議事ロックス -地方議会議事録検索-


香川県 さぬき市

平成18年第2回定例会(第1日) 本文




2006年06月12日:平成18年第2回定例会(第1日) 本文

◯議長(松岡善一君)おはようございます。
 開会に先立ちまして、特に一言申し上げます。
 さきに開催いたしました議会運営委員会におきまして、さぬき市議会として本年は地球温暖化、省エネルギーの観点から、冷房温度設定を上げても涼しく効率的に働ける夏向きの軽装として、本会議、委員会においては、ノー上着、ノーネクタイで対応する旨、協議決定をいたしました。
 早速議員各位には、その趣旨にご賛同賜りご出席いただきましたことを厚く御礼を申し上げます。
 これより平成18年さぬき市議会第2回定例会を開会いたします。
 直ちに本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付してあるとおりであります。
 日程に入るに先立ちまして、この際、さきの第4回臨時会において選任同意いたしました助役、長谷貞憲君、教育長、豊田賢明君からそれぞれあいさつの申し出がありますので、これを受けることにいたします。
 助役、長谷貞憲君。


◯助役(長谷貞憲君)おはようございます。議長のお許しをいただきましたので、一言お礼のあいさつを申し述べさせていただきます。
 県下でも先陣を切りましたさぬき市が合併して、はや4年が経過したところでございます。そうした折、先代の初代赤澤市長の勇退の後、市民が嘱望されておりました大山市長をお迎えして新生さぬき市がスタートしたところでございます。
 そうした折、さきの臨時会におきまして、大山市長より選任をいただきますとともに、議員の皆様方には選任同意を賜りまして、厚く御礼を申し上げますとともに身が引き締まる思いでございます。
 今後は1年1年を目標に、何の実績もございませんけれども、大山市長が目指しますさぬき市の発展と改革に向け、職員の方々にも理解をいただきながら、今までどおり公平、公正にその職務を務める所存でございますので、議長初め議員の皆様方におかれましても、今まで同様ご指導、またご協力を賜りますようお願いを申し上げまして、甚だ簡単措辞ではございますけれども、再任に当たりましてのお礼の言葉にかえさせていただきます。
 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


◯議長(松岡善一君)続いて、教育長、豊田賢明君。


◯教育長(豊田賢明君)先月の5月22日、教育委員会において教育長に任命されました豊田賢明と言います。どうぞよろしくお願いいたします。
 幼児、児童生徒数の減少による学校再編、耐震化、給食調理場問題等、課題が山積しておりますが、本定例会の代表質問、一般質問の内容を読ませていただきますと、教育委員会の事務事業に対して大変ご心配をいただいていることを感じ、心強く思いました。
 課題に取り組むには、市民のご理解、膨大な予算を伴いますので、議員の皆様、市当局と連携を図りながら、委員会事務局が一枚岩となって前進してまいりたいと思っております。
 どうぞ力強いご支援をお願いして、大変簡単ですがあいさつといたします。
 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


◯議長(松岡善一君)以上で、あいさつは終わりました。


 日程第1 会議録署名議員の指名について


◯議長(松岡善一君)日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定によりまして、議長において3番吉田進君、4番多田泰宏君を指名いたします。
 なお、ご両名のうち欠席された場合は、順次、次席の方にお願いを申し上げます。


 日程第2 会期決定について
      諸般の報告


◯議長(松岡善一君)日程第2、会期決定についてを議題といたします。
 お諮りいたします。本定例会の会期は、本日から6月22日までの11日間といたしたいと思います。これにご異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(松岡善一君)ご異議なしと認めます。よって、会期は11日間と決定いたしました。
 この際、諸般の報告をいたします。
 監査委員から例月出納検査の結果が、2月、3月、及び4月分の報告がされております。なお、関係書類は事務局に保管してありますので、必要であれば、後ほどごらんになっていただきたいと思います。
 次に、経営状況を説明する書類、繰越明許費、繰越計算書及び予算繰越計算書の受理については、あらかじめ印刷物をお手元に送付いたしてありますので、朗読を省略いたします。
 要望書については、各会派に配付のとおりであります。
 以上で諸般の報告を終わります。


 日程第3 議案第80号 専決処分の承認について(平成18年度さぬき市老人保
             健事業特別会計補正予算(第1号))
      (提案理由説明・質疑・討論・採決)


