円及び54万円をそれぞれ減額、過年度分医療費国庫負担金3,129万2,000円を追加し、前年度決算に基づき、繰越金7,886万2,000円を追加するものであります。
 歳出につきましては、前年度県費負担金の超過交付に係る返還金2,357万円を追加し、前年度事業費の確定に伴う精算処理として、一般会計繰出金3,417万9,000円を追加補正するものであります。
 次に、議案第76号、平成19年度さぬき市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ1億2,298万1,000円を追加し、補正後の予算額を40億5,438万1,000円とするものであります。
 この主な内容は、前年度介護給付費の確定に伴う支払基金交付金、国庫・県費負担金、一般会計繰入金を精算するための補正であります。歳入につきましては、前年度事業実績に基づき、過年度介護給付費交付金1,834万7,000円、介護サービス事業特別会計繰出金の精算処理として、繰入金339万8,000円及び前年度決算による繰越金1億123万6,000円をそれぞれ追加するものであります。
 歳出につきましては、後年度の留保財源として、準備基金積立金6,235万8,000円、前年度事業費の確定に伴う国庫・県費負担金等の返還金4,999万3,000円及び会計間の精算処理として、一般会計繰出金1,063万円をそれぞれ追加補正するものであります。
 次に、議案第77号、平成19年度さぬき市介護サービス事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ339万8,000円を追加し、補正後の予算額を3,439万8,000円とするものであります。
 補正内容は前年度決算に伴うもので、このうち歳入では、繰越金339万8,000円を追加するものであります。歳出では、会計間の精算調整を図るため、介護保険事業特別会計繰出金339万8,000円を追加するものであります。
 次に、議案第78号、平成19年度さぬき市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳入歳出予算の総額から、歳入歳出それぞれ674万3,000円を減額し、補正後の予算額を20億5,075万7,000円とするものであります。
 歳入では、一般会計繰入金について、精算見込みにより2,267万円の減額、繰越金については、決算による1,592万7,000円の増額となっております。
 歳出では、公共下水道費で職員構成の変動等による人件費594万8,000円の減額と、委託料と工事請負費との1,400万円の組み替え補正を行っております。
 職員構成の変動等により、特環下水道費で人件費81万3,000円の減額。雨水下水道管理費で職員手当等50万円の増額、汚水下水道管理費で人件費48万2,000円の減額補正をするものであります。
 次に、議案第79号、平成19年度さぬき市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ109万2,000円を追加し、補正後の予算額を1億6,059万2,000円とするものであります。
 歳入では、前年度決算による繰越金109万2,000円の増額となっております。歳出では、農業集落排水施設管理費で、職員構成の変動等による人件費109万2,000円の増額補正をするものであります。
 次に、議案第80号、平成19年度さぬき市漁業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ110万8,000円を減額し、補正後の予算額を1億5,859万2,000円とするものであります。
 歳入では、一般会計繰入金が精算見込みにより、151万9,000円の減額、繰越金については、前年度決算により41万1,000円の増額となっております。
 歳出では、漁業集落排水施設整備費で職員構成の変動等による人件費230万2,000円の減額、漁業集落排水施設管理費で需用費及び役務費を119万4,000円増額補正するものであります。
 次に、議案第81号、平成19年度さぬき市内陸土地造成事業特別会計補正予算(第2号)につきましては、歳入予算において、一般会計繰入金1億円を増額、歳入欠陥補てん収入を1億円減額するもので、歳入歳出予算の総額は変動しないものであります。
 次に、議案第82号、平成19年度さぬき市共通商品券発行事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ1,080万6,000円を追加し、補正後の予算額を7,840万6,000円とするものであります。
 歳入につきましては、平成18年度決算に基づき、前年度繰越金1,080万6,000円を増額するものであります。歳出につきましては、商品券未換金分に係る償還金1,080万6,000円を増額するものであります。
 次に、議案第83号、平成19年度さぬき市病院事業会計補正予算(第2号)についてでありますが、今回の補正予算は、建設改良計画の資産購入費について210万3,000円を増額し、2億9,627万5,000円とするものであります。資本的収入及び支出については、資本的収入を270万円増額し、5億5,847万4,000円とし、その内訳につきましては、企業債を270万円増額するものであります。
 次に、資本的支出につきましては、資本的支出を210万3,000円増額し、7億5,061万4,000円とし、その内訳につきましては、建設改良費を210万3,000円増額するものでありますが、その内容は破損・毀損した医療機器等の購入費の増額であります。
 次に、議案第84号から議案第87号までのさぬき市老人福祉センター条例ほか3件の条例の一部改正についてでありますが、これらの改正は、現在指定管理者制度を導入している温泉施設のうち、春日温泉、カメリア温泉、みろく温泉、大串温泉について料金体系等の統一を図るものであります。入場料等について、燃料費の高騰など、物価上昇を踏まえ、大人600円、高齢者400円、障害者300円、小人300円に改めるものであります。また、障害者の範囲について定めるとともに、その介護者一人の料金を免除する規定を新たに加えるものであります。
 なお、これらの改正の施行期日は平成20年4月1日からといたしております。
 次に、議案第88号、さぬき市健康保養施設条例の一部改正についてでありますが、この改正については、平成19年さぬき市議会第1回定例会において、さぬき市青年の家条例を廃止したことに伴い、さぬき市健康保養施設条例中の青年の家の利用料金に関する規定を削る一部改正をするものであります。
 なお、この条例の施行期日は公付の日からといたしております。
 次に、議案第89号の新たに生じた土地の確認についてであります。
 これは、長浜漁港局部改良事業に伴う公有水面埋立が竣功したことにより、さぬき市鴨庄字堀切34、35、4391の2の地先の公有水面埋立地1,617.83平方メートルの土地につきまして、地方自治法第9条の5第1項の規定により、本市の区域内に新たに土地が生じたことを確認するため議会の議決を求めるものであります。