◯議長(松岡善一君)日程第3、議案第80号、専決処分の承認について(平成18年度さぬき市老人保健事業特別会計補正予算(第1号))を議題といたします。
 議案の朗読を省略させていただき、市長から提案理由の説明を求めます。


◯市長(大山茂樹君)議長。


◯議長(松岡善一君)市長、大山茂樹君。
  〔市長(大山茂樹君)登壇〕


◯市長(大山茂樹君)おはようございます。
 議員の皆様方には、平成18年第2回定例会を招集申し上げたところ、ご参集を賜りましてまことにありがとうございます。
 本日は、市長就任後初めての定例会でありますので、この際お許しをいただきまして、提出いたしました諸議案の説明に先立ち、市政運営に当たりましての私の所信の一端を申し述べ、議員各位並びに市民の皆様の格別のご理解とご協力、ご支援を賜りますようお願いを申し上げたいと存じます。
 現在、我が国におきましては、少子高齢化の急速な進行や、これらに伴う人口減少社会の到来、さらには地球規模の大競争時代の中での厳しい経済状況などの問題を抱えており、政治、経済、教育などの各分野における構造的な改革が急がれております。
 さぬき市におきましても、こうした背景のもとで地域の活性化などを図る上で、多くの課題を抱えており、市政の大きな節目の時代を迎える中で、今後さぬき市が発展していくためには、極めて厳しい財政状況下で何とか踏みとどまり、少しでも将来に夢のあるまちづくりを進めていく必要があります。
 私は、このような大変困難で重要なときに当たり、市民の皆様とともに創意と工夫を凝らし、「みんなで暮らす ふるさと さぬき」の創造を目指したいと考えております。
 そのために、清新な気概と情熱を持って、広く市民本意の立場にたち、市議会とも緊密な連携を図りながら、不偏不党、公平公正で透明性の高い市政を進めてまいる決意であります。
 そして、市民の皆様が住んでよかったと思える「ふるさと さぬき」のまちづくりに誠心誠意、全力を挙げて取り組むことを表明し、当面次の施策を推進してまいりたいと存じます。
 まず、簡素で効率的、持続可能な行財政システムの構築であります。
 行政改革につきましては、昨年総務省が示した、新地方行政改革の指針に基づいて新たに策定した、平成21年度までの集中改革プランによりまして、定員、給与の適正化、事務事業の整理、統合、廃止などを中心に、コスト意識を持って鋭意進めてまいります。
 またその際、行政評価システムを導入することにより、一層透明性、客観性の高い行政運営に向けた方策を模索してまいります。
 財政の健全化につきましては、事務事業の見直し、施設の整理、統合、廃止を含む管理の徹底した効率化などの歳出抑制策の推進はもとより、地域産業の振興等に基づく税収基盤の確立と、収納率向上による市税収入の確保、使用料及び負担金の適正化等、あらゆる面で歳入確保策を実施してまいります。
 市民病院の建替えにつきましては、さぬき市民病院整備基本構想をもとに、その規模、機能の再点検、再確認にあわせて建設場所を確定し、できるだけ早期に基本設計、実施設計に着手できますよう、最大限の努力をしてまいります。
 次に、活力あるまちづくりであります。
 若者が魅力を感じ、地域で住み続けられる就労の場を確保するため、産官学の連携を強化し、企業誘致や既存産業の活性化を図ってまいります。
 また、高齢者がみずからの経験や技術を生かし、社会を支える一員として活躍できる場を創出してまいります。
 魅力と活力のある農林水産業の振興については、恵まれた自然条件や地理的条件を生かし、創意工夫した産物づくりにより、付加価値の高いブランド化を進めるとともに、新鮮で安全、安心な食物づくりによる地産地消を進めてまいります。
 さらに、生産技術力の強化や生産流通体制、情報化の整備により、産地づくりや販路の拡大に取り組んでまいります。
 商工業の活性化については、企業立地の支援や消費者ニーズに対応した多様な流通、販売体制づくりの促進に努めてまいります。
 また、自然、歴史、文化や特産品等の多様な地域資源を再確認するとともに、効果的な情報発信により、地域が潤う観光振興を進めてまいります。
 次に、安全で快適なまちづくりであります。
 公共施設の耐震強化や風水害、土砂災害に備えた、海岸、河川、道路の整備、緊急時における防災無線の活用等、災害に強いまちづくりを進めてまいります。
 また、災害時に対応することのできる自主防災組織等の育成を進めるとともに、効果的な訓練を実施し、地域と一体になった危機管理体制を確立してまいります。
 さらには、犯罪や交通事故から市民を守るため、警察等の関係機関との緊密な連携体制を強化するとともに、意識啓発等を通じて官民が協力して対策に取り組む体制の確立を図ります。
 特に、登下校時の児童生徒の安全確保については、地域ぐるみでの取り組みを強化し、万全を期してまいります。
 次に、安心して暮らせるまちづくりであります。
 高齢者が健康で、それぞれの生活様式に応じた生きがいを持ち、ひとり暮らしや体が不自由であっても、住みなれた地域で暮らしていけるよう、保健、医療、福祉サービスの向上に努めてまいります。
 また、心身が不自由であっても、適切な訓練、援助により働く場や機会の確保を支援し、地域でともに協働し、自立生活ができるよう、包括的な自立支援と心のバリアフリーの拡充を図ります。
 さらに、利用者の視点に立った保育サービスの充実、児童館、子育て支援センターの活用や、子育てボランティア活動の推進、母子保健医療の充実により、多様なニーズにこたえられる子育て支援体制を確立してまいります。
 次に、人の心の豊かなまちづくりであります。
 同和問題を初めとするあらゆる差別や偏見は、日本国憲法で保障された基本的人権にかかわる重大な課題であり、市民一人ひとりの人権が保障され、ともに生きることができる普遍的文化を創造するため、これまでの対策等の成果を生かし、人権教育、人権啓発の総合的な推進を図るとともに、男女がお互いにその人権を尊重しつつ、責任を分かち合い、性別にかかわりなくその個性と能力を発揮することができる男女共同参画社会の実現に向け、必要な施策を展開してまいります。
 また、社会構造の変化や価値観の多様化が進む中で、個性を尊重した人間性豊な心をはぐくむとともに、確かな学力を身につける学校教育の推進が求められており、こうした観点などから、学校の配置、規模、学校区等の適正化を図るための方策等について検討してまいります。
 さらに、市内に点在する文化財の保存、整備、活用等を通じて、地域文化を再認識する機会をふやし、地域の歴史、文化を尊び学ぶ心を育て、市民が郷土に誇りと愛着を持てる文化の薫り高いさぬき市をつくってまいります。
 申し上げましたこれらの施策の実現に当たりましては、厳しい経済、財政環境や、著しく変化する社会情勢など、さまざまな困難が予想されますが、私は、市政は市民のためにあるという原点に立ち、市民の皆様のご意見を十分にお聞きしながら、創意と工夫を凝らし、必要な事業を鋭意推進してまいりたいと存じます。
 そして、市税を初めとする貴重な財源の効率的、効果的な配分に努め、さぬき市の発展のために、市民の代表である市議会と緊密な連携をとらせていただきながら、全身全霊をささげて市民の負託にこたえてまいる所存であります。
 以上、当面の施策についての私の所信を申し述べさせていただきましたが、今後におきましては、市政の継続性に配慮しながら緊急に対応すべき課題につきましては、さまざまな意見を拝聴しながら検討を加え、その具体的な方策を固めてまいりたいと考えております。
 議員各位並びに市民の皆様方におかれましては、何とぞ格別のご理解とご協力、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。
 それでは、議案第80号、専決処分の承認について、提案理由の説明をいたします。
 本議案は、地方自治法第179条第1項の規定に基づき、平成18年5月26日に、平成18年度さぬき市老人保健事業特別会計補正予算(第1号)を専決処分したことを報告し、承認を求めるものであります。
 今回の補正予算は、歳入歳出予算の総額に3,433万2,000円を追加し、予算の総額を65億3,233万2,000円とするものであります。
 内容といたしましては、平成17年度老人保健事業特別会計の決算見込みを調整した結果、国庫負担金の減少等により3,433万2,000円の不足が生じましたので、地方自治法施行令第166条の2の規定により、翌年度の歳入を繰り上げて充当するための補正予算でございまして、平成18年度歳出予算に同額を前年度繰り上げ充用金として計上し、その財源につきましては、過年度分の国庫支出金を充てようとするものでございますが、この処理は5月31日の平成17年度出納閉鎖日までに行わなければならないため、専決処分したものでございます。
 以上、よろしくご審議いただきますようお願いいたします。


◯議長(松岡善一君)以上で提案理由の説明は終わりました。
 お諮りいたします。通告がございませんので、質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決することにご異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(松岡善一君)ご異議なしと認めます。よって、議案第80号は、質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決することに決しました。
 これより議案第80号を採決いたします。
 本案はこれを承認することに賛成の諸君の起立を求めます。
  〔起立者多数〕