 次に、議案第90号の新たに生じた土地の確認についてであります。
 これは、長浜漁港局部改良事業に伴う公有水面埋立が竣功いたしましたことにより、さぬき市鴨庄字堀切4391の1、4391の2の地先の公有水面埋立地3,224.69平方メートルの土地につきまして、地方自治法第9条の5第1項の規定により、本市の区域内に新たに土地が生じたことを確認するため、議会の議決を求めるものであります。
 次に、議案第91号の字の区域の変更についてであります。
 これは、議案第89号で提案させていただいております、新たに生じた土地をさぬき市鴨庄字堀切に編入するため、地方自治法第260条第1項の規定により字の区域を変更することについて議会の議決を求めるものであります。
 次に、議案第92号の字の区域の変更についてであります。
 これは、同じく議案第90号で提案いたしております、新たに生じた土地をさぬき市鴨庄字堀切に編入するため、地方自治法第260条第1項の規定により字の区域を変更することについて議会の議決を求めるものであります。
 次に、議案第93号、工事請負契約(平成18年度弁天川雨水排水ポンプ場建設工事)の変更についてであります。
 平成18年9月15日のさぬき市議会第3回定例会において議決をいただきました平成18年度弁天川雨水排水ポンプ場建設工事について、大日本土木株式会社四国支店と交わした工事請負契約に1,609万6,500円の増額変更が生じたため、この契約の変更を行うに当たり、地方自治法第96条第1項第5号及びさぬき市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第2条の規定に基づき、議会の議決を求めるものであります。
 工事請負契約の主な変更内容といたしましては、場内の掘削において、以前の建物のコンクリート基礎杭等が出土し、その処分を行う必要が生じたものであります。
 また、場内掘削に伴う排水の濁度、濁りが著しく高く、志度港の環境に影響を及ぼすおそれがあることから、濁水処理施設を設置するものであります。
 次に、議案第94号、工事請負契約の締結(平成19年度弁天川雨水排水ポンプ場建設工事(機械その2))についてでありますが、この工事は既設ポンプの老朽化及び排水能力不足を解消するため、新たにポンプ及び原動機を製作、設置するものであります。
 工事請負契約につきましては、入札参加資格を有するものを対象にした一般競争入札方式による業者選定を行い、去る8月29日に6社参加により入札を執行いたしました。その結果、落札をいたしました扶桑建設工業株式会社高松本店常務取締役、高松本店長大塚忠夫と1億920万円、うち消費税額520万円で工事請負契約を締結するため、地方自治法第96条第1項第5号並びにさぬき市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第2条の規定に基づき、議会の議決を求めるものであります。
 主な工事内容につきましては、口径1,200ミリのポンプ2台、原動機1台をそれぞれ製作し設置するもので、工期は平成20年3月25日までといたしております。
 続きまして、決算認定についてご説明を申し上げます。
 認定第1号、平成18年度さぬき市一般会計歳入歳出決算認定から、認定第17号、平成18年度さぬき市水道事業会計決算認定についてまでの17の認定案件につきましては、地方自治法第233条第3項及び地方公営企業法第30条第4項の規定に基づき、各会計に関する18年度決算につきまして議会の認定をお願いするものであります。
 まず、認定第1号、平成18年度さぬき市一般会計歳入歳出決算認定についてでありますが、平成18年度さぬき市一般会計の歳入総額は227億7,088万7,641円、歳出の総額は222億8,250万778円でありまして、歳入歳出差引額は4億8,838万6,863円となっております。翌年度へ繰り越すべき財源としての繰越明許費繰越額は1,950万3,000円で、実質収支の額は4億6,888万3,863円の黒字となっております。
 また、14の特別会計の決算額の合計は、歳入総額194億1,002万2,545円、歳出総額194億1,374万7,332円でありまして、歳入歳出差引額は、372万4,787円の歳入不足となっておりますが、この主な原因といたしましては、内陸特会が2億9,008万4,005円の赤字、建設残土特会が1億7,509万9,064円の赤字によるものであります。
 一般会計及び特別会計に係る主要な施策の成果につきましては、別冊といたしまして主要施策成果説明書をあわせて提出させていただいております。
 次に、病院事業会計においては、消費税抜きの収益的収入及び支出につきましては、病院事業収益の総額が40億4,625万2,915円、病院事業費用の総額が41億6,146万1,122円となっており、差し引き1億1,520万8,207円の純損失を計上いたしております。
 事業収入の主なものを申し上げますと、医業収益36億9,961万401円、医業外収益2億8,499万747円、附帯事業収益6,165万1,767円であります。
 一方、事業費用につきましては、医業費用40億782万1,353円、医業外費用9,022万9,590円、附帯事業費用6,206万6,790円であります。
 次に、消費税抜きの資本的収入及び支出につきましては、資本的収入総額が1億1,068万9,000円、資本的支出総額2億6,146万8,444円となっております。
 収入の主なものを申し上げますと、企業債2,640万円、一般会計出資金8,368万9,000円となっております。
 また、支出につきましては、建設改良費6,515万3,019円、企業債償還金1億9,631万5,425円であります。
 なお、病院事業の運営につきましては、新しい病院の建設を実現するためにも単年度における収支の均衡を図ることが極めて重要であると考えておりまして、今後につきましては、単年度で黒字を計上できるようこれまで以上の経営努力をしてまいりたいと考えております。
 また、水道事業会計については、消費税抜きの収益的収入及び支出につきましては、水道事業収益の総額が11億8,383万6,875円、水道事業費用の総額が11億3,555万4,838円で、差し引き4,828万2,037円の純利益になっております。
 なお、水道事業費用の営業費用のうち、消費税を含む1,344万円を19年度に繰り越しております。また、消費税込みの資本的収入及び支出につきましては、資本的収入総額が4億9,216万8,890円、資本的支出の総額が8億4,678万565円となっており、建設改良費のうち4,094万6,000円を19年度に繰り越しをいたしております。
 以上、22の議案と17の認定案件につきまして一括してご説明をいたしました。
 よろしくご審議いただきますようお願いを申し上げます。