◯議長(松岡善一君)起立多数であります。よって、議案第80号、専決処分の承認について(平成18年度さぬき市老人保健事業特別会計補正予算(第1号))は、承認することに決しました。


 日程第4 議案第81号 専決処分の承認について(平成18年度さぬき市内陸土
             地造成事業特別会計補正予算(第1号))
      (提案理由説明・質疑・討論・採決)


◯議長(松岡善一君)日程第4、議案第81号、専決処分の承認について(平成18年度さぬき市内陸土地造成事業特別会計補正予算(第1号))を議題といたします。
 議案の朗読を省略させていただき、市長から提案理由の説明を求めます。


◯市長(大山茂樹君)議長。


◯議長(松岡善一君)市長、大山茂樹君。
  〔市長(大山茂樹君)登壇〕


◯市長(大山茂樹君)それでは、次に議案第81号、専決処分の承認について提案理由の説明をいたします。
 本議案は、地方自治法第179条第1項の規定に基づき、平成18年5月26日に平成18年度さぬき市内陸土地造成事業特別会計補正予算(第1号)を専決処分したことを報告し、承認を求めるものであります。
 今回の補正予算は、歳入歳出予算の総額に2億9,596万6,000円を追加し、予算の総額を3億346万6,000円とするとともに、一時借入金の限度額を3億円とするものであります。
 これは、平成17年度において土地の処分ができなかったことにより、決算で歳入に2億9,003万8,000円の不足が生じたため、翌年度歳入から繰り上げ充用する必要があることから補正するものでありますが、この処理は5月31日の平成17年度出納閉鎖日までに行わなければならないため、専決処分したものであります。
 以上、よろしくご審議いただくようお願いいたします。


◯議長(松岡善一君)提案理由の説明は終わりました。
 お諮りいたします。通告がございませんので、質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決することにご異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(松岡善一君)ご異議なしと認めます。よって、議案第81号は、質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決することに決しました。
 これより議案第81号を採決いたします。
 本案はこれを承認することに賛成の諸君の起立を求めます。
  〔起立者多数〕


◯議長(松岡善一君)起立多数であります。よって、議案第81号、専決処分の承認について(平成18年度さぬき市内陸土地造成事業特別会計補正予算(第1号))は、承認することに決しました。


 日程第5 議案第82号から議案第85号まで
      議案第82号  さぬき市病院事業の設置等に関する条例の一部改正に
              ついて
      議案第83号  さぬき市・三木町県行造林組合規約の一部変更につい
              て
      議案第84号  さぬき市・三木町山林組合規約の一部変更について
      議案第85号  財産の取得について
      (提案理由説明)


◯議長(松岡善一君)日程第5、議案第82号から議案第85号までを一括議題といたします。
 議案の朗読を省略させていただき、議案第82号から順次、市長から提案理由の説明を求めます。


◯市長(大山茂樹君)議長。


◯議長(松岡善一君)市長、大山茂樹君。
  〔市長(大山茂樹君)登壇〕


◯市長(大山茂樹君)それでは、議案82号から議案第85号までの提案理由の説明をいたします。
 まず、議案第82号、さぬき市病院事業の設置等に関する条例の一部改正についてでありますが、このたびの改正は、平成18年7月から新たにこう門科を新設するための条例改正であります。
 現在、市民病院では、同条例第3条第3項で診療科目として内科以下17科を標榜しておりますが、新たにこう門科を追加し、18診療科目に充実させるものであります。
 こう門科に係る診療につきましては、これまで外科で対応していたところであり、大川医療圏内に同科を標榜する公立医療機関が皆無であったことから、市民初め圏域住民の皆様にご不便をおかけしておりましたが、このたび香川大学医学部の全面的な支援体制が整備されたこと等から、新たにこう門科を開設しようとするものであります。
 次に、議案第83号のさぬき市・三木町県行造林組合規約の一部変更について、及び議案第84号のさぬき市・三木町山林組合規約の一部変更についてでありますが、今回の規約の変更については、5月18日開催の平成18年さぬき市議会第4回臨時会におきまして、さぬき市に収入役を置かない条例が議決され、6月11日から施行されることに伴い、さぬき市・三木町県行造林組合及びさぬき市・三木町山林組合の規約中、収入役に関する部分を変更するものであります。
 内容といたしましては、現行の規約では、組合の収入役はさぬき市収入役をもって充てるとしておりますが、変更後においては、組合に収入役を置かないこととするため、関係規定を整備しようとするものであります。
 今回の規約変更に当たりましては、地方自治法の規定に基づき、その組合を構成する地方公共団体の議会の議決が必要なことから、本市においても所要の措置を講じようとするものであります。
 次に、議案第85号の財産の取得についてでありますが、本議案はさぬき市建設残土処分場の用地といたしまして、さぬき市前山字久保593番ほか22筆、総面積8,465.01平方メートル、地権者、高松市一宮町1686番地6、株式会社塵芥センターから、買収金額3,054万5,158円の土地を取得することについて、議会の議決を求めるものであります。
 なお、この事業地内には、さぬき市と三木町との共有地があり、三木町との協議により、平成19年度においてその持分を買収する予定であり、その予算及び財産の取得についても、その時点でご審議をいただく予定としております。
 以上、4議案について一括して提案理由の説明を申し上げました。
 よろしくご審議いただきますようお願いいたします。