◯議長(三好正志君)提案理由の説明は終わりました。


 日程第4 同意第3号 さぬき市固定資産評価審査委員会委員の選任について
      (提案理由説明・採決)
      休会について


◯議長(三好正志君)日程第4、同意第3号、さぬき市固定資産評価審査委員会委員の選任についてを議題といたします。
 職員に議案の朗読をさせます。


◯事務局議事課長(六車正徳君)〔同意第3号朗読した。〕


◯議長(三好正志君)議案の朗読が終わりましたので、市長から提案理由の説明を求めます。


◯市長(大山茂樹君)議長。


◯議長(三好正志君)市長、大山茂樹君。
  〔市長(大山茂樹君)登壇〕


◯市長(大山茂樹君)それでは、同意第3号、さぬき市固定資産評価審査委員会委員の選任について提案理由のご説明をいたします。
 この同意案件につきましては、さぬき市固定資産評価審査委員会委員の安西豊氏が平成19年6月11日に死去されたため、地方税法第423条第4項の規定により、当該委員の補欠の委員として、多田敏則氏を平成19年7月13日付で選任いたしましたので、同条第5項の規定に基づき、議会の承認を求めるものであります。
 多田氏は昭和21年12月2日生まれの60歳、昭和40年に県立石田高校を卒業後、旧香川県経済農協連に就職され、平成17年3月に香川県農業協同組合を退職されるまでの41年間、農業経済の幅広い分野で活躍され、豊富な社会経験と卓越した識見は周囲の認めるところであり、固定資産評価審査委員会の委員として適任の方であります。
 なお、多田委員の任期は、安西委員の任期の残任期間である平成20年5月21日までとなっております。
 ご承認についてよろしくお願いを申し上げます。


◯議長(三好正志君)以上で提案理由の説明は終わりました。
 お諮りいたします。
 ただいま議題となっております同意第3号については、先例に従い、質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決することにご異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(三好正志君)ご異議なしと認めます。よって、同意第3号は、質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決することに決しました。
 これより、採決いたします。
 本案は、これに同意することに賛成の諸君の起立を求めます。
  〔起立者多数〕


◯議長(三好正志君)起立多数であります。
 よって、同意3号、さぬき市固定資産評価審査委員会委員の選任については、同意することに決定いたしました。
 休会についてお諮りをいたします。
 議案調査のため、9月5日を休会したいと思います。
 これにご異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(三好正志君)ご異議なしと認めます。よって、9月5日を休会することに決定いたしました。
 以上で、本日の日程は終了いたしました。
 なお、9月6日の本会議は午前9時30分に会議を開きます。
 本日はこれにて散会いたします。

             午前10時14分 散会