◯議長(松岡善一君)提案理由の説明は終わりました。


 日程第6 議員提出議案第1号 さぬき市議会委員会条例の一部改正について
      (趣旨説明・採決)


◯議長(松岡善一君)日程第6、議員提出議案第1号、さぬき市議会委員会条例の一部改正についてを議題といたします。
 議案の朗読を省略させていただき、提出者から趣旨説明を求めます。
 15番、大山博道君。


◯15番(大山博道君)議長。


◯議長(松岡善一君)15番、大山博道君。
  〔15番(大山博道君)登壇〕


◯15番(大山博道君)それでは、議員提出議案第1号、さぬき市議会委員会条例の一部改正につきまして、趣旨説明を申し上げます。
 この条例の一部改正は、去る5月18日開催の第4回臨時会に市長提出議案として提出されました、さぬき市に収入役を置かない条例の制定に伴い、市議会の常任委員会の所管を変更するものであります。
 改正内容としましては、総務常任委員会の所管のうち、収入役の所管に属する事項を出納室の所管に属する事項に変更するものであります。
 なお、この改正条例は公布の日から施行し、平成18年6月11日から適用することとしております。
 ご審議の上ご賛同を賜りますようお願い申し上げ、趣旨説明といたします。


◯議長(松岡善一君)提出者の趣旨説明が終わりました。
 質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決することにご異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(松岡善一君)ご異議なしと認めます。よって、議員提出議案第1号は、質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決することに決しました。
 これより議員提出議案第1号を採決いたします。
 本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  〔起立者多数〕


◯議長(松岡善一君)起立多数であります。よって、議員提出議案第1号、さぬき市議会委員会条例の一部改正については、原案のとおり可決することに決しました。


 日程第7 請願第1号 公害防止に関する請願
        教育民生
      (委員長報告に対する質疑・討論・採決)
      休会について


◯議長(松岡善一君)日程第7、請願第1号、公害防止に関する請願を議題といたします。
 本件に関し、委員長の報告を求めます。


◯教育民生常任委員長(塚原孝雄君)はい、議長。


◯議長(松岡善一君)教育民生常任委員長、塚原孝雄君。
  〔教育民生常任委員長(塚原孝雄君)登壇〕


◯教育民生常任委員長(塚原孝雄君)教育民生常任委員会委員長報告をさせていただきます。
 教育民生常任委員会に付託されました請願第1号、公害防止に関する請願について、閉会中の継続審査を行いましたので、その審査の経過と結果についてご報告いたします。
 委員会は、5月22日委員全員出席のもと、執行部、請願紹介議員の出席を求め開催し、採決の結果、一部採択することに決定した次第であります。
 この請願の内容は、企業の事業活動により地域住民の健康問題、生活環境の悪化など、多大な迷惑を受けており、さぬき市議会として企業に対し、問題解決に向けて意見書の提出、公害問題はさぬき市民全体の課題ととらえていただき、さぬき市公害防止条例の制定について、関係行政庁(県)への意見書の提出について要望するものであります。
 委員会では、この請願審査に当たり執行部から公害防止に関するこれまでの市及び県の行政指導など、またそれに基づく業者の改善実施の状況などについて説明を受けた後、委員からの意見を求めました。
 委員からは、木くずの破砕機の移転について3月1日は検討中とのことであるが、現在の状況は進展しているのかとただしたのに対し、当局からは、移転するため隣接地の用地購入に当たっていたが、現在難航しているとの答弁がありました。
 また、当局からは、県においてはこれ以上の指導事項はできないとの報告を受けているとの答弁がありました。
 別の委員からは、公害発生の現状について個々に説明を求め、当局からは、粉砕に使用する大型重機からの排ガスによる被害については、地元の方で測定した結果を県に提出しているが、その結果として環境基準以下との判断。また、大型重機による低周波による被害については、振動はあるが、低周波はエアコンなどの家庭内の方が大きいとの判断。工場から排水される汚水等により被害発生が懸念されることについては、下流の排水同意を得ている。また、放流先にあるため池の中の土壌について測定をして、鉛が多少多くあとは問題なしとの結果となっている。
 さらに委員から、各理由についてそれぞれ現時点で問題なしであれば、公害防止条例を制定する必要性はないのではとただしたのに対して、当局からは、本年度は環境プロジェクトを設置し、環境全体について考えるということで、まずはさぬき市環境基本計画も含め、公害防止条例については今後の課題として考えたいとの答弁がありました。
 また、委員から、市当局は企業に対しどのように対応しているのかとただしたのに対し、当局からは、県と協議の上指導調整を行っているとの答弁がありました。
 また、これまでの経緯を見ると、現場的には動いて県の指導はすべてやり切ったという答弁が市当局にはあると判断してよろしいのかとただしたのに対し、当局からは、県として指導はすべて終わり、今後は適正に運営されるかどうかを見守っている状況であるとの答弁がありました。
 次に、紹介議員から請願第1号の内容について説明を求め、紹介議員から、この請願書の趣旨等について説明を受けた後、委員から質疑を求めました。
 委員からは、請願の文書の趣旨内容から見ると、1つの文書であるが次の3項目、すなわち、1、さぬき市議会として企業に対し問題解決に向けて意見書の提出、2、公害問題はさぬき市民全体の課題としてとらえていただき、さぬき市公害防止条例の制定について、3、関係行政庁(県)への意見書の提出について要望する、に分かれると思われるとただしたのに対し、請願者からは、趣旨については3項目に分かれているとの答弁がありました。
 最後に、請願を採決する方法について協議し、請願の趣旨の項目ごとに区別して採決を行うことについて異議なく決定した次第であります。
 次に、各項目別に採決の状況についてご報告いたします。
 請願項目1、さぬき市議会として企業に対し問題解決に向けての意見書の提出の部分は、委員から市議会が一企業に対し意見書を提出することは権限的にはなく、本請願の部分については採択することはできないとの意見がありました。
 そこで、委員会としては、その部分の採決の結果、不採択と決定した次第であります。
 請願項目2、公害問題はさぬき市民全体の課題ととらえていただき、さぬき市公害防止条例の制定についての部分は、委員から、願意妥当であり、本請願の部分については採択すべきとのことで意見がありました。そこで、委員会としては、その部分を採決の結果、採択すべきと決定した次第であります。
 請願項目3、関係行政庁(県)への意見書提出についての部分は、委員から、現時点で県としては指導すべきことは終わっており、今後適正に運営されているか見守っている段階であることから、本請願の部分については採択することが必要でないとの意見がありました。
 そこで、委員会としては、その部分を採決の結果、不採択と決定した次第であります。
 以上で報告を終わります。


◯議長(松岡善一君)以上で委員長の報告は終わりました。
 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。
 質疑はございませんか。
  〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(松岡善一君)ご発言がないようでございますので、質疑を終結いたします。
 これより討論に入ります。討論はありませんか。
  〔「討論なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(松岡善一君)ないようでありますので、これにて討論を終結いたします。
 これより請願第1号を採決いたします。
 本件に対する委員長の報告は、請願審査報告書のとおり一部採択であります。
 請願審査報告書のとおり一部採択と決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  〔起立者多数〕


◯議長(松岡善一君)起立多数であります。よって、請願第1号、公害防止に関する請願は、請願審査報告書のとおり一部採択と決定いたしました。
 ここで休会についてお諮りをいたします。
 議案調査のため、6月13日を休会といたしたいと思います。
 これにご異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(松岡善一君)ご異議なしと認めます。よって、6月13日を休会することに決定いたしました。
 以上で、本日の日程は終了しました。
 なお、6月14日の本会議は午前9時30分に会議を開きます。
 本日はこれにて散会いたします。

             午前10時13分 散会